「苦痛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 苦痛とは

2017-11-20

なんでも自分でやることが趣味になってしまった

引きこもり体質。

仕事以外で外にでることもない。買い物はほとんどネット。食料などは流石に近場のスーパーに買いに行く。

 

まず最初は髪の毛だった。

引きこもり体質にとって散髪ほど苦痛なことはない。別に髪型にこだわってないし、伸ばし続けてしまってもいいけどそうは社会が許さない。

美容室に行ってしまえば「あー、やっぱ切るとさっぱりするな!」と爽快感があるのだが、やはり行くまでがだるい。予約の電話をするのがそもそも苦痛

なので、Amazonですきバサミと串を買って毎週土曜日風呂からあがったら伸びたとおもった部分を切るようにしたら結局5年散髪行かずに保ってる。3000円ぐらいのハサミで5年間もってるならコスパもいいな、若干節約になってるのかも。

 

次がラーメンだった。

ラーメンっていうのは、正直に言うと外食のほうがうまい。どう考えてもチルドされてるのを買って食うのとラーメン屋で食うのは違う。でも、外食金もかかるし外にでるのは辛い。

結局考えたのが、自分で作ることだった。

麺は仕方がない。こればかりは自分で一回やってみたけど、手間がかかりすぎる。というか、一玉だけつくるのはどうやっても100円に抑えられない。だったら、100円の麺買ってきたほうがマシ。

なのでスープだ。といって、鶏ガラを買ったんだけどこれも手間がかかる。粉末の鶏がら出汁ちょっとインスタントくさい。

そこで考えたのが、近場のスーパーで安売りされている鶏肉。安売りされているだけあって肉質が硬い。なので、コイツを朝に20分ぐらい沸騰させて仕事行ってる間は減圧鍋に閉じ込めておく。

家に返ってくると、まぁ手間がかかってない割に飲めるスープが出来上がる。ここに醤油味噌で味付けをして、スーパーで買ってきた麺でラーメンをつくる。

たまに遊びに来る友人に振る舞ってるけど、「店で食ったら550円って感じ」って微妙感想を受け取るが、まぁそれでも550円ラーメンをを作れてるならいいかな。今はチャーシューをなんとかスープと一緒に自作出来ないかと考えている。鍋が少ないかスープ使ってる間チャーシューを作れない…。

 

もちろん、自分でやることは節約を考えてるところはある。でも、結局一番の理由は外に出るのが辛いしだるいからなのだ

なので、なんでも自分でやるようになって周りの人から「すごいね」と「そこまでするのか」と言われるけど、かなり怠惰理由でやってるだけで、休日の過ごし方を趣味というならば、ほとんど無趣味自分にとっての趣味がこれなんだと思った。

2017-11-19

文章を読むのが苦手な人はとりあえずブログでも書いてみてはどうでしょう

id:zeromoon0 さんありがとうございます

文章書くって大変ですね。

===

inoueです。

え~と、え~と、あのですね、たまにですが文章を読むのが苦手という人がいます

このスキルアップブログを読んで頂いている方の中にも、少なから文章を読むのが苦手という人もいることでしょう。

別に文章を読むのが苦手でも人生ではそれほど困ることはありません。もちろん、文章を書く仕事関係する職種についている人は困ります

からアドバイスとしては、とりあえずブログでも書いてみてはどうでしょうかということ。

何も難しく考える必要はありません。最初は見よう見まねで自分の力でブログを書いていけばいいのです。


オリジナルブログほど成長できるものはない




とにかく文章を読むのが苦手な人は、自分なりのオリジナルブログを書いていきましょう。

自分自身しか書けないブログ永遠の宝物になりますし、何よりも成長に繋がりますからね。

やはり考えることは大切ですし、受け身人間自分で考えられない人間はこれから時代では詰んでいくのがオチ

そのようなつまらない人生を送らないためにも自分しか書けないオリジナルブログドンドンと書いていきましょう。

そうすることによって、文章を読むのが苦手という短所も少なからず消えていきます自分で書いた文章何となく読めるものですからね。


最初から文章を読むのが苦手という意識を持たない




何ごともそうですが、最初から苦手意識を持つことはよくないこと。

文章を読むことが苦手でも、やはりここは何とか読まなければなりません。心の中で「苦手、苦手」と思い続けていると、いつまで経っても苦手なことを克服できません。

かに苦手なことを無理に得意分野にする必要はありませんが、やはり人生において文章を読むことはあらゆる分野で役に立ちます

本を読むことで何かを閃いたり、人生好転させることもできますからね。

からこそ、苦手意識最初から持たずにとりあえずは文章を読んでみましょう。



自分にとって読みやす文章から読んでいく





本気で文章を読むのが苦手な人はこのブログ記事さえも読んでいません。

ここまでスキルアップブログを読めたということは、文章を読むのが苦手ではないということですし、何よりも読む行為が好きなのでしょう。

文章を読むのが苦手な人でもここまで読めることは凄いことですし、これからもこの調子で読んで頂きたいもの

大切なこと自分にとって読みやす文章を読むということ。そして、自分自身が読みやす文章を書いていくということです。

その方法の1つにブログがあるというだけで、文章を書くならどのような方法でもいいということです。



文章を読むのが苦手な人はとりあえずブログでも書いてみてはどうでしょう?のまとめ




このスキルアップブログのお問い合わせにも、苦手な文章を読むのを克服したいという悩み相談がきます

かに読むことが嫌いな人にとっては文字を見ることでさえも苦痛でしょう。

それでも、克服したいと願うのはやはり素晴らしい文章を読んだり、文章を読むことで何かを得たいからに過ぎません。

私自身も過去には文章を読むのが苦手な時期もありました。

それでも、今ではこのようにしてブログ毎日書いていますし、毎日文章も読んでいます。人それぞれには苦手なことがたくさんありますが、少しずつでもいいのでゆっくりと克服していきましょう。

とりあえずは文章を読むのが苦手な人は、このスキルアップブログを参考にしてブログを書いてみてはどうでしょうか。

「成長」って何なのだろう?

昨日は日没後、自転車駅前図書館に行ってきた。

田んぼの間を走って県道に出て、古びたスーパー駐車場を横切り高校周辺の路地に入る。

ランニングしている野球部員がふざけて追っかけてきて、少し気持ちがほぐれた。まだ自分高校生ぐらいに見えるだろうか。

駅の裏に自転車を止めて、地下道を通る。貧乏そうな老人が一人横切り、私の前を歩く女子高生

勉強しないとああなっちゃうんだよ」

とか話してる。

何となく自分が笑われたような気持になって、早足で彼女たちを追い抜いた。

芥川の「河童」を借りた。少女終末旅行に出てきたので物語と何か関係があるのか気になった。

  

高校通信高校に通っていたことがコンプレックスで、実際高校生活ってどんな感じなのかなって思って色々想像したりした。

行きたいなら努力して行ってみれば良いのだけど、自分のやりたいことに対して何も自信が持てなくて、自分が活かされる場所を求めようともしない。

厳しい環境に晒されて、自分の形が崩れてしまう恐怖があって、

案外不幸になっても平気で生きてしまって、でもある日大切な人からあなたはそれで満足なんだね」って言われたら

「本当はやりたいことも、欲しいものもあった。でも諦めるしかなかったんだ、こうするしかなかったんだ」

って叫びたくなるのだと思う。

絶望どん底でやっと楽になったのに「損だ」「得だ」と囃したてられるのが堪らなく苦痛で、

でも決して現状に満足しているわけではなくて、でも何で何もしないのかよく分からない。

「成長」って何なのだろう?

  

スーパーにも学校帰りの高校生がちらほらいた。しばらく店内を徘徊してアーモンドチョコナタデココグミを買った。

それほど食べたいとも思わなかったが買っておいたほうが得なのかなと。

帰ってから買ったお菓子を食べたが一度に食べてしまい苦しくなってしまった。

  

夢に小学生の頃のいじめっ子が出てきた。逃げようとする彼の胸ぐらを掴んで

「これから度々、心の中の後ろめたい気持ちが、後ろ暗い過去が、チクチクと顔を出して、お前を苦しめ離さない」

と言ってやった。

2度寝して起きたのが11時半。

今日履歴書は書かなかった。

anond:20171117195416

今は性同一性障害じゃなく性別違和って診断名に変わってるよ。

しかも、性別違和について本人が苦痛を感じている場合のみ、この診断名を使用できる。

逆に言うと本人が苦痛を感じていなければ性別違和とは診断できないし、もちろん治療必要もない。

anond:20171119095154

こういうわかった風なこと言うやつ大嫌い

生きてるうちこそ死の恐怖がつきまとうだろ

死んだら苦痛もなくなってラクになる

ただし感情感覚もない無になってしま

生きてるだけで儲けものはいはい困ったときのお決まりセリフ

死のうとしていた人がずるずる生きていて何か好転したら儲けものだけど

ただ生きてるだけではダメだろ

2017-11-18

anond:20171117193949

性別への違和感を消せる薬」があればたぶんガンガン処方されると思うが、現状それがないんでトイレ作るしかない。逆に言えばトイレ作るだけである程度苦痛が減らせる。

anond:20171116210216

日本語でも書かれてる内容に興味がないか苦痛なんだと思う。

手前味噌だけど、自分科学系の話題が好きだから、The naked scientist っていうポッドキャスト毎日シャドウイングしてたら英語で書かれた技術書とか理系分野の一般向け概説書とかも遅いけど読めるようになった

日本語の1.5倍くらい時間はかかるけど)。Transcriptがある自分が内容に興味のあるポッドキャストシャドウイングするのおすすめ

2017-11-16

好きを仕事にしたい→まちがい 楽して大金稼ぎたい→せいか

お前の「好き」は、勉強仕事苦痛を軽くするための鎮痛剤としての役割しかねえのかよ!って叫びいね

それが本当の「好き」か?

辛くてもいいから俺はこの道を進みたいって思えるのが本当の「好き」……だろ?

anond:20171116173238

人種的モンゴロイドは性欲低いか

男も他人種と比べたら低い方だが女は更に低いわけで、ほぼ性欲ないような人も多いだろうし

それだとただ苦痛なだけだろう

anond:20171115092232

今を誤魔化したところで高校中退するか大学中退するか就職時につまずくか就職後に引きこもるか

結果が同じなら苦痛を感じる時間が短い方がいい

安楽死だってその発想だろ

戦い続けるのが美しいと本気で考える人多数派なら末期がん患者モルヒネを打たないはずだ

金のある高齢者にはヘコヘコして立場の弱い子供をいたぶっているに過ぎない

アズレンに移ってから艦これやってて良かったと思えた点 悪かったと

・良かったと思える点

積極的に編成とか装備を触る癖が付いた

周回や掘りが苦痛とは思わなかった

艦載機役割について理解があった

・悪かった点

序盤から燃費を気にしてしまった

入渠があると思い込んでて、経験値バーをHPバーと勘違いたことがある

補給もあると思い込んでて、結構探し回った

対空を死にステだと軽視してしまっていた

赤城下品加賀レイシストイメージが頭から抜けない

2017-11-15

お金を使うのが苦痛になってきた

昔は安いものとか気になるものはすぐ購入していたし

パチンコソシャゲもそれなりに楽しんでたのに

最近お金を使うことが辛くなってきた

良いモノやサービスはたくさんあるけど、お金かかるんだと思った瞬間になえる

必需品とかお祝い事の出費も腹が立ってくる

実家暮らしだし貯金は増えてるのにこんな調子から最近楽しくない

anond:20171115000639

だって方向が明確じゃん

人を低コスト効率的に傷つけるという自衛隊目標はとてもわかり易い

偉い王様が右向け右と逝って自衛隊20万が大声で右だあと叫んでる状況で自分が右に進む戦車を作ったら感謝され賞賛されて満足してこの世を去れる

右往左往して苦痛を感じずに住む

アニメルパンワルサーP38暗殺組織ジャックは島から出たくない自由になるのが怖いと言ってたけど普通の日本人だってそう

何者にもなれずに消えていくよりは洗脳だとわかっていても染められ熱狂する人生のほうが幸せ

2017-11-14

だったらもういっそ出さないでほしかった

これ、ほんと頭においておいてほしいんだけどさ。

こちとらアイドル恋愛したいわけじゃないんだよ。ましてセクハラしたいなんて思ったこともない。

の子アイドルにしたいと本気で思った子を立派に育てて、トップアイドルになる姿を後ろから眺めていたいだけなんですよ。

で、アイマス比較的その欲求が満たされるんだろうなと思ってやってたんですけど。

デレステアイドルごとのコミュひどくない?

デレステのPあまりにもクソ野郎すぎて見ていられなくてコミュ開かなくなっちまった

いまめちゃくちゃ溜まってる。

アイテムほしいときに開いて、見ずにタップだけして終わるものになってる。

セクハラがひどすぎる。あと奇行といって差し支えない言動の数々。

Pがクソ野郎なのにも耐えられないんだけど、そんなクソ野郎にほいほいついていくような子じゃねーんだようちの担当!!!という怒りがすごい。

担当だけじゃない、みんなそうだよ。こんなチョロいわけねーだろ!!なめてんじゃねーぞ!!!!!馬鹿にしてんのか!!!!!!という憤りで一杯です。

そういえばどなたかもこういうこと書いておられたような……そのときデレステやってなかったから実感としてなかったんだけど、いざ目の当たりにすると本当にひどいね!!

アイドルとの出会いのシーンや成長のシーンか…それはとても大切なエピソードだな…と思って見始めたらクソPがセクハラをかます図を見せられるって何?こっちはアイドルのことめちゃくちゃ大事に思っているんですけれども??

選択肢のないセリフをわざわざタップさせる必要があるならせめて本当に選択肢設けて普通のとセクハラのに分けろ。

そういうアプローチしたい人がいることは分かってるしそれを否定するつもりはないさ。個人自由だ。

ただ自分はそんなの選びたくないのに選ばされるのが嫌なんだよ。

苦痛ならコミュ見なきゃいいというのはそうですよ。実際見なくなったからね。

でもさ、自分大事アイドルとの出会いや思い出がこれ、というのは避けられない事実なわけですよ。納得できる?できるわけねーだろ!!!





聞くところによると、アイドルによってはめちゃくちゃよいとのことなので、自分担当運営大事にされてないんだなと思い知った。

もうデレステはやらない。

2017-11-13

死にたいって主張する人が殺されてから、その人のことを惜しむ周囲変

実際、死ぬ前は何も本人の意見を知らなかったのに。

死後に今更惜しむようなこといってるけど、死にたいってメッセージ発信してたことを差し引いても惜しむ気になるの?

当の本人苦痛なんか当時はわかんなかったしわかっててもどうしようもなかったでしょうに

助けにもならないくらいまわりがおいつめたりしたかもしれない周囲になにかの因果あったんかも

とりあえず自分の身近な関係者死にたいと思わせてしま環境にいた自分立場がやなんでしょ。

そこを周りの人はどっかで知らないふりしたいんだとおもう。

こんなことに自分関係いから惜しんだふりをしてればごまかせるし。

あーゲスでっごめん そうおもえてしゃーないね

anond:20171113094437

精神的にはかなり苦痛を感じているので、やっぱり見限る方が良さそうですよね。

2017-11-12

人に好かれる自分想像できない。

俺が本音で語ったことを受け入れてくれることが想像できない。

から嘘ばっかり話すようになった。

そのうちその嘘が本当みたいに思えてきた。

趣味スポーツですとか言って、本当はなんにもないのに。

嘘がばれるとまずいかテニスとか習い始めたけど苦痛だった。

同じクラスの仲間にもやりたくてやってるわけじゃないのが見抜かれてるのか、なんか会話がぎくしゃくする。

つら。

考えるということは途轍もない苦痛なのではないだろうか。

最近思うのである

「一晩じっくり考えてみろ」というのは「一晩中マラソンで走り続けろ」というのに等しい苦痛他人要求しているのではないかマラソンの得意な人にとっては、可能なことであっても、近くのコンビニに行くにも車を使うような体力のない人にとっては、耐え難い苦痛なのではないかと。

「1時間でもいいから集中しろ」というのは「1時間ずっと反復横跳びを続けろ」というくらいの無茶を要求しているのではないか

そう考えると、「おまえは何も考えなくていい、俺を信じろ」という言葉の途轍もない有り難さが理解できる。俺だって一晩中マラソンを続けるくらいなら、魂を悪魔に売り渡したほうがマシだと思うからだ。

女子中学生

俺は女性恐怖症なんだと思う。

女性恐怖症というもの定義については何も知らないし、そもそもちゃんと定義されているものなのかすら知らないけど、女性が怖い。

現在大学4年。工学部のため、女子はほぼいない。

社会に出て、女性と関わるのが、怖い。

小学生の頃は男、女問わず友達がいっぱいいて、それこそ言い方は悪いが、クラスカーストの高い男女グループにも所属していた。

たか小学生の頃、と吐き捨てられるかもしれないが、俺の人生の中では輝いていた時代だった。

そのグループ休み時間も、放課後も、休日も、いっつも一緒に遊んで、ときには地元遊園地とか、ディズニーとか行ったりした。

本当に毎日が楽しかった。

彼らの大半は、というか、俺以外、みんな中学受験をした。

俺だけは、普通地元公立中学に進んだ。

俺の小学校はある程度治安が良くて、それは理想的だった。頭の悪いやつが頭の良いやつを尊敬し、頭の良いやつが頭の悪いやつに勉強を教えるような。

その環境にいて、俺は勉強ができた。つまりは、尊敬される立場だった。真面目に勉強していたし、褒められることは嬉しかった。

だが、中学で何もかも変わってしまった。

俺の進学した公立中学校は、複数小学校から生徒が集まっていた。

俺の出身小学校と、近くの2つの小学校が主勢力だった。

この場合公立中学校ってのは、中学受験しない、いわゆる「そこまで勉強できない」生徒たちの割合が多くなってしまう。

勉強できない」と「素行が悪い」では必ずしも同じではない。これははっきり言える。

ただ、俺の進学した中学校は「勉強ができなく」て「素行が悪い」生徒の温床であった。

2つの小学校から進学してきた生徒のおよそ半分ぐらいが、不良だった。半分以上かもしれない。

壁に穴をあけたり、トイレを壊したり、窓からものを投げたりするような連中だった。

男子だけではなく、女子も同じくらいの割合で不良だった。

女子は、器物破損は流石にないが、口での嫌がらせや陰口、陰湿いじめだった。

入学当初はみんなで和気あいあいおとなしく相手の動向をうかがったりしていたが、そのうちに本性を見せた。

俺と同じ出身の生徒たちは、みんな最初は怖がっていた。俺も怖かった。

こいつらと同じ環境で3年間過ごさねばならないのだ。今までの平穏暮らしじゃ、到底ない。

だが、人間は慣れる生き物だ。

しばらくして、俺と同じ出身の生徒が、次々に問題を起こし始めた。

彼らは、環境適応して自分を守ろうとしたのか。

それとも、今までの抑制が放たれてしまっただけなのか。

いずれにしても、いい影響ではなかった。

俺と同じ出身で、腐らずに真面目に学校生活を送っている生徒もちゃんといた。

俺は彼らと一緒に行動した。なにより小学校が同じで、もともと友達だった。気兼ねなく話せた。

小学校のころいつも一緒にいたグループの彼らとは、休日、会えるときは会って遊んでいた。しかし、今の生活に精一杯で、各々、徐々に会わなくなってしまった。

真面目を貫く生徒と、腐る生徒、完全にそれらが分断されるまで、1年ぐらい時間がかかった。

1年というのは、相手のことを色々知るには十分な時間だ。

中学という、クラス単位で密閉されてる空間であれば、なおさらである

中学1年の成績は、かなり良かった。

俺は喜んだ。この環境でも1年間やったぞと。

その話は問題の彼らにも簡単に渡った。

勉強が出来ることを理由に、俺は迫害された。

主に女子から迫害された。

最初は、同じ班の女子だった。

学年からクラスに、クラスからは、班というものにわけられる。これは小学校の頃から同じだ。

中間試験か何かの答案返却があった。

苦手な歴史試験だったが、なんとか90点を取った。

かなりテンションが上がっていて、友達と答え合わせをしながら騒いでしまっていた。

その様子は、クラス全体が見ていたと思う。

その授業後の給食時間、班の女子に、面と向かって

勉強できるだけで調子乗ってんじゃねーぞ」

と言われた。

すると、

「言われてやんの。うざいんだよお前」

と、同じ班の男子に言われた。

ここで、全て崩壊した。

俺は何も言い返せず、悔しくて、怖くて、うつむいて飯も食わずにその場をやり過ごした。

今までは、不良相手ではあるが、それなりのコミュニケーションを取って、空気を壊さないように、深く関係を持たずに、壁を何重にも張って、テリトリーを守って接していたのに。

1年はこれでやり過ごせた。あと2年間、無理だった。

泣きそうになった。鼻水が垂れてきた。

多分、この女子自分勉強できない腹いせにこういうことを言ったんだろう。

確か、記憶が定かじゃないが、彼女偏差値30の高校に進学していたと思う。

見た目もギャルで、校則破って先生に怒られるのが常だった。

不良の中でも発言力が強いタイプだった彼女

話はすぐに広まった。

男子は、今までの関係もあるから、いじられることが増えたくらいで、敵視されるようなことはそんなに多くなかった。

対して、女子からは全体的に嫌われた。

まずは不良連中から、「無理」「キモイ」と暴言

次第に無視されることも多くなり、俺は病んだ。

あれだけ頑張って勉強して、その対価に、テストの点数で喜んだだけなのに、それを僻まれて、馬鹿にされて。

同じ出身女子から距離を置かれるようになり、さらにつらくなった。

好意を抱いていた女子を、諦めた。

俺はプライドが高く、それ故にこれまで頑張ってこれた。

このプライドをこの一瞬でずたずたにされて、しかもそれに対して何も言い返せなかった自分に腹が立った。

2年後半から成績は次第に悪くなり、交友関係も減少。

年代人間が怖くなり、インターネットに走った。

小学校の仲の良かったグループとはもう会わなくなっていた。

これまで興味のなかったアニメゲームに没頭し(今ではこれが必ずしも悪かったとは言えないが)、放課後休日パソコンに張り付いた。

深夜まで起きてそれをやり、朝、寝不足学校に行く。

授業の知識は何も入ってこなかった。

先生からは怒られることが多くなり、それまでやっていた部活も途中で何かと理由をつけてやめた。

高校受験は、入学当初考えていたより、かなりひどい結果に終わった。

それでもなんとか偏差値50の高校に入ることができた。

卒業するまで、彼女らの陰湿嫌がらせは続いた。

卒業式、俺はまっさきに家に帰ったことだけを覚えている。

高校は、空白の毎日を過ごした。

いじめなんて一つもなかったが、青春なんて程遠かった。

何も期待せずに相手と接し、全て平穏無事でことを済ませられるような対処をした。これを3年間続けた。

中学に、あのグループと一緒に進めていたら、なんてことを考えてしまう。

もしくは、俺も中学受験して、環境の良いところに身を置けばよかった。

少なくとも、"幸せな状況がいつまでも続く"という幻想を抱いていた俺が馬鹿だったと思う。

中学のあの頃、死にたいと思ったことが何度もあった。それでも耐えた。勉強にも身が入らなくなって、別の方向に腐った日々だったけど、必死毎日を行き続けて良かったと思う。

卒業式、真っ先に一人で家に帰る、あのときの俺の気持ち想像できるか?

これ以上、あの校舎に足を踏み入れなくていいんだと思った、あの気持ち

あいつらと顔を合わせなくていいんだと思ったあの気持ち

一応、成人式には出た。数年経ったあいつらの顔を見た。

あれから、変わったやつもいた。

変わらずに、いつまでもあい人生を続けていくんだなと思うやつもいた。

3時間の飲みの席では、数人としか喋らなかった。

正直苦痛な3時間だった。でも、これで、心の整理がついた。

もう一生会うことがないだろう、さようなら。と。

女性が怖い。

いつ、ふとした行動でどん底に落とされるか。

考えただけで、いやになる。

2017-11-11

英語勉強

英語の授業とかで、やたらゲーム形式とかグループでどうこうとか、先生たちは「楽しんでできるように」っていうのを何度も連呼したけど、普通に逆効果だと思うんだよね。

少なくとも、私にとっては一ミリも楽しくなくて、みんなの晒し者にされるゲームとか私のせいでグループ全体が連帯責任を負わされるグループでの発表とかは本当に苦痛しかなかった。

というか、基本的に、勉強なんだから楽しくなくて当たり前だと思う。勉強における楽しさとか面白みっていうのはゲームにおけるそれとは違うんじゃないの?っていう。いや本当のゲームテレビゲーム的な、そういうものとは似通った部分があるかもしれないけど。

例えば、英語の授業で苦痛を受けた私みたいなやつにとっては、英語=授業でやらされるゲーム苦痛みたいな、そういう思考になって、英語自体がもう嫌なものになるわけ。

最近(?)体育の授業のせいで運動が嫌、苦手みたいな意識が染みついてしまったみたいなのよく見るけど、それと同じことが英語にも言えると思う。もちろん数学にも。日本史にも。

英語の、そういう、ゲーム的でない、例えば長文読解のためにわからない単語辞書で引いたり、英文和訳するのにうまい言い回しを考えたり、文型を理解してそれに当てはめて英作文をしたりとか、そういうのはすごく楽しかったわけよ。私にとっては。

実際、無理に英語先生および"英語"のキャラクターに気に入られるような、英語ゲームなどを楽しめる明るい生徒になろうとすることはやめて、私の楽しいと思えることをガリガリやることによって、英語の成績は上がった。私のような人間にとっては、成績が上がる=楽しさにもつながる。

もちろん、今の私は英語なんて全く話せないし、TOEICだってペロペロだけど、英語=楽しんで身に付けよう!!楽しまなきゃ!!みたいな強迫観念を持っていたままだったら、英語という概念死ね気持ちは消えなかったと思う。

からECCジュニア~~みたいなそういうスタート、今小学校で実際に英語の授業として何やってるのかわからないけど、あの一面的な「楽しさ」押しのスタートっていうのは、そりゃ好きな子どもにはぴったりだろうけど、私みたいなそういうのがとにかく嫌っていう子どもにとっては、英語死ねスタートにもなりかねないのでは、と思っている。

「君そもそも対戦ゲー向いてないよ」

スプラトゥーンとかARMSとかオーバーウォッチとかリーグオブレジェンドとかプレイヤーアンノウンズバトルグラウンズとかストリートファイターVとかハースストーンとその亜種とか各種ソシャゲPvP要素とか将棋とかが流行って、それまで対戦ゲームやらなかった層が手を出すことが増えたけど、そういう人が対戦バランス環境に不満を言ってると絶対つくコメントがこれ。言ってる方は「上手い下手じゃなく、負けや理不尽をそんなに苦痛に感じる性格ならそもそも対人に向いてないと指摘してるだけ」ってつもりだろうけど、実際は古き悪しき「初心者お断り」「弱いのが悪い」でしかない。

必ず女に避けられる気がする

ズワイガニのメス、セコガニがスーパーに並ぶようになった。

解禁直後は一杯800円以上したが、今日は500円程度までに落ち着いていた。

柿色っぽい内子と茜色をした外子味噌と掻き出した身を混ぜ合わせて食べると習慣的な幸せが得られる。

唯一と言っていい、頭が悪いがために京都に行って良かったことがメスのズワイガニが手に入りやすことなのだろう。

じゃんけんに負けたがためにゼミ雑用を任されている。

同じく任されている顔の小さなセックスには困らない綺麗めな女は休んだりと上手くすり抜ける。

やらないもの勝ちであるし、自分サボタージュすれば良いものであるはずだから強く言えない。

しかし、イラつきはする。

何もしないで、翌週には平気な顔でゼミにいるイケメン笑顔で話していると自分容姿の醜さが良く分かる。

顔が悪いから出来る限り相手にしたくないのだろう。

思い返せば、グループワークのときは女の1人には無視されたケースが多いような気がする。

ウェイ系な男とも反りが合わないが、我慢して付き合う。

しかし、無視するような女はもうどうにもならない。

子宮規模で物事を考えているのか知らないが単位は欲しくないのかと問い詰めたかった。

しかし、自分自分を褒めたくなるくらい理性的自分我慢する。

結局、どうにかこうにかなって単位は出るのだが自分は避けられるものなのだろう。

自分容姿が原因であるのは確かだろう。

彼女たちを接待したい気はないが、自分自分の姿を見て苦痛を感じるのはゴメンである

2017-11-10

神奈川県座間市9人遺体事件被害者晒しが酷い件

神奈川県座間市に住む男に殺された被害者9人の身元が判明したと言ってメディア被害者全員の顔写真名前を公開していた。私がこのような仕打ちを受けたら死んでも死に切れないと思う。ブログSNS死にたいと書き込むことはあってもその行為を誰にも知られたくないからだ。他人から「お前は弱い奴だ」とか「情けない奴だ」などと笑われ蔑まれることが苦痛で仕方ないのだ。もちろん彼らは既に死んでいるのでそのような気持ちになることはない。それにしてもこの扱いは酷すぎる。遺族にだけこっそり伝えれば済む話ではないのか。今回のメディア行為は9人を殺した犯人と同じぐらい心がないと思う。

苦痛から逃れるために生きる

生きてると苦しいことばかり。

その苦しさから逃げるために生きてる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん