「小説」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 小説とは

2019-01-22

anond:20190122141644

「お前は小説が書きたいのか、小説家になりたいのか」で前者を選ぶ人はプロデビューしないほうが幸せになれる、ってほうがよく聞くな。

あと自分がとうてい納得できないような改稿を迫る編集者とは相性が悪いので別の編集者(あるいは別の出版社)を探すべきだわ。

編集者の指摘を取り入れたらますます自分好みになった」が理想

anond:20190122141644

嘘乙。

お前がプロ小説家舞台を降りてアマチュア小説家になったとしても

睡眠4時間生活」「金がない」は全く解決しないぞ。

お前は自分小説を書くことが好きだったことも無かったことにして別の人生を切り返そうとしているだけだぞ。

作家デビューしたけど向いてなかった

何年か前に新人賞をもらって兼業作家になったのだが、向いていなかったと判断したので今夜編集者に筆を折ることを連絡しようと思う。実名ブログに赤裸々に書くとファンが哀しむのでここに書く。

理由は「いい加減睡眠4時間生活にケリをつけて休みたい」とか「金がない」とか「家族との時間が欲しい」とかもあるのだが、「小説を書くのは好きだけど商業小説を書くのは好きじゃない」ということに尽きる。

俺は自分世界文章の形で表現するのが好きで、子供のころからフィクションを書いていた。小説だったり漫画だったり、RPGツクールゲームを作ったり形態は様々だ。文章ウェブに載せたり友達に見せたりはしていたが、特にそれで食うつもりもなく淡々と書いていた。そんなある日、気まぐれに新人賞にでも送ってみようかと考えて投稿した結果、まさかの大賞受賞。いつの間にか作家になっていた。

その後何冊か書いてきて、売れたものもあれば売れないものもありという感じで生きてきたのだが、最近自分限界を感じるというか、小説を書くのが本当に苦痛になってきてしまった。

商業デビューすると、アマチュアのように自由に書くことはできない。まあ村上春樹村上龍くらいの大御所になれば書きたいものを書きたいように書けるのかもしれないが(でも村上春樹編集者赤字対応すると言っていたっけ)、俺クラス作家だとそうはいかない。こちらが面白いと思ったもの全否定され、ときにはまるで違うもの魔改造される。こちらが全く面白いと思えない編集者アイデアを入れないと本にしないと言われることもあるし、そうやって無理やり書いたものが売れて金になればまだいいが、全く売れずに二週間で書店からなくなったりする。編集者を交えてのブラッシュアップはビジネスとして必要プロセスだし、自由に書いたもの商品にならないのは俺の実力不足のせいだが、一方でこういう生活を続けていて商業小説を書く理由がよくわからなくなってきた。

よくワナビー向けの説教として「お前は小説が書きたいのか、小説家になりたいのか」というものがあり、「小説が書きたい」人のほうが作家に向いていると言われるが、俺は逆だと思う。「小説家になりたい、小説家であり続けたい」という人のほうが、商業小説を書くにははるかに向いている。彼らは編集者意見をきちんと取り入れ、作品ブラッシュアップし、市場の動向にもアジャストし、貪欲に生き残り続ける。そうやっているうちに本物の傑作を書く作家に化けたりする。俺のように「小説が書きたい」だけの人間はそういうモチベーションがないので、自分がつまらないと感じる方向に改稿をしてまで本を出すという動機がないのだ。書きたいものを書いて売れてくれればいいのだがこれは天才戦略で、凡人がやると赤字を出して死ぬ。そして俺はただの凡人だった。それはもう巡り合わせなので仕方がない。

というわけでこれから各社に順次連絡してこのエントリを見せようと思う。これからブログにでも趣味小説を書いて、だらだら楽しく生きていきたいな。

何でも思い通りに行く世界

それがなろう小説作品

悲報】なろう小説ランキング悪化してる件

現実世界恋愛

1位 お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件  作者:佐伯さん

2位マフラーを貸したら幸薄系美少女にこれでもかと好かれた件  作者:ぶちぬきうどん

3位ボッチのオタクである俺が、学内屈指の美少女たちに囲まれていつの間にかリア充呼ばわりされていた  作者:ネコクロ

4位追っかけていたアイドルイケメンと歩いている姿を目撃した俺は、バイト代はたいて買ったグッズを全て売り払い、ワキガで悩んでる北欧系超絶美少女ハーフ義妹に手術代としてあげたら、死ぬ程惚れられた。 作者:入栖

ハイファンタジーファンタジー

1位辺境のんびり鍛冶生活 作者:佐倉

2位人間不信の冒険者達が世界を救うようです ~あるいはアットホームとは程遠いドライパーティーを作ったはずが、何故か最強の力とチームワークを手に入れてしまった偏屈冒険者物語~  作者:富士伸太

3位テイマー養成学校自分ふ化させた魔物トカゲだと馬鹿にされていたらば、実はエンシェントドラゴンという種類だった件について。  作者:かなりつ

4位鬼一族の若夫婦借金のカタとして嫁いで来たはずの嫁がやけに積極的で、僕はとっても困っている〜  作者:不確定 ワオン

5位魔力変換最速の魔法使い ~一発撃っている間に千発打ち返す!~  作者:CK


20文字に簡潔にまとめろって教わらなかったのか?

何より、なげーーーーーーーーーよ。

現実世界恋愛タイトルキモい

2019-01-21

小説日記9日目

今日は19話と20話を投稿した。

今後もこの繰り返しが続けられるようになりたい。

継続は力なりを証明できるようにもなりたい。

現在自分が書きたいと思っているものを書いている。

これは読者を喜ばせたいとかそういうことは一切考えていない。

自分物語を読んでいて、またこの展開なのかと不満を抱くようになってしま

もう見飽きた展開などをぶち壊したいと思って書き始めた。

それを自分作品でやるだけでとてつもなく満たされる。

しかしたら、自分のようなタイプ人間がこの世にいたら作品を楽しんでくれるかも

しれないなぁと考えると楽しい気持ちにもなれる。

なのでこの調子自分世界をどんどん広げていきたい。

異世界から転生してきたので、俺の世界エログッズを紹介する

異世界から転生してきた。

俺はオナニー趣味だ。レパートリーを増やすために、異世界河川敷エロ本を読んでいたときのことだ。なんとなく手にとったそのエロ本は、おかしなことに途中から空白のページが続いていた。なぜか途中から空白のページになっている、おかしいぞ、と思った瞬間に、本の中に吸い込まれるような感覚がして、気づいたらこ世界にいた。

それからはとにかく大変だった。俺の服装はどうもこの世界では変な格好と見られるらしく、街の人に喋りかけても9割の人に話も聞いてもらえずに逃げられた。なんとか話を聞いてもらえても、異世界から転生してきたなんて話を信じてくれるわけもなく(放置プレイだ)、9割の人に逃げられた。飲まず食わずで助けてくれる人を探し続けたところ、船橋でようやくまともに話を聞いてくれる人に出会えた。はてなブックマークブクマしているというブクマカの男だった。彼は、食事を御馳走してくれた上に、自社で取り扱っているという服を俺に与えてくれた(双頭ディルド付きで、とてもおしゃれだ。今でも勝負服として使っている。この世界は、俺のいた世界と違って良質な繊維が取れる植物があまり無いらしく、化学繊維工業がとても発展しているので、ああいったモダンデザインの服が存在するようだ)。さらに、当面の生活費として現金100万円も渡してくれた。転生したときに着ていたボロボロの服まで引き取ってくれた。俺の世界では、貨幣といえば銀貨銅貨しかなかったので、こんな紙切れ100枚ぽっちじゃイッた後ちんぽを拭くくらいしか使いみちがないな、と思ったのは今では笑い話だ。1年くらい前のことなので彼は覚えていないかもしれないが、俺は本当にあの人に感謝している。

それから賃貸住宅を見つけ(俺の世界には壁ドンというシステムがなかったので、これにも大変驚いた) 仕事も見つけ、今ではやっとこの異世界を楽しむ余裕が出てきた。

この世界には異世界転生というジャンル小説漫画があるらしく、同じ異世界転生した境遇を持つ俺としては大変興味深かったので試しに何作品か読んでみた。どの作品も、主人公が元世界にあった知識技術を活かして異世界活躍するという内容だった(女騎士がオークに捕まるやつは良かった)。しか現実小説のようにはうまく行かない。異世界転生して無双なんていうのは現実には無理だ。確かに俺の世界しかない科学技術もたくさんあるが、この世界とは根本的に物理法則が違うので、この世界じゃどう頑張っても再現できない。魔法相互作用と呼ばれる相互作用はこの世界には存在しないらしい。自然界に相互作用が4つしかないというのはなんとも不思議な感じがする。うちの世界には、魔法相互作用、つまり魔力を応用した便利な技術がたくさんある(魔力でアナル活性化させて湯呑み入れるとか)が、この世界には存在しないようだし、根本原理が存在しないので再現することもできないようだ。電磁気相互作用存在しない世界電池が作れないのと同じだ。

異世界生モノを読み慣れている人からすると「魔法を使って無双すればいいじゃん」と思うのかもしれないが、あいにく俺は元の世界ではただのオナニストだったから、魔法なんて使えない。魔法を使えるのは、特殊な訓練を受けた一部の人だけだ。君たちの殆どリモコンバイブやピンクローターを設計できないのと同じだ。

したがって、俺はこの世界では、ときどき変な喘ぎ声を出す空気が読めないキモくて金がない若者としてひっそり生きて行かなければならない。もともと頭はよくないし、この世界教育を受けていないから、肉体労働身体をすり減らしながら薄給を得ることしかできない。実に虚しいことだ。虚しい気持ち異世界転生小説を読んでいると、アナルパールと呼ばれる異常に美味しいとされるエログッズを作って異世界人に変態扱いされる話があった(当時はアナルパールというエログッズの存在を知らなかったので、急いでスーパーに行きアナルパールを購入し、店先で味わった。異常においしかったためその場で1発抜いてしまたことは言うまでもない)

そうだ、科学魔法ダメでも、俺にはオナニーがあるじゃないか、ちんぽを振って尊敬されよう、と思った。でも、俺にはちんぽを舞う友達なんていないし、俺を雇ってくれる店なんてないし、開業資金なんてあるわけがない。そこで俺は、過酷肉体労働苛烈パワハラですり減っていく自尊心を補うために、ここで俺の世界エログッズを紹介して、君たちから称賛の声を浴びようと思う。全部天然ものなのでとても卑猥だ。この世界風の個人的アレンジが入っているものもあるが、ベースとしては俺の世界のものと大差ない。本当においしいのでぜひ試してほしい。


anond:20190120181135

生身の人間を推すこと

アイドルでも声優でも芸能人でも隣の席のあの子でも、なんでもいいからこの世に生きている誰かを推すことに私は罪悪感を感じる。

私にとって「推す」とはその人をエンターテインメントとして「消費する」ことだ。

その人がする一挙手一投足すべてが私にとっては供給であり、すべてのことに私なりのエンターテインメント性を付与して消費する。

その人が歩んできた過去は私にとって極上の小説であるし、その人がこれから歩むであろう未来は私の二次創作だ。

推すくらいにはその人のことを大好きだから笑ってほしいし成功してほしいしいつまでもそこにいてほしいのだけど、同時に困難にぶち当たってほしいし、挫折してほしいとも思う。だって山あり谷ありの人生の方がエンターテインメントとして面白いから

極端なことを言ってしまえば、私はその人に目の前で死んでほしいとすら思ってしまう。私の見えないところでコンテンツが終わってほしくはないから。コンテンツの終わりを目の前で見て、きっとしばらくは余韻に浸って、そしてきっとその後には違う人をまた推し始めるんだ。節操がないから。

もっとキラキラ推してみたかったなあ。

自分小説の読み方

本の効率のいい読み方で、小説は?みたいなコメントあったか自分小説の読み方書くよ。

1 登場人物名前を覚える

絵がないか文字人物を覚えないとまず始まらないよ。難しい漢字とかカタカナばっかだと名前だと脳が処理してくれないから、名前が出てきたらメモ帳かに名前を書いていくよ。そして名字名前最初文字を覚えるよ。(例ハリー・ポッター→ハとポ)そうするとさっと読んでもとりあえず人物だけは認識できるよ。

2 登場人物の話し方を覚える

小説は絵がない代わりに、話し方が特徴的な人物が多いよ。一人称と語尾が注目ポイントだよ。それを名前の後ろにメモするよ。これを覚えると誰が話してるか、名前とか前後を読み直さなくても解るようになるよ。(外国翻訳とかは例外

3 登場人物関係性を覚える

相関図まで作るのは面倒なので、上のメモに〇〇の弟とか××が好きとか適当に足してくよ。そうすると「〇〇弟」「××が大事な人」みたいな変則的呼び方にも対応できるよ。

4 登場人物の見た目を覚える

見た目の特徴が出たら上のメモに書き足すよ。金髪とか碧眼とか。これで映像的に想像できるよ。似てそうなアニメとか漫画キャラにあてはめても楽かも。

5 専門用語を覚える

これもカタカナと難しい漢字が多いかメモをとるよ。だいたい最初の一回しか説明されないかメモしないとマジでなんだかわかんなくなるよ。これも専門用語説明をセットでメモするよ。(例ホグワーツ魔法学校

なんで名前専門用語メモするかというと、小説は同じ固有名詞連呼すると馬鹿にされる風潮があるから何回も書いてくれないことが多いんだよ。だから自分は流し読みしてると覚えないまま読み終えてたりするよ。

6 理解できないところはふせんを貼る

理解できないところを理解しようとして前後必死で読み返すと、全体的な流れを忘れてることがあるよ。だからふせんを貼ってとりあえず飛ばして読むよ。意外と飛ばした先に解があったりするよ。

7 とりあえず全部読む

6とも通じるんだけど、要するにメモ取りながら一回全部読むよ。とりあえず全体の流れを理解するよ。物語は大半が「誰が何してどうなった」って感じだからそれをつかむのを目標に。細かいとこは二回目に読んで理解しよう。

↑これでも何がなんだかわからない場合

世の中にはマジで難読な本がときどきあるよ。そんな本はメモとふせんじゃどうにもならないから、本に直接書きこむよ。「」の最初に喋ってる人の名前を書くとか、色の違う蛍光ペンで塗りわけたりとか、ミステリーだと最初犯人に印つけたりとかするよ。

それでもどうにもならないときは、wiki見ながら読むといいよ。最終兵器だよ。

魔力の扱いってどっちがいい?

例えばフルマラソン走ってヘロヘロ状態で手から火球を出そうとして

1 体力と魔法は別物なのでじゃんじゃん出せる

2 フルマラソンで体力が枯渇してるので出せない

ゲームなんかだとMP独立してるから前者ばっかりだけど

小説なんかだと魔法撃ち続けて体力消耗したりする描写があるから後者だよね

anond:20190117195357

投資部だよ

最初から島にいね運営側から

しか小説、とか作品、じゃなくて映画があったって認識なんだな

anond:20190121084351

「俺はまだ生まれてきてない!だから死なない!(キリッ」

新しいなろう小説かな?

そもそもなろうは素人商業作品に対する憎しみがウケたわけだから

299 名前番組の途中ですがアフィサイトへの転載禁止です (ワッチョイ 590c-qnWR)[] 投稿日:2019/01/20(日) 18:20:12.63 IDAIDjIals0

そもそもなろうは素人商業作品に対する憎しみがウケたわけだから


難聴とかでなかなかヒロインとくっつかないのムカつく。とっととやっちまえ

→ 即ハメ

ヒロインのうち一人だけ選ぶとかやめろ。全ヒロインよこせ

→ ハーレム

逃した敵がまた悪さする展開がムカつく。悪役がいつまでも暗躍するのうぜえ

→ 悪役は殺す

ヒロインが裏切る展開とかやめろ。隠しごともやめろ。服従しろ

→ 奴隷ヒロイン

仲間サイドのザコがイキった結果、主人公迷惑かける展開やめろ

→ 主人公を狂信し迷惑をかけない仲間たち

ヘイトキャラ主人公が許す展開やめろ。苦しめて殺せ

→ 敵は拷問

どうせ主人公が勝つんから苦戦やめろ

→ チート無双


ストレス展開があるんだったらクオリティ保証された商業を読むわけで

なろうに求められるのはストレスフリー

村人「やれやれ…」 勇者レベル999の村人!?」 これが今人気のなろう小説です [604460326]

https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1547973558/

魔法現実になった世界

約700年前に書かれた玉水物語

その内容は、美しい姫君を目にして心奪われた狐が、そばにいたいと願うあまりきれいな娘に化け女中として仕えるというもの

室町御伽草子、異類恋物語に分類される中世小説である

Twitterトレンドにも乗ったように、この物語百合判断する人は多くいて、市民権を得はじめた百合という概念によかったねと微笑ましい思いがする。

男女の間では成立し得ない、女の子どうしだから成り立つ特別関係を求めるのに、時代関係ないのだということを、どっかの大学教授センター試験に取り上げることで、すっかり忘れていた日本人に思い出させてくれたのだ。

ところで狐の性別は明示されてないが、姫に一目惚れしてまず男性に化けようとするあたり、おそらく男なのだろう。このことについての会話を探すと、この玉水(狐が化けた女の子)はTS娘だ、いやそうではなく男の娘だ、という二つの派閥に大きく分かれているように見える。

だが我々はもはや一昨年までの我々ではなく、我々の手元にはもう一つの概念があってしかるべきはずだ。

玉水物語とは、美少女受肉物語ではないのか。

かわいい美少女といちゃいちゃしたい。その思いが彼(狐)を美少女へと変えた。たしかに、性別も年齢も違う少女になれるなんてことは現実にありはしないと思うだろう。むろん室町においてさえも、物語の中で、しかも狐が妖術を使うという手段をもってしか想定し得なかった。

可能なんだ。

技術進歩は、数百年前のSFとすら捉えられていなかった魔法現実のものとなした。我々は、美少女受肉することができる。

この狐のように。バーチャルだけど。

機械学習の爆進による画像認識音声認識の高速、安定、低価格化。からのfacerigやリップシンク一般化。またMMD界隈を中心に連綿と蓄積されてきた、高品質モデル制作ノウハウMMOSNSで受け継がれてきたアバター文化。もはや当たり前のように感じるマシンの処理速度の継続的な向上。そして、全てを飲み込み軋轢を生みつつ成長する中心にあるVRChat。セカンドライフの頃とは時代が一つ違う。なんと素晴らしい世界ではないか

まだ、インターネットを見渡してもバ美肉について触れている人は多くはない。そもそもバ美肉呼称すること自体が最善かも分からない。しかし確実に技術進歩していて、ちょっといいマシンが手元にあるならば、美少女になるのに必要環境はすでに整っていると言えてしまう。モデリングアシストソフトも充実してきて、極め付けでVRMというデータ形式も作られた。処理能力限界により今はセルルックが主だけれど、そのうちSaya並みのモデルにさえリアルタイムで反映できると信じている。

誰でも受肉できる時は近づいた。

バーチャルYouTuberは確実に認知度を上げてきていて、リアルタイムで動く3Dモデル世間は慣れてきている。そして既存の生身ユーチューバーパイを奪い合いながら、その一部は広義のアイドルとして活動していくのだろう。アイドルがいれば、人が集まる。近づくために受肉する人もきっと多く出てくる。

どうせそのうちみんな受肉するのですよ。そう、みんな美少女になればいい。いんや、なってください、なりましょう。私はそんな世界が見たい。さあさあなたもいざ受肉

700年を経てやっと現実のものとなった、美少女になれる世界の前途を祝って。

2019-01-20

[]1月20日

○朝食:パンプキンスープ

○昼食:うどんかき揚げナス天ぷら

○夕食:カレーメシ、玉ねぎサラダコーンスープしめじを卵でとじたもの

○間食:オーザックコアラのマーチアイス

調子

はややー。

休みでした。

風呂はいって、ご飯食べて、お菓子食べて、本読んでたら爆睡してしまいました。

今日は、最近ハマってる早坂吝さんの小説「誰も僕を裁けない」を読みました。

もうめちゃくちゃ面白くて、文庫化されてるのはここまでなので、ノベルス版で続きを買いたいと思います

明日からまた一週間始まるけど、面白い本が読めてパワーを貯めれたので、がんばるぞいや。

今日やれた楽しいこと

NG1.ポケダン時:ストーリーを進める

明日やりたい楽しいこと

1.ポケダン時:ストーリーを進める

anond:20180130120945

定期圏内散歩入ってないのね笑

小説を書くのは楽しいのでぜひぜひやってほしいな〜!!楽しく続けるポイントは人に見せないことだよ!!嘘です!きっと描き上がったら誰かに見せたくなってしまう笑

センター国語

 現代文意味ないし、小説時代に合わないし、古文平成に出たゲームソフトのせいでダサくて死んだし

漢文問題は、東大レベルからするとクソすぎて意味ないし、全体的に他界してるから、110点あれば

いいってのが15年前の常識で、センター国語なんかズタズタに馬鹿にされてたけど。

センターなんかで良い点とる奴は死体だって言われていて、みんなから嫌われていたな

数学問題意味ないし、英語クソゲーだし、世界史物理もクソ、言われていて、特に早慶レベル

受験からは、センター英語wwwwwwwwwwwwwwwwwwwとか言われてたな

早慶英語や地歴の難易度からすると、あまりにも問題がクソだからな。今でもスタディサプリ講師とかも

センターなんか相手にするなと言ってる先生が多い

それから文京区入試センターだけど、死体だし、最悪だよ。問題を創意工夫する気がないなら、施設ごと

撤廃した方がいいと思う。意味ないもんこの試験。このバカ試験で量産されたキチガイが今全国で暴れていて最悪

この試験、しゃべる言葉だけよくて裏で悪事を働くクソゴミを量産しただけの最悪の試験で、ねーほうがいいよ

なんのためにやってんだよこのゴミ試験

人生安泰の連中に死んで欲しい

漫画小説で一発あてて大金持ちになった奴全員死んでしま

株やFXビットコイン大金持ちになった奴もだ。

あああああああああああああ!

どうせ俺には金がねええよ!

日本コンテンツドミノ的なオワコン

小説日記8日目

今日は予定通り、午前に17話、午後に18話を投稿した。

先日、アドバイスをくれた人ありがとう

  

現状は2000文字書くのに1時間使っているのでもう少し

早く書けるようになりたいと思っている。

そして慣れてきたら1話で4000文字にしたいと考えている。

多分最低でも100話くらいまで頑張らないとその域にはなれないと思うけど。

  

書く前の3点プロットは役に立っているのだけれど、書いている最中

突然いい発想が思いつくことがあって、少し変更したときがあったけれど

自分的にはそっちのほうが面白くなったので十分だ。

  

あとは昨日、30話で章区切りと言ってたけれど、20話で変更になるかもしれない。

文章量的には30がいいと思うけれど話の区切り20話のほうが良さそうなので。

  

一応週間PV数を載せておく。多分特に目を引くことはないと思うので

1日のPV200くらいでだらだらとやっていけたらいい感じかな。

01/13(日) 100

01/14(月) 133

01/15(火) 275

01/16(水) 201

01/17(木) 249

01/18(金) 155

01/19(土) 275

大学ボッチに1番向いてるのは茶道教室では?

大学ボッチが卒業して10年経って、通ってみて思った。

日日是好日小説にも書いてあったけど、茶道には自由がない。

ひたすら利休さんの境地を目指して、右足から入るとか、袱紗の扱い方とか全てが決まっている。

でも茶道をしてると、人より上手くなりたい、個性的になりたい、いいかっこしたい、そんな気持ちから自由になれる。

これって大学とは全く真逆からだ。大学自由だ。でも自由不自由である

行動、服装、色んなものを決めるのに、大学生とはこうあるべき、個性、人との差異、など色んなものに縛られなければいけない。

大学に馴染むには、承認欲求に縛られるか、他人の眼や世間体を気にするか、そういう人しか馴染めない気がした。

自由が礼讃される世の中で決まりごとは窮屈なイメージがある。

でもアドラー心理学承認欲求を捨て、共同体感覚を得るという感覚

それはなにか決まりごとがあってこそ、辿り着けるものだと、茶道を始めて実感する。

大学ボッチだった頃、友達がいないことを恥ずかしいとは思わなかった。

でも共同体感覚に飢えていた。それを茶道が今与えてくれる。

anond:20190120094912

内容は面白いけど、あまり上手じゃない小説表現が青臭いからやめた方が良い。

異世界から転生してきたので、俺の世界料理を紹介する

異世界から転生してきた。

俺は料理趣味だ。レパートリーを増やすために、異世界図書館レシピ本を読んでいたときのことだ。なんとなく手にとったそのレシピ本は、おかしなことに途中から空白のページが続いていた。なぜか途中から空白のページになっている、おかしいぞ、と思った瞬間に、本の中に吸い込まれるような感覚がして、気づいたらこ世界にいた。

それからはとにかく大変だった。俺の服装はどうもこの世界では変な格好と見られるらしく、街の人に喋りかけても9割の人に話も聞いてもらえずに逃げられた。なんとか話を聞いてもらえても、異世界から転生してきたなんて話を信じてくれるわけもなく(そりゃあそうだ)、9割の人に逃げられた。飲まず食わずで助けてくれる人を探し続けたところ、5日目でようやくまともに話を聞いてくれる人に出会えた。アパレル通販会社経営しているという中年の男だった。彼は、食事を御馳走してくれた上に、自社で取り扱っているという服を俺に与えてくれた(水玉模様モダンデザインの服で、とてもおしゃれだ。今でも勝負服として使っている。この世界は、俺のいた世界と違って良質な繊維が取れる植物があまり無いらしく、化学繊維工業がとても発展しているので、ああいったモダンデザインの服が存在するようだ)。さらに、当面の生活費として現金100万円も渡してくれた。転生したときに着ていたボロボロの服まで引き取ってくれた。俺の世界では、貨幣といえば銀貨銅貨しかなかったので、こんな紙切れ100枚ぽっちじゃ燃やして暖を取るくらいしか使いみちがないな、と思ったのは今では笑い話だ。1年くらい前のことなので彼は覚えていないかもしれないが、俺は本当にあの人に感謝している。

それから賃貸住宅を見つけ(俺の世界には住宅賃貸しするというシステムがなかったので、これにも大変驚いた) 仕事も見つけ、今ではやっとこの異世界を楽しむ余裕が出てきた。

この世界には異世界転生というジャンル小説漫画があるらしく、同じ異世界転生した境遇を持つ俺としては大変興味深かったので試しに何作品か読んでみた。どの作品も、主人公が元世界にあった知識技術を活かして異世界活躍するという内容だった(そこで描かれている異世界は、不思議なことに俺が居た世界の100年くらい前の姿とそれなりに似ていた)。しか現実小説のようにはうまく行かない。異世界転生して無双なんていうのは現実には無理だ。確かに俺の世界しかない科学技術もたくさんあるが、この世界とは根本的に物理法則が違うので、この世界じゃどう頑張っても再現できない。魔法相互作用と呼ばれる相互作用はこの世界には存在しないらしい。自然界に相互作用が4つしかないというのはなんとも不思議な感じがする。うちの世界には、魔法相互作用、つまり魔力を応用した便利な技術がたくさんある(魔力で水を活性化させてサビを取るとか)が、この世界には存在しないようだし、根本原理が存在しないので再現することもできないようだ。電磁気相互作用存在しない世界電池が作れないのと同じだ。

異世界生モノを読み慣れている人からすると「魔法を使って無双すればいいじゃん」と思うのかもしれないが、あいにく俺は元の世界ではただの商人だったから、魔法なんて使えない。魔法を使えるのは、特殊な訓練を受けた一部の人だけだ。君たちの殆どスマートフォン自動車設計できないのと同じだ。

したがって、俺はこの世界では、ときどき変なことを言う空気が読めないキモくて金がない若者としてひっそり生きて行かなければならない。もともと頭はよくないし、この世界教育を受けていないから、肉体労働身体をすり減らしながら薄給を得ることしかできない。実に虚しいことだ。虚しい気持ち異世界転生小説を読んでいると、マヨネーズと呼ばれる異常に美味しいとされる調味料を作って異世界人に尊敬される話があった(当時はマヨネーズという調味料存在を知らなかったので、急いでスーパーに行きマヨネーズを購入し、店先で味わった。異常においしかったためその場で1本飲み干してしまたことは言うまでもない)

そうだ、科学魔法ダメでも、俺には料理があるじゃないか料理を振る舞って尊敬されよう、と思った。でも、俺には料理振る舞う友達なんていないし、俺を雇ってくれる店なんてないし、開業資金なんてあるわけがない。そこで俺は、過酷肉体労働苛烈パワハラですり減っていく自尊心を補うために、ここで俺の世界料理を紹介して、君たちから称賛の声を浴びようと思う。全部家庭料理なのでとても簡単だ。この世界風の個人的アレンジが入っているものもあるが、ベースとしては俺の世界のものと大差ない。本当においしいのでぜひ試してほしい。

 

 

異世界お好み焼き(1人前)

鶏卵4個をとく。顆粒かつお出汁、なければめんつゆ鶏卵に入れてよく混ぜる。キャベツ4分の1を千切りにする。鶏卵の液にキャベツを入れて良く混ぜる。フライパン(俺の世界にはテフロンという物質が無いので、テフロン加工のフライパンを始めて使ったときは大変感動した。俺の世界フッ素化学がこの世界より100年遅れている。蛍石が魔力源として利用され枯渇してしまたことがその原因だ)にサラダ油をひいて、肉やエビなどの具を焼く。さらに先程のキャベツ鶏卵を混ぜたものを投入する。蓋をして中火で3~4分ほど焼く。完全に鶏卵に火を通さず、上の方の卵液すこし半熟なくらいが美味。裏返さずにそのまま皿に移し、お好み焼きソースマヨネーズをかける(俺の世界にはマヨネーズが無いのでソースだけで食べていたが、この世界に来てマヨネーズ存在を知ってからマヨ無しでは食べられなくなった)

この世界お好み焼きも美味だが、粉を計量して混ぜないといけないので手間だ。この料理鶏卵を溶いてキャベツを千切りするだけで作れるのでとても楽だし、なにより卵の風味やふわふわの食感が味わえて美味。

 

白菜ミルフィーユ異世界

この世界の、いわゆるミルフィーユ鍋を5時間くらい弱火で煮込む。ミルフィーユ鍋は水を入れないで作るレシピが多いが、このレシピ場合は煮込まないといけないので水は白菜が浸るまで入れる。白菜がとろとろになって美味いし、豚バラの甘みが引き立ってとろける美味しさだ。鰹出汁で味付けして七味を振って食べると今の時期最高。ミルフィーユ鍋と言っているがミルフィーユ形状にする意味はまったく無いので適当にかさねて入れれば良い。ガスコンロで5時間煮込むのは大変な手間だが、この世界にはシャトルシェフという便利な調理器具があるので活用しよう(俺の世界シャトルシェフはなかった 魔力レンジがあったので安全に煮込み料理が作れた)

 

マカロニグラタン異世界

少なめの湯でマカロニを茹でる(塩は入れない)。茹でてる途中でビーフシチューのルウを適量入れる。ルウが溶けてマカロニが茹だったら、上にシュレッドチーズをたくさん乗せる。チーズがとけたらコショウをかけて出来上がり。簡単に作れてメチャクチャ美味い。(俺の世界にはビーフシチューのルウが存在しないので、ビーフシチューを作った次の日に作るごちそう料理だったが、この世界ではルウを使って簡単に安く作れるのでとても嬉しい。、異世界転生してよかったと思える数少ない点だ)

 

海苔白菜サラダ異世界

生の白菜を千切りにする(繊維に対して垂直に切る)。海苔を細かくちぎる。白菜海苔を混ぜ合わせて、ごま油醤油(あるいはめんつゆ)をたっぷりかける。お好みでゴマをかけても良い(この世界ではあまり白菜を生で食べないらしいが、とても美味しいのでぜひ試してほしい)

 

・薄めコーラ異世界

コーラを水で2倍から5倍程度に薄める。この世界では、食事中にコーラを飲む人は味覚音痴だなんて言われがちだが、水で薄めると食事にもよく合うようになる。炭酸の刺激や甘さが抑えられて、コーラ本来スパイスの味がよくわかるようになる。お茶感覚で飲めるのでおすすめだが、休憩室でコーラを薄めているとクソ上司に哀れみの目で見られてムカつく。(この世界にはコカコーラペプシコーラしかないようだが、俺の世界ではラスコーラというのが主流だった。この世界でもラスコーラ売ってないだろうか。コカペプシを飲むと、微妙違和感があってマジで元の世界に帰りたくなる。水で薄めると違和感も薄まって飲みやすくなるのは俺にとって意外なメリットだ)

 

 

いかがでしたか

はぁ〜イライラする

村上春樹の目の前で本人の書いた小説面白おかし音読してやりてぇ〜

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん