「堕落」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 堕落とは

2021-05-06

自分の機嫌が急激に悪くなった自覚があり

原因もほぼ分かる

不機嫌を抑え込んで作業もできる

不貞腐れて投げ出し自堕落に過ごすこともできる

できれば自分の機嫌をとって、モヤモヤカムカをなくした上で作業継続できるといいのだが

そこまで人間できてない

なので休憩中

ある種の弱者男性のはなし

ある種の弱者男性

弱者男性の指す範囲が広すぎる」という意見も目にしたから、「ある種の弱者男性」としておこうか。

 

ここで言う「ある種の弱者男性」というのはいわゆる非モテ男性、そのなかでも容姿等の外面的な要素で女性から嫌悪排斥され、そのぶつけられた嫌悪内面化した人達のことだ。

 

容姿キモい、喋り方がキモい動作キモい、、、、女性はまあカジュアルに言い放つ。

そしてそんな言動は一切咎められず、むしろ不快にさせられた女性こそ被害者」として正当化される。

この時点で、「ある種の弱者男性」は呪いをかけられる。

 

女性は正しいので悪いことをしないだろう、女性弱者から男性というだけで恵まれているだろう、

女性被害者から男性に対して加害者にはならないだろう、女性にとって好ましいものこそ善だろう

 

こうした世の中のリベラルな通念が呪詛となって、後々「ある種の弱者男性」を苦しめることになる。

 

キモいジャッジされた事が正当化されることで、

言われた側の男性自然と「自分キモい」「女性にとって不快」、果ては「自分は世の中の害悪」と自己規定する。

 

なぜか?女性不快な思いをさせ嫌悪させるもの「悪」からだ。

(そうでしょ、フェミニストのみなさん?)

社会正義に沿おうと真面目に考える男性ほど、こうしてより深く罠に嵌る。

「おまえは『悪』だ」と判定を下されたら、もちろん返上しようとする。だがその成否を判定するのも結局女性でなければならない。

まり男性が「善良な存在」であろうとすると、必然女性ウケ(モテ)を意識せざるをえなくなる構造になっている。

だが、キモい男性アプローチしても害悪扱い(セクハラ、告ハラetc…)されるだけなので、

多くの場合は徐々に恋愛女性から承認、すなわち「善良」であることを諦めていく。

それでも女性ジャッジからは逃れられない。

女性男性人格を、外面的な要素から正しくジャッジできる」という信仰のもとに、

清潔感」という言葉で包められ正当化されたルッキズムさらされ、(努力も虚しく)女性に好ましい容姿を実現できないというだけで

「不潔で不衛生」「人格が劣悪」のレッテルを貼られては正当化され、それをまた内面化していく。

そもそも女性ジャッジ次第で人格までレッテル貼りされること自体が不当なのだが、そう思うことも難しい状況にある)

そして「ある種の弱者男性」は、「自分害悪だ」と思ったまま、自信も自己肯定感も失っていく。

女性のいる場所はもちろん、女性に(人によっては同性にさえも)話しかけることを恐れて所謂コミュ障になっていく。

 

自信も自己肯定感も物怖じしないコミュニケーション能力も、男性が豊かに生きるには非常に重要だ。

しろそれらが欠如するのは致命的とも言える。

女性場合なら自信なさげな態度と言動は奥ゆかしさとも捉えられることもあるだろうが、男性、それも容姿が悪いともなればどうか。

例えば一般的企業入社面接想像してみてもらえばその悪影響の大きさがわかると思うが。

 

そして流れ着くのは薄給バイトブラック企業危険を伴う肉体労働

 

こうして、学校女子キモいと罵られた少年は、弱者男性となっていく。

 非モテへの人格否定

女性たちからキモい害悪レッテルを貼られ拒絶され、女性との交際を諦めた弱者男性は、

それでも大抵は「害にはなりたくない」と願い、女性を避けるように生活する。

だが、彼らが尊厳回復することはない。

 

弱者男性の多くは、女性から承認されない、恋愛できない自分ダメな奴なんだろうかと不安を抱え、SNSgoogle検索をする。

すると遅かれ早かれこうした文が目に入ってくることになる。

 

性格が悪いかモテないんだよ」。

 

言い換えれば、「(異性愛者で)女性に選ばれない男は人格的に劣っているに決まっている」

あるいは「女性にとって好ましい男性人格面も優れているに決まっている」、ということになる。

そしてそんな類の暴論が数百、時には数千単位の「いいね」を集めている。

 

さら社会正義を謳うリベラルフェミニストは、非モテ男性を敵視し、口を極めてその人格貶める

 

曰く、非モテ男性甘ったれている。曰く、非モテ男性は性欲の権化である

曰く、非モテ男性は誠実さがないかモテない。曰く、非モテ男性の悩みなど低レベルだ。

曰く、非モテ男性女性搾取しようとしている。曰く、非モテ男性・・・

 

他でもない反差別を掲げるリベラルからすら平然と差別をされることで、ますます自己肯定感を失っていく。

 

―――女性たちに外面的な要因で拒絶されることで同時に人格まで否定されてしまうなんて、

それが正当化されるならば、払拭するには女性承認されお墨付きをもらうしかないじゃないか―――

そのような指摘は、今度は「女をあてがえということか!」と歪められる。

 

「女をあてがえ論」の他には「ありのままの僕を受け入れて論」なんて言い方もしたりして、

とにかくあたかも自堕落自分本位な男性が主張しているかのようなイメージを擦り付け人否定が行われる。

 

それが例え「同じ人間として扱ってほしい」「外面的な部分だけで排斥しないでほしい」「あなた達と恋愛できないからといって人格を貶めないでほしい」という

いから出たものであっても、女性に対して批判的だからというだけで「ミソジニー」果ては「インセル」呼ばわりされ邪悪レッテルを貼られる。

 

挙句の果ては、「男性というだけで恵まれているんだから被害者面をするな!」と遮断され、

人格否定たっぷり浴びせられたまま放り捨てられる。

 

女性ジャッジは正しい。)(男性なんだからまれていると思え。)

女性は加害をしない、お前に落ち度がある。)(女性に嫌われるなんて悪に決まっている。)

 

フェミニストたちが形成するこうした世の中の通年は、人格否定された「ある種の弱者男性」をさらなる自己嫌悪と自信喪失自暴自棄へと追い込み、その人生を淀ませていく。

女性たちはこの呪いのもたらす苦しみと構造の強固さを知ってか知らずか、今日も気に入らない男性へ気軽に「キモい」と言い放つ。

女性の加害性とはこういうものだ。

 

さいごに 

キモい男は害悪」、そんな女性たちの価値観正当化され力を得る世の中では、

善良であろうとするほど「キモイ男性」は何もできなくなっていく。

 

すこし思考実験と言うか、考えてみてほしい。

普段あなたの行動範囲のなかで、女性(とくに若い人)に遭遇することがどのくらいあったか

そして女性と遭遇するたび、それだけで自分がその人を不快にさせ、害を与えているとしたら。

場合によっては「キモい!」と面罵され、それに対して異議を唱えることはおろか、反感を抱くことさえ許されない、そんな価値観が正しいと思い込まされているとしたら。

あなたはまともな精神社会生活を送れるだろうか?程度の差こそあれ、概ねこれが「ある種の弱者男性」の見る光景、生きる世界だと思ってほしい。

 

おそらく、俺たちのような人間ほとんどのリベラルの人たちの観測範囲には入っていないだろうと思う。

 

女性からいじめハラスメントを受けて人生舞台から転落なんて、そんな少数のレアケースの問題など、いちいち考えてられないと思うだろうか?

念の為に言っておくと、「ある種の弱者男性」は決して少なくない。少なくとも、リベラルの人たちが考えるよりはずっとずっと多い。

全国の学校ひとつにつき数名はいるんじゃないか。心当たりがある人も多いんじゃない?

 

まあ数が少なく見えるのも当然ではあるかも知れない。彼らは大抵が、社会の下層で怯えながら隠れるように暮らすから

 

リベラルたちの視界から外れた社会のはずれへ疎外され、自分は世の中の害悪だとひたすら信じ込まされたまま、

ろくに声もあげられずに死んでいく。俺が同じ境遇ということで交流してた人たちはみんなそうだった。

 

「ひっそりとオナニーしながら死ね」だったかフェミニストの偉い教授が言ったそうだが、「望み通りだ」と彼らの末路を見て笑うのだろうか。

 

正義がほしい。尊厳がほしい。

女性好き嫌い正義を切り離してほしい。

女性にとって好ましくない外面というだけで人格まで否定しないでほしい。

同じ人間として扱ってほしい。

 

こんな願いはそれほどまでに分不相応高望みなんだろうか。

2021-05-05

anond:20210505144348

女に実力がないだけのことを「男による女性差別ぅぅぅぅ!!!」(zyzyのマネ)とか喚くフェミニズムマジで死んでるでしょ。

フェミニズムはだらしがない女に利用され、なんなら乗っ取られる危機にあるんだよ。

やすでに乗っ取られているのかな。

社会の中で不当な我慢待遇を強いられていた状態解放そもそもの発端だったんだが、

なんだか女のワガママを通さないことが女性差別だというような論理にすり替わってきた。

男目線ばかりで女の評価が不当に貶められている!!!っていう、

そりゃ男社会不正があったのかもしれんが、

そこから男目線評価が多い場合は全て女の評価を不当にしている」という決めつけが横行するようになったんだな。

これがフェミニズム堕落だ。

これこれこういう女の価値評価があるはずなのに、なぜ男はこう評価しないのか、といった理論ではなく、

社会評価押し付け!!!みたいな一本槍で通すような運動になってきた。

しかも、男社会価値否定ばかりが目について、女社会プラス価値みたいなものが全く見えてこない。

男性憎悪原動力からなんだろうな。

から憎悪連帯するようになった。

もっと女の価値を認めてくださいよ、じゃなくて女の価値評価しない男死ね!!!!!みたいになった。

日本死ね系の憎悪連帯

困ったものだ。

これが今の世の中ゴキブリのように増えて蔓延しているだわな。

2021-05-04

健康志向にも限界がある

実家の両親が不健康生活をしている

父親は365日欠かさず泥酔するまで酒を飲む

両親ともに家族以外の他人と会わない、会話を嫌がる、外出しない、運動しない、偏食、生きがいや趣味がない

寿命が縮まる生活パターン

GW中に帰省すると、自堕落で不健康生活を改めれば良いのにとイライラするが、

軽く生活パターンに触れただけで腹を立てるため、もう面倒くさくなってこっちも話をしない

とはいえ、少し引いて考えてみれば、健康志向にも限界があるのだ

いくら禁酒して運動して健康的な食事をして、他人コミュニケーションを取り、生きがいを見つけて前向きに生きても、身体の老化が止まるわけではない

人にはそれぞれ受け入れられる生活パターンの許容幅が存在するのだろう

うちの両親は共に生まれつきの脳みそと培った生活の癖が、不健康寿命を縮めるタイプのものだったということだ

究極的には何をやろうともやがて身体が壊れていくことを諦めて受け入れるしかないのだ

anond:20210504151645

ひどく根拠のないことを言いますけど、

個人的感覚では、弱者男性って「わきまえてらっしゃる」かたが多いんで、モテないのもそうだし、なめてかからやすい(男女問わず)というのは受け入れている人が多かったように思う。

自虐ネタもよく使う

から「あてがえ論」でいわれるような、個人意思無視した強制婚をしたいか?って言われたら、大半の弱者男性はNoって答える気がする。

そりゃまぁそんなのお互いに不幸だからね。

弱者男性が望んでいるのは平和的・平穏に暮らせること、しいて言うなら価値観アップデートで「見下し」が収まり弱者男性のうち相対的に優良物件である男性女性に「選ばれるようになる」とうれしい。

そんな感覚なんじゃないかと思う。

よく弱者男性人格問題があるんだ!って言われる。クロワッサンが挙がったのも「弱者男性は自堕落であり日常生活すらままならないはずだ」という決めつけがあるから

事実として何の根拠もなくても見ためが悪いだけで能力人格が劣るとみられやすいという研究がある。

これは完全なるルッキズムなんだけど、これがなぜか弱者男性に対しては自由に叩いていいことになっている。

今までは半ばあきらめていた弱者男性が、フェミニズムの話を聞いて、「なら俺らは?」と思ったのが最近のこの流れだと思う。

 

追伸

本来ならばそういう苦しみを研究するのが社会学だと思うんだけど、まるでそういう話を聞かないのがな。

からどうにも宙に浮いた話に聞こえやすいんだろ。

科研費をくれるなら自分がやってもいいけど。

私がコロナで一番困ったことは

外で勉強できなくなったことだ。

私は家では究極堕落生物になり、基本的風呂は金土日は入らず月曜の朝に慌てて入るような人間である

勉強とか掃除は一秒もできない。

これが外では相当まじめで勤勉な方なので基本的には家にいないようにしている。

仕事が終わったら23時まで喫茶店勉強したりしていたがコロナで常時廃人になった。

最近オートキャンプ場でテント生活することを考えてる。

困ったものだ。

2021-04-30

anond:20210430011518

Google翻訳

私たちファンフィクションについて話すとき私たちはめったに「ジョンミルトン」とは思いません。 それでも、サタン聖書ではほとんど言及されていない)を連れて、この倒れたアーチフィーンドをアンビバレントで壮大なヒーローにする彼のパラダイスロスト(1667)にどのように近づくのが良いでしょうか? ウェルギリウスアエネーイスオウィディウスの変身物語ダンテ神曲スペンサー妖精女王、その他の無数のテキストジャンルから借りた技術テーマに基づいて構築されたミルトンは、古典ルネッサンス形式を再混合して、英文学の(おそらく)最高の設定に聖書宇宙を作り上げました フィリップ・プルマンが信じている詩は、[「決して超えられない」」。

DeepL翻訳

ファン・フィクションというと、「ジョン・ミルトン」を思い浮かべる人はほとんどいないだろう。聖書にはほとんど登場しないサタンを、堕落した弓矢のような存在であるサタンを、アンビバレント叙事詩ヒーローに仕立て上げた『失楽園』(1667年)に、どのようにアプローチすればよいのだろうか。ヴァージルの『エニード』、オヴィッドの『変身』、ダンテの『神曲』、スペンサーの『フェアリークイーン』など、数え切れないほどのテキストジャンルから借りた手法テーマ構成されたミルトンは、古典ルネッサンス形式を再構築し、聖書世界英文学の(おそらく)最高の詩の舞台に仕立て上げました。

みらい翻訳

ファン・フィクションのことを話すとき、 「ジョン・ミルトン」 とはめったに思いません。しかし、悪魔 (聖書ではほとんど言及されていない) をとり、この倒れた大魔王を両義的で叙事詩的な英雄にする失楽園 (1667) に近づくには、どうしたらよいのだろうか。Virgil's Aeneid、Ovid's Metamorphoses、Dante's Divine Comedy、Spenser's The Faerie Queene、その他無数のテキストジャンルからテクニックテーマを取り入れて構成されたMiltonは、古典ルネッサンス形式リミックスして、聖書世界英国文学 (おそらく) の最高の詩の舞台にし、Philip Pullman [n] が 「超越される」 と信じているようなものにした。



[“n]ever be surpassed”.とか訳しにくそうだな。

2021-04-27

アベってカタカナ表記するのは検索避け目的がメインなんだけど

というか、自民党中国共産党と同じように言葉狩りだの金盾みたいのやりたいだの言ってるわけで、

自民党推してる輩はどんだけ中国共産党すきなん?って感じなんだけど、

まあ、そんな日本に寧ろ辟易するんで来たるべき戦争に負けたらいいんじゃないっすかね

負けないと目が覚めない民族から第二次大戦と同じで

いや、違うか…、なんでもアメリカだのみでなんとかしてくれると思って堕落しただけか…

2021-04-25

日本は終わりです解散

明るい未来を担う若者です

だけどもうなんか諦めてます

とにかく日本は、おかしいと思う。

しかしたら私に合っていないだけなのかもしれないが、

何かを変えたい気持ちしかない。

やってから言えなんて言われるが、わたしにも人生があるんだよ。なんで自分たち思考しない人間のために労力を割かねばならないんだ。

だって、多分声上げてもなんも届かないし、変わらないの分かりきってるんだよ。

どんなに勉強してどんなに面白いことを思いついてどんなに合理的で正しいことを思いついても

きっと"いい政治家日本的な意味で)"には届かないんだよ

自分たちがどんなに「こう変わった方がいい」と思ってても、叫ぶメガホンを持っていない状態なんだよ

それでも政治家は「なんか46ってイメージが湧き上がったから46%削減!w」とか平気で言える

こういう政治家おかしいのは自明なのに、私たちはこいつを降ろすことは出来ないよ

思考停止している市民が大半なわけで、そんな人間が正しい人間を選べるわけがないだろう。

とにかく上も下もみんな思考停止しているように思える。

からこその現状でしょう。

企業でもそうだ こんなおかし社会になってしまっているのに「これはおかしい、効率的ではないし生産性がない」って言っても

ただの端くれの社員若いやつがピーピー言ってるで終わり、「じゃあお前がやれよ」で済まされる

つまるところ、なにやっても良くなる兆しは見えないし

自分から行動しようとしても潰される(潰されるのが明白)な現状、どう足掻いても良くならんのだ。

そもそも海外と比べようとしてる時点で、お察しでしょ。

海外が良いとは限らない、なのに目先の数字だけで「隣の芝生は青い」論で日本が〜日本は〜って言う

もうお前らはどうしようも無いんだよ。

わたしもどうしようもない。

このまま、日本とともに終わりを見届けるしかないんです。諦めて共に堕落しましょう。

2021-04-23

anond:20210405003156

>とにかく毎日が退屈だ。仕事もつまらない。セックスもばかばかしい。打ち込める趣味もない。これからどうしよう。

めちゃめちゃ分かる。でも今そのような状況・マインドになってるのはこれまでナンパばっかりやってきたからとか自堕落

生活を送ってきたからとかじゃなくて、ひよっとすると加齢による内分泌系の問題かもしれないよ。

それくらいの年齢だと男性更年期可能性があるから一度、検査してもらうのもひとつだと思う。

テストステロン基準値以下だと、保険適用ホルモン注射してもらえる。

おれは検査してもらったらギリギリ基準値は越えてしまっていて注射売ってもらえなかったが、

グローミンっていう市販の塗布薬使ったらだいぶ楽になった。(プラセボ効果かもしれんが。。。)

まぁ、ホルモン補充療法もリスクがないわけじゃない(男性不妊の原因になる可能性等)から

よく調べて考えた上で自分責任でおこなうはいうまでもないけど、不調の原因はあなたが悪いわけじゃなくて

抗えない加齢による身体の変化の可能性もあるので、ひとつの参考まで。

2021-04-20

弱者男性は贅沢すぎ

やりたくともできないでつまんない人生歩まされるようにデザインされた日本社会

「そのつまんない生活さえ満足に営めない」癖に、何でもありなら何とかなるとか妄想強化してありもしない確信に変わっちゃってるのよ、弱者男性って

そのつまんない生活がどれだけ安全尊いもので、先人の血と屍の上になりたっているのかも理解しようとせずにな

勉強努力自分のしたいこと見つけることも今の今まで何もせずに、ぽっとでの思い付きと悲痛な叫びだけで自分の言う乾いた叫びな願いがとやらが世間に受け入れられてもらえると思ってるのがマジで笑うわ

やれるかどうかは置いといても、そんなつまんない社会と吐き捨てるなら、それ以外の道を選ぶルート自由も一応あるんだから、そこまでウジウジ言うならそれやれよと

税金で賄われた福祉社会で賄ったインフラ享受して自堕落生活してるくせに、いもしない美少女を独り占めする悪党

いもしない悪女悪者権力者と戦うなよ

マジでつまんない社会支配されて隠れた才能発揮できない、

何でもありなら金や女や権力簒奪できると思うなら今すぐ森へ行って丸木弓でも木槍でも作って一人で戦う覚悟決めろよ。普通だったらそうするんだよ

努力もせず周りに対しての感謝や謙譲もせずにありもしない空想現実区別つかなくなって他害的精神障害者になってるなんて思い上がりもいいところだわ

2021-04-12

anond:20210411230602

今時は無職フリーター女が婚活した所で同じような弱者男性しかマッチングできないぞ

そこで妥協すると共働き必須なカツカツな生活と2人分の家事育児を請け負って疲労困憊する未来が待っている

相当容姿良ければ別だけど、そもそも堕落メンヘラが多いから(メンタルが安定した女は無職フリーターにはならない)強者男性と話が合うのか甚だ疑問

2021-04-11

anond:20210411163529

弱者男性問題堕落だよ

努力せずに金と女と尊敬をくれと言ってるだけなので聞く価値なし

そんなわがまま聞いてたら日本崩壊する

まずは自助政府も言ってるだろ。まだ弱者男性はその段階なんだよ

女性とか障害者とは全然違う、ただの怠け者

anond:20210411034438

産む機械って、役割価値ある意味では賞賛で、そこから堕落してドロップアウトする奴がいるから、それよりマシって意味なんだよね。

2021-04-09

現実問題理想論

車いすの件について、現実問題理想論が衝突してるな~というのが一番根っこにあると思う。

現実問題として、ああい過激活動家活動家した活動家活動必要なのだ」vs「理想論を言えば、もっとより良いクレームの入れ方があった筈で、事実として大勢の反感を買っている」

現実問題として、JR等も頑張ってバリアフリーを進めているが、コスト面や工事速度、組織経営周辺地域などの制約がある」vs「理想論を言えば、完成しているべきだし、一部の障碍者や老人が不利益を被っている」

現実問題として、健常者/障碍者区別なく市民もある程度は協力するべきで、その中でも障碍者不利益はやや大きいが、許容範囲だろう(気持ちよく受け入れている障碍者大勢いる)」vs「理想論を言えば、完全にイーブンであるべきだし、不利益を許容しろというのは差別的だ」

現実問題として、組織は腐るし堕落するので、きちんとバリアフリーを進めているか監視したり尻を叩く必要がある」vs「理想論を言えば、現時点で進捗に遅れは特に見られない以上は、JRを信頼するべき」

2021-04-07

紳士でも淑女でもないのにガタガタうるせぇよ

紳士なら女性を可愛がるやり方ぐらい弁えてるもんだ

淑女なら男性堕落させないように慎むもんだ

からないなら勉強しろ、本読むだけじゃなくて自分の頭を回せ

2021-04-02

令和の蟹工船から降りた話

昨年の秋、技術者派遣転職した。

蟹工船に乗せられる寸前で船を降り、仕事を辞めた。

新卒入社企業で外れを引き、大学の専攻と異なる部署に配置され数年。

元の業界に戻ろうにも業務経験は無し扱いを受ける。

転職サイトのエージェントから経験を積むためにも技術者派遣が良い、と勧められた。

数ヶ月の就職活動の後に、某派遣会社から内定を貰った。

入社後はエンジニアとしての研修を受けながら派遣先とのマッチング機会を待っていたが、

一ヶ月を過ぎた当たりで不穏な話が聞こえてきた。

地方工場へ、期間工労働派遣。数十人単位で送られるらしい。

いたことはある。入社前や入社当日に「新卒入社社員が外部研修として向かうもの」と説明された話だ。

「中途入社社員は既に社会経験があるので、増田さんは行かなくて良いものだ」とも担当者から聞いていた。

その時は、今の時期になってやるんだ、くらいの感覚だった。

数日後、肩を叩かれて別室へ。

労働派遣に行くことが決まった」と説明を受けた。

新型コロナウイルスの影響もあってか、どこも受け入れが厳しくなった矢先の話だとか。

数週間の後に荷物をまとめて、地方引っ越し。最低半年従事してもらう、だとか。

何かがおかしい。

そう感じて、転職サイトのエージェントに「入社前の説明と異なる命令を受けた」と連絡を入れた。

面接担当者との対話の機会を作ってもらい、話を聞く。担当の手違いで行かなくて良いものだと伝えていたという。

から会社命令として行ってほしい、と。

話が違う、と伝えた。

最初から行く可能性があるのなら、内定を受けるかも考えた事だろう。

エンジニアになるため入社したのであって、期間工になるため入社した訳ではない。

面接担当者研修担当者、偉い人、様々な人と面談を行って、辞める話を伝えた。

「今は苦しい時期だが、リーマンショックの時も東日本大震災の時もうちはリストラをせずに持ちこたえてきた」

「今回の危機会社一丸となって乗り切っていきたい」などなど、ありがたいお言葉を頂戴した。

まり、今までもそういうことだったんだろうな、と合点が行った。

辞職の意志を示し続けた結果、「じゃ、今日付で辞める?」とさらっと言われて、月末付で退職した。

引き止めはしたけれど手慣れているな、と感じた。

そうして令和の蟹工船を降り、転職後数ヶ月でニートとなった。

今までの転職エージェントに連絡と苦情を入れる。「担当者が異動したので新しい担当を付ける」との事。

逃げられたな、と直感転職エージェント会社も、そういう派遣を行うことは知らぬ存ぜぬの一点張り

話にならないので、別会社転職エージェント登録した。

その後はハローワークや労基と揉めたりしつつ、なんとか失業保険を受けた。

しばらく堕落した生活をしたのち、転職活動を再開。

4月から内定を得て、今月ようやく社会に復帰した。

もちろん、技術者派遣だけは避けた。一連の話をした所、「うちも苦しければ期間工派遣を出す」とはっきり話してくれた。

そしてお決まり台詞が飛んでくる。

「今は苦しい時期だが、リーマンショックの時も東日本大震災の時もうちはリストラをせずに持ちこたえてきた」

配置転換派遣先変更もリストラだろうに、とは、言わないでおいた。

辞めずに送られた同期たちはどうなったのだろうか。

思ったけれど、連絡を取ることは辞めた。無理に深淵を覗きに行く必要もない。

いま、令和の蟹工船の中で、どんな怨嗟や怒号が飛び交っているのか。

それを知る必要は、どこにもない。

コロナ禍2年目の大学2年生の嘆き

 想像力のある方々なら、内容はタイトルからおおよそ察せられるものと思う。この手の話はテレビ新聞ラジオSNSその他媒体で散々語り尽くされてきたものからだ。

 はじめに少々長い前置きをさせてもらおう。

 私は人との比較の上では少なくとも「苦しんではいない」。というのは、コロナ禍が始まってからも特段生活には困っていないからだ。家庭の収入が少なからず減ったりはしているし、出かけられる機会も減ったりしている。けれども、出費を切り詰めないといけないほどに家計が逼迫しているわけではないし、人間関係が修復不可能なほどに壊れて絶望的に孤独なわけでもない。ましてや、留学生の方々のように故郷へ帰るための道を断たれたわけでもない。私は、コロナ失業した人も知っているし、帰国できなくなった留学生の方も知っている。元々生活の困窮していた人が、更に困窮して居場所を追われる状況になっていることも知っている。彼らの心中を察するに、私の苦しみなど所詮は道端の糞ほどにも意味をなさないだろう。反対に、私とは違って全く苦しんでいない人も或いはあるかもしれない。

 ともあれ、ここで敢えて一つ言わせて頂きたいことがある。この記事目的は「私の苦しみが他者のそれを上回る」ことを主張することにはないし、その認識を持つつもりは少なくともない。仮に「私より苦しんでいない人」を想定したとして、その人に牙をむくことはこの記事目的にはない。考えは未だまとまっていないし、書きながら自己矛盾を感じているところもある(矛盾を見つけても指摘するだけ無駄かも知れません)。しかしながら、先に述べたような悪意があるわけではないことを、頭の片隅に置いて読んでいただきたい。

 ニュース新聞SNSなどを通じて、皆が苦しんでいる状況にあることは知っているつもりだ。身の回り家族、友人、知り合いが苦しんでいることも知っている。身の回り他者自分の苦しみという重荷を更に背負わせないためにも今まで沈黙してきた。皆が苦しむ中で、自分の苦しみが苦しみとして認めてもらえないんじゃないか、そういう思いも大きかった。もしかしたら、自分の苦しみを認めたくない自分いたことが一番大きかったのかもしれない。

 他者との比較を求めるものでないことは先述した。ここに記すのはあくまで「私の苦しみ」であって、世間一般大学生通用する苦しみではないかもしれない。繰り返し、「私の苦しみ」であって、他者のを上回るものでもないし、反対に他者否定できうるものでもないことを述べておく。

 長くなったが、前置きはここまで。

[人間関係などに関して]

 2020年の春に現役で無事第一志望の大学入学した。しかしながら、周知の通り、そこで待っていたのは世間一般の思い描くキャンパスライフではなく、完全オンラインの「大学生活」だった。終日自室にこもって講義を受け、レポートを書き、深夜帯までデータベース上の論文を読み漁り、ひたすら思索に耽る(後ろ2つについては、本気の学問をできる環境の整った大学なので、対面だったとしても似通ったものだったとは思う)。特に堪えたのは、初年次のクラスメイトとの顔合わせすらもオンラインだったことだ。知らない人達と急に向き合わされる上に、他の人の画面に常に自分の顔が映っているという状況、楽しむことが強いられているように感じて終始作り笑いをしながら耐えていた。酷く疲弊した。かなりの労力を費やしたが、教室のそれとは違って個々人で話す機会もなく、仲良くなれた人はいなかった。他の少人数講義も似たような状況であった。唯一、ゼミ形式過酷講義グループワークをする中で多少仲良くなった人はいるが、会えない中で関係を維持することはできなかった。

 感染者の減った夏から秋ごろにかけて、少しだけ対面のサークル活動(運動系)ができた。回数は減らされ、条件付きで練習も認められた。複数受けた少人数講義も、合計でたった20回程度ではあるが対面で実施された。少々語らうことはあったが、教室で話すなとのお達しもあり、あまり話すこともできなかった。キャンパスが自宅から遠いこともあり、あまり会うこともできず、サークルでも少人数講義でもそれほど仲良くなった人はいない。

 臆せずに会いに行けばいいという人もあるかも知れないが、それができないから困っているのだ。昼夜問わず会食はできないし、気軽に家に上がることもできない。自分が出歩いて感染したくないというのも勿論あるが、問題はその先だ。例えば、感染したことサークル活動長期間停止されるかも知れない。或いは、他の人が楽しみにしていた対面授業の機会を奪うことになるかも知れない(言わずもがな医療にも負担を強いることになる)。自分一人が自由に出歩くことが他人の首を絞めることになりうる。反対に他者が好き勝手に動き回った結果として自分の首が絞められることもあるかも知れない。出かけたとして咎められはしないだろうが、それができない。手足を縛られて動けない。そんな状況にある。これは何も人間関係に限った話ではなく、以前はアウトドア趣味だったのだがそちらにも足が向かなくなった。理由は同じだ。

[「可哀想」と語ることの無意味]

 入学以来たびたび言われるのが、「せっかく入学したのに大学に行けなくて可哀想だ」「対面授業少なくて残念だね」「せっかくサークルに入ったのに活動少なくて残念だね」「新しい人間関係ができなくて可哀想」…(以下略)といった内容のものだ。要するに世に言うところの「キャンパスライフ」がないことを憐んでくれるわけだ。正直言ってこの言葉には腹が立って仕方がない。憐んでくれたところで、その言葉によって大元の原因が霧消してくれるわけではないし、状況は少しも動かない。医療という、か細い一本の柱に寄りかかって生きている今日現在にあって、ワクチンが普及したり、治療薬が完成したりしない限りにおいて、「キャンパスライフ」の実現可能性はほぼゼロである。この状況にあって、憐れみを述べる言葉意味を少しも意味をなさない。ましてや「小中高や会社が(条件つきながら)通常営業できている中で、大学生だけ社会的に抑圧されているのはおかしい」と擁護論陣を張ってくれたところで、待っているのは徒労だけである

 この手の話は、旱魃や凶作、飢えや渇きに苦しむ人に対して、殊更に強調して水や食料の美味しさを説くことに等しい。私の下の代やその下の代の頃には「キャンパスライフ」は可能かも知れない。しかしながら、既に4分の1が消し飛んだ今、私の卒業まで三年弱という状況にあって、その望みは薄いように感じる。自分が何をどうしようが手に入らなそうなもの美徳を説かれたところで気分が悪くなるだけだ。憐憫を垂れてくれる必要はないし、そういうことはしてほしくない。今、私が手に入れることができるのは、大学生活の亜種だけであって「キャンパスライフ」ではない。今できることに取り組もうとする人間に対して、今後できそうにもないことを押し付けるのは是非ともやめていただきたい。

[無為生活]

 オンライン中心での大学生活における大きな悩みの一つとして、「無為」な生活になってしまうことが挙げられる。「モラトリアムなのだからそれでいいのでは?」と言う人もいるかも知れない。しかし、これは何も自堕落生活を送ることを指すのではなくて、「大学4年間で頑張ったこと」が何もない状況に陥りそうだと言っているのだ。自室に籠る生活を続ける中で読みたい本、読む必要のある本、多くの文字資料を読んできた。資料をたどりながら、学問的な問題社会問題についても自分なりに考えを深めてきた。内的には少しだけ豊かになったかも知れない。けれども外的なものが何一つない。活動制限される今、これを自分は頑張ったんだと言い切れるようなもの(サークルバイトインターン学業面での功績等々)はまだ何もない(学業はこれからではあるが……。バイト最近始めたが見つけるのにかなり苦労した)。頑張ったこと、熱心に打ち込んだことが欲しいと言うのは単に自分気持ち問題であって、就職のために必要としているわけではないけれども、面接官に「大学生活で何を頑張りましたか」と訊かれた時には、「大学生活などというものは無いに等しかった」と答えて離席するかも知れない。或いは面接官を殴らずにはいられないかも知れない。

 この生活の中では、目標も失ってしまったし、舵取りも上手にはできない。と言うのも、目標となるような存在出会う機会に乏しく、手に入る情報もとにかく少ないからだ。小中高の教室、或いは大学研究室でもいいから、とにかくそこを思い浮かべてほしい。手本になるような人物、或いは反対に悪例となるような人物はいなかっただろうか?恩師、友人、同期、後輩、先輩、誰であれ少なから自分生き方の参考になるような人がいたはずだ。オンライン化されたことの一番手痛い問題として、そうした道標が失われてしまたこともあるのかも知れない。兎にも角にも、抜け出そうとあがきながらも、未だ無為生活している。(これを努力不足と言おうとすることがあらば、それは見当違いというものである。)

[肥大する被害者意識]

 一年が経過して大学2年になった。もう後輩が入学してくる時期となってしまった。諸用でキャンパスに行くと手続きに臨む新入生の列を見かける。SNS上では眩しいほどに希望に満ち溢れた姿を見たりもする。羨望を通り越して嫉妬してしまいそうなほどである。一方で「対面授業が少ないではないか」という声を聞いたりもする。「こんな世情にあって贅沢言ってるんじゃないよ」と言おうとして、すんでのところで踏みとどまる。対面形式講義を沢山受けてきた諸先輩方や、コロナ禍にあっても高校で対面授業があった新入生にとっては理解し難いことかも知れない。比較しないように努めていながらも、どこかで強烈な被害者意識が渦巻いている。他者自分の苦しみを味わせたいわけでは無いけれども、どこかでそれを求めているように感じてしまう。パワハラ上司はこうやって再生産されるのかも知れないなと思いながら、なんとか発言を飲み込んで止まっている。

 ざっとこんな感じだろうか。筆をとる中で少々整理されたような気もしなくもない。繰り返し、他者に牙をむくことや、他者の苦しみと比較して変な優越感に浸ることはこの記事の本意ではない。もしそう感じられる内容があるのだとすれば、私の言語能力限界ゆえ、或いは私の未熟さゆであると思っていただきたい。

新入社員向けのアドバイスみたいのを見かけるが…

逃げることばっかり書いてあって、最初から逃げ道だけ教えてるってマジで駄目って事に気づいてないんだろうなって。

極論で言ったら「明日、月曜だから仕事行きたくないから逃げるわ」ってこの程度で逃げる奴が出来上がるんだけど。

働く前から堕落に向かわせる助言もどきばかりしてどうすんの。

人生楽なことばっかりじゃないって話。

嫌なこともあるけど、逃げてばかりじゃ解決しないものもあるからって話から進むなら分かるよ。

だけど「大半が嫌だと思ったら休職してください。仕事を辞めるか検討する時間を作りましょう」とか言ってる自称人生の先輩様なんてのもいたけど

いや、そんな事で休職するなら数日休むなりして、さっさと仕事をやめろよと。やる気のないのが居たってしょうがないだろう。

散々悩まれ挙げ句に、だんまりしてフェードアウトするくらいなら辞めたほうが企業も本人も得するんだよ。

休職されたら要らない従業員が在籍し続けるわけだ。その上、休職して復帰、休職して復帰のコンボが発生する可能性もあるし。邪魔でしょ。


逃げていいって言葉だけじゃなく、逃げるだけじゃどうにもならないってことも説明しろよと。

どいつこいつも逃げることばっか勧めてるの。逃げるくらいなら働かないでほしいんだよな。

研修も1日目の会社説明会だけで逃げるやつもいれば、

自分大丈夫です、即戦力になりますよ」なんて自信ありげな子が初日に客とまともに話すことも出来ないのにクレームくらって逃げるとかね。

こっちはわかってるんだよ。君等新人即戦力にならないことは。

知識だけあっても実践は出来てないんだから、うまく出来るわけがない。だから最初に言うんだよね。

最初はうまくいかないし、うまくいってもラッキーだった程度に考えたほうがいい」

「でも、うまくいったらうまくいった感覚は忘れないでね」

ってね。

それを働く前に「辛くなったら逃げていいよ!(どや」って新社会人に言っちゃう人。

本当に働いたこあんの?ほんの数日働いたふりして逃げてきた奴らじゃないの?って思っちゃうのよ。

おかしいんだよ。最初から逃げることしか言わない奴。


ホント迷惑だわ。最初から免罪符配っちゃうアホたれ。

2021-03-29

なんで生きてるんだろう

確定申告が終わって仕事仕事の合間

抱えてる仕事も終わらせなくてはいけないけどやる気が起きない

月末、週末までに終わらせなきゃいけない仕事がたまったてる

そんなに難しい仕事じゃないはずなのに頭が動かない

気がつけば周りはゴミだらけ

外は暖かかったり寒かったりでイライラする

部屋の中は確定申告の準備につかった紙や、捨ててないものが溜まっている。

廊下にもゴミ袋は溜まってるし、床の四隅に埃や虫の死骸がある

掃除しなきゃと思ってずるずるといる

最近空腹になりづらい

夕食食べてる最中に吐きそうになった

堕落している

2021-03-28

透析患者は○せっていう人がいたが

遺伝的なやつに配慮しなかったからああなったんだよな?

堕落なやつに対しては....俺もそう思わなくもないかも...って感じなんだが

2021-03-27

whataboutismって禁止すると堕落しないか?

最近気づいたんだけど。

アメリカ掲示板日本自殺率が高いって話がすごいトピックになることが多いんだけど、最近日本自殺率が低くなってきてアメリカ自殺率コメントされることも多くなってきた。

こういうのを見てると思うけどwhataboutismを抑制すると自分達の悪い部分が指摘されなくなってどんどん堕落してしまう気がする。要するにパワーバランスの強い方が一方的相手の悪い部分ばかり指摘するようになって強い方はいつまでたっても悪い部分が改善されなくなってしまう。これってあんまりよくない気がする。

2021-03-21

anond:20210321111010

日本人国家行政のせいになかなかしようとしない。

そういう国では少子化とともに競争率も失われる。

今年の国公立大学の後期の問題見てみろって。

全体的にあまりに投げやりではないか

ここまで堕落した大学の姿は哀れでしかない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん