「くるくる」を含む日記 RSS

はてなキーワード: くるくるとは

2021-06-10

父方の祖母に会いに行った

数年前から認知症を患い私の家から車で1時間施設に入っていた

私にとっておばあちゃんは多分好きな存在だったと思う

完全二世住宅で一階には祖父母が住んでいた

祖父が亡くなったのは私が多分小学3年生とかの時

あんまり記憶にないけど木曜日ピアノ先生の家にレッスンを受けに行っていた

そして帰ってきたら自宅で死亡確認をされていた

その時祖母に「○○ちゃんは泣けるなんて優しい子ね」って言われたのを覚えている

他にも家族旅行に行って帰ってきたら必ず甘い卵焼きと、俵型のおにぎりを用意してくれていた

それがめちゃくちゃ美味しくてすごい好きだった

小さい時一緒に遊んでもらってくるくる回ってたら「○○ちゃん宇宙飛行士になれるね」って言ってくれた

でも最近は家から遠いしで全然行かなくて、でも元気そうに過ごしていると聞いていた

なのに急変したようで慌てて有給を取って会いに行った

行く前は全然平気で会社にも「午後始まりに間に合わなかったらテレワークで!」とか言ってたけどおばあちゃんの顔見た瞬間勝手に涙が出てた

私にとって施設に入ってるのはいつか一階に戻ってくるまでの治療場だと思ってたから、卵焼きおにぎりもまた食べれると思ってたのにそれが無理なんだなってなってやっと実感した

全然現場理解してなくて理解できてなくて自分の浅さに気がついた

最後の布団越しの手はまだ暖かかった

2021-06-09

anond:20210608223622

かに海外と(もう少し絞ると東~東南アジアと)共通するセンスは感じる。

なんだそのイモくせえ化粧とくるくるヘアー休日のベトコンみたいな服は、と思っていた女がSNSで絶賛されていたりする。

2021-06-08

伝承の味のハム増田は時を超えてエコを木とは出す魔飲む派のジアのうょ新手(回文

おはようございます

あのさ、

任天堂のさ3DS

よくよく考えてみたら定価でダウンロード版を買うより

今ならお求めやすカートリッジ版のをどこかから探して調達してきた方が

調達課の課長は安く抑えたよくやった!って喜ぶんじゃない?

そんでね、

マリオカート7早速ゲッツよ。

もう11年前のソフトで私とほぼ同い年でもあるにもかかわらず、

インターネッツ対戦には今だたくさん人がいて

何このディストピア!って少し恐怖を覚えるとともに、

この人達は本当に実在するのかしら?ってちょっと心配なるレヴェルなんだけど

調子こいて早速インターネッツ対戦を申し込んだけど、

やっぱり初戦デビュー戦は最下位をめでたく飾り幕を切って下ろした火蓋なのよ。

でもさ、

11年前の古いっちゃー古い年代なんだけど、

さっきも言ったとおり、

インターネッツ対戦には人がいて本当にこれ生身の人間なのかしら?って再度思っちゃうほど、

メトロポリタンミュージアムの大好きな絵の中に閉じ込められた大貫妙子さんを地で行くような

マリオカート7インターネッツ対戦でいる人は

過去インターネッツ世界に閉じ込められてままなんじゃないかしら?って

もしかして

時空を超えてインターネッツ繋がってね?って思わせるそんなファンタジーマリオカート7でもあるわね。

トップビュー画面で接近警告が出ない緑甲羅が飛んできても分かるけど避けられないのは避けられないけど

カレーに避けたい大盛りをおかわりする勢いよね。

またSwitch版のマリオカートとは趣が違うというかなんというか、

ただただそこに居るインターネッツ対戦の住人たちが、

時空を超えて11年前の人たちなのかしら?って一抹の不安があるだけで、

あとは面白い出来栄えレーシングゲームであることは間違いないみたいね

唯一驚いたのがイカの墨が飛んでくるときに躍動感というか3Dを活かしたイカだけに墨の飛びっぷりに思わず避けそうになっちゃったぐらいよ!

でも私の2DSLLなんだけど!

そのぐらい放物線を描いて飛んでくるイカスミに今日イカスミパスタにしようかしら?ってママ献立捗るママーのパスタにしようかな?って

まりイカスミがリアルなのでイカスミパスタが食べたくなっちゃう勢いを

そのまま飛び込み前転して食欲を抑えたいところ。

やっぱり

かつての任天堂のさ最先端当時は現役ハードだったわけで

探せば色々なゲームがたくさんあるかもしれないし、

「猫にエサをやるな!」って怒ってるおじさんにも

ダウンロード版じゃなくてお安くカートリッジ版を探して買った方がいいわよ!って大きな声で教えてあげたいもん。

でも何度も言うけど、

11年前のソフトなのにインターネッツ対戦には人がたくさんいて

これマジで11年前の時に閉じ込められてるんじゃないかしらって。

大貫妙子さん現象というか随分メトロポリタンを省いちゃったけど、

ここはナポリタンじゃなくてイカスミパスタなんだなーって納得のいく次第なのよ。

これもしかして

インターネッツ対戦と見せかけて

私が1位になったらその人たちを救出できる実はストーリーモードなのかしら?って

ペコパさんに時を戻そうってお願いしなくても良くなったから、

インターネッツ対戦と見せかけて、

時に閉じ込められた人と救出すべく

私はネッツ対戦で1位をとるという新たなるドラクエV的なクエストマリオカート7で行わなくてはならないし、

いい加減にしなさい!って怒られそうよね。

DSの充電があるうちに、

いろいろと救出できたらな!って思うわ。

もしかして今でもすれ違い通信してすれ違って何かが交換されていたら、

それは今の人たちの近未来というか現未来の人たちの生きた証として私は伝承していかないといけないし、

伝承と言えば日本ハムのあの美味しいハムを思い出すとともに、

スープハムだけでいい出汁というかスープが出るから

なるほどねーふむふむ!そこはふむふむじゃなくてハムハムって言いたいところ。

から私は日本ハム伝承の味を食べながら

マリオカート7でのインターネッツ対戦に閉じ込められた11年前の人たちを救う旅に出るわ!

私もミイラ取りがミイラになるというか、

蜜柑取りが蜜柑になる前に、

ちがうちがう、

メトロポリタンミュージアムに行った大貫妙子さんが絵に閉じ込められないように、

イカスミパスタスプーンを使わず

フォークだけで上手く皿の手前にくるくるパスタ麺をフォークで回す場所を作って器用に巻いて食べるのが

イタリアスタイルだよ!って

あのLEONの表紙の人誰だっけ?

うそパンツェッタジローラモさんが上品パスタの食べ方として教えてくれたわ。

ちなみにスプーンを使ってくるくる回して麺とフォークで掴んで、

スプーンの上にミニパスタ定食を作って食べるのは北イタリアのちびっ子がよくやるやつって言ってたところも納得だわって思ったし、

ぜひイタリアに行くなら南イタリアに!って言った方がちょっとなんだかイタリア慣れしている感じがしない?

からイタリアに行った!って言うんじゃなくて、

ちょっと南イタリアに行ってきてさーって言った方がなんか雰囲気出るから

なんでも土地地名に南を付けるとすごく慣れた人に見えるから

巣鴨も南巣鴨って言い方したら、

ほら!すごく雰囲気出て巣鴨に詳しい人みたいに見えるでしょ?

から地名に南を付けることをオススメするわ。

浅倉南からのお願いね

なんつってー!

うふふ。


今日朝ご飯

ハムタマサンドしました、

こっちの方がヘルシーアンドお値段も控えめなので、

今日からダイエットです!

結果は減って気分がよかったら報告します!つってね。

新しいダイエット方法が日々開発される中、

ハムタマサンドダイエットに私は挑戦するわ。

デトックスウォーター

レモンウォーラーよ。

炭酸レモンレモン果汁を追いレモンしたおーいレモン!って感じのレモンたっぷり

レモンウォーラーね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2021-06-03

anond:20210603153719

花びら=大陰

ちんちんを軸に膣を中心にして身体くるくる回す大技やで

ヘッドスピン女性器でやる感じ

2021-06-02

リモート会議複数人がいる時に発言者の方にカメラが向くみたいなのある?

360度カメラみたいにくるくる発言者を映す感じで

2021-05-30

リラクゼーションサロン耳かきをしに行った

人生で6回目の耳かきをしてくれるリラクゼーションサロンへ行った。

1回目は地元店A

2〜3回目は東京の店(最高)

4〜5回目は地元店B (微妙)

今回の6回目は地元店C

コロナさえなければ東京の行きつけのところに行っていたのだが仕方なく地元耳かきをしてくれるところを探した。

耳の中が見たいのでスコープを使って耳かきしてくれる店のみ探すと私の知る限りでは地元では現在2店舗しかない。(1回目の店はスコープなしだった)

とりあえず地元店Bの耳かきが上手くなかったので今回新しくできたCへ。

店に入り、支払い(前払い)をする時に「Bへ行かれたことはありますか?」聞かれ、あると答えると系列店だと言われた。系列店なら行かなかった。Bと同じ店名にするか予約サイト系列店と書いて欲しい。

案の定耳かきは上手くなかった。耳垢がないなら耳の中で綿棒くるくるしてないでさっさと切り上げてもう片方の耳かきをして欲しいし、取れない位置にあるならはっきり取るのやめますと言ってほしい。耳かき後のつぼ押しとマッサージ気持ちよかった。

早くコロナが収まり東京の店に行きたい。

値段は少し高いけど痛くなく気持ちいいし、耳の毛も切ってくれるし、マッサージも上手い。YouTubeで人気な耳かき専門店のような施術をしてくれる。

技術のある店が地元にもできるといいな。

鼻水を取る方法

粘度が高くゴムとかゼリーみたいな固い鼻水になって、鼻をかんでも鼻水が鼻から出てこないとき

試してほしい方法が、鼻水をはなをかんで出すのではなく、取るという方法です。

方法は、

1 まず、軽く鼻をかむ。鼻水を出口側になるべく寄せるイメージ

2 乾いたティッシュで鼻の穴サイズより大きいくらいの「こより」を作り、鼻に突っ込む。

3 ゆっくり、穴からティッシュを引き出す。この時、引き出し具合は、ティッシュが穴から出たくらいでやめる。確認することはできないが、おそらくこのときティッシュに鼻水がくっつき繋がっている状態だと思われる。

4 そのまま、鼻水を絡めとるように両手でゆっくりティッシュくるくる回す。イメージは、鼻水をトイレットペーパーに、ティッシュトイレットペーパーの芯に見立て、糸巻のように巻き取る感じ。

5 しばらくくるくる回し続けると、巻き取っているティッシュに鼻水が取れる。全然取れない場合は、こよりを作り直し乾いた面を作って2に戻り鼻の奥に突っ込みなおす。成功すると、鼻の奥から鼻水が引っ張り出されている独特の感覚(時にはツンとする痛み)がするので、分かるようになる。

6 ティッシュを交換して、鼻がすっきりするまで繰り返す。

こうすると、かんでも取れなかった鼻水が、鼻の奥からすっきり取り出せます

注意点は

・鼻にたまっていた鼻水が奥まで全部とれるので、ティッシュに鼻水がべっとりつく。ショッキングな代物なので人前でやらない、包んで捨てるなど人目に触れないよう配慮する。

・手が汚れるので手が洗える環境トイレ等)で行う。

・しゃばしゃばの鼻水の時、あるいは鼻水の量が少ない時は効果がない。

2021-05-27

anond:20210527123032

自分もこれ。

両手のひらで明け口をはさんで、静電気を起こすように手のひらをくるくる回すようにこすり合わせる。

手が乾燥してればしてるほど、両手のひらにくっついて口が開く。

乾燥してなかったらなかったで、それはそれで開くから問題なし。

上手く出来たら増田ヒーローインタビューゅ尾端イーロー飛騨酢魔等滝で熊宇(回文

スーパームーンみれた?ドデカ満月

私はおいでやす小田さんのドデカツッコミの方が最近好きね。

デカツッコミ元祖ってたぶん系譜があってきっと元祖家元本家

論争が繰り広げられているまるでたこ焼き屋さんのようね。

おはようございます

あのさ、

電車に乗ってて前に座ってた人が

たこ焼き器を大事そうに抱えてて

そのたこ焼き器が22個同時焼きで

22人同時プレイ可能たこ焼きパーリーでも開くのかしら?って

ちょっと想像しちゃったわ。

なんかみんなあれ器用にくるくる回して生地焼いて上手い具合にたこ焼き焼いて作るけど、

私はあれチャレンジしてみたけど美味く上手に作れなかったのよ。

私ってきっとたこ焼きセンスがないのよ。

でもそれっきりデビュー戦でしか

1回しかやったことないから、

いきなり初回で上手くたこ焼き器でたこ焼き焼ける人なんているのかしら?って思っちゃったし

その時のは

上手には出来なかったけど美味しくは味は最低限を保っていたので

まあ良しとするとともに、

もっと上手くたこ焼きたこ焼き器で焼けたら

ヒーローインタビュー

何しゃべろうかなーって

生地作ってくれた人に感謝!って

とりあえずラッパーの人がとにかく両親、

親に感謝するように

私も上手く焼けたときヒーローインタビューの時は

とにかくたこ焼き生地を作ってくれた人に感謝!って

大相撲中入り力士勝利した直後にまだ息が整わないときヒーローインタビューするじゃない、

あれってもうちょっと息が整ったときにやってあげた方が

もっといいコメントヒーローインタビューがとれると思うんだけどなぁー

から私も思ったんだけど、

たこ焼き器で上手く美味しいたこ焼きが焼けたときヒーローインタビュー

ハフハフしながら食べてるときじゃなくて、

ちょっと食べ終わって一段落して

麦茶の一杯でも飲んだ後にヒーローインタビューして欲しいわ。

あれはあまりにも

目測では熱さが測れないので

口に頬張ったあとのハフハフさ加減がマックスまりない時に

そりゃーヒーローインタビューも無理だっつー話しよね。

わず麦茶で流し込みたくなるけど

それじゃたこ焼きリッチソースの味が味わえないまま流し込むのももったいない話しじゃないかしら?

やっぱりヒーローインタビューたこ焼き焼くと言うことには

似合わないのかも知れないわ。

お好み焼きも私作ったことがないしあんまり馴染みのない地域だったのかも知れないけど

きっとお好み焼きも上手く焼けるかどうか不安になってきたわ

結構ものシリーズ私苦手かも。

ものシリーズ3部作

お好み焼きたこ焼き焼きそば

焼きそば!ってあれ粉ものなの?

やっばー

私嘘ついてたわ

もの苦手だって言ってたけど、

焼きそばは上手に美味しく作ることが出来る得意なレシィピでもあるわ。

もの鉄板対決なら私市販の焼きそばソースを上手に使えば

特にアレンジなしでもまあそこそこの美味しい味の焼きそばは作れそうよ。

たぶん、

それで勝利したときヒーローインタビュー

焼きそばってあんまり熱さはたこ焼きの比ではないか

きっと食べながらヒーローインタビューにも余裕で答えられちゃうから

勝因はなんですか?って聞かれたとき

やっぱり日清UFOが一番美味しいですね!って

それって鉄板だけど実際焼いてないし、

焼きそばだけに鉄板ってもうややこしい極まりない感じがまた

焼いてないのに焼きそばを謳う所以でもあるのよ。

由緒正しいというか

古き良きのあの味を最新の日清ドン引きするぐらいの研究費のたまものなのよね。

私思ったんだけど、

あの日UFOソースとかフリーズドライキャベツを単品で売ってくれて買えるようになれば、

もっと焼きそばライフはみんなたのしくなるのになーって

鉄板にそう思うわけよ、

焼いてないけど鉄板ってまたややこしいけど、

でね、

あの家のホットプレートとお店の鉄板の違いはなんでかっていうと、

あれホットプレートで同じように焼いて作ってるつもりでも

お店の味というかなんか雰囲気というか迫力が違うじゃない、

その違いは鉄板の厚さたる所以なんだって

しらないけど。

まあそういって知らないって保険をかけておけば

知ってることも知らないふりができるって訳で

圧倒的、

もの三部作で一番面白いのは第三部の焼きそばってことで

あれ順を追って見るのも良いけど、

からいきなり三部目から観たりするのもまた粉もの理解が深まるから

ってそれってまるでスターウォーズの図式のようでもあり図式でないかもしれないわね。

寅さん

あれどれから観てもいいと思うから

見たいヤツからみたらいいわって

寅さん好きの人が言ってたわよ。

へーって私そこで一番合点がいったところよ。

なるほどねーって。

うふふ。


今日朝ご飯

レタスサンドしにしました。

シャキシャキで美味しくてパン小麦の風味を目を閉じたら感じそうなほど

なんか今日は味覚が研ぎ澄まされているのかしら?って思ったわ。

デトックスウォーター

別に寒いってワケじゃなかったけど

ホッツ緑茶ウォーラーにしてみました。

お気に入りガラスのコップが割れしまったので

また買いに行かなくちゃって思った次第でもありんすわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2021-05-20

自動車サンバイザーの進化のなさ

せいぜいミラーがついて、ライトがついたくらいで、材質とか構造とかまったく進化してない。

あんなに大きなものが、運転席と助手席と2つも、不使用時に隠れることなく貼り付いてる。

そのおかげで車内がとても重たく、うるさい感じになってる。

一番いいのは、スイッチひとつフロントガラスの上20センチほどに色が入るというのはどうかな?

それが法的にだめなら、くるくる巻いた色フィルム天井からにゅーと出てくるのでもいい。

とにかく、使用しないときにその存在がわかならくすべきである

暮らしの中のささやかな疑問。

  • 買い物に行く途中に通る農道の、ある地点によくトンビがトコトコ歩いている。いつもその場所だし、数年前からしょっちゅうそこにいるのだ。近くに木とか生えてない、だだっ広い田んぼに挟まれたほっそい道のそのポイント。どう見てもそこはソイツの巣ではない。餌を捕ってる様子もない。ソイツはそこから飛び立ち、上空をひたすらぐるぐる旋回する。たまにカラス集団に混ざってトコトコ歩いているが、カラスのあとに続いて飛ぶと、必ずといっていいほど上空でカラス集団に虐められて逃げ惑うことになる。それなのにトンビはめげずにいつも同じ場所をトコトコ歩き、その上空を旋回する。縄張りなのかもしれないが、他に競合するトンビもいないのに、何でカラスに虐められてまでそんな所に拘り続けるのか謎。
  • 用水路の周りが見晴らしよくなったお陰で、用水路存在に気づかず草叢に踏み込んで水の中に落ちるという危険はなくなるだろうと思った。ところが、見晴らしよくなって以来、しばしば登校途中の小学生男子用水路に転落するようになったのだ。たまたま近くで旗振り当番をしていた私が、水路に落ちた小学生男子を救出したことがあったが、どうしてあんな所に落ちたのか聞いたところ、小学生男子は「川覗いてたら、なんか落ちた」と答えた。覗いてただけで落ちるものだろうか?

2021-05-18

湿気で電池が無くなる増田須丸無く長賃でで決死回文

おはようございます

なんだか湿気で髪の毛がはねるわ。

暑い寒いはなんとか耐えられるんだけど、

湿気が多いとなんか気持ちぐでたま級にぐでーってならない?

湿気嫌いだわーって思う反面

ある程度の湿気のことはそりゃ我慢もできるもんだけど、

限界ってのがあるわよね限界ってのが。

エアコンドライ発動です。

こないだまで

もの凄く乾燥していたのにこのいきなりの梅雨入りの湿気のまた髪の毛がはねるとなると、

このなんか心に煮えたぎるなにかは

きっと湿気煮込みとして新しいメニュー爆誕の予感。

結構

本格的に蒸し器もあったら便利なんだろうけど、

セイロというか蒸し器は蒸すことが出来ないって正論に直面してしまうのよね。

から鍋で簡単に大のせてスチームパンク彷彿とさせるジェットスチームで蒸すことが出来たら

電子レンジよりふっくら

正に蒸かすことができると思うのよ。

私の好きな茶碗蒸し毎日大量生産できるから

茶碗蒸し専門店に行かなくても自分でできんじゃん!って思うのよね。

一度蒸し器にハマると一定の期間はハマるけど

飽きるのも早すぎるのよね。

からあのかさばるセイロに手を出すのはちょっと

しかもなんかさ2段重ねのセイロとかも

多段蒸しできて、

なんかいろんな蒸し料理を同時並行して作ることが出来る

本当にヘルシーの塊かよ!って思うほどそれはヘルシーなんだけど、

それをプラマイゼロというかマイナスに持って行くほどまた大量のゴマドレかマヨネーズぶっかけちゃう

蒸しヘルシーが台無しって話もあるわね。

まああんまり私の冷蔵庫にそんな重量級の物は無いからあると言ったらせいぜい紫蘇ドレッシングドレミファソラ紫蘇」がお気に入り

と書いているうちに、

マウス電池がなくなっちゃって、

これさ

電池切れ無いように

電源コート的なUSBの線で給電できるような無線マウスがあったら、

全く本末転倒な気がするけど、

電池が切れない分便利じゃない?

まあ

今日は湿気と蒸し器とマウス電池話題をうまく組み合わせた増田書けた!って思ったけど、

電池がないか今日はもうこの辺にしておきたいわ

電池だけに!ってね。

なんか

落語聞いててもたまにオチが分からないことがあるけど、

それで私オチ理解できて笑ってるんだからね!って偽装笑いしてる人多いと思うのよ。

くそれと一緒で、

これも本当に高度なオチ要求されつつも

やっぱり電池がなくなってきて、

フタを開けてくるくる回しても

赤いランプが点灯して

電池替えろといってくるので、

こういう時に限って単四充電器がどこかに行くのよね!

私の机の引き出しの中にあった電池の充電器持っていった人誰?って

いやこれは犯人捜しをしているんじゃなくて、

机に伏せて挙手させるタイプの新しい犯人捜しもすることな

どこか誰かが持って行った充電器を今日は探す旅に出ることにするわ。

うふふ。


今日朝ご飯

厚焼き玉子ベーコンサンド

普通に置いてありました

からこないだはきっと売り切れだったのよね!って

そう納得する着地地点に10点満点で着地したところ。

デトックスウォーター

スイカ買ってきてカットスイカだったので、

そのままウォーラーイン!

ウォーラーメロンインウォーラーだと

スイカの器の中に水を汲むイメージになるから

ウォーラーインウォーラーメロンってことよね。

これからスイカ捗るから

湿気もさることながら良い季節ねとも思うわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2021-05-11

推し差別した

 推し差別した。

 とあるSNSに、私の推し黒人ミックスの子(以下、分かりやす黒人ミックスではなく黒人ハーフとしておくが)を思いっき揶揄している動画が出た。「(黒人ハーフは)異国の血が入ってるからたち日本人とは違う。髪の毛がチリチリ〜」くらいまで言っていた。思い切り言っていた。動画は秒速で拡散され、推しセリフ英訳されて海外ファンダムにも「差別主義者!」「なんだこのクソ野郎は!」とギャンギャンに罵られていた。

 私は推し努力家なところ、くるくる変わる表情、明るい笑顔が好きで、ずっと応援していた。推し言葉の端端から勝ち気な子だな、とは思っていたけど、頭のいい子だし責任感も強いし有言実行タイプから強気発言をして叩かれていても、「叩いている人たちは推しの本当の姿を知らないんだ。推しは少し不器用だけど、それ以上に魅力的なんだ」くらいにしか思っていなかった。

 しかしながら、ここにきて推し10:0で自分の過失で叩かれている。あの発言失言どころの騒ぎではなく、マジモンの差別発言である。より悪いことにその黒人ハーフの子日本まれ日本育ちを公言しているので(なので日本教育を受けた日本国籍保持者だ)、推しは本当に黒人ハーフの子の外見だけを見て「俺たち日本人とは違う」と言い切ったのである推しは、その人がどこで生まれ育ってどんな文化を持っているかではなく、見た目だけで「俺たち日本人とは違う」と言い切った。

 私だって日本育ちの日本人だ。街中で黒人をみると、その体つきや髪型におお、と思うことがある。でも、私のそう豊かではない人生経験の中でも、ハーフの子出会たこともあるし、海外に暮らす日本人や反対に日本にやってきた外国人出会うこともあった。その人たちと私の間には、文化や考え方の差異はあっても、それでもその違いは「私」と「誰か」の違いであって、「日本人」と「外国人」の差異ではなかった。私自身が海外旅行した時も、「私」の話を聞いてくれる人に会えれば嬉しかったし、私がアジア人からと言って、街中で「中国人!」なんて揶揄されれば悲しかった。そんな浅い経験しかない私だって、「黒人ハーフは俺たち日本人とは違う」という発言が相当にやばいことが分かる。しかもこのご時世出た。BLMどころかアジアンヘイトクライムの今、地球のどこがではアジア人というだけで攻撃される可能性のある日本人の推しが、黒人ハーフ日本人を揶揄推しが時流に乗れてなさすぎて、または頭が悪すぎてクラクラする。

 でも、推し差別主義者だとしても、時代の流れから取り残されたアホンダラだとしても、私の推しは魅力的だ。推しのが見たいし声も聞きたい。推し努力家で責任感があって向上心が強いことに、そしてそれに私が惹かれたことには変わりがない。でも、許されないことをしたとも思う。

 推し別に犯罪を犯したわけではない。恋愛スキャンダルもないし、暴力を振るったわけでもない。でも、人としてやってはいけないことをしていると思うと、とても庇う気になれない。

 好きだから辛い。推しにはこれから活躍して欲しいし、好きだからこそ今回の件で謹慎するなり何なりしてもいいくらいだとも思う。お咎めなしというわけにはいかないし、そんな贔屓みたいなことはしてほしくない。だけど、推しが見れなくなるのは嫌だ。矛盾しているけど、どうしようもない。悲しい。

2021-05-10

殴られ屋ケンジさんというYouTuber

売れにくい人、殴られ屋

この方、数年前から路上で「数分間のうち顔面殴り放題」という看板を掲げてやってる方です。

来歴は元いじめられっ子の元キックボクシング選手で、タイトルマッチまで上ったという経験を持つ実力派です。

動画では名選手たちを前にくるくるパンチをかわしてみせ、ほとんどクリーンヒットなしでくぐり抜けている。

で、この方の数字の乱高下が激しい。

有名格闘家YouTuber朝倉未来朝倉海とやった際は万超えし、他の著名な格闘家コラボしたときも万超え。しか自分けが出演しているときは200回再生も回らない事が普通、という完全に伸び悩んでるひとです。こうした経緯から有名YouTuberと絡む事自体コンスタント成功しているものの、自分自身コンテンツにした場合一切注目されていないという事実がはっきりと浮かび上がってくる。

ケンジさん自身もかなりきついと思います

いじめられっ子と言っても人懐っこい、笑顔が爽やかな人で、嫌われるような印象はまるでない。

番組自体も他の格闘家YouTubeのように格闘シーンがメインなので、特にコンテンツがまずいというふうでもない。

で、5chとかを見てみると、かわすだけの技術なら誰でも出来る、などと叩かれている。

これはもうマニア意見なのでYouTuber一般で考えると全然参考にならない。

何故なら朝倉未来女性ファンまで獲得して登録者数を伸ばしているから。

売れてる人、売れない人

もちろんケンジさんの動画には問題がある。

上記朝倉未来動画などはスタッフがにぎやかで、彼らのやり取りを見ているだけでも視聴者の中にキャラクター形成されて行き、そのファミリー構成をみているだけでも楽しめてしまう、と言う構造を持っている。

これは朝倉ファミリーだけでなく格闘海外YouTuberにも共通する点。コラボ仲間が常連のおなじみで多彩だったりする点も同じ。

ケンジさんはこの点圧倒的にスタッフがおらず、一名入れたスタッフキャラ立ちが薄い普通の人。

なのでドッキリなんてやる隙間もないし、企画も立てにくい。

しかスタッフ編集はべつにおかしくはないし、コラボ相手も本人もまともだ。

ケンジさんが売れない決定的要因は見つからない。

腰骨の不調

これがかなり悪いらしい。自分の指摘を得てケンジさんの動画を見た人は、こんな過去映像だけで人が集まるか、と思うに違いない。実際最近地方巡業中の映像しか流されていない。これは本来ケンジさんの動画のやり方ではない。こうしたケンジさんの動画クオリティ劣化には理由がある。

腰骨の急激な悪化だ。整体動画が流されたが、その動画以来痛いともいわずコラボを続け、ついには動画が上がらなくなってしまった。彼はやがて渡米して堀口恭司で有名なATTの方々ともコラボする予定だったらしいので、その準備かも知れない。

何れにせよ、ケンジさんの延々と続く再生回数の低迷はみていて気の毒になる。

コンテンツは悪くない。少々スタッフストーリーを作りにくい印象だが、当人キャラも明るい。

なぜこんなに売れないのか、とおもう次第。

2021-05-02

anond:20210502114002

透明人間になれたら、腕とお尻振ってダンスしながら道を歩く

信号渡り切ったらくるくるターンも決めてびしっと人差し指で天を指さす

行ったことのない飲食店の様子を見たいから一人客について行って向かいに座って、美味しい?って聞く

透明人間で知覚されない自分お金払えないから、一口も食べない

色んな人についてまわって一日過ごす

2021-04-30

anond:20210430123442

溶けちゃえ~~!

アナタは銀のスプーンでぇ~、ワタシのハートくるくる回っすぅ~~♪

車の内側にいる人は、子供を殺す事はない

コロナ前、晴れた日曜日

田舎に住む自分が、仕事の為に地方都市市役所だか県庁だったかに行ったとき、そのすぐ後ろにでかい公園があった。

遊具の有無は覚えてないけど、とにかく広くて芝生が青くて、親がレジャーシートを敷いて遊ぶ子供を見守っているような公園だったから、優雅だなと思ったのを覚えてる。

さてもう一件いかないと、と車に乗って、これまた広い道に出ようと公園をぐるっと一回りしたとき、五台前くらいの車が何かを避けるように、ゆっくりと反対車線に大きく膨らんだ。

片側一車線だけどとても広いその道路の、反対車線には車が無かった。

ずっと続く道の奥には、こっちへ向かって来る車は見えなかった。

それでその、五台前くらいにいた車の後続車も、その後ろも、その後ろも、続いた先にいる自分の前を走っていた車も、道を大きく膨らんでさっさと走っていった。

公園駐車場に入っていく車も何台かいたと思う。

大きな、ファミリー向けの車も。

それで、本当に田舎の山の中から出てきた自分は「あっ、イタチが死んでるんだ」と思った。

だって朝も道路で死んでるのを見たし、数か月前には申し訳ない事に自分も轢いてしまった。夜中に。

道路動物が死んでたら電話を掛けて回収してもらうけど、こんな都会だとどういう処理になるのかな」

と呑気に考えながら自分も前の車に習って道を膨らむと、そこにいたのは生きている子供だった。

二歳だか三歳くらいの、髪の毛がくるくると巻いてる赤ちゃん上がりの子供が指をくわえながら、車道をとろとろと歩いていた。

ぎょっとして、道に車を止めて子供に駆け寄ると「誰だよ」みたいな目で自分を見た。

「お名前は?」と聞いても動きを止めたまま何も言わなくて、この年の子が話せるのか話せないのかもわからない。自分の周りには子供が少ないので。

そうこうしている間にも車はどんどん自分達を追い越していくし、周りを見渡してもこの子の親が見当たらない。

それでも、公園から脱走してきたのは解る。

公園から道路までは階段を六段くらい降りないといけないから、「こんな小さくても階段降りれんだな」とどうでも良い事を少し考えていた。

とりあえず自分も予定が入ってるので、何も言わない子供を抱き上げて公園階段を上がる。

一応「ごめんね、だっこするね」と声を掛けたけど、うんともすんとも言わない。

知らない人がこうするのは良くないとは思うけど、捕捉していないと急に車の方に走って行きそうで怖かった。

久しぶりに抱き上げる子供は柔らかくて、その先に骨の感触がして、猫みたいだと思った。猫ももう何年も触ってないけど。

入口近くにいたお母さん二人に「この子を知りませんか」と言うとすげえ不審な顔された。仕方ないと思う。

それでも説明をすれば一緒に考えてくれて、ああだこうだと降ろした子供に話し掛けてくれている時に、少し離れたところから「あら、〇〇ちゃん」と声が掛かった。

の子のおばあちゃんらしい。

まるで何でもないような顔をして、だけど自分の事を「誰だお前」みたいな目をしているように思えた。

まあ自分の孫が知らない人といたらそう思うだろうし、「迷子になってました」とだけ言って公園を出た。

車に戻って発進して、目的地に向かう途中で気付く。

なんで前にいた車は、ほぼ赤ちゃんみたいな子供車道にいたのに保護しなかったんだろう。

公園に入っていった車はおそらく家族連れで、お父さんやお母さんは何も思わなかったんだろうか。

そうでなくても、単身者でも、老人でも、若くても、LGBTでもなんでも、何も思わなかったのか。

思えばこの年、道で倒れてる子供を見かけて車を止めたことがある。

登校中の小学生がすっ転んで頭打って泣いてたのを、周りの小学生が取り囲んでる所だった。虐めではないと思う、知らんけど。

これも、自分が声を掛けるまで誰も助けなかった。

泣いてる小学生に駆け寄った時、背広を着た眼鏡中年男性自分を見つめながら通り過ぎて行ったけど、あのおじさんは何も思わなかったのか。

そう考えると、窓の外は異世界だと思っている人間が少なく無いのだと思う。

車の窓の外は自分関係のない景色で、テレビを見ている感覚に近いのかもしれない。

おじさんだって眼鏡レンズ越しの世界なら、それはもう治外法権みたいな感じなのかもしれない。

自分の周りの現実世界にしたって、インターネットにしたって、声高々に弱者を救済する声が上がっている。大なり小なり。

虐めについてだとか、子供貧困虐待だとか、事故犠牲者だとか、病気の人がどうとか。

当たり前のことで、守ってあげないといけないものは守ってあげないといけない。自分の出来る限りではあるけれど。

それでもこうやって、誰かが助けてあげなきゃいけないと一目見て解るような状態で、誰も助けてくれない現実垣間見ると、なんだか色々考えてしまう。

周りの、声を上げている人をモニタリングしてみたい。

手を差し伸べるのか、見捨てるのか、景色の一部だと思って見過ごすのか。

あの車に乗っていた人達は、車道を歩いていたあの子供を上手に避けた。

車の内側にいる人は子供を殺す事はなかったけど、生かそうともしなかったように思う。

2021-04-26

コナン・ザ・グレートくるくる回してるのはあれなんだったのかな?

最初は一緒につれてこられたたくさんの子奴隷と一緒に回してるんだけど、

最後にはコナンが一人で回してたやつ。

あれはなんだったんだ?というのはおいといて、

あの冒頭のシークエンスほどわかり易くて掴みの効いているのはあんま観たこと無いね

2021-04-16

疑問

学生時代体操着の半袖をくるくるっとまとめて腕を出している(意訳)女の子を見る機会が多かった。

部活大会でもそこそこの頻度でそういうファッションを見ることが多く、自分もやったらかっこいいのではないかと思い立って腕まくりをやってみた。

実際のところ、まくった半袖がゴワゴワして腕も動かしづらいうえに、少し動いたら袖も落ちてくるため何ともいえない微妙な感じに終わってしまった。

世の女の子たちはどうやってあの袖まくりを維持しているんだろう。

ももう聞ける相手がいない。

誰か教えてほしいねえ。

ももう聞けるほど仲の良い女の子がいないねえ。

誰か教えてほしいねえ。

2021-04-12

子供可愛いのでどうか読んでください

子供が6月で三歳になる。

まり現在二歳末期であり、人間もっと可愛い時期と言われている。

実際可愛すぎてたまら

俺は幸せもんだ

だが幸せ言語化は難しい。

緻密にドキュメント化し公表

未婚どもに地団駄踏ませたいが、その文才を持ち合わせていないのが悔しい。

 

他人の子供がボール蹴っ飛ばしているのを見てもなんとも思わんが

我が子がボール蹴っ飛ばしている姿はそれだけで幸せなのだ

これを文章表現できない。

子供ボールを蹴ったのが幸福の要素ではない。

寝転がってくるくる回ってるだけでもいいのだ。

俺の指をぎゅっと握ってるだけで俺は幸福なのだ

からなんなんだ、その幸福メカニズム言語化しろと言われても困る。

幸せなんだもーん

しか言いようがない

脳内ドーパミンだのエンドルフィンだのセロトニンプロラクチンが知らんが

なんか変な物質放出されるのであろうが、それらを数値化することもできない。

 

お前らが発狂する強烈な匿名日記を放ち

お前らがフルボッコ論破しにくるレスをニヤニヤ眺めたいのだが

残念ながらその文才が無い。

悔しいのぉ悔しいのぉ

2021-04-11

セブン

僕は上海シャンハイだって何べんも知ってるよ。」みんなが丘へのぼったとき又三郎がいきなりマントをぎらっとさせてそこらの草へ橙だいだいや青の光を落しながら出て来てそれから指をひろげてみんなの前に突つき出して云いました。

上海東京は僕たちの仲間なら誰たれでもみんな通りたがるんだ。どうしてか知ってるかい。」

 又三郎はまっ黒な眼を少し意地わるそうにくりくりさせながらみんなを見まわしました。けれども上海東京ということは一郎も誰も何のことかわかりませんでしたからお互たがいしばらく顔を見合せてだまっていましたら又三郎がもう大得意でにやにや笑いながら言ったのです。

「僕たちの仲間はみんな上海東京を通りたがるよ。どうしてって東京には日本中央気象台があるし上海には支那中華ちゅうか大気象台があるだろう。どっちだって偉えらい人がたくさん居るんだ。本当は気象台の上をかけるときは僕たちはみんな急ぎたがるんだ。どうしてって風力計がくるくるくるくる廻まわっていて僕たちのレコードちゃんと下の機械に出て新聞にも載のるんだろう。誰だっていいレコードを作りたいからそれはどうしても急ぐんだよ。けれども僕たちの方のきめでは気象台測候所の近くへ来たからって俄にわかに急いだりすることは大へん卑怯ひきょうなことにされてあるんだ。お前たちだってきっとそうだろう、試験の時ばかりむやみに勉強したりするのはいけないことになってるだろう。だから僕たちも急ぎたくたってわざと急がないんだ。そのかわりほんとうに一生けん命かけてる最中気象台へ通りかかるときはうれしいねえ、風力計をまるでのぼせるくらいにまわしてピーッとかけぬけるだろう、胸もすっとなるんだ。面白おもしろかったねえ、一昨年だったけれど六月ころ僕丁度上海に居たんだ。昼の間には海から陸へ移って行き夜には陸から海へ行ってたねえ、大抵朝は十時頃ごろ海から陸の方へかけぬけるようになっていたんだがそのときはいつでも、うまい工合ぐあい気象台を通るようになるんだ。すると気象台の風力計や風信器や置いてある屋根の上のやぐらにいつでも一人の支那人の理学博士子供助手とが立っているんだ。

 博士はだまっていたが子供助手はいつでも何か言っているんだ。そいつは頭をくりくりの芥子坊主けしぼうずにしてね、着物だって袖そでの広い支那服だろう、沓くつもはいてるねえ、大へんかあいらしいんだよ、一番はじめの日僕がそこを通ったら斯こう言っていた。

『これはきっと颶風ぐふうですね。ずぶんひどい風ですね。』

 すると支那人の博士が葉巻をくわえたままふんふん笑って

『家が飛ばないじゃないか。』

と云いうと子供助手はまるで口を尖とがらせて、

だって向うの三角旗や何かぱたぱた云ってます。』というんだ。博士は笑って相手にしないで壇だんを下りて行くねえ、子供助手は少し悄気しょげながら手を拱こまねいてあとから恭々しくついて行く。

 僕はそのとき二・五米メートルというレコードを風力計にのこして笑って行ってしまったんだ。

 次の日も九時頃僕は海の霧きりの中で眼がさめてそれから霧がだんだん融とけて空が青くなりお日さまが黄金きんのばらのようにかがやき出したころそろそろ陸の方へ向ったんだ。これは仕方ないんだよ、お日さんさえ出たらきっともう僕たちは陸の方へ行かなけぁならないようになるんだ、僕はだんだん岸へよって鴎かもめが白い蓮華れんげの花のように波に浮うかんでいるのも見たし、また沢山のジャンクの黄いろの帆ほや白く塗ぬられた蒸気船の舷げんを通ったりなんかして昨日の気象台に通りかかると僕はもう遠くからあの風力計のくるくるくるくる廻るのを見て胸が踊おどるんだ。すっとかけぬけただろう。レコードが一秒五米と出たねえ、そのとき下を見ると昨日の博士子供助手とが今日も出て居て子供助手がやっぱり云っているんだ。

『この風はたしかに颶風ぐふうですね。』

 支那人の博士はやっぱりわらって気がないように、

『瓦かわらも石も舞まい上らんじゃないか。』と答えながらもう壇を下りかかるんだ。子供助手はまるで一生けん命になって

だって木の枝えだが動いてますよ。』と云うんだ。それでも博士はまるで相手にしないねえ、僕もその時はもう気象台をずうっとはなれてしまってあとどうなったか知らない。

 そしてその日はずうっと西の方の瀬戸物の塔とうのあるあたりまで行ってぶらぶらし、その晩十七夜のお月さまの出るころ海へ戻もどって睡ったんだ。

 ところがその次の日もなんだ。その次の日僕がまた海からやって来てほくほくしながらもう大分の早足で気象台を通りかかったらやっぱり博士助手が二人出ていた。

『こいつはもう本とうの暴風ですね、』又またあの子供の助手が尤もっともらしい顔つきで腕うでを拱いてそう云っているだろう。博士はやっぱり鼻であしらうといった風で

だって木が根こぎにならんじゃないか。』と云うんだ。子供はまるで顔をまっ赤にして

『それでもどの木もみんなぐらぐらしてますよ。』と云うんだ。その時僕はもうあとを見なかった。なぜってその日のレコードは八米だからね、そんなに気象台の所にばかり永くとまっているわけには行かなかったんだ。そしてその次の日だよ、やっぱり僕は海へ帰っていたんだ。そして丁度八時ころから雲も一ぱいにやって来て波も高かった。僕はこの時はもう両手をひろげ叫び声をあげて気象台を通った。やっぱり二人とも出ていたねえ、子供は高い処ところなもんだからもうぶるぶる顫ふるえて手すりにとりついているんだ。雨も幾いくつぶか落ちたよ。そんなにこわそうにしながらまた斯う云っているんだ。

『これは本当の暴風ですね、林ががあがあ云ってますよ、枝も折れてますよ。』

 ところが博士は落ちついてからだを少しまげながら海の方へ手をかざして云ったねえ

『うん、けれどもまだ暴風というわけじゃないな。もう降りよう。』僕はその語ことばをきれぎれに聴ききながらそこをはなれたんだそれからもうかけてかけて林を通るときは木をみんな狂人きょうじんのようにゆすぶらせ丘を通るときは草も花もめっちゃめちゃにたたきつけたんだ、そしてその夕方までに上海シャンハイから十里も南西の方の山の中に行ったんだ。そして少し疲つかれたのでみんなとわかれてやすんでいたらその晩また僕たちは上海から北の方の海へ抜ぬけて今度はもうまっすぐにこっちの方までやって来るということになったんだ。そいつ低気圧だよ、あいつに従ついて行くことになったんだ。さあ僕はその晩中あしたもう一ぺん上海気象台を通りたいといくら考えたか知れやしない。ところがうまいこと通ったんだ。そして僕は遠くから風力計の椀わんがまるで眼にも見えない位速くまわっているのを見、又あの支那人の博士が黄いろなレーンコートを着子供助手が黒い合羽かっぱを着てやぐらの上に立って一生けん命空を見あげているのを見た。さあ僕はもう笛ふえのように鳴りいなずまのように飛んで

今日暴風ですよ、そら、暴風ですよ。今日は。さよなら。』と叫びながら通ったんだ。もう子供助手が何を云ったかただその小さな口がぴくっとまがったのを見ただけ少しも僕にはわからなかった。

 そうだ、そのときは僕は海をぐんぐんわたってこっちへ来たけれども来る途中とちゅうでだんだんかけるのをやめてそれから丁度五日目にここも通ったよ。その前の日はあの水沢臨時緯度いど観測所も通った。あすこは僕たちの日本では東京の次に通りたがる所なんだよ。なぜってあすこを通るとレコードでも何でもみな外国の方まで知れるようになることがあるからなんだ。あすこを通った日は丁度お天気だったけれど、そうそう、その時は丁度日本では入梅にゅうばいだったんだ、僕は観測所へ来てしばらくある建物屋根の上にやすんでいたねえ、やすんで居たって本当は少しとろとろ睡ったんだ。すると俄かに下で

大丈夫です、すっかり乾かわきましたから。』と云う声がするんだろう。見ると木村博士気象の方の技手ぎてとがラケットをさげて出て来ていたんだ。木村博士は瘠やせて眼のキョロキョロした人だけれども僕はまあ好きだねえ、それに非常にテニスうまいんだよ。僕はしばらく見てたねえ、どうしてもその技手の人はかなわない、まるっきり汗あせだらけになってよろよろしているんだ。あんまり僕も気の毒になったか屋根の上からじっとボールの往来をにらめてすきを見て置いてねえ、丁度博士がサーヴをつかったときふうっと飛び出して行って球を横の方へ外そらしてしまったんだ。博士はすぐもう一つの球を打ちこんだねえ。そいつは僕は途中に居て途方もなく遠くへけとばしてやった。

『こんな筈はずはないぞ。』と博士は云ったねえ、僕はもう博士にこれ位云わせれば沢山だと思って観測所をはなれて次の日丁度ここへ来たんだよ。ところでね、僕は少し向うへ行かなくちゃいけないか今日はこれでお別れしよう。さよなら。」

 又三郎はすっと見えなくなってしまいました。

 みんなは今日又三郎ばかりあんまり勝手なことを云ってあんまり勝手に行ってしまったりするもんですから少し変な気もしましたが一所に丘を降りて帰りました。

   九月六日

 一昨日おとといかだんだん曇って来たそらはとうとうその朝は低い雨雲を下してまるで冬にでも降るようなまっすぐなしずかな雨がやっと穂ほを出した草や青い木の葉にそそぎました。

 みんなは傘かさをさしたり小さな簑みのからすきとおるつめたい雫しずくをぽたぽた落したりして学校に来ました。

 雨はたびたび霽はれて雲も白く光りましたけれども今日は誰たれもあんまり教室の窓からあの丘の栗くりの木の処を見ませんでした。又三郎などもはじめこそはほんとうにめずらしく奇体きたいだったのですがだんだんなれて見ると割合ありふれたことになってしまってまるで東京からふいに田舎いなかの学校へ移って来た友だちぐらいにしか思われなくなって来たのです。

 おひるすぎ授業が済んでからはもう雨はすっかり晴れて小さな蝉せみなどもカンカン鳴きはじめたりしましたけれども誰も今日はあの栗の木の処へ行こうとも云わず一郎も耕一も学校の門の処で「あばえ。」と言ったきり別れてしまいました。

 耕一の家は学校から川添かわぞいに十五町ばかり溯のぼった処にありました。耕一の方から来ている子供では一年生の生徒が二人ありましたけれどもそれはもう午前中に帰ってしまっていましたし耕一はかばんと傘を持ってひとりみちを川上の方へ帰って行きました。みちは岩の崖がけになった処の中ごろを通るのでずいぶん度々たびたび山の窪くぼみや谷に添ってまわらなければなりませんでした。ところどころには湧水わきみずもあり、又みちの砂だってまっ白で平らでしたから耕一は今日も足駄あしだをぬいで傘と一緒いっしょにもって歩いて行きました。

 まがり角を二つまわってもう学校も見えなくなり前にもうしろにも人は一人も居ず谷の水だけ崖の下で少し濁にごってごうごう鳴るだけ大へんさびしくなりましたので耕一は口笛くちぶえを吹ふきながら少し早足に歩きました。

 ところが路みちの一とこに崖からからだをつき出すようにした楢ならや樺かばの木が路に被かぶさったとこがありました。耕一が何気なくその下を通りましたら俄にわかに木がぐらっとゆれてつめたい雫が一ぺんにざっと落ちて来ました。耕一は肩かたからせなかから水へ入ったようになりました。それほどひどく落ちて来たのです。

 耕一はその梢こずえちょっと見あげて少し顔を赤くして笑いながら行き過ぎました。

 ところが次の木のトンネルを通るときざっとその雫が落ちて来たのです。今度はもうすっかりからだまで水がしみる位にぬれました。耕一はぎょっとしましたけれどもやっぱり口笛を吹いて歩いて行きました。

 ところが間もなく又木のかぶさった処を通るようになりました。それは大へんに今までとはちがって長かったのです。耕一は通る前に一ぺんその青い枝を見あげました。雫は一ぱいにたまって全く今にも落ちそうには見えましたしおまけに二度あることは三度あるとも云うのでしたから少し立ちどまって考えて見ましたけれどもまさか三度が三度とも丁度下を通るときそれが落ちて来るということはないと思って少しびくびくしながらその下を急いで通って行きました。そしたらやっぱり、今度もざあっと雫が落ちて来たのです。耕一はもう少し口がまがって泣くようになって上を見あげました。けれども何とも仕方ありませんでしたから冷たさに一ぺんぶるっとしながらもう少し行きました。すると、又ざあと来たのです。

「誰たれだ。誰だ。」耕一はもうきっと誰かのいたずらだと思ってしばらく上をにらんでいましたがしんとして何の返事もなくただ下の方で川がごうごう鳴るばかりでした。そこで耕一は今度は傘をさして行こうと思って足駄を下におろして傘を開きました。そしたら俄にわかにどうっと風がやって来て傘はぱっと開きあぶなく吹き飛ばされそうになりました、耕一はよろよろしながらしっかり柄えをつかまえていましたらとうとう傘はがりがり風にこわされて開いた蕈きのこのような形になりました。

 耕一はとうとう泣き出してしまいました。

 すると丁度それと一緒に向うではあはあ笑う声がしたのです。びっくりしてそちらを見ましたらそいつは、そいつ風の又三郎でした。ガラスマントも雫でいっぱい髪かみの毛もぬれて束たばになり赤い顔からは湯気さえ立てながらはあはあはあはあふいごのように笑っていました。

 耕一はあたりがきぃんと鳴るように思ったくらい怒おこってしまいました。

「何なに為すぁ、ひとの傘ぶっかして。」

 又三郎はいよいよひどく笑ってまるでそこら中ころげるようにしました。

 耕一はもうこらえ切れなくなって持っていた傘をいきなり又三郎に投げつけてそれから泣きながら組み付いて行きました。

 すると又三郎はすばやくガラスマントをひろげて飛びあがってしまいました。もうどこへ行ったか見えないのです。

 耕一はまだ泣いてそらを見上げました。そしてしばらく口惜くやしさにしくしく泣いていましたがやっとあきらめてその壊こわれた傘も持たずうちへ帰ってしまいました。そして縁側えんがわから入ろうとしてふと見ましたらさっきの傘がひろげて干してあるのです。照井耕一という名もちゃんと書いてありましたし、さっきはなれた処もすっかりくっつききれた糸も外ほかの糸でつないでありました。耕一は縁側に座りながらとうとう笑い出してしまったのです。

   九月七日

 次の日は雨もすっかり霽れました。日曜日でしたから誰たれも学校に出ませんでした。ただ耕一は昨日又三郎あんなひどい悪戯いたずらをされましたのでどうしても今日は遭あってうんとひどくいじめてやらなければと思って自分一人でもこわかったもんですから一郎をさそって朝の八時頃ごろからあの草山の栗の木の下に行って待っていました。

 すると又三郎の方でもどう云うつもりか大へんに早く丁度九時ころ、丘の横の方から何か非常に考え込んだような風をして鼠ねずみいろのマントをうしろへはねて腕組みをして二人の方へやって来たのでした。さあ、しっかり談判しなくちゃいけないと考えて耕一はどきっとしました。又三郎はたしかに二人の居たのも知っていたようでしたが、わざといかにも考え込んでいるという風で二人の前を知らないふりして通って行こうとしました。

又三郎、うわぁい。」耕一はいきなりどなりました。又三郎はぎょっとしたようにふり向いて、

「おや、お早う。もう来ていたのかい。どうして今日はこんなに早いんだい。」とたずねました。

「日曜でさ。」一郎が云いました。

「ああ、今日は日曜だったんだね、僕ぼくすっかり忘れていた。そうだ八月三十一日が日曜だったからね、七日目で今日が又日曜なんだね。」

「うん。」一郎はこたえましたが耕一はぷりぷり怒っていました。又三郎が昨日のことな一言も云わずあんまりそらぞらしいもんですからそれに耕一に何も云われないように又日曜のことなどばかり云うもんですからじっさいしゃくにさわったのです。そこでとうとういきなり叫さけびました。

「うわぁい、又三郎、汝うななどぁ、世界に無くてもいいな。うわぁぃ。」

 すると又三郎はずるそうに笑いました。

「やあ、耕一君、お早う。昨日はずいぶん失敬したね。」

 耕一は何かもっと別のことを言おうと思いましたがあんまり怒ってしまって考え出すことができませんでしたので又同じように叫びました。

「うわぁい、うわぁいだが、又三郎、うななどぁ世界中に無くてもいいな、うわぁい。」

「昨日は実際失敬したよ。僕雨が降ってあんまり気持ちが悪かったもんだからね。」

 又三郎は少し眼めをパチパチさせて気の毒そうに云いましたけれども耕一の怒りは仲々解けませんでした。そして三度同じことを繰り返したのです。

「うわぁい、うななどぁ、無くてもいいな。うわぁい。」

 すると又三郎は少し面白おもしろくなったようでした。いつもの通りずるそうに笑って斯こう訊たずねました。

「僕たちが世界中になくてもいいってどう云うんだい。箇条かじょうを立てて云ってごらん。そら。」

 耕一は試験のようだしつまらないことになったと思って大へん口惜しかったのですが仕方なくしばらく考えてから答えました。

「汝うななどぁ悪戯ばりさな。傘ぶっ壊かしたり。」

それから? それから?」又三郎面白そうに一足進んで云いました。

「それがら、樹き折ったり転覆おっけあしたりさな。」

それから? それから、どうだい。」

「それがら、稲いねも倒たおさな。」

それから? あとはどうだい。」

「家もぶっ壊かさな。」

それから? それから? あとはどうだい。」

「砂も飛ばさな。」

それから? あとは? それから? あとはどうだい。」

シャッポも飛ばさな。」

それから? それから? あとは? あとはどうだい。」

「それがら、うう、電信ばしらも倒さな。」

それから? それから? それから?」

「それがら、塔とうも倒さな。」

「アアハハハ、塔は家のうちだい、どうだいまだあるかいそれから? それから?」

「それがら、うう、それがら、」耕一はつまってしまいました。大抵たいていもう云ってしまったのですからいくら考えてももう出ませんでした。

 又三郎はいよいよ面白そうに指を一本立てながら

それから? それから? ええ? それから。」と云うのでした。耕一は顔を赤くしてしばらく考えてからやっと答えました。

「それがら、風車かざぐるまもぶっ壊かさな。」

 すると又三郎は今度こそはまるで飛びあがって笑ってしまいました。笑って笑って笑いました。マントも一緒にひらひら波を立てました。

「そうらごらん、とうとう風車などを云っちゃった。風車なら僕を悪く思っちゃいないんだよ。勿論もちろん時々壊すこともあるけれども廻まわしてやるときの方がずうっと多いんだ。風車ならちっとも僕を悪く思っちゃいないんだ。うそと思ったら聴きいてごらん。お前たちはまるで勝手だねえ、僕たちがちっとばっかしいたずらすることは大業おおぎょうに悪口を云っていいとこはちっとも見ないんだ。それに第一お前のさっきからの数えようがあんまりおかしいや。うう、ううてばかりいたんだろう。おしまいはとうとう風車なんか数えちゃった。ああおかしい。」

 又三郎は又泪なみだの出るほど笑いました。

 耕一もさっきからあんまり困ったために怒っていたのもだんだん忘れて来ました。そしてつい又三郎と一所にわらいだしてしまったのです。さあ又三郎のよろこんだこと俄かにしゃべりはじめました。

「ね、そら、僕たちのやるいたずらで一番ひどいことは日本ならば稲を倒すことだよ、二百十日から二百二十日ころまで、昔むかしはその頃ほんとうに僕たちはこわがられたよ。なぜってその頃は丁度稲に花のかかるときだろう。その時僕たちにかけられたら花がみんな散ってしまってまるで実にならないだろう、だから前は本当にこわがったんだ、僕たちだってわざとするんじゃない、どうしてもその頃かけなくちゃいかいからかけるんだ、もう三四日たてばきっと又そうなるよ。けれどもいまはもう農業が進んでお前たちの家の近くなどでは二百十日のころになど花の咲いている稲なんか一本もないだろう、大抵もう柔やわらかな実になってるんだ。早い稲はもうよほど硬かたくさえなってるよ、僕らがかけあるいて少し位倒れたってそんなにひどくとりいれが減りはしないんだ。だから結局何でもないさ。それからも一つは木を倒すことだよ。家を倒すなんてそんなことはほんの少しだからね、木を倒すことだよ、これだって悪戯いたずらじゃないんだよ。倒れないようにして置けぁいいんだ。葉の濶ひろい樹なら丈夫じょうぶだよ。僕たちが少しぐらいひどくぶっつかっても仲々倒れやしない。それに林の樹が倒れるなんかそれは林の持主が悪いんだよ。林を伐きるときはね、よく一年中の強い風向を考えてその風下の方からだんだん伐って行くんだよ。林の外側の木は強いけれども中の方の木はせいばかり高くて弱いからよくそんなことも気をつけなけぁいけないんだ。だからまず僕たちのこと悪く云う前によく自分の方に気をつけりゃいいんだよ。海岸ではね、僕たちが波のしぶきを運んで行くとすぐ枯かれるやつも枯れないやつもあるよ。苹果りんごや梨なしやまるめろや胡瓜きゅうりはだめだ、すぐ枯れる、稲や薄荷はっかやだいこんなどはなかなか強い、牧草なども強いねえ。」

 又三郎ちょっと話をやめました。耕一もすっかり機嫌きげんを直して云いました。

又三郎、おれぁあんまり怒ごしゃで悪がた。許せな。」

 すると又三郎はすっかり悦よろこびました。

「ああありがとう、お前はほんとうにさっぱりしていい子供だねえ、だから僕はおまえはすきだよ、すきだから昨日もいたずらしたんだ、僕だっていたずらはするけれど、いいことはもっと沢山たくさんするんだよ、そら数えてごらん、僕は松の花でも楊やなぎの花でも草棉くさわたの毛でも運んで行くだろう。稲の花粉かふんだってやっぱり僕らが運ぶんだよ。それから僕が通ると草木はみんな丈夫になるよ。悪い空気も持って行っていい空気も運んで来る。東京浅草のまるで濁にごった寒天のような空気をうまく太平洋の方へさらって行って日本アルプスのいい空気だって代りに持って行ってやるんだ。もし僕がいなかったら病気も湿気しっけもいくらふえるか知れないんだ。ところで今日はお前たちは僕にあうためにばかりここへ来たのかい。けれども僕は今日は十時半から演習へ出なけぁいけないからもう別れなけぁならないんだ。あした又また来ておくれ。ね。じゃ、さよなら

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん