「身体」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 身体とは

2017-10-19

FGOが山風作品に端を欲する物ならこんなくノ一にすべき

忍法月の輪

自分の経血をつけて目印にする。この忍法によってつけられた血はいくら洗っても決して取れず、血を流し続ける。

忍法筒涸らし

性交中にこの忍法をかけられると相手死ぬまで射精し続け、さらには血液をも吹き出して身体中の水分が抜き取られる。その後、干からびた相手簡単命令を吹き込み傀儡として使う事も可能

忍法天女貝

女陰男根をくわえ込み、すさまじい力で締め上げる。膣痙攣の応用と思われる。かけている本人が死んでも決して緩むことはなく、逃れるには男根を切り落とす以外にない。

忍法夢幻泡影(むげんほうよう)

女陰から次々と出すシャボン玉のような泡で相手を取り込み、精神幼児退行させる。退行させられた人間は元に戻るまで10日ほどかかる。

忍法菩薩

普賢菩薩(ふげんぼさつ)の像を置き、男に幻を見せる。男は幻の女の裸身に惑わされて発狂する。しかしその性質上、女には効果がない。

忍法やどかり

女同士で女陰を密着させ、子宮から子宮へと胎児を移動させる。

忍法羅生門

子宮内の胎児相手男根を掴ませ離れなくする。

忍法くノ一化粧

催淫薬を塗った吹針で女を発情させ、女陰から精を吸い取ることでその女そっくりに変身する。

俺は夢幻泡影が好き。

ブラックパンサーが嫌い

https://www.youtube.com/watch?v=xjDjIWPwcPU

別に分かってもらわなくて良いけど、ブラックパンサーが嫌い。

作られた年代だけに、黒人解放運動の影響をどっぷり浸かっているおかげでチート過ぎる設定が嫌

アフリカ世界最大の科学力とか知性と身体能力に優れ、欠点は無いとか、逆に黒人馬鹿にしているようにしか見えない

お前らは凄いんだ、キャプテン・アメリカワンパンKOだ!で納得した当時の人もどうかと思うけど、このご時世に未だに元設定のままってのはどうなんだろう?

溜飲下げる為の設定がここまで続くとは思っていなかったんだろうな……

バイセクシャルになった

バイセクシャルになった。

性自認は男、身体的にも男で、女の子大好きなのだが、バイセクシャルになった。同性とするセックスが好きになった。

きっかけは女性ペニスバンドで逆アナルプレイをされたことがきっかけで、そこから女装男子に犯されたい」となり、バイになった。

男性に寝バックで「かわいい」って言われながらガンガン後ろから突かれ、

みっともなくあえぎ、「突いてっもっと突いてっすき〜〜」って言うのが好きになってしまったのだ。

当然、女の子も大好きなので、ゲイではなくバイである

LGBTに関しては寛容なつもりであったが、当事者になって色々と感じたことがあったので書き散らしてみる。

彼女がほしいが彼氏も欲しい。

意外と多い

LGBT(正確にはもっと多くの枠組みがある)は意外と多い。Twitterで漁れば漁るほどどんどん出てくる。皆言わないだけで。

ゲイの友人に「バイになった」と言ったらものすごく驚かれたのと、「愛のカタチは皆それぞれ違うわよね!」とすごく喜ばれた。

ちなみに自分は他の人達から見ると「とてもバイに見えない、爽やか系」らしい。バイに見える人ってどんななんだ……。

言えない

ヘテロ(つまりノンケ)だった頃は、周辺にゲイバイレズがそれなりにいたし、百合エロ漫画とか大好きだったので「同性愛好きな人がいるのはいいことだし恋愛は人それぞれだよー。社会もっと寛容になるべきだし、言えばいいのに」と言っていたが、いざ当事者になってみると、言えない。

気持ち悪がられるかもしれない。冗談でも「うわ〜俺の事狙うなよ〜」と言われるかもしれないし、そう言われたら親しい友人ゆえのちょっときつい冗談だとわかっていても傷つく。

見る目が変わってしまう。それが特に怖い。

特に親なんかに絶対に言えない。泣かれるかもしれない。

友人にも言えないし、本当にごく一部の、腐女子やそういった人たちの中でも、絶対的な信頼を置いた人物じゃないと言えない。それ以外では恐らく墓まで持っていくだろう。

特にインターネット上では伝統的にゲイホモジョークが氾濫している。その手のジョークは俺は否定しないし、淫夢ネタは俺だってよく使うし、Twitter本垢RTしたりすることも多々ある。

ただ、それを目の当たりにすると、面白いと思っても、どうしても一瞬だけむっとしてしまう。

でも、同じバイセクシャル同士でナチュラル淫夢用語を使うことは多い。「あ^〜いいっすねえ」とかよく言うし、何より気軽なコミュニケーション手段として使いやすい。黒人黒人同士でniggaカジュアルに使う一方、黒人以外に言われると激怒するようなものだろうか。

同性姦と異性姦は別物

「両方できるから、異性とセックスできないなら同性とすれば解決じゃん!」って思ったらそんなことはなく、異性とセックスしても同性とセックスしたい欲は消えないし、同性とセックスしても異性とセックスしたい欲は消えない。

わかりやすく言うと、シムシティRCI(住宅商業工業)と需要メータがあるところに、更にもう一本横に工業メータが増えてRCIIとなったようなものである

同性にも好みがある

言われてみれば当然だが、好きな異性のタイプがあるように、同性でも「好きなタイプ」がいる。

男の同性愛者が誰でもクマのような男や、ガッチリした体型の男が好きだったりするわけではない。

もちろん、女性同性愛者でも同様。

自分は、女の子っぽい男性が好きだ。男性とはまたちょっとちがうが、理想を言うとMtFやMtXや、それに近い人が好きだ。

ただ、中性的男性ってなかなかいない。一番めんどくさそうである

ましてや、「女装が似合う中性的男性に組み伏せられて寝バックで犯されたい」と日常的に言い続けている。

ネコ(受け)が多い

男の同性愛者は受けが多い。ネコとか、凹とか言われる。

行ったことないし今後も行くことはないだろうが、ハッテン場にはネコが多く、タチ(攻め側)は重宝されるらしい。

とくに、前述の自分タイプである女装が似合うタチ」なんかはレアである

まり需給がいびつ状態になっている。

ちなみに、ネコしかいない状態のハッテン場を「猫屋敷」と言うらしい。熱烈歓迎されそう。

今のところネコ経験しかないので、タチもやってみようかな?と思うけど、腸壁破っちゃわないか心配

コンドームをしない人が意外と多い

同性愛者でコンドームをしない人は意外と多い。妊娠リスクが無いし、気持ちいからだと思う。

肛門を使う上で間違いなく汚いし、粘膜が使われることでHIVウイルス感染リスクが異性間の数倍にも跳ね上がるから自分はちゃんと洗った上でコンドームをつけてセーフセックスをすべきだとは思うが、意外とコンドームをしない人が多い。

それ以前に、学校の保健体育で習うようなHIV知識が無い人も意外と多かった。

ちなみにまさにコンドームをしない人に聞いた所

長生きしようと思ってないので、HIV感染しても別にいい」ということを言っていたが、俺はそれでもしたほうが良いと思う……。

全ては身体環境が決める 意思なんか関係ない

最近行動経済学かいもの流行っているらしい。

感情経済を動かしているとか言うらしい。

最近ゲームにおけるガチャ海外でも流行兆しがあるとか既にあったとか見ると、色々と注目できるものなのだろう。

本でも一冊読んでみるかぁという感覚になっている。

感情というのは、恐らく物理的な制約が影響を与えているものだろう。

明らかにイケメン自分では出来ることが変わってくる。考えることは変わるのだ。

本来人間というのは所詮は考えることなかに大きな違いはなくて、顔がいいから、脳の出来が少し違うという身体的な制約ゆえに違いが出てくるだけでないのか。

一時期、意思がない人間哲学的ゾンビだとかそんなのが流行ったが現状の自分たちも変わらないのではないか

選挙演説において、若い女だけは殆ど目に付かなかった。

恐らく、自分が若くて見てくれの良い女なら演説なんか聞いていなかった。

身体的制約故に演説自分は聞いたのだろう。

慶応大学に進学した尻がでかいマナカちゃんが、なぜ偏差値の高い大学に進学できたかと言えば高校自尊心を保てる容姿があったことと記憶が出来る頭脳があったからだ。

それだけで、自分容姿が醜く持病もあったし頭も悪かった。高校でも酷い目にあっていたかチンパンジー大学しか進学できなかっただけなのだ

自分自己責任と言う言葉が大っ嫌いだったが、理由がわかった。

全ては身体環境が決めると考えているからだろう。

からぬ方向に行くと、不細工排除すれば世の中は良くなるということになる。

間違いではないのかもしれないが、自分不細工から反対だ。

もし、自分美男美女だったら自分がやったことに自信を持ち自己責任と言えただろう。

2017-10-18

応用情報技術者試験を受けてきました

anond:20170911232449

上の日記を書いた増田です。

こんにちは

試験、受けました。

ことさら話題にするようなことでもないかもしれませんが、せっかくなので書きます

これから受ける人などの参考になれば幸いです。

プロフィール

30代。

普通科高卒

製造業

プログラミング歴は数ヶ月。

それまではExcelWordがちょっと分かるくらいだった。

言語VBAVBバッチ

一ヶ月に100行書いてるかどうかといった感じ。

製造現場身体を動かしながら、改善の種を探している。

所持資格はTOEIC700、日商簿記2級など。

基本情報は受けたことがない。

受験

動機

内製のソフトC++でできていて、これを色々弄くれるようになればあんなところやこんなところまで自動化できるなあ、でも何も知らないまま弄るのはちょっと怖いなあ…

そうだ、勉強しよう!

合格すればついでに報奨金(10万)も貰えるしね!

勉強期間、学習時間

8月半ば、受験申込期間の締め切りギリギリ試験存在を知り応募。

勉強期間は2ヶ月ほど。

平日は1日1〜2時間。土日は1日3〜5時間。まったく勉強しなかった日が10日ほど。

体感的な総学習時間100時間ほど。

学習方法

最初に、ネット評価の高かった合格教本という本を買って読んでみた。

基本情報知識もない状態だと、書いてあることがもうほんとにまったく分からず、挫折しそうになった。

方針を変えて、応用情報技術者試験ドットコム過去問道場をひたすら回した。

からない言葉ネットで調べて、これはと思う説明出会ったらOneNoteにひたすらコピペした。

最後の2週間はドットコムユーザー登録をし、理解度問題を色分けするようにした。

最後の1週間でピヨ太くんのサイト(正式名称長い)を見つけ、分からない言葉はまずこのサイト検索するようにした。

午後対策過去問を本番と同じ時間で4回分解いたくらい。

合格教本は結局ほとんど読まなかった。

午後の選択問題

受験前は、

…のどれかを選ぼうかなと考えていた。

いわゆるストラテジ、マネジメント系科目だけで固めても良かったのだけど、組込みなんかは普段生活からイメージやすいし、2時間半の長丁場ならテクノロジ系科目を間に挟んだ方がほどよく頭のリフレッシュになるかなーと思っていた。

実際の試験では、

…を選んだ。

試験当日(午前)

試験会場に時計がなかったので、時計が無い状態受験した。

机上に置けるような時計は持っていなかったし、まあ午前だけなら時計が無くても大丈夫だろうとタカをくくっていた。

問題を順当に最後まで解いて、全て順番通りにマークされてることを確認してから、手を挙げて外へ出た。

出てからスマホの電源を入れて時間確認した。

15分ほど余っていた。

試験当日(午後)

さすがに午後は時計が無いとマズイと思い、休憩中に買ってくる。

セキュリティ(必須問題)の設問1で長考してしまい、20分ほど経っても解答用紙の半分が埋まっていない状態

とりあえず他の問に移り、最後に余った時間セキュリティに戻る方針シフト

経営はぱっと見簿記知識が生かせそうだと思い選んだのだけど、「固定長期適合率」がどういう計算式なのか見当がつかない。

早々に切り上げる。

組込みの設問1でまたも長考、ほぼ解答を埋められたものの、結局40分ほど費やす

この時点で残り1時間と少ししかなく、かなり焦る。

サビマネ監査は焦りから問題文の通読ができず、設問を最初に読むようになり、結果読み返しが増えてしまった。

監査を終えたところで5分くらい余ったので、這々の体でセキュリティに戻る。

なんとか穴埋めしフィニッシュ

午前とは逆に、始終時間との戦いだった。

自己採点

午前は78.75点。

午後は厳しめで53点、甘めで66点(TAC基準)。

セキュリティ、サビマネ監査の点数がかなり流動的。

午前は問題用紙に選んだ選択肢に○する余裕があったのだけど、午後はそれがなくなって、問題解くのに必死自分が何を書いたかしっかり思い出せない。

色々と書いたけれど、そういう訳で正直受かってるかまったく分からない。

配点、部分点次第といったところ。

怖い。

感想

午前の対策簡単だ。

ただ過去問を解くだけのロボットと化せばいいだけ。

体感3割〜4割くらいは過去問の流用で問題ができあがる。

いわゆる一般常識で解ける問題も多い。

午後の対策が難しい。

午後対策でよく見られるのは「国語の読解力をつける」というアドバイスだが、読解力というのは漠然としていてレベルの向上も分かりづらい。

今の私なら、以下の順番で勉強を進めるかもしれない。

ま、受かってたらやらないんだけどね!

そもそも、「試験合格するための勉強」に終始して、最初動機なおざりなっちゃった感が否めません。

公開鍵暗号方式といえば、RSAだよね!知ってる知ってる」

…でもそれらがなんなのかはよく知らない、みたいな。

一つ確実に「分かった」と胸を張って言えることは、

からないことは、調べればいい。

分かる人に、聞けばいい。

ってことですかね。

受かってなかったとしても、もう受けないかもしれませんね。

はぁ…10万欲しいなぁ…

以上で終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございます

お疲れ様でした。

もっと経済制裁が強化されたら嬉しい」北朝鮮庶民から意外な声

https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20171018-00076749/

一行で説明すると北朝鮮生産する輸出用の高価格帯品が経済制裁で輸出出来ないため国内価格暴落庶民の懐に届くらしいと言う事ラッキースケベみたいなもんかちなみに僕も今日満員電車で不可避で迷惑なのにちょっとエッチなおしくらまんじゅうで身体を火照らせて来ましたお値段据え置きで濃霧の影響で遅延する電車

悪魔の手前

今朝、夢の中で母が復活した。

生前見られなかったグラマラスな格好に巨根を付けて復活されていた。

本来ならそこで悪夢認定して目を覚ますべきなのだが、母が復活した嬉しさからそのインモラル状態であっても再会を喜んでしまった。

「でもこれちょっとサイズが小さいのよね」などと言う母らしきもの言葉に「その大きさで小さいだと…」などと自身の陰茎と見比べながら目が覚めてしまった。

目を覚まして、何故こんな夢を見たのか考えてしまった。

最近は変な夢を見ることが多い、そしてそのどれにも理由がある。

多分、今朝見た夢も何かしらの理由がある。というか、十中八九「母を失ったこと」と「それでも性的衝動が治らない自身矛盾する精神」について悩んでいたのだろう。

性的衝動を治めたがるのは自身眠る野生的な部分が暴れ出すのを抑える為に毎朝欠かさず行っているが、それはどう取り繕っても無様だ。

母の亡くなる手前ですら行っていた異常行動だ。

吐き気を催すことすら許されない侮辱だ。

だが、そうしなければその重責から逃れられなかったのかもしれない。

自身を慰めることで、身体的にも精神的にも安寧を求めようとしていたのかもしれない。

母が亡くなって、その安寧ですら無意味になった。

それが、形を変えて夢になって現れた。

どうだ、俺よ。なんてイカれた精神構造してやがる。

夢の中でかーちゃんが淫魔になって現れるだなんて凶悪だぜ。しか男性型のな。

でも、それですら、そうなってもいいから、帰って来て欲しかった。

兄弟には俺から言っておくよ。「俺が変な夢みたらかーちゃんこんなになって帰って来たよ」って。

親父も絶句するだろうな。でも今の白けた面よりかはマシかも知んねえ。

結局、アンタが亡くなったことでここまで生きる意味がわからなくなるなんて思わなかったんだ。ダメだなー。

でも、そこから覚めて、やっぱり母の居ない現実に帰って来てしまった。

何にでもなれる夢の世界から、何者にもなれない現実へ。

母と歪な再会の出来る夢の世界から、母とは二度と会えない現実へ。

目を覚ましてしまえば、下腹部が苛立ちを申し付けてくる。

嗚呼役に立たない息子よ、朝から元気だなお前は。

どちらが現実であって欲しいか、どちらが夢であるべきか。

目を覚ます度に過去に戻りたがる俺には現実の方が悪夢じみているのかもしれない。

ほとんどIT技術的な検索しか使わなかったから気がついてなかったが

生活上とか身体的な単語検索するとほんと感想文的な広告しか上位にこないんだな

こりゃwebなんか使わなくなるわ

人間思想や行動は身体環境によって決まっているのではないか

人間の考えや行動は身体環境によって決まっているのではないかと感じる。

そう感じたのは、ある選挙演説を聞いた時だ。

はっきりと演説には勢いというものを感じた。

ただ、演説には中高年が多い印象を受けた。

投票率若者が低い傾向にあるから、当たり前なのかもしれない。

しかし、自分を含めて若い男はぽちぽちといた。

はっきりと数えていないが、自分の隣に立っていた男も若かった。

雨の中、演説を聞いて満足して駅地下に潜ると若い女がたくさんいるではないか

自分演説の聴衆の中で一番見なかった属性若い女だと気付いた。

駅ビルにいた若い女が演説を聞かない理由ペットショップ犬猫のゲージを見ればわかる。

見た目が愛くるしい犬猫は昼間から寝ている。

変に政治に関心を持つ必要はなく、見た目がよければどんな為政者の世でも生きていける。

ただ、犬猫若い見てくれのいい女も時が経った時にどうなるのかは分からない。

しかし、今現在の見てくれというアビリティーを全力で使って楽しむのが合理的なのだ

彼女たちの行動や考えも身体環境が決めている。

男を勃起させる、自尊心を満たせる身体が行動を決めているのだろう。

慶應大学に行った高校時代クラスメイトであるマナカちゃんは尻がでかくて透き通る肌の女だった。

彼女は、現代文教師特定秘密保護法案反対デモに参加した時の感想として小汚い人が多かったというのに笑っていた。

おそらく、政治なんか興味を持つ必要なんかないだろうし、持っていないだろう。

身体環境がそう決めている。もっと有意義楽しいことがある。

彼女慶應大学に行けたのは、自尊心を満たせる容姿と色々と記憶できる頭脳だろう。

こんな環境身体があれば、日本北朝鮮みたいな国になったとしても西欧ペニスをしゃぶっていけるだろう。

何もかも身体環境なのだ

一方、自分高校時代に醜い容姿いじめられて、悪い頭でチンパンジー大学しか行けなかった。

豚みたいな顔したネトウヨと昼食をたべ、つまらない政治の話で喧嘩をする。

それしか身体の都合でできなかったのだ。

他にも容姿が醜い人間がいたが、図書館で一人寂しく本を読んでいた。

全ては身体環境が決めているみたいだ。

色々と虚しくなるもの

2017-10-17

anond:20171017231335

超回復概念自体は、あながち、間違いではないだろうが。

何日で回復するって話自体が、怪しいらしい。なので、自分身体相談を。年齢もあるだろねー。35才以下なら回復も早いだろ。

ソースは、最近2017年Tarzanか何かだった)

絵が描けるという呪縛

うまく描けるわけでも、魅力的に描けるわけでもない。

話題二次創作ものを描けば、ピクシブデイリーランキングには入る。

ツイッターRTが100以上になる。

話題のものを描かない場合は、地域ランキング50位内に入る。

ランキングRT数が絵の魅力を表しているわけではないし、ランキングに入っていないから駄目というわけではない。だけど、分かりやすひとつの指針であることは間違いないだろう)

その程度の、絵を描くことができるが、魅力的な絵を描くことができない画力しか持っていない。

絵師になれないインターネットお絵かきマン自分だ。

なまじ創作できてしまう、というのはすごくすごくすごく面倒くさい。

描けないから、出来てないからやめる、というのができない。

例えば、作曲家を目指すど!と意気込み、DTMを起動してみたが、自分が作りたい音がドなのかソなのか、レなのか分からない。ならと適当に良いフレーズを打ち込んでみる。

適当に良さそうなのを選んだので流れできくと全然よくない。だめだ。つくれない。

このレベルなら諦めもつく。

自分には才能がないのだ、と言い訳もできるし、そも、そのレベルで諦めるなら本気で曲を作りたくないわけじゃないんだろう。

なまじ創作できてしまう。描こうと思えば描けてしまう。

自分の絵のどこが悪いのか、どこのレベルが足りないのか、ストーリーのどこが悪いのか分かってしまう。

今日明日自分が描けなかったとしても、1年後の自分は描くことができるかもしれない。ちゃんと練習すれば。

から希望を抱いてしまう。

しかしたら、もっと今より絵を描く時間を増やしたら、もしかしたら、ひょっとしたら、万が一、運が良かったとしたら、プロになって食っていけるんじゃないかと。

あはは、何をバカなことを。

今のイラストレーターの現状を知って新卒切符を捨てるのはバカだ、と就職をした。全然違う職種に。

結論からいうと、大学時代より絵を描いている時間が長くなった上で海外ファンが増えた。

大学時代無限と思えた時間が、就職してはじめて「時間は本当の本当に有限で、ソシャゲなんてやっている場合じゃねえ! オラ、絵を描きたいんだ!」と、気づいた。本当にバカだと思う。

退社して家についたら、即パソコンを起動して絵を描く。

5~6時間ほど描いて寝る。その所為睡眠時間が削られてフラフラしながら出社する。昼休みに寝て、夜遅くまで絵を描く。

どうやら自分コマ割れるらしいと気づいたので漫画も描き始めた。

よくわからないが背景もそれなりに描けるようでびっくりした。8時間の勤務だというのに、一ヶ月に70Pも完成原稿仕上げている自分がいた。バカか?

貴重な1週間の夏休みは、寝る時間風呂トイレ以外の時間をすべて漫画を描くことにあてた。

あてたというか、自然に描いてたと表現が正しい。

それを今日まで繰り返してきた。しかし、身体悲鳴をあげた。

こんな生活を続けていれば、いずれ破綻することは分かっていた。

かに3月の自分に比べて自分画力は成長した。ファンも増えた。

でも、自分はしがないインターネットお絵かきマンだ。神絵師じゃない。

二次創作薄い本は50冊捌ける。オリジナルゲームも100本以上売ることができる。

絵は描ける。でも、魅力的な絵は描けない。

ももっと練習すれば、本気で魅力的な絵を描こうと思えば、自分もっと売っていけば……。

プロを目指すか、今の仕事を続けるか、0と1しかない視野は狭いことは分かってる。

自分でも分かっているが、一度絵を描き始めると6時間以上ノンストップで描いてしまう。毎日時間程度で我慢できるなら、とっくにしている。

から、どうにかしないといけない。

なまじ創作できてしまう。

どうすればいいのか分からない。でも、来年には25歳になる。

どうすればいいのか分からない……。

保育士は誰でも出来る職というけれど

保育士だって国家資格必要だし、それを取得するまでの過程は長いです。

場所によってはバイエルくらいは弾けないと戦力外になります

簡単資格取れるでしょって思ってる人たちは現実見直してほしいです。特にホリエモンバイエル弾けないでしょ。

保育士は、こども好きでないと続かないし、保護者からクレームなどもモンスターと呼ばれる人が日々来るのでキツイです。

理不尽理由クレームを言われ、それを丁寧に丁寧に対応していかないといけない。

人としての忍耐もとても重要で体力のいる仕事です。楽と思っている人は甘いです。

違う環境で言うと介護お仕事のようなもの

介護は保育とは違い成人している方を対象となる事が多いですが、楽じゃないでしょう?

介護のキツさは成人しているという部分だと思います子供と違って物事を考えますし本人がクレームなどを言います

ただし、介護されるという側から常識を持っている方も多いので介護やすい時もあります

保育の場合は、少し違います

子供自身が思うがままに行動する無邪気さがあり、常識という部分にまだ足も踏み入れていないために注意をしても

なかなか分かってもらえません。

から教えても分かってもらえず、聞き分けのない人を相手にするのって大変だと思いませんか?(大人にも居ますが…)

それと合わせ、子供場合身体的にとても繊細で脆い存在です。大事保護しなければなりません。

壊れ物を扱うようなそれくらい大事にする必要があります

元気な子ほど、ちょっとした瞬間に見えなくなってしまう事もあります。とても怖い。

ホリエモン場合は、ちょっとくらい放置しても良いだろって思ってるんじゃないでしょうか。

人様の子供を預かるという事を簡単と考えるような人は、大抵親になったことがないか、親を放棄している人に多いです。

親としての考えを少しでも分かっているのであれば、子供というのは大変手のかかる生き物であるという事がわかると思います

からない人が誰でも出来るなんて言うのは、こちからすれば「ふざけんな」の一言です。

ホリエモンは違う職種としては才能があるのかもしれませんが、育児教育に関するものはド素人だと思います

大事なことも分からないで他人仕事を誰でも出来ると馬鹿にするのですから

そんな人がこの仕事に就いたとして、保護者に怒鳴られ、子供たちに悩まされ、我慢できるかといったら我慢できないでしょう。

我慢できるような人ならば、Twitterであれこれ不満ばっかりつぶやいていないと思いますし。

ちょっとたことであーだこーだと騒ぎ立てるような人に忍耐なんて言葉はないでしょうから

何にしても、保育士は誰でも出来る職ではありません。

誰か励ましてほしいんだ

リハビリ頑張ってるんだ。もう5月からずっと。

もちろん働けてない。働かなくて済むなんて良いって思う人もいるかもしれないけど、行きたいところにも行けないし、好きなこともできないし、そもそもいから辛いし、楽しいことなんて滅多にない。仕事は好きだったけど続けられなくなった。

痛みが出ては絶望して、なんとか立ち直って、頑張って、また痛みが出ての繰り返し。

まりにも何度も何度も繰り返されるから、もう心が疲れてしまった。痛みや挫折を知ることで自分の成長には繋がったと思ってるし、この苦しみは未来の糧にはなると思ってる。

だけどやっぱり辛いんだ。今日も徒歩15分のショッピングモールに行っただけで痛くなって、道行く人と自分との落差に悲しくて泣いてしまった。

もうオシャレも出来なくなったし、椅子に座るのすら苦痛だし、友達だと思ってた人にも酷い扱いを受けたりした。この苦しみはいつまで続くのかなって悲しくてたまらなくなる。

健康って素晴らしいことだったんだね。失うまで、頭では理解していても、心では理解できてなかった。元気な身体があるのに自分の行動を制限してしまっている人、本当に勿体無いと思う。今の自分には恋愛なんてあまりにも遠い。

元気な人たち、どうか目いっぱい生きてほしい。人生無駄にしないで。

漢湯

男たちが、銭湯にやってくる。どこからともなくやってくる。

それぞれの仕事を終えて、あるいは休みの日に、やってくる。

ニートのやつだっているかも知れない。失業中のやつだっているかもだ。

脱衣所で、男たちは脱ぐ。それぞれの装束を脱ぐ。

作業衣のやつ、ジャージのやつ、ももひきはいたじーさん。

何か男たちは、そのバックグラウンドを匂わせて、そしてそれを脱ぎ去る。

トイレに行くやつはここでいく)


男たちは身体を洗う。無言で洗う。

男たちは髪を洗う。無言で洗う。

男たちは、時には椅子にすわり、時には床にそのまますわり、その身体を検める。

それぞれの持つスタイル文句を言う男は誰一人としていない。

男たちは湯船に入る。ざぶんと不透水層を貫いて、お湯は湯船の外に噴出する。

そして男たちはサウナに入る。したたる汗はどこへ行くのか。

男たちはサウナで黙る。ときたまバラエティ出川とかが面白いことすると、男たちのうちの誰かから、笑いのため息が漏れる。

ただそれだけだ。


そして。


そしてだ。

我が銭湯では、なぜか男たちが挙って水風呂に入ることがある。

誰かが「やろう」と言うわけではない。

諸人が挙りて水風呂へ導かれるのだ。

湯船を経てサウナを出た男の肌は熱を持っている。計り知れない、熱を持っている。

そんな男たちが水風呂殺到する。

2つの事柄が、時を同じくして起こる。

まずは水風呂の水の減少だ。

浴室の温度を下げるほどかと思うほどの、冷水の奔流。

男たちの身体がこれを引き起こす。

次いで起こる現象が、水風呂に残された水の温度の上昇だ。

我が銭湯では恐ろしいことが起こる。

風呂が温かくなるのだ。

男たちの身体から放たれる熱気の放射で、水風呂が30度くらいまではいくのだ。

私はこれを「漢湯」と密かに呼んでいる。

男たちは、誰が示し合わせたわけでなく、上気した身体で合力し、水風呂の温度をひたすら上げていく。

男たちは黙っている。黙ったまま、水風呂の温度を上昇させる。

そこに何の意味があるだろうか。

さっぱりわからない。

ただ、さまざまなバックグラウンドを持つ男たちが一瞬重なることで、水風呂の温度が上がる。

ただ、ただ、それだけだ。


「烈女湯(おんなゆ)」があるかは知らない。もちろん可能性はあるだろう。

anond:20171017091516

ストレッチはどう?最初はめんどくさいけどだんだんハイになって楽しくなってくるよ!身体の疲れも取れるし生産性もあるし毎日続けるとちょっと痩せやすくなったりするぜ!

anond:20171017092622

「すぐ人の間違いとか、行為の誤りを強く糾弾ちゃうのってヤだよな」

って自分で思っているのに、いざ自分はどうかと聞かれると、こうやってアツくなってしまう。

これじゃ、電車身体がぶつかって、相手が誤っているのにプンスカしているオッサンと同じだな。

反省

2017-10-16

anond:20171016164406

産んで養子に出すより中絶する方が身体ダメージ社会的ダメージも圧倒的に低いので、中絶選ぶのが大多数になるのは変わらん。

「老後の貯蓄」

これ意味が分からない。

年金で暮らせない、もう自力で稼げなくなったら自殺したらよくない?

働けなくなるくらいの身体能力しか残されてないなら

よっぽど趣味がある人でないと人生楽しめないでしょ。

定年後も働けるなら働けばいいし。

なんか老後みたいな灰色人生のために

自分の足で動けるとき自分に金使わないって

まれ変わった後にでも金使うつもりなんかなといつも思う。

これゲームでもなんでもなくて、

若い時期が終わったら二度と返ってこないんだが。

老人になって惨めな思いするっていうけど

老人になってやる事と言えばあとは死ぬだけだろ。

そこで生きがいモテて充実するのは、ごく一部のエリートだけ。

あとはゾンビみたいに自嘲気味の作り笑いして老人ホーム徘徊するだけだろ。

そんなことのために金を溜めるとか馬鹿すぎる。

どうせ死ぬのを受け入れられないからそんなことになるんだろうけど。

少なくとも祖母は全く幸せではなかったと思う。

あそこは極楽でもなんでもない、現世にある地獄だ。

新たな不幸の始まりしか思えない。

どうせ国は安楽死薬くれないだろうから自力死ぬしかない。

そのための金くらいなら用意していいんじゃないの。

2017-10-15

卵か鶏か

ケチから金持ちになるのか。

金持ちからケチになるのか。

地位があるから偉いのか。

いか地位を得るのか。

地位があるから金を得るのか。

金があるから地位を得るのか。

心に問題があるから身体を壊すのか。

身体問題があるから心を壊すのか。

仕事楽しいから給料が上がるのか。

給料が上がるから仕事楽しいのか。

その人自身性格や人柄など)がいいから見た目も好きになれるのか。

見た目がいいからその人自身性格や人柄など)も好きになれるのか。

好きだからヤりたいのか。

ヤったから好きになるのか。

anond:20171015185448

サッカー漫画キャプテン翼とかは、どうなのかな。

小学校時代からプロになるまでを描いている。

(顔と身体サイズ(等身?)は、さておきなのだが。)

アイドルマスターSideMと私Pを振り返る

アニメおめでとう。

みんな動いてるたーのし!!!

担当さん出番まだかな。

そんな感じで、思い立ったのでいままでと、アニメ化で決まった決意を書いてみる

私のアイマス入り口アニマス、5年前くらいだっただろうか。

初めて見た深夜アニメの一つで、当時やっていた深夜アニメの中でハードルが低かったのがきっかけで見続けた。なんというか、深夜アニメは独特の世界観のあるものが多い。アイマスもまあ、あるにはあるのだけど、アニマスライトというか共感できる、わかりやすアイドルものだったと思う。

そこからしばらくはあまりピンと来なくて、ハマっているとは言いがたかったのだが、アニメから半年くらいですっかり沼のなかだった。

ニコマスやノベマス、私を引きずり込む数多の作品群。豊富コミカライズ。どんどん好きになっていくキャラクター

そして触り始めたのが当時始まったばかりのシンデレラガールズ菊地真を集める度に出た。楽しかったが、真を育てきると飽きてしまった。何をしたらいいかよくわからなくなったから。

次に始めたのは、劇場版アイドルマスター放映決定してすぐのミリオンライブ菊地真を長々プロデュースできる。定期的に真のイベントが来て、新しい台詞が増える。楽しい。はまりにはまった。暫くすればミリオン組にも愛着が湧いた。特に真と仲良くしてくれてるひなたちゃんとか、自分と同じく本好きの百合子ちゃん、そして歩、茜のかわいさにやられた。かわいい。あの子達なんなんだ。

そしてその頃から、周りの友達がどんどん腐女子化していくなかでの私の異物感を感じるようになった。私は、女の子キャラばかり好きになっていて、男の子のことはあまり好きになれないんじゃないだろうか。

長い長い前置きだったが、ここからやっとSideMの話である

そんな中、予告されたのがSideMだった。真ん中で踊るJupiter文字。率直に書くと混乱した。色々あった、ぜーんぶの後にアイマスが好きになったから、私はJupiterはそこそこ愛着があった。(特に冬馬が好きだった。)

でも男の人が受け入れられなかった過去のあるアイドルマスターも知っている。私がJupiterを好きになったのは、そんな中でもJupiterを大切にしてきた人の存在があったからだということも。ちゃんと彼らの居場所が、男の子アイドルマスターでできるのだろうか。

それに、私のような女の子かわいいで生きている人にはあわないんじゃないかと身構えた。でもアイドルマスター

深く考えずに事前登録ボタンを押して、事前登録特典のあまとうだけもらおう、はまらなかったらやめようと思った。何よりここで始めなかったらそれこそJupiterの居場所がなくなると思ったし。私が始めることなんて小さなことだけど、そんな小さなことがきっと彼らの未来を切り開くんだって信じて。

あと女の子アイドル物には興味のない友達でもアイドルマスターに興味を示してくれるかもしれない、って下心もあった。やっぱり好きなものが人に好きになってもらえたら嬉しい。

当時発表されていたキャラでは、てんてると次郎ちゃん、ピエールアスランと、咲ちゃんと麗君を覚えている。ピエール咲ちゃんと麗君はかわいくて、私でも好きになれるかも、と目星をつけた記憶。他にもそんなPさんいっぱいいたなー。てんてるは嘘やん、メインぽいのにひげ……と変な顔になったような。次郎ちゃんはその見た目に爆笑した。こんなタイプアイマスに来るなんて、前代未聞というか、こう、なるほどなーと。

そして後の担当となるアスランには、マイナスイメージを抱いた。いや、最低なんだけど、当時蘭子ちゃんがシンデレラガール(総選挙一位)のブーム時。そしてひねくれものの私は安易流行にのって人気を取りに行くのがあんまりきじゃなかった。薄っぺらキャラな気がして嫌だった。いや、思えば表層しかみない私が薄っぺらだったんだけど。アスラン大好き。

わくわくして、ミリデレ765の同僚さんとサービス開始を待つもなかなか始まらない。そんな中、Twitterとかで言われ始めたのが、「男性Pがわくわくしてサービス開始を待っている異様な感じ」で「ホモマス」だったとおもう。みんなが嫌いなやつ。

かにアイドルマスターが好きな女、いわゆる私みたいなやつは一定数以上はいて、そんな人たちも好意的SideMを楽しみにしていた。でも、元々男性向け。だから事前登録の人たちって結構男性Pだった。ほんとに男性Pだらけだった。証拠、とは言いがたいけど、私が初めてはいったチームのメンバーは女5に対して男15位の割合だったと思う。それでも女子が一杯だー!って騒いだ記憶が。

まだ略称が決まらなくて、ドMとか、サイマスとか言われてた中、私の周りの男性Pさんにとってホモマスって呼称は、男キャラを心待にする男性Pの自分への皮肉というか、ギャグだった。サービスがなかなか開始しないから、自身ネタにしないと話題にもできなかったし。

それが侮蔑だ、って言われてる最近の話は不思議だなーって思う。まあ、そういう使い方をした人がいて、それが問題だったのかもしれない。不愉快に感じる人がいるから使わないスタンスだけど、私はあの呼び方は内々の会話の中ならただのおふざけだったと思うからなー。確かにそれが一番広まった略称になってたら問題だったかもだけどね。

もう、サービス開始までの長かったこと長かったこと。一回始まったのになんか終わってたし。仕方ないかもっと待って、当時ガラケーだった携帯に「お待たせしましたプロデューサーさん」って文字が出たのをみたときは、ワクワクしながら家に帰った。やっとSideMだー!って!

当時の自分が、モバゲー掲示板お題が「最近いたこと」だった日に、「ホモマスがちゃんとはじまったこと」って書き込んでたのを見つけた。こいつ……ホモマスとか言ってやがる、殺される、って書き込みを消したけど、そっか、そんなことに喜んでた時期があったんだな、って懐かしくなった。

でも、そこからイベントも始まらないし。とりあえず貰ったJupiterMMにして、営業咲ちゃんとピエを手に入れる旅に出た記憶咲ちゃんゾーン遠かったなー。数多のアスランスカウトされていった。それでもやることもなくなってのへーっとしてたら、やっとやっと、はじめてのイベントが来た。

何でかわかんないんだけど、私のチームの男性Pさん達はみんな巻緒にはまってて、それ故に私のなかでカフェパレードの株が高かった。元々他のアイドルマスターで仲良くて、そんなPさんの好評価だったからそりゃ評価も上がる。当時のPの中では(圧倒的Jupiterだったのはおいとくと、)カフェパレ、Beit、ドラスタが三強だったんじゃないかなー?知らんけど。

一個目のイベントドラスタとW、私はあんまり手持ちも育ててなくて(てんてるくらい?)、キャラも手探りだったなーって。もう、桜庭乱入面白かった。横から滑り込み楽しすぎて。ボーナスタイム発生毎に、「乱入wwwwwwwwwなんでwwwwwww嘘やんwwwwwwww」って笑ってたら、みんなも笑っとった。一大ネタやった。好き。

あとこのとき、Wが(はっきりとは語られないけど)多分カフェパレードと戦って、アスランが怖かったとの旨をプロデューサー供述するんだよ。そこでアスランじゃん!!!ってなって、私の中でアスランの株が上がり始めた。怖がられてやんのー、かわいーって感じだった。

Wちゃんかわいかったなー。完走SR、未だに大事にしてる。ドラスタもわちゃわちゃしてた。面白かった。あと雑誌も衝撃だったなー。イベント雑誌!?おぉー!って!!!

今や余りまくりマニーとか思い出メモが足りなかったのも懐かしいなー。

あの時はもうなんか必死で、少しずつ男性Pが離れていく中で何とかしてSideMも生き残ってほしい!!!って布教しまくってた。

グリーンパレードも忘れられない。あのイベント、楽しかったな。あれでカフェパレードホントに好きになった。とくにしののの株が上がった記憶封印されるアスラン大好き。

そっからしばらくして、一回目のワケ生開催が告知されて、すっごく嬉しくなったしすごく不安になった。演者さんがJupiterとして生放送に出る。大丈夫なのかな、って。

9.18のことを話すと、本家のPを槍玉にあげて攻撃する人がいるかあんまり言いたくはない。でもやっぱり、今まで大好きだったのにプロデュースできなくなったアイドルがいて、代わりにライバルの男キャラって言われて、その男キャラ八つ当たりちゃう、ってのはわかる心理(でもJupiterに罪はないと思うんだけど)だし。だからJupiterを嫌いだっていう人の存在を感じながら、私はずっとJupiterに触れていた。二次創作Jupiter作品が出る度、多くの歓迎に喜び、少しだけど目立つ誹謗中傷に胸がいたかった。静かにマイリストとかお絵描きするとか、そんなことしかできなかったけど、Jupiterもっと光が当たるようにずっと祈っていた。

キャラに罪はないよね。罪があるとしたら、プレイヤー運営だ。産み出されて来た彼ら、彼女らには愛されてほしいと祈ってしまうよねー。魅力的なのに、それを知らないなんて勿体ないなって思うし。

まあそんな不安もあったけど、その何倍も期待もあって。何だかんだで愛されるようになってた彼らのおっきい門出があれば、みんながSideMに興味を持つんじゃないかもっともっと愛されるコンテンツになってくれるんじゃないかって、楽しみで楽しみでしかたがなかった。

そしたらふたを開けてみたら、楽しそうな三人がわいわいやってて、コメントもすごく暖かくて。しかしかも、ドラスタに声がつく発表…!!嬉しかったなぁ……。だって未来が見えた気がした。Jupiterだけだった人も多かったSideMがばばーんってグレードアップしていく感じで!

ガチガチに緊張してるドラスタの三人が何だかすごく新人さんって感じで尊くて、しか桜庭乱入してくるし。内田弟だったのも面白かったし。もうとにかく応援しなきゃ、って思った。この人たち、アイドル達がもっとステージに立てるように。まだあんまり知らないアイドル達が声を得て、誰かの特別アイドルになれるように。

アイドルマスターって、声優さんの重みがある、っていうか、声の力にホント意味を感じるジャンルで。だからこそ、それで広がる未来が見えたのが嬉しくて仕方なかった。

そこからスピードはすごかったなーって。

ホントきっかけは解らないんだけど、ある日気がついたら「アスランだな、私、アスランのPだ」って思うようになってて、その時やっと気づいた。そーいやJupiterにも物凄く愛着わいてるし、アスラン好きだし、全然男の子好きになれてるじゃん!って。猫に餌あげるアスラン天使だよね。いやサタンの僕なんだけどさ。

初めて担当に声がつくのを経験した。最初は思ったより高くてビックリしたけど、徐々に愛着が沸いてきて、アスランを演じる古川さんのことも少しずつ好きになっていった。

初めて男キャラCDをかった。そもそも男性ボーカルの曲はあまり好きにならないんだけど、JupiterAlice or guiltyとか恋はじとか好きになってたし、あのもはや曲か怪しいくらい愉快なカフェパレの曲は本当にはまった。楽しい曲だ。

ライブ担当がいないのは寂しかった。だけど、Jupiterステージにたっていたことに嬉しくなった。

もともとシンデレラでもあんまりきじゃなかった総選挙をした。自分担当が人気キャラであることにほっとして、そんな自分が嫌だとも思った。大好きなアイドル達のランク付けは、なんだか好きじゃない。だけど、アスランが低いランキングになったら、って恐怖が投票させる。すごく切なかった

バレンタインチョコをg単位で貢いだ。いっぱい他のゲーム女の子チョコもらうのに、アスランにはあげる側なのが楽しかった。

イベントを走った。自分の財布の足らないお金を恨んだ。

そしたら、どんどん、気がつけばSideMはおっきなコンテンツになっていて、私の応援がどんどん小さなものになってきた。

ずっと応援してたジャンルが大きくなっていくのを初めて身をもって感じた。すごく嬉しい。

アニメ化が決まって、不意に思った。もう私、死ぬ気で応援なんてしなくても、SideM全然大丈夫なんだな、って。応援が実るのってこんな感じなんだな、って身体中に染みた。

そして、一気に、疲れてきた。

コンテンツがおっきくなって、他のアイドルマスターのこと嫌い、SideMSideMだけでいいって人が増えてそんな声の持つ力も増して。

ある意味、あの頃にあったいつSideMが倒れる変わらない、かじりつかなきゃいけない恐怖感がなくなったことがわかってうれしいことだ。でも、私はアイドルマスターが好きだから、そんな声が辛い。とても辛くて、寂しくて、アイドルマスターからSideM応援してたけど、今はSideMとして好きなんだ、だけどアイドルマスターも好きなんだって気持ちが辛くなってきた。

そんなまま、アスランさんをプロデュースして、楽しみきれないのはSideMにもアスランさんにも失礼だと思う。

からちょっと休みしようと思う。この間のアスランイベントも走ったし、やっとお休み

アニメが始まった今、私がいなくてもこのコンテンツ全然倒れない。そんなおっきいおっきいコンテンツになってくれて、本当に嬉しい。だから、暫くゆったり、プロデューサーというよりはファンとして、SideMをみていようと思うのだ。

どうせアスランさんがアニメめっちゃ活躍する予感もない。まあのんびり構えようと思う。人数いっぱいやししゃーないし、休むには丁度いい塩梅だ。

色んな楽しいありがとう、暫くさようなら。そんな言葉安心して言えるようになったSideMが嬉しくて、少しだけ寂しい。

アニメだけだらだら見て、いつかアスランさんの大活躍とかで帰ってきたくなったら復帰かなー。

anond:20171015080131

女みてえな奴だな

女みてえな身体つきしてんな

女みてえな声出すなぁ

お前は俺の女だ

こうなる

2017-10-14

ツイ廃改善するべくアプリを消したのに(アカウントは残ってる)増田に来てたら意味ないよな…

疲れた頭と身体でできることなんて限られてるしな

anond:20171014193506

私も、適応障害治療中で、休職中ですが。

まず、早めに休職判断が出来た方が良いのではないかと、思います

  

とにかく、現状はメンタル不安定だという事でしょうからストレスから離れてゆっくり眠る、ってことに尽きると思います

人間身体には治癒力が備わっていて、そのバランスが崩れてしまっているので、待つしか無いんだと思います

  

心理カウンセリングに行くのも、どうでしょうか。

  

他の人も勧めているように瞑想マインドフルネスも良い方法だと思います

一例では、スマホiOSアプリの寝たまんまヨガとかも、無料のお試し版があるので、やってみたらいいと思います

  

気が向いたら、やる、ってスタンスでいいです。

  

人のアドバイス自分に合ったことをやる、自分個性特性を見直す機会と考えてみてください。

頑張るよりは、合うこと、自分に上手く出来ること、好きなことは何かを見つめ直す機会だと捉え直したらいいかと、思います

なので、合わないと思ったら、このアドバイスも上手く行ったら続けて、上手く行かない分からないことは、止めるというのが私のアドバイスです。

  

女同士のセクハラは難しい

学生時代女友達に抱きつかれたり、冗談で胸を揉まれたりスカートめくられたりしたことのある女性も多いことだろう。学校友達同士のこういう光景は珍しくないし、アニメ漫画でもこういったシーンは平和で微笑ましいものとして描写され、特に男性向けの美少女アニメにはほぼ100%登場する。

しかし私はそんな女性からの過剰なスキンシップがどうも苦手だ。

もちろん他人友達同士でやっている分には一向に構わないし、アニメ漫画文句をつける気も更々ない。

ただ、自分がされるのはあまり良い気持ちはしないし、自分友達にそういったことは出来ないしやりたくもない。

私がこの「女→女セクハラ問題」について考えるきっかけとなった人物がいる。大学とある女性先輩である

ある日私が大学内を一人でブラブラと歩いていると、突然背後からかにガッと胸を掴まれた。私がびっくりして振り返ると「おっ、E(カップ)くらい?」とにこやかな表情で笑いかける部活女性先輩(以下M先輩とする)。突然の出来事に多少戸惑いつつも「凄~い!よく分かりますね~!」などと適当な返しをする私。

自分で書いていて思うが、わざわざ事細かに描写するのも馬鹿馬鹿しい、実に「よくある」光景である

この出来事において私がまず引っ掛かったのは「M先輩と私は大して仲良くもない」ということである。このとき私とM先輩とは知り合ってから日も浅く、当たり障りのない会話くらいしかたこともなかった。その程度の仲でこういった行為ができることにまず驚いたのだ。

M先輩は私と仲が良いつもりだった、あるいは仲良くなりたかったのかもしれないし、いずれにせよ彼女なりのスキンシップだったのだろう。

だが、仲良くなるためのスキンシップ、あるいは仲良し同士のスキンシップとしてもこれは少々危険ではなかろうか。

この一件でM先輩がまず私にしてきたことは「後ろから胸を掴む」である

まず 後ろから、つまり誰か認識できない状態で突然こんなことをされたら相手が誰であれ怖い。正直「チカン!」と悲鳴を上げられ突き飛ばされても文句は言えない。実際ひどいビビりの私は心臓が止まるかと思った。

また身体的特徴は本人にとってコンプレックスである可能だって高い。胸なんて最も分かりやすい例で、小さくて悩んでいる人もいれば 反対に大きくて変に目立つ・太って見えると悩んでいる人もいる。幸い私は胸に関してのみ言えば 自分のもの特に不満はない。M先輩は、私にはコンプレックスがないと思ってやったのかもしれないし、実際ないのは確かだが、そんなことは結果論にすぎない。しかし恐らくはそんなことまるで何も考えずにやったのだろう。そもそもコンプレックスがあろうとなかろうと、いきなり触られてサイズを外で言われれば愉快ではない。

ここでM先輩の人物像について言及したい。彼女簡単に言うと「体育会系」の人間で、上下関係にうるさく、男勝りで、かなりハッキリと感情表現をする人だった。

またM先輩は女性にしてはかなりの長身かつショートカットボーイッシュ雰囲気も相まって、特に部内の女性からイケメン」扱い、例えるなら宝塚男役スターのような扱いをされていた。

M先輩自身もその扱いに満更でもなかったからなのか、「可愛い女の子が好き」などとよく言っており、私を含む女性陣にハグをする・頬にキスをするなどといったボディタッチをしていた。一応補足しておくが、M先輩には彼氏がおり、同性愛者というわけではない。

そんな彼女からスキンシップは、少なくとも女性陣の間では「王子からサービス♥️嬉しい♥️」という空気があった。

私はM先輩からこのスキンシップを受けるたび「も~やめてくださいよ~(笑)」というような態度を取るしかなく、結局最後までこういった行為は止まらなかった。

客観的に見れば「嫌ならはっきり本人にそう言えばいいじゃん」と思うだろう。しかし実際この立場に立ってみると、それがなかなか難しい。

私はスキンシップが苦手なだけであってM先輩のこと自体別に嫌いなわけではなかった。M先輩も私のことを恐らく後輩として気に入って、そういう風に接していたのだろう。

そんな彼女に「実はあのスキンシップ嫌なんですよね」と言うのは結構勇気がいる。M先輩は話せば分かってくれたかもしれないが、彼女を傷付けてしまうかもしれないし、以前のような接し方をお互いにできなくなってしま不安があった。

また、私以外の人が彼女スキンシップをどう思っていたのかは分からない。

しかし私が感じた限りでは、当時の部内では、M先輩からスキンシップは喜ぶべきで、下手に「やめてください」などと言えば、こっちが「好意的なノリを拒否してM先輩を傷つけた」悪者になりかねない雰囲気だった。

男性に同じことをされたら、(少なくとも大学内では)どんなイケメンの人気者だろうと躊躇なくやめろと言えるし、周りもこちらの味方になってくれるだろうに、相手が女だからということでそれが難しくなる。

結局この一件以降も私はM先輩と特別仲良くなることはなく、彼女卒業し私も部活を辞めた今、私と彼女の接点はほぼないのだが、未だに部内では「イケメン王子様のM先輩」という風潮が残っており、私はこのことを愚痴ることもできず モヤモヤしたものを感じている。

セクハラは何も男女間特有のものだけでなく女同士でも存在し、それ故に悩ましい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん