「風景」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 風景とは

2021-06-13

anond:20210613162801

30位 ピンク スパイダー / hide with Spread Beaver

この曲をhideの死と切り離して語ることはどうやっても不可能だ。hideの死亡直後にリリースされなければ間違いなくミリオンは売れなかっただろうし、歌詞深読みするなと言われてもこんな見事に寓話調の残酷もの悲しい歌詞から死の匂いを嗅ぎ取らない方がどうかしている。

日本音楽史におけるhideの特異な点は、なんといってもギタリストであったというところだろう。よもやhideボーカルであるとか作詞家作曲家であるとか認識している人はいるまい(全部やっているが)。hideギタリストとして世に出て、ギタリストとしてカリスマに登り詰めた。ギターヒーローなどという、黴臭くも甘美な称号がふさわしい人物は、音楽の形が多様化し細分化された現代日本ではもう現れないだろう。日本最後ギターヒーローは、けれど、死んでしまった。最後から二番目のギターヒーローである布袋寅泰よりも早く、あっけなく、儚く死んでしまった。本曲を中心としたドロップD三部作、そして遺作《HURRY GO ROUND》。よくもまあこんな続けざまに傑作ばかり遺しやがって、ちょっと駄作も混ぜていいから生きていてほしかった、というのが偽らざる本音だ。

29位 友よ / 岡林信康

全共闘まっただなかの1968年リリースされた、日本学生運動代表するプロテストソング。当時、新宿駅ギターを持った若者たちが何千人と集まってこの歌を合唱したという、現在からすると信じられない社会現象もあった。本曲は反体制シンボルとなり、岡林信康公安マークされていたという。

一方で歌詞政治色が薄く普遍性が高い、万人に対しての応援歌であり、活動家以外にもさかんに歌われていたというから、結局プロテストする相手プロテストする意義もうまく見つけられないまま巨大な学園祭として終わってしまった全共闘を良くも悪くも象徴している歌でもある。

28位 神田川 / かぐや姫

全共闘終結の三年後、本曲が爆発的な大ヒットを記録し、日本フォークソング方向性を決定づけてしまった。プロテスト色がなく身のまわりの等身大風景私小説風に歌って同年代共感と支持を集める吉田拓郎南こうせつさだまさし井上陽水らは、社会派フォークシンガーから産業フォークだの四畳半フォークだのとさんざん罵られた。しか歴史と聴衆が選んだのは彼ら産業フォークなのだ。その最大の象徴が本曲である

この大ヒットによって四畳半一間から追放されたプロテストソング精神は、浜田省吾泉谷しげる忌野清志郎といったロック畑のアーティストに細々と受け継がれることになるが、歴史的には「ほぼ死んだ」といっていいだろう。神田川に呑み込まれて消えたのだ。

27位 ビューティフル・ネーム / ゴダイゴ

ゴダイゴ日本音楽史の中においてもそうとう過小評価されているバンドだ。日本ロックバンドとしてはじめて国際的な名声を博したグループなのに、そういった文脈で語られることがとても少ない。おそらく最大のヒット曲二つが『西遊記』のOPEDということで、堺正章孫悟空という強烈なイメージも相まってコミックバンドのような印象を持たれているせいではないだろうか。

しかゴダイゴの真価は《ガンダーラ》でも《モンキーマジック》でもない。《ビューティフル・ネーム》だ。子供のために書いた曲が実際に子供たちに広く受け入れられるというのは確かな実力の証であり、おそらくゴダイゴタケカワユキヒデミッキー吉野名前が忘れ去られた後も、この曲だけは子供たちによって歌い継がれるだろう。

26位 前前前世 / RADWIMPS

劇伴BGMなどの付随音楽は取り上げない、と前文で書いた。この曲は新海誠の直接の依頼で『君の名は。』のために書き下ろされた曲であり、ランキング対象外といえなくもないが、経緯を鑑みればやはりランクインしてしかるべきだろう。

この曲の評価新海誠という才能と不可分なのだが、映画を観ればわかるように、ただ映画の極大ヒットにぶらさがってヒットしただけの曲ではない。曲が映画のために書かれたように、映画もまたこの曲のために作られたのではないかと思えるほど、両者の噛み合いっぷりはすさまじい。『君の名は。』は内容的にも新海誠が痛ましい青春もの作家という殻を打ち破って日本映画覇道ど真ん中を歩み始める転換点となった作品だが、そのブレイクスルーRADWIMPSは確実に貢献しているはずなのだ

25位 YAH YAH YAH / CHAGE and ASKA

正直に言えば、《SAY YES》はチャゲアスとしては普通の曲だ。あんな感じのねっとりしたラブソングは彼らのお家芸、同じような曲をそれまでに何曲も作っていた。ドラマでの挿入のしかたが神がかっていたから売れたに過ぎない。

しかし彼らはそこにあぐらをかかなかった。バラードチャゲアスなんて呼ばれることに反発さえした。元よりファンクハードロック貪欲に取り入れていたチャゲアスは、創作意欲をますます旺盛にしてアルバム制作に取り組み、ジャンルチャゲアスしか言い表せない曲を次々に世に送り出した。その最大の結実が《YAH YAH YAH》だ。恐ろしいのは、これだけの傑作でありながら、当時のチャゲアスにとってはこの曲が「最高到達点」ではなくせいぜい「山脈の一番目立つ峰」に過ぎなかったこである

24位 B-BLUE / BOØWY

この曲によってBOØWYの名は全国に轟いた。多くの少年たちがこの曲を耳にして、かっこいいやつはかっこつけてもいいんだ、というごく当然の真実に気づいた。この曲を源流として広がっていったヴィジュアル系を含む巨大カテゴリは、もはや広範すぎて総括することが不可能に近い。GLAYラルクヴィジュアル系に含めようとすると激怒する層というのが少なからずいるが、そんな論争が起きてしまうこと自体がこの流れの大きさを物語っている。本曲とBOØWYイニシャルが同じであるところからとって「B系」と総称することを提唱したいがどうだろうか。

23位 少年時代 / 井上陽水

井上陽水デビューから現在まで一貫してマニアックな孤高の変態であり続けている。それはちょうど盟友であるタモリ芸能界における唯一無二の立ち位置とよく似ている。基本的には素人受けガン無視密室芸でありながら、そのあふれる才能は密室に留まりきらないため、しかるべきディレクションを与えられると時代流行を超越した普遍的な名作を生み出してしまう。それがこの曲だ。大麻脳内自家栽培しているとしか思えないほどに変態的なあの感性の、どこをどう刺激したらこんな素直で伸びやかな曲が生まれるのだろう。永遠に真新しくも懐かしく、あらゆるジャンル分けを力強く拒否する、スタンダード中のスタンダードである

22位 First Love / 宇多田ヒカル

1998年宇多田ヒカルシングルAutomatic/time will tell》で唐突日本音楽シーンに現れた。ニューヨークで仕込まれた本場アメリカのポップセンスと両親から受け継いだ日本語を美しく響かせる旋律の作り方はデビューからすでに完成形であり、もたらした衝撃はもはや「黒船襲来」というよりも「インデペンデンス・デイ」だった。

四ヶ月後に発売された彼女デビューアルバムタイトルは、爆発的な売り上げをみせた二つの先行シングルのどちらでもなく、本曲からとられた。"First"という単語が入っていることがファーストアルバムとして据わりが良かったという理由はもちろんあるだろうが、やはり宇多田ヒカル本人を含め、本曲が特別であることを関係者一同感じ取っていたのではないだろうか。

21位 M / 浜崎あゆみ

90年代日本で最もCDが売れまくった時代であるが、後半に入るとバブル崩壊を追いかけるようにして、小室ファミリー安室奈美恵SPEEDといった若者たちアイコンは次々に失速していった。そうして訪れた世紀末、それらの需要すべてを総括して受け継ぐモンスターが現れる。浜崎あゆみだ。

彼女を語るときavexという会社への言及を避けることはできない。avex浜崎日本の頂点に押し上げ、浜崎もまたavex業界巨峰へと引き上げた。これを「小室哲哉ぬきで」成し遂げた点も非常に大きい(そうでなかったらavex小室と一緒に沈んでいたはずだ)。彼女自身作詞作曲し、彼女の半身ともいえるavex代表松浦勝人イニシャルを記した本曲は、CD時代最後の巨星を象徴する一字として日本音楽史に刻まれるべきだろう。

20位~:https://anond.hatelabo.jp/20210613162912

2021-06-12

外国番組日本風景って、どの番組見ても「あー外国番組日本風景だなあー。」って思わない?

2021-06-11

弱者男性本質的に救うには男女平等を徹底的に推し進めるしかない

弱者男性論はフェミニズムへのカウンターミラーリングからまれ概念で、だからこそカウンターミラーリング以上の社会的意義を持たないし目的もないというのは正しいと思うし、そのカウンターとしての意義すら見失ってしまった「あてがえ論」や「女性教育社会進出制限」などという時代錯誤意見は論外だと思う。

そういった過激思想を取り除いたとしても弱者男性論は結局の所かわいそうランキング向上運動しかなく、弱者であるから優遇されるべきだ、弱者なんだから強者女性)への攻撃正当化されるといった外部への責任転嫁に終止してしまい、その「成果」を得るためにますますかわいそうランキングを向上しようと自身弱者性をアイデンティティにしてしま矛盾に苛まされることになる。だからこそ、弱者男性論に解決すべきイシューはなく救いようはないという意見反論もわかる。

そうは言ってもフェミニズムという性別による差別に戦ってきた先輩の方法論に学び、弱者男性という階層集団発見され名前がつけられたことは意義があったんじゃないだろうか。名前があることで初めて対象考察できるようになる。弱者男性存在を頑なに認めない人もいるが、課題があることを認めることはそれを即時解決しなければいけないことを意味しないし、ましてや解決していないからと咎められることもない。人間できること・やれることには限界がある。まずは「弱者男性」という概念があることだけでも認識されれば十分な気がする。

そんな非モテ弱者男性を本当に救うのは、あてがえ論や女性社会進出制限など女性の権利を押さえつけることではなく男女平等を実現することではないかと思い至ったので簡単に書き下してみる。この増田では上でも書いたとおり特に非モテフォーカスした非モテ弱者男性論について書くので低収入等については考慮しない。一般弱者男性モテの話が切り離せない理由弱者男性論が女性に向けられる理由も同時に書こうと思う。

男女の所得格差

フェミニズムや反女性差別本丸の一つは間違いなく所得格差だろう。具体的な数字もありわかりやすく、女性社会進出指標としてよくあげられる。実際のところ、正規雇用社員において女性所得男性の75%程度に留まると言われており、男性と同一の労働でありながら女性であるからという理由所得格差がもたらされているとすればそれは差別的と言える。

たとえば、統計的女性20代後半から30代の離職率が高いので女性という属性によって雇用を渋ったり昇進を阻んでいるとしたら、それは犯罪率が高いという理由男性保育士雇用を渋るのと同様に差別的だ。

グラフデータはほしい結論仮定して読むと見誤る。女性所得が低いのは女性差別されているからというのは本当だろうか?女性自体が高い所得を望んでいないとしたら?日本女性幸福度男性幸福度に比べて著しく高い。目的手段を取り違えてはならない。大金を手にすることが目的ではなく幸せに生きることが本質的であり金はそのための手段に過ぎない。日本女性は稼ぐ必要に迫られずとも幸せになれるからそもそも稼ぐ必要がないということはないだろうか?逆に男性は「稼がされていて」それゆえに不幸で、女性労働から解放されていて「稼ぐ必要がない」ゆえに幸福なのではないだろうか?

仮に実際に稼ぎたかったとしても女性は稼ぐ努力をしているだろうか?非モテ弱者男性悲鳴を上げているとき真っ先に投げかけられる「モテ努力をしていないのでは?」「だからモテないんだ」という言葉、そのまま返ってくることは考えなかったのだろうか?まさかキラキラ文系キャンパスライフみたいなことをしてなんの学も積まずそれゆえに「パンプスを履かされる」ような労働しか選択肢がないことを差別などといっているのだろうか?低い職業能力しかいか容姿が問われるような目にあっているというぐらいの想像力もないのだろうか?女性性を求めず、責任に伴って高い給与を与えてくれる仕事なんていくらでもある。

シンプルな話として、そんなに稼ぎたいならなぜ女性理系を選ばないのか?少なくとも稼ぎたい女性であれば実際的に稼げる能力やそういったキャリアパス投資すべきだろう。理系修士博士女性の知人友人なら年収1000万程度かそれ以上も珍しくない。

成果物を求められる仕事成果物こそが全てだ。愛想笑いでは機械は動かない。そういった世界では性別なんてものは些末で、結果を出す人間こそが正義だし高い対価も支払われる。なぜそれを目指さないのか?「稼げる努力をしていないのでは?」「だから稼げないんだ」と言われても仕方ないのではないだろうか?

女性性的客体化

フェミニズムや反女性差別文脈で特徴的な表現女性性的客体化や性的消費というものがある。性的客体化はものすごく簡単にいえば「女性をモノとして扱うこと」「女性主体性を認めないこと」である

女性に限らずだが同じ人間人間として認めずモノのように扱うのはまったくもって不当であるし、そういう風景を見るのも不快に感じる。そして女性がそのような人間的でない、男性の性欲を満たすためのモノ扱いを受けるといったシーンは見たり聞いたりする。そういった加害者と戦うべきだ。書くのも嫌だがいわゆる「ヤリ捨て」といった言葉などにもあるように、モテ強者男性女性をモノのように扱うような話は枚挙にいとまがない。ではフェミニスト女性モテ強者男性と戦っているだろうか?

これはトートロジーではあるがモテ強者男性女性モテるのだ。すなわち、なぜかフェミニスト女性は自らを性的客体化するモテ強者男性攻撃しない。それどころかモテ強者男性に群がっているのだ。つまり女性性的客体化を積極的に支持しているのは女性自身という矛盾が生じる。そしてなぜか女性には触れることも会話することも早々にかなわない非モテ弱者男性攻撃するのである

フェミニズム文脈ではこの性的客体化の不自然適用がしばしば行われる。いわゆる二次元女性に対して「これは女性性的客体として扱っており、そのような表象女性の累積的な抑圧経験の強化につながる」と。たしかにこういった表象男性ATMに例えたり年収評価するようなことを公の場で発言することで直接的な男性経済的客体化・モノ化と同様抑圧的かもしれない。

このような過激な言説は一部の極端なフェミニストの行動であり大半の女性はそのような攻撃的なことは行っていないと思うかもしれない。しかし様々な研究で明らかになっている通り女性男性の上位2割程度にしか魅力を感じず、そして魅力を感じない非モテ弱者男性8割についてはその行動の如何に関わらず不快だと感じる。席替え非モテ弱者男性が隣の席になったからと泣く女性がいた場合加害者はどちらだろうか?

このような非モテ弱者男性積極的排斥しようという女性本能欲求が、相手を求める男性の「正(+)の性欲」に対して相手排斥しようとする女性の「負(-)の性欲」と表現されたことは記憶に新しい。

この負の性欲と「女性不快と思ったら加虐」とされるセクハラ性的消費という概念の組み合わせは非常に強く、何をやっても女性不快と思われかねない非モテ弱者男性女性の気分を少しでも害したらセクハラだと指弾され社会的抹殺されかねない。

女性男性に対して身体的に弱いため男性が近くにいると恐怖を感じるという話と同じように、非モテ弱者男性女性から中傷セクハラ指摘ナイフによっていつ刺されるか常に怯えながら生活しているのだ。悪いことに、暴力を振るえば逮捕は免れないが、セクハラ指摘なら非モテ弱者男性社会的に殺してもなんの罪にも問われない。

これが弱者男性論が非モテと不可分であることの理由であるモテの量は女性感情的加虐からの盾であり、非モテであることは女性から加虐を受けることを直接的に意味する。そしてその意味において現代日本男性ほとんどが弱者男性であり、結婚していても「本当に結婚たかった男」にはなれずATMとして扱われたり旦那デスノート罵倒されたり托卵されたりなど被虐される立場にあるのだ。あてがえ論は女性人権制限するという意味でもまったくもって荒唐無稽であるが、同時に弱者男性の救済にも値しない。

男女平等弱者男性を救う

ここまでだらだらとフェミニストの主張や女性差別について考察してきた。端的にまとめると現代日本では一般的に女性理性的に行動ができず本能を抑えることができない野蛮で怠惰状態にあるということが言えるかと思う。そしてそれが非モテ弱者男性という女性加虐される被差別階級を生み出している。

しかしここで短絡的に「だから女が悪いんだ!女はダメなんだ!」と思った方々は少し落ち着いてほしい。これは上記あくまでごくごく僅かな例から一般化した話であり、女性のすべてがそのように振る舞うということを意味しない。今短絡的に怒りに飲みこまれあなたより遥かに理性的で、高い成果を上げ人類に貢献してきた女性はそれこそ星の数ほどいるだろう。すなわち「女性であること」は「理性が弱く本能を抑えることができない野蛮で怠惰状態」の必要条件でも十分条件でもない。つまり弱者男性論に散見される女性叩きではなにも解決しない。そうではなく、現代日本女性がそのような野蛮で怠惰な振る舞いをしてしまいがちな構造的な問題があると考えるべきだ。

そしてその構造問題を解消できれば、女性理性的主体的になり男性同様本能を抑えられるようになることが期待できる。そしてそれは非モテ弱者男性にとって本質的な救いになりうる。

社会男性本能抑制するように要請することで近年の社会秩序の発展と女性地位向上がなされてきたように、女性本能を理性によって抑制できるようになれば女性による非モテ弱者男性への中傷排斥加虐が抑えられ、何度も訴えられてきた非モテ弱者男性の消耗した自尊感情社会とのつながりの回復も期待できるだろう。

では、女性本能を理性で抑制できず野蛮になってしま構造問題とはなんだろうか?おそらくそれは男女の不平等だろう。

男女平等を推進するには

未だに「女性高学歴だと結婚できない」「男性自分より所得の多い女性結婚したがらない」「女性家事愛嬌」といった女性に対する社会的抑圧は残念ながら存在する。そしてこのような女性教育社会進出を推奨せず結婚して扶養されることこそが幸せだという価値観の押しつけは女性教育社会進出を阻害するだけでなく、そういった過程で培われる理性的思考主体性女性から奪ってしまう。同時に女性に「私は社会から抑圧された」という言い訳を与えてしま努力するモチベーションを失わせて堕落させてしまう。こうして本能のままに弱者男性攻撃排除被害者面をしながら強者男性に媚びを売る怠惰女性構造的に発生してしまう。繰り返すが彼女らにその責任はない。構造問題構造的に解消されるべきだ。

ではこれらの慣習を打破し、男女平等を実現して女性理性的になってもらうにはどうしたらよいだろうか。高度化した現代では教育の水準がある程度強く所得に影響しており、経済的事由によって教育を受けるインセンティブを設定できる。すなわち女性が「稼がねば」と自ら思うような状況を生み出すことで、必然高い教育を受け理性が鍛えられ本能抑制できるようになることが期待できる。

ではどうやったら女性が「稼がねば」と思うようになるだろうか?わかりやすいのは婚姻制度にメスをいれることだ。しばしば「女性婚姻制度で楽をしている」「理解のある彼くん」と批判されるように、女性男性収入依存する構造女性怠惰堕落させ社会進出を阻んでいる。ひいては最初に上げた所得格差などを温存する結果となっている。

そのため女性男性収入依存できないようにし、女性自身必死に「稼がねば」と思うように法律修正するのが効果的なはずだ。たとえば

このように、女性男性収入依存するための多くの法律制度存在する。基本的にこれらの法律修正をしたとしても「一人暮らしが二人」の経済状況とは変わらないため、女性がきちんと社会進出労働し稼げている限りにおいて女性が極端に不利になることもないはずだ。にもかかわらずこれだけ「女性男性収入依存せよ」というシグナルが法律にまで入り込んでいるのはグロテスクに感じる。女性社会的制度によって強く婚姻男性依存して堕落することを動機づけられてしまっているのは異常だし、社会活躍たかった・できたはずの多くの女性にとって悲劇と言えるだろう。フェミニストとしても解決したい課題のはずだと思う。

もちろん女性出産に伴うフォローのための法改正も同時に必要になるだろう。これだけは男性にはどうしようもない。1年間の法定産休・育休と休職間中給与保証などの大胆な支援策もあるべきだと思う。フェミニストのいう結果平等はこういった形で強力に推進されるべきだろう。

出産後に男性経済的支援があるならとパートタイム等の責務の軽い・時間の短い仕事に移ってしま女性も多いと聞くが、上記婚姻制度改革によって男性依存を断ち切ることで改善が期待できる。男性のように「働かなければ・キャリアを失ったら死ぬ」という緊張感があれば成長意欲も刺激されるだろうし離職率も下がって「女性は30代になると離職するから」などという理由採用・昇進を渋られることもなくなっていくだろう。

このような先進的な男女平等の実現・婚姻制度解体によって女性男性同様社会に参画し、男性に求められるよう女性も理性によって本能を抑え他者への加虐性を抑制することで、弱者男性は初めて「弱者男性」としてではなく「弱者」として男女平等な救済の道に進めるだろう。弱者男性本質的な救済は男女平等推し進めることにあるはずなのだ

2021-06-10

「顔ばっか描いてる」←これ何の問題も無い件

イラスト界隈には「顔ばっか描いてる」とか言って他人揶揄する人がたまにいるが、冷静に考えて「顔ばっか描いてる」のは何の問題もない。むしろ正当な練習方法だ。

イラスト漫画を描く場合、最も描く頻度が多いのは顔だし、感情表現等の演出上の重要性が高いのも顔だ。したがって、顔を描く練習をするのは、絵の練習の中で大きなウエイトを占めて当然である。(もちろん、風景画などを練習している場合は別として)

から、「顔ばっか描いてる」と揶揄するのは、将棋をやる人に「詰将棋ばっかやってる」とか、野球をやる人に「ノックばっかやってる」とか言うのと同じくらい意味不明だ。

2021-06-07

日本過程信仰に囚われていた

ちょっと趣味探しでイラスト書こうと思って色々勉強してみて思ったんよ

トレースがズルとか、デッサンしねえでイラストができるわけねえだろとか。

まぁ他人イラストを丸々トレースするのはどうかと思うけど、そういう利用がOK3Dモデルトレースするのって別にいいよな。楽だし。

でもプロ作成風景見てると「そういうのは使ってはいいから、自分らもそうしなきゃいけないんじゃないの?」って思った。

そういう思想に至るのは、子供の頃から黒板の書いてあることをノートとったり、テストで途中式書いたから加点っていうのが原因じゃないか・・・

頑張ったかOK!っていうのはガキの頃までじゃん。

頑張って作ったからいいモノではなく、いいからいいモノなんだよ。

現在仕事しているなら「頑張った」っていう思考は捨てなきゃな。結果が全てよ結果が。

配偶者セレブバイトをさせてあげたい人生だった

例のあれの話題です。表題は嘘です。でもちょっとだけ聞いていってもらってもいいですか。

私は例の氏が言及された「専業主婦」の人たちよりもおそらく一世代ほど若く、主婦にすらなれなかった女です。配偶者収入だけでは都内職場から時間ほどの場所家族で暮らす部屋を借りることすらままなりません。同じ大学を出た男子諸君よりは見劣りする収入で、フルタイム勤務をしています

この増田は、大学文系研究室の中で人々がいかにして研究職を目指し、リタイアしていくかについて思い出話をしたくなって書き始めました。最初に言っておくと、基本的には男女関係なくつらい世界でした。

私は地方から旧帝大文学部に進学しました。3つ4つほど名前を思い浮かべてくれたら多分その中に入っている大学です。教育機会の地方格差は私も身に覚えがあります最初ハードルとして、先生親の期待値が非常に低く、地方から出てまで進学を目指すというのは相当に学力が高くないと選択肢に入らないのです。女子ならなおさらね。模試で毎回良い判定を出して、絶対浪人はしない、行くなら国立約束してようやく許しが出るか出ないかくらいのものです。私たちがそんなことで心を削っている間に東京トップ中高一貫校の子たちは高二の時点で受験範囲の履修を終えているというのだから、当時の焦りとやっかみは結構ものでした。さらにいうと本当の良家の子息は推薦入試を受けるので、私たち試験対策をしている間に別のことで人生経験を豊かにしていたと知るのはもっと後になってからのことでした。

さて進学先の大学では、文学部でも女性学生は3割ほどしかいませんでした。女性教授に至っては3割どころではなく、殆ど男性です。私がついた教授全共闘世代男性でした。

研究室教授王国です。そのことでは男女変わらず苦しい思いをした人が多いでしょう。研究室運営非常勤講師をやりながら博論執筆中のかなり年上の先輩が取り仕切っていました。「学部4年の女は屍」なんて年増扱いされていたのがここで一転、また「若い女の子」に戻ります。それが嬉しいなどと、無邪気に言っている子もいたものでした。

この「若い女の子」が研究室で一人前に扱ってもらうために必要なことはなんでしょうか。答えは簡単で、男の同期よりも頭ひとつ分ほど優秀であれば何の問題ありません。しかし私はそうではありませんでした。結果として、先輩や教授からの信頼と支援はなかなか得られず、大切な時期を自己流の研究活動で浪費してしまいました。男性なら誰もがもっと上手くやっていたとは言いませんが、ボスや先輩が全員「異性」という状態での相談のしにくさをちょっと想像してみてもらえますか。人文系の院に進む人間心臓の小ささも加味してください。私の研究職への志は、この修士の時点でへし折られていたのですが、完全に諦めがつくまでの間はしばらく大学に残る方法を考えていました。

研究室に同性の先輩は修士で1人、博士は0人でした。前の年に修士を出て就職した女性がいましたが、脱走者のような扱いで嘲笑のまとでした。その先輩について彼らの口から私が知り得たのは名前就職先と「顔は悪くなかった」ということだけでした。修士で一緒だった女の先輩は気づけば私が2年になってもまだ修論を書いていて、その後、ひっそりと別の大学研究室転出して行きました。教授は事前の相談がなかったと怒っていましたが、私も卒業後は二度と研究室に足を運んでいません。

研究室の閉塞感は本当にひどいものでした。ひとえに貧しさのせいだったと思います学振が取れて月に20万の給付金をもらえている人は、神に選ばれた人のごとく羨望の的でした。今思えばそれでも年に240万なので、学部卒で一流企業就職した同年代とは雲泥の差です。しかしどれほど貧しくても社会に出るより夢を追いたい、「働いたら負け」という言葉にも本気で励まされながら、友人の結婚式に恥を忍んで一万円札を一枚だけ包んで出席する生活を送っていました(五千円札を二枚足して、二万円だけどお札は三枚という苦しいパターンもありました)。他の先進国と比べて、この辺りのカネは一桁足りていないと思いますが、この先人文系にこれ以上予算が回ってくることはこの国では二度とないのでしょう。

せめて博論まで書き上げれば将来を約束されている世界なら、もっとみんな明るく頑張れたと思います。ほんのひと握りのエースだけは、博論を書き終えるか否かの時期にほとんど収まる場所が決まります海外大に行かせてやり、その間に教授が手を尽くして帰国後のポストを空けておいた、なんて話も聞きました。

ですがそれ以外の人々にとっては、アカポスは「空くのを待つ」ものでした。人文系ポストが新しくできるなんて滅多にないことなので仕方のないことです。自分の専門領域を売り込めるポストが全国のどこかで空くのを待つ。それがいつになるのかは分かりません。空いても既に内々に誰が座る椅子か決まっていることもある。哲学科は50まで待たされる、なんて話もありましたが、実際には三十代後半になっても専任ポストが見つからない場合、その後の見込みは相当厳しいと聞きました。そうなるとその後はずっと非常勤講師塾講師翻訳バイトなどを生業に細々と暮らしていくことになるのでしょう。

苦しさの中には、生活苦だけでなく何者にもなれない苦しみというのもあります。◯◯大常勤講師助教准教授……肩書きのあるなしで地獄風景は一変します。その点でも、ポストが取れるか取れないか不安が心を焼いて、生活の行き詰まりよりも先に精神が参ってしまう人もいました。

そうして35近くまで赤貧にあえぎながら蜘蛛の糸を掴んでみるか、早々に自分能力に見切りをつけて社会に出るか。前者の道を選んで勝負をした人は、たとえそれが好きなことであっても相当に苦しい思いをしたと思います勝負に負けてしまった人がどうなったのかは怖くて想像できません。でも人数としては勝った人より負けた人の方が圧倒的に多いはずです。

ましてや自分女性だったらどうでしょうか。35まで夢を追っていたら、勝っても負けても子供を産むことはほぼ諦めるのが前提になります(晩婚化でこのラインも後退しつつありますが)。詳しく述べませんが保育園入所の条件と研究活動継続はほぼ完全にデッドロック関係にあり、研究を続けながら出産育児をするのは相当に実力と体力と環境に恵まれた人以外無理です。

40過ぎて教授になってから若い奥さんをもらうという可能性がないわけでもない男性とは、この辺りの厳しさの捉え方に違いがあるのではないかと思いますしかしそれは男性からしても一握りのケースだと思うので異論があるかもしれません。私の教授還暦間際で3歳の子がいましたが。また一方で「女は最悪家庭に入ればなんとかなる」という考え方は暗黙のうちに誰の頭の中にも染み付いていて、同じ能力の男女がいたらそのポスト男性につかせてあげたいと思う考え方は間違いなくありました。これは残念ながら現時点ではある程度事実でもあると同時に、別に家庭になんて入るつもりのない、研究一筋で行きたいと考えている女性にとってはとんでもない逆風です。この条件でどれだけの女性勝負に出ようと思えるでしょうか。

ともあれ凡人の私は自分の大して光るもののない能力と、文系修士二年の時点と三十を過ぎてからも残る選択肢を全て検討した結果、大学を去るという選択しました。念のため教員免許も取得しましたが、ちょうど就職市場が売り手に傾いていた頃だったので文系修士でも正規の職を得ることができたのでラッキーだったと思います修士までの六年間は、就活でのささやか肩書きとして一応の役割を果たし、それきりです。

例の氏はこうした厳しい生存競争文字通り命をかけて勝ち抜いた人であって、おそらくそ過程で敗北していった男性も途中で家庭に入ることで生き延びた女性も見てきたことでしょう。ご自身配偶者を得ることは考えられなかったとおっしゃっていた気がするので、何かと引き換えに夢を叶えたと感じておられるかもしれません。

東京には、とんでもなくいい暮らしをしている人がたくさんいるのは事実です。その中に、高度な専門技能を持っておきながら主婦バイト生活をしている人も実際いるでしょう(氏が例に挙げた同時通訳者は働いているのでなんであれ専業主婦には当たらないと思いますが)。ただそれは現代東京に限ったことではなく、前世から存在する富裕層典型的なあり方のひとつしかありません。詳しく知りたい方はウェブレンの『有閑階級理論』でもご参照ください。余った富の一部は昔から配偶者の閑暇という形で発揮されるものなのです。女だから主婦になれるから楽でいいよなではないのです。そういう意味で、氏が「セレブバイト」の女性のありかたではなくそれを妻とする男性に対して勝ち負けの視線を投げかけるのは社会の捉え方としては極めて正しいのです。氏の発言女性蔑視であるとの指摘もありますが、蔑視どころか視界に、勝負土俵上に入っていないというのが実際のところではないでしょうか。それは今の社会がそうだからであって、特段の悪意や蒙昧がそうさせるわけではないのだと理解しています

一方で、だからこそ氏のような学術的な場で活躍される方にはどうか「ジェンダー論は置いておくとして」の置いておかれた方の中で苦しみ、うんざりして、何かあればすぐに怒り出したくなるほど忸怩たる思いを抱えている人が本当はたくさんいるんだということも知ってもらえたら良いのになと思うのです。これは私がそっち側に置いて行かれた立場にあるのでそう願い、発言するだけであって、ジェンダー論を置いておいて議論することを許さないという話ではありません。地方格差階級格差の中に男女を問わない問題が多分に含まれているであろうことも分かっているつもりです。

これは思い出話なのでオチはありません。ただ時々、自分地方中産階級の家庭の娘に生まれたことで最初からあるようでなかった様々な選択肢を思い起こす時に感じる胸の苦しさが蘇ってきたので、こうしてお話しさせてもらいました。

2021-06-06

anond:20210606112754

具体例見た方がいいかなと勝手ながら思いまして、北海道の事例から紹介します。

北海道中川郡池田町高島

https://www.google.com/maps/place/%E3%80%92089-3152+%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E9%83%A1%E6%B1%A0%E7%94%B0%E7%94%BA%E9%AB%98%E5%B3%B6/@43.027204,143.4518045,15.94z/data=!4m5!3m4!1s0x5f73a61e07ea74ef:0x60e59d9430a63c31!8m2!3d43.0311808!4d143.4228588

元来は池田町高島市街交差点を通るルートだったが、市街地を外して斜めに突っ切るバイパス造成された。

この結果、高島市街個人商店が若干衰亡した。

石狩市浜益区

https://www.google.com/maps/place/%E6%B5%9C%E7%9B%8A%E6%BC%81%E6%B8%AF%EF%BC%88%E5%B9%8C%E5%9C%B0%E5%8C%BA%EF%BC%89/@43.6493308,141.3534688,1478m/data=!3m1!1e3!4m13!1m7!3m6!1s0x5f0b6e226beeb851:0x449b51d38ead5998!2z5r-D5pi85bed!3b1!8m2!3d43.4890178!4d141.4210628!3m4!1s0x5f0b82628bb2708d:0x73354f317a4fca4e!8m2!3d43.6492319!4d141.3520399

海の事例も見てみよう。

山側により便利なバイパス造成された。

地区を通らなくても良くなったので、幌地区は若干衰亡した。

まとめ

適当に出しただけでこういう場所は無数にある。

北海道ではバイパスができることで市街地車両が通らなくなり、商店街市街衰亡につながることがある。

挙げた二箇所は町の本町ではないか些末な問題だ、そもそも衰亡していたし。と言い切ることもできるかもしれない(もちろん当事者たちには大問題だ)。

実は町の本町バイパスができて衰亡するパターンもある。

当然移動には便利だが、道路が変わることで昔ながらの風景生活が変わる効果がある。

バイパス沿いに道の駅ができたり新しい動きもあるんだけどね。

2021-06-05

インターネットでウケをねらおうとして、ちょっと斜に構えた気の利いたこと言って袋叩きにあうインテリおじさん見ると共感性羞恥が出てくる……出てこない?

職場やら研究室やらで同僚相手にやるぶんならオフレコとしてその場でウケるなりスベるなり以上にはならんのに、ちょっと色気出してネットいいねでも貰おうと思ったばかりに総袋叩きされるのかなり悲しい風景だ。バズったって1円も貰えないのにうっかり滑って炎上なんかしたら精神的には大赤字だ。

バズりたがりの分別ついてない若者じゃなくてジジババがそういうことして盛大に滑ってるのまじで見てられない

とにかく金も貰えないのにネットでバズろうとしたらだめだな。若者ならまだ若気の至りで住むけど中高年でそんなんしたら恥でしかない

anond:20210605004712

そういうのは普通フェイクで道路や家から風景にするぞ

そんなバレバレ写真投稿するようなアホなことせんやろう

2021-06-04

コロナコールの作者が怖すぎる

例のコロナコール最初普通に犯罪組織のやつなのかなと思って見てたんだよ。社名伏せられてるし、支払いはアマギフだし、Whois代行されてるし。ちゃんとしたサービスなら最低限でも社名は書くじゃん?


でも実は作者がTwitterリリースを告知してたんだよ。2007年くらいから動いてる、ホント普通アカウントFacebookでも本名で告知されてた。

これ見たときSNSで目立ちたがる異常者かなって思ったんだよ。

例えば犯罪スレスレのことを正当化するタイプのイキリエンジニアとか。プログラミングで儲かる!とか言ってるタイプのね。

あるいはマジで異常な雰囲気が漂ってるやつとか。cheenaがホワイトハッカーになる前の様子みたいなやつを想像してた。

でもすげー普通なんだよ。技術ブログ更新するだけじゃなくて飯とか風景とか自撮りとか上げてる普通SNSおじさん。この件がなかったら悪い人には見えないかもしれない。

本人は善意やばいサイトを立ち上げてるのかとも思ったけど、Webサイト上では運営者の秘匿明らかに気を配ってるところからしてそうでもない気がする。

動機もわからないし普通に見える人がこういうの運営してるの、怖くない?

2021-06-03

anond:20210603125536

どちらが田舎なのかプレゼンし合う、どっちの田舎ショーを開催したら、プレゼンされる地域の人から激怒されそう。

田舎度合いを測るには、人口密度納税額といった定量的側面と、風景観光地の少なさ、交通の不便さといった定性的な側面があるから審査で揉めそう。

2021-05-31

Twitterキャンプクラスター地獄

ゆるキャンとかソロキャン特集とか見て静かな大人の嗜みとしてキャンプに興味を持ち始めたので

日常感を味わうのとキャンプ道具の情報収集のためキャンプ界隈の数人をフォローして様子見てたのだけど

もう酷くて見てらんない


顔出しギャルキャンプ内容そこそこに自撮りや肌(なぜ肌!?)をあげる

それにレスする下ネタ全開の輩

すっとぼけギャル

お近づきになりたいおっさん

お近づきになってるつもりのおっさん

キャンプ内容ではなく顔や肌を褒める同業者

これが互助会さながら同業の顔出しギャルまわりでいいねリツイートされまくるせいで

タイムライン汚し極まれ

こっちは豊かな自然とか地味なキャン風景をみたいのよ

でもそれだと目立たないかハイエナサバンナを追われるんだろうなぁ

2021-05-30

写真かと思ったら実は絵でした!というのを素直に評価できない

別に何ということもない風景中の人物の写真かと思ったら実は絵で描かれていた、とかいうのがあります

もちろんものすごい技術なんですけれど、

もともとこれは写真だ、と思っているときには何の感銘も受けていない作品なのに

実は絵でしたと種明かしをされてびっくりはするけれどその作品のもの評価を上げることはしたくない。

2021-05-29

夢日記 鬱陶しいオッサン

夢の中で、私は小太りの中年白人男性になっていた。そして同じく中年白人男性(妙に痩せていて背が高い)から旅行に誘われていた。

彼の職業探偵で、いちおう私の旧友であるようだった。彼はバリ島に行きたがっていて、乗る飛行機も旅先でのスケジュール勝手に一人で決めてしまっていた。

私は飛行機が大嫌いなので断ったが、彼はしつこいし諦めない。そのうち「ついて来ないなら家から追い出してやる」と、私の母親の声で脅しをかけてきた。

飛行機が墜落する場面を想像した私が、泣いて暴れながら「嫌だ」と喚いても、彼はまったく考えを改めない。

「どうしても連れていくというなら全身麻酔をかけてくれ」と泣きながら乞うても、ウンともスンともいわず、ただバカにしたように笑うだけだった。

飛行機に乗りたくない一心で、彼を振り払って逃げ出し、深夜のターミナル駅に逃げ込んだ。無機質な切り絵のような風景の駅を駆け抜けながら、やっぱり私は陸で死にたいと思った。

おわり。

現実の私は黄色人種三十路手前の女。どちらかといえばやせ型である探偵友達なんぞいない。

anond:20210528170621

VR導入したいけど、どのHMD買えばいいかからなくて躓いている

ゲームがしたいんじゃなくて、焚き火とか風景とかが見たいんだけど…

2021-05-28

anond:20210527221543

同意

「人の作った物をどうしようが購入者勝手」が成り立つのなら、スポーツ選手自分競技風景をどれだけズリネタ動画として消費されようが文句なんか言わなければよい。

ラケット破壊することがOKでズリネタには文句付ける、ならば「用具の製作者は愚弄されてもよくて自分たちは愚弄されてはならない存在だと思っているのですね」「つまりあなた競技用具製作者を自分と対等の人間とは見なしてないのですね」という批判が確かに成り立ってしまう。

「いやいやズリネタOKですよ。所詮スポーツなんて自慰ですし」って言うなら、ラケット破壊する行為にも首尾一貫したものがあると言えるが、少なくともそういう考えを公表するアスリートの話は聞いたことがない。

2021-05-26

台湾アストラゼネカワクチンあげようって話が意味からなすぎる

なんでファイザーじゃないの? モデルナじゃないの?

移民を受け入れて北海道の片田舎に住んでもらったら、田畑再生され、きれいな風景ができあがるだろう」ってのと何も変わらないじゃないですか。ひどすぎるよ。ファイザーワクチン供与すべきだ。

100日後に死ぬワニを真面目に読んでみた

4コマの本道といった感じ。

作者が感じた日常風景をそのままアレンジもなく淡々と書いてゆく。

作者はフィクションだと述べているらしいが、地が出すぎ。

からしてもリア充的な層だし、会話にひねりがない点も生々しい。

最後オチに向かっての躍動のきっかけとして恋愛があるのかと思えば、特に死の予兆当人が噛みしめることなく終了。

山も谷もない点で4コマの本道とした。

これはこれであっていいけど、例えば全く売れてない状態でこの人を目にしたら、まあ作者なりの人生観が出てていいんじゃない? と思ったきり二度と見向きもしないと思う。評価ポイントは「ない」。

大学生日常感そのまま過ぎて自分には共感性がないし、用語も今どきなのでポイントが合わない。

ただやりたいことは伝わってくるという感じ。ある意味インターネット昭和初期に戻ったんだろう。

先日の遠距離恋愛宇宙もの漫画といい、牧歌的でひねりのないもの流行っている。

2021-05-23

anond:20210522095036

なんで吐き出したら楽になると思ったん

そういうとこじゃないん?

他人は良く見えて自分空っぽって感じ 当たり前ちゃうん?

自分の目は他人は見えるけど自分みえんやろ

見えてないものがどうなんかとかわからんやん

自分不器用で生きるのが下手って具体的にどうなん?

他人は上手くやってるように見えんのん

他人は中身が満ちてるように見えてんのん

それで抜け出すってどういうことなん?

自分が見えてもないのに状態がわかってんの?

ハマってるとか進むっていってもどっちにか抜けたら先になにかあるんかとか

ゆうて抜け出すとかハマってるとかそんなん他人言葉借りてるだけやろ

自分わからんのに自分状態とかわかってないんやろ

自分は何が好きなん どうしたいん そんなんわからんのに

自分の今の状態だけ明確に理由があってどういうことなのか情報発信するんはどうなん


自分自分で見えへんのはあたりまえやん

自分の顔みたり髪型整えたりするんはどうしてるん 勘か?

鏡みるやろ普通

他人自分からみたら見えるやろ でも他人かて自分の姿格好は見えてへんやろ

あんたがみたもんを反射して自分がどういうものなのか解るってもんちゃう

お笑い芸人がおったとしてな おもんないギャグでなんでウケへんのやろって

自分ギャグはおもろないんかな って考えたとするやん

そのギャグがおもろいかどうかはお客次第やろ そのお客にどうしたいか自分次第やろ

自分が赤い色が見たいとおもったらどうするん 自分が赤い色を発したら辺り一面赤くなるやろ

お客を笑わせたかったらどうしたらええんや 笑われることしたらええんや

この笑いが腑に落ちて自分記憶思考合致したときにでるもんと 自分絶対正義相手が間違ってたり弱者であることの自己肯定感から来る嘲笑との違いがわかってへん若手も素質のないやつもおるけどな

なんで自分ギャグがうけへんのやろ 自分は赤い風景がみたいのになんで青にしか観客席がひからんのやろ って原因考えたら自分が青にひかっとるからだけなんちゃう

たとえばな

器用に生きてて思い切れてるんいいなってみとるやん

なんで自分にはできんのん

やって失敗したらこいからゆうてんのやろ

じゃあやってみろっていわれて 恐る恐る手をだしてみるけど とどかんから不器用やないわれるんやろ

それもともと手がとどくとおもてやってへんやん

必死に手を伸ばしてとどかんかったら恥ずかしいとか 傷つくとかそんなんでわざとはじめから失敗するの前提でやってんのやろ

それで偶然とどいたりまわりが届かせてくれるようになったらええのにな とかそれだけが希望なんや

ちょっとそれナメすぎちがう? 他人が良い人になってくれるように自分が足りない人間やってる自負でもあるんかい

他人善意評価者かなんかなんか?

自分弱者でなんにもできないから周りの人に助けてと喚く それを聞いて堪えかねて助けてくれる人にお礼をいってなんてありがたいことかと返す

たちのわるいギャグやん 障碍者ネタでウケねらってる芸人みたいなもんやん 赤子かなんかなんか?

スポーツ選手が技をきめて成功したときでる観客の笑みは嘲笑ちゃうやろ それまでの失敗と苦労を笑ってるのとちゃうやろ

今来るべきところが選手にも観客にもわかっててそこに来れたとき自然と出る笑みやろ

その相互理解のために必要なんは失敗はありきで練習もありきでいさせてくれる環境なんちゃう

まずなにより失敗を受け入れる自分自身の在り方がないとまず失敗のひとつもできんやろけどな

失敗するのわかってましたw っていえる自分がそんなにカッコいいんやったらカッコつけ続けたらええがな

器用ってもんはそれで大体わかるんちゃうん?

失敗したときどうすんのか 成功したときどうすんのか 準備できてるってことなちゃうん?

なんでそんな先のことがわかるんやって わからんやろ

わからんけど 何回も繰り返してきたことやったら失敗したとき成功したときパターンあるやろ

なんで毎回はじめてのチャレンジ練習もなしにできたことを評価されなあかんのん

そんなんラッキーマンかなんかやろ 自分の運を常にためしてんのか?

練習を重ねたとしても例外もおきるやろって そりゃおきるやろ

じゃあそのときどうしたらいいかわからんって なんも準備がなかったときどうするかってそれも経験値でなんとかなるやろ

ならんとしても ならんかったときどうするかって自分テンプレがあったらええんちゃう

失敗したときほかの人間はどうしてるん なんか真似したりしたらええんとちゃう

全ての手が失われて想定外ときにはもう呆けてへたりこんだらええがな

人生のなかでそんな状況にあってるんみたことあるか ないやろ

もしあったとしたら めっちゃ貴重やろ その時にできなかったことをするチャンスがくるなんかそんなない事やから

自分がそうなるんはもちろん嫌やけど でもそれを見た誰かがその次の手を考えるきっかけになるんやったら 自分はそこで失敗してもええかなって思う

そういう大切なもんは一個くらいあってもええんとちがうのん

まず失敗してみて失敗の仕方とその次の手を覚えるべきなんちゃうのん

失敗は失敗で終わらせて次をそのもひとつ向こうまですすめたらええやん

その先でまた失敗したらそこまでは失敗やけどその次成功させてもうひとつ進めたらええやろ

なんで連続成功体験でゴールまで無傷でいかんのかな とかおもてんの?

他人はみんな失敗したとこなんかみたことないか普通一度も傷つかずに成功しつづけてゴールしてるとでもおもてんの?

ちょっとそれは失礼すぎやろ 他人コストをかけて売価かけてる売り物みんなぼったくりゆうことになるやん

苦労して失敗やロスがあって その分加味しておゆずりできまっせゆうのが付加価値やろ

自分でやったら原価ゼロやんゆうてるんのおんなじやな じゃああんたの仕事ゼロ円でこっちにしたってくれやって話なるやん

ともかく

①器用に見えるんは準備があるから 準備すんのにはなにを準備したらいいか知らんといかん 知ってできるようになるには失敗せんとわからん

自分を変えるにはまず自分を知らんといかん 自分自分で見えんのやから自分を見てくれる人を探さんといか

そんなとこちゃうの?

とりあえず失敗してもええからってことは失敗が取るに足らんことやと思えんといかんわけやろ

ということはそんなもんが小さいってみえるように 小さいゆうんは相対やから大きい目標もっとったらええんちゃう

その大きな目標が崩れたら傷つくからこわい とかゆうんやったらせんでええがな

せんかったらどうなるかもう充分にわかってんのやろ 傷つかんですむ生活しとんのやろ それがそれでええんやったら続けたらええがな

実際いま完成してる成功体験に満足しとるんやったら何の問題もないやろ

失敗なんて小さい 大きい目標に比べたら なんていらん体験のために不安になったりする必要ないやろ

大きい目標努力とかせんかったらもちろん成功もないけど傷つきもせんから

けど絶対に大きな目標の達成が棚ぼたで寝ててもやってくる可能性はゼロじゃないといったところでほぼゼロから

絶対やらんとならんから

自分がどういう人間かまわりに友達もおるんやからわかるのかもしれけど周りから返ってくる返事で自分自分で知るって話先にしたやん

いま友達がおるしその人がゆうてるしでええんやったらそのままでええがな

ただ自分がどうしてそんなやつなんやろって それ自分がそんなやつやでって返してくるまわりの人間がおるからやろ

そうじゃない君がおるって話をするやつがおらんからそのままでおんのやし どうしたらええのかもわらんのやろ

自分ギャグがウケへんのやったら お客がウケるのにしたらええねん

自分を曲げてまでお客がウケるのしたないゆうんやったら 自分でおれる場所をさがして移動したらええやろ

どこにもないかもしれんけど 一生みつからんかもしれんけど 探しとるやつはいっぱいおるはず

探しとるやつを応援する自分やとか そういう人間に反射する鏡の立場になってないからそんな人らの姿もみえんのやろ

自分が鏡として役に立っとるんは 自分が反応を返しとる相手だけやでな

自分自分わからんとか 自分自分の期待通りの自分じゃないって姿を返してくる環境とか友達とかは そういう鏡やってことやでな

自分をみっともなく蔑んで姿を映してくれる鏡やからこそがんばれるゆうんやったらそれでもええやろし 褒められて伸びるんやったら自分が綺麗にうつる鏡を探すべきやろ

失敗したらどうなるばっかり肯定してできないからしないって断固たる決意だけはできるのに どうなるかわからん未来はどうなるかわからんから不安でできないって意味わからんくないか

なんで失敗したらやばいからできないってことだけ絶対選択できるんや

まあええけどな

じゃあせんかったらええねん

自分で行動しないけど結果がほしいときって もうほかに選択肢ないやろ

他人から簒奪するしかないやん

だって自分成功して手に入れられへんねんで?

じゃあどうやって手に入れるん

あきらめるか もしくは簒奪するかやろ

寄生したりだまし取ったりでもええがな それしか手がないやろ

ニュースにでとる犯罪者ゆうんはみんなそんなんやがな

自分で手に入れられるように訓練して出てくるけど まあまた戻っていくわな

無理なんは無理なんかもな

自分でせん人間には選択肢はもうないでな 自分でせんのやから生産自分でできないの100%確実なんやから

とりあえず失敗して 失敗したっていえる人間がおって 次がんばろうやって言ってもらえたらええんとちがうの

なんで成功しなかったの 不器用だね っていわれる世界を捨てたらええんちがうん

2021-05-21

anond:20210521213750

老い、という表現は合っている感じがする。

変化を恐れ、現状維持を好み、挑戦できず。

美しい夕暮れの風景なら救いがあるけど…

マンボネットルームから出られない

ネカフェメディアカフェポパイ

あそこ、プラン自動切り替えじゃないから「覚悟」がいる。

時間ネカフェに居座るかの「見積もり」を前もって出さなきゃいけない。


これがしんどい

勝手に最適なやつに切り替わってくれよ。

延滞料金めいたやつが高すぎるよ。


3時間かな? って思うと6時間ちゃうし、6時間だけ寝ようって思うと10時間寝てしまう。


から結局常に12時間コース(2400円ちょい)にするしかない。

それ以外で寝過ごすと速攻3000円越えてしまう。


そりゃホテルよりかは安いさ。しかシャワーは別料金だし、ご飯がタダで食べれるわけでもない。


シャワーコース料金に含まれる、もしくは格安、あるいはご飯食べ放題というネカフェはある。


池袋マインスペースはシャワーがとにかく快適。30分~1時間使ってOKだし、天井もふさがった完全な個室が選べる。


新宿マンボネットルーム漫画が一切ないしシャワーコインシャワーだが12時間2000円ちょいでご飯牛丼カレーコロッケ)が食べ放題


ご飯食べ放題って狂気の沙汰だ。僕はあそこを「ブロイラー」と呼んでいる。一度入るともう出る気にならない。そもそもご飯を食べて寝る為に生きているんだから貯金尽きるまでここで暮せばいいんじゃないのかってくらい不満がない。栄養偏って死ぬと思った。


マンボネットルームだけはヤバい。あそこは本当にヤバい

「出る根拠」ってものが見つからない。


ネカフェにずっといても飽きるので「コンビニ行くかー」ってなるじゃん?

でも食べ放題フロアがあると「その前に飯・・」ってなるじゃん。

最上階の食堂フロアへ行って、鍵を渡すと食券がもらえるから、それを持っている間は無限におかわりができる。


まあ、なんとなく最低2杯はご飯食べて、味噌汁も飲んで、コロッケも食べて。最上から新宿の殺風景景色ぼんやり眺めて。


「戻るか」ってなるでしょ。

自室戻るでしょ。


そりゃあんた、寝るでしょ。

もうコンビニとか行かない。起きたら夕方ですよ。


最悪の場合、ここでまた食堂行くから。そしたらもうおしまい

ジ・エンド。


日食って寝てるだけで終了。


から、怖ろしい事に食べ放題「使わない」ってのが一番正解。


「囚われる」


僕それで一週間出られなかったから。


もう牛丼カレー食べない! ぜったい外食する! って覚悟決めて外出ない限り、抜け出せない。


しかもハンパな牛丼チェーンより美味いんだわ、マンボネットルーム牛丼自分いくらもつゆだくにできるんだよ??

もう、美味いっしょそんなの。福神漬けちゃんとあるし。


ああ、今すぐあの殺風景食べ放題フロアに行きたくなってきた。

店員も常に手持ち無沙汰で。二人くらいでずっとだべってて。

客も3人くらいしかいない。


なんなの? あの完璧世界コミュ力低い人間楽園でしょ。

あれで畑仕事とかしたら賃料タダになるとかだったら、畑仕事するし。


宗教施設化できるでしょ、マンボネットルームちょっとなんか足すだけで。

2021-05-20

anond:20210520000331

kings of convenienceMVが好き

特にこの2本

https://www.youtube.com/watch?v=WOxE7IRizjI

https://www.youtube.com/watch?v=aFwZDNsG-Os

別に映像的にはこれといった面白みもないんだけどとにかく風景とか空気とか時間の経過とか

まりにも美しくて美しくてこの数分間に映ってる世界の中で暮らしたすぎて死にそうになる

この人たちの音楽あんまりドラマチックな映像とかなくていいんだなってよくわかるところも好き

かといえばこんなヘンテコなMVもあるとこも好き

https://www.youtube.com/watch?v=OczRpuGKTfY

室内だけどこれも本当に美しい…

行ったこともいたことも持っていたこともないもの場所のはずなのに映っているもへの憧憬郷愁にやられて死にそうになる

https://www.youtube.com/watch?v=c-ppARtcQfo


そもそも風景が美しいMVはい

最近だとソヌジョンアのin the bedが良かった

https://www.youtube.com/watch?v=cl9_Nl2bbgA

これはドラマがあるタイプ

ソヌジョンアのMVは全部良い 

百合を感じたりとかのやつ

https://www.youtube.com/watch?v=x-k8gL_r__U

Khruangbinのこれもなぜか舞台日本風景の美しさとヘンテコとエモの組み合わせでよかった

https://www.youtube.com/watch?v=lo4KMGiy--Y

2021-05-19

anond:20210514143005

少しずれる話題だけど、車輌の陸送(トレーラー電車を運ぶ)に関わる仕事をしています

誘導車で特殊荷物を積んだトレーラー目的地へ連れて行くのが僕の仕事

SNS等で「鉄道 陸送」とか「廃車陸送」で検索して頂くと輸送の様子がわかると思う。

去年から疫病の影響もあって年に数回しか陸送には行ってないが、最近撮影に来た鉄道ファン若者に悪目立ちする人が増えた。

このままじゃ「京阪100年号事故」と同様なケースが起きそうな気がするので、注意喚起反面教師として困った人々を列挙する。

今後このような事はどうかしないで欲しい。

輸送の隊列に車で割り込んで撮影する人

 (もし交通事故起きたらどうするの?)

・道中の工事現場侵入してカメラ構える人

 (不法侵入だよね?怪我したら無関係業者さんへ迷惑かかるよね?)

輸送隊列が通過してるのに無理やり道を横断する人

 (トレーラーが急停車して荷物壊れたらどうするの?スクラップになる車輌でも荷主には大事商品なんですが?)

輸送ルート路駐をして撮影する人

 (全長30m弱のトレーラーから車線変更も大変。もしかして撮れ高欲しさにわざとやってないよね?)

はっきり言おう。

あんまりにも撮影対象への気遣い常識が無さすぎやしませんか?

そして危ないから注意すると逆ギレされる。

この際だからはっきりと言っておこう。

輸送当事者から見れば撮影に来る鉄道ファンは「お客様ではない」んだ。

僕らから見たお客様は荷主なの。

君たちカメラを構えたファンじゃないの。

ファン仕事風景を撮りに来ているのだから仕事邪魔にならない」事をまず第一にしないといけないはず。

この前提条件が見事に崩壊している。

鉄道ファンマナー崩壊」と話題になっているけど、こっちの業界でも本当に酷い人がいるんです。

こうした無法者の影響で、トラブルを避ける為に積荷の電車をシートで覆って撮れ高を消す会社も増えた。

(大型トラックより大きな物体をシートで覆うのですから、その分の手間はかかりますし勿論シートで覆えばファンから心無い言葉罵声大会になる)

勿論、大半のファンの人はこちらの邪魔をしない行動を心掛けてくれています

しかし、どこへ行っても本当に酷い人がいる。

今後も目に余る厄介者には躊躇なく口を出します。

お互いの安全の為です。

本当にファンの方は違法な事や危険な事をしないで欲しい。

どうか冷静に振る舞って欲しい。

事故事件が起きてからでは遅いんだ。

別に自身鉄道ファンの人を敵視しているわけではないし、炎上を望んでもいない。

正直に言うとここ最近行った案件で前述の無作法者が多数来ていて「ここまで酷いのか」と割とショックだったんだ。

からといってSNSで書けば炎上犯人探しとなってしまうから、この匿名場所に書いた次第。

どうかモラルマナーを。

輸送隊列の中の人からお話でした。

2021-05-18

自殺未遂前のことについて①

結局あのあと自殺未遂した。で、自殺未遂のあと結局どうなったかというと、今は学部時代以来に久々に止まっていた時間が動き出したかのようになった。

自殺未遂以前の状態は最悪だった。自殺未遂する以前の数年間は今思っても哀れ以外のなにものでもない。

通っていた病院先生治療方針は、身体的な問題に対するうつ状態へのアプローチだった。睡眠不足睡眠の質が原因、野菜を食べること、運動すること…

私は、謎の原因で毎日毎日つらかった。まず朝起きたくない。起きたら一日が始まってしまうから。さて、起きたらどんな一日が始まるか。自分の出来なさに対する懺悔今日こそは打破するという決心、しかし動かなくなってしまった身体。いや、正確には謎の夢から醒めるところから。夢の典型パターンとしては、謎の義務ルール存在していて、それを私が知らないうちに破ってしまうこと。そして、私には次の仕事があること。朝、目が覚めると、「私はまだあの仕事が終わっていない。起きてはいけない。戻らなきゃいけない‥でも夢なのか。あれは夢なのだから現実のやらなきゃいけないことをやらないと‥」と毎朝朦朧とした意識のなかで目が覚める。目が醒めてもベッドから起きない。かろうじてくだらないまとめサイトには指と脳が動く。そのうちに睡眠欲が私の頭を殴ってきていつの間にか寝てしまう。そしてまた夢を見る。これを3回くらい繰り返すと14時とか15時になっていて、流石に大学に足に運ぶ。日が少しずつ傾き始めている通学路を歩く。コンクリート匂いと鳥の声と木のざわめきがする坂を歩いていく。火照ったからだを冷やすため、あるいは冷えたからだをあたためるために売店飲み物を買う。そして、研究室に向かう。少しでも運動量を増やそうと思ってひんやりとした研究棟の階段を登る。けれど、なんだか貧血がしてくる。階段の踊り場で壁によりかかる。そしてまた、動く決心をして研究室の扉を開く。そして笑顔研究室の仲間に挨拶する。おどけて笑って、研究室の後輩にフランクに話しかけたり、留学生生活上の困ってることを相談されたら、そんなの私がかわりに電話してあげるよ、と言う。そして、まったく働かない頭をデスク前に置いて時間を過ごしていく。そんなイツモドオリの日々。

もう6、7年もこんな生活だ。もうさすがに破綻だろう。だから、1ヶ月まるまる実家でなにもせず過ごしてみたりした。医師の言うことをやってみせた。毎週2、3日は大学温水プールで泳ぐか、ランニングをした。緑黄色野菜も食べた。睡眠も不足にならないように8時間はかならずキープした。でもよくならない。

だれもいない更衣室、塩素匂い、誰かのシャワーの音。どこか遠い場所でのことみたいだった。100メートルも泳げなかった私は1キロメートル泳げるようになっていたころにもそれらの感覚は鈍いままだった。

ランニングするのは嫌いじゃなかったけれど、走っていると思考自分を責めていく。このままではいけない。けれど、そう焦っている事自体がだめだ。リラックスするべきだ。次の計画はどうしよう。まずは健康が先決だ。うつ状態の人はセロトニンが分泌されていないらしい…


学生の間ずっとお金がないので自炊は得意だった。かぼちゃほうれん草トマトキャベツブロッコリー牛肉豚肉鶏肉、鮭、納豆豆腐ヨーグルト。こういったものをよく食べた。家で作ったご飯大学に持っていって食べたりしていた。

でも、もうネットサーフィンくらいしかできないくらいになってしまった。研究はしていたけれど研究風のなにかであって、先生に、もはやタスクレベルに分解してもらって、それをようやくとりかかるもこなすことができない。

普段イツモドオリの私だけれど仲のいい先生たちには徐々に私のくらさを露呈していくようになる。

けれど先生たちはそんな私にも良くしてくれた。どこかイベントに誘ってくれたり、意味のない雑談を何時間もしてくれたり。けれど、良くしようと思ってくれればくれるほどただ苦しいだけだった。

暖かい日差しのもとで、木々木漏れ日が湖畔を彩っていた。そんな素晴らしい風景も、たしかきれいなのだけど、きれいなものを見ても心動かされない自分の状況の衰退が際立たせられているだけに思えた。

鈍っていく自分感覚自分感覚がどんどん信じられなくなっていく。

せめて苦しみを苦しみとして自分認識たかった。

リストカットなどをしたら痕が残ってしまう。だから、痕にならない針を腕にさして苦痛を感じた。「こんな私でも痛いときちんと思えるんだ」という安堵があった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん