「ケモナー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ケモナーとは

2018-08-05

ケモナー動物好きは分かりあえないのかもしれない

ケモナーというか細田守動物好きというか俺

細田守作品ってさー

犬とか動物に対する愛を一切感じないんだよね

ゴミ収集車にぶち込むとかダックスを腰に悪い抱っこするとか

動物好きな俺からすると、そういう感じの「可哀想」って思っちゃう描写ってかなり不快なんだよね

動物好きだからケモナーになるのかと思ったけど、少なくとも彼はそうじゃないんだなー性的な目で見てるだけなんだなーって

残念

2018-07-30

人間異性愛者 兼 ケモナーなんだが

こういう私みたいな人間もB(バイ)に入れてもらえるの?

それとも何らかの洗礼必要

anond:20180729123629

ありがとうみんな。いろいろ意見が聞けて楽しかったよ。私はズーフィリアでもホモでも何でもない普通主婦です。というかズーフィリアって単語を昨日知りました。

ケモナーって言葉を使ってしまたこと、ユニコーンっていう空想生物を出してしまたことは迂闊だったなあって思ってます。ざんねん。次回はもっと下調べ頑張ります


釣りでもいいけどお前、元の文まで削除するんじゃねえよ。

批判が辛かったのか?

元増田とどっこいのチキンハートだなおい。

つーかお前、男だろ?

主婦かいうのも嘘だろ?

ゲイの方達と同じ日本ジェンダー規範に抑圧されている女性、ましてやニート穀潰し扱いされてる主婦の言うことか?

自民党生産性のない人間ヘイトはお前らにも向けられんだぞ?正気か?

同じマイノリティなのに何故共感するどころか攻撃に回るのか、さっぱり神経がわからん

ゲイの方やケモナーの方をどこまで蹂躙すれば気が済むのか。

2018-07-29

anond:20180729123629

ケモナーは置いといて、レイプ以外の獣姦ってどうやってするの?

ズーフィリアじゃないしショックも受けてない

ありがとうみんな。いろいろ意見が聞けて楽しかったよ。私はズーフィリアでもホモでも何でもない普通主婦です。というかズーフィリアって単語を昨日知りました。

ケモナーって言葉を使ってしまたこと、ユニコーンっていう空想生物を出してしまたことは迂闊だったなあって思ってます。ざんねん。次回はもっと下調べ頑張ります

2018-07-26

生産性がないと言われた人間私見

俺はパンセクシャル寄りのバイで、おまけに社会不安障害を抱えていてあまり人と仲良くなれない。なので女性と満足にセックスできたためしがない。風俗店に行ったこともあるがいたずらに時間が過ぎるだけだった。

よって俺は現時点で子どもを作れないLGBTの1人である

しかしそれでいて「生産性発言非難轟々の某議員をあけすけに叩くことがどうしてもできない。

セクシャルマイノリティの内訳ではLGBTマジョリティであると俺は思う。小児性愛ケモナーよりは確実にポピュラー存在だろう、LGBTは。多様化スローガンを掲げてホモフォビア的態度を封殺しようとすれば、LGBT以外のセクシャルマイノリティにも寛容にならなければいけない。人間イマジネーションは奥が深い。俺らが思いもよらないもの行為恋愛感情性的関心を寄せる人は幾重にも存在する。

小児性愛者やケモナー、はたまた四肢切断に関心を抱く人等、これから出会うかもしれないセクシャルマイノリティの全てを受け入れろというのは個人キャパティを超えている。人にはどうしても認められない価値観があって、当人の持つテーゼからまりにかけ離れているがために今はその存在すら想像だにしていないのだ。

こうやって判断の難しいレアケースにどうやって対処するのかと言うことを唱えると「小児への性的接触や獣姦判断能力が低く意思表示が難しい者を弄ぶ暴力行為であり、そういった行為に走る可能性がある人間容認することはできない」というような反論が聞こえてくるだろう。しかしそれは僕からすると間違いで、性的欲求暴走させ周囲を傷つける判断能力の欠落とセクシャルマイノリティであるかどうかは何の因果もないと思う。同世代対象としたヘテロセクシャルLGBTにもレイパー存在するわけで、猥褻事件の要因をセクシャリティに絡めてはいけない。

リベラリスト立場LGBT権利拡大賛同する人のどれだけが、明示化されるかもしれないレアケースに向き合う覚悟があるんだろうと、どうしても俺は冷ややかな態度になってしまう。突き詰めていけばみんな結局自分信心に従った勝手のいい「倫理」を持ち出して、自分嫌悪するものを「例外」として門前払いしようとし始めるのではないのかと考えてしまう。結局僕らは女性蔑視の酷いイスラム原理主義者中絶を認めないカトリック信者のように、自分の持つテーゼ一方的に盲信しているだけかもしれない。

生産性のない者に施しはいらない」という言葉をもってして考慮すると騒動セクシャリティに限った話ではない。

カルト教団統合失調症患者アルコール麻薬依存症医療大麻支持者、ニート生活保護受給者パチンコ店経営者ブラックワンマン社長ゴシップ誌記者うなぎ養殖業者、原子力発電業者世間から存在意義を問われ時には社会を卑しめる悪とすら呼ばれる人たちは枚挙にいとまがない。彼ら全てを肯定しようといえば、どこからともなくそれは違うという人が現れて、彼らの短所を挙げ尤もらしく彼らの排除を訴える。世界は単純ではなく、何にだ短所はあるというのに。

俺は別に認められないものがあってもいいと思うんだよ。神じゃないんだから個人的にNGってもの絶対あるし、逆にこれは守りたいってものもあっていい。でもそれを「社会多様化」だとか大義名分掲げて、さも公益のため人の尊厳のために滅茶苦茶正しいことやってるですよって正当化していくの、なんか卑怯だなって思っちゃう時があるんだよ。結局根っこは私信だと思うのね。「ゲイオープンリーになったらなんか良さげじゃん」みたいな気持ちに色々肉付けして説得力あげようとしてるだけなんじゃないのかなってたまに思ってしまう。

みんなが「ゲイが虐められてるの見ると気分悪いかホモフォビア嫌いです」ぐらいの意思表示にとどめたほうが、かえって問題がわかりやすくなるんじゃないかなとか考えちゃう

それから今回の炎上でやるべきなのは議員自民党を叩いて潰そうとすることじゃなくて、カウンターになりうるLGBT理解ある議員応援だと思った。気に入らないものを潰せというのではなくて、自分意見を反映してくれる人を送り込むというアプローチのほうが社会多様性という点では好ましいんじゃないかな。

まとまりがなく幼稚な内容かもしれないけど、あの議員に迷いなく憤りをぶつけることがどうしてもできなくて、その理由を探るために書き記しておきます

2018-07-21

大前提細田守監督ショタコンケモナーである

未来のミライレビューネットに次々と挙がっていくので読んでいたのですが、皆さんこの大前提ポロっと抜け落ちているように思います

それゆえに大抵のレビュアーは「細田守が描きたかったものは何なのか」を想定しようとする時に大きなミスを犯します。

細田守が描きたいものなんていつだってつの事です。

ケモノ」と「ショタ」です。

このことは「おおかみこども」「バケモノの子」を見れば明らかでしょう。

しかし、彼は長い間その感情を押し殺していました。

中でも「時をかける少女」においては「ケモノ」や「ショタ」への執着心が完全に押し殺されています

時かけ」において、細田守監督自身の執着を完全に押し殺し、最大公約数的な作品作りにつとめその結果として商業的・文化的成功を収めることになります

その影響により彼は「大衆のための作品作りが出来るアニメ監督」という評価を背負わされることになります

彼が「時かけ」のあとに制作した「サマーウォーズ」という作品に対して、あまり大衆向けであることを目指しすぎていて衆愚政治のような匂いが漂っていると感じたことは無いでしょうか?

同時に「サマーウォーズ」の中では、「時かけ」では押し殺されていたはずの「ショタコン」「ケモナー」という氏の2大性癖スクリーンから見え隠れするシーンが幾度もあります

この頃から細田守作品においては「大衆向けの成功」と「個人的性癖への執着」が熾烈なぶつかりあいを始めます

未来のミライ」を評価するのであれば、この事から絶対に目をそらしてはいけないでしょう。

しろ、そういった2つの相反するようでありながら混ぜ合わせることが完全には不可能でない願望をどうにかして同時に満たし自分他人幸せになれる場所を目指したいという彼の中にある葛藤・願望が強烈に爆発したのが「未来のミライであるという見方をすることがベスト可能性すらもあるわけです。

最後にハッキリ言ってしまいましょう。

未来のミライ」について語っておきながら「ショタコン」「ケモノ」といった要素に触れていない文章は、物事のごく狭い面だけしか見ておらず片手落ちもいい所です。

2018-07-18

細田監督CMバンバンやってる未来のミライ試写会評価めっちゃ低いってな

うそろそろ周りのやつが言ってやるべきだろう

ショタケモナー世間で受け入れられることはありません」って

2018-07-06

鳥ケモ

私は鳥ケモナーだ。

ポケモンで言うならルチャブルネイティオペラップが好きだし、一番理想なのは神撃のバハムートガルラだ。

だがしかし、鳥ケモ、ハーピィのような形態を除けば、供給が少ないのが悲しい。特にオス鳥ケモ。

からなんだと言う話だが、カラスを見て綺麗だなあ、かっこいいなあと思うくらいで気を紛らわせている。そして今日唐揚げは美味い。

2018-06-28

LGBTロリペドケモナーネクロフィリアを入れろというが、ホモ嗜好(ゲイレズ)には同じ性的嗜好の人と愛し合うことができる。

ロリペドケモナーネクロフィリアはどうかというと同じ性的嗜好の人同士では愛し合うことは出来ない。

これが性的マイノリティとして認められない原因と思っている。どこかにロリペド好きの子供やケモナー好きの人間

意思疎通のできる犬猫等、意思表示のできる屍体が存在すれば解決するんだろうけどそうじゃないからね。

次元我慢しておくんだね。

2018-06-27

anond:20180627210318

なんでテメーの汚い物を舐めなきゃならないんだ

俺はケモナーじゃねえ

2018-05-29

anond:20180529145411

ケモナー動物愛護法対象ではない「野生の哺乳類鳥類爬虫類」の動物なら今もなんら違法ではないだろうね

ただ動物愛護法対象になる犬や猫などと愛し合いたいとか結婚したいとかだと法律面で問題があるだろね

死姦に関しては現状だと死体損壊罪に問われてしまうけど

生前に本人及び遺族が死姦行為同意していてかつ伝染病などの衛生面での問題クリアできれば

倫理的にはこれを否定する根拠特にないのではないかと思われる

ただ法改正を訴えるほどの勢力現実的形成されるのかどうかは疑問ですが

anond:20180529145158

ケモナー「俺もならべないとおかしいよな」

死姦フェチ「俺もだ!」

2018-04-29

Nekojishi

特にケモナーってわけでもなかったけど無料だったし絵も気に入ったので、とりあえずエンディングだけは一通り見てのネタバレ駄文

 

 

システムなど基本的なことに関しては、既読スキップなど最低限のUIはあり、ストレスはそこまでたまらなかった。まあそこまで複雑なシステムがあるゲームでもないしこのくらいでも十分。

翻訳に関してはかなりレベル高い。ところどころ安定しない一人称や、誤字が見られるものの読むぶんには問題ないレベル

あと現地宗教特産物、地名など地域に根づいたポンと出されても全くわからない要素に関して用語集があるのも非常によかった。

ストーリーに関しては、一回目は何も考えずにプレイした結果(後のトゥルーエンド見るに、誘導されたのかもしれないけど)唐突に車にはねられ、並行世界的場所で先輩と二人幸せに暮らすとかいうエンドでさっぱりわけがからなかった。正直トゥルーエンド見た今もよくわからない。

そのデータでいくつかエンディング見た後、結局雲豹に関してさっぱりわからなかったり、ストーリーが気になったので攻略を見てプレイ。そうして順繰りに各キャラエンド、そしてトゥルーエンド見ていった。

 

そうした全体の感想としては、ストーリー前半部のイチャイチャ分岐パートに関してはまあそっち系の興味もないこともあって流してたけど、後半の雲豹に襲われる辺りからの展開は物語に引き込まれた。

それまで伏線を生かした逆転もあり話が盛り上がって、その後の雲豹が襲ってきた理由や先輩の正体も意外性があり楽しめた。

 

まとめとしては、無料とは思えないレベルで纏まっており、そっち系に興味ない自分でも頼んでプレイすることができた。

あと、キャラクターとしては、やっぱり長年見守ってくれてたりピンチに頼りになったりとかっこよくて世話焼きな虎爺が一番好き。

2018-03-21

リザルフォスがかわいいケモナー実態

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドというゲームがある。GOTY(Game Of The Year)にも選ばれたものすごいゲームだ。

所謂オープンワールドというものゲームだが、これは他のオープンワールドとは一線を画している。

オープンワールドゲームは数多くあるが、それでもまず、壁を自由に登れるものは少ない。見えない壁が全くと言っていいほどないオープンワールドほぼほぼない。ブレスオブザワイルドにも見えない壁はあるが、それは遥かに巨大なフィールド領域外に行こうとしたときだけだ。物を燃やしたら周りの草木燃え移る。そこから上昇気流が生まれて道具を使えば飛べるとか、物に風船を取り付けて飛ばし、それに乗って気球まがいの事が出来たりする。天候の概念もあり、大抵ランダムに雨が降ったり雷が降ったりする。その時金属製のものを付けていれば(現実では迷信だけれど)主人公リンクに雷が落ちてきて大ダメージを受けたりもする。

そしてどこから何をしようがそれもほぼほぼ自由最初チュートリアルが終われば、ラスボス直行しようともその辺で道草を延々と食っていようと忠実にストーリーを進めようとも、全く別の方へ行こうとも構わない。そしてそれなのにストーリーはしっかりと構成されている。

戦闘システムも飽きが来ない。敵の種類はそうはいないが、メインの敵数種類が持つ武器は4種類ほどあり、それらで攻撃方法が変わってくる。軽く速い攻撃から重く遅い攻撃までバリエーションが多々ある。その中でリザルフォスという敵がいる。ゼルダの伝説ではまあまあ古参の、多分ポケモンで言ったら金銀かルビサファくらいから出てきたキャラだと思う。名前の通りのトカゲモンスターなのだが、ブレスオブザワイルドのそのリザルフォスの見た目はカメレオンバージョンリザードマンのような感じである。他のタイトルではまんまリザードマンだったりするが、そこ辺りのデザインシリーズによってちょいちょい異なっている。主人公が居るのに気付いていない場合は、魚を焼いているのをじっと眺めていたり、風景擬態してじっとしていたりするが、主人公に気付けば一目散に走ってきてお手製のブーメランを振り回してきたり、飛び掛かってきて槍を叩きつけたりしてくる。

それで、鱗の色は緑やら紫やら白やら金やら薄い水色やら黄色やら赤色やら結構種類によって異なってくるけれど、お腹の色は真っ白。そのお腹に抱きつきたいとかなり思う。スリットからずりゅと出てくるチンコにケツを侵されたいと思うしそのスリット自分チンコ突っ込みたいとも思う。体長が2mくらいはあって直立したら見上げる形になって見下される形になるのもいい。尻尾も長くて肉付きが良くて、それで締め付けられたい。口と口を交わしてその長い舌で自分の舌を巻きつけてねっとりとした涎を交じり合いたい。水の中に押し込められて、犯されながら呼吸もリザルフォスの生暖かい息で満たしてほしい。ぎゅっぎゅっと強く抱きしめられながらくちゅくちゅされたい。チンコを口に押し付けられて頭を押さえつけられてその太ももで締め付けられて頭上でハアハア言ってるのを聞きながら精液を無理やり飲まされたい。そんな様で自分射精してしまうのをじっと見られたい。ああリザルフォス、このわたくしめを押し倒してください。そして思う存分犯してください。

2018-02-07

anond:20180207203839

実際他人友情見ても、感動的な話として仕上がってない限り何も思わないわけで。

それはともかく、ケモナーってなんだ

獣人友達でもいるん

友情って概念はもうオタクには存在しないのかな?

昔だったら友情として扱われたのが今やどれもこれもホモレズかノマカプかケモナーか何らかの異常性癖にされちまう。

ふざけてる。

人が性欲でしか強くつながれないとオタクは思っているのだろうか。

そんなのよりも濃い物があるって知らないのかな。

知らないんだろうな。

オタクになるような奴らの人生ではそんなもの出会えなかったかフィクション世界に没頭しちゃうんだもんな。

現実で誰かと時間を共有することより漫画アニメにのめり込んで登場人物共感するかシコるかしてる方が楽しいんだよな。

そんなことよりも楽しい物があるなんて知らないんだよな、オタクは。

2018-01-30

趣味:物書き

小説を書く事を中学の頃から始めた。今年でもう7~8年間は続けている趣味になるだろうか。

長い出来の悪い期間を経て、自分で後から削除したりとか、それほどに恥ずかしいものは書かなくなったとは思っている。

一次創作二次創作をそれぞれなろうとハーメルンでやっている。

それぞれでかなり受けたものが一つずつある。

点数やPVは両方で違うけれど(特に点数は評価方法が違う)、多分サイトの規模で比較した場合同じくらいの受け方だった。

そして、それぞれ一つずつしかない。

結局のところ、それは偶然受けたのだと思っている。

前提として、自分の書きたいものはとてもニッチだった。

けれど、そのニッチをマスに受けるような書き方を7~8年間続けてきて意図的に出来ていない。言い換えれば、自分の作ったニッチエロ動画自分しか抜けない。

それぞれで受けた時は偶然、そのニッチエロ動画で他の多くの視聴者を抜かせる事が出来た。偶然、そういう書き方が出来ていた。

一応、その、マスに受ける為にはどうしたら良いかとか、一次創作では色々考えて書いた事もある。でも、その受けたものを越せるようなものはまだ全く書けていない。全く足元にも及んでいない。

……今、自分一次創作に関しては、受けたくて書いている。それは、書きたくて書いているという情熱より強い。それほどに受けた時の満たされ方は強く、それによってより強い承認欲求を満たしたくなってしまった。

でも、受ける為に書きたいものニッチから捻じ曲げる気もあまりない。

多分、それはとてもハードルの高い戦いであり、ずっとその戦いを自分は続けているのだろうと思う。

ちょっと失礼な言い方になるかもしれないけど、自分ニッチを受けさせるという事は、普通性癖の人をレズホモケモナーやらに目覚めさせるようなエロ動画を作らなければいけないということなのだ。

それを読んだ人の性癖が捻じ曲がってしまうようなものを書かなくてはいけないのだ。

それも、小説という、何の技術特殊な資材も要らずに始められ、それ故に途轍もなく多くある作品の中から選んで貰って。

なんとなく、始める為の必要コストと、受ける難しさというのは反比例するのだろうと思い始めた。実際、それは事実だろう。始める敷居が高いほど、それをやっている人数も少ない。

からこそ、小説というものは、受ける難しさは人数比で比べたら漫画より難しいと思う。

でも、7~8年続けてきた事は事実だし、今更別のものに、受ける為に手を付けようとも思わない。

小説での創作楽しいし、書きたいものもちゃんとある。それは趣味としての根幹だろう。

受ける為というものは書きたくて書いているという欲求より強くなってしまったが、その為に自分の書きたいものを曲げようとまでは思っていない。思ってしまったらきっと、それはもう趣味じゃないだろうとも思う。

自分ニッチな趣向のせいで高くなってしまったハードル呆然としながらも、自分趣味として物書きを続けている。

楽しいと思う事は、受けたいという欲求より大切にしなければいけない。それは確固として思う。何があろうとも。

2017-11-12

ケモ好きな人って何キッカケでそういうの好きになったの?

キッカケが知りたい

はてなケモナーいるかからないけど

2017-11-10

anond:20171110185745

おれはケモナーだけど体毛が濃いだけの女は好きじゃないんだよな。ふしぎ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん