「欲求」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 欲求とは

2021-08-01

anond:20210801155036

報酬系とは、インセンティブ顕現性、連合学習ポジティブ感情、とりわけ喜びの中核を司る神経回路のグループである報酬とは、魅力的でモチベーショナルな行動を誘発する刺激であり、欲求行動、完遂行動を誘発するものである

2021-07-31

声優不倫報道への女性陣による擁護気持ち悪い。

・彼は昔からそういう人だ

・彼なら不倫をやると思っていた

・そういう事を理解しないで結婚するな

と、彼を理解してる自分アピに余念がなく、機会があれば自分もその声優とお付き合いしたい欲求漏れまくり気持ち悪い。

ちなみに男性陣は配偶者心配をしている人が多かった印象。

https://anond.hatelabo.jp/20210730221151

多くの腐女子ヘテロセクシュアルなので男性性的表現の方が好まれるのは当然。

受け攻めはまさに既存の「支配する性」と「支配される性」という旧来の構図のコピー

さら腐女子が好きなのは一般的「受け」キャラクターだとされる。

まり旧来の男女間を持ったまま好きなキャラ支配する側に回りたい

支配する性である男性支配できるのは更に強い男性しかないので男性同士の行為という表現が選ばれる。

腐女子はそういった自らの中にある「社会規範にそぐわない欲求」と「社会規範に執着する意志」の葛藤からまれ存在

自分達の存在卑下したり隠そうとするのもそういったところに由来している。

2021-07-29

オリンピック祖父葬儀について

オリンピック開会式が終わり、日々オリンピック関係者感染者が増えていて、心の底からがっかりし続けている。

この気持ち理由を紐解くと、ごくごく個人的ことながら、祖父葬儀に出席できなかったことが根底にあるように思う。

私の祖父は初夏に旅だった。

しかし、私はエンタメ業界の末席におるサラリーマンであり、業界の状況的にも、とてもじゃないが葬儀に参列させて欲しいとは言えなかった。

勿論、本心では葬儀に参列したかったが、仕事柄、舞台の上に立てないと存在欲求が満たされず、地から足が浮く人たちが存在すると知っているし、

フリーランスの人たちが、肩書となれるような大きな仕事の有無によって生涯年収が左右されることも理解しているつもり。

からこそ、オリンピックアスリート達が報われるような大舞台、そして納得行く結果が出せると良いねと思い、

少しでも感染状況を押さえる事で晴れ晴れしい状況に繋げられるのであればと、個人感情に蓋をしたのだった。


しかし結果として、日々増え続ける関係者感染、そして各パート孤立して文脈のない開会式


私は祖父葬儀に参列できなかったのも、残された高齢者達への感染防止のためと思えば当然だと思うし、結果的に正しい行為をしたと思う。

しかし、この、心に小骨が刺さったような気分は、抑えられた感染状況、そして素晴らしい開会式の力で昇華されると信じていたのだ。

舞台上の選手達には、おめでとう、良い舞台にたててよかったね、と感じはするが、

しかしながら、現状の感染状況は悲観的な状況だし、開会式の内容と照らし合わせると空虚に感じる。

冷静に考えれば、なるべくしてなった結果でしかないが、オリンピックは、もっと盲目にしてくれる力があると思っていたのにな。

一生に一度の祖父葬儀と引き換えに欲しかった内容ではないなと、非常に残念な思いで夏が始まり、終わりそう。

anond:20210729104227

地獄のようなトラバを見てなんとなく思ったこと。

BLしろ(男性向け)エロゲしろ、それぞれの「性嫌悪」と性欲の相反する欲求妥協点にあるものだと思ってるんだけど、男性場合は「性嫌悪」を表明する自由がなく、一方で女性場合は性欲を表明する自由がないという部分があり、そういう社会性の内面化次第で拗らせ方が変わってくるんだろうなと思う。

(「処女厨」とか「ロリコン」とか、もっと言うと「二次元」っていうのは、まさに男性の「性嫌悪」を上手く包み込んでくれる土台だろう。)

なんか、ネットじゃ「性嫌悪は悪」っていう風潮が強いけど、悪は「性嫌悪が、他者セクシュアリティ迫害に結びつくこと」であって、むしろ性嫌悪からこそ、アブノーマルと呼ばれるセクシュアリティ尊重できる」人の方が多いと思うし、それは別に悪いことではないだろう。ただ、後者のような人が「自分自身性嫌悪」に気づいていないだけで。


やっぱり「自分自身性嫌悪」を指摘されると錯乱する男性オタクというのは少なくないんだろうな。(それはちょうど性欲を指摘されると錯乱する女性オタク対照的。)

よく読んでいただければ、私が男性オタクを叩いているのではなく、むしろ逆だということに気づいてもらえるはずなのだが。

知能や精神状態問題がある人の錯乱した様子を指して、「これが奴らの正体!」みたいに吹聴するのは、自分がまともだという自覚のある人はやめた方がいいと思う。

anond:20210729143240

「わかりました、女性性的欲求男性とは全く違うものとして考えます

 ↓

女性がいないことにされている!」

2021-07-28

anond:20210728091807

女って綺麗でかわいいけど、

もしもまんこがなかったら、というか性的欲求の解消先でなかったらどうなってたかな。

猫や白鳥が的なかわいさ綺麗さだけを持っていて、ちんぽに響くものは何もない。

その時僕たち男は女をどう扱うのだろうか。

ツイッター彼氏ゲイアカウントを見てしまった

気持ちを整理するために吐き出します。差別的意図はまったくありません。


 タイトルの通り、ツイッター彼氏ゲイアカウントを見てしまった。

 ちなみに私は心身共に女として生まれ育ち、男性恋愛対象としている。

 彼とは付き合って半年になる。

 一年下の後輩で、話していて面白いし、一緒にいて落ち着く。恋愛対象としてと言うよりも、一人の人間として好きになった。

 自分意見をあまり主張せず、その場の空気を読んで他人さりげなく合わせる。そんな姿を見て、この人に我儘を言わせてあげたい、この人をめちゃくちゃに幸せにしたい、と心から恋愛感情を抜きにして、そう思った。

 それくらい彼という人間が好きだった。

 一緒に仕事をするようになってから、日々の業務他愛のない会話を通じて、もっと彼のことを知りたいと思った。

 そして、徐々に休日に遊ぶことや、お互いの家でご飯を食べたり、私が彼の家に泊まったりすることも増えていった。

 もちろん、彼とセックスしたことはないし、キスすらしていなかった。

 周りからは、いつ付き合うのか、もう付き合っているのか、と頻繁に聞かれた。

 その頃には彼のことを一人の男性としても好きになっていたし、彼女になりたい、触れたい、触れられたい、と思うようになっていた。

 いくら楽しく遊んでも、いくら彼と同じベッドで寝ても、出会たころには言わなかったような我儘が少しずつ彼から出始めても、彼は私に恋愛としての「好き」は言わなかったし、手も出してくれなかった。

 ただ、おそらく先輩としてのであろう「好き」は言われることがあった。その度に苦しくなった。

 そして、職場での異動を目前にして、彼に今後どういう関係でいたいのかを聞いてみた。

 深夜、ドライブをしていた時だった。

 彼からは、今まで通り仲良くしたい。人として好きだが、付き合うことはできないと言われた。

 彼がバイであり、叶わないと分かっているが、気になる男性がいることも打ち明けられた。

 私はその答えが受け入れられなくて、人として好きだと思ってくれているのなら、私と付き合ってほしい、あなた彼女という肩書きがほしい、と食い下がった。本当に自分のことしか考えていなかったと思う。

 結果、彼とはお付き合いを始めることとなった。

 彼氏彼女になってからは、本当に楽しかった。

 デートをして、お互いの家にお泊まりをして、以前より遠慮なく彼に触れることができる。ハグもしたし、一度だけ、キスもした。

 付き合う前よりも距離感が縮まった気がしていたし、彼も楽しんでくれていたと思う。

 でも、彼は自分のことをバイだと言ったが、本当はゲイなのではないか。本当は女である私に触れられたり、甘えられたりするのが嫌なのではないか。私の好意は鬱陶しがられているのではないか。無理をさせているのではないか。そんなことばかり頭の中でぐるぐると考えていた。

 自業自得だと思う。けれど、それでも彼と一緒にいたかった。

 聞きたいけれど、聞けなかった。聞く勇気が私にはなかった。

 そして昨日、ツイッターで彼のゲイアカウントを見つけてしまった。気持ち悪いだとか、彼がゲイであることにマイナス感情は一切ない。

 彼の本心が知りたくて、ツイートを見てしまった。

 私のことをどう思っているのか、知りたかった。

 彼は、アプリ掲示板男性と会って、デートセックスをしているようだった。

 職場男性や、街で見かけた男性への好意的な言葉。ただただ素直に吐き出される欲求

 そこに私への感情は一切なかった。「彼女」の存在はあるが、それに対する好意はおろか、嫌悪言葉すらなかった。



 今、私は悲しいのか、怒っているのか、分からない。どうしたらいいのか分からない。

 彼が少なからず私のことを好きでいてくれたら、キスができなくても、セックスができなくても、それでいいと思っていた。

 ただただ、分からなくなった。

 一緒にいて楽しそうに笑う彼も、私の何気ない一言に大笑いしてくれる彼も、眠っていると無意識にくっついてくる彼も、何が本心なのか分からない。

 それでも、私は彼にツイッターのことは聞かないし、これからも一番聞きたいことは聞けないのだと思う。

 きっと聞いてしまうと、この関係は終わってしまう。

 苦しくても、まだ私は彼のそばにいたい。

ネットをやって、モテないことが男にとって大きな苦しみだと知った

私はモテない女だが、それを大して苦しいと感じたことは無い。ただ「モテない」ということに、特に実害は無いから。

しかし、男にとってはこれは結構な苦しみだと知った。ネットで騒ぐような奴は元々そういう奴であって、男にも私のような人もたくさんいる、むしろ多数派だと一度は思ったが、そうでも無い。童貞エロ漫画家も、壁打ち愚痴垢も、みな何かしらの形で「女」を求めていた。女に愛されることを。許されることを。認められることを。それはきっと、単なる「性欲」では片付けられない、より根源的な欲求だった。性欲は金で満たせるが、その欲求はきっと、金でも満たせないのだろう。

男の「モテない」はおそらくとても苦しいことなのだ。生物として、そういう風にデザインされているのだ。辛いことだと思う。しかも、ただセックスするだけではこの「モテない」はなかなか卒業出来ないのだろう。つらい。

2021-07-27

anond:20210727142016

「謝るくらいならやるな」奴!!

140文字で詫きれないような事をするな

許す責任から逃げ、相手が何をしようとも叱る、支配欲求権化

雑誌映画秘宝』の記憶(59)

 健康がすぐれないので、この投稿は短めです。

 小山田圭吾障害者虐待に関して執筆されたQuick Japan(QJ)やRockin' On(RO)の記事、そして北尾修一によって発表された村上清と小山田圭吾擁護するブログ記事を読んで、改めて感じたのは「自分たち(=サブカル業界人)の欲求愉悦のためには、他者尊厳を踏み躙ること、他者負担を負わせることを何とも思わない」と云う、昔も今も変わらないサブカル業界人自己中心的な体質です。そして、この体質は、町山智浩旧体制映画秘宝』と瓜二つです。

 件のQJ連載記事いじめ紀行』の中で村上清は「イジメエンターテイメントだ!」と明言しました。それが本当ならば、村上清は何故、彼自身イジメ加害者取材しなかったのでしょうか?何故、村上清は、彼自身イジメ加害者を探し出し、彼(ら)を取材して、村上イジメた時に加害者(ら)が覚えたであろう興奮や愉悦、或いは村上自身が舐めた辛酸屈辱感について、詳細にレポートしなかったのでしょうか?何故、村上清は加害者(ら)と「アレはヤバかったよね(笑)」と、いじめトークで盛り上がらなかったのでしょうか?村上清が言う「救いが無いことも含めて、イジメエンターテイメントだ!」と云う主張が本物ならば、村上にはそれが出来たはずです。

 もちろん、村上清がそれをしなかった/出来なかった理由は分かりきっています。本当は「村上清にとってイジメは、決してエンターテイメントではなかった」からです。記事執筆した当時の村上清は、彼自身イジメ加害者に対して、依然として恐怖感や忌避感を抱いていたのです。

 本当は村上清は、彼自身イジメ加害者リベンジたかったが、それは村上には出来なかったのです。本当の加害者へのリベンジが出来ないことは、村上清にとって大いなる屈辱であり、劣等感の源でした。その代償行為として『いじめ紀行』を執筆し、それを通じて仮想的に加害者となることで、被害者としての屈辱感を解消しようとしたのです。

 この村上清の行動は、見れば見るほど町山智浩旧体制映画秘宝』と瓜二つです。

 小山田圭吾に対する世間批判が高まった後、町山智浩Twitterで「悪趣味鬼畜カルチャー原動力は、電通ホイチョイフジテレビ的なカルチャーへの対抗心だった」と云う主旨の発言を行いました。また町山智浩だけでなく、旧体制映画秘宝』全体が、ジョックス(米国スクールカーストで上位である体育会系)に対する怒りと憎悪を撒き散らしていたことは周知の事実です。

 では町山智浩らは、その電通ホイチョイフジテレビジョックスに対して復讐したでしょうか?していません。町山智浩らの怒りや憎悪を向ける本来相手である電通ホイチョイフジテレビジョックスには町山らの力では敵わないから、その鬱憤を晴らす代償行為として、女性同性愛者やアニメ愛好者を攻撃して、憂さ晴らしをしていたのです。或いは『映画秘宝』内部のカースト下位の人間(ギンティ小林等)に対してパワハライジメをして、いじめ加害者としての立場を楽しんでいたのです。

 そして、町山智浩による筋違い鬱憤晴らしは、今なお止むこと無く続いています現在町山智浩は、女性差別蔑視発言同性愛差別蔑視発言を繰り返しています

 このように比較することで、悪趣味鬼畜系であろうがなかろうが、また90年代から変わることな現在も、サブカル業界人たちは、恨み(?)を晴らすべき本来相手に敵わないが故に、その鬱憤を晴らすために「弱そう/反撃してこなさそうな相手」を選んで攻撃している卑怯者たちであることが理解できると思います

 この投稿は、以上です。

    クソみたいなくだらんことをいうなという文化は、昭和天皇戦後30年の時代に偉い学者が本当に学問をやっており、学術書において

    美しさ先取りありきで研究しまくり、自分で考えたかその学者天才か頭がいいかは別として、エレガントなものは全部欲しいという欲求

    研究した結果である

       数学研究は、初等分野では生産性がないから、昭和時代の初等分野における結果はあまり明らかにされてないが現代数学など高等分野で

  得るものを得るぞという考えが現在理学部数学科に現れている

    法学政治学に関しては理論自体全然エレガントではなく恥ずかしいので社会の結果で理系に勝とうとした

      昭和時代の在りし日の学者に比べるとお前はくだらん

      

2021-07-26

anond:20210726233700

糖質には詳しくないがルックバック的といえばそうだな

被害妄想八つ当たり五輪攻撃して加害欲求すら正当化してるから

なんで俺はオリパラ反対派なんだろうと考えてみましたが

俺が反出生主義者で且つ常に希死念慮をもっているからかもしれないという考えに至りました

オリパラ賛成派、特に、出場する選手たちは、何年も前からこれを目標努力してきて、こんな時勢にあっても、お偉方が周囲を焦土にしてまで用意してくれた舞台があるなら、遺族や被害者ボコボコに殴られてでも、遺族や被害者ボコボコに殴ってでも、それでも自分の夢を叶えたいという、恐ろしいまでに強い欲求があるわけでしょう?

俺は、スポーツだけでなく、何に対しても、そんなに狂気じみた欲求を持ったことはないんですよ

たとえば街で楽器演奏している人が居て、いいなあ、俺もこんなふうに演奏できたら素敵だろうなあと思い、楽器の値段や演奏法やその練習法を調べて、それを習得するのに必要コストを知ると、「や、そこまでしてまでやりたくはないなあ」と思い、そこで終わるんです

で、だいたいの趣味とか娯楽って、何かに金を払って、自分努力して、それで初めて愉しみを得られるわけじゃないですか

さらにいうと、生活をするにあたってこなさねばならないタスク家事、勤労、納税教育睡眠食事、排泄、…にも同じことがいえて、やはり何かに金を払って、自分努力して、それで初めて暮らせるわけですよね

そこまでしてまで生きたくはないんですよ

俺がいま生きているのは、昔から母親に強く言われ続けている「私より先に死んだら地獄行きやで」の言がこびりついてしまっているからで、いずれ母が死んで一周忌も済んだらいよいよ死ぬんだろうなあと思っています

逆に、皆さんはなんで生きてるんですか?

三代欲求満たしまくり

職場で昼飯食った後オナって昼寝したらめちゃくちゃいい気分になってて仕事頑張れそう。

お前らも試してみろよ。

anond:20200821203151

ほんとこれ。

もはや「安易自分欲求を満たせるもの」に飛びつくという病気

多分、これまでの人生で何か意味のあることで達成感とか得たことが無いんだろうな、と思う。

anond:20210725153357

支配欲求はあらゆる動物の根源的な欲求であるから正義派の連中の理性というお題目本能を押さえつける横暴さに耐えかね、しか正義を掲げてる相手に表立って反抗することもできない。

から正義を密かに重宝してたって訳か。

正義側が大義の下に集団リンチ支配欲を発散させている様をみると、皮肉なところがあるな…

2021-07-25

anond:20210725094317

衰退しているという現状を受け入れることから始めないと解決もできないので。

日本は素晴らしい=このままでいいになってしまうから、衰退している証拠提示したいという欲求が強い。

anond:20210724145927

オジサンと突き合おう👊

拳を振り上げるポーズは、最近典型的DV野郎仕草として有名になった。

汚い加害欲求他人を巻き込むな。

気持ち悪い。

インターネットぶつかりおじさん、やめなさい👮

2021-07-24

anond:20210724181632

こういう感じを出して悦に入りたいタイプの人っているんだよな。どういう欲求なんだろうなこれは。

2021-07-23

anond:20210723232948

作品批評コンテンツなのでどんな主張しようがいいんだけど

誰かの行動に過分な提言支配をしたいという欲求のわりに

身の程に合ってないなんか古めかしいオッサンたちがいっぱい湧いてたなーみたいな総合的印象

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん