「自然消滅」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自然消滅とは

2018-05-22

anond:20180521123621

別の女ができたんでしょ

面倒だから自然消滅ってことにしたいだけ

2018-05-18

anond:20180518091808

女も男と同様に稼げるようになったら男に媚びる必要なくなるから女子力がどうこうみたいな話はバカバカしくなって自然消滅するよ。

2018-05-14

友情なんて普通は30すぎたあたりで子育てに忙しくなって自然消滅だろ

年賀状が精々

2018-05-09

友達

突然だけど、友達ってすごく便利な言葉じゃないですか?

芸能人交際報道が出ると決まって事務所マネージャーから出る「仲のいいお友達です」みたいに「友達」と言えば友達でそこに恋愛感情があったとしても友達なわけで…。

私は友達の事が好きなんだけれど、相手自分も女。匿名から言えるけど、友達家族は私が同性が好きな事は知らない。

母親は気がついてるみたいで今まで「彼氏出来た?」って聞いてたのが「恋人できた?」に変わり、最近は「自分お腹を痛めてなくても親子や家族は成立する」というような内容の話をしてきた。やっぱり母親ってすごいですね(?)

小さい頃から女の子が好きだったわけではなくて、初恋セーラームーンタキシード仮面。弟にタキシード仮面って名前つけようとしてたのよって未だに家族から言われるくらい大好きだった。当たり前だけど弟は普通名前だ。

その後はスーパー戦隊ヒーローに憧れて弟とヒーローショー通いをしていたし、幼馴染のお兄さんに憧れた時期もあった。

中学生の時に初めて付き合ったのも男の子。まあ中学生恋愛から趣味が合う男友達って感じではあったけど…。

その男の子とは自然消滅だった。

高校生の頃は全く恋愛に興味がなくて友達彼氏好きな人の話を聞く専門。

その友達出会ったのはそんな高校生の頃で、学校地元も違ったけど塾のクラスが一緒だった。

声をかけてきてくれたのは相手だった気がするけど覚えてない。そのくらいすぐ親しくなった。

つの間にか友達としてではなく好きになっていた。

最初女の子を好きになるなんて誰にも言えないし同性が好きな人は小さい頃から同性が好きなんだと思ってたので気のせいだと思うようにした。

気のせいだって思っているうちに大学生になって、その子と同じ大学に進学した。お互い何校か受かっていたけど選んだ先は同じ。嬉しかった。

でも、毎日のように大学ご飯を食べるのも同じ授業で隣に座るのも、お泊まり会をするのも友達から

その「友達」を壊したくないか永遠に気持ちを伝えるつもりは無い。

2018-04-19

婚活エスパー難民

婚活がうまくいかないという人がいて、結構赤裸々に語ってくれて、まあ聞いたことのある話ではあるけど、直に聞くとやっぱ中々面白かった。

で、思ったんだけど、すごく極端に言うと以下の二つがうまくいかない原因なんじゃないかと思った。

まず、相手気持ち想像しすぎてる。

で、自分気持ちを伝えなさすぎてる。

とにかく相手自分のことをどう見てるか、全然分かってない。

いや、想像はしてるんだけど、想像が突っ走りすぎてて現物と一致してない。

ライン返ってくるのが早いとか遅いとかで一喜一憂しすぎだし、何回も会ってるのに先の話が出ないというけど、会ってるときに先の話してないんだから何回会ってもダメだと思う。

ラインが遅いのは私に気がないからとか、早く返信してくれるのは私に気があるからとか、いやいや些細な行動にアンテナ張りすぎじゃないかしら。

十代二十代ならそういう些細な行動の中にも真意があったのかもしれないけど、もう三十代も半ばになったら、ラインが遅くなるのなんて仕事だの飲み会だのなんだの、いくらでも有り得るし。

なんていうか、出会った相手自分のことを伝えず、その割に自分のことを分かってほしいっていう欲望が強そう。

自分は、相手が何も言わなくても相手気持ち想像しまくってるから、同じことをしてほしいと思うのかな?

いやー、でも仕事ではお客さんに何が欲しいか聞いてから商品渡すでしょ。

進捗や期日の確認は、想像じゃなくて文面や口頭でするでしょ。

なんでそれが婚活になった途端、私は言わないけど察して、あなたも言わないけど察するから!みたいなエスパー戦になるんだ。

俺たちは人間だぞ!

黙っててわかるわけないし、相手が黙っているなら聞いたらいい。

それで答えられない相手相手にすべきじゃないし、聞けない相手ならなおさら相手にすべきじゃないのでは?

もちろん相手から話してくれて聞いてくれるならベストだけど、そもそもそういう相手なら悩まないわけだし。

と思うんだけど、なぜか婚活の悩みは相手に聞けない言えないに起因するものめっちゃ多い。

それでなんだかんだでグダグダ時間が過ぎていって、気がつけば自然消滅というオチのなんと多いことか。

いやもちろんダラダラ過ごしてた訳ではないと思う。むしろすごく必死時間と向き合ってたと思う。でも違う。根本的なとこでずれてる。

半年たっても先に進んでくれない!と憤るけど、半年たったら先に進んでって、相手に伝えてないし。

ゼクシィとか占い雑誌とか周りの女友達とはその期日共有してたかもしれないけど、目の前の当事者同士でそこ共有してなかったら何の意味もないから。

からとにかく、相手気持ち占いスマホ友達に聞くのはほどほどにして、基本的には相手気持ちは本人に直接聞いてあげてほしいし、自分意思を本人に直接伝えてほしい。

でも、まあ、これを悩める本人に言ったら、空気読めねーやつだな!という視線を浴びて終わるよねー。

2018-04-11

anond:20180411203900

>4年間だから不倫にしては長い

...え、途中で気がついて自然消滅するものなのか。

2018-04-03

anond:20180403013657

彼女が変なのに絡まれて嫌な思いをしないかどうか」じゃなくて「ちゃん自分のために断ってくれるかどうか」を心配してるんだな。彼女のためにはこのまま自然消滅した方がいい気がする

2018-03-31

小学生の時痴漢に遭った

小学4年生の春に痴漢にあった。

私は当時10階建の社宅に住んでいて、日曜の朝にビン・缶・ペットボトルリサイクル回収を出しに行くのが家族の中での仕事だった。

回収用のカゴは社宅を出て、大きい通とは反対側の道に置いてあって、朝9時(10時かも)までに出す決まりになってた。

いつも通りビンだの缶だのを出しに道に出て歩いていたら、突然尻と胸を鷲掴みにされた。何が起きたのか全然からなくて、声とか何も出なかった。

若いスーツ姿の男が自転車で去っていくのを見た。チラッとわたしの方を振り返って、そのまま走っていった。

意味がわからないままとりあえずビン出して、社宅の正面に戻って エレベーターに乗ってから、ああ痴漢にあったんだと思った

親には言えなかった。今でも言ってない。私は顔が良くないほうなので、言っても信じてもらえないと思った(実際顔なんて関係ないのかもしれないけど、それでも本当にそう思った)

その時から男性と話すことが苦痛になった。父親とか教師とか、おじさんならなんの問題もなく会話が出来たけど、同世代の男、若い男と話すのがつらかった。話そうとしても言葉が出てこなくて、頑張ろうとすると頭に血がのぼって顔が真っ赤になった。それが恥ずかしくて、余計に会話を避けるようになった。

中学校田舎私立校で、クラスの人数も少なくて内気な性格の人が多かったので、あまり会話の必要に迫られなかった。高校県内でも有名な進学校だった。共学で人も多かったけど、勉強に忙しくて男の人には興味ありません、みたいな顔してやりすごした。

進路を決めるにあたって、自分の将来を考えた。このままでは絶対結婚なんてできないのだから、一人で生きていけるようにしなくてはならないと思った。英語勉強が好きだったけど、安定していなくては、と思って医療系の科がある大学を志望した。

勉強は昔からできるほうだったので、志望通りの大学に行くことができた。大学では、中学高校とは違って、男と関わらないなんてのは無理だった。サークルゼミも、どうしたって異性との会話が必要だった。最初はしんどかった。なんせ8年はまともに男性と会話していなかったので、男性との会話がどんなものだったかからなかった。それでもなんとかして、(最初絶対友達女の子がいないとダメだったけど)会話できるようになった。 なんだ、大丈夫じゃないかと思った。中学高校時代は何だったのかと、青春無駄にしたなあなんて思った。

それでもやっぱり深い仲になるのは無理だった。食事に誘われても怖くて断ってしまうし、そもそも一対一で話すことがほとんどできないので、多くの人に対して、女友達ですらない、知り合い、みたいな状態だった。この歳になって彼氏が出来たことないなんて普通じゃないと思って、恋活パーティみたいなのも参加したけど、一対一の食事が楽しめなくて自然消滅した。

個人的には一人でいるのが好きだし、気楽なので良いんだけど、親に孫の顔が見せられないのが不甲斐なくて辛い。もし痴漢に遭ってなかったらもっと違った人生だったかもと思ってしまう。今更どうしようもないんだけど。

2018-03-29

anond:20180108230124

スナックおすすめ

できれば都会じゃなく田舎スナックであればあるほど良い。

女の子が隣に座るような店だと高いので2時間3000円とかの店がおすすめ

最初キープなんてせずにちょっと飲みながら雰囲気を観察。

そうこうしてるうちに常連のオッサンに話しかけられるようになる。

雰囲気悪くなければ何度か通えば勝手常連扱いしてくれるようになる。

同じように田舎カフェバーとかも常連巣窟になってるパターンが多いので、スナックが厳しければこちらもおすすめ

自分カフェバー常連女の子とも仲良くなって付き合ったりしたこともあった。

仮に嫌になったりトラブったりしたら、店を仲介しての人間関係なので行かなければ自然消滅する。

2018-03-24

これは恐らく自分相手失言をした事によると思う。

同人から商業デビューした人の、それで食っていけない苦労やら自分は頑張ってます話を聞かされるのが面倒で仕方ない。

こちらが商業で頑張りたいと言い始めるとそれで食っていけないだの今の現実の逃げでそういう事を言っている、と諌められてしまう。

そして今考えているよりもずっと大変で…と諦めさせる話が延々と続く。

優しさから言っているとは思うが今の自分とは考えが合わない。

同人から商業うつることを軽く考えていると思われているのだろう。

真面目に考えている、というかある出版社編集ともやり取りして色々な話をしている最中だが言えないので言ってない。

そもそもその人は全てに対してやだ〜!かきたくない〜!と言いながらやっているので、それは辛さしかないだろうと思っている。

書きたくない→モチベが下がる→プロットも通らない→書かない→原稿料も入らず金がない

漫画を描く以外の仕事は何もした事はない。

悪循環しかないじゃん……。

しかも常日頃から二次同人の人気キャラの絵をアップしてるわけでもないので作家として覚えられてもいない。

漫画を描く事は今や企画力プレゼン力を伴った営業も出来ないと売れない職業だ。

なのに何もせず辛い売れないやめた方がいいと言われても頑張ってくれとしか言えない。

不幸を煽られてもその先の苦しみは自分の苦しみでしかない。

そして自分漫画一本で食っていこうとは思っていないので、すれ違いまくっている。

自然消滅かな。

2018-03-13

どーでもいい議論なんだけどね

ラジオから大黒摩季の”別れましょう私から消えましょうあなたから”が流れてきた。

旦那さんが「なんか酷い」と言い出した。

別れを言い出すから、私の前から消えてと解釈したらしい

私は、別れるからあなたの前からも消えるよって解釈

彼は、自然消滅を狙ってるっぽいから、私から別れを言い出すね、というところは一致。

でも、その後は・・・

彼女は未練があるみたいだし、強気彼女だったら、もう顔見せるな!ってのもありか・・・

そう考えると、酷いのかな?

彼女の気性によって意味合いも変わるけど、私はやっぱり姿は見せないよって言う事かなと思う。

まぁ、どっちでも良いけどね。

いいけどどっちなのかなー

2018-03-10

こないだふと、あれ、もしかして自然消滅を狙われているんじゃないだろうか、という予感を抱いてしまった。

仕事が忙しいから次に会えるのは4月以降かと」と言われて、「年度末だもんな!そうだよな、分かった!」と信じて疑っていなかったのだが、ふと自然消滅可能性に思い至ってしまった。

世の人間はこの恐怖に怯えながら日々暮らしているのか?だから女は毎日連絡を取りたがるのか…?

ええ…、知りたくなかった…。

連絡マメではない彼氏遠距離になるのが不安

どうでも良いLINEとかしないタイプみたいだけど私はしたいタイプなんですよね

せめて週2くらいは連絡とりたい

今まではすぐ会えたので良いけど

これから遠距離になったら

自然消滅とか

相手は忙しいのに勝手不安になってたくさん連絡して嫌われたりとかしそう

2018-03-09

anond:20180309124712

昔、ネット婚活で知り合った紳士と一回目のデート中に手をつないでいいかって聞かれて、びっくりしつついいですよって手をつないだら、すごく嬉しそうにしていただいて、ちょっとキドしたこと思い出した。確か葛西水族館行って、ついでに公園散歩してたんだっけかな。

なんでOKたかというと、清潔感OK会話も成立が前提だけど、「私を」わりと評価してくれてることが、直接言葉で言われたわけではないけど、なんとなく感じられたから。

そういう「あなたポジティブ評価してますよ」というのを表情とかで出せる人は、ああいう場で強いと思った。

興味関心が違いすぎてその方とは自然消滅でしたが、たぶん合う女の人見つけて今頃幸せにしてらっしゃるんでないかなー…

2018-03-07

彼女いない歴=年齢なのに、経験人数20人の僕。

誰にも言えない話なので、ここで吐き出そうと思う。

ちなみに経験人数20人の中に、風俗または金銭の絡んだ関係は含んでいない。

今僕は24歳。埼玉に暮らすしがないサラリーマンである仕事も2年目がそろそろ終わるころで、同じ年齢の男であれば、人によっては彼女との結婚も考えるような時期だ。ただ、僕には将来を考えられるような彼女はいない。それどころか、24年の人生でただの一度も彼女ができたことがないのだ。

しかし、経験人数だけは20人を超えている。せっせと様々な女性セックスをしてきたが、本当に好きな人と肌を合わせたことはない。

恋愛をしたくないわけではない、ただ彼女がほしいとも強く思わない。おそらくこれは自信のなさから来ているのだと思う。

僕は自己肯定感が低い。能力、外見、性格全てにおいて。

ただ、人から評価はそれなりに高かったりする。

身長は180cmあり、顔もかっこいいと言っていただけることが多い。学歴一般的にはかなり高いと言われる水準にある。営業職でそれなりに成果も出しており、人とのコミュニケーションに難があるわけでもない。彼女がいないことに驚かれたり、ゲイなんじゃないかと本気で疑われたりする。確かに持っている要素だけ掛け合わせたら、どう頑張っても彼女ができないというスペックではないのだろうなと思う。

でもとにかく自信がないのだ。

誰かの信頼できるパートナーになれるイメージが全く湧かない。それなら一人のままで良いのかもしれないと思ってしまう。

そんな僕の前にタチの悪いおもちゃが現れたのが、つい3年ほど前。出会い系サイトだ。

興味本位で使ってみたところ、あれよあれよと言う間に30代の女性と会うことになり、童貞卒業した。

別に深い関係を築かなくてもセックスはできる。夕方から夜に会えば、自信のない外見をまじまじと見られることもない。

完全に味をしめてしまった。

その後もたまに出会い系サイトを開いては、好きでもない女性と会ってセックスすることを繰り返してきた。

会って飲みに行ってセックスするだけ。こう書くと簡単そうに見えるが、事前に連絡を続けて心を開かせたり、セックスに持ち込むために会話の内容、店の場所を考えたりするなど、頭はフル回転させていた。失敗することもあったが、会うまで行った時の成功率は8割〜9割だと思う。

ちなみに大体はワンナイト。何人かはセフレの様になったが、3、4回会って自然消滅といったところだ。

そうやって一時の快楽を得るために時間を使って、本当の恋愛をすることから逃げ続けてきた結果、

24歳、これまで彼女なし、経験人数20人超、というロクでもない男が誕生した。身体ヤリチンでも、心は童貞のまま。

心を開いていないが故に、コンドームの上にもう一枚バリアを張ってセックスしているような感覚にも、もう慣れてしまった。

彼女ができたことがないという引け目を、経験の多さで埋め合わせようとしてきたわけだ。

周りが恋愛トークしている時にも、これまで出会い系出会った女性から得た情報を駆使してわかったふりをする。これまでの彼女の話を聞かせて、と言われれば、もっともらしく中身スカスカの話をしてその場をごまかす。

「なんでその時の彼女と別れたの?」「お互い忙しくて中々会えなくて...(まあ多分、世の中のカップルの別れる理由ってこんな感じだろ)」

「いつから彼女いないの?」「うーん、半年くらいかな...(母親お腹にいる時から今この時までいないけどね)」

「何人と付き合ったの?」「4人かな...(中学で一人、高校で一人、大学で一人、社会人になってから一人ってことにしとくか)」

彼女 or 彼氏マンネリなの、実は気になっている人がいて...みたいな相談をされることもあるけれど、何と答えて良いのか全くわからない。恋人とのあれこれなんて、一切経したことがないのだから女性デートした経験なんて、真面目系なマッチングアプリで会った人と浅草寄席を観に行ったことくらいだ(ちなみに途中で完全に話題がなくなり、無言のまま別れてその後即LINEブロック)。

"拗らせている”自分言い訳に、恋愛から逃げ続けている最中だが、そろそろ自分自身ときちんと向き合わなければとも思っている。

ただ、つい先日も出会い系で会った女性ワンナイトしたばかり。見た目もタイプ性格も良いなと思ったので、その時は食事だけで、今後しっかり関係を作っていきたいと考えていたのにだ。途中で「あ、イケそうだな」と思って、自然ホテルに連れ込んでしまった。「ヤレるか、ヤれないか」という視点女性を見てしまっているのが、完全にヤリチンのそれで自分辟易する。もはや軽い病気である

好きな人と過ごす時間ってどれほど幸せなのだろうか...そんなことをぼんやりと考えながら、僕は今日出会い系掲示板を眺めている。

2018-03-05

秒速5センチメートルクズの本懐NTRではない件

秒速は中学時代付き合ってた彼女高校で別れ別れ(自然消滅)になってそのまま他の誰かと結婚して主人公が途方に暮れるだけ。

クズ共闘した奴ともども相手告白して玉砕、その後共闘した奴とセックスして傷の舐め合い、一方告白された側はそれ同士で結婚



からNTRではない。振られた(振った)相手に未練たらたらってのまで入れたらそりゃNTRってなるわ。

2018-02-21

昔の恋愛の話

からこの匿名で書ける日記というものを書いてみたかった。ので、書いてみる。

最初はどうでもいいことを書こうかなとも思ったけど、結局今一番吐き出したいと思ったのは昔の恋愛の話かなと思ったのでそれについて吐き出そうと思う。

自分バイだ。たぶん。

多分というのは、未だ本当に好きだと思えるのが同性の人しかいないから。

それでもバイだと言うのは、今まで付き合ったことがあるのは全員異性だから

性的関係のみで言うなら、どちらも経験がある。

でも、やっぱり最初に好きになった同性のあの女の子が今でも一番好きなのだ

それは今やただの思い込みというか刷り込みというか、たぶんそんなような何かなのだと思う。

だとしても忘れられない。

私は彼女小学高学年の頃から肉体関係を持っていて、中学二年生になる前に、ある時ぱったりとやんだ。

だけどそれ以降、その話はタブーとなっていた。私から話すこともなかった。でも私はあのときの、最中彼女を見て好きになったのだと思う。

今でも思い出せるし、未だに夢に出てくることもある。汗のにおいを嗅ぐと、必ず彼女のことを思い出す。するときもお互いにシャワーなんて浴びなかったから、汗臭かったんだ。

彼女とは小学生からの付き合いで、中学は違ったけど、高校自分が同じところを志願してまた一緒になった。

クラスは違ったが部活は同じだったため、放課後はいつも一緒にいた。中学の時からもちょくちょく遊んでいたが、更に遊ぶ頻度が増えた。

とても充実していた。お互いに親友と言える仲だったと思う。

でも、ある時彼女から彼女が出来た」という報告があった。

ショックだった。

彼氏だったらきっと、諦められたと思うのに。

同じ女に負けたのだ。つらかった。こんなことなら、告白してみればよかったと思った。もう遅かった。

でも私はそんな気持ちとは裏腹に、「おめでとう」と言ったと思う。

家に帰ってから、泣いた。

二年生にあがってから自分担任との不和不登校になった。

それから彼女どころではなくて、暫く彼女どころか周囲の人間との連絡を断っていた。

あの時は精神的に不安定だったと思う。一日中家に引きこもってネット依存していた。

高校は結局通信制のところに転校した。週に二回通えばいい、楽な学校だった。

友達はできなかったが、学校と言っても授業を受けるわけではなくただマークシート式のレポートを進めればいいだけだったのでとくに不都合はなかった。

ネットでは順調に友達も増えて、一日中Skypeしていたりととても充実していた。

しだいに彼女ことなど、忘れていった。

ある時、ネットで知り合った男の人、A(仮名)と付き合うことになった。

既に10年ほど前の話なので記憶曖昧だが、私はAのことがきっと本当に好きだったのだと思う。

恋愛気分を楽しんでいたフシがないとも言えないが。それでも恋愛的な意味で好きだったと思う。

いや、恋愛気分を楽しんでいたというより、初めて自分の女の部分を求められたという事実が嬉しかったのかもしれない。今になっては分からないが。

ともあれ、私はこの時初めての彼氏が出来た。

でも、長くは続かなかった。

彼は私と知り合った後にニコ生を始めており、夜に一日一回の放送を行っていた。それは付き合うことになってからも変わらなかった。

私もリスナーの一人として放送に参加し、放送終了後に個人通話をしていた。

しかし、私は一人の女リスナーが参加したことによって彼の対応嫉妬し、放送を見るのをやめた。

それから先、あまり彼とは連絡を取らなくなった。

放送は一日一回と言っても、一枠(30分)だけとは限らなかったためだ。放送終了後の通話も、あまりできなくなっていた。

以降、彼とは段々と距離が離れ、自然消滅した。

そのあと、ある時彼女のことを思い出した。なんだか悲しくなって、私は考えるのをやめた

その時期はAと付き合う前に親しかった友人と、毎晩寝落ち通話をしていた。

本当にただ寝るためだけの通話。友人が深夜の3時に帰ってこようと、寝落ち通話ができないと寝れなくて、必ず待っていた。

彼を結果的に裏切ってしまった罪悪感といろいろな感情がまぜこぜになって、情緒不安定だった。

それからしばらくして、私はネトゲにハマり始めた。

某SNSで仲良くしていた人にすすめられて、FPSを始めた。

その頃はまだクソスペPCだったため、初めてバイトをしてゲーミングPCを買った。

クランに入って、新しい友達がたくさんできた。クラン外の人とも仲良くなって、色んな通話に参加するようになった。

それと並行して、MMORPGも始めた。そこで一部のクランの人とギルドを作った。身内ギルドで人数は少なかったけど、普段行くIDは4人までだったからちょうどよかった。

人のいる時間FPSをして、人が少なくなったらMMOレベリングバイト半年ほどでやめた。学校は行っていたが、それ以外は引きこもりをしてゲーム満喫していた。

暫くすると、私達のやっていたFPSは停滞期を迎え、過疎化が進んだ。そのため私たちMMOをメインに活動することとなった。

その頃にはゲームシステムもある程度理解しはじめており、MMO内でのフレンドも増えた。

その中に、B(仮名)という男がいた。

Bは常駐chのそこそこ強いギルドギルマスで、ch内でチャットをして知り合ったのがきっかけに仲良くなった。

Bともう一人の大きいギルドギルマスと私との三人でギルマス会議なんていうSkype会議を作って、三人で別ゲーをするほど仲が良かった。

もう一人がいない時は、個人通話もよくした。

そしてある時気づいた。自惚れではなく、Bは私のことが好きだということに。

Bは私よりも年下で、可愛がっていた自覚はあるがそれ以上の感情はとくに抱いていなかった。

その時にも、彼女とのことを思い出した。

それで私は、もしかしたら彼女のことを忘れられるかもしれないと思って付き合うことにした。

数回会って、私はこの時に処女卒業した。

初体験はなんてことなかった。Bは可愛かったし、そこそこ楽しめた。

Bは童貞だったし私は処女だったのでセックスはそこまでいいものではなかったが。

でも、彼女のことは忘れられなかった。結局、Bとも半年ほどで別れた。

そのあと、もう一人同じゲームで知り合って付き合った。

その時の私は正直彼氏が欲しいというわけではなかったし、まだその時は彼女のことを考えていた。

から、そのことを伝えたら「それでもいい、忘れさせる」と言ったか半信半疑で付き合うことにした。

期待はずれだった。あんなに自信ありげだったのにセックスは下手くそ性格クズ最初に言った言葉も全部嘘。その場のでまかせだということが後に発覚した。

結局コイツはやりたいだけだったんだな、とあとから気付いた。こんな馬鹿に騙される私も私だった。

暫くは彼氏など作らないと決めて、またバイトを始めた。

ゲームは飽きつつあった。

ここまで書いて、私はとんでもないクズビッチなのだと思った。

いや、ビッチかどうかは知らないが確実にクズではあると思うし、貞操観念もどこかおかしいと思う。

うーん、貞操観念についてはなんというか。あまり価値がないように思っているんだけど多分変なんだと思う。でもどうでもよかった。

あの時は女としての快楽を得られたら彼女のことを忘れられるかもしれないと思っていたし。

このあと、彼女から久しぶりのLINEがきて彼女の働いている男装ホストバーに客として行くことになったがあまり脈がないことに感づいたもののやっぱり好きだと思ってしまった。

まだ好きです。これは恋愛感情なのかなあ。一回フラれてみたらスッキリするのかな。いや、そんな勇気ないんだけどさ。

ここ数ヶ月連絡なんて取ってないけど、それでも告白する勇気もフラれる勇気もまったくない。

フラれるくらいなら一生、昔の親友だってことを彼女が覚えていてくれればそれでいいかなって思う。

そう、フラれるくらいならただの親友、でも一時期は一番仲の良かった親友だった、ってその思い出だけで飾られていたいと思った。

以上です。

文章とか色々めちゃくちゃだし、今こうやって文章にしてみたらすごく嘘くさくて作り話みたいだと思った。でもいいや。

もしよかったら、これを忘れる・吹っ切る方法だけ教えてください。

自分に酔ってるような文章だなあと思ったけど、自分が酔ってるからだと思うのであんまり気にしないで欲しい。

2018-02-14

会社を辞めようと思っている

体がついていけなくて休みをもらいました。

増田には書き込みできてんじゃねーかという話はご容赦いただけると嬉しいです)

【辞めたい理由

業務内容についていけない。数学が大の苦手なのに金融なんて、選択を間違えた

プライベート美術デザイン方面評価をもらってて、やりたいことがある

・ただ最近は、ストレスからか「興味」「生きる楽しみ」「生きる意味」みたいなのが感じられなくなり、

 何をしてもむなしい。不眠と鬱(休職経験あり)に陥っている

・このままだと精神健康を失うことが目に見えている。完全に壊れる前に辞めたい

・いい上司や先輩に恵まれたと感じたことがない。私以外の人間関係はできあがっており、孤立している

・体調崩した後、労働条件を変えられた(呑めないなら辞めろとも言われた)

 ①社宅あり→なし

 ②総合職一般職

 ③首都圏配属→地方配属

・↑が全員平等な条件ならともかく、うつ病後でも社宅あり首都圏総合職なんてザラにいることを知った

・体調に配慮して業務量を調整してはもらっている(医師診断書が出ている)。しか

 ①「調整」といいつつ普通業務量(残業代なし)。総合職並み(研修や当番は免除

 ②「調整」している(会社としては普通業務量を任せていない認識)ため、人事評価普通以下とする旨の通達

 ③体調配慮の件がヒラには周知されていないため、「何であの子だけ特別扱い?」と反感を買い孤立が加速

【思い留まる理由

生活のため。幸い実家は健在だが、想像を絶するド田舎で、働き口はない

東証一部上場企業新卒正社員というブランドにしがみついてしま

社会全体から見ると恵まれているほうだと思う(4年目事務職資格なしで年収330万、休暇も取りやすい)

会社を辞めてどうするかなんて展望はないけど、とにかく現状から逃れたい。

休職は結局会社に戻らないといけないため、心が休まらなかった。

精神壊したら元も子もないという焦りだけが頭にこびりついてる。

20代前半を完全にどぶに捨てた気がする。

付き合っている人(社内)はいるけど、結婚の話は一向に出ないし、辞めたら自然消滅だろうな。

(こういう悩みは一切話してない。ネガティブなことを話して嫌われたくない)

手帳を取って障碍者枠、も考えたけど、親に泣いて止められた。親を泣かせてまで取りたい手段でもない。

会社友達作りの場でも、楽しいだけの場でもないことは理解しています

でも、苦痛のみを味わい楽しみが一切ない苦行の場である必要もないと思ってしまます

生活のためと割り切って、いるだけで給料がもらえると思えば…」→いることで精神が削られる場合はどうしたらいいんですか?

ちょうど1年前に退職を申し出たときは、引止めにあったけど、結局1年間決心は変わらなかった。

甘いですか。もう少ししがみつくべきですか。

追記:4大卒(1浪)、新卒入社4年目、もうすぐ5年目の女、27歳です。反応ありがとうございます

追記2:【再度辞めようと思い立った理由】先日、若手の間に受けるべき資格試験を全部受け終わった。

    「ここまで頑張ったんだし、昇格まで居座るか!」という考えが浮かんでくるかと思いきや、

    「逃げずに頑張ったと言う自己肯定感が出来た。悔いはないから辞めてもいいや」って考えになった。やっぱり深層意識

    辞めたがってるんだと感じた。

2018-02-05

彼氏がいないの私だけ

大学の仲良し5人グループ

入学して割とすぐ仲良くなった。

春に1人、夏に2人、冬に1人彼氏ができて、

最後に残ったのは私だけ。

彼氏の出現でなかなか5人の暇が合わなくなり始めた。

からそんなガチ女子会でもないし、このまま行けばグループ自然消滅

どうせ解散するなら、私も彼氏作っとかなきゃ1人だけみじめな去り際だ。

私はこのまま負け組のままか!?

誰かー!誰かー!

[] #49-2「先輩の恋愛遍歴」

カン先輩は恋多き人だった。

押しの強さで出だしは良いものの、そのあとは失速するというのが一定パターンだ。

いつまでたっても恋愛下手で、恋人が出来ては何らかのヘマをして破局するという工程を繰り返している。

割と器用な人だと思うのだが、こと恋愛になると不器用になってしまう。

ちょっと“リキ”が入りすぎているんじゃないですか。稼いでいるのに、恋人相手に大半を散財したこともあるでしょ」

「“大半”ちゃうガチャ課金と同じで天井をちゃんと設けとるから

「それって傍から見れば、トランポリンの上で跳びながら『天井にぶつかっていないか大丈夫』って言っているだけですよ。まずトランポリンを取り除いて、それから天井の高さに意味があるのか考えないと」

「マスダ、お前の例えは分かりにくい」

かに我ながら分かりにくい例えだと思った。

「……ともかく、自分をもう少し客観的評価してみれば、原因が見えてくるんじゃないでしょうか。例えば、先輩の過去恋愛遍歴から学んでみては?」

「ん~、あんまり思い出したいもんちゃうけど、ちょっと捻り出してみるかあ……」



…………

先輩の初めて恋人は、合コンで出来たらしい。

その場の雰囲気で半ば成立した急造カップルだったが、それでも先輩は始めて出来た恋人に浮き足立っていた。

「とにかく失敗したくない」という想いだったらしい。

それ自体は間違ってはいないのだが、どうにも想いが強すぎたのだ。

先輩の恋人に対する言動はひたすらに受け身で、自分からは何も行動を起こさなかった。

また相手もそこまで積極的タイプではなかったため、デートすら出来なかったとか。

そのため客観的に見れば、ただの顔を見知っているだけの間柄だった。

そして数週間後、「別れましょう」という簡素な内容のメールが送られてきたという。

事実上自然消滅だ。

こうして先輩の初めての恋愛は、そもそも始まっていたのかすら疑わしいレベルであっけなく終わった。

その話を俺にしたときの、カン先輩の感想がこれである

「あ~あ、何でフラれたんやろ。何もしてへんのに」

「いや、何もしてないからフラれたんでしょ」

「は?」

「だから、何もしなかったら成功可能性もないでしょ」

「セイコウ?」

「俺、何かおかしなこと言ってますか?」

このときの先輩の間抜けっぷりは、本当に同一人物なのかと疑うほどだった。

(#49-3へ続く)

2018-01-28

anond:20180128124928

世間には相容れない色んな思想の人たちが沢山いて、そういう人たちがSNSスマホの普及で同じ場所に出くわしやすくなった、というだけ。

それのせいでネットリンチレスバトルが増えたからと言って、それの何が悪いの?とは思う。飽きるまで殴り合うか、藁人形ボッコボコにして自然消滅するだけだよ?

実際に待ち合わせして殺し合いでもしたら満足?まぁそうすりゃどっちか片方は消えるから世間は静かにはなるね。

結局この手の良い子ちゃんはどうすりゃ満足なの?

2018-01-26

1月の教訓「普段休めない仕事は いざという時も休めない」

普段から休めないので年休がオラオラたまっては毎年度末に自然消滅していく仕事についている。

そんな職場における今年の1月はこうだ。

年始正月だけど誰か職場に残ってないといざって時対応できないから交代制で出勤してくれ」

インフル「休んでいるやつが多くて職場ヤバイちょっと体調がすぐれない程度の奴は出てきてくれ。ただしインフルになったらすぐに病院にいけよ。今年のインフルは熱が出ないこともあるらしいから見極めは完ぺきにやってくれ」

大雪電車普通に動いてるんだから職場に来てくれ。念のためいつもより早く来てくれよな。取引先の中には雪で休んでる所もあるらしいから、そっちがやる仕事を軽くするために、いつもより細かい部分まで仕事をしてもらうぞ」

インフル流行寒い中出てきて体調を崩したやつがいるらしい。頼むからインフルにかかったら病院に行ってくれ。ただし、インフルじゃないなら絶対に出てきて欲しい」

なおインフルでもないのに病院に行ってしまった人は、「こんな時にサボるなんて何を考えているんだ」と言われておりました。

この職場はもうだめです。

結論休みにくい職場根本的にモラルが終わっているので辞められるなら辞めるべきだし、そもそも入らないように注意すべき」

わかりやすく教えて欲しい電力需給

例えば、淀川で毎時1万リットルの水が流れていて、

飲水として毎時8000リットル取水するとする。このとき、毎時2000リットルは海へと流れていくことになる。

 

これを敷衍して、発電会社が毎時1000kWの電気を発電して電線電気を流す。

家庭では、毎時800kWの電力しか使用しないとすると、

毎時200kWは電線の中で自然消滅していることになるという理解でいい?

2018-01-23

anond:20180123013535

多少のブスでもモテる子はモテる

まずこれを念頭に置きましょう。

その上で、まず友人の中で一番モテる子と一緒に買物に行け。

一緒に次の合コン行く子なら、それがベスト

頭を下げて、いろいろ教えてもらえ。

メイクスキンケアヘアケア、何使ってるか聞いて全部真似しろ

服も真似しろ

高い服は着なくていい。

大事なのはサイズ統一感だ。

男目線では、いろんなブランドをチグハグに着られるのが一番キツい。

女子大生香水はキツいから、フレグランス付のボディークリーム使え。

合コンでは、あんまり喋るな。

オトコに喋らせろ。

さすが、しらなかった、すごい、センスいい、そうなんだ。

これだけずっと喋ってろ。


二次会カラオケだったら狙ったオトコの近くに行け。

わたし、顔赤いですか?」

これだけ言え。


彼氏がずっといないとか、あんまり言うな。

オトコは、手に入らないモノが欲しいんだ。

彼氏はいるけど、いま別れ話の最中

「つきあいかけたオトコがいるんだけど、自然消滅した」

こんな感じが一番とっつきやすい。


がんばれ。

2018-01-20

よくある話

5年以上付き合ってきた彼女がずっと嘘をついていた。

4ヶ月前に、ひとつ彼女の大きな嘘を暴いてしまったのがきっかけで、連絡が取れなくなった。

一般的にはもう自然消滅で済ませていいのかもしれないけれど、それなりに長い期間付き合ってきたし、一方的な連絡の途絶で、気持ちに納得がつかなかった。

から、家を訪ねてみた。これが1ヶ月ほど前。

彼女実家住まいで、関係家族に知られていないから、かなり勇気必要だった。

それでも行ったのは、連絡が取れなくなって自分の方が精神的に滅入ってしまったし、年末だったから今年のことは今年のうちに、と謎の衝動に突き動かされたからだ。

インターホンを押したら、彼女のお祖母様が出てきて、今日彼女は留守だと伝えられた。

素直に、連絡が取れなくなって心配で来たと伝えた。

祖母様もかなり彼女のことで心配が多いらしく、たくさん色々なことを話してくれた。

その過程で、その他いくつかの嘘も知ってしまった。具体的には言えないが、大学や、通勤先などについてなどだ。

嘘をつかれていたこ自体は、自分でも驚くほど怒っていない。というのも、なんとなく感づいていたからだと思うが。

彼女の家庭環境は複雑で、思う通りにいなかないことも多かった。

だけどもプライドは高いから、うまくいかない自分わたしに知られたくなかったのかもしれない。

彼女がいままでたくさんの嘘を重ねてきていたのだとしても、その嘘でわたしの前だけでは理想自分でいられたのなら、それでいい。

だけれど、嘘を重ねるのが苦痛だったのだったら本当に悪かったなと思う。

たぶんこの関係はもう駄目になってしまっていると思う。連絡はこれからも待つが、これを書いたらもう気持ちを切り替えることにする。

女の子を好きになって苦しいことも多かった。想像できない未来に何度も泣いたし、同級生たちが楽しそうに彼氏の話をしている傍らで神さまを恨んだり、自分を恨んだりもした。

彼女の家から帰る間際、お祖母様がいつも〇〇さんのことは楽しそうに話すのよ、嫌いになることなんてないよ、と仰って下さった。

それだけで、もう充分だ。

何度もなんども彼女に救われてきたし、強くなれた。

開けてもらったピアスの穴は、これからもずっと大切にする。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん