「毎日」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 毎日とは

2021-06-22

幼少期の呪い

小さい頃からずっと運動が苦手であった。

記憶がある限りもっとも古い記憶幼稚園まで遡る。幼稚園から苦手だったので、きっとこれは持って生まれ性質だろう。

バブル経済崩壊するかしないかぐらいの頃に生まれ幼稚園児の頃からヨッシーのクッキー』で製菓業を営み、日々の『おかあさんといっしょ』と『カクレンジャー』を生き甲斐としてきたもの運動が苦手だった幼稚園の頃の自分は、その頃から体操教室やら何やらに通わされていた。

理由としては幼稚園に入って早速いじめに遭って陰キャ+ADHD+オタク君の片鱗を見せていたこともあるが、一番の要因は小学校受験を見据えていたことだ。

小学校受験では学校によっては体操もあるからだろうか、幼稚園の頃からマット運動鉄棒や跳び箱やらをやらされていたし、小学校に上がってからは従来の体操教室に併せ更にスイミングスクール、高学年になれば更にアイスホッケー日曜日になればいつも父親キャッチボールに誘われ、近所の校庭開放されている区立の小学校へしぶしぶついていき、キャッチボールさせられていた。

とにかく、親は、とにかく子供の将来を願い、その家の経済的、立地的な『太さ』を100%活かして子供への投資を惜しまない親だった。

しかしながら、運動が苦手だった自分がそこに通うことでできなかったことができるようになるかというとそう甘くはいかず、マットは前転後転が精一杯、三点倒立だのブリッジだの側転だのは全くできなかった。多分今もできないと思う。走り回ればあらゆるところで頭をぶつけ尻もちをつき、跳び箱はもはや何段飛べたかなんて覚えていないが、とにかくある程度高さが出てくるとジャンプからいっきり頭をぶつけていた覚えしか無い。

まともに運動ができないどころか、口を開けばトンチンカンなことしか喋らず、他の子と違うことをしだしたり、体育館の隅っこに居た蟻を眺めてたり、当時からすでに「悪目立ち」してADHDの片鱗を見せていた。

そういう感じに「恥」となるようなことがあると、別室で見守っていた母親は帰りの車で常に自分を「みっともない」と怒っていたので、とにかくこの体操教室苦痛しかなかった。自分にとっては怒られに行くようなものだった。

ただ、この体操教室で最も苦痛だったことがある。

毎回後半になると、3,4人ぐらいで横並びでスタートし、体育館の中で走ってマットで前転したり側転したりした後に跳び箱を飛んだり、平均台を渡ったりしてゴールを目指す実践パートのようなものがあった。要は競争である

このパート自分は決まって最下位であった。

さて、このパート最下位の子供に対しては皆で応援を行う。

大抵、最下位の子は跳び箱やら平均台やらで詰まっている間に大差をつけられて取り残されているのだが、この時先生が主導して全員で応援する。

「頑張れチャチャチャっ!頑張れチャチャチャっ!頑張れチャチャチャっ!」という掛け声と拍手をするのだ。

これは先生側は全くそのような意図はしていなかっただろうが、自分にとってはこれが本当に苦痛だった。

この応援、常に

「お前は劣っている、劣っているか最下位だ」と言われているように聞こえたのだ。

それ故に、途中で泣き出してそのままリタイアすることもあった。周りは不思議に思っていた。(もちろん、それも悪目立ちして怒られた)

体操教室で毎回、

「お前は劣っている」という呪いをかけられていた自分は、将来あらゆることを諦めるようになった。

幼稚園や後の小学校では「どうせ取れない」とサッカーボールドッジボールを奪いに行く姿勢を一切見せなかったし、クラスから浮きたくないから無理やり参加している感が強かった。(とっくに浮いてたけど)

体操教室に対しても熱心に取り組もうとする姿勢は見えてこなくなり、できない中でも比較的マシだった水泳もそんな感じになた。小学校高学年のときにやってたアイスホッケー最初こそ好奇心真剣にやっていたが、練習試合になると「どうせパックの奪い合いにに勝てない」と考え、試合放棄してゴール裏で氷を引っ掻いて雪集めに興じるようになった。

当然、莫大な投資をしてきた親からしてみれば激怒し、失望するのは当然で、あらゆる習い事は終了し、中学受験を見据えたサピックスのみになった。

サピックスでは毎回算数の授業の頭で10分間のテストをするが、全く無気力白紙で提出、常に0点だった。

両親はそういった無気力さに対して親としての無力さを大いに嘆きながら、いつからか「みっともない」は「お金をドブに捨てた」という言葉に変わっていった。

そういうわけで、幼稚園で常にかけっこすれば最下位体操教室でも最下位、小中高で運動会やら体育祭やらで短距離走を走っても最下位マラソンで流石に最下位はなかったが後ろから数えて何番目だった自分は、常にその後も「最下位」という劣等感がついてまわってしまい、競争に参加することができなくなってしまった。

自分トップにはなれない、真ん中にもなれない。最下位であることを常に運命づけられている」と潜在的意識に刷り込まれしまった自分は、幼少期から今に至るまであらゆることを途中で投げ出すようになってしまった。大学は「卒業しないと死ぬ」と危機感を持っていたので、大学を出るだけはできたが。

同時に、莫大な投資をしてきた結果今の自分が出来上がってしまたことに対して、毎日のように両親に対して申し訳無さを感じる。若干リソースのかけかたを間違えていたんじゃないだろうかと思ってはいるし、自分幼稚園児や小学生だったら「親が悪い」と言えばなんとかなるが、流石に30近い今になって親のせいにするのはあまりに情けなさすぎる。

この間、あるネット対戦eスポーツ系の対戦ゲームを買った。

eスポーツ、楽しそうじゃん。そう思って気軽に買って始めてみたものの、当然不慣れ故にネット対戦最下位

いくらやっても最下位。前方と比べてダブルスコア最下位

徐々に、幼少期の記憶が掘り起こされてきて、ゲーム苦痛になってきてしまった。

そうだった、自分は人と争って勝てたことがないから、人と争うゲームが本当に苦痛だったんだった。

FPSでもレースゲームでも、自分最下位で大幅に負けていると、脳内で「頑張れチャチャチャっ!頑張れチャチャチャっ!」がフラッシュバックし、それに「お前は劣っている」と同時通訳されて耳に入ってくる。

ああ、そうか。勝つための努力必要だし、必ずしもそれでも勝てないのはわかっている、だがその勝つための努力自分経験則時間をかける効果が見込めないので、勝つための努力をする気が起きないんだった。

大した努力をせずに勝てる最弱設定のCPUこちらのルール一方的ボコボコにすることでしか楽しめないんだった。

そう考えながら、幼稚園児の頃の記憶を思い返しながら、自分今日試合を初っ端でリタイアした。

オンリーワンではなくナンバーワンになりたい。二番手や隙間産業ではなく、競り勝って一番になりたい。

何かの分野でナンバーワンになることはできるんだろうか。

きっといつまでも最下位なんだろう。

実際は最下位ではないことは多いが、それより何かで一番を取りたい。ゲームでも、仕事でも、なんでもいい。でもその努力苦痛だ。もう頑張れない。

幼少期の期待とその投資効率の悪さに今も苦しめられている。どうすりゃいいんだろうか。

今後の国政選挙に「報道の自由廃止」を掲げる政党を望む

狂ってるとかつまらない冗談だとか、頭の悪い主張だとはてな民は思うかもしれないが、以下の内容はすべて本気で自分は望んでいる。

こういう主張を掲げる政党があれば、自分は自ら進んでそこに投票するし、周りにも投票するように積極的に働きかける。

間違っているとは思うかもしれないが、今よりずっとマシになる。

このような主張をする政党思想家がいれば教えてほしい。

日本国憲法改正し『報道の自由』を削除、国家権力による検閲合法化する

コロナ以前もそうだったが、現在マスコミはもはや必要無い。

市民の怒りや分断を煽り、間違った情報によるミスリード毎日のように行っている。

ならば、このようなマスメディアはすべて禁止すべきで、国家権力による検閲合法化するほうが良い。

マスメディア権力監視という形骸化した仕組みはもはや不要で、マスメディア官公庁によるリリースを読み上げるだけ、そして科学的に正しい情報のみを伝える。そしてそれが正しく行われているか国民感情を逆なでしたり、怒りを煽ったり、分断を招くような報道に対しては規制を設ける。

もちろん、これの弊害として国家に都合の良い情報のみが流れたり、恣意的運用がされるが、今よりは圧倒的にマシだ。

インターネットは優秀な国民のみが利用できるようにし、知性の足りない劣等国民インターネットから遮断する

インターネット一定の年齢以上で、一定以上の知能を持つ人間のみが発信できるようにする。

SNSへの書き込み一定以上の知性とリテラシーを持った人間のみが利用できるようにする。

一定下の人間はSNSに書き込むなどの発信はできないが、読むことはできるので国民生活の水準は担保される。

もちろん、間違った医療情報カルト宗教ヴィーガンミサンドリーミソジニー・反ワクチンなどの過激思想規制対象となる。

非常事態の際の私権制限合法化

沖縄県廃止し、鹿児島県編入沖縄県民は敵性分子として監視対象とする

日本米国の州への合流をすることで米国の1つの州として行動し、主権国家としての日本は将来的に解体発展的解消する

あるいは、中国への併合でも自分は歓迎する。

2021-06-21

大阪府の新型コロナ死者数(6/21更新)

4/26151444 8504116
5/0319202528504119
5/1015555033334215
5/1723332232222414
5/24352727301331 8
5/311621271922 8 5
6/07152527171112 6
6/1410419 417 5 3
6/2113-- -- - -

ソースNHK毎日報道https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/pref/osaka.html

anond:20210620224757

anond:20210621224651

朝日ってなんだかジリ貧な感じがするよね。

その点毎日朝日っぽいエッジの立った記事が増えてきて、

いい感じで朝日の受け皿になってる気がする。

朝日社民党みたいになって、毎日共産党みたいな感じになる予感。

anond:20210620213452

男と同じ性欲が女にあったらとしたら

その女はヤリマンになってるんだよ、100%

若い男が何でオナニーをやるのかといったら

セックス代替行為なんだよ、あくまで。

女は違うじゃん。

簡単セックスできる方法があったとしても

なんやかんや考えて安全オナニーをするわけやろ?

若い男は違うよ、セックス簡単にできるならセックスを選ぶ、それは100%

そして子供が出来るリスクとか考えずにいろいろとやる。

男の性欲というのは色々考えないんだよ。

なんでかというと性欲の強度が強すぎるんだ。

生でやるんだと本能が強烈に命令してくるんだ。

 

もしも男が、ちょっと誘ったらセックスに女が応じなるなら間違いなく毎日誘う。

わかるか?性欲の強度が全く違うんだ。

女の性欲なんてエミュレーターみたいなものなんだよ。

一回バズった快感が忘れられない

毎日毎日増田に張り付いてて日記を書いてて

ある時1回だけ人気記事に入ったことがあって

何十も何百もの意見トラバブクマに付いて

Twitterにも感想が書いてあったりして

賛成意見も反対意見も何でも

人格否定のキッツイ文章ですら

とりあえず自分の書いた記事時間を割いて

反応してもらってるってのがすごく気持ちよくて

またあの快感を味わうべくクソ記事

量産してるけどどれも鳴かず飛ばず

今日人生を消費し続けている

贅沢愛好家になりたい

古代ローマにアピキウスさんという人がいたそうだ。

その人の肩書は「贅沢愛好家」とされている。

すごいな。贅沢を愛好するって。

しか歴史に残るくらいだよ。

とんでもない贅沢愛好家だったんだろう。

豪華な服を着たり、

毎日シェフ料理を作ってもらったり、

日中空の雲を眺めたり、

銭湯を貸し切って水泳したり、

すごくコスパの悪い食用植物を育ててたり、

奴隷を異常に大事にしてるとか。

 

今思ったけど古代の人がどんなことを贅沢だと思ってたか考えるのなかなか悪くない。

anond:20210621191726

思ってるんだろ? 例 ↓

今はフルリモートだけど、通勤してた時はコーヒー代だけで、トールサイズドリップコーヒー×2で800円くらい使ってた。毎日な。

リモートワークになってからコーヒー代が浮いて助かる

anond:20210620150507

スタバの何に価値見出してるか尋ねても答えないし

anond:20210621175206

セックスしてないかイライラしてそんな無茶言うようになったんやろな

毎日セックスして心安らかに暮らして欲しい

今500万円分くらい(200口)ペソ円買うと毎日1マン円貰える

こんな簡単仕事辞めれるなんてしあわせ~~~😁

業務改善したいがどうすればいいかからない

トラブルも何も発生していないのに朝から夜まで自分が必ず出ないといけない会議でびっちり。

会議で出た持ち帰りタスク必然的に定時外に確認することになるから絶対残業になる。

それでも間に合わなくていろんな人から早くしてって言われて、上や上の上からは期日を守らないやつ、期日を過ぎても連絡をよこさないやつみたいに見られて注意されたりで精神的に追い詰められる。

当然精神の不調をきたし適応障害で投薬をしている。

自分には工数が足りない。

足りない工数でなんとかするのが理想なのは痛いほどわかる。

しか相対的に見ても全然工数がないのだ。

絶対指標計算する時間なんてないが、同じ職位・立場の別チームの人の様子を見ると毎日定時で帰っていたりするし、予定を見てもスッカスカだ。

自分がいた前の部署からしても明らかに余裕がない。

なんか効率ツールを作るとかてもあるがそんなことを考えるとしたら土日くらいしか時間が取れない。

睡眠障害も併発しているので、土日はできるだけ仕事のことを考えず眠りたい思いもある。

前の部署では業務外で勉強会を定期的にやったり、Slack雑談とかニュースの共有とか、デブサミに参加したりとかそういったことをする余裕があったが、今は一切ない。常に120%以上は稼働しているか業務外で何かをやる余裕がない。

当然、有休希望制の社内研修に参加するにはその後鬼のように溜まるであろう各所からクレーム仕事覚悟しなければいけない。

健康診断でさえ毎年一度はリスケ必要だ。

体調不良でも休めない。ベッドから起き上がれなくても、ベッドから会議だけ参加しなければいけないし、休み明けの仕事を考えると余計体調が悪くなる。

有休を取ると休み明けのことを考えて精神的により不安定になったり不眠症悪化してしまうので、ここ2年くらいはほとんどの人が休むGW中日とか正月の続きに数日とか以外有休を取らなくなった。

さら最近自分業務だけではなく、異動してきた人(残念ながらあまり仕事ができない)のお守りもしており、その人に振られたタスクを事細かに説明しながら実質は自分が全て進めている状況だ。工数がそのタスクにかかる分×2倍くらいは取られている。

その人がまた絶望的にコミュニケーションが下手で地味にストレスがたまり病状悪化の原因になっている。

自分よりかなり古株で職位も上なので偉そうにコミュニケーションについて指摘したりとかも難しい。

相手プライド傷つけずオブラートに包んで伝えるにはエネルギーが足りない。

上司に大変さの具体的な数値を示せていないことは自分問題だとしても、業務が忙しい、診断を受けている旨を上司相談しても振られる業務責任範囲は一切変わらない。相談のたびに困ったら言って、と言われるが、すでに困っているか相談しているのだ。

ふつう診断書と投薬治療している部下がいれば部下から要求がなくても業務調整するのが当たり前なのでは?と上司を責めたい気持ちにもなるが、

いい大人になって察してちゃんしている自分フォーカスが当たって落ち込んでしまう。

業務の忙しさもさながら、自分の口で投薬治療をしている事実以上に「日曜夜は動悸がしてほぼ眠れない」「平日家で仕事をしていても涙が勝手に出てくる」など、自分の体調の状況も具体的にチャットか、電話か、zoomちゃん言語化して伝えないといけない。辛い。そんなちから、1ミリも残ってない。

最近普通にパフォーマンスが落ちてきていて、時間あたりでこなせる量が少なくなっている。

無断ではないが、朝も遅れて出勤することが多くなっている。

睡眠障害により常に集中力が低い。

自分目標としたものも明確な理由なく完遂できないため当然評価も下がってきている。前回の評価は中の下で、そのままいけば次は下の上だろう。

このままではまずいとは思うが、もうすでに精神が参っている中特に調整もされず毎日新しい問題がわんさか降ってくる状況で、もう何も考えられない。

目の前の、何も考えずにできる業務を低いパフォーマスでこなすことしかできなくなってしまっている。そしてもっと評価が下がる。

思い切って休職したいが異動するとなると異動先に変な目で見られないか転職に不利になるのではないか、いろいろ考えてしまって進めない。

産業医にも定期的に相談しているが、全て話した上で「お前が決めろ」という。そりゃそうだ。

こんな時理想でいうと絶対的に忙しい根拠を数値で出して、割り振りを変えて欲しいなのか、人を増やして欲しいなのか、あるいは自分が異動したいなのか、どうしてほしいか検討して具体的に上司に訴え訴え訴え続けることが平社員としてできることだろう。

でもこんなに弱ってしまって、病気への理解もあまりなさそうな上司エネルギーを使って訴えることができない。自分がどうしたいかも深く考えることができない。

エネルギーがなくても状況が改善されるように訴えられるいい策はないだろうか。

少し、業務が落ち着いてせめて1ヶ月か2ヶ月定時で帰れさえすれば自分の体調はそこそこ良くなる気がするのだが。

anond:20210621154949

セックスしないとイライラして長文書いてしまうや

わかってやれ

俺らもセックスしなくなるとああなるかもしれん

から気をつけて毎日セックスを欠かさないようにしないとな

腐女子同士のオフ会を大量にしてきたけど

Twitter毎日かかさず10ツイート以上投稿している人は絶対にブス

美人には必ず不在日がある)

しか登場しない女キャラ不在の話ばかり描く人はブス

ラブラブやまなしおちなし、「ほっこり二人の世界」みたいな、ふわふわしていて外側から視線がない話を描く人はブス

美人も「二人の世界」話は書くけど、外側から視線が入ってくるのと、ふわふわ花畑感が少なくて殺伐メンヘラっぽい作風になる)

BL出産育児させる人はブス

BL男役女役を固定でやらせる人はブス、女役のお姫様扱いとチヤホヤモテモテ要素が加わると更にドブス率が上昇

結構確度が高いと思う

anond:20210621135934

毎日お部屋で好きなことしてると思うとわりと憎いよ

anond:20210619231725

ハッテン場じゃダメなんですかね。

当方50代。10代前半から今まで毎日オナニーしてて、奥さんとは20年間レス奥さん特にしたがらない)。ゲイではなかった。

40代の頃にすごく綺麗な女装さんが増えて、毎日それでもオナニーしているうちに女装さんでないと立たなくなった。エロい女性を見ても下半身にギュンとは来るものの立たなくなり、でも女装さんだとすぐ立つように。

そのうち興味が勝ってハッテン場に行くようになった。5年間で50本はくわえたと思う。ハッテン場に行くようになって思ったことは、ほんとに男って性欲が強い人が多いことと、とても紳士的で優しい人が多いことと、ノーマルしか見えない人が多いこと。若いからおじさんまで万遍なくいる。1人だけ乱暴な人に出会たことがあるけれど、こちらが裸だと乱暴な男の人というのはとにかく恐怖で、拒否がなかなか出来ないものだと女性気持ちが分かった気がする。

とにかく男同士の場合エッチしたいだけなので、面倒が少なく後腐れがない。事前にお食事とか不要だし、メール口説き落とす必要もない。お会いして少しお話して、お互いムラムラしてるからすぐエッチして、終わったらちょっとだけ話すかすぐ解散。お互いの性癖が気に入ればフリメを交換して、定期的にお逢いしたり。忙しくなったりしてメールが疎遠になれば自然消滅

太った方が非常に人気が高かったり、おじさん・おじいさん好きもいるし、マッチョきもいれば女装/フェム好きもいて、もちろん若い子同士じゃないと嫌な人もいる。出会い系や風俗だとお金必要になるが、男同士だと専門店に行かない限り金銭のやりとりは相手にされないので出費も無い。

ただ性病だけは軽いものから重いものまで充分気をつけなくちゃならない。その地域での危ない人物掲示板で出回っているが、最後自己責任になってしまう。セーフ(ゴム)や消毒はできるだけするように。HIVは4~5年潜伏するらしいから、罹らないように・大事家族に移さないように。

そこまでしてエッチしたいかの天秤だと思う。私はした。あなた方も好きにして。

昨今の話題に『無駄TOP3』みたいのがあったりするけどさー

本当に無駄なのは、なんでもかんでも無駄しか言わないお前らなのでは?と思うわけだよ。

例えばさ、毎日何をして過ごしていますか?って言われて充実した生活を過ごせている人ってどんだけいる?

世界人口の1割にも満たないと思うよ。日本で考えたら1割どころの話じゃないよ。

じゃあ何してました?って聞いてもさ、飯食って仕事行って帰ってきて寝たとかしかないでしょ。

そんな答えする奴のすべてが無駄じゃん。


飯食うとか仕事行くとか、そういうとこじゃなくて、その日々しか過ごせないやつ自身無駄じゃん。

前述したようになんでもかんでも無駄って言ってるやつが、その生き方無駄じゃないって言えちゃうの?言えないよね。

そもそもお前らは無駄存在なんだよ。

後ろ回し蹴りを覚えて人生が楽になった

俺は仕事が出来ない。

ガキの頃から頭も悪いし、物覚えも悪いし、要領も悪い。こういう特性と付き合っていると、「なんとかしなければ」という克己心よりも先に諦念が芽生えてくる。横一列でスタートしたはずが、大体自分がビリになる。こういう事が続くと、俺はきっと何をしても駄目だと感じるのだ。努力する気が失われる。

そんなこんなで社会人になってしまった。そして案の定仕事が出来ない。なので俺は後ろ回し蹴り練習をすることにした。

通りすがりの人の顔面に飛び膝蹴りをする妄想をしていたが、後ろ回し蹴り顔面を弾き飛ばす妄想の方が気持ちが良かったのが理由の一つだ。

長座体前屈骨盤を立てて座ることが出来ないぐらい体が硬くなっていたので、毎日少しずつ柔軟をして言った。膝裏や股関節に激痛を感じたが、仕事で散々叱られ怒鳴られ、上司や先輩の呆れた顔、同僚や後輩の嘲笑を帯た目を思い出すと、苦しさと怒りと悲しさと悔しさで頭がおかしくなりそうになるので、それらを思い出しながら柔軟をすると痛みを感じなくなった。

3年ほどたつと、180度開脚ができるようになった。近所の電柱で後ろ回し蹴り練習をしていたのもあり、柔軟性を得てから後ろ回し蹴り習得するまではそう時間はかからなかった。

電柱相手に足の甲で蹴ると足を壊しそうなので、少し離れた位置から足の裏で蹴っていた。そうすると、靴の底が電柱に叩きつけられて「パコン!!!!!」と大きな音が響くのだ。(靴底の材質によりけり)

ある日の昼休憩中、1人で食事を取りに職場の近くの定食屋に行くことにした。その後方から俺を嘲笑うかの様な同僚と先輩の声が聞こえた。

わず感情が抑えきれず涙が出てしまった。そして気持ちが抑えられなくなった。ランチ休憩で色んな会社員が歩いていたが、気にも止めず、「らァッ!!」と声を上げて近くの電柱を蹴り飛ばした。革靴の音が響き渡るオフィス街こちらを向く周りの通行人たち。小走りに横を走り去る女性。黙り込む後方の同僚と先輩。

その日を境に、俺は会社で怒られなくなった。俺を笑う人も居なくなった。仕事が任されなくなった。

電柱を蹴り飛ばした一件の話が上司の耳に入ったのだろう。休職を進められた。俺は休職してそのまま会社を辞めた。何故か俺が「殺し屋イチ」というあだ名がついていたことを知った。

今は工場勤務をしている。ヤンキー上がりの先輩にいびられた時に、ロッカーに後ろ回し蹴りを入れたら何も言ってこなくなった。幸い、喧嘩がまあまあある俺にお似合いのゴミのような職場環境なので、あまりお咎めは無かったが、扉がへこみ蝶番が壊れたロッカーを弁償する羽目になった。言われたことを延々とやっていくだけなので、大変なこともあると思うが、前の職場ほど辛い思いはしていない。俺は後ろ回し蹴り人生を切り開くことが出来た。

この先働きたくなくなったら、会社をやめて、人事課に文句を言われたら後ろ回し蹴りぶち込み生活保護を受けようと思う。生活保護を断られたら福祉課の窓口の職員に後ろ回し蹴りぶち込み刑務所にでも行こうと思う。そして先輩囚人たちを後ろ回し蹴り大人しくさせるつもりだ。

弱者男性は是非とも後ろ回し蹴り練習をして欲しい。

はてな民大谷に興味ないの?

ぜんぜんブックマークに上がってこないよね。

自分野球のこと全然知らないけど、それでも毎日ニュース見るのが楽しみになってる。

打って投げて毎日ニュースになる選手も珍しいよね。

anond:20210620223246

それって家庭環境問題があったか、その子統合失調症だったかのどちらかだと思ったわ。

私の姉は高校のころまではまさに増田みたいなタイプで、中学のころはバスケ部高校のころは音楽部の部長まで務めていたけど、統合失調症発症してからはそのれいなちゃんみたいになったよ。

身だしなみを整えられなくなって、毎日同じ服を着てるから臭くて、歯も磨かないし顔も洗わないから唇の端に白い粘膜の塊(?)みたいなものがついてても平気な不潔な人間になった。賢かったのに精神年齢子供のようにもなってしまった。字も、小さくて蛇がのたくったようなものしか書けなくなった。

anond:20210619214056

私には年子の弟がいる。彼は小学校の頃から親に隠れてほぼ毎日私に見えにくいところをあざができるほど殴る蹴る、死ねなどの暴言を吐くなどして、2人になる状態死ぬほど嫌だった。

やがて弟が中学に上がると、今度はベットに連れ込み、服を脱がせて、胸や下半身を触られ、写真を撮られたりした。

親に言ったら殺すぞと言われたのと、暴力を振るわれるのが怖くて、ただただ時間が過ぎていくのをじっと耐えるしかなかった。

また当時の私は男の兄弟がいる場合、こういうことをするのが普通だと思っていたため、我慢するしかないと思っていた。

性的暴行10年ほど続き、彼に彼女ができたことでなくなった。

それから5年ほど経ち、うつ病と弟が触っている感触が蘇るようなフラッシュバックは続いているが、ようやく母に打ち明けることができ、そしてなんと母も父親に性暴力をされていたことを告白された。

弟と母の父親はすごく性格が似ているため、弟は自身の子供にもきっとするのだろうと容易に想像できた。

また、弟は名古屋小学校教諭をしているので、子供達のことも心配だ。

〇〇したい大学院生 D1

なぜなら,研究がうまくいかいから.

いや,わかってます

研究がうまくいかないのは,自分能力努力・工夫が足りないだけ.〇〇する前に,やるべきことはたくさんはず.そもそも研究がうまくいかいくらいで,〇〇なんて馬鹿馬鹿しい.向いていないならさっさと退学して,どこかで働けばいいし,しばらく休んでみてもいいかもしれない.

そんなことはわかっています

研究室のスタッフ達も,人格が優れ,優秀な方ばかりです.バランスよく自分を見守り,指導し,問題解決に協力していただいています

それでも結果は出ません

残された時間も減り,追い込まれてきました.精神的に辛いですしかし,自分面白いと思い,選択したことです.選択できることがどれだけ幸せなことだろう.

毎日研究と向き合っています

ただ,ふとした瞬間に〇〇したくて仕方なくなります

そんな愚かな自分が怖いです.

相互フォロワーの作り方がわからなくなってしまった

数年前まで趣味について呟くアカウントを持っていた 気がついたら同じ趣味を持つ相互フォロワーがたくさんいて(フォロイフォロワーだいたい同数ずつ)毎日楽しく語り合っていた

趣味に飽きてアカウントを削除した後は何年もTwitterから離れていたのだが、最近またアカウント作ってみた

しか相互フォロワーの作り方が全然からなくなってしまった

今はフォロー数百、フォロワー数人という感じ(しかほとんど企業アカウント

あの頃はいったいどうやって相互フォローになっていたんだろうか…??

2021-06-20

カスの私とVtuber

まれてこのかたカスの私は「明らかに乞食目的のクラファンページを見る(金は出さない)」という悪趣味があるのだが、その最中出会ったVtuber彼女(仮にV子としておく)であった。

Vtuberとして受肉したい!

大好きな歌を歌ってみんなに届けたい!

そんなキラキラした夢がありつつも資金が足りずPCや機材が準備できないV子は、ついにクラファンに手を出すことにしたのだろう。

高校生大学生だろうか、少ない貯金をやりくりしてでもどうしてもVtuberをやりたいのだ、なんて健気な子なんだ。やたら顔文字を使っておりイマイチ真剣みが感じられないところにも、若さというか幼さが感じられる。

V子に興味が湧いたカスオタクは、リンクから彼女Twitterを覗いた…のだが。

ネットリテラシーって知ってる?と思うほど、個人情報が出るわ出るわ(本名の下の名前、生年月日、血液型身長、胸のサイズ、最終学歴居住都道府県)!

しかも私と同い年なのである

マジ…………?

二十代のいい歳なのに、「この衣装は戦う時にはフォームチェンジして〜(以下クソ長くてどうでもいい設定)」だの、「神界生まれから勉強は苦手なんだ(//∇//)」だの、中学2年生がノートにまとめててもアイタタタ…となるような設定がてんこ盛りだった。

加えてその超重要(笑)な設定は徹底されておらず、普通に中の人情報までペラペラ喋っている。神の子なのに派遣社員なんだ…しかも中卒なんだ…みたいな、赤裸々な事情が丸わかりである

共感羞恥がこれでもかというほど刺激される。

普段メイクしてないすっぴん美人です☆」

女の子には学歴なんて関係ないよ(*^^*)」

など、いやマジで社会人!?背伸びした中学生でなく!??と壮大な釣りを疑ってしまったが、V子は至って真剣だ。毎日のようにクラファン支援リツイートをし、達成率0.1%のまま数ヶ月頑張っている。こいつに支援するやつもなかなか勇気根性があると思う。

さらにV子は、「専業Vtuber目指します☆」とまでのたまっている。すごすぎる。神界生まれ彼女の目には、人間界現実など見えていないのであろう。貯金額は約10万(これもツイートしていた)、歌ってみたは現時点で全てカラオケ収録(しかも全部2桁再生)の彼女が、専業Vtuber!?

私は震えた。

自分常識が覆された気がした。

人は安定を求めるものではないのか。学歴がなくとも地道に資格を取るなどして働く、結婚して家庭に入り主婦になる、など無難かつ堅実な道を選択するものだとばかり思っていた。芸事の道を選ぶものなど一握りだと決めつけていた。

けれど、V子は違う。

インターネットリテラシー資格金も技術もない、他人に勝るような部分は自己肯定感ぐらいの彼女が、Vtuberで飯を食おうとしている!

カスオタクは泣いた。

なんて無謀なんだろう。社会人のくせに化粧もしない、貯金もないし友達もいない、やることといえばゲームかお世辞にも上手とはいえない二次創作ぐらいのV子。

可哀想に……。

Vtuberコンテンツとしてはクソほども面白くないが、彼女生き様は見ていて興味深い。以前バズった某メガネをかけたbotと似たようなスリルを味わえる。

これからも私はV子を見守っていく所存だ。もちろん絶対に金は出さないが。

大阪府の新型コロナ死者数(6/20更新)

4/26151444 8504116
5/0319202528504119
5/1015555033334215
5/1723332232222414
5/24352727301331 8
5/311621271922 8 5
6/07152527171112 6
6/1410419 417 5 3

ソースNHK毎日報道https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/pref/osaka.html

anond:20210619195937

anond:20210620215357

私が女子校に通う高校生だった頃にクラスの端っこで漫画ばかり読んでたのがれいなちゃんだった

れいなちゃんあんまり可愛くなくてちょっと体臭があって漫画の話をふると早口で話すのにこっちのふった話題には曖昧に笑うだけだからみんななんとなく触れずにいた

その頃の私は受験合格した時のハイテンションが続いた躁状態学級委員やったりバスケ部でしごかれたりで自分で言うのもなんだけど人望があった

かられいなちゃん自分世界に取り込みたかった

まずれいなちゃんが読んでる漫画ブックオフで揃えて読んで、れいなちゃんの保健委員仕事がある時に部活の途中で足首が痛いと言って保健室に行った

本当は痛くない私の足首に湿布と包帯を巻いてくれるれいなちゃんの頭は粉チーズのようなにおいがした

れいなちゃん漫画の話をふると早口で何巻のどのシーンが最高という話を始めたので私も暗記したセリフ引用して合わせるとれいなちゃんは興奮して口の端に泡をつけながら嬉しい嬉しいと更に話し続けた

それかられいなちゃん携帯メールアドレスを交換し毎日夜にメールをするようになった

数週間でれいなちゃんは私に対し崇拝のような感情を持ち始めたが接点がほぼない校内で話しかけてくることはなかった

毎晩れいなちゃんメールに返信するのは誰も持っていない変わった植物に水を与えるような感覚だった

学年が上がり別のクラスになったれいなちゃんおかしくなりはじめた

寒い時期は黒いタイツを履いていい事になっていたが丈も買ったままの長いスカートの中にガーターベルトを履いているとれいなちゃんメールで言った

リーツは取れかけお尻部分の布がテカテカになったれいなちゃんスカートを思い出した

途中の駅に面白いお店ができたから行こうと言われたので期末考査の最終日で部活がない日に私たちは初めて一緒に帰った

そのお店はドンキホーテ系列店で天井まであってもなくてもいいような安っぽい物が積み上げられていた

れいなちゃんはそこでサイドが紐の黒い下着ストラップになっている小さな電マを買った

下着指定はないし電マもただのおもちゃなので何も言うべきではなかったのでその日は黄色ビニール袋を下げたれいなちゃんホームで別れた

そのお店に行った日を境にれいなちゃんはどんどんおかしくなっていった

むっくりしていたれいなちゃんは妙にやせて眉毛を抜いて校則ラインぎりぎりのところで十代らしからぬ饐えたエロさの方向に走った

指定ブラウスの下に着ている紫レースの豹柄タンクトップが見えていたが頭は粉チーズのにおいがするままだった

夏休み合宿で数日携帯電話を触れなかった間にれいなちゃんからメールは途絶えた

れいなちゃん学校に来なくなったのは進級ができなくなったのがきっかけだった

その理由不登校でも校則違反でもなく提出物を出さずに幾つかの科目で評定が付かなかったからだった

私立校留年も選べたがれいなちゃんは退学した

それかられいなちゃんがどうなったかはあまり知らないが退学後に来た最後メールでは縄師に弟子入りしてアゲハ蝶入墨を鎖骨に入れてAVに出たらしい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん