「リスク管理」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リスク管理とは

2018-06-19

6.18地震備忘録

7:55新大阪発の御堂筋線にのって会社に向かっていた。

ちょうど中津にたどり着く前くらいで、ガコンと大きく車体が揺れる。人でもひいたか?と思っていると携帯緊急地震速報が社内に鳴り響く。

あー、地震か、緊急停止するのかなぁ、と思ってたけどそのまま中津まで電車は走りきる。私のスマホ格安sim(FreetelIIJ)で、両方ともネットにはつながらなかった。隣の席の人が奥さんと電話していて、「え、そんなにやばいの!!今から帰るわ」と言ってるのが聞こえてきて不安になる。

SMSで妻に大丈夫?と送ると大丈夫と帰ってくる。

その時点で地下鉄は全線運休です!地上に避難してください!とアナウンスが聞こえる。JRは当然動かないやろなと思い、歩いて会社にいく義理もないので、家に歩いて帰ることにする。会社への連絡せなな、と気づいたタイミングで、ネットにつながるようになり、会社グループLINEメッセージがあることに気づく。皆、電車が動かないので会社に遅れる可能性があることを連絡していたので、便乗しておく。

部長から安全なところに待機しておいてください、自宅で待機しててもよいです。とメッセージが入るので従う。

淀川越えないと帰れないので、淀川大橋を歩いて渡ることに。とはいえ、電車が動いてないだけで、大して被害は見えないよなーと思う。

時間ほど歩いて帰宅。確かに家も家族も無事。3歳の息子もやたらテンション高いけど無事。

一時過ぎに嫁のお父さん(自宅明石)が帰宅難民でうちに避難してくる。

会社今日休みだよな、さすがにと思ってた頃に、交通手段が復活したら出社してね、と連絡が入る。御堂筋復旧目処無いんで無理です。と返答すると四時までは待機しといてと総務が通達しているとのこと。

四時に出社させて何させる気だ、リスク管理大丈夫か?と思いつつ。(まぁこ会社は辞めるのだが…)

結局四時まで待機して、阪急神戸線が復活したので、お義父さんを十三まで送っていく。車の渋滞もいうほどではない。

マリ

大阪会社地震に慣れてない

格安SIM災害に弱い

何だかんだで市内は大して被害はない

2018-05-17

anond:20180517181156

シンゴジラで思ったのは

議員の代わりってすぐ見つかるけど

官僚とか、研究者のような知見と経験を持った人って代わりが見つかりにくいから、バックアップ体制を整えるのはリスク管理として必須よね。

2018-04-26

出演番組MCである大物芸能人から電話で今すぐ来いって怒鳴りつけられたら断れないよなあ

友達についてきてもらったのがせめてものリスク管理だったんだろうけど怖かっただろうなあ

2018-04-21

ゲームストーリー制作の安定感

ゲームってその多くが一作品で完結に出来るじゃん?

リリースまでにストーリーがカチッと決められて、最後「〜Fin〜」とか「完」で終わるでしょ。

しかもそのストーリーは大抵メインコンテンツであり色んな人が関わって作られるから平均的に練度が高い。

小説マンガのように、ひとりが延々と書き綴り数人の編集に一部ダメ出しされて完成だと、関わる人間の数が少なく練度が低いものが出来上がりやすい。もちろんそれはそれで尖ったものを作れる環境ではあるから無くなるべきではないとは思うが、やはりゴミも生まれやすい。

また、ショートショートでもなければ複数巻出すし、そうなると迷走しやすい。出版社リスク管理手法としては良いが、ひとつ作品として見た時いびつものになりやすい。

ドラマアニメもっとやりにくい。話のテンポを上げるにしても時間マンガ以上に有限だ。

ドラマなどは実写だからそもそも表現制限される。

もちろんゲームだって続編が出れば迷走のリスクはある訳だけど、とりあえず話の最後までやろうってとこまでは誰にも邪魔されず完成物が出せるから安定感あるよね。

2018-04-13

anond:20180413141017

まりリスク管理の上で考慮すべき

(リスク事象の発生確率)×(リスク事象が起こったことによる被害総額)

の前者に関する議論なわけで

国家崩壊停電も起こりにくいような安定した社会であれば電子マネーは十分以上に信用できてしかも便利ということになるのかな

停電リスクをどのように考えているかで、意見が異なってもおかしくはないけど

今の世の中停電起こると、その被害総額のほうが計り知れないのは間違いないな

2018-04-08

anond:20180408130523

どこの8割か知らないけど、リスク管理という観点では、

やってるところはやってるよ。2割どころか、9割。

と言っても、自分会社親会社、お客さん(どれも製造業系とその子会社等)くらいしかサンプル無いけど。

しかに洗い出すのしんどいけど、やらないとお仕事回らないし。

もっとも、世の中全体に広げると、それくらいになるのかね。

対策まで考えない場合、叩く方が頭使わないし。

anond:20180407105339

なぁ、まず

http://www.garbagenews.net/archives/2021270.html をみてくれ、3つのグラフどれを見ても絶望的じゃないか?1番目のグラフでは2100年まで人口自体の底打ちはしない。これは今の平均余命からすると、移民でも入れない限り確定した数字だよ。2040年労働人口減が底打ちする気配もみせず、あと80年は減り続ける。

出生率が維持水準の2.08を越さずにいけば、当たり前だが2100年後も急減はなくとも、じりじりと人口は減り続ける。んで、3つの論に関して

1,一人当たりの消費水準が維持されても日本の国力が維持されるという事に影響は一切ない。年齢人口比が一切変わらずに人口が減ったとしても、単純にGDP人口と共に減って(内需供給力も、人が2/3に減るんだから当たり前の帰結だが)他の要因が変化なく進めば2/3のGDPになる。

日本場合生産年齢人口比が大きく減少しながらGDPが落ちてくから人口比変化なしと比較してGDPはより大きく落ち込む、労働所得を得る世代高齢者より多く減るから当然そうなる。

2,「政府には国債という困難を広く長い期間に薄く分割するツールが備わっている」と書いてあるが、ベネズエラロシア国債自国中銀&自国通貨というツールちゃんと有ったが、信用不安になると本当に数か月という短い単位金利が暴騰する。破綻を選ばなければ単に猛烈なインフレが来る。要は「信用不安を起こさない」事が肝要。

国債経済規模から見て発散さえしなければよく、人口減少が穏やかになってしばらく先の債務規模をある程度の水準に抑え込めればと書いてるが、既に破綻時のロシア欧州危機時のイタリアも真っ青な債務規模。

で、モリモリGDPが落ちてく中、モリモリ日銀国債を「信用調査なしで買い取っていく」と日本銀行券の信用ってのはおちてく。最近議論をみてると「リスクなしで日銀が打ち出の小槌」を持っているので安心安全大丈夫!的議論があるが、信用なんてものは、ちょっとした雰囲気風向きがガラリと変わると一斉に皆が逃げてく。 

欧州信用危機時のイタリア国債ポルトガル国債なんかの金利の動き見てれば分かるだろうが、あれ「ドイツがけつもち」しなかったら偉い事になってた。日本が同じような状況になった時に「けつもち」してくれる隣国なんて当然いない訳。故にそうならないように安易な借入は抑えましょうってのがリスク管理だとおもう。

3,経常黒字の話も同じ事で、要は「企業金持ち」は国から逃げないっていう前提で話してるけど、内需が落ち込んで若者向け商売は1/5、他の商売も基本2/3へ落ちてく中、黒字をもって海外に行くわけがないってどうしておもえるのか不思議だわ。多分税収的に日本はこれから法人にも厳しくせざるを得ない」訳さ、当然法人は逃げるよ、暮らしにくくなったら逃げられる裕福層も金持って逃げるさ。ロシアの時みたいに「落ちてる間は逃げて、落ち着いたら帰ってくる」なんてのも当たり前の話。

もちろん必要以上に恐れる必要はないけど(数年で焼け野原になる訳じゃない)、単純にこれからも毎年暮らし向きは悪くなって、皆余裕がなくなってってのが30年位続く。当然安倍さんが終っても、誰に変わっても同じように少しづつ厳しくなってく。周りにいた友人や知り合いがポツリポツリと貧困層におちてって、その中でも楽しい事を見つけて日々頑張ってく。

皆その時々に今の政府が悪い、誰が悪いとお互い責めあって、30年後の段階の暮らし向きがどの程度酷いか?ってのはなってみないと分からん。が、昭和平成と知ってる人達からすれば平均的な日本人の生活レベルは多分相当ひどくなってるはず。

はいえ、まだJR世代政治力があるだけ良い方だよ。Jr世代の子どもが悲惨だと思うわ。

2018-04-07

anond:20180406102308

読み返してみたら引きずられて論旨がおかしくなってたな。

という意図で書いていたつもりで、元増田では、

としたつもり。

からレスで言っているのは対応策の案Aのみ取り出して騒いでいるだけ。枝葉末節ではなく、全体を見て欲しい、と言いたかった。

まあ、この女人禁制というルールについては、個人的には相撲スポーツとして扱えない理由の一つだろうし、やっかいだなあ(時代錯誤だとも思うし)、くらいの認識

我ながら、言葉足らずだったなあ。

ここ数年における現実対話相手能力が高すぎたおかげで察してくれるので、

自分自身の訓練が不足しているのはある程度自覚していたけど、ここまでとは。

とりあえず、自分で改めて言語化できたし、スッキリ

2018-04-06

anond:20180406094234

なるほど、言わんとしていることが解ってきたよ。

身の回りでいつ誰がくも膜下出血で倒れても最速で処置が受けられる環境をいったい世の中のどれくらいの人が用意できてるんですか?


そりゃ個人レベルではやらないし、やり過ぎ。そんなの維持できない。

ただ、やっぱり組織としてはリスク管理不足だと思うんだよね。

イベント内で来賓を招くとしたら、来賓の年齢、持病含め事前調査し準備しておくのだと思うよ。

それが組織としてのリスク管理ではないかと(来賓医療的にでも暴力的にでも何かあったら主催者問題になる)。

もっとも、リスクの洗い出しって、会社でもよくやるけど、果てが無い。

どこかで折り合いを付ける必要があって、その際のリスク許容度は組織ごとに異なる。

また、対策にしてもコストが見合わないものがあれば、別の方策を考える必要がある。

後付け?もちろん。だって発生した後だもん。その上で、外野として、リスクの洗い出しをもっとして、コストにのめる範囲での対策を打つべきでは、と。

対策は、体制としてもうけるのもあるだろうし、ルール(一部で女人が入ることも許容するとか)として徹底することもあるだろうし。

anond:20180406093551

からそれが結果論リスク管理が不十分だったって後から難癖付けてるだけだって言ってるんですよ

身の回りでいつ誰がくも膜下出血で倒れても最速で処置が受けられる環境をいったい世の中のどれくらいの人が用意できてるんですか?

anond:20180406091546

女性がやったことは立派だよね、たしかに。それは同意

ただ、元増田ではそんなことは言及していなくて、

言及していたのをもう少し書き下すと、

土俵上で女人禁制を通したいなら、

土俵上で「何が起こりうるか」をリスクとして洗い出してカウンターを用意し、

そのための体制を組んでおくべきだったんじゃない?

ってこと。

今回だって、結局外部リソースである女性に頼らざるを得なかったし、

これも男性の救護スタッフが脇に控えていれば足りたでしょう、と。

もちろん、毎回それを用意するのはコストがかかるだろうし、

そうだった場合は、女人が上がるのもやむなし、とルールとして決めておくべきだったんじゃない?と。

できてなかったんだからリスク管理としてはやっぱり不十分だったんだよ。

元増田を長くしてしまったせいか、主旨を読み取りにくくして、すまんね。

anond:20180406090954

うーん1分以内で担架来てるんだから別にリスク管理問題だとは思わないし

他の場所でこれ以上の体制があるところのほうが少ないような

もちろん1秒を争う状態であることも事実女性がやったことは立派だと思う

緊急時土俵女性が上がった件

もう既に他の増田で出たかもしれないし、探すの面倒なので好き勝手言ってみるけど、

相撲協会ってリスク管理ガバガバだよね。

掲題の件について言えば、女人禁制というルールを自ら課したのなら、女人が居なくても回るように手配する必要があったのだと思う。

警護者も救護者もなんもかんも、土俵に上がれるスタッフを予め男性で固めて、発生しうるリスクに備えるべきだったのだろう。

もちろん、コストやらなんやら考えて毎回万全の体制は組めないのだろうし、

ただそれなら、緊急時には外部からリソースを得ることは許容しないと。

自らの管理不備なのだから、それを甘んじて受け入れるしか

その上で、不備を反省するなり、神様に赦しを請うなりするなら解るけど、

八角理事長謝罪コメントにある「行司が動転して呼びかけたものでしたが」には、何のポリシーも感じられないし、

予め決められたルールを守ろうとした行司「だけ」が悪いかのような意思が透けて見えて、呆れる。

発生しうるリスクの洗い出しが甘く、

かつ想定していない(洗い出せていない)事象が発生した場合対応策について検討がなされておらず、

それらが今回は現場問題として現れただけの話だろうに。

リスク管理をしっかりやっていかないと、また似たような問題を繰り返すね、ここ。

2018-04-04

大手SIer入社した僕がゾンビになるまで

Qiitaにいるような人たちとはまったく違う、意識が低かったがゆえの自己責任の話。


大分昔のことだが、新卒大手SIer入社した。

それまでプログラミングなんてしたこともなかった人間入社させてくれるのが大手SIerである

覚えることは沢山あったし、関わるプロジェクトによって言語Webアプリケーション開発用のものから汎用機のものまで様々。

設計運用もそれぞれ違う。

毎回付いて行くだけで必死で、仕事以外ではストレス発散のためにプログラミングとは別のことをしていた。


勉強は嫌いじゃなかったと思う。資格取得が奨励されていたのもあって、自分もいくつか持っている。

でもプログラミングが好きかと言ったら、特に作りたいものも思いつかず、プライベートでの勉強はしていなかった。

自分にとってプログラミングとは仕事で関わるシステムありきだった。

その時関わっているシステム関係すれば必要最低限のことは学ぶし、それ以上ではなかった。


大手SIerというのはそういう人間も沢山いるのだ。

PM職でもないのに(システム業務要件機能仕様理解しなくてもやれるのはPMなどのマネジメント職だけだと個人的には思う)、関わっているシステム言語さえ学ぼうとしない人もいる。

そういう所である

そういう所の中では自分はまあまあ上手くやれていたと思う。


大手SIer技術力など期待してはいけない。

研究部門を抱えている所も最新技術を開発している所もあるだろうが、そういう優れた人たちは組織のごくごく一部だ。

マネジメントも含めて、優れた人間などそんなにいない。それどころか設計コーディングさえあやしい人たちも沢山見てきた。

まあ自分が見ていない所に優れた人が沢山いた可能性もちょっとだけある。


自分マネジメントにも興味がなかった。それは数字管理をしているだけのように見えた。

リスク管理ヒューマンリソース管理などの概念自分になかったとも言う。


それまでどんなきつい所でもそれなりにやれてしまった経験があったため、自分には警戒心がなかった。

ある日、マネージャーが詳細を教えないプロジェクトにぶち込まれた。ぶち込まれた、というのがまったくふさわしかった。

詳細は伏せるが、SAN値が削られて行くようなものであった。

新しい技術が学べるといったプラスの側面も一切存在しない。

やがて周囲が倒れ、自分も倒れた。


以来、無気力になって生きている。


自分のいるSIerにいるマネジメント職は成功や失敗について学ばない。学ぶ人もいるんだろうけど自分の見た範囲では学ばない。

なぜ成功したのかもなぜ失敗したのかも分析をしない。

名ばかりのPM職を送り込んだって失注するに決まってるじゃん…というようなアサインを繰り返す。

PM職に払っている給料の元を取りたいんだろうか?そうやっても失注するんだけど。


大型プロジェクトゆえに新技術の取り込みが遅れるとしても、そのプロジェクトなりに効率良く開発するための準備はあるのにそれをしない。

どこで失敗してしまうのかを学ばず、人の数だけ増やして、その増やした人間が頑張ればできると考える。

増やした数の中には最低限のことさえしない人も含まれている。

そういう人たちも、プロジェクトの進め方も、改善しないままにぶち込まれるのが続く。

改善提案?している。けれども一緒に動こうとする人なんかいないのだ。

個人努力でどうにかなるならプロジェクト炎上なんてしないのではないかな。水源も道具もないのに消防士というだけで消火できるなんてことはない。






主体性がないというのはゾンビのようなものだな、と思う。

技術自分で学んでこなかったから、自分で選んで環境を変えることができない。技術がないというのはそういうことだ。

システム自分を合わせるだけで済ませているというのはそういうことだ。

仕組みの中だけで終わらせているというのはそういうことなである

気付くのが遅すぎたが、ゾンビでも自力歩行ができるように、あるいはきれい燃え上がって終わりにするために、自分のために少しずつ学び始めている。

2018-03-28

anond:20180328083542

今のいじめっ子証拠隠蔽や、万が一いじめ問題になった時のリスク対策シナリオを予め練っていることが多い。例えばいじめっ子から告発されたら、周りの人達を巻き込んで自分達に有利な証言をするように仕込むのは当たり前で、いじめっ子問題行動を100倍返しで逆告発するケースもある。

経験ものを言うリスク管理というビジネススキルを、いじめっ子子供の時点で身に付けられるのだ。

文章間違えてるぞ。

いじめっ子から告発されるってなんやねん。

いじめっ子ビジネス的に優れている5つの理由

1.コミュニケーション能力が高い

いじめは一人では出来ず、必ず集団で行われる。その中心人物たるいじめっ子は、いじめたいという目的を達成するために周りを巻き込む、というコミュニケーション能力が求められるスキルを有している。必要に応じて、教師などの大人も巻き込む必要があるが、それも最近いじめっ子はそつなくこなす。

コミュニケーション能力が高いことは、いじめっ子になるための必須科目だ。

2.集団を牽引するリーダーシップを有している

周りを巻き込んだ後は、集団長期間牽引しなければならない。いじめ仲間に良心の呵責が起きて行動に迷いが出るようなら、それを懐柔しなくてはならない。いじめ集団維持管理するために。

まさに、リーダーシップがないと出来ない行動だ。いじめっ子はこのリーダーシップ子供の時点で備え、いじめという行為リーダーシップ実践強化が出来ている。

3.冷徹になれる

良心をかなぐり捨て、冷徹になれないといじめは出来ない。一時の感情だけではいじめの継続が出来ないのだ。現代ビジネスシーンでも時には冷徹悪魔の行動が求められることがあるが、それをいじめっ子はあっさりこなすことが出来る。

4.リスク管理能力が高い

今のいじめっ子は証拠隠蔽や、万が一いじめ問題になった時のリスク対策シナリオを予め練っていることが多い。例えばいじめ相手から告発されたら、周りの人達を巻き込んで自分達に有利な証言をするように仕込むのは当たり前で、いじめ相手問題行動を100倍返しで逆告発するケースもある。

経験ものを言うリスク管理というビジネススキルを、いじめっ子は子供の時点で身に付けられるのだ。

5.トップダウンアプローチが出来る

いじめっ子はヒエラルキーの上位になるので、必然的上から目線になり、ひいてはトップダウンアプローチ物事を考えるようになる。

これは経営者になるために必要スキルであるが、子供の時から鍛えられるという利点は計り知れない。

ビジネス世界では、いじめっ子が重宝される。いじめられっ子は要らない。だから、みんないじめっ子になろう。

2018-03-20

anond:20180320085734

こんな肥溜めで身の振り方決めるのは問題ないのに確定申告するのは怖いとか

リスク管理感覚おかしいだろお前

2018-03-13

anond:20180313110436

野球帽被ったら押しかけてOKって考えるのがリスク管理とは

中学生野球部以下っていう

野球もできないしどうすんの?

anond:20180313110214

過去歴史から今後起こりうることを想像すると言う、リスク管理概念理系にはないんだね

2018-02-05

anond:20180205112852

ギャーーン

いやそれはリスク管理下手すぎだろ

4人も女いるなら最初からアクセなんかで管理するなって

2018-01-29

コインチェック社のウソ

関東財務局から発表された処分の内容は以下のとおり。

 このため、本日、同社に対し、同法第63条の16の規定に基づき、下記の内容の業務改善命令を発出した。

(1) 本事案の事実関係及び原因の究明

(2) 顧客への適切な対応

(3) システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任所在明確化

(4) 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定

(5) 上記(1)から(4)までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

一方、CCから送られてきたメールに書いてあるのは以下のとおり。

1. 本事案の事実関係及び原因の究明

2. 顧客への対応

3. システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化

4. 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定

5. 上記1から4までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

見たら分かるとおり、

(2)顧客への「適切な」対応の「適切な」と、

(3)「及び責任所在明確化

の部分が抜けている。

少なくとも(2)の箇所については意図的に削除しないとこのような結果にならないところである

そうすると(3)も意図的であることは明らかである

このようなごまかしをする企業であることは明らかになった。

今後も注視していきたい。

・21時25分追記

HP上では訂正が入ったようだ。

http://corporate.coincheck.com/2018/01/29/32.html

しかし、訂正前はメールできているのでごまかしようがない。ざんねんでした


・追記2

ブコメで気になったやついくつか

nayuko22 ユーザーバカばかりだから要約しただけでしょ。

意味内容が変わってしまうのは要約とは言わないと思う


fantoms 弁護士アドバイスであとから不利になりそうな文言は消しているんだろうなと思う。裁判になったときに余計なこと書いてると足元救われるからね。

uturogi_soy こういうのは市民感情より法的にどうかって話になるから弁護士になんか言われたんだろうな

どうせ財務局の開示でバレるのに、改変するようにする意味はなんだろう?

役所に従わないとヤバいことは弁護士はよく知っているはず。多分この意図的な削除に弁護士は関与していないと思う。

kenchis これは公文書偽造になるのかな?

なりません。

2017-12-14

anond:20171214103039

ググったけど、潮流と言えるほどのものではないし、相次いでるって感じでもないじゃん。

ドイツに至っては、原発廃止しつつ海外原発から電気買ってるし、廃止と言うより単なるリスクヘッジだよ。

コスト的には原発利用するけど、リスク回避したいってことが各国の本音とも言える。コスパで言えば断然、原子力なんじゃん。

結局は事故さえ起こさなければ、優秀な発電。日本においては1000年に一度の地震事故ったけど、それより厳重に管理して1000年に一度も起こり得ないレベルまでリスク管理を徹底すれば、そのリスクを極端に嫌うのはもはや科学的な態度ではないような気がする。

実際、原発事故に備えてたりする?

2017-12-11

anond:20171211001046

自分「開発もまた企業活動ですからその結果対して法的道義的責任が発生することは回避できません。先進技術は優れたものであればあるほど先行事例が少なく、リスク管理とそのコントロール重要だと考えます

こんなとこでどう?

2017-12-07

anond:20171207162957

若さがすごい。眩しい。

どの会社に入ったのか知らないが、クオンツ系の部署に行けばよいだろう。

でも本当に金が全てだと思うならチマチマ数理モデルリスク管理とか規制対応とかしてないで数学なんか1ミリも使わない投資銀行業務フロントに行ったほうがいいぞ。

日系クオンツ程度の給料23区内に一軒家買うのはかなりきついと思うが(共働きは当然として子供無しなら買えるだろうけど)。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん