「絵画」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 絵画とは

2018-09-13

anond:20180913123146

からそれでいいんだって

きもちポリコレも正しいんだから

正しさのためなら絵画を焼くぐらい些細なこと

2018-09-12

anond:20180912234416

例えば、印象派代表であるマネモネですら、その絵画表現価値理解されるまでには長い年月が必要だったようだ。

当時の自称知識人からコテンパンに叩かれたらしいが、もし21世紀の今彼らの絵が発表されたなら「性的消費」「文化簒奪」と批判されると思う。

anond:20180912154936

最近、小さな胸の女性を描くのはかなりポリコレ的に難しい状況になってきて、むしろ巨乳に描かないと出版社が難色を示すって話があったよ

どう描いてもポリコレ違反なら、女性表象自体絵画から完全撤廃するくらいしか自衛手段がない

イラスト黒人の肌を薄く描いても濃く描いても差別表現と見なされるのを思い出した

薄く描いたら描いたでホワイトウォッシュと見なされる

2018-09-11

anond:20180911060341

おもろかったわ。

絵画舞台芸術的な画面レイアウトが美しかったわ

今どきのダイナミックなカメラワークとは異なる

まあでも戯作的な作風なんや

2018-09-08

射精後の身体変化を教えて

僕は射精した後異様に弱る。

弱るというより、多分異様な眠気なんだと思う。

立っているのが辛くなり疲れやすくなる。

バスケ部だったころのフットワーク練習ではジャンプ力が異様に落ちた。

回復するのに3.4日かかる場合もある。

毎日出す人もいるだろうけど僕にはそんな頻繁に出すことはできない。

30を超えた今でも眠気がひどく、通常の7時間ではガタがくる。

集中力は続かず仕事の質はガタ落ち。

メンタルも弱りイライラもする。

ただし睡眠が物凄く取れれば問題ない。

ただ一つメリットがあるとすれば、メンタルが敏感になり色彩感覚音楽映画絵画などに吸い込まれるような没入感がある。

ダークサイド福音と昔の恋人は言っていた。

チャットアプリで猛々しい女の子つぶやきにあるような「昨晩7戦やばかった〜〜💓」みたいな事は僕の人生にはありえない。文字通り干からびるし出てこない。

この射精感、ひいては人生観は男一人一人バリエーションがあるんだろうと思う。

増田はどうですか

2018-09-04

自己肯定感の低さが邪魔をする

昔100kgくらいあるデブだった。

一念発起して1年で40kg痩せた。

反動ちょっと肌が荒れたりはしたものの、よく聞く皮余りとかリバウンドも起きずにそこそこ引き締まった体を手に入れた。

以降自分語りやイキリだと思う人はスルーしてくれればいいんだけど。

痩せる前は、主にデブであることが自己肯定感の低さの根幹になっていた。

そんなもんだから、痩せればモテるようになると思っていた。

実際、痩せてからビフォーアフターを知らない界隈に飛び込んでみたらまあモテるようになった。

街で逆ナンされることもあるし、婚活パーティーとかでもカップル成立したり街コンでも向こうから連絡先渡される。

ビフォーアフターを知ってる人が「痩せたな」と言うのはわかりきっていたし、イケメン化したら知ってる人の態度が手のひらを返すようによくなったという話もなくはなかったので誰も知らない界隈に飛び込んでみたけど、どうやら客観的に見てもいい見た目に変化したのは間違いないらしい。

事実デブの頃の写真を見せるとみんな嘘でしょという顔をする。

から自己肯定感の低さの根幹であるコンプレックスは消えた。

はずだったのだが、生まれから20年くらいデブでありモテずに育ってきたため、どうにも今の環境に慣れない。

街での逆ナンは全部ツボ、絵画宗教勧誘だと思っている。

街コン婚活で連絡先を渡されても、大して連絡もせずにLINEは未読スルー

会う約束はできるだけ取り交わさない。

なんというか、自分に興味を持たれている事実を受け入れ難い。

会って数分~数時間程度の自分になぜこんなに興味を持たれているのか。

自分はそんなに他人から興味を持たれるような高尚な人間ではない。

という思考になってしまい、相手からアプローチに応えられず全部スルーしてしまった。

デブでひねくれていた頃は他人から興味も持たれないことに慣れていたので、今の環境が慣れない。

人に誇れるような技術、特技、趣味など何もないこんな空っぽ自分・・・と今でも自己肯定感が低いことを自覚してしまった。

自己肯定感を高める方法がわからない。

見た目以外の何か人に誇れるようなことを身に付けるというのはいったいどうしたらいいのだろうか。

何をやっても「こんなの誰でもできることでしょ」と思ってしまう。誰でもできることの中に自分がいて、安心したい。

3億円の絵画行方

都内アートフェアで。

老人「最近税務署がうるさい」

業者「どうしました?」

老人「まだあの絵はあるか。他に資産があるんじゃないか。いちいちうるさい」

業者お金持ちには厳しいですから。国の財政も厳しいですし」

老人「相続税だか何だか知らないが、けしからんね」

業者「みなさん苦労されてますよ、相続税対策だとセミナーに通ってる方、多いです」

老人「子供に残したいとは思わないが、孫には苦労してほしくない」

業者「同じことをおっしゃってます(笑)

老人「なんだ、みんな終活ってやつか」

業者「今は売るより買うことの方が多いですね」

老人「買い出し屋になったか。なら君のところで買った〇〇の絵はいくらで買う」

業者「……そうですね、3億で」

老人「…………ずいぶん安い。ずいぶんな損になるね」

業者「続きがありまして」

老人「何かあるのか」

業者「絵は香港提携ディーラーに売ります

老人「なんだ、売り先まで決まってるのか」

業者「ええ、それで絵を買い戻してください」

老人「……香港でか。カネはどうする、3億は大きいぞ」

業者「弊社でやりますので、絵は貸金庫にでも預けてください」

老人「はー、3億で何を買えと」

業者「まぁ、いろいろと習作がそろってますので、お買い求め頂きたいです」

老人「子にはガラクタ、孫には鍵が残ると」

2018-09-03

anond:20180829224019

コンテンツ提供側の年齢に近くなるほど飽きます

しか知識が上回ったりしちゃうさらに飽きちゃいます

だってなんでも繰り返されているだけだもの

自分体験いちばんじゃないかなぁ。PC動画VRや、TVゲームなどの世界観

実体験には勝てないと思う。

だってPCいくらでもあるけど、本物の絵画美術館に行ってみることの凄みとかぜったいあるよ。

2018-09-02

anond:20180902031038

注目したい部分だけ描けばいいんだぞ

人間の絵なら大抵注目してるのは顔と目と手だろ

肩とかめんどくさいから描かなくていいぞ

へろへろの線を曖昧に3本くらい描いとけば皆注目しなくなるから怒られずに済むぞ

しろ難しいのは自分がどこに注目しているか自覚することなんだけどそれこそ絵画本質的な取り組みだぞ

乳が描きたいときは腹は適当に描いとけ

手が描きたいときに髪なんか一生懸命になって描かなくていい

まあ鎖骨があってれば肩適当でいいとか指があってれば肘適当でいいとか細かいテクニックはあるかもだけど別にどうでもいいか

ガンガン描いていこう!

2018-08-28

歳を取ると "最新の" に価値のあるジャンル価値の無い分野がわかるようになる

◆最新に価値がない

映画

音楽

絵画

演劇

噴水

彫刻

園芸

山岳

宗教

酒造

服飾

.

◆最新に価値がある

デジタル」と付くもの全て

タイヤ

建築

消火

薬品

歴史

2018-08-24

anond:20180823162846

風貌で人を決め付け、というおなじみお決まりブコメがあるが

風貌で決め付けるという事自体その時点のみの問題であればそれは議論に能おう


多様性その他について最大限許容しなければ

茶髪

ピアス

刺青

などは区別区分対象と扱い所謂差別的な扱いを受けざるを得ない


仮に、受けないという状況を成すならば

茶髪ピアス刺青もそれによる影響をなんら与えない」

ことが前提になる

これは恐怖と感じるかなどをまず与しないというコンセンサスの構築が必要である

刺青をしていて脅してくる人、茶髪ピアスがかっこいいと思っている行動原理について

そうでない人間対抗手段を講じれるかである


「かっこいいんじゃボケがだまっとれカスしばくぞオラァ」

という行動様式にかっこよさを感じている人がその風貌選択する可能性が大きくはないだろうか

制服規定通りに着て化粧も最低限などの人間が、そういう意外性を含んでいることは否めない

だが、あえて指摘される部分を、茶髪ピアス刺青をしていないことによって

「なんで刺青してないの?」という質問を受ける事はほぼ無いだろう

「なんで刺青してるの?」という質問が発生する可能性と比較して、ほぼゼロと、ほぼされる可能性があるのではという比較では大きな差がある

そんな質問をしなでくれというならしないでおくか、隠すかの必要があるのではないか、または質問されるほどの意味もないものとされなくてはならなのではないか

質問の返答が気にくわなかったり位にそぐわなかった場合も、絵画説明するように丁寧にしてくれるであろうかという絵が彫られているのかというところもある


子供に人気のキャラクタを彫って説明することを厭わないなどであれば問題なかろうが、その数と他の目的の数とがコンセンサスを導き出せるほどでなければ状況としてむつかしい

そんな風貌であるという選択をとる、あえて怖くないことを示すためにしているのであればその活動趣旨を明確にし、現状目的を威嚇に使っている物を排除するに努めなくてはならない

でなければその差を目視できない場合、一様に禁止と言わざるを得ないだろう

本当に凶悪で恐怖や威嚇をしたい人間が、それをするぞと明らかにしながらその姿をさらしているのは、弱いと悟られないため

毒をもたないカエルが毒ガエルと似た模様をしているのに近いだろう

その目的が、ただ似てただけで差別するなという遺伝的なものでなく、差別されたく色をつけたものであれば

望んで「強者」という差別を受けるべく選択したのだろう

似合う、かっこいい、は知らないがそれが校則などに従っていない場合あきらかに違反をすることを目的としているのに非難されない理由のほうが少ないだろう


自分選択した格好について現場でそれを否定される場合、調整できない理由や主張を明らかにして許容を得るべく申し開きの機会は設けるべきだというのが現状からの次段階ではなかろうか

宗教や一目でそれとわかる内容であれば問う必要もないだろうがそうでないもの刺青側が排除をしたり説明を一本化しなければ刺青人口分を別途個別対応を水増しさせる、しかもその幅が

説明をするしない、扱いや関係性について補助を必要とするしない、になってくる

あらかじめその説明書を用意するかコンセンサスをもったものであるように努めるのは

「見た目で判断している側」

では到底追いつかない


その追いつかない処理を投げておいて処理できないのでしていないしないことが差別をしてくれと印をいれている方に失礼だという1例をだして万人に対応しろというのは

ヤクザのものである


自分の平均的ではないとおぼしき容姿について説明をすることが差別をなくすための段階であるとして

その関わりをもつ機会を差別といわないようにする、差別してほしい側が差別ではないぞと機会を得ることが

まず最初の段階としての刺青など特別ファッションへの理解ではないかと1個人として1例をあげたいのだが

それをはじめから否定して対応をまるなげしている、差別をしてくれとして差別をされるのを良しとして

おまえたちの差別はという非難を仕掛けてくるのは無理筋だろう


喧嘩上等、と不動明王を体に描いた人が、ただの目印としてそれを入れているならば

だれも迷惑行為危惧して避けたりしないだろう

トライバルのもようが、それとは一致する内容でないことが公知であるならば、違うと皆思うが

一致しないとも限らない、ともいえる常識の中では同じ扱いをうけるだろう

2018-08-23

なぜ性はタブーになったのか

30歳を過ぎて初めて風俗というものに行き、思春期以後はじめて女性身体に触れた

それから何度か風俗へ行った

綺麗な絵画を眺めるような美しさ、友と膝付きあわせて語り合うような楽しさ、布団の中でまどろむような安心感

行為によってそれらすべてをませたような体験をした

結局、性行為楽しいから


始めての性行為をしたとき、こう思った

社会必死タブー視してきた体験はさぞかし気持ち良いのだろうと思ったがたいしたことはないのだと


人と握手するのも、性行為するのも密着度が違うだけで異質な行為じゃなかった

行為はそれ自体ポジティブ行為なんじゃないかと思えた

それなら、なぜヒトは性を特別タブーとしたのか?

2018-08-22

ルーヴル美術館展に意味はないのか?

腹の立つ意見を目にしたので。

国立新美術館で開催中の展覧会ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」。ルーヴル美術館所蔵品の中から肖像芸術テーマ絵画彫刻を集めた展覧会で、来場者数30万人を突破する人気ぶりながらも、玄人筋評価は低い。たとえばこんなツイート

ルーブル展、確かに良い作品もあったけれど、なんというかあんまり何も残らなくてさびしくなってしまった。人はたくさん入っていた。「ルーブル展」という名を冠し、膨大な保険料広告料を支払い、そうしてこの展示をやる意味をどう見出しているのだろうかとかんがえてしまった。

https://twitter.com/milletolio/status/1031883317900009472

30万を超える来場者の多くは楽しみ、喜び、感動したろうに、そんなことには意味がないと、この人は言いたいのだろうか。

本展に限らず、一般美術館展というのは一部で評判がよくない。展覧会には学術的に意味があるべきだ、学術意味のある展覧会こそ評価されるべきだという考え方があるからだ。調査研究の成果を示す、新たな見方提示する、埋もれていたものを発掘する、展覧会というのがそういう場であると。もちろん、私もその考えには同意する。そして、この観点に立つと、いわゆる美術館展というのは、あまり評価できないものになるわけだ。所蔵品のうち、数点から十数点の名品とその他の数合わせ作品を、適当テーマを作って持ってくるだけのものから

しかし、それでも私は、こういった美術館展が好きで足を運ぶし、開催してくれる関係者の人たちには感謝に堪えない。というのも、こういった展覧会では、少なくとも1つは、心に残るようなお気に入りの名品があるから。1点出会いがあれば、入館料なんて安いもんだと、私は思ってる。

ヨーロッパに行けば、そんな出会いゴロゴロしてるぞって言うかもしれない。まあ、その通りだろうね。美術館展を批判している人を見ると、たいてい何度も海外に行っている人だ。でも、世の中気軽に海外に行ける人ばかりではない。私もその一人。そういう人間にしてみれば、少ないながらも名作を日本に持ってきてくれるのはありがたい話なんだよ。国立西洋美術館をはじめ、日本にも西洋美術コレクションはあるし、それなりにがんばっているとは思うけど、ルーヴル美術館展その他の美術館展を腐せるほど、充実したものではない。

以上が、ルーヴル美術館展をやる意味の1つ。日本にいい作品を持ってきて、日本在住の人にいい作品との出会い提供する。子供若者貧乏人。時間がない人だっているし、病気などで海外は難しい人もいる。十分意味あることでしょ。

もう1つ挙げると、これルーヴル美術館に多額のお金が入るわけだよね。そのお金ルーヴル美術館運営資金に充てられる。つまり文化財保護や修復、施設の維持、スタッフ給料研究費などに用いられるわけだ。これって意味のあることじゃないの?

国内外美術館展覧会に足繁く通っていると、内容が薄いながら素人受けする展覧会に苛立つということもあるのかもしれない。でもそれって単にnot for youなだけなんだよね。見下して腐すという行為は醜い。

最後に、本題とはずれるが、ひとつ美術ってなによりも作品ありきだと思う。研究大事だけど、まずはやっぱり作品だ。先に引いたツイートの「良い作品もあったけれど(略)何も残らなくて」との言。いい作品見て何も残らない人が美術作品を見る意味とは。

2018-08-17

[]スタンチク

16世紀ポーランド活躍した伝説的な宮廷道化師

宮廷道化師は王を楽しませるエンターティナーであり、また愚かであるが故に王に直言できる存在であった。

タンチクも、実際には政治に通じた賢人であり、しばしば気の利いた風刺を発した。

彼は三代の王に仕えたが、この時代ポーランドは、外ではモスクワ大公国ドイツ騎士団オスマン帝国などと戦い続け、

内ではシュラフタ(貴族)が力をつけて王権を脅かすなど苦難に晒されており、

タンチクがそれらを憂慮する逸話やその場面を描いた絵画が多く残されている。

狩りのために檻から出した熊が王たちを襲った事件を、プロイセンの臣従にたとえて王を嘲笑したという逸話特に有名である

しかし同時に、経済的文化的にはポーランド黄金時代でもあった。

死後、彼はその立場から憂国象徴として利用され、後にはガリツィア地方保守的政治集団の名に冠せられることとなった。

anond:20180816135239

絵画」とは別の意味で使われてるから、だいたい合ってる気がする

2018-08-16

anond:20180815164454

静止画から弾力感とかふにふに感」がないというのはおかしいでしょう

写真にしても絵画にしても、そこには撮り手描き手の主観意志が入り込むものですし

絵画であればなおさら、その印象や魅力や説得力を持たせるために

弾力感とかふにふに感」をどうにか静止画の中に表現するものです

そして、受け手もまた自分経験あるいは妄想の中で作品解釈

弾力感とかふにふに感」を認めるわけですし、現実には二次元であっても

その送受の内では幾層もある多次元的な創造解釈となりますから

結果、勃つのです

2018-08-05

賢い女の見分け方いくつか

・箸使いなどの食事マナー

・それなりの学歴以外に茶道生け花、琴、陶芸絵画着物などの短期利益に直結しない教養系の習い事趣味

美術館博物館などの年パス御朱印帳を所持

2018-07-30

芸術は制約の中にこそ美がある」という表現の自由主義者にとって不都合な真実

エログロや胸糞、ペドフィリア レイプ ホモフォビア レイシズム

こういう表現の自由の全てを詰め込んだところで

その作品美的に優れてるかっつったら全くそうではない

 

しろ芸術として今日まで語り継がれているのは

キリスト教の抑圧がバリバリあった昔の作品ばかりだ

画材も今よりずっと少ない

PCもない、表現の自由もない それでも我々は西洋絵画を見て感動を覚える

 

表現を制約されることでむしろ美が強調される」

これを感じるには

今すぐペンと色鉛筆を用意すればいい

いくつもの画材をごちゃ混ぜにして描いた絵より

つの画材統一した作品の方が遥に美しい

2018-07-21

anond:20180721230613

さいころにみた綺麗な景色写真のあるところとか

絵画の題材になった処とかに旅行したいかなー。

心の綺麗な人と話す、美しいものを見たり聴いたりする

なんか感動したくて?

世の中の仕組みが少しずつパズルをはめるように解けて行く感じとか。

たぶんみんな生まれてきた役割はあると思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん