「バカバカ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バカバカとは

2017-11-19

anond:20171119103342

もういいよ、あんたは。反論する気も失せたし、今まで一生懸命書いていることがバカバカしくなってきた。

「男が女より責任を負っている事って何?」って、もうあん恋愛結婚自体に向いていないよ。

一生独身のまま答えを見つけられずに意味なく生きていればいいよ。

2017-11-16

anond:20171116192055

それでいいんなら格差解消とか言うのがバカバカしくなってくるな

2017-11-14

anond:20171114161352

権利がないなどと言われてしまバカバカしいルールにも従う必要を感じないので従いません()

anond:20171114160627

ではあなたの設定したルールバカバカしいと思って従わないことも自由ですね

anond:20171112202942

私が15年働いて、すなわち会社所属して残ったものは、複数精神疾患と神経疾患、数種類の薬を飲まないと成り立たない毎日

それでも無慈悲に訪れる原因不明の疼痛。

最初病気発症したのは働いて10年目、まず食事が喉を通らなくなり、呼吸が苦しくなった。睡眠もうまく取れなくなった。

それでも会社に行って働いた。それから全身がだるくなり、身体に力が入らなくなり、力を入れるとこむらかえりするようになった。

不安感が常につきまとい、すぐにテンパるようになった。それでも会社に行った。微熱半年続いた。

この時点で正常な判断能力は無くなっていたのだと思う。こんな状態なのに会社に行っていた。

実家に帰ることがあり、そこで少し庭仕事を手伝った所、熱中症のような症状が出て内科に行った。

ここでやっと病院にかかる。

微熱は出ていたが病名は不明神経内科に回される。しかしここでも病名はつかず、なんなら筋肉に針を指して検査しようかと言われる。

そして次は心療内科まあ精神科だ。ここでやっと病名が着く。自律神経失調症抗うつ剤抗不安薬をもらい症状は落ち着く。

基本症状は無くなることはなく薬で騙していいる状態ちょっとたことで体調は悪化する。

それでも会社に行った。特に病気の事は告げずに。

症状は悪化していった。心療内科転々とし、どんどん薬が増えていった。

薬を減らすと眩暈がして動けなくなった。

職場を変わった。30代で転職、激務だった。1ヶ月で10キロ痩せた。

食事睡眠もろくに取れなかった。しか薄給だった。

半年ほど経った頃、背中が痛くてほとんど動けなくなった。後に分かるが脊椎過敏症という病気だった。

それでも会社に行った。

駅で電車を待っている時、涙を流していることがあった。何も考えられなくなっていた。

会社心療内科に通院していることを言った。自己都合で退社してくれと言われ、強制解雇された。

背中の痛みが解らず、10数件整形外科に行ってレントゲンMRI撮ったが骨に問題は無く原因不明と言われた。

原因不明の痛み専門の整形外科にたどり着き、脊椎過敏症と診断された。

中枢神経に直接作用する強い痛み止めを処方された。

とりあえずは動けるようになった。

会社は辞めた。バカバカしくなった、どうでもよくなった。金は稼げなかった。貯金全然無い。身体は痛い。

薬を飲まないと食事睡眠も取れない。今日も辛かった。

明日は、少しまならいいなと思う。

明日は通院日だ。

2017-11-12

anond:20171112133717

ちゃんちゃらおかしいよな。自分は、藪から棒に罵倒するのは卑怯じゃないつもりらしいから。とりあうのもバカバカしい。

2017-11-11

anond:20171111165215

それもお前の感覚からなあ

トップレベルまで行ったらネット情報が拾えるわけでもなく結局それまでの経験から感覚判断しないといけなくなることもあるし

言語化するのが後になることもあるから

一度そういう経験するといちいち形に固執するのがバカバカしくなる

2017-11-08

実質賃金とかバカバカしい

これから自分の力で財テクしていかないと生きていけないよ

雛鳥みたいにピーチクパーチク会社に食わせてもらおうとか思ってるバカは一生雑魚

2017-11-03

anond:20171103091341

バカバカしい、自分の子供じゃないならどこの民族だろうが大して変わりゃしないよ

2017-11-02

anond:20171102163728

帰れる時に帰るべきは同意だけど、裁量労働残業という概念存在しない。一瞬でも会社に顔出せばその日は出社したことになるし、24時間いても扱いは同じ。だから24時間いて、翌日は一瞬で帰る、という働き方もあり得る。それが嫌なら裁量労働をやめて残業代はらうべき。

それが理解できてないか上長いるから帰りにくいなんてバカバカしい雰囲気現存している。

2017-11-01

ラブホテルパチスロ機がある理由

はてなブックマーク - 【予想外すぎ】元ラブホテル従業員が語る「客室にスロットマシンが設置されている理由」 | ロケットニュース24

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/rocketnews24.com/2017/10/31/973970/

アメリカだってネイティブアメリカン居留地カジノ開くのOKにしたり、こういう法令回避的な非合理はあると思うけど。でも、バカバカいね

ブコメですぐジャップジャップ言い出すヤツが沸いてきて、そりゃすぐに非表示行きだけどさ。

2017-10-31

そりゃ男が男としてのジェンダーロールから解放されたように見えても、

結局マジョリティ代表としてリソース払わされる立場にはなーんも変わりないわけですからねえ

からメンズリブなんて言ってもバカバカしいだけなんですよ

偉そうにする権利だけ剥奪されて、義務の大半はそのままなんですから

そんな役割はどのマイノリティだっていくら権力を得ても絶対に負いたくないでしょうし

2017-10-29

西森路代

伊藤くんAtoE』の魅力は「ミソジニー」を乗り越えることにある。

女同士がいがみ合うバカバカしさに気づかせる「伊藤くん」というクズ

http://wezz-y.com/archives/50597

ミサンドリーで培われるホモソーシャルだよね。堂々と言ってんなよカス

2017-10-28

anond:20171027153621

個人的義憤があるとはいえ、本来無関係話題に唐沢氏の盗作問題を持ち出すと、結果的に町山氏のやっている事は、繰り返し繰り返しファンらしき人たちとの不倫ネタを蒸し返すアンチと変わらん事になっている訳で。あのやり口はいただけない。盗作を指摘するのはしたっていいけど、別にやるべきだったと思うし。持ち出すのはただ卑怯な印象をあたるのでバカバカしい。「あんな立派そうな事言ってて、本人は不倫野郎ですよ」って言われても、仕方がない印象になる。全くバカバカしい。

お前らっていつも相手バカバカとまるで自分は賢いみたいな物言いしてるけど

この問題解けるのか?

https://i.ytimg.com/vi/45yzcnyotQ4/hqdefault.jpg

2017-10-25

低学歴だけど鋭い意見を言うぜ!系のバカ

芸人に多くて本当に嫌。

嫌っていうか明らかに社会的害悪

ウーマンなんとかもそうだし、ダウンタウン松本ご意見番になってるとかバカバカしすぎ。

かに低学歴だとか子供とき貧乏だったとかいう人は、いわゆるエリート層と違ったもの見方ができるし実際鋭いことを言うこともある。

でもそれはあくまでも問題ものすごく身近で日常生活範囲に影響がある部分の話だけで、例えば政治とか経済とか、国際問題とか倫理哲学歴史が関わってくることになると途端にお里が知れる。

そもそも知識がない人が思いつきで表面の情報だけで判断して意見を言うのでものすごく見識が浅くて、本当は深い問題を卑近化してしまう。

適当な例と言えるか知らないけど、かなり前に小泉首相が突然退任を宣言した時に理由を「お嫁さんを探しに行くんですよ」とか言ってたバカがいた。

最近では安倍首相憲法改正自己実現のためとか言ってるバカもいる。

低学歴低学歴らしく卑近な問題だけ話をしていて、知識必要な分野ででかい顔をしないでもらいたい。

anond:20171024205956

国民教育によって作られるもの

ほっといて自然に出来るものではない

日本人にはピンとこないかもしれないが

外国じゃ支配層と非支配層では民族宗教言語が異なることだってあった

そんな状態では同じ国に住んでいても「同じ人間」という意識すら芽生えない場合だってある

国難」なんて言われても何のことだか理解できない

弱者を助けようといっても親戚知人ならともかく

赤の他人のために何で自分負担しなければならないのか理解できない

国民を作るためには教育必要でその教育には「共同体験」というのも含まれ

勉強だけではなくバカバカしいことをみんなでやったというのも重要だったりする

アメリカ大学では同じ寮の学生が本当にくだらないイベントをするのが恒例になってる

それによって一生続く仲間意識が生まれ

日本でも給食の思い出とか、そういう勉学とは関係ないことが思い出として語られそれが連帯意識になっている。

2017-10-24

こち亀も今風に言うとアウティングで笑いを取っていた時代がある

確か両さんビデオ延滞料金の取り立てに行くという話だったと記憶している。

延滞している人の家の前まで出向いたが、当然のごとく相手にされない。

そこで両さんは、借りているビデオタイトルメガホンで絶叫するという手段に出た。

「よろしい 明細を読み上げましょう」

「『SMファン絶叫天国』『超サブ兄キ悶絶愛』」「『GOGO薔薇野郎』!『角刈りの天使』!」

まあ、つまりそういうことだ。

忘れた話など山ほどある中で、わざわざビデオタイトルまで覚えているのだから

よほどインパクトが強かったのだろう。

一応言っておくと、ホモネタはこの一件だけで、あくまで何人もいたうちの一人という扱いだった。

そして、当時の自分が笑っていたのもホモネタからというわけではなく、

エロいビデオタイトルを絶叫する」という行為バカバカしさ自体に対してだったが、

この現代にそんな言い訳通用しないだろう。

2017-10-23

さよならはてなブックマーク

ブラウザブックマークからはてなブックマークを消そうと思う

アフィブログ相手をしたり、互助会の中身スカスカエントリーを見たり

そんな事に時間を割くことがとても愚かな事だと何年も気づかなかった

本当に必要情報SNSなんかに頼らず自分で探すべきだったんだ、匿名ではなくちゃんとした仲間を探すべきだったんだ

書籍でもwebでも本物の情報を発信してる人は沢山いるけどはてなブックマークには一人もいない

どうしてもっと早く気づいて切り捨てられなかったのだろうか

GoogleSEOによる検索汚染で使いものにならなくなったと言われたりするけどオプション検索演算子を使えば今でも有益情報を見つけてくれる

邪魔web広告には文句など言わず黙ってAdblockするべきだった

技術書日本語に縛られなければ質の高い情報を沢山得られる

限られている時間で誰かのくだらないお遊びに付き合ったりバカバカしい晒しあげを見たり

なんて愚かだったんだろうか

自分自分の周りに本当に必要なことに注力すべきだった

2017-10-20

anond:20171020012644

バカバカバカ

本当の美人は高3になってこんな初歩の初歩の悩みもたねーから

こいつマジでブスだから

2017-10-17

誰が為にクソは出る


先日フットボールゲームを観に行った。

この島国中東で選び抜かれた22人の益荒男たち。


私たちは股間であたためた崎陽軒シウマイ弁当を互いに交換して食しつつ、ハーフタイムを迎えていた。


ふと恋人が言った。


今日試合を観にきている人は何人くらいいるのかしら」


「そうだね、ざっと6万人はいるだろう」


「6万人!」


恋人はなにがおかしいのか、シウマイ蒲鉾中間物質を噴き出す。すごく汚い。


「6万人が走り回る22本のチンポを真剣な顔して眺めているなんて! しかリズミカル応援つき!」


ムッとした私。

前の席でフランクフルトを頬張る頭皮露出中年男性弁当を叩きつけて激高する。


「そうやっていつもチンポのことばかり考えているんだな。いいかフットボールにおいて重要なのは22本のチンポではない。ハードワークするプリケツだ。いつもチンポにないがしろにされるプリケツ気持ちを君は考えたことがあるか。君は本当に哀れなケツフォビアだな」


そう言い放って席を立つ。恋人ツイストアンドシャウトが響いているが無視する。


本当はチンポもプリケツもどうでもよかった。

私はアナルに入れていたリモコンバイブのことで頭がいっぱいだった。


ゲーム中、私は選手たちが枠外シュートを放った瞬間だけ、スイッチを入れた。

スタジアムに響く「オオ~ウフン」という落胆の音階振動はのけ反るほどの快感を与える。

セックスとは異なる種類の性感に至るために必須の三要素は以下の通り。


不連続的な刺激×アイデンティティ・クライシス×ドラスティックアイデア


落伍者はこの三要素に溺れるあまり他者を巻き込みギルティ対象となる。

クレバー賢者は違う。快楽の祭壇に捧げるのは常に己の精神と肉体のみ。

これを読んでいる名もなき同志たちにもぜひ試して頂きたい。


以上を遵守した私の前半はおおむね順調だった。しかし負傷交代で入った初出場選手が発奮しすぎて枠外シュートを放ちまくり、予想を超えて酷使したリモコンバイブの電池が切れてしまった。一刻も早く交換したかった私はトイレへ急ぐ。


行列。ため息はクーロンキャッスルの味。


「どうも」


後ろから男の声。


「ハハン。どういたしまして」


振り向くと頭皮露出男性が立っている。

シウマイをうまそうに口にしている。叩きつけた甲斐があった。


あなたの啖呵、拝聴しましたよ。大したものだ。フットボールの真髄はプリケツにあり。その通り。相当な玄人でいらっしゃるようだ」


どうやら彼は熱心なプリケツニスタらしい。シウマイ臭くて返事ができない。


「だがこちらはまだまだ稚児に等しいッ!」


突如。パンツを引きちぎりながら引き抜かれるリモコンバイブ。

昇天する。


「君はアヌスフットボールで界ではダニだ。ダニ・アウヴェスじゃない。ただのダニ。ラ・マシアのプレベハミンのセレクションを受けようか迷っている子供友達父親の同僚の会社の清掃員が仕事帰りに立ち寄ったバル入り口で見かけたセクシーボルゾイ犬についた一匹のダニ。それが君だよ」


エクスタシーさなか、私は囁かれる。


「思い上がるってくれるな友よ真実はある一つの点に過ぎずそれは世界に無数とある


ゆらぐ視界。コンクリート灰色。一点を中心としてぐるぐると回転する。

巨大化してゆく真っ黒の中心点。これは、穴? 


気がつくと私は全裸草原に立っていた。柔らかい起伏。晴れ。

ここは地上の天国か。シガーロスジャケットのようなポーズで私は駆ける。


しかし風が臭すぎて卒倒する。

駆け寄ってくる白ワンピース少女たち。適当キスシウマイ臭い

よく見るとみなシウマイ男の顔をしている。


「やっとメンバーがそろったわ!


少女たちのイエローボイス。

チャンピオンズリーグアンセムバカバカいくら大音量流れる

一人の少女が突如脱糞すると、連続してみな脱糞臭い

みな自分のクソを蹴り飛ばす。なしくずし的に私も参加。

楽しくなってくる。ア・ラム・サム・サムを合唱する。


私たちって、オリベル&ベンジみたいになれるかも!」


「ハハン! タカハシ・センセイも真っ青だな!」


融合してゆく人糞。巨大な玉となり芝生を飲み込んでいく。

破壊される世界。光に包まれたゴールが出現。私たちは玉の上を走りながら突っ込んでゆく。


フェラチオゴラッソオオオオオ!」


叫ぶ私はふと、我に返る。周囲に少女たちの姿がないのだ。


「ここでさよならよ! 元気でね!」


荒廃した大地に取り残される少女たち。悟ったような笑みで手を振る。

私は涙する。ようやく気づいて。彼女たちは私をここから逃がそうとしていたのだ。

光に包まれる中、渾身の投げキッス。この愛よ。どうかあの娘たちを守って。


遠い昔の思い出から戻る。私はハーフタイムロッカールームにいた。

汗と、スポーツドリンクと男たちの吐息ミステルと通訳の声が響く。


あれからおよそ2000年まりの時が経った。

光の向こう側は紀元前ヨーロッパ世界だった。

私はローマ人にクソフットボールを教え、その後現代まで発展を見届けてきた。

あるときオーナーとして、あるとき監督として、あるときコールリーダーとして。

偉大なるクソフットボーラーの影には必ず私の存在があった。

いまは極東島国代表選手として、啓蒙活動を続けている。


後半の入場をスタッフが伝える。私はクソを漏らして手で掲げる。

これがハーフタイムルールで、選手たちは持ち寄ったクソをフィールドで固めてボールを作る。


「よし! いくぞ! みんな!」


シン、と静まり返るロッカールーム


「誰だお前」


締め出された私はスタジアムの外で強盗あい、素っ裸で由比ガ浜に放り出される。

もう金輪際スタジアムには行かない。

2017-10-16

ベーシックインカム導入で子供が増えるって本当?

家族4人なら月40万は入ってくる訳じゃん

夫婦適当に昼間でバイトして月10万も稼げば、年収600万世帯だろ

全然普通に生活できるじゃん

んで、持ち家欲しいとか都市部に住みたいって奴は、普通に働きゃ高収入じゃなくても1000万世帯になる

だったら、独り身で生きるとかバカバカしいってなって、愛情とか関係なく戦略的結婚するようになる

あっという間にカンブリア大爆発だろ

そうだろ?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん