「論文」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 論文とは

2019-03-24

一回くらい彼女欲しい

こち大学生24歳、金なし、恋愛経験なし、時間はまぁまぁある。

まれてこの方彼女というものが出来たことがない。それ以前に、異性とまともに話した事もない。

元々、コミュ障気味だけど、過去の事もあって異性はよりコミュ障になる。

理系で周りには男ばっかりなので、何もしなくて出来るとか、コミュ障改善するとかいう事はない。


そんな事にかまけてるなら論文の一つでも読めと言う天の声も聞こえて来そうだけど、どうにかできないだろうか。

2019-03-22

anond:20190322180014

Ipad論文読んだりレビューするのに便利

電子ペーパータブレットみたいなやつ →同上

Apple TV →打合せのとき会議室モニタにパッと映せると便利

ペンタブ論文内の絵をオリジナルで書くときあると便利

イラレ論文内の絵をオリジナルで書くときあると便利

増設メモリ、高級キーボード、高級マウストラックパッドOA作業の快適度向上

NASデータ管理ちゃんシステム化できてなかったらこれを機にやろう

本 →お守りとして

2019-03-21

anond:20190321205008

いやだから自分は「取り消しで問題になってるのは論文の方でしょ」ってツッコミはズレてると言ってるんだけど

なんでみんなズレたツッコミをした人ではなく自分の方にトラバしてくるんだ

anond:20190321201456

博士論文を元にして出版してるんだから批判の内容は変わらないでしょ。

そして論文の水準は世に流通してる他の出版物等より高いと思われ。

anond:20190321201659

??

から「取り消しで問題になってるのは論文の方でしょ」ってツッコミはズレてる、という話をしてるつもりなんだけど

anond:20190321201229

問題になってるのは論文の方だっていう理屈でいけば、それこそ具体的に説明してるものはない、ということになりかねないと思うけど

anond:20190321195808

取り消しで問題になってるのは論文の方でしょ

本出さなかったらバレなかった可能性はあるが

他人の再投稿を論うな

タイトルで内容ちゃんと変えてるのにどうして再投稿認定するんですか???

わかってます??

論文だって投稿査読しますよね?それで改稿して出すわけですから投稿ですよね???

漫画だってそう、小説だってそう、政治家のお偉方の文章だって投稿まみれじゃないか?????

わかってます??

どうしてきみはそういうことにちからを使わないんだい、バカだねえ

これだからロンゴミアントは

毒吐きネットマナーちゃんと読んでます??

ひとのいやあがることをしたら犯罪ですよ犯罪

わかってます??

そうすると」きみこそね、同じ理由で再投稿してるわけになるわけですよ。

自己矛盾、まだ消耗してるの????ぱ

わかってます???

甘えんぼでちゅね〜^!!!!!1

ああそうかわかった

ジェンダー研究第一人者渡辺真由子さんが、論文剽窃の疑いで慶應

山本一郎 | 個人投資家作家

(…)全7章のうち第6章がまるまる転載であるとの指摘が外部からもあり、発行していた勁草書房はお詫びを掲載のうえ、本書の改訂ではなく絶版・回収する決定をしていました。

児童ポルノ考える本に「無断転載」、慶大博士論文調査朝日新聞デジタル 18/12/11

渡辺真由子著『「創作子どもポルノ」と子ども人権』の論文無断転載についての経緯とお詫び(勁草書房 18/11/28

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20190320-00118982/

2019-03-20

anond:20190320101909

その科学裏付けの一翼でもあった早野龍五先生の「福島第一原発事故による放射能汚染個人被曝線量」

に関する論文統計データ捏造してたな。

そんなに簡単科学裏付けなんか確定するもんじゃないよ。

2019-03-19

anond:20190319170005

オススメした増田だけど、流石に研究者の本に対して読んでないうちから研究の域に達してないって評すのはどうかと思う

自閉症スペクトラム精神病理』については序文書評がここから読める。せめてそこで印象を判断してくれ

http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=82030

津軽弁の人が書いた論文はこっち

https://www.jstage.jst.go.jp/article/tokkyou/52/4/52_263/_article/-char/ja/

大きなお世話かもしれないけど、読んでない人に好きな本について心外なことを言われるのは我慢ならなかった

2019-03-18

anond:20190318165125

煽りでなく、あなたのために書くよ。

この増田はもう少し己を知って謙虚になったらよいと思うよ。ごちゃごちゃ長い文書いてるけどほとんど意味がない文章だよ。要約すると「無碍にされて俺悲しい」だね。

いいんだよ「俺悲しい」で。すまんが普段論文指導してるから説明端折るけど第三者意見として尊重してくださいね

もう少し謙虚になったら、自分の行動を鑑みることができるし、自分気持ちと向き合う意志もあるし、見込みがあるなと思った。幸あれ。

2019-03-17

anond:20190317031111

例えばボタン押すだけで世界要人即死するスイッチができる論文があったとして

そんなもん公開されたらパワーバランス崩れますやん

2019-03-16

anond:20190316100746

ポリコレ棒で殴られるから、賢い人たちはみんな黙ってるけど、金持ち専属女性医師を持っています

男性医師に頼るのは貧乏人と情報弱者です。

健康管理アドバイザーは、自分面談して選んだ方が長生きできます

金持ち奥さん女性医師が多いですね。フェイスブック社長とか)

 

2019-03-15

ペラニミクシアンハチュドゥジエについて

ペラニミクシアン英名ママ綴りはpeirannimixian)は長年、ゥーレスディを雨季に行うことが知られていた。

その際、稀にムンデを行う種がいることがキコノアとその助手によって発見されたのがかれこれ百年前である

最近テレビで取り上げられることも多いか常識とまではいかないまでも結構な人が知っているはずだ。


それで最近ペラニミクシアンの中でもルッタカを中心に研究しているグループ論文を出したんだけど。

ムンデを行う個体は、ハチュドゥジエを行うときに尾角が必ず縦方向に震えることが判明したんだそうだ。

要は関連遺伝子によって機能発現の制御が為されていることが分かったわけだな。

最も、ハチュドゥジエについてもウェゾィィを行う部分しか特定されていないけれど。

まあただ、もう少し研究が進めば完全な機能解析も行えるかもしれん。

ムンデ変異体の発生を防ぐことが出来ればペラニミクシアン食用化も今より進むんだろうな。希望的観測だけど。

国内研究しているグループ信州国際大学しかないけれど、彼らにもぜひとも頑張ってほしいものだ。



ところで、ペラニミクシアンって何?

anond:20190315014416

俺の卒論指導していた教授文系のくせに当時のFORTRAN触って自身プログラム組んで論文書く

当時としては間違いなくマッドサイエンティストの部類だったけど(多分この情報だけで誰か特定できると思う)

そうなれなかった同年代の人らは今どうなっているのかっていうのは興味あるな

2019-03-14

anond:20190314230113

作曲家逮捕されたらその曲はお蔵入りになるし、細胞生物学者逮捕されたら発見した万能細胞論文も取り下げになる

研究者ドラッグで捕まったら

その研究者論文特許無効になるし

社会に導入されているプロダクトも回収しないといけない

癌の特効薬を作ったときドラッグしていたことが判明したら

もちろんその薬は無効だし

これからその薬で救われる人は当然死ぬことになるし

過去に薬で救われた人も殺さなければならない

素晴らしい音楽ドラッグしている作曲家によって作られたモノだと分かったなら

その曲でこれから救われる人たちはみんな死ななければならない

anond:20190314025724

農業とか畜産とかは。

人間じゃない生物とつきあう仕事いっぱいあるけどみんな嫌いなんだよな

(口で人が怖いといいながら動物植物もっと怖いって手のひらくるりん

植物動物は手をかければかけただけ答えてくれるし

(ま、異常気象とか疫病とかがなければだが)

日本人は昔から植物を愛して生きてきたし

さらさらになんと今なら

現地に赴かずにネットで地形や気候を下調べしたり

育成方法論文無料で読むことさえできるんだから

新しいことはじめ放題だろうに

2019-03-07

俺の闘争

大学院研究をしている。

大所帯の研究室だが、自分がやっているのはその中で小さなベンチャー企業みたいな感じ。

そのベンチャーみたいな構成員は、僅か6人。

先生ポスドク論文書いたり、書類会計で忙しいらしい。

実質的研究奴隷で手を動かしているのが4人。

だが、圧倒的に成果を出している研究室の中での、圧倒的に結果を出してる組織だ。

  

自分は、恐らく、研究でいい成果は出せないと思う。

というか、気力がホボ折れかけている。

研究室にたどり着く前に、人生辛いことがありすぎて、もはや余生みたいな感じで生きている。

ようやく人生勝負所にたどり着いたと思うけど、もう体力もやる気も人間性もホボ尽き欠けている。

研究に身が入らない。半分、研究とは関係ない趣味に走っている。

でも、趣味もないと研究だけだと多分、卒業までできずに狂ってしまうとも思うから、いいと思う。

  

アスペみたいな先輩が結構キツイんだけど、それでも毎回ディスカッションなどで成長できるから受け入れている。

先生や先輩方も、自分みたいな奴隷要員を使って、成果を出したいというスケベ心で自分を扱っているのはホボ確実だと思う。

何か言われても角が立たないように、へらへらして、「ありがとうございます、頑張ります」と言って、先輩方が気持ちよく研究に打ち込めるようにしている。先輩達が欲しそうな成果を出せるように頑張って、報告している。

  

自分研究成果は出せなくても、一応奴隷要因として働けば、先生や先輩達の論文として、社会貢献できるんではないかなーとは思っている。

アカデミックに残るつもりはサラサラ無いし、つまらない仕事田舎でやることで人生終わると思う(実家稼業をつぐため)。

  

でも、自分が生きた証拠は、多分この研究室で奉仕したことだと思う。

ここが自分人生ピークだと思う。

あとの学生生活時間キッチリ耐えきって、コンスタント奴隷やって終わりたい。

メッチャ地味だけど。これが俺の人生闘争だと思う。

個人的人間としての感覚でいえば、本当に嫌だし辛いし面倒くさい。でも、自分が触知できない、形而上の幸福がそこにあると思う。存在証明みたいな。

乳児用液体ミルク発売解禁に寄せて小児科医の雑感

乳児用液体ミルクが解禁されるのに合わせて、消費者庁注意喚起を行っているというNHKニュースhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20190307/k10011838281000.html)がホッテントリに入っていたのでいち小児科から少し述べさせていただく。


本来的には、増田に書くような内容ではなく、名前を出してブログやらnoteに書くような内容と思われるが、私はそのような発信手段を持っていないのと、増田の方が賢明なるはてなユーザー諸氏に届きやすいのではないかと思ってここに書かせていただく。


件のニュースブコメでは、「危険製品でもないのに、”注意喚起”という用語が使われていて、液体ミルクに対するネガキャンだ」という意見が多数みられ、スターをたくさん集めてコメント上位に表示されている。

かに地震の際に謎の要請によって使ってもらえなかったり、日本において乳児用液体ミルクが不当に悪い扱いを受けていることは間違いない。

ただ、今回の注意喚起については小児科医の立場から言わせてもらうと、至極まっとうなものに思える。


かにブコメにあるとおり、別に毒や薬剤が入っているわけではないので乳児用液体ミルク危険製品ではないが、それは「適切に使用した場合は」である

新生児期、乳児期早期は本当に細菌感染に弱い時期で、弱毒性の菌でも重症感染症を起こす。

今回の注意喚起は、主には「飲み残しは捨てて使うな」ということだと思うが、飲み残しを置いておいてそこで細菌が増殖した場合、それを赤ちゃんが飲むとお腹を壊す程度ではなく、最悪の場合は全身の感染症になって重篤後遺症を残したり、死に至ることも考え得る。


今回の液体ミルクについては、「適切に使用した場合は」危険製品でないと言うことは、逆に言うと、「使い方を間違えれば」人が死ぬレベル危険製品とも言える。

国民の大多数は使用したことがない製品が多数の手に届く市場に出る際に、それが使い方を間違えれば赤ちゃんの死につながりうる製品であれば、それなりに大々的に注意喚起を行うのは間違っていないと思う。

大げさな、と思われる方もおられるかもしれないが、あれだけ啓発させていると思われる「乳児蜂蜜は食べさせちゃダメ」ということも、知らずに食べさせてしま人間はそれでも一定数いる。

乳児用液体ミルクについても、紙パックの牛乳と同様の使い方をする人が出てきても何も不思議ではない。

賢明なるはてなユーザー諸氏には理解が及ばないところかもしれないが、病院にいると、「何でそうなった!!!」と言いたくなるようなことをする保護者というのはそれなりにいる。

不適切使用によって赤ちゃんに何かあってからでは遅い、と個人的には思う。


今回のような、やや煽り気味のタイトルをつけた報道の仕方も含めて、過剰な注意喚起は適切な普及を妨げる、という考え方もあると思うが、この製品場合、使い方を間違えて死亡例や重篤後遺症を残す症例が出てきた場合粉ミルクという代替方法があるため、国内におけるその後の製品販売は極めて難しい状態になるのではないかと思われる。

最初は過剰と思われる注意喚起であっても、適正な使用がその後の普及を助けてくれると思うので、普及の面を考えても現状は一部の人に過剰と判断されるぐらいの注意喚起が適切なのではないかと思う。


最後に、そんな怖いことを言われると使えないという保護者の方へ。


いろいろ書きましたが、不適切使用が怖い事態につながるだけで、乳児用液体ミルク自体は適切に使用すれば危険性はほぼない製品です。

外国での使用例も多く、ざっと論文検索してみましたが、液体ミルク使用による食中毒の報告はまれです。

論文での報告価値がないほどよく起こっている可能性も否定はできませんが、アメリカの巨大オンライン医学事典であるUpToDateをざっと読んでみても、食中毒に関して乳児用液体ミルクについて述べられているのはサルモネラの項目くらいで、それも不適切な保存方法に関連して起こると書かれていただけでした。

このことから使用経験のある諸外国では液体ミルク使用による食中毒まれものだと思われます

私自身も2児(もう乳児期ではありませんが)の父親なので、外出時などあったら便利だなと思うこともありましたし、災害時等には何より役に立ってくれると思います

ちょっと(かなり?)高いのが欠点ではありますが、使用上の注意を守って、少しでも育児が楽になるように上手に使ってもらえればと思います

くれぐれも、高いかもったいないと飲み残しを置いておくようなことはしないでくださいね

皆さんのお子さんが健康に過ごされ、私のような小児科医のお世話にならないこと、そして何より育児に奮闘されている皆さんが心身ともに健康に過ごされることを願っております

こないだ論文が突き返されて絶望してた増田、元気かなー

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん