「連帯」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 連帯とは

2019-02-21

anond:20190221084436

ここは戦場じゃないし

ブラックがはびこるのも迷惑なんで会社以外で勝手連帯感持てる活動してください

2019-02-16

百合ジャンル歴史現在 後

承前

https://anond.hatelabo.jp/20190216024920

 そして2018年現在百合ジャンルはその定義をやっと安定したものとして確立し、内部で属性の細分化が進行している。「少女小説」にルーツを持つ「正統派百合」や「セーラームーン」にルーツを持つ「戦闘美少女もの、多数のメディアミックス作品からなる「アイドルもの、「アイカツ!」や「プリパラ」の代表的女児向けアニメ本編での百合的な描写など、ひとことに百合といっても多岐にわたる作風や絵柄、対象層の想定の下で日々多くの作品創作されている。この流れを示唆するのが、2017年からみられるようになった細分化された特定百合ジャンル作品掲載したアンソロジーの発刊である。例としては、おねロリ(お姉さん×少女カップリング限定したアンソロジー)、社会人百合(学生設定の多い中、ヒロイン二人の年齢を成人以降に限定したアンソロジー)、夢(一人称視点ストーリーが進行し、主人公としての読者とヒロイン恋愛が描かれるアンソロジー)などがある。また、少年誌で連載されていた百合マンガアニメ化が続々と決定し、各書店百合特設コーナーが作られるなど、確実にやおいBLコンテンツと肩を並べられるまでの規模に成長しつつある。さらに、「ユリイカ」「ダ・ヴィンチ」といったオタク向けでない雑誌においても、「百合」が特集されて取り上げられることもあった。これらによって百合ジャンルは読者層をどんどん広げ、境界線の明確なものではなく、あらゆる作品エッセンスとして取り入れられるように変化してきているといえる。

まり2000年初頭にみられた「百合」論争とファン同士の対立とは逆に、ジャンルの細分化によっていい方向に百合という概念拡散してきているといえよう。女性男性議論を重ねながら平等構成している百合ジャンルは、マンガジャンルの中でも特異な体質のものだ。しかし、やおいBLジャンルに関する研究は数多くみられたが、百合GL ジャンルに関する研究現在ユリイカ掲載されたもののみである。今後、さら百合ジャンルが広まっていくにあたり、読者分析や内容分析によってさらに細かい分析をするに値する分野だと考えられる。特にマンガという表現形態だけに限らず、各時代代表する百合作品時代背景を踏まえ、ジェンダーフェミニズムといった視点からのより詳細な分析必要性を感じた。

<参考文献>

川崎賢子, 2014,「半壊のシンボル――吉屋信子百合欲望共同体」『ユリイカ12月号:42-49

上田麻由子,2014「内なる少女を救い出すこと――『シムーン』の孤独連帯」『ユリイカ12月号:190-198

藤本由香里「『百合』の来し方――『女同士の愛』をマンガはどう描いてきたか?」『ユリイカ12月号:101-109

アライ=ヒロユキ, 2015,「オタ文化からサブカルへ――ナラティヴへ誘うキャラクター繊研新聞社

<本文中で紹介した作品><単行本

吉屋信子, 1925,「花物語洛陽堂 『少女画報』掲載

山岸涼子, 1971,「白い部屋のふたり集英社 『りぼんコミック掲載

池田理代子, 1972-73,「ベルサイユのばら集英社 『週刊マーガレット掲載

池田理代子, 1974,「おにいさまへ…集英社 『週刊マーガレット掲載

武内直子, 1992-97,「美少女戦士セーラームーン講談社 『なかよし掲載

さいとうちほ, 1996-98,「少女革命ウテナ」小学館 『ちゃおフラワーコミックス掲載

介錯, 2004-05,「神無月の巫女角川書店 『月間少年エース掲載

サンライズ佐藤健悦, 2004-05,「舞-HIME-」秋田書店 『週刊少年チャンピオン掲載

なもり, 2008-「ゆるゆり一迅社 『コミック百合姫S』・『コミック百合姫』掲載

えばんふみ, 2010-2011,「ブルーフレンド」集英社 『りぼん掲載

白沢まりも, 2011,「野ばらの森の乙女たち」講談社 『なかよし掲載

アンソロジー

2017,「パルフェ おねロリ百合アンソロジー一迅社

2018,「あの娘と目が合うたび私は 社会人百合アンソロジーKADOKAWA

2018,「百合+カノジョふゅーじょんぷろだくと

雑誌

2003-05,「百合姉妹」ムック

2005-,「コミック百合姫」一迅社

2007-2010,「コミック百合姫S」一迅社

2007-2011,「コミック百合姫Wildrose」一迅社

2007-2014,「コミック百合姫」一迅社

2018,「ダ・ヴィンチ 3月号」KADOKAWA

テレビアニメ

2011,「魔法少女まどか☆マギカ

2012-2016,「アイカツ!サンライズバンダイナムコピクチャーズ

2014-2017,「プリパラタカラトミーアーツシンソフィア

あとがき

 これを書いたときはやが君アニメ化前だったので取り上げなかったな~と思うと感慨深い。あとファン考察が雑で本当に申し訳ございません。いつかしっかりやろうと思います

関係性を志向するファンダムのこれから 前

 本稿では、現在の「ファンオタク」が「関係性消費」を志向するようになってきているという事象を踏まえ、その内部の「男オタク」と「女オタク」のジェンダー格差や、関係性消費の今後について多角的視点から分析を試みる。なお、本稿においての「オタク」は、二次元三次元を問わずある作品概念グループなどを愛好すると自認している人々のことを指すポジティブ言葉として用いる。拡散多様化するオタク文化は2次元と3次元の壁を超え、全体像画一的に語るのはほぼ不可能なため、ジャンルジェンダーに関する詳細については各部で詳細を補完したい。

1【現代オタクデータベース消費から脱却する】

日常系が売れるのは「関係性」を読み取れるから

 「日常系」は広大なオタク市場の中でもかなりの割合を占める作品群だ。基本的には複数女性キャラ日常生活描写した4コマ漫画が多く、それを原作としたアニメ2010年代以降各クールに2~3本は放映されている。基本的ドラマティックで壮大な展開や激しい戦闘を行わない、いわば反「セカイ系カルチャーともいえるだろう。源流としては美水かがみらき☆すた」(2004)や、なもりゆるゆり」(2008)などが代表的ものとして挙げられるだろう。00年代初頭から現代まで増加傾向にある「日常系」は、現在も各メディアで売れ続けている。この背景には、やはり弛緩した日常風景の一瞬・ごく短いセリフや1コマのシーンの行間を読む関係性消費への志向への高まりが一因であると思われる。日常系の「物語性のなさ」は、逆に巨大な「行間」を生み出し、そこにオタクが各々関係性や物語想像して消費することができるからなのではないだろうか。

・「行間を読む」相関図消費の“複雑さ”への萌え

 関係性消費について、2,5次元舞台での「リアリティ担保に参加しつつ、舞台裏も消費するファン」や、「タカラジェンヌの四層構造」(東 2015:96-98)*1 で取り上げられた「各レイヤーを横断し、その要素を複雑に融合させながら関係性を消費するファン」は非常に興味深い。これに似た位相にあるコンテンツに、「バーチャルYouTuber」が存在する。「バーチャルYouTuber」とは、2D3D二次元アバター現実の肉体の動きとシンクロトラッキング)させ、そのキャラとしてゲーム実況雑談配信などを行う人々の事を指す。そもそもYouTuber」の動画には前提とされる物語世界観はなく、その動画単体でも楽しめることが前提とされており、多くのバーチャルYouTuberも同じく、上記の「日常系」にも通ずる他愛もない放送を行っている。しかしここにおいて重要なのは、「日常系」を「実在人物が演じる」ことがコンテンツとして確立し、今流行していることである難波優輝は「Vtuberの鑑賞の構成要素は、パーソン、ペルソナキャラクタという三つの身体に分けられる。そして、ペルソナキャラクタ画像がつねに重ね合わせられ、かつ、パーソン/キャラクタとペルソナの層がそのつど関係づけられながら、装われるペルソナが鑑賞者の鑑賞の対象になっている」(難波 18:121)*2 と論じ、これを「Vtuberの三層構造」と名付けている。

そしてバーチャルYouTuberは、電子の肉体によって軽々と他のバーチャルYouTuberとの関係性を構築する。コラボ放送などでみられる仲睦まじい様子を、鑑賞者は「Vtuberの三層構造」を横断し、「彼/彼女らのパーソンのレイヤーでの関係性」が見え隠れする片鱗をSNS動画において意識しながら鑑賞しているのである。また、バーチャルYouTuber側も当然「パーソンを消費される」ことに対する意識を持っているため、現実世界でパーソン同士が実際に会い、その時食べた飲食物画像投稿する、それに対して「パーソン・レイヤーにおいても継続される強い関係性」を読み取れるようになる、といった事象もあった。これはまさにタカラジェンヌの四層構造における「芸名存在」におけるパフォーマンスと相似であり、その表象が3DCGやVR機器の発達によりさらに「オタク」向けに変化(美少女美少年だけに限らず多様化)したものではないだろうか。「日常系」と「関係性消費」の拡張であり、またジェンダー次元の攪乱への大きな手掛かりとなるムーブメントだと考えられる。

まり、「実在人物が裏に存在するという事実に裏打ちされた生々しい日常系関係性」が、液晶内のキャラクタバター動画配信という形態の手軽さにより、オタク関係性消費への志向次元を超えてさらに加速していくと予想できる。

2【やおい文化百合文化から読み解くオタクジェンダー格差

関係性消費における性別によるジャンル分け(女性向け/男性向け)の無意味

 前章で関係性消費への志向さら高まると予想したが、本章ではオタクジェンダー格差について女性向けジャンル男性向けジャンルという分類の持つ意味合いやその内部の消費形態差異があるのだろうか。

もちろんHL(異性愛文化を扱う少女マンガ少年マンガにおいても恋愛友情ライバルなどの相関図は存在するが、メインとなるカップル男女の恋愛関係がメインに据えられることが多い。一方BLGL文化ではそれ以外の登場人物関係性をより深く読み込み二次創作に落とし込む、あるいは理想の相関図を一次創作で描き出す。今後どんどん規模を増していくであろう関係性消費においては、性別によるジャンル分け(女性向け/男性向け)は無意味になっていくのではないだろうか。しかしここではあえて、わざわざラベリングされている「腐女子」と「百合男子」という言葉意味合いについて掘り下げ、BLGL同性愛ファン文化それぞれの特徴から考察してみたい。

・「腐女子特有の親密さ

女性オタク人文学社会学研究に関しては、特に腐女子論」か「ジェンダー論」による先行研究が数多くある。その中でも数多く散見されるのは、「主体的女性性的欲望解放」といった視座からの言説であった。特に腐女子論」と「ジェンダー論」を組み合わせた言説では、「自らの女性身体が侵されない安全領域において、性的表象を消費するためにやおい文化は発達した」といったもの存在する。しかし、現在においてこれらの言説に私は違和感を感じる。勿論そういった側面も確かに存在する(した)と思うが、現在日本混沌としたオタクカルチャーの中で女性オタクの中から腐女子だけを切り取って上記のように論じるのは既にごく限られた一部の事例においてしか適用されない理論であるように思う。

 今あえて「腐女子」を論ずるならば、私は「腐女子同士の関係性」に目を向けたい。腐女子であることによる世間からマイナスイメージ払拭しようとしたり、イベントSNSでの趣味スラングの共有による特殊連帯が、このコミュニティでは無数に形成されている。やおいコミュニティ特殊性について東は、「やおいを好む女性たちは、一様に異性愛から疎外されているわけでも、異性愛を拒絶しているわけでも、異性愛を欲しているわけでもない。彼女たちはただ、異性愛排除したところで成り立つ、女同士のホモソーシャルな絆がもたらす快楽を求めているのである。」(東 2015:236)と述べている。さらに、腐女子は扱う創作物特性セクシャルマイノリティに対する理解が深く、またホモソーシャルな絆から発展し、腐女子同士が交際していることなどもよく小耳に挟む。シスターフッドレズビアン連続体、ホモソーシャル関係性を含んだ腐女子コミュニティは、作品上においても現実世界においても強い「関係性」を追い求めている集団なのではないだろうか。

・「百合男子」はなぜ流行らなかったのか

 では次に、GLを愛好する男性オタクについて考察してみたい。残念ながら、男性オタクの先行研究は数多くとも、その内容は美少女キャラクタへの欲望コミケでのゆるやかなホモソーシャル交流などになり、「百合男子」単体にスポットライトを当てたものは見つけられなかった。なぜなら、GLというコンテンツ受け手ジェンダーによって大きくそ意味合いが変化してしま場合があるからである。そして男性GL愛好者は、「美少女キャラクタへの性的な消費」という使い古された言説の中に含まれ見えなかった存在であり、その消費の仕方は齊藤によって「腐女子との比較でいえば、男性おたくの『萌え』にとっては、関係性のプライオリティはそれほど高くない」(齊藤 2009:154)*3 と評されていたのだ。よって、ネット上でGLを愛好するファンは「百合厨」「百合豚」などと呼称され、その性別限定されていない。これはGLというジャンル男性けが消費することに対することが上記齊藤の言説のような文脈を帯びてしまうことに対する対策と、実際にファンの男女比がほぼ半々であるため、両方の理由によるものと思われる。逆説的に考えれば、「腐女子」という呼称流行ったのはBLというジャンル女性が消費することを蔑視されることに対するアンチテーゼとして、BLファン当事者たちが自らをそう名乗ったことに起原するのではないかとも考えられる。

 また、百合コミュニティにおける異性愛忌避姿勢は、腐女子コミュニティのそれに比べてはるかに厳格なものに感じられる。先に述べた「男性による女性キャラクタの性的消費」とは違うことを宣言するために「百合男子/厨」を名乗った男性オタクたちは、腐女子のようにホモソーシャルな絆を構築することはなく、二次元三次元を問わずして異性愛的な欲望を抑圧されるようになった。この構造腐女子ジェンダー論に見られた主体的な性消費の解放とは真逆の道を辿っており、非常に面白い点だと思っている。

関係性消費によるジェンダー越境可能

 こうして述べてきたように、同性愛コンテンツファン構造は非常に複雑で特殊ルールの基に成立している。しかし、上記性的欲望を抑圧される百合男子に関しては、百合というジャンルの男女比がほぼ同じであることに大きく由来するだろう。つまり、「同性愛コンテンツを扱うにあたり、そのファン異性愛忌避しなければいけない」といった暗黙の了解のようなものオタクの中で存在しているということである。これに関しては、創作物消費者セクシャリティは隔絶して考えるべきであるという立場をとりたい。そして、特殊連帯プラスにもマイナスにもなり得るBLファン界隈と、ジェンダー問題に揺れるGLファン界隈は、第一章で述べたバーチャルYouTuber関係性消費をモデルとして再構築されつつあると考えている。バーチャルYouTuber関係性消費は、非常に複雑なジェンダー攪乱が日常的に行われている。パーソンがシス男性ペルソナシス女性キャラクタがシス女性キャラ同士の「絡み」は、GLともBLともタグ付けをすることが難しい議論になってくる。しかし、その関係性に惹かれるファンキャラクタとパーソンのジェンダーを軽々と越境し、その複雑な「関係性」を消費することができるようになるのである。これに似た現象アニメ漫画においても進んできており、創作物受け手ジェンダー必要以上にファンを語るうえで関係づけられることも少なくなっていくのではないだろうか。

【続きと参考文献リスト

https://anond.hatelabo.jp/20190216024058

2019-02-15

anond:20190214160107

女子連帯性とやらが遺伝子によって規定されているとしてもだよ、

それを単なる嗜虐性や弱さとみるのは合理的解釈なのか?

もっと進化論的に突き詰めて考えてみてはどうか。

2019-02-14

バレンタインにおける女子集団醜悪さに怒り狂うOLの手記

うちの職場女性陣には「うちはバレンタイン禁止から」と取り決めがあり(男性陣には共有されていない)チョコを贈ってはいけないとされている。

くだらねえ。

あげたい人はあげればいいし、あげたくない人はあげなきゃいいし、なんでそこで協定を結ぶのか。

これだから女集団はいやらしか

ってんで無視して(でも怖いのでこっそり)あげてたら、

上司がむじゃきに「わーありがとー今日バレンタインだっけー!」と高らかに叫び

すぐさまおねえさまたから、壮絶なまなざしと、氷の気配を向けられる。

上司ふざけんな!!でもそういうところ好き!!

でもほんとに、バレンタインなんてお祭りだし、祭りに乗じて感謝の意を示すのがなぜ悪なのか。

集団の和を乱すから

そんなルールで行動を縛らなきゃいけない時点で、とっくに乱れてるだろう……和……ッ!!


なんていうか、おんなのこの集団ってやっぱり醜悪

意味のないルール作って連帯して構成員の行動を縛って序列を作り、心と体を支配して、

そんでもって、そこに参加しない誰かを仲間はずれにすることで維持・機能していくんだよねーーーーー。

●●ちゃん、私とのやくそくやぶったんだよ!ひどーい!あの子となかよくしたら、▲ちゃんもきらいになるからね!

ってのを、もう、生まれ死ぬまでずっとやってろおまえら!!!!!


その、くだらない仲間はずれによって、●●ちゃんが具合悪くなったとか、学校これなくなったとか、

そういうことはべつにいい。

生きていれば不条理なことは山ほどあって、この不遇も、そのひとつなのだ

いずれにせよ戦っていく体力は必要なんだ。戦うも逃げるも立ちすくむも、個人自由責任よろしくなのだ

そうじゃなくて、そういう集団のあり方の、醜悪さが、私はぜったいに許せない。

それは個人感情を超えた、もしかしたら遺伝子インプットされているかもしれない醜悪さ。

つまるところ、彼女らの連帯目的は、何かを攻撃したい嗜虐性や、不安自分安心させたい弱さじゃないか

それがその身にあるとして、他者に向けず、腹中におさめるのが「おとなの知性」だろうが。

バレンタイン、あげたい人はあげる。あげくない人はあげない。

返したい人は返す。返したくない人は返さない。

それでひとつよろしく!!!解散!!!

2019-02-09

anond:20190209012121

いやこのツリーはもともと「じゃあ……」って言ってくる人の話をしてたんだが……。

最初から男性差別を訴えてる人は、立場的には同じだから連帯しよう」って言うと思うよ。

2019-02-07

今が戦時下だと気付いてない人なんているの?

戦時下かよ、みたいなツッコミを目にするんだけど、冗談だよね?

公文書偽造問題を巡って、物資人材不足心の問題すり替え発言を巡って、言論統制監視社会化に傾倒していく法整備を巡って、必ずそんなことを言ってる人がいる。

戦時下だよ。とっくに、ずっと昔から戦争してるよこの国も。

アメリカとは貿易利益IT系人材を、中国とは音楽アニメといったソフトパワーでの争いを、韓国とは正面切って渡り合ってる。

技術を争う戦争では、もう負けてしまった。今は、情報人材の奪い合う戦争だ。

戦争は起きてない、なんてまだ寝言言ってるやつは、自分がその戦争に巻き込まれてることをどうしても認めたくないのか、よほどの楽観主義バカかのどちらかだ。

戦時下からこそ、かつての世界大戦下のように、公文書は平然と偽造され、政府は嘘をぶつけ合い、ない物資人材を埋め合わせるために根性論を振りかざす。

そして戦時下からこそ、そこまでされても、政権民衆から支持を受ける。こんなにわかやすい話もないだろうに。

私は、戦争には反対だ。戦争に駆り出されそうになったらあらゆる手段を使って逃れようとするだろう。

ただ、私は、そんな臆病な私の代わりに、戦線に立ってくれている自衛隊員の人たちを無下にしたくない。

今は戦争中ではないと思い込むことは、前線に戦っている人の働きを否定するということだ。

もちろん私自身も、国民として戦争に加担しているし、そういう意味では戦っているわけで、私は私自身を否定したくない。

誤解しないでほしいが、私は戦争肯定しないので、現状を肯定しない。

安倍政権は倒したいし、外国人留学生殺戮を減らしたいし、平和を取り戻したい。

ただ、押井守に言われるまでもなく、見えない戦争が起きていることを認めないで、どうして戦争をやめることができるだろうか。

自国だけの平和を求めても無駄だ。戦争相手がいる限り起きる。

戦争に負けるという終結を望まない以上は、連帯なくして戦争終結はありえない。

ナショナリズムこそが戦争悪化させるトリガーだということに気付いてほしい。

2019-02-06

なんでKKO連帯しないの?

共同生活しろとまでは言わないけど一人よりは複数の方が何をするにも有利でしょ

2019-01-31

女性たち、お母さんたちは住んでいる場所経済力社会的ステータスなどの違いを超えて共感連帯を築いているよ」

せやろか?

anond:20190131003008

女性たち、お母さんたちは住んでいる場所経済力社会的ステータスなどの違いを超えて共感連帯を築いているよ

2019-01-27

anond:20190127042317

ウェブアーカイブにのこってた

 

今年入ってもう3度目の深夜ファミレス

今日今季最強の寒波も相まって身も心も凍えきっている。

───

俺、32歳 都内WEBエンジニア年収400万弱。妻とは知り合って1年ほどの交際を経て去年2月結婚して間もなく1年が経とうとしている。

妻は2こ上で年収は俺の1.5倍くらい。5歳の娘を連れて再婚。今は2人目を身籠って7ヶ月だ。

頭の回転が早く、なんにでも計画的かつやるべきことを完璧にこなしていくスタンスの妻に尊敬と憧れの感情があるものの、目的のためなら手段を選ばないような性格に対して畏怖の念を感じてもいる。去年10月に家を買ったが、住宅ローンは妻と自分連帯債務で半分ずつの借入。俺は貯金が一切無く妻が頭金や手付金周りの手配をした。妻に対して借金があるような状態。当然、俺の立場はかなり弱い。

共働き子供もいるので、家事は分担してお互い不公平にならないようにしている。家事の中で掃除食器類の準備、洗濯食器洗い、犬の世話は俺の持ち分で、毎日行っている。週末にはシーツ洗濯や犬のシャンプー&ブロー、掃除機がけ、風呂掃除なども加わる。

料理は妻だ。

俺は、それら家事生活タイムラインの中で優先順位付けて進めることができないし、抜け・漏れも多い。何度注意されても同じ失敗をする。気が狂いそうになるほど怒られメモにそのことを書いても、また繰り返す。そしてそれができない最たる理由が妻曰く「思いやりがないから」

そうなんだろうな、と思う。

───

例えば、食事をする前にテーブルを拭き忘れることがよくある。

食事をしてる時に娘がテーブルにこぼしたごはんを口にし、テーブルに付着した埃や細菌身体に入り体調を崩したら可哀想。そういう責任を親は持つべきで、責任感持って過ごしていたら自然と「テーブルを拭こう」という発想になるはずである。確かにそのとおりだし、自分ではそういう意識責任感を持っていると思っていたが、妻から日々怒られるなかで、そもそもそういう意識がないんだということに気付かされた。

自分が持ってると思ってた意識言うなれば日曜大工」であった。気が向いた時に娘の健康状態などに注意を向け「今はインフルエンザ流行ってるからちゃんテーブルを拭くなど、徹底した予防をしよう」なんて思って行動するが、ぽっと出の気まぐれに過ぎない。責任感を持つということは「プロ大工になること」なんだ。1日2日やったからおーけーというものではない。生活は一生続いていくことで家事育児をぽっと出の気まぐれでやるその意識は許されない。

遅刻癖もあり、約束時間に待ち合うことのほうが珍しい。13:00 の電車に間に合わせるには 12:40 には家をでないと行けない、そのためには12:30 までに身支度まで完了してる必要がある、そのためには... と、はじめは逆算して行動のスケジュールを組んでみるものの、実際行う時に要領の悪さと集中がそれるなどで時間が過ぎ、結局間に合わないのである。そうすると当然待たせる相手迷惑をかけるし、家を出るのに準備を急いでもらった娘の努力蔑ろにしてしまう。「思いやりがない」から約束に遅れることを自分に許してしまうのだ。

───

まりダメさに病院に行くよう言われ去年の7月あたりに心療内科で診てもらったときの診断は「ADHDの疑いが強い」であった。その時は軽度の抑うつも併発しており、うつ症状がある場合はそちらを優先的に解消することがセオリーとなっているようだ。SNRI系のお薬(サインバルタ)を処方され、2週間ほど飲んだ。気持ちは少し楽になったようだったが、根本的な解決には至らなかった。通うのもすぐに辞めてしまった。

からうつアプローチ検討違いで、根本的な解決をしてもらうようにこちから希望を伝えないといけない、ということを言われ先週また別の診療所精神科に罹り始めた。薬の処方はまだだがまずは本当にADHDなのか検査するために幼少期のエピソードを書いてくることになった。来週再診だ。薬でなんとかなるならなんとかしたい。ブログなどをみていると薬で見える様になった景色をみて、それでなんとかするのはあくま自分努力しないとだめなんだと書いてあった。

───

数々の失態により妻から俺への信頼は地に堕ちた。

怒られ、反省してこいと追い出され、ファミレスへ。今4:13。

努力しようと思う。これは、ぽっと出の気まぐれだろうか。

2019-01-20

[] リベラル自分たち労働者にとって理想的派遣会社(=第2の公務員)を設立すべき

はてなブックマーク話題を見て、藤田さんを叱咤激励したいと思った。

僕は(株)ZOZOが憎いのではない。企業活動を懸命に下支えしている労働者に報いるべきだと述べている。

言いたいことはわかるけど現在法制上適切な手段で稼いだ1社1個人相手にそれを求めるのは筋違いでは。孫さんも莫大な資産持ってるけどソフトバンク派遣社員はいっぱいいるよね。攻撃すべきなのは法律制度だと思

 

日本リベラルは、「金の卵を産むガチョウ」=利益を出している企業の成長を減速させてはいけない。

欲張り過ぎて一度に大きな利益を得ようとすると、その利益を生み出す資源まで失ってしまうことがある。

利益を生み出す資源をも考慮に入れる事により、長期的に大きな利益を得ることができる。

 

労働者が主導権を取り戻す方法

雇用流動性を生み出すために、小泉竹中提案などで、労働者派遣法が改訂されてきた。

しかし、長所だけでなく短所もあった。(雇い止めワーキングプアなど)

 

雇用形態の分類

 

公務員民間サラリーマンは、給料の原資が違う。

公務員税金給料が払われているので、税金が集められる間=政府財政破綻しない限り解雇はない。

サラリーマン給料は、一企業の都合で左右される。公務員に比べて、安定性がない。

サラリーマン公務員の安定性に近づけるためには、数を集めて、束にすれば良い。

 

リベラルが団結して、準公務員のような労働者団体=巨大な派遣会社連合を作れば良い。

日米安保闘争左翼運動が敗北したのは、多数の派閥共闘できなくて、大きな力を作れなかったことが一因だろう。

敗北後も、さらに細分化高齢化が進み、左翼はお互いに批判して、小さくまとまっている。彼らが今さら一致団結することは不可能から、各団体独自に始めるしかない。

日本共産党や中核派など、大きな左翼団体がまずは率先して、派遣会社を作り、多数の労働者を取り込むべきである。便宜的にここでは「リベラル派遣会社」と名付けよう。

 

リベラル派遣会社の特徴

 

中国共産党日本共産党の違い

鄧小平の「開放改革」で自由経済に舵を切った中国は、ITを駆使して計画経済を改良している。

AI活用した商品レコメンドを行ない、小売業者らは正確な需要予測することが可能だ。

中国日本法律社会制度は違うけど、中国の改良型共産主義計画経済)と同じ手法は利用できる。さらに言えば、中国式の欠陥を改良した、より良い方法採用できる。

 

結論

  1. 藤田氏は、派遣会社も作った方が良い。
  2. 藤田氏だけでなく、日本人は自分たちを守るための所属会社(第2の公務員的な制度、安定性をもたらす)を作って、所属した方が良い。
  3. 連合日本共産党、その他左翼リベラル団体は、派遣会社を作り、お互いに連帯すべき。

 

竹中派遣会社よりも待遇を良くして、人数を集めることができれば、ワーキングプア問題解決につながるだろう。

藤田氏には、もっと良い方法日本社会の改良に取り組んで欲しい。(俺は俺で、俺のできる範囲で何かやってみるよ。)

日本人のみんな、頑張ろう!

 

追記

う~ん、そう言われればそうかも!?

2019-01-18

anond:20190118092802

ヒトラー連帯英雄的伝令兵で1vs4で4を捕虜にした猛者

こんなの日本軍自衛隊過去に一人でもいたことがあるのか

ネトウヨなどと一緒にするのはおこがましい

2019-01-17

anond:20190117075244

ドラクエについてなんて今更話すことないだろ

マイナーものは「知ってる」って時点で連帯感が生まれから盛り上がるだろ

2019-01-09

anond:20190109221802

国際的連帯という名目で、無関係である本邦の健常者をぶっ叩く意味とは?

国際的連帯LGBT以外の性的少数者を締め出し差別する意味とは?

anond:20190109221214

外国虐殺に反対するなら現地で現地の人に運動しなよ。

全くしてない、と思いこむのは勝手だが、国際的連帯解放運動における重要な要素のひとつだよ。

それに政治犯思想犯罪に指定するのをやめろ!って要求そもそも当該国の中ではできないよね?中国の例を出すまでもなく。

実現不可能な、理想論的な無理難題押し付けてほら出来ないじゃないか!ってフェイ認定するのは、卑怯なことだよ。

anond:20190109212610

虹でシコッてるだけの大半のオタクとは対立しないと思うけど

ネットでイキったり奇行に走ってるようなオタク趣味を持ってるDQNみたいなハイブリッドな連中の存在連帯の道が断たれた感じだろう

2019-01-08

Switch買え

こんな苦しい思いをひて連帯感にひたるくらいならSwitch買え。

吐き気洗面所仲間意識持つな

飲めない奴は皆Switch持ってる

飲める奴らもSwitch買え

俺は持ってない

2019-01-03

障がい年金裏山とか思ってないで? anond:20190103004201

面白くないことがあれば愚痴るけど、四肢や臓器にハードルがある人たちの問題を考えたら
殆どは大した問題ではない

ろくでなしなので喉元過ぎたら、またどうでもいいことで愚痴るが
それでもやはり健康であることに感謝すべき、そう思っているよ

あと世界は公正でなく、努力もなく、
うんこ、しっこが出来るのすら、運 (恵まれいるから)だと思っているよ

「XXが出来た!!」について「すべて自分の力だドヤァ」で当人が救われる、自己肯定出来るのであれば、それはそれでとても大切なことではあるが、
本来するべきは「感謝」だと思ってるし、

当たり前に感謝が出来ない人たちに対する「怒り」はあって当然だとも思ってる
不公平に敏感なのは社会動物仕様なので何もおかしくはない

ただ、「怒り」と「自分がどうしたいか」は完全に別のもの
優先すべきは「自分がどうしたいか」やぞ

怒りで一時的連帯感を生む事ならあるかも知れないが、怒れるラップスターも最終的には「もう俺は怒ってないけど?」と手のひら返したりする
(いい車が買えて、豪邸が買えて、家族を養えて、親族をいい学校に入れることができて、ラップ世界に届けるチャンスを得て、なおも怒り続けるのはむずかしい)

怒りは、芸術炎上芸に昇華する手段がなければお金も生みにくいし、免疫力高まったり自動的筋肉がついたりもしない

ある程度、怒ったなら、怒りは怒りで小脇においておきつつ、

自分がどうしたいか」やぞ

そしてそのしたいことが自傷ではなく、自分自身が楽しくなるようなことだったら良いなって思うで

2019-01-02

学生運動

内容とかどうでも良くてただ熱狂連帯感が楽しかったんだろうな

2018-12-30

anond:20181230012055

挫折して連帯協調をまなんでくれるか、

挫折せずそのまま飛んでいける天才ならいいんだが

挫折してないと自分を騙し続けている子供が一番厄介

増田厄介者の溜まり

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん