「スキャンダル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スキャンダルとは

2020-06-02

箕輪厚介のセクハラ騒動と #箕輪編集室 退会noteに思うこと

荒木利彦

2020/05/27 11:53

これを受けてメンバーから箕輪編集室を退会する決意をしたというnoteが出されました。

お世話になっている集まり問題が起こっているわけですから居ても立ってもいられず、僕が今考えていることを書いていきます

Twitter上では何人かが言及しているものの、明確な意思表示が少ないなというのも書く理由の一つです。(きちんと意思表示してるよって人いたらごめんなさいね!)


箕輪編集室に入って2年が経ちました

5月箕輪編集室に入って2年になりました。主にライターチームで活動していて、ここ1年でさまざまなプロジェクトに参加しました。

箕輪さんのセクハラ騒動に思うこと

箕輪編集室での活動楽しいのですが、今話題になっている箕輪さんのセクハラ問題について触れずにはいられませんよね。

この騒動について注目を浴びているnoteがあります

箕輪さん主催オンラインサロン箕輪編集室の退会を決意されたみずほさん。

noteのスキは2500を超え、ご本人のツイートも1000リツイートを超えていて、オンラインサロン界隈に一石を投じた投稿です。

今年4月に「みの校(学生限定)」に入会され、今回の箕輪さんのセクハラ騒動顛末を見て退会を決意されました。

時の人となった箕輪さんに批判の声を上げるというのは相当に勇気がいることで賞賛に値します。

みずほさんのnoteを読んでいくつか思ったことがあるので書いていきます

大前提として、箕輪さんが行った行為セクシャルハラスメントです。セクハラあかん! これは共通認識でしょう。

みずほさんが指摘するように編集者とライターという間柄は性的同意のうち「対等性」が欠如していると言わざるを得ません。

人を性行為に誘うときは「対等性」「非強制性」「非継続性」に気を配りながら性的同意をとる必要があります。(分かりやすく知りたい方はこちらの動画をご覧ください。)

みずほさんが紹介されていた動画がわかりやすかったです。こういった分類があることを知らなかったので勉強になりました。)

みずほさんのnoteには(見た限り)賛成の意見が多かったです。僕もそう思いましたし。でも賛成の部分だけでなく、それどうなの?という部分も散見されたので思ったところを書いていきます

箕輪厚介」像の違い

箕輪編集室に入って2ヶ月のみずほさんから見た箕輪さん。

箕輪編集室に2年所属している僕から見た箕輪さん。

立場が違えばそれぞれ見え方が違ってきます

から見た箕輪さん像について。

箕輪さんが編集する本や関わっているプロジェクトを興味深く楽しんでいました。

ただ入会当初から箕輪さんのことをクセの強い人だなとは感じていたのが正直なところ。

箕輪さんのA子さんに対する言動・行動は「ほんまクズやなぁ〜」という感想です。

女性に対して多かれ少なかれそういう話はあるんだろうなと思ってました。

事が起こった2016年12月以前から知り合いだったから親しくはあったんだろうけど、既婚者が仕事を口実に女性の家に上がり込むなんて実にけしからん

それはあかん箕輪さん。幻冬舎に出入りする社外の方はもちろん箕輪編集メンバーからの信頼も落ちちゃいますよ。

箕輪さんは以前から編集者としていろんな著者に会ってきた。犯罪に近いことを行っていた者もいた。でも俺はそんなとんがった個性を持った人間が好きだ」と言っていました。

これを聞いて僕はそんな人もいるんだ程度にしか捉えていませんでしたが、今回の件を鑑みる箕輪さん自身もこの"とんがったやつ"に含まれているんですよね。

箕輪さんがプロデュースする箕輪狂介も「社会が産んだエラー」と歌っていますし。「ただの自己弁護やん」と言ってしまったらそれまでだけど。

箕輪さんはここ数年の間に編集長を務めるNewsPicks Bookが100万部を突破したり、テレビ番組コメンテーターとして出演したりと一気にメジャー感が出てきました。

しかし今回の一件でわかった通りメジャー感はただの一面であり箕輪さんの別の一面には聖人君子からはほど遠いクズい面があるのだということ。

みずほさんはメジャー箕輪に興味を持って入会した可能性が高いのかなと思います。2年間所属している僕からすると出るべくして出たスキャンダルです。

あとはそもそも論として2点。

箕輪さんとA子さんの話であって箕輪編集室は直接関係ない

原稿料の未払いは幻冬舎問題

おそらくこの辺を踏まえてみずほさんは書いてらっしゃって、めちゃくちゃ頭いいんだなと思いました。

もし頭に血が上った勢いのまま書いていたらこういうところで論理破綻して自爆ちゃうはず。

きちんと論理立てられてるのすごいです。

箕輪編集室に向けられた言葉

みずほさんはそれぞれの立場箕輪さん本人、箕輪編集室、箕輪さんが嫌いな人、フェミニスト)の人に向けて文章を書いていて各方面に気を配っているように見えますが、箕輪編集室に向けた言葉については配慮不足が否めません。

みずほさんの文章引用して見ていきますね。

まず一つ目。

箕輪編集室の中でも特に、みの校生は一番弱い立場にあります。どうか意欲ある学生を守っていただけませんでしょうか。

学生が一番弱い立場とおっしゃっていますが、そもそもオンラインサロンに入会するメンバーは同じ月額を支払っているし(みの校所属メンバーは違うけれど)、上下関係もなく基本的にみな対等です。

学生でもしっかりしている人もいれば社会人でも未熟な人もいます

箕輪編集室で活動していると極端な未熟さを感じる人はいないですけどね。

みんな成熟してて年下の方でも僕より成熟してるなと感じることが多々あります

オンラインサロンほど、中にいる人たちがフラット関係を築ける場はないと思っています

強者弱者関係を持ち込むのが一番むずかしい場とすら思いますね。オンラインサロン家族学校会社と比べると損得勘定希薄からでしょう。

これこそがサードプレイスと呼ばれる所以です。

次に二つ目

箕輪編集室の)イベント中に「女子フェミニストかいないよね?」という発言がよくあります

これってどこのイベントなのでしょう? みの校のイベントですかね?

フェミニストという言葉ネットのごく一部の界隈でしかいたことがないので一体どこのイベントなのかと純粋に興味がありました。

僕が参加するイベントでは一度も聞いたことがありません。

フェミニストという言葉のものが分断を呼んでしまうと思ってるのでなるべく使わない方がいいでしょう。

ジェンダー問題に携わっているとよく出てくる言葉なんですかね。

最後三つ目。

男性厳禁のイベント女性限定のチームがピンクピンクしているのをみると、ジェンダー感覚遅れているなと残念に思います。正直、もっと先進的なオンラインサロンかと期待していました。

これはおそらく女性限定チーム(リリープリマチーム)とゴリプリ(リリープリマに対抗してできた男性だけの集まり。チームでさえない)の派生イベントだと思います

箕輪編集室という最先端場所には、実はスーパーウーマン女性たちがとても多いのです。まだまだ社会全体から見たら圧倒的少数派です。しかし、だからこそ箕輪編集室の女性は、それだけで充分ブランドになり得ると感じました。」

自分環境コミュニティを選べなかったり、そもそも選び方を知らない女性も多い中、みの編を選んで入ってきている時点でとても感度が高い女性であるということは間違いありません。

からこそ、私はみの編の女性たちに強い可能性を感じるのです。」

こちらの日刊を読んでもらえばわかるとおり、「ピンクピンクしている」とおっしゃるリリープリマチームの発足は「女性が輝けるチームにしたい」という初代リーダー吉乃菜穂さんの熱い気持ちきっかけです。

(吉乃さんは自身オンラインサロン立ち上げまでされています

リリープリマチームこそみずほさんが求めるチームではないですか? 見た目や雰囲気だけでジェンダー感覚判断するのは節操ですよ。

一生懸命女性応援している吉乃さんや関係者に失礼だと思いませんか。

箕輪編集室との付き合い方

個人としては今回の騒動を受けても箕輪編集室をやめる気はありません。

ライターチームで活動している中でメンバーには仲良くしてもらっていますし、冒頭でも書いたようなやりがいある大型プロジェクトは今後も増えるでしょうしね。

最近ではエンジニアチームの公式サイトリニューアルプロジェクトにも参加しているのでまだまだ楽しんでいきます

みずほさんは箕輪さんのセクハラ騒動を受けて箕輪編集室内でのそういった行為改善するよう求めらっしゃっています

これについては僕も大賛成です。もちろんハラスメントにも種類がありますよね。セクシャルハラスメントだけを防げばいいというわけではないです。

メンバー間でのハラスメント現行犯でないと見つけにくいところはあります

しかコロナ禍によってオフラインでの会合はなかなか開けないでしょうからオンラインで気をつけていきます

僕もサロン内での活動において無意識ハラスメントをやってしまっていることがあるかもしれないと注意しつつ、もしそういった行為を行うメンバーを見つけた際には指摘していきます

最後

みずほさんの発信を見ると関係者に気を使った発言もありましたが、男性女性強者弱者という二元論にハマってしまっている気がします。フェミニストもそういう言葉でしょう。

二元論は分類する時には便利ですが、あらゆる物事はきれいに分けられるものではありません。二つのモノの間には判別できないほど広大なグレーゾーンがあるのです。

みずほさんは大学ジェンダー問題性犯罪問題について取り組んでらっしゃっていてすごく立派だと思います

まして性暴力を振るった人間が作ったコミュニティお金を払って所属するなんて論理的にも感情的にも我慢できないのは本当に良くわかります

ただ、みずほさんにはリリープリマチームの活動もっと知って欲しかったですし、ここ1週間で箕輪編集室のFacebookページに投稿された箕輪さんのメッセージを読んでもらいたかったです。

つい先ほど箕輪編集室の本体スレ箕輪さんからの釈明の投稿もありましたよ。もし読んでいればもう少し違った結果になっていたのではないかなと思います

これからのご活躍を期待しています

https://note.com/enjoy_goodjob/n/n2799bc646ad2

https://note.com/enjoy_goodjob

2020-05-31

箕輪サロンのだいぶ初期に文春の前の編集長が出てて「親しき仲にもスキャンダル」って言ってた

箕輪厚介はだいぶ前から炎上する日を恐れてた

ブロガーロックオンされてた時とかね

こうなる日を薄々感づいてたし、こうなるまで走り抜けるしかない的なことも方々で言ってた

岸勇希の没落も至近距離で見てる(そのときは著者の側に立ち続けると言ってた)

箕輪厚介は打たれ弱い

いま相当参ってる

ラテンキャラなのに

あんツイートする子じゃない

A子さんの最新の言い分は出ていない

問題ある女性なのかまだ見極められるほど情報はない

でもなー梅木雄平と栽培マンとか言ってもんな

見城徹堀江貴文イケダハヤトはあちゅう田端信太郎西野亮廣佐渡島庸平前田裕二、けんすう三浦崇宏、ゆうこす、与沢翼藤井健太郎佐々木紀彦、落合陽一、宇野常寛渡辺将基、夏野剛明石ガクト本田圭佑はこういう時どう動くんだろう

守ってあげればいいのに

港区学校通って早稲田って人生だし、これで弱者気持ちがわかるようになるのかな

とは言え才能はすごい

頭の回転も早いと思う

49:51で応援する、かな

そんな感想

2020-05-27

NEWSファンでした。

勢いで書く。

最後に行ったコンサートはNEVERLAND。

行きの電車でこれで最後だと決めていた。

未成年との飲酒報道で大荒れして、ファン同士もなんかピリピリしてて。

ファンでいても楽しくないなと感じていた。

このライブの後、FC更新はしないと決めた。

私は作家活動もしている彼が好き。ファンだった。

「好き」が過去形でないのは今もTVで見かければかっこいいなあと思うし、彼を嫌いになったわけではないから。

それよりも女性アイドルとの交際を匂わせていた人とか、日頃からスキャンダルの絶えない人が苦手だった。

当時のライブでもその人たちが視界に入ることが、正直、不快だった。

女の影がちらつく。

たった4人しかいないからどうしても視界に入ってしまう。好きな人の隣に並んでしまう。

個人活動応援したいけれど、グループ活動応援し続けるのはきついなと思った。

最近は全く活動を追いかけていないから、なんとなくしかからないけれど

私の好きな人ともうひとりはその騒動以後随分反省したようにみえる。

失敗から学んで成長するのが人間だ。

一方、もうひとり。

その人はどうやら全く成長していないみたいで。

今回の事件は呆れて嗤ってしまった。

アイドルとはいえひとりの人間だし、異性と遊ぶこともあるだろう。

たまにはお酒を飲んでハメを外すこともあるだろう。

けれどアイドルという職業を選んだ以上それらを隠す努力をしてほしい。

するなとは言えない、でもせめて見えないように隠し通してほしい。

報道されることが全てではないだろうし、インターネットにありもしない噂を書き込まれることもあるかもしれない。

それでも私たちは目に見えるものを信じてしまう。

そこに見えるものを信じるしかない時もある。

こんなにファン不安にさせるアイドルって他にいるのかな。

何回同じことを繰り返すんだろう。

ファンを辞めてから、私は彼らのファンであったことを隠している。

彼らのファンだと言うことが恥ずかしいから。

2020-05-21

利益相反プレイ。。

利益の絡む人との接待じゃないの。。東大出ても、文系は大したこといね。。

賭け麻雀って接待プレイあるの?

夜の女の子が、ゴルフに同伴は聞くけど、麻雀で同伴ってあんまり聞かないね... 。

ゴルフでも麻雀でも、アイドルみたいな女性プロはいるんだろうけどさぁー。

なんでだろうか。

  

清廉潔白な人なんて、いなくて皆一癖二癖もあるんやね。

なんか、令和おじさんの方が、見た目、怖いのに。ニューオータニパンケーキを月に一度だって

目が死んでるけど、スキャンダルは聞かないね。。。

  

2020-05-16

anond:20200516193137

うそつくな。

お前ボビーの大ファンで、ボビー悪口で盛り上がってるのが許せないんだろう。

芸能人スキャンダル話題が出るたびにいちいち「この人ら関係者なの?無関係なら興味ないよね」とか疑問もつやついない。

2020-05-15

anond:20200514190700

安倍首相普通自民党本流政治サラブレッドで、ふつうに良い感覚を持っていると思うよ。

日本ロックダウンには罰則規定がない」という点について、どう思うか。安倍首相にたずねてみた。安倍首相は「自民党の内部でも、罰則規定を作れという意見が強い。しかし、戦後は、そういうことをしないようになった」と答えた。そして、「罰則規定を設けるのは、憲法改正匹敵するような問題だ。野党とも討論して、国民合意を得なければいけない」

https://blogos.com/article/452698/


安倍首相おかしいのは、それが政権維持に最適な選択からで、究極的には民意問題。彼は生涯の念願である憲法改正のためには、スキャンダルでつまづいている暇はない、とか思ってるんでしょ。

2020-05-12

anond:20200510180035

芸スポへの言及が欲しいところ。

その3つに芸スポ加えた4つの板が5chニュースコミュニティ四天王って感じがする(嫌儲なんJVIP側の雑談コミュにも片足突っ込んでるけど)

芸スポ政治スレ禁止というルールがあるが「〇〇って芸能人TVワイドショー政治についてコメントした」って体をとって実質政治スレバンバン立つし。

私見では旧速ほどネット右翼を極めてないけど、すっかりアンチ安部プラスよりかは崇拝がずっと進んでるって印象。

芸スポ書き込み数は全体で7位くらいだが、総PV数はなんJを凌いで5chでもトップらしいね日本人はみんな芸能人スキャンダル大好きなんでもちろん芸スポガンガンまとめられる。

まとめの動向は最近詳しくチェックしてないから知らないけど、何気に芸スポ発で拡散されてる『旧速の空気のような』スレッドと記事も多い気がする。

2020-05-10

anond:20200510135544

思わないわけないけど、幹部スキャンダルとか糾弾すると反革命権力側の手先というレッテルを貼られて、倍返し粛清されるのさ。

公金私物化でも女性スキャンダルでもたいがい握りつぶされる。

1977年共産党絶対的ボス宮本顕治ナンバーツーの袴田里見がけんかした時、宮本殺人前科批判して共産党を除名された事件とか典型

なぜ岡村はいつまでも「女性差別アングルで叩かれてるのか

世間に広く受け入れられている矢部説教証言採用するならば

お茶を入れてくれたスタッフありがとうもいわず

矢部のような親しい同業者にもぞんざいな態度でうんざりされてて

全方位的サイコパスみたいな生活態度だという。

 

じゃああの発言女性に対して偏見差別があったというより

他者に対する思いやりが絶無の怪物の1放言であって

岡村に対する非難を長く続けるとすればその全人格サイコパス性が焦点になるべきはず。 

 

なのに矢部のその様な証言は受け入れながら

岡村女性に関して差別意識を持っている」というアングルでのみ非難が続く。

 

みんな「女性差別だー」とやり玉に挙げる脳の回路は出来てるけど

その範囲内でない問題を処理する脳の回路が未発達なんだよね。

なんとかの一つ覚えとも言う。

認知と処理の回路がそれしかないので問題のほうをそれに合わせるという感じ。

 

メディアで扱える性スキャンダル痴漢レイプ不倫ぐらいまでで

もう少しだけ入り組んだ性欲だともう全然扱えなくなるので大して炎上しないということがある。

デリヘル一等海佐なんかも怪事件だし機密漏洩しまくってたから大問題なんだけどぶっ飛びすぎててすぐ消えた。

もっと常識的」な、たとえば部下にパワハラセクハラしてたという話だったら機密漏洩なしでも連日ワイドショーだったろう。

 

頭の悪い人は処理回路が非常に少なく柔軟性もないために

自分の乏しい処理回路に現実の形を合わせてしまう。

からすべてが同じような議題になって同じような言葉を繰り返していて世界が狭いパターナリズムに見えてる。

 

その様な指摘をしたところで何も解決しないのがこの問題の恐ろしいところだ。

たぶんソフトではなくCPUスペック問題から

2020-05-08

麒麟がくる

スキャンダルコロナと踏んだり蹴ったりだけど面白いので勿体ないなあと思う。

というかもっと信長台頭前夜辺りの戦国物やって欲しい。

主人公最後に平蜘蛛と一緒に爆死する大河とか最高やん?

2020-05-07

anond:20200507112906

まあ安倍政権の命運も尽きつつあると思うわ。今までのスキャンダルはどれも過去の話だから、悪意の否定責任転嫁公文書の破棄で「減点を回避する」方針でいけば世界好景気に乗っかって高評価得られたけど、今回は違う。ちゃん意味がありそうなことを考えてとりあえずでも主体的に実行なり発表する「得点を稼ぐ」必要がある状況で、維新吉村小池ポイント稼ぎまくってる。安倍じゃ衆院選勝てないとなったら、河野なり石破が出てきて刷新アピールすると思うよ。

2020-04-26

勝手な印象だが、首長女性の方がスキャンダル少ない気がする

データある人出して

2020-04-21

anond:20200421111123

そんなどうでもいいスキャンダルで人を測るからおかしくなるんだよ

そもそも政治家政治の実績で評価されるべきだろ

2020-04-13

anond:20200413003915

優れてない

日本の超の付く一流企業1921年発売のアメリカM2重機関銃を作れない

 

なぜ自衛隊は「暴発する機銃」を使うのか 住友重機「機銃スキャンダル」の暗部

https://toyokeizai.net/articles/-/52889

 

>>機銃の技術第二次世界大戦でおおむね完成している。

>>だが信頼性の高い機銃を生産できる企業世界でも少ないのが現実だ。恐らくは明らかにされていない深刻な問題があるのだろう。

日本技術力は世界最高だと無根拠に信じていて疑わない人が平成はあまりに多かった

間違って前提で間違ったことを語っているのに、それに疑問や質問をすると非国民半日)あつかい

2020-04-05

左翼リベラルの皆さん、ありがとうございます

本当にありがとうございます。皆さんのおかげで日本は最高に笑える国になりました。

 

現在に至るまでの政府与党安倍首相支持率の高さ、数々の問題スキャンダル失策にもかかわらず支持者が支持し続け、あまつさえ断固として批判を許さな現在の状況に驚いている方も多いと思いますが……

いや、そんなことはないか、きっとわかってますよね、わかってやってるんですよね、だってこの事態は皆さんのおかげで成立しているんですから

 

明らかなことですが、別に安倍首相特別能力があったり、カリスマ性があるわけではありません。これは皆さんも同意する所でしょう。安倍首相個人ステータスから現状は一切説明出来ません。

では「与党与党であること」はどうでしょう? 確かに権威権力の正しさに疑問を抱くことが出来ない保守的な人々というのはいつの世も居るものです。しかしそれは過去与党でも同じこと、残念ながら現状の際立った特殊さまでは説明することが出来ません。

では何が原因か? 政府与党側の情報からでは絶対説明することができない現状に説明を与えてくれるもの、それこそが左翼リベラルの皆さんなんです。

 

言うまでもない事ですが、あなた達は嫌われています。これが悪口だとは思いません。あなた達は例え嫌われてでも自分たちの正しいと思う事をする、誇り高く気高い人達でしょうから。つまりしろこれは誉め言葉です。

けれどこの「好き嫌い」というものは思うより厄介です。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いと申しますが、嫌いな相手となればやることなすこと全て間違ったものに見えてくるもの

まり嫌われるあなた方が苛烈政府与党安倍首相批判すればするほど、その批判は間違ったものに見え、翻って与党安倍首相は正しいように見える。

現在与党支持率理由与党安倍首相能力には帰属しません。理由あなた達なのです。

際立った所のない与党安倍首相をここまで(支持者の脳内で)神格化させたのは他でもないあなた達なのです。

 

ではどうしてあなた達はここまで嫌われるようになってしまったのか、理由はいろいろあるでしょう。

そもそも先進的な思想というのははじめは多くの人に拒否感を以って受け取られるものだし、

或いはもはや人数も多くなってきたオタク層との敵対関係も大いに寄与するところでしょう。

理由はいくらでも思いつきます。おそらくそのどれもが正しいのでしょう。

ただ1つ、際立って多くの人々から嫌悪されているように見えるあなた達の性質をご紹介しましょう。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」です。

 

本当に勝手ものです。自分たちは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」であなた達の一挙手一投足を嫌悪しておきながら、

あなたリベラルが「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」様子を見せればそれを嫌悪いやもはや憎悪ガソリンにしてしまう。

いや、本当に、改めて書いてみると驚くほど勝手ですね(笑)、人の思考というものは。

しかしまぁ、そういうものです。

ここで「うん? いつ俺たちは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」様子を見せたんだ?」と疑問に思っておられる方がもしいればおとぼけが過ぎるというもの

ここは1つ、数学的真理というやつをお見せしましょう。

 

∀x[[安倍「x」]⇒[¬x]]

 

∀xは「任意のxについて」と読みます。¬xはxの否定。つまり上の意味は「任意のxについて、安倍首相がxと発言するならば、xは偽である」ですね。

これはあなた達の恒真式であり数学的真理です。

これから未来安倍首相が何か発言したとしましょう。私はもちろんその内容を知りません。

けれどもこの式のおかげで、あなた達がその発言批判し、それを間違っていると考えることは分かります。xについての恒真式は、xの内容に関わらず正しいですから

 

「いや、自分ちゃんと内容を吟味して判断する」と言う人はこれまでの実績を考えてみましょう。例外はあったでしょうか?

どれだけ自分を高く評価しても、その虚しさは実績を見れば明らかです。

まぁごく一部にはいるかもしれません、xを偽にしなかったケースのある人が、そういう人は空気を読んでほしいものですね、

日本は今こんなに笑える状況になっているのに、あなた達はその邪魔をしている、その自覚を持って欲しいものです。

 

私は「お前達が悪い」と言いたいわけではありません。政府与党安倍首相をここまで大きく育てたのは紛れもなくあなた達ですが、それを以ってあなた達を責めるのはお門違いというものです。

何故なら、これは仕方の無い事だからです。あなた達は「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」つまり党派性から逃れることは絶対にできません。絶対に避けられないなら、それを責めるのがおかしいのは当然でしょう。

安倍首相の支持者は盲目的にあなた達を嫌い、安倍首相を支持しますが、あなた達もまた、自動機械のように彼を批判否定することから逃れられません。

それが結果的に彼への信仰を強めてしまうことになると分かった上でも、まるで中毒症状のように、それを止めることはできません。止める能力そもそもあなた達には無いからです。

従って、あなた達に主体的判断というものはあり得ません。

 

これは挑発だとお思いでしょう。ある意味ではそうです。

現状は、あなた達が党派性を抜きに判断し、それだけではなく、党派性を抜きに判断していることを相手に分からせられるほど明らかにそのことを示せなければ変わらない。

好き嫌いシンプル安直ものですが、それだけに強力です。

「なぜ自分たちけがそんなことを?」「俺達はネトウヨたちのママじゃないんだぞ」と思うかもしれません。そう思うならぜひ、党派性を抜くことも、それを示すことも諦めてください。ぜひぜひ。

正直言って、出来るなんてみじんも思っていません。本気で無理だと思っています

私はみなさんが党派性を抜きに判断できるようになればいい世の中になると思っていますが、

ならば、つまり、私の事を気に入らないなら、その反対、つまりより一層党派的な判断をすれば私の望みを叶えない事が出来るという事です。

ぜひとも、私の望みを叶えないために、党派性を持ち続けてください。

そうなる未来をずっと信じています

2020-04-01

anond:20200401190129

仕方ないだろう。金を持ってるんだから

どんな病院だって寄付200万円の札束ちらつかせられたら、

何が何でもコロナ検査したくなるだろう?


一般人病院では請求された治療費しか払わない。

それが当たり前と思っているけれど、金持ちは違うんよ。

治療費とは別に、多額の寄付をするの。

寄付のものには、なんら見返りの条件は無いのだけれど、

寄付継続してもらいたかったら、病院は何でもやる。

それが金持ち病院の付き合い方だってじっちゃが言ってた。

政治家スキャンダルになるたびに、タイミング合わせて都合よく入院出来ちゃうのも、

日ごろのお付き合いがあるからなんだよ。

2020-03-23

2019年に読んだ本

『おあむ物語・おきく物語』(天保8年(1837))

家近良樹『歴史知る楽しみ』(ちくまプリマー新書2018年12月)

石川太郎監修・小泉吉永編集『女大学資料集成〈別巻〉』(大空社、2006年)

磯田道史監修『江戸家計簿』(宝島社新書2017年)

磯田道史他『戦乱と民衆』(講談社現代新書2018年8月)

伊藤セツ『山川菊栄研究――過去を読み未来を拓く』(ドメス出版2018年12月)

今井幹夫『富岡製糸場と絹産業遺産群』(ベストセラーズ2014年)

岩田真美・桐原健真編『カミとホトケの幕末維新』(法蔵館2018年11月)

大塚英志日本バカから戦争に負けた 角川書店教養運命』(星海社新書2017年)

小川剛生『武士はなぜ歌を詠むか 鎌倉将軍から戦国大名まで』(角川学芸出版2016年)

金澤裕之『幕府海軍の興亡 幕末期における日本海軍建設』(慶応義塾大学出版会、2017年)

上條宏之『絹ひとすじの青春――『富岡日記』にみる日本近代』(NHK出版1978年)

神谷大介『幕末海軍――明治維新への航跡』(吉川弘文館2018年1月)

神谷大介『幕末軍事技術の基盤形成――砲術海軍地域』(岩田書院、2013年)

神作研一近世和歌史の研究』(角川学芸出版2013年)

香内信子編『資料母性保護論争』(ドメス出版1984年)

呉座勇一『陰謀日本中世史』(角川新書2018年3月)

佐々大河『ふしぎの国のバード』1~3巻(ハルタコミックス、2015~16年)

サビーネ・フリューシュトュック他編『日本人の「男らしさ」――サムライからオタクまで 「男性性」の変遷を追う』(明石書店2013年)

篠田信一『殴り合う貴族たち――平安朝裏源氏物語』(柏書房2005年)

中公新書編集部編『日本史の論点――邪馬台国から象徴天皇制まで』(中公新書2018年8月)

内藤一成『三条実美 維新政権の「有徳の為政者」』(中公新書2019年2月)

中島岳志保守大東亜戦争』(集英社新書2018年7月)

中野節子『女はいからやさしくなくなったか』(平凡社新書2014年)

中屋敷均『科学非科学』(講談社現代新書2019年2月)

長山靖生帝国化する日本――明治教育スキャンダル』(ちくま新書2018年9月)

文芸春秋編『日本史の新常識』(文春新書2018年11月)

本郷和人『戦いの日本史 武士時代を読み直す』(角川学芸出版2012年)

松浦だるま『累』全14巻(イブニングコミックス、2013~18年)

宮地正人日本リブレット人68 土方歳三榎本武揚 幕臣たちの戊辰函館戦争』(山川出版社2018年8月)

森正人鈴木元編『文学史古今和歌集』(和泉書院2007年)

山川菊栄記念会・労働者運動資料室編『イヌからすとうずらペンと 山川菊栄山川写真集』(同時代社、2016年)

山本博文編『織田信長古文書』(柏書房2016年)

山本ルンルンサーカスの娘オルガ』第3巻(完)(ハルタコミックス2019年)

吉田麻子『知の共鳴 平田篤胤をめぐる書物社会史』(ぺりかん社2012年)

和田裕弘織田信忠――天下人嫡男』(中公新書2019年8月)

渡部周子〈少女〉像の誕生――近代日本における「少女規範形成』(新泉社2007年)

渡邊大門関ヶ原合戦は「作り話」だったのか 一次史料が語る天下分け目の真実』(PHP新書2019年9月)

渡辺尚志『江戸明治 百姓たちの山争い裁判』(草思社2017年)

渡部泰明『和歌とは何か』(岩波新書2009年)

★再読★

鬼頭宏『日本歴史19 文明としての江戸システム』(講談社2002年)

ニコライ著・中村健之介訳『ニコライの見た幕末日本』(講談社学術文庫、1979年)

中屋敷均『ウイルスは生きている』(講談社現代新書2016年)

山川菊栄武家女性』(岩波文庫1983年)

山川菊栄著・鈴木裕子編『山川菊栄評論集』(岩波文庫1990年)

和田英『富岡日記』(筑摩書房2014年)

2019年に読んだ本

『おあむ物語・おきく物語』(天保8年(1837))

家近良樹『歴史知る楽しみ』(ちくまプリマー新書2018年12月)

石川太郎監修・小泉吉永編集『女大学資料集成〈別巻〉』(大空社、2006年)

磯田道史監修『江戸家計簿』(宝島社新書2017年)

磯田道史他『戦乱と民衆』(講談社現代新書2018年8月)

伊藤セツ『山川菊栄研究――過去を読み未来を拓く』(ドメス出版2018年12月)

今井幹夫『富岡製糸場と絹産業遺産群』(ベストセラーズ2014年)

岩田真美・桐原健真編『カミとホトケの幕末維新』(法蔵館2018年11月)

大塚英志日本バカから戦争に負けた 角川書店教養運命』(星海社新書2017年)

小川剛生『武士はなぜ歌を詠むか 鎌倉将軍から戦国大名まで』(角川学芸出版2016年)

金澤裕之『幕府海軍の興亡 幕末期における日本海軍建設』(慶応義塾大学出版会、2017年)

上條宏之『絹ひとすじの青春――『富岡日記』にみる日本近代』(NHK出版1978年)

神谷大介『幕末海軍――明治維新への航跡』(吉川弘文館2018年1月)

神谷大介『幕末軍事技術の基盤形成――砲術海軍地域』(岩田書院、2013年)

神作研一近世和歌史の研究』(角川学芸出版2013年)

香内信子編『資料母性保護論争』(ドメス出版1984年)

呉座勇一『陰謀日本中世史』(角川新書2018年3月)

佐々大河『ふしぎの国のバード』1~3巻(ハルタコミックス、2015~16年)

サビーネ・フリューシュトュック他編『日本人の「男らしさ」――サムライからオタクまで 「男性性」の変遷を追う』(明石書店2013年)

篠田信一『殴り合う貴族たち――平安朝裏源氏物語』(柏書房2005年)

中公新書編集部編『日本史の論点――邪馬台国から象徴天皇制まで』(中公新書2018年8月)

内藤一成『三条実美 維新政権の「有徳の為政者」』(中公新書2019年2月)

中島岳志保守大東亜戦争』(集英社新書2018年7月)

中野節子『女はいからやさしくなくなったか』(平凡社新書2014年)

中屋敷均『科学非科学』(講談社現代新書2019年2月)

長山靖生帝国化する日本――明治教育スキャンダル』(ちくま新書2018年9月)

文芸春秋編『日本史の新常識』(文春新書2018年11月)

本郷和人『戦いの日本史 武士時代を読み直す』(角川学芸出版2012年)

松浦だるま『累』全14巻(イブニングコミックス、2013~18年)

宮地正人日本リブレット人68 土方歳三榎本武揚 幕臣たちの戊辰函館戦争』(山川出版社2018年8月)

森正人鈴木元編『文学史古今和歌集』(和泉書院2007年)

山川菊栄記念会・労働者運動資料室編『イヌからすとうずらペンと 山川菊栄山川写真集』(同時代社、2016年)

山本博文編『織田信長古文書』(柏書房2016年)

山本ルンルンサーカスの娘オルガ』第3巻(完)(ハルタコミックス2019年)

吉田麻子『知の共鳴 平田篤胤をめぐる書物社会史』(ぺりかん社2012年)

和田裕弘織田信忠――天下人嫡男』(中公新書2019年8月)

渡部周子〈少女〉像の誕生――近代日本における「少女規範形成』(新泉社2007年)

渡邊大門関ヶ原合戦は「作り話」だったのか 一次史料が語る天下分け目の真実』(PHP新書2019年9月)

渡辺尚志『江戸明治 百姓たちの山争い裁判』(草思社2017年)

渡部泰明『和歌とは何か』(岩波新書2009年)

★再読★

鬼頭宏『日本歴史19 文明としての江戸システム』(講談社2002年)

ニコライ著・中村健之介訳『ニコライの見た幕末日本』(講談社学術文庫、1979年)

中屋敷均『ウイルスは生きている』(講談社現代新書2016年)

山川菊栄武家女性』(岩波文庫1983年)

山川菊栄著・鈴木裕子編『山川菊栄評論集』(岩波文庫1990年)

和田英『富岡日記』(筑摩書房2014年)

アベノミクスは失敗。

五輪は中止。

改憲など夢のまた夢。

森友・加計・桜という類例のないスキャンダル

消費税増税による不況誘発という悪名を残して退陣

プライドの高い安倍ちゃんのことやから死んでも死にきれんやろなあ。

2020-03-22

anond:20200322144041

魚拓とった

https://megalodon.jp/2020-0322-1442-31/https://anond.hatelabo.jp:443/20200322144041

最初に言っておくか特定回避するべく、具体的な職務の話はしない。

みんな知っていると思うけど、まったく安倍政権汚職を報じようとしないのは周知の事実

もはやNHK安倍政権の一味だと思ったほうがいい。洗脳省とかface news省とでも名付けてもらいたい。

安倍政権日本未来なんて微塵も考えておらず保身にしか興味がないのなら、それはNHK上層部も同じ。同じ穴のムジナ。

NHKがどういう組織か知ってる?公務員みたいなもので、ほとんどの人は保身にしか興味がないから波風は当然立てたくない、大人しく定年迎えたいんだよ、特に上層部は。

 

政権との癒着がないはずがないでしょ、その繋がりはそんじょそこら大企業なんかより全然強いよ。

やつらは国民をどうマインドコントロールするかってところ、つまりメディア丸め込むことと、検察機能抹殺など三権分立破壊安倍政権最大の戦略であり、事実独裁状態だ。民主主義なんてこのご時世いいように逆手に取られている。日本人は偏見考える人が多いからなおさら有効だ。

他のキー局芸能人のくだらないスキャンダルばかり、コメンテーター馬鹿ばかり、松本人志コメントさせてどうするの?日本本当大丈夫か?って思うけど事実崖っぷちであるだってメディアが完全に買収されているからね。

さてさて、自分愛国心あるからこの状態を憂いているか

しか若い人たちはそうではない人は結構いることが救いだ。責任感もあり、愛国心もある、多分ほとんどの人が現状に憤りを感じ、権限の前に為す術もなく絶望している。

NHK倫理なんてもの期待してたら本当に申し訳ない。受信料なんて払う人いたら、いますぐやめてほしい。

そういう自分も日々葛藤しているけど行動(退社)できない情けない一人なのである

HHKの中のものだがリークする

最初に言っておくか特定回避するべく、具体的な職務の話はしない。

みんな知っていると思うけど、まったく安倍政権汚職を報じようとしないのは周知の事実

もはやNHK安倍政権の一味だと思ったほうがいい。洗脳省とかface news省とでも名付けてもらいたい。

安倍政権日本未来なんて微塵も考えておらず保身にしか興味がないのなら、それはNHK上層部も同じ。同じ穴のムジナ。

NHKがどういう組織か知ってる?公務員みたいなもので、ほとんどの人は保身にしか興味がないから波風は当然立てたくない、大人しく定年迎えたいんだよ、特に上層部は。

 

政権との癒着がないはずがないでしょ、その繋がりはそんじょそこら大企業なんかより全然強いよ。

やつらは国民をどうマインドコントロールするかってところ、つまりメディア丸め込むことと、検察機能抹殺など三権分立破壊安倍政権最大の戦略であり、事実独裁状態だ。民主主義なんてこのご時世いいように逆手に取られている。日本人は偏見考える人が多いからなおさら有効だ。

他のキー局芸能人のくだらないスキャンダルばかり、コメンテーター馬鹿ばかり、松本人志コメントさせてどうするの?日本本当大丈夫か?って思うけど事実崖っぷちであるだってメディアが完全に買収されているからね。

さてさて、自分愛国心あるからこの状態を憂いているか

しか若い人たちはそうではない人は結構いることが救いだ。責任感もあり、愛国心もある、多分ほとんどの人が現状に憤りを感じ、権限の前に為す術もなく絶望している。

NHK倫理なんてもの期待してたら本当に申し訳ない。受信料なんて払う人いたら、いますぐやめてほしい。

そういう自分も日々葛藤しているけど行動(退社)できない情けない一人なのである

2020-03-19

森友に関する安倍ちゃん対応

ネトウヨにとっては

「人を殺してでもスキャンダルを抑え込む豪腕!」

「心にもない嘘をしれっと吐き出す天性の政治家!」

ってむしろ評価が上がりそうなんだよな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん