「予備校」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 予備校とは

2022-05-22

隣の人が弱くなると気が強くなる雑魚いるよな

近所にクソ雑魚がいたんだけど、

こっちが浪人中は毎朝予備校の登校時に、ナメた態度でニヤつきながらチラチラ見てきたんだけど、

東大受かったら家から出てこなくなってワロタ

学生時代何もせずに時給1500円貰ってた話

浪人生の寮ってのがあるんだよ

形としては普通学生寮なんだけど、いるのは浪人生だけっていう

多分100人近くいたんじゃないか

そこには、勉強部屋があってそこで大学生講師として浪人生質問受けて答えるってサービスがあったんだよ

そこの講師役をしてたんだが、当たり前だけどみんな予備校行ってるわけ

予備校にも同じようなサービスあるしそもそも授業もあるから、誰も寮のサービスなんて利用しないんだよ

から本当に何もせず4年間そこでバイトしてた

もち4月はちょこちょこ誰かしら来るよ

けど、2回くるやつが稀なレベルでひと月ふた月誰も来ないってのが当たり前だった

から、当時はDVDプレイヤー持ち込んでずっと映画とか海外ドラマみたりワンセグテレビみたり、自分勉強したりしてた

それで時給1500円

ぶっちゃけ今の仕事きついから、当時の仕事に戻りたいわ

結婚しないならそれで余裕で生活出来るしな

2022-05-21

anond:20220520231545

金融教育重要なら中学までに学ばせるべきだろな

高校なんて受験予備校だし、いくら国が上から押し付けたって現場ではウェイトの高い国数英を中心とした試験科目が優先される

金融教育公民系科目)のウェイトを重くするよう大学側に圧力かけるのが国がとれる手だが、それが社会全体にとって良いことかといえば微妙

となるとやはり中学までの義務教育でもう少し踏み込んだ金融教育やらせるべきだろね

2022-05-18

下坂の平成

    昭和53年   昭和が終わったから優しい女性子供向けのレストランを作るようになった。

    昭和55年     たまたま好景気だったので調子に乗ってうかれていた。

    昭和58年    善良だった

    昭和60年  頃から段々おかしくなった。  特に8月の御巣鷹山墜落でどんどんおかしくなる。

    平成8年頃から民間経済の開花で何も言えなくなる。町内老人会拡声器放送くらいしかできない。学校でも無能

    平成11年   高等学校適当なことをやっていたり自慢していたり。

    平成12年   高等学校が何もできなくなったのでZ会予備校教育委託するようになった。

    平成13年   もう何もしていなかった。

    平成14年    トチ狂って一部の警官予備校に仕向けてやりたい放題だった。多くの若者が遊び呆ける中で、寮の椅子に座っていただけ。時々発狂

    平成15年~17年  何もやってなかった、というか、いなかった。

    平成19年       安倍晋三になってからやる気満々にやっていたら2ちゃんねるで猛攻撃を喰らって自殺

    平成20年~23年      もう諦めてばあさんになってどうでもいいことをやっていた。

    平成24年           警官になって復活しようと思い、暴走を開始、自分バカにした世代に襲い掛かる。禿散らかしてどうしていいか必死で考えていた。

    平成25年              栃木県の黒羽刑務所で暗躍。

    平成26年~29年         何もやっていなかった。

    平成30年              30代以上が終わったか若者を取って食う方針に転換して法学部で色々考えていた。

    令和元年~4年           手下の警官が殺されたり、東大卒の息子を事務次官殺害、 交番襲撃事件などがあってもなんとも思わずに逃げていた。

            もはやクズ

2022-05-15

大学就職予備校じゃないっていう奴いるけど

就職予備校でしょ。正論は伸びないか特に返信がなくて盛り上がらないのが残念。

2022-05-10


   日本人には数学ができないなどといって昭和のように学校先生教科書がないことの言い訳をしてんじゃねえよ貧乏クソ会社

    先生がいてテクニックトリックを習えばできる話だろ。言い訳クズ野郎が。20年前はそれに似たようなことをZ会やぺち見卓志がやっていたよ。

      今でも予備校に行ってる人はやってんだろうが。

から

美術先生とか

予備校講師かに優しくされとったな

お前のドローイング変態的だな!とか

いつでも絵見せにこいとかもっと描けとか言われた(ぼっちっぽいというのもあったかもしれんが)

これは才能があるからでは?と思って調子にのってたが

芸大落ちまくって今までのは幻想だったんや、、って思ってたが

キモイ変態に目をつけられて人生めちゃくちゃになったが

2022-05-09

anond:20220509213535

そんな不経済なことしないで予備校トップ講師の授業をオンラインで流せばええだけやぞ

これが出来ない理由マジで知りたい

2022-05-08


   お前は平成13年頃には予備校Z会子供勉強で遊ばせていたが全然勝てなかったから誰にも知られないところで働いていた誰にも知られていなかった悪人だろカス

anond:20220508103851

ねーよ。浪人して偏差値雑魚地方大学出身友達できず鬱々として留年、当然就活もザコ、塾業界就職するも激務薄給鬱病こどおじ化、こどおじ中に英語勉強してなんとか予備校講師として滑り込むも常に不安定だよまじで

弱者男が理解のある女と結婚しても、恥と感じてそれを口にしない

ワイ塾講師なんだけど、まあ塾とか予備校業界ってのは不器用で弱い男性流刑地みたいなところでね。弱者男性がわんさかいるんだわ。

そんな弱者男性たちだが、バリキャリ女性とか実家太いお嬢様結婚していることは少なくない。でも決して口には出さない。かくいうワイもそのうちの一人で、妻様は医者だが、弱い自分だけど強い妻と出会って〜というエピソードは完全に隠してるからね。もちろん予備校じゃ素性がバレてるけど、外の世界では家族のために働くお父さんって顔で生きてる。でも実際は住宅費、子供教育費、旅行代など金のかかる部分は完全に妻ありきだかんね。メンタル面でも妻に助けられてる部分は正直、大きい。

でもそんなの恥ずかしくてまず言わないからね。弱い男と見られるのが恥だから

そういう弱者男性は少なくないと思う。

村という逆境

 徳島文理からスタンフォード行った子が結局親金じゃないかと言われてることに関してツイッターを眺めていた。そしたらこういうツイート(メモ画像なので検索しても出ない)を見つけた。

人口1000人の村の子の「四国からスタンフォード行った人テレビで見て僕も交換留学行ってみようと思って!」という言葉を聞いたことがある身としては、彼女を持ち上げていた社会はきっと間違いじゃなかったと思っています。』

 これを見てうっかり過去記憶が開いてしまったので、思い出し自分語りをする。先に言っておくがオチはない。

 小学生の時に、私は親の都合で地方都市から学年人数1桁の小さな集落小学校転入して、1年で元の街に戻った。計画的滞在であり、長いキャンプのような経験だった。私は自閉傾向があり対人関係に失敗していることにも気づかない有様だったが、勉強で苦労したことはなかった。1桁人数の同級生の中で、私は「街から来た頭のいい変な子」であったのだろう。

 記憶にはないが、私は当時既に進学のイメージを持っていたはずだ。街の家から自転車通学範囲に父の通っていた中学高校があり、大学も近くにあった。

 一方で転入した集落中学校がある村の中心部から遠く、村には高校がないため隣の市にある高校に通うことになる。そこの大学進学率は高くない。県庁所在地進学校は遠い。長時間通学か下宿になるだろう。

 このような条件のため、村の多くの親にとって進学先は隣市の高校で、そのまま就職するか、専門学校に行くか、頭が良ければそこから地元国立に進学する、場合によってはより上位国立を狙い県外に行く子もいるだろう、というイメージだった。

 さて私の同級生には集落育ちで頭のいい子がいた。Aくんとしよう。Aくんは街から来た子と話しているうちに、中学から受験をして勉強する人たちの存在を知ってしまった。受験をする気がなかった私がなぜそんな話をしたか記憶にない。

 ここからは私が親から聞いた話で、聞いたのは街に帰る季節だった。そのできごとがいつ発生したのかは不明だ。

 Aくんは街にしかない中高一貫校に行きたいと言い出した。Aくんの親は困ってしまった。この希望にかかる経費はA家の計画より大きすぎたのだ。私の親は進学の難しさは勉強問題だけでないことを私に説明した。責めるニュアンスがあったかどうかは記憶にないが、私の情報が原因であったことは指摘された。少なくとも、街に住める私と生活基盤が集落しかないAくんの間には格差があること、私のもたらした情報がAくんと家族を苦しめたことは理解できた。私の家とAくんの家の経済状況はあまり変わらなかっただろうと思う。住むところが違うだけで選択肢が狭まるのだ。

 知らない方が幸せだったとは思わないが、しかしこの挫折はAくんにどう影響しただろうか。わからずじまいだった。

 街に戻った私はそれなりの治安公立から、今話題徳島文理のようないわゆる地方内名私立の一貫校に高校編入した。私立優位の地域であり、かつてAくんが希望した学校とは別だ。

 校則では原付運転禁止されていたが、私が滞在した村を含む、公共交通の貧弱な地域に住んでいる生徒は駅までの利用が許可されていた。仮にあの集落からなら、20kmほどの道のりを原付で通い、JRで1時間さらに乗り換えて学校に着く。私は自転車で30分だ。同級生の中にはさらに遠い地域出身中学の頃から親と一緒に部屋を借りている子もいた。Aくんが選べず、私には選ぶ必要がなかったルートだ。

 Aくんは地元高校に進んだと聞いた。その後のことは知らない。

 高校まではそのように地理条件に恵まれていた私だが、大学進学という全国での比較では、一転恵まれていない方になった。

 ここから大阪までは高速バスで5時間強かかる。東京夜行飛行機だ。隣県や都市に出てから乗り継がないと行けない地域も多い。地元国立大学はあまり偏差値が高くないので、高校ではもう少し上を目指す子がほとんどだった。メジャー分野なのに県内にない、あっても国公立ではない学部志望者も多かった。

 しかし県外進学には多額の費用がかかる。私は幸いにも県外進学ができたが、優秀でも地元国立に進学するケースも多かった。

 そういう地域格差はまあ、ネット上でよく語られるとおりである

 私は中学生あたりから持病を発症し、勉強も含め様々なことを人並みにこなすことが難しくなったが、身体が許す範囲で学び、大学に入り就職氷河期の終わりに正社員の職に滑り込むことができた。薬でQOL改善したのは就職してだいぶ後、ここ数年の話だ。もし就活大学生、高校生の頃にこの薬があればと思うことがやはりある

自分語りなので、この話にオチはない。

 私が下層から成り上がりブランディングしたければネタに使えそうな人生を送った中学同級生もいるが、そんなことに他人の苦労を使うものではない。ただそういう公立から高校に進学して感じた格差は大きかったし、大学に入ってからの友人は様々な出身から来ていて、親との関係健康状態経済状況も様々だった。観察さえすれば、多様性はいつでも目の前にある。

 私はどれほど恵まれている/逆境にあるか。

 間違いなく居住地条件でAくんより恵まれていた。これは格差問題を考える時の私のスタート地点だ。一方で都市に住む同い年の子と比べたら、この県にいることは逆境だった。予備校に行く資力はなかったが、私学には通えた。家に借金取りは来なかった。病は珍しい逆境だろう。しかごまかしながらやっていける知能を持てたことは間違いなく運がよかった。実力も運のうち、全くその通りだ。こんな絡みまくった要素から実力や努力を拾い出すなんて不可能だ。

 私の卒業した高校は、経済的な事情寄付金を原資とした学費減免措置を受ける生徒が多い。私のところにも時々寄付催促の振込用紙が来る。出せるのは雀の涙だ。

 後輩達はその高校に入れるだけで十分恵まれていて、彼らへの支援メリトクラシーに基づいているとも言える。しかし多くの卒業生が何らかの形で都会で得たもの還流する行動は間違いなく県域底上げに役立っている。いや私は個人主義者なので彼らが共同体を離れ外に行くこと自体を歓迎すべきだ。いや普段寄付対象であるフードバンクの方がもっと意義がある支援だ、とか、まあいろんなことを考える。


 みんなそれぞれの逆境を生きている、と言ってしまうのは安易相対主義だ。しかしどの逆境にも支援必要だ。

 1つの回答として、私はここ数年、ある種の逆境にある人に対する金銭時間の集中的な支援をしている。

 ノブレスブリージュは階層社会気持ちよく生きるためのごまかしにすぎないとも思う。自主的やらせていては十分な再分配はできない。それでも自分には他人逆境に対してできることがある。どのような経過を辿ったにせよ、今動く身体があり、さらに職まであることは、今この瞬間そうでない人より恵まれている部分だ。



 いや、こんなのは全部ごましかもしれない。

 私がAくんに希望を持たせて傷つけてしまたことに関する身勝手自己保身の欲求があり、1000人の村の子希望を持ったという話に勝手に重ねている。

 あれからもうずっと少子化傾向を続けた結果、彼らには私達の頃より多くの社会リソースが割かれるようになっているだろうと信じたい。

2022-05-06

anond:20220506172928

大学就職予備校でないから実利主義的な能力証明なんか必要ないし

そもそも教員側も実利主義的な能力なんかないか就職せず象牙の塔にこもってるんやからそんなことできんやろ

anond:20220506145705

学校教育教員雇用対策として役に立ってるんやで

就職予備校職業訓練ではないか仕事スキルとして役に立つわけがないんやで

2022-05-05


   ファジー数学のぺち見は、当時は、テクニックトリックで鳴らしていて予備校で人気あったが実際に講義で扱ってた問題が大してすごいものではなかった

     ぺち見の時代問題点は一番難しい奴を一切教えなかったこ

2022-05-04

https://anond.hatelabo.jp/20220504154822


   法学部で学ぶことは単に幾何学問題と同じように問題に技巧をして重要点を発見歓喜にいたることだけ。それをすることが法学部で学ぶ

     最大の喜びである。  理学部数学科に行って同じことをしてもよいのである

   ただし法学部でそういうことができるのは開成高校灘高校幾何に関する演習をしてから法学部に進学してこないと困難で

     あまり有名ではないところの高校とか予備校からの進学者では法学部で学ぶことは難しい。

2022-05-03

anond:20220503162714


   俺は東大生とき白山松屋とかで毎日のように牛丼を食べていたし、東大本郷赤門ラーメンとかも食べていた。幼少時から

     ケンタッキーとかカレーとかが流行っていたし、祖母のきよ子から毎日のようにカレーを食べさせられていた。平成14年に北予備

    受験生時代は、吉野家とか、予備校近くのラーメン屋にいりびたっていた。

       いわば俺が平成で一番醜い姿をしていたといえよう。つまりどんな汚いものだろうが食べるものは全部食べたという感じだが、

   栃木のあそこにいって出てきてから何も食わなくなった

2022-04-29


   わたくしは特に数学のような対象のことばかりを考える変質狂ではありませんし、特に幾何学のことばかり考えるなどという変な趣味もありませんので

    幾何学のような難しい問題に関して何でも解けるわけでもなく、数学の中にはとんでもないバケモノもありますのでそういう問題がお手上げということです。

    しか学生時代から整数論とか不等式は少ししておりましたのでそれに関する芸術は多少ありますがいずれにしても

      世界中でもほとんど解けないようなものはどうにもならない。

     最近東京大学京都大学問題等も色々見ておりますが、芸術観点から価値があるかどうかについて色々考えていますがあまり論評する気が起きないというのが

   現実です。

     まあ予備校先生が模範解答を作成できている以上、大した問題ではないと思う。

2022-04-27

anond:20220427175332

予備校講師って、質問室でJK相談に乗ったり

まれチヤホヤされるあれだろ?


アホらしくて主夫なんかできないよな

弱者男性扶養バイト主夫になる方法

大手結婚相談所に入ろう

マッチングアプリパーティーも行ったが、結婚相手を探す一番の近道は結婚相談所である個人経営のところ、地元自治体から委託を受けてるようなところは駄目。ゼク◯ィのように全国展開してる大手格安年収条件のない結婚相談所に入ること。「女性側の居住地に転居可。女性側の転勤に合わせた生活可能」とプロフに書き、遠方の女にもアプローチする。

非正規フリーランスを名乗れ

アルバイト体裁が悪い。男性年収を気にしない女性でも目的意識のないフリーターは嫌という人が多い。

俺は予備校講師アルバイトだったが、相談登録前に副業オンライン家庭教師仕事を始めた。収入ほとんど変わってないが「非常勤予備校講師をしつつフリーランス教育関係仕事をしてます」とプロフに書ける。

35歳前後が狙い目

結婚相談所では女で32歳越えるとお見合いが減るため、32歳以上が狙い目である40歳を越えると子どもを諦めてる女性も多く、その場合主夫を養うメリットがないため厳しい。

自身子どもが欲しかったので33歳~38歳の女性アプローチをしていた。32歳以下でもバツイチシングルマザー、太っているなどのマイナス要因がある場合積極的アプローチした。

婚活時間お金を作る

お見合いは断られるのが普通。ひたすら数をこなすこと。週に3、4件はアポデートを入れて豆に連絡をする。初回お見合い費用男性の奢りというマナーがある。初回お茶代と交通費だけでも弱者男性にとってはキツいが必要な軍資金。ちなみに俺は2回目からは割勘にしてた。

結婚相談所には仮交際というシステムがある。仮交際は、同時に複数の異性と交際する期間。仮交際から真剣交際に進むときは、本命以外と別れるシステム

交際中の相手複数の異性と同時進行してるので、すぐに切られることを想定して複数人とデートしたりお見合い入れないといけない。忙しい。

主夫を目指して婚活するなら仕事が忙しい女性に合わせることが大事仕事が忙しくて婚活が続かず婚期を逃した女性も多い。

彼女残業でいつ終わるか分からないって時は彼女会社の近くまで行って「カフェ勉強しながら待ってるよ」くらいの献身をしないといけない。

専門職公務員より大手企業総合職国家公務員

男性側に主夫希望公言する女性は少ないため、その素質がある人を見極めてお見合いアポを取る。看護師薬剤師は意外と難しい。なぜから彼女たちは結婚出産で離職しても簡単再就職でき、資格を生かして柔軟な

働き方ができるため、男性側が仕事をやめることを求めない場合が多い。地方公務員のように女性が働きやす職場も同様である

そこで「民間企業総合職で忙しく働き、子どもを強く希望している女性」が狙い目である

長期に育休が取りにくい、時短勤務や子どもの都合で休みにくい、休んだら昇進に響く、転勤があるなどのキャリア女性の方が主夫を求めている。転勤ありの国家公務員総合職なども良い。

「僕が仕事制限しながら子育てをやるのはどうだろうか。そうしたら保育所が見つからなくても産後すぐに復帰できるし、保育園から呼び出されても僕が対応する。子どもの転勤があるならついていける。仕事を続けやすいように名字を君に合わせても良い。予備校家庭教師仕事は好きだがキャリアにこだわりはない。料理家事も好き。他人の子どもより自分の子もの教育に関わりたい。家計を助ける範囲バイトをしながら育児家事をやる。」みたいな感じでアプローチした。

相手メリット提示すること

結婚等価交換原理で成立している。自分主夫になるメリット相手提示すること。そのメリットを求めてる女性を見つけることが重要である

2022-04-21

読み終わった詩集と、非BL小説とか。

『あの人ひとりがこの世のすべてだった頃』(ナ・テジュ)

ナ・テジュとは。

 元小学校教師作家詩人詩集『花を見るように君を見る』が人気ドラマの中で使用されたり、BTSの誰だったか愛読書として紹介されたとかで大ヒット。現代若者に人気なので当人もお若いのかと思いきや、1945年まれである

増田感想

 普段、詩はあまり読まないのだが、何がきっかけか忘れたけど数年前に「韓国はいいぞ!」とネットで読んだことを思い出した、ちょうどその時にこの詩集が目に留まったので、読んでみた。

 前半は初々しい恋愛の歌が多く、青春ですなあ! って感じだが、しだいにああ人生! って感じの愁いのある詩が増えていく。一人の少年が成長し大人になっていくのを見守った気分。一番最初の「草花」なんてピュアほわほわしてるが、終盤の「冬の恋歌」なんてガッツリ大人の恋……だいぶ踏み込んでる感じの……。

 「道を掃きながら」「新しい道」は道がキーワードになっているからか道教とか儒教みがあり……日本にも渡来根付いている思想な訳だが、自分自身にはあまり馴染みがない。そのため、近くて遠い隣の国ではどのように受け止められてるんだろうなあ、と思いを馳せたりとか。詩以前に、韓国文化全体を私は何も知らないんだよなあ。

 日本の伝統的な詩である和歌のことだってよく知らないのに、韓国詩を読んで私はどこまで理解共感出来ているのだろうか。これを機にも少し韓国文化を知ろうと思った。

 「韓国はいいぞ!」とネットで読んだ時に、試しにネット上に載ってるハングルで書かれた詩(尹東柱だったかなあ)をぐーぐる翻訳にかけて音声で聴いてみたところ、まるで花びらや木葉螺旋を描いて舞い落ちるかのように韻を踏んでいたので、いいのかどうかは知らないがすごいなと思った。ナ・テジュの詩も韓国語で聴く日本語で読むのとはまた違った趣があるのだろうか?

 装幀も挿し絵も綺麗でかわいい自然を詠んだ歌が多いので、挿し絵も自然風景が多いのだが、時々街の風景画もある。韓国映画で見たことのある建物のあの感じ。飾り気がなくてちょっと陰と侘しさのある佇まいに異国を感じる。


『紺極まる』(長野まゆみ



あらすじ

 予備校講師川野は突然妻に三くだり半を突き付けられた。独り身となった川野は安い部屋をネットで探して仮契約し、前金も払い込んだ。ところが、荷物を持って新居に行ってみると、そこには先住者がいた。

 先住者である学生によれば、その部屋は彼の祖父の持ち物で縁故者にしかさないのだという。明らかに詐欺に遭った川野をにべもなく締め出そうとする学生・真木敦。意地になった川野は粘り倒して真木の部屋にルームシェアという体で居座った。

 しばらくしたら自分で新たに部屋を探して出て行く約束だったが、川野は意外と住み心地のいい真木の部屋に、ついずるずると長居をしてしまう。



増田感想

 同作者の短編集『鳩の栖』収録の『紺碧』『紺一点』の続編。『鳩の栖』を先月か先々月に読んだので手に取ってみたのだが、あれっ、こんな話だったっけ? 読んだ本の内容をすぐに忘れてしまう性分をまた発揮してしまたかと思ったが、主人公川野同居人・真木が『鳩の栖』ではまだ中学生だったのが、本作では高校卒業して浪人生になっていたので、キャラストーリー雰囲気が違って見えて混乱しただけのようだ。

 実際、今となっては『鳩の栖』の方はどんな話だったか忘れてしまったのだが……真木よりは真木の親友・浦里の方がメインだったような気がしたけど、違っただろうか。

 物語は新キャラであり主人公である川野視点で進んでいくのだけど、内容は真木観察日記みたいな感じ。真木が親友の浦里に片恋慕している様を温かく見守る的な。川野個人にも過去エピソードがあったりして一応個性があるのに、主人公にしては存在空気に近い。少年漫画にたまにいる、語り手ではあるが主人公ではないキャラみたいな。たとえば『シャーマンキング』のまん太くらいの存在感。

 途中から登場する真木の兄・真木寧のインパクトがすごい。真木寧イケメン描写がめちゃ詳細で納得感がありまくる。長野ワールドイケメンは、顔貌の良さ以上に肉体美や立ち居振る舞いの優雅さや無駄のなさで表される。凄すぎて川野存在感が一層霞んだ。そんな真木寧が、川野大人責任として弟・敦の相手をしてやれと迫る。現実にはないクレイジー価値観だ。

 普段は「外商御回し」と揶揄されるくそダサとっちゃん坊やスタイルを貫く真木が歳なりの服装をした途端、がっついてくる肉食系女子川野対話が、さもしくて印象に残った。耽美とさもしさの絶妙バランスがいい。

 同時収録の『五月の鯉』『此の花咲く哉』は真木と浦里の高校時代の話なので川野の出番0。ほんとうに、主人公の癖に川野って一体なんだったんだ……。真木寧の恋人行司文崇登場。真木寧のインパクトも凄かったけど行司文崇もだいぶパンチが利いたキャラだった。美味しいとこ総取りカップルおそるべし。

 まあなんだかんだ、真木と浦里がハッピーエンドっぽくてよかったです。




その他。

 『石橋防衛隊個人)』(ウノハナ)をpixivで試し読み。表紙がカッコいいが、絵柄が二十年前っぽい雰囲気だなあ。商業BLにはこういう懐かしい画風がいまでも普通に残っている。ストーリー面白そう。けど某大ネタならもっと筋肉盛った暑苦しい絵柄で見たい気もする。

 でも買って読みたい候補に入れておこう。と思ったが、今月末には推し雑誌Canna』が発売されるし、使えるお小遣いが限りあって新規開拓は無理そうなことに気づいた。かなしい!

 

2022-04-19

吉野家発言

真実だと思う。

東京特性をしごく的確に表している。

見事である

自分予備校時代上京

早稲田宗教学生に絡まれ

人生も家庭も失った。

しかし、やつらは何の処分もされてはいない。

それは宗教政権に近いかである

そう言う特性は、ブラック企業派遣労働

受け継がれ変わる事はないと言う事だ。

2022-04-16

浪人生時代自分を支えてくれたモノ

予備校へ向かう電車から見えたパの文字が消えたパチンコ屋のネオン看板

5年ぶりにその看板を見たらちゃんとパの字が修理されていた

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん