「小学生」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 小学生とは

2018-09-25

anond:20180925164738

それほんとに一部の人から

自分はかなりBLを読むしもちろんそれ以外のも読む。

BLっていってもほんとに千差万別

男性同士の恋や疑似恋愛、あるいは「みなし恋愛」っていって、全く絡みもそれらしき行為もなーんもないやつもある。

要はメインキャラが男性で、男性を中心とした世界観物語が進行していくだけってことしかBLといわれるジャンル共通点はない。

からBLにも子どもにも読ませたいような素晴らしい作品もあるし、逆に子供に見せたくないなあとか、これは電車内では読めんな、というのもある。

そして、これはストーリーに大きな意味はない単なるエロ本じゃん、っていうのもあるんだよね。

例えば自分小学生男児ありなので、

隠して読む本、子どもがうっかり読んでもいいと思って本棚に並べてる本に分けて管理してる。

からゾーニングレイティングに関して言うと、自分の考えでは、ラノベBL男性コミック?なんでも個々に判断するしかなない。

決してBL無罪ってことはないよ。

ただし少年少女向けみたいなことが明らかに謳われてるシリーズから出てる作品についてはそれを読む子どもたちの発達段階に合わせた内容であるべきあろうと思うし、それは出版社側の責任だろうと思う。

それ以外の全年齢購入可を前提としてるものについては、どういう売り方しようと売る側の良心に基づく判断に委ねるしかない。

例えば書店側としては一番いい売り方を考えるの当然で、個々に配慮したほうが良いかどうかも各書店判断

そしてそれぞれの親が自分の子どもに読ませたくないと思う本も親によって違う。「よそはよそ、うちはうち」だからこれはいい、これはダメっていうのは保護者が注意深く見守り、必要に応じて遠ざけるしかない。

いろいろ過激比喩応酬が続いてるけど極端に先鋭化してるフシがあると思ったので書いた。

anond:20180925164557

タツノコあたりのずっこけで笑うのは幼児から小学生向けだったりするだろ。

ずっこける、そのことが面白いと感じる年ごろ何だよ。

僕が非正規でいる理由

ひきこもり歴が5年ある31童貞です。

データえっせい: なぜ非正規でいるか

これ読んで思うことがあったので書きます

現在客先常駐派遣技術者非正規)と言う立場で働いています。はじめはこんなポジションに付くつもりは全くなかったんですけど・・・

なぜ非正規でいるのかって所にスポットを当てたいので過去お話は省き経緯とこれからを書きます

情報系専門卒は就職先が決められていた

そうです決められていたのです、5年間のひきこもり生活から抜けて情報系の専門学校に通い卒業の年。

当時は正社員で雇ってくれる大手中小求人の条件には漏れなく「大卒以上」の文字記載されていました。

学歴より新卒資格基本情報CCNALPIC lv.2・ORACLE MASTER Bronze)と知識でどうにでもなると言う勢いで20社以上に挑みましたがエントリー段階で全滅。

今ほどweb系にスポットがあてられていない時代だったので他を探すとなると中小零細SIerしか選択肢がなく否応なくそこに入社

大卒」と言う学歴の強さを思い知った出来事でした、今はweb系と言う選択肢があるので専門卒でも幅広い選択肢がありますね。

中小零細SIerほとんど客先常駐だった

これは周知の事実です、つまり大手に行けなかった人は漏れなく「非正規」の仲間入りです。

派遣会社正社員として採用され客先に常駐してる人は全員含まれているでしょう(正社員だけど派遣社員)

自分のやりたいことを主張すると非正規派遣がメインの会社しかなかった

私はIT業界を目指しておきながらプログラミングに興味がなく、ネットワーク構築やサーバー構築が好きな人間です。

今でも家にCisco中古ルーター(当時1万以上した!)とかCento OSが入ったファイルサーバー(電源壊れて動かない)やライブカメラサーバ

あります最近はLeafletに興味が沸いたのでJavaScript勉強を暇なときにしています

前の会社を「これ以上、派遣できる現場はないか有給取って転職して出てって」と事実上解雇宣告を受けてからネットワーク構築やサーバー構築や

インフラ系の保守運用職種に行きたいと思って転職活動を始めました。

web系やSI系を歩き回り、だいたい10社くらい受けましたがweb系は「実務経歴がない知識だけの人に来られても困る、プログラミングできれば別だけど」などと言われ不採用

SI系は「この職種は辞める人が少ないから空きがないんだよね、3年以上の実務経歴があれば違うんだけど」と言われ不採用になりました。

転職活動を始めて3か月くらいの時にやっと2社から採用通知が来ましたがどちらも客先常駐メインの自称SIerでした。

でも非正規でやりたいことができる訳ではなかった

今、2社のうちの片方を蹴って某客先常駐メインのSIer仕事をしています

雇用条件求人条件通りか念押ししましたが実情は予想通りでした、ネットワーク関係仕事元請けメインで緊急時下請け派遣が行う現場でした。

日常業務ヘルプデスク定例会資料作成カスタマーエンジニア的な仕事事務処理がメインで面白くない仕事です。

ただ前の会社と違い有給休日出勤時の代休が取れて夜勤も滅多にないため妥協しそうな自分がいます。(期限付き資格有効期限は既に切れ済み)

なぜ非正規いるか

正規ネットワークインフラエンジニアプログラマに比べて空きがかなり少ない職種でした、就職活動の時は「大卒」が大きな壁になり

転職時は「実務経験」が大きな壁になりました。1度でも非正規に足を踏み入れると非正規で培った経験知識転職市場に売り込むこと

になるためなかなか「非正規」と言う立場から抜け出すことが出来ません。非正規転職市場で歓迎されるのは35歳までです、36歳以上は余程の実務経験知識がないとゴミ同然です。

プログラミングが注目を浴びている今はインフラネットワーク知識はあまり喜ばれないので何とか実務経験を積んでステップアップするしか非正規から

抜け出す方法はありません。その入りやすさと抜けにくさにはまった私はもう2年か3年くらい非正規でいることになります

非正規から抜け出せない人たち

なぜ非正規でいるのか、それは入りやすさにはまったまま抜け出せなくなった人が仕方なく選択しているからです。

非正規も暇ではありません、正社員もしくは元請け正社員と同等の働き求められるため一部の人で言われている「非正規責任がないから楽」は過去のものです。

そんなパフォーマンスを求められ有給取得もままならない環境のまま36歳になってしまってから気が付いても、もう転職市場では歓迎されません。

転職にわかりましたがweb系も年功序列思考がうっすら残っています、そこそこ名の知れたweb企業面接官に

「一人前になるのは20年、二十二歳で入れば42歳でうちの給与水準通りの働きをしてくれるけど君30歳でしょ?」と言われ不採用の通知が来ました・・・現実は厳しいものです。

そんな現実があるので、解雇制限がなくなったら非正規がみんなハッピーになれるとは思いません。

36歳未満の諸君がんばろう

頑張りましょう、今が非正規から抜け出すチャンスです

元のブログは「みんな非正規にしてしまえ」と言う結論でしたが、転職市場では年齢制限が当たり前のように存在するため

正社員と言うポジションがなくなった瞬間相当数の労働者が路頭に迷うことになるか低賃金でボロ雑巾のように働かせられる事になると考えています

小学生プログラミングコンテストを見て、この内の何人が社会人になってもキラキラした技術者になれてこの内の何人が非正規に追いやられるのかなと考えてしまます

anond:20180925115235

何言ってんだ?

賃金が上がる=単純作業ではなくなってゆくという小学生レベルの話だぞ。

anond:20180925101720

んじゃ増田会社上司とか同僚に「マイリトルポニー好きなんすよ」「あと、プリキュアも」「若おかみは小学生って最高っすよね!」って言ってみて言われた人がどういう顔をするか観察してみてくれよ。

それをすんなり受け入れられたのならば、幸せだけれども。

anond:20180925044715

小学生のころジャイアンいじめられて、

中学では図書委員文化部(実質帰宅部)で陰キャの極み

普通科しかいから建前進学校に入るも何もない3年間

なんとなくノリでFラン大学へ。またしてもなにもない4〜5年間

とくに希望もなく適当ブラック企業

無能上司、客神理論パワハラモラハラセクハラサビ残低賃金で鬱になり退職

ニートになり社会復帰を試みるも時既に遅し

 

こんなのは

IQが人よりも高い子は、検査される以前から幼少時に自分が人とは違うんだという事に気付いている

自分には2歳以前の記憶があるのに、他の人は覚えていない

幼少で教えてもらった将棋で、大人すら相手にならない強さにすぐに到達する

小学生にして与えられた中学校数学教科書理解できる

好きなアニメテーマソングテレビ画面単位テロップを覚える事で一発で暗記出来る

クラス連絡網は貰ったその日のうちに電話番号を短時間に暗記している

教科書程度なら暗記している

それぞれが、普通の子には出来ない事だという事を理解して、自分が異常なんだという事に気づいてる

スポーツやらせても、運動神経は並でも、何をすればいいかを把握するから上達が早い

結構、出来ない事、分からない事がない子供時代って寂しいもんだよ

親がそれを理解して、色々と難しい事、面白い事に取り組ませてやんないと、上手く育たないだろうね

まぁ、ある意味じゃ障害と変わんないよ

2018-09-24

anond:20180924063529

元々は教師あるいは教科書作成側の方で、「作者はどういう意図でこの話を書いたのか」とか「作者は何を伝えたくてこの話を書いたのか」とかそういう問いを小学生にも分かるように説明するにあたって、「作者の気持ちを答えなさい」という表現を使った、みたいな話を聞いた事がある

anond:20180924162346

何がだよ。

それじゃあ小学生の頃に絵が上手くて自慢していたまさと君も影でこそこそ絵の練習してたってことになるんだぞ!

anond:20180924063529

「作者の気持ち問題ネタって別にネット時代に入ってから国語叩きに使われるようになったのではなく、ネット以前の80年代90年代からあるネタなんだよね。

自分の書いた文章国語試験に出題されたので自分で解いてみたところ、自分の答えは正解ではなかった」ってやつ。

作家本人が自分で話して持ちネタにしてる場合もあるし、周辺の人たちが又聞きという形でネタにしている場合もある。

評論文で筆者の意図を問う問題普通だし、テスト抜粋された文章だけから読み取る問題と、それ以上の情報を持ってる筆者とでは、答える内容が異なる場合もあるだろうから、実際にそういうケースは主に評論ではあるのだろう。

これが伝聞を繰り返すうちに真相不明になり、「物語で作者の気持ちを聞く問題ってどうなの?」などと国語叩きでマウント取るための道具だけに利用されるようになった。

 

小学生国語で、例えば戦争文学の授業の時、「この物語は戦中の作者の体験をもとに書かれました。こうした背景から作者の気持ちを考えてみましょう」みたいなことはあるだろうけど、それと「テスト問題に出て~」というのは全然違う話

子どもの見える位置エロ本を置くな!

最近ラノベの表紙が卑猥やらゾーニングやら騒がれてる。ちょっと旬を過ぎた感はあるけど。中には「果たして子どもが見て影響を受けるのか」って意見まであった。いや、どこで見たか忘れたけど。影響を受けるんだよ。まじで。

というわけで、1つの例として私の幼少期の実体験を聞いてくれ。

私は20代女。

それでは、15年ほど前に遡ろう。

小学3年生の通学路、小学校のすぐそば商店街があった。商店街にはアーケードがあって、その並びには本屋さんがあった。

本屋さんの外、アーケードの下には本棚があった。コンビニにあるマガジンラックと、平積みに出来る台がくっついたようなやつだ。マガジンラックには週刊誌が、平積みにはエロ本が置いてあった。そのエロ本は今のコンビニの片隅に置いてあるような分厚い漫画雑誌だった。

この本屋の前を通りこのエロ本を視認した最初の時、私は「見てはいけないものを見てしまった気がする!」と思った。見たことを友達に見られていないか周囲を見た。そして走って逃げた。それがファーストコンタクト

次の日は、悶々としながら「(2日連続で見るのはやばい。たぶんやばい。)」と思って、向かい側のアーケードを通ることにした。

またその次の日は「(何か見たい、どうしてだろう…ドキドキするけど、なんで女の子なのに女の裸に興味があるんだろう、わたしっておかしいのかな…。でも見たい、……見たい!!!!!!!!)」と気持ちが爆発した。その日はその本棚を横目で見つつ、ゆっくり通ることにした。「(わたしの体、頭は前を向いている…大丈夫大丈夫)」と自分勇気づけた。

それからは、たまに本屋の前をゆっくり通るようになった。時にはしゃがんで本棚に隠れるようにしてじっくりと表紙を眺める日もあった。ただ、言い逃れは出来ないだろうと思って、雑誌に触れることはしなかった。大胆な行動を取りつつ慎重になろうとする支離滅裂さ、今思うと小学生ってほんとばかって思う。

エロ本の表紙はむちむち爆乳のお姉さんだった。乳首が出ている表紙もあれば、濡れた浴衣から透けている表紙もあった。リアルめの画風だった。表紙は見ていたけれど、なにせお姉さんの裸を見ることに必死だったか雑誌タイトルすら覚えていない。今では、濡れた浴衣で透けてるとか最高って思うけど、当時は「服着てるじゃん…」としょんぼりしたのを覚えている。

ここまでが私の幼少期。

それから高校生になるまで男の人の裸に性的興奮を覚えることはなかった。恋愛対象男性女性に恋をすることもなかった。中高生時代は、性的対象恋愛対象がちぐはぐしていてすごく悩んでいた。今では、「女性身体美しいもんな。しょうがないよな。」と開き直ることにしている。私は処女からわかんないけど、すごく性欲が強いと思っている。小6の頃からオナニーを始めて今では週7、AV女優にも詳しくなってしまった。性欲の強さは今でも悩んでいて、男の人より強かったらどうしようだとか、みんなどうなんだろう、これっておかしいのかな…などと、うじうじしている。

こんな育ち方のきっかけ、引き金を引いてしまったのはあの本屋だろう。引き金を引いてしまタイミングはいつか来ることではあったけど、それにしても早すぎた。だから私に言わせてくれ。

子どもの見える位置エロ本を置くな!」

と。

エロ本本屋に置くのは賛成派だし、それを否定していないけど子どもの見える位置、行動範囲に置くのはやめようなって思う。普段誰にも言えない、言えないことを書き連ねることが出来たし、はてな匿名ダイアリーには感謝している。

書きたいこと書けて満足。じゃあね。

anond:20180924120431

話の全体像議論することができないんだよ彼らは。

かい重箱の隅をつつくのが大好きで、「いつそんなこと言った?」みたいな小学生みたいな議論が大好き。

実家が汚い

我が家は両親が別居しており、定年を過ぎてまだ働いている母一人で自宅に住んでいる為掃除が行き届いていない。

家の裏にはキャンプ用品、小学生の頃使っていた家具、壊れた電化製品が捨てられないまま残されていて誰かが動かそうとすると物凄い反感を買う事になる。壮大なゴミ置場があるようなものだ。

庭の草は荒れ放題の伸び放題、さっき掘ったら犬の鎖、犬用の皿やバケツが出土した。ほとんどは黴や蜘蛛の巣の温床と化していて、ボロボロの雨除けから溜まった水から蚊が沸いている様子だった。

家の中もまともとは言い難い。椅子には猫の毛が付着し、先日泊まったら何の影響か治らない風邪を引いた。この家には過去遺物が多過ぎる。恐らく来客用に調度されたのであろう大きなワイングラス達。トールペイントの類は美しいが自分には真価が分からずにいる。どれも磨けば光るのだろうがもう用済みとなってしまったのか部屋の一角インテリアと化してしまっている。

恐らく廃品業者に頭を下げ、お金を払って掃除してもらう事になるのだろう。私生活が晒されてしまうが仕方ない。

もう家には帰らないだろう父、県外の生活がメインになった兄弟、誰がこの惨状を整理するんだろうか。

小学校校長先生って普段どんなことをして過ごしてるんだろう

小学生の時すごく不思議だった

担任先生と違って直接教室で授業をするわけではないし

かといっていっつも学校にいるわけでもなさそうだった

どこに居て何をしているのか謎の存在なのが校長先生

福岡県福智町の町立図書館の館長がクビになって

後任を小学校校長先生が務めるという

校長先生ってそんなことまでしてるのか

学校にいないはずだわ

2018-09-23

星屑ランデブー

カール・セーガンという天文学者が、私たちは"星の子"だと語った。

それは僕たちが”この母なる星”に生きている、と言ったありきたりな安っぽいポエムみたいな意味言葉ではない。僕たちを形作る、窒素カルシウム鉄分炭素も、全てかつて崩壊した星々の内部で作られたもので、僕たちの体は星の欠片で出来ている、という意味の何とも奥深い言葉だった。

雨の昼休み図書室でこの言葉を読んだ小学生の僕は何だかわくわくした。

遠い宇宙で星が産まれ、そして滅び、いま僕の身体になっている、と思うと僕の全てがきらめく気がした。

右手人差し指の先っぽで蛍光灯に白々しく光るこの爪も、いつかどこかであの夜空に浮かぶ星々の一つだったのだ、と思うと言葉にできないときめきを感じたのだ。

チャイムを聞いた僕は鼻息荒く本を閉じ、僕の体は星で出来ているんだぞ!と考えながら午後の眠たい授業を聞いた。

数ヶ月もしたらすっかり忘れた。

高校生になった僕は放課後書庫女の子と二人でいた。

文芸部部長として本の整理をする彼女と、友人を待っている間に煙草を吸える場所を求めて部室棟にたどり着いた僕は、蜜蜂の羽音みたいな吹奏楽部演奏を背景に殆ど忘れてしまった沢山の話をした。

ある日、吹奏楽部ブラームス練習していたころ、何の話の流れでかも忘れてしまったけれど宇宙の話になった。

彼女カール・セーガンのその言葉を知っていた。

僕は数年ぶりに思い出したその言葉に懐かしさを覚えながら、俺の体が星でできてるなんてって、わくわくしたよ、と言った。

彼女は「私もそう思った!」と急に大きな声で言った。僕たちは透きとおったオレンジの光の束の中で見つめ合い笑った。

この人差し指の爪もさ、星でできてるんだな、って感動したんだよね、と言いながら煙草匂いのついた右手差し出すと、ピアノを習っていたという白く細長い人差し指彼女がそれに触れた。少しだけ湿り気を帯びた指先は柔らかく暖かだった。

「あの映画みたいだね」とやけに赤い唇で彼女が言った。そう言えば聞こえてくる曲をブラームスだと教えてくれたのも彼女だった。

そのとき、僕は、何故か急に、眼鏡をかけて髪をまとめブレザーを着た彼女も星の欠片で出来ているんだ、ということが、あの日僕の感じたときめきが、本当の意味でやっとわかった。

いつかどこか宇宙の彼方で輝いていた星が、いま僕の全てを形作り、いつかどこか宇宙の彼方で輝いていた星が、いま目の前で笑う彼女の全てを形作っている――――――

僕は何だか泣きそうになって、煙が目に染みたなんて誤魔化したあと金木犀の香りの帰り道を息を切らして走った。

きらめく星屑で作られた僕たちが、出会ったり別れたりを繰り返しながらまた星屑になり、そしていつかどこか遠い星でまた出会う。

きっと僕たちはこれまでも出会ってきたのだ。それはどこか遠い星で寄り添い合う二つの水晶だったかもしれないし、暗黒星雲彷徨う二つの塵だったかもしれない。

僕たちはブラームスを響かせる金管楽器だったかも知れないし、甘く漂う金木犀だったかも知れない。



何が書きたくてこの文章を書き始めたのか忘れたしちょっと眠くなってきたんだけど、これをキーボードで打っている僕のきらめく指先も、これを読んでいる君のきらめく瞳も星屑で出来ているっていう、なんかいい感じの話で終わりにしていい?いいよね、ありがとうおやすみ

2018-09-22

anond:20180922211937

そゆ時の子供は小学生高学年くらいじゃない?

久しぶりにテレクラに行ってみた。

久しぶりに歌舞伎町をブラついていたらテレクラを見つけた。

まだあることに驚いてちょっと入ってみた。店の感じは昔とさほど変わらないが、ネット出会いサイトIDももらい時代を感じた。

電話はやはり少ない。

たまにかかってきてもきちがいみたいな女か即金額交渉だ。

昔は都条例もなかったので夕方中学生高校生の子から電話が山のようにあり、たまに小学生もいた。援交目的じゃないものもそれなりにあった。

夜は女子大生OLが多かったが、これも金目的じゃないのが多くて長く会話して翌日や週末に会うなんてのもすくなくなかった。

ヤニ臭い個室で懐かしさと寂しさが去来した。

俺 30歳 男 身長160センチ

小宮果穂より小さい

小学生より小さい

(アルピーボイパのコーナーみたいな書き方になkつた)

2018-09-21

anond:20180921120048

「○○くんはよそのクラスからうちのクラスの××ちゃん応援しちゃダメ!」って小学生どころか幼稚園児の縄張り意識じゃん(笑)

anond:20180921092550

どうせ粗探しするんだろうと思うがまぁいいや。

小学生

 無視と机の落書きノート死ねとか書かれる。上履きとか物を隠される。

 トイレに閉じ込められる。

 →主犯を探し、タイマンで話し合った。

中学生

 元々いたグループから弾かれ無視れいじめられている奴がいたため

 一緒に遊んだりしていたら、そいつが元のグループにもどった。

 そして、そいつ含めた元グループから無視暴力、陰口などを受ける。

 元々、そのグループはいじめグループだったためクラスの奴らも無視してくる。

 →1対1で戻った奴と話し合った。ボスと話し合う必要があると判断

  ボスと1対1で話し合い、最終的にお互いに1発殴りあうことで解決

  ちゃんと謝ってもらったし、今では親友だ。

  

 2回目

  学年があがり別のクラスになったとき

  うるさい奴が、俺の友達を好きなキャラ(女)に見立てた。

  自分主人公。俺はライバルの設定。

  そいつ個人が一人で盛り上がってるだけの話なんだが

  俺が友達に近づくと「浮気!」とかその他ギャーギャー騒ぐもんだから

  ウザすぎて友達全員が離れていった。

  1週間程度「やめろ」と言いながら我慢したんだが、一向にやめないからムカついたので胸倉掴んだらやめた。

  クラス友達多めで、彼女もいたか嫉妬されてたらしい。Shit!

これで良いか

2018-09-20

パンツパンツ

南区声かけ事案発生

https://www.gaccom.jp/safety/detail-269275

9月17日午後6時ころ、南区長住3丁目付近で、自転車進行中の小学生女児が後方から自転車で追いかけてきた男に、パンツパンツと声をかけられる事案が発生しました。男は、年齢70代くらい、黄土色帽子青色七分袖シャツ、黄土色半ズボンを着用し、黒色自転車に乗車していました。

南区声かけ事案発生

https://www.gaccom.jp/safety/detail-269801

9月18日午後3時ころ、南区長住5丁目付近で、徒歩で帰宅中の小学生女児が後方から自転車で近付いてきた男に、パンツパンツと声をかけられる事案が発生しました。男は、年齢70代くらい、色黒のやせ型、色不明帽子を着用し、黒色自転車に乗車していました。

南区声かけ事案発生

https://www.gaccom.jp/safety/detail-270665

9月20日午後4時ころ、南区長住3丁目付近で、小学生女児らが徒歩帰宅中、自転車に乗った男が追い抜いた後振り返りパンツパンツと手を振りながら声をかけられる事案が発生しました。男は年齢60代くらい、黒色長袖ジャンパー灰色か黒色のズボンベージュキャップ帽を着用していました。

同じ区内で3日も発生している声かけ事案。解決する日はくるのだろうか。「パンツパンツ

anond:20180920195856

小学生にそれ言ったら

夢の中で寿司食ったけど、現実でも寿司食ったよ!

夢をかなえたよ!あっはっはー!って言うと思うよ。

俺でも多分そんな答えしてたと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん