「水泳」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 水泳とは

2020-05-27

我が算数数学勉強

  小学校時代算数が嫌いだった、低レベルだし田舎にいた学校算数先生もクソだし中学になっても、黒板に初等整数論象形文字を書いていた

ハゲ水泳数学教師がいたが、当時の生徒のみんなからバカにされていたしまじ昭和化石だった。まだ生きているのだろうか。

   私は中学3年まで数学勉強はせず、成績は常に悪かったが、高校に入ってから思い付きで勝手勉強するようになり、2001年に全国的流行した

Z会の難関数学問題で、難問を徹底的に解きまくった。

    予備校にいたときは、「大学への数学」の日々演習とかチャレンジ添削問題も解いていたし、書店で買った全国大数学入試問題なども解いて解いて解きまくった。

 文系だが数学3Cの問題もやっていたし、東京大理系数学入試問題も相当に解いた。

   東京大に入ってから教養レベル微分積分行列をやっていて、数学検定協会数検1級の過去問題を、コーヒーを買いまくって自宅で解きまくっていた平成16年。

    東京拘置所に入っていたとき東大後期数学試験問題自作していたし、黒羽刑務所に入っていたとき数学オリンピック本選問題を相当分解いた。

   結論から言うと算数はつまらなかったが、数学は大いに楽しかった。

2020-05-26

パンチの効いた」って表現がよく分からん

どういう比喩表現だ?

お前本当にパンチ食らったこあんのか?

本当に効いたパンチ食らったこあんのか?

どうせ河川敷素人同士でボコボコ殴り合って奥歯が折れた程度のパンチしか知らねえだろ?

本当のパンチってのはな、意識が飛ぶんだよ。

脳がプリンになるって表現はわかり易さ優先しすぎてちょっと違うんだよなあ。

そうだな……高校生の頃に水泳の授業のあとで文系科目の授業受けると死ぬほど眠くて5秒おきに意識が飛びそうになったりしたよな?

あれでだんだんと起きてる夢を見ながら寝ているのかそういうイメージを浮かべながら結局は起きてるのか分からなくなっただろ?

あれが喧嘩中に突然やってくるんだ。

なんか今一瞬俺寝てたような気がするけど多分起きてたんだろうなぐらいの事考えてたら目の前に地面があんだよ。

本当にパンチが効いた時ってドカーンってなんねえんだ。

フワ……アレ……?ってなんだよ。

パンチの効いた」なんて言うやつは本当のパンチを食らったこともねえもやしだよ。

そんな奴らの使う言葉にはリアルが宿ってねえ。

リアルの宿らねえ言葉を平気で使えるお前らもだよ。

お前らの人生にはリアルがねえ。

お前らこそが起きてんのか寝てんのか分かんねえ状態うつらうつらしながら対して興味もねえ人生の中で永遠に眠らねえようにごまかしてるだけの奴らだ。

そんな奴らが世界中で50億はいるんだろうなって想像するとフウーって意識が消えそうになるよ。

まあ……パンチは効いてねえな。

自分が起きていることに確信が持てる程度じゃパンチなんざ効いてねえんだよ。

お前らの言葉存在が俺にパンチを効かせることは一生ねえんだろうなあ。

2020-05-22

いろいろな禁止マークイラスト喫煙動物ボール遊び・自転車飲酒カメラフラッシュ撮影・車・ジャンクフード携帯電話お菓子水泳」|いらすとや

https://www.irasutoya.com/2013/05/blog-post_430.html

「ゆうさんからリクエストです。」

ここまでてんこ盛りのイラストいらすとやさんにリクエストちゃう「ゆうさん」って何者?

どう考えても只者とは思えねーしwwwwww

anond:20200521204505

水泳ピアノも同じだが習得速度にかなりの差がある印象だな

初級のプログラミングとはなんぞやを理解する段階のところで、

分かる人はもうすぐティときてさっと出来るようになるんだけど、分からない人はずっと唸って先に進めないんだよな

anond:20200521204505

最上位層になる以外なら、習得に向けた努力の組み立てをきちんとすれば、できるようになると思うんだけど、

水泳ピアノと違って指導法とかがまだ明確になってない分だけ余計に大変かも知れない。

2020-05-21

anond:20200521175300

マジレスすると、1日数時間単位プログラミング(に関わる行為)を続けようとするには一定能力がどうしても必要なのだが、

その能力は現時点であまり言語化されておらず、これこれこういう人が向いている、と数値化することもできてないのだ

習得風景が下手にデスクワークのお勉強に見えてしまうので、知識を身につければできるようになると勘違いされているのだが、残念ながらそうではない

あなた水泳で速く泳ぐことができないのと同じように、あの人はプログラミングがうまくできない

あなたピアノを速く弾くことができないのと同じように、あの人はプログラミングがうまくできない

あなたプログラミングがうまくできないのと同じように、あの人はプログラミングがうまくできない

2020-05-10

All Right, All Right

バイト先の「ふぃよるど」というノルウェー料理店がコロナの影響で閉店することになって、全員で乃木坂まで閉店作業を手伝いに行った。全員といってもおれ自身を含めてバイト学生の3人だけだったが、小さな店の厨房設備什器を回収業者トラックに運び込むにはその人数で十分だった。

夕方には作業が終わって、最後に3人でご飯でも行こうかということになり、平林の車に乗って南青山六本木方面に行ったはいいが、どこも営業自粛中で閉まっている。

「どうする?」とおれが訊くと、「どこでもいいよ、ラーメン屋でもなんでも。ちょっと調べてみる」とディキンソンがiPhoneを取り出す。ディキンソンは女子大英米文学科に行っていて、本名別にあるのだが、エミリー・ディキンソンかい詩人について卒論を書くつもりらしい。理工学部平林経済学部のおれはその方面に全く無知だったので、詩人名前の響きだけで衝撃を受け、以来店では彼女をディキンソンというあだ名で呼んでいた。

車内では爆音日本語の歌がかかっている。バブル期ぐらいの日本音楽を集めるのは平林趣味で、とくにアイドル音源偏愛していた。高校まで競技水泳をやっていた平林運転席でイカリ肩を揺らしながら酒井法子?の歌に合わせて All Right, All Right と裏声で歌う。


All Right, All Right

恋を失くした

友達にこれしか言えないの

悔しいけど


「あった、開いてるとこ。オメガラーメン麻布十番。どう?」ディキンソンが後ろの席から画面を差し出す。青山霊園を走る車の中で、平林は相変わらず All Right, All Right と裏声で歌う。「ちょっと、うるさい」とディキンソンが平林の頭を押さえつける。おれは助手席からiPhoneの画面を覗き込む。「いんじゃないかな。あとは車停める所か、探してみる」

オメガラーメンは空いていた。というか客はおれたちしかいなかった。カウンター6席ほどの店で、3人並んで座るとけっこう密だったが、今日いっぱい密だったので、いまさらどうしようもないよなと話しながら座った。

「えいらっしゃい」と店主らしき人がカウンターごしにメニューを置くが、オメガラーメンと一行書いてあるだけだ。3人ともオメガラーメンを頼んだ。

出てきたのは真黒なラーメンで、独特のぬめりがあるスープから肉の塊らしきもの突き出している。ビーフカレーのようにも見えるが、中央に配置された白髪ねぎ小山ラーメンらしい外観をかろうじて保っていた。

味はなんというか、微妙だった。3人とも無言で平らげて店を出た。

代々木上原に住むディキンソンを途中で降してから赤羽実家がある平林田端に住むおれは北へ向かった。

「また3人でこうやって会うこと、あるのかな」

ぼやきに近いおれの問いかけに、平林は一瞬黙ってから答えた。

「どうかな。まあ、あるんじゃないかな。当面、全員日本にいることになりそうだし」

「どういうこと?」

「咲は、あ、ディキンソンは、秋からアメリカ大学留学が決まってたんだけど、話が流れちゃったらしい。コロナのせいで先行きがわからいからって。それでけっこうがっかりしてたんだ」

「そうなのか」としか言えなかった。

なぜおれは知らないのか。なぜ平林は知っているのか。なぜディキンソンの下の名前を言ってからディキンソンと言い直したのか。

坂下交差点で降してもらい、セブンイレブンに寄ってからアパートへ向かうあいだ、胸に覚えのない異物感を感じ続けていた。それは甘すぎたオメガラーメンによる胸焼けなのか、ディキンソンにこれまで自分が何かを感じていたことにたいする動揺なのか、わからなかった。

2020-05-06

床にうつ伏せて平泳ぎごっこやったらめちゃくちゃ背中筋肉を動かせたし気持ちいい疲労が来た

水泳の動きはすごい

2020-05-03

anond:20200503120504

本人の好みの話はおいといて、

よく言われる”使える筋肉”ってなんなんだろう。

野球筋肉水泳には使えないし、

水泳筋肉相撲には使えないし、

相撲筋肉マラソンには使えないし、

マラソン筋肉ボディビルには使えないよね


結局、どんなスポーツで鍛えた筋肉もある程度以上は特化した用途しか使えない。

その上で、150kmのボールを棒で叩いて遠くまで飛ばせたり、42kmを走れたりすることに比べたら、

重いものを持ち上げられることのほうがよっぽど普段生活に役立つと思うけど。

2020-05-02

anond:20200502192523

水泳がかなりいいけど、特別設備必要からなあ

海に住んでみてはどうかな

2020-05-01

今日、入水自殺対応をした話

今日、入水自殺をしたひとへの対応をしたときのことを記す。主に自分気持ち落ち着けるためだ。

できごと

・もろもろ所用を済ませて17時過ぎに家に帰る。かなりよいことがあったのでうきうきの気分だった。

・ふだんradikoを聞いてるのでこのときも聞いてた。

・前を歩いてた人が橋の途中で何度も下を見るので「なんか珍しい鳥でもいるか、話好きのひとか?」と思ってイヤフォンを外して話しかけると下に人がいるという。

・プカプカ浮いている男性がいる。手足は動いている。なんかダイバー仕事かな?と思いつつ、大きな声で大丈夫ですか!って聞く。返事があるけど聞き取れない。

・前を歩いてた人がやばそうな顔をしてたので110番する、…体感時間で1分ほど話したが119に誘導されて電話する。

・この時点で自殺をしようとしたひとの顔が水面から見えたり、見えなくなったりする。

・私は水泳経験があるので助けられると思ったが、119のひとに止められる。

・思ったよりすぐ救急車消防車がく、る、ような気がしたけどサイレンの音はすれども遅く感じる。

・もう顔は水面から見えない。

消防隊到着、水面から見えなくなってから時間を伝えるとわかりましたと返答。

警察官に連絡先や状況を伝える。ちょっと待っててと言われる。職業を聞かれるのがすこし不愉快

自殺をしようとしてたひとが引き上げられる。

警察に帰っていいか聞いていいよと言われる。

・入水自殺したひとがいたと教えてくれたひとにお礼とこれがベストだったのではないかと話し込む。

かえる。やたらと酒と金目鯛の刺身無駄にかって帰る。

・以上

わかったこと。

意外と冷静に対応できない。

思ったこと。

あのひとは本当に死にたかったんだろうか。すこしプカプカ浮いてたのは死ぬことを後悔したのではないだろうか、と考えてる。

2020-04-28

anond:20200428234330

水泳は今の時勢だと厳しいね

しばらくは座り方改善をいろいろ試してみる

ここまで腰痛くなったの初めてで困ってたのでアドバイス助かります

anond:20200428233439

たぶん、それで効く。

あとは痛み引いて一週間後くらいから、全身筋トレやるといい。無難なのは水泳ではあるんだが。

2020-04-26

大学受験模試を受けているが、会場の都合がつかなくて小学校で受けている。

椅子や机が小学生サイズで不便な思いをしながらも試験を進めていくうちに、休憩時間になった。

トイレに行くが、他の生徒たちも一斉にトイレに行っており、混雑していた。

これでは順番が回ってくるのはだいぶん先になりそうなので、1階のトイレに行こうと階段下りた。

1階では、近くの幼稚園園児体験入学のため、これからプールに入ろうとしていた。

だが幼稚園児達は見慣れない校舎に興奮していて、

小学校先生の言うことも幼稚園先生の言うことも聞かずに走り回っており、

挙句の果てにはなぜか水泳水着まで脱ぎだした。

園児たちを静止させるためにヒステリックに声を上げる先生達。

「あーあ、子供の世話は大変だな」と思ったところで目が覚める。

相変わらず、夢というのは現実性がない。

そもそも自分社会人から大学受験模試など受けないし、

いくら会場の準備がつかないからって、大学模試のために小学校を使うことはあり得ないし、

幼稚園小学校体験入学も聞いたことないし、(私立ではひょっとしてあるのかな?)

あったとしても模試と同じ日というのも、その内容がプール水泳というのもあり得ないし、

興奮したとはいえ幼稚園児が人前で全裸になることもあり得ない。

しかし何よりも不思議というか恐ろしいのは、そこまで不自然な状況であるにも関わらず、

であることに気づいたのは目が覚めてからである自分判断力

夢現状態判断力と言うのはこれほどまでに落ちるのだ。

2020-04-23

ワイは体重100kgやで

ずっとキープしてるやで

水泳をするとがくっと落ちるんで控えとるやで

今日シスコーン2袋とハッシュドポテト8個とカツカレー大盛りと明太子スパゲティ大盛りとアイススーパーカップ5個食ったやで

2020-03-25

運動不足といえば、フランスではプロマラソンランナーが、

長さ7メートル幅1メートルの自宅のバルコニー

6000回往復して、42.195キロを完走したとか、

イタリアが誇る女子水泳の金メダリスト、フェデリーカ・ペッレグリーニが

自宅のベッドの上に水着姿でダイブして、バタバタ泳いでいる

動画投稿していたり。

笑い事じゃないけど、笑うしかない。

プロも、アマチュアも、常に運動している人たちにとっては

深刻な問題だよね。

https://www.madamin2.me/2020/03/blog-post_25.html

2020-03-20

anond:20200320153113

女が腹筋やら胸筋やらの立体感を好むことはもう証明済の事実から。某水泳アニメ検索してみよ、いかエロティックに男が描かれているか。それ以外にもスケートアニメアイドルアニメでもまたしかりだ。

こじらせててつらいのでカウンセリング行ったら楽になった話

スペック

(いくつかフェイクあり)

この記事を書いた理由

カウンセリングを受けて何かと楽になったので、知見を共有したい。

それに、カウンセリングを終えてからそろそろ1年が経過するので、ちょうど過去を振り返るのにちょうどいいと考えた。

増田でも、多くの人が「カウンセリングに行ってみたら?」と時には本気で、時には冗談で言うのだけれど、そこが実際にはどんな場なのかを知らないせいで、行くのをためらっている人が多い現状を、変えたいというのもある。

増田だけではなく、ネット上の多くの人が、少しでも楽になれるように祈っている。その助けになれば幸いだ。

どのようなことで困っていたか

長くなりそうだし、愚痴っぽくなるのも嫌なので、代表的ものだけを箇条書きで挙げる。

カウンセラーはどんな人?

臨床心理士資格を持っている50代の女性中学生くらいの子供がいるらしい。

髪の毛が長く、少しやせ型。落ち着いた物静かな女性だが、明確な自分の考えを持っている印象がある。初恋の人に似ている気がするがおそらくは気のせいというか、投影しているのは間違いない。

実際のカウンセリングではどんなことをするのか

初回は風景構成法を行った。これはカウンセラーの指示に従って、順番に山や川、家や田んぼ人物などを配置していくもので、専門書に当たれば具体的な解釈方法が書かれているが、自分専門家ではないので省く。当日に描いた作品を今になって振り返ってみると、道のど真ん中に障害物の石が置かれていたり、山が雪に閉ざされていたりと、寒々とした印象を受けた。描かれている人間逆立ちをしていて、何やら不穏である。蛇も不気味にとぐろを巻いていた。

二回目からは主に夢分析を行った。カウンセリングカウンセリングの間の一週間に見てきた夢を記録して、それを材料に話をする。つかみどころがないようだが、意外なことにかなり効果があった。理屈はわからないが、この治療中は同じようなテーマの夢を見るようになる。さらに、肝心なのは夢の内容そのものではなく、夢の話をしているうちに自分が何を思い出したか、あるいは漠然とした印象をどのように語りなおしたかで、それによって、自身の考え方の偏りや傾向が見えてきた。現に、夢の内容を話す時間は案外短く、後半の三十分は、そこから思い出した過去出来事や近況、それについて自分がどう感じたについて話し合うことに費やされた。そうした雑談きっかけに、突破口を開いたこともある。

夢分析が行き詰まった時には、箱庭療法を試みた。これは、砂の敷かれた箱の上に人形模型を配置していくもので、話しながら人形を動かしたり、砂の上に模様を描いたりした。うまく説明できないが、非言語的なものを明確にするのに役立った気がする。例えば「このタヌキ(の置物)は寂しくて困っている。友達がいなくて寂しそう。上下がひっくり返って困っている。悲しくて暴れている」などと比喩的な話をすることで、日常使っている言葉論理で語りたくないことを口にしていた。小さな人形を触っているうちに気分が落ち着いたり、逆にひどく動揺することがあったり、不思議経験だった。箱庭療法最初の一回も、自分心理的混乱が反映されていたのか、人形同士がにらみ合ったりひっくり返ったり無意味に積み上げられたりと、非常に張り詰めた印象のもので、カウンセラーも「ちょっと怖い」という印象を漏らしていた。

これらの技法は、ある種のきっかけというか呼び水だった気がする。どんなことを語っても許されるというか、傾聴してくれる場というのはそれだけで貴重で、話しているうちに自分の思いがけない本音や、ダブルスタンダードに気づいた。また、夢のような一見「どうでもいい」話ができる仲になることで、普通は人に話すこともはばかられるような、野外オナニー願望についても話すことができた。

治療も後半になると、こうした技法ほとんど用いず、通常の雑談に近くなった。自分はこういうことをしてこう言う結果になった。自分気持ちはこうだ。そうしたことが素直に言えない人のために、これらの技法はあるのかもしれない。

カウンセリングの進行、そこで自分はどう変化していったか

始め、自分は藁にも縋るような思いでカウンセリングを申し込んだ。と同時に、どこか疑ってもいた。自分カウンセリング技法についての基礎的な知識はあったし、大体どのようなことをされるのか予想がつくと思い込んでいた。精神分析に関するフロイト著作だって読んだことがあるし、河合隼雄の「ユング心理学入門」も読んでいた。しかし、カウンセリングの概略を知っていることと、実際にカウンセリングを受けることとは、まったく別の経験だった。水泳理論と、実際に水に入って泳ぐこと以上に隔てられている。なんといっても、何年にもわたって定期的に同じ人間と会うのだから必然的相手には強い感情を持ってしまう。結局、人間が強い感情を持つの人間に対してであり、人間が変わるのも対人関係を通してだ。

カウンセリングでは何について話すことも自由だった。幼少期の悲しみ、いじめられた経験、両親から受けた不条理仕打ちなどなど。それだけではない。女性にするべきではないとされている話もした。自分の性生活自慰行為風俗店での出来事など、自分は露悪的なまでに細部を語ったが、しっかりと耳を傾けてくれた。

そして肝心なのが、何度同じ話をしても相手は退屈する様子を見せない点だ。自分は、同じ話を繰り返すことで忘れていた細部を思い出すことがあったし、それに新しく意味付けをすることもできた。

最後に、カウンセリング時間が終わりに近づくと、カウンセラーは僕の話した内容を簡潔に言い直す。そうすると、自分はこういうことを考えていたのか、と毎度のように驚かされる。まとめられた内容を反芻しながら次の一週間を過ごすことで、自分の考えが深まっていった。他にも、自分がすべての不平不満をぶちまけた後で、それに対する解釈を投げ返されることで、その負の感情自分の一部として取り込むことができるようになった。「あなたがそこで腹を立てるのは当然だ」「あなた感覚はそれほどおかしものではない」という趣旨言葉を返してくれるだけで、自分過去を少しずつ受け入れることができるようになっていった。

カウンセリングの中で、カウンセラーを好きになること

ところで、カウンセリングに通ったのが、2014年3月から2019年8月ことなので、4年以上も同じ人と毎週のように会っていたことになる。途中から自分の気分が落ち着いてきたので隔週に切り替えたのだが、それでもかなりの頻度だ。自分は、自分のあらゆる感情や悩みをぶちまけて、それでも受け入れてくれる存在がうれしかった。モテないあまり風俗に浸っている自分軽蔑しない彼女存在が尊く思われた。

珍しくないことだが、自分カウンセラー好意を持つようになった。自分は、職業倫理上その気持ちは受け入れてもらえないことだと知ってはいたけれど、「あなた尊敬しているし、とても強い好意を持っています」と伝えた。カウンセラーからは「私もあなたと会うのが楽しみです」という趣旨の返事をもらった。と同時に、僕は、なぜこのカウンセラーが好きになったのかをじっくり考えだした。すると、自分には好きな人自分の悩みを洗いざらい吐き出したいという願望があったのだ、と気づいた。同時に、自分知的水準の高い女性に強いあこがれを持つことも改めて認識した。年齢などどうでもよかった。比較的若く見えるが、相手は五十代の人妻で、自分が手を出すわけにはいかないのだけれど、叶わない想いだとは知りながら、相手尊敬の念を持ち続けるというのは、思ったよりも悪くなかった。おかげで、自分にとって他人を好きになるとはどういうことかを言語化できたし、他人尊重することを身をもって学んだ。

一人の女性を好きになり、それを軽蔑されたり馬鹿にされたりしないこと安心感を、自分はたくさんの悩みに取り組む支えとしていった。僕は、このカウンセラーのことが好きになれて、本当によかったと今でも思っている。

カウンセリングを通じての自分認識の変化

過去のどのようなつらい経験も、自分はそれぞれ意味があったのだと、迷いなく考えられるようになった。それから、今までは様々な物事を与えられて当然だと感じていたが、やっとのことで与えられた物事感謝することを学べたように思う。

また、自分の恐れの感情トラウマにとらわれずに行動できるようになったことで、自分の外側の世界に対して、うまく働きかけることができるようになった。

もちろん、上に書いたような悩みのなかには、直接解決しなかったものもある。でも、それはそれで仕方がない、と受け入れられるようになった。

何よりも現実検討能力がついた。不安不安のままかかえておけるようになり、不安で頭が真っ白になることがほとんどなくなった。自分の中の膨大な不安エネルギーが、落ち着くべき場所を見つけたかのようだった。

上記の悩みに自分は具体的にはどんな答えを見つけていったか

悩みの解決過程言語化するのは難しい。自分の考えがどんな風に変化していったかを記すにとどめる。人によってたどるべき道のりは異なるし、僕の頭の中の理屈をそのまま文字にしても、納得できないことは十分に考えられるからだ。

過去いじめ、対人関係トラブルはとても悲しいものだった。でも、おかげで自分は人をできるだけ傷つけないようにしようと心掛けられるようになった。それと同時に、絶対に誰のことも傷つけない発言表現というのも無理だとも知った。男性であれ女性であれ、相手を一人の個人として尊敬することが大切であり、それは自分相手は異なっていると認識することだ。だから、できるだけ丁寧に接することは大切だけれども、自分他人は別の存在なので、礼儀正しくしていたとしても、絶対不快な思いをさせないでいることは不可能だ。かつての自分は、自分女性から不快な思いをさせられた経験から絶対女性を傷つけてはいけないというルール自分に課していたのだけれども、それは不可能だと知った。過度に自分を縛る目標は、ある種の呪縛だ。

それに、世間はいろんな女性がいる。優しい人、冷たい人、知的な人、ちゃらんぽらんな人。一人の女性自分暴力を振るったからと言って、そうでない人もたくさんいる。女性一般や平均的女性像みたいなものに、振り回されなくなった。

フェミニズムとの距離感もうまく取れるようになった。納得できることはうなずき、わからないことについては調べ、おかしいと思うことには反対する。それは、フェミニズムだけではない。自分とは違う考えの相手に対する対応の仕方と全く同じだ。

仕事に関しては、転職をした。自分能力に見合った仕事に切り替えることでやりがいも感じられるようになった。給与は下がったが、例えば600万稼ぐ人間が300万稼ぐ人間の2倍偉いのかといえばそういうわけでもないし、僕にとっての一番大切な価値観は、早寝早起き快食快便が守れる生活が維持できるかどうかだと知った。

男らしくないのではないか、というのも気にしなくなった。世間価値観がどうあれ、自分が好きなことを好きなようにする。自分らしくあることが自分にとって男らしいことと定義しなおした。

その中で、家族との関係改善した。今にして思えば、両親は自分と非常に適切にかかわってきてくれた気がする。圧倒的にすがりたいと思っていた両親も50~60代のただの人間なのだ、と実感することができた。しかし、ただの弱みもある人間からこそ、大事にしたく思えるようになった。距離感が適切になった気がする。

処女厨ロリコンも治った。正確には、そういう願望があることそのものに対して、思い悩まなくなった。一つには、50代の女性に恋をすることで、実際に小学生恋愛したって、物足りなくなるに決まっていると心の底から理解したというのがあるし、人生経験豊かな女性の魅力に気付いたのもある。さらに、処女厨の根源にあった、「セックスとは汚いものだ」という意識も弱まった。「セックス気持ちよいものだし、誰かを愛することは素敵なことだ」という感覚しかなかったら、処女喪失を汚れとは認識しないだろう。それよりも、出会った二人が新しく一緒に思い出を作っていくことの喜びに目が向くようになった。まだ彼女はできていないけれども、一緒にデートしたり、他愛のない話をしたり、うとうとしたりしたいし、それに向けて今でも努力している。

女子小学生の裸を見たいという感じもほとんどなくなった。確かにあの年頃の女の子かわいいけれど、それだけのことだ。どんな感情を抱こうとも人間自由だと思えるようになったことで、かえってそうしたロリコン的な願望から自由になった。

同時に、野外オナニー願望も消えた。なんというか、得体のしれないドロドロした性欲のエネルギーに、適切な形が与えられた感覚がある。よく夢で、性器露出したり全裸になったりするパターンが多かったのだけれど、カウンセラーと話すうちに「おちんちん見せるだけじゃ意味ないよね?」みたいな話になり、そうしたことを話しているうちに、セックスって相手あってのことだよね、みたいな認識に到達した(このあたりの話が非常にわかりにくいのではないかと恐れている。ラポール、とでもいうのだろうか、クライアントカウンセラーの間には、長い間の会話の積み重ねからくる膨大なコンテクストの共有があり、ある種のツーカー関係が出来上がっているので、会話だけも書き起こしても非言語的な部分が多くを占めていて、客観的にはわかりにくくなりがちだ)。

死への恐怖は、とりあえず先送りされた。これは個人的な経験だけれど、死ぬのが怖くてたまらないときというのは、何か大きな変化を恐れているときか、未知のものに飛び込まなければいけないときに強まるような感覚がある。

カウンセリングを終えたきっか

カウンセラーには日々の出来事を何でも話すことができたが、別にカウンセラーに聞いてもらわらなくても、別に大丈夫になってきた。さらに、ここで話をしても、これ以上自分は楽にはならない気がするようになってしまった。

とても感謝はしているけれども、自分自分を励ます考え方ができるようになっていて、あとは毎日出来事淡々カウンセラーに報告するだけみたいになっていた。

というのも、自分の悩みを解決できるのは、最終的には自分だと思うようになったからだ。話を聞いてもらって勇気をもらったり、現実的なアドバイスを受け取ったりすることはあったけれども、実際に行動するは他ならぬ自分なのだ

ならば、これ以上ここにいても、自分は変われないのではないか、という気がした。そして、3月という区切りのいい時期であったので、そこで終えることにした。

最後にもう一度風景構成法を行った。山には緑があふれるようになり、街には人がたくさん姿を見せるようになった。蛇は道や川のうねりへと姿を変えた。困ったときには駆け込めるような病院や、芸術を鑑賞できるような美術館も街に描かれていた。そこでは、たくさんの人々が連れ立って歩いていた。ずっと住み心地のよさそうな風景だった。

そして、僕は無事にカウンセリング卒業した。

続き→ anond:20200320072823

2020-03-16

anond:20200316093433

女子」「男子」ってオリンピックの種目でも「男水泳」とか「女サッカー」って言わないから、丁寧に言ってるんだなくらいに思ってるよ。

2020-03-13

弟の自己肯定感を奪ってきた

anond:20200313103330

これをすまん……すまん……と思いながら読んでいた。増田は長女である

元増田姉御さんとは確実に別人なのだが、まるで自分に当てられたかのように深く突き刺さる。

他ならぬ私が、弟の自己肯定感を奪って生きてきた姉だからだ。

エピソードは色々あるが、ともかく「優秀なお姉ちゃん」として育ってきた。

中学までは成績はクラストップ、部活レギュラーだった。

一方、弟は中学最初テストで大きくしくじり、親にこっぴどくしかられる。

習い事は弟と共通して通ってきたものが多いが、

ピアノ子供教室首席まで登りつめた姉の傍ら、弟はすぐに放り出し、珠算水泳階級でも姉を上回ることはなかった。

同じ高校受験したが弟は落ちてしまった高校受験、などなど。

その度にこちらの意思とも関係なく、弟は姉と比較され続けた。

特に象徴的なエピソードがある。

弟が小学校低学年のとき自由研究として地域文学コンクール俳句を応募することにした。

ところが後に理系となる弟には文学的興味が全くなく、作業は難航。最終的に頼まれて私が9割考えたものを持っていくことに。

ところがその俳句が、なんとあろうことかコンクール入賞してしまったのだ!

私も同コンクール小説部門で受賞した為、兄弟受賞と囁かれ、共に授賞式にもいった。

このとき感情といったら、「やってしまった……」というほかない。

「元はといえばお前が自分で考えず人に頼んだりしたからだ」と非を責めることは出来る。

が、そういう問題ではない。私が弟の自己肯定感を奪ってしまったのだ。

弟はその後も自分のものでない功績で人に誉め続けられた。学校表彰され、成績表に書かれた。

本当は自分のものではないのに。

果たしてどんな気分だったろうか。




幸いなことに、弟はその後THE末っ子気質パリピコミュ強に進化した為、彼が深く思い詰めるようなことは起こっていない。

私が高校時代勉強より芸術に傾倒し、どうしても行きたい専攻が難関校になく低学歴で終わったこと、

弟と私の得意分野が芸術的な文系コミュ強な理系真逆であること、

弟もまた高校以降優等生になったこと、

親と確執を持ったのが自分の方であったこと、

など数々の状況に恵まれ、今でも週末一緒に遊べるような良好な兄弟仲でいられている。

だが、ふとした時に「増田の方が俺よりずっと優秀だからね」とか寂しそうな顔で言われると、つけた傷がまだ残っていることに気付かざるを得ないのだ。

君のが数学が出来て学歴も良くて友達も多いのに何言ってんだ。もっと自分のいいとこ見てろ。

2020-03-08

頭にシリコン入れて鋭角にすれば水泳って早くなる?

やってみたい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん