「スリ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スリとは

2018-02-17

女性専用車両文句が言える人って

インド男性専用車両に妻や娘、恋人を乗せらる人だけだよね

良く欧米では差別だっていう人がいるけど

欧米ではそもそも電車内の犯罪率はスリや置き引きの方が高いレベル

電車内の痴漢盗撮なんて一般的じゃない

比較するならインド

インドは完全男女別になってるが

これは男女差別じゃなくそうしないと痴漢がひどいか

家族や身内を守る為にも誰も男女を分けることを差別だなんて言わない

インドと同じレベル日本痴漢大国なのはいうまでもない

女性専用車両に反対してるやつはもし身近な女性がそういう被害に会う可能性があったとしても女性専用車両利用させるなよ

だって、全員が痴漢な訳じゃないんだから

2018-02-16

スリーパーセルのこと

スリー・パーセルで、何かの隠語的な three parcels とかだと思っていた。

スリーパーセルで、sleeper cell だったのね…

笑えよ。

2018-02-14

スリーパーセルって

スリー・パーセル(3つの小包)

スリーパーセル(眠れる細胞

スリー・パー・セル単位あたり3個)

ス・リーパー・セル(酢を剥ぎ取る細胞

どれ?

2018-02-13

anond:20180213185008

パワーモードラーイブ パワーモードラーイブ

パワーモードラーイブ パワーモードラーイブ ストップとこえをかけるともった、

月の引力圏の離脱スピードマッハで換算すると500超光速キロメートルだろう。

さらに加速タイムモード 加速します加速します 加速します タイムコードオープン

フィーダーターク チャーパーファーザーン キックオフタイムスタート コード変更のののち

パワーテークのシステム応けんを すべてチェックしたのち パワーモードファーイブテーカーマ-ケーダーケーダーケーダーケーダー

総フルシステム点検ののち マルチコードドライブモードに変更後システムパターンをチェックタイムスタート ファイブ フォー スリー トゥー

二次創作の「パロ」への疑問

まず、この記事同人歴約一桁後半の腐女子ぼやきであることを念頭においてほしい。

二次創作における”パロ”。古今東西さまざまなものがある。

定番どころだとファンタジー作品の学パロ(学園パロディ)やBL定番吸血鬼パロ、最近ではオメガバースなんかもある。二次創作どころか、公式でパロものスピンオフや番外をやるタイトルも少なくない。

(型月のちびちゅきとか、進撃の中学校とか)

パロ自体は好きだ。読んだことも創作したこともある。魔法学校パロとか世代的にドンピシャ

そんな私が最近twitterで見かけて目が点になったものがある。

「前世設定で吸血鬼Aとシスター女体化Bが同級生の幼馴染なAB」

特定できないよう少しフェイクを入れたけどほぼ近い内容。ちなみにこのAとBは原作ではおっさん少年である

まり上記の一文には、設定だけで「前世吸血鬼、年齢操作性別逆転、学園モノ」の五要素が盛り込まれている。

正直、それABでやる必要あるの?と思った。

二次創作なんて全部捏造だとか、そもそもBLの時点で…とか、個人趣味なんだからとか、そういう「そもそも論」はとりあえず置いてほしい。

わかっている。そんなことはわかっているが、それでも二次創作は「キャラクター雰囲気を残す」からこそ面白いんじゃないか

上にも書いたがパロもの同人は好きだ。

けれど私にとってのパロとは、「そのキャラクターもつ特徴やキャラクター同士の関係性が、別の設定、別の世界観に投げ込まれた時に、何に置き換わるのか」を妄想するのが楽しみだった。

たとえば殿と従者なら、学パロなら生徒会長副会長リーマンなら上司と部下かなとか。このキャラはこういう性格からスリザ●ンに入りそうだなとか、そういうことだ。

まりに過剰に設定を盛り込みすぎて原型を無くすなら、もうほとんどオリジナルではないか

見た目も、中身も。


もちろん、例に挙げた前世吸血鬼以下略)でもそのキャラたちの面影、ABの関係性をきちんと残して素晴らしい作品になっているならすごいと思う。

けれど私にはどうにもそれが想像できない。

自分の頭が硬いのはわかっている。他人のことだし口を出す気はない。間違ってもオリジナルでやれとリプライを送るような真似はしない。

けれど、ABが好きな腐女子として言いたい。

あなたはAのどこに惚れたのか。Bのどこに惚れたのか。ABのどんな描写に、どんな関係性に、原作のどこに燃え滾って同人に手を出したのか。もう一度原作見直しながら思い出してほしい。

2018-02-11

一生魔法使いでいる決意をした

自分世間で言う魔法使いまり恋人いない歴=年齢ってやつで、もちろん性交渉したこともない。ごくごく普通の家庭に生まれてごくごく普通に生きてきたけれど、その機会だけには恵まれずとっくに30は過ぎた。

そんな自分が、たまたまネットで知り合った人と会うことになった。相手から会いたいと言ってくれた。サッカーが好きな自分相手サッカーに興味を持ってくれたことが嬉しかった。

魔法使いではあるけれど、異性に対して特に苦手意識はない。週に3回しているフットサルではmix活動しているし、異性とのぶつかり合いやら触れ合いやらは日常茶飯事だ。会話だって男女いる職場から話せないということはまったくない。だから、会ってすぐは問題なく楽しく過ごせた。普通にカフェコーヒーを飲み、ネットの中と同じように会話をした。

違和感を覚えたのはこの後からだ。行き先の関係バスを待っていると、相手自分距離がやたら近い。手がぶつかってしまって、ごめん、と謝った程だった。

それがぶつかったのではないと気付いたのはバスに乗ってからだった。

隣同士で座ったのだが、満席でもないのにかなり詰め寄ってくる。しかもどんどんと近くなる。ふと気がつくと相手自分の手を這った。しばらく放置してると案の定手を握ってきた。わざわざ携帯を持っていた自分の手を無理やりほどいてまでだった。

恥ずかしい話、硬直してしまった。さっきまで親しげに会話ができていたのに、急になにがなんだかわからなくなった。もしかしてスリを狙われているのではと勘ぐり、手を払って携帯を握りなおした。すると今度は逆の手を握りしめてきた。近いと文句を言っても手を払っても無駄だった。仕方ないので目的地にたどり着くまでのバスの間は放置した。

目的地についたらついたですぐまた手や腕や肩を求めた。もちろん拒否して距離をとった。叫ばれたりしても迷惑なのでただひたすらに和やかに距離をとった。

目的が終わって帰りのバスが一番ひどかった。眠いと言って肩にもたれ、しきりに手を這っては自分の手を握りしめてくる。キスを求めてきてるのも明らかだったけれど、懸命に押し返して距離をとった。けれど懲りずにまたしてくるの繰り返しだった。早く駅についてくれと何度も思った。

ようやく駅について、相手が年下だったからということも合って早々に駅から相手の家までのバスに無理やり押し込んだ。おなかすいたやらまだ帰りたくないやらついて行きたいやらなにやら言っていたけれど無視した。

一人になったあとは、あまりの気疲れに頭が痛くなった。

目的のことはもちろんほぼ記憶にない。

これは異性嫌悪なのか経験のなさからの戸惑いからなのかわからない。

けれど、もう駄目だと思った。今後こんなことは誰でも無理だ、と。そして頭の中でみんなこんなことしてるんだなとぼんやり思った。

とにかく出会い目的って都市伝説でなかったんだな。ヤリたいならむしろヤリたいと言ってくれ。自分には相手は無理だけれど誰か紹介くらいはするから

この件を経て、ようやく一生魔法使いでいる決意をした

※追記

妖精魔法使いしました

2018-01-30

痴漢冤罪を防ぐ方法を考えてみる

1科学捜査を本格的にやる

手や股間に女性の服の繊維が付着していないかしっかり確かめ

2女性に音が出るキーホルダー無料で配りまくる

押したら「手が触れていますやめてください」と音が出る物を配布

痴漢冤罪を疑われたくない男は逃げるだろう

スリーアウト制にする

初回は冤罪かもしれないのでお咎めなし、二回目もひょっとしたら偶然があるかもしれないので保留、三回目で厳罰化された痴漢としての刑を受けてもらう

一回目の逮捕に驚異がなくなれば冤罪をふっかける人にも旨味がないからやめるだろうし、捕まった人も怖くないだろうから痴漢を訴えやすくもなる

2018-01-29

スリビルボード羊の木、シェイプオブウォーター、その他もろもろ

見たい映画がこの先詰まってて幸せ

2018-01-27

白人男の子が黒いカラコン入れて麦わら帽子かぶってルフィコスプレをしたとして、それを日本人差別だと思う人は少ないだろうけど、白人コメディアンが同じ格好で下手な英語を喋って笑いを取ってたら日本人差別だと解釈されたと思う。

ガキ使のあれは、大御所芸人コスプレを強いられるということのことが笑いのポイントで、コスプレ対象ミスタースポックでもブルースリーでもなんでもよかった。

だけど、あのコーナーが毎年「浜田コスプレを強いられる」コーナーだという前提がない人からすると、ただのブラックフェイスを笑うだけのお笑いに見えたんだろうなと思う

2018-01-26

anond:20180125212409

ログイン誕生時1度きりであってその後は生涯発生しない

デイリー・ウイークリー・マンスリー等のタイミングではもらない

もらえる可能性があるとすればバースデー(イヤーリー)のみ ない場合も多い

2018-01-25

https://anond.hatelabo.jp/20180125142800

言わんとすることはわかるんだけど、そこで「女だけなら安心」って発想が浅はかだと思う。

だいたい、男が女を襲う性犯罪以外にも無数の犯罪がある。

いきなり殴ってくる女だっているし、ひったくりの女も空き巣の女もいる。

安心できる場所なんてどこにもない。

様子がおかしい人が来たら、それとなく遠ざかるべきだし、

誰もいない夜道を歩いてる時には、後ろから来るのが女であっても襲われる可能性はある。

緊張して生きるのが当たり前なのに、危機感が薄すぎる。

無条件で安心できる場所を求める時点で、すでに被害者体質だと思う。

女性専用の街を求める以前に、自分危機管理をちゃんとしたほうがいい。

女性専用車には安心感はあるかもしれないけど、安全はないから。実際、スリは女が多い。

あと、女性専用車安心感があるからといって、女性専用電鉄まで求められるとさすがに女から見ても「アホか」と思う。

2018-01-14

anond:20180114001756

元増田です。

Le Monde のあの記事を読むには、フランスにおける男女関係のあり方という背景を知らないと、正しく読めないなぁ、ということが、いろいろ調べてわかりました。

こちらでは、「不器用告白」と「セクハラ」の境目の曖昧さが熱心に議論されていますが、フランスにおける境目はそんなところで問題になっていません。

一応「ウザがらせる自由」と訳した liberté d'importuner ですが、辞書を引いたぐらいじゃニュアンス全然わかりません。

あるツイートに「 draguer とか séduire はokだけど、importuner は駄目」というのがありました。最初の二つは「ナンパする」とか「口説く」という意味です。

みなさんイメージされるように、フランスの男女の距離感は、日本のそれよりもずっと近いものです。ナンパすることは、男女どちらにとっても、ずっと容易なことです。

レイラスリマニの記事でも、自身が男を誘ったりしていたことがはっきり書かれています

日本ならば、ナンパ自体不快であるという人がいるでしょうがフランスでは、気に入れば付き合い、気に入らなければ振る、というそれだけのことです。

それはウザいかもしれませんが、そこを問題にしていません。だからウザがられる/ウザがらせるは、importuner ではありません。

ではdraguer, séduire と importuner の境目はどうなっているのか。ナンパがimportunerとみなされて不当に告発されることはないのか。

こうした議論ほとんど見受けられません。

なぜなら、前者でも十分近い距離感なだけに、 importuner に転んでしまうと、明白な性的侵害行為踏み込むからです。importuner とは以下のようなものです。

  • 無断での身体接触。急にキスしたり、抱きついたりする。胸やお尻に触る。
  • 直接的な性的表現女性の体を本人の前で品評したり、付き合ってもいないのに性的メッセージをいきなり送りつけたり。ツイートで挙げられていたのは「すげえ胸だな、一晩中やりまくろうぜ」といきなり声をかけられるというもの。(ヨーロッパ映画を見てると、こういうシーンがよく出てきます。本当にあちらはそんな輩が多いのでしょう)。

要するに、importuner はここで議論されているような不器用告白とかそんなものではありません。「ただイケ」でも許されない行為が importuner です。

ですから、liberté d'importuner とは、信じられないかもしれませんが、上記のような「性的侵害をする自由」です。

あの記事は、そんな自由を男に認めてやれ、というものなのです。

このとんでもない主張に賛同している人たちには、かなり特殊な性生活を公にしている方々が含まれていて、とてもフランス人女性代表するものではありません。

彼女たちの主張を噛み砕いていえば、こうです。

ちょっと触られたり、下ネタ言われたりしても、どうってことないじゃない。男の性欲はしょうがないんだから、軽くあしらうか、一緒に楽しめばいいじゃない。

それが女の性的自由よ。気に食わない相手なら、一発叩いてやればいいのよ。」

これが女性側におけるノーという自由です。

これに対してツイッターで紹介されていた記事

通りで急に抱きつかれた女性が男を引き剥がすと、逆上した男がナイフで突き刺した、というもの

これでも、ノーという自由があるのか、と。

先に、#BalanceTonPorc は攻撃的すぎる、と書きましたが、ツイッターではなく、このキャンペーンサイト匿名投稿欄を見ると、そのほとんどがレイプ、残りが未成年に対する性的行為です。

微妙セクハラ行為でっちあげているのではありません。怒るべき人が怒っているだけでした。

結論としては、日本における性的関係問題をこの記事をもとに語るのは、止めたほうがいいんじゃないか、ということです。

実は、はじめあの記事好意的に読もうとしていました。告白ハラスメントとか、おかしいと思っていますし。

ただ、後半に出てくる「痴漢にあっても、大したことないものと思ってもいい」とか「レイプされても、心は自由」とかが、

Le Monde に掲載されている記事とは信じられなくて、自分フランス語読解能力おかしくなったのかと思い、いろいろ調べだしたのです。

結果、あの記事は、穏当な言い方をするならば、私達とは別の世界に生きている人々によって書かれたものでした。何かの参考になるものではありません。

彼女たちは、不器用口説き(彼女たちだけは importuner を不器用さの結果ということにしたいのです)と本物の性的侵害区別はつく、と言っています

でも、その実、巻き込まれしま危険真剣に考えていません。大した事のないものと思っているからです。それが明白になったのが、昨日のテレビ討論会でした。

討論者は、署名者の一人、元ポルノ女優現在司会者として活躍している Brigitte Lahaie と女性の権利省の大臣 Caroline de Haas の二人。

あなた女性の性は弱いものだと思っているけど、そんなことないわ。女性性的魅力はパワーがあるの。母親は娘にそのパワーの使い方を教えてあげるべきなの」

「でも、その性的魅力のせいで、レイプされ苦しんでいる娘たちがいるのです。その人たちについてどう考えているのですか」

Lahaie は言いました。「あなたも知っていると思うけど、レイプされて感じたりすることもあるのよ」。

Haas 自身レイプ被害者でした。

「ウザがらせる自由」に対して:『あなたは、豚として生まれたの?』

(追記)ウザがらされない→ウザがらせられない ですね。日本語不自由になってました。恥ずかしい。

後、importuner と Un porc, tu nais がどちらもアンポルチュネで発音同じことに言われて気づきました。これも恥ずかしい。

そして、さらに恥ずかしいことに、最後段落抜けてました。大急ぎで追加しました。

_______________

ちょっとフランス語翻訳してみたくなったので、最近増田の流れで、一つ記事を訳してみました。

Leïla Slimani (レイラスリマニ)というモロッコ出身フランス人女性作家の Liberation のサイトに昨日掲載された«Un porc, tu nais ?» (「あなたは、豚として生まれたの?」)という記事です。

なんで、これを訳したかというと、先の「ウザがらせる自由」が、何やらフランス代表するもの英米からmetooブームに対する、大陸から批判みたいな取られ方をしている向きがあったからです。全然そんなことありません。twitter を見る限り、あの記事叩かれまくっています

現在も、テレビ討論番組で、Brigitte Lahaie という元ポルノ女優(あの記事署名者の一人です)が「レイプ最中だって、楽しめるわ」と発言した件で、絶賛大炎上中です。(この発言が、あの記事の後半部につながっているのは明らかでしょう)。

フランスでは #metoo に加えて #balancetonporc というタグ使用されていて、意味は「あなた豚野郎を叩き出せ!」です。ものすごく攻撃的ですね。Le Monde 誌の記事はそんな流れの中でのカウンターとして出されたもので、まぁ、要するに両者ヒートアップしてるってことです。

あなたは、豚として生まれたの?」は明確に「ウザがらせる自由」に対する反論として書かれています。いくつかの言い回しが、あの記事から来ているので、増田での訳語にその辺はあわせました。この記事文脈では「ウザがらせる」は生ぬるい気もしますが。

--------

(追記)ブコメで指摘がありましたが、あちらの翻訳は「ウザがられる自由」でしたね。完全に見間違いをしていました。

でも、これはしょうがないところがあって、原語 importuner は他動詞能動形以外のなにものでもないので、まさか受動形で訳しているなんて思わなかったのです。

「ウザがらせる」が正しいです。

不器用勘違いから来る過失のニュアンス」は日本語訳からまれものであって、原文にはそうした解釈余地はありません。

--------

小説家による平明に書かれた文章なので、致命的な誤訳はないと思いますが、気づいた点があれば、じゃんじゃん指摘しちゃって下さい。

_______________________________________

あなたは、豚として生まれたの?』

通りを歩く。夕方地下鉄に乗る。ミニスカート、胸の広く開いたシャツハイヒールをはく。ステージの真ん中で一人で踊る。派手めの化粧をする。ほろ酔いタクシーに乗る。半裸で草むらで伸びをする。ヒッチハイクする。深夜バスに乗る。一人旅をする。テラスで一人グラスを飲む。ひと気のない道を走る。ベンチで待つ。男を誘い、意見を交わし、歩き続ける。イル=ド=フランスの人込みに紛れる。夜勤する。公共の場子どもに乳をあげる。賃上げ要求する。

こうした、日常的で平凡な生活において、私はウザがらせられない権利を、そんなことにかかずらわされない権利要求します。 私は、私の態度、私の服装、私の歩き方、私のお尻の形、私の胸の大きさについて、とやかく言われない自由要求します。私は、私の平穏孤独権利を、恐れることなく前に進んでいく権利要求します。私はただ、内的な自由だけを求めているのではありません。私は、外での、広々とした場所での、私もまたその片隅を占めている世界においての自由を求めているのです。

私はちっぽけな壊れやすい品物ではありません。私は守られることを求めているのではなくて、安全尊重についての私の権利を認めるよう求めているのです。そして男性たちは、皆が皆、豚であるわけではありません。そんなことは全くありません。この数週間、どれほどの男性たちが、彼らの能力でもって、今起こっていることを理解し、私を魅了し、驚かせ、大喜びさせたことでしょう。どれほどの男性たちが、もう加担することをやめ、世界を変え、これらの行為から、彼ら自身をもまた解放しようとする意志を示してくれることで、私を驚嘆させたことでしょう。

というのも、例のいわゆるウザがらせる自由は、その奥底に、男性性についての極めて決定論的な見方を隠しているからです。すなわち、「あなたは豚として生まれたのだ」と。

私の周りの男性たちは、私を侮辱するものたちに対して、怒り、抗議してくれます。朝8時に、私のコート射精した誰かに。私の出世に何が必要理解させようとした上司に。研修の対価にフェラチオを求めた教師に。「キスしないか?」と尋ね、「淫売」扱いして去った通行人に。

私の知っている男性たちは、この男らしさについての反動的見方に、うんざりしています。私の息子は、そう私は希望するのですが、きっと一人の自由な男になるでしょう。その自由とは、ウザがらせる自由ではありません。制御できない衝動にとりつかれた捕食者としてではなく自分定義する自由です。私たちを魅了した男たちが持っているようなたくさんの素晴らしい仕方で、魅了することのできる一人の男に、息子はなるでしょう。

私は一人の犠牲者ではありません。しかし何百万もの女性たちはそうです。これは事実なのであって、道徳的判断やそうした女性たちを(犠牲者として)本質化するものではありません。

そして、世界中の何千もの街の通りを、うつむいて歩いている全ての被害者たち、付け回され、ストーカーされ、レイプされ、侮辱され、公共の場場違いものとして扱われている彼女たち、その恐怖が、私の中で瞬きますうずくまり、恥じている彼女たちの、辱められたという理由で通りに投げ出され除け者になった彼女たち、彼女たちの体がウザがらせる行為を招くからという理由で、黒く長いベールに隠させられている女性たちの叫びが、私の中で響いています

カイロニューデリーリマ、モースル、キンシャサカサブランカの通りで、歩いている女性たちは、失踪誘拐そして(下心ありの)慇懃さを心配しているのではないでしょうか?彼女たちに、誘惑し、選び、ウザがらせる権利などあるでしょうか。

私は、いつか、娘が夜中に通りを、ミニスカートと胸の開いたシャツを着て歩き、一人で世界旅行をし、真夜中に何も恐れることなく、そんなことを考えることもなく、地下鉄に乗れることを望みます。その時、彼女が生きるその世界は、清教徒世界ではないでしょう。私は確信しています、それはより正しい世界、そこでは愛と歓びに満ち、魅了し合う場だけが、より美しくより豊かである世界になるだろうと。それはまだ想像すらできないものだけれど。

http://www.liberation.fr/france/2018/01/12/un-porc-tu-nais_1621913

2018-01-06

制服危機

突然ではあるが、私は田舎高校生をしていた頃に、学校帰りに駅ビルスーパーの休憩所で眠ってしまたことが数回ある。

もちろんカバンも何も足元だったり膝だったりに置いたまま、気づくとしっかり眠ってしまっていた。

起きたときに「置き引きとかスリかに遭遇しなくてよかったなあ」くらいのことは思ったのだが、あれから何年も経ち、とうに成人した今になって思うことがあるので、自分のための備忘録として書いておきたい。

制服を着ていると言うだけで、それはそれは十分に魅力的で、つまり危険を呼びやすいということでもある」

当時も周囲の人から「そんなところで無防備に寝たら危ない」「襲われたり連れ去られたりしたらどうするんだ」と言われたのだが、自分では「小柄なわけでもなく、可愛らしい見た目な訳でもない。自分がなぜ危ないと言われるのかがわからない」と思っていた。

ただ、今になって制服を着ている子を見て「だれだってとても魅力的だ。そしてその自覚がないからこその、危機感のなさ。これがいちばん危険なのだ」と思うようになった。

男女も見た目も関係がない。制服を着ている、というそれだけであまりに眩しく魅力的で、同時にそのことに本人たちが気づいていないことに不安を感じた。

制服を着て歩く、それだけのことだ。自分も当時は大したことだと思っていなかった。ただ、それだけのことである。ただそれだけのことが「自分はまだ輝ける子どもである」ことの表出でもあったのだ。

大人というのはずるいイキモノで、子どもを騙そうと思えばいくらでも騙せるだけの知恵と経験がある。知恵だけならば大人に勝てる子どももいるのだろうけれど、それを上回る経験をきっと誰もが術として持ってしまっている。気をつけろ。

だらだらと書いてしまったが、そろそろお終いにしたい。

可愛いとか可愛くないとか、痩せているとか太っているとか、そんなもの関係なく制服の子たちは輝いていて魅力的だ。大人につけ込まれないための(最低限でいいから)危機感を持って、日々をしたたかに生きて、どうか青春を駆け抜けていってほしい。

大人には危機感がいらないのか、と言われたらそう言うわけでは決してないのだが、これ以上書いたら本当に内容がごちゃつくと思ったのでここまで。

2018-01-03

anond:20180103164507

厚手の靴下ノーパンスウェット

すっげー薄いシャツ腹巻き、スウェット上、薄手の手袋

スリシーズン寝袋(を布団風に)

体育座りしてるけど寒い

は~~ってやると白くなる

2018-01-02

anond:20180102213146

なんの?

海外では体型指摘したり触ってくるのはディスリスペクや差別だって言ってるのに

その他に何を聞きたいことがあるの?自分の知り合いの外国人にでも聞いたら?

2017-12-25

anond:20171225034726

書いてることは概ね間違ってないけど、結論は間違ってる。

 大衆シンプルキャッチー音楽を求めるという見方は全く間違っていないし、実際にその理屈のもとで大成功を収めたベリー・ゴーディJrという人物がいる。彼はもともとジャズが好きで、ジャズ中心のレコードショップを開いていたのだけれど、売れるのはより音楽的に簡素演奏技術も高度でないドゥー・ワップやダンス向きのジャンプブルースロックンロールで、自分が売りたいものが全く売れなかったという苦い経験があり、そこからリズムが豊かでわかりやす楽しい音楽を作る会社であるモータウン・レコードを創設し、ミラクルズ、スプリームスジャクソン・ファイヴといったミュージシャンを輩出していったという経歴がある。

 音楽理論的に高度であるということが音楽的に優れている、という見方は極めて安直で、音楽理論的に高度な音楽音楽理論的に高度な音楽なのであって、優れた音楽であることとは直結しない。

 アメリカ、及び現代の音楽史を語る上で、アメリカ黒人奴隷(強制労働者)が生み出したブルースは欠かせないけれど、ブルース自体はごく僅かなコード進行からなる、元増田言葉を借りて言うなら“音楽理論的に低レベルな”音楽だ。けれども、ブルースが持つ音楽価値というのは極めて大きなもので、黒人がより高度な音楽教育習得するようになった1950年代以降においてもシンプルギター演奏だけで音楽を作り続けるレッドベリーライトニン・ホプキンスといった黒人ブルースシンガー評価は続いていたし、更には彼らの直系の影響下にはウディ・ガスリー、ボブ・ディランといったビッグネームがいて、彼らについてはもはや言うまでもない。

 それに、理論的高度さを追求する人間シンプル音楽を“低レベルであると見做している、というのも違う。

 例えば増田の言う現代音楽の分野で成果を残しているフランク・ザッパキャリアはドゥー・ワップやリズムブルースといったシンプル黒人音楽内面化から始まっているし、生涯に渡ってこうした音楽に興味を持ち続けていた。ロック文脈ではアヴァンギャルドノイズシューゲイザー先駆者であるルー・リードボビールイスアイズレー・ブラザーズファッツ・ドミノ、フレディ・キングといった50年代黒人ポップスの愛聴者だったし、日本でも山下達郎ジェームズ・ブラウンはじめ60年代ソウルミュージックの愛好ぶりはよく知られているところ。

 というように、わざわざ結論を書き直すまでもないけど「音楽理論的に高度な音楽けが優れた音楽であるというわけではない」ってこと。

 あと最後蛇足だけど

アーティストでも、若いころは電子音バリバリの歌を歌っていたのが、歳を取るにつれアコースティックな静かめの曲ばかり歌うようになったとか

 これのわかりやすい例にロッド・ステュアートがいて、彼も年齢を重ねるに連れてビバップ以前、あるいはポップス寄りのジャズスタンダード(わかりやす音楽)を積極的に採り上げてカヴァーしてます

 

2017-12-12

https://anond.hatelabo.jp/20171212183617

え?

ちょっとまって

空き巣は住居不法侵入及び窃盗

スリ強盗に分類される可能性もあって

置き引きは占有離脱横領のそれらは「窃盗」と呼ぶけど

店舗陳列物の横領窃盗罪として刑法235条にあてて

窃盗」と呼ばれる行為をしたもの俗称万引き」としていることはないってこと?

それとも「万引き」はその「窃盗」ではないということかもしくは

万引きという日本語窃盗をしめす言葉である」と認識した?

または「ぜんぶ窃盗なんだからセットでいいだろ」ってしてる人がいるってこと?

だったら暴行暴力行為による致傷なのか言動による心神喪失なのか外的要因による不利益なのかもはっきりさせないとね!

anond:20171212182906

言葉の言い換えの話をしたいんだろうけど、

窃盗万引きと呼ぶってのは一体なんなんだ?

空き巣スリや置き引きを万引きと呼んでる奴がいるの?

在日朝鮮人

在日朝鮮人出稼ぎ密入国末裔です。

朝鮮人は長期に渡り自国政治を行ったことが無く、属国として存在していました。

それが、いきなり日清戦争により独立を果たした為、それまで奴隷だった層(白丁)が日本に渡って出稼ぎに来たのが、多くの在日朝鮮人起源です。

ですから在日朝鮮人は何時また迫害されるのかという疑心を常に抱きながら生活をしていました。

何時また差別をされるのかという疑心から事実と異なる差別発言を繰り返し、被害者面して日本寄生しているのです。

貴方は、どれくらい朝鮮の歴史に詳しいか解りませんが、日本朝鮮の歴史殆ど捏造された歴史です。

その捏造された歴史は、現在差別人権侵害の基本概念として、在日達は日本国内でユスリタカリを行っているのです。

強制」と言われるのも嘘ですね!

彼らの言う「労働者強制連行」ですが、これは徴用というもので、公の機関が行った労働者募集で、その募集に応じた者が徴用として、日本で働いたのです。

まり今でいう、ハローワークで職を募集してそれに応じた者が、出稼ぎで働いたと言うのが「徴用」なのです。

慰安婦についても強要ではなく、民間業者募集に対して応募したのが慰安婦です。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1299711822

はてブをつけて真実を広めよう!

2017-12-11

スリガオ海峡景色

最初は別のことを書く気だったけど、艦これ秋イベを終えて久々に面白かったので書く。

イベントモチーフレイテ沖海戦、今回の最終マップはそのスリガオ海峡海戦

道中は二度の空襲魚雷艇駆逐隊との夜戦を経て、ボスとは4年振りの実装となる払暁戦。

防空やカットインに優れた特定の艦だけが求められることが多かった駆逐艦鬱憤を晴らすかの如く戦艦を含む随伴艦たちを一撃で屠り、夜明けと共に訪れた基地航空隊が削り、扶桑山城の弾着で過去の亡霊を打ち倒し、海峡突破を果たす。

目的と敵は異なるが、因縁の戦いを突破する流れは昔感じた艦これの魅力を思い出させてくれた。


思えばレイテについては初期の頃から台詞ネタにされていただけあって、イベントから関係任務の追加、ボイス追加、新グラフィックの追加と明らかに力が入っていた。

西村艦隊所属艦7隻は現在では全て実装済み、しかシステム上は1艦隊6隻までしか編成できない。ならばと、このイベントのためだけに7隻編成が使用可能になった。これは(運営にしては)珍しく良い改修だろう(「編成記録」の7隻対応にまで手が回らなかったのは残念だが)。

からといって史実通りに夜戦メインのマップ実装すれば鉄底海峡再びとなることは火を見るより明らか。

当時よりも夜戦装備が充実したとはいえ、繊細な毛根を激しく痛めるのは間違いない。ならばと、実装以来(連合艦隊を除けば)全く手を付けてこなかった陣形に(恐らくは史実西村艦隊突入時の陣形モチーフにした)「警戒陣」が追加された。

これまでのシステムではあり得ないレベルでの対空・対潜・夜戦における回避可能となり、運営にもイベントを楽しませるという一抹の良心はあったようだ。

全般的に今回は、適切な装備と適切な難易度選択を行えば(相応の手間と時間は掛かるが)クリア可能バランスだったと言える。

艦これユーザーアンフレンドリーを地でいく作りであり、火にくべた時間を競うシステムのため全員が同一のスタートラインに立つことは難しく、また立てたとしてもパズルのように"可能性"を追求する遊びなので激しく人を選ぶがたまにこういう良いものを見せてくれるからまだ続けていられるのだと思う。さすがにもうランカーは引退したが、こういうPCゲームはあってもいい。

以下、FAQ

オワコン

オワコンとは「終わって欲しいコンテンツ」であり、本当のオワコンオワコンとすら呼ばれないので(メディア展開のあれこれで盛り下がったものの)まだ大丈夫そう。

運ゲーとかお祈りゲーじゃないの?

ユーザが介入できない本当にランダムな要素は(イベントでは無い)ランダム羅針盤交戦形態かと。敵によっては反抗戦を引いた時点で勝てない、については擁護のしようがないがゲーム的なランダム要素はある程度必要という考えもあるので禿げる前に休むのが正しい。

見てるだけの戦闘って…

しろ見ることが重要。改修して命中を上げ、射程・編成を調整して攻撃順を決め、支援を出し、組んだシナリオ通りに戦闘が進むか、違うなら何が足りないか。不確定要素を減らし可能性を追求、または答え合わせするのが楽しみ方なのではないかと思うのです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん