「勇気」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 勇気とは

2019-02-23

anond:20190223232520

おれもそうだよ。

死ねばその苦しみから開放されると思ってるが

死ぬ勇気がない。

2019-02-22

エンジニア同士で語らいたい

何かテーマを決めて討論するとか

最近技術ネタとか

もくもくとかやりたい

緩いつながりが欲しい

 

でも丁度いい会合がない

そして自分で開く勇気もない

 

自分発注側になればそういうの捗るかなと思ったけど、思ってからもう2年くらいたってしまった

孤独だなあ

ネット大勢いるのにw

マッチングアプリの闇

親を安心させるために彼氏が欲しかたから22歳でマッチングアプリを始めた。私は顔は普通レベルだと思うけど性格が原因て壊滅的にモテない。いいねが2000近く来てエアモテを味わってかなり気分が良かった。

最初に会った同い年の男は話が合ってすごく優しかった。毎日LINEをしていて2回会った時にはもうLINEは言い方悪いけど彼氏面だ。でも私はチョロいので、初めて顔が生理的に無理じゃない男に優しくされて惚れそうになってしまった。これはチョロすぎるので慌てて他の男とも会うことにした。私はいつもこうだ。バイトも行きたかったところを受けて面接でこっぴどく言われて落とされて自信が地に落ちて、今度は雇ってくれるならどこでもいいと色んなところに電話をかけて数打ちゃ当たる戦法に出た。そういう時に限ってどこのバイト先も採用してくる。

2回目も同年代くらいの男だった。謎。イケメンだけどオタクで、ワンナイ狙いしてみたいけど勇気が出なく普通彼女が欲しいという…謎。ていうか前述の男にも聞かれたがなぜ男は「ワンナイしたことある?」って聞いてくるの?遊び女じゃないことを確認したいのかあわよくばなのか。あわよくばを狙われた途端私はもう恋人対象から外れた気がする。私は付き合った人数は1人だけだけど経験人数は4人だ。内ワンナイトが3人。1人で終電を逃した時は寂しいしお金が無いからナンパにすぐ応じてしまう。あと大学生入学したての頃はJKリフレ見学店で働いていた。まさかそんなことを言った日にはコイツワンナイト要員だ!と恋人対象から完全に外れる。私はすこし怒った顔をして「ワンナイトとかはちょっと無理」と答える。

けど2回目の男とワンナイト的なことしちゃったーー。顔が好みでワンナイしてみたいけど勇気が出ないいいなーとか言ってるから私がやれなかったら次にいくんだろなって思っちゃったんだよねー。負けるのが嫌だった。私より顔がブスですぐヤレる女に負けるのが嫌だった。負けってなんやねん。やりたがってる男を見るのはめちゃくちゃ気分が良い。その時だけ私はマウント取れる。本当に負けてるのは誰だって?うるさいよ。奇跡的に生理だったか下半身は触らせなかったけどネカフェでうにゃうにゃしちゃった。セックスしなかったのは地味に大きい。神様が助けてくれたんだな。君は実に馬鹿だな。さっきまで居酒屋ワンナイトとかしたことないよ〜とか言ってた舌根も乾かないうちにこんなことになっちゃったけど相手はどう思ってんだろ。イケメンとそういう感じになれて嬉しい2割、私がもう少し身持ち固くていい女だったらイケメン普通に付き合えたのかな?と思ったり。でも話しててめっちゃ楽しいかと言われると微妙最初の人との方が楽しい。吹っ切れてセフレとか作れる性格だったら良かったのにね。過去ワンナイトの人にはLINEをねだられて教えるけど帰った瞬間ブロックしてたかワンナイトの男とつるもうと思ったことは無い。セフレが欲しいわけでもない。あっちが私のことを好きになってくれた場合に限り彼女になりたいけど、それはもうこういうことしちゃった時点で有り得ないよね。気を使われて今度は昼間に会おうって言われたよ。罪悪感につけこんで本当にすみませ〜ん、私の頭の中は次はセックスさせてあげようとかあっちは挿れるまでいきたいはずだから2回目で機嫌とって3回目でまたヤろうとしてくるだろうとかそんなんばっかです。ワンナイ紛いの人と昼間会って普通デートできるかなワンナイ紛いの女は対象から外れるよね辛いって思いながらワンナイ紛いの男を対象から外してるのは誰だ?

朝帰りしたあとに何も知らない彼氏面の男にLINE返すの辛いな。なんかやっぱ彼氏いらねーわ。私手が触れるのも躊躇しちゃってる女演じてるから本当のこと言ったらドン引きされてブロックされるんだろな。世の中の女ってワンナイ経験とあると思うけど彼氏には絶対言わないわけじゃん?苦しくないの?すごない?私は無理だ。騙し討ちしてる感じが無理。てか2回会っただけで彼氏面してくんなよ冷めるだろ。1回ワンナイ紛いの男からLINE普通だぞ、見習って。

マッチングアプリの闇っていうか私の闇じゃね?てか必死系ビッチの闇。セックス手段になってる。リフレ時代は男をその気にさせれば勝ちだった。オプションいれさせてお金払わせてやれそうな女演じて通わせて。その名残が消えない。お金貰えない今それやっても私の負けなのに勝ち負けがあべこべになってる。てか勝ち負けってなんだよ。

結論:男と2人で会う時には酒を1滴たりとものむな。酒飲むと性欲強くなる事実を受け入れろ。

anond:20190222124519

お疲れ。よくやったな。

お前の全て勇気を振り絞った気分はどうだ?

不器用なお前を俺は誇りに思うぜ。

ネガティブはクセになる

1年ほど前に色々あって会社に行かなくなった。ただの働きすぎだけど。それまで自己肯定感マックス自分大好き、ネガティブ発言ばかりの人間は大嫌いで鬱なんて甘えだろうと考える人間だったのに、毎日寝て起きて泣いてちょっと食べての繰り返し。死ぬ勇気はないか傷病手当と少ない貯金ゴミのように暮らしてた。会社は辞めた。

そんなこんなで通院しながら新しくアルバイトをし始めて、時々友達に会ったりなんかもできるようになってきた。でも会話がまるでだめ。口を開けば否定的言葉ネガティブ言い回し、でもでもだってばっかり出てくる出てくる。脳がそういう風に書き換えられてしまったみたいで、無意識にな〜んでも無理、だめ、どうせ、でも、嫌だ、って変換してしまう。そういうのがまた何ヶ月も続いた。

楽なんだよね。ネガティブになるのって。無理と言えば向き合わずに済むし、でもと言えば予防線を張れるし、自分を変える必要がないし、誰かから否定される前に自分否定しとけば傷つかないし。もうめちゃくちゃ楽。全然楽しくないけど、深く傷ついたり悲しんだりすることもない。クセになるよね。だって楽なんだもん。

でもそろそろネガティブなのはやめようって

時間かかるし楽じゃないし面倒だけど、ちょっと楽しいかも

よおし

2019-02-21

ハンカチ王子こと斎藤佑樹選手について思うこと

高校大学と一流の結果を残しながらも、プロでは結果を残せず、

かつてのライバルには何万歩も先を越され、それでも食らいつきながらまだ同じ土俵で戦おうとしている。

メディアでは面白おかし発言を切り取られ、世間から煽られつつ、

有る事無い事報道されて、極一部ではあろうが嘲笑対象にすらなっている。

プライドもズタズタになっていることだろう。

引退してもっと楽な道もあったはずである

ルックスも映えるし関係各位から声もかかっていることだろう。

それでもプロ土俵から降りないのは本当にすごいと思う。

私ならとっくに降参している。同じ土俵評価されるのが怖くて逃げている。

そう思うと本当に勇気のある人間だと思う。

いつか世間を見返してほしい。

陰ながら私は応援している。

anond:20190221154402

勇気を失っても100%有機~♪と歌いながら飯でも食えば回復するが、失った金は戻ってこない

名誉ブリタニア人は名誉を失えばブリタニア人になれる

お金を失うことは小さなことだが、名誉を失うことは大きく失うことだ。しかし、勇気を失うことはすべてを失うことだ》

anond:20190221152943

引くんじゃなくて応える勇気のない言い訳だよ

会話が苦手すぎる

いわゆる典型的コミュ障なのだか、よくある《集団での会話に入れず黙ってしまう》というのは日常茶飯事で、例えば頭の中で喋りたい内容を組み立てるも考える内に話しかける行為自体迷惑かもしれないと思い、声をかけずに終わってしまうことがよくある。

そもそも仕事相談で話しかける際も毎回勇気を出して話しかけるレベルなんだが、コミュ障ではない人がすぐに誰かに何かを相談して秒で解決しているところを見ると本当に悔しい気持ちになる。(相談したらその分早く解決するのは当たり前だとは分かっていますが)

あと、ネットコミュ障について調べると『コミュ障は治る』だの『元コミュ障の私は〜』だの、全て解決した後の内容が出てくるのはどうしてなんだろう?『治りません』なんて話題にする必要がないから?(かもしれない)

コンビニレジで注文するのでさえ躊躇して諦める同志とか居ないのかな?握手したい(お互い頑張り過ぎずに生きていこうな)

(という話がしたくてはてなブログをはじめてみました)

[]2019年2月20日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0011714552124.422
0157431975.829
02223304150.246.5
03172082122.544
04111257114.3103
0532241075.335
061683552.244
0728209674.947.5
0845243954.221
0998615962.835
101271082085.254
11939812105.543
1212820915163.442
131631507092.546
141411063675.432
15132892167.633
1610910954100.535
1794623466.330
18131699853.427
19115729663.425
20115973684.731
2110912590115.533
221311181390.232
2382778494.925
1日211318903289.534

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(207), 自分(147), 今(83), 話(81), 増田(72), 仕事(64), 好き(62), 前(57), 相手(51), 挨拶(50), 感じ(49), 会社(49), 必要(48), 女(43), 問題(42), 気(39), 時間(38), 人間(37), ー(36), 男(35), 理由(34), しない(34), 他人(33), 結婚(32), ゲーム(32), 関係(31), 気持ち(31), 目(31), 日本(31), ワイ(30), 意味(30), 投稿(30), あと(30), 最近(29), 普通(28), 結局(28), 声(28), 今日(27), 人生(27), 親(27), 結果(27), 一番(26), 逆(26), 内容(25), 最初(25), 嫌(25), 他(25), 状況(25), 説明(25), 確か(25), 金(24), 言葉(24), 絶対(24), 手(24), 無理(23), 昔(23), 女性(23), 毎日(22), 情報(22), 誰か(22), じゃなくて(22), 政治(21), 子供(21), 家(21), 状態(20), おっさん(20), 記事(20), 存在(20), レベル(20), 職場(19), 仕方(19), ネット(19), 勝手(19), ダメ(19), 別(19), 馬鹿(18), 理解(18), 若者(18), 時代(18), 子(18), しよう(17), 周り(17), 作品(17), ただ(17), 本人(17), 頭(17), 顔(17), 場合(17), 可能性(17), 元増田(17), 最後(17), 勉強(16), ゴミ(16), 💩(16), 上司(16), 嫌い(16), 興味(16), 部分(16), 電車(16), 店(16), スマホ(16), 行動(16), お金(16)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(72), 日本(31), ワイ(30), じゃなくて(22), 元増田(17), 可能性(17), スマホ(15), ブログ(14), PM(12), チョコパイ(12), AM(12), わからん(12), 何度(11), s(10), Twitter(10), IT(9), PC(9), なんだろう(9), マリオ(9), なのか(8), 外国人(8), SNS(8), 普通に(8), 10年(8), はてなー(8), 個人的(8), キモい(8), OK(8), サイコパス(8), 分からん(8), はてブ(8), アプリ(8), マジで(7), コレ(7), 基本的(7), ツイッター(7), ニート(7), twitter(7), hatena(7), アスペ(7), eスポーツ(7), 東京(7), 好きな人(7), RTA(6), ブコメ(6), いいね(6), どんだけ(6), コミュ障(6), キモ(6), 数年(6), LINE(6), プレイ(6), 音ゲー(6), お客さん(6), イケメン(6), 安楽死(5), アメリカ(5), ソシャゲ(5), エロい(5), スレ(5), けもフレ(5), 自分自身(5), 心拍数(5), フォロワー(5), 糖質(5), 松屋(5), その子(5), 低能先生(5), トラバ(5), よね(5), 毎日(5), 自分たち(5), ツイート(5), バズ(5), ある意味(5), セブンイレブン(5), ???(5), ババア(5), 2019年(5), GPS(5), E(4), スクショ(4), 夫婦(4), ジャンクフード(4), クオリティ(4), iPhone(4), CM(4), ED(4), 2回(4), detail(4), アレ(4), かよ(4), 平成(4), NG(4), 飲み会(4), 1回(4), 娘(4), ギャルゲー(4), けものフレンズ(4), ブクマ(4), -1(4), wiki(4), 社会人(4), モテる(4), フェイク(4), 株式会社はてな(4), AI(4), 被害者(4), セブン(4), pdf(4), 一緒に(4), 経営者(4), 上の(4), ネトウヨ(4), フミコフミオ(4), 学生時代(4), テンプレ(4), オナホ(4), KKO(4), 統失(4), 性犯罪(4), A(4), 自社(4), 笑(4), 1人(4), いない(4), 韓国(4), お勧め(4), wikipedia(4), Wikipedia(4), 嘘松(4), ガチ(4), マウンティング(4), なんの(4), 涙(4), w(4), OP(4), 市場価値(4), にも(4), 20代(4)

本日の注目単語 ()内の数字単語が含まれ記事

箝口令(6), はま寿司(3), チョコパイ(12), 契約解除(3), リポート(3), RTA(6), 心拍数(5), 総合力(3), 譜面(3), アリーナ(3), フミコフミオ(4), PM(12), 挨拶(50), マリオ(9), 敬語(8), 指輪(7), eスポーツ(7), 地図(7), おはよう(12), キャベツ(6), セブンイレブン(5), 店長(9), 何者(9), 弊社(7), チョコ(8), 項目(7), 💩(16), 競技(7), 完了(5), 平日(9), 弁護士(10), 訴え(15), 勇気(9), 買い物(10), ヤクザ(8), 知り合い(14), 裁判(8)

頻出トラックバック先(簡易)

■弊社はあいさつがない /20190219221003(35), (タイトル不明) /20190220192222(11), ■安楽死が楽な死だってなんでわかるの? /20190219205704(11), ■政治ジレンマ /20190220125511(10), ■敬語が抜けない /20190220190122(8), ■日本で言われている「海外常識」は間違いだらけ /20190220144427(7), ■トートロジーってなに? /20190220182258(7), ■人前で話せない /20190220161521(7), ■コンドームが破けるんだけど /20190219220641(6), ■副業禁止にしてる会社って /20190220003611(6), ■ /20190220145759(6), ■ブス女ってマジ人生詰むと思うんだけどどういきてるの? /20190220223628(6), ■xevraについての雑感及び感情の変化 /20190212225400(6), ■anond20190220094004 /20190220094143(5), ■年の差婚、夜の生活しんどいです。 /20190219205159(5), ■ /20190220124415(5), ■首都圏で育ってエリート金持ち結婚できない子ってどうしたんだ? /20190220162526(5), ■anond20190220152250 /20190220153008(5), ■anond20190219221003 /20190220140510(5), ■僕の前科と妻の不安 /20190220000541(5), ■「元を取る」という発想 /20190220122513(5), ■片思いの子ラブレターを渡し続けた /20190217091347(5), ■マストドンって始まってもいないよな /20190220021927(5), ■私に痴漢をしたおじさんを見つけた /20190220093417(5), ■将来的に「ヤベー奴 認知アプリ」が欲しいわ /20190220102119(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6041325(2388)

2019-02-20

博士課程から逃れたい

博士課程3年間通った

糞みたいな教授と先輩で他のラボ先生から「アンタのとこは特殊から」とか「辞めたほうがいい」とか言われて教授が怖くて辞められなくてずるずる続けた

勇気をもって教授にもうラボ来には来ないって言ったけどそんなことは許さんで終わり

怖くて反論も出来ない

しんどい

鬱だ

論文さなかったら職場にまで追いかけてくる勢い

でも論文出すだけのデータもないしこれ以上頑張る気力もない

どうすればいいの

博士課程なんかにきて人生狂った

人生リセットしたい

ブス女ってマジ人生詰むと思うんだけどどういきてるの?

何だかんだ言って顔で決まるのに元気な子見てると勇気がわくよね。

家事をする料理うまいってそんな重要?

習慣とスキルなんだからすぐに覚えられるし、普通に家族に教わったでしょ?

かに最低限できない子っているけど、よほど生活環境荒れてなきゃあり得ないでしょ?

直すのだって一年二年で直るじゃん。だいたいの人が二年で直ること重要視するってばかじゃん。

バカな男って小手先に騙されるのかもしれないけどさ。

金銭感覚だって自分収入釣り合う人と友達付き合いすればいいいし、無理なら断ったらいいよね。

とか色々結婚条件あるけど、全部後天的に数年の努力でどうにでもなるでしょ?

友達チョコ交換した時に自称料理きな子手作りチョコだしてきた。

笑っちゃうよねw

手作りより工場製品の方がおいしいし、だいたいこれは溶かして型にいれただけじゃんw手作りしたいくらい仲良くしたい、ってメッセージなのはわかるから大げさに喜ぶけどさw

そもそもの子あんまりあれだけど、優しいし気遣いできる子でさ。家行くといつだってきちーんと掃除されてるよ。

私みたいに雑誌だしっぱとか電気消し忘れとかないからね。

ルンバスイッチ入れてスマホいじったりせず、自分掃除機かけるし。

でも男ってそういういい子を歯牙にもかけないじゃんw

愛嬌がいいかは男の前連れてったことないから知らないけど、少なくとも私らにはすごくいいよ。嫌いな人なんていない。

じゃぁモテてるかってそんなことない。

 

顔じゃんw

 

まぁそうだよねwまともに頑張ったらすぐなおるもん。

男もなんだかんだ知ってるから口ではどうこう言うけど、なおしようのない顔で選ぶんでしょ?

妥協した男に落ち着くとか意外と優良物件とか探すにしても、既にスタートライン遥か後ろじゃん。

 

でも、それでも強く生きる意思みたいなものって、勇気でるよね。

 

子供要らないのか、みっともないとこで妥協するのか、ひとりで生きるのか、死ぬのか知らないけどさ。

世間一般とか世の中の評価には従わないって強さを感じる。

真似できないよ。

anond:20190220221736

奮う。勇気を奮い立たせる、って事だぞ

おーん?

ふるってご応募くださいっていうけど

何をふるえばいいの?

勇気?涙?それとも暴力

大好きだったけど早く終わってくれ

最近やってるソシャゲに疲れてきた

最初はすごく面白そうと思ってリリースからずっとプレイしてたけどだんだん魅力を感じなくなっている

ハマりたての数ヶ月はどんなことも気にならなかったけど一つ「あれ?」と思ってからはどんどんシナリオキャラ整合性のとれてなさやシステムの使いにくさ、イベント登場キャラの偏りなどが気になり出してきてしんどい

このゲームで繋がったフォロワーさんもいるし推しのことも大好きだけどイベントストーリーを回収する気力も萌え語りする熱量ももうない

アンストして引退すればいいんだけど集めたものを捨てる勇気もないし自分が見切れないストーリーが増えていくのも辛いからいっそのこと早くサービス終了してほしいなんて思っている

そのソシャゲセルランが奮ってないことに安心してしま自分自己嫌悪してしま

anond:20190220120850

実際にそうやって動いてる人も結構居るね

すごいなーと思う一方で実際きつそうでもある

片手間で生きていけるくらい能力なきゃ余裕は生まれないわけで

そのくらいできる人はどういう人か?ってボーダーライン探っていくと結構上澄み

 

自分も似た動き目指してるが色々足りてない

隣接するスキルなら経験が生きるからまだいいんだけど

全然Lv1みたいなところに飛び込む勇気が足りないんだよな・・・

元のスキルを維持するのもキツイ

僕はあの子が嫌いだけど気になる

僕はあの子が嫌いだ。だって言ってることがいつもおかしい。

授業を聞いてないで落書きしてるのを先生に注意されただけなのに、自分差別された、とか言い出すし、みんなで楽しかったね、とか言い合っていることにも首を突っ込んできて、それは楽しいと言い合っているだけで本当に楽しいと思ってなんかないんだろう、とか言ってくるし。

誰に対したってこんな調子から、あの子は僕だけじゃなくてみんなの嫌われ者だ。

でも遠足の日の班割りで、僕はあの子と同じ班になってしまった。遠足の前のオリエンテーションの授業で、あの子はまたおかしなことを言い出した。今度はお前たちはみんなずるいという。

班の他のみんなも僕も、またかよ、って顔をした。でも僕は一応班長から、なにがずるいのかと訊いてしまった。そうしたら、お前たちのお弁当はみんなきれいでずるい、と言い出した。

曰く、うちのお母さんの弁当はのり弁だけだからお前たちはずるい、のだと。

そんな文句お前のかあさんに言えよ、と僕は思わず言ってしまった。そうしたら今度は泣き出した。だってうちのお母さん私のいうこと聞いてくれないもん!黄色い卵とか赤いプチトマトとか入れてって言っても返事もしてくれないもん!って言ってギャン泣き。僕はうんざりしてしまった。

先生もやってきて事情を聞いてきたけど、周りのみんなが説明してくれて僕は悪くないと言ってくれた。

の子職員室に連れて行かれて、副担任先生がやってきてその日の学校は終わった。

でも、学校が終わってからが一波乱だった。夜の9時くらいになって、家のチャイムが鳴った。僕はもう布団に入るところで、お母さんがこんな時間に、と玄関口に出てみると、あの子とその母親が立っていた。

の子母親は顔を真っ赤にしていて、一気にまくし立てた。「うちの子おたくの子供にいじめられたと言っているんです!どうしてくれるんですか!」って。

僕はまたあの子おかしなことを言ったんだ、と思ってあの子を睨んだ。でも、あの子はいつもと様子が違って、すごく悲しそうな顔をして自分母親の後ろに隠れてなにも言わなかった。

そして、うちのお母さんはきっぱりと言ってくれた。「それは絶対に何かの誤解です。今日はもう時間も遅いですし、お引き取りください。後日、学校先生も交えてお話をお伺いします」と。

の子母親は「逃げる気!?」などと言い出したけど、あの子母親を引っ張って、「もう帰ろう」と一言言ったら、あの子母親は黙ってなさい!と言ってあの子ビンタをした。僕もお母さんも思わずなにも言えなくなってしまった。でも、すごく痛そうだったのにあの子は泣くことすらしなかった。そこに、うちのお父さんが帰ってきた。

お父さんは、「少し前から拝見させていただいていましたが、やはりお引き取りください。逃げるわけではありません。後日お話しましょう、と申しているだけです」と静かに言った。

の子母親はうちのお父さんを睨みつけると、あの子の手を無言で引っ張って帰って行った。

それから僕は、お父さんとお母さんに今日学校であったことを話した。お父さんもお母さんも僕の話をしっかり聞いてくれて、僕はそれだけでも心強かった。

でもその時ふと思った。あの子はお母さんが自分の話を聞いてくれないと言っていた。それはものすごく心細いことなんじゃないだろうか?と。

その翌日、先生と僕の両親とあの子のお母さんとで話し合いがあった。話し合いは職員室横の応接間でやっていて、僕もあの子もその話し合いが終わるまで副担任先生と一緒に教室で待っていた。

の子は、顔を真っ青にしてなにも言わなかった。でも、ほっぺたが少し腫れていた。そのほおの赤さと顔色の青さが、あの子を余計に悪い顔色に見せていた。

僕は思わずの子に声をかけていた。ほお、大丈夫?と。あの子は、痛いけど大丈夫、と答えた。

の子はぽつりと言った。うちのお母さん、いつもああなの。私の話聞いてくれないの。と。だから僕は、それ、寂しい?と訊いてしまった。そうしたらあの子はまた泣き出した。いつものギャン泣きとは違う、静かな泣き方だった。僕はそれっきり、なにも言えなくなってしまった。その様子を見ていた副担任先生は、あの子保健室に行こうか?と声をかけ、僕には教室でご両親を待っててね、と声をかけて、あの子と一緒に教室を出て行った。

そして僕の両親が教室にやってきて、僕は両親と一緒に家に帰った。

そして、遠足の日がやってきた。その日の朝、お母さんは珍しく緊張した顔をしていた。

そして僕にお弁当を二つ持たせた。僕のいつもの弁当の他のもう一つの弁当は、ピンクの袋に包まれたお弁当だった。

お母さんはこう言った。「お母さんもすごく悩んだけど、このお弁当はあの子に渡してあげて。それであんたにも迷惑をかけちゃうかもしれないけど、お母さんはこうすることが正しいと思うの」と。

お母さんは、あの子のことを心配しているんだな、ってすごくよくわかった。その気持ちは、今の僕にもわかる。あの子のことが今も好きなわけじゃないけど、でも、僕もちょっと前よりもあの子のことが気になるようになっていた。だから僕は言った。「お母さん、ありがとう」って。

そうしたら、お母さんは僕のことを抱きしめてくれた。そして、行ってらっしゃい、といつものように声をかけてくれた。

遠足の午前中、僕らの班は静かだった。あの子はいつもよりも黙り込んでるし、他のみんなはあの子のことを遠巻きにしてそわついている。僕も僕で、お母さんから預かってきたお弁当のことで頭がいっぱいで、いつもよりずっと緊張していた。

そして、お弁当時間がやってきた。

みんな、あの時のことがあったからか、お弁当箱を開くのも気まずそうにしていたけど、でも実際にお弁当箱を開けて中に美味しそうなおかずがあるのを見ると、顔が明るくなっていった。

の子は、そもそも弁当箱を持ってきていなかった。それでみんなの方をじっと見ていたけど、特に騒ぎ出すことはなくプイッと何処かに行こうとした。

から僕は声をかけた。声をかけるのもとても勇気必要だったけど、お母さんの顔を思い出したら、そして今どこかに行こうとしてるあの子を見たら勝手に口が動いていた。

「ねぇ、僕のお母さん今日間違えて二つお弁当を作っちゃったんだ。だからあげるよ」

そういって、ピンクのお弁当袋を差し出した。

の子は驚いた顔をした。でも、こう言った。

「いらない。他の人にあげれば?」

「でも、お弁当持ってないじゃん」

「いらない!」

彼女のいつもの癇癪が始まりそうだった。今の声で周りのクラスのみんなも気付き始めた。僕はもう、正直にいうことにした。

「ねぇ、僕もお母さんも君が心配なんだ。だから、これは君のためのものなんだよ」

「私のため……?」

「そう」

弁当どきの賑やかさはすっかり静まり返って、クラスのみんなが僕たち二人に注目してた。囃し立てる奴は一人もいなかった。

の子ゆっくりと手を伸ばしてきた。そして、僕の手から弁当袋を受け取る。

そして、顔をうつ伏せながら、静かに、でも確かにこう言った。

「……ありがとう

そしたら、それを聞いた周りが一気に賑やかになった。

「いいじゃん、それ!」「何入ってるの!?見せて!」「こっちこっち!一緒に食べよう!」

みんな口々に言いながら笑顔であの子を囲んだ。

そしてあの子は、泣いていたけど笑ってた。

開いたあの子弁当には、黄色卵焼きや赤いプチトマト緑色レタスオレンジ唐揚げ、白いご飯にはピンク桜でんぶがかかってて、とてもカラフルだった。

僕も自分のお弁当を開いてみると、僕のお弁当はあの子のとは全然違ってちょっと茶色っぽかった。でも、それであのお弁当は本当にあの子のためのものだったんだってよくわかった。そしてお母さんの思いも。

これから、またあの子のお母さんが何か言ってくるかもしれない。またあの子が泣くようなことになるかもしれない。

でも、きっと今はこれでよかった。美味しそうに、そしてそれ以上に楽しそうにお弁当を食べるあの子を見て、僕は本当にそう思ったんだ。

遠い日の初恋

当方現在大学院M1。

現在交際している彼女から今度話したいことがあるとLineが届いた今夜。どうともいい予感がしない。

一体何の話なんだろうと思案していると、なぜだか急に昔のことを思い出した、昔した(個人的)大恋愛のことを。

----------------------------------------

高校の時、とても、とても大好きな女の子がいた。

の子は一個下の部活の後輩で、始めは自分一目惚れだった。

最初は全くその子の眼中になかったと思う。でも積極的に話しかけたり、時にはちょっとしたプレゼントあげたりと恋愛経験なんて全くない自分にしては頑張った甲斐もあって、徐々に仲良くなっていき、その子から積極的スキンシップをとってくれるようになった。

文化祭を2人でまわったこと、相合傘で街を歩いたこと、卒業式の日手をつないで帰ったこetc...これはいけるかもしれないという想いをもちつつもずっと好きだと言えないでいた。

なぜ言えなかったのか。自分ヘタレだったということもある。しかしその他の理由としてその子からメールの返信がほとんどなかったということが自分を悩ませていた。

当時自分とその子はお互いガラケーで連絡はメール、でもほとんど返信がない一方でその子Twitterもやっており、どうやら他の子に聞くとそちらでは積極的に連絡を交わしているらしい。

現実で会うと、付き合ってると勘違いされるほど仲良いのに、それ以外では全く連絡つかず。自分では誰よりもその子と仲良くしていたつもりなのに、Twitter上でしか連絡をとらないような同級生の○○君の方が実は彼女にとって仲良かったのか。

様々な疑念がずっとぬぐい切れず、心は振り回されるばかり。一体どう思われているのか本当にわからなかった。

そんなある日その子と話していて映画に行こうという話になった。当時、自分恋愛相談相手にこの話をすると彼女はこう言った「映画の日、告白しましょう」。

いつまでも振り回されるわけにはいかない、ここで決着をつけよう、そう思った自分はその子提案をうけ、好きな子メールで誘った。

しかしやっぱり返信は来ない、どうやらその子友達曰くケータイが壊れて修理にいかないといけないとのこと。ケータイが壊れたのは本当なようだが、意気込んでいた自分にとってそんなことはどうでもよくなっていた。

全て自分勘違いなんだ、あの子にとって自分という存在迷惑で、付き合っているように思われていたこと、自分のあからさまな好意も全て嫌だったんだ。

会えば膨れ上がる期待も、連絡をとれば一気にすぼんでいく。もう全てを期待しないでいよう、そう心に誓った..。

しかしその矢先、ある日その子に言われた、「付き合ってください」という一言

あれだけ待ち望んだ言葉だったのに、信じ切れずに言葉を流してしまい、その日の夜、泣かれ、怒らせ、別れてしまい、次会った時は今まで見たことのないような敵意を持った目を向けられた。

その時はっきり「嫌われたんだ」と悟った。

この話には裏がある。自分が「付き合ってください」と言われた約1ヶ月前くらいから、その子からスキンシップ特にしかった頃、その子はずっとTwitter上で知り合ったとある男性に迫れていた。詳しいことは知らない。しか自分が泣かせたその日以降にその子その男性と付き合うこととなった。

フラれてしまったという事実、その子に嫌われてしまったという事実、他の人にとられてしまったという事実、全てが自分にとって最悪の結末となってしまった。

これが自分初恋

もし自分Twitterをやっていたら、もしあの時あの子ケータイが壊れずに映画に行けたら、もしあのいい感じの雰囲気の時に勇気を出して告白していたら、もしあの時現実のその子ときちんと向き合っていれば...

どうなっていたかは今となってはわからない、でももう少しマシな結末が待っていたのではないか。後悔の念は拭いきれないし、自分が招いた結末だとわかっていても、不運を嘆かずにいられなかった。

----------------------------------------

今の彼女は今度一体何を話すのだろう。

2019-02-19

才能とか努力とかと、美人の目が怖かった話

才能とかいうのはよくわからない。

まず定量化できないものから簡単比較できないし、私はこの言葉が嫌い。

私は子供のころ、ピアノクラシックバレエ乗馬フルート書道を習っていた。

教育熱心な親だ。

ピアノは大嫌いだった。先生が異常に厳しいのだ。最初はみんなでおなじ曲を弾いていたけど、私が少し弾けるようになると、先生母親を呼び出して、個人レッスンを勧めた。

私が褒められたと感じた母は、嬉しそうにそれを快諾した。

最初は楽しかったピアノがどんどん苦痛になってきた。家での練習さぼり気味になり、そうするとレッスンにどんどん行けなくなる。

運指、とか、フットペダルをどう踏むかとか、スラーがどうとか、楽典がどうとか(まあ、楽典面白かったけど)、そういうのが私は本当に苦手だった。聴いた音楽をなんとなく弾くことは人より得意だったけど、それだけ。

「どうしてちゃんとやらないの?」と先生に何度も聞かれた。そのたびに答えられなかった。

「才能があるかもしれないのに!」と先生は言った。それを聞いた母も同じようなことを言った。

私には姉がいて、同じ習いごとをしていたが、確かに姉に比べると少しだけ私の方がなにごとも得意だった。

でも、それは才能があるということとは関係ないと、子供ながらに思っていた。

姉は、ひたむきに努力できる人だった。思い通りに弾けない時、怒った母が「もうやめなさい!こんなこと!」と言ってピアノ教本を窓から放り投げた時も、

から泥だらけになった教本を拾ってきて、泣きながら「ママ、私頑張るからやらせてください」と言っていた。

これが才能でなくてなんだというのだろうか。私は姉がうらやましかった。

捨てられても、泣いても、縋りつけるくらい執着の持てることが私にはなかったから。


クラシックバレエ。これは結構好きだった。ピアノ生演奏で、ジュニアクラス先生は優しくて、バレエの日は姉と一緒に髪をお団子にして手をつないでバスに乗った。

小学校高学年になり、そろそろ中学受験のためにバレエを辞めるという話をしたとき先生が母に意外なことを言った。

「この子バレエに向いています。辞めさせるのは勿体ないです」

そんなこと、先生からも一度も聞いたことがなかった。母は少し悩んでいるようだった。

中学受験バレエの両立は、できなくもなかった。ただ、バレエというのはなかなか厄介なもので、休むと取り戻すのがすごーく大変なのだ

あんたがやりたいなら、両方やってみなさい」と母は言った。

もう暗くなったバレエスタジオで、いつもニコニコ先生が真面目な目で私を見ていた。

やれない、と私は家に帰ってから母に伝えた。

「そうよね、あんたに才能があるとは思えないし。それに努力もできないでしょ」と母は言った。

その時すでにピアノ教室不登校気味になっていた私に、その言葉ストレートにぐさっときた。


乗馬は、私が最も才能がある習い事だったと思うし、私がいちばん好きな習い事でもあった。もともと動物が好きで、通うのが楽しみで仕方なかった。

早く上のクラスに行きたくて、先生の言うことを真面目に聞いて、雨の日も、寒い日も通っていた。

でもまあ、運悪くというか、姉が落馬して怪我をした。

大した怪我ではなかったけど、それを機に兄弟全員が乗馬クラブを辞めさせられた。

私は泣いて泣いて懇願した。こんなに何かをお願いしたことはないんじゃないかというくらい。

私は馬から落ちたりしないから、落ちても怪我しないから、怪我しても勉強はするから、と、土下座もしたけど、「危ないから」の一言で全部なしになってしまった。

まあ、仕方ない。決めるのは親だ。


さて、長々と書いたのには理由がある。

相変わらずやりたいことも見つからず、器用貧乏な私に、ちょっとしたチャンスが舞い込んできた。

「とってもやりたい!」というほどのことではない。

「へえ、できたら楽しそうだな」くらいの感覚だが、興味はあった。

その話を持ち掛けてくれたのは、綺麗な女の人で、もともとその業界にいた人だった。

淡々と話を聞く私を、その人はじっと見ていた。

「やりたいってことでいいの?」、と聞かれ、

「そうですね、やってみたいです」と私は答えた。

その女の人はため息をついた。怒っているんだなと思った。

「あのね、やってみたいとかじゃないの。本当にやりたいのかどうかを聞いてるの」

出た、と私は思った。久々だなこの感じ。

「私はね、あなたが本気でやりたいと思うなら応援するし、なれると思う。才能があると思うから」と、その人は言って、すごく綺麗な目で私をじっと見ていた。

「でもね、才能だけじゃダメなの。努力しないと。本人がやる気ないのにお膳立てはできないの。」

「それはわかります

全然わかってない。この仕事はね、やりたいっていう人がたくさんたくさんいるの。努力して努力して、ほんの一握りの人が成功するのよ。今みたいにノホホンとしたまんまじゃダメなの。頑張れるでしょ?本当にやりたいのなら」

そこではい!と即答できるほど私はできた人間ではない。好きな映画である花とアリス」をなんとなく思い浮かべながら、曖昧な笑みを浮かべて、ひたすらこの「努力と才能の嵐」が過ぎ去るのを待った。


結局、私がどうしたいのかは自分で決めなければいけない、と言われた。

私は迷っている。なんで才能があると思われたのかも正直わからないし、そんなにすぐやりたいと思えるようになる自信もない。

普通に大学卒業して、就職するんだろうなと思っていたが、就職したくないなら、そっちの道に行くのもいいだろう。

でもきっとその世界では、みんながああいう目をしているんだろうな。

やりたくて選んだ道なんだからって、すぐ言われるんだろうな。

努力家の姉は、夢を叶え、ものすごく狭き門をくぐりぬけ、やりたい仕事をしている。

ピアノはたまに弾く。お遊びのようなものだけど、好きな曲を弾いていると落ち着く。

バレエは、大学に入ってから再開した。もちろん本格的にではないけど、姿勢がいいと褒められることはある。

やってきたことはたぶん無駄ではなかったけど、でも結局、努力する才能は得られなかった。

私はきっとあの綺麗な女の人に、「できません」と言うだろう。

私は甘ったれ子供から、すぐに弱音を吐いてしまうし、それを許してほしいと思ってしまうのだ。

才能があるとかないとか、そういうのはたぶん他人が決めることではない。

本人がそう思えない限り、才能は「ない」のだ。

甘えと言われても、何と言われても、あんなこわい目に晒されて生きていくことは、私にはできない。

それもまた一つの勇気ある決断ということで、ここはひとつ、勘弁してもらいたい。

2019-02-18

統計不正 歴代部門トップ全員「数値のゆがみ知らず」

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190218/k10011818981000.html

不正が行われていた期間に統計業務に携わっていたかつての担当者NHK取材に応じ「統計部門トップを務める幹部の多くは統計の専門的な知識はなく、詳しい話をしてもわからない。上に報告せず係員の裁量で片づけられる問題だという認識があったかもしれない」と証言しました。

数学苦手ですが、生きる勇気が湧いてきました。

anond:20190216230637

あなた美しい人だね。

私も別の理由で生きづらいのだけど、あなたのように、日々の幸せを丁寧に拾いながら、そしてコンプレックスにも折り合いをつけながら、前向きに生きていこうと勇気をもらいました。ありがとう

あなたは娘さんをまっすぐに見つめてるし、あなたと娘さんは、既にしっかりと見つめ合ってると思う。心が向き合っている愛情関係が土台にあるなら、視線が合わないなんてささいなこと。

私があなたに励まされた、何倍もの勇気シャワーを、娘さんは毎日浴び続けているんだろうなぁ。どんなにあたたかいことだろう。あなたと過ごす子供時代に、娘さんは一生分の生きる勇気をもらって、あなたのようにどんな課題も乗り越え、愛に溢れたステキ人生を歩まれることと思う。

娘さんは、あなたの子に生まれてとても幸せだと思った。本当に幸運なことだと思う。

田舎出たい

事情があり帰ってきて3年目だが今すぐ出たい。

「ここにいてはいけない」って感じがヒシヒシする。目に見えて衰退していくのが怖い。気づかないのか諦めてるのか、呑気な地元民が一番怖い。政治も1ミリも変わらない。

田舎にずっと住める人はすごいと思う。自分にはそんな勇気はない。怖すぎてイライラする。新幹線の駅がある程度の都会に住みたい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん