「チャラ男」を含む日記 RSS

はてなキーワード: チャラ男とは

2022-06-02

でも俺がセクハラ大魔神的なコミュニケーションで女から好かれたのも事実なんだよなあ

今の若い世代ですら少なくともチャラ男ヤリチン界隈においては、

過激下劣セクハラをして場に爆笑の渦を湧き起こすような奴は同性の仲間からめちゃくちゃ好かれるし信頼される

みたいな風潮は生きてると思う。

かくいう俺がまさに団体芸を好むバカヤリチン集うコミュニティエースで4番級の賑やかしセクハラ野郎として名を馳せていたタイプだ。

テレ東深夜の黎明期ゴッドタンをたまらなく愛していたような男だ。モロに影響を受けた。

飲みの場で俺のセクハラ攻撃の餌食となった女性はみんなその後セフレ彼女になった。

セクハラされてる最中彼女らは「酷すぎる!」と大いに笑っていた。

今の嫁もセクハラロックオンから交際に発展して結婚に至った経緯がある。

お互いにとって良いセクハラってマジであるんだぞ。

2022-05-31

別冊図書館戦争から考える、弱者女性の不幸

トイアンナが、弱者男性性格が悪いから助けるのが難しいという話をしている。

それを弱者男性達は、女もそうだろ!女は救われるのに差別だ!と噛み付いてる

私は、性格の悪い弱者女性といえば、思い出すものがある。

弱者女性としての水島

有川浩の人気シリーズ図書館戦争」の別冊Ⅱに水島というキャラクターが登場する。

郁の後釜で柴崎の同室となった女子容姿は地味。性格は卑屈でコミュ障KY友達は少ない。真面目なだけが取り柄だがそのKYなまでの真面目さで柴崎に疎ましがられる。そして卑劣犯罪に手を染め、供述で痛い勘違い女ぶりを披露し、誰から共感されない惨めな悪役として終わる。想い人である手塚(柴崎とくっつく)からも「気持ち悪い」と言われてしまうのだ。

その散々な描かれ方に、水島気持ち悪い嫌いという声に混じり、同じく地味でコミュ障自称する女性読者から水島同情論」が聞かれたりする。(私もその一人だ。彼女達の発信を読むまでは、作中の嫌われ者水島に同情し柴崎に対して僻む自分を認めたくなかった)

しかしその同情論は、あくまで卑屈で真面目なだけに大それたことはできないはずの水島に対してであり、卑劣犯罪に手を染めた勘違い女水島に対してではない。正直私も、卑屈な筈の水島自分手塚に愛されてると思い込み柴崎に対してあれ程固辞していた呼び捨てをしながら嫌悪侮蔑を容赦無く露わにする様は、これまでの水島キャラとちぐはぐな印象を与えた。「有川は嫌いなタイプをとかく貶めたいがためにキャラに合わなくとも悪者にすりゃいいと思ってんじゃないか」とすら思った。

でも水島供述を読んでいると気づいた事があった。柴崎言動全てを悪く受け取り、「柴崎はズルい」「美人からって」「チャラチャラしている。手塚さんに相応しくない」と僻む様が、「真面目で不器用で善良な俺達がモテず、悪いイケメンヤリチンチャラ男DQNばかりがモテる」と僻む、ネット自称弱者男性に重なったからだ。

水島弱者男性女性版、つまり弱者女性なのだ

そう考えれば納得できる。「ネット上のおまえら現実おまえら」のように、水島も影ではいくら柴崎を悪し様に言えても貶められても面と向かってはおどおどするしかない。真面目なだけが取り柄で、恋愛面でも真面目に努力してきたつもりの彼女にとって、美人簡単手塚に近づける柴崎存在は「ズルい」と思えたのだろう。

よく弱者男性女性の「気持ち悪い」「キモい」という言葉過剰反応し、「クラス女子キモいと言われたことがある。キモいという言葉許すまじ」と抑圧体験を振り翳す。しかし、忘れないでほしい。男女逆だってあるのだ。手塚水島に「気持ち悪い」と言ったように。それが作中では正しい言葉であるように。

水島弱者女性問題についてこのブログが参考になるだろう。

若い女性に多い自殺願望☆地味な女子は負け?『別冊図書館戦争2』と座間遺体殺害された女性被害者について」

http://urx2.nu/HJP5

弱者女性弱者男性の違い

水島弱者女性だと考えると、弱者男性とは違いがある。

すもも氏は、「非モテ女は高望みだ」というが、水島も確かに想い人は手塚というハイスペックイケメンなので、高望みといえる。

一方で、コミュ障KYゆえに友達は少ない。柴崎らメインキャラも、もちろん彼女らを操る作者の有川浩(女性作家)も、水島を疎ましがり見下している。

弱者男性の不幸が異性に好かれないことなのだとすれば、弱者女性の不幸とは、同性に見下されて友達がいないことなのではないか

そういえばわたモテのもこっちも、タイトルではモテないことを重視しているようだが、それ以上に友達を欲しがっていた。今は友達に囲まれているようだが。

弱者男性結構同性に同情される。強者男性弱者男性根底は同じ人がいるのだろう、モテない弱者男性に同情する人が多い。

弱者女性は誰からも見下される。同性からも異性からも。穴モテはするかもしれないが、女性にとってはそれだって見下されている内だ。

女性作者は作中の弱者女性に容赦ない。ちびまる子ちゃんのみぎわさん前田さん、サバサバ女の網浜さん辺りを見てもわかるように。「勘違いブス女」を嘲笑youtube漫画動画女性が作っていて女性に人気なように。

そういえば、図書館戦争障害を持ちながら理解ある彼くんを手に入れた例としては鞠江ちゃんがいた。

でも彼女だって、顔はいい。抱えるハンデも発達障害精神障害ではなく、同情されやす身体障害である。鞠江ちゃんも多分、強者女性の仲間入りだ。

柴崎手塚のような、顔が良くて優秀で皆に好かれる強者女性強者男性は正しくて幸せになれて、一方水島のような弱者女性(や弱者男性)は悪役で惨め。残酷な程の対比は、水島タイプ弱者女性を益々卑屈にさせる。有川浩はこれに限らず、男女共に対してマッチョ主義な所がある。主要登場人物大抵顔が良いし。

弱者女性弱者男性はその境遇ゆえにコンプレックスを抱え、性格がひねくれているかもしれない。好かれないのも仕方ない。弱者男性のお友達になると言ったエマワトソンも手に追えないだろう。では、彼ら彼女らが救われる方法はないのか?

私はと言えば恋愛友達も諦め一人の気楽さを満喫している。しかしそれは多くの弱者男女にとって救いではないのだろうな。

2022-05-30

anond:20220530161927

なるほどごめん勘違いしたわ

それでも身体の相性確かめるのはナシかな

自分チャラ男系の雰囲気きじゃないので、その自分に嫌われてないということは相手は間違いなく女性経験が少ない。元カノにじっくり育てられてる奴でなければ間違いなくド下手くそだろうから


経験いから下手で気持ち良くなくて当たり前

スキップできないとかリズム感なくて救いようのない音痴とかだとちょっと怪しくなってくるし、多少のカンの良さやセンスの良さは求めるけど、それ以外はこっちで育てるから関係ないよ

2022-05-22

TikTokライブでの一部始終

すごいニッチな話で吐き出す場所もないからここに書かせてくれ。

TikTokには短い数十秒の動画を上げること以外に、ライブブロードキャストする機能もあるんだけど、ある休日の昼、ちょっとヤンチャめの女子高生(3年)が割と胸元の開いた私服ライブをやってたんだよ。まあ自分も見てしまったんだけど、本人なりに線引きはしっかり引きながらも、割とやらしめの要望にも応えてて、ライブは大盛り上がり、フォロワー数が爆発的に増えたんだな。

プロフィールを見るとその女子高生結構からTikTok活動をしていて、ライブ動画も精力的にこなしてたんだけど、あまりフォロワー数が増えなかったみたいで、直近の何本かの動画が若干谷間を見せるような動画で、多少のお色気も出してフォロワー数を稼ごうと方針を変えたのが明らかな感じだった。

そういう流れでやってたのが自分が見た昼のライブだったんだけど、大幅にフォロワーが増えて数字的にキリのいいところまでその日に行ける雰囲気だったから、「夜もやる」と言って昼のライブを終えたんだわ。

それで満を持して始めた夜のライブ、その子は昼と同じ胸元の開いた服装で、ついつい自分ライブに参加してしまったんだが、昼の雰囲気とはうってかわったものになった。なぜかと言えば昼のライブはいなかった古参ユーザーの何人かが(全員男)、ユーザーからのやらしめの要望があった時に、その要望に応えるのを止めるようコメント欄で逐一その子に言ってたからなんだな。「やらしめの要望」と書いたけど、ユーザーからの「立って」とか「目を近くで見せて」とかの少しでも胸元が見えてしま可能性のある要望無視するよう忠告する徹底ぶりだったんだよ。(普通の体の動きの中で見えそうになった際は「服装!!」と言う細やかさだった。)

で、その子はやはり古参ユーザー大事にしたいのか、それらの忠告をしっかり聞き入れてたから、視聴者数は増えず、フォロワーは中々増えなかった。普通昼より夜の方がライブは盛り上がるのに全然盛り上がらない(正直彼女は昼と比べてライブがやりずらそうだった)。

そこでフォロワー数を増やしたい彼女は痺れを切らしたのか、事態を打開しようとライブを共有して他のライブホストと話せる「コラボ機能」を使ったんだよ。そしたら繋がった先のホスト若いピンク髪のチャラ男で、それを見るなり古参ユーザーは「コラボ相手には気をつけな、印象悪くなってフォロワー減るぞ」とまたご丁寧に忠告したんだけど、コラボ相手その男との会話の中で胸元が何回か開いたことも影響したのか(彼女コラボ中には胸元を手で抑えなかった)、古参ユーザーの予想に反してコラボ中にフォロワー数が一気に増えて目標の数値を達成したんだよ。

そしたらコラボ終了後、目標フォロワー数を達成したこと気づき彼女が喜び始めた矢先、ある古参ユーザーが「純粋応援していたのに、フォロー外すわ」とコメントを書き残してフォロー外したんよ。そのコメントを見た彼女テンションガタ落ち、「不快にさせてごめんなさい」と何度も謝って、それを残った視聴者コメントで励ます始末で、すごく暗い雰囲気ライブ終えたんだわ。

はてなジェンダー問題に詳しい有識者のみんなはこれについてどう思う?

自分としては彼女を思う気持ちはわかるものの、古参ユーザーの行動は少しパターナリスティックが過ぎる気がするし、彼女なりに決断してお色気路線を取ったのだし、もう高校も3年生で、昼のライブを見る限り線引きはしているようで彼女の考えを尊重したい気持ちが強いんだけど。そりゃあ自分の娘ならば止めるよう言うとは思うけどもさ。

2022-04-18

つれー男

やもめ男が活躍する作品好き。自業自得男が活躍するのも好き。

創作上の男性は圧をかけ、痛めつけ、かわいそうな人生にするほど美しく輝く。

女向け作品男性キャラはそういうのがあまりなくてチャラ男とかゆるふわ男が多くて、興味がわかないんよね。

ぽまえらも未亡人好きだろ?わたしも大好き。

創作上の女性も圧(略

2022-04-16

悪役令嬢もので出しゃばってくるチャラ男が嫌い

メインヒーローが寡黙だったり生真面目だったりツンデレだったりで話が進展が滞ると、軽薄で物知りで腹に一物抱えてる系のチャラ男が出しゃばってくるアレ、なんなの。

ファンタジーものだと大体が魔術師ギルドの若き実力者とか魔道師団長みたいな地位にいて、大体は女顔(コミカライズされると細目率高い)で、鈍感だったり奥手だったりするメインヒーロー含む周囲の人間揶揄いまくって、当然アホみたいに台詞が多い。

「ボクはね、楽しいことが大好きなんだよっ♪」とか「いやぁ~、キミたちを見てると飽きないねぇ~☆」とか「うーん、教えてあげてもいいんだけど、今はまだちょぉ~っと早いかなっ?」とか、読んでてイライラするような台詞を連発する。

チョイ役で出てくるくらいならともかく、作品によっては何話にも渡ってヒロインに絡み続け、むしろメインヒーローを脇に置くくらいに出しゃばってくる。

なんなのアレ、ああいうのを好む層が一定数いるの?

作者からすると話を転がしやすいと思って登場させてるかも知れないけど、俯瞰して見るとチャラ男が喋ってるだけで主筋はビタイチ動いてないことも多い。

この手のチャラ男が出てくると「またか……」って思うし、そいつメインの話が3話も続くと、もう作品を読み続ける気自体が失せるんだが。

2022-04-08

NTRについて

前置き

最近NTR界隈も一時期のピークを乗り越えて、さらなる円熟味を増している。

王道と呼ばれる流れを汲むものから一発ネタに走ったものまで幅のある様々な作品が日々生まれる中、改めてNTRについて考えてみたい。

しかし、NTRという単語はかなり広い範囲意味合いを含む言葉となってしまったため(NTRとさえ付いていれば何でも好きだという好事家は少ないのではないか)、今回は個人的にその肝だと感じる部分を、登場人物性質という視点から考えてみる。

本文

広く浅くインターネットを眺めていると、NTRというジャンルへの罵倒を見かける機会は割と多いように思う。

NTR好きは頭がどうかしている」だとか、「ただただ不快」、「経験の少ない童貞向け」、「他ジャンルから流入があっただけ」などなど、これらの指摘が本当に的を射ているのかはともかく、各所のランキングで人気人気と持ち上げられる割に、NTRはかなり好き嫌いの分かれるジャンルだ。

なんなら、毛嫌いしている人の方が多い気もする。往々にして、毒づく発言反論する人は少ない。「素質あるよ」だけでは、いかんせん受け身にすぎるきらいがある。

無論、俺苦手だわという人の意見には頷ける部分も多々あったりするのだが、個人的にはこのNTRというジャンルがとても好みに合っているのだ。

妙に捗ること以外にも人気となるだけの良さがあると思っているので、あまりにひどい言われようを目にするとそれなりに悲しくなる。

なので、このジャンルの良さがどの部分にあるのか、少しでも説明できればと思ってつらつらと文章を書いてみることにした。

また当然のことながらこの良さとは、一切現実とは関係のない、妄想の詰まった袋の内をたゆたう上での良さである

まず結論から書けば、個人的に感じるNTRの良さとは、登場人物心理描写の中に存在する。

より正確には、物語の進行に応じて生じる彼氏彼女負の感情、その濃淡によって否応なく生まれるすれ違い、それらに強く打ちひしがれながらもぎりぎり薄氷を踏み割らないで関係を維持し続けようとする、登場人物の心境そのものの強度に依る部分が大きいと思う。

まりNTRの勘所というものは、寝取られたその結果にあるのではなく、寝取られさなかのその過程の内にあるのだと。

これは例えば、床に落としたガラス割れる瞬間を想像した上で、その数フレームからぎりぎりまでスローモーションカメラでじっと眺め続けていたいという願望に近いところがあるかもしれない。

言うならば自分は、ガラス割れる瞬間を見たいわけではないのだ。いや最終的には見たいのだが、その決定的な瞬間に至ってしまえば、あとはガラスの破片が飛び散るだけにすぎなくなる。

もちろんその光景は派手だし、うるさい音もなるし、人目を引きつける力は言うまでもなく強い。このガラス割れる瞬間こそが、NTRにおいては俗に言う堕ちた瞬間であり、そうした場面の押し出しの強さがこのジャンルの人気の一因とされることに異論はない。

ただその一方で、「おしとやかな彼女あんなにあられもない表情を」という描写の裏側にあるもの、その下支えとして連綿と存在する物語の持続性を無視することはできないように感じている。

いやむしろここで言う数フレーム連続性のさなか、張り詰めた緊張感がかろうじてほどけないまま維持される状態こそが、実はどんなNTRにも通じる本質なのではないか

言い換えれば、わざと直ちに解決させないこの煮えきらなさを楽しめるかどうかがNTRというジャンル全体を楽しめるかどうかにつながる、というのが今回自分の伝えたいことである

果たして、あらゆるNTRの設定はこの独特な緊張感を演出しつつ、できるだけ長く持続させるためだけに存在すると言ってもよいかもしれない(これは言いすぎかもしれない)。

ときNTR基本的登場人物を考えると、その多くは男二女一の組み合わせであり、一組の男女に対して間男が登場するという設定が王道だと思う。

そして自分が目にする限り、男二人に関して言えば、あからさまなほどこの両者は対比的な描写が目立つようだ。

性的な部分ではもちろんのこと、例えば彼氏役の男が年若く、彼女に対して奥手であり、女性の扱いに慣れていないような描写をされるのならば、間男側は女性に対して積極的、またはその扱いに手慣れているいわゆるチャラ男系であったり、社会的地位があるようなやたらと人生経験を積んだ人物像が設定される(たまにNTR好きのチャラ男信仰はなんなんだという発言を見ることがあるが、たぶんその理由はここにある)。

逆に間男が汚っさんと呼ばれるようなマイナス寄りの描写をされるのであれば、彼氏側はそれなりにまともな人格女性関係を維持できるだけの人柄を持つ人物描写になる。

取りも直さず、一つの作品の中で彼氏間男は相反する、対立する要素を持つ間柄として広く理解されているところがある。つまり両者の引きつった関係NTRNTRらしくする要素と見なせそうである

思えば、この両者が作品内で直接ぶつかり合うことは少ない。極論、顔を合わせる機会すらないこともあるが、そうであるからこそ、二人の対立的な関係性は最初から最後までほとんど変わらずに維持され続け、効力を持ち続ける。

あるいは彼女役の女性に関して言えば、多くの場合規範的な性質を持たされることになるだろう。よほどのことがない限り、性に奔放な性格付けはなされない。

その性質上、彼女彼氏への秘密を極限まで隠し通そうと行動することになるし、間男はそうした女性の動きに応じて、薄皮をはぐようにその秘密を明らかにしたがる。間男は常に女性意識の逆側を突く。

この両者の行動方針には、やはり対立的な要素が見て取れる。男二人の関係性と同じく、この対立には緊張感を生み出してNTRNTRらしくする効果がある。

一方でこの関係には相互駆け引きが避けられない以上、必ず終わりが見え隠れするという点で、先の例と異なることには注意が必要だ。

物語は畢竟、いつしか終わるものであるが、NTRの終わりは基本的に誰かの性質が変化すること、もしくはそのきっかけが見えたところで幕が引かれる。

幕を引く役割を担うのは主に女性である場合が多いが、その理由はここの違いにあると思われる。

本来ならここでもっと多様な例を挙げて自分意見を補強する材料とするべきだろうが、自分の力ではこれ以上書いても枝葉末節しかならない気もする。

NTRについて肯定的に受け止める感想をあまりたことがなかったのでなんとかここまで書いてみたが、同じ好事家がいればまた異なる視点があるはずなのでぜひ誰か書いてくれたら幸いだ。

・・・

ちなみに、もともと自分おねショタ好きだったが、あまり一方的献身が続く関係性にいつしか疑問を持つようになり、その答えとしてNTR見出したいわば闇落ち勢である

まさか自分がこうした好みを持つようになるとは夢にも思わなかったが、NTRの沼は思いもよらぬところで口を開けて待っているものだ。

こういうシチューに興奮する

増田クラスの清楚で真面目な感じの女の子が、チャラ男

ワイ『ハラ減ってンだわ、はよ喰わせろや!!』

🍛『どうどう』

こういうシチュエーションに興奮する

クラスの清楚で真面目な感じの女の子が、チャラ男に「そういうこと試してみない?」と言われて、好奇心で部屋までついて行ってさ。

部屋に入ってからも、「嫌なことあったら言ってね。すぐ止めるから」と言いながら、ゆっくり服を脱がせる感じで。

脱がせるときも、服がシワにならないように、下着が傷んだり、汚れたりしないように気をつけててさ。

そういう「女慣れしてて不快なことはしないな」という安心感で、真面目そうな子がどんどん好奇心だけで先に進んじゃうの。

で、別にそのあともふたりは付き合うでもなく、何か人間関係がこじれるでもなく。

ただ彼女のことが好きな僕はひたすら蚊帳の外

こんな感じのシチュエーションが好き。

催眠脅迫でのNTRじゃなくて、単に主人公が女慣れしてなくて、女の子好奇心に上手く気付いて乗れなかったか結果的NTRちゃいました、BSS、みたいなの。

2022-03-30

anond:20220330131732

上記一定指示されてる言説を踏まえてどこからなら助けるべきなん?

痴漢されてる女

・無理やりAV契約されそうになってる女

チャラ男に詰められて強引に連れていかれそうになってる女

いじめられてる女

差別されてる女

いずれも、女子校生なら声掛けして助けないとダメ

女子校生かどうかは、制服着用かどうかで判断

成人した女なら、声をあげられるはずなので、それを待つのが基本。

ウィルスミスの件を踏まえて

・妻への外見へのジョークに怒りを覚え勝手発言者攻撃男性自己満足、嫌なら本人が言うべきで勝手に動くべきじゃない、日本は考え方が前時代的なので女を子供扱いしてる


上記一定指示されてる言説を踏まえてどこからなら助けるべきなん?

痴漢されてる女

・無理やりAV契約されそうになってる女

チャラ男に詰められて強引に連れていかれそうになってる女

いじめられてる女

差別されてる女

いずれも明確に本人がSOS出してない(まあ出せないのが大半だが)ならやっぱ介入すべきではないんかな

暴力絶対駄目」ならともかく、ウィルスミスの件は勝手な介入から駄目と言ってる人も多いんよな

外見へのいじりなんて本人がSOSしづらい案件の筆頭なんだが

ウィルスミスの件を踏まえて

・妻への外見へのジョークに怒りを覚え勝手発言者攻撃男性自己満足、嫌なら本人が言うべきで勝手に動くべきじゃない、日本は考え方が前時代的なので女を子供扱いしてる


上記一定指示されてる言説を踏まえてどこからなら助けるべきなん?

痴漢されてる女

・無理やりAV契約されそうになってる女

チャラ男に詰められて強引に連れていかれそうになってる女

いじめられてる女

差別されてる女

いずれも明確に本人がSOS出してない(まあ出せないのが大半だが)ならやっぱ介入すべきではないんかな

2022-03-25

最近読んだBLと非BLとがんばって読んだ耽美

海辺エトランゼ』(紀伊カンナ

あらすじ

 小説家志望の駿は、沖縄離島で親戚のおばさんの営む宿に間借りして住み三年になる。彼は、毎日独りで海を見つめている男子高校生が気になって仕方がない。男子高校生の実央(みお)は孤児で、いまはよその家に世話になっているというが、その家には帰りたくなくて海を眺めて時間を潰しているらしい。

 駿は実央に一目で惹かれてしまったのだが、実央は駿が自分憐れみの目でみないところに惹かれていた。

 だが、実央は本島の施設に移り、そのままほぼ音信が途絶えてしまった。ところが三年後、大人になった実央は駿のもとに帰ってきたのだった。

増田感想

 以前、続編の『春風のエトランゼ』を前提がよくわからないままなんのこっちゃと思いつつ読んだけど、こういう話だったのか。なるほどねー。

 『春風の―』を読んだ時にも思ったが実央が攻めで駿が受けなのが意外だ。でも、商業BLでは年下攻めというのは案外多いらしい。攻めが未成年場合はとくに。

 絵が隅々まで綺麗でいいけど、絵に誤魔化されている感があるというか、素敵なシーンばかり見せられている感があるというか。ゲイの苦悩葛藤がなんか取って着けたように見えて仕方がない……。実央の「ノンケだけど駿のこと好きになっちゃったから大丈夫!」っていう能天気さが、ファンタスティック過ぎて私は着いていけないのかもしれない。

 それに、北海道出身という設定の駿が家の為にゴリゴリに古風な祝言上げるところだったとか、元婚約者桜子さんの大正浪漫昭和レトロ中間的なお嬢様ぶりなところとかなー。北海道ってそんな旧態依然としたお土地柄なの? そうとは聞いたこと全くないのだが。結婚式は会費制くらいのことしか知らんけれども(そのさばさばした印象がつよいのか)。

 個人的にはあまりハマれないなこれ。絵は綺麗でかわいいけど。(だがむしろ作者は百合の方が描きたいのでは? というくらいに脇役がめたくそ百合百合していた。メインのBLが霞むくらいに。そこもハマれない原因のひとつかもしれない)

 今ならシーモアで丸々0円で読めるよ!


『鳩の栖』(長野まゆみ

概要

 短編集。男子中学生たちを主人公にした、耽美レトロ物語。ちなみに、『紺碧』と『紺一点』は単行本『紺極まる』に続いている。

増田感想

 長野まゆみ先生持ちネタが詰まっている。水琴窟とかバードベルとか義兄に恋しちゃう義弟とか。同じネタを使って毎度似ているようで違う話を作り出すのすごい。ストーリーの内容がどうとかいうよりも、物語バリエーション文章構成の素晴しさに感動してしまった。

『栗樹ーーカスタネア』の冒頭に、

瓜はめば子等思ほゆ栗はめば況して偲はゆ

と、山上憶良長歌の出だし部分が引用されているのを見て、『左近の桜』の『瓜喰めば』の章を思い出したので、再読してみた。↓

左近の桜』(長野まゆみ)の第5章『瓜喰めば』とついでに第4章『骨箱』を再読。

左近の桜』のあらすじ。

 主人公の桜蔵(さくら)は、男と男の忍び逢う宿〈左近〉の長男高校2年生。彼はゴシックな体質を持っている。というのは、彼はこの世ならざる者を拾い、交わることで相手成仏させてしまうようなのだ。そんな彼のことを、父の柾(まさき)や〈左近〉の常連客の浜尾は〈女〉と呼んでからかう。桜蔵は年上の女ともだちがいて男には一切興味がないので、〈女〉呼ばわりは不本意だと憤るのだった。

 これは桜蔵がこの世ならざる者達に引かれ、此岸彼岸の境目を彷徨う、妖しくで耽美短編連作集。

『瓜喰めば』のあらすじ。

 夏休み、父の柾に連れられて弟の千菊(ちあき)と共に池畔の別荘地にやって来た桜蔵。父との夏休み満喫する千菊。一方、桜蔵は柾に雇われ高額のバイト代目当てに雑用をこなす

 柾と千菊が出かけている間、バンガロー掃除に勤しむ桜蔵。彼の前に不器用西瓜を売り歩く男が現れて……。

増田感想

瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ 

いづくより来りしものそ目交にもとなかかりて安眠しなさぬ

銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも

 山上憶良長歌とその返歌だ。

 章のタイトルにこの歌を冠した通りに、柾が息子を可愛がる話なのだが、ただし柾がかまう相手は実子の千菊ばかりだ。柾の実子ではない桜蔵は柾から息子を息子とも思わぬような扱いをされているが、桜蔵も柾とは血縁関係のないことをわきまえ雑用アルバイトに徹している。……という、そのわきまえっぷりが地の文に長々~と書かれているんだけど、これだけわきまえてますから! とばかりに書かれると、負け惜しみに読めるw 桜蔵が実際に弟にやきもちを焼いて当たったり父に文句を言うような場面は、シリーズ中に一度も出てこないのだが。

 桜蔵にとっては柾は単なる父親というよりは父性あるいは大人の男という概念が具現化したような存在であって、血の繋りがない事なんて大した問題ではないらしい。だが、血の繋りがないだけに、父性への憧れがなんかこう、恋心めいているように見える。

 この章でもまた、桜蔵はこの世ならざる者に魂を抜かれて危うく死にかけたが、彼は窮地を柾によって救われたのか、桜蔵の欲求がそんな幻覚を見せただけのかは曖昧だ。

「(死人に)喰われたくなかったら、蛙のふりでもしてろ」

 と桜蔵に言う柾。これは、

人来たら蛙となれよ冷やし瓜

 という、小林一茶俳句から引用。これを私は、さすが風流なことを言いますなぁ、くらいにしかずっと思っていなかったのだが、今回再読して思った。瓜にそんな事を言い聞かせるのって何故? →自分が食いたいからに決まってるじゃん。

誰かが来たら蛙のふりでもしてろ。あとで私が食ってやるからさ(^_-)

 え、そういう!? そういう意味だったのかぁーーー!?!?

 激しく萌え散らかした。(だが、送られた当の桜蔵がそういう意味で受け取りときめいたかキモがったか、あるいは意味わからんと首を傾げたかは謎のまま、物語は終わってしまった)

 後に、何章だったかで柾は選ぶ権利は〈男〉ではなく〈女〉にある(柾ほどの男でも〈女〉から選ばれなかったこともある)と言う場面が確かあった。選ぶ権利は〈女〉である桜蔵にあるからといって、俳句なぞ送ってアッピールしたろというのが柾の魂胆なのか、単に桜蔵をからかっただけなのかは不明だが、個人的には前者に賭けたい。

次はついでに読んだ第4章『骨箱』。

『骨箱』あらすじ。

 第3章にて謎の男の手により背中一面に蝶を転写されてしまった桜蔵だが、いまだに蝶を消すことが出来ないでいる。学期末となり秋の修学旅行費用を支払わなくてはならないので、桜蔵は背中の診察もかねて柾の診療所を訪れる。旅費を出すことを二つ返事で了承した柾が桜蔵に手渡したのは、現金ではなく〈骨箱〉という銘の徳利と手書き地図。柾は桜蔵に、〈骨箱〉を質屋〈八疋〉に売って金を工面しろと命じる。桜蔵は地図を頼りに〈八疋〉を探すが、たどり着いたのは「望月」と表札のある民家で……。

増田感想、というより反省

 この章に登場するチャラ男幽霊は桜生(さくらお)じゃないか。桜生かもしれないと思ってはいたが、かもしれないじゃなくて明らかに桜生だった。なんでそんな事も読み取れなかったの過去の私……。

 桜生とは、桜蔵の戸籍上の伯父であり、過去に柾と付き合っていた人でもある。『左近の桜』の続編『咲くや、この花 左近の桜』で初めて名前が登場する(その時は高校生時代容姿で桜蔵の目の前に現れる)。柾がちょっとひねくれた男を好んで愛人にしがちだということが他の章で書かれていたが、桜生もまたちょっと、いやかなり癖のある人物だ。後に、桜生に男を寝とられた〈女〉(生物学的には男性)が、桜生への報復として柾を寝とり返すというエピソードがあったりするくらい。

 桜生のもとへ桜蔵は柾から預かった「桜生の形見の品」を持って訪ねて行くことになったので、桜蔵は柾の差金で桜生と出会わされたと読んでもいいのだろうか。

 なんの為に桜生に会わなければならないのか? 単に修学旅行費を稼ぐためばかりじゃなくて、桜蔵の背中に転写された蝶を消してもらうためだろう。

 桜蔵が桜生のもとを訪ねたとき望月家の界隈では水神祭が催されていた。また、望月家の庭には水神井戸がある。『左近の桜』シリーズに登場する〈男〉と〈女〉が水神に関する何かだというのは『その花の名を知らず 左近の桜』で書かれていたので、水神祭の日に桜生が現れるのは偶々ではなさそう。

 ということに気づかず読み流していた私の読解力やばすぎ。もっと落ち着いて丁寧に本を読もう、と反省。これまでの人生で読んで来たその他の本も大いに誤読してたり理解してなかったりしそうだから、あとで再読してみようと思った。

 桜蔵は桜生と出会言葉を交わしてそれ以上のこともするが、桜生のほんとうの相手である柾は桜生を見ることも出来ないらしいというのが、切なくていい。

長野まゆみ偏愛耽美作品集』より『狐』(泉鏡花

概要

 浮気者若旦那とその新妻の両方を狐が美女美少年に化けてだます話。


増田感想

 泉鏡花文章って私にとっては古文範疇なのだが、古文というほどに現代語とかけ離れてはいないせいで現代語訳がないので、調べながら読むのが難しい。だからとても苦手。それで、『長野まゆみ偏愛耽美作品集』のページをめくる手は『狐』のとこで数週間止まっていたのだが、せっかく買ったものを積んでおくのもなんだから、頑張って読んださ。七ページしかなくてよかった。『海神別荘』みたいにくっそ長かったら辛かったから短くてよかった。

 ちなみに、『海神別荘』を辛い辛いおめきながら読んだのは、『シャングリラの鳥』(座裏屋蘭丸)のなかで語られるおとぎ話元ネタがそれだったから。あーなるほどと思った。

 『狐』に話を戻すけど、耽美からすごいというよりはオチ面白い話だった。




その他に『僕らの地球の歩き方』(ソライモネ)も読んだけど、これはあとで気が向いたら感想を書こう。Kindleプライム0円で読めるよ!

2022-03-24

anond:20220323220254

チンピラやイキったチャラ男電車内で近くにいる女を警戒するのは差別になんの?

アイドルやらVTuber貢ぐのってむなしくないのかね。

男がいるってきまってるじゃん。

男も、金持ちオヤジヤンキー上がりのチャラ男とかだろうし。

2022-03-13

anond:20220313184401

女への細かい気配り(特に具体的に何か問題解決するわけでもないような行動)はできてもいざ問題が起きたときに逃げ出すようなチャラ男結構いて、正直そんな奴は男から見たらぜんぜん優しい奴ではないよ。

ここが認識が違うわ。

女「だけに」気配りしようとするやつはそりゃ優しい男ではないよ。

ただのワンチャン直結狙い男。クズ

そういう目先の利益にとらわれずに行動できる男を指して自分は優しいと言っている。

そういう優しさは必ずしも女性「だけ」に向いているわけじゃないから、女性からは気が付かれにくい。

2022-03-05

anond:20220304223015

だね。いわゆるチャラ男ヤリチンプレイボーイと分類される奴だ。なんで女はそんな奴にコロッといくん?

普通男性男性の側からレジ女性に声をかけたりしない。元増田みたいな人は対人スキル低すぎ。キャッチなんかに騙されてそう。

空気も読めてない。相談した同僚の女性はなぐさめてくれたって書いてるけど、同僚から見たら 元増田が 高2ちゃん位置にいたわけで。内心ではみんな「ざまあみろ、けっ」って思ってるよ。

もし中3ちゃんが入ってきてそっちに乗り換えられた高2ちゃん愚痴ってきたら元増田もそう思うだろ?解像度低すぎ。

2022-01-15

anond:20220115142649

小説家になろう女性向けR18サイトムーンライトノベルから

「ひみつのメイドさん」「愚者オラトリオ」「女騎士夢魔初恋」をおすすめする。

「ひみつのメイドさん」逆転で萎える人にはスカッとするかも。

愚者オラトリオ」最強海軍女にふりまわされたいチャラ男

「女騎士夢魔初恋」強つよ女と強つよ男のバディ兼唯一。

2022-01-11

それでは某は理工学部に来るのがどういう奴なのか語ってあげましょう

学生キモオタが5割

2割がチャラ男オタク。2割がオタクじゃなかったのに染まった一般人オタクに染まれなかった一般人のうち半分は退学いたしますですはい

受験同期は「ソニーで偉くなってPS7辺りで俺が指揮を取る」「荷電粒子砲を搭載したロボットを作る」「カチャカチャターンで世界を制する」「コミュ障でも理系なら仕事があると聞いて」「メイドロボを嫁にしたい」「やっぱデジタルって業績いいんでしょ」みたいな感じでござるね。もちろん上から順に。

ぶっちゃけビビるぐらいオタクだらけで候。高校時代クラスの上位5%に入るスーパーキモいオタクがここだと上位40%ぐらいの範囲に入り、未知の世界から来た未知のオタクがそのさらに上とはコレ以下に。さすがの拙者もヤバイオタクが多すぎて漫研SF研は回避したほどゆえ。

なんだかんだオタクは遊びに飢えていますから成績は悪いのが多かったと思われ。成績上位は勉強という現実の中でオタクだらけの現実を逃避する矛盾回路を形成した一般人の者共なり。奴らが気まぐれにエロゲを欲しがった時に割れを流してやることでノートを借りて皆で写すこれ勝利の方程式なり。

教授一般人無自覚アスペ物理オタク=5:3:2でしょうかね

先程述べたとおりにオタクに囲まれ世界狂気位置づけ勉強という現実に逃げ込んで正気を維持したガリ勉パンピーが成績上位常連なわけで、それがそのまま学校側に唆されて助教にまでなってしまうわけですな。そのまま気づいた頃には教授になって、死ぬまで幼児性に満ちたオタク共を二十歳超えてるやつしかない幼稚園介護して一生を終える道を選ぶのですから人生とは恐ろしい恐ろしい

教授テンプレといえば無自覚アスペでごじゃりまして、こちらは説明するまでもなく一般社会への適応能力マイナス200%2回生まれ変わっても魂の穢が酷すぎて社会適応100%負荷な確率が100%の超天然物スーパーアスペであるからして象牙の塔に骨を埋めるわけですな。世の中にはその職業存在のもの社会保障と言われる所謂公務員だの用務員だのと言った仕事がありまするがIQが過剰に高く社会適当出来ないアルジャーノンを最高なベクトルで拗らせたような輩の墓場教授という仕事なわけで。

残りは大体がアニメゲームでなく物理学のオタクでして、クルマやでんちゃが大好きな人が多いのですよ。ブーブーの業界最近ではプログラミングを売りつけて共同開発できるチャンスがバリバリ多いですしお金も持っていますので生き残りやすいのかも知れませぬ。鉄の者につきましても業界規模の大きさゆえに割と強いですな。はぇ^~ゲイは身を助けるんすねぇ~見とけよ見とけよ~。


えっ、イメージどおり?

こんなのオープンキャンパス行ったら分かる?

せ・や・な

anond:20220110101732

2022-01-04

anond:20220103045902

童貞が好きだから、女版処女厨みたいな感じで1回も女と付き合ったことない童貞男とばかり付き合ってきたんだけど、

あいつら付き合う前は一見優しくオドオドしてるけど結局ヤるとオラつき始める。束縛とかモラハラとか

童貞だろうがチャラ男だろうが、女性蔑視価値観デフォルトで搭載されてるんじゃね?と思ってる

同じようにクソだったら金持ってる方がいいかな~って感じなんでしょうね

2022-01-02

理想男性

私の理想男性は、ちょっと傲慢で、男らしくて、不器用ながらも私を愛してくれる人だ。

この「男らしい」というのが結構曲者で、男らしくないな、って思うとなんというか、一つあるごとにザザザーと冷めへ傾く自分がわかる。

逆に言えば男らしい人だなって思える欠点なら、ほかの女性ならありえない!と言うような欠点でも全然許せる。

デートの時ヒール履けとか、ロングヘアがいいから髪を切るなとか、飲食店上座を譲るとか、歩くときは3歩後ろを歩くとか、全然いい。むしろそれくらいなら楽しめるまである。たぶん昭和的な男が好きなんだと思う。

逆に記念日にうるさい男、連絡以外のLINEがしつこい男、付き合う前すらおごれない男、車を運転できない男、優柔不断な男、自信がないのを隠さない男、ねちねちと過去の女を引きずる男なんかだとサーーーーと冷めていく。

ジャニーズみたいなチャラ男は好みタイプ正反対なのでチャラ男には引っかからないものの、好みがたぶん普通とずれているという自覚があるんだよね。私はまだ20代だけど、同世代男性って男らしくなさすぎる、もはやショタじゃない?と思うようになってきている自分がいやだ。

付き合う前は優しいくせに付き合って慣れてきたら無駄にえらそうでセックスが強引でお前はオレについてればいいんだよ!みたいな人が好きなタイプなのです。まあマゾなんですかね。とはいえもちろんそれらの言葉を本気にすると破滅するので…昭和的な男が好きと言っても専業主婦がしたいとかはない。

今は男女平等時代なので、この好みのタイプ、ほんと言いづらい。もちろん雇用機会は男女平等であるべきだと思うけど、こと恋愛においては私はひたすら男性を立てる役をやりたい。

私はあなたよりバカです何もできませんって顔して毎日お前はダメから俺がいなきゃダメなんだよって言われながらちゃん家事とか仕事とかやってちゃっかりしっかり貯金して幸せな老後を暮らしたい。

anond:20220102210051

そんなもんだって

はじめからチャラ男みたいなのじゃなくて、色々真摯アタックした上で失敗したのなら周りの評価もそう落ちない。

というか、真摯な態度で接して、筋がよかったら周りがやいのやいの騒ぎ出す。色恋話は男も女も好きだからな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん