「短編」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 短編とは

2017-11-22

20代までに結婚という記事タイトルに釣られ過ぎなはてな民

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.e-aidem.com/ch/listen/entry/2017/11/22/110000

そこばかり食いついて記事自体は読んでないだろというのがちらほら

山内マリコは「かわいい結婚」だけ読んだことがある

その中に「地方で仲良く育った2人の女子高卒で片方は上京、もう片方は地方に残る」と言う展開の短編があったけど

最終的に残った方はクソ男と出来婚してお先真っ暗、東京に行った方は社畜生活過労死寸前

と言うどちらも身も蓋も救いもない終わり方をしていた記憶

少なくともはてな民が大好きな「東京天国地方地獄」と言う話でも

「さっさと結婚した女は天国独身女は地獄」って話でもなかったな

2017-11-18

あと2日

Amazon.co.jp: 【50%OFF多数】早川書房 海外SFセール(11/20まで): Kindleストア

https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5387278051

いくつか買いましたがまだほしいかなという気がしてます

オススメを教えてください

・割引されていて

・読みやすもの

ブコメトラバの中から3冊くらい選びたいです

お願いしま

なおSF最近まり読んでません

今回のセールで買ったのはヴォネガット3冊と

・紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SFシリーズ)

ケン リュウ, 古沢 嘉通

・死の鳥 (ハヤカワ文庫SF)

ハーラン エリスン, 伊藤 典夫

あなたの人生の物語

テッド チャン, 浅倉久志

・ゴッド・ガン (ハヤカワ文庫SF)

バリントンベイリー, 大森 望, 中村

ハヤカワ文庫SF総解説2000 (早川書房)

早川書房編集部

です

総解説を読み始めましたがまだスペオペ全盛時代の方です

短編ばかりなのは長編だと挫折するんじゃないかという懸念からです

ただオススメしていただいたもの長編であろうと読みやすものならばためしてみたいです

「おまえそんなのも知らないのかよ」ってくらいの基本的なのも読んでません

この機会に試したいとも思ってますのでよかったらよろしくご教授ください


追記

伝道の書に捧げる薔薇 (ハヤカワ文庫SF) Kindle版

ロジャー ゼラズニイ (著),‎ 浅倉久志峯岸久 (翻訳)

いきなりおもしろそうなのでもう買いました。ありがとうございます

2017-11-17

anond:20171116220817

140文字作り話とか胸がスットするコピペとかがそのショートショート役割果たしている。

ショートショートすらも今の時代では長すぎるんだよ。

流動食しか食えなくなった現代若者からすれば、数十頁の短編なんてのは帯に短し襷に長しだ。

anond:20171116220817

来ないよ。スマホゲーで例えると、チュートリアルしてガチャして終わりって感じだもん。

コラボとか流行ってるのは、新キャラ覚えるのが面倒っていう面倒くさがりへの配慮


真面目な話、ショートショートが楽しめるのならば、もっと大がかりな小説を読むのだと思う。

自身、星さんには多大な敬意を払っているので決してショートショートを貶めているわけではないのは察してくれ。

ショートショート入り口であって、ハシヤスメ(BiSH関連のツイートした影響か、変換がカタカナになった)であって、それだけを極めるにはコンテンツが足りていない。

かといって、コンテンツがあったからといって、ショートショートしか読まないという層が定着するものか。

おそらく活字での話を元増田はしているのだと思っていたがそうでもないのか。

とにかく、コスパで言えば、小説しろ漫画しろ、設定やキャラクターを飲み込むのに多大なコストが掛かるわけだ。

既に出来上がった世界で単作を紡ぐ(連作や番外編などの)短編集や4コマ漫画と、新規ショートショートを比べてみなはれ。

知ってる世界4コマとか二次創作とか読んでる方が楽だし安心だよね?

世界に入り込むための、コスト度外視しているとそういう発想も出てくるのだろう。

だが、そこのコストを惜しむ層が居るからこそ、ショートショートよりも、当たり障りのない(誰が書いていても構わない)ブログだの、ニュースだのにブクマが集まるわけで。

ショートショートもいわゆるテンプレ(エヌ氏とかエフ博士とか)を投入すれば、設定やらなんや理解するコストは減少するかもしれない。

だが、あれってそもそも星新一ワールドに関して言えば)SFの基礎を知っているからこそっていうのも多い。

ああ、そういう意味で、多(他)ジャンルショートショート流行るって言ってるわけか。

それこそ、二次創作のページ数少ない本っぽいなあ。

いや、二次創作を貶めているわけではないのはご理解いただきたい。

要するに、コスパで言ったら、長編マラソンとか周回数の多いF1とかインディ

ショートショートは、短距離走とかゼロヨン

書くにも読むにもコスパが悪いのはショートショート

↑これだけ覚えて帰ってください!

2017-11-16

[]11月15日

○朝食:なし

○昼食:助六寿司(美味なり)

○夕食:雑穀米弁当チキンときのこが入ったサラダ

○間食:みかんゼリーみかん

アンケート結果

トゥーヒューマンに決定です!

えいえい!

調子

はややー。

2日も休んでたので、割と色々溜まってて大変だった。

けど、まだ本調子じゃなかったので、適度に手を抜きつつ頑張った。

明日新人さんの歓迎会だったんだけど、さすがにこの調子飲み会に参加するのはしんどいので、キャンセルをしてもらったりとかが一番大変だった。

なんか、そういうの苦手なんだよね。

帰ってきたら、なんとなくゲームより読書の気分だったので、久々に本を読んでいた。

あるキャラ推理披露するんだけど、それを別のキャラ否定されて、否定されっぱなしで終わるという

「え? じゃあ?」とぽかーんとする終わり方が続く連作短編集。

オチはまあある意味予定調和なのかもだけど、この狂おしい予定調和が恐ろしくて怖いお話だった。

単行本を積んだまま文庫を買ったけど、面白かったので、さっさと読んでおけばよかった。


Xbox360

○トゥーヒューマン

インストールしただけ、明日から始めます

3DS

ポケとる

日替わり系をこなしたあと、レックウザレベルMAXを25までクリア

2017-11-15

椎名うみの「崖際のワルツ」がすごすぎるから読んで。

不登校の生徒に恐ろしいまでの勘違いな熱意で指導に執着する先生が本当に怖かった。同級生先生のその様子を「殺人事件捜査してるみたいですね」というセリフが見事にその狂気をいいあらわしていると思う。

実際いると思う、こういう先生

他の短編もどれも心理のえぐり方が尋常じゃない。超おすすめです。

[]山田胡瓜「AIの遺電子」全8巻

ヒューマノイド(脳を完全に機械で模した人間)を治療する人間のお医者さんと、その助手ヒューマノイドナース?が主人公

AIとは、超高度AIができたら人間との違いはどうなるとか子供どうするとかそういう感じの

ブラックジャックっぽいオムニバス形式短編

対談読んで、うーんそれほど絶賛されるほどか?前読んだとき短編の質は低くて微妙だったけど・・・と思いつつ読んでみた

やっぱり地味だった

人によると思うけど、一般的めっちゃ面白いかって言われるとそうじゃないと思う

短編から読めたけど、長編だとちょっと読むのしんどくなる感じ

あと単行本じゃなくて週一連載で読むくらいがちょうどいい感じ

基本問題提起するけど投げっぱなしでモヤることが多い

医者さんのスタンスも、BJほど強い何かを持ってる感じもなく、淡々としてる感じ

まあ簡単に答えが出せるような問題じゃないってのもあるんだろうけど

いろんな題材があったのは面白かったけど、あくまでふんわりって感じでドラスティックゴリゴリリガリ何かしら動きがなかったから、エンタメとしては物足りなかった

続編が始まったらしいからまあ気が向いたら読んでみるか

うーんでも残念ながら自分の中にはあんまりひっかからない漫画だった

ヒューマノイド人間がつきあったら、とかおなじ運動大会に出たらとか、いろいろテーマ面白くはあったけど

あーあとキリコににたライバル医師も出てきてワロタ

キリコほど悪!って感じもないしだから主人公医者もそんなに対立はしてなかったけど

2017-11-13

石山修武磯崎新

石山修武磯崎新論は、ボルヘス注釈のみで構成した架空小説のようなものなんだ。

きっとこのまま書かれることもない。

以前にすこし書いたボツになった序文磯崎新論についての論だけが残されるんだ。

世田谷日記3255-3256

"「作家論・磯崎新」を仲々本格的にやり始めないのかの、要するに、これは誰一人聞く者もいないはずの弁明である"

この直後に磯崎新鈴木博之が持っていた記憶力につなげてボルヘスが出てきている。

しろロジェ・グルニエ短編沈黙」に近いか

あれは自分が書く予定の小説について色々な名作小説の部分部分をあげながら夢想する小説だった。

「この私が書きたいのは、むしろ新しい『感情教育』なのである

2017-11-11

アンドロイドは電気羊の夢を見るか勧める奴は信用しない

面白くないもん。

アシモフ短編レベルの話をうすーくうすーく引き伸ばしてるだけだもの

あれを読む時間があったらその時間攻殻機動隊映画を何度も見返したほうがいいよ。

「あの時代にあれを書けたのが凄いんですよ」なんて話を新入りにして何の意味があるの?

今読んで面白いものを紹介するのが大事でしょ。

自分意志時代を少しずつ遡って、そしてふとした時に「この時代にもうここまで考えが進んでいたのか!」ってなるから面白いんだよ。

それを他人ネタバレしても面白くないよ。

よくあるエゴイズムだ。

人に作品を勧める時は、とりわけ新入りにとって何が良い入口となるかを選ぶときは、自分がなぜその作品を勧めたいと思ったのかをキチンと整理すべきだ。

そしてそれが単なる自分エゴの押しつけになってないかを精査しなければいけない。

基本的なことだからちゃんと守れよな。

2017-11-10

anond:20171110160854

ダンジョン飯←120%作者の妄想でできていておままごとに付き合わされてる気分になる

そ、それはファンタジー全部そうでは?

特にゲームリプレイっぽいからそう思うのかな

ヴィンランド・サガ独りよがり道徳観の押し付けがひどい

超わかる!!!

しかもその道徳押し付けの為に不自然な展開や行動有るのがねえ

かぐや様は告らせたい←全く話が進展せずおんなじことをうだうだうだうだうだうだうだやってるのがイラつく

ちょっとずつ進んでるんやで

Dr.STONE←作者のお気に入りキャラによる実質異世界転生俺TUEEEEEEE漫画ヒル魔よりひどくなってる

まあ気持ちはわかるけどちゃんと蛭魔主人公にしたのは偉いと思うよ

前作は脇役の蛭魔主人公化して酷かった

それでも町は廻っているうまいこと落としてやっただろドヤ顔が透けて見えてうざい、加えて糞最終回

超~~~~~~~わかる!!!

あの作者のスコシフシギ回やスコシフシギ短編は作者の自己満足しか感じられねーわ 

ドヤ顔の強さの割りに全然面白くないんだもん


聞いたものだけどありがとう

やっぱ詳しく言語化されると読み応え有ったわ

2017-11-07

anond:20171107160831

澁澤龍彦のねむり姫とか?

ストーリーがあるものが好きならおすすめはしないけど短編集だよ。

あと稲垣足穂とか。物語ではないけど寺山修司幻想図書館おもしろかったな。

2017-11-06

第1話や第2話が読み切りより劣化してる連載作品

たまに(4回に1回ほど)あるよね。

読み切りのほうが勢いがあった

・話がスッキリしてた

キャラに好感が持てた

ストーリー目的がハッキリしていた

・絵にセンスがあった

主人公達に共感できた

・敵に魅力があった

・設定に矛盾が少なかった

・読後感が良かった

色々なパターンがあるけど一言で言うと劣化してるにになる作品がちょくちょく(4回に1回ほど)あるよね。

不思議だ。

読み切りになかった3話目以降で急に化けの皮が剥がれるのなら理解できる。

そういう事はある。

読み切りは言ってしまえば短編作品から、さもその後壮大な話が始まるかのような短編を書く技術に秀でているが連載には向かない人材が発掘されることはあるだろう。

しか分からんのは、読み切りで一度なぞった話をもう一度なぞって(しかもその間に何度も編集者と話し合って)いるのに前よりつまらなくなっているパターンが時折(4回に1回ほど)発生していることだ。

ごくごくまれに(20回に1回ほど)なら分かるんだけど、そこそこの確率(4回に1回ほど)でこの現象が起きるのは不思議だ。

編集者がよっぽど無能なのだろうか。

それとも1話書くのに使える時間の違いが如実に出ているということなんだろうか。

anond:20171106153615

短編集も読んでみるといいよ~。

先生っぽい人も出て来るし。

ハッピーエンドでは……全然無いよw


先生には何かしらの理想投影されていそうだよね。

anond:20171106144512

「汚したくない」って明かしてくれたって言ってたけど、フォスが自分勝手に思い込んだだけ、とも捉えられるしね。

現時点ではもうあまり覚えていないというか気にしていないけど。

作者の短編集を見る限り、わかりやすハッピーエンドとかは無さそうだよね。

今月号見るのが怖い…。

もう誰もいなくならないでほしい。


学校先生なんだ!でも仕事はエディトリアルデザイナーだったよね。

2017-10-30

[]「爆弾娘リゼッタの野望」(PC向けフリーゲーム

ジャンル

短編爆弾体当たりアクションRPG

RPGつくーる系列ゲームはなんとなく抵抗がある、というかめんどくさいイメージなんだけど、

そんな自分でも楽しめるゲーム

ストーリーはあってなきがごとしで、なんでも爆発する究極の爆弾場所を数世代にわたっておいもとめてきた爆弾魔の一族最後末裔女の子が、最終的にある村にそれがあるということをつきとめたところから始まる

そんでひたすら村人、タル、木箱とかを爆破しながら究極の爆弾のありかを探す

10分くらいで終わるらしい

でも自分10分だと終わらなかった・・・

つーかまだクリアしてない


もともと3時間ゲーム作る企画で作ったもので公開にあたって演出とかを手加えたとだけあって、ゲーム自体はかなりシンプル

進め方としては、

ムラの中、家の中を歩き回ってタルや木箱、村人を体当たりで爆破しまくりながらレベルアップ

ボスを倒してエリア移動を繰り返す

って感じ

ボス倒すときだけドラクエみたいなバトルになる

だもんで

箱が連続で配置されてるのを連続で爆破していくのとか楽しい

すぴーど調整できないのが不便と思ったらちゃんとできたし

コンボボーナスとかもあって、一定時間経験値upしたりするし

かといってナメてすすめてもボス倒せなくてあっけなく死ぬから、そこそこちゃんと村人、家の中を破壊しとかないといけない

製作者のページには戦闘簡単っつってるけど、選択肢少なくて深いこと考えなくていいってだけで、レベル差って意味ではかなりエグくてむずいよ!!)

イース6を土曜からやってたけどバグで進行不能になってがっかりしてたからさくっとできるのを「フリー アクションRPG」で探して出てきたのをやってみたけどほんとフリゲでもクオリティ高いよなあ

ボリューム時間って意味でもフリゲが今の自分にはちょうどいいのかもしんない

2017-10-29

https://anond.hatelabo.jp/20171029195521

大企業で数年に1回しか作品発表しないって

ディズニーピクサーのことをそう思ってるなら大間違い

映画後日談なんかを30分アニメにしてバリバリ稼いでるよ

リトル・マーメイド」なら映画TVアニメ 1992年-1994年にかけて全31

カーズ」なら1・2の映画短編アニメ14話ほど

ディズニーチャンネル専用特番ハロウィンクリスマス特番等)やってるし

増田はもうちょっとモノを知ったほうがよいのでは

2017-10-15

3巻以内完結のおすすめマンガ (2017)

http://anond.hatelabo.jp/20151017231411

の3つ目です。

順不同で、試し読みがあったものリンク貼ってます

関根美有傑作選 はびこる愛(1巻完結)

http://uguilab.com/publish/2016habikoruai/

同人誌ベース活躍されていた作家関根美有さんの傑作選。

力の抜けたタッチ作品の中に、1作品に少なくとも1つ、はっとさせられる言葉が込められています

言葉で言っても陳腐化してしまうので、とにかく試し読みしてみて欲しいです。

同作者の「青エリと白エリ」シリーズもとても良いです。

四ツ谷十三新世界遭難実験(1巻完結?)

https://comic.mag-garden.co.jp/yotsuya13/

発明天才四ツ谷十三によって未知の惑星に飛ばされた主人公一行のサバイバル漂流記。

十三えげつない仕打ちテンポの良さと、惑星で現れる生物たちの造形に対する必要以上のこだわりが素晴らしいです。

1巻時点で第1部完となっており、第二部再開の目処が立っていないようなのですが、個人的には度胸星預言者ピッピと並んで続きを切望している作品です。

ミッドナイトブルー(1巻完結)

http://shodensha.tameshiyo.me/9784396766870

装丁が気になって手に取った作品タイトルの通り、前ページが濃い青色印刷されていました。

短編集で、表題作も素晴らしいですが、個人的お気に入りは「白い糸」という短編

大学時代から好意を持っていたものの、ずっと飄々と躱され続けた女の先輩に、5年ぶりに再会した男の話です。

この先輩のキャラが最高でして、、

カフェでカフィを(1巻完結)

http://www.shueisha-cr.co.jp/CGI/book/detail.cgi/1246/

普通カフェオフィス、道端、はては風呂まで、様々な場所コーヒーを飲む人たちにフォーカスを当てた連作集。

もともとこういった線が好みではあるのですが、カメラワークの巧みさ、会話のテンポの良さが素晴らしいです。

特に風呂コーヒーを飲む夫婦を描いた「カフェ・ド・バスルーム」は、現実夫婦を見ているような生々しさがあってとても良かったです。

久々に「うまいな~」と唸らされた作品でした。

・神の獣(1巻完結)

http://sokuyomi.jp/product/kaminokemo_001/CO/1/

一部でシン・ゴジラ元ネタになったのでは?と言われていますが、その真偽が気にならないくら純粋面白い作品

古代から復活した大怪獣オーガに、人類科学の粋を集めて戦う様が1冊を通して描かれ、読み終わったときにはそれこそ映画1本読み終わった時のような充実感があります

以前はプレミア価格がついていて手に入りづらかったようなのですが、現在電子版が安価配信されているので是非。

リピートアフターミー(2巻完結)

http://sokuyomi.jp/product/ripihtoafu_001/CO/1/

滅茶苦茶にあらすじが書きづらいのですが、単純に言うと善行を積むことが趣味女子高生コンビニ強盗が一緒にタイムリープし、同じ1日を10回繰り返して悲劇回避を目指す話です。

帯に「タイムリープジェットコースターミステリー」とありますがまさにその通りで、複雑で緻密なタイムリープ物語を、スピード感を保ちながら全2巻のページを余すこと無く使い切って物語を描ききっています。(そのため、あとがきカバー裏に書かれてたりします。)

・変身!(3巻完結)

http://comic-walker.com/viewer/?tw=2&dlcl=ja&cid=KDCW_EB01000015010001_68

無機物以外になら何にでも変身することができる少年と、その同級生少女とのボーイ・ミーツ・ガール

何者でもない思春期の悶絶感を、何にでもなれる少年を通して描き出しています主人公バッタに変身して童貞卒業することから性の葛藤描写したり)。

何より、作者のポップな絵が物語テンポを与えていて、画として単純に楽しむこともできます

・15で少女は、あれになる。(1巻完結)

http://matogrosso.jp/15desyojo/02.html

地球外生命体と戦うため、左手生物兵器を埋められた少女たちの恋心を描くオムニバス

まずタイトルが良い。設定は奇抜ですが、それが思春期の繊細な感情を描くのにとても効果的に使われています

もっと色んなケースの話を読んでみたかったです。

また、気が向いたら書いてみようと思います

2017-10-03

[]宇仁田ゆみ「トリドリ恋歌」

いろんな年代カップルのやりとりとか、彼女をとられた男の話とかの短編

面白くなくはなかったけどインパクトもなくてふつうだった

記憶にも残らない

幼稚園のころからの幼馴染で足の大きさにドキッとする思春期女の子とか

宇仁田ゆみ平常運転って感じで特別面白い漫画ではなかった

あとは基本女ガワから目線比重が大きかったから、男が読むと違和感もあっていまいちノれなかった

2017-10-01

3ヶ月ありきでアニメ化するなら短編作品しろって話。

9月も終わり、今期もまた完結までたどり着かず終わってる投げっぱなしアニメが多かったわけだが、

恋と嘘」「実力至上主義」「ゲーマーズ」「ナナマルサンバツ」「異世界スマホ」「最遊記」この辺は特に酷かった。

完結どころか一区切りもついてない。消化不良もいいとこだ。

絶園のテンペスト」みたいに完結してから全部アニメ化しろとは言わんが、つまみ食いの度が過ぎてないかね。

10週で打ち切られるジャンプ漫画だってもう少し纏まりって物がある。

しか打ち切りではなく「最初からそこまでしか作らない」予定なのがタチ悪い。

「実力至上主義」なんて、原作が6巻でまだ序盤の空気なのに、その半分までしかやらんとか、もう何考えてアニメ化しようと思ったのかすら判らん

ナイツ&マジック」にせよ「メイドインアビス」にせよ、悪役だしといて倒すとこまでやらないし。

物語ありきではなく、「3ヶ月で描ける所まで」という3ヶ月ありきのアニメ化だった。

13話で無理矢理アニオリエンドにするよりはマシだが、13話で描ききれないなら15話でも20話でも作るべきじゃないのか。本当にその作品アニメ化したいなら。

映画と違って、「長くても3時間以上は無理」って縛りがあるわけでもないんだから

どうしても13話でしか作れないなら、短編作品アニメ化しろよ。

大長編中途半端なところまでやるんじゃなくて。

ラノベだって1冊ずつで区切りつけてる作品なんて普通にあるし、マンガだったらなおさら沢山あるだろ1~5冊程度で完結してるやつ。

区切りつかねえと判ってる連載中の大長編アニメ化なんてすんな。

2017-09-30

https://anond.hatelabo.jp/20170930175918

≫とにかく下敷きになる世界観がよくわからない

90年代00年代同人小説のアタマで始めちゃったのでやはり内に篭った感じになってます

せめてキャラクター共感できる要素をと考えてます

  

読み切り的な短編が2,3続いた後に連作の流れに

過去短編小説幾つか書いたことがあっていけるかなって調子乗っちゃいました

取り合えず今は突き進むのみです

https://anond.hatelabo.jp/20170930180030

マンガ修行の例としてよくいわれるやつだけど、オチである短編を何作か描いてみるといいのでは

anond:20170930091504

キャラクター的な書き分けは出来てて、役割もわかりやすポジションに置かれてるので会話劇としてはわかりやすい。キャラクター設定としてのオリジナルさはあまり感じない。

とは言え読んだ感じとしては、描きたいであろう物語は割りと嫌いじゃ無さそうな気がするので、初見でもわかる導入をまず考えて欲しいかな、と。

とにかく下敷きになる世界観がよくわからない。メガロポリスから現代劇?会話で出て来るアイテム表現亜人いるかファンタジー風?

そこがすんなり入ってこないから読み進めるのに違和感を感じてしまう。

現代風の世界観ならそれはそれで最初に強く提示して欲しい。絵でもいいし難しければナレーションでもいい。

あと、書きたいトコロがどこなのか?最初の段階でそれが伝わってくるインパクトのあるストーリー提示して欲しい。

読み切り的な短編が2,3続いた後に連作の流れに作ってもらったほうが読み進めやすいと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん