「自己承認」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己承認とは

2018-01-17

https://anond.hatelabo.jp/20180117100626

子どもいるけど、無償の愛とかないことは確信してる。

客観的に見て無償の愛っぽい構図が成り立つ瞬間はあるけども。

突き詰めれば何をやるにしても原動力は誰かへの愛ではなく自分欲求にすぎないよ。

増田が言うようなシチュエーションで黙って家事をやる人はいるけど、それは無償の愛ではなく

相手に「やってくれ」って頼むより自分がやるほうが楽だから、とか

「黙って家事をやる私スゲー」って自己承認のほうが気持ちいから、とか

そういう理由でやってるだけ。

それなら愛って何かってことになるけど、自分相手コントロールしたいという欲を相手のために手放す時に適用される感情だと思っている。

2018-01-06

トラウマの話

ウン年ぶりに地元に帰った。マジで誰とも会ってないし、今日たまたま寄ったコンビニ中学校とき同級生数人と鉢合わせした。本当にたまたま偶然だったんだけど「ブス」だった中学生記憶が蘇ってきてうまく笑えなかったし、写真撮る?って言われていや、大丈夫って言って逃げるように帰ってきた。中学生ときに植え付けられた顔面コンプレックスはこの数年をかけてわたしの中でメチャクチャに膨れ上がってたんだなってこのとき実感した。

中学生とき私は紛れもなく「ブス」だったしあだ名妖怪だったし、もちろん「かわいい」になんて興味はあんまりなくて「いか面白いか」に命をかけてたんだけど、「お前ってかわいい」より「お前って面白い」に喜ぶような女だった。今思えば「かわいくない」ことを自覚していた私にとってはちょうどいい自己承認欲求の満たし方だったんだと思う。私はブスキャラで、キモいからって理由で塩をかけられたり、部室に閉じ込められたりしていた。「いじられキャラ」だったんだけどこうやって考えてみると普通にいじめワロタ

中学生とき好きな人がいて、勇気を出してバレンタインを渡したんだけど、それから避けられるようになった。当時仲の良かった「かわいい」のくくりに入っていて、私に過度な「いじり」をしていた女もそいつバレンタインを渡していたらしく、お返しまで貰っていて、なんか、当時そこまで病んだ記憶はないんだけど、忘れてるだけかも。その女は私を「ブス」にした女で、でもその女のほうが世間に認められてて、思うようになってて、人生ってこんなもんかって思った。

それから高校生になって、色々校則とかが緩くなって、見た目がどうにかできるようになってから、その人からかわいくなったよね、って言い寄られて、見返してやるって気持ちで連絡を返して、ある日、一緒に帰ってきたときに、「お前ってかわいいね」ってその人はニコニコしてて、なんか、人生なんなんだよ、死ね、みたいな思って、だってお前さあ、私のことあんな風に扱っといてよくそんなこと言えたなぁみたいな、そんな気持ちでいっぱいでそれ以降一切連絡しなくなった。見返してやるつもりだったのに普通に虚しさでいっぱいになったんだよね、なんでだよ、死ね

2018-01-04

頑張らないことは悪いことなのか①

何で頑張らないんだと怒られたことが数回だけある。

正月早々、暗いことを思い出してしまった。

これから始まるのは、私が20数年抱えているコンプレックスの話で、楽しくもなんともないし、甘えてるとか批判が来るかもしれぬが、自己承認欲求の塊が喋ることとして、許してほしい。

論理的構成もクソもない殴り書きであることを承知してほしい。

私は今大学院生である。この時期田舎では人権のない大学院生である

大学院の話について詳しくはそのうち気が向いたら書きたいと思う。

さて、私には妹がいる。妹は、ザ・下の子で、そりゃあもう家族に可愛がられ育ってきた。彼女は今でこそ社会ではそこそこ高い大学に通っているが、幼い頃は何事もあまりできるほうではなかった。一方私は、運動以外はそれなりにできた。幼稚園でも、先生に色々任されていた。

そんな姉妹の扱われ方が違うのは容易に想像がつくだろう。ここが私のコンプレックスの出発点である

エピソード1

二人とも小学校入学したあとのお話

父は、私に厳しかった。テストで5枚100点を取ろうが、1枚98点があれば、怒られた。75点でも取れば、しばらくテレビを見るのが禁止になる。

妹は、甘やかされていた。75点とったら褒められる。理不尽を感じた私は、母に思い切っていってみた。母は、妹はあなたと違うからあなたはほめるとつけあがるでしょう、と。父にも言ってみたことがあるが、ほめるとつけあがるからと言われた。(ちなみに、両親にほめられたことは記憶の限りでは高校合格したときの一回しかない。笑止。)

まぁなんというかテストに関しては理不尽は感じつつも自分100点とらないで怒られるのは嫌だったのと勉強が好きだったのであまり追求はしなかった。(これにより姉ちゃんは出来て当然という認識が作られる)まぁこテストの成績の"区別"は高校まで続いていくのだが。

エピソード2

小学校には、秋、絵画習字展覧会がある。小学校うまい人が選ばれて市内の展示会に出され、そこからまた県の展覧会に行くというあれだ。小学生にしてはそこそこ絵と習字のうまかった私は、一年生のときから市内の展覧会に出してもらえていた。この展覧会に関しては小分けエピソードが3つほどある。

まず、小1のときである。初めて賞状というものをもらった私は、るんるんで家に帰り、母に賞状を見せた。すると母は、妹が羨ましがるから、うかれるのはやめなさい。見せびらかさないの。と言った。これは私にとって非常に辛かったようで、今書いていて目が潤んでくる。

次に、小4のときである。この時は、県展に入選した。1年生の出来事学習していた私は、浮かれることはしなかった。問題展覧会に行ったときのことである。それはもう両親に作品ケチをつけられた。ここのハネがなんとかだとかバランスがどうだとか。悲しかった。しかもそのとき幼稚園の知り合いの子のことはすごい褒めたのだ、親が。これも10年以上前ことなのに書いてて泣けてきた。幼少期のダメージよくない。

最後は中1のときである。妹が絵で県展に入選した。前年、私の絵も県展に出してもらっていたのだが、落選したのである自分より絵が下手くそな妹が入選したことがショックだった。聞けば、妹は図工専門の先生に相当つきっきりで見てもらい描いたのだという。自分より能力の低い人間が、他人からの助けを得たことで自分を追い越していく現実を、この時初めて知ったのである。そしてこの現実は、今に至るまで、幾度となく降りかかる。

字数制限こわいのでこの辺で次につなげる。増田を書くのは初めてなのだがここでリンクするやつがいるのかよくわからない、、、

まぁいい。

2017-12-26

人は、見下すことで快感を得る

あいつよりは大丈夫」と思って悦に浸る。

暴言ばっかり吐いている低脳ww」と言って、自分はまだ大丈夫だと再確認する。

パチンカスよりマシw」と自分より下の存在を上げることしかできない。

あいつの意見おかしい!俺が正しいよな」という賛成意見だけ読み、自己承認欲求を高める。

人は、人との比較しか自分価値を見出せない。

そんな私も、人と比較しているだろう。悲しいな。

2017-12-21

anond:20171221160439

自己承認欲求を満たすイエスマンとしての「他人」を必要としなくなるところまではもう一歩距離があると思う。

うんうん言って自分を認めてくれるだけの他人欲しがるのはめちゃくちゃいっぱい居るからね。

セクサロイドがその辺の需要も満たしてくれるといいのだが

2017-12-18

anond:20171218201402

ほんとそれ

でも恥も外聞も捨ててはあちゅう立場に立って己の利益を最大化しようとすれば、

あれほどトクしかない選択もないんだよね

自分ゲスさを完全に浄化して完璧被害者として自己演出できて、しかもかつての自分にとってムカつくやつを徹底的に叩きのめすことができるという、

一粒で三度美味しいサイコー案件

一部童貞はてなーの噛みつきさえ切り捨てすることができれば炎上上等で目立つこと大好きはあちゅうからすれば史上最高のパフォーマンス自己承認欲求を満たせたと思うよ

2017-12-12

上司に褒められて嬉しい彼

今、何度かお出かけしたりして、

おつき合いするか?しないか?どうなんだ???お??

状態男性がいる。

 

その人と昨日、居酒屋でご飯を食べていて、

「今年いちばんしかたこと」という話題を振ったのね。

そしたら彼が「上司に褒められたこと」と話していて、とてもハッとなった。

 

私にとって、上司に褒められたり認められるっていうのは、

社会人になってもおう8年ぐらい経つけど、すごく当たり前化していた。

有り難いことに、私はアルバイトからスタートして、

身の丈に合った状態で働いて、それが段々と評価されてスキルアップして……

という階段をかなり順調に上ってきたので、

社会人になってから私はずっと上司に褒められたり評価され続けてきていた。

 

私にとって、上司クライアント感謝されるのは、

(それをテーマ必死で働いていたこともあるけど)とても日常的なこと。

から、「今年いちばん」に上げられてすごくビックリして、

同時に、彼の好感度がすごく上がった。

  

「そうか!褒められるってすごいことなんだ!」

と、感謝されるということの素晴らしさを改めて考えるきっかけになったし、

単純に、この年上の彼のことを「かわいい!」と思った。

 

聞けば、彼は今はスーツで働いているけど、

以前は田舎にいて、現場系の仕事地元工場期間限定社員で働くことが主流だったらしい。

 

らくだけど、流れ作業単純作業が多かったんじゃないかな。

こなす仕事が多かったのかもしれないし、上司と話す機会も少なかったのかもしれないし、

個々の能力評価されることも少なかったのかもしれない。

そこは憶測の域を出ないし、そういう場がダメだとも思わないけど、

彼にとって、今の職場はとても“自分にとって最高の喜びを与えてくれる”場所なんだろうなと思った。

そういう場を自分の力で見つけられたのは、とても素敵なことだと思う。

 

仕事で扱う案件規模や予算が大きい分、

私の方が、収入自己承認欲求が満たされる度合いは高いかもしれない。

 

見方によっては、彼は「私より年収が少なくてキャリアも低い彼」になってしまうんだろう。

それは、ネットなどでは男性の減点対象として語られたりもしているけど、

私は彼の話を聞いてそんな風には思わなかったし、

しろ、彼がお金を稼ぐより、「嬉しい」と感じることの方が

人生を豊かにする上でよほど大事だと思う。

あくま一般的収入があるからこそ言えるのかもしれないけど。

 

彼のたった一言で、すごく大事なことを学ばせてもらったなぁ、

と思ったし、価値観ひとつポンと増えた感じ。

この彼から、これからどんな「ハッ!」が得られるのだろうとワクワクした。

 

なんていうか、上手く言えないけど、年収仕事内容だけじゃないよね。

どうやって、告白しようかな。

2017-12-02

インスタ映えブームが一巡した後の次の世界観

SNSでの自己PRが、広く世間的に行動動機として当たり前のものとして認知され、

その楽しさと限界(反応に対する満足度自己承認欲が満たされた、時間金銭)すらも広く共有された後、

次は何がブームになるのか?なにが一巡するのか?

こういうことに興味がある。みんなどうなると思う?

2017-11-29

社会的に生きるのがしんどい

死にたいとは思わないけど、社会的に生きるのがしんどい

人に自分の間違いを指摘されたり、より良い案を出されたり、要するに批判されるのがつらい。

どんどん自分の首がしまってる気がするし、信用落とし過ぎて報告とかお願いしただけで嫌味言われる。しんどい

ほーら!結局自分の非が認められないんだ! とんだ人非人だよわたし!!!!!!

病院行きたいけど貯金崩したくないし人から借りるのはもっと嫌だ。

誰に話したらいいのか分からん。みんなメンヘラ愚痴なんか聞きたくないだろ。ツイッターやらなんやらで許されるのは日々がむしゃら前向きに生きてる人の不満くらいだよ!!!!!!

自己承認欲求が強過ぎてくらくらする。生きてても世の中の為にならん。でも自死自殺なんて度胸ないからどうしようもない。

真っ当な考えが出来る真っ当な人間に生まれたかった。

2017-11-24

anond:20171124224306

自己承認できてたら子供が好きになるわけじゃないでしょ。

てか、物心ついて自分の外見を客観視出来ないのもやばいし、冷静に見て「可愛くねーな」って評価してるだけ。

2017-11-20

イラスト価値を押し下げてるのってまぎれもなくネット民のものだよね?

どっかの賞に応募したり、

最初から自作作品ポートフォリオ出版社に持ち込んでさ、

そのまま編集ジャッジしてもらってプロになれば

自分の描いた絵をゼロ円でネット晒し

絵のダンピングする必要性もない訳じゃん?

 

それをしないのは、よほど自分の絵に自信がないか

品質保証できない、ということは売り手としてはまず失格だな)

フォロワー増やして自己承認欲求満たしたいだけなんじゃないの?

チヤホヤされたいし、お金も稼ぎたい!」

プロってのはチヤホヤされるまえに、商品をちゃんと価値つけて市場に送り出してるんだよ

君たちは商品価値をつけるまえにチヤホヤされようとしてるから、話がこじれてくるんだ

 

だってタダのパンを嬉しがるに決まってるだろう?

君の実力というよりも、タダでズリネタやら配ってるいいカモだと

周りから思われてるだけだ

 

もう一度言うが、ネットクオリティ高い自作晒し

勝手価値を押し下げてるのは君たちだぞ

2017-11-16

anond:20170824233717

ブログTwitterなんぞで自己承認を求めてるような母親はたいてい自己中で自分中心だ。

家族子どもの方を見ず、自分を愛してあげることで精一杯。

育児スケープゴートにしているが自分を認めて欲しい、ただのかまってちゃんほとんど。

家族のことより、子どものことより、自分のこと、自分ブログのこと、自分人生のことが最優先。

>えらそうに育児について書いているが、結局自己アピールの一環で書いてるだけ。

50年も生きてきてこんなことしか言えないのか。あんたのほうがよっぽどアレだよ。

例の方は親権捨てたクズだけど、DVから逃げてシングル子供学費、塾代出すためにブログ書いて頑張ってる人が身近にいるから、こういう事を書かれると本当に頭に来る。

あんたも同じくらいクズ

2017-11-11

一度寝た男から久しぶりに連絡来ると嬉しい

私のポリシーひとつ

『付き合う前に一度エッチしちゃったら、二度と連絡とらない』というのがある。

一時期彼氏もおらず遊んでた時期があり

これまでに該当者が5人ほどいた。ちなみにみんな出会いネットだよん。

エッチした翌朝に「エッチしたらもう会わないと決めてるの、じゃあねー!」とサヨナラしてきた。

そうする理由自分を守るため。セフレになって自分だけ相手のこと好きになったら辛いもん。

だけどそのうち4人から半年〜2年の間で「久しぶり、元気してる?」とラインがあった。

適当に返信して次に続けることはないようにしてたけど、なんていうのかな、ちょっとしかったりした。

私のこと気になってくれてたんだって

そこから再会するという選択肢はないけどね。

そして今日、残る1人の男からも連絡が来た。

なんかコンプリートした気分で、達成感に溢れてる。

自己承認欲求よね。会わないけど。

一晩限りの女じゃない!と思って心が満たされるけど、

男側からしてみれば、私はいつでも抱ける女だと思われてるんだろなあ。

やっぱり付き合う前にエッチするのはよろしくありません!!以上。

2017-11-10

骨髄提供をしてみた【追記/ 11/16さらに追記】

もう1年以上前になるが、骨髄提供をしてみたのでその感想をつらつらと書きます

そもそも献血が好きだったので、骨髄バンク登録もそのついでにした。登録はしたけど5年くらい音沙汰はなかった。

適合のお知らせは、オレンジ色のでっかい封筒で送られてきた。

「あ、これ、いつもの骨髄バンクニュース送ってきただけじゃないな」ってすぐにわかった。

==

ここから先、■は個人的にめんどくさいこと、★はマジでデメリットだなって思ったことですので、面倒な方は■は読み飛ばしてください

==

提供する意思骨髄バンクに返信するまで

最初に返信する書類の多さにもうめんどくさくなる

患者さんに提供する骨髄液だから健康面について聞かれるのはしょうがないなと思いつつ、読むだけでも結構多い。

貧血最後になったのはいつか」とか覚えてない。己の記憶力のなさが憎い。

はいえ、基本的健康優良児なのであんまり気にせず進む。


■当たり前だが親から許可めんどい

家族同意必要なので、親と話し合う。母親がメッチャ反対する。まぁでも「反対された」っていうのは、それだけ大切に思ってくれてるんだなと思い、なんだかありがたい気持ちになった。両親ともに「いいよ(適当)」だったら嫌だったかもしれない(し気楽だったかもしれない)。


■当たり前だが会社にも説明しなきゃいけない

一応正社員で働いている身としては会社への説明責任があるわけで、上司はとばして突然社長に直談判した。

社長めっちゃ理解があり、爆速許可下りた。

でも許可下りたのは繁忙期じゃなかったからだろう。

==

提供する意思が固まってから

弁護士同席で説明を受けてハンコを押す(親同席)

家族の同席必須なので、父親に頼んだ。うちの父は自営業なので時間が取れたが、平日のクッソ昼間に社会人2人が病院に出向いて説明を聞いて、弁護士の目の前でハンコを押す。「弁護士とコーディネーターがうちの近くに来てくれるんじゃだめなん?」って思った。医師必要からしょうがいか



■使っている薬の申告をする

これもしょうがないとは思うけど、提供前にちょっと風邪ひいたとか、目が疲れたとか、薬を使うときは「これ使っていいですか」って連絡しないといけない。時間時間だと「明日にならないとわからない」ってなった。「とりあえず使ってもらって、だめだったら明日中止させてもらうかも」っていう対応だった。私はセーフだったが、安くないお金を使って薬を買って、それを1回しか使えなかったってパターンもあるんだろうな。



検査血液を抜くために会社中抜けをする

これは入院前にもっとも面倒だった。先生が緊急手術で不在の時、時間通りに行って1時間待ちとかね。必要な骨髄液の量が多いと、事前に血液を抜いておいて、手術中に戻すための自己血が必要なのよ。他人の輸血だと、献血できなくなるしリスクも高いからね。わかっちゃいるが面倒。


旅行死ぬ

実は手術前、友達スカイダイビング付きの旅行に行く計画を立ててた。

でもけがリスクが高すぎるということで、(遠回しに)スカイダイビングをやめてほしいと言われた。正直、骨髄バンクキャンセル代は払ってほしかった…


==

入院・手術

パジャマ代は実費

手術や入院費は患者さんの保険負担だが、パジャマ代は実費負担だった。何だか知らんがパジャマが1回300円以上する病院だったので、家から持ってきてもらった。普通病院って1着80円とかじゃないの?

全身麻酔とその副作用

人生初の全身麻酔をした。麻酔か、事前に飲んだ薬の影響下はわからないが、手術後吐き気がとまらず、おなかはすいているのに食べたものは全部戻す状況に追い込まれる。これが一番きつかったかもしれない。

■個室ではない

場合によるんだけど、私は4人部屋だった。目の前の入院患者さんがずーっとうんうん言ってて、なんか不安になった。

パケット死ぬ

暇つぶしスマホと本しかないが、本は読み終わったのでスマホゲーに移動。wi-fiとんでないので、パケットが死んだ。はじめて通信制限くらった。次回から3DSを持ち込むことを誓った。

===

退院後とそのほか

お金はもらえない

みんなが骨髄提供を嫌がるとしたら、これが最大の理由ではないだろうか。

入院をし、会社中抜けし、「名前も顔も知らないだれか」のために健康な体の背中に穴をあける。これだけのことをして報酬がないのだ。

ほぼないとはいえ死亡リスクもあるのに。

報酬ゼロ

ちなみに私は医療保険生命保険にも入っていたので、問い合わせてみたけど「病気治療のための入院ではないので入院給付金下りない」と断られた。

なんのための保険だよ!!!背中注射器6回刺されてるんだぞ!!!

(ちなみにだが、私の住んでいる市区町村は骨髄提供をした人への助成金があり、それはもらえた。総額10万以上非課税。骨髄提供を考えている人は、自分の住んでいる市区町村助成金をやっているか調べた方がいいと思う)


■お礼もあるかわからない

じゃあ骨髄提供をなんでやるのかっていったら、「自己満足人助け」のためだと思う。

人助け」ならこれでいいのかもしれないが、私は「自己満足」もほしかった。

なんで献血するかって言ったら「献血ありがとうございます!」の一言無料でもらえてお菓子が食べられて「いいことしたなぁ」って気持ちになりたいからなんですよ私は。リストカットするよりは健全血液の使い道だと思う。自己承認欲求の強いメンヘラオススメ

医者さんに「うちに入院してくれてありがとう」っていう一生聞くことがないであろうセリフはきいたが、

一番ほしいのはなんといっても「骨髄をくれてありがとう」の一言である

私には手紙が来なかった。

ご本人の治療がつらくて、文字が書けないなら、近親者の方が代理でもいいから、とも思った。でも来なかった。

手術後、私から手紙を出した。やっぱりそれにも返事が来なかった。

「なんのために骨髄提供をしたんだろう」と思ってしまった。

====

私には、2回目の適合通知が来た。

でも、今回はお断りした。仕事が繁忙期だったのが最大の要因だが、正直「提供先が(病気の再発等で)同じ人だったらやだな」って思ったのも事実だ。

ももう一回、適合通知が来たらその時はするかもしれない。

久々に行った献血で、「骨髄提供をしたんです」と言ったときに、お医者さんが「あなたがした最大の功績は、患者さんの家族の救いになったこと」と言ってくれたからだ。

骨髄提供を受けられないまま弱っていく中で、「適合する方が見つかりました」の声は、病室の時間を一瞬とめて、途端に涙であふれさせ、結果がどうであろうとも「最後まで治療をしてあげられた」という患者さんの心の支えになるからだ、という。

まぁ、それならいいのかな、と思えてしまったのだ。







====

2017/11/10 17:48

まりコメントの多さに驚いています。興味を持っていただきありがとうございます

あと、誤字脱字が多くてすみません

一番ひどいのは

最後まで治療をしてあげられた」という患者さんの心の支え

→「最後まで治療をしてあげられた」という患者さん【とその家族】の心の支え

ですね。前半の文章主語が違いますね。見逃してください。


から説明不足で、追加しておきたいことがいろいろ。

病院までの交通費は支払われます

いくらだったか思い出せませんが、「入院に伴うお金」は少しいただけますので、そちらでパジャマ日用品は買ってくださいとのことでした。3000~5000円だったかな?1万円はなかった気がする。まぁそれにしたってパジャマ高すぎる

手紙は、「もらえないかもしれないし強制もできない」ということも事前に説明されていました。理解したうえで「手紙しかった~~!!!」とダダをこねています人間としての器が小さくて…すいません。我欲を捨てられるように、来世の自分に頑張ってほしいです。


・あとみなさんが知りたいであろう手術について書くのを忘れてました。

なぜならあんまり痛くなく、尿道カテーテルのほうがよっぽどイラついたからです。

私は麻酔が効きすぎるタイプのようで、手術室に入った途端寝たからなんにも覚えてないんだなこれが。麻酔解けるのも予定時間を3時間オーバーしました。

退院日翌日には会社に行き、2週間後にはプールに行っちゃうくらい健康だったからです。参考にならず申し訳ない…


なので現金的な持ち出しはあまりありませんし、少しばかりプラスかもしれません。

なお、この骨髄提供を経て失った有給は持ち出しに加算したら大変そうですよね。融通が利く会社でよかったなとつくづく実感しました。おかげで私の有休消化率は110%です(未来から借りました…)





===

2017/11/16 18:13

こんばんは増田です。たびたび文章を長くしてすみません

あと、「つらつら」の使い方が違う、というコメント、ほんとすみません。恥ずかしいです。ご指摘ありがとうございます

さんざん愚痴っぽくなってしまったんですが、ブコメ等すべて拝見して、うれしくて涙が出てきました。

みなさんがこんなに褒めてくれるのに、なんで拗ねた態度をとってしまったんだろうと改めて反省しました。ありがとうございます


・傷跡について

お察しのとおりきれいさっぱりないです。2週間後のプールでも誰にも何も言われなかったです。

でも残ったとしてもあんまり気にしなかったと思います

まれつき背中にでっけぇアザがあるんですが、「お、あるな~~~」くらいにしか思わないので…。

あと、「人を救ったかもしれない証」が背中にあるってオタク的にはかっこいいです。ごめん私思考回路おかしいから…参考にしないでください…


この記事コメントくださった、「骨髄提供は最高だった」っていう方すごくない?この方こそ聖人君子じゃんって思いました。親にひどい目にあわされながらも人を恨まずに救うことにためらいがないって…すごい…器が違う…この方、もしもお子さんができたら「私を母親にしてくれた」って子供をすっごく大切にしそうだなって思ったんですが、結婚に興味なしなのか~~


後日談ですが、この記事かいたの友達にバレた(ちなみに、この子は私の2度目の提供に反対した。1回で十分じゃないか、と泣かれた。私より私を大切に思ってくれてる…。)新聞投書欄テレビ番組の「この話題を扱ってください」の要望欄に投げたと言われた。行動力ありすぎかよ。

P.S.

ごはんをおごってくれるとかいて下さった方、日本中のおいしい茶わん蒸しのお店を書いておいて。行くから

2017-09-23

大森靖子かい音楽アイドル

大森靖子感情劇場的な入れ物につめて発散しているだけで、別にすぐれた音楽家でも詩人でも芸術家でもなんでもない。共感型のアングラアイドルSNSで補完するダウナーっぽいエンタメ自己憐憫世界は終わっているがあなたの愛だけはある型。ちゃんと現代向けにアップデートはしている。ファンサ、マメエゴサーチリアクションかわいい自撮り情緒不安定ポスト音楽に命をかけているように自分演出して、自己承認の増加に命をかけている。ターゲットにとても配慮したわかりやすインスタントリサイクルかつエコな病んでる歌詞


音楽真摯に作る人々にとって不幸だったのは、この人にとって自己承認ツールの最たるものたまたま音楽だったこと。きっと小説を書いて新人賞をとれば小説家で、絵を描いて売れれば画家ツイッターブログはどの道必須媒体にこだわりはない。そこに「わたし」がいればいい。この人は音楽を語るけど音楽自体に愛はない。自己愛音楽混同している。レコメンドできるほど掘り下げてもいないし、そもそも音楽素養がない。明確な音楽ポリシーはない。本当にインディペンデントアーティストなら欅坂を歌えない。自分音楽ルーツプライドがないからできること。だから音楽に命をかけているのではなく、自己肯定に命をかけているというのが正しい。


大森靖子音楽魔法じゃない。というか大森靖子の言ってる「音楽」は音楽好きな人たちの考える「音楽」ではなくて単なる「自己世界」だから何にもならない。自己世界なので大森音楽と人格を分離できない。人格自分にとってそぐわなければ同時に音楽もクソとなる。でもそれは違う。人格がクソでも作るものは素晴らしいということは多々ある。どんなに憎んでいる人の音楽でも好きになっていい。どんなに愛している人の音楽でも嫌いと言っていい。そういう軽薄さは芸術において許される。


いま日本では面白いバンドとか若くて良い音楽家がたくさん出てきてる。ちゃんと音楽好きで、自分たちで曲作ってるやつらがこういうアイドル音楽否定されるって、マジでアホらしいだろうなと傍から見てても思う。不毛で何にもならない。日本音楽業界ってもっとクソな人間システム問題が山積してるのに。なんか悲しくなる。お笑いとかでもようあるけど、上に噛みついてた底辺出身ちょっと大きくなって、下のやつを叩いているの見ると、怒りというよりは悲しくなる。結局、生活大事なんよな。上から来たストレスを下にぶつけて溜飲を下げて。そういう人が世界を変えるとか美辞麗句並べて。事務所の弱い方はもう何も言えない中で、しれっとSNS再開。そんな暇あったら音楽魔法にするために時間使った方がええんとちゃいますか。音楽アイドルさん。

2017-09-12

一般人SNS上での自己承認欲求を満たす為だけの無意識的な印象操作が一番性質が悪い。

自らの首を絞めてどうするのだろう。

2017-09-11

偽善とは?

ぎぜん

偽善

本心からでなく、うわべをつくろってする善行。 「―者」

ほうほう。本心からではないと。

本心ではないと、誰が判断するのか?うん。色んな人だ。

色んな人が判断する。


どこかで災害があった。救援物資を送った。

それを自撮りパシャ―って感じでインスタに上げたら偽善と呼ばれる率は高くなる。

自己承認欲求功名心。これがあると判断されたら偽善と言われるんだろうなぁ。

2017-09-10

anond:20170910082314

色々めんどくさくなってるから、「後々面倒になりそうな所ではしない」というのはそうだろうね。

特に就職しての職場とか、就職に悪影響を及ぼすような大学理系学部の同じゼミとか。

それ以外の中学高校大学ぐらいなら、いじりに対する適度なあしらい方ぐらいでいい気がする。

いろんなサークルに出かけて、ダメだったらごめんなさいとそこをやめるぐらいがいいかも。

あと、できるだけきちんと自分のやったことを振り返って、早くいい人を物にすることだな。

色恋って、「相互自己承認欲求の充足」。それには、自分が合いそうな人というのを見極めるのと、相手承認欲求を満たすことが必要

anond:20170910024834

大変だったんだねぇ。

でさ、お前も結婚しろよ系のはほっとき。それに反応する余地があるから結婚できないと辛くなるんよ。

結婚しないから嫌われたんじゃないんでしょ?結婚についていじられて凹んで迷惑かけたから嫌われたんだ。

からニコニコ笑ってスルーするのが幸せ。もてない奴をいじって楽しむという一つにすぎない。でも反応しないとつまらいからとそのいじりはしなくなる。

結婚相手を選ばなかったがために不幸になってる奴なんてじつは多いんよ。

色恋って、「相互自己承認欲求の充足」だと思ってる。だから相手を思いやれ、そして自分を思いやってくれる状況、相手結婚しないと不幸になる。

特に自己承認欲求支配欲と近いものがある。DV系は裏で「私を大切になんでしてくれないの?」というのが暴力に転化して、不幸になってるもの

サブカル系東方のEastNewSound「緋色月下狂咲の絶」、凋叶棕「NegaPosiラブコール」「フォービドゥンゲーム」あたりはそういう曲。

凋叶棕の「NegaPosiラブコール」は「盲目笑顔」という、相手が心のうちで泣きながら見捨てるという曲もセット。

フォービドゥンゲーム」はラストで見捨てられる。

から相手をよくみない結婚絶対不幸になる。きみが相手承認欲求を満たせない状況ではうまくいかない。

相手承認欲求を満たせる状況でないのなら、相手だんだん失望していき、わかれるか、仮面夫婦となる。独り身のほうが遙かに幸せだと断言できる。

瞑想周りに加えて、小池龍之介の本でよく取り上げられてる「慢」という感情についても意識したほうがいい。

これは「こう思われたい」と思う感情が、人間を苦しめる要因の一つだというもの

「どう思われてもいいや」ぐらいのほうが気楽に生きられる。

そうやって、平静に戻れた状況で、できたら出会いを探すぐらいでいいんじゃない

2017-09-07

貧乏人とは付き合うな!貧乏人は一生貧乏なのでお金持ちにはなれない話



貧乏人になりたくなければ貧乏人とは付き合うなということ。

少し刺激の強いタイトルですが、現実はそういうこと。基本的貧乏人は一生貧乏のままなので永遠にお金持ちにはなれません。

別に貧乏が悪いということではありませんが、お金があるのに越したことがないのは否めません。

そもそも貧乏人の特徴やこれから先に貧乏人にならざるを得ない人の特徴はどのようなものでしょうか。

貧乏人とは付き合うな!の前に貧乏人の特徴とは?



貧乏人というのは決してお金がないだけの人ではありません。

お金がなければ働けばいいだけなのでまだ救いがありますが、精神面が貧乏になるとなかなか厄介なもの

精神面が貧乏人の特徴は以下の通り。



簡単に書きますとこれらのことを無意識的に行っていると、精神面がドンドン貧乏人になります

すでに精神面が貧乏になっている人は手遅れですが、このような人間が周りにいる人は付き合ってはいけません。

これはネット上の関係でも同じこと。

そのような貧乏人は墓穴を掘っては勝手に消えいきますからね。

貧乏人は一生貧乏のまま、くだらない人間しか



貧乏人は一生貧乏のままですが、くだらない人間も一生くだらない人間のままで人生を終えます

当の本人全然気がついていないので、それもまた幸せ人生なのかもしれません。

世の中には本当に様々な人がいますが、精神面が貧乏人なほど悲惨ものはありません。お金がない貧乏人はまだまだ救いがあります

精神面が貧乏人になり、くだらないことばかりをしている人間だけにはなりたくないものです。

それでも、まだまだくだらないことばかりをしては、利用されていることに気がつかないバカもいるのが現実

そのような人間にならないためにも精神面だけは貧乏人になりたくないものですね。

貧乏なのはいいけれど心が貧乏人になると……



貧乏なのは別にいいのです。

心さえ貧乏人にならなければ、人生はそこそこ楽しく過ごしていけます

心が貧乏人になるとネット上でしか自己承認要求を満たされなくなりますし、もっと酷い状態になるとネット上ですら誰にも相手にされなくなります

相手にされないとますます精神面が貧乏人になっていくので人生が楽しくなりません。

人生全然楽しくないので、他人誹謗中傷しては何とか自分という存在を保っているのです。

悲しいですよね……。そんな人生……。

貧乏人とは付き合うな!貧乏人は一生貧乏なのでお金持ちにはなれない話のまとめ




とにかく貧乏人になりたくなければ、貧乏人とは付き合うなということ。

これは何も現実世界だけではなくて、ネット上の付き合いでも同じこと。ネット上ではお金持ちか貧乏人なのかはわかりにくいものですが、発言等で精神面の貧乏人なのかは大体わかります

はてなアノニマスダイアリーに糞くだらない投稿をしたり、2ちゃんねる等の書き込み人気ブログサイトスパムコメントをしているのは、十中八九精神面が貧乏人。

い 

そのようなつまらない貧乏人とは付き合う必要はありませんし、相手にする必要なし。

所詮精神面が貧乏人の末路は無視されるだけの人生で終わります。そのようなつまらない人生を歩まないためにもお金がなくても精神面だけは貧乏になりたくないものです。

2017-08-25

偉そうな態度をする人(表現)がツイッターヤフコメに多い理由とは?

どこの世界にも偉そうな態度をする人はいもの

当の本人は偉そうな態度(表現)をしていることに気がつかないのですが、リアル世界に限らず、ネット上にあるツイッターヤフコメ欄にも偉そうな態度をする人はたくさんいます

そもそも、なぜ偉そうな態度をするのでしょうか。

そこには何やら深い理由がありそうです。

なぜ偉そうな態度(表現)をする人がいるのか?

ちなみにこういうことを書いている私自身も偉そうな態度をする人の1人。

別に偉くはないですし、偉そうな態度をしているつもりはありませんが、文章構成がそのように感じさせてしまうのです。

もちろん、これはわざと狙っての書き方ですので実際の性格が偉そうな態度なのかは察して下さい。

このように私も含めて偉そうな態度をする人は多いのですが、ツイッターなどで偉そうな言葉を呟いている人の目的はまた違うようです。

ツイッターで偉そうな態度をする人の目的

ツイッターで偉そうな態度をする人の目的は、おそらく特定信者フォロワー集めというところでしょう。

偉そうな表現で呟く言葉は、ある特定人間にとっては神の言葉にも見えますからね。

もちろん、感じ方は人それぞれですが99人が嫌悪してもたった1人が大信者になればいいのです。

これは高額情報商材を売る方法にも似ていますオレオレ詐欺などもそう。得体の知れない偉そうな人に説教されたいM気質にはたまらないのかもしれません。

ヤフコメ欄に偉そうな態度をする人の目的

ヤフコメとはYahoo!ニュースに書かれているコメントのことですが、ここには誹謗中傷などお構いなしの荒れ果てた底辺たちがよく集まっています

たまに真っ当なコメントも書かれていますが、9割は悪口批判ばかりの痛々しいコメントほとんど。

ヤフコメ欄に偉そうな態度をする人の目的はただのストレス解消でしょう。

ストレス解消といっても本当は何も解消されていないのですが、自己承認要求が強い人にとってはヤフコメ聖地ともいえる場所

嬉しい反応が簡単に味わえるのもヤフコメの良いところなので、気軽に偉そうな態度をすることができます

世の中はストレスだらけで発散場所を求めている

時代は変われどストレスはいつの時代もついて回ります

くだらない人間関係不安だらけの将来、いつ終わるか分からない働き口などのストレスで大半の人達は発散場所を求めています

今やネット上もストレス発散場所に適していますが、気軽に偉そうな態度をすることができるのはネットの素晴らしいところでもあります

これがリアル世界だとそうはいかないのが現実さらストレスが溜まっては爆発して人生が終わる人もいますからね。

偉そうな態度をする人(表現)がツイッターヤフコメに多い理由とは?のまとめ

とにかく偉そうな態度をする人は心のどこかで寂しい気持ちをたくさん抱えています

つい表現が偉そうになるのは不器用な面があるのは当然として、もっと構ってほしいというサインの表れ。

コメントツイッターなどで頻繁に呟く人は寂しくてたまらないのです。

別に寂しいのは悪いことではありませんし、恥ずかしいことでもありません。偉そうな態度をするのは少しばかり損をするだけということ。

素性や顔がわからなければ、つい偉そうな態度をする人もいますが、そういう人に限ってリアル世界では凄く大人しい性格なのは否めません。

偉そうな態度をする人は少し表現を控えめにするのもまた1つの気づきです! inoue311

ブログを書く人の心理とは?真のブロガーになるために心得ること

ブログを書く人の心理とは一体どのようなものでしょうか。

真のブロガーけが持つといわれる特異な能力がすごいのですが、この能力がある人は永遠にブログを書くことができます

もちろん、そう簡単には身につくものではありませんが、真のブロガーを目指すのなら必見です。

ブログを書く人の心理とは?


ブログを書く人の心理には自己承認要求が強い人が多いもの

もちろん、私自身も自己承認要求が強い人間ですし、ブログを書いている時の心理状態はどちらかというと「無」に近いものがあります

最近の傾向としては、とにかく思いついたことをひたすら文字にして伝えるということ。

この心理状態キープできれば、ブログ記事を書くことに「困る」という文字はありません。

けれども、大半の人達ブログを書き続けられないですし、コメント回りでさえ継続することができません。

コメント回りはブログ記事と違って簡単に書けるものですが、現実はやはり厳しいようですね。

話が少し横に反れましたが、とにかくブログを書く人の心理は「何かを伝えたい」という気持ちが強いということです。

真のブロガーになるために心得ること


真のブロガーになるためには、他人評価などを気にせずに好きなことをドンドンと書いていくこと。

これは簡単なようで実は難しい。実際にブログを書いてみればわかることですが、同じような内容でも毎日書ける人はそうそういません。

からこそ、毎日書くことによってでしか気づけない部分もあるのです。

真のブロガーになるためにも人と違うことをしていきましょう。同じようなことをしても目立ちませんし、その他大勢の1人になるだけですからね。

自分自身が感じていることや普段思っていることは自分だけのオリジナル体験

この部分をブログ記事にすればいいのです。ここを理解できれば真のブロガーになるのは難しくありません。

ブログを書き上げた後の爽快感を知ること


ブログを書くことが楽しい理由の1つに、ブログを書き上げた後の爽快感がたまらないというのがあります

文字数が多ければ多いほどこの爽快感増長していきますが、ブログを書く人の心理はこの爽快感を求めているといっても過言ではないでしょう。

もちろん、感じ方は人それぞれですが私自身もこの書き上げた後の爽快感気持ちいいです。

嬉しいコメントと同じくらいにテンションが上がるものですが、この域に達することができれば「ブログを書く」という真の楽しさがさらにわかますね。

ブログを書く人の心理とは?真のブロガーになるために心得ることのまとめ


ブログを書くのにルールなどありません。

特定個人による誹謗中傷記事や酷すぎるなりすまし(コピー記事)以外ならば、何を書いてもいいのがブログというもの

その記事を読んで貰えるかは運にも左右されますが、2年以上継続してブログ運営すれば、それなりにファンもついてきますし、コメントも頂けるようになります

ブログを書く人の心理理解しては、真のブロガーになるために日々精進しながら書いていく。

そこまで難しく考える必要はありませんが、無理矢理にでもブログ継続していくとある時点で新たな世界が切り開けていきます

これは体験者でしかからないことですが、気になる方はぜひブログをこれから継続していって下さいね

inoue311

2017-08-24

ももねいろとかいう人のブログを見て思うこと

ももねいろとかいう人の離婚報告。

たまたま見かけただけで、縁もゆかりもない人だけど。

高校時代の恩師に言われた言葉を思い出した。

「人は口では何とでも言える。相手判断したいときはその人の行動を観察しなさい」と。

この人はブログではなんだかんだ書いているけど、

行動だけを抜き出せば

小学生の子もの親権(監護権)が旦那になっている

住宅ローンがあるらしいがその家を旦那に渡して(押しつけて?)家を出ている

・その事実ブログ公表している

養育費については言及無し

という点。

自身主観的判断か、周囲の客観的判断かはさておき

小学生の子もの母親を辞める結果になっていることは間違いない。

そして、子どもたちや周囲の関係者が見るかもしれない、

見てショックを受けるかもしれない可能性を考慮せず、

それをブログで公開してしまっている。

行動だけを追っかけてみても、いかにこの人が自分中心、自分本位で行動しているかがよくわかる。

小学生の子どもをヒモ呼ばわりした旦那に押しつけてローンの残る家を押しつけている(ローン残債だけは憶測か)。

これがこの人のとった行動。

それだけ。

-----

こっから主観。ただの批判

以下はこれまでの50年近い人生で実感したことで、単なる主観論になるが

ブログTwitterなんぞで自己承認を求めてるような母親はたいてい自己中で自分中心だ。

家族子どもの方を見ず、自分を愛してあげることで精一杯。

育児スケープゴートにしているが自分を認めて欲しい、ただのかまってちゃんほとんど。

家族のことより、子どものことより、自分のこと、自分ブログのこと、自分人生のことが最優先。

えらそうに育児について書いているが、結局自己アピールの一環で書いてるだけ。

金儲けのため仕方なく、と言い訳するかもしれないが、

あなたの都合で金儲けのために子どもたちを巻き込んでるだけでしょ?

結局一つの家庭すら守れず育児放棄して旦那に押しつけてる。

子どもを愛してると言ってるらしいが、子どもより自分を愛しているか親権放棄するし、

万が一のリスクも考えずブログ自己正当化旦那こき下ろしをして自己防衛に走る。

万が一に、この人が病気や家庭の事情子どもたちを手放すことになったのだとしても、

それをブログに書く意味は?子どもたちや周囲の保護者にでも読ませるつもりかな?

自分のくだらない言い訳ブログを。

控えめに言って人間のクズですね。

お疲れ様でした。

2017-08-21

もともとそういう気があったからかもしれないけど

すごく聡明で知識欲があって、実際に自分で色々見て学んで咀嚼して自分の考えとして発言することができてた人が

精神を病んでから病的な外見コンプからくる整形願望と

「(セフレと)セックスしたい」ということしかツイートしなくなってしまったのを見て悲しくなってしまった

ベッドで寝てるセフレ画像上げたりして吐き気がした(目線隠してるけど)

外見コンプ自己承認欲求の塊になって、毎日セックスのことばかりツイートしてる

普通に可愛い子なのにな

からそういう人なら良いんだけど 元々は違う人だったから なんか悲しい

それが彼女本質だったとしても

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん