「故障」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 故障とは

2018-10-15

[] #63-7「イタガリアン」

サッカー選手において痛がることは1つのトリックプレーである。転倒時に大げさな痛がり方をすることを批難する者もいるが、それはその選手が下手くそからだ」

ジパング代表監督言葉らしい。

その言葉体現するように、転倒時の痛がりっぷりが抜きん出ていたのがイッタ・イマージだった。

彼のサッカー選手としての実力は決して華やかとはいえなかったが、痛がり方だけは圧倒的な存在感を放ち、その様子がカメラに映されることが多かった。

それを見た他の選手たちや観客の中には「見てるこっちまで痛くなる」と、痛みを錯覚する者もいたのだとか。

その割に、彼は現役時代に一度もケガが原因で交代したことがなく、故障したことがない恵体。

そうして15年間ずっと現役で居続けた、ある意味ですごい選手だったという。

「……で、引退後は自国観光大使として隣国を巡り、今に至るというわけっすね」

カジマの説明を話半分で聞いていたが、つまり痛がりのプロってわけだな。

ボーナスチャレンジの話を聞いたときは、ローカル番組にしては大盤振る舞いだなと思ったが、そういうことか。

これを企画したヤツ、どうやら俺たちを勝たせる気は毛頭ないらしい。

いわばプロモーションの一環だ。

テーマは“フリースタイル”です。お好きな方法で痛がってください。では先攻カジマ選手、どうぞ」

全国を魅了するほどのイタガリアンに、一般人の俺たちが勝てるわけがない。

これじゃあ勝負はやる前から決まっている。

「えー……どうしよう」

さすがのカジマも、この状況に相当なプレッシャーを感じているようだ。

この状態では、ちゃんと痛がることは難しいだろう。

これ以上、恥をかかせないためにギブアップさせるべきか。

半ば諦めていた、その時。

兄貴ー!」

弟の声が聞こえたので、その方向に視線を向ける。

すると、俺の目の前に「賞金2倍」の文字が書かれたフリップが目に入った。

諦念の相が出ていた俺を見かねて、どうやら弟が書いてくれたらしい。

そして、それは俺の思考を正常に戻すには十分なものだった。

……そうだ、つけ入る余地はあるはずだ。

いくら痛がることが上手いといっても、それは元サッカー選手としての副次的能力であり必須スキルではない。

リアクション芸人みたいに痛がりのプロというわけでも、面白いわけでもないだろう。

ならば俺たちが勝負すべきは、その“面白さ”だ。

そうと決まれば、まずはカジマの調子を取り戻させよう。

「カジマ、これはチャンスだ。痛がりのプロともいえるイッタ・イマージに、お前の痛がりを見てもらえるんだぞ」

「そ……そうか! これを機にオイラスターロードが……」

カジマの頭の中で、随分と前向きな解釈が行われているようだ。

あいいや、そっちのほうが都合がいい。

「よし、じゃあ1回戦でやった木の棒、その“応用編”で行くぞ!」

「おっす!」

「じゃあ、行きまーす!」

俺は1回戦と同じように木の棒を構える。

「くたばれ!」

そして、ほぼ同じ動作で木の棒を振りぬいた。

「あ``あ``!?

脛めがけて振りぬいた木の棒は、誤って狙いより上に当たってしまう。

股間にある“第三の足”にだ。

「ああ~っと! これは痛そうだ~~!」

「~~~~っっっ、ちょっとマスダぁ~!」

カジマは俺に怒りの声をあげるが、その姿と声量は情けない。

ハハハハハッ!」

そんなハプニングに会場は盛り上がる。

当然、これはワザだ。

同じテーマが出てきた時、二回目はコレで行こうと以前から決めていた。

同じことはやればやるほど退屈になりやすい。

だが変に奇をてらおうとするくらいなら、同じことをやったほうがいいのも確かだ。

期待はそう簡単に裏切れない。

だが予想は裏切れるんだ。


「ははは……さぁ~て、ちょっとしたハプニングはありましたが、気を取り直して後攻イッタ・イマージ氏、どうぞ!」

俺たちのやれることはやった。

後はイッタ・イマージ次第だ。

俺は彼の痛がりを知らないから分からないが、いくらサッカー選手とはいえ先ほどのカジマを超えるのは難しいはず。

ダイ……ジョブ……本気で」

イッタ・イマージがつたない日本語で、痛めつけ役のスタッフと喋っている。

今回のために覚えてきたのだろうか。

大げさに痛がるサッカー選手なんてロクなもんじゃないと勝手に思っていたが、意外と真面目な人なのかもしれない。

「じゃあ、行きます!」

どうやら俺たちと同じ木の棒で行くらしい。

カジマのを見た上で、あえての真っ向勝負か。

よほど自信があるとみえるが、さすがに見くびりすぎじゃないか

「おりゃあああ!」

「~~~~~~っっっ」

しかし、見くびっていたのは俺のほうだった。

それを思い知らせるかのように、その実力を見せ付けたんだ。

「お~~! さすがのイッタ・イマージ! 貫禄の痛がりっぷり!」

イッタ・イマージはその場に崩れ落ちると、殴られた足を押さえてもがき苦しむ。

生で見ているせいもあるのかもしれないが、圧倒的な迫力だ。

まるでサッカーグラウンドがそこにあるかのように錯覚させるほどに迫真の痛がり。

会場の盛り上がりも最高潮を迎える。

エンターテイメント性という意味では、カジマの痛がり方も負けてはいない。

だがリアリティの差は歴然といわざるをえなかった。

「ねえ、あれって本当に痛いんじゃないの?」

「確かに、そう思えるほどだ」

「いや、そうじゃなくてマジもんの……」

本当にあそこまで痛がるほどなのだと、俺たちまで思ってしまった。

その時点で、自ら敗北を認めているようなものだ。

「これは文句なしでしょう……イッタ・イマージ勝利です!」

完敗だ。

俺たちに悔しがる資格はない。

こちらの小細工を、単純な地力の差でねじ伏せてきやがった。

所詮リアクション芸人の真似事でしかない俺たちでは勝てるはずもなかったんだ。

「いや~、素晴らしいイタガリアンっす」

そう言いながらカジマは、握手目当てにイッタ・イマージに近づく。

だが彼の顔を見た途端、なぜかカジマの動きが止まった。

「ん? どうしたカジマ?」

「イッタ・イマージさん……き、気絶している」

…………

後に知ったことだけど、イッタ・イマージは痛みを感じやすい体質だったらしい。

彼の痛がり方にリアリティがあるのは必然というわけだ。

俺たちがそこまで痛いと思わないレベルでも、イッタにとってはリアルに痛かったんだから

あなたたちは痛みに慣れすぎて、鈍感になってるのよ……』

少し前に母が言っていたことを思い出す。

痛みってのは、さしずめ身体から発せられる救難信号だ。

その痛みに鈍感であることは、それ自体危険だと言える。

今回の一件で、俺たちは“痛みに鈍感”であることの意味、その危険性を改めなければならなかった。

「ねえ、いまさら気づいたんすけど……」

イッタ・イマージ救急室に運ばれていくのを眺めていると、ふとカジマが呟いた。

隣国観光大使をこんな目にあわせるのって国際問題になるんじゃ……」

こいつにしては珍しい、目配りのきいた意見である

だが生憎、俺はそれに答えられるようなものを持ち合わせていない。

「……どうだろうな。まあ少なくとも、それが国際問題になると思っている人たちの間では問題になるだろうとは思うが」

「え、どういう意味? なんかの言葉遊び?」

「違ぇよ。つまり俺たちが気にしたところで仕方ないってこと」

今回、痛くも痒くもなかった俺では、そう言うのが精一杯だった。

結局、痛みを知らなきゃ本当の意味では学べないのかもしれないな。

まあ、そのためにわざわざ痛みを知りたいとも思わないが。

(おわり)

2018-10-14

anond:20181014093420

おれも飛行機苦手なんで同じこと時々考えるのだが、

絶対安全を0、絶対死ぬを100とした時、

飛行機の中で起こってる出来事、揺れたり遅れたり何か故障したりそういう何らかの危険要因が、パイロットの肌感覚ではどのぐらいの数字になるか知りたいと思うことがある。

これと同じ基準数字を車のドライバー自分)や電車運転手と共有できれば、多分、飛行機の中で起こる出来事数字は案外小さいのではないかと思ったりするのだが、どうだろうね。

2018-10-06

anond:20181002220231

参考になるのだが、私の家の場合は、息子と娘が金のかかる部活をしたので、中学高校貯金できなかった。

月に平均して2万から3万、夏休みシーズンだと平気で10単位の金が出て行く。


それでも中高ともに、公立だったのだがまだ救い。


長男大学と娘の高校での部活が重なった時は、長男、娘共に部活をやめてもらった。

娘は悔しがったが、ない袖はふれない。


スポーツをやることは良きことではあるが、金がかからない活動内容にして欲しい。

中学高校先生方は、安定的にそこそこの給与をもらっているから、それほどもらって

いない保護者気持ちが分からないのではないかと思う時がままあった。

スポーツで喰えるわけでもなし、それどころか腰や腕を故障させる。

思えば、そこそこにしておいて、その分、勉強させた方がよかった。


2018-10-03

anond:20181002235244

目の前に車が止まっている。

さっさと動けよと思うが一向に動く気配が無い。

運転手が居眠りしている(=甘え)なのか、車が故障している(=鬱病)なのかは、

外観からは分からない。

それと同じ。

2018-10-02

盗撮とか悪戯とかナプキン盗むやつがいからわかれてるんだよ……

2018-09-28

周りの人が頑固すぎて辛い

私の周りの人はみんな頑固だ。

その人が経験したことがないエラーを報告すると、「そんなわけはない」「お前のやり方がおかしかったんじゃないのか」「そんなことは聞いたことがない」と言って聞く耳を持ってくれない。

エラーの実物を見てもらう前に一応報告するんだけど、口頭での報告をすると「そんなエラーいから」「お前がおかしい」と延々と言ってくる。

特になんだけど、物が壊れかけの時(壊れかけかどうかはは後でわかるんだけど)に起こりやすい。

研究室コピー機が壊れて通信できなくなった時、先輩らは「増田ちゃんと正しくドライバーダウンロードしなかったからだ」と言われた。

たまたまその時は自分だけしかそのコピー機を使っていなかったのだが、「通信ができなくて」と言ったとたん袋叩きだった。

「お前が悪い」

「やり方がまずいんじゃないの」

コピー機が壊れるわけがない」

5人の先輩のうち、味方してくれたのは一人だけだった。

修理業者さんに診てもらう機会ができたので見てもらうと、故障しているとのことだった。

そういう人はバイト先とかにもいて、本当にしんどい。

はあ。

2018-09-20

スポーツ漫画スポーツアニメって見る必要ある?

スポーツ漫画スポーツアニメって、大体もうやり尽くされてない?

スポーツって基本的には勝つ、負けるの2パターンで、あとはがんばって練習したとか、故障してどうのとか、友情がどうとか、努力VS才能とか、そのくらいじゃん。家族がどうとか恋愛がどうとかみたいなのはスポーツ関係ないし。

そういう数少ない要素も、過去の名作で大体やりつくされてない?

駆け引きとか戦略戦術みたいなのも、そのスポーツをよく知ってないと伝わらないじゃん。

まだ集団競技なら選手個性が絡み合って面白くなる余地はあるし、戦略的にも奥深いから良い作品が生まれ可能性はあると思うんだけど、個人競技だと話が選手1人の技術や体力に終始しちゃうから、どう頑張っても過去作品二番煎じしかならなくないか

事実漫画好きが公表してる好きな漫画ランキングみたいなのにスポーツ漫画が選ばれてるのって(奴らのチョイスが絶対正しいとは思わんけど)せいぜいスラムダンクくらいだし、最近スポーツ漫画ランクインすることなんてまずないじゃん。

スポーツ漫画ってもう何年も前に終わったジャンルじゃないか?偉そうなこと言ったけど読んでない作品はたくさんあるし、批判ありきで読むことはないので、過去の名作でやってないことをやっている面白作品があったら教えてくれ。

2018-09-13

北海道にこれから旅行にいこうとしてる人たちへ

道民だけど止めとけと言いたい。

北海道の主力発電所である苫東発電所はまだ完全に復旧してない。

現在、駆使されている火力発電所老朽化が激しくいつどこが故障するかわからない。

即ちいつまた大規模かつ長時間停電が起きるかわからない。

安全保障できない。

2018-09-11

anond:20180911113910

胡椒故障バカにされずに済まされてきたのは何故なのか

2018-09-09

anond:20180909100013

お前みたいなアホが

「早くスケジュールだせ!」って騒いだおかげで

正確性の低いスケジュールを出さざるを得なかっただけだよ

それともなにか、正確なスケジュールを出したら

故障が早く治るのか?

2018-09-08

スマホを壊す人とは結婚したくない

自分iPhoneGS時代からスマホを使っているが画面が割れたり、故障させたことがない

いやそりゃ精密機械だし、それを持ち歩いていたら壊れることもあるだろう

でも個人的印象では壊す人って限られていて、決まって同じ人が「スマホ壊れたー」って言うんだよね

なんなら二年縛りの期間すら保たないので年中スマホが壊れたって言ってるイメージ

全然学ばないというか学ぶ気がないのか

そういう人とはお付き合いや結婚できないなって思う

2018-09-07

強制サマータイム装置

anond:20180906085723

anond:20180906170906 ←「消えた2時間 」を最初に読むと良いデス。

2018年秋の国会で、なし崩し的に成立してしまった日本サマータイム法への対応は、

遅々として進んでいなかった。

2019年6月サマータイム導入テストは、延期に延期を重ねて、遂に年内に実行されることは無かった。

対応させるべき機器があまりにも多く、対応済み機器と未対応機器との間の膨大な組合せ数の通信テスト計画段階で既に5年掛かると予想された。



まり・・・ピンチはチャンスとの森会長言葉も虚しく、ピンチピンチのままだったのである




2020年1月 首相官邸 では、サマータイム実施の無期限延期について最終決断をするべく議論が続いている中、

サマータイムを強行に進めたい議員の一人が、京都大学理学部の年老い教授を連れてきた。

その教授の名は秋月伸治郎といい、半世紀にわたって宇宙時間物理学研究しているその分野の権威とのことだった。


秋月教授提案は、常人理解想像を遥かに超えたものであり、日本列島全体を特殊エネルギー場で覆い、

日本列島全体の時間の進む速度そのものを速めたり遅くすることで、サマータイムの時刻調整を実現するのだという。



サマータイム推進派の切り札が、こんなオカルトとはね・・・。笑」

その場にいた誰もが笑い出し、教授を連れてきた議員は顔を真っ赤にして怒りともあきらめともとれる複雑な表情で固まっていた。


秋月教授は気にすることもなく、一言、「論より証拠。見ればわかるから…」とつぶやいて、

助手たちに指示して部屋の片隅に3本の白いポールを設置させた。

2つの懐中時計の時刻が一致していることを皆に確認させたのち、1つを3本のポールの真ん中に置いた。

ポールに繋がったコントロール装置教授操作して1分ほど経ったが、何も起こらなかった。


本当に何も起こらなかった…としか思えなかったのだが、改めて、2つの懐中時計を調べてみると、

きっちり12秒差のズレが生じていた。

それからの数時間は、腕時計目覚まし時計ストップウォッチメトロノーム等々、時間が測れる道具での検証大会となった。

その結果、コントロール装置の設定次第で、ポールに囲まれエリアだけ1分に付き12秒速く時間が進んだり、逆に12秒ほど遅れさせることが可能であると誰もが認めざるを得なくなった。

秋月教授は、再びサマータイムの実現方法について説明を始めた。

・このポールを大型化したもの日本国内18か所に設置して日本全土をカバーする

サマータイム開始日/終了日の夜に10時間かけて2時間分の時差を生じさせる

・夜寝て、朝起きると国内の全ての時計が2時間ずれるのでサマータイムによる時刻調整は不要

早起きする必要が無いので、睡眠不足による健康被害などは起こらない

現実的予算3月までに完成可能



秋月教授提案に異を唱える者はおらず、諸々の検討会を経たのち、国会にて全会一致で実施が決まった。

ポールが設置される地域での説明会でも、秋月教授難解な言葉で煙を巻くようなことはせずに、

分かりやす言葉で教え諭すように説明されたので、全てが計画通りにスムーズに進行していった。


地域説明会での説明内容を要約すると、

時間の進み方に差がでるのは、本質的にはウラシマ効果によるもの(だから健康に影響は無い)

ポール虚数空間と呼ばれるある種の亜空間からタキオン粒子を取り出して見えない壁を作り出している

タキオン粒子は、実空間上の物質には一切干渉せず、数時間消失する(だから健康に影響は無い)

タキオン粒子の壁は毎分12秒程度の時間差であれば、魚介類も含めてどんな生物問題無く通過できる(だから漁場に影響は無い)

タキオン粒子の見えない壁に包まれ空間は、人間の暮らす実空間上では静止しているが、虚数空間内では高速で移動している

タキオン粒子の振動数を変えることで移動速度が変わり、その結果、空間内の時間の進む速さも変わる

・移動速度がプラスであれば、時間ゆっくり流れ、マイナスであれば、時間は速く流れる

というものだった。

これらを正確に理解するには、宇宙ダイミュラー空間における時間平面の扱いを超複素時間と再定義して理論拡張した500ページほどの論文を読めばよいと秋月教授は話していたが、同時に、この論文理解できる専門家は著者であるしか居ないのが寂しいところだと嘆いていたのが印象的だった。



やがて、すべての装置が設置完了し、個別作動テスト問題無く終えて遂にサマータイム開始日前日を迎えた。

日本中、それどころか世界中がこの強制サマータイム装置とも呼べる装置挙動に注目している中、

日本時間午後8時になると装置は一斉に作動を開始した。


時刻修正体験するためだけに来日した観光客も多く、彼らは刻一刻と海外日本時間に差が生じる様子に歓喜した。

日本発のこの技術世界にもたらす影響は大きい。

白物家電メーカーは、時間の遅延現象(≒ほぼ時間凍結)を利用して冷凍庫の代わりにできないかと小型化について相談しているそうだ。

某国軍事部門では、10年掛かる軍用開発を1年で済ませられないか?と日本政府交渉しているという噂もある。

強制サマータイム装置原理がもたらす経済効果は予想外に大きく、サマータイム推進を強行した政治家たちはホクホク顔で

自身の先見性と有能さを誇らしげにアピールしていた。







夜2時を過ぎると、通信衛星との電波が激しく混信したのち、一切の通信ができなくなった。

タキオン粒子の壁は、理論上、内と外の時間速度差に応じて光子の一部を反射するが、今の時間速度差では電波ほとんど遮断しないはずなんだが…。天候が曇ってるせいなのか…。また新たな研究課題が見つかったかな」と秋月教授は話していた。

時間程度の不便は我慢すべきだし、朝になれば復旧するだろうと考える者も多く、大きな騒ぎにはならなかった。





日本「現地」時間午前6時になり、装置は予定通り停止した。









最初に異常を伝えたのは地方テレビ局かどこかだったと思う。

海外支局との通信ができない。

海外インターネットに繋がらない。

朝のニュースで深刻な通信障害の状況を簡潔に説明していた。


その後も様々な報告が続いた。

ホットラインが繋がらない

アマチュア無線家が海外の愛好者と通信できない

隣国から常時聞こえてくる短波ラジオがなぜか受信されない


世界に何か異変が起きている。だが、その異変の正体が分からない。

そんな不安が広まりつつある中で、昼過ぎ明石天文台で行われた記者会見は驚くべきものだった。


明石天文台星野研究員は、計算値に10倍程度の誤差が見込まれると何度もしつこく繰り返し前置きした上で、

「今朝の惑星恒星位置関係観測した結果、一晩で10万年が経過したと思われます

と報告した。

星野研究員は、恒星距離による時代推定原理や、より正確な推定をするには、1日以上、

できれば地球が公転する1年間は観測必要だと説明を続けていたが、多くの者は上の空で聞いていなかっただろう。


その後、政府隣国自衛隊航空機飛ばしたり調査隊を送り出すことで、速やかな状況把握に努めた。

近隣諸国建物崩壊していて、ヒトが居住していない

核戦争痕跡がある

・新種の動植物が多数みつかる

宇宙や他の惑星にヒトが移住したという証拠は見つかっていない


さまざまな状況証拠から、一晩のうちに、1万年か10万年かそれ以上の月日が流れていたのは間違いなかった。

食料自給率40%、石油自給率0.4%の日本が諸外国の助け無しにどうやって生き延びるか?

誰もが日本の将来を考え、苦悩する生活は、苦労の連続だが決してわるいものではない。

しろ核戦争から生存成功した我々こそ勝ち組なのではないか?と言い出す者もいた。



ちなみに、世界の探索と並行して進められていた、この事故の原因究明についての調査は難航を極めた。

10時間分のセンサーログには何の不自然な変動も記録されておらず、

3年掛けて18本の大型ポールを細部に渡って調べ尽したが異常は一切みつからなかった。

何度実験しても、全く問題無く正常に動作したのだった。


事故から5年過ぎた頃、故障時に備えて用意されていたコールドバックアップ用の未通電の大型ポール

偶然、別の研究者が譲り受けて、細かく分解して状態を記録した時から調査は一気に進展した。


タキオン粒子の振動数監視するセンサーファームウェアのCRC値が、18本の本番機の記録と一致していなかったのだ。

ファイルサイズ更新日も同じだから、不揮発性メモリ劣化による単なる読取り間違いでは?

調査団の技術者は即座に決めつけた。

だが、その研究者は高度に難読化されたファームウェアコードを手作業デコンパイル(解読)することに成功し、

ファームウェアに仕込まれ精巧トラップ挙動を明らかにした。


トラップの発動は、サマータイム開始日の午前2時から時間だけ

トラップ発動中は、センサー入力値を無視して、過去時間分の入力値をランダムに出力する

・発動から時間後、ファームウェア自分自身正規ファームウェアに書き換えてトラップ痕跡を消す


まりタキオン粒子の振動数監視するセンサーあの日の午前2時から時間だけ機能不全となり、

その2時間の間は振動数制御できず、日本国内時間はほぼ止まったまま、外の世界では10万年が経過した…。

というのが事故真相のようだ。



誰がいったい何の目的で、いつどこでどうやって悪質なファームウェアを仕込んだのか?

結局、肝心なところは分からずじまいで、事故原因はセンサーの不良として報告され、調査正式に終了した。



私がこの話を耳にした時、脳裏にふと何かがよぎった…気がした。

あれ?これって・・・

事件真相に繋がる何かを思い出せそうな気がしたのだが、よくわからなかった。


そんなことよりも、私は今夜の夕食のおかずを採ってこなくてはならない。

政府配給の完全食であるペーストフードだけの食事には、もう飽き飽きしているのだ。

せめて、フナの一匹でも釣れれば良いのにと思いつつ、

釣り道具片手に湖に出かけるのだった。(終

2018-09-03

高層マンションの30階までエレベーターが壊れていて階段配達する事もしょっちゅうあります

そのコースに30階立て以上の高層マンションが3棟あれば、エレベーター故障している日ももちろんありますし、最近ですと地震がきて一時停止している時もありますよね

そんな時でも30階までお米20キロ階段で運ばないといけない時もあるでしょう

まりにも大変で時間的にロスが起きるかもって時は、ドライバー個人判断助っ人を頼む時もありますけど、基本ドライバーはひとりで配達しないといけないので、他のドライバー負担がかかってしまます

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1266197132

まじかよ

2018-09-01

踏切で一時停止って必要

遮断機故障してたりのため?

ないだろ。

そうだとしたって、基本的に見通しいいし。

2018-08-31

オークション

格安スマホ落札したんだけど7000円もしたのに故障品だった。

何が良品だよ不良品じゃないか。堂々とこんなジャンクを打って悪びれない人間って7000円分のバチがあたればよいのに!

2018-08-28

こういう人って否定的トラバ付けて消すから引用する

https://anond.hatelabo.jp/20180828111146

洗濯乾燥機は未成熟だってはなしてるのに、なんで「同意」したうえで

洗濯乾燥機をすすめてるの?もしかしてアホ?

元の増田はこれだ。

https://anond.hatelabo.jp/20180828085122

ドラム式の洗濯乾燥機は洗浄力が低く繊維も傷みやすい。

故障も多く、メーカーも認めている通りまだ家電としては「未成熟」な製品だよ。

メリットも多いからそれで満足ならいいけどね。

元の増田ドラム式の洗濯乾燥機欠点について書いている。ビートウォッシュは、非ドラム洗濯乾燥機だ。

anond:20180827212405

ドラム式の洗濯乾燥機は洗浄力が低く繊維も傷みやすい。

故障も多く、メーカーも認めている通りまだ家電としては「未成熟」な製品だよ。

メリットも多いからそれで満足ならいいけどね。

2018-08-27

anond:20180827235455

それで故障した方が家電が売れるのでメーカーが直すはずがない

2018-08-24

一応いっとくけど車買うのにそんな統計データはいらないよ。

元の元の元の「軽自動車に乗っているやつって馬鹿じゃないの?」の煽りタイトル書いた増田です。

anond:20180824113128

anond:20180822005110

anond:20180823142932

anond:20180823192412

なんか統計厨やらデータ厨やらが集まってお祭り騒ぎになったのはうれしいけど、なんかこのままいくと軽自動車のっている層の学歴収入データまで探しあてて「そもそも軽自動車に乗っている層のDQN率が高いのが事故の原因ではないか?」とかまで話が逸れそうなのでその前にツッコミしておきます

もしこれから車を買おうか迷っている人、軽か普通かで迷っている人、あなたが調べるべきは「どの車が事故にあう可能性が低いか」ではなく「もし事故に巻き込まれときに、どの車が運転手乗客安全を確保してくれるか」なので、これらの統計データはいっさい無視Okです。具体的にはanond:20180822005110さんが最初に載せたJNCAPの安全基準テスト、あと加えるなら購入5年以内の故障率、あとは個々の予算内で買える範囲で一番安全な車をピックアップしてディーラーにいって確認しましょう。

そもそもこういった統計データ必要なのは、国全体の安全基準やら交通データやらを調査せなあかん国土交通省役人や、利益率が高く同業他社にも競争力のある自動車保険プランを作らなあかん保険会社計算担当名前忘れたけどめっちゃ高給取りな連中)ぐらいでしょ。むしろ下手に統計玄人が作ったデータなんて、作成者バイアスがもろに反映されるのでそれ基準にしちゃだめでしょ。俺みたいなアンチ軽なやつが作成したら軽自動車に不利なデータばっか探すにきまってるもん笑

増田の一人で「軽と普通で1万台を無造作に選んで事故発生率を調べる」って人いたけどさ、同じ自動車でも俺みたいに平日&週末ほぼ毎日車つかって毎月1000キロ以上平気でドライブしている車と、普段はほぼバス電車通勤で月に1度くらい遠出するぐらいしか使われない車を同じ1台にカウントするとか雑にもほどがあるだろ。。。おれの車なんておそらく後者の車の20倍くらい年間で走ってるぞw あと俺みたいにたくさん運転するケースだと数年たったらタイヤ部品劣化リスク考慮せにゃならんのだぞ?

それに仮に毎月同じ程度の走行距離の車だけを選んで比べてみても、「いつも行ってる郊外アウトレットに往復する」ケースと「いつものアウトレットに行く途中でいつもの道が封鎖されてて、グーグルマップで知らない道を走っている最中に突然の豪雨に遭遇する」ケースじゃ事故率が全然違うだろ??同じ車でもその所有者の健康状態走行距離環境時間帯、などなどで事故にあうリスクなんて全然変わるんだよ。それにいくら自分安全運転してても巻き込まれるケースだってあるんだしさ。そんな不確定要素おおすぎリスク計算なんて保険屋みたいなプロ中のプロじゃないと無理だから。まぁ統計オタクの与太話は面白かったけど、書いている内容の半分くらいしか理解できない。。。

そんなわけで、これから車を買おうと考えている人は、「事故あいにくい車」じゃなくて「事故にあった際にダメージを最小限にできる車」を最優先に予算範囲内で探してください。俺のポリシーに反するけどたしかHondaN-Boxコスパ考えたら悪くないです。ただ個人的にはVWPolo押しです。安全性も高いうえにデザイン、小回り、ハンドリングエンジンの加速具合とか考えたら超コスパいいぜーーーー。

2018-08-23

anond:20180823142222

第一、そんなこと言い出したら冬季屋外のビラ配りとかも「仕事自体病気の原因になる」だろ。

こっちについては?

そもそも100%リスクのない仕事なんか存在しないのだけど。

例えばプロ野球ピッチャーなんかは故障リスクと戦いながらフォークボール投げてるわけだけど、これを禁止するか?

仕事自体故障の原因」だぞ?

ガスコンロひねっても火が出ない

カチカチと音がするばかり

こりゃ確実にガス止まってるわ

風呂のお湯が出ないだけなら何かの故障も疑えたが

料金払い忘れて2ヶ月で止まるんだな〜

風呂で水でシャワー浴びたの初めてだわ

夏だから水でもいけるけど、やっぱお湯がいいなあ

昨日コンビニで支払ったけど今晩には復旧してくれるだろうか

ダメなら銭湯行くしかない

髪をこの時期2日間洗わないのは厳しい

2018-08-22

戦中的な何か

円谷幸吉の「疲れ切って走れません」が美談になるあたり、戦中と何も変わっていない

大体の人は、

「円谷さんは東京五輪の直後から、『国民の前でぶざまな姿をさらしてしまった』と自らを責めていた。

亡くなる半年前の大会でも、腰に故障を抱えながら『メキシコ日の丸を掲げる』と思いつめていた。」と知っていただろうし

全員が「しっかり議論しなくてはいけませんね」と言いつつ、問題が何も進展していないのには無力感すら覚える

(これからも何の進展もしないだろう……)

日本人全員、もっともらしい動作をしている意味の無い泥人形ではないか

海外から指摘される「日本人ルールを守っているだけで何も考えていない」や、海外滞在した人から日本に帰ってきた時に覚える違和感共通する何か

心の隅には民族としての賞味期限が切れている気がしないでもない思いがある


anond:20180822152659

甲子園

ねーいい話ですよ、聞けば聞くほど。伝説的な偉業だし涙を誘うけど、

額に汗する若人がコンテンツ化していて、その姿に勇気をもらうって大人として情けないなとも思うわけ。

故障しないで大成してほしい。壊されないでほしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん