「思考実験」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 思考実験とは

2017-09-17

思考実験なんだけど、レイシスト国家警察逮捕して私財没収の上処刑し、それを原資としてヘイトクライム被害者の救済に充てる政策を打ち出す政党があるとしたらみんな支持する?

2017-09-10

恋人結婚相手以外の人と性欲を解消するを禁止するのは不合理な気がする。

と、ふと思ったのだけれどどうだろうか。

子どもをつくって育てるのに、安定した関係必要から、それを守る必要があるのはわかる。

ただ、それは避妊をした上で、それでも妊娠するリスクを取れる状態関係を持ったり、風俗オーラセックスをしたりするのを禁じる理由にはならない気がする。

性病心配するというのもわかる。

ただ、恋人結婚相手以外との性的関係が後ろめたいものと思われていることが、性病の発覚や通院のハードルを上げている面もあると思うので、誰と性的関係を持ったかはっきりしていた方が、致命的な性病危険は少ない気がする。

それ以外の理由があるとしたら、「嫉妬」だろうか。

でも、相手を独占したいという嫉妬心は、性的関係を結ぶ相手制限されているという文化的な背景からまれている面が大きく、そうでない文化なら、今の一夫一婦制日本で感じるような強い嫉妬はなくなるように思う。(一夫多妻制でも嫉妬は生じるので、なくなるとは言わない)


性欲は自然欲求で、それを認めて恋人結婚相手以外との性的関係を、合理的範囲で認めるような社会思考実験としては存在するように思うがどうだろうか。

2017-09-06

ビシッと書くわ

被験者は誰?

人間システム管理者AIの全員。つまり地球にいる(ある)存在

観察者は誰?

人間システム管理者AIの全員。つまり地球にいる(ある)存在


どれかが失われたら全部崩れる気がする。

なにか失うとかありえない。有意義思考実験

2017-08-31

「前提を相手に共有しきれない」対策

https://anond.hatelabo.jp/20170829143814

元増田だが

 

条件の共有が難しい、共有できない相手が確かに一定数居る、となった時にどう対応を取ればいいか考えたい

 

政治家が顕著だけど、パブリックな場で特定条件(前提)の話は避けられるなら避けるべきなのだと思う

前提がうまく伝わらなかった場合や、仮定破壊された場合簡単炎上する

これは最近だと、登山遭難した人のブログを見ていて思った

本人としてはあくまで前提や前置きをしているつもりで激しい主張をするんだけど

そもそも相手に伝わらないし、伝わらなかったために炎上してしま

前提を用いない話というのは、事実ベースの話しかしないということだ

「〜の場合」「例えば」「仮に」「あくまで」「もし」などを使わない

一階述語論理を使わず命題論理だけ使う感じ

(例えば麻生さんは前提・仮定大好きなタイプでよく炎上してるが、安倍総理は極力事実ベースのことしか言わないタイプであまり燃えてない。意識的にやってる?)

 

前提を置くとしても「前提を外された時にどう思われるか」を意識しないといけない

最近見た記事では

男女共同参画社会のため「男性も働かず主夫をやる選択肢もっとあっていい」というような主張に

家事仕事もしない男性がいっぱいいる」というような反論(?)があった

主張者はもちろん「主夫家事をやる」という前提を持っていたつもりだったのだが

前提を外されて「家事仕事もしないなんてとんでもない」と言われてしまった

前提を主張しすぎると注釈だらけの契約書みたいになってしまうが

相手感情論にさせない工夫をしないと、自分の主張が正しく伝わらない可能性がある

 

もし前提まみれの複雑な話をするなら、密室で、話の通じる相手だけとするしかない

前提や思考実験本来物事科学的に検証するなら大事作業だ。そうじゃないと本質が捉えられない

でも話の対象が複雑な場合、前提を揃えるというのはしんどい作業

信用できる相手でさえ、認識齟齬や前提確認で語調が強くなることは多い

 

ちなみに「前提まみれの複雑な話」は例えば

法律の話

人間関係の話

システムの話

サービスの話

科学の話

組織の話

仕事の話

政治の話

など

 

これは実は不都合な真実だと思ってる

「みんなで議論」「みんなで決める」「みんなの意見」というのが素晴らしいとされる世の中において

しかいちばん大事な話をするときにはシャットダウンしなければならない

みんなで決めようとすると決まらないし議論にならない

(以前居た会社はそれで潰れた。死ぬほど優秀な人達が皆で決めようとしたが破綻した)

 

ところで、じゃあ公開討論会みたいなのはどうすればいいんだろう??

どう取り繕っても何割かの聴講者には誤解を与えていると思う

例えばテレ朝の「朝まで生テレビ!」では「前提まみれの複雑な話を前提を揃えずに進めている状態」が延々続いているので

見た人はほとんどの出演者に良い印象を受けないのではないだろうか

それともああいうのは「伝わる人にだけ伝わればいい」という、開き直り対策なのだろうか

 

翻って、自分相手の前提を取り違えているケースにも注意しなければならない

特にその人が激しい意見を言っているなと感じた時や、自分感情的になりかけている時

そういう時はまず相手がどういう意図で言ったか考える癖をつけたい

(考えても「あーわかんね何こいつ」ってなること多いけど)

2017-08-24

自分意味がわからないのが辛いという人がいるけれど

ときどき、自分の生まれてきた意味がわからないのが辛いという人がいる。

きっとその人はその人なりに辛いんだろう。けれども、その方が幸せなんじゃないのかな?と思う。だって自分自分意味をこれから選べるのだから

単なる思考実験として聞いてもらいたいんだけど、例えば、兄が障害者だという人がいたとする。その人自身は健常者。

そして親からはっきりと、「お兄ちゃんをよろしくね」と言われる人生

こっちの方がよっぽどきついと思う。

その人が生まれてきた意味ははっきりしている。兄の面倒を見るために生まれてきた。

でもそれって……、ってすごく悩むと思う。

2017-08-12

架空の「思い出」を買うか

思考実験です

あなたお金を出すことで、あなたが実際には体験していない過去記憶を買うことができます

内容は基本的にはなんでもいいのですが、過去に誰一人やっていないことは買えません

例えば甲子園優勝投手の思い出は買えますが、時速180キロボールを投げた記憶は買えません

月面着陸した記憶は買えますが、土星に着陸した記憶は買えません

(どちらも現時点で)

下条件等

・思い出は人から買い取るのではなく、ただ自分が手に入れるだけです

もしプロ野球二刀流した記憶を買っても大谷翔平存在がなくなることはありません

・買い取った場合自分が思い出を買い取ったという記憶は無くなります

まりあなたは本気でその思い出を信じることになります

事実が変わることはありませんが、あなたがその齟齬に気が付くことはありません

例えば65代横綱だったという思い出を買いました

テレビ横綱一覧が映った時、他の人には65代貴乃花と買いてありますが、あなたには自分名前が見えています

・周りの人と話が噛み合わなくなるかもしれませんが、不思議な力で誰も違和感を感じません

さて、あなたは思い出を買いますか?

いくらまで出しますか?

2017-07-28

長生きすることの功罪

誤解を恐れずに思ったことを書こう。

日本長生きする人が増え、老人が増えたことが、今の日本の閉塞感、経済の低成長につながっているのではないか

・彼らは生産しない、消費するだけ

公的財政支出だけ増える。

企業長居して変化を好まない ※役員社長は定年関係せず80,90歳の人間が居続けることもある

会社に変化が起きない=今までの古い慣習が継続される

※同じことが家の中でも言えるかも。

・老人人口が増えると民主主義では彼らの声が大きくなる

若者のための改革、成長のために変化が伴う改革、ができなくなる

資産がずっと老人が蓄えることになり、預金残高だけが増える

経済が回らない

・歳をとればとるほど、新しいことにチャレンジしなくなり、変化に対応できなくなる。

社会経済も、老人に対応して変化が少なくなる。

例:未だに現金使用する割合が減らないことなど。

絶対できないことだが、思考実験として、強制的に老人が少なくなるような施策をすれば今の世の中は変わると思う。

※もちろん日本の閉塞感の理由には、老人が増えたこと以外に、労働力流動性が低いことなど、他の理由ももちろんあるとは認識している。

https://anond.hatelabo.jp/20170728105739

別に底辺男性しか付き合うなとかまでは思わないけど

ハイスぺ女だからハイスぺ男としか付き合いませんというレベルまで行動が振り切れてしまっていると

言説の普遍性は疑わしくなるんじゃないですか(ハイスぺ女の自己満足以上の何か足りえない)

あなたが仮に底辺女として生まれていたら底辺男を支えて一緒に暮らそうと思うんですか?という

言説の普遍性を支えるための立場可換性の思考実験をした場合にまるで説得力がなくなってしま

2017-07-18

実話形式から釣られてしまいましたという頭の悪いムーブ

こういうことがあったとしたらどう考える?という思考実験と同列に考えるのは無理だと思うよ

論じるべきトピックが実話形式であるかないかによって決定されているという構造から抜けられないのは頭が悪いしか言いようがないです

2017-07-12

https://anond.hatelabo.jp/20170712125739

媒体新聞が持つ、一覧性という役割が歪められている気がするんだ

毎年同じ時期に地域話題掲載数が減っていることに危惧を感じる

正直、甲子園AKB総選挙と似たようなもの

一部の人たちで盛り上がってるだけだと思うんだけど、

報道されていない記事重要性を訴えようにも、報道されていない以上は思考実験しかならないのか

思考実験1(思ったことを書いてみた)

顧客の求めるものは何かに寄り添えた人』

先日youtube動画を見た、モンスト動画である

パズドラ攻略動画を見るのでyoutube動画を見ることが多い。

https://www.youtube.com/watch?v=LgvvL6FXZL8

ここで感じたことについて

会場のS嶋氏への感情暖かいものだった。引退を惜しまれて、仲間同士でも感謝を述べあっていた。

しかしマッ○スむらい氏が出てきてた瞬間会場が押し黙ったのである

その瞬間を私は見てこれを流行っているお前じゃない感と感じたのである

観客の反応のドライさに自分もこういう扱いを受けたらどうしようとかなり引いたのである

確かに、マッ○スむらい氏は自分をこういう人間であると語ることが多い。ビックダディの俺はこういう人間だのように。

その語りがいいとき英雄譚のようにもっと聞きたくなり、悪いときは話を聞かない人間のように感じるのではないかとも思う。

自分立場としてはマッ○ス村井氏は好きである。(最近変なコメント視聴者に返しても笑)

長年見てきたのは抜きにしても、パズドラでの芸みたいなたまに出る奇跡みたいな攻略面白かった。

これと似たようなことがあって、昔、湘南で見たライブ前座カラテカ矢部太郎にひげが生えたようなラッパーが出てきたことがある。

ライブを見る前にそのガリガリでハゲて悲哀のある風貌に思わず「かっこいいラップが見た目で入ってこないから何か食べて」と心の中でツッコミを入れてしまった。

「おれはこうで、やるぜ金儲け!ついてきな、皆 put hand up!」(のようなないようであったと思う笑)

全然入ってこないんじゃーーーーー!と思った。

この時は観客の立場だった。

あらためてマッ○ス村井氏を自分なりに整理してみたい

・良い点 一生懸命プレイするスタイル友達のようなフランクな人柄

・悪い点 スパッと判断できない、社員がトリマキみたいになってしまった


アンチレアフィルム動画でちょこちょこ宣伝するより、子供たちが求めているものシビアに見極めないといけないんだろうなー

マッ○ス村井氏を応援しつつ、顧客は神ではないが顧客の求めるものは何かに寄り添えた人に明日はあると思っている。

2017-07-05

あくまでも思考実験です

Aさん「そもそもエロ自体が悪であり、エロいことは子どもに見せないだけじゃなく社会から無くしていくべきである

Bさん「そうは言うが、お前だってそのエロいことの結果として産まれたんだろうが」

Aさん「いえ、私は性行為などという穢らわしい行為で産まれたのではありません。私の両親は性行為のものを悪であると考えて最初から体外受精子どもを作ると夫婦双方で合意し、その結果産まれたのが私です」

↑こういうことを言い出す人が出てきた時、貴方はどう答えますか?

2017-06-29

https://anond.hatelabo.jp/20170629095930

うーむ、難しい。

 

スタートレックSFとしてはかなり変則的からな。

スターウォーズみたいな舞台宇宙で銃の代わりにレーザー銃が使われてるだけのスペオペSFと呼ぶことに躊躇が無いなら「SF映像作品の原点にして頂点」でいいんだけど。

 

基本的スタートレック世界観陳腐SFではない。

しかスタートレックスペオペっぽいSFとは呼びたくない舞台設定の上で、SFらしい議題を扱った素晴らしいエピソードがいくつも作られてきた作品でもあるんだよ。

人間とは違った姿形をしただけのXX星人を出すだけではなく、彼らの生態が人間のそれと違うことで普通な思考実験しか出てこないような問答を実際の問題として描いてみせるとか、そういうやつ。

権利」を謳う人間はなぜあそこまで意地汚く見えてしまうのか

今回ここで、「権利概念が放ってしま暴力性の起源について一人考えてみる

人権」の普及 ーアメリカ独立宣言



1週間もすれば3億人近いトンチンカンたちがまた祝うことになる、近代社会の幕開け=アメリカ独立宣言に遡ってみよう。250年くらい前のことだ。後にアメリカ人と呼ばれる極西の田舎者黒人奴隷を足置きにしながらヨーロッパ政治哲学を読みふけっていた。そして、英国議会に「植民地のくせに生意気だぞ」と言われてしまったあの時、彼らのイギリスコンプは爆発し独立宣言してしまう。この独立戦争とその後の歴史で彼らは「国家」を生み出しその中で「所有権」というもの不可侵性を「人権」として僭称したのだった。それまでもこの考え方は常にヤバい匂いを発してきたが「独立宣言」こそが全人類脳みそ侵入し始めるウイルスになった。彼らはこう言う。「君たち、実はな、人間は生まれながらにして権利というものを持っていたのだよ」「君たち、これは自明の真理だよ」。誠に蒙が開かれるようである。実際に驚くほどたくさんの人が啓蒙されることになる。

ところで、ここで彼らが行なった欺瞞としてまずよく言われるのは足置きにしている「黒人奴隷」についてである。つまり黒人奴隷人間の方にではなく所有物propertyの方に組み込まれしまったことである。ところが、今回に限ってはそこは重要ではないと私は言いたいのだ。というよりも黒人奴隷境遇があまりに深刻な問題であるから真の問題が後景化し見えなくなってしまっている。この深刻な問題をみたとき、我々、権利至上主義者の常識的感覚からいって、100年後、200年後に黒人へ与えられたように、人間権利、あるいは公民権解決すべき(解決した)問題だと思わされてしまう。

でもこれは糞の上に城を立てただけなのだ私たちの暮らす城の中はクソの匂いが充満している。「権利」などという考え方が、奴隷制的な、暴力的支配への渇望に支えられている。私たちはクソがあるなと思ったら「あっクソだ」と言わねばならない。「あれ?この部屋なんか、うんこ匂いしない?」は常に言いづらいセリフではあるが。


 人権を「持つ」とは ー「所有」についての2つの感覚




まりどういうことか。権利を「持っている」、という発想自体にその欺瞞が現れている、と言いたいのだ。一般におそらくは「所有権を持つ」という表現すらあまり違和感をもたれないのである独立宣言の下敷きになったヴァージニアで行なわれた会議草案にもその矛盾を観れるかもしれない

That all men are by nature equally free and independent and have certain inherent rights, of which, when they enter into a state of society, they cannot, by any compact, deprive or divest their posterity; namely, the enjoyment of life and liberty, with the means of acquiring and possessing property, and pursuing and obtaining happiness and safety.

この2つ目の下線部は独立宣言では省かれるのだが「所有権を持つ」という循環した考え方を恐れたから、ではなく国家による税金徴収を困難にするという理由であった。

何が言いたいかといえば、奴隷武器砂糖三角貿易が成立して以降のヨーロッパ社会では、「権利」が「持つ」ものとして想定されねばならなかったのである。それは単純には、ある種の人々から「奪う」こと(あるいは「捨てる」こと)のできるものでなくてはならなかったからだ。つまり所有権」が守るベーシック価値は「権利概念誕生の後に、「どんな種類の権利を作ろうかなー」と考えられて作られたものではなく同時に発生しているのである。そしてそのことは隠れたのだ。独立宣言に「自明真実ではあるのだが我らは不可侵権利を持っているのだと信じる」としれっと書き込むことで。じゃあ所有の意味を含む「権利概念が発生した時に生まれていたものは何か。ここが今回の主張であるが、「支配欲求自体への承認」なのである社会の一員として我々は「ある種の激烈な支配の形」を基盤にすることで社会を成立させている。それは「所有権」だけでなく「権利全般の話である

propertyに対しては当然そうだろう。犬猫などは黒人同様に解放が進みつつあるが根本的に我々は自分の所有する物をどれだけ傷つけても良いのである対象物に対して欲求したことは特別禁止されない限り全てぶつけることを許されている。私は自分の持っている熊の人形の腹を切り裂いてもいいしそこにペニスを突っ込んでも良い。それが所有権意味するところである。ここで、人形はなんかかわいそうだし除外しようかというのもあまり意味がない。僕が言いたいのは、我々は所有権を「propertyに対して私が欲求することならなんでもしていい力」として想像していて、思考スタート地点にそれをおいていることだ。この認識はもう一つ重要感覚を孕んでいる。それは「私が支配するもの他者が介入することは許されない」ということだ。この二つの感覚両方が「権利全般に流れ込んだのだ。そして実は我々の想像する「自由」のコアイメージでもある。自由にはこの欲望支配感覚が流れている。


 奴隷(property)の反乱 ー「権利」と「自由」に関する妥協と「身体」ー



しかしながらこの「自由」の感覚は「自由」を求める奴隷たちの反乱により一つの現実的妥協を産んだ。支配者はかつての奴隷たちと約束したのだ。我々はもはや君たちを支配しない。その代わりに我々は自分の体を支配するのだと。そして君たちもそうするのだと。人間なら誰もが己の体を支配できることにしよう。我々は平等自由じゃないか。(現実として多くの旧黒人奴隷は扱いの悪い賃金労働者として己の体を「自由」に売買した。ほぼほぼ売るだけであったが。)


上記の経路は思考実験の一つでしかなく、実際は数百年前の「権利概念議論でも既に流れていただろう。しかし、ここで誕生したのは一風変わった、世界人間に対する理解である個人他者からの介入=他者との人間的繋がりを切断できる独立した存在だという信仰なのだ。なぜなら自分の体を自由支配他者はこれに関与できないのだから。(工場で死にかけながら働く黒人労働者だって自由」に辞められると考えることはできただろう。)「権利」や「自由」というもの概念自体にこれは染みついたのだ。


奴隷製の足置きで本を読む農園主の頭の中で作られた「近代国家権利自由」は、国家軍隊というとてつもない力に囲われながら、同じ発想の知的エリート再生産し、根本思想解体は迂回しながら様々なヴァリエーションを増やしてきた。その実践形は司法行政の場から常に吐き出され、我々パンピー脳みそにも影響を及ぼしてきた。


権利概念は、「権利」とは「持つ」ものだという支配欲求肯定に支えられている、というのが基本的な今回の主張である。これが己の身体観や対人間観に影響を及ぼしてきた。実際皆が全く違和感なく自分の持つ時間労働力社長さんに売り払っている。基盤にある発想はまさに「権利」は「持つ」ものから「捨てれる(売れる)」のである。あるいは私は他人権利を「買える」のである。なぜなら私はその「権利」を「持っている」のだから。(一応断っておくが、これによって生まれる成果を否定するものではない。「支配/排除欲望」を根幹にする原理が一度は平等性/対等性 になりながらも、次の段階で一人の人間があらゆる人の時間と行動の自由支配し皆がそれに納得していることに注目したいのだ。この一人の人間も様々な人の投資で買われていてもう少し複雑だろうけれど。)

 まとめ ー「意地汚い」理由



長々書いてるのに平板な話になってるだろうか。ここに資本の燃料をぶっ込めばいくらでも非人間的な方向に暴走できるのは想像にかたくないし、読んだことないけど共産主義とかポモとかもこういう認識の型への反発からスタートしてるのでしょ。現実非人道的支配を読み取った人たちの反発からまれ社会「権」などは対抗力として機能しただろう。ただそのことに対しても言えるのは「権利」「自由」の枠組みがそのまま利用されたということだ。近代国家という装置がこの世界にセットされた1776年の7月4日あの日から人類脳みそはハックされた。今もなお屋台骨として社会を支え続けている我らが人権万歳自由万歳国家万歳


いま苦しんでいるマイノリティも、「支配欲望」の匂い漂う「権利自由概念を使って「国家よ行動しろ」と闘争せねばならない。あるいは彼らがそうでない社会活動を試みていても(例えば、他者との網の目を強化したり、国家ではなくコミュニティや人々の意識を変えるために動いていたとしても)、そのように立ち上がる姿をメディアでみた我々は、そこにまた「権利自由闘争の型を読み取っていないだろうか。「障害者が、また支配欲望を前面に出してるのか。今度は何を要求するのか。」と。そして人間の、恥を知らない無意識は、何かを奪おうとしているマイノリティを見てこう訴えてくるのではないか。我々はこいつらを「支配」し「排除」しなければならない、我々の「権利」と「自由」のために。

飛行機予約時に障害者だけひと手間増えるのが問題なら

予約時に「私は車椅子を使いません」ボタンを画面に出して健常者に押させるというUI設計はどうだろう(という思考実験

正確には「私は今日現在車椅子その他を使っておらず、搭乗当日も特別サポート必要としない可能性がきわめて高いです」くらいが良いと思うけど

当日までに足を怪我するとかあるだろうし

2017-06-25

都民ファースト

都民ファーストって、そのスローガンの出元であるトランプ政権の主張からすると、都民でもないのに東京都から不正(本当に不正かどうかというより、そういう主張で)に利益を得ている都外の就労者(たとえば、埼玉千葉神奈川から都内会社通勤している人)を締め出すという政策を想起させるし、究極的にはそういう意味なんだろうけれど、そういう主張もでないし、「そういう考え方は危険だ」という指摘もでないのは、なんでなんだろうね?

思考実験してみると、近隣県から東京に出てくる人は、東京就労するだけではなく、東京で莫大な消費をしている。当然ながら、その消費は税の形で都の利益になるわけだ。だから、都外から就労者を締め出す政策(たとえば、都外から就労者には規制を加えるとか)は、もちろん、すごく馬鹿だとはおもう。馬鹿すぎて、批判さえも起きない。

でもだとすると、じゃあトランプはなんでそんな馬鹿スローガン勝利できたのか? って話になってしまう。

個人は「都民ファースト」ってスローガンは上のような意味危険だし、こんなものを喝采している人は危険思想だと思うんだけど、やすやす流通している今は、何なんだろうね。不思議だね。

2017-06-18

団塊の世代人口が減れば日本社会は良くなるんじゃないか

思考実験

団塊の世代と言われる戦後まれベビーブーマーが年休受給者になっている。

年金財政が逼迫するのは当然だ

その上、未だに働こうとしているか若者仕事が奪われる。

若者の下でキツイ危険汚い3k仕事団塊の世代がやってくれればよいが、それは3k仕事若者押し付けから若者ブラック企業しか働けない。団塊の世代が楽で給料が良い仕事についてしまっているから、若者負担ばかりかかってお金が回ってこない。

だいたい、団塊の世代社会人になった時は若者が一杯で年寄りは少なかったか仕事も遊びもキャッキャウフフだったろうが、増田社会人になった時は老獪な団塊の世代がひしめいていて若者ばかりに仕事押し付けジジイどもは楽をしていた。

団塊の世代学生運動とかで社会を混乱させたり日本社会害悪を撒き散らした。その上バブルシッカリ遊び狂って、その負債若者押し付ける。

現在日本社会に閉塞感が漂っているのは団塊の世代のせいだ。

じゃあ、どうするか。

単純に団塊の世代人口が減れば解決すると思うが減らす方法が分からないので、読者諸兄の知恵を聞かせて欲しい。

2017-06-09

女性パンツになぜ男は興奮するのか

少し思考実験してみた。

ググっただけでもちょこちょこ出てくるが、

http://wpb.shueisha.co.jp/2012/07/16/12669/

https://matome.naver.jp/odai/2137281426630812901

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13144498573

やはり布に興奮するのではなく、女性が恥じらうという動作に興奮するという説が真である可能性が濃厚な気も個人的にする。(私は男です。)

しかに、女性パンツを見られても恥じらわない場合、堂々としている場合はあまりそそられない。

女性が本当に恥ずかしいかどうかは我々男性には分からない。

内心恥ずかしくないものの、女性が嘘でも恥じらう動作をすると、本心区別が付かない場合はきっと興奮するのだと思う。

さて、

例えばパンツよりももっと上の階層、例えば冬のコートの中に着ている衣服(ただの服)をさらすのが恥ずかしい女性がいたとして、

脱ぐ/脱がされるときに恥じらう動作を伴う文化があるとする。

男はそれでも興奮するのだろうか。

2017-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20170608002116

グレッグ・イーガン短編「しあわせの理由」が同じようなテーマ面白いですよ。

人間が不随意脳内化学物質ホルモン等)によって感情思考を左右されるのであれば、純粋自由意思はありうるのかといった思考実験小説です。

2017-05-30

http://anond.hatelabo.jp/20170530135453

席数   10

回転数  2回/h(昼)、1回/h(夜)

客単価  900円(昼)、3,000円(夜)

稼働日数 24

稼働率  7割(昼)、3割(夜)

営業時間 11:30~13:30(2h)、19:00~24:00(5h)

■168万


原材料費 30%(50万)

人件費 50万(自身パート

場所代 15万

光熱費 10

返済  25万(借入金1,000~1,500万程度)

その他(備品消耗品広告費、採用費、他) 5万

■155万


場所代人件費ちょっとしんどい

※相当良い立地でないと、稼働率は維持できない可能性が高い、場所代が上がる

飲食店は一人で20h300日働くのがオススメ


稼働率や単価は場所料理次第


追記:

あ、思考実験から

実際違う可能性が高い

ああ、結構でかい廃棄ロスを忘れてる

2017-05-15

アリスと蔵六マンガを5巻まで読んで中国語の部屋って思考実験が出てきた

その直後、善人シボウデスプレイしてたらそっちでも出てきた

まりにもタイミングがよすぎて笑ってしまったw

でもたとえ方は前者のほうがよかった

後者説明めっちゃくどかった

2017-04-26

まあ命の価値が同じだと思うならここに投稿される文章でもいいから全部どんな主語になっても同じような感情を抱けるかどうか

自分思考実験してみるといいと思う

おやすみ

2017-04-20

黒人差別幼女レイプ

ちょっとした思考実験に付き合ってほしい。

ここに、2つのフィクション作品があるとする。

A: 白人黒人奴隷鞭打ち、様々な虐待を加えるシーンを克明に描いたサド作品

B: 大人幼女を犯し、様々な性的虐待を加えるシーンを克明に描いたエロ作品

Aのような作品出版されたら、おそらく世間から非難の声が浴びせられるだろう。私が出版社立場にあれば、出版許可しないのではないかと思う。

ところで、私はロリコンだ。Bのような漫画は実際にたくさん目にしてきた。犯されているのは実在幼女ではない。表現の自由だ。そういう主張を聞いたことがあるし、私自身もそう主張したことがある。

この二作品本質的な違いは何だろう。どちらの作品も、登場人物架空のものだ。Aには人種差別の要素があってBにはないかもしれないが、Bには性差別の要素があるだろう。

依然として私の感覚では、Aは出版するべきではなくBは出版されても良いとなっている。その感覚の大部分は、私がBのような作品を好んでいるからだとは思う。

しかし、本当にそれだけなのだろうか。

私がもしロリコンでなかったら、Bのような作品出版されるべきではないと判断するのだろうか。

もちろん、世間にはBのような作品規制するべきだと思っている人がいることは知っている。

私はそれに対しては異を唱えてきたし、おそらくこれからもそうするだろう。

しかし、そうするとAのような作品はどう捉えるべきだろうか。同じように、表現の自由の名のもと、規制されるべきでないとするのが正しいのだろうか。

そういう方針もなくはないと思う。しかし、それは黒人が長い年月で勝ち取ってきた差別されない権利を踏みにじっているようにも見えるのだ。

Aの作品から人種差別要素を取り除いたらどうなるだろうか?

それなら良い、と感覚では思う。ということは、人種差別要素がいけないのだろうか? 性差別要素は構わないのか? 虐待要素は?

世間の反感の大きさを予想しているのかもしれない。人種差別要素がある方がより反感は大きい気がする。

しかし、その反感の大きさを、私は想像見積もっているだけだ。「反感の大きさがこれくらいだから駄目」と示しているのではなく、「駄目だから反感の大きさはこれくらい」とバイアスをかけた想像をしている気がする。

やはり単なる好悪の問題で、私は嫌いなもの規制されても良いと思おうとしているのだろうか。

ならば、Aのような作品もBのような作品もなんら規制されることなく発表できる世の中が良いのだろうか。

残念ながら私は結論を出すことが出来なかった。

みんなどうやって線引きをしているんだ?

2017-04-07

国会議員の定数を増やすのはどうかな

共同体への帰属感の喪失共同体意識希薄

「国」としてのまとまりが弱くなることへの危機感

価値観統一への希求

ウヨク的/サヨクイデオロギーへの傾倒

にっちもさっちも

思考実験として。

町会・自治会レベル代表者からなる市議会構成

市議会代表者複数)による県議会構成

県議会代表複数)による国会構成国会議員の定数をふやす

イデオロギー代表者政党)による国政から所属地域代表者による国政へ

2017-04-06

http://anond.hatelabo.jp/20170405202730

時間というものを同軸上で進行する状況認識としてズレが生じたらという仮想でいくと原因の発生前に結果を移動させることができたとするとその変化の影響発生は原因の発生時点まで連続するということになるんだな

まり先祖自分が殺したとしたら自分の体が先祖を殺したという結果を受け取るまでその遡った時間を経過する必要があるんだな

自分が生まれてきたはずの時間もしくは遡りを決めた瞬間まで存在しつづけ時間が重なった時点で飽和して消えるという一昔前に有名になった思考実験創作なんだな

Doppelgänger などといわれたものやその二極に分離した一方が不死になるがふたたび両方の接点があるところが存在の終末になるというもろもろの怪奇もの原典に近いもの乖離した自分との邂逅までの経緯かもとの自分との差異を描くところまでが醍醐味なんだな

自分自身自分自身との接点を描いたらすぐループみたいな近年の作風をみると時代の変わりようについて近くない距離感とともに懐かしさも感じるんだな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん