「車道」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 車道とは

2017-10-19

肩に避難中の女性2人、後続トレーラーにはねられ死亡

http://www.asahi.com/articles/ASKBM32C0KBMPPZB001.html

https://www.google.co.jp/maps/@35.0615056,133.8673043,3a,75y,153.35h,65.53t/data=!3m7!1e1!3m5!1s_lcxvpnRw5i2NVgH5fT3eg!2e0!6s%2F%2Fgeo0.ggpht.com%2Fcbk%3Fpanoid%3D_lcxvpnRw5i2NVgH5fT3eg%26output%3Dthumbnail%26cb_client%3Dmaps_sv.tactile.gps%26thumb%3D2%26w%3D203%26h%3D100%26yaw%3D357.37918%26pitch%3D0%26thumbfov%3D100!7i13312!8i6656

まあタイヤ車道に何故か放置されているのが事故原因とは言え中央分離帯もまともにない道なんだな

anond:20171019100831

自転車歩道を走る場合車道側となっている。

でもそれを知ってか知らずか、めちゃくちゃな奴らが多い。

しか交通弱者歩行者を気遣ってスピードを押えて走っている奴は少ない。

電動アシスト付きで子供を乗せられるタイプ自転車で、

ものすごい勢いで走ってるおばちゃんたちが居るが、

安全とか道交法とかを考えていない、走る凶器のもの

逆の立場だったらどう言うつもりと思ってしまう。

元増田に同情します。

anond:20171019101350

あ、そうなんだ。勉強になった。

でも件の道路自転車と矢印のイラスト車道に描いてあるから左側通行してねという意味合いのもの)それに逆行してる自転車はやっぱムカつく!

歩道自転車に道を譲るのが気に食わない

自宅の前に走る道路歩道が狭い。人間1.5人分。線が引いてあるだけで段差は無い。

道路の幅は車のすれ違いは容易だけど、歩道に人が居る所では少し速度を落としてすれ違う。そんな幅。

車の交通量はぼちぼち。5m歩く間に1台通るかなという感じ。自転車歩行者の方が圧倒的に多い。自転車は常に何台か走ってるけど激混みじゃない。

なんていうか全体的にぼちぼちな道路

まぁそんな道路で自宅が駅を背にして左側にあるので、私は常に左側の歩道をてくてく歩くわけだ。

そうすると自転車が来る事が向かってくる事がある。それ自体逆走で気に入らないんだけど、それくらいは許してやる。

問題は奴らが歩道を譲らない時だ。おいおいなぜ右に寄せようとするんだ。

歩道だよ。歩道。歩く道。私歩行者。お前自転車車道に出るべきなのはどっちだよって思う。

相手子供だったり、小さい子を乗せてる時はまだ許す気にもなるけど、それ以外はどうにも気に食わない。

まぁ気に食わない。ただそれだけなんだけどさ。

2017-10-18

anond:20171018164935

幹線道路車道を逆走してくる馬鹿死ぬはいいとして、正面衝突とかマジ勘弁してほしい。

ていうかちゃんと取り締まってくれよポリスメン。

2017-10-14

神戸旅行行ったことあるけど、とにかく歩道が狭くて窮屈でなんも楽しくなかったわ。

神戸旅行行ったことあるけど、とにかく歩道が狭くて窮屈でなんも楽しくなかったわ。

自動車脳だと車道を削って歩道を広げたり自転車専用道ネットワーク整備するとかのイギリス首都ロンドンノルウェー首都オスロみたいな発想すらできないんだろうな。

車ないと生活キツい ってのが致命的だよなあ都市構造として。

だって「住み良い街ランキング上位」のリストを見ても、どこもクルマなんぞ所有も運転もせずとも暮らせる都市、つまりコンパクトシティ構造のとこばかりだからね。

そういう地域自転車も使いやすくて自転車交通分担率も高い。

人はクルマを持たず運転せずとも暮らせる地域への移住を今後も進め続ける。そしてクルマ前提の不便でダサい地域は見捨てられ続ける。

2017-10-09

信号を守っても守らなくても事故が起きるのはドライバー問題

「車がいなければ信号守らない」「車道を横断する」という意見バッシング受けるのは、運転者が「オレたちが道路上の歩行者を注意して走る必要が出てきて、速度を出せなくなるから辞めろ」と言っているからにすぎない。

同様に、自動車運転者は、自転車車道走行に対してもバッシングをする。こちらは車道走るのが道交法遵守行為だが。

2017-10-01

容姿が良かったら車道に飛び出して僕は死にましぇんとか絶叫しない

  

2017-09-12

あの幼児車のやつ

問い合わせがあったか車道でってだけで、別に何が何でも車道を使えとは言ってないし字面だけ見てキャンキャン言ってるようにしか見えない

現実歩道を通れない場合だってあるんだから車道って言われてるのいいと思うけどな

チャリ歩道走ってたって別に取り締まられないし、

狭い歩道だってあるだろうし、歩道がない場所だってあるわけだし、それで車道通ってても文句言われることもなくなるわけだから

ケースバイケースで使えて良いんじゃないと思うんだけどキャンキャン言うんだよなー、使いにくくしてるのそっちじゃないとしか思えんわ

anond:20170912205834

環七とか車道にナビマークがあって「自転車はナビマークの上を走ろう(警視庁)」って看板が出てるんだけど

そんなところ走ったら車に当て逃げされかねないし誰も走らないだろうと思いきや

おばあちゃんたちがフラフラしながら律儀に車道を走ってるので東京怖い

そりゃトラックも右車線走らざるえないわ

びっくりしすぎる

びっくりしたときにびっくりしすぎるのをやめたい。

暗闇に人がいると飛び上がって、持ってたコップの中身をこぼす。

運転中にヒッチハイカーが行き先を書いた紙を車道ギリギリに掲げていて、びっくりしてハンドル操作を誤り対向車線にはみ出した。対向車が来ていたら多分事故を起こした。

グロが苦手なのは、鍛えたらそれなりに耐性がついた。

びっくりするのも、びっくりするような動画でも探して鍛えようかな。

2017-09-07

anond:20170907132759

違う違う、「歩道右側通行」じゃなくて、「片側もしくは両側のどちらにも歩道路側帯の無い道は、歩行者は右側を通行する」だ

歩行者は右側の歩道を歩く」でもないし「歩行者歩道の右側を歩く」でもない

自転車歩道走行する場合は「車道よりを徐行する」であって右側の歩道でも左側の歩道であっても同じだ

2017-08-23

自転車ルールを守って車道を走っていたら

後ろから車が追い越すために警笛鳴らして威嚇してどかせようとしてきた。

警察仕事して欲しい。

2017-08-16

水はね運転って、車道自転車で走ってて被害にあっても対象になるのかな。

車同士で水を掛け合っても違反じゃないとすると、法律上の「他人」ってあくま歩行者だけ?

道路交通法

第七十一条  車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

一  ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、又は徐行する等して、泥土、汚水等を飛散させて他人迷惑を及ぼすことがないようにすること。

・・・

第百二十条  次の各号のいずれかに該当する者は、五万円以下の罰金に処する。

九  第七十一条運転者の遵守事項)第一号、第四号から第五号まで、第五号の三、第五号の四若しくは第六号、第七十一条の二(自動車等の運転者の遵守事項)、第七十三条(妨害禁止)、第七十六条禁止行為)第四項又は第九十五条免許証携帯及び提示義務)第二項(第百七条の三(国際運転免許証等の携帯及び提示義務)後段において準用する場合を含む。)の規定違反した者

2017-08-06

https://anond.hatelabo.jp/20170806112025

路側帯の外側の排水路?を走ってるチャリが多いけど

先日、転んだ子ども乗せ自転車から子ども車道に噴射されてきて

もう少しで轢いてしまうところだった

ちゃんとシートベルトしろ

車道の左端ってどこさ?

いったい自転車はどの位置を走ればいいのさ

側溝の上は論外として、側溝から1mくらいが左端だと思うんだが、思いっきクルマに煽られるんだよね

クラクション鳴らされたり、嫌がらせっぽく直近でアクセルまれたり

そしてお巡りさん歩道を走ってるし

2017-07-27

https://anond.hatelabo.jp/20170727195012

テクノロジーが変化したのだからマナー時代の変化に合わせて変えた方が良いのかもね。

政令指定都市とかでは、車道チャリ通路ペンキ塗ってるようだけど。

チャリの人

歩道バス停バス待ちしてたら

けっこう人が並んでいたのに

すれすれのところを

電動チャリが通りぬけた。

車道の車の音にまぎれて

静かな電動チャリ

後ろからきてるのがわからなかった。

自分の鞄とチャリが当たった。

チャリは何も言わず走り去った。

ベル鳴らしてくれたら

よけるのに。

なぜチャリの人はベルを鳴らさないのか?

ぎりぎりのところを走るのに自信があるのだろうか。

とにかく怒鳴り声が苦手

で小さい頃から反射的に耳を塞ぐ癖があった。思春期頃に流石にまずいと思って何とか無意識に耳を塞がないようにまでは自力で治したけど、今でも怒鳴り声を聴くとたとえ自分に対するものでなくても身が強張る。

大きな音が苦手というわけでも雑音が苦手というわけでもない。雷鳴りまくってる中でもバイク騒音野郎が夜中車道をぶっ飛ばしてる中でも普通に寝られるし、多少の人の話し声のノイズがあった方が集中して作業が出来るタイプだ。

怒鳴り声特有のなんかこう暴力的空気というか気配と言うかそういうのが苦手。

母親情緒不安定気味で機嫌が悪いとすぐ怒鳴るタイプだし、小さい頃世話になったピアノ教師も指使い間違えるとめっちゃ怒鳴ってくるタイプだったし、小学校担任ヒステリックなおばさん先生だったこともあったし、そういうのが積み重なって苦手意識みたいなものが出来てしまったんだろうなとは漠然と思っている。ただ同年代の友人もわりと同じような環境で育っている人がいて、でも彼女は「怒鳴り声なんて慣れた」とさらっと流せてしまタイプらしく、そのあたりは結構羨ましかったりする。

フィクションだと全然大丈夫で、むしろ登場人物が罵り合いながら殴り合うシーンなんかはアニメは勿論実写でもかなり盛り上がって見られるので、そこはまだ良かったなあという感じ。

環境に恵まれたおかげで何とか今のところ仕事にはありつけているけれど、今後日常生活に困ることがあったらやっぱ心療内科とかのお世話になった方が良いんだろうな。

2017-07-24

大学構内を徒歩で移動している時に車で追突された。

今日大学構内を歩いて移動している時に車で追突された。

追突と言ってもごく軽いもので、とっさのことでよくわかってはいなかったけど車の先端がかかとにぶつかったくらい。

痛くてびっくりして数分起き上がれなかったくらいだし、血はほとんどでなかったし、軽いすりむけができたくらい。ただ、10cmを超える大きい青あざができそう。

車道を歩いていたわけではもちろんない。駐車場の先、研究棟の裏口へ向かう小道を歩いていた時のことだった。

正直言って、車がそこまで侵入している状況ってみたことなかった。行き止まりだし。表玄関ならいざしらず裏口だし。

から、後ろから車や自転車の類がくるとは想像していなかった。

こちらの過失。イヤホン音楽をきいていたこと。ただし、同じ音量で音楽をながしたままコンビニで買い物をしてみたら全く聞きづらいようなことはなかったので、音量が非常識に大きいということはない、はず。

考え事をしながら歩いていたので、ぼーっとしていたのはあるかもしれない。

ただ、ぶつかってきた車の運転手がまったく申し訳なさそうなそぶりすらしなかったのがいまさら無性に腹が立つ。

私と車の進行方向は同じだったから、死角だったというようなこともない。うずくまってる私を横目に、バッグで後退していってさよならされてしまった。

頭にきてナンバープレートは控えてあるんだけど、大けがしたわけでもないしなあ。どうしたもんか。

2017-07-17

コンビニ行く途中、自転車に乗った親子らしき二人が立ち止まって、何かごにょごにょしてたと思ったら、そこに大きくなったミドリガメがいたんですよ。僕も驚いて、危ないのでどこか避難させた方がいいですかね、避難させるにしてもどこにねー、とか話していて、亀も亀で元気でどんどん歩くし、また用済ませた帰りにでも様子見てみますということ言って、いったん自分コンビニへ。

そしたら帰りに、車道に亀が。近づいて見たら、割れて血が。たった数分の間ですよ。せめて自分車道からどこかまともなところへ運ぶべきなのに、それもせずに、のこのこ帰ってきて、ここへ吐き出してます

かめ

2017-07-14

運転免許なんて取りたくなきゃ取らなきゃいいけど、車道自転車で走りたいなら運転免許の座学講習&車道通行免許みたいな制度作ってほしい。

なんであの自転車乗りたちはことごとく信号無視するんだ。まじで胸糞悪

2017-07-10

母へのわだかまり

保育園までの往復は母の自転車だった。母の後の幼児用シートで、手や足に風を浴びながら横を飛んでいく景色を見ているのは好きだった。ある日の朝までは。

その朝、いつもと同じように保育園に送られる途中、私の右手背中に突然、激痛が走った。それと同時に「うう」とも「ああ」とも違う、変な男の人の声が聞こえた。しばらく何が起きたかからなかったが、振り返ると知らないおじいさんがうずくまっているのが見え、子供ながらに自分の手がすれ違うときに、そのおじいさんのどこかにぶつかったのだと理解した。おじいさんを助けなきゃと母に知らせようとしたが、自転車は再び猛スピード保育園へ走り出していた。保育園に着いた後、母は何事も無かったように私を預けていった。

自分ものすごく悪いことをしてしまい、母はそれを隠そうとしてくれているのだと思った。おじいさんが死んだかもしれないと本気で恐ろしくなり、先生にも友達にも何も言えなかった。ずっと手と背中は痺れたままで、どうしたのかと聞かれたように思うが、理由は口が裂けても言えなかった。その日の帰り、母はいつもと変わらない様子で私を迎えに来たが、帰り道はその事件があったあたりで、道の反対側を母は走った。車道の両側に、それぞれガードレールで仕切られた歩道があり、その片側の歩道を行きも帰りも走っていたのだが、その日から母は反対側の歩道を走るようになった。私はますます、母が私の罪を無かったことにしようとしていると確信した。母がそんなに必死に隠さなければいけないほど、私は悪いことをしてしまったのだと思った。その場所を通るときはいつも、おじいさんがその場で死んでいるような気がして、恐怖に怯えながらも目で確認してはほっとするのが習慣になった。

その後ずっと、自分からも母からもその話はしていない。成長するにつれ、母は私を守ったのではなく、母自身を守ったのではないかという疑念が徐々に蓄積していった。私が母親立場なら、子供が怪我をしなかったか心配になるのではないかと疑うようになった。私が痛みでしばらく呆然としていた後に、振り返っておじいさんはそう遠くなかったので、たぶん母はいったん止まったか、少なくとも減速しておじいさんの様子は見ていたはずだった。思春期のころの私には、母の言葉は何もかもきれいごとで、自分の保身のために言っているように聞こえた。反抗期という感じではなかった。歯向かうことは少なかった。母をただただ信じられない人とみなし、言うことを聞いたふりをしながら内心ではその言葉をすべて冷たく疑っていた。不良にもならず普通大人になれたのは、逆に自分が正直に生きることによって、母を軽蔑したいという感情のおかげだったかもしれない。皮肉ものだ。

今でも右の肘には違和感がある。実際に後遺症があるのか、精神的にそう感じるだけなのか分からない。いつか母とあの事件の話をすることがあるだろうか。少なくとも屈託なく笑って話せる気はしない。

2017-07-08

地方歩道

都心から電車で1時間くらいの地方引っ越し

自転車も車も持っていないので、新しい自宅から駅まではちょっと歩くのだが、この歩道がかなり荒れている

というか、駅前はそれなりに綺麗だけど、50メートルも歩けばどこの歩道も荒れている

10年ほど前に新しい市としてベッドタウンとして作られたらしく(ちゃんとは調べてない)、その頃に車道歩道も綺麗に舗装したようなのだが、地方はみんな移動が車で、補修は車道けが見受けられる

歩道を歩いてみると、両側から雑草空間支配してきて半分以上を占拠していたり、黄色視覚障害者用のブロックがところどころ粉々に砕けて散乱していたり、少し陥没していたりして、ただ歩くだけなのになかなか油断できない

基本的にこのあたりに住んでいる人は車を使うのでその人たちには問題ないのだろうけれど、少しは歩く人のために歩道の修繕にも気を使ってほしいと思ったので書いてみた

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん