「給料」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 給料とは

2017-09-22

一生恋愛したくない

社会人一年目の女だけど、この年になっても全く恋愛に興味が無い。

元々人付き合いより本を読む方が好きで、プライベート他人干渉してくるのが嫌なタイプなのもあって、恋愛結婚もしたくない。

就活頑張ったからやりたいことが出来る会社に入れて、収入も割と安定している。あまり人付き合いもないし、今のところ実家暮らし(食費は入れてるけど)なので、趣味お金を注ぎ込んでも貯蓄ができるくらいには余裕が見えてきた。多分独り立ちする頃には給料も上がって、私1人だけで暮らしていけるはずだ。やっとやりたい仕事が出来るんだから専業主婦なんて以ての外。子ども時間を取られるのも嫌だ。

周りはずっと彼氏作らないの?と聞いてきたが、正直必要性は微塵も感じない。

私は異常なんだろうか。

2017-09-21

ヨッピーにはがっかりだ。はてなブックマークにも。(増田一郎)

ちぃーっす。さて、挨拶はこれぐらいにして、この記事ではヨッピー批判する。先日、ヨッピー単著が発売された。かねてからファンだった僕はすぐさま購入したのだけど、これがガッカリする内容だった。そして、この本に対するネットユーザーの反応にも落胆した。ヨッピーはなんでこんな凡庸な本を書いてしまったのだろう? そして、ネットユーザーはなんでこんなのを褒めそやすのだろう。そこに今のインターネット問題点が潜んでいる(気がする)。

 

ヨッピーはどんな本を書いたのか?

ヨッピー『明日クビになっても大丈夫!』幻冬舎)は簡単に要約すればこんな内容だ。

(1)年功序列が崩れたので、もはや会社には頼っていられない

(2)だけど、いきなり会社をやめても食えるかわからないので副業をしよう

(3)副業時間がなくなるのが辛くならないように、好きなことを副業にするといいだろう

これだけ。そのほかにもWebライターとはどういう職業か、なぜ自分が今のポジションにいれているのかを、笑えるくだけた文体で書いているけども、骨子としてはこれだけだ。

 

大企業は安泰じゃない、副業をしよう! ……へえ、それで?

さて、上の主張、どこかで見たことないだろうか? そう、本屋に行けば数多ある副業本と同じことだ。意識の高いビジネス書だけじゃない。『SPA!』や『日経トレンディ』にだって載っていることだ。

大企業はもはや安泰じゃない。自分で稼げる力をつけよう。毎月5万稼げる副業でこんなのがあるよ……こんなことはしょっちゅう書かれてる。

それの何がいけないの? 別に悪くない。事実、僕だってそうだと思うし、「何言っているんだ、大企業は安泰だ!」なんて主張する人はめったにいないだろう。

これだけなら「ヨッピーもつまらない本を書いたもんだ」とがっかりするだけだ。でも、この本とヨッピーにはとても嫌らしいところがある。それは何か。

 

批判先と同じことをしていないか

ヨッピーはかねてからプロブロガーとかの「ブロガーになって自由になろう!」という意見ネット上で批判している。イケダハヤトにも噛みついていたよね。あれは面白かったな。

では、ヨッピーの本と彼らの主張はなにが違うのか? なんにも違わない。企業に頼るな、自分の力で稼げ、趣味仕事しろ。これらは数あるブロガーが言っていることだし、西野亮廣の『魔法コンパス』(主婦と生活社)や、堀江貴文『多動力』(幻冬舎)にも書かれていることだ。

でも、ヨッピーはそんな人たちを批判していたんじゃなかったっけ? 彼らを批判しながら、同じ口で「大企業ダメだ」と彼らと同じ主張をする。こういうのをポジショントークと言うのだ。

「いいや、違う。いきなり会社をやめずに副業をやればいい」と言うかもしれない。でも、最終的にはやめるんでしょ? この本にはある程度儲かるまで辞めないほうがいい、とは書かれているが、「会社員給料セーフティーネットにしつつ、儲からなかったら別のことをすればいい」と言っているので、要は儲かるまで試行錯誤しろってことだ。じゃあ、単に辞める時期が違うだけじゃない?

 

仮想敵を作って自分を新しく見せるというイケダハヤトと同じ手法

もっと言うと、この本は「会社員」と「旧タイプライター」を仮想的にしている。

会社はこんなにつまらないぞ、業務中にふざけることもできないし、やりがいもない。はいはい。よく聞く意見ですね。でも、それは人によるんでないの? なぜ自分上司に怒られて、仕事やりがいを持てなかったことを社会前に敷衍するんだろう。楽しく仕事をしている会社員はいっぱいいる。きみはそうじゃなかったんだね。かわいそうに。

そして、自分が新しいタイプライターであり、紙を主戦場とする「旧タイプライター」はPVが取れないし、企画広報もできないかダメだと書いている。どこかで見た手口だ。イケダハヤトもよく「おっさん」と煽って対立軸を作って、ブランディングをしているね。その手法とこれは何が違うんだろう。

この本で書かれているような「旧タイプライター」って本当にいるのかな? 雑誌ライター自分企画を出すし、取材もするんだけどね。最近じゃ雑誌ライターが読み応えある取材記事Webメディアに書いて、SNSでも拡散されるなんてことが珍しくない。都合のいい仮想敵を作って、自分立場がよく見えるようにしてないだろうか。

イケダハヤトは「おっさん」を対立軸にして自分が新しいライフスタイル人間だと見せる。ヨッピーは「旧タイプライター」を対立軸にして、自分が新しいライフスタイルだと見せている。ここでもヨッピー自分批判している人間と同じスタンスを取っているのだ。というか、「大企業」を批判しているところだけを見ると、まったく同じだね。

 

単なるポジショントークだと自分で言っていることに気づいていない?

ライターヨッピーさんに「会社員やりながら“生産する趣味”を持つのが最強」という話を聞いてきた

https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/yoppy-tsuribori

このバズフィード記事にはもっとがっかりすることが書かれている。「起業か? それとも社畜か?」と煽る本がいっぱいある、って本当だろうか。会社員をやりながら副業しようなんて本はいっぱいあるけど?

さらに「イケイケ層向けのビジネス書が多いから、フワフワ層向けのビジネス書を書いた」とまで言っている。

ということは、イケダハヤトや他のビジネス書相手しない層がいるから、そこに向けて煽ったってことになる。他のやつらには「煽りすぎ」と批判して、自分は「この層が空いているから煽ろう」と本を出す。ひどい話だ。結局、自分も煽るんじゃないか煽り屋のポジショントークだって明言しているわけだけど、自覚しているんだろうか。

 

中身をよく読まずに賛同する「残念」な人たち

こんな凡庸副業論を、ヨッピーが書いているからというだけではてなブックマーク賛同が集まる。実は僕は……これが一番悲しい。だって安易ポジショントークに一番厳しかったのが彼らだったはずなのだ。それが「記事面白いから」「ファンから」という後光効果凡庸副業論を持ち上げてしまう。こんな残念な光景は見たくなかった。ちょっと考えれば同じことを言っているのがわからずに、ヨッピーポジショントークに乗せられて、「そうだ、そうだ、あいつらはおかしい! ヨッピーが正しい!」と騒ぎたてる。なんて残念なんだろう。

そして、実はこんな残念な光景は、今のインターネットには至るところにある。糸井重里が言っているから、堀江貴文が言っているから、西野亮廣が言っているからと、中身をろくに検証せずに受け入れる人たち。「肩書き関係なく、良いことを言っている人に賛同が集まるインターネット」はどこへ行ってしまったのだろう。いや、すでにそんな理想は崩れたなんていうのは僕にだってわかっている。でも、はてなブックマーク最後の砦として残っていると思っていたんだ。どうやら……違ったようだね。

 

ヨッピーもっと面白い本が書けるはずだったのに……

とにかく読んでいてがっかりする本だった。

かいところをつつけば、おかしいところはもっとある。自動運転車実用化したら、トヨタの業績が悪くなんて失笑ものだ。トヨタがどれだけAI投資しているか知らないのだろうか? それに海外企業が先に自動運転車を開発しても、トヨタ追随すればいいだけだ。「やっぱり日本車がいいよね」なんて人はいくらでもいるし、トヨタ広告費や販売網を考えれば、すぐに盛り返せるだろう。こんなちょっと考えれば疑問符がつくような未来予測を「予言」なんて仰々しく書いているから白けてしまう。

編集者にそそのかされたのかもしれないが、こんな凡庸副業本を書くべきじゃなかった。ヨッピー面白い記事を書けるし、Webで新しい表現を切り拓いている。きみならもっと世間が驚くような本が書けただろうに。本の中で「銭湯の本の依頼がきたけど、断った」と書かれている。そっちを書くべきだったと思うよ。本当に……本当に残念だ。新しい才能がこんな風にスポイルされるのを見るのは。

週休三日をやめたくない

一週間、七日のうち五日も仕事をする事に疑問をもっていた。なのでアルバイトになり、金曜日休みにして週休三日として働きだした。

半年以上経過した。結論として、週休三日は最高だ。どんなにクソな仕事も週、三日休みだというだけで、乗り越えられる。

二日働いたらもう半分だ!という気持ちがかなり精神的支えになっている。残業も苦ではない。

三連休というのも嬉しい。大勢の人が働いているのに、自分休みだ!という気持ち幸福度を増す要因かもしれない。

社員への打診がうるさい。好きでやってるし、週五もこの会社で働くなんて考えただけでゾッとする。本当の気持ちを言えば、給料が上がらなそうなので嘘をついて週休三日を死守している。頑張ってるふりをするのもしんどい。あとやはり給料は少し残念な事になっている。

ぼちぼち正社員に戻ろうと、ポートフォリオなど作りはじめているものの、この楽しい週休三日ライフを失うのは辛い。

仕事が楽しくて、仕事仕事って思わず働けたら、毎日つらくないのかな?

週五日働く事に疑問な人って、少ないのかな?

一枚の画像データに何十万も課金する人ってギャンブル病気なの?

本当にそこまでする価値あるの?

給料半分以上突っ込んでたりして心配になる

何十万と課金してお目当てでなくてガチの大泣きしたりしてる

感覚どうなってるんだろう

課金されなきゃ儲けが出ないわけだし

楽しむための要素として課金を悪いとは言わないけど、

身を削ってまですることなのか?

いっぱい稼いでて十万二十万なんてどうってことなならいいけど……

課金しまくってる増田居る?

スーパーバイトありがちなこと

私は大学生だ。

色んな事情最近ようやく、固定のバイト先を見つけ就職することになった。

といってもフランチャイズ店のスーパーで入るのはとても簡単だった。サルでも入れる。 初めてのバイトウキウキドッキリ文字通り胸を躍らせた私だったが、つい先日そのバイトを辞めた。

理由店長コミュニケーションが取りづらい、時給が下がった(入った当初はオープニング店ということもあり破格の時給だった)など、ただ単に客層が悪いそれに尽きるのであった。

私の勤めていたスーパー住宅地のど真ん中に作られたので一人暮らし社会人主婦の方々にとっては万々歳な立地だろう。

商品は安いし中々に色んなものが揃っている。

足を運びたくなるのも充分にわかる。

そうなのだが、いかんせんクソと形容したくなる客が多すぎたのだった。

コンビニバイトをやっている人たちならよくわかると思うのだが、ヘッドホンイヤホンをつけながらレジに向かうやつが多すぎる。前にお金を出したか確認をしてとったら「聞こえてないの?まだ細かいのあるって言ったんだけど」とヘッドホンをした中年男性お客様がいらっしゃったが、オメーに返すよその言葉

といっても、給料を貰っている身としてはそんなことも口には出せず。

こっちは人間やぞ、と思いながらも商品バーコードに通すが自分の買ったものになど目をくれず目の前の携帯をいじり倒している。ポイントカードをお持ちですかと尋ねてもだんまりだった。殺すぞ。

といいつつ、袋詰めに不満があると目の前で直していく。それは確かに私のミスだが、お前も態度改めてくれよと胸に秘めながらありがとうございますと頭を下げるのだ。 多分聞こえてないだろうけど。

もう二度と来ないでくださいませお客様

もう一つ挙げるとするなら、察しろというお客様がいすぎて腹が立つ。

例えば電子マネーで払いたい時に予め言っておけば、店員側もきちんと把握できるのでスムーズにお会計ができる。

が、日本人の察する文化が転じて 私の見えない範囲カードをチラつかせるお客様が後を絶たない。子供かよ。

ブラックカードだったらまだしもお前はSuicaも言えない口になってしまったのか

と言いたくなる。 金を払ってやっているんだから、いいだろという傲慢な態度は数千円で補えるものではないだろう。

から度会計する時にはハッキリ言ってね。本当に。

と ツラツラと私の愚痴を思うがままに書いていったが、多分もっとあると思うので

また認めていきたい。

ちなみに年齢層でいうと、社会人中年の方々に多いです。 仕事私生活ストレスを抱えているのは承知だが、レジを捌け口にするなと思う。

最後

そういう物を扱う店では、普通じゃんw何言っちゃってんのwwと思う貴方、それが異常だと気づいてください。

このブログを読んで、自分の行動を改めてくれたらレジ店員さんのストレスも減るので是非お願い致します。

イヤホンは外せ、マジで

給料が上がって外食産業が潰れるのは正しい

ほとんど人件費外食が潰れて、

人手不足基幹産業に人が集まる。

経済として当然だよね。

ここ20年くらい景気が悪いのに、

外食だけやたら充実してるのがおかしかった。

anond:20170921010420

せやで だから物価上げるより先に給料あげなきゃいけないんだぜ

2017-09-20

教師ってなんなんだろね

高校教師になって半年が経った、そして日常灰色意味なし興味も惹かない無味乾燥ものに思えた。

 もともと、教師に憧れはなかったが、私は民間企業には向かないと思ったし自分希望を叶えられそうだったので教師を志望してみた。自分希望とは端的に「上からガミガミ言われないこと」「周りの視線にビクビクしないこと」「面白いもの面白いといえ、つまらないものには無関心でいられること」「知ることが好き、考えることが好きなのでそれを伸ばしたい」ってあたりだった。

 それで、採用試験を受けてみたら受かった。採用試験を受けるにあたり、試験官が喜びそうな教師志願者像を演じているうちにまるで本当に教師仕事やりがいのあるヒトみたいになっていった。

 実際に働いてみると、私が新人なのもあってか夏休み前はプレッシャー労働時間もそれほどブラックではなかった(定時には帰れないが)。仕事をして収まるところに収まったという喜び、生徒とやり取りする喜び、給料をもらう喜び、とにかく何もかもが新しく、一つ一つのタスクをこなしていくことに喜びを感じた。そして、採用試験で作り上げた教師志望者という虚像を演じてることさえ気づかなかった。

 夏休み平和のものだった。ただ、何度やっても追試を乗り越えることの出来ない生徒や炎天下でも盆休み休みなく動き続ける運動部連中を見るのが不快だった。無意味校則を破る無意味学生に付き合わされることに吐き気を催すほどの嫌悪感を感じた。なんだか、夏休みですべてがリセットされた気がする。仕事を始めてそれなりに責務を全うしようという気持ちが失せた。

 もともと、良い教師になろうという気持ちは毛頭なかったが、いまはただ仕事時間が穏便に過ぎさえすれば良いと思うようになった。正直、生徒にも人間にも興味が持てない。授業の準備で定時を超えそうなら、切り上げて授業の質を落とすことにした。義務として求められること以上は一切しないことにした。部活の引率が一番馬鹿らしい、引率はするにしても一々試合には立ち会わず試合会場では雲隠れすることにした。

 そして辛いことは、同僚が真面目すぎることだ。どうして彼らは楽をすることを考えないのだろうか。そんな連中の中にいると肩身が狭いし、もはや生徒に興味がもてないという本音も口にすることができず孤独感とイライラけが溜まっていく。

 仕事が何もかもバカらしく感じる。だが、給料はほしいので辞める勇気もない。辞めてもやりたい仕事はない。

 仕事以外にはやりたいことが、ある。家に帰って一人の時間が一番よい。だけど、教師って24時間死ぬまで働けってオーラを感じる。そんな息苦しい雰囲気がいやだ。すまんが、生徒より自分優先で仕事させてもらう。これから自分自由で居られるのか不安なんだ。

食中毒は防げないだろうね

いろんな経営者を見てきたけど、大多数は倫理観なんかない。

そりゃ、よそ行きモードの時はいいことや綺麗事ばっか言うさ。

もちろん、実態発言の内容は大き異なるもんだ。

あいつらは、従業員の遵法精神みたいなものを煙たがる。

利益を得るために雇っているのに、その利益を目減りするようなことを言うから気分が悪いのだろう。

起業家界隈ではとりあえずやってみて、ダメなら謝ればいいってのが最近の流れだけど、

それをやっていい分野とやっていけない分野もあるし、博打の要素も大きい。

「これって○○じゃないですか?大丈夫ですか?」

と聞けば、具体的に何がダメなのか言え。言えないくせにしゃしゃるな。

なんて返ってくる。

それを気づくことができるのが末端のアルバイトだったりすると、

調べる手間が給料に見合わなくなるので黙り込む。

おまけに「みんなやってるから」「業界では常識から」なんて魔法言葉

これが世間だ、これが社会だとなぜか一般社会代表者のような立場でモノを言う。

社員にしても、

利益を減らす提言をするなら、減った分を補う案はあるんだろうな」

と詰められるのが怖いし、評価マイナスしかないのでなかなか言い出せない。

減ったんじゃなくて、今まで不当に利益を得ていたという発想がなく、

しろ自分スマートだなんて思っているから目も当てられない。

営利団体なんだから当然だろ?むしろ営利団体しかぬことをするお前はどうかしてる。

そう言わんばかりに自分正当化する。

 

こんな調子著作権侵害されるし、盗用なんて日常茶飯事。

従業員精神論洗脳して、法律より自分の作ったルールの方が上級だって思い込んで罰金を課す。

裏では罰金搾取した金にあだ名をつけ、飲み屋で他の経営者酒の肴にする。

そんで、大きなしっぺ返しに遭った後でようやく後悔する。(だが、反省はしない。)

あの時アドバイスした従業員意見を聞いていれば、今頃は安定的利益を得れただろうに、

目先の数万円、ひどいときには数百円を懐に入れるために痛い目を見る。 

経営者なんてそういう人間集団さ。

そんな人間をたくさん見てきたことから類推するに、食品業界食中毒が起きるなんてことは不思議ではないよ。

8月分のパート代が少ない

飲食大手パートしてんだけど、

8月分は給料2日分削られてる。

なんかのミスかいうけど同僚全員そう。

8月夏休みで売り上げ悪いから?

2年前も閑散期にこういうのあって

翌月に付け替えてたらしいけど。

単純なミスなのか意図的なのか気になる。

経理とか経営詳しい人教えてチョ

anond:20170920075541

豊かでたっぷり給料貰って窓際族でも許された時代と今じゃ違うんだよ

やっすい給料でこき使う労働泥棒企業が多い現代じゃ責任感も使命感を持てと言う方が変

2017-09-19

ポテチの量にうるさいお前ら

ポテトチップスにしてもなんにしても、減量して値段据え置きとか、こと値上げに関してブーブー言うの、もうやめない?

なんで値上げにブーブー言うんだよ。その値上げで給料増えてる人がいらならいいだろ。無駄な消耗戦するくらいなら、いっそダンピングしようよ?ストライキってもう流行らないの?物流業界が値上げしよ。

家事分担の考え方

嫁は時短勤務で俺は多少残業がある職場

俺が早く家を出て、遅く家に帰る。

嫁としては、俺がいない間家事をしているのだから

俺がいる間は俺が家事をすべきとのことらしい。

当然給料は俺のほうが多いのだが、そんなことは気にしない。

うちの嫁が特殊かと思ったけど、なんとなく普通女性だったのかな

https://togetter.com/li/1151980

保育園バス送迎が辛い

私は、保育園の送迎バス添乗員をしている。

保育関係資格を持っていないアラサー子無し主婦

時給は700円程度。最低賃金である

受け持ちの子は、2歳から6歳まで。

1コースあたり20から30人程度、時間にして約1時間。1人で1日3コースまわる。

それを行きと帰り1日2回。

朝は園児一人一人の家の前まで迎えに行く。

時間通りに行っても、園児がいない事も多い。勝手に先に行くとクレームの元なので、暫く待ち、それでも来ない場合電話を入れてから行く。

バスが遅れると、それはそれでクレームの元になる。

一度バスに乗せたとしても、遊び盛りの子供はけして黙ってはいない。

やれ誰と誰が喧嘩しただの、やれ誰が叩いただの、喉が渇いた具合が悪いトイレ行きたいだの。

実際に吐いたり漏らしたりする子もいる。もちろん泣く子もいる。

軽くパニックである

けれども他人の事などあまり関知しない子供の事、お喋りしよう手遊びしようお話しして抱っこしてと園児らの要求は尽きることがない。

更に言うと、運転者は日によって違うので、道も教えなければならない。

公共バスではなく民家が目的地なので、大通りではなく分かりにくい小道を行かねばならない。方向音痴の私にはそれも辛い。

そもそも道を教えるのなんて、園と運転手の間でやればいいだけの話ではないのか。事前に地図を渡し説明すればスムーズではないのか。毎度毎度そう思う。

子供の顔と名前、乗る場所降りる場所(行き帰りで違う子も多い!)、保護者(お父さんお母さんお祖父さんお祖母さん父兄の親戚etc…)のお顔を叩き込み、持ち物をチェックしていく。

覚える事山盛りである

帰りは行きの仕事に加え、寝てしまった子を起こすという作業も待っている。

子の名前と顔、降りる順番、そして持ち物を覚えていないとここで困る。降りる前にきちんと正しい子を起こし、寝ている間に行方不明になった荷物を探して持たせ、準備をさせる。

一度起こしても、他の子を起こす間に寝てしまう子もいる。呼んでも揺すってもくすぐっても、なんなら持ち上げてもなかなか起きない子も多い。

やっとの思いで家の前まで辿り着いても、やっぱり保護者が来ていない事も多い。共働き赤ちゃんを抱える家庭が殆どだ。責められない。時間通りに来てなくても仕方ない事なのだ

私もきつい。体力勝負だ。精神的にもくるものがある。

生活の為に働いてるけど、その仕事のせいで生活にも影響が出ている。毎日疲れ果て、家事も疎かになりがち。

何処の職場でもそうだと思う。辛い事苦しい事をしてやっとお給料がもらえる。当たり前。

だけどなんだろう。これ。

保護者先生添乗員。皆がそれぞれ我慢して頑張っているのに、皆がそれぞれ辛い気持ちになっているように思う…

どうしたらもっとうまくいくんだろう…

子供可愛いけど、それだけで解決するほど簡単じゃない。難しい。

有給休暇

取られて困るなら時季変更権を使えばいいし

困らないなら休ませろ

常に忙しくて休ませる余裕がないというのは認められない

人数を増やす仕事を減らせ

金が足りないならお前の給料減らせ

すでに限界まで削ってるのにまだ足りないというなら経営者向いてないか会社たため

ただ単にムカつくから休ませないというのは論外

生きてる価値いから窓際行ってシコれ

大学卒業してから20年以上1Rの生活ってヤバくない?

1Rにしか住めない給料って.....日本賃金制度おかしくない?あ、俺が仕事できないだけか。

価値観些細な違いは年々広がって行くのか

私にはA、Bという2人の昔から友達がいる。



A→

高学歴

新卒時は堅実な大企業一般事務職入社

そこから転職し、またもや誰もが知ってる大企業一般事務職になる

薄給だがほぼ定時上がり



B→

普通私大

新卒時は華やか(美容とかファッション系)だが、薄給で長く続けにくい仕事についていた

今は零細企業事務職だが零細が故に技術的な仕事もやる

残業はそこそこ給料もそこそこ



私→

普通私大

軍隊ベンチャーを経て今は技術自営業



私とABは3人ともアラサーの女で、全員独身彼氏なしだ。そしてABは2人とも可愛い

特にBは今まで男が途切れたことがないくらモテる。今は疲弊してフリーになった。


先日Aと2人で飲んでいるとAが言った。

「Bはさ、若い頃に『いつかは男が養ってくれるだろう』っていい加減に生きてきたから、今いろいろうまくいってないんだろうね」

確かに最近上司から仕事無茶振りの多かったBは、少し愚痴が多かった。

しかし、仕事愚痴はある程度働いていればそれなりにあるものだと思っている私からしたら、Bの愚痴一般平均の範囲内だと感じた。

「そうかな?B、うまくいってないかな?私はそうは思わないけど。」

私は反論したが、Aは腑に落ちていないようだった。

「うーん、会社辞めてニートなっちゃったりとかさ、ちょっと後先考えてなさすぎじゃない?」

Bは新卒で入った会社多忙薄給すぎたために、心身を病んで辞めてニートになった過去があった。

転職活動するとか普通あるじゃん

Aは重ねて言った。

しかし、Bは努力家で、業務時間外に当時は技術職だったため勉強練習をしていた。

そしてかつBは要領のいいタイプではなく、自分でもそれを分かっていたので体の悲鳴に対して逃げる選択をしたのだと思われる。

私にはそれが間違いだとは思わなかった。



そして、Aが知らないのか思いもつかないのかは分からないが、Bはニートを脱して再就職した今の会社でも、セミナーに参加したり本を買って家で読んだりとても勉強をしている。

仕事の進め方も、どうやったらプロジェクトが滞りなく進むか日々工夫しており、私(元IT企業プロジェクトマネージャー)に質問をしてきたり、未経験入社した当初よりもいろいろなことができるようになったと聞く。



一体Bの何が「うまくいっていない」のだろうか。

独身から彼氏がいないから??それはAだって同じだ。

いつ無くなるか分からない零細企業に勤めているから?

しっかりとスキルを日々身につけているBならば、もし会社倒産をしても同業で彼女を欲しがる企業があるだろう。

実際、私の知人の社長がBととあるプロジェクトで一緒になったとき彼女仕事をとても褒めていた。その社長がお世辞を一切言わない人にもかかわらず。



からしたら、Aの方がよく分からない。

会社の偉い人に気に入られててよく飲みに行くの。」

と言っているが、偉い人と飲んだところでAが偉くなるわけではないし、そんな大企業の偉い人ならばお酌要員でただ手頃な若い(といってもアラサーだが)を呼んでいるだけでは?と思ってしまう。

そして、その時間を使って勉強をしているBの方が揺るぎないものを手に入れていっているのでは?とすら思う。



なんでAがBを馬鹿にするのか。

気づくと私は、

「じゃあAは後先ちゃんと考えてるの?そんな風に言えるくらいに。Bはとても真面目で努力家だ。男がいつか養ってくれるからとかではなく、好きだから新卒もそう言う道を選んだ。だから実際、その当時もとても努力をしていた。確かに休憩期間はニートだったけど、人のキャパティはそれぞれだ。今、とても努力して着々と前に進んでいるならそれでいいじゃん。」

と、怒っていた。

「真面目の基準が違うのかもね。Aは、世間常識からズレないことが大事って考えてるのかもしれないけど、それよりもお客さんやクライアントに良いもの提供するにはどうしたらいいか、とか、そういったことへの向き合うスタンスで、私はいい加減とか真面目とか判断するから、Aの言うことがよく分からない。」



家に帰って私は泣いた。

あんなに頑張っているBを、零細企業いるからなのか、外見がちょっとチャラついているからなのか、レールから外れた生き方をしているからなのか、結局明確な答えは分からなかったが何故かAがバカにしていると知ってしまった悔しさ。

そして、それを言い返す時に「これってもしかして私もAをどこかバカにしているのでは」と気づいた悲しさ。

泣きに泣いて、眠っては泣いて、そして三連休が終わった。



昔は3人でたくさんバカなことをした。

から今でも会えばいつでも笑いあえると思っていた。

でも、少しずつ違っていった価値観はズレにズレていつかは大きな溝になるのだと感じた。

そんな、三連休前日の夜だった。

2017-09-18

豊田真由子って結局金のために政治家を続けられるかしか考えてなかったよね

秘書を叱った、このハゲええええええ!っと。

しか秘書無能な部分があるかもしれない。

でも秘書を叱った理由が有力支持者の信頼がなくなるからだって!?

ふざけんなと思ったね、結局のところ豊田真由子てめえは政治家になって高い給料をどれだけもらい続けられるしか考えてない真性の屑。

本当に国民のことを考えて政治をしている有能政治家であれば有力支持者がいなくなかろうが永遠に当選する。

豊田真由子に限らず9割くらいの政治家はいかに有力支持者に好かれて高い給料をもらい続けられるかしか考えてない。

俺のほうがよっぽど庶民目線で良い政治ができるよ。

まずは法人税70%にして消費税廃止、そして低所得者所得税保険税を大幅減免します。

クソみたいなビジネス慣習

マナー(笑)
  • とりあえず謝る。謝るような場面じゃなくても、なぜか文頭に「スミマセン」がつく。何か後ろめたいことでもあるんだろうか。
  • 部屋とかエレベーターに出入りするときの謎の譲り合い。時間無駄しかない。
  • エレベーターに乗り降りするのが2人くらいしかいないのに、前にいる人が「開」ボタン押して後ろの人が先に行く。時間無駄しかない。
  • 社外の人に会うときは必ずスーツスーツでなければ失礼。←よほど派手な服はともかく、そんなことを失礼に思うのは「人を見た目で判断する」ような人だけ。

メール

その他

絵師イラスト安売り問題

最近まとめで渋絵師イラスト安売り問題がまとめられていたんだが、その中で多かったのが「素人安値で受けられるレベルの絵しか描けてない奴が悪い」ってレスだったんだが、問題本質は実はそこじゃないんだわ。

問題は渋絵師趣味で、プロ絵師は飯ダネだってことなのね。

これが絵じゃなくてバイトだとする。

現状、食うに困らないお金持ちが「ワイ、仕事楽しいから安くても受けるやで^^」つってコンビニバイトを時給300円(例)で受けまくってる状況なのね。実際にはコンビニバイトは時給300円じゃ到底元は取れないのね。なのに彼らは趣味でやってるから300円でも満足しちゃうわけ。その結果、コンビニバイトでマジメに金を稼がないといけない連中までその300円って時給をベース給料交渉しないといけない。これが一番害悪だって話なのね。

絵を売る値段とそれにかかった時間計算して時給換算した場合いくらになるのかを渋絵師は多分考えない。彼らからすれば絵を使ってもらえるだけで、絵を広く公開してもらえるだけで嬉しいからだ。その額で飯が食えるのか、適正なのか考えて受けていない。それは遊びでコンビニバイトする金持ちとなんら変わらん。

もろちん、コンビニバイトしかできない自分人生スキルのなさを怨めって意見はあるだろうし、そりゃそうなんだけどね。

そうなんだけど、仕事の対価として適正な価格っていうのは必ずあってそれは守らないといけない。これは昨今流行の「やりがい搾取」と同じ構造なのね。アニメーターウンコみたいな時給で働いてるのは「それでもアニメ仕事が好きだから安くてもいい」って言っちゃってるからなのね。その結果、安くてよくない人がどんどん離れたり自殺したりしてんのね。それでいいのかって話。

https://anond.hatelabo.jp/20170918173341

コメントいただきありがとうございます

そうです、車ないと生活するのが厳しい感じの田舎です。

なので、一応車はあるんですが、1台しかないので私が使っちゃう家族が困っちゃうんです。

あと就活は無事に終えたので、あとは死んだ顔しながら卒論書いて金稼ぐだけです。

から技術職なので勉強は引き続きしないといけないんですが。

高校生の頃は、なんのために大学行くかなんて考えてなかったです。当時の自分殴りたい。

中学の頃鬱で全然勉強できてなかったんで、高校大学の附属校に入れられました。そのまま大学あがってます

学費以外は全部自分もちなので、高くても10万以下で一人暮らしが始められて、春まで継続できるならそうしたいのですが…。レオパレスってそんな安いんですか?

から会社の近くに住むつもりでいますが、引っ越し代と、給料入るまでのお金が確保できなければ実家から通うしかありませんね。死にたい

めちゃくちゃためになりすぎる勉強会があるんだけど

それを同僚に教えたくない

別の会社だったら競争相手じゃないから教えてもいいけど、同じ会社の人には教えたくない

知識の共有をすることで給料が増えるならいいけど、特に増えるわけでもないからできれば知識の独占をしたい

離婚後の寂しさ

25歳位から6年付き合って結婚した彼女と、6年の結婚期間の末に離婚した。子供は一人いる。親権は元妻側。

面会交流は月一程度で会えるようになった。まるで会えない時期が一年ほどあったので子供と会えるのは嬉しい限りだ。

子供はパパと(も一緒に)住みたいと言う。これが辛い。

元妻はいわゆるボーダーというやつで、機嫌が悪くなった時の俺に対する攻撃性は尋常じゃなかった。自分が無くしたもの子育てに忙しいことにかこつけて探せよ!と叫んだり、俺が口答えしてしまうと、泣き叫びながらあんたのせいであんたのせいで!と叩いてくるのを繰り返した。極め付けは子供がいるのにも関わらず、睡眠薬を大量に飲んで半自殺行為をした。救急車を何回か呼んだ。子供は何が起きてるのか分かっておらず不安そうだった。もちろん元妻は浮気もしていた。浮気相手電話して警告したりして、俺は何をしているのか分からなくなり、あの頃は俺自体が深刻なう状態に陥っていた気がする。マインドフルネス仏道にはまって、諸行無常であったり一切皆苦であることを受け入れようとした。相手の男は俺と同じ会社(元妻も)で別の部署だったが会社を辞めた。いづらくなったのだろう。それは俺も変わらない。俺も色々ありすぎた会社にいるのがしんどくて辞めて転職した。表向きはステップアップで給料も二百万くらい上がったが、本当は現実逃避だった気がする。

一切皆苦であることを受け入れることはできなかった。人生がこうやって妻の激情にビクビクしながら生き、そんな妻をなんとかお茶を濁すが如くに喜ばすことだけが俺の人生なのかと思い悲しかった。それが何年も続いていた。どうにかしてこの終わりゆく世界から出られるだろうか考えた。世界は終わっていた。恐怖の中で奴隷のように生きる世界とはこのようなものなのか。隣の芝生は青いというが、私には現実に青かった。夫婦はお互い正直な気持ちを話し合えるのに、私は正直な気持ちは置いてけぼりだった。正直な気持ちで話すと私のことをあなた絶対理解しない!!と激怒されるだけだった。その割には腹を割って話したいと言われていた。腹を割って話すと激怒された。冗談でもなく、もうイヤァァァ!!!離婚するーー!!!と大声で叫ばれた。マンションなので恥ずかしかった。エヴァンゲリオンで言えばアスカみたいなものだった。そして一週間以上何も話してくれない、ということが何回もあった。

自殺することは実際にはないだろうと思っていたが、半自殺にかこつけて妻実家に頼ることにした。少し距離を作る必要があると思った。

ある日仕事が終わって夜遅くに家に帰ると泣いていて、理由を聞いても何も言わず子供には強く当たってしまうと言っていた。これはもう実家に頼るしかないと判断し、義母電話事情説明し「強制送還」した。強制送還された妻は激怒した。私のことをなんだと思ってる!!と言っていた。精神不安定だよ、心の中でつぶやいた。そして帰ってこなくなった。夫婦カウンセリングを受けた。カウンセラーも妻の圧力に困っていた。私のことを理解しない!そんなことでは結婚生活を続けられない!という主張から一歩も譲歩がなく話にならなかった。カウンセリングは妻側から突然打ち切りになった。

義母の様子もおかしくなってきた。明らかに私を攻撃しまくってきた。あんたのせいで娘はうつ病になった。あんたが根暗からこんなことになった。離婚しろ!と言ってきた。

離婚については子供のことを考えてするとは思っていなかった。でも心の奥では離婚たかったとは思う。幸せはここにはないと悟っていた。子供が生まれ子供からはたくさんの幸せがあった。お世話は大変だったけど一通り一人でなんでもできる。寝かしつけとかたくさん抱っこしてたからか分からないが子供は俺のことが大好きであるのは手に取るように分かる。

離婚すべきかは分からなかった。そして離婚調停が開始された。数ヶ月立って決心はついていた。だが中々離婚させてくれなかった。面会交流させないというめちゃくちゃなことを言ってきた。調停委員も奥さんが落ち着くまでは子供と会わないのも選択肢として良い、と言ってきた。全く許せない。完全に他人事だった。なぜ親子愛のうちにいる俺たちが、妻の精神不安定で会ってはいけない事になるのか。馬鹿げている。ずっと争った。普通は二、三回で終わるところが10回以上続いた。最終的には月に一度会えることになった。回数が少ないのが私には許し難いので、一年後に見直しとなった。

それからは元妻と三人で面会交流することになった。子供がいるとかであるのと月一ということもあり、妻の激情は発露せず、一見普通の親子三人のようになった。ただ面会交流の日時を決めるやりとりなどでは激情に駆られたメッセージが書かれており、俺をコントロールする意思をビンビン感じるので、実態は何も変わってないのだろう。そして今に至る。

一人暮らしして2年になった。妻と争っていた時はそればかり考えていたから寂しくはなかった。だがこうやって落ち着いてきて思うのは寂しいということだ。もしまたなんとかなるなら三人で暮らしたい。そんなことも思ってしまう。なんともならないと分かっているのに。子供には申し訳ない。一生つきまとう悲しみを与えてしまった。苦しい。だが俺が死ぬわけにもいかにい。

俺はこの先どうやって暮らしていけばいいんだろう。友人やお世話になっている人は自分を優先して自分人生を生きろという。でも子供を置いてけぼりにしてるようでそんなことできない。俺はどうすればいいんだろうか。子供言い訳にして現実を変えることを拒んでいるのだろうか。そんなことはない。仮に俺が新たな家庭を見つけてもしも幸せになったら、子供はどう思うだろうか。辛い。

anond:20070314103851

この記事を書いてから10年が経過した。

今の自分が何をやってきたのかと言われれば・・国立現代美術研究機関仕事をしている。

そこで何の仕事をしているのかと言われれば、ネット美術作品に関するWebサイト制作

システムサーバ管理作業ベンダー企業と打ち合わせを行いながら、世間情報を発信している仕事だ。

プログラムこそ書けないが、PremiumPro、AfterEffects、Photosho、IllustratorDreamweaverを使いな

がら画像加工や映像制作写真撮影、簡単コーディングJavascriptシェルスクリプトゴリゴリ書いて

仕事している。自分では何でも屋と呼んでいる。これがクリエイティブと言われればどうかはわからないが・・・


あれから10年を振り返ってみよう。

アーティストとかデザイナーが嫌いですと言っていた自分ではあるが、知らない人間がそう言う世界の事を

言うのも失礼だと考え、正社員をやめてデザイナーになるため、まずは安いWeb制作スクールに通ってみた。

短期間だがサイトの作り方とAdobeツールの使い方を教わった。


ところが自分にはWebコーディングデザイン考え方は理解できたが、デザインセンスや色彩感覚に欠けていた。

スクールへ通った後、派遣会社へ「Web制作がしたい」と登録したが、ポートフォリオを見せた途端にボロクソに言われ、不採用が続いた。

そんな中、あるWeb制作会社で「君、サーバ管理の方がいいかも」と言われてしまったがデザイナーになりたいとしと考えて断った。

その言葉きっかけに「デザイン能力がないなら」せめてサーバ管理でもと考えて、Linuxスクールに通った

(その間は派遣で時給は安いがWeb制作会社簡単コーディング作業画像修正作業印刷会社でのDTP業務をして凌いだ)。



Linux勉強はすればするほど面白くなり、そちらの知識にのめり込んだ。サーバを学とネットワークの仕組みも知りたくなる。

最後にはネット知識自作PCを組み上げてLinuxインストールしてWebサーバメールサーバを構築した。

ただ、自宅でWebサーバを構築すると言っても外部への公開はリスクが高すぎるので勉強機としてdebian系やredhati系OSなど

デュアルブートさせたり、HDDRAIDを組み上げたりして遊んだ。そのうちにレンタルサーバドメインを取得、CMS個人

ブログを立ち上げるも自分ポカミスからクラッキングあいサイバー犯罪課の取り調べを受ける経験もした。


Web制作デザイン仕事はなかったが、浅いネットワーク知識が幸いしてか、データセンター映像サーバを扱う仕事に就き、

NagiosやらCisco機器RAIDVMセキュリティ知識IPデジタル映像知識映像機器編集知識を得ることができた。

映像と言っても映画なのでDCPやKDP、3D映像知識会社で二週間研修させられた。仕事によっては夜中の仕事AKB48ライブ

の収録に立会ったり、キアヌ・リーブス舞台挨拶で生キアヌと打ち合わせしたりもしながらも、この日記を思い出しながら

「俺、デザイナークリエイターじゃないな」と考えていた。


それ以降は大企業の子会社でのWeb制作部門で勤務したり、IT資格もいくつか取得した。また途中で大学にも通い、好きだった

美術史写真史、表現を学び、論文をいくつも書いた。その途中で亡くなった親父がフィルムカメラをくれたので、フィルム

メラにハマり出し、父親形見の中判フィルム撮影フィルム現像プリント額装して、個展までするようになった。

好奇心からきたここまでの道は、もう40過ぎだった。



結果、あれから10年後の自分仕事・・・

給料こそ高くはないが上記の研究機関で「何でも屋」で仕事をしている。

元々現代アートが幼少期から父親が集めていたアート関連の書籍を読んで、ドナルド・ジャドやフランク・ステラなどのハード

エッジアートに興味があったこと、簡単システム保守サポートができること、フィルム現像写真撮影ができること、ライ

ティング(照明)ができることが幸いして、作品の保管からシステムベンダーとの打ち合わせまでを任される仕事採用され

ることになった。かなりの倍率だったようだが自分のように多く経験してきた方や知識現代アートへの興味がある人は少なか

ったのでというのが採用理由だったようだ。


「オリも混ぜてくれよう。

実際には作ったりしないけど見るのは好きだおう

アートには理解があるつもりだおう

なのになんでオリを混ぜてくれないんだおう

お高く止まっちゃってさ!フン!もうこねぇよ!バーヤバーヤ!!!


こうは書かれたものの、この気持ちもあって、それを理解するために色々と仕事制作仕事をしながら

勉強をしてきた(つもり)だけど、やってよかったと思う。


10年前の自分デザイナーアーティストクリエイターという選民思想を持って「普通会社員」を見下して

いるという、ルサンチマンに囚われていた。でも、仕事の業種に関わらずどんな仕事だって「創り出す」こと

必要なのであって、それはどんな職種であっても創意工夫は必要であり皆がクリエイターである

創り出すことが華やかに見えるのは一部だけであって、世の中にはもっと沢山のものが作り出されている。

たまーにWebデザイン写真作品制作することがあっても自分は「デザイナー」や「アーティスト

とは言わない、それを言ってしまうと自分創造可能性を広げられなくなりそうで怖いから。もちろん周囲に

デザイナーライターアーティストの知人・友人はぐんと増えたが今はそれらの人を僻むことも今はしない。

しかし、あの日記を匿名日記を書けたことは自分人生における仕事を大きく変えたと思うし、過去自分

そういう思いから出発しているから、どんな職業の人でも会う時には、まずは首を垂れて尊敬することか始めている。


それとこの言葉も気にしながら。

未来に先回りして点と点をつなげることはできない。君たちにできるのは過去を振り返ってつなげることだけなんだ。だから点と点がいつか何らかのかたちでつながると信じなければならない。自分根性運命人生カルマ、何でもいいから、とにかく信じるのです。歩む道のどこかで点と点がつながると信じれば、自信を持って思うままに生きることができます。たとえ人と違う道を歩んでも、信じることが全てを変えてくれるのです」

ふと死にたくなる

自分なんで生きてるのかなーって

自分クズすぎるなと

仕事はしてるけど、誰でもできる仕事だし、給料は安いし

実家住みだし、一人暮らしできる給料でもないし

もう32歳なのに何やってんだろって

私みたいなクズは早く死んだほうが良いと思う

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん