「論文」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 論文とは

2018-11-13

anond:20181113122144

閃いた→論文作成までレイテンシ0って訳じゃなかろ。

まあ、論文作成の季節が春とかでレイテンシ考えるとリンゴの実は落ちてなかったよなぁ? みたいな話があるならそれで反論完了にゃあなるが。

(その場合、「テーブルからリンゴが落ちたとかじゃね?」に派生するわけだが)

2018-11-12

anond:20181112205525

ホックシールドは「アカポスゲットしたら査読論文なんて書きません」なんて寝ぼけたこと言わないぞ。

ホックシールドから見たら千田なんてさぼってるだけの社会学者自称する蛆虫しか見えないだろう

大学院から逃げたい。

どうしても誰かに聞いてほしいけど、

時期も時期だし、付き合いのある人たちはそれこそ研究室の人たちになっちゃうから

こうして匿名ブログに書かせてもらおうって思った。

だって、たまに会う社会人友達にこんな愚痴を聞いてもらうの申し訳ないし。

こぼすこともあるけど。

大学院から逃げたいんです。

助けてヒーローって叫べば助けに来てくれるスーパーマンかいないし。

から今日研究室に行って、ごくまれに、軽い口調で研究辞めたい、大学やめたいって言いながら、

データをとって、論文を書く。

進学してからずっとずっとずっとずっと劣等感と虚脱感しかなかった。

周囲との熱意の差がすごくて、「少なから研究したいから院に来てるもんな、俺ら」って言葉に、

内心よくわかんないって思いながらも、へらへらしてる。

へらへらしてるし、なんも考えてないように思えるかもしれないけど、

ずっと苦痛だった。

苦痛で仕方なくて、ストレスがたまっていってた。

もともとそんなに体は強いほうじゃないから、正直しんどい

から大切な人たちには、「大学院に行くな」って言ってる。

これを見て、大学院やめようって思ってくれる人がいればいいな。

あそこは、「研究することが苦痛じゃない」人たちがいくところ。

苦痛になる可能性があるとか、卒論ですでに辛いとか、それでも社会に出るより学生してたいか大学院残るって人は、

本当一回ちゃんと考えてみてって強く言いたい。

強く強く言いたい。人生後悔してからじゃ遅いし、学部卒でもいいんじゃないかって。

研究室なんて、かなり独自色出る場所だし、

自分のいる場所がそういうのなだけかもしれないが、

すごくすごくすごくつらい。

求められるもの結構高い。

自分研究以外に役立てるためにも、多くの知識を求められる。

例えばだけど、統計は使ってもガッツリ数学とか使わんよって思いながらも数学知識とかを学ばざるを得ない。

学部生じゃないから当たり前なのかもしれないけどさ。

全然いいけどね。勉強になるし。

ってずっと思って、思い込まなきゃやっていけなくて、

壊れた気がする。

もう限界です。

寝ても覚めて研究研究研究データ論文研究論文研究

から、どうか大学院に行くなら、研究苦痛じゃない人が行きますように。

同じような境遇の人が救われますように。

稚拙文章で、言いたいことだけ書き殴ったので見にくいな。

読んでくれた人がいるなら、ありがとう

もう限界だし、心身にヒビが入ってる感じは否定できないけど、

それでも今日研究室へ行くから

スーパーヒーローがいてくれるなら助けに来てくれますように。

2018-11-09

anond:20181109175924

確かTOEICや英語検定区分だと、日常生活に支障のないレベルビジネス意思疎通できるレベル学術論文など読解できるレベル、などで段階分けされてたよつな。

2018-11-08

anond:20181108162930

その無知蒙昧おじさんらに「エーアイが自分たちを追い出す」と怯える医者ネット自称してるだけかもしらんが)がいっぱい混じっててほんとクソ

「女はせっかくシャットアウトしたのにエーアイがくるぞー」

バカ

患者AI補助入れた正確な診断のほうがうれしいわ

コンビニなみのビッグデータで診断してくれたらもっとうれしいわ

理系看板おろせ 

おまえらは暗記術師だ、なろう小説異世界原住民のうち主人公の登場に怯える既得権者役だ

あと女医のほうが生存率高い論文でてるからな。

女医は男医もAIにも達成できない人間女性ならではの優しさ持ってるからな。

(もちろん男女をハードで比べるなら男の勝ちだが、

24時間電源いれたら動くという意味なら現状AIでも男に勝てる。

そもそも議論ハード面にもちこんだのクソ男性医師だぞ)

患者生存率より既得権取ったクソどもが

anond:20181108132630

国は潰れんから、百個に一個、百倍になるかもしれないようなものに金をかけれるし、国以外にはかけれないんだが。

最も、そのために科研費なんかは博士持ち=科学的知見として世の中に出せるという運転免許持ちと、

科研費応募する資格のある機関=国の金を処理し監査をうけれる体制がある機関という条件をつけてますし、成果として論文として公開する必要がありますが。

2018-11-07

anond:20181107120627

半世紀以上前から定期的に表れる日常英会話厨。

こいつのいうようなことを真に受けた人が偉くなったせいで日本英語論文すら書けないし、読めなくなった。

論文すら読めなければ翻訳する人がおらず訳本はいつまでたっても出版されない。

日本知識レベルは下がり、技術農業文化交流遮断され、ジョブズ()プレゼンを真似し、

表面上の仲良し英会話しかできないクズ日本人を量産するばかり。

言語学的に遠いハンデをものともしなかった英語教育捨てさり日常英会話という浅くて実りがない学習手法に飛びつこうと呼びかけるこいつのようなバカは早期に叩き潰さなければならない。

村上くんのために保存しておいてあげる

大学時代マテリアル系を専攻していた。

その中でも結構有名というか、研究内容を言ったら特定される分野なので詳細は省く。

GPAバトルを制し新進気鋭の研究室に入った俺を待ち受けていたのは、今考えても普通に訴訟もんだろというレベルブラックな「現場」であった。

同業者の方はご存知と思うが、マテリアルというのは日本がかなり強い分野であり企業の注目度も高く、

なおかつ実用度が非常に高いため「金の成る木」としてバイオと並んで世界との競争が激しい分野でもある(らしい)

比較する先が世界なので、当然世界レベル努力と実績を要求されることは入って知った。

20時間ぶっ続けでサンプル作った実験結果を当日のゼミで発表すると「もうちょっと綺麗に資料作れないの?」とか平気で言ってくる准教授

真面目で頑張り屋なのにインパクトファクターを稼げずドクターを6年続けて鬱になった先輩。

めっちゃ上から目線日本国の公的手続きの手助けを求めてくる外人ポスドク

当たり前だがすべての研究無償ボランティアであり、どころか金払って受ける教育なのだが、

求められるのは仕事としてのクオリティ。遊びでやってんじゃないんだよ!

頑張って書いた論文ファーストオーサーはもちろん…教授「俺だよ」

いろいろなことに嫌気がさした俺はアカデミックの道を早々に諦め就活を頑張ることにした。

教授からは「好きでやってる研究だろう。好きなことにすら不真面目な君が社会に出てやっていける訳がない(意訳:研究室で奴隷続けろ)」と全力で人格否定を受けつつ、

少子化の影響もあってか、まあまあ有名といえる程度の大手企業にどうにか滑り込むことができた。

会社に入るとまず待っていたのは教育に次ぐ教育だった。

今時小学生でもわかるだろというようなレベル情報処理の授業、

中学生国語でやるだろというようなレベルビジネス作文の授業、

理系なら全員知ってるだろという感じの電気の授業、

あらゆる授業を仕事として受けることになる。もちろんおちんぎんが発生する。

すべての課題を秒速でクリアし、定時より手前で帰る日々がしばらく続く。

まり簡単なので研修よりは同期とのレクリエーション目的なのだろうと勝手忖度していた。

遊びながら金がもらえるとかいう夢のような環境である

ある程度の教育を終えると晴れて部署配属となる。部署SE部隊

情報出身ではない俺だったが、趣味プログラミングはかじっていたし興味もあった。

入ってすぐの仕事はあるシステム(社員が使っている自作ツール)の改修だった。

新卒簡単仕事を与えつつ、プログラミングスキルを伸ばしつつ、自分たち仕事効率化できる、という上手い采配である

プログラミングはかじっていたとはいものの、ゲームを作ろうとして挫折したり、あとはHelloWorldレベルくらいで、

まともに運用したのは精々MATLABのような特殊ものだけ。所謂プログラミング言語で利用者がいるソフトを触るのは初体験だった。

詰まっては調べを繰り返しながらも趣味の延長のような感じで楽しく取り組むことができ、上司の引いた工程3分の1で完了した。

ここで上司から10年に1人の逸材」の評価を賜る。

俺は平静を装いつつも内心歓喜した。

なにせ不真面目学生である俺は教授から目出しをくらったこしかなかったのだ。久々に得られた自己肯定感である

これはいけると判断したのか、同じく社内ツール改修の仕事をいくつか振られる。

片付けていくうち、俺のPCスキルが先輩社員と比べても高い部類にいることに気付く。

自作ツールを社内LANで動かすとファイヤーウォールに引っかかったりなどするが、先輩社員がそれを対処できないのだ。

どうやらそういう感じで動かなくなり、放置されていた部分を俺が解決しているらしい。

だがWindowsFWの設定なんてNasneアニメを撮りためたりFPS海外鯖に接続するようなヒキニートにとっては半ば常識である

陽キャパリピっぽい先輩が知らなくても無理はないが、SE部隊で長年社会人やっておいてわからないことには軽く失望する。

プログラミング派遣仕事とは言っても使役する側に知識がないのではやはり困ると思う。

ちょうどその時、働き方改革かい名目で各職場独自でやっていたシステム統合し、

営業所独自に動いていた勤休登録システムが全社的に統一されることになった。

新しいシステムUIモダンで、前のよりぶっちゃけ使いやすくすぐに慣れた。

だが先輩は勝手がわからないらしく、俺が先輩に質問する回数が減るのと同時に、先輩が俺に質問する回数が増えた。

働き方改革の魔手は勤休にとどまらず、いろいろな社内システム統合されてゆく。

頼られる頻度は増し、頼ってくる相手も先輩だけではなくなってきた。どこから噂を聞いたのか他部署の人から質問の内線が来るのである

上司に聞けや。知っとると思うがワイ新卒やぞ?と思いながら(つーか言いながら)回答する。

まあ新しいものには若い方が強いみたいな感覚理解できるが同期に聞けよ←残念同期からも同じ内容の質問が飛んでくる‥現実です‥これが現実‥!

このあたりで自己肯定感よりぶっちゃけ不信感を感じることが多くなってくる。

かに中学生以降は家族でも学校でもパソコンに強いニキではあったが、

まさか面接選抜されたひとだけで構成されている筈の会社パソコンに強いニキをやるとは思わなかったのだ。

まあそんな人が一人もいないはずがないので、多分、本当に詳しい人はうちではなく客先に居て、かつ忙しいということだろうと思うが。

さすがに面倒に感じていたある時、PukiWiki社員編集して公開できる神システムを見つける。

当然というべきか、数年前に何某が色々編集していた痕跡だけを残し、現在廃墟と化していた。が、サービスは生きていた。

ゲーム攻略を頑張って書き込んでいた時代を思い出しつつ、新しい社内システムの利用法を懇切丁寧に解説するWikiを作る。

これが大受けし営業所内でも一躍有名人に。

上司からは「その辺の社員100人より貴重」「絶対やめないでくれ」的な評価を賜る。

社内ツールの使い方記述しただけで褒められる異常事態に少しずつ価値観麻痺してくる。

ここらで満を持して炎上プロジェクトに投入される。

炎上の原因は、代々伝わる秘伝のソースと化したソースだった。

仕様書がないのはもちろん、そもそも社内環境ビルドできない、なんと.NETではないVBである

当たり前のように1ファイル50kstepを超えるソースがずらずら並ぶ様は威圧感すら感じさせた。

そんなのが現役で動いていたんだお客様セキュリティとは

上司を含めて誰もソケット通信が分からない中、元々チャットツールを作ろうとして失敗した経験のある俺は、

先輩が3人×3時間=9工数かけて解決しなかったあるバグをちょいとググっただけで10分で解決

まあぶっちゃけますエンディアン系のバグである

というようになんかやたらと活躍し、どうにかプロジェクトが終わるころには上司評価天元突破した。

地味に詳しい人は他にもいる(外にいて忙しい)ということもわかり推測は当たっている様だった。

会社に入って以降「君は社会ではやっていけない」と言った教授言葉信憑性は下がる一方である

なにせ主観的にはヒキオタがヒキオタっぽいことをやっているだけで褒められるのだ。

募る違和感の中、経団連会長室にメールが導入されたニュースと、そのコメントを見て気付いた。

俺は異世界転生したのだと。

そう、俺の就職先は、パソコン強いニキが崇め奉られる異世界だったのだ。

異世界なので何やっても訳の分からない褒め方をされる。

自席で堂々とYouTubeを見てたときには流石に上司に苦言を呈されたのだが

ゼネラリストには情報収集も必要」と言い訳すると「おお…」「さすが村上君だ…」となって許された。(マジ)

ちなみにマーケット調査名目業務YouTuberを見ることを冗談のつもりで提案したら、真面目に検討された。(マジ)

他の人にはありえないが俺だけ許されるところに落ち着くのではないだろうか。

うける。

anond:20181107032904

正直言って危機感はある。

世界と戦うを標榜していただけあって確かに研究室のレベルは高かったと思う。非情報系でもプログラミングはできて当たり前だったし。

この会社は(最近一定以上大きければどこもそうじゃないかと思うが)半官半民みたいなもんなので、皆どことなのんびりと仕事をしているように見える。

その結果、当然ながら競争力が落ちる。落ちはするが、会社組織は存続し続ける。

そして存続し続ける会社の中には「異世界」が広がっているのである

他の会社もそうだと思うが、各地で頑張ってる派遣プログラマーの方がよほど技術力が高い状態

大丈夫日本大丈夫か弊社。

まあでも転生した側としては居心地いいのでこの異世界に骨を埋めるのも悪くないと思っている。

新卒で入った会社異世界な件

大学時代マテリアル系を専攻していた。

その中でも結構有名というか、研究内容を言ったら特定される分野なので詳細は省く。

GPAバトルを制し新進気鋭の研究室に入った俺を待ち受けていたのは、今考えても普通に訴訟もんだろというレベルブラックな「現場」であった。

同業者の方はご存知と思うが、マテリアルというのは日本がかなり強い分野であり企業の注目度も高く、

なおかつ実用度が非常に高いため「金の成る木」としてバイオと並んで世界との競争が激しい分野でもある(らしい)

比較する先が世界なので、当然世界レベル努力と実績を要求されることは入って知った。

20時間ぶっ続けでサンプル作った実験結果を当日のゼミで発表すると「もうちょっと綺麗に資料作れないの?」とか平気で言ってくる准教授

真面目で頑張り屋なのにインパクトファクターを稼げずドクターを6年続けて鬱になった先輩。

めっちゃ上から目線日本国の公的手続きの手助けを求めてくる外人ポスドク

当たり前だがすべての研究無償ボランティアであり、どころか金払って受ける教育なのだが、

求められるのは仕事としてのクオリティ。遊びでやってんじゃないんだよ!

頑張って書いた論文ファーストオーサーはもちろん…教授「俺だよ」

いろいろなことに嫌気がさした俺はアカデミックの道を早々に諦め就活を頑張ることにした。

教授からは「好きでやってる研究だろう。好きなことにすら不真面目な君が社会に出てやっていける訳がない(意訳:研究室で奴隷続けろ)」と全力で人格否定を受けつつ、

少子化の影響もあってか、まあまあ有名といえる程度の大手企業にどうにか滑り込むことができた。

会社に入るとまず待っていたのは教育に次ぐ教育だった。

今時小学生でもわかるだろというようなレベル情報処理の授業、

中学生国語でやるだろというようなレベルビジネス作文の授業、

理系なら全員知ってるだろという感じの電気の授業、

あらゆる授業を仕事として受けることになる。もちろんおちんぎんが発生する。

すべての課題を秒速でクリアし、定時より手前で帰る日々がしばらく続く。

まり簡単なので研修よりは同期とのレクリエーション目的なのだろうと勝手忖度していた。

遊びながら金がもらえるとかいう夢のような環境である

ある程度の教育を終えると晴れて部署配属となる。部署SE部隊

情報出身ではない俺だったが、趣味プログラミングはかじっていたし興味もあった。

入ってすぐの仕事はあるシステム社員が使っている自作ツール)の改修だった。

新卒簡単仕事を与えつつ、プログラミングスキルを伸ばしつつ、自分たち仕事効率化できる、という上手い采配である

プログラミングはかじっていたとはいものの、ゲームを作ろうとして挫折したり、あとはHelloWorldレベルくらいで、

まともに運用したのは精々MATLABのような特殊ものだけ。所謂プログラミング言語で利用者がいるソフトを触るのは初体験だった。

詰まっては調べを繰り返しながらも趣味の延長のような感じで楽しく取り組むことができ、上司の引いた工程3分の1で完了した。

ここで上司から10年に1人の逸材」の評価を賜る。

俺は平静を装いつつも内心歓喜した。

なにせ不真面目学生である俺は教授から目出しをくらったこしかなかったのだ。久々に得られた自己肯定感である

これはいけると判断したのか、同じく社内ツール改修の仕事をいくつか振られる。

片付けていくうち、俺のPCスキルが先輩社員と比べても高い部類にいることに気付く。

自作ツールを社内LANで動かすとファイヤーウォールに引っかかったりなどするが、先輩社員がそれを対処できないのだ。

どうやらそういう感じで動かなくなり、放置されていた部分を俺が解決しているらしい。

だがWindowsFWの設定なんてNasneアニメを撮りためたりFPS海外鯖に接続するようなヒキニートにとっては半ば常識である

陽キャパリピっぽい先輩が知らなくても無理はないが、SE部隊で長年社会人やっておいてわからないことには軽く失望する。

プログラミング派遣仕事とは言っても使役する側に知識がないのではやはり困ると思う。

ちょうどその時、働き方改革かい名目で各職場独自でやっていたシステム統合し、

営業所独自に動いていた勤休登録システムが全社的に統一されることになった。

新しいシステムUIモダンで、前のよりぶっちゃけ使いやすくすぐに慣れた。

だが先輩は勝手がわからないらしく、俺が先輩に質問する回数が減るのと同時に、先輩が俺に質問する回数が増えた。

働き方改革の魔手は勤休にとどまらず、いろいろな社内システム統合されてゆく。

頼られる頻度は増し、頼ってくる相手も先輩だけではなくなってきた。どこから噂を聞いたのか他部署の人から質問の内線が来るのである

上司に聞けや。知っとると思うがワイ新卒やぞ?と思いながら(つーか言いながら)回答する。

まあ新しいものには若い方が強いみたいな感覚理解できるが同期に聞けよ←残念同期からも同じ内容の質問が飛んでくる‥現実です‥これが現実‥!

このあたりで自己肯定感よりぶっちゃけ不信感を感じることが多くなってくる。

かに中学生以降は家族でも学校でもパソコンに強いニキではあったが、

まさか面接選抜されたひとだけで構成されている筈の会社パソコンに強いニキをやるとは思わなかったのだ。

まあそんな人が一人もいないはずがないので、多分、本当に詳しい人はうちではなく客先に居て、かつ忙しいということだろうと思うが。


さすがに面倒に感じていたある時、PukiWiki社員編集して公開できる神システムを見つける。

当然というべきか、数年前に何某が色々編集していた痕跡だけを残し、現在廃墟と化していた。が、サービスは生きていた。

ゲーム攻略を頑張って書き込んでいた時代を思い出しつつ、新しい社内システムの利用法を懇切丁寧に解説するWikiを作る。

これが大受けし営業所内でも一躍有名人に。

上司からは「その辺の社員100人より貴重」「絶対やめないでくれ」的な評価を賜る。

社内ツールの使い方記述しただけで褒められる異常事態に少しずつ価値観麻痺してくる。

ここらで満を持して炎上プロジェクトに投入される。

炎上の原因は、代々伝わる秘伝のソースと化したソースだった。

仕様書がないのはもちろん、そもそも社内環境ビルドできない、なんと.NETではないVBである

当たり前のように1ファイル50kstepを超えるソースがずらずら並ぶ様は威圧感すら感じさせた。

そんなのが現役で動いていたんだお客様セキュリティとは

上司を含めて誰もソケット通信が分からない中、元々チャットツールを作ろうとして失敗した経験のある俺は、

先輩が3人×3時間=9工数かけて解決しなかったあるバグをちょいとググっただけで10分で解決

まあぶっちゃけますエンディアン系のバグである

というようになんかやたらと活躍し、どうにかプロジェクトが終わるころには上司評価天元突破した。

地味に詳しい人は他にもいる(外にいて忙しい)ということもわかり推測は当たっている様だった。

会社に入って以降「君は社会ではやっていけない」と言った教授言葉信憑性は下がる一方である

なにせ主観的にはヒキオタがヒキオタっぽいことをやっているだけで褒められるのだ。

募る違和感の中、経団連会長室にメールが導入されたニュースと、そのコメントを見て気付いた。

俺は異世界転生したのだと。

そう、俺の就職先は、パソコン強いニキが崇め奉られる異世界だったのだ。

異世界なので何やっても訳の分からない褒め方をされる。

自席で堂々とYouTubeを見てたときには流石に上司に苦言を呈されたのだが

ゼネラリストには情報収集も必要」と言い訳すると「おお…」「さすが村上君だ…」となって許された。(マジ)

ちなみにマーケット調査名目業務YouTuberを見ることを冗談のつもりで提案したら、真面目に検討された。(マジ)

他の人にはありえないが俺だけ許されるところに落ち着くのではないだろうか。

うける。

正直言って危機感はある。

世界と戦うを標榜していただけあって確かに研究室のレベルは高かったと思う。非情報系でもプログラミングはできて当たり前だったし。

この会社は(最近一定以上大きければどこもそうじゃないかと思うが)半官半民みたいなもんなので、皆どことなのんびりと仕事をしているように見える。

その結果、当然ながら競争力が落ちる。落ちはするが、会社組織は存続し続ける。

そして存続し続ける会社の中には「異世界」が広がっているのである

他の会社もそうだと思うが、各地で頑張ってる派遣プログラマーの方がよほど技術力が高い状態

大丈夫日本大丈夫か弊社。

まあでも転生した側としては居心地いいのでこの異世界に骨を埋めるのも悪くないと思っている。

2018-11-06

研究室作業おわらせて論文を読みつつ、日付変わったくらいに椅子をリクライニングしてタオルケットかぶって寝て、っていうのずっとやってるとマジ腰がおかしくなる

この時間帯ばっかりは、布団やベッドで寝られる職種転職したくなる

2018-11-05

勝手論文自己責任論についての勘違い

安田純平さんの件について未だにネット上を始めとする批判ジャーナリストによる反論活動が繰り返されている。

安田さん本人の謝罪(?)によってやや縮小傾向にあるとはいえるが、それ故に結局本当に重要な点には誰も触れないでいるように思える。

すなわち、そもそもジャーナリストらによる自己責任論への反論は完全に筋違いなのだ

このことに彼らが無自覚であるなら、それは思考力の欠如であるし、自覚的であるなら、それは恣意的論点ずらしとしか言い様がない。

ジャーナリスト反論の不合理

多くのジャーナリストらはジャーナリズム民主主義において重要ものであり、戦場ジャーナリスト存在は不可欠であると主張する。

その上で国家には自国民保護する義務があることを理由自己責任論を排斥しようとしている。

まり批判者らはジャーナリズムを軽視している者であると断定しているのである

しかし、この論理安田さんを批判する人々に対してあまりにも無理解である

なぜなら、ジャーナリストらが主張するこれらの事実は、批判者らも十二分に理解しているかである

よほど極端な思考を有する人でない限り、ほとんどの人は今日民主主義国家においてジャーナリズム重要ものであることは肌感覚認識している。

政府を始めとした権力地位にいる者から大本営発表のみを盲信することは愚かしいと感じているし、物事判断する基礎となる事実取材行為によってもたらされることにも期待しているのである

戦場という非日常かつ機密性の高い場所情報を、取材行為によってもたらしてくれる人物重要性も当然に理解している。

要するにジャーナリストらの反論は、批判者においても大前提となっている事実、いわば双方の共通認識確認しているに過ぎない。

したがって、そもそも自己責任論による批判者に対しての何らの反論にもなっていないのである

自己責任論の根底

この共通認識がありながら、なぜ批判派と擁護派に分かれてしまうのか。

その根底にあるのはジャーナリストに対する不信感の有無である

批判者は、戦場ジャーナリストに限らず、様々な場面、特に政治的対立存在するような場面に現れる、ジャーナリスト個人に対して日々不信感を蓄積していたかである

公平中立が基本であるはずの報道において、あたか中立であるかのように振る舞いながらも、自らの支持する立場に基づくポジショントークに終始するジャーナリスト毎日のようにメディアに踊っている。

テレビ新聞だけでなくネット上の記事などでも、立場を問わず、とても適切な取材行為の結果とは思えない、ジャーナリスト自らの主義主張のみを垂れ流す言説があふれている。

本来報道の自由の背景にある知る権利とは、人々が自ら考え、判断するための資料提供にこそ意味がある。

まり報道第一義的には国民への事実供給資することを期待されているのであり、報道関係者個人思想判断結果の表明は二の次であるはずである

にもかかわらず、自らの主張の伝播にばかり気をとられたジャーナリストの姿を眼前に突きつけられ続け、人々は失望感を強め続けてきたのだ。

この失望感、不信感によって、人々の心の中には「大事大事ジャーナリズムあんな連中が担うなんて許せない」という意識が生じ、それがジャーナリスト個人の信用性への厳しい目として表れたのが、今回の自己責任なのだ

したがって、自らを正当化したい身内(ジャーナリスト)と客観的評価する人々との間にある、ジャーナリスト個人に対する評価の違いが、安田さん個人への批判擁護という派閥形成しているのである

安田純平というジャーナリスト

ジャーナリスト社会にとって重要な責務を負っている。

したがって、取材能力のない一般人とは一線を画していて然るべきであり、精神論しか言い様のない「信念」という概念のみで認められるべきではない。

その活動事実や結果を人々に提供し、国民知る権利に貢献して初めて、ジャーナリストと認められるべきなのだ

恐らく、このことはジャーナリスト自身よりも、客観的評価する一般人の方が重視しているように思われる。

安田純平というジャーナリストは、過去複数回に渡って拘束され、今回もあっさりと拘束されるという体たらくだった。

帰国後の本人からも多少の説明反省の弁があったとはいえ、そのリスク管理の甘さは明らかであろう。

この時点で、ジャーナリズムプロフェッショナルとしての評価は低くならざるを得ない。

他方で、このジャーナリストの功績といえるようなものは、一般国民の目にはほとんど現れない。

過去テレビ出演等でも話題になっているのは、専ら彼自身の拘束の経験談であり、取材の功績というよりは取材の失敗談である

それ以外に彼から発せられている情報は、中東情勢に然程興味のない人でも知っているか想像した通りものばかりで、国民有用情報をもたらしているとは言いがたい。

また一方で、拘束前にSNSで自らの思想に基づくポジショントークを展開するなど、失望されるジャーナリスト典型例を晒しているという側面もある。

これらを彼が冒した危険比較すると、とてもじゃないが大事大事ジャーナリズム担い手評価することはできない。

それでもジャーナリズムに根ざした「信念」とやらがありさえすれば正当化されるというのは、身内であるジャーナリスト以外には理解しがたい思考である

事実や結果から現れない「信念」というフワフワしたものを錦の御旗として擁護するのは、ジャーナリストへの失望を更に深める結果にしかならないだろう。

極端な言い方をすれば、ほとんどの人には、安田さんというジャーナリストと、危険場所動画写真SNSYouTubeに上げようとする一般人にどれだけの違いがあるのか分からないのだから

果たして不用意に中東に行って拘束されたYouTuberが現れたとしたら、ジャーナリストらは同様の擁護論を展開するのだろうか。

自己責任論の正体

最後に、国家自国民保護する義務を有することは、大方の人が理解しているだろう。

安田純平さんが如何なる人物であろうと、犯罪被害者となった以上、国は救う努力をしなければならないし、それの対価を請求することはできない。

ジャーナリストでなくても、そんなことは分かっているのだ。

それでも自己責任を追及したくなるのは、彼自身と引いてはジャーナリストらへの警鐘を鳴らしたいという思いがあるからである

欠片ほどの信用もできなくなる前に、求められるジャーナリストの在り方を顧みて欲しいと、大事大事ジャーナリズム担い手として信用させて欲しいと願わずはいられないかである


※この文章では、安田さん個人に未だ残るいくつかの不正行為疑惑については敢えて考慮しない。本来、単なる願いとしての自己責任の追及よりも、彼自身のこれらの具体的な疑惑こそ積極的に追及されるべきといえるが、この文章趣旨とは合致しないと考えるからである

anond:20181105212252

どっちかというと「Wikipediaは信用できない」って言い続けてた奴のほうが情弱感あった。

もちろん学術論文に使えるほど正確かというとまた別の話だけど。

anond:20181104121309

元の増田だけど「賢い=分かる人」とは私は規定していないので、ご批判はとんだ藁人形です。私は「本当に答えを求めている人」に向けて書いたと書きました。大衆であるとかないとかは、残念ながら的外れな話です。

あいう書き方をした理由は、これも元の文章中にありますが、最初増田の「何なの」という、嘲笑とも質問ともとれる定型句が、嘲笑マジレスすれば論点ずらし、質問に答えていなければ「答えていない」という批判を行うことができる厄介な言い方だったからです。

そのため、一見したところは嘲笑に対して罵倒で返すように仕立てながら、全体としてはフェミニズム「的」視点で語ることで、フェミニズム立場の論者の目指しているところ、伝えようとしているところ、そして現在フェミニズムに反感をお持ちの方々とのズレを、特に高度な知識理解力を求めたり、あるいは本や論文を読めと言ったりすることもなく説明しました。もし相手が本当に答えを求めているということなら、そして、特別能力をもたない人に対しても分かるように語れということなら、私の回答は充分その任を果たしていると思います

フェミ学者がやってることは昔から何も変わらない

https://anond.hatelabo.jp/20181104065044

8年前にも山口一男から「まったく科学ではないよ」と喝破されている。

フェミ劣化したのではなく、元々こんなものだったのに学問っぽい体裁だったから騙されてただけ。

http://www.vcasi.org/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E4%B8%80%E7%94%B7%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC

山口 日本社会学教育研究では、社会学ヒューマティと分離していないんでしょうね。ヒューマティ自体重要ですが、それと社会科学としての分析意識的に分けなければいけません。たとえば僕の本『ダイバーシティ』にもヒューマティと呼べる内容が入っていますね。それから、たとえば大学学部教養教育では人に考える力を与え、人を育てることを考えますからヒューマティを含め雑多な要素が全て入ってくるわけです。それはいいんですよ。ですが、大学院は研究専門家を育てるための訓練をする場所のはずです。日本研究者は、しばしばその境界意識せずヒューマティ科学をまったく区別しないんです。その結果、研究においてさえ、たとえばドメスティックバイオレンス研究をしている研究者が、計量的分析などほとんどせずに、被害者から聞いた話だけに基づくフェミニスト的解釈で男はこんなものだといった論評をしたりするわけです。まったく科学ではないよ。そういった論評は、自分はこう考えるという意見として発言しても構わない。アメリカであっても思想政策を中心とした雑誌でそういった意見を発表して社会的影響を与えている研究者は多いですし、総じて尊敬を集めています。けれど、科学者としての分析とは区別しなければならないですね。論文を書くとき思想部分は禁欲的に落とし、検証しえた分析結果だけを書かなければならない。

DCを取れなかった人々

覚書を兼ね増田に書く。

我々素寒貧大学院生業界において最初の関門の一つに日本学術振興会による特別研究員制度がある。

これは事実上給料を月20プラス研究費が頂け、かつ実績として記述も出来るというとんでもなく有り難い制度であるが、合格20%ほどのかなり狭き門である

先日、その合否の発表がされ、来年の春にその申請のチャンスが来る修士2年(医学部途中編入阿呆場合)の僕も身の回り申請を出された先輩にそれとなく聞いてみた。

残念ながら身の回りにいるたった3人の先輩は残念ながら駄目であったようだ…

この制度は、超優秀、優秀、平均、駄目の4つに分類がなされるらしい。

超優秀は書類選考のみで採用される。

しか普通申請者の大体半分くらいまでに優秀と平均の人はトーキヨーへ呼び出され極僅かな時間プレゼンをする機会を与えられ、自らはこんなに優秀である、よってお金くださいと言いに行く。

そのうちまた上半分が優秀とされ採用、もう下半分の平均が不採用となる。

残念なことに僕の先輩方はトーキヨーに呼ばれなかったらしい。

ポスター発表やファーストではないにしろいくつかの論文も乗っかっているにもかかわらずにだ。

今回話題としているDCという区分比較的そういった業績にある程度目を瞑り、将来性で判断して頂けるまたとない大チャンス。(勿論超優秀な方々はインパクトある論文を既に書いているのだが)

僕は途中編入してからの2年間、お恥ずかしい話だが全く業績が無い。

から来年度が大変不安になった。と言うか全く採用される気がしない。

でも書かなきゃ当たらないので勿論書くつもりである

業績もポスターくらいはなんとか発表したい。

そこで増田に聞きたいのだが、やはり僕のように業績素寒貧採用された方は果たしてホントにおられるのだろうか?

僕のボスDC1は書類の内容のガチンコ勝負だけででイケると言って下さっているがそれでも大変心が落ち着かない。

業績の有無にかかわらずそういう経験をお持ちの方のお話を聞ければ幸いです。

2018-11-04

anond:20181104113629

論文書きは皆そうなのに、そういう世界に縁が無い奴が「フェミけがそう」と思い込んでたやつな

でも勿論、その研究内部で矛盾点があれば突っ込まれるわけで

2018-11-01

anond:20181101085122

過去いじめ人間関係とか人格形成にもたらす影響を調べた論文なんていっぱいあるけど・・・

就職

テーマ自分で決めろと言われ、研究室でずっと放置され実験してないんやけど就活大丈夫かな

テーマ決めのために論文いっぱい読んだけど、血肉になってる感がない

アピールできんわ

隠キャコミュ症やし、就活行ける気がしない

から研究アピールたかったのに詰みそうや

頑張って高学歴になったけど、フリーターになるのかな

から見たらおもろいやろな

anond:20181031201700

まり勉強とは何かってことだと思う。

頻繁にベストプラクティスが変わっちゃうような、たとえばReactやらVueみたいなやつの情報だったら、古い本などを参考するよりは、コミュニティ評価ソースコードを追ってったほうがいいし、

マーケティングフレームワークを学びたいなら、断片的なweb記事をみるよりはそこそこ売れている本を読むほうがいいし

あるいは誰それがなんと言ったみたいな情報であれば、Twitterでも実名の人を信頼するし

アカデミック理論業務に取り込みたいなーと思ったら査読付きでそこそこ引用されている論文をやはり信頼して読んでみる気になるし

一回だけ使うワンライナーみたいなどうでもいい話ですぐ試せて副作用がないならgoogleで一番上にでてきた情報で試してみるのもいいし。

結局責任を取るのは自分から 説明責任が果たせるやり方をする

[]2018年10月31日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
006517005261.643
015311859223.855
02212974141.654
0314112780.554
04133084237.242
051082182.154.5
061253044.227
077513167175.664
0896632365.950.5
091291085184.152
10116975484.149.5
1116419465118.748.5
1217317473101.052
131701361480.149
1487788090.643
15669318141.234.5
1612724506193.037
1713116761127.953
18134980273.141.5
199510380109.353
2016917462103.350
211351146484.944
221121036792.651
2315521894141.356
1日2322267881115.449

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(240), 自分(166), 今(114), 男(110), 話(103), 女(103), 増田(99), 日本(87), 女性(83), 子供(82), 人間(78), ソース(73), 意味(67), 問題(63), 感じ(59), 仕事(59), 前(56), 関係(54), オタク(53), 普通(49), 好き(49), 男性(48), 全部(46), 相手(46), ー(46), 存在(45), 世界(43), 差別(43), 嫌(42), エロ(41), 人気(41), 頭(41), 社会(41), フェミ(41), 昔(40), 他人(40), 気(39), あと(39), 理由(38), 作品(38), 日本人(38), レベル(37), 他(37), 目(37), 必要(37), ハロウィン(36), 金(36), 韓国(36), 漫画(35), 最近(35), 事実(35), アニメ(34), 全て(33), コメント(33), 結局(33), 場合(33), じゃなくて(32), 時間(32), 親(32), 気持ち(31), ネット(31), 扱い(31), 可能性(31), バカ(29), 一番(29), ゲーム(29), 一つ(28), コンテンツ(28), 感想(28), 自体(28), ブコメ(27), 馬鹿(27), 無理(27), 手(27), 別(27), しない(27), キャラ(26), 毎日(26), 言葉(26), 創作(26), 理解(26), しよう(25), 渋谷(25), 興味(25), 情報(25), 生活(25), 完全(24), 最初(24), 原因(24), 内容(24), イベント(23), 否定(23), 心(23), 絶対(23), 結果(23), 被害(23), 性的(23), ダメ(23), 人たち(23), 影響(23)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(99), 日本(87), フェミ(41), 韓国(36), じゃなくて(32), 可能性(31), ブコメ(27), 渋谷(25), ツイッター(21), アメリカ(20), 萌え絵(20), 女性差別(18), 男性差別(16), 性犯罪(16), マジで(16), 基本的(16), 元増田(16), ブログ(15), 韓国人(15), いない(15), はてブ(15), わからん(14), 娘(13), PV(13), ハイエース(13), 自己責任(13), キズナアイ(13), ブクマ(12), 最終的(12), 普通に(11), 2ch(11), 男性向け(11), なんだろう(11), AV(11), 専業主婦(11), 一緒に(11), キモ(11), twitter(11), hatena(11), なんの(10), なのか(10), 東京(10), NHK(10), 注意喚起(10), 何度(10), KKO(10), ネトウヨ(10), s(9), …。(9), トラバ(9), Twitter(9), ???(9), 非実在(9), 主義者(9), 2018年(9), ドラゴンボール(9), 労働者(9), いいんじゃない(9), エロ本(9), 被害者(9), アレ(8), PC(8), ラノベ(8), 意味不明(8), にも(8), 価値観(8), カス(8), エロい(8), 1回(8), 日本政府(8), 非モテ(8), 脳内(8), 1人(8), 分からん(8), アプリ(8), 韓国政府(7), article(7), 仕方がない(7), amp(7), 私たち(7), 10年(7), キチガイ(7), シングルマザー(7), コミケ(7), ブラック企業(7), 専業主夫(7), 格ゲー(7), 人間関係(7), キモい(7), FGO(7), ウザ(7), な!(7), wwww(7), DQN(6), ディストピア(6), 積極的(6), ヤフオク(6), お気持ち(6), 職業差別(6), w(6), 表現の自由(6), LGBT(6), 毎日(6), 自分たち(6), SNS(6), 個人的(6), 民主主義(6), wiki(6), 日韓(6), お見合い(6), 2人(6), 夫婦(6), スマホ(6), 外国人(6), リアル(6), 請求権(6), 発達障害(6), 中国(6), はてなブックマーク(6), 昭和(6)

本日の注目単語 ()内の数字単語が含まれ記事

スナッフビデオ(5), 断交(8), イマジナリー(6), 承太郎(4), 日韓基本条約(5), 三権分立(4), 個人請求権(5), 有機的(3), 減少傾向(3), ザクザク(3), 転がり込ん(3), 向かい側(3), エリザ(3), ハロウィン(36), 渋谷(25), 格ゲー(7), シングルマザー(7), PV(13), 不具合(6), ミルク(7), 判決(9), 専業(6), 出番(9), ソース(69), 悪影響(14), 韓国人(15), 男性差別(16), 日本政府(8), サンプル(9), 2ch(11), 韓国(36), 創作(26), 女性差別(18), 嫌がらせ(13), 専業主婦(11), どうぞ(11), 萌え絵(20), さっさと(18), 自転車(14)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

しゃぶれよ (5), うんち (4), ソースは? (4), でもそれってあなた感想ですよね? (3), 他人ゴミ捨てさせるお前は乞食以下だ(2), 勤勉の価値が安すぎる国 ニッポン。し(2), 好意的な反応にことごとくマイナスつけ(2), 斉藤工なら甘えても良いかも! (2), 死にたい (2), 自殺したい (2), http://www.mdic.co(2), 金より大切なものがないんだったら金使(2), エロ あと三つは? (2), ゴミを歌うな (2), やや日刊カルト新聞: ブラック企業対(2)

頻出トラックバック先(簡易)

■あのさあ、ハチミツって本当に喉の痛みに効くの? /20181030213446(17), ■過剰に性的もの排除するディストピアがそんなに望みか /20181031020140(16), ■オタクをキレさせる一言 /20181030211409(16), ■はてブで「人気のコメント」が表示されなくなりました /20181031111643(13), ■ヤフトピ2万本に見出しを付けた編集者ヤフー株式会社退職します /20181031153141(12), ■最低賃金仕事お祭りにしないでほしい /20181030160935(9), ■共感リベラル論理保守 /20181031161915(8), ■メルカリとかクラウドワークスみたいな /20181031231425(8), ■「孤独のグルメ」でわからないこと /20181031181808(7), ■PBメーカーかわいそうすぎん? /20181030133959(7), ■anond20181029092924 /20181031092316(6), ■おすすめ冷凍食品教えて /20181031145044(6), ■(疑問)話しやす東大卒と、話しにくい東大卒の違い /20181031202804(6), ■ふざけんなFGO /20181031170840(6), ■ /20181031143439(6), ■オタク男って何で腐に攻撃的なんだろうな? /20181031093605(6), ■専業主夫を求めてる女性って居ないの? /20181031172613(5), ■シングルマザーシングルファザー /20181031162157(5), ■子供社会で育てろとかいう風潮(追記した /20181029092924(5), ■ちょっと待てや!現代知識無双解釈はそうじゃねえ! /20181030212416(5), ■今期アニメ大体見た。 /20181030005730(5), ■街角で見かけた萌え絵子どもに与える影響についての論文 /20181031202009(5), ■被害感情を「個人で処理しなさい」というのは正しいか? /20181031171250(5), ■2D格ゲーはクソ /20181031161930(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5757214(2919)

2018-10-31

anond:20181031203443

そういやそうだな

学会入ったら読める論文増えて便利そうやな

英語を読めないのにどうやって論文を探そうとしてたんだよ…

ていうか所属機関が購読してないと読めない論文なんていっぱいあるよね???探すと口で言ってるだけで本当はやる気ないんかな。

anond:20181031202411

その性的コンテンツがどの程度のものを指すのか分からないけど、がっつりR18のAVとか見せたら悪影響ありそうってのはわかるし、日本語でも論文出てくると思う。

そうじゃなくて、普通に生活していて子どもが目にする範囲にあるものが、子どもに与える影響を知りたい。(YouTubeやその他ネット上で誰でもR18のコンテンツを閲覧できる、ってのは別の問題としてあるとは思うけど)

海外論文だったらあるのかも。ありがとう。(英語読めないけど)

anond:20181031202009

「不意に見かけた」と言う条件を入れる必要性があるとも思えないけど。

性的コンテンツ子供に与える影響、ってなら海外に沢山論文があると言ってる増田が以前いたような。

英語読めんけど)

子供に限らずとも、大人相手でもありそう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん