「万歳」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 万歳とは

2018-06-16

都会最高

たった数千円でアイドルレベルの女に抜いてもらえる

これが地方だとわざわざ繁華街ソープに繰り出して、三万から五万くらい払わんといけない

サービス多様性供給過多による価格の低下でこれが実現できてる

こんな国日本くらいなもんだろ

日本万歳

東京万歳

日本死ねとか言ってるやつ東京来て一発抜いて落ち着け

2018-06-15

ネットトイレ落書き」ってあたか名言みたいに扱われてるけど突っ込みどころ万歳だな

ネットと違ってトイレには落書きしたらダメなのに

2018-06-13

新潟県知事選で花角新知事陣営デマ攻撃! 選対幹部が「文春砲池田候補下半身スキャンダル」と嘘を拡散 http://lite-ra.com/2018/06/post-4064.html @litera_webさんから

新潟県知事選は激戦の末、自公推薦の元国交官僚の花角英世氏が野党5党推薦の池田千賀子元県議らを破って初当選を果たした。しかしその裏で、花角陣営は勝つためにはなりふり構わぬ選挙戦を展開、公職選挙法違反の疑いさえ浮上しかねない事態が起こっていた。

 その"実行犯”は、花角氏の支援団体県民信頼度ナンバーワンの県政を実現する会」の長谷川克弥・代表代行投開票日の4日前の6月6日自民党支部が三條市で開いた緊急議員会議記者を前に、「(週刊)文春」(文藝春秋)が池田氏の下半身話の記事選挙後に出すというデマ情報を流し、翌7日の地元紙・三條新聞が「文春が選挙後にまたの話も」と銘打って次のように報道したのだ。

「実現する会の長谷川代表代行は情勢を交えながら支援要請。(中略)『(相手候補のことで)文春が選挙後に出るようだ。また、下半身の話だ。そんなことになったら、また選挙になるではないか』など、危機感や不満をぶちまけるように話し、『花角さんをぜひ新潟県知事にして頂きたい』と重ねて求めた」

 この記事は、つまり池田氏の下半身スキャンダル記事選挙後に掲載される。花角陣営ナンバー2の長谷川代表代行は、その“極秘情報”を知りうる立場にあり、だからこそ池田当選後の再選挙リスクを避けるために花角氏支持を訴えた」と読める。しかも「自民党の選対会議で花角選対幹部記者の前で発言した内容がウソのはずがない」と誰もが考えるだろう。

 しか長谷川氏の発言は、事実無根デマだった。池田氏の選挙事務所に問い合わせると、「文春から下半身ネタに関する事実関係の問い合わせはない」と答え、文春関係者も「企画会議でそんなネタは通っていないし、記者も動いていない」と記事掲載の予定を否定した。そもそも「文春が選挙後に出す」ということ自体も奇妙千万な話で、報道関係者の多くはその信憑性を疑っていた。

 2016年都知事選落選した鳥越俊太郎氏のスキャンダル報道を見ても分かるように、メディア事実関係に自信を持った場合選挙期間中であっても記事を出す。有権者への判断材料提供にもなるし、公職選挙法違反にもならないからだ。

 公選法ではあくまで虚偽(ウソ)の情報選挙期間中に流すことが禁じられているだけであって、投票行動に影響を与える内容であっても事実であれば罰せられることはない。しかし、選挙期間中にデマ(虚偽情報)を流布すれば、選挙違反となる。長谷川氏が、辞任に追い込まれ米山隆一知事女性問題記事を出した「(週刊)文春」の名前を出して「下半身の話だ」と断定、選挙後の掲載と再選挙リスク示唆すれば、少なからぬ人が「事実」と信じ込んで花角氏支持(投票)へと傾く要因になる可能性は免れない。

 公職選挙法には「当選を得させない目的をもって公職候補者又は公職候補者となろうとする者に関し虚偽の事項を公にし、又は事実をゆがめて公にした者」に対して4年以下の懲役、または100万円以下の罰金に処するとある。選対幹部長谷川氏は、この公職選挙法違反に該当する可能性すらあるのだ。

 投開票日(10日)の22時すぎ、筆者は当確が出て万歳を終えた花角氏の囲み取材で、三條新聞記事を示しながら「長谷川代表代行が『文春(の記事)に相手候補下半身ネタが出る』ということを話して三條新聞にも報道されているが、これは虚偽のデマを広める公職選挙法違反に当たると考えないのか」と聞くと、「(長谷川氏の発言掲載した)三條新聞は拝見していない。事実関係承知していない」と答えた。

 そこで「日大アメフト部のように『選挙違反をしても当選する』という考えですか」とも聞くと、花角氏は「選挙違反かどうかは分かりません。事実関係確認させてください」と調査約束した。

 また、同じホテル内の会場にいてテレビ局取材を終えた長谷川氏を直撃して「記者の前で話をしてデマが広まった。選挙違反ではないか」と問い質すと、「週刊文春から聞いた話ではなく、ネット上のツイッターに書かれていた噂を基に話した。噂を広めるつもりはなかった。僕の言葉をそのまま載せていない。三條新聞に抗議する」と答えた。

 しかし、選対会議報道陣に公開して記者が聞いている中で話をすれば、記事を読む人に広まる可能性があることは、誰が考えてもすぐに分かることだ。「広めるつもりはなかった」と長谷川氏が流布の意図否定しても、デマが広まる環境下で話をしたことは紛れもない事実なのだ

 池田候補誹謗中傷する事実無根デマは他にもあった。池田氏があたか過去に「拉致問題創作だ」と主張していたかのようなデマネット上で拡散されたのだ。

 〈「池田ちかこ 新潟知事候補北朝鮮拉致創作された事件』(1997年論文より)」〉

新潟知事選挙出馬した池田ちか子は1997年に「北朝鮮拉致創作された事件」と主張する論文を発表した「人間のクズである

〈「北朝鮮拉致創作された事件」なんて主張した論文月刊社会民主1997年7月号)まで出した社民党の #池田ちかこが新潟県知事になったら〉

 選挙戦が始まって以降、こんなデマツイート投稿されはじめ、右派系の評論家や元自民党衆議院議員なども拡散していた。

 しかし、池田氏はそんな論文は一切書いておらず、まったく別の人物が書いた記事の中に、そういう記述が出てくるだけだった。元拉致被害者家族会事務局長で元東電社員蓮池透氏も8日、池田支援集会でこれを否定し次のように訴えた。

「向こうの陣営をたぶん応援する人だと思うのですが、とんでもないデマフェイクを流しているのです。池田千賀子さんは『拉致問題創作だ』と言った、と。そんなバカなこと、誰が言うのですか。地元ですよ、池田さんは。旦那さんはうちの弟と同級生ですよ。そんなふざけたことを言うわけがないんです。これはもう私は、法的にも問題だと私は思います

 だが、このデマはその後も変わらず、投票日まで、あたか事実のように拡散され続けた。こちらは花角陣営が直接関わっているかどうかはわからないが、「法的にも問題」(蓮池氏)であることには変わりなく、場合によっては、同じく公職選挙法違反となる可能性は十分にあるだろう。

 そして、前述したように、“文春の下半身スキャンダルデマについては、知事ポストを得た花角陣営ナンバー2である選対幹部がかかわっていた。こうしたデマ攻撃が罰せられずに放置されるのならば、新潟県公職選挙法適用されない無法地帯と化していると言っても過言ではない。と同時に「法治国家」の屋台骨も揺るがすことにもなる。安倍自民党支援した候補選挙違反をしてもお咎めなしとなれば、権力者とその仲間たちの無法行為が免責される独裁国家に等しいといえるからだ。

 今回、新聞記事掲載された「選対幹部実名デマ発言」という動かぬ証拠がある。もしこれが立件されれば、長谷川逮捕や花角新知事辞任の事態もありうるだろう。「事実関係確認する」と当確直後に述べた花角氏の初会見は知事就任後の見通しだが、選対幹部選挙違反をどう釈明するのかが注目される。

横田 一,)

 

https://farm2.static.flickr.com/1746/27901011437_51e265ec5c.jpg

新潟県知事選で花角新知事陣営デマ攻撃! 選対幹部が「文春砲池田候補下半身スキャンダル」と嘘を拡散 http://lite-ra.com/2018/06/post-4064.html @litera_webさんから

新潟県知事選は激戦の末、自公推薦の元国交官僚の花角英世氏が野党5党推薦の池田千賀子元県議らを破って初当選を果たした。しかしその裏で、花角陣営は勝つためにはなりふり構わぬ選挙戦を展開、公職選挙法違反の疑いさえ浮上しかねない事態が起こっていた。

 その"実行犯”は、花角氏の支援団体県民信頼度ナンバーワンの県政を実現する会」の長谷川克弥・代表代行投開票日の4日前の6月6日自民党支部が三條市で開いた緊急議員会議記者を前に、「(週刊)文春」(文藝春秋)が池田氏の下半身話の記事選挙後に出すというデマ情報を流し、翌7日の地元紙・三條新聞が「文春が選挙後にまたの話も」と銘打って次のように報道したのだ。

「実現する会の長谷川代表代行は情勢を交えながら支援要請。(中略)『(相手候補のことで)文春が選挙後に出るようだ。また、下半身の話だ。そんなことになったら、また選挙になるではないか』など、危機感や不満をぶちまけるように話し、『花角さんをぜひ新潟県知事にして頂きたい』と重ねて求めた」

 この記事は、つまり池田氏の下半身スキャンダル記事選挙後に掲載される。花角陣営ナンバー2の長谷川代表代行は、その“極秘情報”を知りうる立場にあり、だからこそ池田当選後の再選挙リスクを避けるために花角氏支持を訴えた」と読める。しかも「自民党の選対会議で花角選対幹部記者の前で発言した内容がウソのはずがない」と誰もが考えるだろう。

 しか長谷川氏の発言は、事実無根デマだった。池田氏の選挙事務所に問い合わせると、「文春から下半身ネタに関する事実関係の問い合わせはない」と答え、文春関係者も「企画会議でそんなネタは通っていないし、記者も動いていない」と記事掲載の予定を否定した。そもそも「文春が選挙後に出す」ということ自体も奇妙千万な話で、報道関係者の多くはその信憑性を疑っていた。

 2016年都知事選落選した鳥越俊太郎氏のスキャンダル報道を見ても分かるように、メディア事実関係に自信を持った場合選挙期間中であっても記事を出す。有権者への判断材料提供にもなるし、公職選挙法違反にもならないからだ。

 公選法ではあくまで虚偽(ウソ)の情報選挙期間中に流すことが禁じられているだけであって、投票行動に影響を与える内容であっても事実であれば罰せられることはない。しかし、選挙期間中にデマ(虚偽情報)を流布すれば、選挙違反となる。長谷川氏が、辞任に追い込まれ米山隆一知事女性問題記事を出した「(週刊)文春」の名前を出して「下半身の話だ」と断定、選挙後の掲載と再選挙リスク示唆すれば、少なからぬ人が「事実」と信じ込んで花角氏支持(投票)へと傾く要因になる可能性は免れない。

 公職選挙法には「当選を得させない目的をもって公職候補者又は公職候補者となろうとする者に関し虚偽の事項を公にし、又は事実をゆがめて公にした者」に対して4年以下の懲役、または100万円以下の罰金に処するとある。選対幹部長谷川氏は、この公職選挙法違反に該当する可能性すらあるのだ。

 投開票日(10日)の22時すぎ、筆者は当確が出て万歳を終えた花角氏の囲み取材で、三條新聞記事を示しながら「長谷川代表代行が『文春(の記事)に相手候補下半身ネタが出る』ということを話して三條新聞にも報道されているが、これは虚偽のデマを広める公職選挙法違反に当たると考えないのか」と聞くと、「(長谷川氏の発言掲載した)三條新聞は拝見していない。事実関係承知していない」と答えた。

 そこで「日大アメフト部のように『選挙違反をしても当選する』という考えですか」とも聞くと、花角氏は「選挙違反かどうかは分かりません。事実関係確認させてください」と調査約束した。

 また、同じホテル内の会場にいてテレビ局取材を終えた長谷川氏を直撃して「記者の前で話をしてデマが広まった。選挙違反ではないか」と問い質すと、「週刊文春から聞いた話ではなく、ネット上のツイッターに書かれていた噂を基に話した。噂を広めるつもりはなかった。僕の言葉をそのまま載せていない。三條新聞に抗議する」と答えた。

 しかし、選対会議報道陣に公開して記者が聞いている中で話をすれば、記事を読む人に広まる可能性があることは、誰が考えてもすぐに分かることだ。「広めるつもりはなかった」と長谷川氏が流布の意図否定しても、デマが広まる環境下で話をしたことは紛れもない事実なのだ

 池田候補誹謗中傷する事実無根デマは他にもあった。池田氏があたか過去に「拉致問題創作だ」と主張していたかのようなデマネット上で拡散されたのだ。

 〈「池田ちかこ 新潟知事候補北朝鮮拉致創作された事件』(1997年論文より)」〉

新潟知事選挙出馬した池田ちか子は1997年に「北朝鮮拉致創作された事件」と主張する論文を発表した「人間のクズである

〈「北朝鮮拉致創作された事件」なんて主張した論文月刊社会民主1997年7月号)まで出した社民党の #池田ちかこが新潟県知事になったら〉

 選挙戦が始まって以降、こんなデマツイート投稿されはじめ、右派系の評論家や元自民党衆議院議員なども拡散していた。

 しかし、池田氏はそんな論文は一切書いておらず、まったく別の人物が書いた記事の中に、そういう記述が出てくるだけだった。元拉致被害者家族会事務局長で元東電社員蓮池透氏も8日、池田支援集会でこれを否定し次のように訴えた。

「向こうの陣営をたぶん応援する人だと思うのですが、とんでもないデマフェイクを流しているのです。池田千賀子さんは『拉致問題創作だ』と言った、と。そんなバカなこと、誰が言うのですか。地元ですよ、池田さんは。旦那さんはうちの弟と同級生ですよ。そんなふざけたことを言うわけがないんです。これはもう私は、法的にも問題だと私は思います

 だが、このデマはその後も変わらず、投票日まで、あたか事実のように拡散され続けた。こちらは花角陣営が直接関わっているかどうかはわからないが、「法的にも問題」(蓮池氏)であることには変わりなく、場合によっては、同じく公職選挙法違反となる可能性は十分にあるだろう。

 そして、前述したように、“文春の下半身スキャンダルデマについては、知事ポストを得た花角陣営ナンバー2である選対幹部がかかわっていた。こうしたデマ攻撃が罰せられずに放置されるのならば、新潟県公職選挙法適用されない無法地帯と化していると言っても過言ではない。と同時に「法治国家」の屋台骨も揺るがすことにもなる。安倍自民党支援した候補選挙違反をしてもお咎めなしとなれば、権力者とその仲間たちの無法行為が免責される独裁国家に等しいといえるからだ。

 今回、新聞記事掲載された「選対幹部実名デマ発言」という動かぬ証拠がある。もしこれが立件されれば、長谷川逮捕や花角新知事辞任の事態もありうるだろう。「事実関係確認する」と当確直後に述べた花角氏の初会見は知事就任後の見通しだが、選対幹部選挙違反をどう釈明するのかが注目される。

横田 一,)

 

https://farm2.static.flickr.com/1746/27901011437_51e265ec5c.jpg

新潟県知事選で花角新知事陣営デマ攻撃! 選対幹部が「文春砲池田候補下半身スキャンダル」と嘘を拡散 http://lite-ra.com/2018/06/post-4064.html @litera_webさんから

2018-06-09

愛国心て結局なんなの

愛国的な歌詞がいいとか悪いとかいうけどさ

そもそもその愛国心ってもんがぜんぜんよくわからん

みんなわかるの?

いや、そりゃさ、素朴な地元愛や愛着みたいなもんは自分にもあるよ。

たとえば生まれた県や地域から、有名な人が出たらなんか嬉しいし

逆にバカにされてたら悔しい。

同じように日本人がすごい賞とりました世界的な発見しましたっていわれたら

へーすごいな、よかったじゃんてなるし

他の関係ない国の人が受賞しても同じ感覚にはならない。


でも日の丸がどうとか日出ずる国がどうとか天皇万歳とか君が代がどうとかになると

もうぜんぜんわからん

なんでそんな抽象的なとこに行くの?

あんたのその素朴な愛着日本という国が平和だったからだ」というならそれはわかるけど

それは自分でも政治に興味をもって、愛する風景を守ろうという気持ちにはなっても

国歌サイコー日の丸大好きなんて気持ちにはならんのだよね、正直。

からゆずの言ってることも前々前世の人の言ってることもよくわからない。

旗ぺら一枚に愛を集約してもらうと助かる人がいて

そう仕向けられてるだけなんじゃないの?

個人的に、生まれたところへの愛で思い出すのは

通ってた小学校に、いちめん田んぼけがみえる窓があって

その窓から見た、収穫時期に窓枠いっぱいの黄金色の稲が風に揺れてる風景だし

今すんでる箇所に愛を感じた瞬間でいうなら、

商店街のばあちゃんがやってる酒屋さんが、

子連れクーラーボックスいっぱいに飲み物を詰めてあげてて

子どもがとても楽しそうにこれからどこにいくのか何をするのかばちゃんに話してたとき風景だ。

そういうものを愛している、というなら、それはわかる。

2018-06-02

資本主義と女は相性が良い?

就職が決まりそうだ。

とても、景気状況が良いだとかアベノミクスのお陰だとか言えるものではない。

実力とも言えない。

ただ、決まりそうだ。決まらなくても、まぁいいかというノリになってる。

何かあっても、まぁどうにかなるだろうというように考えている。

ただ、大学院に行きたい気持ちがある。

現在金利を見ると恐ろしいほど低い。

個人的な推測だけども、社会が生み出せる利潤が低下しているからではないかという気がしてならない。

そんな中で高プロやらという賃金抑制政策企業政府は結託して行い、無理やり利潤を生み出して資本主義体制延命しようとしているのではないか

とか諸々考えると、親が現状は金があるし働くのもバカらしくなってくる。

大学院でも行って末期状態資本主義を観察したかったりする。

そんな自分が思うのは、女は割と資本主義と相性が良いのではないかということだ。

何となくフェミニズムっぽい人の話を聞いても、何だかんだ消費主義万歳だったりする。

母親は妹の成人式のために300万円の振袖を買おうと画策している。

外を歩く女子大生の話が聞こえてくることがあるが、消費と男の話、あとはバラエティの話だ。

教育ローンを抱えている人間も少なくなさそうなのに、深刻に考えないのだろうか。

男を選べる立場で、性的肯定される現状なら消費社会万歳資本主義万歳なのかもしれない。

ゾンバルトかいう人が資本主義の発展には恋愛があったとか言ってるし。

匿名ダイアリー資本主義批判的なものを書いても、女っぽい感じの人を中心に何も興味を示さないのも特徴だろう。

普段育児やら恋愛で吹き上がっているが、資本主義批判的なものへ行き着かない。

例外がいないわけではない。

ただあまり見かけない。

多くの女は資本主義と相性が良いのだろうか。

2018-05-29

anond:20180529215537

ネット情報戦がどんだけ有効かだわ

在特会とかネトウヨとか自衛隊暴言とかああいうのも単独では効果が薄くても一定勢力が凶暴なことをすれば

普通の日本人ビビッて外では右翼を装う

企業役人不正だらけだから秘密投票と建前上の選挙も疑わしい

恐怖支配万歳

2018-05-26

BB弾を拾った思い出

ときどき甥っ子の世話を頼まれる。そうすると公園に遊びに行く。

公園ではかけっこしたり鉄棒して見せたりするのだが、ご承知の通りおれはすぐバテる。

そこで最近昆虫どんぐりBB弾を採らせておけば楽できることを発見した。農耕採集民族万歳

集めたBB弾をいただいて(持たされて)見ていると、かつての記憶が蘇ってくる。

BB弾にも色々種類がある。欠けていると値打ちは半減。でも一応持って帰る。

イエローオーソドックスで、あまりまれない。色がついていると価値が高くて、赤は緑よりも珍しかった。透明のやつなんかは一等価値があった。

これがブクマの星と一緒だと気づいた。

なんだ、おれは本質的には5歳児の頃からなんも変わってなかったのだ。

嬉しいような、そうでもないような、ノスタルジック土曜日

2018-05-23

瞑想先生最近ネタに手を出し始めているようで

バッドニュースに対して「日本万歳」的なコメbotするって芸風なんだけど

瞑想しろだの野菜食えだのいってた人が

なにも考えずに揶揄していくスタイルとるっていうのが

いよいよこの人もいろいろ諦めたんだなって思わさられる

通知を即削除するアプリ

通知を表示した直後にその通知を削除するアプリを見かける事がある。

例えばCryptofolioなどだ。

すぐに削除されるせいで何の通知が来たのか分からない時が多い。

ピロリ♪」という通知音が鳴ったことがだけは分かる。

何の通知か分からないのに音だけ鳴らして何がしたいんだ。

自分の予想だが、これはアクティブユーザー数を保ちつつアンインストールもさせない為のテクニックではないだろうか。

何のアプリか分からず通知が来たということだけ気づいた時、ユーザーは「何の通知だったんだろう」と思いつつインストールされたアプリを見回る。

その中でCryptofolioのアプリバッジが付いてることを知る。

何のバッジか分からないユーザーはとりあえずアプリを起動。

万歳ユーザーアクティブユーザーになったよ。

という感じ。

これによって当然アクティブユーザー数は稼げるし、くだらない宣伝の通知だったとしても「Cryptofolioウザい、アンインストール!」とはならない。

だってCryptofolioが送ったか断定できないし。

もちろん本当に何かを知らせたい時は即座に削除してはいけないが、ことアクティブユーザー数を上げるためのただのくだらない宣伝にはこの方法はなかなか効果を発揮するのではないか

以上、アプリ提供から目線

ユーザーとしてはただただ死んで欲しい。

ブコメスター詐欺は働きうる

Step1. 自分の本意ではないが、スターが付くような内容のコメントを書く。

Step2. スターがたくさん集まる。

Step3. こっそりと自分寄りのコメントに書き換える。

Step4. 大抵のユーザースターを付けた後に見返さないので、詐欺成功する。

安倍批判コメスターを付けたつもりでも、安倍万歳コメに変わっていることはあり得る。

2018-05-22

anond:20180522174259

へけ。作る方は材料費が安いので有機EL万歳なのだ

液晶ディスプレイと同じ値段で売れるなら液晶ディスプレイ作るのやめちゃうのだ。

知らんけど

2018-05-21

[]映画レディ・プレイヤー1をどう解釈すればいいのかわからない

アンチ会社人間オタク万歳映画を見ていると思っていたら、リア充万歳オタク現実を見ろエンドになっていた。何を言っているのか(ry

えってかマジで何あれ?

ラスト主人公運営方針はいくらなんでも傲慢すぎない?

自分は莫大な富と恋人を手に入れたからいいかもしれないけどさ、それがない人達はどうすればいいのよ?

あの世界の社会どん底不況にもはや抵抗することを諦めた社会なんでしょ?

その人々がゲームに逃げるしかない元凶不況をどうにかしたわけでもないのに、自分幸せになったからってみんなの逃げ場を奪う行為じゃないのかそれは?

???

正直このエンドはそのまま受け取っていいのかもわからない。

劇中の鍵を探す下りのように、何かひねくれたイースターエッグが隠されてるんじゃないかとすら思う。

だってラスト結論はあまりにもわざとらしいくらいに「オタクが嫌う説教」そのものだったんだもの

その説教を言った最後のハリデーが一体どういう存在なのかというのも何か秘密を匂わせていったしね。

うーん痛快オタク映画を期待して行っただけに(そしてそのハードルには完璧に答えていたがために)余計にもやもやが残る……

2018-05-20

あるパロディ漫画家の憂鬱

※これはフィクションです。














その漫画家は、イラついていた。

ネタがない。

正確に言えばネタがないわけではない。使えないのだ。

風刺したい、あるいはオマージュしたいテーマはそれなりにある。

しかし、自分の好みであるネットミーム揶揄は、悪意の第三者から私人侮辱するとは何事か」と物言いがつく。

オマージュにしたって、まず最近著作権が小うるさい。最近だと約十万歳の某悪魔に纏わるトラブルなど、その面倒臭さの代表例ともいえる事件だ。

自身だってネットカルト的人気を誇るパペットキャラクターイラストを公表したところ、悪意など表面上は欠片も見えないにも拘わらず元の作者(?)からクレームが入り、下げたくない頭を下げる羽目になってしまった。

それにそもそも、際どいパロディは概ね編集からボツを食らう。そして面白いパロディは大体際どい。

PC画面に、真っ白のハコが縦に四つ並ぶ。いや本当は真っ白ではいけないのだ。

苛立ちと焦燥感ばかり募る。締め切りまで時間がない。

少し旬を過ぎたが、淫行最近解雇された壮年アイドルはどうか。あるいはアメフトの件。あるいは例のあの殺人事件は?

いやどれも明確な被害者がいるため、どうせ不謹慎だと担当が許さない。

8万円のシャンパンタワーを皮肉るのはどうか。これはいけそうな気がするとネームを描いてみる。

描いては消し、描いては消し……

だめだ。面白く描こうとするとどうしてもディスり芸になり、角が立つ。

途方に暮れる。

こうしていたって埒が明かないと、気晴らしやネタ探しを兼ねてネットの海を漂ってみることにする。

そうしているうちに、既に知っているネタでも頭の中でうまい具合に整理できて、使えるものになるかもしれない。

スタイラスマウスに持ち替え、まずは yahoo ニュース、つぎに5chのニュース速報、と思いつくままにリンクを辿っていく。

そうやって十分、二十分と経ち、そのうち話題になっている事象に対する巷の反応が気になり、ツイッター上の様々な呟きを閲覧するようになっていた、そのときだった。

あるウェブメディアデスク肩書がある男のアカウント、彼の最新のツイートに目が留まった。話題にしているのは自分漫画である

絵が苦手。

まずそう書いてあった。続けて、より詳しく、作風のものもそうだが、特に「目」に嫌悪感を抱くとも。

そして極めつけは、締めの一文である。そのような苦手意識に対する共感意思表示を促すような、そんな問いかけがなされていた。

初めは戸惑いだった。そして、次第に、わな、わな、と、怒りが込み上げてきた。

なんだこれは。俺が毎日どういう苦労をしてどれだけ悩んで漫画を描いているのか知ってんのか。何年かけてこの画風、目の表現を身に付けたと思ってる。アレか? 逆張りか? 同人上がりのカジュアル漫画家が気楽にチャチャッと描いたように見える作品モドキがこれだけのムーブメントを巻き起こしている、そのことが気に食わなくてこんなことを言ってんのか? 大体、俺が他人ディスるのをこれだけ我慢しているのに、よくもこいつはこんな好き勝手他人コンテンツを苦手だの怖いだのいけしゃあしゃあといえるな。ウェブメディアデスクってのはそんなに偉いのか? こんな理不尽があるか。

憤りは沸々と激しく煮立ってゆく。目の前が真っ赤に染まっていくような錯覚

いったいどんな奴がこんな糞みたいなツイートをしているのかと、bioに目をやる。

そして、彼のウェブメディアの発行元の企業名を見て、更に愕然とする。

俺が一緒に仕事をしたところじゃないか

これは仲間殺しだ。それも共感者をまず集め、そいつらと背後から一斉に俺を撃ち殺そうとしている。

怒りは留まることを知らないが、その中で彼はふと、妙案を思いつく。

かつて自分も同様のことをやらかしかけたことが何回かある。そしてその度に担当編集などから怒られてきた。

「嫌い」「苦手」というネガティブ感情をあからさまに言うのは、後で面倒なことになるからウチではタブーなのだ、と。

ましてそれが自社コンテンツスポンサーに係わりそうなことであれば猶更である、とも。

だとしたら、この鼻持ちならない高学歴意識高い系野郎も、この件でこっぴどく怒られて然るべきではないか

そうだ。指摘してやろう。これはあくまで指摘なのだ

社会人かつ公人たるものが、ステークホルダーと少しでも係わりそうなものネガティブにいうのは、然るべき人から怒られるべき愚かな行為なのだ、と。

そしてこの業界は、どこで誰が繋がっているのかわからないのだから

俺は怒られた。オマエも怒られろ。



そして彼はツイートボタンクリックした。

出会い系万歳

職種的にワンシーズンに一回は一週間単位休みができるから全国にセフレ作ってその旅に会いにいってる

東京からでも夜行バス大阪行くの平日なら二千円かからない

Airbnbがあるから一週間の滞在でも二三万程度、その間毎日とっかえひっかえセフレ呼んでセックス三昧

十代から四十代まで味わい放題

コミュ力さえあれば風俗いらずなのが日本という国

自由恋愛の名の下に好きなだけやりまくれる

本当に結婚しなくてよかったわ

2018-05-17

15:56:46.01 ID:sQTKKLhr

   ∧,,∧  ∧,,∧ 脱糞した事忘れたの?

 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧                  無職ネトウヨ

( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )                (`∀´ ) ……

| U (  ´・) (・`  ) と ノ                /l_l\

 u-u (l    ) (   ノu-u                   l l 不景気拡大

     `u-u'. `u-u'  6年前と何も変わってねーな

被災最中ゴルフばっか

増税うぜぇ…  うそつき

      ∧,,∧          安倍総裁万歳!!      ∧,,∧ 無視しろ無視

 ∧∧ (・`  )     在日百済長州こそ日亜侵略! (  ´・) ∧∧

(ω・` ) U  )           \(`∀´)/         (  Uノ( ´・ω) キモいよー…

| U   u-u               l一l            u-u (U  ノ

 u-u ∧,,∧              /品\          ∧,,∧  u-u

    (・ω・`)                          (´・ω・) なんなのあいつ…

    (l  U)市ねよ…                     (U  ノ非正規増大…

2018-05-13

まあ左翼増税無しで高福祉を実現できるような嘘を言うポピュリストなんだけどな



あと気になるのはアナーキズム無政府主義)と(福祉国家)が両立できるかのように主張することな

再分配するにはグローバル企業から税金をぶんどる国家必要なんだけど、ナショナリズムにつながる

から一切排除して思考停止

右翼天皇陛下尊敬しているなら、まず対戦成績を改善してくれよ?

戦前日本には外国軍隊駐屯していなかった。

戦後日本は完全に外国支配下に置かれている。

もう1回アメリカ戦争してリベンジできるのか?

 

日本万歳って吹き上がっても、日本人は完全にアメリカに飼い慣らされてる。

中国韓国朝鮮よりも日本人の知性が上なら、頑張って独立を勝ち取ってみろよ?

(あと1000年ぐらい粘れば何とかなるかも。諦めるな日本人!)

でもパヨクさんの主張はこうやんけ



本当にそれセットで言ってる人が居るなら混乱してるとは思うけど。

(でもいろんな場面で聞いた「敵」の発言合体させた藁人形じゃないの?と疑う。)

その論法論点の裏面としての、

パヨクさんがたの主張って以下のこんな感じだよね。


1

日本は恥ずかしい国、二度と軍隊を持つな。

でも日本を守る米軍撤退せよ。

国防をどうせよと?)


2

労働環境改善して欲しいならパヨク政治運動尖兵となれ。

原発反対戦争反対休日は偉そうなデモ常連爺さんのパシリとなり一日歩け。

なおパヨク活動出来ないワープア自己責任から死ね肉屋応援する豚。

(何故?) 


3

生活保護、老人扶助外国人補助、大事です。

でも弱者男性って何それ?氏ねネトウヨだろ。

(どういう論理?)


4

セクハラ外国人差別断じて許されない犯罪だが

我々のオタク男性への憎悪属性叩きは正当。

お前らに差別問題を扱う資格はない。

ヘイト」は悪だが我々の敵相手になら問題なし。

(「差別問題を扱う資格」とか真顔で言ってるのを今日見てびっくりしました。

 そこに論理的思考力はあるのだろうか。)




つの合体が藁人形だと言うなら1つ1つでも具体的な反論をしてみて欲しい。

(そして4つの合体が藁人形論法だと言うなら元tweetも同じだと思うよ)

2018-05-10

猫が死んだ、飼っていた猫だ、猫は飼われていた。おれは猫を飼っていた。恐らく、地元でも有数の猫を飼う、そういう認識だった。

猫はよく外にでて、ミノという名前を付けていた。カイノミが好きだったからだ。彼女ミノをかわいがっていた。飼ってみたい、そうつぶやく言葉の奥に

どうしようもない寂寥が感じられて、おれはなにも言えなかった。カイノミはメスだった。よく鳴きよく子を為した。よく縁側で寝ては、よく寝ていた。

おれもよく真似をしてはミノに怒られた。臭う・・・らしい。くさいという意味ではない、猫にとってどうしようもない嫌悪のような感情しかった。

ある日は晴れていた。猫はよく見ていた。晴れるという時は大体軒下で、万歳をしていた。猫は柔軟だった。みるにつけ、昔猫を飼っていたことが思い出された。

そっちはオスだった、実家の。そいつはよく鳴いた。喧嘩もした。だいたい俺が泣かされる、そういう関係だった。近所にも猫を飼う家がいた。近所は

飼うというよりも、放し飼いというか、野良を集めて世話をしていたような・・・そんな記憶がある。数匹単位グループ単位で、皿が何枚かあったと

記憶している。それぞれがネコテリトリーのようで、面白かった。カイノミはそのオスネコに似ていた。名前ガッチャマとかそんなたぐいの名前だった、

まり適当な、そんなものであったが、昔はそうだったらしい。

ガッチャマはよくケンカをしていて、オス同士のケンカの声をよく出していた、近所のオス猫は去勢していないらしく獰猛だった、よく自分の子供に腰を

振っていた、これは実際あるらしく、ヤツらにはそういう近親への嫌悪がないようなのだ。性欲に支配された獣だ。人も、おれも・・・

ハプスブルク帝政崩壊100年、今思うこと

ハプスブルク家万歳

ドナウの地に民族合作の一大連帝国を作り出すのだ!

帝国の敗北より百年、WWⅡ共産国家の圧力、我々を襲った幾多の悲劇を乗り越え、

欧州ハプスブルクの、ハプスブルクによる、帝国の為のオーストリーを、今度こそ!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん