「社会生活」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 社会生活とは

2019-04-17

僕は社会生活が上手く送れない。

今年二十歳になった。そろそろ就職とかも考え始めなければいけない頃だ。

それにあたって、真剣自分自身と向き合って、多分僕は学生を辞めたら生きていけないという結論に至った。

まず、僕は何でもかんでも先送りにしてしまう癖がある。美容院の予約とか、部屋の片付けとか、レジュメ等の整頓とか。こういう困るのが僕だけのことならまだいいんだけど、他の人も関わるようなことでさえ先送りにしてしまう。

皆で〆切を決めた制作物の作業とか、サークル合宿で使う宿への連絡とか。少しの間それと向き合うだけで解決することでも、全然やれない。

ちょっとやる気になっても、今はもっとやるべきことがあるからかいってなにかと理由を付けて先送りにする。

年をとるたびにこの傾向は強くなっている。

やりたくないことを頑張ってやる、ということができない。今も、やらなきゃいけないことと向き合うのが嫌すぎてこの文章を書いている。

責任感というものが僕には身についていない。だから他人迷惑をかけることが想像できても、行動できない。

先送り癖は発達障害典型的症状の一つらしい。集中力もないし、忘れ物もよくする。

向き合う方法を見つけなければならない。がんばりたい。

2019-04-15

ネットネットリアルリアル

大昔の作品だし供給なんて耐えて久しいから、そこそこ絵を描ける自分が、参入してから、そこそこの評価を貰えた。

アフターやイベントのお誘いも貰っているけれど、遠方を理由に参加はしていないし、今後も参加する予定はない。

当方アラフォーだけど、結婚していないので、いい歳して積まなければいけない人生経験をろくに積んでいないからだ。

仲良くしてくださる、主婦の神絵師小説書きの方に、私なんぞがあえば、絶対ドン引きされる。

だらしなく肥えた体、親元で親の介護がいつか迫り来ることを知りながらぬくぬくと老親に面倒見てもらえるパートタイマーリアルの友人からもすっかり相手にされなくなった幼稚な言動と行動、アラフォーと書いたが四十超えてる、不惑だ、不惑、こっちは生きる知識が乏しく惑いっぱなしだというのに。

自分作品を今後もフラットに見てもらいたいので、そこに「わたし」という存在など邪魔なのだ

自分が駄目人間だということはわかっている。

勇気と粘り強さと思慮深ささえあれば、正職員にもなれたろうし、結婚も出来たかもしれない。

けれど、それができた若い頃は、社会が怖く引きこもりだった。努力が足りないのはわかっているが、四十超えた今、外に出て、自分お金を貰えるようになるまで社会生活を営めるようになるまで、かなりしんどかったんだ。男性に好まれ容姿や行動、生態調査プレゼンテーションまでの努力に手が回らなかったし、それはしたいことではなかった。それに、自分みたいな不適合者が子供を作ったら、自分に似せまいとするあまり、恐らく虐待に走るだろう。世の人が言う幸せをそこまでして欲しくないし、それをきちんと経験した世の女性や私の母を尊敬している。生まれてきてごめんなさい。死にたいんだけど、死ぬのが怖いんです。

ごめんなさい、話が暗くなった。御察しの通り、処女だ。しか腐女子

社会生活を送ろうと思ったのは、イラストを描いて、本やサイトを持って、妄想だらけのこの頭の中を、形にすることができたらなと思ったからだ。そのためなら、年下の人間の蔑んだ目や、あいつの人生よりはまだマシと言う世間から視線我慢できる。年上の家庭に疲れた人の言葉サンドバッグにもヘラヘラ笑っていられる。

そういった視線を、今のジャンルで仲良くしてもらった神絵師さんや神小説書きさんから、注がれたら、あのキモい奴の作品など見れない、悪い意味で見る目変わるわとか思われたら、もう生きていけない。

日常ツイも極力しない、ツイッター内で声をかけられても当たり障りない返しをする、淡々自分理想をこめたブロマンス的なホモを描く、たまにプライベッターでえげつない漫画をおく。

その中にわたしという不純物は不要だ。

交流も最小限でいい。私の裸踊りをしれっと見てくれるだけでいいんだってば。

自分理想けが生きがいだから絶対自分と言う醜いものをおいてはならない。

そもそも腐女子になったのは、男女カプだと、羨ましさが混じってしまうのと、男女カプ好きの独特なスイーツ脳が苦手だったり。

2019-04-14

るいともな話

友人が鬱になった。

会社行きたくないみたいなことはよく言ってて、

まーあいつならなんとかうまくやるだろう、

と、

いつか心折れるだろう、

が半々な感じだな、なんて思っていたらそんなことになってしまった。

ちなみに、友人が鬱になったのはこれで三人目だったりする。

そして、僕自身も鬱と診断され休んでいた過去がある(今は体調に波がありながらもなんとか暮らしている)。

そうなってしまった友人達共通するのは、いつまでも話ができるようなくらい気が合うのだ。

なんか違和感を感じることとか、こういうことってどうするのがいいんだろね、って悩みとか、そういう世界の見え方みたいなのが似てて、話すのが楽しかった。

話すほど、自分にはそこまで見えていなかったこととか、発見がたくさんあった。

ただ、今みんながみんなこんな状態になってるのを思うと、それってあまり社会生活送るにあたってやるべきことじゃなかったのかな、なんて思う。

鬱予備軍が生きづらさ共有して、励ますどころか、世界が間違ってるみたいな勢いで反骨心を深めていく。

僕らあんまり仲良くすべきじゃなかったのかもね。

もっとまともな奴と、まともな励まし合いをしながら生きたほうがよかったかもね。

まともな奴が僕らのような奴らを相手してくれるかはまた別の話だが。あっ、こんなこと言ってるからこうなるんだよな。ほんとゴメン。

まあさすがになんとかしてやりたいのだが、今は自分の体調もあまり良くない波に来ているので、下手に影響されて共倒れしてしまうのも怖い。

つくづく弱いな、自分。なさけねぇ。

2019-04-11

anond:20190411205232

そもそもサイコパスソシオパス俗語にすぎず、医学的には区別されていないんだけど、「精神病」と混同されやすい「サイコパス精神病質」と違って、「ソシオパス社会病質」という言葉は「社会的に作られたもの(つまり後天的もの)」とか「社会生活を営むことができる」といった印象を与えるので、そういう側面を強調したい人たちがサイコパスソシオパスと言い換えることが多かったらしい。そこから転じて、現在では「先天的なのがサイコパス後天的なのがソシオパス」とか「良心が全く残ってないのがサイコパス、少しは残ってるのがソシオパス」みたいな説明がされることもあるようだ。でも、繰り返すけど医学的には区別されてない。

2019-04-10

フレックス出社するたびに罪悪感を覚える

社会人」はこうあるべきだ、という価値観更新できず、スーツで働いてることや、出社時間が遅いことに罪悪感を覚える。

ソフトウェアエンジニアをしているが、需要供給に勝っているせいか、よい待遇を得ている。出社時間・退社時間自由だし、スーツを着る必要もない。ごくあたり前に仕事中に音楽を聞ける。 昼休みも好きなだけ取れるので、ゆっくりお昼を食べたあと、コーヒーまで飲んでる。

そういう楽な生活をしていると、自分の中の価値観がこれは「普通」の働き方ではないぞとささやく。これは「マトモ」な社会生活ではないぞと感じる。

罪悪感は覚えるものの、そういう生活ができるわけではない。新卒入社した会社はそのよう会社だったが、ものすごく苦痛だった。アラームで起きて決まった時間に家をでるのも苦痛だし、同じ時間大勢会社の門をくぐるのを見ると吐き気がした。そのことが一層、罪悪感を加速させる。

よい待遇で甘やかされているので、将来に対する強い意志も持てず、さそわれるまま会社を移ってしまう。 幸い需要のほうが多いので、そんな転職でも待遇改善してしまう。それ自体は喜ばしいことだが、普通の人は転職なんてしないぞという思いが離れない。

たぶん、このまま一生まともになることはできず、需要供給に追いつかれた時点で、まともな職につくことができず、そのまま死んでいくんだろうなと思う。

増田さえできない。吐き出したくて来たら、深夜にはたくさんの悩みがある。自分にも言えることがありそうなこともあるが、人に伝えたいことよりも自分のことになってしまう。言い淀んでいるうちにまともな人が来た。まともに社会生活を送れている人が、その人の「背中」をちゃんと見つけて背中を押してやる。良かった。その人が一歩踏み出せそうで良かった。私が声をかけなくて良かった。こんな混乱した状態で何かを発してもその人を混乱させてしまうだけだっただろう。良かった、良かった、辛い。私なんかが声をかけようとしてごめんなさい。間に合って良かった。私が声を掛ける前で良かった。がんばれどこかの増田、がんばれどこかの私。

2019-04-09

ズボラな人は美容師を選べ

わたしは正直見た目を良くすることに興味があまりない

というかそのために割く時間より、読書映画や飲みなどに割きたい

しかし最低限の身だしなみが出来ているかどうかで、周囲の目は変わるもの

それは美醜の問題ということではないけれど、できる人間演出してくれる

身だしなみが整ってるということは、余裕があるように見えるからだろう

でも日頃会社に行って、家事をしてという日々を送る中で、自分の楽しみの時間を削ってまでヘアセット時間をかけるのは厳しいという気持ちがある

その中で私が考えたのが、タイトルにある「美容師を選ぶ」ということ

数年前まで私は美容室難民をしていた

向こうも商売なのはわかるが、ヘアケアアイテム押し売りの如く勧められるのは辟易する

明らかな切り残しがあるのは論外

客のこっちが気疲れするとは思わないのか、ずっと喋りかけてくるのも……しんどい

しかし7、8軒目くらいだろうか

素晴らしい美容師さんと出会うことができた

適度に要望を聞いてくれた上で、私に向いた髪型提案してくれた

腰はやや低く、技術は高い

その頃彼は美容師としては5年目くらいだろうか

それからずっと同じ方にお世話になっている

いい美容師さんとの出会いは、カットしてもらう間が心地よく過ごせるだけではないことに気づかせてくれた

私の髪質や生活スタイルに合わせたカットをしてくれていたのだ

時間が経っても毛先のばらつきはない

分け目が変わっても違和感がなく

朝は髪を梳かすだけでそのまま外へ行っても大丈夫状態

事情があって他の美容院理髪店を利用した際、「どこか行きつけの所があるんですか?カットがすごくお上手ですね」とまで言われた

同業者にそう言わせることにわたしも驚いた


それまで自分の髪は扱いにくい、良くないものだと思っていた

切り残しが出たりするのも、自分の髪質のせいかもしれないと

しかしその美容師さんは私の髪質の個性を褒めて、活かしてカットしてくれた

自分違和感なく、美容師さん自身も納得のいく形に

そうなってくると、周りがどうこういう以上に、自分自分に自信がついてくる

毎日正解がわからない髪型を直すことがなくなった

それなのに周りの印象は良さそうだ

仲良い人には「明るくなった」といわれ

顔を知ってるだけの会社の人やおなじサークルの人にも話しかけられるようになった


寧ろ人を遠ざけたいなら、不潔でだらしない格好をすればいいのだろう

でも少しでも社会生活を過ごしやすく、だけど面倒くさいことは避けたいというなら、プライド持ってやってる、いい美容師さんを選んで楽ちんな髪型にしてもらうのがオススメ

(余計なことを考える時間が減って効率良いよ!)

2019-04-07

anond:20190407211848

駅周辺で生活が完結されるような地域地方じゃないだろ。

もしくはまともな社会生活を送れていない半引きこもりだわ。

2019-04-05

anond:20190405141836

しか毎日増田セックスセックス言ってるのは

社会生活に影響が出ている」とみなしていいと思うが

anond:20190405141622

健康社会生活に影響を及ぼさないなら"症"ではないんやで

2019-04-03

anond:20190401234546

casmです。追記言及いただいたようなので簡単に。

それより私が最も伝えたかったのは(自救行為というかただの犯罪なので犯罪と言いますが)『被害者にどんな事情があれ犯罪は決して許されない』という点です。

本当にそれを最も伝えたいのであればGIGAZINE側に対する疑義ではなく,「GIGAZINE側に対する疑義が法的に無意味である件」って感じのタイトルで書いた方が良いと思いますよ。もし濫用"的"であって社会的相当性に欠けるのではないかとかGIGAZINE側に一方的に肩入れすべきでないのではないか、というブレーキを掛ける心情を惹起することも、一定の理解は示せるところです。といった記述がそういう意図で書かれたものだったのであれば,読み取れず申し訳ございません。

それはさておき,その点だけを書くのであれば普通に書いちゃえば被害者にどんな事情があれ犯罪は決して許されないという23文字(あるいは「自力救済禁止」の7文字)で尽きるのですが,それは自力救済禁止に得心していない人に対して説得的では無いような気がします。

ある程度より賢い人は,自分知識が十分でない問題について一方の言い分だけで判断してはならない,という論理的にも道徳的にも優れた思考様式を習慣にしています

そうした正しい人々を正しい反応に導こうと考えた場合の一つの手段は,十分な知識を与えることで,今回で言えば,自力救済禁止重要性を熱弁することです(いちおう anond:20190401180049 にもちょこっと書きましたが。)。

ただ,法の支配とか手続的正義とかの話って,「GIGAZINE側にも落ち度があるんじゃないか?」という(通常の社会生活を送る上で正当な)第一印象をひっくり返すには,いまいち書生的で形而上学的な印象を与えるんじゃないかと思ってます

そこで今回は,そうではない手法として,①法的な落ち度は考えにくいという点を厚めに論じるとともに,②一般人を押し込む下衆い修辞法を採りました。マジ下衆い。

 

などというのも実は全部後付けの理由で,実はあのエントリ,当初は「GIGAZINE所有建物不法解体の件の前提知識」というタイトルで,建物保護法&借地法のとこだけ書くつもりで書き始めた文書なのです。GIAZINEの記事を読めば借地上の建物の話なのは明白だと思ったのですが,どうも土地所有権建物所有権が別であることに訝しんでいる声も多かったようなので…。

投稿直後に,「前提知識」以外も含んでるなーって思ってタイトルを変更しました。セルクマが少し遅かったのはそういう理由

ザーッと書いた後,「この順番で書くと自力救済禁止の話が霞むなー」と思い,冒頭に敢えて順番を入れ替えて要約を付け足しました。冒頭の①②が,文中では②①の順になっているのはそういう理由

2019-03-27

anond:20190327013918

なんにでも長所短所があるのが普通なのに

優劣に取り憑かれてるのがメンヘラであり、社会生活できていても中身は潜在的メンヘラ

そういうのを助けるって弱者ビジネスの発想だし、率先して差別してる自分に気づいてる?

生きづらくしてるのは自分自身だということ。

2019-03-19

anond:20190319145739

無機物欲情する人もいるんだから何の不思議もないぞ

行動に起こさないように自制して社会生活障害にならないのなら医者に行く必要もないぞ

苦しいのなら医者に行け

心療内科

anond:20190319152130

正常状態人間に何らかの「異常」が付与されたのがADHDその他…という発想をやめたほうがいい。

人間にはさまざまな差異があって、それが社会生活上の障害となる閾値を越えたのがADHDその他、だ。

anond:20190319152636

そうじゃなくてね

小さい人間社会生活?を上から覗き込むみたいに見たいの

そんでたまに人形人間)を掴んで移動させたり

これとこれをくっつけよーって二人掴んでKISSさせたりしたいの

着替えさせたりね

2019-03-18

anond:20190318104138

「薬物依存症被害者はいない」ってのは擁護に思い切り寄った意見で。やっぱり人格が変貌するし、酒乱と同様に他害的な人もいるんだけど。他害が無くとも、社会生活に支障が出れば、本人の周辺は苦労するし。

川俣軍司とか忘れているのか?

2019-03-17

アスペルガー記事読むたびに自分にはその傾向があるのではと思うけど

社会生活をなんとかこなしているので割と否定されてしま

片付けられない、忘れ物恐れて大荷物、同時進行が苦手、手順などへのこだわりが強い、作業的な仕事は得意だがコミュニケーションが苦手、と全部当てはまりもうアスペいいんじゃないかという感じだ

けどなんとか生活こなせているのでアスペ判定もらうとこまではいかない

今より生きづらくなったら一度病院行ってもいいのかも

男の子の日って実際なんて呼ぶの?

毎月の半ば頃に、躁状態がでる。

マジでこれ生理だと思うんだよな。

基本無口系コミュ障なんだけど、そこだけ二時間でも三時間でもしゃべってる。

たまたまおばちゃんとかとかち合うと、社会生活破綻するまで喋り続けてる。

更年期?三十代でも言うのか?

何て言うん?

anond:20190317073658

社会生活に支障がある精神状態ビョーキというので、それを言い出すと革命家もみんなビョーキです

ビョーキ状態の分類であって、特定事実ではないとぼくは思います

2019-03-12

人付き合いのメリット

ふと思ったのだが人と付き合うことに何かメリットがあるだろうか。考えてみたが時間無駄のような気がする。人と関わっている暇があるなら趣味や金儲けに没頭した方が楽しい有益だと思う。他人との関係社会生活で困らない程度で良いと思う。

2019-03-11

anond:20190311234955

読んだ上でも

社会生活を絶ったところから医者弁護士以外の職業について社会生活を送ることも社会復帰しかいいようがないわな

anond:20190311233527

社会生活を絶ってた人がまた社会生活を始めるなら

それは、社会復帰だわな

お前の言い分だと社会復帰再就職になるわな

anond:20190309184518

そもそも学生としてイキイキとした社会生活を行っていた」という前提は合ってるの?

学生時代からの友人とかいる?

2019-03-09

anond:20190309162857

看護師ってみんなストレス抱えてるからキッツイ性格のやつ多い(というか性格がキツくない人間ストレスで病んで辞める)し、20も歳下の先輩に邪険に扱われる可能性高いよ

40歳までまともに社会生活を送れてない元増田には荷が重いんじゃないだろうか

それより自治体就職支援インターンとかやってないか、調べたほうがいい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん