「自然消滅」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自然消滅とは

2022-06-30

anond:20220630161853

こういう現実見てないヤツてなんなんだろうな・・・

解散リストの内訳は、グループ同士の合体や個人離脱自然消滅も多いが。

解散させられたグループが星の数ほどある?

現実を見てないヤツ「なんなんだろうな」

知るかよ。自分に聞け。

2022-06-17

振り返ると私にしては甘酸っぱい思い出がたくさんあった

平凡な会社員として30半ばを過ぎて、この先人生イベント特に恋愛関係の甘酸っぱいイベントが発生しないだろうことを考えて、ちょっと早いが人生恋愛決算として、思い出をまとめることにした。

私の配偶者は男女交友について保守的で、恋愛経験やその前段階のアプローチすら少なければ少ない方が良いと思っているようなので、私の思い出を聞いても喜ばないだろうから、ここに書くことにした。

小学校高学年:

姉の友達から頻繁に遊びに誘われた。バレンタインチョコレートも貰った。私が部活に入って遊ぶ時間がなくなったし、何よりまだ子供なので恋愛とかはなかった。

高校1年夏:

異性のクラスメイトからダブルデートに誘われてアイスクリーム屋やなぜかうどん屋に行ったり、携帯電話写真を撮られたりした。

当時、写真撮影すると芸能人の誰に似ているか教えてくれるウェブサービスがあったそうで、それによると私は柴咲コウだか長澤まさみだか、女性芸能人と似ているという判定で、それをやたらとイジラレた。

誘われるまま秋ごろまで続いたが、頻度が減りやがて自然消滅

高校2年春:

前年から部活の一部メンバーで男女混合で映画館などへ出かけることがあった。その中の先輩を一対一のデートに誘ったが断られて玉砕

高校2年秋:

文化祭の日、部活同級生から、激しく緊張した表情で図書館裏に呼び出された。

告白してくるのか?)と思ったら、案の定付き合ってくれと頭を下げられる。私はその子のことを好きではなく、ヒステリックなところがむしろ嫌だったので断った。

高校2年秋:

校内の球技大会で、競技が終わると、20メートルほど離れた応援場所から部活部長同級生、異性)が突然近寄ってきて背中をさすってくる。何かと思えば、「体操服が汚れてる…」。

私の体操服は汗と土で泥のような汚れがついていた。それを払うために、わざわざ一人で歩いてきてくれたのだった。

湿っていて汚いので私自身でさえあまり触りたくなかった。泥のような汚れなので払ったところで落ちるはずもないのだが、ともかく部長素手で払おうとするので、部長の手の方も汚れてしまった。

部長が汚れに気がついたということは、部長が私を見ていたということだし、汚れを払ってくれている間も周囲には沢山の生徒がいて彼らからも見られている。また、部長が私の汚れを払ってくれる理由は、私に見苦しくない格好をしてほしいという思いなのだろうが、どうして部長が私に対してそんなことを思うのだろうか、と考えて妙にドキドキしながら、されるがままに汚れを払ってもらっていた。

部長はかなりの美人だ。あれ程の美人は、リアルでは芸能人を除いて見たことがない。後年、こりん星とか言ってた時代小倉優子たまたま新橋で見かけたことがあって(何かの撮影中だった)、リアルで見るとそのスタイルも顔も明らかに常人とは違うので驚いたものだが、部長はそのとき小倉優子の次に美人だと思う。

また、高校生の時には美人でも歳を取ると崩れてしま女性は多いが、大学卒業後に会ったときも、その後30近くになって部活同級生経由で写真を見たときも、相変わらず美人だった。

背中の汚れは結局落ちなかったが手が汚れたので二人で手洗い場で手を洗った。何を話したかは覚えてない。

しか翌日くらいに(これはひょっとして行けるか?)という考えが頭をよぎったが、冷静に考えると釣り合わないのでアプローチはしなかった。

バレンタインデーには毎年義理チョコを貰っていた。主に女子友達に配っていたようだが、私以外の男子に渡しているところは見ていない、が、明るく優しく交友関係が広い子だったので、渡していたと思う。

今は部長高校教師をしているらしい。文化系体育会系勉強ができる子や先輩後輩といったみんなと仲良くなるし、色々なイベント企画する発想力とリーダーシップもあったので、生徒に好かれる先生なんだろうな、と思う。

20年近く経ち妻も子もいる今でも当時のことをたまに思い出す…。

部長は人望があっただけでなく部活の才能も抜きん出ていたのでその点でも思い出すことがある。

高校2年〜高校3年:

クラスの今で言う陽キャ的な女子にやたらと絡まれた。

恋愛とかはないが、当時の私はちょっとキドキした。

高校3年冬:

私が通っていた高校では、3年生は受験勉強があるので、下級生が放課後教室掃除をしてくれることになっていた。

私は、部活引退して以来、放課後教室勉強することが日課になっていたので、掃除のために隅に追いやられながらも、机に向かっていた。

その掃除に、部活の後輩(一年生)の女子が来ていた。その子はおとなしい性格でよく読書していた。話したことはなかった。バレンタインデーにも掃除してくれていたが、その日はいつまで経ってもホウキを持っていてなかなか掃除が終わらない。とうとう他の下級生がみんな帰り、教室には私とその子だけになった。その状況でチョコレートを貰った。

部活引退したのにくれるなんて律儀だな、と思ったが、その子は「受験頑張ってください…。このチョコ本命です」という。

「流石に受験直前だから考えさせて」と答えたが、頭の中では、これまで話したことがないのにどう判断しろと? とか、受験直前に迷わせないでほしい、といったことを考えていた。

その後、受験し、登校することがなくなると、その子と会う機会もないので、ついつい返事をせずに終わってしまった。

部活の私の代くらいまではきちんとプロ研究してあわよくば自身プロを目指すガチ勢的な雰囲気があったのに対し(雑誌取材も来ていた)、後輩たちは趣味エンジョイする雰囲気が強くなっており、私はそのことを残念に思っていたので、その子のこともあまり好きではなかった。しかしその子身長は低いものの顔は可愛いかったので、もう少しタイミングが早ければありといえばありだった。けれども私が進学で引っ越す都合もあり、進展なし。

大学1年生:

同じ高校から同じ大学に進学してた子(あまり喋ったことはなかった)から突然漫画映画を勧められて、やがてデートに行き、付き合うことになった。

夏の京都旅行とかした。

何かと不満をこぼす子で、あまり良くなかった。あと、その子実家はなかなかのお金持ちで、デートのたびに割り勘でも金銭負担が重かった。

何人かを経由して聞いた話では、今では安定した職に就き、結婚して、子供を産み、平和暮らしているらしい。良かった。

大学3年生:

同じ学科の子に私からアプローチするも、回避される。

の子がやってた習い事を調べたりして詳しくなろうとしてた。

社会人〜3年目:

社交的な同期(異性)を通じて、同じ部署の後輩(異性)から飲みに誘われる。

最初は私と後輩のサシ飲みの予定だったけれども、経緯は忘れたが、なぜか3人で飲むことに。私も後輩もあまり喋る方ではないので、場を取り持つために同期が入ってくれたのかもしれない。

なぜ誘われたのかは不明恋愛関係ではないかもしれない。

恋愛関係だったとしても、3回ほど3人で飲みに行って、その後は誘われなかったので、切られたということだと思う。もしくは私から動くのを待っていた? まさか。同期はかなりお節介性格でもあったので、私から動くべきであればそのように誘導してきたと思う。

まあ、私はその後輩のことが気にならなかったので、私から動く気は起きなかったが。その後輩はおそらくいまも独身

社会人5年目:

同期の異性とディズニーへ行ったことがないという話をしていると、二人で行かないかと誘われる。ディズニーには興味がないので断った。

そういえば、その前から、その同期に誘われて毎日二人で昼食を採っていたので伏線だったのかもしれない。

社会人6年目:

同期を美術館デートに誘う。断られる。

その同期は直後に転職して出て行ったが、断られたとき温度感を顧みるに、転職がなくても難しかった。

社会人7年目春:

私も転職した。転職して一ヶ月で同じ部署女性(5歳上)からデートに誘われる。その後デートを重ねたが、お互いに何か違うねとなって別れた。もう少し若ければ有りだったが、年齢的に互いに結婚意識せざるを得ず、結婚ということを考えるとなにか違っていた。別れるときに、主体性が無いとか自分意見が無いといったコメントを受けた。そうですか、ありがとう。たぶんこの女性から水虫を移された気がする。

社会人7年目夏:

知り合い経由で知り合った女性医師と、美術館中華街などへ行った。何度かデートした。

デート計画を予めきちんと立てて、タイムテーブル従って進行するという感じだった。

例えば職場の同僚としてなら良い関係を築けたと思うが、恋愛ちょっと違うという感覚をお互いに持っていたように感じる。なんとなく消滅した。

社会人8年目:

妻と出会う。

ここから先は妻も知っていることで、お喋りできることなので、ここに書く必要はない。だから書かない。

2022-06-14

anond:20220614152712

いや、どうなんでしょうね。

その3人とも付き合ってくれと言ったら断られたので、割と都合よくキープされていたような気もします。

結果的あんま良いお別れの仕方ができなかったし(1人目は転勤で自然消滅、2人めは向こうに正式彼氏ができてもう会わない言われた、3人目は向こうの要求がなんかエスカレートしてきてこっちがキレて縁を切った)

2022-06-02

ぼくが通っていた動物園公立中学校)の思い出

クラスの2割がイジメ不登校

水泳の授業の後は数人のいじめられっ子全裸廊下をさまよっている

近所の自動販売機が全部ボコボコ破壊されている

下級生の給食運搬の列を襲撃して給食プールに捨てる

廊下歩いてる女の先生を数人で囲んでボコる。助けに来た体育の先生もまとめてボコ

図書室の本が何百冊かブックオフに売られる

理科室で焚き火

いろんな用事お金を持って登校する日は校門前カツアゲしてる。教員は談笑しながら遠くで眺めてる

始業式や終業式では、生徒が壇上に乱入しないよう、壇の前に男の先生10人くらいがズラッと並んで通せんぼしている

式典は暇なので女子スカートをめくって男子に見せてる

成人式行ったら大学進学率は30パーセントなかった(と思う)

成人式ではどこの暴力団に入ったかで盛り上がる

成人式ではガソリンスタンド正社員になった子が成功者の扱い

先生自動車が傷だらけ

転校生女子が2日で不登校になる

家庭訪問先生尾行していじめられっ子の家を特定する

保険先生が「みなさん同年代の平均よりも虫歯が多いですよ!」と毎年言っている

クラスに一人くらい明らかに知的障害を持ってる子がいる

先生給食にはチョークが入ってる

いじめられっ子が突然プール全裸になる

道徳の授業で「シカト存在を無いことにする最悪のいじめです!みんなどう思いますか」と先生が言い、毎日ボコられてるいじめられっ子が「ぼくもそう思います」と答える。みんな爆笑してる

かい営団地が近くに複数あり、そこから通っている子も多い

授業が進まないので教科書最後まで終わらない。中1の数学は円錐の体積の求め方を教わらずに終わった(ぼくは学習塾に行ってる子にやり方を教えてもらった)。しかも中2でフォローもなかった。中3の因数分解は「宿題プリントでやっといて」で終わった

3年の春にすごく体が大きくて体罰しまくる先生が赴任してきて、しばらく不良が大人しくなったが、その先生と不良がなぜか仲良くなって夏頃には元通り荒れ放題になる

書道では背中に墨汁を流し込まれる子がいる

男の先生女子生徒の尻を撫でて捕まる(これは流石に一度しかなかった)

定期テストの答案が強奪されて、一クラスみんなの成績が前回のテストと同じ点数になる(これも一度しかなかった)

合唱コンクール男子が誰も歌わず伴奏してた子が泣き出して中断になる

修学旅行いじめられっ子木刀でしばきまくる。そのための木刀はいじめられっ子自身が選んで買う。

いじめられっ子同士を戦わせる(ポケモンごっこ

ポケモンごっこでは「10万ボルト」や「冷凍ビーム」を出せない子が後でボコられる。そのためいじめられっ子たちは「シュババババ」と効果音を出したりポージングの創意工夫で10万ボルトを表現してる

授業中にポケモンごっこが始まり、机の上で"はねる"よう命令する

先生が授業中いきなり泣く

インフルエンザ学級閉鎖がおわっても半分くらいの子は2、3日休んでる

バスケの授業ではいじめられっ子同士で1on1させる。下手なので笑ってる。

野球の授業でピッチャーキャッチャー以外の全ポジションいじめられっ子一人に担当させてアホほど走らせる

給食牛乳パックの口を開けて、下級生の教室に投げ込む(投げるとき爆弾だー!と言って投げる)

自分が"担当"してるいじめられっ子陰毛が一番最初に生えると、大人を"担当"していじめてるからすごいという理屈で、皆から尊敬される(いや、これは小学校の思い出だ)

休み教室は中から鍵をかけてイジメ部屋にしてる。先生も、中に入れないことを知っているので、昼休み明けの授業は少し遅めに来る

頭いいやつが3人転校して出て行ったけど、みんなのちに医者になった(親が偉い)

知的障害持ってる子へのいじめ日記爆サイ実名で連載されている

卒業式OBバイク20台くらい校庭に入って爆音鳴らしてる

いじめられっ子卒業アルバムを破る。破れたページをみんなに配って共有の思い出の品にする

近所のラブホテルから中学生が利用しないように苦情が入る

いじめられっ子万引きさせる

茨木のり子の「自分感受性くらい」を習ってから3ヶ月くらい、不良が「ばかものよ」と言ったらいじめられっ子がところ構わずはい!」と叫んで返事する遊びが流行った

複数いじめられっ子の誰が早く・大きく返事できるか競うバリエーションもあった

市が有名な詩人出身地であることから教科書に載っていない色々な詩を教わったり、生徒が詩作する授業が月イチくらいであった。あるときぼくの詩が学年で一番になって、不良になんとなく目をつけられてる雰囲気になったので、次の授業から手を抜いた

家庭科の授業では壊れたミシンが異常に多くて、4人で一つを使う(今思い出すと、"壊れたミシン"もなぜかきちんと棚に収納されていた。先生が、指導やすいように、あえて少数のミシンしかさなかったのだろうか?)

いじめられっ子女子の靴を盗んで食ってる

野球部のボールがある日突然全部無くなる

近所の知らない家の庭に教科書を捨てすぎて苦情が来る

いじめられっ子音楽の授業でソロで歌わされる

不良が彼女のためにいじめられっ子10人くらい集めてポルノグラフィティの「アゲハ蝶」を合唱させる

朝の十分読書の取り組みが始まるが、雑談してる生徒が多すぎて自然消滅する

いじめられっ子双子(別々の部活所属してる)がいつの間にか入れ替わってる


いじめとかは全部俺じゃなくて同学年の不良がやってたことね。

たくさんのチンパンジーと触れ合えた濃密な三年間でした。

2022-05-26

anond:20220526031148

もう人口爆発より人類絶滅心配しなきゃいけなくなっちゃった

アフリカ20年ぐらいで人口減少に転じるだろ

あと1000年で自然消滅人類

きっと豊かで幸福なまま過疎地域最後小学校みたいな感じで終わっていくんだな

2022-05-16

恋人山芋皮ごとすり下ろし人間だった……

ショックだった、カルチャーショックだった。

山芋の皮はピーラーで剥くものだと思ってたから……

食卓はところどころ茶色とろろ醤油トットット……

とてもじゃないけど……食えた!うまかった!栄養もあるみたいよ。

恋人とは普通に浮気バレて別れた




追記

おもいのほかトラバブクマあつまったな。みんなサンキュー

自責の念からのこの投稿を? じ、じねんじょ……落とせませんでした。

いやーこれめちゃくちゃいい線いっとるでキミ。

自然薯ってのががじつにね。

もうね、あとちょい。あと一おしで落ちるねこれは。

ワイなら『浮気なんて糞のやることです!自然じょ……自然消滅のほうが100倍マシです!』で落とすかなー

フンスッ!

自責の念どこいったアドバイスおじさん)

2022-05-14

仕事辞めたいけどもし異世界に転生したら何のジョブになるんだろう

光の輪に吸い込まれたりネコに噛まれたりして異世界転生したら、自分はどんな生き方をするんだろうと考えたことない?

実は今、考えてる。

頭はそこそこ。少なくとも悪くはない。わりと楽に中堅大には受かった。資格をいくつか取った。簿記2級、宅建英語は5年前だがTOEIC860点くらい。試験勉強ではあまり苦労した記憶はない。努力した記憶もない代わりに。

顔もそこそこ。少なくとも悪くはない。外面もそれなりにいいから、新入社員のころは社内でファンクラブができたらしい。広報紙的なやつや、就活生用の企業紹介的なやつに先輩社員として出させられたこともある。

コミュ力は壊滅的。人間と腹を割って話すのが苦手だ。休日通勤時に同僚を見かけたら気付かれないように避け、迂回する。友達ほとんどいない。知り合いができても、環境が変わるたびに自然消滅させてきた。

動物にはそこそこ懐かれる。ただし哺乳類に限る。トリはつついてくる。

強さ、すばやさも壊滅的。筋力は低くスタミナもなく鈍くさい。走れば遅く、ボールを投げれば思ったようには飛ばない。

器用さは少しある。絵を描いたら、何を描いてるか程度は分かるものになる。根気はないのでマンガは完成しない。

何のジョブなら務まるだろう。野垂れ死にしなくて済むのはテイマーかな。テイムした魔獣を敵の攻撃から庇って死にかけて死ぬやつ。手紙の代書屋や翻訳屋もいけるか?大量にこなすのは無理だが。体力もやる気もないから。

異世界でもやっていける気がしないが、この世界でもそうだ。

何やって食ってけばいいかからない。

会社辞めたいのに。辞めるしかないのに。

2022-05-09

SとMの境界って難しくね?

自称ドM彼女と付き合ってる時に彼女が「緊縛プレイがしたい」ってダダをこねだして

しょうがいかネットで調べて通販で俺の持ち出して緊縛用の縄とハウツー本を買って

ネット動画も見ながら勉強して、夜のプレイで頑張って彼女を縛ってたんだけど

これがSのやることか?って正直思ってたよね

彼女に首絞めてほしいと言われれば首を絞め、ちねってほしいと言われればちねり

ダダをこねた彼女にかまってあげれば今は放置してほしいところだったのにと文句を言われ

何だこの女、本当にMなのか?本当はSなのでは?いや、ただワガママなだけなのか?

と思いながら4年くらい付き合ってた

転勤で遠距離になってから自然消滅したけど

今でもたまに人を縛りたくなるから、もしかしたら俺がSなのはそうかもしれないけどよくわからん

2022-04-26

anond:20220426160312

おれとまったく同じじゃん

自分が少しでも興味持てるお出かけ場所候補ストックしておくとか

定期連絡についてもテーマを決めておくとか(今日の夕飯を画像で送るとか、自分筋トレ報告を無意味に送るとか)

そのあたりで自分が楽しむ工夫入れていかないと自然消滅まっしぐらだよ

そうして俺は39歳独身になったぞ

まああんまり後悔はしてないけど

2022-04-21

シャニマス実装された金銭感覚が違う女

https://twitter.com/imassc_official/status/1516037311380996096

『※トワイライコレクション限定アイドルSSR特訓はづきさんで特訓できません』

今までのシャニマスは、あまり金のかからない女だった。

限定ガシャでピックアップが2枚。300連で天井天井までにピックアップのどちらかが引ければ、無償石で天井まで回して終わりで済んでいた。

凸はSSR特訓はづきさんという凸アイテム無償で手に入れたり、足りなかったら1つ3000円ぐらいの凸アイテムを1~4つ買ったりすれば良かった。

アイテムが使えない女の登場で、シャニマスはガシャで3天井前後して凸しなければいけない女になった。

今までシャニマス金銭感覚にある程度は納得して付き合っていた俺たちの中にも、金銭感覚が変わったシャニマスに驚きと不快感をあらわにしている者も多いだろう。

今まで付き合っていた女の金銭感覚が突然ぶっ壊れたのだから当たり前である。別れたり、自然消滅に向かっている者もいるだろう。

金銭感覚が変わった女と、どのくらい付き合っていけるのか。俺たちの愛と、財布が試されている。

2022-04-08

戦争中には、ある種の輸入食品に倦怠感を催させる化学物質が混入される

もちろん致命的な毒物ではない

タンカー移動中に、空気中の毒物さらされ毒性を持つ

時間の経過により自然消滅するのため容易に発見されない

~~国拠点食品メーカー。青果物その他食品製造輸送販売を手掛ける。主な原産地は~~国

2022-04-07

俺にも彼女がいた時代があったんだよなぁ…

ってGoogleフォトが5年前の写真勝手に見せてくるから思い出した。

半年程度で自然消滅したけど。

自治体かなんかが主催した婚活パーティー出会ったんだよなぁ。

年齢無制限の会だったから、40代以上の人ばかりで、

30前後の俺たちがカップリングしたのはきっとお互い消去法で選んだからなのだろう。

彼女のこと、特別魅力的な女だと思ったことはなかったし、

きっと彼女から見た俺も同じようなもんだったろう。

まぁそれでも悪くなかったしすごく楽しかったよ。

毎週のようにいろんなところに出かけたよなぁ。

俺は谷根千商店街?を歩き回ったのが一番思い出に残ってるよ。

今はどんな生活してるのかね。

どっかのだれかと結婚して幸せ暮らしてるといいね

俺はもう永遠に独りだよ。

2022-03-30

独身中年男の居場所

あんま無い。

テニスランニングサークル若い男女の出会いの場か既婚者の集まりのどちらかになる。

バイク釣りカメラ自転車みたいに金を掛けることができる趣味は参加しやすい代わりにサークル内のヒエラルキーが酷い。

ボランティアも参加しやすいけどコロナで集まるタイプ活動が少なくなってしまった。

炊き出し里山管理は楽しかったけど今のところは少人数でやってるみたい。

いまのところはアームレスリングパワーリフティングの集まりに落ち着いた。

サークルとかじゃなくて市営のジム常連になって話ししてるうちに一緒にトレーニングするようになった。

ちょっとしたきっかけで自然消滅しそうな気がする。

基本的中年の男は結婚して仕事と家庭をバリバリやってる想定で世の中作られてるぽい。

2022-03-27

美人人生イージー」という命題

まず最初に「美人人生イージー」についての是非を問う日記じゃないです。

オチもない駄文日記だよ。


美人人生イージー」という言葉ってあるよね。

そう感じる人は多々いると思う。

こんな反論もあると思う。

「いやいや、美人だって相応の苦労をしています!」

「僻んでるんじゃないの!?自分物差しで測らないで!」

美女だって見た目だけじゃなくて中身が大事でしょ!」

かにそうだと思う。

しか最近ふと「まなちゃん(仮)」という女性がいたな〜〜なんて思い出した。

なぜ思い出したかというと、最近こんなブログを読んだのが始まり

弱者男性による約5年間の自分磨きの成果をさらす。

https://anond.hatelabo.jp/20220321231143

弱者男性モテるために努力して、結局モテないというブログなんだけど、

性格所得どうこうはさておき、外見でモテない人は恋愛結婚一筋縄じゃいかないよな〜〜、

じゃあ逆にこの人の反対側はどんなんだろう?そういえば「まなちゃん(仮)」って反対に近いかもな?て感じで。



数年前にネットで知り合った「まなちゃん(仮)」は、

日々の情事ブログに載せる裏垢女子インフルエンサー的な女性で、やり取りの中でそのブログを教えてもらったんだけど、

結局その後話題がなくなって自然消滅したけど、暇なときそのブログをちょくちょく読んでた。

今日は城○○似のセフレに会ったとか、今日は初めて5pしたとか、今日は○○とハプニングバーに行ったとか、それはもう酒池肉林の日々。

ブログに載せている彼女写真を見ると確かにモテそうだと思った。(芸能人だとauCMの高杉くんのやつの女優姉妹か?ってくらい似てた。)

ギャルとかより清楚っぽい子の方が実はすごいんだな〜とか思った。

そんな内容8割で、残り2割は「寂しさを埋めるために抱かれてる」とか、「私は幸せになれないしなる気もさらさらない」など内面的な内容で、

まぁ確かにこんだけセックスしまくってると心に闇を抱えてるんだろうなぁなんて思いはしたけど、

なんだかんだいって顔がいいから、理解のある彼氏くんが現れて、今までのことなんて嘘だったかのように人並みの幸せを手に入れるでしょと思った。

寧ろそうなってしまったら、外見は何にも勝るということを理解しないといけないから、そうならないでくれ〜〜とさえ性格の悪い私は思った。



そして数ヶ月が過ぎ、まなちゃんブログ彼氏一色になっていった。もう結末はわかり切っていた。

彼女ブログ結婚報告を最後に、消滅した。


5年間多額を投資して自分を磨いて、ソープ素人童貞の男。

散々イケメンセックスしまくって最後に全てを受け止めてくれる男性出会い結婚する女。

そんな立場の違う二人の人生否が応でも他者との比較について考えさせられるよね。

幸せに生きるには「他者自分比較しない」なんてよく聞くけど、無理じゃね??

だって自己って他者があるから存在するわけで。

突き詰めるとアドラー心理学がどうこう脱線するのでまあいいや。

人の不幸を願う私の性格は終わってるからいいけど、底抜けに性格が良い不細工たちに幸あれ。おしまい

2022-03-15

サイゼリヤ小エビカクテルサラダの思い出

小学生中学生にかけて、毎月親の友達とその子供との食事会があった。

場所は決まってサイゼリヤだった。

テーブル子供と親に別れて、親は親同士で話をし、子供子供同士だった。

子供同士も毎月会っているし、昔から知ってるし、同じスイミングスクールに通ってるしで、仲は良かった。

会えばわーキャーしゃべっていた。

で毎回欠かさず注文していたのが小エビカクテルサラダ

ルッコラが苦い、小エビがとりすぎなんていいながら皆で食べた。

サラダは本当に美味しかった。

でも誰かが中学生になるとその関係性が変わってきた。

お互い住んでいる市が違うので中学も違う。

向こうは荒れている中学だったらしい。

一人がそのうちに学校に行かなくなり、そして食事会にも来なくなった。

親はそれを私にだけ黙っていた。

それが今も悲しい。私は知っていたから。

また私が中学生になる年に父が亡くなった。

突然の死だった。

その年にその一家我が家に遊びに来た。

なんとなくいつも通りに遊んで、帰りに

「ooちゃん家に泊まりたい!!」

と誰かが言い始めた。

みんなでとまりたい!泊りたい!!

と親に言っていた。

我が親は「あんたはダメ明日部活でしょ。妹はいいよ」って。

これは30歳になった今でも覚える。なんでなんでなんでなんでなんでば

部活なんてほぼ帰宅部ような部活だった。

から何回休んでもダイジョブだった。

妹や親の友達たちが笑顔で車からバイバーイとしてるのを

涙ながらに見ていた。

親は「ごはんなにたべよっかー?」とこっちの気も気にせずに聞いていた

私はぶすくれていた。行きたかった。いまも

そしたら親がキレだした。そこから私が謝って・・・・だった。

今もお泊り会に行きたい。でもいけないことも分かっている。

みんな大きくなって、みんなそれぞれあって、もう無理なのはわかっている。

食事会も私が中学生の時に自然消滅のようになくなった。

もう1回みんなと小エビカクテルサラダが食べたかったな。

最近一人でサイゼ飲みをした。

ワインを飲みながら小エビサラダを食べた。

同じ味がした。一人なのにね。

ついでに青豆も食べた。衝撃のうまさだった。

2022-02-01

anond:20220201171412

おまえが分かったとしてもフェミは一向にわからないどころかさら表現規制を広げようとしてるんだから手を休めるわけにはいかないだろ

アンチフェミフェミが消えたら自然消滅するんだからフェミに祈れよ

2022-01-18

anond:20220118192007

うさぎ跳びは体に良い!って昔なら口伝から自然消滅したけど

今はインフルエンサーうぇっぶ上に文章残しちゃってるからねえ

2022-01-05

ネット女性蔑視批判した日々の全てが黒歴史に思える

小学校先生がなかなか嫌な(婉曲表現)先生で、何かにつけて「男のくせに~~するな」「男なら~~しろ」というのが口癖だった。私はその先生が本当に嫌で、誇張や比喩ではなく学校が怖くて夜にはよく泣いていたし、割と慢性的自殺を考えたりしていた。そんな経験があったので、私がジェンダー論や性差別に興味を持つのはごく自然な流れだった。「女性になりたい」と思ったことや、「私はもしかしたら"男性"ではないのかもしれない」と思ったこともある。今となってはそれはトラウマ思春期による揺らぎの一種であったと認識していて、性自認に関しては私はシス男性だと自認しているけれども。

私の初恋は、とある絵本キャラクターだった。絵本児童文学を読みながら、キャラクター同士の親密な関係(カップリング)や、窮地に陥ったキャラクター(ヒロピン)などに触れて、何かいけないものを見ている気分で、こっそり楽しんだ。同級生達の、「どの女の子かわいい」とか、「誰とそれが付き合ってる」とか、そういう話は嫌いだった。その頃から私はフィクトセクシュアルだったと思う。

ふたりはともだち』はBLですよね?異論は認めません。

当時放送していたアニメと言えば、『幻想魔伝 最遊記』とか、『しあわせ荘のオコジョさん』とか。テレビゲームだと『テイルズシリーズ』とか。そういうのを見て育ったオタクなので、「オタクたるもの、男でもBLくらい嗜んでしかるべし!」くらいに思っていたし、今でも思ってる。ちょうどニコニコ動画流行った世代でもあって、(今の倫理観では褒められたことではないにせよ、)「ホモネタ」でケラケラ笑うのも楽しかった。

先にオタクになったのは私よりも兄の方だった。当時の私は兄を「ホモソーシャル(という言葉は当時知らなかったが)に親和的な人」と見下していたが、兄は兄で色々と思うところがあったと今では思う。兄はあまり頭が良くないので、私のように細かく言語化したりはしないが、おそらく私たち世代の平均的な「オタク」だと思う。美少女美少年が好きで、百合BLが好きで、口では「恋人欲しい」なんて言うけど、内心エロゲで満足してる。そういう人。『ガンダムSEED』が「腐女子向け」と叩かれていたのを兄も知らないはずはないが、兄はそんなSEEDに心からハマっていた。『テイルズシリーズ』については私よりも兄の方がハマっていたから、いのまたむつみ美少年絵は兄の琴線に強く触れたのだろうと思う。

兄が好んだ「ちょっとえっち」な漫画ゲームを、私は内心見下しながらも、それは常に身近にあった。エロ漫画について伊藤剛先生が『MANGAの自由 平成から令和へ』の中で、「あんまいいもんじゃないだろうという感じで、手に取ろうとはしなかった。」と語っているけど、私もそういう感じ。読まず嫌いだった。でも実際にはむしろその中にこそ多様なジェンダーセクシュアリティが描かれていることに気付いた。セックスパロディし、時に嘲笑うことが、セックスを相対化するのだと。

少なくとも私にとって、ジェンダーセクシュアリティ呪いから逃げられる空間が、オタク文化だった。


2ちゃんねる(今は5ちゃんねる)というのは、今も昔も治安悪い場所だった。大学院生から無敵の人」まで、全く知識・知能・倫理観レベルの違う人々が同じ空間で同じ顔をして過ごしている。まともな精神じゃできない書き込みなんていくらでもあったが、それはほんのひと握りの底辺書き込みしかなかったのだろう。そしてそんな底辺書き込みの一つは「女性蔑視」だった。当時の私はまだ子供で、ジェンダーセクシュアリティ話題に興味のある子供だったから、それがどうしても許せなくて、「論破しなければいけない」ものだと思い込んでいた。今思えばそれは逆効果だったのかもしれない。私が来る日も来る日も女性蔑視的な書き込みを「論破」しても、その勢力が衰えることは無かった。昨日論破したばかりの同じような書き込みを、今日明日も繰り返すような、そんな連中ばかりだった。

しかし、ネット空間というものが、誰もが使う表の空間に成り下がると同時に、そうしたネットの闇はあっさりと自然消滅していった。厳密に言うと消滅はしていないが、その権威はもはや見る影もなくなった。犯罪誹謗中傷は取り締まられ、多くの暴言も各種サービス規約によって削除されやすくなった。何よりも、そのような暴言を吐くのは、少数の異常者であることが露呈した。

私は安堵した。しかし、そんな時代になっても、「表現の自由」を掲げて「フェミ叩き」を頑張っている人達がいるらしい。私は呆れた。非実在児童ポルノ騒動の時、表に立って漫画擁護してくれたフェミニストの人々のことを忘れたのかと。

私はほんの少し、Twitterフェミニストの人々と繋がってみた。とても勉強になる話をたくさん聞いた。その話は納得できるものが多かった。しかし、次第に違和感を覚えてくるようになった。その違和感がなんなのか、すぐに言語化することは出来なかったが、どうも彼らは「フィクション性的対象とする」というセクシュアリティについて、全くと言っていいほど無知で、配慮がないどころか、むしろ憎んでさえいるのだ。恥ずかしながら私自身、「エロ漫画」や「えっち表現」というものを読まず嫌いしていた時期もあるから他人のことは言えないのかもしれない。しかし、ジェンダー論や文学研究している大学教授などが、そうしたセクシュアリティについて全くの無知で、研究など出来るのだろうかと心配になった。そして怖くなった。現代の「ジェンダー論」というものは、そのような前提の元に立脚しているのかと。そして「エロ漫画女性蔑視」のような前時代封印したはずのトンデモ言説が、再び亡霊のように復活しつつあることを。あの「非実在児童ポルノ騒動の時、表に立って漫画擁護してくれたフェミニストの人々」ですら、彼らが味方する対象ではなかった。

結局私は苦しくなってTwitterもやめてしまった。トランプ大統領当選した時、オバマは「国の歩みはジグザグだ」と言った。もしもわたし第三者立場であれば、昨今のフェミニズムの暴走も、「ミソジニーに対する反動」として呑み込む事が出来たと思う。「今はまだ無知でも、時間解決してくれる」と、民衆の成長を待つことができたと思う。でも残念なことに私は当事者だった。私は、性差別を憎む二次元性愛者の一人だった。

とにかく怖くて仕方がない。苦しくて仕方がない。そして、憎い。ああ、これは、かつて2ちゃんねる女性蔑視の書き込みを見た時と同じ感情だと思った。

今では私は子供ではないから、もう少しだけ冷静に論じたいと思う。でも、行動を多少抑えることは出来ても、感情それ自体を抑えることは難しい。悔しいとか情けないとか。無力感とか徒労感とか。

2ちゃんねる女性蔑視を批判した日々は無駄だったのだろうか。実際、無駄だったのかもしれない。でも、せめて、それをした私自身のことは誇りたい。誇りに思えるだろうか。彼らをのさばらせた責任の一端は、私にもある。

2021-12-08

anond:20211202015421

Vじゃなくても数年で消えるゲーム実況者や動画投稿者は人多くない?

Vじゃない人は引退ではなく、自然消滅してる印象が強いけど

2021-12-07

自ら縁切りするという事実を避けたいだけなのでは

 暫く時間距離を置きたいと言われたが、これは純粋自分で直接縁を切るという選択が出来ないから、そういって縁が自然消滅するのを願っていると俺は受け取るが。

 別にそれは構わん。それで気が楽になるなら好きにするといい。

 わだかまりが本当に時間距離解決するとは私は思わん。

anond:20211207140819

長寿スレ自然消滅するところに立ち会いたいか定点観測してる

いい加減終わっても良い頃だろと思いヲチしはじめた

んでなかなか終わんなくてやきもきしてるのが今

anond:20211207140539

長寿スレ自然消滅するところに立ち会いたいか定点観測してる

いい加減終わっても良い頃だろと思いヲチしはじめた

2021-12-02

機嫌をコントロールできない人に自分コントロールされていた話

現在20代女の私、生まれときから父親サバサバ母親は娘かわいい

当初は比較家族仲もよく、ドライブにでかけることもしばしば。

小学生の時に時折「(人として)好きな人ランキング」をつけることがあったが、

母親は3位くらい。なぜなら基本かわいがってくれるけど時折怒るから

父親10位くらい。なぜならよく叱られるから

ちなみに1位はいつも親戚のおばちゃんだった。

他所の子である私のことは必ずかわいいかわいいしてくれたからねえ。


しかし、遅めの思春期が近づくにしたがって考えが変わってくる。


私が高校生になるとき父親が半ば放任主義公言した。

というより、もうこれから自分でできることは自分でやれ、という感じだった。

母親は相変わらずかわいがってくれたし、色々世話もしてくれた。

私としては父親干渉が少なくなったのはせいせいしたなあというくらいだった。


しかしこれが悪い目に出たのかもしれないね

高校入学前の春休み、遊ぶ気満々だった自分入学説明会でもらったのは、

自称進学校による膨大な量の宿題だった。

受験も終わったし、春休み一杯遊んで、入学したらバリバリ高校デビューだ!」という、

自分の甘い計画は崩れ去り、現実を受け入れられないまま課題はやり切れず放置

もちろん成績はどん底に陥り、課題と成績のダブル担任にどやされる日々。

ある時あまりの成績悪化三者面談が組まれたんだけど、

自分は半ば騙し討ち母親を呼び出し連れて行った。

担任普段圧力ウソのように、丁寧に優しく話をしてくださった。ケッ。

このときはまだ母親オアシスと信じていたなあ。

あと父親には後で成績表を見られてバレた。クソ叱られた。


結局数学コケ自分はクソ文系に身をやつした。

入試では最初難関校を受けたんだけど当然足りず。

後期で受かった隣県の駅弁に進学。これは高校の厳しい英語教育のおかげだった。

エリートコースを望んでいた父親には不満かと思ったが、特別何も言われなかった。

母親はよくわからいか普通にめっちゃ喜んでたなあ。


しかしここで何かが狂い始めた。


母親曰く、父親が私の一人暮らしに反対したというのである

それ前提で受験したはずの自分は、片道2時間かけて通学する羽目に。

春期課題こそあるわけなかったものの、やはり大学デビュー計画していた私は、

通学時間を取られながらもサークル活動に精を出そうとする。

友人のつてで現地のクソ楽なバイトも始めていた。

県外から通学している人も珍しくないので、そんなものかと思っていたけど、

一方で近くに一人暮らししている人が羨ましくて仕方なかった。

通学時間さえなければむしろ定期券家賃差分くらい追加で稼げるのになあと思った。


リアルがそこそこ忙しくなりつつ、当時はやり始めたTwitterを通しての交友も広がった自分

授業に出るのがダルすぎて自主休講し始める。いやそれだけなら計算づくでやってたからいい。

問題は、朝の早起きができなくなり始めたことだった。

高校までは叩き起こされていたし、欠席しようものなら学校から連絡が来るだろう。

しか大学では時間割がまばらな上に、先生も何も言わない。それがよくなかった。

寝過ごしによって必修の単位を落とし、とうとう留年が決まってしまった。

それはもう怒られた。それも母親に。留年分の学費は出せ、稼げるバイトをやれとどやされた。

震えながら片っ端から電話を掛けて、友人からブラックと聞いていた業種に飛び込んだ。

正直死ぬ気だった。当初のバイトからも手を引き、サークルから自然消滅した。

半年間あまり授業を入れていない間に、大学の友人知関係も消えてしまった。

こんな事情ブラックに飛び込むのも恥ずかしいと、ネット上の誰にも言えずアカウントも消した。

それなのに今更になってよく増田なんて書いてるねえ私。


もちろん留年なんてしたやつが悪い。両親に負担かけて申し訳ない限りだ。

しかし、このあたりからとある違和感が生じていた。


母親に怒られたとさっき書いたけど、父親はショックを受けたのみだった。

春休みにひきこもる私に対しては、サバサバと、しか優しい言葉をかけてくれた。

あれ?怒らないの?と思った。やらかしたら必ず怒られるものだと私は思っていた。

高校時代放任主義になったせいもあるのだろうけど、父親の態度は軟化していた。

悪く言えばあきらめをつけられたのかもしれない。しかしそれでもありがたかった。

それでいて必要なことは色々と声をかけてくれる。連絡も事務的だった。

これからについて助言もしてくれる。相変わらずダメなことはダメと言ってくれる。

いつしか相談相手父親になっていた。


一方で大学入学当初から母親からの圧が強まってきていた。

つの原因は、高校入学から私の体重が増えてきたことだった。

直母親はスリム美人だ。だからこそ私のことが許せなかったのだろう。

そのうち「お前みたいなデブ気持ち悪い。無理。」と言われ始めた。

それだけならよくある思春期の親子の対立なのだけれど、

当時理解できなかったのは、その「気持ち悪い」娘を普段はかわいがることだった。

私が朝起きたとき母親は、笑顔で娘をかわいがるか、しかめっ面で悪態をつくかの二択だった。

後者とき自分なにかしでかしたか?と思ったものである


それが無意味憶測であることに気付いたのは、私がハタチを過ぎてからだった。


以前のようなネット上の交友関係を捨てた自分は、かわりにまとめサイト等に目を通すようになる。

2chやらなにやらで男女間・夫婦トラブルを扱うコンテンツを見始めた。

女性がまあまあバカにされるのは多少あれだったが、どちらかといえば確かに醜いなと思えた。

その中でもステレオイメージとして強かったのが、女はヒステリックな生き物という概念

気に入らないことですぐギャーギャー言う、その機嫌に他人は振り回されるものだという認識

思えば自分も昔はひどかったし、両親や周りの人には相当な迷惑をかけたことだろう。

しかしそれも子供時代の話。様々な人に触れていくにしたがって、私は自分の醜さを自覚しつつあった。

一方で母親のそれは悪化してきている。自覚があるのかどうかもわからない。

年を取るごとにしたがって、大人になるどころか子供に近づいているようなものだと思うと、

自分の中で一気に、母親という大人に対する失望が生まれ始めた。


顔を合わせるたびに態度が違うのも「機嫌ガチャ」だと認識できるようになった。

いやむしろただのガチャはない。だんだんと機嫌が悪い時のパターンが見えてきた。

から家事(という名の自己満足な模様替え)に追われているとき

午後からパートが控えているとき。(とくに出かける前のアワアワは毎度のことだった)

その他大事な予定が控えているとき。(ひどいときは遊びの予定ですら予定時刻に焦っていた)

一言でいえば「忙しいときである。つまりただの自己都合。

あともう一つあった。娘のことが心配なあまり悪夢を見たというとき

自分能天気なので悪夢はまず見ないが、悪夢を見たときのショックがあることは古い友人から聞いていた。

自分のことを心配してくれているのはありがたいし申し訳ない。

不安なあまりすがられるようなことがあったら自分も何とかしようと思えたかもしれない。

しかしそこで取る態度が「お前のせいで私が眠れない(怒」である

愛想をつかしていた自分は内心(不眠症病院行け)としか思えなかった。

というか後に実際に病院行ったらしい。うつ状態との診断をもらってきたとか。

でも「忙しくて薬もらいに行くのめんどくさいw」とか言ってきちんと通ってない。

そのくせ家の中は1か月ごとに模様替えされるのである。暇だなあ。


一方で、私は自分の中にトラウマがあるのではないかと疑い始めた。

遡ると小学生ときから、色々な大人から頭ごなしに怒られた経験がうっすら残っている。

コミュ障だった自分は言い返すこともままならない。

このころにまず「誤解というのはとてもしんどいものだ」という経験則を得る。

それから母親にも一度だけ、わけもわからず怒られた経験があった。

普段の娘かわいいの態度から豹変ぶりに、当時の私は戸惑うしかなかった。

好きな人ランキング」で3位だったのは、この記憶があったかである

おそらくこのころにはすでに「怒られると本能的に萎縮する」ようになってしまった。

そして怒られるのが怖い→隠蔽や逃亡の癖がつく→それがバレて怒られる→怒られるの怖い、

という負のスパイラルを、子供のうちに無自覚に起こしてしまっていた。

から高校の時の担任が態度きつかったのは地獄に思えたが、しかしそのおかげで無事に卒業できた。

私は教師の怒りによって適切な方向にコントロールされていたのである

それに気づいたのが、大学でさんざん落単してからのことであった。

当時の同級生から聞いた話によると、氏が担任を退いたあとに出会ったそうだが、

今のイチローのようにすっかり白髪交じりになった頭で、当時を穏やかに振り返っていたらしい。

彼は生徒のために厳しい態度を貫いたのであった。それを誰にも言い訳しなかった。

心を鬼にするというのはそういうことなのだろうと思った。


しかし、そのコントロール理不尽に、無自覚に使われたら?

子供時代からわけのわからない怒りにおびえる私がそれを受けていたら?

トラウマを増幅されただけでなく、そもそも植え付けられた原因でもあるとしたら?


しかし叱責が怖いがゆえに、また自分立場が悪いために、

それを本人に言い出すこともできなかった。

落単を勘弁してもらえなかったのも私が先生に顔合わせる気にならなかったからだし、

自分ミスを申し出ることができずに被った不利益もたくさんあった。

就活を始めても個別面接で身だしなみを叱られた。

グループ面接ではやべーやつをぶっこまれて萎縮してしまった。

もう面接に出る気力もなくなっていた。ただただ叱責が怖いばかりに。

このままではいけないと思った私は、少しでも自分自分コントロールしようと試みた。

怒られるのが怖いのは仕方ない。でもやらなきゃいけないことは覚悟を決めよう。

それよりも黙っていて、野放しにしていて被る不利益をきちんと計算しよう。

そうして徐々にではあるが、方向性を変えていけたような気がする。


ブラックと思って飛び込んだバイト先は、労基の指導でガラッと変わっていた。上司も同僚も優しかった。

大学うまいこと授業を選んでなんとか通い終えた。学生の味方をしてくれる先生がありがたかった。

一回り上の友人の紹介という安心感を経て、新たな就職先も決まった。一人暮らしになるよう協力してくれた。

なにより古い友人は自分の不甲斐なさをそれとなく咎めつつ、それでいて優しく相談に乗ってくれた。

自称進学校を出たからこそ、合理的で頭のいい友人たちを持てたことは本当に感謝している。


そうして自分は、理不尽母親を切った。

いや、正確には切るつもりだった、が。

流石に恩が大きいのと、まあ娘が心配から定期的に訪ねてくる。

当初は自分テリトリー侵害されて…と思った。実家時代からずっと思ってた。

しかしこの肉親とたまに会うだけの、コントロールから解き放たれた関係が、案外心地いい。

そういえば友人から複数証言があった。

「あれだけウザかった両親と、離れて暮らしてみると意外と仲良くなれる」

学生時代は反目しあっていた両親にも、今は会ってやりたいと思えている」

本当にその通りなのかもしれない。そして彼らはそれだけ大人であった。

まあ私は孤独が好きなほうだから寂しくなんて全然ないが???

ともかく今はあの頃のように一人胃を痛めることもなくなってきた。

仕事理不尽は遠慮なく友人に愚痴れるしね。いやそうそうないけど。

しろ一見アレな人にもこんな悩みがあるんだなって、社会人になってわかり始めている。

自分もようやく大人になりつつあるのかなと、恥ずかしながら思う。

思春期とか反抗期というものが、ちょっと遅かったのかな。

そのうち母親にも素直に感謝できるようになるのかもしれない。

あとあまり音沙汰ない父親にもどこかで何か言ってあげないと。彼らしいなあ。


ここまで書いてみると、やっぱり当時の自分はどれほど身勝手だったかとは思う。

これを読んだ人からもまたお叱りを頂戴するんだと思う。怖いなあ。

しかし一方で、当時の苦しみが偽物だったとも思わない

そしてその解決策が究極的には「離れること」だったことは間違いないと思ってる。

昨今の世間を賑わせる虐待や親殺しのニュースに加えて、

ニートだのひきこもりだの、毒親だの親ガチャだの、家庭内不和の話はいくらでも聞かれる。

もう既に、家族は無条件に仲良くするもの、できるものという認識でもなくなってきている気がする。


そういえば両親はいつの間にか不仲に陥っていた。

父親失業からヒモしたことがあって、一時期は離婚も考えたらしい。この子にしてこの親あり。

しばらくは両親が顔を合わせるたびに母親がきつく当たっていたが、

父親祖母介護実家に移ってからは、たまに会うだけの関係になって比較的マシになった。

それでも夫婦としては冷めっぷりがひどく、まとめサイトと合わせて結婚というものに悪いイメージがついた。

今の私にも、結婚はおろか付き合ってもいいと思うほどの距離感の人はいない。

しろ親友イケメンすぎるので結婚したい。彼女も異性とは色々あって独身だ。

一回り上の友人に至ってはさんざん手のかかった奴にふと愛想つかしてバツ1である

マジで身の回り結婚に前向きな人がいない。やばい

そんな自分もいずれはそれを考えるときがくるのかなあ。くるといいなあ。


自ら望んで距離を詰めた相手と不仲に陥るなんで皮肉だなあと思う。

ましてや、たまたま同じ一つ屋根の下に産んだ産まれただけの人間たちが仲良くできる保証なんてない。

誰が相手だろうと、人間関係において大事なのは適切な距離なんだと、ただただ痛感する日々である

から、一緒にいて心がしんどくなる人には、ソーシャルディスタンスをとるべき。

メンヘラヒステリーなんて、その典型なんだから


家庭に囚われた自分に苦しむことしかできない「子供」になんか伝わるといいな、って話でした。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん