「本命」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 本命とは

2021-07-22

anond:20210721231320

自分もそういうことがあった。

やっぱり受験期なり就職考える時期なりになると、どんなに親切な子どもでも

親のスネかじってる学生身分で親しい他人の面倒までみていられない

というのが正直なところだろうとおもう。

親に滑り止め代30万とか払わせておいて本命落ちたら申し訳がなさすぎる。

一応、自覚はあったので卒業式最後に顔合わせたとき

急に冷たくなってごめんねとはあやまっておいた。

同窓会でけっこううらやまれるような職について結婚してうまくやってるみたいというのをしって安心したし

うそれ以上かかわりはない。

おまえは友達の「親」にまではなれなかった。

受験鼻歌気分で余裕でのりこえられる天才でもなかった。それだけだ。

2021-07-18

母親に「誕生日何がいい?」と聞かれてるだけなのに、涙が出てしま

誕生日、何がいい?」

 母親に聞かれて、わたしは喉から出かかった言葉をつぐんだ。別に欲しいものがないわけじゃない。むしろネットショッピングは好きなの方なので、「これいいな」と思うもの結構ある。

 けれど、この時ばかりは、何も答えられなかった。

 頭が真っ白になって、欲しいものが思い浮かばなくなって、23歳になる、もう結構大人なのに、思春期みたいに「どうせ言っても意味ない」とばかり考えてしまって、悲しくなる。

 どうしようもなく、涙が出てくる。

 たった一言なのに、なぜこんなにも涙が出るのだろう。

 そう考えて、ぶわりと、過去の思い出が連想されて、蒸し返ししまたからだと気付いた。

 中学生の時、欲しいものがあった。

 わたしは絵をかくのが好きな子供だったので、ペンタブレット結構なあこがれがあったのだけど、それを母に見せて誕生日にねだったら「何それ笑」と一蹴された。

 鼻で笑われてしまって、当時、かなりショックだったことを覚えている。

 結局、誕生日プレゼント古着の服だったけ。それはそれで普通にありがたく着てました。

 

 思えば、それ以前にも、母親わたしを軽んじている節があったので、よく馬鹿にしていた(いや、まぁ普通に馬鹿子供だったか普通に馬鹿にしてただけかもしれない)。

 だから中学生の頃は、結構勇気を出してほしいものを口に出した。まぁ、相変わらず鼻で笑われてしまったけれど笑笑

 

 高校生ときは、ナチュラル誕生日を忘れられてたっけ。あのとき普通にショックだった笑。

 まあそんな母親だけど、ケーキは買ってきてくれていた、ような気がする。

 気がする、というのはわたし記憶にあまり残ってないから。毎年祝われていた感覚うすい

 

 なんでうすいんだろう。と考えて、思った。

 ずっと母親に嫌われていると思っていたから(実際に嫌われていたのかもしれない)、ありがたみとか、感謝とか、感じてなかった訳じゃないけど、怯えと遠慮が勝って印象にあまり残っていないのだ。

 愛されていた感覚うすい家事を手伝ったって、「お前にされても嬉しくない」とバッサリ言われるのだからわたしは常に母親の顔色を窺って生きていた。

 だから子供の頃から、あまりうれしくないプレゼントをもらっても、もらえなくても「祝ってくれるだけでうれしいよ」と模範解答が言えた(実際にその答えは一般的美徳でもある)。

 

 けれど、大人になって、いい子ちゃんを演じる必要がなくなったときに、抑圧されてきたわたしの中の子供が泣いているのだ。

 今更わがままを言ったって大人なんだからしょうがないけれど、わたしの中には確かに、未だ愛されたい子供がいる。

 10年余りの時を経て、当時にくらべて随分性格が丸くなった母親に「誕生日、何がいい?」と聞かれ、「ねこちゃん」、とか「イグアナ」とか、まぁ欲しいけど本命じゃないプレゼント適当に言う。

 けれど本心では「どうせ本当のことを言ったって応えてくれない」という思いがある。

 子供の頃から親を信じて、期待してきたのに、男を家に連れこんであんなことあこんなことを見せつけられて、裏切られ続けてきた結果、信頼できなくなってしまった。

 愚痴サンドバックにはもうならないように回避できるし、適当に話を合わせられるけど、心から信頼することはもう、できないんだな。

 それがとても、かなしい。

 たとえプレゼントをもらったって、祝ってもらったって、本心から喜べない自分がいやだ。

 もう卒業しなきゃいけないのに、自分の中に子供がいる。どうすればいいんだろう。

 つらいな。死にたいな。

 「あんたにプレゼントをもらっても嬉しくない」といえたら、どんなにスッキリするだろう。

 けれどスッキリするのはわたしだけで、母親はきっと泣いちゃうから大人として、その言動はどうなのって思うし。  

 もらえるだけでありがたい、本心でそう思えるような人間だったなら、どんなに良かっただろう。

 誕生日に死のう死のうって思っても死ねないアホだもんね、仕方ないね

 こんな、世間一般で見ればくだらないことでもやもや悩むのはもうやめにしよう、と考えて、未だに辞められない日々を過ごしながら、自分と向き合って少しづ改善できたらいいな。

 こうして文章にして吐き出したら、整理できたし、すこしスッキリできたので、今日は泣かずに寝れそう。

  

 おやすみなさい。

2021-07-14

百合界隈「百合アピール本命の男を釣りたいクソ女」多すぎ問題

最近百合界隈は荒れに荒れてるのはご存知だろう(知らない人は、覚えてね♪ オイラ・・・

フェミニズムと絡めて語られることも多いが

その点なら女視聴者に寄り添う洋ドラや邦ドラも同じであり

これはさしたる問題ではない

(そもそも百合は女と言う読者が多いジャンルでもあるし、存在さえ認知していない男もいる) 

 

主に炎上する点は「創作内における男の扱い」についてが基本だ

経験ある者を百合と見なす

男を百合に挟むか 

TS百合を認めるか

 

そして、百合業界にはそのLGBTフレンドリーであるがゆえの

根本的な「優しさ」「理解」を曲解し、

誰にでも優しくして八方美人にしたがるものも多い

(敵兵と戦地酒盛りしよう、的なリベラル特有のアレな発想である

まあここまではいい 他のコンテンツでも比較的よく見かける偽善者存在

 

百合界隈にとって一番致命的なのが

「Lを自認してると喧伝しておきながら結局男の為の百合を作りたがる」

女が多すぎるのである

 

いわばL、Lのアライを詐称して界隈の注目を浴びておきながら

結局はNLBL作品ばかりを創ったり、好んだり、おそ松さんやヒプマイだのを好んだりする手合

監督地雷だと分かっててワンダーエッグに(率先して)騙されようとした手合

そして現クールのあのアニメだ 

ヘテロホモ 揺れるアイデンティティを弄んで恋愛快楽を得ようとする手合

これが驚くほど・多く・わんさか・沢山・「腐」るほど・いるのだ

 

萌え豚男性諸兄にはとても不思議に思えるだろう

例えば安達としまむらラブライブなどに種付けおじさんが出てきたら

萌え豚ガチギレするだろう

ホロライブに種付けおじさんが公式参戦したらキレるだろう

 

しかし、この女手合は「それもまた愛だよね」

で認めよう的な雰囲気さえ作り始めるのだ(恐ろしい!) 

 

 

彼女らは百合をいわば「男を釣る」ための道具として扱う

Lを詐称し、心では韓流イケメンデカマラを欲しておきながら、したり顔独自百合論理を振りかざす

「男を知ってた方がむしろ本物の百合

トランスっぽいTSというジャンル、あるいは男経験を認めない百合処女厨 真の百合豚ではない」

百合現実同性愛は別もの

 

そして本命は結局、中性的ブロマンス()な男なのだ

あるものは「百合界隈にウンザリした」と吐き捨て、NL妄想へと還っていく

あるもの自分たちBL妄想を隠そうともしない

3L好きです、などと言いつつレズビアン自称することの矛盾に気づけないのか?

 

 

ハッキリ言おう

百合は、お前たちの異性愛的な恋愛駆け引きの道具ではない

迷惑である 今すぐ消えろ

 

 

彼女らが独自の、自分のうちに秘めた、異性愛本位な快楽にそった百合理論を振りかざす限り

この手のクソ議論は延々と続く

なぜなら外から見た「当事者」がこの体たらくなのだから

そらTS好きのヘンタイ連中も、百合と言うジャンル内で何したっていい、という発想にもなる

 

「3Lを愛します 全ての愛は愛です」

博愛主義を気取り、あまったるい考え方のバカ恋愛脳、異性愛脳の女連中が

奇麗ごとを並べて 全てを認めようと抜かすのだ

そういう考え方で荒されまくるのが百合というジャンルなのである

2021-07-11

[]も悪趣味すぎた件について(ネタバレ有)

100日ワニを見てきました

えぇ、わざわざ踏みに行きましたとも

見えている地雷
 

感想としては可もなく不可もなく

特に不快感もなく60分拘束されるだけだし、時間をムダにしても気にならないんなら見に行けばいい

本音を言えばお前らにも苦しんで欲しい



客が少なくて空調効きすぎてるから防寒対策必須

オレはおなか壊して二周見ることになった

南無三



ストーリー概要



ワニが死んだ後にやってきたカエル君がワニのポジションを引き継ぎましたとさ、ちゃんちゃん

以上、閉廷!

ほんとうにこれだけの映画です

対戦ありがとうございました

合わない人にはキツいだろうし、まぁつまらないのもわかる

そもそも原作のものが、おもんないし

1点だけ擁護するとしたら

尺稼ぎがどうのとか作画がどうのこうのって批判はズレてる

それは間違いない


だってこれ4コマ漫画映画化よ?


100日間かけて成立してたコンテンツメッセージ性を入れて完成させただけで称賛モノでしょ


みんな、誰かの死を抱えながら生きてる


ありきたりなメッセージですが、表のテーマはこれだと思います

ポジションを引き継いだうんぬんは勝手妄想なので後述

登場キャラ達はワニ君がきっかけで友達になっただけだから、ワニが死んで疎遠になってしま

みんな気分が落ち込んでる中、田舎から能天気カエル君がやってくる

このカエル性格がワニと正反対でとにかくウザい

バイクが好きで友達欲しさで誰にでもダル絡みするガイ

バイトのヘビちゃん告白するも爆死、ついに心が折れる

で、カエル田舎親友を亡くしてたことが明らかになるんだ

それをネズミ君(ワニの親友)に打ち明けて仲良くなる

親しい人が亡くなった悲しみを共有して仲良くなるってのは、不謹慎だけどリアルに感じたよ

死に直面した反応は人によりけり


ネズミみたいに落ち込むのか、カエルみたいに無理に元気出して空回りするのか


クソ浅いけど、バイク物語キーになってる

カエルは修理屋のネズミバイクの調整を依頼する

カエル「いや~、なんか最近バイク調子悪いんすよね」


実はこのバイクどこも悪くないんすよ

悪意をもって考えれば、ネズミ友達になりたくて必要のない修理を依頼しただけに見えるけど

そうじゃないんすよ


直接は描写されないんだけど、カエルバイク事故親友を亡くしてて(たぶん)

カエル親友を思い出してしまうからバイク無意識に避けてた


それを察したネズミ

「このバイクどこも悪くなってないよ(お前はまだ走れるぞ、頑張れカエル)」って励ましながら

いつまでもクヨクヨしてた自分に気づかされる

このシーンは人によっては泣けるかもね



前半のワニの描写基本的カエルと重ねるためのお膳立てです

身内ノリがクソ寒いしワニが出てるシーンはつまら

(ワニの扱い悪すぎてカワイソス



お前の代わりはいくらでもいる


そうしてカエル君は見事にワニのポジションに成り代わる、ちゃんちゃん


<お前の代わりはいくらでもいる>こっちが多分本命テーマ


画風や普段twitterを見るに原作の[きくちゆうき]氏は死ぬほど趣味が悪い

監督脚本原作か知らんが死ぬほど悪趣味なやつが制作陣に紛れてる


原作者説濃厚



空いた席には気がつけば他の誰かが居座っている

心のスキマが出来れば駆け魂が住みつくし

上司定年退職すれば誰かが昇進する



当たり前の話だけど、それって人間関係でも同じよねって

自然の摂理というか所詮現実はそんなものって

ホントカスみたいな主題だと思う


良い悪いじゃなくで逃れられぬカルマって感じ

ニュアンスよ!これで届いてくれ!



与えた影響は不変

人間が生きてれば、良くも悪くも影響を与える


 ポジションを奪われて

 存在を忘れ去られたとしても

 他人から受けた影響ってのはその後の人生で消えることはない


 それが生きた証になるんだよ~ん    』


くっさ

けど伝えたかったのはそんなとこかなと


ネズミくんはワニの真似して

ミカンのうまさに101点つけたり

六時の真似をしたりする


まぁわからんくはない


オレだって

ファミレスライスペペロンチーノオリーブオイルかけて食べたり

麻雀で初手字牌を切らないように意識したり

ALI PROJECTの曲が唐突に聞きたくなったりする


・・・・・・・・・・。

急に思い出してしんどくなった。

すまん。

100ワニプロジェクトは実質詐欺



これは多くの人が勘違いしてるとおもうんだけど、100ワニは感動ポルノじゃないよ

もう一回言います



100ワニ≠感動ポルノ!!!



受け手勝手解釈したのを否定しなかっただけ


映画を見終わってそう思った


感動ポルノものとしてウケちゃったけど、バズったしええか

そんな配慮のなさを感じた


そもそも100日後に死ぬワニをみんなで眺めようって企画死ぬほど悪趣味

から勝手に<命の大切さ>や<何気ない日々の大切さ>が主題だと思い込んでた

オレたちは


だけど違うんだよ

キクチユウキ氏は想像以上に悪趣味だった

ワニが死ぬまでの過程を皆でニヤニヤ嫌らしく見つめること

それが彼の提供たかったエンタメだったんだ


だってキャラの死を玩具にしようと本気で考えるヤツがいるなんて考えもしないよ

サイ〇パスだよ

でもキクチユウキ氏の作風を見てると、そんな気かしてくるでしょ


友人の死を乗り越えて、

それでもなお<お前の代わりはいくらでもいる>

残酷現実を突きつけてやりたい


そんなドロドロした不気味なクリエイター情熱を感じました まる



100ワニ前のきくちゆうき氏


記事を書くにあたって、100ワニ前のきくちゆうき氏のインタビューを読んだ

https://ledgeweb.com/1847/


読まんでもいいです

要は創作キャラのグッズ展開がしたいと


どうやったらグッズが売れるか


100ワニは

どうすればグッズが売れるのか

そこがスタート地点だったんじゃないか


で、金儲けの手段として目を付けたのが香典だった(最悪)


キャラを死なせて香典を作者が回収するってのは手法として理にかなってるよ

自分倫理0点なのでこれに関しては何が悪かったのかわかりません


ツイート控えめで最初から悪趣味企画であることを明言しなかったことか

勘違いされたまま進んで誤解を解こうとしなかったことなのか

まとめ


1).みんな誰かの死を抱えて生きてる

2).死に直面した反応は人によりけり

3).お前の代わりはいくらでもいる

4).与えた影響は不変


ex).そもそもワニは悪趣味エンタメとして設計されてる


映画のものが悪いとこは、ほぼない

声優もまともだから最後まで見ていられる

良いところもない、ひたすらに無難でした


映画は全体的に薄味です

薄めた毒に近いか

人によっては薬になるよ

みんなオーバードーズで死んでね


マルチまがいのプぺ〇だか、過去レイプのトイ4なんかよりは実害はないか作品としてはちゃんとしていたと思います

史上最低の映画とか見る虚無ってのは誇張表現よ、信じちゃダメ


とはいえ、わざわざ劇場音響スクリーンで見る意味はないか

広い箱をほぼ貸し切りってのは気持ちよかったから、公開終了が近づいたらまた行くかもしれません


人身御供になってやったんだからコメントはしてくれよな

投稿駄文失礼以下略


追記

読みにくい部分を少し書きなおしました

反応があるとやっぱり嬉しいものですね



ユアスト>>ニノ国=100ワニ>>プペル>トイ4



自分主観がかなり偏ってる自覚はありますが、制作陣が創作物に思いを注いでいるか評価に直結してます


サメ映画とか顕著ですね

ほとんど見ないけど)

あーこれはクソ映画でどうしようもないけど好きで作ったんだな~って作品駄作ではあっても不快ではありません

そういった意味ではドラゴンクエストユアストーリズは好きな作品でした(オチは許さん)

だってあのビアンカフローラモデル絶対こだわって作ってたじゃん


愛ですよ


私は100日ワニに不快感を感じなかったので、つまりそういうこと

anond:20210711093343

噂では既にワクチンの効かないラムダ株とかい変異株が南米あたりで見つかっているらしい…

こいつが今年の金メダル本命候補だな。

デルタ株はすでに対抗に成り下がった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/10f41306cc26c004ca70d24290114a72057ad93a

2021-07-05

中学校女子トイレ女子私物オナニーした話

夏の土曜で学校休み部活しか無かった時に

誰も居ない校舎に侵入して夏だったから、学校プール道具を置いていってる女子も居た。

中学生スク水と替えのパンツを持って女子トイレに忍び込んだ。男子トイレと違って臭くなくて清潔に見えた。

世の中の男の9割が座る事の無いだろう女子トイレの便座に座って過去最高にギンギンになった息子をスク水パンツでシコッた。

残念ながら本命女子パンツスク水じゃなかったけど、中学の時は顔面崩壊してなければ誰でも性的な目で見れたからその時はとてつもなく興奮した。

いつもより気持ちよくて興奮してて早く射精したせいか量は少なかったけど濃い精子パンツ射精してそれを戻した。プールが終わった後俺の精子付きパンツを履くんだと考えたら興奮が止まらなかった

これほんとに実話

2021-07-04

ツール・ド・フランスの楽しさ【本日無料放送

ツール・ド・フランスに関する増田を書いたところ興味を示された方が少しおられましたので、私が考えるツール・ド・フランスの楽しさを少しずつご紹介できればと思います。うまく伝わるとよいのですが。

なお、私なんかの雑な解説よりもはるかにキチンと書かれた解説文献がネット上にはごろごろあります。内容が少し古いのですが JSPORTS の「ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:Vive le Tour!」などがオススメです。

https://www.jsports.co.jp/cycle/tour/tour_100/

どんなレース

100年以上の歴史を持つ、世界最大の自転車ロードレースです。町から町、村から村へと移動しながら3週間かけてフランスを一周するというコンセプトの催しです。tour は英語ツアーではなくフランス語の「一周」。定冠詞をつけて le Tour と言えばフランスではツール・ド・フランスを指します。たぶん。

お祭りであり、競技でもある

だんじり祭りのようなもの」という対比が腑に落ちると支持を集めていましたが、さりとて完全に形式的行事というわけでもなく、UCI(国際自転車競技連合)では最上位の格式を与えられたれっきとした国際競技です。勝者には多くのポイントが与えられ、テニススキーのようにランキングされます

お祭りムードなのはツールの規模や歴史がそうさせているのであって、観客にとってはお祭りだけれど選手たちにとっては重要な(そして最も栄誉のある)国際試合です。

バーチャルフランス観光

世界配信されるツールの中継は観光立国フランス観光案内の側面も持ちます

選手たちの熱戦のあいあいまに風光明媚フランス国土景観雄大アルプスピレネー大自然中世のたたずまいをそのまま残す町並み、古い城塞寺院等の生映像がこれでもかと挿入されますレースの流れはいまいちわからないという人でも、数機の空撮ヘリを駆使して送られてくるそうした風景を眺めているだけでもまったく飽きさせることがありません。

ステージレースのしくみ

自転車ロードレースには、一日で終了する単発の「ワンデーレース」と、数日かけて開催される「ステージレース」があります

ツール・ド・フランス代表されるステージレースは一日一日のレース独立したひとつレースで、その都度優勝者がひとりいます(これをステージ優勝といいます)。が、それとは別に、すべてのステージを通して通算ゴールタイムが最も短かった人が総合優勝となり、基本的にはこの総合優勝がそのレースもっと名誉のある成績となります

ツール・ド・フランスステージレースの中でも最長のもので、途中で2度の休養日を挟みつつ全21ステージを戦います

同時進行する複数レース

勘のいい方なら、ステージ優勝と総合優勝はそれぞれ個別に狙うことができることにお気づきでしょう。

その通り、総合優勝を狙うほどの実力がない選手でもステージ優勝は狙えるし、逆に、大会最後まで通算トップタイムを維持できれば、必ずしもステージ優勝を獲らなくても総合優勝することができます

このように、同じひとつレースを走っているように見えても「ステージ優勝したい選手」と「総合優勝したい選手」とが入り混じって走っていて、それぞれの思惑、それぞれの戦略、それぞれに警戒すべき競争相手がいるという重層構造ステージレースにはあるのです。

各賞がさらレースを熱くする

総合優勝ステージ優勝のほかにツール・ド・フランスには「ポイント賞」や「山岳賞」といった名誉も同時進行します。

毎日コースにはそれぞれチェックポイントが設定されていて、そこを上位で通過すると通過順に応じた点数が与えられます

ポイント賞はスプリンター(短距離を全力疾走する力にすぐれた人)のための賞で、ステージ中間の平地や、平坦なステージのゴール地点に点数が設定されています

山岳賞はその名の通りクライマー山登りが得意な人)向けの賞で、上りのしんどさに応じて点数が設定されています

これらの各賞争いのゆくえもレースの進行に奥行きを与える要素となっています

個人戦のように見えて実はチーム戦

ツール・ド・フランスには総勢184名の選手エントリーしていますが、マラソンなどのように「個人参加が184名」ではなく、「8名チームが23組」です。

23のチームは

「ウチはめっちゃ強い選手がひとりおるけん、こいつを総合優勝させたるんや」

「ウチは総合優勝を狙えるような選手はおらんけど、ステージ優勝をいくつかカッさらうつもりやで」

といったように、それぞれに異なる思惑を持って大会に参加しています。こうした目的意識の違いから、あるステージでは空気のようにおとなしくしていたチームが別のステージでは突然はりきりだす、といったことがあります

エースアシスト

このように、どのチームも「ある選手を勝たせる」ことを目標としてチームを作り、作戦を練っています。8人で参加していても、ステージ優勝も総合優勝もワクはどっちみち1人なので、たった1つのそのワクをチーム員8人に互いに競争させて争わせるよりも、かつぐ1人を決めて残りの7人でその選手バックアップしたほうが勝率は上がりますよね。

かつぐ選手エースといい、バックアップする選手たちをアシストと言います

エース格の選手はふだんはアシストたちから様々なサポートを受けながら自分ポジションを守り、ここぞと言う時にその実力でライバル勝負します。

アシスト格の選手自分の体力やタイムと引き換えに(いわば捨て駒として)エースサポートしつつ、出番がなければ体力を温存したり、エースの出番がないステージならステージ優勝を狙って名前を売ったり、というスタンスレースに参加しています

空気抵抗集団走行

マラソンなどと違い、自転車ロードレース集団走行します。これは空気抵抗と大きな関係があります

前面投影面積の自乗に比例とかそういう難しい話は省略しますが、とにかく平均時速40km/h以上という自転車レーシングスピードにおいて、もっとも大きな走行抵抗は「空気抵抗」です。

そしてこの空気抵抗は誰かの真後ろを走ることで劇的に軽減することができます。これをスリップストリームとかドラフティングといいます

時間距離となる自転車ロードレースでは、誰かが風よけとなって先頭を走り、みんなでその後ろをついていく省エネ走行します。たまに風よけ役となる選手を交代しながら、身を寄せ合うようにして走ります

集団の人数が多ければ多いほど、すなわち風よけ役となる交代要員の数が多ければ多いほど集団走行メリットは大きくなるので、敵対関係にあるチーム同士でも「今は一緒に走ってたほうがトクだよね」と利害が一致することになり、敵同士なのでまるで味方同士のように全員で仲良く集団走行をすることになります

レースの中でもっとも大きな集団をメイン集団とかプロトンと呼びます

(7/6:今日読み返して間違いに気づきましたが「前面投影面積の自乗に比例」ではなく空気抵抗は「速度の自乗に比例」です)

典型的レース展開《平坦ステージ

平坦基調コースでは、多くの場合「ゴールスプリント」がステージ優勝を決めることになります。瞬発力と最高速度に優れたスプリンターたちがゴール前の数百メートルをお互いに肩をぶつけながら猛ダッシュして着順を争う、とてもエキサイティング勝負の場面です。

なので、有力なスプリンターを擁するチームの目標は「我がチームのスプリンターをゴール前まで無事に・いい位置で連れて行くこと」になります

しかゴールライン200km先です。スプリンターをゴール前まで無事に連れて行くことが目標のチームばかりだと、レースは終盤近くまで非常にのんびりと穏やかな集団走行になってしまます

そこで、抜け駆けを狙う選手が出てきます。長距離比較ハイペースで走ることに秀でた選手たちがステージ優勝を狙って一発「逃げ」を打つのです。

たいていの場合逃げ集団は数名から20名ほどの小集団で、「逃げたい」という思惑の一致した色んなチームの選手から構成されます敵対関係にあるはずの選手同士ですが、「メイン集団から逃げる」という利害関係が一致している間はお互いに協力し合って、メイン集団を突き放そうとします。

一方、メイン集団スプリンターを勝たせたい人たちの集まりですから、彼らをまんまと逃げおおせさせるわけにはいきません。ただ、上でも書いたとおり集団は大きければ大きいほど有利です。なので、逃げ集団をいつでも捕まえられる位置に泳がせておいてほどよく追いかける、という展開になります

なぜ逃げを許さずに早々に捕まえてしまわないかと言うと、捕まえてしまって集団ひとつにまとまってしまうと、またそこから逃げを打とうとする選手が出てきて、そのたびに追いかけたりなんだりの悶着があってペースが乱高下し、大事スプリンターを消耗させてしまうからです。

逃げ集団は多くの場合ゴール寸前でメイン集団にとっ捕まってしまます。これはレース力学しかたのないことなのですが、それでもなお逃げ屋が逃げを打つのはなぜかというと、「絶対にとっ捕まるとは限らないから」です。風向きの変化など様々な要因によってメイン集団が思うように逃げ集団との差を詰められないことがたまにあり、「確率は低いものの狙ってみる価値はある」くらいの勝機があるのです。

典型的レース展開《山岳ステージ

今日放送時間が迫ってしまいました。とりあえずここまでで一旦投稿します。後ほど続きを書き足していきます

==

山岳ステージは峠道の上り坂をコースのメインに組み込んだステージです。1つのステージでの標高差(垂直方向への移動)が2000mから3000m以上にもなりますツール・ド・フランスではアルプスピレネーのふたつの山岳地帯が必ず日程に組み込まれていて、大会ハイライトとなります

当然ながら山岳賞争いが展開しますが、同時に総合優勝候補同士のぶつかり合いになるのが山岳ステージの見どころです。

まず山岳賞を狙うクライマーたちが集団を抜け出してヒルクライム競争します。一方、メイン集団では総合優勝を狙う選手同士がガチンコ直接対決をし始めます。先頭と後方でふたつの戦いが同時進行するような感じです。

ヒルクライム走行速度が低くて空気抵抗があまり問題とならないため、アシストを動員した集団走行メリットが少なく、チーム力よりも個人の登攀力が勝負の鍵になります山登りの得意な、あるいは調子のいい総合優勝候補にとって、そうでないライバルをふるい落とすチャンスなのです。

集団の中で体力を温存する(ある意味サボる)ことができない山岳ステージでは選手ひとりひとりのコンディションの良し悪しが表面化するというのもひとつの見どころかと思います

閑話休題(7/6)

書いたのはおとといなんだけど今ごろになってブクマがつき始めたぞ?

しばらくブクマトラバもまったくなかったので投げ出しちゃったんですよね。寄せられたコメントを見る限り、現時点でも読んでくださっているのはすでにサイクルロードレースをよくご覧になっている方々ばかりのようなので、紹介記事という体裁ではありますのんびりと書き足していきます

マイヨ・ジョーヌのゆくえ

しくみの項で述べたとおり、ステージレースの最終目標総合優勝です。各ステージのゴールタイムの合計がいちばん短かった人。

総合タイムは毎ステージ加算されていきますので、第1ステージから先は常に「今のところ持ちタイムいちばん短い暫定首位」が一人いて、この選手は真っ黄色ジャージを着て走ることになっています。いつでもどこでも、あの選手が暫定トップなのね、ということが一目瞭然です。この黄色ジャージマイヨ・ジョーヌといい、ツール・ド・フランスはこの黄色ジャージ争奪戦解釈することもできますね。

緒戦第1ステージをいいタイムステージ優勝すればまずはリーダージャージを着られるので、序盤のうちは総合優勝など全然狙っていない選手が着用するなどリーダージャージのゆくえは流動的です。

ですが、レースも中盤に差しかかってくると各チームの本命選手たちが総合タイムの上位を占めるようになり、ジャージ争奪戦様相が濃くなっていきます

2位以下の選手トップ選手から突き放されないように、トップ選手ライバルに出し抜かれないように、互いが互いをマークしながらレースを進めることになります

リーダージャージを着てしまえば、あとはずっと2位の選手にぴったりくっついて走ることできればタイム差は縮まらないのでそのまま総合優勝できてしまいそうな気がしますが、これは半分正しくて半分正しくありません。

リーダージャージ防衛の基本戦略はたしかにそれなのですが、必ずしもそう簡単に事は運びません。アシストに守られながら集団のままゴールできるステージばかりではありません。大会中1~2回設定されるタイムトライアルのステージは一人ずつ走るので駆け引き余地がありませんし、山岳ステージではアシストを使い果たした本命同士の一騎打ち複数チームが包囲網を敷いてリーダーに波状攻撃をかけたりと、リーダージャージを奪い取るチャンスは時おり訪れます

==

中継が始まったので今日はここまで

2021-07-03

anond:20210703200502

今日流れた映像は、どれも、本命土石流の前に、プレ・土石流がきてるんだよ。

まり最初の小さな土石流で、なんだなんだ?とカメラを向け始めたところに、

大規模な土石流がやってきたというわけ。

中学校女子トイレ女子私物オナニーした話

夏の土曜で学校休み部活しか無かった時に

誰も居ない校舎に侵入して夏だったから、学校プール道具を置いていってる女子も居た。

中学生スク水と替えのパンツを持って女子トイレに忍び込んだ。男子トイレと違って臭くなくて清潔に見えた。

世の中の男の9割が座る事の無いだろう女子トイレの便座に座って過去最高にギンギンになった息子をスク水パンツでシコッた。

残念ながら本命女子パンツスク水じゃなかったけど、中学の時は顔面崩壊してなければ誰でも性的な目で見れたからその時はとてつもなく興奮した。

いつもより気持ちよくて興奮してて早く射精したせいか量は少なかったけど濃い精子パンツ射精してそれを戻した。プールが終わった後俺の精子付きパンツを履くんだと考えたら興奮が止まらなかった

これほんとに実話

中学校女子トイレ女子私物オナニーした話

夏の土曜で学校休み部活しか無かった時に

誰も居ない校舎に侵入して夏だったから、学校プール道具を置いていってる女子も居た。

中学生スク水と替えのパンツを持って女子トイレに忍び込んだ。男子トイレと違って臭くなくて清潔に見えた。

世の中の男の9割が座る事の無いだろう女子トイレの便座に座って過去最高にギンギンになった息子をスク水パンツでシコッた。

残念ながら本命女子パンツスク水じゃなかったけど、中学の時は顔面崩壊してなければ誰でも性的な目で見れたからその時はとてつもなく興奮した。

いつもより気持ちよくて興奮してて早く射精したせいか量は少なかったけど濃い精子パンツ射精してそれを戻した。プールが終わった後俺の精子付きパンツを履くんだと考えたら興奮が止まらなかった

これほんとに実話

2021-06-30

anond:20210630175558

異世界転生してチートばかりしてる悪い奴を、俺が成敗してやろう。俺はチートスレイヤーになる!

というコンセプト自体はそんなに悪くないんだけどね。

チートしてる悪い奴として、たとえば、このすばの御剣 響夜(ミツルギ キョウヤ)っぽい、

いかにも噛ませ犬的なキャラを持ち出してくるなら、暁なつめ先生ごめんなさいで行けたと思う。

だけど、いきなり本命ヒロインダメ神さまを連れてきたら、そりゃダメだって

2021-06-26

anond:20210626043522

セックス狂いの男女や、セックスのものが好きな女はここでは想定しない。

人間大学関係学部と捉えたときに、「とても好きな彼と恋人関係になりたい」は「東京大学医学部(≒理科Ⅲ類)」への入学第一志望だったことと同義だ。

しかし、彼女には実力が足りない。

その場合彼女は「東京大学理科I類を受験する(医学部を諦める)(恋愛でいえば本命セフレになる)」か「他大学医学部受験する(恋愛でいえば別の男の本命彼女になる)」のいずれかを選ぶことができる。


元増田セフレは、医学部(彼女)という地位より東京大学(ブランド)を選んだ状態だ。

しかし、基本理科Ⅲ類が医学部進学可能性が一番高いが、東大に入りさえすれば、制度上は理科I類から医学部へ行くことと可能だ。

そのため元増田セフレは、セフレとして関係構築に励み(東大理科I類で勉学に励み)彼女昇格という名の進振りを狙っていたのではなかろうか。


なぜ好きな人セフレになるのかについては、他大学医学部から東大医学部に進学するより、理科I類(セフレ)でも東大入学したほうが東大医学部に入りやすいから、だといえる。

2021-06-24

ウマ娘ユーザーがどんどん減っている

ゲームシステムが良くないよ、周回を強いられるし誰がどうやっても飽きるでしょ。

試しにツイッターで「ウマ娘 飽きた」で検索したら、みんな飽きてるみたいで引退者も多い。

はてなで有名な漫画レビュアーのあの人もジェミニ杯で心を折られたのか最近全くやってないみたい。多忙だったんですね。ごめんなさい。ご出世おめでとうございます

もうオワコンでしょ。

真の本命はIDOLY PRIDE

ーーーーーー

追記

東スポの例の記事は毎回楽しく読ませてもらってる。なんか見る度に泣いちゃうんだよね。

はてなウマ娘部のサークル、半数の人飽きちゃったか…入りたいと思ってた頃が俺にもありました自分ももログインしてないけど

2021-06-23

anond:20210623133437

そういう女に限って「旦那とは友達親友アピールして本命の女とイチャついてるからこえーわ

明日、好きなゲームが発売されるんだが、幸か不幸か在宅勤務日だ

本命(新作。今回はリメイク)が9月にあるため、有休は温存している。

が、正直に言おう。我慢できる自信が全くない。

抱えている業務は今週中(日月休みなので土曜まで)のもので、金曜と土曜だけでも十分終わる見込みだ。

なんなら今日帰宅後に仕事してもいい。

多分だけど、裁量労働制であれば許されたんだろう。

改めて、勤務時間が決められていることの不自由さを痛感している。

QOL社会ルールの間で大きく揺れている。しかQOLの方に向かって。

無論、緊急の業務には対応するし、連絡だって返す。

ただ、未来自分だけしか首が締められないのであれば……という気持ちが大きくあることは紛れもない事実

誰か私を窘めてくれ。もしくはいっそ罪悪感を消し去ってくれ……

2021-06-22

anond:20210622111255

スパイは葬送より前から流行ってたから今更感あったんじゃ

何の賞なのかしらんけど

そういや今は次に来るやってるけど、本命は葬送推しの子ウマ娘辺りだろうと言われてて

どれももうとっくに来てるだろと突っ込まれまくってるよな

一般投票から純粋に読んだ事ある・好きなものに入れる人が多いだろうと考えると普通にこのへんが獲るんだろうけど

2021-06-20

セフレ本命の違い

匂いが違う。

セフレ匂いは嫌ではないがずっと嗅いでいたいと思わない。

本命匂い安心する。自分の服にその匂いが付いても構わないと思える。

とはいえ最初から匂い判断して付き合う・付き合わないを判定している訳ではないので、一緒にいる間に自分への刷り込みが進んでいるんだと思う。

2021-06-17

anond:20200816110648

目的を明確に

 まず、何を目的としているのか明確に理解されるよう文字を置こうね。

文頭に「同意が多かったから」ということで相対評価自分意見同意が得られやすい、自分は多くの人間に支持される人間だとより広く認められ満足感を得たい。

そういうことだね。

勇者冒険に出るのは、好奇心功名心業務運命なのか、途中で転換するにしてもまず最初は旅に出る理由があるよね。

君はより広い人間から祝福と喝采を受けたい、それならばそうだとわかるように表現を考えよう。

多くの成功者が僕を賞賛している、さて君はどうだい、と成功者が多く既にスポンサーがいるのになぜ増田なんかに祝福と喝采を求めに来たのか、まずそこを疑わせないようにしたいね

②逃げ道を明記しない

 推理モノで、最初から犯人名前入りの凶器指紋つきで残されていて防犯カメラにもその一部始終が残されていた、としたらどうかな。

それもう解決だと声も高らかに最初の数ページで爽快な後読感を得られそうかな。

逃げ道を発見して追いかけ、追い詰め逆転され、気付かないところが最初と繋がっていた、そんな文書を読むのはもう退屈かな。

「何々によるしょーもない呟き、個人の感想なのであくまでもよろしく」なんて最初に書いて、そんなところに帰ってくるとは思わないよね。

個人の呟きがこんな壮大な話だったのかと驚嘆される展開だったり内容だったりしたか推敲してみよう。

このタイトルおかしかったかもしれない。明記した逃げ道はもう使えない、とか、おとりや疑似餌に本命を据えない、が正しいタイトルだったかもしれない。

役割をはっきりさせよう

 ディレクターさんがライターさんに報われてほしい、そう願ってる。

そうだとしたら大変にうれしいことだね。

スポーツコーチも等しくそんな風に思っていたり自分担当している選手にだけそれを期待してたり、それはそれぞれに違っているかもしれない。

トップアスリートから一言絶対あきらめない、それだけが成功の鍵だ、なんてアドバイスはかっこいい。

それを信じた人たちの失敗は、自己責任なのだろうか。

憧れは失敗だったんだ、期待した自分バカだった、自分を過信していたのは自分なので自己責任だ、そういう事だろうか。

少なから立場を明らかにしてその立場から発する言葉立場関係ないのなら、それは立場を以てして発言する内容ではないことが望ましい事もありそう。

あなたが多くの成功者を輩出したディレクターで見てきた事を述べる、この意味が①のようにあなたはすごい、といってほしい以外だった場合の事はどうだろう。

失敗者は嘘つきだとあなたを罵るかもしれない。それを良しとするのか。あなたに騙されたと批判作品に仕上げるかもしれない。どこかで誹謗中傷するかもしれない。

もちろん成功者を生み出した時の事を考えることも大事だけれども。幸あれと願うのもよいけれど。

失敗した人には自分基準にあわないと行動の後にしか気付けなかった人に読まれしまった文章には罪がないだろうか。

だれのどんな言葉かではなく、あなたが①で用法や容量を明確にしなかったことで生まれ悲劇文章を書くうえで想定すべきこと、そんな可能性も考えてほしい。

多くの作文経験者は、その責任を回数重ねることで身をもってしっているかもしれない。

小説家ツイッターをしたら、毎日小説のような文章で綴られ上質な文学に触れている感覚になる、わけでもない。

ただの人の言葉がでているだけ。小説家なのに。文字を使って表現する人なのに。それはきっと安全文字の使い方を知っているからなのかもしれない。

目的を明確にしなかった、それならば立場役割があることをはっきりさせるか、役割説明をしよう。

役割特に明確ではなくモブならば、なぜそこにモブが立っているのか①の目的を明確にしよう。


物書きさんに指示を出すディレクターさんなら、そんなところを気を付けてもらいたいですね。

2021-06-07

anond:20210606235627

ベータ vs VHS

HDDVD vs Blu-ray

と同じ

どっちが便利とかじゃない

負けたほうが全滅して買った方が席巻する

欧州中国ピュアEV

日本燃料電池車本命

CO2削減率で言えばどっちも同じ程度

あとは政府のやる気次第

2021-06-04

映画アニメ感想が人によって違うと荒れるから嫌だ

受け手によって解釈が違う表現って、視聴者間のレスバトルが引き起こされて嫌な気分になるんだよね。

作品自体面白かったとしても、その後のネットコミュニティが荒れまくると、うんざり気分に上書きされちゃう

人類史もっと一般人推し活とレスバが盛んなこの時代揉め事の種にならないようにはっきり説明してくれる作品解釈の幅が少ない作品が求められるのは自然だね。

まりカップリング論争なんて最早うんざりから公式正史における本命CPは明示されてる方がありがたいってことよ。

そしてCPオタクジャンル以外でも近いことが言える。




現代では、作品のもの効用と、その作品に対してネットお祭りすることの効用が、同じくらい重要になってる。

オタクジャンルでは以前から公式が新情報を追加し続けて、オタク二次創作限界萌え狂い芸やトレンド乗りといったファンコミュニティの活気を絶やさないことが大事。それってまるで作品よりもコミュニティを作ってるみたいではあるけど」なんて言う人がいたけど、映画ドラマでも割とそうなってる。

友達映画見た後の感想会が楽しいのは昔からだが、今はその感想会の重要性がめちゃデカくなったんだな。

そんでここから本題だけど、友達同士の感想会ですら評価が別れるとやや気まずくなるのに、何万人とやりあうネット関係評価が分かれてるとコミュニティが荒れまくってしんどいんだわ。

(ここで友達同士の違う感想を聞きあうのがいいんだろとか言おうとした人もいるだろうが、それは心身が健康かつ信頼関係のある友達とたまにやる時だけ言えること。一時的には議論面白く感じても、やっぱり疲れるから、好みの合わない相手とは次第に一緒に見なくなるぜ。)

人によって受け取り方が違うのは文学性かもしれんが、はっきりしないものについて語り合うのって耐えられないほど疲れるんだよ。

なんなら作品鑑賞時間より、その後のネットコミュニティに入ってる時間の方が長いくらいなんだからさ。

大昔なら他人感想を見るのなんて批評家の本くらいだし、ネット時代もしばらく前であればブログに長文書ける限られた人のものしか目に入らなかったから、我々は自分vs作品孤独に向き合う時間が多かった。

そこで一応自分の中でまとめた自己解釈は、二つ三つの他人感想と違ってても辛くなかった。

でも今は世界と繋がってんだから解釈が固まらないうちに、他人の何千という意見を目にするせいで「私が間違ってるのか?」という不安や「あいつら、読みが浅いくせにそれが正当みたいな顔してやがる」みたいな怒りが沸いてくる。

自分と近い解釈の【仲間】も沢山見つかるが、それは自信を補強するというより、陣営に別れての対立を激化させる効果が大きい。

SNS日常のスキマ時間に入り込んだ現代、スキマ時間対立を目にするのはマジでキツいんすわ~。

から近頃は萌えカプ重視のオタク作品ですら、カップリング論争が激しくなりそうな関係描写敬遠されて、公式CPはほぼ明示、ハーレムでも正妻ポジションがわかりやす作品が、安心できる福利厚生としてウケるんだよ。

シン・ゴジラエンタメ性のバカ高さで内閣総辞職ビームwwwつって盛り上がったが、もしも流行初期にもうちょっと原発比喩か否か」「日本官僚への期待か否か」「庵野政治的主張をしたがらないんじゃないか」みたいな議論厨がファン内の主流になってたら、疲れそうだから人がこなかったと思うわ。


この増田は以下の記事に触発されて書いている。

わかりやすさを求める人への軽蔑トーンが強すぎるぞ、煽ってアクセス集めるのはやめろ、と思ったが、興味深い部分はある。

映画ドラマを観て「わかんなかった」という感想が増えた理由

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83647

逃げ恥』『シン・エヴァ』…「リテラシーが低い人を差別しない」作品時代を制する

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83706

リテラシーへの思いやりでわかりやす作品が増えており、それは低リテラシーへの差別予防であり、反差別ポリコレと通ずるブームだという指摘は面白かった。

だが、それだけじゃない。

作品から視聴者への差別防止だけでなく、視聴者間の差別も防ぐ効果が、わかりやす作品にはある。

視聴者も他の視聴者差別したり、憎んだりしたくないんだよ。ファンコミュニティ内で荒れたり議論になったりしてほしくないし、自分荒らしたり議論を吹っ掛ける誘惑にかられたくない。

たとえば意味深表現があると、それを誤読した低リテラシーな人に対してどうしても「あーあ、バカな奴ら」って差別的なこと考えちゃうじゃん、そんな感情を誘発させないでほしいんだわ。

しかも本当に誤読してるのがどっちかはわかんないしね。

自分誤読してるのに、ちゃんと読めてる高リテラシー側に対して「バカな奴ら」って差別的なことを考えてるのかもしれないと心配になる。そんでこういうぐちゃぐちゃした思考自分うんざりする。

とにかく「解釈の幅が生まれやす表現」てのは、皆が繋がってコミュニティになってるこの時代には揉め事の原因になるからやめれっつーことよ。

仕草だけで好意を伝えるなんてやったら、それは本当に好意を読みとれるかどうかで揉め、作者が意図してるかしてないかで揉め、仕草から感情勝手解釈して判断するのはデートレイプかに繋がるんだから性交同意書が提案される現代には許されないとかで揉め、言外の意味を察することを求めるのは発達障害に厳しいとかで揉めるんだぞ。だったら好きか嫌いかはっきり言わせよう、となってあたりめーだよな。




だいたいさ、はてなーツイッタラーも5chもふたばも、主語デカい、比喩を使うな、皮肉は伝わらないからやめろ、意味が一意に取れるように書け、みたいなツッコミをする人がすげー増えたじゃんね。

だったら、物語もそれに合わせてわかりやすく直接的で解釈の幅を狭くする描き方をして当然だよな。

そーゆー批判有名人発言ブログに対してだから物語に対しては別だと思う? 物語比喩や間接性こそが価値から明確さなんて求めてないって?

いいや、時代感覚としては根が一緒だと思うよ。

事実半分物語半分みたいなエッセイブログエッセイツイートですら「誤解を招く表現はやめろ」「曖昧さを利用して分断と偏見を煽っている」なんて言われてんだからさ。

受け手によって解釈のブレが生まれやす表現は混乱の元だからやめとけやめとけってのが、ネット発言についても物語表現についても当てはまる時代なんだわ、今は。




追記

ブコメで「他人感想を見るな」などのアドバイズをしている人いるけれど、この記事では困ってるなんて全然書いてないっすよ。

しろ逆で、わかりやすくてSNS受けしてみんなで同じノリがしやす作品が増え、応援上映だのイベント配信だの実況ハッシュタグだのも公式が準備して、モノ消費よりコト消費なんてスローガンも広まって、対人交流好きな人間にはどんどん都合がいい世の中になってるぜ、と言っている。

それなのに、なんでわざわざ我が世の春を捨てるような、古の単独ムッツリオタクとしての生き方回帰せよってブコメつくねん! そもそもオタクだけの話をしてるわけじゃないし!

あとどっちかっつーと、いま助言される立場オールスタイルオタクの方じゃない?

作品と鑑賞者がタイマンで向き合うのが本義で交流共感二の次三の次というの、今の時代では逆風で大変そうですね。もっとコミュニケーションやってみんなで盛り上がる方が生きやすいですよ」ってな。

私はそんなこと言わんけど。

だってこの記事は周囲を見て考えたことを書いたものであって、私自身は6:4くらいでオールスタイルオタクに近いから。本文で一人称を使ってないのは、私の価値吐露じゃないからだよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん