「交通事故」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 交通事故とは

2018-05-25

人殺しの息子

まさかお前、童貞じゃないよな?」

…またか

酒を飲んでご機嫌な父を横目に、俺はどうやってこの宴会から抜け出すかを思案していた

2018年正月

その時の自分の体調はすこぶる悪かった

コミュニケーションのとれない中国人パートナーとそれ以上にソリが合わない日本人プロパーに挟まれ精神的なHPはとっくに0になっていた

休日はどこにもいかず寝たきり

音に対して過敏になった為、家はシーンとしている

ぶーん、と冷蔵庫の音が聞こえる

意外と冷蔵庫もうるさいんだな、と気づく

そんな状態での正月帰省は心休まる暇もなかった

いつ結婚するんだ、

もういい歳なんだから

あん結婚する気はあるんだよね?

、と

返事をするのも面倒になり、苦笑いでやり過ごす

苦痛しか感じられない宴会を抜け、

姉の家で時間を潰し、

実家に戻ったのは21時頃だった

リビングには母ひとり

面倒な父は2階で寝ているようだ

やっと一息つける、と思ったその時母が口を開いた

「おとうさんね、刑務所に入ってたことがあるんだよ」

意味がわからなかった

大学の頃に交通事故で人を死なせている、とか

保険業営む親戚が丸く収めて遺族に謝罪もしてない、とか

そんな過去を持つのに未だに山道を時速100kmで走る父とか、

結婚前に知ってたら結婚してなかったと息子に話す母とか、

もう何もわからなかった

とりあえず分かった事はもうこの家は俺が落ち着け場所じゃない、という事

自宅への帰路の中、車を走らせながらそう思った

関節が痛む

頭痛がする

動悸が治まらない

目が霞む

耳鳴りが止まない

人殺しの息子、か

駄目押しだな、と思った

もうすぐ正月休みも終わる

多分もう限界は近いだろう

クズの息子が出来損ないってのも道理だな

乾いた笑いを浮かべながら、ハンドルを握りなおした

もうすぐ休みが、終わる




そんな状態自分でもメンタルクリニックに行って最悪の症状は改善してきているので、みなさんも我慢しないで治療を受けてください

自分に合うメンタルクリニックを見つけるまで時間がかかるかもしれませんが、根気よく探せばきっといいクリニックが見つかります

2018-05-24

悪質タックルという表現は何かがおかし

自分の全体重を乗せて相手に組み付く、この暴力以外の何物でもない行為に対して「悪質」という形容を装飾する意味があるのだろうか?

「頭が痛む頭痛」と同じ類のトートロジーではないだろうか?

これが善良なるタックルなら分かるのだ。

たとえば、交通事故に合いそうな人間に組み付いて吹き飛ばしたのなら、それは善良なるタックルと呼べるだろう。

本来他人を痛めつけるだけの行為によって他人を救っているという極めて珍しいパターンタックル表現するために、善良という表現を用いて意味限定するのなら理解できる。

それと比較する文脈においてもまた、悪質タックルなどという言い方は不要であり、普通タックルという言い方で十分その悪質さは伝わる。

あえて通常のタックルより更に悪質なタックルだと言うのならば、最悪タックルや極悪タックルといった表現を使うべきだ。

悪質タックルは「小さい蟻」や「大きい巨人」といった表現と同一の物であり、文学的意味合いや何らかの文脈をもたせて使うならともかく、ジャーナリズム世界で使うような言葉ではない。

2018-05-21

Q.なぜあなたは生きているのか?

A.

交通事故に遭わず、致命的な病気にも罹患せず、心臓発作等も起きておらず、通り魔に襲われてもおらず、雷にうたれる事もなく、腐った食品を口にもしておらず、高いところから落ちたわけでもなく、逆恨みか何かで刺されているわけでもなく、線路に落ちたわけでもなく、テロリスト爆弾で吹っ飛ばされる事もなく、寒い日にうっかり外で寝込んだ事もなく、熱中症でそのまま倒れたわけでもなく、乗っていた飛行機が墜落したわけでもなく、赤ん坊の頃変なものを飲み込んだわけでもなく、餓死するような飢饉に遭遇することもなく、乗っていた電車脱線事故を起こしておらず、頭上から看板なり植木鉢なり何なりが落ちてきた事もなく、風邪インフルエンザ悪化してそれきりになんて事もなかったため。それが幸運な事なのか不運な事なのかは知らないし知ったことでもないが。

主婦、こんなにも死ととなり合わせ

昨日、乗りたかった電車人身事故で大幅に遅れていた。

日曜日の夕刻、きっと月曜からまた仕事が始まることに絶望した人が線路に飛び込んだのだろうと勝手妄想が膨らむ。

私は毎日のように子供2人を乗せた自転車で移動する。

私が大きくフラついたり転んだりすれば、すぐ隣を走る車やバスにはねられてしまう。

独身時代は5年先のことを考えることすらほとんどなかったが、子供が生まれからは彼らが成人する20年後のことをしょちゅう考える。

20年なんてあっという間なんだろうと思う。

でも20年後まで家族みんな生きていられたらラッキー

世間では幼児殺害される事件交通事故被害者になったりするニュースばかりが耳に入ってくる。

自転車通勤している夫もいつ交通事故にあったっておかしくない。

家族を持つとは常に死を意識することなのだろうか。

ただ私が疲れているのだろうか。

2018-05-20

ある能力

 その青年特に際立った特徴もなく、かといって不真面目と呼べるような人間ではなかった。ようするに平凡な人物なのだ。ある日、青年がいつものように会社への道を歩いていると、突然、青年の心に語りかける声が響いた。

あなたは惜しいことをしている。あなたには時間をさかのぼ能力が生まれつき備わっているのだ。こんな素晴らしい能力を埋もれさせていたのでは実にもったいない

「そんなにいうのでしたらどうです、ひとつ証拠でも見せてもらえないだろうか」

「いいでしょう」

 そんな声がして、視界は一変して青年の部屋の天井へと移った。青年はベッドに横になっていた。

「これはどういうことだ」

 青年は首を傾げた。確かい会社への道にいたのだ。どうして自分の部屋に戻ってきたのか。これは夢なのだろうか。そう考えるのが一番自然だろう。青年は確かにベッドの中で横になっているのだ。

 しかし、青年テレビをつけて驚いた。なんと今日ではないか青年はいつも出勤前にニュースを見る習慣がある。キャスターあいさつをして、今日が何月何日なのかを告げる。すると不思議なことにほんの一時間前にみたものと内容がぴったり一致する。新聞の朝刊をみても確かに同じ日付…正夢になったとはいいがたかった。

「どうしてしまったんだ」

 しかしそんな青年の問いかけに答えてくれる人物などどこにもいない。答えられるのは…

「どうです…?」

 青年の心にまたもや声が響いた。

「これは信じるしかないようだな」

「分かっていただけましたか

「ああ分かった。それじゃあ早くそ能力を僕にくれないか

「ご安心下さい、その能力は初めからあなたに備わっているのです。戻りたい時間のことを強く念じていただければそれだけでよいのです。ちなみに先程やったのはあなた潜在意識に呼びかけて…」

「そうなんですか」

「ただし、注意していただかないとならない点が一つあります。それは残り一度きりしか使えないということです。それではよく時を考えて…」

 そこまで言うと、声は響かなくなった…

「これは素晴らしい能力に目覚めたぞ」

 青年は胸をワクワクさせ、この能力をどう使ったものだろうかと考えはじめた。

 それからも、青年は色々とこの能力の使い道を考えていた。そして考え付いた結果が、出来るだけたくさんの知識を持ち、もう一度過ぎ去った時をやり直すというものだった。はじめから何が起こるかを予め知っていれば、どうしたものかと考えられる。これから先、いつそんな事件があるか分からないのだ。そのような点に注意深くならなければ…

 青年はそんなわけで何事にも注意深く、積極的に、熱心に取り組むようになった。すべて未来のためにと思っての行動だが、青年のまわりの人間はその変貌ぶりにただ驚くばかりだった。あれほど平凡でパッとしなかった人間が、様々なことに情熱を注ぎ、そして意欲を持ち、いきいきと取り組んでいるのだ。友の中には、どうしたらそんなふうになれるのかと問いかけるものもあった。そんなとき青年は決まってこういうのだ。

「素晴らしい未来のためだよ」

 もちろんこの言葉意味するところはもっと別のところにあるのだが、その言葉に感動し自分目標を持って生きようと意気込むものもあった。

 しかし、やはりそんな目先だけの目標はいつまでも長続きするはずもなく、途中で音を上げてしまものほとんどだった。

 そんな生活を続けて数年たったある時、青年は重大なことに気がついた。それまでは知識書き込みという作業によって蓄えられたと考えていた。しかし、良く考えてみると過去に戻れるのは自分記憶だけなのだ。つまり、こんな紙っ切れに書き込んだところでどうしようもない。

 そんなわけで、さら青年の熱心さは増していった。記憶法を学び、なるべくたくさんの知識記憶に詰め込むことに努めるようになった。多方面のことに手を出し始め、ついには新聞社に転職した。そのほうが情報が入りやすいと考えたのだ。そして着々と成果を上げていった。

 いまや青年新聞社の社長にまでなっていた。青年としてはそんなつもりはなかったのだが、その熱心さやら積極性やら努力やら、他色々と認められ、驚くほどのスピード出世劇をやってのけた。世の中からも注目を浴び、いまやテレビにも度々登場する有名人となった。多くの業界知識人とも知り合いになれた。そうなると、入ってくる情報量もますます増え、青年にとっては嬉しい限りだった。

 能力に目覚めてから色々なことがあった。いまではそれを全て覚えている。これだけの知識があればそろそろ…とも思いもしたが、いざ能力を使おうとすると、もう少し待ってから使ったほうが賢明というものだと考えてしまい、知識は溜まる一方だった。

 もちろん青年もその間人並みに恋をし、そして結婚にまでこぎつけた。社会的地位は高いのだ。自分から求めずとも自然相手は寄ってくる。その中で互いに心惹かれる相手出会い、そして結婚した。青年はやり直したその時も、この人とまた結婚したいと考えていた。子供も二人産まれ、まさに幸せ絶頂といえるであろう状態になれた。

 気がつけばもう50代後半になっていた。青年はもう青年とは呼べなかった。青年は夕日が差し込む社長室の椅子に一人で腰掛けていた。

 どっと疲れた感覚、体内の節々が老朽を訴えていた。世間一般からみればまさに恵まれ人生だっただろう。幸せな家庭を築き、社会的には高い地位に就いている。子供らもスクスクと成長していく。

「さすがに疲れたな。そろそろあの若き日の自分に帰るとす…」

 しかし待てよ、いま思えばそんな事をする意味はあるのだろうか。そんな事をすれば、確かに今より遥かに多くの金や地位を手にすることだって出来るであろう。

 しかし妻はどうなる?会社は?子供は?この世界はどうなる?青年はふとそんなことを考えて始めていた。こんな寂しい事は今までなかった。今までやってきたことを全て捨て、全く新しい世界果たしてうまくやっていけるだろうか。そんな気力が果たして残っているのだろうか。

 突然秘書が部屋に入ってくる。そしてこう言った。

社長の奥様とお子様二人がたった今、交通事故に遭われまして…重症で三人とも助かる見込みは…」

 いよいよ決断に迫られたようだった。しか青年の心は既に決まっていた。青年はほんの数時間前に戻り、買い物に出かけようとする妻と子供らを止めた。もちろん事故も起こらずに済んだ。妻と子供らは不満の声を漏らしたが、青年はただ優しい微笑みを浮かべるばかりで何も言わなかった。妻はこんな微笑み方をする夫を見るのは初めてだと思った。

 その一年後、青年は長年の疲労などが祟り、病に伏しそして逝った。

 これで良かったのだ。人生なんて一度きりで十分だ。この世界を離れるなんてこれ以上の哀しみはない。最期青年はこういい残した。

「素晴らしい未来のために…」

2018-05-19

anond:20180519120851

あの手の商品保険下り場合下りない場合かいから、想定している弁護士を頼みたいケースに対応できるか?というのが大事でしょうね。

ところで通勤時の弁護士保険、おそらく痴漢冤罪を一つのインターゲットにしているのでしょうが(他は通勤時の交通事故なども対象でしょう)、多くの弁護士は多くの場合朝の通勤時間にはたいていスヤスヤ寝てまして、その辺りの手当てはなされてるんでしょう?

anond:20180519114739

もう犯罪に巻き込まれしまったということであると、今から加入してもその事件について弁護士に依頼することには保険下りないのではないか

それはさておき、弁護士から感じる弁護士保険(は使われたことがないので交通事故弁護士特約)のメリットの一つは、弁護士の側で費用心配をしなくていいことである

どうしても費用は全部依頼者負担なので、経済的に厳しそうなお客さんだとどうしてもお金を使うことに躊躇なくしてしまうところがあるが、それがないので結構機敏に動ける。

anond:20180518165809

雪道でスタックしてる人を助けたの、今シーズンで、、、多分4回、もっといかな?

他の人が交通事故にあった時に、警察救急車通報したこと、ついでに見た状況を証言したこと、、、もう覚えてないけど、確実に10以上はある。

命を救うだけが人助けじゃないよ?

2018-05-18

まぁ正直言って

時速80キロ以上出ないような車を作れば

交通事故は減るわけだよな。


そういう車を安くして売っても良い気がする。

逆に高くなるのかな

希死念慮自殺願望はないけれど

自分もいつか老害って奴になるんじゃないかと思うと、その前に交通事故なんかでポックリ逝ってしまいたい、そういう気持ちはある

自動ブレーキ実用化遅すぎない?

自動ブレーキがあれば防げた重大な交通事故って結構あるわけじゃん?

にもかかわらず自動ブレーキが当たり前になってきたのってここ数年じゃん?

遅すぎん?

初代iPhoneが出たのって11年前じゃん。

初代iPhoneって、200万画素でそんなに悪くないカメラ積んでて、それなりの画像処理能力もあったわけじゃん。

眼の前の障害物を認識して自動ブレーキをかける技術って当時でも実現できたんじゃねえの?

もちろん今よりだいぶ価格は高くなっただろうけどさ

なんで今頃実用化してるんだ?

anond:20180518111342

交通事故で不具になるケースなんかを考えると1000万円↑はありえるっちゃありえる。

法の不遡及ガーは意味不明損害賠償というもの自体民法709条に定められているものから遡及なんかしてない。

もし旧優生保護法のもの違法(違憲)だとか運用に重過失だとかが認定されれば、不法行為や重過失に対する損害賠償普通に成立するよ。

2018-05-17

anond:20180517094701

交通事故で1時間に1人以上死んでも誰もなにも言わないけど、風力発電で鳥が1000匹程度死ぬだけで風力発電を止めろというやつは山ほどいるけど。

交通事故を起こす人間は乗り物に乗っている

従って乗り物は危険なので全て規制廃止すべきである

2018-05-16

anond:20180516095458

左折するトラック交差点でひっかけられたっていう事故にあったことがあって、トラック運転手に逃げられかけたことがあるんだよ。

その時、通報しようとしてくれてた?通りがかりの人が逃げるな!って怒鳴ってたって後から警察の人から聞いた。そのトラック運転手事故の検分でもウソばっかりついてたサイアクの奴だった。

から増田増田親友のようなクズ運転手一定はいることも知ってるし、自分当事者になったら絶対ちゃんとしようといつも思ってるんだよ。経験者だから

から運転するなよバーカって言ってる。

経験者だからか、実際に事故を目撃して110番電話したこともあるし、同じくその場に居合わせサラリーマン風のおじさんも同じようにすぐに電話してたよ。

警察の人いわく、人通りがある場所なら複数人から通報があるものらしいよ。

火事には幸いなことにあったことがないし、交通事故被害者からこそ、自分運転する時には気をつけるし幸いなことにもらい事故も含めて合ったことがない。

増田こそなぜ、私が口だけ番長だと勝手に思い込んだんだ?自分クズ側だからだろう?笑

2018-05-12

監視社会の到来

ドライブレコーダーの普及が、交通事故責任解明に大いに役立つようになって久しく、

アメフトの反則もビデオ証拠ネットに晒されて、誰の目にも真実が明らかになるようになった。

人間曖昧記憶にたよる時代は終わった。


…なんて考えているうちにふと思ったんだけど、誰もビデオカメラを持っていない時代は、

平然とああいう反則が行われていたんじゃないか

そういう時代を生きてきた監督にとっては当たり前のことだったんじゃないか

と考えてしまった。

anond:20180512004252

おっさんホームレス孤独死しても、

交通事故と同じく、当たり前すぎて問題にされないからな。

人間認知の欠陥。

2018-05-10

ハムスターが死んだ

少し前、彼女が死んだ。交通事故だ。

車線をはみ出した居眠り運転が対向車とぶつかってその巻き添えになった。事故に関わった人間はほぼ全員死んだ。

彼女とはまあまあ長く付き合っていて、恋人になる前から仲が良かったし、やはりめちゃくちゃショックだった。最初は何が起きたのか本当に分からなかった。

病院で死んでいるという彼女に対面するまで、どっきりか何かだと本気で思っていた。芸能人でもないのにそんなドッキリあるわけないだろ、と今なら思う。

彼女が死んで少ししてから彼女電話から連絡があった。

めちゃくちゃ驚いたが、相手彼女の妹だった。彼女は元々遠方の地方都市出身で、母親と妹で彼女一人暮らししていた部屋を片付けに来ているという連絡だった。俺の私物(服とか)を見つけたが、どうしたらいいでしょうか?と聞かれた。向こうは郵送してくれるつもりのようだったが、女性二人で部屋を片付けるのは大変ではないだろうかと思い、直接取りに行って部屋の片づけも手伝うことにした。ただ、電話を切ってから10分くらい泣いた。正直、「全部嘘だよ~!」と彼女電話してくれたのではないだろうかと、少し期待していた。

部屋に行くと、やはり片づけはそんなに進んでいなかった。家電類や大きな家具業者が引き取りに来るとのことだったので、小さめの家具解体をすることにした。

その時にふとケージが目に入って思い出した。彼女ハムスターを飼っていた。

そのハムスターは、元々は彼女友達が飼っていて、「帰省する間預かってほしい」と言われてケージごと預かったが、ついぞその友達帰省から戻ってこなかったという。元々メンタルが弱い子で、しょうがないのでそのまま彼女が飼っていた。

俺も何度か餌をやったり、ケージを洗うのを手伝ったことがある。ハムスターケージの中ですやすや眠っていた。彼女母親に「ハムスターはどうするのか」と聞いたら、実家までは遠く、連れて帰るつもりではあるがどうやって連れて行けばいいのだろうか、と困っていた。

部屋があらかた片付くと、「何か欲しいものはあるか」と聞かれた。まだ若いし、形見なんか持たない方がいいのかもしれないけれど、とも言われたが、ハムスターをもらいたいと伝えた。母親は驚いていたが、確かに家までこんな小さな生き物を連れていくのは難しいので、あなたが良ければ引き取ってくださいと言われ、自分私物ハムスター用品一式が入ったでかい紙袋と、ハムスターケージを抱えて家に帰った。

飼い始めて感じたのだが、ハムスターって本当に全然なつかない。確か彼女の手の上で餌を食べたり寝たりしていた気がするけれど、そんな姿は彼女から届いた動画の中でしか見られない。

俺がケージの前に立つと一応餌をもらえると思ってエサ入れまでは出てくるが、そこからにのせようとすると大体噛まれる。しかハムスターに噛まれるとめちゃくちゃ痛いしめちゃくちゃ血が出る。めげずにまずは掌の上の餌を食べてもらうところから始めようと思ったが、においを嗅ぐだけで頑なに掌からは餌を食べようとしないので、「今日ダメか」と思いながら掌の餌をエサ入れに入れるのを毎日繰り返した。

飼い始めて何か月かして、やたらハムスターが太ってきた気がした。動きもなんだか少しおかしい。意を決してハムスターケージの外に出した。少し噛まれたが、甘噛みみたいな感じで血は出なかった。優しく握るように持ってみると、おなかが張っているのがわかった。何か悪い病気だろうかと思い、慌てて動物病院へ駆け込んだ。そこはハムスターは専門ではないので治療はできないが、ある程度の診察はできるとのことだった。

優しげな雰囲気獣医が、ハムスターを触診しながら俺に尋ねる。「今何歳ですか?」

言われてみれば、こいつの歳を知らなかった。詳細に話すのははばかられて、飼えなくなった知人から譲り受けたのでよく知らない、と答えた。それから、初めてハムスター寿命が3年程度どいうことを知った。確かに逆算すれば、そろそろ3年くらいたってもおかしくない。

腹が張っている原因は詳細には分からなかったが、ただ、寿命的なものから来ている可能性は大きいし、無理に治療して体力を奪っても寿命を縮めるだけかもしれないと言われ、様子を見ますと言って連れ帰ってきた。

それからまた少し経って、ハムスターは巣箱からなかなか出てこなくなった。前はケージを開ける音が聞こえたらエサだ!と言わんばかりにすっとんできたのに、巣箱にこもって出てこない。夜中の回し車の音もあまり聞かなくなった。

ある日、ケージを開ける音で起きたのか巣箱から出てきたので、久々に掌から餌を食べさせようとすると、初めて俺の手から直接餌を口に入れた。嬉しくなって掌にのせると、そのまましばらくもごもご餌を食べてから、降りたそうにそわそわし始めたので、ケージに戻してやった。ようやく懐いてくれたのだと思った。それから数日は同じように手から直接餌をやった。本当に嬉しかった。嬉しさの余り動画を撮って彼女に送ろうとしたほどだ。彼女はもういないのだけど。代わりに、部屋の片づけの時にLINEを交換した彼女の妹に、初めて自分からメッセージを送った。動画を添えて。今までごくわずかな連絡しかしていなかったので、送ってから「こんなもの送ってよかったのか」と少し後悔したが、「元気そうでよかった。かわいい」といった内容が返ってきてほっとした。

そして今朝、ケージをのぞいたら、ハムスターが巣箱の手前でまるで行き倒れるかのように寝ていた。寝相悪いな、と思ってケージを開けてみても、全く起きない。もしや、と思ったら背筋が一気に寒くなった。いきなり触るとビビってしまうと思って、そっとケージを揺らしたり指でたたいたりしたが、結局横腹辺りをそっと指で触った。全く動かなかった。

犬や猫ならペット葬儀があることは知っていたが、ハムスターは如何したらいいんだろうと思ってネットで調べたら、植木に埋葬するという方法を知った。なるほど、と思って今日はもう休むことにしてホームセンターに行ったら、レモンの木が売っていて、おしゃれでいいなと思ってそれを買ってきた。そしてさっきまで鉢替えして、埋葬をしていた。疲れたな、と思ってぼーっとしながら適当シャッフル音楽を聴こうとしたら、しょっぱな米津玄師のlemonが流れてきて、そういえばあのドラマをやってた時、ドラマは途中からしんどくて見られなかったんだけど、音楽だけいいなと思って買ったんだった、とか思いながら、聞いて、そういえば彼女は「ハチの頃から知ってたのに」とかなんとかめんどくさい古参みたいなこと言ってたな、とか、いろいろ思い出して、久々に声をあげて泣いてしまった。彼女電話番号で妹が電話してきた時以来、大声で泣いた。

嘘みたいな話だけど、ハムスター名前みかんって言うんだ。色の濃いキンクマハムスターだったから。レモンを買ってきたのは、同じ柑橘系だしなっていうのもあったんだ。みかんちゃん彼女のもとへ行けただろうか。しんどい彼女にもみかんももう一度会いたい。もっかい一緒にケージのぞき込んで、回し車壊れるんじゃねえのってくらい走るみかんを二人で見たい。

https://www.sankei.com/affairs/news/180509/afr1805090023-n2.html

集団登下校にはデメリットもある。集団で列を作って歩くと交通事故などに巻き込まれ場合被害が拡大するリスクを抱える。

この理屈わからん

一人あたりのリスクは増えて無くね?

しろ上級生が見守ることで低学年が被害に遭う可能性は減らね?

「一度に複数人轢かれるリスク」が問題ってこと?

2018-05-06

[]2018年5月5日土曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
007212303170.949
014612801278.345
02344199123.552.5
03324133129.2115.5
0428231882.867
0514127190.828
0618143679.859.5
07253945157.856
0819159283.859
09415258128.258
10505068101.474
11245384224.339
12377634206.343
13416388155.845
1448448193.452
15404298107.540.5
16536191116.858
175211182215.041
18505473109.550
19458820196.084
20515883115.465
21114984386.339
22869338108.652.5
238013414167.793.5
1日1100152653138.852

頻出名詞

人(125), 自分(99), 今(56), 好き(52), 話(48), 女(46), 日本(45), 人間(44), 増田(39), 仕事(37), 関係(37), あと(36), 子供(34), 相手(34), 問題(33), 昔(33), 前(33), 気(31), 必要(31), 普通(29), 女性(28), 最近(28), 頭(27), 目(26), 感じ(26), ネット(26), 他(25), 場合(25), https(24), 時間(24), 男(24), 絶対(24), 会社(23), 意味(23), しよう(22), 手(22), 意見(22), 結婚(21), 世の中(21), 理由(21), .jp(21), 結果(21), ー(20), 世界(20), 存在(20), 社会(20), 家(19), 顔(19), 国(19), 気持ち(19), 今日(19), 全部(18), 移民(18), 誰か(18), 店(18), 他人(18), 男性(17), 人生(17), しない(17), 家族(17), 本(17), 安倍総理(16), 作品(16), 一番(16), 一人(16), じゃなくて(16), ゲーム(16), 生活(16), 時代(16), レベル(15), anond(15), 本人(15), 全て(15), 日本人(15), 自体(15), 可能性(15), 言葉(15), http://(15), 場所(15), 別(15), 親(14), 行為(14), 友達(14), b(14), 状況(14), 現実(14), 逆(14), 方法(14), 嫌(14), なんだろう(14), 全く(14), 都合(13), 安倍(13), 記事(13), アホ(13), 無理(13), その後(13), たくさん(13), 興味(13), ゴミ(13)

頻出固有名詞

日本(45), 増田(39), 安倍総理(16), じゃなくて(16), 可能性(15), なんだろう(14), 安倍(13), hatena(12), 自民党(12), Twitter(11), ツイッター(11), ブコメ(11), ネット右翼(11), 価値観(11), GW(11), いない(10), 外国人(9), s(9), アレ(8), ブログ(8), マジで(8), SNS(8), スマホ(8), コナン(8), 普通に(7), 中国(7), 2人(7), なのか(7), 社会人(7), 1日(7), アメリカ(7), 個人的(6), シンガポール(6), 元増田(6), 自国民(6), 安倍自民党(6), わからん(6), 異世界(6), 好きな人(6), 基本的(6), リアル(6), 1人(6), ブクマ(6), …。(6), ???(6), 依存症(5), 被害者(5), w(5), にも(5), カス(5), はてブ(5), なんの(5), E(5), 数年(5), 勤務先(5), トラバ(5), 最終的(5), いいんじゃない(5), B(5), いいね(4), 何度(4), 二次創作(4), 些細なこと(4), 遺伝性(4), ワイ(4), 韓国(4), 自分自身(4), 財務省(4), twitter(4), 積極的(4), 社会問題(4), 笑(4), 連絡先(4), ツイート(4), ネトウヨ(4), 東京(4), 悪いこと(4), 従業員(4), 森友(4), 90年代(4), 娘(4), 就活(4), ブクマカ(4), 3回(4), あいつら(4), 奴隷労働(4), 山口(4), 嘘松(4), 1年(4), 30代(4), ニート(4), ババア(4), 1000万(4), 具体的(4), 天皇制(4), 知的水準(4), ヨーロッパ(3), ゴマ(3), ー(3), 交通事故(3)

2018-05-03

[]

 状況

追加の糞尿被害確認されなかった。

 目撃情報

とある家の裏庭で白黒を目撃。非エネルギー個体だ。

横が更地なので、道路からでも裏庭の様子が分かるのだ。

この白黒は頻回に目撃する。☆皿を玄関前に配した

虐待野郎の家にも近い。おそらく虐待野郎から

おこぼれ目当てなんだろうと推測される。

虐待野郎は、保健所通報案件だな。以前にもこの家の住所を

グーグルマップで同定し、通報したんだけど、指導が入って

ないのかな?保健所の怠慢か?

☆をやらなきゃ死ぬような奴は、人間が飼って育てるために品種改良した動物だという

ことで、そんな動物をただ都合のいい時に可愛がりたいという理由だけで

☆やりしていいのか???

病気するかもしれんし、交通事故に遭遇するかもしれんし、しかしそんなことから

守ってやることもしない!!!!!

一度に5~6匹ずつ産むのに不妊処置もせず、生まれた子個体の世話もしない!!!!!

ただ☆だけやって放置している人は、動物虐待じゃないのか???

しかも主という責任すら負おうとしない!!

そんな輩は最低の虐待野郎だとは思わないか

自分のやった☆を個体があれしてるとこを、見たいだけ??

虐待野郎の家のポスト過去判例印刷した紙を、ぶち込みたい。

ポストがギュウギュウパンパンになるくらい詰め込みたい!!!!!

あととある場所にて割毛な白を目撃した。五臓六腑変調をきたしてる

のかも??どうなんだろう?

そういえばこの前、車の下に配したのがなくなっていた。

ある個体が〇してくれたんなら良いんだけど。車の下だから

個体しか考えられない。

無主個体を一掃できんかな?そしたら当家の庭で排泄するのは

徘徊する主有個体だけに限定されるので、カメラ撮影し、

証拠を累積し、損害賠償請求できるのに( ^ω^)・・・

2018-05-01

悲しい、ネット私刑している人を見かけた

ソース

https://twitter.com/maruseiyu001/status/990059331067379713

被害者ライダーだ。

ドライバーが完全に悪だと思う。

それでもドライバー顔写真相手車両ナンバーネット上に公開する必要あるのか?

これは正義武器にしたリンチのものだよ。

事故当事者警察保険屋だけが知っていれば十分。

インターネット上に公開して憂さ晴らしなんて、なんて醜く汚いのだろう。

俺はこのライダー気持ち悪くて仕方ないし、支持しているリプライ全てに反吐が出る。

交通事故相手がたとえ全面的に悪くても、

ネットを利用して顔写真ナンバーを公開することはいじめとしか言いようがない。

このような行為こそ罰せられるべきだと思う。

いつまでもネットに残り続ける。

加害者被害者として苦しみ続ける。

まるでトーマスに晒されたリベンジポルノのように…。

悲しいなぁ。

2018-04-28

保存用

ハムスターが死んだ

少し前、彼女が死んだ。交通事故だ。

車線をはみ出した居眠り運転が対向車とぶつかってその巻き添えになった。事故に関わった人間はほぼ全員死んだ。

彼女とはまあまあ長く付き合っていて、恋人になる前から仲が良かったし、やはりめちゃくちゃショックだった。最初は何が起きたのか本当に分からなかった。

病院で死んでいるという彼女に対面するまで、どっきりか何かだと本気で思っていた。芸能人でもないのにそんなドッキリあるわけないだろ、と今なら思う。

彼女が死んで少ししてから彼女電話から連絡があった。

めちゃくちゃ驚いたが、相手彼女の妹だった。彼女は元々遠方の地方都市出身で、母親と妹で彼女一人暮らししていた部屋を片付けに来ているという連絡だった。俺の私物(服とか)を見つけたが、どうしたらいいでしょうか?と聞かれた。向こうは郵送してくれるつもりのようだったが、女性二人で部屋を片付けるのは大変ではないだろうかと思い、直接取りに行って部屋の片づけも手伝うことにした。ただ、電話を切ってから10分くらい泣いた。正直、「全部嘘だよ~!」と彼女電話してくれたのではないだろうかと、少し期待していた。

部屋に行くと、やはり片づけはそんなに進んでいなかった。家電類や大きな家具業者が引き取りに来るとのことだったので、小さめの家具解体をすることにした。

その時にふとケージが目に入って思い出した。彼女ハムスターを飼っていた。

そのハムスターは、元々は彼女友達が飼っていて、「帰省する間預かってほしい」と言われてケージごと預かったが、ついぞその友達帰省から戻ってこなかったという。元々メンタルが弱い子で、しょうがないのでそのまま彼女が飼っていた。

俺も何度か餌をやったり、ケージを洗うのを手伝ったことがある。ハムスターケージの中ですやすや眠っていた。彼女母親に「ハムスターはどうするのか」と聞いたら、実家までは遠く、連れて帰るつもりではあるがどうやって連れて行けばいいのだろうか、と困っていた。

部屋があらかた片付くと、「何か欲しいものはあるか」と聞かれた。まだ若いし、形見なんか持たない方がいいのかもしれないけれど、とも言われたが、ハムスターをもらいたいと伝えた。母親は驚いていたが、確かに家までこんな小さな生き物を連れていくのは難しいので、あなたが良ければ引き取ってくださいと言われ、自分私物ハムスター用品一式が入ったでかい紙袋と、ハムスターケージを抱えて家に帰った。

飼い始めて感じたのだが、ハムスターって本当に全然なつかない。確か彼女の手の上で餌を食べたり寝たりしていた気がするけれど、そんな姿は彼女から届いた動画の中でしか見られない。

俺がケージの前に立つと一応餌をもらえると思ってエサ入れまでは出てくるが、そこからにのせようとすると大体噛まれる。しかハムスターに噛まれるとめちゃくちゃ痛いしめちゃくちゃ血が出る。めげずにまずは掌の上の餌を食べてもらうところから始めようと思ったが、においを嗅ぐだけで頑なに掌からは餌を食べようとしないので、「今日ダメか」と思いながら掌の餌をエサ入れに入れるのを毎日繰り返した。

飼い始めて何か月かして、やたらハムスターが太ってきた気がした。動きもなんだか少しおかしい。意を決してハムスターケージの外に出した。少し噛まれたが、甘噛みみたいな感じで血は出なかった。優しく握るように持ってみると、おなかが張っているのがわかった。何か悪い病気だろうかと思い、慌てて動物病院へ駆け込んだ。そこはハムスターは専門ではないので治療はできないが、ある程度の診察はできるとのことだった。

優しげな雰囲気獣医が、ハムスターを触診しながら俺に尋ねる。「今何歳ですか?」

言われてみれば、こいつの歳を知らなかった。詳細に話すのははばかられて、飼えなくなった知人から譲り受けたのでよく知らない、と答えた。それから、初めてハムスター寿命が3年程度どいうことを知った。確かに逆算すれば、そろそろ3年くらいたってもおかしくない。

腹が張っている原因は詳細には分からなかったが、ただ、寿命的なものから来ている可能性は大きいし、無理に治療して体力を奪っても寿命を縮めるだけかもしれないと言われ、様子を見ますと言って連れ帰ってきた。

それからまた少し経って、ハムスターは巣箱からなかなか出てこなくなった。前はケージを開ける音が聞こえたらエサだ!と言わんばかりにすっとんできたのに、巣箱にこもって出てこない。夜中の回し車の音もあまり聞かなくなった。

ある日、ケージを開ける音で起きたのか巣箱から出てきたので、久々に掌から餌を食べさせようとすると、初めて俺の手から直接餌を口に入れた。嬉しくなって掌にのせると、そのまましばらくもごもご餌を食べてから、降りたそうにそわそわし始めたので、ケージに戻してやった。ようやく懐いてくれたのだと思った。それから数日は同じように手から直接餌をやった。本当に嬉しかった。嬉しさの余り動画を撮って彼女に送ろうとしたほどだ。彼女はもういないのだけど。代わりに、部屋の片づけの時にLINEを交換した彼女の妹に、初めて自分からメッセージを送った。動画を添えて。今までごくわずかな連絡しかしていなかったので、送ってから「こんなもの送ってよかったのか」と少し後悔したが、「元気そうでよかった。かわいい」といった内容が返ってきてほっとした。

そして今朝、ケージをのぞいたら、ハムスターが巣箱の手前でまるで行き倒れるかのように寝ていた。寝相悪いな、と思ってケージを開けてみても、全く起きない。もしや、と思ったら背筋が一気に寒くなった。いきなり触るとビビってしまうと思って、そっとケージを揺らしたり指でたたいたりしたが、結局横腹辺りをそっと指で触った。全く動かなかった。

犬や猫ならペット葬儀があることは知っていたが、ハムスターは如何したらいいんだろうと思ってネットで調べたら、植木に埋葬するという方法を知った。なるほど、と思って今日はもう休むことにしてホームセンターに行ったら、レモンの木が売っていて、おしゃれでいいなと思ってそれを買ってきた。そしてさっきまで鉢替えして、埋葬をしていた。疲れたな、と思ってぼーっとしながら適当シャッフル音楽を聴こうとしたら、しょっぱな米津玄師のlemonが流れてきて、そういえばあのドラマをやってた時、ドラマは途中からしんどくて見られなかったんだけど、音楽だけいいなと思って買ったんだった、とか思いながら、聞いて、そういえば彼女は「ハチの頃から知ってたのに」とかなんとかめんどくさい古参みたいなこと言ってたな、とか、いろいろ思い出して、久々に声をあげて泣いてしまった。彼女電話番号で妹が電話してきた時以来、大声で泣いた。

嘘みたいな話だけど、ハムスター名前みかんって言うんだ。色の濃いキンクマハムスターだったから。レモンを買ってきたのは、同じ柑橘系だしなっていうのもあったんだ。みかんちゃん彼女のもとへ行けただろうか。しんどい彼女にもみかんももう一度会いたい。もっかい一緒にケージのぞき込んで、回し車壊れるんじゃねえのってくらい走るみかんを二人で見たい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん