「元ネタ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 元ネタとは

2018-04-19

anond:20180419101301

勝敗史実に沿ってるんだから、それに文句を言えば「元ネタも知らないニワカ」扱いだよ。

2018-04-15

女性漫画家特有ギャグ顔?

魔法少女俺作画、なんかマギ思い出すんだけど

 

何、あれらが参考にした元ネタがあるのか?(絵的な意味で)

 

そういえば主人公ってモルさんに似てない? 動きはアリババなんだけど

2018-04-11

FGOってヴァルキリープロファイルなんだな

いやふと思っただけ

  

ヴァルキリープロファイルレナスという神の使いが死者をどんどん仲間にしていくんだけど、死者にも物語があってプレイヤー追体験したり揃えた死者を天界で大暴れさせたり。

  

FGO過去英霊使役し、英霊にまつわる物語追体験したり時代を超えて大暴れさせたりする。

  

スパロボもそうだし、元ネタ魔界転生もそうだけど、クロスオーバーって燃えるよな。

  

ヴァルプロオリキャラばっかりだけど、FGOには元ネタあって親しみやすい。

  

その分、クロスオーバーもやりやすいし、あのキャラとあのキャラが絡むとかすげぇ!って思うし。

  

なにがいいたいかと言うとヴァルプロのようなゲームもっと作れください。

anond:20180411095417

どこで突っ込むのが正解か微妙につかめないので今のうちに言っておくと、

95割というのは「成句」な。「古事記にもそう書いてある」とかと同じく、その文自体整合性検証されるものではない。

ついでに言うと95割というのは日本語ではなく元ネタ中国語だ。

正確に漢字で書くと『九後割』になる。これの「九後」というのは「90年代まれ」という意味だ。

日本語でそのまま訳すと「ゆとり」とかそんな意味になるだろう。そして「割」だが、これは中国語だと「捨てる」という意味になる。

併せると「ゆとりにはわからない」という意味になるんだよ。

増田も「95割wwww」って文章をみかけたら、オッサン・オバサンによる自虐ネタあるいはオッサンホイホイ的な記事だと認識しなきゃだめよ。

ネットリテラシ重要

2018-04-10

Google Doodle乱発しすぎな件

最近ほぼ毎日やってんじゃん。

以前は珍しさからDoodle元ネタについて少し調べてみたりしてたけど、最近はそういうことも無くなってしまった。

2018-04-09

もう一度だけでいいから読みたい二次創作小説がある

もう一度だけでいいから読みたい二次創作小説がある

本気で好きだった二次創作文字書きさんがいた。この人を仮にAさんとしよう。

初めてAさんの小説を読んだ時に「これが天才か」と本気で思った。素晴らしい世界観伏線の数、圧倒的文才が紡ぐ文章に私は心奪われた。すぐに他の小説も片っ端から読んでいった。読まずにはいられなかった。全てクオリティが高く、読んだ後の私はある種の達成感に浸り放心状態だった。

でも私とAさんのジャンルが被ったのは一作品だけだった。更に言うなら被ったそのジャンルでAさんが書いていたCP小説は私の守備範囲外のCPで、ぶっちゃけCPの方が本命、まであった。それでもAさんの小説が好きだった。逆CPなのが気にならない程に素晴らしい作品だった。

Aさんが別ジャンルに移った時、Aさんの小説を読みたいがためにわざわざアニメを、少し視聴した。二次創作を読みたいか元ネタを見るなんて本末転倒にも程があるのは分かっていたが、そんなもの関係ないと言わんばかりに、今まで1mmも興味の湧かなかったアニメを見ていた。



ある日気づいたらAさんの作品は全て削除されていた。

Aさんの更新頻度はどちらかというと低いほうだった。しかも当時の私の本命ジャンルとはかけ離れたジャンル小説をAさんは書いていたので、私は更新チェックを怠っていたのだった。

なぜ削除されたのか、理由が知りたくて私は私が知りえるあらゆる方法検索をかけまくった。

調べて分かったことは、Aさんの活動の休止に伴って今までの作品Twitterアカウントを削除した、ということだけだった。

その時私はあの、Aさんの作品で初めて読んだあの、この人は天才だと思わずにいられなかったあの作品が読みたくてAさんのページにアクセスしたのに、全て削除されていたこ喪失感。正直耐え難かった。

それから私はどうにかあの小説が読めないだろうかと模索し始めた。魚拓でもなんでもいいからとっておけばよかったと本気で思った。むしろ誰かがとった履歴が無いか3つくらいの魚拓サイト確認した。そんなこと考えるのは私だけみたいだったけど。

結論から言えば私はあの小説を再度読むことは出来なかった。

ネットにあげたものは一生消えることはないと言われる現代で、私はあれほど好きだった小説を見つけることが出来なかった。

だが、収穫がなかったわけではない。

Aさんの小説が読みたくて私がアニメをわざわざ見たあのジャンル小説なら、私のPCに何故かtextファイルで残っていた。私は嬉々として小説を読んだ。

素晴らしかった。保存しておいて本当に良かったと思った。

でも、素晴らしかたからこそ、私はあの初めて読んだ小説がまた読みたくて仕方がなかった。

わがままだ。

Aさんが作品を削除してから1年半の時間が過ぎた。もう見つけられない。

しかしたら、あれだけの小説を書くAさんなら、また別名義で小説を書いているかもしれない。でも、見つけられない。

イラストなら、ハンドルネームを変えても絵柄や色塗りの特徴で気づくことはあるが、小説ハンドルネームを変えた人を見つけられるとは思えない。

少なくとも私には無理だ。

それでも、読みたい。

タイトルに「もう一度だけでいい」と書いたが、こんなの嘘っぱちだ。

しまたあの小説を読めるようになったなら、魚拓でもコピペでもスクショでもなんでもいいから保存して、何度も何度も読み返すのだろう。私はそういう奴だ。

いまだに私はAさんの小説特にあの初めて読んだ小説のことを思い出す。

あの小説が読みたくて読みたくて堪らない。

はいつまでたってもあの小説に魅せられ、囚われ続けるのだろう。

もうお目にかかるとこは一生ないのだろうけれど。

2018-04-08

anond:20180408000934

それなにか元ネタがあるのか?ごめん何も知らなくて

2018-04-06

から見ていてふたばキモいのは

ふたばふたば発祥ネタであることをアピールしない」と自慢げに言いつつ、

ときたま「これは実はふたば発祥なんだぜ」とアピールしてくるところなんだよ。

おまえは何なんだ? 異端としあきなのか?

あと、ふたばネタって基本的には元ネタありきのネタばっかりじゃん。

面白いものをいち早く見つけた」とは言えるだろうけど「でも面白いのは元ネタだろ?」とも思っちゃう

ふたば投稿されたイラストだってふたば発祥」以前に「その絵師発祥」だろ?

それを「俺たちのネタ」みたいな感じで言ってるのがなーって思う。

としあきって「俺たちのネタ2ちゃんねらーやついったらーが知らずにパクってる」みたいな言い方をするよな。

でも、それってとしあき2chTwitterにも出入りしていて、そっから広まったってだけでしょ?

なんか「場」しか見てなくてそこにいる「人」を無視してる感じがするんだよな。

閉鎖的でログも残りづらい画像掲示板っていう特徴的なコミュニティで、

特徴的な文化が醸成されたってのは分かるんだけど、それを特別視しすぎてるんじゃないか

anond:20180406152119

ごめんね。元ネタがわからない。

森博嗣作品にありそうな台詞回しだけれども。

2018-04-04

エロ漫画村(仮名)のタグの話

まあアレです、漫画村エロバージョンであるダウンロードのブックスの話です。いろいろな意味有害サイトなのでボカしましたが、そうとうなアクセス数らしいので知ってる人も多いでしょう。

広告ブロックしないとまともに画面が見えない上有害サイトに飛ばされまくりトロイの木馬無許可マイニングを食らうらしいのでスマホならAdGuard(http://wikiwiki.jp/nanj-adguard/)を導入しときましょう。まあそもそもこんな違法サイト見るなよって話ですが。

先に言うと長い割に凄えくだらない上オチらしいオチもない話です。

◆◇◆◇◆◇

このエロ漫画村仮名)、名目上は同人誌アップローダーなんですが実際には管理人自分で大半のファイルをアップしてるなんて噂もあります

長年続いてるから運営ユーザーの動向にも様々な変化があります。一時期他のDLサイト宣伝画像が混ぜられた釣りファイルで埋め尽くされてたけど最近は見なくなりました、運営アク禁されたんですかね?

近年は商業エロ単行本のUPが増えたけど、それらは割とすぐに削除されます運営アップローダーを提供してるだけですよってスタンスなので、作者から削除依頼があれば一応消してるみたいです。

特に闇が深かったのは、援交系エロ漫画の最終ページに一般人と思われる女性名前電話番号が書かれた写真が混入されたファイルですかね。個人的な恨みなんでしょうが一時頻繁にUPされてました。

◆◇◆◇◆◇

さて、このサイトではニコニコ動画のようにファイルタグが付けられますアップロード者が付けられる変更不可な緑タグと誰でも編集可能な青タグです。

大抵ファイルタイトル自体作者名作品名が入ってることもあり、いちいち青タグ編集する人はあまりいません。まあ利用者の大半はおかず探しで忙しいし、掲示板などのコミュニティ形成される機能もないので当たり前ですが。

中には整理マニアのような人もいるらしく、作者名元ネタタグを付けて回る人もいます。まあ感覚的に分からなくもありませんし、「よーし、今日艦これで抜くか!」とか「たまには初心に帰ってクリムゾンでも」みたいなときに便利です。

そんなわけでニコニコのようなタグ文化はないのですが、最近妙な引っかかりを覚えたのが『ハーレムタグです。

それだけなら普通だし、『ロリ』や『BL』のような性癖キャラ属性タグは珍しくありません。

異様なのは必ずハーレムハーレムSEXJKハーレムハーレム4Pの4つのタグがセットでつけられていることです。(たまにハーレム3Pもつく)

なんせアップされるのはエロ漫画ですからハーレムSEXタグはほぼ無意味です、ハーレムだけどSEXしない漫画なんてないし。

JKハーレムタグはギリ理解できなくもないけど(ハーレム女子高生タグでよくね?)なぜか無差別にセットでつけられてます。JC2人とお母さんでも、OL大学生が混じってても、東方艦これグラブルFGOなど「JKいねーよ」って原作でもまとめてJKハーレム。雑っていうか、明らかに間違ったタグ付けです。

3P4Pタグを使い分けるあたりなにか重要な拘りなのかと思うと、4Pどころじゃない大乱交4Pで済ませたりします。雑ぅ!

要は『ハーレム』以外のタグ事実上無意味というか機能してなくて、なんとなく他3つのタグを消してみたら数十分後に元に戻されていました。

ここらへんでちょっと妙に思いタグ検索してみたら、この4つのハーレムタグがつけられたファイルが300以上ありました、明らかに同一人物です。試しに適当ファイルハーレムタグを消して回ると次の日には直されていました。

まり数百件のエロ漫画に4つの妙な固定タグをつけ、それを巡回監視メンテナンスしている人が実在するわけです。しかも数年にわたって。

複数端末でのブックマーク代わりにタグをつけてるなどの理由も考えてみたけどそれなら4つも必要ないし、もっと用途のないタグを利用すればいいしなあ。水中SEXタグとか。

なまじコミュニケーション手段がないせいで、PSHOMEのサイレンラウンジで踊り続けた「ぶらきゅー」さんやロシアの謎の短波放送「ザ・ブザー」のような不気味さがあります

あなたもぜひハーレムタグを消して嫌がらせ(直球)をしてみて下さい。BLAME!の建設者のようなハーレムタグ男が現れて、無言で修復(?)する姿が見られますよ。

鎌倉の老人

鎌倉の御前、鎌倉の老人などと言われる黒幕フィクサーって元ネタなんなんだろう。モデルがいるんだろうか。

ウィキペディアの「黒幕」の項目にものっているんだけど、フィクションだと「華麗なる一族」が一番古いのかも。

なんで鎌倉なんだろう。気になる。

anond:20180404125803

お岩さんみたいなもの

元ネタ元ネタとなる実際の人物は確かに居たけれど、現代物語で参照されるイメージ創作物である

ビーデルのネーミング元ネタってなんなんだろう

2018-04-02

18年新規アニメ五話以上視聴したけど途中下車した作品の雑感

長くなったので分割したやつのつづき。前のは → https://anond.hatelabo.jp/20180402204454

【よりもい】いやあ、マッドハウスはいアニメ制作ですなあ~

11話まで。

「よりもい」ってのは「宇宙よりも遠い場所」のひらがなの部分だけを読んで「よりもい」。この手の略称は「はがない」以外に定着した試しがない。

正直にいうとストーリーはそれほど好みじゃない。序盤で「わたし馬鹿にしやっがって、ざまあみろ!」みたいなシーンがあったけれど、なんとも思わなかった。

ツイッターで「抑えるべき感情をあらわにした、その正々堂々たる姿勢に感動した」という旨の感想を見て、なるほどなあと思った。

あのシーンに感動しなかった理由はふたつ。ひとつは、単純にああいストレート物言いをあまり好まないこと。

もうひとつは、情熱に満ちた人を小馬鹿にする人間というのは、自分の言ったことをたいして覚えていない、深く考えないことがほとんどだから、「ざまあみろ!」と言ったところで、「クソ!してやられた~!」なんて思わないということ。何事もなかったかのようにスルーいじめられた側はいじめの記憶が脳に焼きついているけれど、いじめっ子はまったく覚えていないことがよくある、というのに似ている。

こんな考えだからか、ストーリーにはあんまり入っていけなかったし、最後どうなるかがそんなに気にならない性格なんでラスト一歩手前で視聴終了。じゃあ、なにを観ていたかというとアニメーションの出来の良さとギャグシーンだ。

まず、キャラデザ。美形のキャラと美形じゃないキャラちゃんと描きわけられている。かといって、美形じゃないキャラちゃんとかわいく描かれている。このバランスの良さがすごい。

つぎに、テンポの良さ。軽すぎず重すぎず、適度にギャグシーンが挟まれ、見やすさと納得感をうまく両立させている。最後映像の鮮やかさ。地味なシーンでもアニメーションの鮮やかさが加えられ、青春の輝きがうまく描写されている。

まあ一言でいうと、マッドハウスアニメーションが好きだなあ~!ってことだ。マッドハウスは好きなんだけど、なかなか好みの内容のものをやってくれないかフラストレーションたまる一方(森見登美彦はもういいよ……)。でもマッドハウスにはこれからも期待してるし楽しみにしている。

ダリフラ】なにもかもが中途半端

七話まで。

アクションシーンは手間がかかっているわりに楽しくないし迫力もいまいちもっさりしているように感じた。コクピット露骨エロ要素は、変に視聴者を絞っているだけだからやらないほうがいいし、やるならもっと徹底してやってほしい。

一話から六話までのストーリー主人公挫折と苦難と達成の話でそれはいいんだけど、スランプに悩んでいてそれを解決しようと積極的に行動している主人公が、うじうじしているように見えるのはもったいないと思った。

設定をつくり込んでいるのは好意的に見ると察することができるけど、画面からその設定の奥行きが匂ってこない。なにかのメタファーっぽい設定(パラサイトと呼ばれるパイロット、男女がエロ態勢で操縦するロボ、パパと呼ばれる上層部など)もそんなのもういいよ……としか思えない。

いまどき、うじうじして許されるのはシンジ君くらいだし、メタファーをやって許されるのはイク監督だけだ。つまり九十年代覇者特権だ。

あと、キスってなあに?ってのは古臭いEDセンスちょっと古い。大人子供がどうたらってのもどうでもいいし七話の展開はいさら一話みたいな展開をしてどうするさっさと話をすすめてくれ一話完結だとしてもおもろくねえよ次回予告を見ても話がすすみそうにないしもういいや。

たぶん深夜アニメを見慣れていれば見慣れているほど中途半端さを感じるんじゃないかと思う。

スロウスタートかわいい以外に取り柄のない、萌え玄人向けの作品

七話まで。

留年という萌えにまったくつながらない設定をどう調理するんだろう?という興味で観つづけたけど、余計な設定でしかないというのが結論だ。

留年設定もそうだけどキャラ関係性もいまいちだし、話の起点が留年以外になにもなく、その結果、下ネタに頼らざるを得なくなるという始末。日常系露骨エロは悪手だ。

あと、無駄にもにょもにょ動いてたのはなんだったんだろう?その八割以上がかわいい動作でもないし、演技でもなかった。手間をかけていたわりに作品の魅力に全然つながっていない。

この作品は、かわいければそれでOK!という萌え玄人しかおすすめできない。

りゅうおう】用意周到で上手い作品。けど好みじゃなかった

六話まで。

バトル系のラノベアニメとしてよくできていると思った。展開は少年マンガのように熱いし、将棋のことをほとんど知らないか解説の多さも鬱陶しくないどころか、ありがたく感じる。

ローキューブが切り開いた(?)ネタ系のロリ貪欲に吸収していて、作品エッセンスになっている。念のためにいっておくが、作者はロリコンではない。将棋ロリ作品研究した成果がこの作品だ。

でも、いまいち好みじゃなかった。窮屈さを感じた。

どういうことかというと、ありえなさそうな、おもしろい設定・状況のほとんどに現実将棋界の根拠があるのがなんか嫌だった。

たとえば、マントをつけて試合に挑む棋士。ありえねえ~とおもしろがっていたら、どうもこれは将棋ファンならだれでも佐藤天彦名人元ネタになっているとわかるらしい。

かにも、試合中に喋りまくったりするのも一応は可能らしいし、一番ありえなさそうな、女子小学生住み込み弟子入りですら実例があるらしい。用意周到すぎる。

なんでこんなに用意周到に現実リンクさせてるかっていうと、現実将棋界がおもしろいからってのももちろんあるけど、ネット上でのツッコミ(叩き)を避けるためだ。

ありえない設定・状況・展開に「こんなのありない!現実的ではない!このアニメは糞!」となんの考えもなしで書き込む輩が大量発生するけれど(ここ五、六年でさらに増えたような気がする)、それを避けるためだ。こういういまの状況は窮屈だ。木を見て森を見ないどころか、木も森も見ず、枝がたった一本折れているのを見ただけで、みんなで寄ってたかって糞!糞!と叩きまくる。SNS時代の窮屈さ。それに巧みに順応している原作小説ひいてはアニメ作品にも窮屈さを感じてしまった。

【とじみこ】古き良き萌えアニメにはなれなかった。とくに序盤がいけない。

七話まで。

一言でいうと萌え以外のポテンシャルが低めのダリフラ。設定を詰めこみすぎて、うまく回せていない。

とくに序盤はダメで、いちおうフックらしきものはあったけれど雑然とした展開の犠牲になっていたし、急な展開に無理やりキャラが動かされている印象があった。やっぱ序盤でコンセプト・ストーリー展望をはっきり打ち出すのは大事だよ。

それでもなんとな~く観つづけたのは古き良き萌えアニメ匂いを感じたからであって、途中からストーリーや設定が見えてきたものの、なんとな~く観るのをやめてしまった。

でも嫌いじゃないし録画はまだ残しているし、春アニメがつまらなかったらなんとな~く視聴を再開するかも。

ハグプリ】テーマ性・メッセージ性にあふれすぎていて説教臭い

五話まで(一話未視聴)。

ネットでの評判がよかったのでひさしぶりにプリキュアを観てみたけれど、なんかいろいろテーマ性やらメッセージ性やらが、これでもかとてんこ盛りで鬱陶しかった。

力のプリキュアフィジカル問題で苦悩する、つまりみずからの強みが強いがゆえに自分自身を苦しめる、というのは女児向けアニメには難しすぎるよ。

でも、今年のプリキュアが世の中の大半の教育者よりもまともなのはよくわかった。道徳教育よりは断然まともなんで、作中キャラと同年代中学生に観てもらえればいい影響があるんじゃないかと思う。

今年のプリキュアは完全に大人向けだ。オトナ帝国の逆襲だ。

こういうことを書くと、子供馬鹿にしすぎだ、完全に理解はできなくともなにか大切なものは伝わるはずだ、とか言う人がいるけれど、ガキの頃に観た「オトナ帝国の逆襲」になにか大切なものを感じたかと問われれば「とくに感じなかった!」と言い切ることができる。たしかに、しんちゃん東京タワーを駆け上るシーンは印象に残ってたけど、ただのお涙ちょうだいモノとの区別がつかなかった。まあガキだったかしかたない。「オトナ帝国」で感動・感心するのは大人だけの特権だ。

子供が楽しんで観れて、大人も唸るテーマ性・メッセージ性を組みこむバランスは、女児向けアニメのなかではやっぱり「プリパラ」が頭ひとつ抜けてうまい。とくに、このあい最終回を迎えた「アイドルタイムプリパラ」の後半部分の夢を巡る物語はとくにうまかったと思う。

アニメ作品としては良作になるのかもしれないけど女児向けアニメとしてはちょっと間違っていて、キャラデザ萌えに寄っていて好みだっただけに残念だった。




おまけ:五話まで観てないやつの一言コメント

小泉さん】二話まで。食べるとき必要エロい顔するのいい加減やめてください。ラーメン屋行ってとなりにああいう奴がいたらどう思うよ?

バイオレット】二話まで。京アニの高級感ただようアニメーションが好きな人は好き、嫌いな人は嫌いってだけの、ある意味とってもわかりやす作品

シトラス】二話まで。百合という枠・様式に甘えすぎ。内輪で評価されても外では通用しない。

ビートレス】二話まで。この原作小説アニメ化するのに必要クオリティ全然足りていない。まあディオメディアだしね……。原作ファンには同情する。

【たくのみ】二話まで。こういう雑学系のやつはマンガで事足りる。あと不必要エロくするのはいい加減やめてください。

【戦記】二話まで。硬派なの?軟派なの?どっちかに振り切ったほうがいい。サクサク進みすぎて戦記物なのにあっさり感がある。

【ハクミコ】三話まで。マンガ喫茶で既刊全巻読んじゃった。そのほうが手っ取り早いしおもしろい。

【恋雨】三話まで。マンガ喫茶で既刊全巻読んじゃった。そのほうが手っ取り早いしおもしろい。

メルヘン・メドヘン】二話まで。ダメアニメ化の典型。二話までの展開は20分あれば余裕でやれる。「俺様ならもっとおもしろアニメ化できるぜ!」なんてズブの素人に思わせちゃいかんだろ。

anond:20180402190359

キャラデザが可愛くてアイドル声優使ってたら、元ネタ知識ゼロでもとりあえず飛びつく層はいて、むしろそこから競馬に入っていくことになるんじゃないの?

艦船しか戦車しかり。

2018-03-31

https://anond.hatelabo.jp/20180330021658

そもそも自由度の高さによる考察妄想」には、その考察妄想に使える元ネタ必要だということがわかっていない……。

元ネタというのはつまり多種多様物語作品のことです。

俺が今年度昇進できなかったわけ

上司との面談の中で俺が今年度昇進できなかった訳が語られた。

ざっくりいうとメールの書き方が気に入らないらしい。

俺は挨拶と用件しか書かないのだが、上司曰く、

挨拶季節感がない、日頃の感謝が書かれていない、感謝元ネタになるエピソードを書いていない、さらにその上でもう一度感謝を書いて初めて用件を書かなければならないとのことだった。

さらに用件の後に誕生日おめでとうございますとか、息子さんの進学おめでとうございますとか、そういう類がなければならない。

挨拶と用件しか書けない俺は自己中的な自分勝手人間なのだ!とのことだった。

転職したい。

2018-03-30

ポプテが若者から元ネタ語りたいおっさんまで幅広い層に人気が出ているのを見ると時代再生数とツイート数に移行しているなあと

2018-03-27

ぱーりら ぱりら ぱーりら フゥワフゥワッ

元ネタって何

2018-03-26

[]ホットエントリーに入るには何個のブクマ必要

ホットエントリーに初めて入った時点のブックマーク

集計期間 2018年3月23日 2010分 〜 2018年3月26日 2010分、3日間(72時間10分)

集計対象2018年3月23日 2010分以降ファーストブクマされたエントリーに限った

ブックマーク度数
10
20
30
40
52
62
79
85
98
1011
118
1213
1310
148
1510
1613
179
187
1911
207
2110
2214
236
2414
255
266
272
287
295
305
313
324
334
342
354
363
371
383
392
403
411
420
430
441
451
461
470
480
490
500
512
525
534
542
552
560
570
580
590
602
中略0
671
中略0
881
中略0
1541
ホットエントリ入ならず1539

10分間隔のデータ取得なのでもう少し少ないブックマーク数でホットエントリー入りしていた可能性はある。

154ブクマ集めるまでホットエントリー入りできなかったのは「「どうして今までそれで生きてこれたのか」となんども思った京大での六年間について - 日記

5ブクマホットエントリーできたのは「アニメ『ポプテピピック』第12話・パロディ元ネタ解説 - 特になし」と「3億円の札束で頬をビンタしたい」(増田)

関連: anond:20180326004606

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん