「プライド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プライドとは

2022-06-27

IPPON女子グランプリ審査員たちがキモかった

芸人編のとき上から目線批評。かなり面白いしか褒めない

通常のIPPONグランプリの時は変な回答でも笑いに変えようとしてたのに

芸人vsタレントをやるのも失礼

男性の時は絶対やらないだろう。芸人タレントに一本取られたらプライドが許さないからな

なぜ女性の時だけOKしたのか

審査員(男性芸人)の女性芸人蔑視がスケスケだったわ

塚越孝アナ10年後の振り返り(偲ぶ会もできていないと聞いたので)

ニッポン放送ラジオショッピング上記録ホルダーの塚ちゃんこと、塚越孝アナ

ちゃんが亡くなって10年が経ち、ラジオショッピングの売上がいまだに破られていない&いまだに偲ぶ会もできていないということで

様々な関係者に聞きいた話から、塚ちゃんお台場人生を振り返ってみる。(時系列あやふや

先に申し上げておくが、塚ちゃん関係者貶めるわけではない。

関係者それぞれの考えもあるし、内で思うべきこともあるだろう。

ただ、まさしく人間ドラマとはこのことだと言いたい。自分だったら番組化したいくらい。

そして、この人間ドラマから、亡くなってしまった塚ちゃんに朝から大変バカヤローと叫びたい。

2012年当時のフジテレビ視聴率三冠を逃しているにもかかわらず、三冠の亡霊に憑りつかれた状況だった。

外部から選択肢の2~3番手、にもかかわらず社内のプライドは1番手というギャップから

スポンサー代理店制作会社から出入り業者含めてギャップ顕在化し始めていた。

特に局内では右肩上がりインターネット関連の部署(旧デジコン局、当時はクリエイティブ事業局)だけになっていた。

FOD売り上げ規模は小さくても、右肩上がりということで株主総会でもクリ事の話をするくらいの状況だった。

そんな塚ちゃんアナウンス室にいた時からデジコン局のポッドキャスト番組に出ていた。

ちゃんがナビる落語番組appleから表彰されるくらいの規模で、若者向けデバイスアクティブシニアにもリーチできるということで

パトロンという仮面かぶった先進的なスポンサーには意外とウケが良かった。

(その時点でF1ターゲットフジでは異質だったが、地上波とのカニバリを避けられたし、

 逆にBSフジ親和性があって波を使わせてもらうこともあった)

ちゃんデスクはいつも本が山積みで、アナウンス室の中でとても目立っていた。

本の壁でパーテーションをするかのごとく、本をデスクに積みあげ、

本に隠れていろいろコソコソやっていて、アナウンス室の中でも浮いていた(しょうがない。。。)

ちゃんお台場に来たのは、ライブドア事件ニッポン放送フジテレビ利益を使えなくなってしまってことに起因する。

ここらへんはライブドア事件をググってほしい。

ニッポン放送本業以外の収益がなくなり、本社屋の建て替えもありバランスシート破綻寸前だった。

持株会社制に移行したこと理由に、ニッポン放送人件費の高い社員をまとめてフジ転籍させることとした。

そこでやってきたのが塚ちゃんだった。

実はニッポン放送は社屋の建て替え時に、スタジオフジデジコン局近く設けていたこともあり、

ちゃんアナウンス室よりも、現場フロアのほうが安心している感じだった。

フジにきた塚ちゃんニュース情報番組特集枠ナレをやったり、CSの自社枠紹介番組をやっていた。

ただ、ラジオノリなので、どうしてもテレビ周りの動きができなかった。

例えばラジオなら5秒無音で放送事故だけど、テレビは絵で訴えかけるシーンだったりする

でもそれがわからない、すべて説明し、相槌を入れ、常に話し続けないと気が済まない。

ちゃんだけではなく、ニッポン放送転入組の8割がテレビには合っていないと思われてた。

2割のプロデュース企画系の人は優秀だったけど、都市部から離れてアンテナが鈍ってきていた。

そんなこともあって、転入当初はニッポン放送での業務に近しい業務をしていた人たちも

3年目あたりから異動し始めた。そう、主に窓際への異動だ。会社看板ではない

本人たちはいつかは有楽町ニッポン放送)へ戻りたい/戻れるとよく言っていたそうだ。

ちゃんも同じだった。自分ラジオ人間なんだと。

ちゃんの思いは強く、日枝さんにも直談判していたそうな。

そんなところで、アナウンス室を出る内示が出たが、塚ちゃんは内示に反対し、

アナウンス室を出なければならないないら、少しでも出役が期待できるクリ事を希望し、

人事発表の時には異動先がクリ事に変わっていた。

2011年にクリ事に異動して、また塚ちゃんは悩んだんだと思う。

いままであんなに手厚かったフォロー配慮が一切なくなった。

クリ事としてはもう招聘出演者ではないので、手厚いフォローはしないということ。

それこそ、右肩上がりだけど規模の小さな事業部だからメイクさんも使えない。

ロケ現場でも、ゲストにはメイクさん使えるけど、塚ちゃんには使える費用が捻出できないとか。

さらに、功を焦る中途入社の年下上司からちゃんへの暴言の数々・・・

口では一兵卒から頑張ります!と挨拶しても、内心では塚ちゃんプライドはズタズタですよ。

1年クリ事にいて、自分の今の置かれた立場を認めなくなかったんだろうね。

その年も、日枝さんにも直談判していたそうな。それで今度こそニッポン放送に戻るんだと。

2012年6月25日(月)内示の直前まで周囲にそう話していたが、昼過ぎの内示では塚ちゃんの担務は何も変わらなかった。

内示の後の塚ちゃんの姿を見てる人/覚えている人はいなかった。

そして、内示の翌日2012年6月26日(火)に、デスクに塚ちゃん荷物があることを、誰も気に留めなかった。

いつもだったら重役出勤のはずなのに、朝から荷物があることがおかしいと誰も気づかなかった。

編集明けの早朝スタッフですらそうだった。内示も終わったか気持ち引き締めて当日午後の収録ために朝から出社してくれたんだと勘違いしていた。

そう、誰も塚ちゃん本心をわかっていなかった。

2012年6月26日(火)午後にポッドキャストの収録だったが、社内の収録現場に現れなかった。

今まで収録に連絡無しで来ないことはなかったので、いよいよザワザワしだした。

ところが、年下上司文句をまき散らすだけだった。

夜になり、荷物そのままでありながらも携帯電話が通じないことで、不審に思ったスタッフ部長級に相談し動き始めた。

部長級は社内への相談スタッフは塚ちゃんつながりの場所関係者たちへの連絡や訪問

そして、そのまま翌日2012年6月27日(水)になる。依然として行方知れずの中、午後になり、警備から発見の連絡となる。

なぜか現場確認部長級と現場スタッフだったらしい。

年下上司遺書の有無についてやたらと気にしていて、スタッフに何度も確認で詰め寄ったとか。

2012年6月26日(火)没となっているが、見つかったのは27日(水)

入退室ログの最終入構が25日(月)だったので、おそらくは25日(月)の夜にお亡くなりになっていたと思われる。

これが10年間の関係者調査のまとめです。

繰り返すが、塚ちゃん関係者貶めるわけではない。

関係者それぞれの考えもあるし、内で思うべきこともあるだろう。

ただ、毎年この時期になると、塚ちゃんハチャメチャな緩急つけた振り回し方が無性に恋しくなる。

しかしたら、今の日本を元気つけられたのかもしれないなぁと思い出してしまう。

ちゃんよ、2002年ニッポン放送を退局したときに、政治家にでもなってりゃよかったんだ。

話すことを生業としたいのは分かるが、自分一人だけで孤独な闘いを続けなくてもよかったんじゃないのか。

それこそリスナーと塚ちゃんの逆人生相談室をスイングしてもよかったじゃないか

残された人のことをどう思っているんだ?天国では横澤さんとどんな話をしているんだ?

ラジオのことはどう思っているんだ?今だったらyoutubeで話し放題できたんじゃないか

10年前のあの日も6月最後月曜日だった。

10年経っても大変だよ、塚ちゃん

合掌

女が使うもの利便性はない vs 男のプライド邪魔して使えない

日傘の話

Twitterで言い負かされたから何なのか

恥をかいたから何なのか

失言と違って実名垢でもノーダメージでしょうが

何も失ってない

プライドを捨ててほしい

こんなん大したことじゃないと気づいてほしい

マジでもう黙ってほしい見てられないか

2022-06-26

https://anond.hatelabo.jp/20220625124534

年収3億はてなー生活

資産状況

ひょんなことから資産50億ぐらいになりました。

現在資産の65%がアメリカインデックス20%が暗号資産10%が不動産投資、5%が現金車など

不動産投資はしているが住居用の家は買っておらずずっと賃貸

家賃+クレカで毎月300~400程度の出費。

収入

数年前までは狂ったように働いていたけど、現在は職はなく、資産運用で平均3億円(税引前)ぐらいを儲けている。

この数ヶ月は株が暴落していてだいぶダメージ食らってるけど長期で見ればなんとかなるだろうと基本は放置

暗号資産も去年や一昨年は、単純な値上がり益もあるし、安定志向運用で年利30%とかを簡単に稼げたが、現在全然稼げないので撤退検討中

給与収入不動産投資をしている100%株主資産管理会社からもらっているだけ。

給与をもらいすぎると所得税住民税社会保険料(会社負担分も含める) などで法人税の35%を超えてしまうので、それを超えない程度で資産管理会社から個人お金を流してる。

税金

日本が好きなので日本に住む上で払うのはしょうがないと思いつつ、お金も好きなので税金を少なくできるならしようと努力はしてる。

それでもこれまで払ってきた税金は15~20億円には達している思うので、それで日本がより良くなってくれたら嬉しい。

イカ制度ふるさと納税はフル活用していて、返礼品率が高くてアマゾンギフト券なども有効だったときは、1000万円分ぐらいアマゾンギフト券でもらったこともある。

今は大したものがもらえないし、そもそも必要ものは金を出して買っているので面倒になってきた。

噂では直接自治体に掛け合えば好きなものを買ってもらえたりするらしい。

資産管理会社ではタクシー代や交際費損金にしているけど、タクシー代は毎月10~20万円程度しかからず、交際費も年間800万円までしか損金に参入できないので正直そんなにインパクトはない。

税務調査で指摘されて面倒になるリスクを考えると、会社での経費計上はある一定以上の資産になってからはやらない方が幸福度高く、最近はやめた。

金より平穏のほうが大事

日々の過ごし方

収入の項目で書いたとおり仕事をしていないので基本的には暇。

株も暗号資産不動産投資ほぼ放置だし、決算確定申告の時期に領収書をかき集めて自分仕訳をつけたりしている。

からはてなブックマークが好きでウェブサイトの中だと一番よく見てる。次はヤフーニュース

ただ、両方とも最近政治関係面白くもないコメントが多くてつらい。

あとは男の友達飲み会したり旅行したりとか港区女子遊んだりとかが多い。

男の友達

こういった生活になってくると年が近くて、資産状況が似ていて、話が合う友達がどれだけいるか重要になってくる。

人生幸福度なんて言うのはある程度以上のお金を持っていればそんなに変わらなく、それよりも一緒に物事を楽しめる仲間がいるか重要

その仲間は仕事の仲間でも良いし、プライベートでのつながりでもいい。

ただし、それを見つけるのが難しい。

普通に働いている地元友達大学友達では金銭感覚が合わず、同じ悩みを共有することや同じ遊びをすることもできないので疎遠になっていく。

そのため、普段生活の中で交流を広げ、同じような金銭感覚、同じような経験をしている人を探し、一緒に物事を楽しむようにしないと、すぐ一人ぼっちになり金の使いみちもなく、鬱になってしまう。

自分旅行飲み会が好きなのでその2つが好きで気兼ねなく割り勘できる人とよく一緒にいる。

港区女子友達

港区女子は飯や旅行代などを奢られることに慣れているため、こちらがお金を払うことに過度な反応がなく、一緒に過ごしていて快適。(男だとプライドもありそうはいかない。)

ラウンジキャバで働いている人は話が面白いし、顔が広いので共通の友人も多く話が弾む。

ただ、彼氏ができたり結婚したり昼の仕事が忙しくなったりで、長くても2年ぐらいで港区女子卒業していく。

たまに5年選手もいるが周りからはまだあの人いるんだ……という評価になってしまう。

ちなみに港区女子から見た男も同じことを思っていて、長く港にいる人は変な人が多い。

さらなる金持ちの人たち

数年前までは3桁億円持っている人たちはシンガポールなどの海外税金対策移住していることが多かった。

それぐらいの資産を持っている人はだいたいが上場企業オーナーであり、自分保有している株式を売却すると20%の税金が発生してしまうため、それを避けるために海外移住してから売却していた。

ただ、現在ではタックスヘイブン対策税制施行され、移住する人は減った印象がある。

タックスヘイブン対策税制は、株などの資産を持った状態海外移住するとその株の含み益に対して20%の税金が発生する仕組みで、上場企業オーナーなんかは移住するだけで数十億円、数百億円の税金が発生し、さら自分会社の株なので売ることもできず、移住することもできないという税制である

また、3桁億円の資産の人たちはプライベートジェットを持っていたり、10~20億円程度の別荘やマンションさらっと現金で買ったりする。

それは自分程度の資産ではさすがに躊躇してしまい、羨ましいなと思う反面、それぐらいしか生活においての差はない。

六本木建築中のアマレジデンスは、一部屋最低15億円からで、上の階の方は40~50億円ぐらいらしく、自分には手が届かない。

https://www.aman.com/ja-jp/residences/aman-residences-tokyo

プロフィール

20代未婚ADHD

親は共働き世帯年収400万円ぐらいの地方一般家庭

大学中退

ADHDきもい

頭も悪い、何もできない、プライド高い、

ゴミのくせに病院にも行かない

やる気もなくてわがまま計画性なくて頭悪くて

マジで価値がない

自由就職させるな、社会福祉施設じゃねえ

全員養護学校に通わせて専門のケア受けて専門の就職先に行け

昭和ヤング山月記

◼︎ローサ出身・李徴クンのバヤイ。

モーレツにお勉強ができちゃった李徴クン。えらーいお受験に通って、江南慰のお役人になれたのね。

しかバンザイするにはちと早い。

ザンネンな事にカレは生来キョーレツな気ムズカシ屋の自信家だったのダ。

そーゆう性分なもンで、お仕事ついて5秒でプッツン。

よーするに「オレサマよりトンマなヤロー共にペコペコバッタしてられっかッ!」てな具合。

そいでお役所おん出て、お里トに帰り詩人になるぞとエイエイオー。

しかしマ、ゲンジ問題、文筆業ッてそう甘かないのよね(記者のおぢさんも日夜ピイピイしてンのヨ……トホッ)。

登校拒否児もかくやのヒキコウモリで、がぜんシコシコやってみたンだけども、ぜーんぜんダメなんだなコレが。ハシにもボーにもかかンない。

チャンコになった李徴クン、去る日のビボーはどこへやら、スッカリげっそりフーテンルック

一家大黒柱たる男児がこれだもの。嫁さん、チビちゃん、困っちゃうよネ。

「いよいよマズイぞッ」てんでお役所仕事に戻った李徴クン。だけども、待っていたのはヒジョーにキビシーイ向かい風だった!

なーんと、かつてカレがマヌケだトンマだ見下した同期のサクラは、もうリッパにおエライさんまで滝登りしていたのである

トーゼン、ヒラのヒラな李徴クンは、カレらの指差し差しハイハイ従わにゃならんワケ。こりゃプライドたまンないよネ。

てな成り行きで、下唇カミカミ、ペコペコやってたカレ、ある日ついにクルクルパーになって蒸発しちゃったの。

《オワビ》

えー、ケンメイな読者の皆々様より「隴西の読みはローサイじゃなくてローセイだッ! このカバッ!」とゆーお叱りを多数頂戴しちゃったのねん。

ドーセイっちゅーねん。

ゴホン。アライザライ白状しますと、恥ずかしくもショーセイ、青空文庫からオハナシを引っ張り出してズルッコをしておりました。

まったくモーセイの至りでありますハイ

全体どーして、青空クンは隴西に「ろうさい」なんてカバなルビを振っとるンだ。責任者出てこい!

……そーゆーことで、どーかひとつ

P.S.

今後は編集部にアーセイコーセイとTELしてこないよーに。オーセイな探究心は、どーか勉学に注いでくれたまへ。

2022-06-25

リベラルでもなんでもない自分を考える

最近自分リベラルでもなんでもないかもしれないと自覚する機会が増えた。ネットニュースに接した時のもやっとした感じ、おぼろげな不快感によってそのように思うのだ。

なにが不快か。自分が正しいと思って声を上げている人間不快。そういう人間の主張をあたかも「多様性」を認めることが正しいかのように、予断をもって報道するメディア姿勢不快

そういうことを他人面前で表明することはないものの、不快だと感じていることには変わりない。この他者、いなくなってくれないかな、という感覚

まず女性の権利に関する主張。この手の報道に接するたびに、いつもクソどうでもいいと思う。じゃあ男性権利はどうなんだと思う。

だれが権利をより多く持つのがよいかという問題について争う綱引きはすればいいと思う。つまり概念としての男女(これをジェンダーと呼ぶのか、どうでもよいが)が社会の中でどのように関係していくかという問題、あるいはその関係のものがつねに闘争であるということ。それはそれでよいと思っている。議論はしていい。争っていい。生き残りたければむしろそうしろと。

だが、女性の権利拡張されていくこと、あるいは権利の主張をして男性攻撃することが、あたかも初めから認められている、あるいは正しいと思い込まれている状況、空気が醸成されていくことには断固として反対する。

お前の真理はおれの真理ではない。勝手押し付けるな。押し付けるのであれば、おれはお前を潰す用意があるということだ。無自覚に正しさを主張し、正しくないと勝手にみなす人間を敵と認定して悪罵する人間が大嫌いなだけだ。

次に性的少数者権利に関する問題。これも上記女性の権利に関する問題とほぼ同じ反応を自分はしている。嫌なものは嫌だ。おれはお前の行動が不快ですということが原理だ。

ある人が自分ゲイだとカミングアウトした場に同席したことがある。そのときは彼の決断を心から尊敬し、親愛の情を持ち、これまでどおり付き合っていきたいと思った。

近くにいる人がゲイであろうとレズビアンであろうと、自分はどうでもよいと思っている。普通に友人、知人、同僚として付き合っている。だがその性的少数者であることを旗印にしてプライドだとか言い出したり、社会不寛容さを批判したりするのはちょっと違うのではないかと思っている。嫌だなと思っている。どういう思想を持つかは本人の自由だが、その思想表現を見て不快に思う自由こちらにはあると言うことだ。

ダイバーシティなんてクソどうでもいい。

社会構成員が多様であることには利益があると思う。それは自分自身にとっての利益だ。いろいろ違う人間、全員がなんとかうまくやっていく。貧困病気や飢えで死なないように、社会全体で労働力を確保して、協力し合っていく。それが自分生存にとって大事他人はどうでもよい。あくまでも自分が死なないように他人を利用できることが大事。だからできるだけいろいろな人間社会に参加して協力し合うこと、つまり多様性を実現することは大事。これはそう思う。

だが、ダイバーシティがあたか普遍の真理であるかのようにふるまって、ダイバーシティを認めない人間排除するような圧力には絶対反対だ。多様な考え方を持つ人間を認めないなら、それのどこがダイバーシティなのか。いいかげんにしろバカと思う。

ようするに「これまで虐げられてきた立場にあると思っている人間自分権利を主張すること」は好きにやってどうぞ、それは自由なのでと思う。

だがその主張にこっちが同意するかどうかはまた別の話だ。説得しようとするな。同意しないので。あたか自分の主張が普遍的真理であるかのように振る舞って、違う見解を持つ他人攻撃するな。そのようなことをする人間には絶対に従わないので。

権利を主張する「マイノリティ」と、それを支持して「不寛容他人」を攻撃する人間リベラル人間などではない。違う考えを持つ人間を抑圧排除しようとする人間リベラル標榜する資格などない。

才能が無いことを認めたくない

私は引きこもりです

と言っても外には出歩けるし、社会生活を送る上で必要な最低限のコミュニケーションはとれるつもりだ。

一見すると引きこもりには見えないと思う。

しかし、現状仕事もしていないし親の脛をかじって極力家から出ない生活をしている。

情けない。

なぜ引きこもりになってしまったのか。

思えば昔から負けを認めることと失敗することがとても苦手な子供だった。

デブで足が遅いか鬼ごっこは鬼になったら一生追い付けないから大嫌いだった。

それでも優しい友達は情けで鬼を交代してくれたりしたが、その優しさもプライドが傷付くから大嫌いだった。

からと言って痩せることや足を速くすることで解決しようともしなかった。辛いのも嫌い。

どうしようもない。

今思えばほんの些細な考え方や気持ちの持ち方一つの変化で良い方向へ改善するチャンスはいくらでもあったのだろう。

そのチャンスを自ら放棄し続けて、実際はチャンスに気付いて努力したことはあったが、その努力が持続せずに今に至る。

今も昔もスタミナが無い。

社会に出れば多かれ少なかれ自分の「出来ないこと」に気付かされるだろう。

だってそこに上手く折り合いをつけて前に進んでいるのだろう。

でもそれが怖くて仕方がない。

「こんな簡単なことも出来ないの?」と言わんとしてる目線が怖い。

想像するだけで血の気が引く。

職歴に穴が空いていることも怖い。

ここには書き連ねきれないほどに社会に出て働くことが怖い。

このままでいけないことも分かってる

でも、怖い。

怖いけど、前に進みたい。

絡みに絡まった複雑な想いで脳が溶けそうだ。

この文章を書いたことが何に繋がるかは分からないけど、何かに繋げたくて書き出してみた。

私は明日引きこもりなのだろう。

それでも、半歩ずつでも社会の中で仕事している将来に繋がって欲しい。

頑張れ私

オタク叩きしか生きがいのない負け犬中年おばさんはアニメ漫画いくらヒットしても考えを改めない。オタクにとって救世主になるのはVTuber文化

オタクたたきをしているのは風俗嬢であったり婚活失敗した独身女性逆恨み

それから夫との関係が上手く行ってない幸が薄い中年のおばさんたちなど

女性の中でもカーストが低い連中者主戦力であることは最近知られるようになってきた。

一方ツイフェミ運動は、新聞記者ライターといった上流階級の二軍選手落ちこぼれの敗者復活戦となっている。

こうした一流になれなかったプライドの低い女性が、先ほどのコンプレックスの塊と化した負け犬女性たちを扇動する形で成り立っている。

ツイフェミに先導された負け犬女性たちと社会負け犬であるオタクいつまでも争いを続けているのは、似た者同士だからだろう。

こうした不毛な争いを終わらせるのは山田太郎やレドマツではない。VTuberというカルチャーだ。

VTuber若い女の子ファンが非常に多い。しかも、負け犬どころか普通にカースト上位の女性もここに属していたりする。

ツイフェミ負け犬中年おばさんたちが今までの感覚で雑なオタクたたきをすると

最近この手の若い女の子を敵に回して若い女から反発の声が出ることが増えてきた。

まもなく、オタクたたきしか生きがいのない負け犬中年おばさんは、この若い女性たちによって駆逐されていくことになるだろう。

からオタクという数はものすごく多かったのだが、可視化されにくかっただけだ。

いかんせんなぜかジャニオタ存在を許されるがアニオタ腐女子は隠れていろという女社会圧力が強かった。

そして、なぜかこの手の中年腐女子中年アニオタ女性頭が悪いので

自分を抑圧する女性社会ではなく男オタクに恨みをぶつけていたりしていたのだがいい加減それがばかげているという話になっていく。

オタクたたきが生きがいの婚活失敗中年おばさんや中年腐女子けが場所を失っていく。

もはやツイフェミは滅びる運命である

2022-06-24

女で目立つと自分プライドが傷つけられたオッサンのチンカスまみれになる

これってトリビアになりませんか?

anond:20220624083625

まり奢られるのが好きではないので、

これからも付き合いを持ちたい思う相手ならその旨をなんとか丁寧に伝えて割り勘にさせてもらおうとする。

それで相手が嫌そうな顔やプライドを傷つけられたような顔をしたら

「じゃあ次回は私がおごりますね」とするけど、それはそれで価格バランスとかを考えなきゃいけなくなってだるい

それしきのことにプライドかけてる人とは付き合いにくいかもな……とちょっと思う。

どうでもいい相手でも割り勘は申し出るけど、それで嫌そうな顔をされても「じゃあ次回」は言わない。

大人しく奢られるの、相手上司だとか明らかな上下関係がある場合くらいだな……

あとはお祝いでごちそうしてもらうとか……

その場合は逆に失礼だろうと思うのでよくお礼を言って奢られる。でも好きではない

2022-06-23

ごめん三行で

あと高橋留美子作品でいうとどんな内容?

頭が悪いから自分が思い込んだ内容」としてしか作品認識できねえ

たとえばドラえもんを「不思議な道具を通して成長を促すお手伝いロボットの話」みたいに語る人がいるじゃん?

俺はアレが全く理解できないんだよな。

ドラえもん命令されたとおりに居候し続けるために、野比家にとって役に立つっぽさを出そうとしてるだけで、実際にはのび太を成長させてるとは思えない。

世の中にはドラえもん目的のび太を静ちゃんに相応しい人間に育てることだって風説があるんだが、俺の認識だとドラえもんは単にひみつ道具を使って過去を書き換えたいだけでその過程のび太を成長させようなんて思ってない気がするんだよな。

たまーに「これもいい薬だ」とか口にするけど、ありゃ単に道具を滅茶苦茶に使われることに迷惑してるからなんじゃねえかと。

学校宿題自分やらせようとするのは単にお手伝いロボットとしての良識回路が働いてるだけで、ドラえもん自身の本分はのび太の成長にはないだろうと。

俺はそういう風にしかドラえもんを読めねえのよ。

これは俺の頭が悪いってよりも、狭量ってことから来るのかもしれないけど、俺が感じた読解とは別の読解を認めたくねえんだよな。

読解のミートゾーンを広く取って対処しようみたいな考えにはならなくて、俺が一発目に感じた印象がその作品の読解のただ一つの正解であってほしいわけ。

なんつうのかな……馬鹿なりにプライドみたいのがあってさ、俺の読み方が間違ってると思いたくないわけよ。

俺が知らない真実作品に含まれてるとか、伏線があったとか認めたくないわけ。

俺が一発で完璧作品を読み解いたっていう俺の中にあるイメージを守りたいわけよ。

からネット感想とか見て自分と違う感想が並んでるとスゲームカつくんだよね。

もしそっちが正解になったとしたら俺が間違っていたってことになるわけじゃん。

一神教信仰してたら他の神様の像が建ってるの見つけるようなもんだよ。

そりゃもうぶっ壊すしかねえっしょ。

なーんかこういうムーブ自体頭が悪いっつーか脳みそがお粗末というかプライドの拠り所が少なすぎるっつーか自分で惨めなんだが辞められねえんだわ。

どうしたらいいのかって相談はしてねえよ。

たださ、宣戦布告しに来ただけだから

あのよぉ、ネットでもリアルでも俺と違う感想書き込むのやめろよな。

俺のプライドがむかっ腹立っちまうからよお。

あんま怒らせるとお前のレビューかに「これは誹謗中傷が含まれています」「作品への誤解を招きます」とか適当ケチつけた削除依頼運営に送るからよ。

覚悟、な?

anond:20220623233131

頭が悪いから自分が思い込んだ内容」としてしか作品認識できねえ

たとえばドラえもんを「不思議な道具を通して成長を促すお手伝いロボットの話」みたいに語る人がいるじゃん?

俺はアレが全く理解できないんだよな。

ドラえもん命令されたとおりに居候し続けるために、野比家にとって役に立つっぽさを出そうとしてるだけで、実際にはのび太を成長させてるとは思えない。

世の中にはドラえもん目的のび太を静ちゃんに相応しい人間に育てることだって風説があるんだが、俺の認識だとドラえもんは単にひみつ道具を使って過去を書き換えたいだけでその過程のび太を成長させようなんて思ってない気がするんだよな。

たまーに「これもいい薬だ」とか口にするけど、ありゃ単に道具を滅茶苦茶に使われることに迷惑してるからなんじゃねえかと。

学校宿題自分やらせようとするのは単にお手伝いロボットとしての良識回路が働いてるだけで、ドラえもん自身の本分はのび太の成長にはないだろうと。

俺はそういう風にしかドラえもんを読めねえのよ。

これは俺の頭が悪いってよりも、狭量ってことから来るのかもしれないけど、俺が感じた読解とは別の読解を認めたくねえんだよな。

読解のミートゾーンを広く取って対処しようみたいな考えにはならなくて、俺が一発目に感じた印象がその作品の読解のただ一つの正解であってほしいわけ。

なんつうのかな……馬鹿なりにプライドみたいのがあってさ、俺の読み方が間違ってると思いたくないわけよ。

俺が知らない真実作品に含まれてるとか、伏線があったとか認めたくないわけ。

俺が一発で完璧作品を読み解いたっていう俺の中にあるイメージを守りたいわけよ。

からネット感想とか見て自分と違う感想が並んでるとスゲームカつくんだよね。

もしそっちが正解になったとしたら俺が間違っていたってことになるわけじゃん。

一神教信仰してたら他の神様の像が建ってるの見つけるようなもんだよ。

そりゃもうぶっ壊すしかねえっしょ。

なーんかこういうムーブ自体頭が悪いっつーか脳みそがお粗末というかプライドの拠り所が少なすぎるっつーか自分で惨めなんだが辞められねえんだわ。

どうしたらいいのかって相談はしてねえよ。

たださ、宣戦布告しに来ただけだから

あのよぉ、ネットでもリアルでも俺と違う感想書き込むのやめろよな。

俺のプライドがむかっ腹立っちまうからよお。

あんま怒らせるとお前のレビューかに「これは誹謗中傷が含まれています」「作品への誤解を招きます」とか適当ケチつけた削除依頼運営に送るからよ。

覚悟、な?

anond:20220623121750

全然違うだろw

童貞かどうかはただのプライド問題

結婚するかどうかは人生すべてが変わる 結婚しないことも含めて

一週間半かけて読んだ本。※ネタバレあり。

 『平家物語 犬王の巻』とか『きのう何食べた?』とか数冊の本だの漫画だのと平行して読んだので、すごく時間がかかってしまった。最近、年のせいか集中力が続かなくなってしまってなぁ。でも集中力が衰えたからといって本を読む気力がなくなったわけではなく、好奇心旺盛な性格は変わってないお陰で、複数の本をかわるがわるちょっとずつ読むことで気分転換が出来るので、いいんだけど。


『聖なる黒夜』(柴田よしき

あらすじ

 暴力団の有力幹部韮崎が何者かに殺害された。事件には暴力団同士の抗争の痕跡がなかったため、単なる殺人事件として本庁捜査一課が担当することとなった。

 事件当時の状況と推定された凶器からプロ殺し屋仕業とは考え難い。捜一の係長麻生龍太郎警部韮崎の周辺を捜査にあたるが、その過程韮崎企業舎弟山内練と再会する。練は十年前、麻生担当した強姦未遂事件犯人だった。

 当時は気弱な大学院生しかなかった練が、なぜヤクザ片棒担ぎに堕ちてしまったのか。麻生韮崎殺害事件捜査していくうちに過去因縁翻弄されてゆくのだった。


増田感想

 同作者の『RIKO――女神永遠――』から始まる「緑子シリーズ」のスピンオフ作品。約670ページ、しかも2段組みで細かい文字がびっしり。鈍器のようにずっしりと重い……読む前に見た目に心を折られそうになった。本編よりも分厚いスピンオフってなんなの。でも読み始めてみると、かなりのページターナーぶりで、本の厚みなど気にならなくなる。きっと二十代の頃に読んでいたら徹夜で一気読みしたことだろう。

 前半は練ちゃんの章と麻生の章が交互になっていたので、韮崎殺害事件のものよりは練と麻生BLがメインなのだろうかと思ったらそうでもなく、ちゃん骨太サスペンス小説事件重要参考人が登場するごとに謎が謎を読んで、なかなか推理のし甲斐のあるストーリーだった。

 登場人物心理描写が巧み。特に麻生が慣れと惰性から無意識のうちに練ちゃん自白強要してしまった事に長年気づかず、担当弁護士から指摘されてもプライド邪魔をして認められないという所がリアルだった。

 練の冤罪事件に関しては麻生はかなりの悪人ぶり。主人公なのにこんなナチュラルに悪い事してていいのかよ……と思いつつも、文章共感ベースというよりは理解ベースというか、登場人物ちょっと突き放した書きっぷりだから共感できない事が読書ストレスにならなかった。へぇー、なるほどなるほど。お前はそんな風に思ったからそうしてしまった訳ねー、と他人事として読めるというか。こういう感情移入のし難い主人公も、ありなんだなあ。もし文章が下手な人がそういう主人公を描いたら、ただのイラッとするキャラになるだけなんだろうけど。

 女性登場人物がとても魅力的。麻生恋人の槙や、韮崎愛人皐月捜査一課の静香など。特に静香若い女性らしい真面目さと潔癖さと甘さがいい。著者が女性からなのか、女性の描き方が単純な可愛さやお色気の枠にはまっていない。

 しかし一方で、男性恋愛心理微妙リアルじゃないなと思う所もあった。恋人に裏切られたときの男の反応なんかは馳星周小説の方がいいな。よりバイオレンスだけど。

 後半は、韮崎殺しの真犯人は誰なのか、見当がつくくらいにいい案配で小出しに情報が与えられるので、犯人が解らなさすぎて嫌んなったなんて事にならなくてよかった。ラスト犯人との対決シーンも緊張感があってよかった。

anond:20220622145527

いまの自称リベラルって、人生うまくいってない人が誰かのせいにしたいけど、半端なインテリ気取りと安いプライド故に政治のせいにしてるだけに見える。馬鹿が誰かのせいにしたい場合陰謀論右翼に走る。

はてなー京都民が多いこれだけの理由

京都独身未婚率84.35% 全国一位

共産党得票率全国一位(はてなー共産党支持者が多い)

京都記事ブクマが他県に比べ割と多め

京都民はプライドが高い(はてなーと同じ)

はてな本社が京都

2022-06-22

これ印刷して飾りたい

仕事をしていると、大学生時代には歯牙にもかけなかったような世間知らずのチー牛に一方的に畳み掛けられる事があり、まだ全てのプライドを捨てきれていない自分にとっては甚だ苦痛なのである

アイマスエロゲの話しかしてこない先輩の顔が浮かんできた

ガキの頃は自分のこと天才だと思ってた。

自分世界主人公で何者かになると思っていた。

先日IQを測った、結果は128。

上位3%らしい、25人に一人の頭の良さでしか無い。

クラスに一人レベルの才能では何者にもなれないと悟った。

アイデンティティ崩壊した、頭の良さ以外に自分価値はないと信じてきた人生

残ったのは自意識過剰プライドの塊の低身長運動音痴なブス。

見ないふりしていたコンプレックスが爆発して、

僕は「普通の人」より劣っていることに気づいて、

この懲役人生脱獄したいと思っている。

2022-06-21

自称意識高い系子供部屋おじさんの末路

俺は長男から、この家を継いで守らなきゃならん。子供の頃からそう思って生きてきた。自分父親だってそうしてきたんだもの

県外の国立大学に進学した。一時的に違う環境に身を置く修行と思っていた。卒業したら帰るからと、彼女はおろか友達もろくに作らなかった。

地元田舎の数少ない大卒正社員就職にありつき、実家に戻った。なかなかの学歴を得て地元就職親孝行な息子だと言われるのが、何より誇りだった。

休日には地域行事に参加したり、庭の手入れに時間を費やした。チャラチャラ遊び回ってる奴らとは違うと自分に言い聞かせていた。

やがて結婚適齢期と言われる年齢になった。

あれ?どうやって相手探すの?

父親時代なら、見合い相手見つけただろう。

今どき、そんなお節介焼いてくれる人もいない。

ろくに遊んでこなかった。地元に残った同級生からも、変わり者扱いされていた。

同居希望田舎長男。むしろ敬遠される存在になってしまっていた。

けど、この生活を変えるなんてプライドが許さなかった。それを捨てるのは、自分が信じてきたものが全部なくなるようなものだった。

こうして、子供部屋おじさんの出来上がりとなった。

何のせいだろう?父親が辿ったような人生自分もと思ったのが間違い?時代の流れを無視たから?

富裕層サイゼリヤは高級イタリア料理ほど旨くない、それはそう」

貧民「富裕層は心が貧しい(訳:サイゼリヤが旨かった我がプライドを傷付けるな)」

貧民のいいね稼ぎたいインフルエンサー「貧民が正しい」

イタリア人「本場家庭料理の味(高級な味でない)」

読解力のない貧民「ほらみろ勝利!」





こわーい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん