「モブキャラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: モブキャラとは

2021-05-27

anond:20210527000429

ブスが被害者にすらならないというより、主人公になれないだけでは?

モブキャラのブスがイジメられる漫画は腐るほどあるだろ

2021-05-17

anond:20210517091802

実質1時間しか寝てない男子とか、モブキャラだと思ってたけど、意外と終盤強くなりそう

2021-03-13

腐女子懺悔

懺悔したいことがある。

私はもうすぐ今の部署を去るので、これをきっかけに書いておきたい。

実は私はこの部署にいる間、ずっとナマモノ妄想していた。

ターゲット二名はどちらも妻子持ちだが、とにかくイケメン高身長、そしてかなり仲が良い。

お互いがお互いをリスペクトしていて、ライバルだが助け合うような関係性だ。

とあることをきっかけに、この二人をモデルBL小説を書いたら面白いのではないかと思い、毎日ではないが仕事の行き帰りにスマホで書き始めた。

ネタは社内に行けば転がってはいるのだが、一人は基本内勤、一人は外回りが中心なので

、二人が揃う早朝、そして夕方~夜にかけてはネタの拾い時だ。

きつい残業をしていても、素敵な会話や小ネタを拾えたときは本当に幸せだった。

本当に、自分は何て気持ち悪い人間なのだろうという自覚はあるが、あれほど素晴らしいナマモノ出会えることは今後ないだろうと思うと少し寂しくもある。

本当に、数年間仕事モチベーションになってくれてありがとうございました。

因みにクソクソクソ上司モブキャラとしてひどい目に合わせてストレス発散してました。ごめんね。

2021-02-23

anond:20210223015218

初代に限ると、視野が広いのが良いと思った

エヴァとか最近ガンダムシリーズと比べると、ちゃん主人公たち以外のモブキャラ

そこらへんの整備兵とか事務職とか社会機能を描ける

結局、スーパーパイロットかいても、平々凡々な労働者がいないと戦争とかできないんすわーという正しい認識がある

主人公が局地的にどんだけスーパープレイで敵兵を殺しまくっても、大局には影響しないし、

戦争終結という重大決定をするのは偉いさん同士の話し合いですわ。という大人認識があるところが凄いよね。

初代から急激にそうした視点は失われていき、ガキっぽいロボット同士のどんぱちが全てを決めるみたいなアホらしい作品になっていくので、

やっぱアニメオタクって頭悪いわと痛感させられるけどね

2021-01-26

anond:20210125192433

モブキャラが二頭身に見えてるのは視聴者だけで登場人物には普通に人間に見えてるんじゃないの

2021-01-25

SHOW BY ROCK!!を見ていて不安になること

この作品登場人物は、いわゆるキティちゃん体型の二頭身キャラクターと通常の人間サイズキャラクターが混在した世界暮らしている。サイズの違いは自分意思で切替可能らしい。

混在とはいものの二頭身のモブキャラクターのほうが圧倒的多数で、人間形態を見せるのは名前のあるメインキャラクターたちだけ。

なぜメインキャラたちだけは常時人間形態なのかについては劇中で全く説明がない。そしてなぜ演奏シーンの時にだけ二頭身化するのか、細かいことを言えば楽器サイズすら変化するのはなぜかの説明も無い。(調べて見ると「ミューモンはテンションが上がると人型に変身してしまう」という設定らしいが、演奏時はテンションが下がっているのか?)

圧倒的少数な人間形態キャラを中心に作品が描かれているため気になる点が生まれる。あの世界の道具や家屋人間サイズを想定して作られている所だ。

二頭身キャラが座るには大きすぎるイスや机。二頭身キャラにとっては高すぎる位置にあるドアノブ。二頭身キャラが使うには大きすぎるスマホ。二頭身キャラじゃ使えないだろうという位置コイン入口がある自販機圧倒的多数に見える二頭身キャラ生活しにくそうな、歪な世界デザインされている。ユニバーサルデザイン概念は無いんだろうか?わざわざ二頭身キャラ人間形態に合わせて生活しているのか?イスに座る際、いちいちジャンプして飛び乗るのに疑問を持たないのか?

「この世界人物は大きさを変えられる」という設定ならモブキャラも二頭身を捨てて人間形態生活すれば?と思うが、モブキャラ人間形態にならない理由については一切説明が無い。

アニメ1期の最終回でずっと二頭身だった事務所社長がいきなり人間形態になっていたので、人間形態になれる・なれないに何か特別理由があるわけではなさそうだが。普通に考えて二頭身より人間サイズの方が生きていくのに楽だと思う。

一応二頭身キャラに合わせた道具もちゃんとあり、わかりやすい所だと今期始まったアニメ1話では二頭身キャラが乗ることを想定した小さめの車が出ている。そしてその横を人間サイズの車が走るというシーンがあり、錯視かと思うほど違うサイズの車が同じ道を走っていて笑った。

「メインキャラの人間形態の可愛さが作品の売り」「モブキャラ人間形態を描く必要性が皆無」というのはわかる。「細かいことを気にして見る作品じゃないから」と言えばそれまでだけど、見ていて不安になってしょうがない。

話は逸れるが、アニメウマ娘ではウマ娘の耳の位置スピーカーが当たるサイズの大きな受話器があったり、ウマ娘尻尾を出すための穴がイスにあったりと、あの世界で「人間」と「ウマ娘」が共存していることを想像させるシーンが細かく描かれていて上手いなぁと思った。モンスター物のアニメで「異種族同士が同じ世界暮らしている」ことを上手く描けている作品って良いよね。

あと無印主人公だったシアンは、ゲーム内に異世界召喚されてミディシティに来たって設定だったような。

それがいつの間にかミディシティに居座ってるけど、現実世界に帰ろうって気は無いのか?

1期2期最終回の感動的なお別れはなんだったのかなぁ。これも全く説明が無くてもやもやする。

2021-01-24

[]1月23日

ご飯

朝:なし。昼:うどん、天かす、梅干しオクララップサラダ。夜:豚肉白菜人参エノキおじや(ごはんたまご海苔梅干し)

調子

むきゅーはややー。お仕事おやすみん。

お昼寝めっちゃした。疲れてるのかなあ。

散歩行きたいけど雨なので行けない。明日も雨の予報なので洗濯物が悩ましい。

グラブル

水六竜したり、水プシュケー連戦したり。

水六竜、かなり苦手だ。

ただ土は武器キャラともに成長の余地賢者依存してるからすぐすぐに打てる手があんまりないなあ。(神石にするとか終末五凸みたいな極論は抜きね)

予兆解除用のソリッズ、予兆解除出来なかった用のサラ、何でも屋のマキラ。このメンツで苦戦するようじゃやっぱ僕のPSだよなあ。

Newスーパーマリオブラザーズ(3DSDS互換)

5の城まで。

劇場版ポケットモンスターココ

面白かった! 露骨に泣かせにかかるベタが多そうで怖かったけど、まさにそのベタにどハマりして泣きながら見てた。

擬似家族ものに弱いのでそりゃもう泣きました。

ルードとココが本当の家族になっていき、そして前向きないい意味での別れに繋がっていくのは、サンムーンのあれやこれやを踏まえているようでもあって、ポケモン25年続くコンテンツとして親目線を取り入れてるってだけじゃない流れも少し感じたり。

この前向きな別れというか若者は旅をせよって価値観は、首藤剛志さんのポケモン感と終わらないコンテンツとしてのポケモンとの折衷案を模索しているようにも感じる。

首藤剛志さんはポケモン自体からの決別のようなものを書くべきだと思っていたみたいですけど、ここまで日本はおろか世界に浸透したコンテンツになると、それも逆に不自然で、良い距離感を持ってずっと付き合っていきたいなと思わせられるような映画を見ている人の気持ちと、ココのそれがオーバーラップするようで、良い映画だったんじゃないかな。

みんなの物語に続いて、サトシピカチュウは主役というよりはレジェンド枠のようなココを導く先輩キャラだったのも面白かった。

特にサトシの口からのパパのエピソードは珍しく興味深かった。これも家族ものからこそのシーンで印象的。

悪ポケ好き観点だと、主役のザルードは当然として。

主役を嫌う難しい役をやってたコノハナが良かったな。超ダンといい、コノハナは難しい役が似合うなあ。タネボーを抱える優しいシーンもあったりで好き。

同じ森の仲間のゴロンダスカンプーはチョイ役とはいえ存在感はあったかな。スカンプーのオナラのところ笑い声も聞こえて子供向けに面白いシーンだったのかな。

モブでは、フォクスライニューラジヘッドを見つけられた。

あとこれはしょうがないんだけど、マスクをしながら映画を見るとメガネが曇ってスクリーンが見辛くなるんだよね。

なのでちょっとモブキャラがワチャワチャするシーンでは眼鏡を拭いたりしてたので、だいぶ見逃しがあったと思う。

2021-01-14

台本付きチケットの彼がひと事に思えない

アラフィフおじさんだが台本付きチケット80枚の彼のnoteでの独白他人事に思えない。

はいわゆる「マジメ系クズ」「意識だけ高い系クズ」と言われる属性人間だ。

彼と同じく承認欲求から不安で、35歳から会社の外のネットワークづくりにハマり、さまざまなコミュニティに出入りした。

人と会ってる俺すごい!人脈すごい!自己承認爆上がり!みたいな感じになった。麻薬だった。ワークショップ中毒になった。

やってる感しか無い事実に気がつかず、全能感が上がり、すごい(ような気がする)周囲の人たちに囲まれている中で「俺すごい!自己承認満たされた!」と感じるも、オフ会後に自分は何もしていない・できない・単なるワナビーモブキャラに過ぎないことを感じて落ち込んでいた。

彼とまったく同じだ。そして私と似たようなマジメ系クズ属性人達も、たくさんいた。みな一様に自己評価が低く、去勢を張る勇気もないので意識高い系のコミュニティに属して自分評価を高めよいともがいていたように思う。

そしてみんなコミュニティからいなくなった。というかマジメ系クズ属性人間自分でも周囲から場違いを感じとり自己消滅していった。コミュニティジプシーになった挙句お金法則にも引きづられそうになった(入口で立ち止まって引き返したが)

私はどのコミュニティにも居続けることができずひとり孤独になった。

意識高い系クズとして挫折して、挫折し続けて約10年が経った。友人はいない。やりたいことも見つからない。いかなるコミュニティにも属していない。

仕事をなんとか誤魔化してやり過ごして、ご飯を食べてネット見て寝る。10年前の私でじゃは考えられない意識の低い生活

アラフィフでコレだ。取り返しのつかないところに来てしまった。その一方で無理しない自分に心地良さを感じることもある。

マジメ系クズというと酷いゴミクソ人間のように思えるが、マジメ系クズだと思わなければ、普通生活ではないか

身の丈や置かれている環境に沿ってひっそりと生きるのも、否定肯定もしなければ、生きてはいける。比較競争承認欲求から距離を置ければ、目をつむって生きることはできる。

そんな姿勢で、生きている意味はあるのか?その問いには、答えられそうもない。

だけどこんな人いっぱいいるんじゃないか?彼のことを笑えないんじゃないか?少なくとも私は人ごとに思えない。

2021-01-11

anond:20210111101225

書店にそれほどかよっているわけではないが、発行部数(見かける回数・量)は おけけパワー中島の方が多かったようだ。

おけけパワー中島の方がバズり方大きかったからか。

多くの共通点のある二作品だが、共通点と違いを挙げてみたい。

作者

・おけけパワー中島真田) 同人界より  姫騎士山本) ネットメディアでまんが連載あり

被造物

・おけけパワー中島は「二次創作小説」 姫騎士は「まんが(二次創作ではない)」

主題

・おけけパワー中島創作の意欲、技術 姫騎士人間関係こちらの方が少女漫画青年漫画文法の中心から外れていない)

舞台SNS同人誌即売会

・おけけパワー中島ではSNS重要   姫騎士ではSNSのウェイトは軽く、直接対面(大学特にサークル棟)が主たる展開の場

舞台原画

・おけけパワー中島では衝撃を受けるきっかけの場  姫騎士ではデートの場

舞台ー自室

・おけけパワー中島では創作の場  姫騎士では創作生活の場

主たる劇中の最優秀創作

・おけけパワー中島では(綾城)同人界にとどまっている 姫騎士ではネットで連載を始める

最優秀創作者に対する副主人公

・おけけパワー中島 被創造物に対する感謝から、それを創造したことに対する尊敬嫉妬  姫騎士 劣等感

主人公に対する最優秀創作者の態度

・おけけパワー中島 綾城はいい人だが(なんせ神だ)基本的に塩(上下感アリ)   姫騎士 同志、尊敬リスペクト上下感なし)

登場人物性別

・おけけパワー中島 男性はいない 姫騎士 男性も多い

登場人物ー副主人公以外の準モブキャラー数

・おけけパワー中島 少ない  姫騎士 多い

成長ー創作力・創作技術の上達

・おけけパワー中島 主題努力!) 姫騎士 バックグラウンドで進行、特に言及なし

成長ー生きづらさから解放

・おけけパワー中島 二次創作物の摂取・自らの創作を通じて  

 姫騎士 群像劇なのでさまざま(主人公ファッション・オシャレからまり、副主人公ダメ男との決別、男性キャラ就職などのエピソードアリ)

2021-01-05

反出生主義と、逃げ恥と、パラサイト

数日前に、はてブで反出生主義について書かれた記事話題になっていた(有料部分は読んでいないが)。

人間が生まれることは本当に良いことなのだろうか。昔からよく考える。むしろ、何一つ自分の思い通りにならなかった昔の方がよく考えていたかもしれない。

小学校低学年の頃、週刊ストーリーランドという番組があって(この番組は途中で打ち切りなっちゃったみたいなので、年齢がバレてしまうが)、読者からストーリーを募ってアニメ化するという趣旨のもので、私はとても面白いと思って観ていた。

占い師のおばあさんの超怖い話など、インパクトがあるものが多かったので記憶に残っている人も多いのではないだろうか。

この番組で私が特に印象に残っているのは、神様世界中の人に同時に語りかけ、願い事を叶えてあげる、ただし叶えるのは1番願った人が多いもの1つだけね、と告げることから始まるお話だ。願いは1つだけだから多数決でどんな願いにするか決め、皆でそれを願おうということになった。当然もめにもめまくるし暴動が起きるしで大変だったが、なんとか最後は心を一つにしてお願い事をしてハッピーエンド。と思いきや、実は神様世界中の「人」ではなく「生き物」に語りかけていて(人間自分たちだけに語りかけられていると思っていた)、人間以外の動物たちの共通の願いはただ1つだったので、世界中から人間だけいなくなったというオチだった。

コロナウイルス蔓延っぷりを見ていると、鬱々としつつも、ずっと昔に流行したスペイン風邪とかペスト時代の人々の心境と今きっとシンクロしているんだなぁと妙に感慨深くなったり、自分パニック映画モブキャラであるような気持ちになったりする。そして、イッヌとかネッコにも感染るようではあるが、死にまくっているのは人間ばかりのようなので、上記週刊ストーリーランド人類粛清お話を思い出したりした。

韓国出生率は1を切ったという。

日本ちょっと前に人気を博した韓国インフルエンサーのホン・ヨンギさんという女性がいる。彼女は、中3くらいかモデルとして活動を始め、高校生から服のECサイト経営してめちゃくちゃに稼いだ。一見すると、ファッション好きな可愛くて商才のある女の子サクセスストーリーだ。しかし実は、これまでの活動彼女のお父さんの借金(約3億円)を返すために始めたことだった。返しても返しても利息分にしかならない。彼女自分出産育児のために借金の返済が滞ったときがあり、子供の100日祝いの場に取り立てが押しかけてきたという(多分闇金だと思う)。その後も取り立ては続いた。これまで長きにわたって実家と新しい家族の2家族分を彼女が支えてきたが、もう精神的に限界で、肩の荷をおろしたいとインスタに綴っていたという。

彼女子供の頃本当に貧乏だったらしい。サイズの合っていない靴を履き、中学校入学しても小1の時のカバンを使うしかなかった。家庭の事情でなんども引っ越すのが嫌だった。それが、モデル仕事を始めて注目されるようになって、サイズの合う靴を履けるようになるかと思うと嬉しかったらしい。

こういうクズな親の話はよく耳にするので、その度に、やはり産まれることが良いとは手放しに思えなくなる。

私は、どんな子も、色々あったとしても、数年単位積分した場合になんとかプラスになるような人生であってほしいと心から思う。でも、この社会ではそれは難しい。恵まれた者とそうでない者の落差が大きすぎるのだ。上にいればいるほど、底に近い場所のことは暗くてよく見えない。底に近ければ近いほど、上の方は眩しくて、手を伸ばしても空を切るばかりだ。そんな社会で、子供を作ろうと思える人はどのくらいいるのだろうか。その結果が出生率の減少に現れているのではないか

落差について考えたとき映画パラサイト」のことが頭に浮かぶ。とても緻密で素晴らしい映画だったが、かなりショッキングな重苦しいテーマを扱った作品であることから、数日間は精神的に浮上できなかった。

映画最後の方で、半地下のお父さんが咄嗟にしてしまった行動の理由が、私にはわかった。人間としての尊厳を粉々に破壊されて、でも破壊した相手自分を「同じ」人間だとは(一切の悪意なく)思っていなくて、それがわかっていてもどうしようもなくてああするしかなかったのだと思った。

映画を観た後に、一緒に観に行った知人と感想を言い合っているとき彼女が「あ、それそういう意味だったんだ!」と驚いていた。彼女は、地方都市出身だけど私と違って都心部に近いところで一人っ子として溺愛されて育ち、色々な習い事をして東京のそこそこ偏差値の高い私立大学を出た人だ。映画も本も音楽も好きで教養がある人だ。そのような人が、あのシーンの意味がわからなかったというのは結構衝撃的で、というのは多分だけど解釈不足ではなく想像が及ばなかったからだと思うからだ。そんな風に惨めな思いをしたことがないから。

私の一人暮らしの家にはテレビがなく、「逃げるは恥だが役に立つ」の新春スペシャルTVerで観た。けど、途中で観るのをやめてしまった。前回のドラマも途中で観るのをやめて、その時は二人の恋愛模様何だか気持ち悪くなってしまったという理由だったが、今回は、現実社会問題をこれでもかとふんだんに詰め込んでおきながら、登場人物の設定は全部ファンタジーというちぐはぐさがあり、何だこれは?となってしまたからだ。ツイッターでは、恵まれた人の恵まれ物語、「持てる人」しか出てこない、などの声がある一方で、感動した!すごく良かった!という声もあった。

学生時代研究者の人が昨今の就職難について嘆いていて、公募受ける時だけ女になりたいなと冗談めかして言っていた。最初、言っている意味がわからなかったのでどうしてか聞いたら、女性枠があるからだという。私はふいに怒りを覚えたが、ぐっと堪えた。

結局のところ、皆自分より下の階層については鈍感であるか、鈍感であろうとしているのだろう。私がパラサイトを観てショックを受けたのも、いつも自分が一番不幸だと思っていたのに、自分より下の見えなかった分断を突きつけられたからだと思う。アフリカの恵まれない子供達、肋骨が浮き出てお腹が膨れて上半身裸の彼らのことを知っているのに、普段は頭の片隅に追いやって考えないようにしている。私たち全員が、今より高いところとの間にある分断を見ていて、眩しくてつらい気持ちになるのに精一杯でいる。人生は不幸なことばかりで、自分より恵まれている人を憎んでいるのだ。その一方で、自分より下の分断も見たくない。

こんな気持ちを抱えてずっと生きていくのはつらい。

人生はそういうものだと言うのなら、どうしたらいいかもうわからない。

2020-12-17

anond:20201217215815

それな。

見る側はVなんて所詮人生モブキャラしかないんだから過去を知っても無駄

V側も人間アピールしないでその次元というか世界観に止まってくれとは思う。

2020-12-15

anond:20201215163822

モブキャラじゃない増田っている?

ブクマカならともかく個体認識されてる増田なんていないと思うけど…

2020-11-09

デモンゲイズ2のストーリー気持ち悪すぎる

オープニングでモブキャラ溶鉱炉に放り込んで惨殺した幼女が何の屈託もなく即仲間になる

それも最初の仲間として

御三家ピカチュウに相当する存在として

主人公が属する革命軍とやらのメンバーも無邪気に喜んでいる

この展開考えたやつサイコパスか?

使役される使い魔だとしても「こんな危ないやつを制御できるのか?」とか葛藤があってしかるべきだろ

かわいいは正義とか本気で思ってるんだろうな

日本ライターってマジでおかし

今に始まったことじゃなくてかなり昔のマナケミアというJRPGも倫理観破綻していたが

あとこの幼女、変身するとゲロキモイグラフィックになる

主に目が

2020-11-04

プリキュア映画感想無駄に長い)

映画プリキュアミラクルリープ〜みんなとの不思議な一日

見てきた。

テレビでは初代〜フレッシュゴーゴーあたりまでしかちゃんと見てなくて、今回の映画ミリしら…までは行かないけどペギたんというのがいるくらいしか知識なく行った。

なんかもうね、はじめからじわじわ涙が滲みっぱなし。

小さい子供たちに「映画館では静かにしてね」を語りかけるキャラマスコットたち。子供たちはきっと「うん!わかった!」って意気込むんだろうな。鬼滅の影響か、プリキュアスクリーンは客がそれ程いなくて、自席からは親ごさんたちの背中しか見えなかったけど。

子供たちの反応を想像するだけで涙ぐみそうになるし、もっと小さい子のぐずる声もまた良い。親御さんは周りに気を使って困ってるだろうな、と思いを馳せる。

映画館ではスマホを切っていたから、あやふや記憶しか書けないのが残念だ。実況したいくらい楽しかった。

まずはペギたんかわいい

の子ちょっと真面目なのかな?そして桜の描写がきれい。これ春に公開する予定だったやつ?

恒例の、応援グッズもちゃんと出てきた。今回は声を出しちゃダメで、「心の中で応援してね」と最初のお願いのときに言われてた。あ〜でもきっとクライマックス応援したくなるよねえ〜!でも心の中で!

              

プリキュアのオープニングソングも良い。声ものびやかで強く、曲は転調とかやや技巧的で歌い甲斐がありそう。サビに入るところでカタルシスがある。

              

映画で知ったけど、今のプリキュアって舞台地方都市なんだね。信州とかあたり?の観光地の隣の町くらいの雰囲気?ですごくよい…。そうだよねえ、プリキュア見てる子供日本全国にいるんだから舞台東京都下のおしゃれ住宅街みたいなところばかりじゃなくていいよね。もしかしてしっかり所在地の設定あったりする?聖地巡りを想定してるとか?(調べてない)

              

そして、今回の映画過去プリキュア総出演じゃなくてスタートインクプリキュアHUGっとプリキュアが出てくるのね。スタートインクルの、TOKYO MXのゆめらいおんみたいなスカートの子がいる〜!と嬉しくなった。キラやば〜〜!

              

ゲストキャラミラクルン、クックルンみたいな名前やな…みらいが来るからミラクルンなのね。

基本ミラ〜しか喋らないけど要所要所で話が通じるように少し喋る。ぬいぐるみサイズのペギたんたちと並ぶとさらお人形さんサイズで縮尺あってるか不安になるけど、主人公のどかちゃんの手のひらサイズらしいので合ってるっぽい。主人公名前映画でしったよ!

              

モブキャラが合体して襲ってくるの、妙な既視感あるな〜、アレだ、あの形は使徒っぽい。てか、エヴァ以降ああいオブジェ的造形の敵って割と一般化してるんです?それとも親世代に訴求するべくあの形なんですかね?

プリキュアたちそれぞれの変身バンクも堪能しました。いいねぇ、各キャラを区切る枠にお花やら星やらが散って華やか!スタートインクルはセラムンかぶらないように名前を良く考えたんだろうねえ。キュアソレイユが好きです!

戦ってる時にHUGっとの男の人(よく知らない)どっか行っちゃうというか元からいなかったような扱いなのはチトもやるな…。

              

ボスリフレイン、でかい!?……いや、そうでもなかった。目がいろんな色が入ってて、小さい子には怖いかも。今よく考えたら、あの目は時計だね。

リフレインのシーンに出てくる時計機械重厚でかっこよい!

(以降、ネタバレするかも。)

              

リフレイン下半身ウエットスーツのような、魚河岸の胴付き長靴のような…肉厚で防水性ありそうな。中身の質量感はあるのに、そこに生身の人間身体は感じられない。どっかで見たことある。腰つきがベルク・カッツェみたいだ。中性的ではないけど。でも人間ではない感は目もそうだし足がずっと爪先立ちなのとかでもわかる。あ!あの爪先立ち、あれも時計の針じゃんね?!今気がついた。

              

のどかは何回か土曜日を繰り返し、毎回ちょっとずつ変化する。繰り返してることに気づきパンを焦がさなくなり、水たまりにハマるのが片足だけになる。ついには巻き込まれではなくて自分意思で最終決戦に臨む回にはパパの見た映画名前ママ同窓会に行くのもわかるし、交通事故は未然に防ぐしサブミッションオールクリアだ。ゲームで習熟してくみたいに。

それは繰り返しだけど繰り返しじゃない。ちょっとずつ前に進んでいるんだ。

              

SF的には〜〜あ〜〜う〜〜、ほかの2チームのプリキュアたちの記憶は……、繰り返しで分岐ごと消滅するのはそこまでの人格の死では?特にこれから時間が戻るよ!私達は忘れちゃうけどまた一緒に戦おう、みたいなシーンは、えぇそれでいいの?その意識消滅ちゃうけど大丈夫?!と思っちゃったけどまあそれ言い出すと収拾がつかないので棚上げする。

              

何も知らない3回目くらいのスタプリ・ハグプリたちに事情説明するとすんなり受け入れるのもまあそうだよね。黄色い子の説明メタっぽくて笑った。「あなた達がプリキュアだって知ってるし何なら私もプリキュアだし〜!」みたいな。

              

そして明らかになるリフレイン目的動機ちょっと泣けるのは個人的に似たような思い出があるからだな…

今、少子化からそういう親御さんも多いんじゃなかろうか。

リフレイン動機は迫る破壊から自己保身というより郷愁にしがみつき幸福過去に留まりたい成長拒否と思えるが、確かに日々すくすくと成長する小さな子供たちとその親御さんにとっては、あってはならないのぞみだろう。

けど、リフレインて「過去精霊」とか言ってませんでしたっけ?!仕方なくね?そもそもそういう存在なんじゃ…と少し思ったり。

              

でもまあ、プリキュアたちは皆の応援もあり、だって私達はプリキュアから!って一瞬初代から総出演ピラミッドもあってリフレインを倒し、お大事に…ってキメて、大団円

ここで同窓会に出てたママ登場して、小学生ママたちの幻影と穏やかな微笑みのリフレインミラクルン。このシーン、リフレインは口元だけなんだけど、それがよかった。うまく言語化できないけど。

              

同窓会ママたち(ママ同窓生がでてくるわけじゃないけど)視点二次創作をすごく書きたくなった!

どんなに過去幸せでも、一歩を踏み出したから今がありのどかちゃんがいるんですよ、てな話が書きたくなるね〜。

              

そしてエンディング。踊る踊る。みんなで踊る。楽しい。泣ける。

結局何が泣けるのか全然説明できなかったけど、いちいち「おお!」「よい!」と心の中でつぶやきながらうるうるし続けていた。

              

しかったです。

2020-11-03

anond:20201103212552

女さん、モブキャラでも誰も聞いてない自分語りをし始める厚かましさ凄いと思う

2020-10-21

anond:20201021024623

感動してくれっつーか・・・ワンピなんか1巻でモブキャラが急に叫び泣きするからね。

読者的にはキョトンとする他ない。

あんなんで泣ける奴いんのかな。

2020-10-13

OculusQUESTのfacebookアカウントバンデマだよという話

デマ情報が即座に拡散される世の中になったにも関わらず未だなおデマ情報に踊らせれるアホ

facebookとりあえず開いてみろよ登録してみろよ

お前らの何%垢バンされるだろうな

多分0だろう

実際俺は初めて作って一週間ほど経つが垢バンはされてない

snsで調べても実際に垢バンされてそうなやつなんて数人いるかどうかで後はわーfacebookバンされるんだってーこわーとか噂話扱いしてるやつが大半だ

お前らいつになったら学ぶんだいつまで使えないモブキャラやってるつもりだ

2020-10-06

anond:20201006151222

非モテの男女差について補足したくなったので追加で書いてみる。

ネット以前、コロナ以前の状況であれば、

容姿呪いのように逃げられない存在だったし攻撃的な人と遭遇する可能性も高かったけど

今はそうじゃないんだ。

ネット趣味の合う優しい人たちだけと交流することもできるし

リアルに外出するときマスクをかけていればいきなり容姿ディスるはいない。

非モテ女性を取り巻く環境は大きく変わった。過去の嫌な思いは同情するけど今は状況が違ってきている。

その上で、女性趣味の合う異性と交流し続けていれば交際にいたることもある。

めちゃくちゃ気が合う人なら容姿は乗り越えることもできる。

男性はそうじゃないんだ。趣味の合う異性と交流し続けていても何も起きない。

成功確率ゼロに近いとわかりつつ自分から一歩踏み出してアプローチしなくてはならない。

精一杯紳士的にアプローチしてもセクハラだのぬいぐるみペニスだの言われることもある。

好意を持った相手を嫌な気持ちにさせる可能性の高い、相手からは加害と感じられるかもしれないことを

しなくてはいけないつらさは女性にはわからないと思う。

しかも誠実さを押し殺して恋愛工学実践した方が成功率が高いというストレス

見境なくあれこれモテたいわけではなく、ただ一人好きな人と良い関係になりたいだけなのに

多くの女性アプローチしなくては成功の目もない苦痛

自分に正直に誠実なモブキャラとして一生過ごすか、自分相手に不誠実になって成功確率を上げるか

いずれにしてもつらみしかない。

2020-10-01

夫の選ぶコンテンツがつらい

特にアニメ

なんかモブキャラ主人公戦略能力いかにすごいか説明をしてくれるやつ。

食戟のソーマ

盾の勇者なりあがり

魔王学院の不適合者

とか。

観ていて気持ちいいやつがすきなんだろう。

スカッとするような。

しかし、リビングでそれらをずっと観られても、こちらはまったく楽しめない。

何をみようが個人自由なのだが、共有スペースの使い方の問題なのかな。

一緒に楽しめるコンテンツ、ないだろうか。

私が最近見たアニメ面白いなー!と思ったのはID:INVADEDなんだけど、勧めたがあまり好きではないようだ。

あと、私が好きなHBOドラマとかは好きでないようだ。

夫の選ぶコンテンツがつらい

特にアニメ

なんかモブキャラ主人公戦略能力いかにすごいか説明をしてくれるやつ。

食戟のソーマ

盾の勇者なりあがり

魔王学院の不適合者

とか。

観ていて気持ちいいやつがすきなんだろう。

スカッとするような。

しかし、リビングでそれらをずっと観られても、こちらはまったく楽しめない。

何をみようが個人自由なのだが、共有スペースの使い方の問題なのかな。

一緒に楽しめるコンテンツ、ないだろうか。

私が最近見たアニメ面白いなー!と思ったのはID:INVADEDなんだけど、勧めたがあまり好きではないようだ。

あと、私が好きなHBOドラマとかは好きでないようだ。

2020-09-13

お前らがLGBTやら言い出すから

ホモ二次で女モブキャラと絡ましにくいんだが

そんなあっちこっちにいるもんか?

いないだろ?

確率的には女モブ当て馬別にいいだろが

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん