「母親」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 母親とは

2022-05-19

anond:20220519052823

インフラ家電が整っているのにどうしていまの子育ては無理ゲーなのか?

1時間に1本しかバスがない。あるところでは1日に5本になる。親は高卒中卒しか居ない。それなら、子供真剣勉強して遠方の国公立に行く。

そのサイクルが50年積み重なれば、地元に取り残された人は、バカ同士セックスに耐えないといけない。

バカ同士の子バカにならない確率は低い。


今羽振りの良い公立高校だって30年後はどうなってるかわからない。

私学の中高一貫でも、中途半端なところは成績を落としている。

金を積めば東大あるいはどこかの医学部に入れると考えるバカが、中途半端中高一貫に入れたがる。


しかも、大学生の2/3はせいぜい高卒程度の知能しかない。


それなら、子育て無理ゲーしか思えない知能の人間世論構成するのは当たり前なのである


民主主義国家バカ同士セックス奨励してますよ、って言えばいいんだよ。

そのときに初めて国民全員が否定するから


子育て無理ゲーっていう母親、その方はだいたいね中学高校時代に熱心に打ち込んだことが何もない人だよ。

田舎地方ではあるあるだけど、母親に「高校時代になんの本を読んで勉強したのか」と聞くと、90%キレられる。

大概高卒だけど、底辺大卒にもいる。これが日本人デフォルト

打ち込んでるのは中級国民以上でしょ。金の問題で。

下級だと、金の問題で何にも打ち込めないってことはありうるんだよね。


何にも打ち込んだことはなく、大学には適当に行って、就職先も適当

こいつら同士が子育てをしたら、無理ゲーになるだろう。

インフラ家電が整っているのにどうしていまの子育ては無理ゲーなのか?様々な要因が集まる

https://togetter.com/li/1888386

この問題提起そもそもだめだな、整ったインフラ家電別に育児を助けていない。

いくつか理由を書いてみようかな

子育てTAS乃至RTA

この辺のジャンルについては俺もあまり詳しくないが、いかゲームをありうる最短時間クリアするかというもので、ゲームプレイから一切の無駄が省かれるうえに場合によってはバグなんかも活用していく。

これの求めているところは0.1秒でも短縮しなさいだ。

それが子育てにも求められている。

親が子育てに割り振れた時間はかつてはどのくらいあっただろうか?

専業主婦のころなら仕事をしない分多かったことだろうし、保育園幼稚園なんかも余裕をもってスケジュールすることができた。

今は共働き一般的なので、生活の中の時間の制約を持つものが増えてしまう。

家のこと、仕事保育園などそれぞれのタイムスケジュール別に同調する義理はないか勝手に進んでいく。

そのうえ残業を頼まれる、子供が熱を出す、などのトラブルもあるため、時間管理がムリゲーと化していく。ここにどんなインフラ技術革新が役に立つのかといえば何も役に立たない。

人的リソースの不足

これはよく言われていることだ。核家族化に伴って子育てに関われる人の数が減ったというものだ。

昭和の子育て世代は「私たちは一人で頑張った!今の親は甘えている!」とか威勢のいいことを言うが当時のアンケートでは彼女たちは専業主婦であり、彼女姉妹母親が頻繁に手伝いに来ていたというものがある。出典は探さないといけないのでここでは明記できないが、当時でも本当に一人でやらざるを得なかった母親たちは今と同様に地獄を見ている。

更に近所付き合いが昔ほど濃密ではないので、子育てヘルプを依頼できるほどにお互いの信頼関係も出来上がっていないという問題もある。これについては人びとが相互不信を醸成するように社会が動いているという陰謀論をぶち上げてもいいと思うくらいにテレビメディアいかに隣近所に危ない奴が潜んでいるかを騒いでいる問題はあるだろう。

子育ての非合理化

色々な企業切磋琢磨して育児合理化に鋭意努力しておりこれについては頭が上がらないが、其れとは全く別方面から子育てを非合理化してくる集団がいる。いわゆるナチュラル指向というやつだ。

彼らは育児合理的にするあらゆるアイデアを以下の様に説明する。

などなどで、そして自分たちのよくわからないものやかつて日本発展途上国だったころにやっていた子育て法を復活させてくる。

たとえば昭和時代にはこういう子供はいなかったが、今は多い、その原因は紙おむつポリマーです!という感じだ。

洗濯は手洗いが良い、母乳育児以外してはならない、紙おむつは使ってはならない、エアコンは止めるべき、洗濯石鹸じゃなくてこのせっけんを、柔軟剤じゃなくてこの粉を、牛乳はだめ、肉はだめ、電事レンジはだめ、、、

要はFUDだし、もしかしたら女性には本能的に子育て中に入る何らかのモードがあるのだろうか、すごく信じてしまう、もしくはすさまじい不安に突き落とされてしまう。

実際に合理的に育てられた子供合理的に育てられたがゆえに問題を抱えたソースがあるのかといえば全く提示しないで、産婦人科学会みたいに母親が苦労するほど子育てはいものなるみたいなことをなんかリフレーズしているに過ぎないのだが、こっちは信じるという矛盾すらきたしている。

親の責任範囲の増大と地位の低下

これは実際に子供学校に行き始めるとわかるが、親はやたらと学校に呼び出されるようになる。自分の親がこんなに学校に呼び出されたのかと思うが、おそらく今は過剰だろう。

子供問題行動を起こすたびに呼び出され「親御さんがしっかり子供を見てください」とだけ言われる。つまり学校などで発生する子供問題が親に丸投げされる。

これはよく考えるとおかしな話だが、モンスターペアレンツという伝説上の存在によって起こるようになった。

学校子供問題解決に動き出すと大騒ぎするというあれだ。

あれによって学校は「子供問題は(親の完全な制御外でおころうが関係なく)親に報告だけして対策はお任せします」とするようになってしまった。

私は学校が変わればいいんじゃないか、ルールでがちがちに固めて守り切れないようにしているほうに問題があるんじゃないか、成績が悪かろうが何だろうがそれは子供責任だ、という方向に進むべきだと思っているがモンスターペアレンツのおかげで学校は全く変化しないで親に責任転嫁できるようになった。

そしてこのようにいろいろな問題が添加される原因の一つが子育て親の地位の低下だ。これは何か法制度によってできたというよりは社会に作られた雰囲気の中で自然地位が低下している。

そのためマタニティマークを付けた女性への嫌がらせベビーカー問題、などの様々な差別攻撃となって出てくるようになった。

結論

そういうわけでインフラ家電いくら進化し様が以下のポイントによって子育て昭和時代よりもより困難になった。

更に付け加えるならば、こういった種々の問題がラディカル・フェミニズムによって男性に原因を求めるように捻じ曲げられるようになってしまったのも問題を深刻化させる一因だと思っている。

おしまい

anond:20220518235643

非モテの男と日本語不自由母親ダブルコンボとか、

なんでそこまでして無敵の人を量産したいのか意味がわからない。

社会悪じゃんもう。

日本語ネイティブの両親の元に生まれ子供すらコミュニケーションに困難を抱えるような無茶苦茶な国で(要するに単なる日本語能力以上の部分について揚げ足取りして人を選抜している)、母親日本語不自由とかもう最初から虐待だと思うんだよね。

anond:20220518235643

子供言語力は母親語学力の影響をガチで受けるので、母親日本語が流暢じゃない上に何のアシストもないと子供日本語表現が乏しくなって駅で硫酸ぶっかける人になるで。

2022-05-18

anond:20220518131815

心中ってしらんのか?

他所に男と子供作って出て行った母親がやっとったけど割とお手軽に後腐れなく死ねるで

anond:20220518115402

たまに街で見かける母親たちが女の子とは手を繋いでるが男の子は好き放題させてるってのを見て「放置してる」っていうなら、それは男児のほうに大人しく手を繋がないタイプ(≒ 発達障害児)が多いってことよ。

anond:20220518115538

からネグレクトしたり虐待しているんだろうな

ここ数年の母親男児嫌いは異常

男性らしさが嫌だからトランスジェンダーにさせたり金玉潰そうとする母親も増えてるらしい

anond:20220518115402

男の子女の子の5倍は

勝手に走り出したり、高所によじ登るので手間かけないのは無理。

(防止策はswitchを渡すぐらいか?)

周囲でも女の子供だけ可愛がって

男児は明らかに適当に扱ってたり、虐待に近いネグレクト紛いしてる母親ばかりだから

anond:20220518115300

18歳で少年院に入れられた宇梶剛士

宇梶剛士さんはブラックエンペラー総長として抗争に明け暮れていましたが、ついに18歳の頃に逮捕されて少年院送りとなっています

宇梶剛士さんは18歳の頃に抗争事件の首謀者として逮捕され、家庭裁判所への送致を経て少年院収監されました。

この時、母親の宇梶静江さんが差し入れてくれたチャップリン自叙伝を読んだことがきっかけで宇梶剛士さんは俳優を目指すようになり、少年院の中で不良を卒業する決意をしました。

少年院収監から宇梶剛士さんは勉強を開始し、外出許可を取って高校への転入試験を受けました。

少年院出所した宇梶剛士さんは3つ目となる明治大学付属中野高等学校定時制バスケットボール部に入り、猛練習の末に都大会で優勝するまでチームを強くしたという伝説も持っています

宇梶剛士さんがいかにずば抜けた運動能力を持っていたかがわかるエピソードですね。

anond:20220518114553

周囲でも女の子供だけ可愛がって

男児は明らかに適当に扱ってたり、虐待に近いネグレクト紛いしてる母親ばかりだから

今の女性は心底男が嫌いだし、自分の子供ですら男なら憎たらしいのだろう

「女だけの街」

女だけの街が欲しい、というフェミニスト女性の言い分を総合すると

今ある社会インフラそのままで、男だけが死滅自殺か孤島の刑務所に行くなりして消えてくれれば良いらしい

寧ろそれが望みだと言う。

フェミニスト(女性)は男性自体絶滅させたいらしい。勿論、子供も。

これから男児を連れている母親を見ると危険視しなくてはならない。

その母(女性)は、心の中では、男である子どもを殺してやりたいと思っているかも知れないから……

anond:20220518025922

これもゴミ最近盛り上がってたAV女優風俗と同じ話

リアルで面と向かって蹴り飛ばしはしないし、生まれ子どもはすべて祝福するし、子どもたちにより良い選択肢をとは思うけど、

その母親はほんとうにどうしようもないなって思う。能力以前にプライドがない

anond:20220518024538

じゃあまずは命がけでおまえをうんだ母親にひれふしてろ失敗作

2022-05-17

anond:20220517231018

沖縄基地にいた人間が、沖縄女性レイプして殺したんだが

「こんな(うちの息子が逮捕される)のは差別よ!!」ってその犯人母親裁判所的なところで言い放った事件があった。

あれ結局どうなったのかな。日本裁判できないんだよね。確か。

男児持ちの親が苦手すぎる

男の子から仕方ないわよねフフフみたいな反応するのが正直クソすぎて嫌い

あと息子しかいない家の母親も嫌い

紅一点気取りでオタサーの姫っぽくなる

理解がなくても彼くんは突然生えてくる

以前からフェミニズム的に話題になっていた『82年生まれキム・ジヨン』って本だけど

先日初めて通して読んでみて、まあ読む前から何となく想像はついていたけれどこれっぽっちも共感出来なかった

まず小学生時代男子からいじめについて教師からいじめるのはその子あなたを好きだからだと言われる場面があったけれど

世間ではよくある事だと言われる割には実際にはよくある事だとは思えず、全く共感出来ず(そんな事本当に言われるのか?仮に言われるのだとしてもごく一部の可愛い子だけでは?)

その後の就活仕事でのセクハラに限っては少しは共感出来たけれど、全体的に男性との比較目線しかなくて同じ女性同士の扱いの違いという視点がないのでリアリティを感じないなーと。

そして何よりも驚いたのが、結婚相手との出会い交際については一切具体的に触れられず、突然相手家族自分家族とで両家の顔合わせでの食事の場面に入る事。

キム・ジヨンの夫であるチョン・デヒョンはけして理解のある彼くんなどとは言えないキャラクターだが、そうだとしても女の半生を書くにあたって配偶者というものは突然生えてくるものである事に変わりはないらしい。いや、マジでどういう経緯で交際結婚を決めたんだよこいつら。そこが一番気になるところなのに描写ゼロって。

夫の貯蓄が多い事、給与が高い事を知ったキム・ジヨンが喜ぶのではなくがっくりしたという辺りにも、とてつもない違和感が…。普通に考えたら喜ぶ所でしょうそこは。男女二項対立視点に拘り過ぎるあまりリアリティ皆無の描写になっていないか

子供を産む事を決意する場面でも、夫に押し切られて自分自身には何もメリットがないのに仕方なく、みたいに書いているけれど

女は子供を産まないよりも産んだ方が確実に社会の中で優遇され上の存在として扱われるというメリットについて一切触れていない辺りが卑怯だと思った

作中でキム・ジヨン子育てのために仕事を辞めるし、同じように仕事を辞める女性もいて作者はそれを女性差別問題として書いているようだけど

それって夫の稼ぎがそれだけあって経済的に恵まれているという事だとしか思えないのでちっとも共感も同情も出来ない

韓国独身率が上がって少子化が進んでいる筈なんだけど

なんでこう女は皆が皆当たり前のように結婚出産する前提で話が進むのか……

結婚出来ず子供も持てない独身女性は一切存在しない前提なのか。それとも韓国では男児を望むあまり男女の出生数に差が出ているらしいから、日本と違って独身女性は少ないのか?

それにしても独身女性存在感がなさすぎる。

作中ではキム・ジヨンのような専業主婦の事を『ママ虫』と呼んで侮蔑する男性が出てくるんだけど、それって男性に限った話なのかよく分からない

日本においてそうであるように、韓国だって男の庇護下に入って安穏と生きている既婚女性に苛立つ中には独身女性だって絶対にいる筈なのに

この物語の中では独身女性存在不思議なくらいに透明化されて出てこない

この本の最後キム・ジヨン担当医師(男性)の周りの様子についての独白がメインになってて

その病院カウンセラー女性妊娠を機に辞める事になったので今度は未婚のカウンセラーを雇おうという所で終わる

で、作者の意図としてはこの男性医師は働く女性理解のないさも酷い上司なんだと言いたいんだろうけれど

こっちとしては寧ろ未婚女性に職を与えてくれる良い人じゃん?って印象になってしまった

仕事を辞めても夫の稼ぎで生活できる既婚子持ち女性は『ママ虫』なるスラング通りに特権階級しか見えないし

何かもう全くこれっぽっちも共感出来ない……

作者の後書きを見るとこの作者自身も娘がいる子持ち女性らしいけれど、娘さんが生涯独身になる可能性とか一切考えないんだろうか?

とにかくこの本そのものが全体的に母親目線しかなく、娘の立場女性の事を全然考えていなくて酷いと思った

 俺の人生驚愕

         ブサイク   ( だったが昭和58年ー平成17年は運が良かったのでそのことで不幸なし )

         父親キチガイ   もうこれはどうしようもない

         母親          幼少時家にいなかったクズ  15年以上いなかった

          弟            イミフ

         叔母の前田ゆき        最悪クソババア

          平成15年に文Ⅰに受かった

          平成19年9月  東京大学法学部卒業

          平成25年        一日東矯正区長

           同年            このご時世に黒羽刑務所

                              

anond:20220517132710

母親という人たちは、口に戸をつける気がないんだなぁ

とは子供ながらに思ってた。

ゆっくり茶番ですら通ったのに商標登録却下された「はるかぜちゃん

はるかぜちゃん商標事件

ツイッタラー春名風花は「はるかぜちゃん」という愛称を持つ

https://i.imgur.com/QHtQTLj.jpg

グラビアアイドルの「はるかぜ.」が登場し少年漫画誌などで表紙を飾る売れっ子になる

https://i.imgur.com/Ff7vv0V.jpg

春名がエゴサしてもグラドルの方ばかり引っかかるようになる

春名、「間違えられて迷惑」「グラドルのせいで自分まで性的な目で見られる」とブチギレて春名のファングラドルに凸りまくる

春名「あなた画像をまとめたエロサイトを見つけましたがそこでも混同されています負担折半してください」などと意味不明なことを言う

ブログで明らかにグラドルのことを指して「水着姿で撮影される仕事なんて信じられない 水着は泳ぐためか好きな人に見せるために着るもの 汚らわしい」と書く

春名の母親が「はるかぜちゃん」を商標登録申請して却下される

春名風花本人は傀儡で、売れない芸能人だった母親アカウント中の人という見方が強い

申請者の住所氏名が公にされるのを知らなかったらしく持ち家の住所をセルフ開示してしまうだけの結果に終わる

いまだに住所公開中

執拗嫌がらせ疲れたグラドル青井春に改名

男の子だんだん学校友達のことを母親に隠して話さなくなるもんだとよく聞くしウチの息子たちもそうなんだけど、その理由って思春期のせいとかじゃなくて私たち母親に話すと他の人にベラベラベラベラその情報をしゃべっちゃうからかも!!って昨日ママ友にベラベラ息子のこと話しながら気付きました

anond:20220517124112

母親フェラで抜いてあげたら母子の会話は無くならなかった!?

子供だんだん学校友達の事を隠して話さなくなるのは思春期とかじゃなく、母親他人にベラベラその情報を喋ってしまうからでは?

https://togetter.com/li/1887897

これな、子供が余り親に話さなくなるのは母親コミュニティが近所という誓い範囲で作られている中でべらべらとばらされるからっていうのはすごい当たっている。

しかも、母親は女だから息子からたらこれ親にだから話したんだろうなっていう文脈もなければそういう解釈らする回路がないので余計に容赦なくべらべらとばらしまくる。

相手が娘だったら女どうしなので踏みとどまれるんだろうなっていうのもあるけど母親によってはいい話のネタができたとしか思わないのもいるだろう。

だがね、最悪なのはこれによってコミュニケーションを断ち切ることなんだよ。

そうすると今度は親たちは自分たち勝手解釈や好み、世間体などで作り上げた話でほかの家の親と盛り上がり始めるからな。

思春期にもなれば聞かれたくないけど苦しくて吐露するネタだってたくさんあるだろうけど、なぜか母親というのはそういう苦しみみたいなのが全く分からない、ここだけの話にしてほしいとか言ってもここだけの話にはしない。そして子供激怒してもあなたは優しい子だったのに、こんな事する子じゃなかったのにとめそめそしだす。

そんな親だったらもうコミュニケーション断絶してほかの家のお母さんがあなたのお母さんがこんなこと言ってたわよとか言われてもそれ全部嘘ですからぶっちゃけて部屋から飯の時以外は一切出ないのが一番安全になるよな。

某有名ゲイ漫画家女性疑惑でてて納得感がすごい

きたないちいかわみたいなアバターエッセイ漫画で一山当てた人。

母親との関係性がなんか変だなってずっと思ってたけど「ストレート女性だ」っていわれるとすごい納得感ある。

あいう、共依存気味に精神的DVかけてる感じの母親との関係って、成人男では全く見たことないし、知り合いのゲイの中でも聞いたことない。

レディコミとかSNS女性エッセイ漫画で見るようなやつだわ。

ゲイでも男でも、ああいうのは子の成長とともに母親側が弱くなり、力関係が逆転して、精神的DVが成立しなくなる→和解するか、母のほうからFOするって展開が基本。

これは母親から行われることなんで、男性性があればゲイでもストレートでも同じ。

嘘をつきすぎて本当の気持ちを誰にも言ったことがないという話

別にかっこいい理由があるわけではなくて、理由は単にプライドが高すぎて他人に弱みを見せたくなかったり、少しでもいい顔をしたいから。

誰でもそんなもんなのかもしれないけど、もう今日なんか全部無理になっちゃったのでここに吐き出そうと思う。

これまではネットでも嘘ばっかりついてたけど、なんか今日は全部言える気がする。

別に誰に見せたいわけでもないけど、誰にも見せないことにも耐えられないので公開する。

全部本当のこと言いますって言ってるくせに匿名なのはダサすぎて笑えるけどダサいのでしょうがない。特定されたくないけど今日くらいは嘘はつきたくないので、ぜんぶ本当のことだけを書くことにする。

自分がなんで嘘ばっかりつきはじめるようになったんかな~っていっつも考える。

結局答えは出なくて、生まれ持っての性格?とか、環境?とかわからん

原因ぽいのは、まず新興宗教

まれときから信者だった。母親祖母が主な信者

せっかくなのでどんな宗教なのかをご紹介。

なんか世界平和祈り他者のために生きようみたいなやつ。

その家につながる因縁を消そう!みたいなノリで護摩(火を焚いてそこにいろいろ投げ入れて燃やす字面草)と、施餓鬼先祖の供養。コメとか水を注いでやると喜ぶらしい。ちょろくて草)

教祖様一家への「感謝」(献金)も重要

あと、接心というカウンセリング的な占い的なやつを定期的にやってた。

さてさて、母親祖母がメイン信者っていいましたけど、ちなみに祖母は現役、母親もたぶんそう。

母親父親離婚してて、祖母祖父離婚してる。祖父離婚後死亡。

なんか知らないけど母親祖母はまじで仲が悪い。

母親祖母悪口吹き込まれて育ったので自分あんまというか結構祖母のこと嫌い。

世界平和にする前に家の中平和にしてくれや。頼むよ。

そんなわけで、とりあえず小さいときから自分精舎(しょうじゃ、教団施設)によく連れられていっていた。

読経真剣にやってたし、教祖様一家と現ご当主様のお話や、他の信者の私は救われましたああエピソード披露会も真剣に聞いてた。

そこで正座しすぎてたせいで膝壊した。さすがに草。薬師如来信仰対象に入ってたはずなんだが。なんとかしてくれや。

そんで精舎にいる祖母友達かにはすごいちやほやされてた。

若いのにすごいねえ!!」「遊びたいだろうにすごいねえ!!」「えらいねえ!!」「徳を積んでるねえ!!」みたいな。

たぶんここで自分特別だあというプライド自尊心が育ったんじゃないかな。他人のせいでごめんな。でもしゃーないよな。いいじゃん。ほんとに仏がいるんなら助けてくれ。

でもそれはちょいと違うね。精舎しか行くとこねえんだよ。

保育園幼稚園(厳密にいうと保育園中退理由不明ちなこ伏線な。)も卒業してねえし。

友達いねえんだよ。同世代との遊び方がわかんないんだよ。

精舎でおばあちゃんとおばさんたちにちやほやされて育ったから、同世代と話せないんだよ。

そう、友達がいない。

今も、昔も。いや、昔はちょっとだけいたな。でもあれ友達かな?怪しい。今は話を送り付けることができるやつは一人だけいる。そいつあん友達多くねえけど、自分よりはいる。

それ以外本当にいない。ご飯行こうよっていえる友達、なし。

たぶん葬式に来てくれるやつもいねえんだよな。情けないねえ。

中学とか高校の時はさ、強制的交流させられるイベントがあったからそこそこ友達ぽい人はいた。

でもプライド自尊心邪魔して、本気で話せる人は一人もいなかった(今もいない)。

なんなんだろう。同世代と会うと、なんか自分キャラを設定しないと話せない。いじられキャラとか頭いいキャラとか、金がないキャラとかな。

そんなんみんな見抜くよな。

嘘つくやつと仲良くなりたいやつなんていない。しか自分自分以外の世の中のすべてを馬鹿にしてた。(今もしてる。)

さあそんなやつがいたらどうなる?そうだよなあ。いじめられる。いじめられた。

まずこれは小学生から。小2のとき腹パンされたことを今でも覚えてる。なんでかはわからん

Wくんという子だった。Wくんはスポーツがよくできてみんなの人気者タイプだった。

なんか先生ため口でいけるタイプ

自分は、小学生ときから今に至るまで優等生、というか権威者に弱い。

先生ため口なんてありえなかったし、廊下は走っちゃだめだよと注意とかをするタイプであった。いやうざすぎて草だね。

とにかく、W君に腹パンされたことを覚えている。

あと小4のとき裁縫箱でK君に頭を殴られた。今でも覚えているのすごいな。

あとは小6のとき、N君にズボンを下ろされた。これは卒業式の練習の時。N君見てるか~??

N君は転校生。目立ちたがり屋。好きな子と付き合ってるって家では嘘ついてた。前の学校はいじめられてたらしい。だからか?

ちなこつんちは某新興宗教学会信者。以上、まだ仲がよかったときのお泊りで判明。

あれ、意外と共通点いか?そんなことねえか?

ここまでは序章。問題中学よ。

中学でもいじめられた。最初はなんかヤンキーに殴られた。不登校になりかけて、親に無理やり学校に連れてかれた。

担任のおばさんはなんもしてくれんかった。大人を信じちゃいけねえなあって思うようになった。

今思えばしょうがないよな。生徒の一人一人に向き合うなんて無理だよ。面談で話聞いてくれただけ感謝だ。ありがとう感謝。シェイシェイ。つまらいね

まじで本当に学校行くの嫌だったけど、行かないと母親に行くように言われるし、母子家庭だったか心配をかけたくなかった。

あぶねえ。嘘ついてた。

心配をかけたくないわけじゃない。母親心配されるのが嫌だった。

母親はすげえ馬鹿非正規仕事をしてたから、そんな母親心配されるまでもなく、自分ちゃんとやってるんだって言いたくて、しょうがねえから学校に行ってた。結局皆勤賞。えらい。

どうしても行きたくない日もあって、前日の夜とか布団の中で泣いてた。新興宗教教祖様に心から祈りを捧げ、心の中でお経を読んで夜を明かした。

学校について、校門に入る前は「教祖様今日も守ってください」

校門から昇降口までは「いじめっ子に会いませんように。教祖様。」

昇降口から教室までは、「今日はみんなと仲良くできますように。教祖様

今考えるとピュアすぎる。もち今は信じてないよ、安心してください

さあさあさあ。

いじめはどう終わったかというと、終わりはしなかったんだけど(卒業まで、いじめっ子に会うと首絞められたりしてた。クレイジーやな)

やり返すようになったらあんまりしなくなった。

ピュアだった自分は、「教祖様のおかげ・・・?」と感謝し、信仰を深めていった。ピュアだ。いい子すぎる。

彼女もできた。(ちな自分は男。普段一人称は俺だけど俺っていうのあんまりきじゃないし僕っていうのは有り余る自尊心表現しきれないか自分て呼ぶね。)

でもいくらなんでもブスすぎたのでふった。最低だね。

なんか中学最後の時に一人の女の子のこと好きになって告白しようかなって思ったけど同じクラスバスケ部のやつのことが好きらしいと聞いて断念した。バスケ部ってモテるよね。なんで?バカみてえな玉つきクラブなのになんで?

あとサッカー部モテるのも謎。球蹴りクラブなのにモテてるのほんと草。

こういうふうに、ぼくは人のことをすぐ見下す。

特に勉強は人並み以上にできた(というか中学ときは学年1位やった)ので、バカは嫌いだった。

親もバカなんで親もバカにしてた。

でも勉強ができたのは別に勉強が好きだったからではなくて、あくまでなんかできただけ。

勉強するの好きじゃなくて、受験勉強もしてない。でもなんかできたんでそこそこの高校に行った。偏差値60くらい。中途半端高校だった。

今もバカは嫌い。というかバカを見下している。世の中のすべての人を見下している。

最悪だなあ。

眠くなってきたよ。お酒を飲んだからかな。また明日続きを書こう。

明日大学の授業が1限から4限まであるんだけど、(ちな大学生)

だるいし一緒に受ける友達いないから行かない。テスト前になんとかなるでしょ。オナニーして寝よう。おやすみ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん