「引っ越し」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 引っ越しとは

2017-06-27

子供という存在を考えると涙が出てくる。



うちは母子家庭だった。


母はダメンズウォーカー恋愛体質だった。

養育費はもらってなかったけれど、祖父母が兼業農家で、まだ50代で働いていて支援が厚かったから、人並みの生活を出来たし、母親恋人から支援もあったから、貧困だなんて思ったことはないし、それなりの生活が出来ていた。



親友の家は真逆だった。

同じようにダメンズウォーカーで、酒癖DVの義父から逃げて母娘三人でうちに転がり込んできた。小学校五年生の時の話だ。

私は親友が大好きだったので、一緒に暮らせることに歓喜したし、ずっと一緒に暮らせたらいいのにな~なんて考えていた。

はいえ、そんなわけにもいかず、暫くして、三人は近所に家を見つけて、引っ越した。

相変わらず、そこの母もすぐに恋人が出来て、私と親友の会話は、母親恋人愚痴ばかりだった。

中学校になって、県営住宅が当たったので引っ越し、離れている間に親友不登校になったし、親友母親は働かなくなってしまった。

あとから親友の母は双極性の鬱だと分かった。




一方、私が中学三年生の時に、母親に新しい命が宿った。

子宮後傾でお腹が膨らまなず、中出しもしてないし、生理が来ないことは生理があがったのだと解釈した母は、妊娠に四カ月になって気付いた。

(昨今は性教育叩かれるけど、私はちゃんと性教育を受けられた世代だったので、ネット好きだったから調べていたのもあるけど、中出ししなければ妊娠しないと思っていて生理が30代後半で上がると思っていたことに絶句した。)

そんなこんなで産みたい気持ちもあった母はその子供の父親である恋人結婚することになった。

DV男だった。家庭は荒れた。私だけは被害を受けなかった。ただ、母に一回だけ、暴力を振るわれた。

その後、私たち父親に引き取られることになった。

弟と同室は、思春期にはつらく、父親は嘘吐きだった。

引っ越すと言いながら、一年が経ち、私は三年半で、その家を出たが、結局、十年以上経つ今も同じ場所に住み続けている。

母に託されたお金も、父親が使途不明ですべて使ってしまった。

父は金遣いが荒く、それが理由で母と離婚していた。私たちを引き取るというのだし、直ったのだと思っていた。人は変わらないのだと思い知った。

母は、子供出産した後、DV男と離婚して、胃がんで死んだ。15歳の今頃だった。生まれ種違いになる妹の行方は知らない。

それから、私は18歳で大学進学で、親戚にお世話になるので、家を出た。それから父親の顔は見てない。





一緒に暮らし男性の中で一番マシだったのが、小学校の時に母が付き合っていた妻子持ちの男だった。

たまに私の隣で寝ていたり、一緒にお風呂に入った時に勃起していたけど、当時の私はロリコンという言葉を知らなかったし、別に手を出されたわけではないので、優しい母親恋人、という印象だ。

人にはいろいろ事情があるし、不倫という言葉で叩く人は、人生浅いんだなぁ、と思う。悪い言葉の中身が、本当に悪いことだけとは限らないのに。

旦那もいい子だけど、なんせギャンブル癖がひどい。

今月、何度目かわからない止める宣言をしたが、いつか再開するんだろう。でもまあ、生活費を削ってまで打つわけはないので、借金にならないだけいいかなって思う。

どっかの金遣いの荒い誰かさんは、それで他人借金してもらってるというし。




私も成長して、もう出産適齢期だ。結婚もしている。

でも、子供を育てることはできないな、と思う。母親自分と同じ年齢の時には幼子を三人も抱えていたのだと思うとゾッとする。



何より、母が持っていたバックアップを私は持っていないのだ。お金をくれるような人は旦那しかいない。



旦那は実母と仲が良くないし、父親はいない。旦那の母は再婚した相手と住んでいて、旦那はこの義理父親が嫌いだ。

旦那の母方の祖父母は貧しいし母子家庭の内孫もいる。どちらも頼ることは、できないだろう。



母方の祖父母とは縁が切れたので、連絡することはもうない。

父方の祖父母だけが頼りだけど、二人とももう70代後半だ。年金と、少しの蓄えと、ちょっとした稼ぎで食いつないでる。

弟は二人いるが、父親借金を抱えている。



母の時とは違って、もし母子家庭になっても、私に逃げ場はない。それ以前に、子供を産んで、産後うつになっても、逃げられないのだ。

旦那は大好きだし、離婚は考えてないけど、子供を産んだら変わってしまうかもしれない。

母子家庭になったら生きてはいけない。きっと、私は子供を殺して、自分死ぬだろう。そんな気がする。



何より、私が生まれたことを喜んでいないのに、子供を産むことにためらいがある。

結婚して幸せだけど、やっぱり生まれたくなかったなぁ、という気持ちが過ぎる。

これはもう、一生付き合っていかないといけない気持ちなのかもしれない。



別に子供が欲しいと思うこともないし、旦那子供が欲しいとは言わないので、二人で暗黙の了解になっている。というよりは考えないようにしているのだと思う。



でも、祖父母も、大学時代に一緒に暮らした遠縁の親戚も、親友も、実は私が子供を産むことを楽しみにしていることを、私は知っている。

結婚した時に、真っ先に子供の話が口に登った。私は口を閉ざした。それ以来、誰も子供話題には触れてこない。



私は自分の子供のことを考えると不安でたまらないのか、涙が止まらなくなる。

今も泣きながら、この文章を打ってる。考えないのが一番だと思う。

初恋女の子が家の近くに越してきた

最近といってもおそらく2年くらい前から、家の近くに初恋女の子引っ越してきた。

彼女社会人なので、通勤のために実家から通っている。僕の方は取りこぼした単位を拾う為に今期から真面目に1限に出席するようになって、そのおかげで朝の電車が同じになることがたまにある。今までは1限なんかにとてもじゃないけど出席することもなかったから、まさか1限に出ることで同じ電車のしかも同じ車両になることがあるなんて思いもしなかった。

確かに地元は一緒だったし、なんだったらどの辺に住んでいるのかも知っていたから、僕の最寄り駅にも自転車を使えば通えないこともない。彼女大学高田馬場から東西線で一駅のところだったか車両の一番後ろに乗ることを知っていて、僕の方は西武新宿で乗り換えて中央線に乗っているので、一号車に乗る。だから思いもしなかったっていうのはさすがに言いすぎかもしれない。ただ同じ車両になるというのはひどく窮屈だ。緊張しさえする。こちらとしては彼女の姿をこの目に収めておきたいのに、羞恥心邪魔をしてしまう。職場青山にあるというので大江戸線に乗りたいのだろう、彼女中井で降りる気配を感じる。夏目漱石こころiPhoneインストールしているkindleで読み直しているけど、様子が気になって内容がちっとも入ってこない。

こんなことになるなら、引っ越すとしても元の家から徒歩で15分くらいのところじゃなくて、もっとこう"シティ"な感じのところにしてくれたら良かったのに。パパが僕たちの地元を大変お気に召しているのだろうけど、大したもんはココにはない。ジョギング中の夫婦が「ヨーロッパに来たみたい」なんて言っていたのを聞いたことがあるけど、僕は地元に"ヨーロッパらしさ"を感じたことは一度もない。ヨーロッパらしいってしかアフリカっぽいと同じレベル感なのがグッとくる。フランスドイツスイスフィンランドも"ヨーロッパっぽい"のだろうか。

それにしたって彼女は気まずくないのだろうか。もしかしたら彼女の方は全く気にしていないどころか、僕なんかに微塵も興味を感じていないのかもしれないけど、それにしたって不都合だ。朝の通勤時間小説ビジネス本を読むような彼女には東横線か、あるいは田園都市線がお似合いだと思う。青山広告代理店パリッとクリエイティブ仕事をしているのなら、意外と二子玉川武蔵小杉なんかも良いかもしれない。トレンディがある。そんな彼女住まいが閑静なローカル線住宅街で僕の家から走って2分だなんて。


初恋女の子が僕の通っている小学校引っ越してきたのは4年生の時だ。

学芸会の準備で役を決める際に視聴覚室か何かに学年で集まる機会があって、僕はその時三組だったから、二組に転校してきたその子を見かけるのはそれがはじめてのことだった。僕は一目惚れをした。

控えめにいって、ものすごく可愛かった。もしかしたら可愛くないのかもしれないとかそういうことを思うことなんか一切ない。疑いのない可愛さ。とにかくものすごく可愛かったのだ。広末涼子のような清涼感にしかしどこか影のある、もしかしたら深田恭子かもしれないようなミステリアスさ、とまではいかないけど、こう、幸の薄そうな、アンニュイな佇まい。目が合っているようでどこか僕よりも遠くを見ているようなそういう雰囲気のある女の子。きっと心臓に包帯を巻いているに違いない。

そんな少女の横顔を偶然にもあの場で拝んでしまったその日から、僕の好みの女性タイプ確立してしまった。確実に言える。初恋というのは実に恐ろしいものだ。

僕は地元の公立中学に進学することを決めていたし、彼女が日◯研かどこかの塾に通っていてそれで女子中学校受験するというのは友達から聞いていたから、中学に上がったらこの思いも終わってしまうんだなと思っていた。金輪際のお別れになるんだろうなって思った。なんでかわからないけど、また会えることを期待したお別れであったり、悲しさのようなものを感じないまま中学生になった。今思えば、そういう感情が終わってしまうということが当時の僕にはよくわからなかったのだと思う。小学生の頃の僕たちはただ誰が好きだ誰と両思いだとかそういう秘密を"バクリョー会"と名付けたなんだかよくわからないグループでこっそり共有しあって、それでその子廊下ですれ違うたびに肘で突き合うといった交友関係を楽しんでいただけだったのかもしれない。一度も話したことのないにも関わらず、これは初恋なんだって確実に言えるそれは小学校卒業と共にお別れしたかのように見えた。


高校1年生のとき、僕たちの間で前略プロフィール流行った。

僕もその当時ノリノリでプリクラプロフィール写真に設定し、好きな異性のタイプのところに「幸薄い子」って書くくらいにはエンジョイしていた。

今でいうTwitterのようなタイムラインは「リアル」と呼ばれていて、幼稚園同級生だったモデル女の子は「りさのりある」とかいって人気を博していた。

「ぼくのりある」もささやかな人気を誇っていて、"ねっとりとした"自分語りますだおかだ岡田のような芸風がウケて意外にもいろんな人に見てもらえていた。

ゲストブックというのが前略プロフの中の機能にあって、そこに知人がコメントを残すことが出来るようになっている。そのときに現れた nさんが話題になった。彼女は僕のゲストブック=足跡ミルクキャラメルが欲しいと言った。

僕が高校にあまりいかず(行ってなかったことはしらないだろうけど)近くのコンビニバイトをしていたことを彼女は知っていた。

彼女の言うミルクキャラメルがうちのお店にあるかどうかの話を聞かれて、多分あるとかい適当な返信をしていたのを覚えている。そのうちみんなが僕とnさんのやりとりに興味を持つようになって、学校に行くと「あのn ってだれ!?ww」とか言われるようになった。

僕とnさんとのやりとりが130件を越えたあたりで、nさんはバイト先に来た。

僕は度肝を抜いた。まさかこんなことがあるのだろうか。あの女の子だった。

バイト中にも関わらず連絡先をその場で交換した。夜勤のお兄さんと一緒に夕勤に入っていたのだけど、事情説明したら怒られなかった。むしろ茶化された。

そこから僕たちは小学校卒業してから今までの4年弱を埋めるかのようにメールをした。

当時の携帯は文字数制限というのがあり、1万字を越えると入力ができなくなるのだけど、僕たちは文字数いっぱいになるメールを1時間半かけて50~100つのトピックを会話した。

たとえばニコ動面白いとか、彼女御三家クラス女子校に通っていたので、自然とヲタ趣味を持ちやすいのだと思うけど(偏見)、時かけMADがあーだとか、あるいは東京事変だどうだとか、そういう話もした。彼女軽音部で、家にはドラムセットが置いてあって、透明人間コピーしたりしていたらしい。椎名林檎が好きな女の子だった。高校1年生にしては早熟しているという感想がある。


次第に僕達の仲は縮まっていき、バイトから上がって、電話がかかってきて。僕は彼女から気持ちを伝えられた。僕はそれには返事をしないままデートに誘った。





正直にいって、僕は彼女に対して劣等感があった。先程も言ったとおり、羞恥心なのだ彼女は1時間半かかるメールをしながら、僕が必死入力している時間勉強をしていたのだ。大学入学に向けて自主的勉強をしているような子だった。

僕は偏差値が50もない都立高校に進学して、あまつさえ学年ワースト10の人間だったから、そういう天上人の姿を目の当たりにして惨めな思いがした。

勉強なんて、くだらない」

「どうせやったって役にたたない」

学校先生馬鹿に見えて仕方がない」

僕はみんなが僕と同じようにそう思っているに違いないと思っていたから、ボイコットと言えるような授業態度を取ることもあったし、それがきっかけで停学になることもあった。そういう人間なのだ。そういう貧困家庭文化資本の微塵もない人間が彼女のような幸福に溢れる少女と関わるなんてこと、あってよかったのか。

僕は気持ちに応えたかった。けど、自分の無様な境遇を誰よりも理解していたからこそ、彼女気持ちに応えることもなく、返信を止めてしまった。


「あの時いったこと、なかったことにしてください」

これが彼女から送られてきた最期言葉だった。







そういう経緯もあって、高校二年生にあがって、ひょんなことで自分大学進学ができることを知ってから、たまら勉強をしてみたくなった。

早大学院が家の近くにあって、その高校に幼馴染が進学していたこともあって、高校に行っていなかった時はもっぱら学院の子たちと遊ぶようになった。

もう一人、学院にいったバスケ部の友人が僕に言ったことがある。

「ココにはお前みたいなやつがいっぱいいるぞ!」

僕の居場所はきっとこっちなんだろうなって思った。

僕は変に尖っていたから、東大は無理だけど早慶ならやればイケると思っていた。だから学校で受けることになっている模試志望校には早稲田法学部慶應法学部を必ず書いた。当時の僕は文系最難関は法学部だと思っていた。偏差値は30台だった。

僕が勉強に対してひどいコンプレックスを抱えていたのは、進学した環境へのミスマッチもあったけど、それよりも大きかったのはきっと彼女へのコンプレックス勉強に向いていたからだと思っている。僕はそうやってここまでやってきたのだ。

幼馴染いわく、彼女はAO推薦で早稲田国際政治学科に入学したと聞いた。

ものすごくモテるけど、性格が奇抜らしく、恋愛に発展することはそう多くなかったらしい。

彼女は3年生になって、イェール大学に1年間留学した。留学費用は親から借りて、社会人になった今、親に返しているって言っていた。

そして今、外資系広告代理店に努めている。

彼女はきっと大学ケインズハイエク勉強するような感じではなかっただろう。

きっとホロコーストに関心を持って西欧政治史勉強していたのだろう。ハンナ・アーレントのようなそんなイメージがある。"アンシュルス"という響きが彼女形容する。留学ではどんなことを学んだのだろう。

僕の方はどうだっただろう。

見えない格差に悩まされないことはなかったし、この断層をどうにかして上り詰めてやろうと思った。もしかしたら届かなかったかもしれないし、もしかしたら届いたかもしれない。

でも、ある種の上流に来て思った。僕は平面的な世界しか見ていなかった。ここには奥行きがあって、階層が同じになったように見えても、生きる世界が交わることがないのだと。

彼女の生きてきた歴史を僕が覗くことが出来ないことが、たまらない不安となる。彼女の見える世界と僕の見える世界ブラウン管に映るカサブランカと最新液晶で見る君の名はくらい違うに決まっている。


努力というのは貧しいもの必要とされるものであってほしい。

まれた家庭に生まれ、愛され、そうして社会になんの疑問を抱くことなく生きてきたのであれば、どうかそのまま幸せになってほしい。

社会人になって、通勤中にビジネス本を読んだり、コピー勉強をする必要なんてきっとない。いつかきっと、おそらく今も付き合っているであろう彼氏や職場の人と結ばれて、2児の母になって、幸せになっていってほしい。

彼女のそれはエリートに他ならないではないか

彼女政治経済学部に進学したように、僕も政治経済学を学んできた。

彼女広告代理店就職したように、僕も卒業したらネット広告生業とするだろう。

どこかで交わってもよかったはずの世界が、どんなに類似共通する点があっても交わることのないこの世界の片隅で僕はまこと勝手に息苦しさを感じている。



おそらく10月までに引っ越すことになるだろう。

僕が24年間生きてきた思い出深い地元を出た時、僕と彼女を結ぶ共通点がついに無くなる。

それは小学生ときにはわからなかった別れのような感情を僕に芽生えさせるのか。

あるいは僕の眼前を照らす原動力として、ずっとこころのどこかに仕舞われたまま生きていくことになるのだろうか。

国境の南、太陽の西という小説がある。あの主人公気持ちが分かるような気がしてしまう。もし30歳とかそのくらいの年齢になって、島本さんのように現れてしまったら、僕はどうすれば良いのだろう。

一度空いた穴が塞がることはないのだろう。

僕も彼女に穴を空けてしまったこと、もう一度ゆっくり話してみたい。

[]バジルの植え替え

バジルを定植して鉢植えにしてから

1週間2週間経過したかな?

手狭な感じになってきた。

プランターにお引越ししよう。

頻繁に引っ越しさせられるうちのバジル

俺の人生のものだ。

https://anond.hatelabo.jp/20170626215134

知ってると楽かもしれない発達・精神障害持ちの経験談

こんな公的支援がある

自立支援医療制度

医院薬局を一カ所だけ指定して申請すると、精神科医療費と薬代が一割負担になる。転院したり引っ越ししたりしてもまた申請すれば大丈夫収入によっては一カ月の中で支払う上限が変わる。

自立支援医療とは?精神科の通院治療費を軽減できる制度です。

http://seseragi-mentalclinic.com/jiritu-shien/

障害年金

18歳未満に病気が発生したか、それ以上かによって支給要件変わる。発達障害単体だと無理の可能性高いけど二次障害起こしてるともらえるかも。受給するための支援してくれる障害者支援施設もあるので使ってみてもいい。

精神障害者保健福祉手帳

一番のメリット障害者雇用に応募できる。配慮をもらえるのはすごく楽。あと公的施設の入場料が無料になったり映画が1000円で見られたりバスなど移動手段が割引になったり。電車は割引不可のところがまだまだ多い。持っていると色々役立つ時がある。ただし障害者雇用賃金がだいぶ安くなるから気をつける。

上記は主治医診断書必要になるので治療方針が食い違うと書いてもらえなくなるかも。要相談。ちなみに障害年金受けてるとその受給者証を見せれば楽に手帳申請ができる。

学生生活では、いちかばちかテストレポートすみっこに、これこれこういう理由で授業を受けるのが困難だった、と書いてみる。時々同情してもらえて単位もらえる。最終手段として。

退学するかどうかは家族と良く話し合おう。うつ症状は判断を狂わせるので、あまり重要決断をしないのが一番いい。どれだけ時間をかけても卒業するか、休学しながら体調を回復させるか、はっきり辞めてしまうか。道はたくさんあると思う。

やりたい勉強があったなら、退学は最終手段にしてほしいな。やめるのは簡単だけど、入るのはすごく難しいから。お金問題もあるから一概には言えないけど。コメにもあるけれど通信教育放送大学という手もある。

ざわつきが気になるならデジタル耳栓とかイヤーマフなんかを試してみてもいいかもしれない。授業になったら外す、とか。周りの目は気にしなくていい。好きなように言わせとこう。

何よりも、無理せず。やりたいようにやろう。

私も卒論指導教授には、たぶん見えないところでたくさん下駄を履かせてもらえたと思う。うつ治療しながらではあったが、なんとか卒業させてもらえた。ありがたかった。味方は必ずいるから。

大学卒業後の話。

都道府県には必ず「発達障害支援センター」や「障害者職業センター」が存在する。場所によっては「障害者生活就労支援センター」などもある。「若者サポートステーション」などもいいかも。公的機関とは別にNPOなんかも。相談はいくつかあると楽。たまに信用できない支援施設相談員いるから気をつけて。

うそもそも発達持ちなら自営業とかの方が合うかもしれないとつくづく思っている。ブログ副業とかどうなのだろう。そこはお好みで。

ADHD自閉症スペクトラム併発すると結構職業が限られると思う。これは私も今模索中。広々した場所で全員の挙動が全部見えるデスクワークは最悪だった。経験談として。

また何か思い出したら書くかも。

お互い頑張ろう。

あ、あと自分からガイジ」という言葉を使うのはおすすめしない。あまりにひどい言葉だしはてなにもたくさんいる発達持ちに失礼。

※色々追記

ADHDは治らないよ。薬で症状を押さえてるだけ。でもこのコンサータストラテラを飲むと、発達持ちの特性である創造性が失われるという話もある。それが嫌なので私は飲まなかった。元増田はいい方向に行ってるようなので何より。

一割負担の話は政府文句言ってくれ。だけど精神障害持ちはロクに働けなかったり薬がべらぼうに高くなる傾向なので大目に見てくれると助かる。

精神障害二級はだいたい労働生活にかなりの支援必要とする、くらいだったと思う。

ガイジって言葉は誰であれ使うなと強く言っておく。アスペもあまり好きでない。

発達持ちは謎の体調不良を起こしたり疲れやすかったりするので授業にたどり着くだけでもけっこう大変。そして休んでも友達ノートを借りたりできずに落とした単位がいくつかあった。人によるから簡単にちょろいと言ってやらないでくれ。

またまた追記

>>偶に自立支援申請必要診断書交付を拒む医師がいるらしいが、医師法19条2項違反からな。

申請受理するか却下するかは役所判断することで、医師がその申請が通るかどうかを必要以上に気にすることは無い。<<

そうなのか。一番最初自立支援申請をした医者がどうも渋り気味だったから印象で書いてしまった。補足助かる。

それも十年近く前だから、きっと少しは良くなっていると信じたい。申請マイナンバー必要になったのはアホかと思ったが。

まだ成人の発達障害は誤解も多く、私の主治医はとても良い信頼できる主治医だが、私が発達障害であると認めてくれない。(主治医内緒発達障害専門医セカンドオピニオンに行って発覚した)

発達障害に詳しい医師にかかるのが一番だろうが、地方ではそれも難しい現状だ。

ただ、障害者職業センターはだいぶ発達障害に力を入れ始めていると聞いた。何かの助けになるかもしれないから、元増田以外の発達障害持ちも相談してみるといいかもしれない。

2017-06-26

リーダーなんてなりたくない。

しがない下請けSE

正確には詳細設計レベルならできる職業プログラマーだが、正直向上心がない。

別に作業員でいいんだよ。リーダーとか管理とかしたくない。

与えられた仕様実装するだけの仕事でいいんだよ。

変に期待して育てようとしてくれるな。

リーダーとか大変なだけ。

同僚は役職付いてるのに俺と昇給額変わらないでやんの。

そんなん給料変わんなくて誰がやりたがんの?


「最低単価60万は稼いでもらわないと利益出ない」

とかアタマ湧いてんの?

こっちは手取り20あるかないかなんだよ。

引っ越したら家賃手当もらえなくなるから貯金できなくなるし

こんな昇給額じゃ20年くらい働かないと家賃手当の補填もできねーよ。

静岡の某社なんて60万の単価で手取り40万円以上もらえるらしいじゃん。

お前らどんだけ持ってってるんだよ。


田舎なだけにどこ行っても同じような気もするが

同じ会社、同じメンバーでやり続けるのも飽きたか転職しようかな。

2017-06-24

住民票ってどこまでごまかせておけるのか

よく実家住民票置いたままの人居るけど

あれって税金はどこに払ってるんだ?

どこまで誤魔化してやっていけるんだろう

なんか問題あるんだろうか

 

最近引っ越したんだが

移行期間がだいぶ長くなりそうだ

いつ住民票を移すか、そもそも限界まで移さないのか、悩むところだ

2017-06-23

30歳でようやく2,000万円貯まった

25歳で結婚し、28歳で第一子が生まれた。

30歳でようやく2,000万円貯まった。

子供が生まれるまでは共働きだったので、俺とは別に妻にも800万くらい貯金があるらしい(具体的な貯金額はお互い知らない。金はすべて基本的に俺の口座から出している)。

子供が大きくなるのを考えて、名古屋市内で駅徒歩1分の3LDKに昨年引っ越した。家賃10万。それまでは8万だった。

会社から給料は、昨年までは月平均30~40時間くらい残業していたので、年間の手取りが550万くらいだった。

4月に異動して(幸か不幸か)残業がなくなったので、今年から収入100万弱は減るだろう。

会社とは別に自分趣味の小さな個人事業で年に何百万か得ている(節税したいがほとんどできていない。妻を青色専従者にすることも考えたが、会社家族手当がなくなることと天秤にかけてやめた)。

自分としては、年収が低いわりには結構貯金してこられたと思っていて、その要因は、車に一切興味がないこと、服はジャケットなど一部を除いてユニクロ無印で満足していること、旅行は年に一回でも十分だと思っていることなどかなと思う。PCゲームと安い外食と酒くらいにしか金を使っていない。

あとは妻が倹約であること。これには非常に感謝している。と同時に、昼においしいランチでも食べてくればいいのにとも思っている。

ただ、妻が倹約なのは将来に対する無根拠不安を持っているからであり、自分としては現時点では十分な貯金があると思っているが、妻はたまにお金に対する不安を口にする(彼女実家お金特に困っていないので、そういった環境のせいではないと思う)。

なので、この程度の貯金では、当然会社を辞めて安定した収入を手放すわけにはいかない。それに、今後子供が大きくなるにつれて、出費は大きくなっていくだろう。

実際のところ、俺は会社をやめて自分個人事業に集中したいのである

1億ためたら会社を辞めて、自分のやりたい仕事をやろうと思っていた。だが30代に足を踏み入れて、実はこの先の人生そんなに長くないぞという実感が湧いてきてしまった。

結局はやるかやらないかである。が、たぶん自分はやらないだろうし、昼の仕事で安定した収入を得つつ、夜の仕事情熱を傾け、家族と一緒に暮らす楽しさを味わっていくことになるんだろう(会社も必ずしも安定し続けるわけではないだろうが)。

それができるのもひとつ幸せである

ああ~~~うんこ黄金に変わらないかな~~~。

(ちなみに投資は、損切りができない低能だったので株で400万減ったため、現在はやってません)

毎日、近所の猫を触っていたのだが

自宅から駅へ向かう途中、毎日同じ場所で寝ている野良猫がいて、いつもその猫を少しいじくってから出かけるのが習慣になっていた。

2年くらい経った頃だろうか。

まりにいつも同じ場所で寝ているので、そこにいることが当たり前と思っていたその猫が、ふと姿を消した。

どうしたんだろう?場所変えちゃったのかな?それとも、ちょっと健康そうだったから、亡くなっちゃったのかな?などと思いつつ、

1週間くらい、いつもの場所さりげに通りながら通勤していた。

すると、ある日のこと。

その場所の前には個人経営美容室があるのだが、私がそこの前を通ると、見知らぬお姉さんが元気に手を振りながら笑顔こちらに向かってきた。

全く知らない人であったため、てっきり、自分の背後に違う人がいるのかと思い振り返ったが、誰もおらず、どうやら自分が目当てらしい。

まるで意味がわからない。

呆気にとられていると、そのお姉さんは、

「いつもここで猫と遊んでたでしょう。あの猫ね、ガンで体調が悪くて、うちのお客さんが引き取って自宅に連れて行って、飼うことになったんだよ」

とのこと。

ああ、そうなんですか。てっきり死んじゃったのかなって。それは安心しました。などと言って、その場を離れた。

いずれにしても死に近い状況っぽいが、暖かくて安全なところで最後を迎えられたほうが良いだろうと思った。

向こうは一方的こちらを数年間見ていたせいか、もはや知人くらいの感覚になっていた様子で、その一方で、

こちらは全くの他人だったため(光の具合で外から中はあまり見えない)、呆気にとられた出来事だった。

その店では、小型犬を飼っているみたいなので(窓際によく座っていた)、どうやら動物好きな人なのだろう。

また、どことなく、親娘でやっているお店な様子だった。

それ以来、その場所からはいなくなり、以前は微妙本来の道を外れてそこへ寄っていたため、その場所も、その美容室も、

すぐ近くに毎日みかけるものの、目の前にいくことはなくなっていた。

そして、それからまた1年半ほど経った昨日。

その美容室付近たまたま通ると、丁度お店を閉めるタイミングだったらしく、

そのお姉さんっぽい人(視力が悪いため、少し遠目だとあまり見えない)が店の外でシャッターを閉めていた。

あれ?あの人かな?と目を細めていると、また元気にこちらに手を振ってくれて、あの時しか接点のない自分は、また呆気にとられてしまい、

あっ、っと一拍おくれて手を振り返した。

というのも、猫は毎日触っていたものの、その美容室の開いている時間に通るのは土日ばかりであり、私服姿であったため、

仕事帰りの今日はまるで出で立ちが異なっており、その上、だいぶ時間も経っていたので、向こうからこちらに気づくとは思っていなかったためだ。

たったこれだけのことで、少しドキっとしてしまい、この場所引っ越して3年半程経つけれども、今度あの店に初めて行ってみようかしら?と、思っています

2017-06-22

引っ越し

先日、東京引っ越したので

地方に住む同僚に引っ越し状を出した。

同僚は、数年前に東京の一等地に別宅を持ったので

管理が大変だとこぼしていたので

「いつか、都内一等地の別宅に連れて行ってね」

と書いて出したところ、同僚からぱったり連絡が来なくなった。


同僚の危機察知能力が反応したのだろうか。

ちなみにその同僚、50代独身

初恋

初恋は小4で生まれときからの幼馴染のような子。

私が引っ越して、もう6~7年会っていない

けど私は今でも

の子に会いたいと思うし、チャンスがあれば付き合いたいとも思う

正直言って忘れられない、どっかでばったり会えないかなーって思うけれどそうもいかない(引っ越したのは隣の市)

互いに高校卒業してその子も進学なり就職なりしているだろうなー

あと2年たてば二十歳だから、その時に連絡してみようかな

いくら待っていても顔も見えない仲だから自分から動かないと


追記

百合ではないです

逆に女子と仲良くするのは得意じゃない。「一緒にー。」とか嫌いなので小学生のころは下級生か男子と仲良くしてた。中学から高校まではひとりがおおかったかな。

あと、おじさんでもなく98年生まれの18の女です

もついつい村下孝蔵さんの曲を聞いてしまったw

車持ってる人は何考えてるの?

30から70くらいまで車持つとする

免許

20万~30万

しかも、数年に一回行きたくもない更新しなきゃいけない

身分証明書として最強? 身分証明書に何十万も出すのは最も意味わからん

軽乗ったり中古買うだろうから平均の購入金額税金、利子など甘めにみて1台平均150万として大体7年売却5回から6回買い換える

これだけで750万で、全部売ったとして1/5くらい戻って180万

570万

ガソリン

月1万として1 * 12 * 40で480万

駐車場

月2万として

2 * 12 * 40 960万

任意保険

平均して5000円として

0.5 * 12 * 40 240万

車検

2年に1回 5万

40 * 2 * 5 400万

自動車税

毎年4万

40 * 4 160万

まとめると、一生で大体2900万くらい払ってる

ゆとりから車買えないとかじゃなくて普通に移動手段にしては無駄すぎる

都内一家が住めるマンション買えるよ

タクシー乗ったとしても、月平均6万浮くわけだから週一回1万タクシー代に使っても2万余る

どうせ、田舎仕事に車が必要って言うよね?

今時核家族化進んでるんだし、引っ越しなよ

家賃+6万払っても車が必要地域にいけないわけ無いでしょ

そもそも都心の方が給料高いしね

買い物に必要

ネットで買え

都心住んだらどうしても必要になっても、月6万もレンタカー代払えないでしょ

趣味にするなら理解できるよ。趣味にかける金額としては全然安いし

そりゃゆとり田舎をでるよ

2017-06-20

40越えて新しい土地に来た

アラフォー独身男性。数年前体を壊して半年くらい入院した。体を養生するために親元に住むことにした。

親も大分前に引っ越したのでそこはもともと育ったところではなく知り合いはいない。

仕事は運よくハードでない仕事が見つかったので病院に通いつつなんとか生活はできている。

体を壊したのでいままでやっていたマイナー趣味もできなくなった。

から友達はは少なかったがが趣味の場でいろいろ話すことで仲間はいたが会うことはなくなった。病気なので酒は今は飲むのをやめた。

仕事では軽く会話をする程度。休日は静かに一人で散策したりネットを見たりして暮らしている。

この年になると友達必要なのだろうか。

また恋人結婚するようなパートナーはいていいのだろうか。

友達恋人がほしい気持ちもあるが、他人自分が背負う重荷に巻き込みたくない気持ちも強い。

そもそもプライベートで新しい知り合いをどうやって作ればいいのだろうか。そういう場が世の中にあるのだろうか。

2017-06-19

元カノ自殺たかもしれない

5年程前に付き合っていた彼女,元々家庭教師先生と生徒だった.

自分が遠くに引っ越ししまうから別れてしまったけど,それ以降もちょくちょく連絡は取り合っていた.仲は悪くなかったと思う

去年のはじめくらいから,元カノ大学生活が辛かったらしい.よくそう呟いていた.最近は薬も多用してたらしい.

先週の定期試験の後,連絡しても返信が返ってこない.今まではこんなことは無かった.

自分も忙しくて話を聞いてあげれなかった.もっと話をしっかり聞いてあげればよかった,自分ではどうしようも無いことだったとしても..

携帯が壊れてて連絡がとれないでいるだけだと思いたい.

2017-06-17

調子に乗りまくっていた

ここ最近調子に乗りまくっていたことに今日気づいた。

気づいた瞬間ものすごく恥ずかしくなって、一日中悶絶。

クッションに顔を埋めつつ振り返ると、この2年で生活が大きく変わったことを思い出す。

ものすごく好きだった人と結婚することができ、商店街を抜けた築50年の汚いおんぼろアパートから大きな駅に近い都会のマンション引っ越し、売り上げ重視の厳しい外勤営業からおっとりとした学校事務転職した。

新しい仲間たちにも恵まれ義理の両親もやさしく、夫も自分のことを大事にしてくれる。

そうです!この恵まれ環境にいつのまにか甘え、つけ上がり、酒飲んで上から目線で後輩に「もっとこうしたら〜?」とか言っちゃうマウンティングクソ女さんになっていたのです!!!

あーーーーーもーーーーー恥ーーずーーかーーしーーいーーーーーーーーーー!!!!!

週明け後輩にごめんねって謝ろう。

夫に、家族に、職場のみんなにいつもありがとうって伝えよう。

おんぼろアパートの時みたいに部屋を大切にして隅々まできれいにしよう。

職場がよりよい環境になるよう自分から考えよう。

つつましく、人にやさしく生きれるよう努力を怠ってはいいけませんね。

はあ、恥ずかしい。

プレ婚約

婚約者switchを買うらしい。

たぶん置いてないだろうけど探しにいくんだと。

私は「あるといいね」と当たり障りない相槌を打った。

しばらく経って不意に「switch買うお金あるなら私に婚約指輪でも買ってくれてもいいのでは?」と思ってしまった。

別に高い指輪じゃなくていい。給料3ヶ月分なんて時代錯誤もいいところ。私はきちんとプロポーズしてほしいだけなんだ。

そもそもプロポーズすらされてないのに俺の実家に来る?とはどういうことだろうか。ただの挨拶なのかな?

そんなクソみたいな考えを持った自分に腹が立ってGoogle先生に聞いてみた。

[結納 婚約指輪]

はぁ、婚約指輪結納品に含まれるんですね?

ではドラマ映画で見る指輪を渡してのプロポーズシーンってあれはなんでしょうかね。よくわからない。

調べた通り、結納品目録に加えるんでしょうか。

もっと結納するかどうかもわからないが。

少し心配なことがある。

私の家族は、宝飾品は石の大きさと品質至上主義なので、もし指輪を頂いたとしても私の気持ちに水を差すようなことしか言わないんだろうな。

「石が小さい」

「えwどこについてるの?w」

「本当にダイヤ?ww」

もっと大きいのもらえばいいのに」

「これ他はプラチナ?」

以上は私が誕生日プレゼントダイヤネックレスを貰ったときに言われた台詞である

なんというか本当にクズである

プロポーズから結納結婚式引っ越しから新生活

道のりが長くて途方に暮れている。

結婚するって大変なんだな。

2017-06-16

https://anond.hatelabo.jp/20170616182856

引っ越ししてクソ犬のクソ吠えに精神崩壊したけど、

アメ公場合はそれどころじゃないんだな

2017-06-14

ちゃんと家具を揃えようとしたら高くてびっくりした

引っ越したし家具ちゃんと揃えようとしたら、高くてびっくりした

そうだった、今までは底値ばっかり狙っていたんだった

30も超えたしちゃんと物を揃えようとしたら、ここまで高いのか

 

ベッド、マットレス 1020万円  あれ、こんなしたっけ?

洗濯機乾燥機 8〜20万円   良いの買おうとするとこうなるわな

冷蔵庫 〜6万円      お前は安いんだな

電子レンジ 〜2万円  お前も安い

自転車 3〜8万円   まあそうなるよな、電動自転車は更に高い

 

物によって、ちょっと良いの買おうとすると唐突に高くなる系と

別に高くならない系あるの面白い

PCとかも幅ある方だよね

もうだめかもしれない

おっさん

おくさんとこどもがいる。

狙っていた家に空きが出て買い換えして引っ越した。

なんとなく嫌な気持ちもあったが子供もでかくなるし広くなるしと無理やり納得して。

引っ越し半年が過ぎたが自分の家の感じがしない。

家にいることがなんとなく息苦しい。

おくさんとはレス半年ぐらいかな。

家族なのでなんとなくいやだ」という言葉

ずい分昔に途中までしたけど明日続きねと言われて引き下がって

次の日に誘ったらあからさまに目の前で寝たフリをかまされて大喧嘩して。

開けていた目をそらして閉じて横になる動作をそのまま見せられるとねえ。

別の日に仕事で使うために大量に集めていた資源ごみを何も言われていないので

資源ごみに出したらブチギレられ、「なんでなんにも言われていないのにぶちぎれれられないとだめなの?」とバカみたいに泣きながら訴えたり。

話をするのに一生懸命にならないと話せないとか。

ちょっと歯車が噛み合わなくなって、ちょっとボタンの掛け違いがあったり。

こうやって気持ちって離れていくのかと。

突然消えてしまったほうがいいのか。言い争ってドロドロで行ってしまうのか。

こどももどうしたらいいんだろう。

このままだましだましやっていくのがこどもたちにとってはいいのかもしれないが、いつまで気持ちが持つのか。

気持ちが切れるともう終わり。時限爆弾のようだ。

2017-06-12

http://anond.hatelabo.jp/20170611175146

元増田だが、その高い帯域のところに引っ越し

会社は徒歩圏

月50時間浮く

いっぱい寝ようと思う

できたら副業もしようと思う

俺には通勤は無理だった(座れるのに大分疲れる)

2017-06-11

ジェネレーションギャップじゃなくてなんて言うんだこれ

25歳だけどゲーム禁止の家庭だったのでポケモン金銀リアルタイムプレイしたことがない

40歳だけど引っ越しきっかけにテレビを捨てて10年ほどテレビをまったく見ていないのでエドはるみを知らない

こういうやつ

世代的には知ってておかしくない、経験してておかしくないのに、さまざまな理由で知らない・していないので今の10代と同じような土俵に立っている現象

そろそろ誰か言語化してほしい

2017-06-10

新宿駅の徒歩圏に引っ越して思ったこと

新宿駅西 ごみごみして汚い、あと薄暗い

新宿駅東 汚くはないが薄暗い

新宿駅南 なんか綺麗

 

そして人がくっそ多い

 

なんなん? 

 

あの薄暗い3階建てみたいな構造どうにかしたらどうなのか

明るい感じにするとか

空があまりにも狭い、常に薄暗い、昔見たディストピアSF映画未来都市みたいだ

母親(微毒)の誕生日、何かをしてもしなくても悪い結果しか予想されなくて詰んでたんだけど

こんにちは。初めて匿名ダイアリー投稿します。


私は30代前半、既婚の女です。今は結婚数ヶ月目、旦那さんと2人で暮らしています

27歳のときに2年ほど一人暮らししましたが、そのあとまた実家に戻って、結婚するまで住んでいました(ちなみに一人っ子です)。


母との関係性が壊れ始めたのは、結婚が決まる少し前から

(といっても、大学生ごろから少しずつほころびは見えていたのですが…)


もう30歳にもなろうとする私に対して、母は、

「娘の帰宅が遅い」と会社電話してきたり、

彼氏の連絡先を入手するやいなや、デートで私の帰りが遅くなると、SMSで、

「こんなに夜遅くまで出歩かせて、申し訳ないという気持ちはないんですか」

「親だから心配なんです、私の気持ちをわかってくれますよね?」

あなたまだ子供ですね、人の気持ちもっと考えられるようになってください」

勝手彼氏に連絡したり、

10万円もする健康器具(正直私は使いたくない)を「あなたのために買ってあげるね!」と言うので断ると、

感謝を知らない冷たい子」となじられたうえ、

あんたは気づいてないけど、あんたのためになるんだから使いなさい」

絶対お母さんに感謝することになるから!」

と結局渡されたり(しかも「嫁入り道具に持って行け」と…新居狭いのに…)、


と、これらは一例ですが、とにかく私への依存・過干渉エスカレートしていきました。

私の結婚が決まると、寂しさからかその態度はいっそう強くなり、


私が「半年後くらいには引っ越しして、そこから2人で結婚式の準備をしたい」と無邪気に伝えると、すごい剣幕で叩かれ、

結婚式入籍引っ越しは同じ日にやるのが常識でしょ!!!!!!!!」

プロポーズされてから最低1年は花嫁修行の期間として家にいなさい!!!!!!

友達の娘はお母さんにそういうの相談しながらやってるのに、なんであなた勝手に決めるの!!!!!!!」

とまくしたてられたり(当然大げんかになった&話し合いは平行線のままだったが、私の理想スケジュールは、申し訳程度だが伸ばすことになった)、



「当然うちの近くに住むでしょ? 女の子はそうするものもの

と言われ、答えに窮していると(当然私は離れたいと思っているが、言うと大変な事態になるので言えない)

あんたはほかの女の子と違う!!!!!!」と泣き叫ばれたり、


そういう喧嘩の中で、私の人格や、彼氏人格までバカにされ、

まりに聞き続けるのが苦しかったし、だからといって応戦するのも馬鹿らしいと思って自分の部屋で声を出さずに泣いていたら、部屋に勝手に入ってきて、「こんなことで泣くなんて嫌味な子!」とまたマシンガン罵倒がはじまり

もうだめだ壊れてしまうと思って「やめてーー!」と言って耳を塞いだら、「やだお父さん、〇〇が頭おかしくなったみたい」と父親を呼んで2人でヒソヒソしだしたり、


私たちの新居を見て「火事になりやすそうなとこね」「空気も悪い」とだけ言いすてたり、


彼氏(夫)もそういう様子を私から聞いたり、結婚挨拶ときに目の当たりにしているので私の実家に寄り付かず、

「短時間だけ!」と私が頼み込んで、義理を果たすためお正月に夫を連れて実家に遊びに行き、お昼ご飯を食べて15時ごろに「今日はそろそろ帰るよ。夫くん、個人仕事が忙しいみたいだからさ」と帰ろうとすると、

母親が、今度は私に対するのと同じような剣幕で夫に「〇〇(私)の幸せを考えたら、もっと奥さんの実家に通うのが夫のつとめでしょ!?

「思いやりがない!!!」「あなた子供!!!」と迫ったり(結局その日は夫と私、2人で応戦したが話通じず「興奮してるみたいだから帰るね」と帰った)、


あげくの果てに、

結婚式の前日に私と両親でご飯を食べることになったのですが、母親正月のことを根に持っていて、食事中ずっと無言&口を開いたと思ったら

あなたは冷たい子、いつかきっと後悔する日がくる」

とだけ言われ、


もうなにもかも嫌で結婚式の日は一言も会話をかわしませんでしたが、式のなかで、両親にギフト(私の手作りです)を渡すと「なにこれ、かわいくない…」と言われ、

なんかもうダメだなと思いました。



それから今日まで、数ヶ月、会っていません。

連絡も、向こうからきたものに「ふーん」「そうだね」とかひとこと返すだけで、まったくとっていません(一人暮らしの時は、ほぼ毎日連絡しないと怒られたので、こんなことは初めて)。




そんな母親に対して(父はそこまで実害はありませんが、裏で母親と一緒に私の悪口を言って火に油をそそぐ係をしているので、あまり信頼していません)、

一度は絶縁も考えましたが、いまいち踏み切れずにいます

まぁ、ここまで書いてきて、「結構ひどいことされてきてるな」とは思いましたが・・、DV無視はされなかったし、小さいころはけなされなかったし、風邪をひくと一生懸命看病してくれるし、「子供母親」としてはいい母なんです、本当に。

大人になった子供母親」として、ちょっと未熟だっただけなんじゃないかな・・と。

から、「毒親」と呼ぶにはちょっとためらうんですよね。「微毒親」ぐらいかな、と。




正直、今は連絡をとるのが怖いです。コンタクトとると大体何かしらの形で傷つけられるので。しかも、親だからか、めちゃめちゃ一言一言攻撃力が高いんですよ。立ち直るのにも時間がいります。それが怖い。

じゃあ絶縁すればいいじゃん!とも思うんですが、「絶縁したいのか?」と自分に問いかけると、そうしたいわけではないんです。


超超超理想を言えば、親と仲良くしたいです。

理解はされなくてもいい、でも、軽めの家族交流ができる程度にはつながっていたい。私がなにか態度を工夫することでそれが可能になるなら、そうしてみたい。

もちろんそれが甘いってことはわかっています


でも、「微毒」だったら、絶縁以外でもなんとか付き合っていける方法はあるんじゃないか、と、思っている・・・




で、ようやく本題ですよ。

母の誕生日が迫ってきました。


先ほど言った通り、母親コンタクトをとるのは怖い。

会いにいけば、これまで会いにいかなかったことを罵倒されるだろうし、

メッセージプレゼントを送れば、それに対する返信で「会いにもこないでひどい子ね」とねちねち嫌味を言われそう。

からと言って何もしないと、きっとすんごく悲しむのが目に見えているし、後々すごい恨みになって返ってきそう。


どちらを選んでも、悪い結果しか想像できないんです。


昨日の晩、そろそろ結論を出さねばと思ってぐるぐる考えていると、すごく辛くなってきて、ひとしきり泣いたあとに寝込んでしまいました。


そのときから「そろそろ帰るよ」とメールがきたので、

「ごめん、具合悪くてなにもできてないんだ」と返信すると、

1時間後、私の好物を買って夫が帰ってきました。


私は、セブンイレブンレアチーズどらやきを食べながら、夫に本当のこと(具合が悪いんじゃなくて親のことで落ち込んでたこと)を話し、

その時点で導き出していた、一番答えに近そうな考えを伝えてみました。



「私ね、自分の状況を客観的にとらえるために、別の似たケースを探してみたんだ。そしたら『ダイエット』と似ているなって思ったの」


「例えば私がダイエットをしているとしよう。

そんな私の目の前に、すごく美味しそうなケーキがあって、私はそれをすごく食べたいとする。

でも、ダイエット目的は、『痩せたい、もしくはこれ以上太りたくない』だよね。そのためには、おそらくケーキは食べないほうがいい」

「でもね、それを第三者である私が見てたらこう言うと思うの。

ストレスをためるほうがダイエットに悪いとも言うじゃない。自分気持ちに素直になった方がいいよ、食べちゃいな! その代わり、そのカロリー運動で消費しよう!』」




「これを今の私の状況に置き換えてみると」


「目の前に、親にコンタクトすべき機会が迫っているんだけど、私は何もしたくないと思ってる。

でも、最終的な理想は、『親と仲良くなりたい、もしくはこれ以上仲を悪くしたくない』。そのためには、おそらくなにかしたほうがいい」

「それをさっきの第三者セリフに置き換えると…

『長い目で見たら今は連絡しないほうがいい可能だってある。自分気持ちに素直になった方がいいよ、連絡しなくても大丈夫! その代わり、別の方法コンタクトしよう!』」








「こんな感じだと思うんだよね、でもその『別の方法』がわからないんだよ・・・

夫は「意外と面白い話だったw」と笑っていました。

そして、

「お母さんの好きな食べ物はなに?それを贈るのはどう?」

と。

エビかな。でもそれだけ贈るのって、やっぱなんか『冷たい子』『よそよそしい』ってぐちぐち言われそうじゃない?」

そう答えると、夫はうーんうーんと何やら考え始め、「エビのグッズとかないの?」と言いました。

私「えっどういうこと」

夫「なんかさ、エビ贈るだけだと、真面目っていうか、形式的な堅い印象やん。

でも、送られてきたのがエビなんだけどアクセサリーだったり役にたたなそうなものだったりとかしたら、『何これww』ってなりそうじゃない?」

私「たしかに・・それを先に送りつけて、後日『本物もあるから』って言って本物送ればフォローもできるしね」

夫「プレゼントへの返答も、自然と『何これw』にならざるを得ないから、心配してた返信メッセージの怖さも軽減するよね」



そうして2人でエビグッズを探したところ、見つかったのがこれ

[rakuten:http://item.rakuten.co.jp/wishorder/a520065011384s/]




私「これなら、使用シーンの写真とか自然と送りたくなるし、『責める(親)』『避ける(私)』以外のコミュニケーションが生まれそう!これなら親が望んでいる、『私とのコミュニケーション』が私にとっても嫌じゃない形で実現できる。めっちゃいいじゃん!!」

夫「よし、じゃあ次は本物のエビを探そう!」





とまあこんな感じで、

エビプレゼントすることになりました。




結果はまだわからないけど、ダイエットのたとえのところで書いた「連絡しない、会わないで済む別の方法」が見つかったなという気持ち

あと思ったのは、日常なかにもっとユーモア」が必要なんだな、ということ。

私は少々頭が硬い(合理的主義)ところがあるので、こういう視点を忘れないようにしたいなぁと思いました。






結果がわかったら、トラックバックとかで読めるようにしてみます

寂しくて泣いた

ひとりで行動するのがすきだと思っていた。でも、きょうついに寂しくて街なかで泣いてしまった。

いままで暮らしていた街には友だちがいて、それなりに遊びやお酒の誘いがあった。気が向いたときには行くこともあったけれど、大抵は断っていた。わいわいすることや、お酒のんでうるさくすることはひと月やふた月に一回あれば充分だった。それはひとりで喫茶店に行って本を読んだり、革細工をしたりする方が楽しかたからだった。

就職を機に引っ越しから休みの日はいつもひとりだった。今まで望んでそうしてきたのだから大丈夫だ。そう思っていた。でも、気づいたら本を読むことや革細工が楽しく感じなくなっていて、そんなことより人と会ったり話したりしたいという思いが頭を擡げるようになっていた。どうやって人と知り合えばいいのか、仲良くなればいいのか、いまさらからなかった。

東京にはこんなにたくさんの人がいるのにぼくはいつもひとりだ。池袋を歩いていて、ふとそう思った。

なにかしたい、しなければいけない気がしたけれど、何をしたらいいんだろう。

今まで殆んど入ったことのないゲームセンターになんとなく入った。騒がしい店内でクレーンゲーム機械を眺めてまわっていると、大きなピカチューに目を奪われた。

キャラクターピカチューサトシくらいしかからいくらポケモンを知らないのに、なぜか惹きつけられ、「かわいい……」とひとりごとを呟いていた。

「どうしてもこのピカチューを連れて帰らないと……」気づいたらそんなことを考えていて、1000円を両替していた。

………………………………………………………………

何かに夢中になったのは引っ越しからははじめてだったように思う。僕は寂しさを解消しようとして、なぜかぬいぐるみを切実に手に入れようとしていた。結局、クレーンゲームの大きなぬいぐるみを取ることはできず、店内をあとにすることにした。

週末の人が溢れる池袋、駅までの帰り道、僕は寂しくて泣いた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん