「介護」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 介護とは

2018-04-25

感動ポルノにしないでほしい

お母さんは介護の過労で亡くなったのかな。

死ぬ人が違くない?

自分は親の介護をしているか増田のお母さんに同情してしまう。

小さい頃ちょっとかわいがられただけの祖父母の介護

親の介護距離感が違う。

anond:20180424012338

anond:20180425000122

完全に男性版と対をなすシチュエーションにはなっていないよね

本来結婚定職に就くこともできないまま、親元で介護やらされてる陰鬱な40~50代女性という感じだ

その違いが男女の性役割の違いなのかもしれんけど

2018-04-24

うちも認知症になった婆さんをしばらく介護してから施設に入れた。

介護と言っても巷に溢れているような壮絶な話みたいなことはほとんどなかったが、それでもそれなりに精神的にはクるものがあった。

元々婆さんのことは好きでも嫌いでもなかったが、入所直前頃にはすっかり嫌いになっていて

施設に入れるときも寂しさどころか「ああスッキリした、ざまあみろ!」という気持ちだったし

その後数年して婆さんが肺炎危篤になり、親族として延命不要意思表明をした時も申し訳なさや迷いなどは何もなく

「やっと他人に面倒かけなくなってくれるのか」と思うくらいだった。

それからさらに何年も経って、今思い返してみると、望んで認知症になった訳でもないのにそんな風に思われる婆さんも気の毒だったなとは思う。

でも、婆さんに対する怒りとか憎しみがあったからこそ、施設入所や婆さんの死に対して必要以上のダメージを受けずに済んだようにも思う。

そういう意味では認知症も、人生で不可避の別れを悲しくないようにさせる、一種必要悪なのかもしれないと思った。

長生きのどこがいいことなのか?

よく婆さん爺さんが長生きしていて、いいねとか言う人がいるけど意味がわからない。

介護やら治療延命税金をドバドバ使って、それは未来ある人間犠牲の上でその長生きが実現できているなんて考えたこともないだろう。

馬鹿日本人が未だに長寿は素晴らしいって価値観を持っているか政府医療機関癒着してスーパー延命大国だ。

税金ガバガバ延命やら介護に使われる。薬なんて上限なしの処方し放題だ。

そして、この超少子高齢化はれっきとした政策の結果だ。

でもその先に未来があるの?日本は?

もう自分と同じ世代子供がいるけど、自分はいらない。だっての子供に未来はないからね。

子を今の日本で産むことって罪だとすら思う。

よく考えてくれ。

結果として生まれた超超高齢化社会をどう生き抜くっていうんだ?

社会保障が崩壊して一生年金が出ないだけじゃない、医療費も高くて病気になっても診療を受けられなくなるだろう。

今はお茶呑む感覚で何も悪くないのに病院は老人憩いの場だけどな。税金を大量消費してな。

会社は老人だらけ、国際競争力ゼロアフリカ以下だ。

国内消費はどうだ?老人だらけで明日わからん人間が金を使うか?

インフラ維持ができなくなった国を想像してみてくれ、あらゆる産業が廃退した日本想像してみれくれ。

そんな未来と引き換えにお前らは延命サイコー長寿サイコーなんて言っているんだぜ?

なんで社会を存続させようって誰も考えないんだ?

持続可能性がここまでない国は日本くらいだ。

無人島食べ物10年分しかないけど、あと10しか生きられない老人にお腹いっぱい食べてもらおうってのと一緒。

若者に分配すれば、生産活動ができるけど、老人優先だからそれもできないのとな。

日本は、安楽死合法的未来税金を使おうとしている国と全く真逆

長生きいいよねって最強のエゴだよ。

anond:20180424012338

日記を拝見して、祖母入院した時のことを思い出しました。自宅介護はまだ続けられたけどやっぱり、精神的にそれなりにキツくて、病状の悪化というタイミング病院入院することになってそのまま帰らぬ人になってしまった私の祖母のことです。

営業と思われるかもしれませんが、おばあさまとご実家ツツジ咲くお庭と、おばあさまが愛した増田様と家族の皆さんの写真を残してあげたいと心から思いました。

私は、家族向けの出張撮影サービスfotowa運営する中の人です(運営ピクスタ株式会社マザーズ3416)もしよろしければ、おばあさまとのお写真を撮らせていただけませんか?お代は結構です。明日が入所日とのことで残るお時間ほとんどなく、お住まい場所もわからず、どこまでお力になれるかわかりませんが、おばあさま増田様の記憶を形ある思い出として残して差し上げられたらと思っています

怪しく感じさせてしまったら申し訳ありません。思い出づくりのお手伝いをさせていただけるようでしたら、ご連絡ください。→mailto:info@fotowa.com

コミュ障カードゲームやめろ…とは言わないけど

趣味カードゲームやってますマジックギャザリングというやつです。

大会にもちょくちょく出るけどそういった場では一定割合コミュ障がいる。

そしてそういう人とはほとんどゲームを円滑に進めれない。例えば、何をプレイしたいのか、コストをどう払ったか対象はなんなのか、そもそもどのフェイズなのか。相手側の宣言がされてないのでただ土地が寝て手札からカード見せられただけ。

俺はお前の友達でもなければ親でもねぇんだしっかり口で言われないとわからんわ。ガキじゃねぇんだからちょっとした宣言ぐらいしっかりやれ。それもできないなら通訳つけろ。

本人は問題ないと思っているのかもしれないけど迷惑なんだよ。こっちが口で確認しないといけないか時間かかるしその無駄な労力にイライラする。

俺はカードをしにきてるんだお前らの介護をしにきてるんじゃねぇ。自分のケツ拭けないなら出てくるんじゃねぇ。

カード自体をやめろとは言わない。でも大会に出るなら簡単宣言ぐらいはできるようになってほしい。みんな人間カードゲームしたいんであって介護したい訳じゃないんだよ。

anond:20180424085549

元増田です。後付けになるが、ばあちゃんが半寝たきりになって認知症が進んだのは母親が亡くなってからなんだ。母親が生きていた頃は年相応の物忘れはあれど会話は問題なくできていたし、歩行器を使えば自力で家の中を歩くこともできていた。家の中は風呂トイレも含めてバリアフリー施工したしな。ただご指摘の通り、身の回りの世話とかは全部母親に任せっきりだったので、それは今でもずっと後悔している。ちょっとくらい手伝えることあっただろっていう。だからこそすぐには施設に入れたくなく、自分でばあちゃん介護をしたいと思ったのかもしれない。結局は力及ばず施設の世話になったわけで、やはり自己満足という向きもあったと思う。なので余計に情けないんだよね。

anond:20180424012338

日中毎日デイに預けられてて、介護してるのは朝と夜だけ。しか徘徊暴力もなし。

からそんな余裕な事言えるんだよ。

就職も出来ず24時間365日ずっと介護で消耗させられてるような人なら、ほっとしたとしか思えないだろうけど。

母親は専業で、デイも使わずずっと自宅介護してたんだろうか?

だとしたら、母親の方が遥かに大変だったよね…

何で母親の時は施設使うという話にならなかったんだろう?

母親も働いていたけど母親生前は全部介護押し付けてたってなら、それはそれでどうなのかと思うし。

anond:20180424012338

お前さんのお婆ちゃんスピリッツ、超同感したよ。

うちも婆ちゃんボケて介護してたからな…

うちの婆ちゃんボケてるくせにアクティブでよく家を抜け出しては見知らぬ隣町とかで保護されたり炊飯器空焚きして火事スレスレ事件起こしてたけどな…

anond:20180424012338

介護だけでもきついのに認知症あると更にきついにゃ

お疲れさまでしたにゃ

祖母施設に入る事が決まった

 今、入所後に使う私物に貼る名札シール作ってる所なんだけど、涙が止まら明日に響きそうなので吐き出しておく。

 今週の水曜日、同居してた要介護3のばあちゃんグループホームに入所する事になった。足が悪く半分寝たきりで、認知症も進んできたばあちゃんを俺と父親で1年くらい騙し騙し介護してきたんだけど、入所の順番待ちをしていたグループホームから先週「急遽空きができたんですが、入所されますか」と連絡が来たのだ。先方からは以前、申し訳ないが空きができるにはまだ半年以上かかると思う、と言われていたので寝耳に水だったが、予期せず、介護生活から解放と70年以上実家に住んでたばーちゃんとの別れがやってきてしまった。いつか来るとは思ってたけど、もっと先だとばかり思っていたので、まったく心の準備ができていなかった。ことの決定権は父親と叔母(父の姉)にあった。毎日主に世話をしているのはお前だからと、俺の意思も訊いてくれたが、断る理由が「寂しい」くらいしかなかったし、この機を逃したら次はいつ順番が回ってくるか分からないのもあって「仕方ないことだし、親父と叔母ちゃん判断に従うよ」と返答した。

 正直、慣れない介護はきつかった。毎朝早めに起きてばあちゃんの部屋へ行き、着替えを手伝い、ポータブルトイレの中身を処理し、車椅子洗面所仏壇に連れて行って、朝飯を食わせてデイサービスに行く準備を整えながら自分の出勤の支度もする。仕事が終わって帰宅したら晩飯を食わせて、洗面所仏壇に連れて行って、ベッドに寝かせて布団をかけてやり消灯。この基本の流れに加え、ばあちゃんが破り散らかしたトイレットペーパーの片付けというインタラプトも高確率で発生する。紙を破るのはやめてくれと言っても認知症なので1分せず忘れる。まあきつい。性格が穏やかな方なのが唯一の救いだった。自力で歩けないか徘徊とかも無いし。もっと大変な家もあるだろうなーとか考えながらも、いつまでこんな生活が続くのかなとか溜息ついちゃうくらいには参っていた。

 ばあちゃんは俺が小さい頃、共働きで家にいない両親の代わりにじいちゃんと2人で俺の面倒を見てくれた。昔から足が悪かったが、なんとか杖を突いて歩いてバスに乗り、俺を散髪に連れて行ってくれたり、デパートガンプラ買ってくれたりした。夏休み冬休みになると、高速バスに乗って都会に住んでるいとこをばあちゃんと2人で迎えに行ったりもした。両親と仲が悪かったわけじゃないが、俺は完全におばあちゃん子だった。実際ばあちゃんも溺愛してたと思う。いい年こいて結婚できてない俺を、お前みたいにいい子が結婚できないわけがいから、早く嫁さん見つけろと何度も言ってくれた。どうも俺いい子じゃないみたいだぜ。すまんな。

 元々ばあちゃんの面倒を見ていた母親が亡くなった時、還暦越えた頑固親父とろくでなし息子だけで祖母の世話をするなど土台無理な話だ、さっさと施設を探した方がいいというのが親戚一同の総意だった。そらそうなるわな普通。ばあちゃんは状況がイマイチよく分からない顔をして小さくなっていたが、それを見たら単純に不憫に思えたし、できもしないくせに母親の代わりを務めないといけないと思ったんだろうな、「いずれは施設の世話になるとしても、可能な限り俺らで面倒見たい」とか皆の前で言ってしまった。その場には介護仕事してる親戚もいたので「うわっコイツ現実見えてねえ」と思った事だろう。今の俺も当時の俺に対してそう思ってる。介護素人がフワフワした気持ちで続けられるもんじゃない。事実、今回の報せが来たときちょっとホッとしたからな。俺がもっと要領よく、マッチョに立ち回れていたなら、「もうしばらく頑張ってみます」というルートに進めたかもしれない。父親と叔母が入所を即断したのは、実の親の介護を未婚の孫にさせていて、あまつさえそれで消耗させてる事に対する罪悪感もあっただろう。自分が情けないと思った。あんなに可愛がってくれたばあちゃんなのに、もう助けてやれないんだと。

 入所が決まったという話を叔母がしたとき、ばあちゃんは分かったような分かってないような、少し神妙な顔をしていた。いずれにせよ認知症のせいですぐ忘れてしまうのだが、重大過ぎる事だけは辛うじて記憶できていた(母親が亡くなった事だけは忘れなかった)ので、もしかしたらちゃんと覚えているのかもしれない。ただ今朝もやっぱりトイレットペーパーを破り散らかした。出勤前にスーツに紙屑が付かないように掃除するのは完全な遅刻フラグだったが、ギリギリ大丈夫だった。支度を整え、いつものように庭が見える窓のそばまで連れていき、デイサービスの車が来るのを待つ。毎日繰り返したこの一連のシーケンス明日の朝で終わりなんだな、なんだかんだで寂しいよなあ、ばあちゃん分かってるか、分かんねえよな、なんて思いながら庭を見たら、土日の暖かさで一気に咲き始めたツツジが見えた。ばあちゃんもそれを見て「ああ、綺麗なツツジだ。ようけ咲いとるわ」と感慨深げに言った後「もうこれで思い残すことはないわ」って言ったんだ。

 おいおいおい、やっぱり分かってんじゃねえかばちゃん、いや実は分かってないかもしれないけど、わざわざそんな事言うってことはそうなんだよな。もうここに帰って来れないってちゃんと分かってるんだよな。朝も夜も分からなくても、飯を食ったのを忘れても、紙を破り散らかすと俺が怒るってことをすぐ忘れても、本当に大事なことだけは覚えてるんだ。なんだよそれ。ずるいだろう。多分本人にはもう状況が分からいから、というのが介護を断念するに至った主因だったんだ。それが分かってるって分かったら、やっぱりまだ家で面倒見ますって言いたくなるに決まってるだろ。もう遅いよ。手続き済んじゃったよ。肌着にも靴下にもタオルにも全部油性ペンででっかく名前書いちゃったよ。もうどうしようもねえよ。明日最後我が家だぜ。ばあちゃん。分かってるのかよ。

 今日仕事帰りにラベルシール買ってきて、できる限り可愛い感じの名札シールを作った。施設職員さんが見たら「なんや妙に凝っとるな」と言うこと請け合いなやつが刷り上がった。いらすとやはやっぱり神サイトだ。でも、もうこの家に生きて戻ってくることがないだろうばあちゃん名前を綺麗にデコるのは、言い方は悪いが位牌を書いているような気分だった。と言ってもばあちゃんの体調自体はそんなに悪くなく、決して今生の別れでもないし、なんならグループホームは家から1kmしか離れてないような地元オブ地元だ。バカみたいに目を真っ赤にしてこれを書いてる自分を滑稽だと思うけど、それでも明日をもってこの家でのばあちゃんとの思い出は最後になるんだと思うと、俺の中のばあちゃんスピリッツがどうしようもなく目頭を熱くさせる。困ったもんだ。結局書いてるうちにどんどん涙が出てきて全く目論見違いになったわけだが、こんな思いを打ち明ける相手もいない寂しいオッサン独り言だと思って、この場所を使うのを許してやってくれ。多分いないと思うけどもし最後まで読んでくれた人がいたらありがとう

2018/04/24 9:00 追記

 出勤してはてな見たら思った以上に反響あってビビった。泣いちゃうだろ。職場やぞ。花粉症シーズンで助かったわ。今朝は最後デイサービス送迎だったので、雨の中ひとりセンチな気分で見送ってたら遅刻しかけた(多分職員さんも「なんやコイツ」って思ったと思う)。冷静になってから読んでみると“叔母(父の姉)”とか意味わからんこと書いてるな。面白いからそのままにしとこう。トラバブコメありがとうございます。今読むともっと泣いちゃって仕事にならなそうなので我慢する。読んでくれた人本当にありがとう

2018-04-23

anond:20180423223041

お疲れ様。おばあちゃんは脳がバグってるからしょうがない。

イラつくのはごく自然なことだし、別に増田は最低ではない。

ところで、認知症介護についての情報収集はしているかな?

ご両親がネットに明るくないようだったら、増田が調べた方がいいかもしれない。

できれば介護初心者向けの紙書籍を買ってみんなで見て、今後の事を話し合うといいと思います

anond:20180423203233

70代~の親を介護する非正規40代~とかテレビに出せないだろうが

この世で一番憎い人

家族が嫌い。人殺しが罪に問われないのであれば普通に殺してる。殺す前に殺されてるかな。

無神経な父親 馬鹿母親 社会不適合者の姉 みんなまとめていなくなれ。

両親には育ててくれたことに感謝こそしているがそれが大きな借りだとも思っている。常に負い目を感じている。さっさと金銭的に借りを返して絶縁したい。姉はもう両親の介護さえしてくれたらどうだっていい。きっと働けないだろうし。

憎い人と憎い人からまれ自分が一番憎い。こんな人生もう嫌だ。

2018-04-22

お前ら、若者文句ばっかり言ってるけど、年取ったとき介護してもらえないぞ。

私の弟も障害者

とりあえず以下の記事とまとめを読んで頂きたい。

https://kyodaishinde.hatenablog.com/entry/2018/04/15/172253

https://togetter.com/li/1219881

この記事を読んでブログを書いてみたくなった。

自分が持っているTwitterはてブロで書く勇気がなかったのでここで吐き出すことにする。

私もきょうだい児だ。年齢はブログ主とほぼ同世代20歳だ。

私の弟は重度知的障害自閉症と診断されている。知能は小学校低学年レベルだが一応会話はできる。

弟に殺意を抱いたこともある。こいつさえいなければ…とか。でも常にではない。

「姉ちゃん」とニコニコしかけてきたり、寝息を立ててスヤスヤと眠っている弟は可愛い

穏やかな弟なら殺意は覚えない。

弟は自閉症特有の「こだわり」を持っているが故に予定が狂ったりすると癇癪を起こす。

怒りの矛先は彼自身ではなく父、母、そして姉である私に向けられる。

癇癪を起こすと手当たり次第にそこらへんに置いてあるモノを家族に投げつける。

体当たりしてくる。

噛みついてくる。

引っ掻いてくる。

この他害行為家族しかしない。祖父母や親戚、知り合い、見知らぬ人など家族以外には手を出さない。人様に手を出さないだけマシなのだろうか。

自分顔面ゲーム機を投げつけられたこともある。刃物を持ってこっちに向かってこられたこともある。

家中に弟の泣き叫ぶ声、母親悲鳴父親の怒鳴り声が週5~6で鳴り響く。この世の地獄か。

酷い言い方だが暴れている弟は人間ではなくただの動物に見える。彼に理性はないのか。

殺してやろうと思ったこともある。消えてくれと思ったこともある。

思っていても行動に移してはいけない。が、実行する一歩手前まで来たこともある。

自分が今こいつの背中包丁で刺せば両親も楽になる。自分には将来なんてないし刑務所にでも入っておこう」と思ったこともある。高校時代のことである

BuzzFeedJapanの岩永直子氏の言葉を借りるなら、

善悪判断がつかないような身内に刃物を持って追いかけられても逃げることさえできない人たちは、苦悩や怒りを公の場で発信するのを否定する声が社会の中で幅をきかせるようになったら、どのような思いをして生きていけばいいのでしょうか。見直すべきは、家族の苦悩を省みて来なかった社会のあり方でしょう。」

結婚については心配していない。別の理由で多分できないしするつもりもないからだ。一時的ものでしょ?と思われるかもしれないがこの考えは一生変わらない。

もし、もし何かの間違いで結婚したとしても子供絶対に作らない。障害ある子供を産み育てる覚悟がない。両親のやつれた顔を見ると自分障害ある子供を育てるのは絶対に無理だと思った。両親と同じ苦労はしたくない。

出生前診断については否定しない。中絶することを選んだ人を批判してはいけないし、逆に中絶しないで産むことを選んだ人を批判してはいけないと思う。

結婚についてはあまり心配はしていないが親が年老い介護必要になる頃が心配だ。

親と弟の介護が重なったらどうしよう。親を老人ホームに入れたりヘルパーを頼むような金銭的余裕はないかもしれないし、地元以外で就職しようと考えているので自分一人が全員の介護は厳しい。仕事も辞めなくてはいけないのでは?辞めたら生活は?生きて行けるの?そして行き着く先は介護殺人…?

弟は施設に入れればいいじゃないか。それもそうだ。でもなかなか入れないのだ。

弟は現在施設入所待ち。待機児童問題はよく報道されているのでご存じの方は多いと思うが知的障害者向け施設も空きがなく待機者がそこそこいるのが現状だ。

入所は先着順ではなくポイント制で緊急度が高い人から入所する。親が亡くなってからやっと入所できるって感じ。

は?親が亡くならないと入れないの?

殺されそうになっても緊急度が高いっていえないんだ。へぇ

他の家庭も同じだから

殺されるかもしれない恐怖に24時間365日耐えろって無理だろ。

現在私は進学を機に親元を離れて一人暮らしをしている。「私だけ」は弟にモノを投げられたり理由もなく殴られることもなくなった。物理的に離れてるし。

つい最近から一本の電話があった。弟に刃物を向けられ刺されそうになった、と。

精神薬も限界まで処方して貰っても癇癪を起こして暴れるらしい。役所相談しても「他の家庭でもあることなんですからご家庭でなんとかしてください」と言われたらしい。両親も精神的に参っている模様なのでいつ心中されるか分からない。

どうにかならないかな。医療技術進歩で弟の癇癪が軽減されないかな。今の両親を見ていると辛い。










P.S.支離滅裂文章でごめんなさい。思ったことブワーしました。取材大歓迎です。まぁ増田だし連絡してくる人なんていないと思うけど。

ヘルパー二級の資格取りに行った時、老人ホーム介護実習行ったんだが

20歳ぐらいの綺麗なねーちゃんが70歳のボケ老人のチンポ丁寧に洗っててびっくりしたね

そのねーちゃん新入社員からまだ慣れてなくてチンポ洗うのに若干抵抗あるんだわ

しかも俺を含めた研修生達にチンポの洗い方を凝視されるという羞恥プレイなわけだし

ソープ研修させられてる女子大生みたいで興奮した、家帰ってちんちんシコシコしたゆ

介護仕事やってっけど

なんだかんだみんな結婚なりしてて

家族”があるんだよなあ・・・

”無縁”の中年たちって将来どうすんだろ

2018-04-21

anond:20180421225157

「変身」は原因が不明だけど恐怖というより物悲しかった

家族からどんどん嫌われまくる要介護者みたいに見えた

あーでも主人公のものが変化してるパターンと、敵として出てくるパターンは別か

2018-04-20

舞台をみて

今日ミュージカル舞台を観に行ってきたのですが、主役の大御所が何度もセリフ飛ばしてて、セリフ聞き取りにくく、動きもぎこちないし、表情も固い。

特に衝撃を受けたのは誰もフォローのできないシーンの数十秒に及ぶ無音状態

下手というより、御高齢ですし体調不良病気なのかなという感じで、懸命にフォローしてる他の方をみていると、舞台を観に来たのに介護を見てる気分に。

この作品自体今日はじめてみたんですが、あまりセリフの飛び方にハラハラしてストーリーに集中できず、うーんと思ってたら、客席は満足なのかスタオベでさらにびっくり。

作品自体は多分全盛期のこの方がされてた頃は本当面白かったであろうと思いますし、他の出演者や生オケはとても良かったです。

たこ大御所ですが歌に関しては情感豊かでさすがでした。逆にそこが往年の名ミュージカル俳優の生々しい後年をみた気持ちになったのですが…。

早く「変な介護施設オープンして欲しい

パワー系の利用者に殴られる介護者は全部ターミネーターばりの頑丈なメカに替えて欲しい

何が言いたいかというと、ロボ導入の業種をもっと最適化して欲しいということ

2018-04-19

anond:20180419160241

認可保育園は「保育に欠ける子」と言う条件があるから

専業主婦では他に「保育に欠ける」要件病気とか介護とか)が無い限り入れないよ。

田舎専業主婦なのに保育園に入っているケースがあるのは、表向きは「求職中」などと理由をつけていてそれを黙認してるだけで本当は違反

認可外なら入園基準は園が自由に決められるので、別に兼業主婦の子より専業主婦の子を優先しようと構わない。

病気介護などの訳ありでない専業主婦が利用するケースは、金持ちお受験対策やらもやってくれる高級認可外に入れる、と言うケース以外ではまず無いだろうが。

幼稚園は保育施設ではなく教育施設だし、幼稚園子供を入れて働いている人も多い。

ただ幼稚園は満3歳以上と決まっているため、3歳未満では原則として入れない。

(実際は3歳未満でもプレ保育などと言う名前クラスを設けている所もあるが、

親同伴が条件だったり母子分離形式でも短時間毎日ではなかったり、と通常保育扱いではない)

最近都市部だと0~2歳までの保育園も増えていて(6歳までより設置基準が甘く作りやすい)、

3歳でそこから幼稚園に転園する人もいる(全員6歳までの保育園には入りきれないため)。

anond:20180419152848

お母様お気の毒。

増田さんは批判するだけかぁ。

おばぁちゃん好きなら増田さんが介護してあげたら。

しないで批判はなぁ。

母が祖母介護で変わってしまった

祖母認知症

80歳半ばになる

記憶曖昧だが10年か15年くらい前は杖を付かないでも歩けることが自慢だったが今は曲がってしまった腰で杖を付きながら狭い歩幅で歩いている

体が痛くて最寄り駅までも歩けなくなった

病院に行く時はもちろん車椅子

認知症の進み具合というのは私は詳しくわからないが症状としては一日に何回も日付や曜日を聞く、会社に勤めていると思っている(明日会社嫌だなあと言ったりする)、少し前の行動をすぐ忘れてしまうのでなくし物が多い、など…

家族や親戚の名前は忘れていない

これはとても嬉しいことだ

幼いころからおばあちゃんっこだったので祖母に忘れられてしまったらとても悲しい

そんな祖母介護を母はしている

祖母と母は実の娘と実の親だ

どのくらいの期間かも曖昧だがもう6、7年はしているだろうか

3、4年間ほど前から母ひ目に見えて祖母にひどく当たるようになった

ひどくといっても暴力ではない

とにかく言い方がキツイのだ

一例を挙げる

祖母認知症になる前は父と母と私が仕事に出ている日中時間祖母は家でひとりでテレビを見たり本を読んだり人を招いたりのんびり過ごしていた

歩けているときバスを使って最寄り駅まで買い物に行ったりしていたのでバス定期券、もしもの時用に携帯も持たせていた

しか認知症が進行してきた数年前からこちらが仕事中にも関わらず1日何回も電話をしてきたりといったことが増えてきたため、祖母デイサービスに通うことになった

その際バスの定期や携帯などは母が預かることになったのだが祖母は未だにバッグの中を探しながら「定期がない」「携帯がない」「どこにやっちゃったのかしら」と

悲しそうに言うのだ

大げさではなく100回はこの行動をしている

私はそう言われたら「お母さんに預けてあるから大丈夫だよ」と祖母に言う

そうすると祖母は「あらそうだったかしら、だめねえすぐ忘れちゃって」と笑って終わる

しかし母に同じことを言うと「何年も前から預かってるでしょう」と返ってくる

ここまではまだ良い

「前すぎて忘れちゃったかしら〜」「私が全部管理しているかあなたは気になさらないくていいのよ〜」「あたまおかしなっちゃったかしら〜」「私が預かってるのに(宝探ししているみたいで)たのしそうねえ」

うまく伝わるかわからないが1を10で返し、小さい子供に言い聞かせるような、だけどもそれよりねちっこく嫌味っぽい言い方で返すのだ

場合によっては「いい加減にして!」「ほんとに頭おかしなっちゃったねえ!」とヒステリックになることもある

その時のしょんぼりした祖母は本当に可哀想で見ていられない

何度か母に「もうちょっと優しい言い方をしてあげてよ」言ったことがある

上記の「(宝探ししているみたいで)楽しそうねえ」に関しては度が過ぎていると感じて「そんな言い方はないでしょ」と言ったこともある

母の返事は「そう」とか「そうかしら」しか返ってこない

母の祖母に対する態度は今日キツイままだ

私が祖母介護をできれば、と思わないわけではない

しかお金を出しているのは全て母なので従うしかない

しかも母と祖母のやりとりを見たくなくて私は家を出た

いつでも駆けつけられるように隣の駅、こまめに帰って祖母と話したり母の手伝いをしているが結局はお金のことや仕事言い訳にして祖母を見て見ぬふりをしている最低の娘で最低の孫だ

母の祖母に対する態度はひどいが介護をしてくれていることは本当に感謝しているし、お金ケチっているわけではない

休日祖母病院に連れて行ったり美容院に連れていったりもしている

わたしが何かの足しにして、と実家に入れているお金も使わないで貯めていてくれる良い母だ

母のことは好きだ

ただ、本当に祖母に当たる母を見るのは本当に嫌だ

何回も同じことを聞かれ、言われ、同じことをされ、突拍子もないことにストレスが溜まるのは痛いほどわかる

何年もそんな状況であれば嫌味のひとつでも言いたくなるだろう

ただ祖母はそういう病気なのだから仕方ないのだ

わたしはどうすることもできない

つらい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん