「哲学的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 哲学的とは

2018-07-15

anond:20180715201021

哲学的議論文芸解釈の話にまで「証明」だの「理論」だの言い出すバカ増えたな

マジで読書なんかまったくせずにネットコメント合戦だけで賢くなれると勘違いしてる低学歴なんだろうな

ニヒリズムググった

ニヒリズムあるいは虚無主義(きょむしゅぎ、英: Nihilism、独: Nihilismus)とは、この世界特に過去および現在における人間存在には意義、目的理解できるような真理、本質的価値などがないと主張する哲学的立場である

anond:20180715095126

遊びとはい権力や反権力に与するのってニヒリズムなのか?

anond:20180714235911

すごく哲学的なことを言うと母ちゃんは女じゃないから。

2018-07-13

不条理自殺

本当に重要哲学的問題がたった一つある、そして、それは自殺について、である。生が生きるに値するかどうかを判断する事は、正に哲学根本問題に答えることなのだ。

そのほかの事、例えば、世界三次元かどうか、精神は九つのもしくは十二のカテゴリーに分けられるかどうか、といった問題はその後でいい。

2018-07-07

anond:20180707150628

演歌は創られた伝統」というのは要するに、「演歌はニセモノの日本の伝統だ」ということですよね。

「ニセモノ」というのは、「ホンモノ」があるから成り立つわけです。ホンモノが明確ではないのであれば、ニセモノも明確ではないということになる。

だとすると、

演歌はニセモノの日本の伝統だ」という主張をするためには、

「これがホンモノの日本の伝統だ」という主張が必要不可欠なはずです。

これは正しい。

まずそもそも日本」という単位自体ナショナリズムのものといっていい。

ゲルナーは『民族ナショナリズム』において"政治的単位民族単位を一致させようとする政治的原理"をナショナリズムと捉えた。

日本の伝統と言ってしまうと必然的にそうなる。

肯定する場合でも否定する場合でも主語日本にしてしまうとそうなる。

国家及び民族主語にして語る時点でナショナリズム的と言っていい。

演歌はもともと西洋音楽から日本の伝統ではない」

ということを自明であるかのように語る人がいっぱいいるけど、全然自明じゃないです。

もし仮に、日本は古来から文化的排他的海外のものを寄せ付けなかった、とかい歴史的事実存在するのであれば、

演歌はもともと西洋音楽から日本の伝統ではない」というのは正しいと思います

でも実際には、そんな歴史的事実存在しないんですよ。

箏も三味線も、もともとは海外ナウい楽器だったし、雅楽ももともとは海外ナウい音楽ジャンルだったわけす。

仏教インド発祥だということはだれでも知ってることのはずです。

ようするに、もともと海外のもの伝統になる、ということは日本では古来から普通のことだったわけです。

というか世界的に見てもそれが普通なんですよ。


この段落は非常に雑だし、前提がおかしい。

当該社会集団が何を選択的に残し、何を排除たか。何をナウいと考え、何をダサい判断たか

その価値判断は誰によるものか。どういう思想によるものか。

そういった当該社会集団による意図的選択連続としての受容史を単なる伝播、自然淘汰と読み違えている。

インド仏教日本仏教は全く違いますよね。

また、楽器で例えるなら韓国伽耶琴と日本の琴は全く違いますよね。

ダルシマーヤンチンは全く違いますよね。

文化は伝播してもそのまま伝わるわけではなく、ある種の選択判断が生じている。

雅楽だって日本韓国昔ながらのスタイルのままだと主張しているが、実際には微妙な違いがある。

その価値判断伝統の名の下にくだすのがナショナリズム的言説でしょ。

たとえばですよ、

正月によくかかる「春の海」という曲はたいてい「伝統音楽」の棚においてあります。この曲は洋楽邦楽ハイブリッドです。形式的には完全に西洋音楽です。

から

「春の海は形式的には洋楽から日本の伝統じゃないよ」

という意見もあります。でも同時に、

作曲者バリバリ邦楽演奏家なんだから日本の伝統じゃん」

という意見もあるわけです。

で、このふたつのどちらが客観的に正しいかということを実証することは不可能です。人それぞれ価値観が違う、としか言いようがない。

いやそもそも音楽学者で《春の海》をそういった視点分析する奴は今日びいないです。

伝統かどうかというのはもはや何の問題提起にすらならないんですよ。

なぜならその枠組み自体幻想だという前提で読むからね、まともな音楽学者は。

伝統」とはなんなのか、「日本」とはなんなのか、「音楽」とはなんなのか、

とういうような哲学的な問いにきっちり答えないといけないはずなんですよ、もし演歌はニセモノだと言いたいのであれば。

「創られた伝統」という概念と「創られたわけではない伝統」という概念は、どこがどういうふうに違うのか、

ということを哲学問題として、きっちり論理的説明しなきゃいけないはずなんですよ。でも、そんな作業してる音楽学者なんていないですよね。いたら教えてください。


とっくに議論されています伝統の創出についてはホブズボウムがまず前提。

ヘルダー、ダールハウスタラスキン、ヴィオラリーマン、リッサ、アドラーも読んでどうぞ。

特に19世紀ヨーロッパナショナリズム芸術関係が盛んに論じられていたので、

この分野の先行研究として学びがある。ロシアスペインフィンランドハンガリーなどなど。

繰り返すけど伝統って自然に生じるものではなくて、外と相対化されて初めて気づくものだし

伝統自体共同体による幻想なんだよね。

割と最近テレビラジオ地方地方性を駆逐したのではという話もあって面白い

北海道沖縄も、東京の発信する音楽文化に染まってしまったという話で、

それが国家音楽民族音楽だと大衆勝手に読み替えられているという話ね。

音楽って人間社会性そのものだよねってのはブラッキングの『人間音楽性』の指摘だが、

そういう純粋なる民族性の罠にはまってないですか。増田

あれ、演歌の話どこいった。

なぜ「演歌は創られた伝統」もナショナリズムなのか anond:20180706173405

文章書くの苦手なので断片的な感じなってしまます

演歌は創られた伝統」というのは要するに、「演歌はニセモノの日本の伝統だ」ということですよね。

「ニセモノ」というのは、「ホンモノ」があるから成り立つわけです。ホンモノが明確ではないのであれば、ニセモノも明確ではないということになる。

だとすると、

演歌はニセモノの日本の伝統だ」という主張をするためには、

「これがホンモノの日本の伝統だ」という主張が必要不可欠なはずです。

演歌はニセモノの日本の伝統だ」という本を書く前に、

「これがホンモノの日本の伝統だ」という本を書かなきゃいけないはずなんですよ。

でもそんな本書いてる人いないですよね。



演歌はもともと西洋音楽から日本の伝統ではない」

ということを自明であるかのように語る人がいっぱいいるけど、全然自明じゃないです。

もし仮に、日本は古来から文化的排他的海外のものを寄せ付けなかった、とかい歴史的事実存在するのであれば、

演歌はもともと西洋音楽から日本の伝統ではない」というのは正しいと思います

でも実際には、そんな歴史的事実存在しないんですよ。

箏も三味線も、もともとは海外ナウい楽器だったし、雅楽ももともとは海外ナウい音楽ジャンルだったわけす。

仏教インド発祥だということはだれでも知ってることのはずです。

ようするに、もともと海外のもの伝統になる、ということは日本では古来から普通のことだったわけです。

というか世界的に見てもそれが普通なんですよ。



いや、もちろん、

江戸時代以前から正統的に続く伝統こそが日本の伝統である。ゆえに演歌日本の伝統ではない」

という立場をとることは可能だし、そういう立場があってもいいと個人的には思います

でも、

江戸時代以前から正統的に続く伝統こそが日本の伝統である

という立場普遍性はないわけです。

そういう考えが客観的に正しいとすることができる根拠は、皆無です。

何の根拠もないのに、多くの人が、そういう考えを無自覚採用してしまっているという状況は「ナショナリズム」としか言いようがないと思うんですけど、どうでしょうか。

もし仮に、「演歌は千年前から続く伝統である」みたいなことを言ってる人がいたら、それは歴史修正主義です。

でも、そんなことを言ってるひとはいないわけです。




というかそもそも、何が日本の伝統なのかなんて、どうでもいいことなんですよ。



たとえばですよ、

正月によくかかる「春の海」という曲はたいてい「伝統音楽」の棚においてあります。この曲は洋楽邦楽ハイブリッドです。形式的には完全に西洋音楽です。

から

「春の海は形式的には洋楽から日本の伝統じゃないよ」

という意見もあります。でも同時に、

作曲者バリバリ邦楽演奏家なんだから日本の伝統じゃん」

という意見もあるわけです。

で、このふたつのどちらが客観的に正しいかということを実証することは不可能です。人それぞれ価値観が違う、としか言いようがない。


音楽伝統というのは、原理的にそういうものなんですよ。

そういうものというのは、何が正しいということではなくて、

学者のひとが本一冊書いただけで何が正しいのかが決まってしまうようなものではないということです。

何が正しいのかを一概にいうことはできない、というのが「音楽伝統」の概念です。

それが違うというのであれば、なにが正しい「音楽伝統概念なのかをきっちり説明しなきゃいけないはずです。


伝統」とはなんなのか、「日本」とはなんなのか、「音楽」とはなんなのか、

とういうような哲学的な問いにきっちり答えないといけないはずなんですよ、もし演歌はニセモノだと言いたいのであれば。

「創られた伝統」という概念と「創られたわけではない伝統」という概念は、どこがどういうふうに違うのか、

ということを哲学問題として、きっちり論理的説明しなきゃいけないはずなんですよ。でも、そんな作業してる音楽学者なんていないですよね。いたら教えてください。

輪島さんは本の中で、多様性が云々とか言ってるわけですよね。

音楽が多様なものであるならば、日本音楽伝統も多様、ということですよね。

日本音楽伝統も多様であるならば、演歌日本の伝統でいい、ということになるような気がするんですけど、どうなんでしょう。

演歌日本の伝統になってはいけない理由はなんなのでしょう?

「おまえはもともとヨーロッパ人から日本人ではない」

という理屈ガチ正当化しようとする人はあんまりいないと思うんですけど。

それとこれとは話が別だ、というのであれば、どうして話が別だといえるのか、説明必要だと思います

とりあえず、ここまで。

2018-07-06

anond:20180706221416

物理的や認識において現実でいうと証拠というのは直接それと結びつく認識個人にあるだけのもの

何であっても「証拠」と説いたいであろう「直接因子の物理的結びつき」は見つからない

ビデオにとっていようがそれが全員に知られていようが文章でのこっていようが物理的な反応として存在していようが

「それをそのように認識してしまっている」という現象個人が苛まれ可能性はゼロではない

集団で全員がそれに陥る可能性もゼロではない

それを踏まえて「本人に私がしましたといわせる」ことが最重要でそれを代弁させるために

「本人はそれをすることができないので代理人しましたとみとめます」と判断をさせる

それを社会的にみとめどう扱うかとするのが裁判

まり裁判判決が下ると冤罪だろうと犯人だろうと「犯人」になる

証拠がこれだけあるんだから認めろといって認めるか

これだけありますからみなさん犯人だと思いませんか

判断させるための材料証拠なわけで

吹聴してみんなが納得するものであればそれが「証拠」でもあるし

証拠」をつきつけて観念するそれが証拠でもあるし

証拠をつきつけられても無罪を平然と答える真犯人もいる

冤罪であろうとなかろうと何度でも追及すれば追及の仕方で逆転が見込めることもあるだろうし

誰がどう見ても納得せざるをえない状況もある

完璧な状況での冤罪もないとはいいきれない

なので回数制限を設けることにもなっているし証拠証拠としてみとめるかどうかも

厳密に規定があり判断する者も「社会的にみて常識的である」という認可のある人間にさせる

精神的な疾患があるからといって裁判官ができないのは不平等ではないか、と言われるのであれば

その「証拠は?」と質問されている

絶対無二の確実な判断を下すべきそれ」を「証拠」と言えるだろうけれども

現時点で人間証拠と言えるのは「有罪判決にいたった要素」までが証拠しかない

実際に犯罪者として扱われている人間について証拠はなにかと問うてもそれは存在していて

検討され判断材料につかわれ結果「証拠」だった結果ものがあった故なので

今でている結果は冤罪であろうとなかろうとそれがだれかにしくまれものであろうとなかろうと

当人純真無垢犯罪意思がなかったとしても 行動をさせられていまもそんな事実認知できなかったとしても

その行動の責任があると証拠によって結果がでているので

証拠があり犯人だった」という結果しかない

もっと調べれば、真犯人がでてくれば、と無限陰謀論を展開すればいくらでも証拠はでてくるだろうし

それをどれほどの人間判断材料使用して無罪有罪かを再度判断したいと申し出るかはわからない

人が有罪である無罪であるか 永遠に問い続ける必要があるみたいな哲学的もの社会機能として

有用ではないためそんなことは行われないということは想像に容易いだろう


宗教なんかでもそうだが救われるのは非常に容易い また罪に溺れるのも非常にたやす

ジャッジ絶対的だということだけが厳密でさえあれば現実に罪かそうでないかは大した問題ではない

証拠というちりばめられた事象は傾向こそあれ関連するなにもかもが証拠となりえる

厳密にそれを起因として結果がでるという要素を確定させる定義もつこと自体重要なのだ

証拠があるから犯人だ という犯人犯罪者なのかということや証拠真実なのかということは

納得する人間が多ければそれはそうであるとなる

毎日祈りさえすれば救われる 信じさえすれば許される そういう定義が結果につながると定義されることで

証拠を得ることになる

それが実際他者に影響を及ぼすことができる存在というものまり証拠」たりえるかというと

当人には証拠だけれども他者にはそうなりえないこともある

これは人間限界で 絶対の真理というものにたどり着いた人がもしいるとしたら

罪とただしさと証拠についてそれぞれが自己なかにあるそのそれそのものを取り出して人に見せることができるだろう

たとえとして心臓だったりする表現などが文学的にあるけれども現実的にはそれは無理な話

2018-07-02

anond:20180702104019

子宮思考とかエセ哲学的なこといって話濁すな

お前その子宮より劣ってんぞ

2018-06-26

ストレートティーの美味しい時期増田酢魔生地石井斧ーぃてとー玲鳥栖回文

湾曲したストレートティー。

そんなネーミングのティーが私を悩ませる。

このお客さんに問いかける感じのなぞなぞか!って言う感じのそれ。

上は大火事!下は大洪水

そんな定型文に当てはまらない

哲学的なその湾曲したストレートティーが私を悩ませるわ。

グラスに浮かんだ氷を指でどらぐらいクルクル回したって分からない。

グラスの外側はびっしゃりと汗をかいたようで

まるでこちらの答えを我慢できずに待っているかのよう。

ひょっとしたら性格が湾曲したマスターが入れたストレートティーなのかしら?

それなら理屈が通じるわ。

シェフの気まぐれサラダばりに

そんなことを考えていたら

つの間にか湾曲したストレートティーは飲み干されていた。

私はマスターに湾曲したストレートティーのおかわりを求めた。

「湾曲したストレートティーもう一つ」

そうやって頼むと何かマスターに負かされた感じになると思ったので、

私は「ストレートティーもう一つお願いします」言って頼んだ。

もうすぐ待ち合わせの知人が来る、

化粧を整え直そうと鏡を見たとき

眉毛がへの字になって眉間にシワが寄ってた。

私の表情が湾曲してた。

何かスッキリしない変な名前ストレートティーを飲まされたせいかしら?

私は思わずクスッと吹き出してしまいそうだった。

何か答えが分かったように。

ごちそうさま「ストレートティー美味しかったわ」と告げて店を出た。

ストレートティーの美味しい季節になったわね。

私はお店の涼しさをまだまとっているのを名残惜しく感じながら

都会の蜃気楼の中へと溶けて消えていった。


今日朝ご飯

タマサンドミックスタマサンド

いちいちカロリー見て気にしてられないわっ!

頑張るために食べる!

食べるために食べる!みたいな!

デトックスウォーター

ビールってさもしかして私は炭酸のシュワシュワを求めていたのかしら?

そう思って炭酸水だけ飲んでみたら案外満たされるわ。

ビールなくて良いじゃん!って。

そんな麻からルービーというわけには行かないので

オレンジフレーバースパークリングウォーラーまり

うふふ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-06-18

[] 楽しみと苦しみが生じる仕組みを理解してない人=バカ丸出し

死んで楽になりたい

たまにこういう勘違いをしてる奴がいるんですよね?

なぜかというと、バカからですw

 

なぜ「快楽原則」があるのか?

苦楽は表裏一体です。苦楽とは、相対的差異規定されるものからです。

 

ここで簡単思考実験をしてみましょう。

一切の変化がない状態永遠に変化が起きない状態時間が止まった状態で、苦楽は生じますか?

何も起きないから、苦楽さえも生じませんよね?

  • 楽が生じるのは、その前が苦だったから。
  • 苦が生じるのは、その前が楽だったから。

変化によって生じる、相対的前後差異が、苦楽の正体です。

言われてみたら、いちいちごもっとも。子どもでも分かる簡単なことですよね?

大人の方が子どもより賢いってのは間違いですよ?

嘘をつきまくって生きていると、こんな簡単なことも分からないアホな大人になります

自分に嘘をつき続けてきた人はバカ丸出しなんです。

 

生きる意味が無いか死にたいとか言う奴、バカ過ぎ

http://aoyagi246.blog55.fc2.com/blog-entry-509.html

おまえが死にたいのは別の理由です。

自分が消えて無くなりたいのは自分存在が嫌だから、生きているのが苦痛からでしょう。

生きる意味なんて生き物全員に無いんだから、そしたら生き物全員死にたいはずでしょ?

なんで他の多くの人は生きる意味なんかわからなくても死にたいなんて思わないのに、おまえは死にたいと思うのか考えてみろよ。

おまえの人生個人的に生きるに値しないだけです。

 

自分が糞だから死にたいってかっこ悪いからな。

生きる意味が無いか死にたいとか言うと何か哲学的でかっこいいような感じがするしね。

おまえかっこつけるために嘘付いてるんだよ。

ダメな奴に限って無駄に見栄っ張りでかっこつけなんだよな。

生死に関わる大事問題を、かっこつけたいために嘘付くとか本当かっこ悪いなおまえ。

 

昔、青貓さん(仮名)という人が英語勉強をするためにフィリピン学校に行きました。

青貓さんはクラスで最もダメ英語は全く聞き取れません。

青貓さんもダメ人間の例に漏れ無駄に見栄っ張りでかっこつけなので、自分ダメだという実態を見るのに耐えられません。

一週間でやめて日本に帰りました。

やめた理由は「英語勉強なんて意味が無いから」だそうです。

得意のかっこつけ嘘ですね。

その後もブログを書いてるのですが、青貓さんは嘘の世界に逃げ込んで嘘の世界で暮らす廃人となってしまいました。

 

ピノキオ」を読むと、嘘を付くと人間の子には成れません。一生、木の操り人形のままです。って事が書いてありますよね。

あれって本当だなーとつくづく思います

 

anond:20180319174249 人生失敗したし死んで楽になりたいけど踏ん切りがつかない

2018-06-09

[] 流行他人から提供された価値観に踊らされること

最先端流行に乗っていて、私イケてる?いや、ただの勘違いでしょw

 

自分の考えがないロボット哲学的ソンビみたいな人間しかない。

他人価値観で生きている人間は、本当の意味自分価値観で生きているとは言えない。だからロボットなわけ。

 

流行が変われば、自分スタイルコロコロ変わる。カメレオンかよwww

ファッション誌は、衣料品メーカー在庫処分カタログしかない。

東京女子大生って、最高にダサイ奴が多いよね?頭が悪過ぎるw(残念)

 

anond:20180608025032

2018-06-08

プロレス八百長だと言われたときプロレスファン

真剣勝負だとか言わないで、なんだかすごく哲学的な言い方で擁護するよな。

すごく知的だと思う。

2018-06-05

パンツとか言う特別な布について

パンツの両隣に位置する肉は見えてるがその間にある布は見えていないのでセーフという理論

哲学的

2018-06-04

anond:20180604232315

どうやろね、研修施設は楽しかったけど

現場人間関係はツマンネ仕事面白いけど

かと言って死ねるかって聞かれたら死ねいかも笑


死ぬってことではないと思うけど

そういう役割必要とされる場所を探す必要はあるんじゃないかなと

さないと見つからない。


心理的発達を

マズローは、社会との関係

エリクソンは、人との関係

それぞれモデリングしていて、比較すると面白い


マズロー自己実現理論

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E7%90%86%E8%AB%96

エリクソン心理社会的発達理論

http://rzt.sakura.ne.jp/shinri/2006/01/post_1.html


もちろん、みんながみんな、マズローエリクソンが言った心理的な成長を得られる訳ではない。

現にワイは現場で絶賛つまづいている。

この不条理にどう対応すればいいでしょうか?


哲学者キルケゴールカミュは3つの解決策を示しました。

自殺:まずシンプルな1つの方法として人生を終わらすということ。キルケゴールカミュはこの方法が非現実的であるとして退けている。

盲信:不条理を超えた何か、触れられず実験的に存在証明されていないものを信じること。しかしそれをするには理性を失くす必要がある(すなわち盲信)、とキルケゴールは言っている。カミュはこれを哲学的自殺として考えている。

不条理を受け入れる:不条理を受け入れて生きる。カミュはこの方法を推奨しているが、キルケゴールはこれを「悪魔に取り付かれた狂気」として、自殺を引き起こす可能性を論じて批判している[1]。

不条理 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%9D%A1%E7%90%86


ワイは自殺をするほど勇気もないし、不条理を受け入れられるほど強くもないので、とりあえず、神様を盲信することにしました。なんだって?ワイのことをキチガイ呼ばわりするのかい

増田なんて、神様を盲信したキチガイの集まりやろ、グヘヘへへへへ

2018-06-01

anond:20180601170830

哲学的な疑問?違うね。

これは、現代自称反差別」、「差別を許さないいい人」への疑念だよ。

あなた」への疑念でもある。

あまたある被差別属性の中から、「差別解消」する属性自己都合で選別(≒他の属性差別)していることへの疑念

anond:20180601170204

粘り強く団結してたんだよ。

それと哲学的な疑問に答えはないよ。

2018-05-31

哲学的作品って結局製作者の都合のいい設定で主張を展開していくから納得できたことない

2018-05-23

anond:20180523022649

生きる意味が無いか死にたいとか言う奴、バカ過ぎ

おまえが死にたいのは別の理由です。

自分が消えて無くなりたいのは自分存在が嫌だから、生きているのが苦痛からでしょう。

生きる意味なんて生き物全員に無いんだから、そしたら生き物全員死にたいはずでしょ?

なんで他の多くの人は生きる意味なんかわからなくても死にたいなんて思わないのに、おまえは死にたいと思うのか考えてみろよ。

おまえの人生個人的に生きるに値しないだけです。

 

自分が糞だから死にたいってかっこ悪いからな。

生きる意味が無いか死にたいとか言うと何か哲学的でかっこいいような感じがするしね。

おまえかっこつけるために嘘付いてるんだよ。

ダメな奴に限って無駄に見栄っ張りでかっこつけなんだよな。

生死に関わる大事問題を、かっこつけたいために嘘付くとか本当かっこ悪いなおまえ。

 

昔、青貓さん(仮名)という人が英語勉強をするためにフィリピン学校に行きました。

青貓さんはクラスで最もダメ英語は全く聞き取れません。

青貓さんもダメ人間の例に漏れ無駄に見栄っ張りでかっこつけなので、自分ダメだという実態を見るのに耐えられません。

一週間でやめて日本に帰りました。

やめた理由は「英語勉強なんて意味が無いから」だそうです。

得意のかっこつけ嘘ですね。

その後もブログを書いてるのですが、青貓さんは嘘の世界に逃げ込んで嘘の世界で暮らす廃人となってしまいました。

 

ピノキオ」を読むと、嘘を付くと人間の子には成れません。一生、木の操り人形のままです。って事が書いてありますよね。

あれって本当だなーとつくづく思います

 

http://aoyagi246.blog55.fc2.com/blog-entry-509.html

2018-05-17

anond:20180517164043

わろた

哲学的だな

一番罵倒してるのは読み返せさんだよな

2018-04-13

アイアムヒーローの考察

読み終わったあと、神様がいない世界に、ワイを放り出した。


この世界神様を信じないで生きる方法がないか模索していた。ワイは、不条理を受け入れられるほど、マッチョでもないし、自殺をするほどの勇気もない。いまのところのワイの解決策は、神様を盲信することしかできない。

不条理 - Wikipedia

自殺:まずシンプルな1つの方法として人生を終わらすということ。キルケゴールカミュはこの方法が非現実的であるとして退けている。

盲信不条理を超えた何か、触れられず実験的に存在証明されていないものを信じること。しかしそれをするには理性を失くす必要がある(すなわち盲信)、とキルケゴールは言っている。カミュはこれを哲学的自殺として考えている。

不条理を受け入れる不条理を受け入れて生きる。カミュはこの方法を推奨しているが、キルケゴールはこれを「悪魔に取り付かれた狂気」として、自殺を引き起こす可能性を論じて批判している[1]。


別に神様なんか盲信しなくても、生きていける。それは例えば順調に心理的に成長した場合だ。発達課題を克服し、欲求を順調に満たせた場合には、別に神様なんか必要なくなる。

自己実現理論 - Wikipedia

発達課題 - Wikipedia


しかし、それがどうしてもできないワイのような人間が出てくる。なぜなら、人はどうしても理屈ではわかってはいても、他人のとの比較の中で、自分幸せ定義してしまうから。もちろんこの実験では 2 の世界だと 1 ドル価値が低いから選んだんだろ。というツッコミもありますが..

次のどちらの世界に住みたいかハーバード大学学生職員質問を行いました(Is mor always better? A Suvey on Positional Concerns,Jounal of Economic Behavior and Organization

1. 自分収入が5万ドルで他のすべての人は収入が2万5000ドル世界

2. 自分収入10ドルで他のすべての人は収入20ドル世界

結果は、56%の学生が1を選びました。

高収入でも「他人の幸福は飯がまずい」人は富裕層になれない | プレジデントオンライン


から幸せになる人たちがいる反面、不幸になる人たちがいる。他者よりも優れていたいという、本来生物的な欲求も満たすことは、まずできない。社会的欲求を満たすには、人の役に立ったりするには、必ずしも優れている必要性はない。でも、他者よりも優れていないと、そういった機会は、どうしても少なくなる。

アイアムヒーローの世界には、発達課題を克服することができず、欲求を満たせない人たちに焦点が当たっている。クルスをはじめ、みんななぜこの世に生を受けたのかということ自体に疑問を抱いている人たちだ。彼らは神なった。でも、英雄は神にはならなかった。

終わり方がひどいって書いてあるけど、奇跡を起すこともできたんだと思う。誰かを生き返らせたり、あるいは敵役を殺したりして。でも、奇跡を描かないで、丁寧に現実世界で生きている英雄を写して、徐々にワイら読み手世界と近づけようとしている感じがした。

物語最後局面で誰もいない、比較されることのない世界で一人になった。なんだか急に現実に引き戻されたような気もするし、そうでないような気もする。生きることを選んだという意味において、現実世界でクルスのように生きているワイのような読者にとって、英雄hero なのかもしれない。

でも、決してなけなしで放り出したわけではない。ヒロイン2人から愛されたという記憶はでかいよな... それが読後感を与えている。ヒロインが登場しないでもそういった話は描けるのだろうか.. 難しいだろうなぁ。

ドストエフスキー罪と罰でも、ソーニャがいて、ラスコーリニコフ普通になった。結局は可愛い女の子との記憶がないと楽しくないなんて、なんだか寂しい気もする...。

そういった成功体験物語、あるいは神様と、そしてその成功体験物語神様を確実なものにするために、社会生活からの隔絶されて初めて、英雄は生きているのかもしれない。また、奇跡が起こって元の人のいる社会になったら、そういう辛い世界に戻ってしまう。

結局、我々は物語という神様から逃れられないのではないだろうか。でも、ある意味生物学的に優れている人も、そういう自分は優れているという物語の中に生きているのかもしれない。その物語も、所詮相対的ものしかない。絶対的基準ではない。

神様なんかいないんだ、という姿勢は、結局、俺はすごいんだぞ、という自分物語世界押し付けているだけで、どこか、酷い気もする。

人間は(信じたいと)望むことを信じる。

Homines id quod volunt credunt.

Homines id quod volunt credunt. | 山下太郎のラテン語入門

逃げられないというより、作るしかないのかもしれない。自分が、いま生きている世界を。ある種の不条理社会的不条理は、物語を作ることによって、乗り越えることができるのだろうか。それは自分ができる範囲でということか。

クルスくらい追い詰められた人間にも希望を与えるというのは、正直かなり厳しい気がする。クルスは神様になるしかない。普通人間ならできるだろうか。もう少し文章をまとめたい。

2018-04-05

anond:20180405160058

ちゃんと誤れ

哲学的だ。ところで「形而上」って何だっけ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん