「カトリック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カトリックとは

2019-06-14

anond:20190613231511

なんでセックス大事大事な、うかつにやってはならないみたいに捉えてるんだろうね。合意があって、ちゃん避妊してればそれでよくね?

カトリック?それとも性嫌悪

2019-06-10

anond:20190610172813

性欲が邪悪ものというのはカトリックから来るものですから別におかしくないし、

からリベラルヅラしたやつらが宗教保守みたいな反応してるのはおかしいと言ってるんだけど話理解してますか?もしもし

宗教的には正しいんですけど…

宗教が正しくないんですけど…


話を理解してからトラバして。

マジで

anond:20190610172343

性欲が邪悪ものというのはカトリックから来るものですから別におかしくないし、宗教的には正しいんですけど…

2019-06-04

anond:20190604104339

から中絶にしても「個人責任を全部負いきれないから仕方がない」という、あくま便宜上の話でしかないわけじゃん

それをさ、気に食わない国家個人を殴る時だけ「それは優生思想だああああああ!」とどっかのブクマカみたいに語尾やたら伸ばしまくって非難するからいかんのよ

そしたら便宜上の話どころじゃなくて、「じゃあお前の依って立つ倫理は何なんだ」って話にならざるを得ないでしょ

でもその憎むべき優生思想カウンターになるべき倫理というのが、実は存在しない

今の時代中絶に堂々と文句言ってるのなんてせいぜいカトリック宗教右派ぐらいだけど、リベラルさんはそっちにも味方なんてしたくないんじゃない?

2019-06-03

anond:20190603220519

プロテスタントの国は外で引きこもるしかない=若年ホームレス貧困住宅など

カトリックの国は日本のように子ども部屋で引きこもっている

2019-06-02

anond:20190530215908

しろ感情移入できる相手の方が苛烈振る舞う

対外戦争より内乱の方が血なまぐさくなるし、異教徒相手よりも同宗教内の抗争の方が激しくなる

カトリックプロテスタントの抗争時にはミサを挙げただけではらわたを引きずり出して殺したという

フランス革命もすさまじいものだった

anond:20190602091845

信教の自由と言うか、なぜ信教の自由じゃなかったかといえば、宗教の名をもとに騙そうとするやつがいたからなんだよな。

で、宗教の名をもとに騙されてしまえば、だます宗教を潰そうとしても狂信者として、反発する。

昔はカトリック一本だったからわかりやすいが、プロティスタントが生まれ、お互いがお互い宗教の名をもとに騙そうとするやつだと思って血で血を洗う抗争。

から信教の自由というものが生まれたが、逆に宗教の名をもとに騙す連中も放置されることとなった。

いま宗教が信じられていないのって、霊感商法が増えすぎて、宗教に関心があると言うと、そいつらに漬け込まれからだと思うわ。

2019-05-29

果たしてどれが無職と結び付けられることになるのだろうか?

と思ったら、幼女殺しがひきこもりと結び付けられてしまった…(´・ω・`)

川崎の、被害者家族にとっては理不尽以外の何ものでもない事件

気になったのはカリタ小学校

校長の御涙頂戴の演技がかった会見も引っかかったが、それよりも、

この理不尽カトリックはどう説くのだろうか、というのがすげー気になった。

ヨブ記を引いて、神は試されているのですと、

1年生の子らとその親にいうのだろうか。

2019-05-21

anond:20181024073341

私も長年、深刻なうつで苦しみました。苦しいですよね。

ちゃん病院にもかかっておられるようなので、自分に合う薬に出会えるまで試されるのがいいと思います

私も精神分析に通ったのと、加えてキリスト教カトリック)の信仰出会たことで、少しずつ希望を持って、新しい生き方で生きられるようになりました。

今はつらいと思いますが、必ずいつかよくなります。つらい時期は永遠には続きません。

どうか、あきらめないでください。大丈夫です。

あなたのために祈りしています

2019-05-12

anond:20190512135901

本当に「反優生思想」と言えるのは今時カトリック宗教右派ぐらいのもんだし、彼らも最近旗色悪い

出生前診断禁止や、堕胎禁止などだよな

もっと過激宗教右派になると避妊禁止要求している

旗色が悪くなるのは、そうして生ませた子供の養育を彼らは担わないという無責任さが原因だろう

手伝わないし金も出さずに口だけを出す

地域カトリック教会に所属している一部の人は、ちゃんと金を出し、障害児のいる家族を手伝っている)

 

無限責任を取れるわけじゃないから、実際問題しょうがないだろう、というのもわからんでもない

でも所詮ごまかしでしかないし、偉そうに植松攻撃する資格が本当にあんのかと言いたくもなる

植松攻撃する人間は「攻撃する」という行為をしたいだけ

障害支援施設で働いて障害者を「支援する」という行為をしている人間とは根本的に違う

思想ポジションよりも「攻撃する」という行為か「支援する」という行為か、行為の内容だけが問題

anond:20190512134043

それもあくまで反植松反国家しかないし、あるいは彼らを殴って反優生思想を気取りたいだけなんだよね

ところがそんな彼らでさえ「こいつは育っても役に立たないし損だから間引こう」という優生思想のものは決して否定してない

しろリベラルと言われる人らこそが積極的肯定している始末だ

本当に「反優生思想」と言えるのは今時カトリック宗教右派ぐらいのもんだし、彼らも最近旗色悪い

そりゃあれだよ、無限責任を取れるわけじゃないから、実際問題しょうがないだろう、というのもわからんでもない

でも所詮ごまかしでしかないし、偉そうに植松攻撃する資格が本当にあんのかと言いたくもなる

2019-05-03

会田誠さんの「犬」を模写して学校に提出したら低評価だった」

という趣旨ブクマホッテントリに入っている。
http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1344247
それに対して教師側を非難するブクマ結構あるが、そのうちの大半がわかっていない。

たとえば、好きだからと言ってドイツハーケンクロイツの絵を描いて学校に提出したら厳しい指導を受けるだろう。
子供が気軽に絶対やってはいけないことだからだ。

同じように性的欲望を満たすために、若い女性の四肢を切断して自由を奪い、首輪をして裸で雪の中を連れまわす
ようなことは21世紀人間としては決して許されないタブーで、子供が気軽に絵に描いたりしてよいものではない。

もちろん、商業的な芸術家が、「人間というもの欲望を満たすために他者存在を平気で否定したりするよね」、
ということを芸術的文脈表現することは自由だ。ただし醜悪ものを描いているわけだから褒められるはずはない。

性奴隷の絵は、自身の性欲の肯定はあるが、それを満たすために他者否定・損傷している絵になっているため
とても醜悪になっている。批判的な文脈なしでそれを好きだということは、「私は自分の性欲、支配欲のためなら
他人を丸裸にして手足をちょん切って動物扱いしても、されても平気です、そういうの良いと思う」と言っているのと同じだ。

子供がそういうことを言い出したら周りの大人は当然それはいけないことだと注意するだろう。表現自由とかじゃない。
美術という以前に人間として軽々しく口にしたり描いてはいけない内容を学校で「好きなんです」と描いて出したりしたら
それは厳しく指導を受ける。

「エロならどうだったろう?」「難病で顔が変形した人のポートレイトならどうだっただろう?」
というコメントがある。
たとえば、ブコメで上がっているクールベとかバルテュスなどは時代的な性的規範からは逸脱しているとしても基本に女性礼賛、人間礼賛がある。
難病で顔が変形した人の絵は、ハンディキャップがあっても生きている、生きていけるという肯定がある。
ゲイレズビアン性愛テーマにした作品でも同様で、典型的性的規範からは逸脱しているとしても基本的に愛と生がテーマであり、
21世紀においては一部のキリスト教カトリックなどを除いて徹底的に非難されることはない。
ボンデージには肉体の美しさへの礼賛があり、束縛は一時的もの解放約束されている。一方四肢切断には解放がない。
 

2019-05-01

国には何らかの権威があった方が都合がいいか天皇制必要

ローマ教皇みたいに、世襲でなくてもカトリックで圧倒的な権威を維持してる例もあるんだし

差別制度を残してまで世襲天皇にこだわる理由はないだろう

2019-04-20

anond:20190420203756

ISとかの原理主義過激派って、コーランに立ち返ろうとしてる点でキリスト教宗教改革に通じるものがあるんだよ。

キリスト教でもプロテスタンティズムのほうが過激でしょ?進化論否定してるのもカトリックじゃなくこっちだし。

宗教的には原理主義のほうがより正しいイスラム教徒なの。

2019-04-08

夫をキリスト教カトリック)に取られた

数年前から喧嘩ばかりで別居の繰り返し。

自分遅刻しそうになると子供保育園への送り出しを押し付けてきたり、仕事が遅くなることを言わずに遅くなったりして食材無駄にしたり、掃除や炊事をきちんとこなせなかったり、夜の頻度が減ったりそのまま眠ってしまったり、子供幼児教育の面倒を全く見てくれなかったり、とにかくストレス溜まることばかりが続いてた。

から私も本当に頭にきて、何日も無言で無視したりとか、帰ってきてもチェーンロック閉めたタママにしてドアを開けずにいたり、臭い革靴を廊下に放り出したり、ベッドに自分ゴミを置いたり、いつもゆっくりしてるソファーに大量のファブリーズを夫がいるときに発射した。本当にイライラして仕方なかった。選択すると加齢臭が私の服にも移りそうだった。(何度洗っても枕の加齢臭が取れないのは何故なの?)

ある日泣きながら掃除をしていたら、夫が心配したらしく私の親と連絡を取っていて、親が私を迎えに来ることになった。とても裏切られたと思った。夫婦二人の生活なのに、夫は親を使って逃げようとした。本当に卑怯な男。そういえばまだつきあいたての頃に生でしてしまった後に、もし、赤ちゃんできたらどうするのか聞いたら、下ろしてもらうことを頼まれた。そんなクズなやつなんですよ。

数ヶ月ぶりにクズと親子三人で過ごすことになったんだけど、あれっボディタッチがない。すぐ寝る準備、ベットが分かれてるんだけど、そのまま寝てしまったみたい。何かそのこと自体が寂しくて泣いた。だって数ヶ月ぶりに一つ屋根の下になってセックスしないの?悲しくない?

それでまた頭にきたので無視することにして実家に帰った。そのまま年末年始に入ったけど、うちの実家には一応元旦だけ来られるようにしてやった。針のむしろのように居心地が悪そうだった。その日の夜に帰っていった。

ずっと合わない日が続いた。電話も取らず、別居で、一年くらい経った。

久しぶりに子供に合わせることになり、話すことになった。聞くところによると夫はキリスト教カトリックという分野の教会洗礼を受けたらしい。とてもたくさんのお恵み?をいただいたといっていた。とにかく癒されたようなことをいっていた。何か別人のようになってしまった。

あんなにイライラして怒り返してきた夫が怒りづらくなってる。私がムカついたことがあって責めても、ムカついたことに同情されるところから始まって調子が狂ってしまう。

でもなんか夫が変わった気がした。

なんというか前より大らかになって話を聞いてくれるようになった。心はキリスト教のことばかりみたいだけど、霊操とかexamenのことばかり勉強してる。これで心を強くしてるんだってさ。よくわからないけど、良い方向に変わったんだから許してあげようかな。

2019-03-11

anond:20190310214530

やり取りをみてて、ひとつ思ったこと。

表現の自由を守りたいという意見は、それを原則論として語りつつも、背後にある危機感はなんだろう。

ようするに、「快不快」によって表現流通が左右される社会が是か否か、ということが動機のように思えた。

そうであれば、すごくよくわかる。いや、わかるというのは、同意しているわけじゃなくて、なるほどな、だから日本表現の自由ってふわっとしてるんだなということ。

振り返ってみる。

日本表現規制の有り様は、戦前エロ・グロ・ナンセンス発禁にあるように、当局国民の大多数が不快と思うであろう「不健全」で「公序良俗」に反する表現対象としてきた。

そう、「健全」これこそがキーワードなんだな。たぶんね。

まり、割り切った言い方をすれば「健全」と戦っているのが表現の自由戦士だというふうに思える。

でも、ひとたび、「表現の自由」の思想的な出発点をヨーロッパアメリカ歴史から振り返ってみると、戦士動機づけとしてはあまりにも心もとない。

表現の自由とひとことでいっても、思想的な背景は、それぞれ背負っている歴史が異なる。

ここで、それを動機づけという視点比較してみる。

例えば、アメリカ合衆国。日本憲法がお手本とした国だ。

この国の憲法憲法判例が示してきた表現の自由は、ヨーロッパのそれとはかなり異なる。

17世紀にアメリカ最初に渡ったピルグリムファーザーズの世代特に、当時のヨーロッパプロテスタントに対する不寛容被害者であった。

メイフラワー号の協約に象徴されるように、お互いに異なるFaith信条)を持つ者同士が、どちらが正しいとして糾弾することなく、社会を構築しようという、社会多様性の確保が原点だ。

1970年代には、ヘイトスピーチを巡ってさまざまな紛争連邦最高裁まであがり、不協和音こそ社会の強さとまで判決意見で述べているものがある。

当時の裁判官のたとえを援用すれば、空気浄化しようとするやつが社会の敵なのだ

人間は不完全なのだから、正しいものなど、最初から先験的に決められない。ということから、この国では、思想の自由市場などという言い方も生まれてくる。

一方、大陸でも、表現の自由は大切な価値とされている。

しかし、他方で伝統的な価値観や習慣もそれなりに強い。いやかなり強い。

そういう土地柄では、動機づけとして、多様性の確保というのは、正直、あまりピンとこない。

しろ、彼らの原点は、教会から弾圧された経験であり、その反動としての「神を冒涜する権利」だ。

伝統的にカトリック教徒でありながらアンチクライストを叫ぶ、そんな権利を求めている。

とくにフランスでは、公共空間設計するにあたり、真理の判断権を持つかのように振る舞う教会がとてもまずい存在だった。

権力をふるいたがる教会に口出しをさせないことが重要テーマだった。

それゆえ、その解決のため、一方では、表現の自由というコンセプトで権利宣言し、他方で、政教分離という原則確立して、公共空間設計のための理論武装をしていく。

からイスラムスカーフ公立学校から排除しようとしたりする動きが起きるし、

ひとたびムスリムの神を冒涜するような表現したことで、襲撃を受けたりすると、社会は「涜神の権利はいずこに」とがぜん盛り上がるわけだ。



アメリカにしても、フランスにしても、それぞれ動機づけは異なるものの、表現の自由を守ろうとする信念というか確信の力は、

極めて強い。テロがあったり、社会情勢の変化で揺れ動いたりするものの、いざ事が最高裁までいくと、

じゃあ、国づくりの原点に戻ろうじゃないかという話になって、17世紀の悲惨経験が思い出として蘇ってくる。

その動機づけの強さにこそ、新大陸にしても、旧大陸にしても、表現の自由を将来に渡って確保しようとするエネルギー再生産があり、いわば持続性がある。



翻って、日本

健全なるものとの戦い、かぁ。うーん。

不快のような勝手基準で決めつけられたくはないよね、誰しも。

でも動機づけとして、やっぱり弱いんだよね。

ここで、仮に、日本は、アメリカ式の表現の自由を真似っ子しているのだ、としようか。

でも、日本社会は、アメリカほどには、多様性を求めてないでしょ。むしろ移民なんか大嫌いでしょ。

多様な意見なんか、どの組織でも出てこないでしょ。会議でも右に習えでしょ。

普段から多様性を確保しようというマインドベースにあって成り立っている社会とは全く違う。

そんな社会では、エロい表現ときだけ急に表現の自由だのと盛り上がるのは、歯が浮くような思いがする。

公共空間におけるエッチものの取扱なんて、はっきりいって、社会合意していればどっちだっていい。

じゃあ今度は、大陸が17世紀に経験した熾烈なコンフェッショナリズム、この思想的な背景を

表現の自由として日本憲法が参照している、と仮に想像してみる。

この場合仮想敵は、いってみれば、国家神道ファシズムかな。

(*ところで大河ドラマの「いだてん」って、健康ファシズム視点でみると面白いらしいね。みてないけど)

「国によって右へならえを強制され続けた結果、自分たち戦争に動員されてひどい目にあった思い出」とでもいうべき動機づけは

定期的に思い出す機会があるかぎりは、ある程度は持続的たりうるのかもしれない。

でも、第二次世界大戦を思い起こしてみると、国民国家キャンペーンに煽られて動員させられる、というのは、

なにも敗戦国ドイツ日本に限った話じゃないし、アメリカ含め、あちこちの国でウイルスのようにファシズム蔓延しかけていたのが現実

またファシズムコントロールできた国もない。その意味で、真の意味ファシズムに抗し切った国はないように思う。

表現の自由っていったところで、自然の摂理かのように、神がバランスをとってくれるわけじゃないんだよね。

流されるときは、人は流されちゃう。常在菌みたいなもの

そうすると、いざ日本にとって対外的な脅威(例えばアジアの隣あたりの国らへん)が増せば、

表現の自由なんか、どうでもよくなっちゃう程度のものなんじゃないか

他国の脅威に比べればファシズムのほうがマシだろ!みたいな。

このあたりの感覚は、動機づけとしては重要なんだけど、日本場合ちゃん思想として、自分たち言葉自分たちを守る武器として昇華してないんだよね。

敗戦で混乱していた時期にすかさず、日本憲法戦勝国からもらった、というところで思考停止になった、という面はあるかもしれない。

もらったもので、とりあえず勉強して運用してみよう、という時期が最初はあってもいいかもしれない。

でも、戦後30年、40年、とりいそぎ運用していたものが定着していく、という過程

例えば「思想の自由市場」ってよくよく考えてみると、日本社会では、あまりピンと来なくね?みたいな気づきがあっても良かった。正直、「思想の自由市場」って日本社会じゃ、なんの役にも立たない理屈だと思うんだよね最近

また、フランス公立学校でのムスリムスカーフ論争。大方の日本人は、何あれ?状態。背景となる歴史が違うんだから

歴史を知らないと理解できるはずがない。

それを知らずに無理やり、政教分離って憲法に書いてあることを適用しようとしてきて、実は消化不良を起こしているんだけど、

日本人は雑食なもんでなんとかなっちゃうという。。。

そういうことがよくわかったという話。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん