「父親」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 父親とは

2018-12-16

今付き合ってる人

全然下ネタ言わない

ほんとに言わない

今までの彼氏いったいなんだったの?ってぐらい言わない

すごい嬉しい

下着・脚の写真ほしいとか、電話キス音ほしいとか、次のデートでするセックスの具体的な行為予定とか、私の父親の車がラブホにあったらどうする?とかい無意味質問とか

一切ない

聖人か?

その感性もほんとに好き

anond:20181216162844

やっぱそうなのかな…

普通のお父さんって家に帰ったらどんな行動様式なんだろう

うちは仕事の日も休みの日も家に父親がいる間はずっとリビングソファテレビ見ててトイレしか立たないんだよね

物心ついてずっとこうで何か変だな不便だなとは思ってたけど実家出てからやっぱ異常なのかなあって思うようになってきた

片付けられない父親趣味の物で部屋を埋め尽くしてリビングに住み着く話、あまり他人事じゃなくて寒気がしてる

うちの父親もまさにそれで、フィギュアプラモで寝室と父親の私室の2部屋埋めちゃって長年リビングソファ暮らしてる…

父親がいる間はどんなに散らかってても掃除なんてしてたらほこりが立つって怒られるし、

キッチンでお皿洗ったりするのさえテレビの音が聞こえないって怒られる

炊事は辛うじて許されるけど父親が食べたくないものだと電気消されたりやっぱり邪魔にされる

うちのリビングは家の中心にあって、そこを通らないとお風呂トイレにいけない配置になってるから父親の許しを得ないと暮らせない

母は最後に残った和室四畳半で寝てるみたいだけど、最近実家帰ってないか心配になってきた

これを見てる現役の父親母親がいたら

他のことならいざ知らず、子供ネット中毒にだけはならないようにしてやってほしい

現実逃避し続けると現実でうんと苦しむ

現実でなにかがほしくなった時、自分になんの力もないと自覚したとき絶望は計り知れない

ネットは便利だから広く浅くいろんな知識簡単に手に入るけど、知識だけあってもダメなんだ

体がわかってないと知識だけじゃ行動に結びつかない

地図だけあっても、動く体力がなければどこにも行けない

自分意志で行動できないと、何も手に入らない

せめてそれを子供のうちに教えてやってほしい

物語における「衝撃の事実」の類型

実は人間だった

実は父親だった

実は地球だった

実は死んでた

実は生きてた

実は自分だった

実は夢だった

実は現実だった

実は劇中劇だった

実はシミュレーションだった

実は心の中だった

実は未来だった

実は過去だった

実は同じ時間軸だった

実は違う時間軸だった

実は時間の進み方が逆だった

実はループしていた

実はループしていなかった

実は参加者にまぎれこんでいた

実は偶然ではなかった

実は劇中劇登場人物だった

実は劇中劇登場人物ではなかった

実は双子だった

実は三つ子だった

実は入れ替わっていた

実はグルだった

実はグルじゃなかった

実は本当のことだった

実は作者だった

実は読者・視聴者だった

追加意見募集

2018-12-15

セックスしたくないというと浮気して家庭が壊れてもいいのかって脅してくる

なあ夫よ、あんたそんなクズだったっけ

冗談にしても面白くねえや。なあ、あんたには子供がいるんだよ。思春期の娘がよお……浮気して家庭を壊してもいいのかじゃねーんだよ。自分で考えろよ。性欲処理のために妻を脅す父親のせいですでに崩壊はじまってるがな。男は常に性欲があるから疲れていても笑顔フェラするべきって?それ娘にいうの?結婚前夜かに?俺の稼ぎで食ってるんだろーって?ダッサ。

anond:20181215122915

息子がお世話になっといてAV女優の子供を忌避する父親ちょっとどうかと思うけど母親にはAV女優に遠慮する理由いからな

女子コミュ力高い根拠ないみたいなやつ見て思ったんだけど、

「女は近親相姦を避けるために、父親を嫌う」みたいなやつって根拠あるんですかね。

根拠ないとか言われても困るんだけども。

「そんな根拠なくて単に人として娘に嫌われてるだけだし、その主な原因は陰で母親父親悪口言いまくってるせい」とか言われてもホント困るだけなんだけど。

根拠あってほしい。

2018-12-14

あしたで40歳になる

40歳

内職で月に1万数千円と、障害年金2級をもらっている。

わりとセクシュアリティーをカミングアウトしたりするけど、基本クローゼット

何をしたいのか、何がやりたいのか、わからない。

この家を出てみたい気がするけど、生活力がなさすぎる。

なんでこの家はキリスト教教会なんだろか、ヒトの出入りが激しくて落ち着かない。

父親が75歳。見た目元気だけど、危ういよなぁ。

父親交流が広いから、死んだり倒れたりしても、わたしはひた隠しには出来ないだろうな。

どうしたもんか。

じぶんがしたいこと、やりたいことはわからないけど、出来たほうがよさそうなのはスポーツクラブに通って運動して筋肉つけたりとか、あとやっぱりここも田舎の部類の街だから、車の免許を取ったり。

って、そこで「働く」が出てこないあたり、ダメなのかもしれない。

次の10年は、50歳に向かう。

もしもわたしノンケだったり、幼稚園からいじめられなかったり、球技運動が出来てたりしたら、ちっとは人生違ったのかな?

「いまからでもやれることをやろう」っていうけど、1人じゃ無理だ、やり始めても、続けられない。

何かが続いたためしがない。

30歳になったときも、引きこもる状態だったけど、意外と何も考えなかったから、まだ若い範疇なんだな。

40歳は、じぶんにも他人にも、死を意識するなぁ。

毎日十数時間寝たきり。

なんとかならんかなぁ、この生活、じぶん。

神様、助けてくれ。

anond:20181214072512

ビートルズって、当時の若者の間でも別に主流なわけではなかったっての、おっさんの間では常識かと思ってたが。社会現象ではあったけどマジョリティではなかったんでないかな。ビートルズ好き。

うち両親がまさにビートルズ世代やけど、母親流行歌謡TVで耳にすれば幸せって感じだったらしいし、父親はへんくつジャズ親父でロックなんてだせえやっぱモダンジャズやで!ってビートルズ好きよりさらに少数派だったって言うてた。マジョリティはうちの母親みたいな流行歌謡をふんふんして満足してる程度やったって。

anond:20181214124608

私は発覚してそんなに経ってないか

食べる量変わらず運動増やしているのに、どんどん体重増えてくのは怖かったよ。

薬も増えるね。私は3ヶ月ごとに増える。

あと、橋本病祖母から遺伝で来た。

父親は違うらしいけど、兄弟全員橋本病。(男も居るよ)

結婚して子供ができて、女の子だったら注視しないと。

anond:20181213220322

子供ちゃん教育することが目的

そして、教育界隈では、KPIかいって「ちゃんと」とは何かって条件を定めちゃうと、必ずそこからこぼれ落ちるものが出てくるので、そういうビジネス的な目標設定はそぐわないとされている。 

父親母親KPIとかを定めることができるか? って話だよ。臨機応変感覚でやるしかない。

 

なお塾講師KPI受験合格なので、受験勉強は塾のほうが得意です。

2018-12-13

anond:20181213224458

全員出し終わって一年くらい待って、どのタネが真の父親だったのか賭けよう

無条件の肯定(愛)

結論存在しません

   神頼みです

自分を産んだ母親や、育ててくれた父親でさえ、

「無条件の肯定」は出来ないわけでしょ?

それを他人に求めるなんざ、無理無理無理無理。

求められたらヤベー奴認定するわ。

こちらを奴隷扱いしようとしている奴だと考える)

anond:20181213141230

君はネットでそういうこと言ってるだけだけど、うちの父親母親に対してそういう感情を抱きながら先生やってたんだと思うと吐き気するよ。

怒鳴り声を聞くと泣きそうになる

母方の祖父父親代わりだったんだけど、怒鳴って叱るタイプで。母親再婚相手もカッとなって怒鳴るタイプで。

その結果いまでも自分関係ない怒鳴り声でもビクビクしてしまうんだよね。

街中でDQNが怒鳴り声っぽい大声で仲間とふざけあってるの聞いても、不快というより恐怖感が先に立つんだよね。

幸運なことに仕事で怒鳴られた事は1度しか無いんだけど、その時はしばらく目の周りがジワーと熱くなって、頭の中が真っ白い空洞になってしまったみたいにジンジンと言ってた。20代後半の男が必死に泣くのをこらえて真っ白になった頭でなんとか思考してお仕事してたよ。

怒鳴り声出す人間には大声出しそうになった途端に頭の輪っかに締め付けられて苦しんで欲しい。

anond:20181213135931

そもそも「おばちゃんおっちゃん」って丁寧な言葉じゃないでしょ。

親しい相手ならともかく、大して親しくもない赤の他人に対しておばちゃん呼ばわりは失礼。

「私はおばちゃんじゃない!もっと若いわ!」とかじゃなくて、丁寧さが足りない。

相手がおばあちゃんだろうがおばちゃん呼ばわりは失礼だし、父親祖父相手おっちゃん呼ばわりだって失礼だよ。

「(名字)さん」が正しいけど、名字覚えてらんねってなら「〇〇ちゃんのお母さん」か子供目線で「〇〇ちゃんママ」が無難

田舎から皆顔見知りでそういう感覚ないんだろうけど、都会で赤の他人をおばちゃん呼ばわりしたら

「私はおばちゃんじゃない!もっと若いわ!」じゃなくて「この人距離感ないの?そんな呼び方されるほど親しくないんだけど?」になるよ。

母の事は大好きだけど、母のようになりたくなかった話。

母は専業主婦だった。

自営業の父と、父方の祖父母田舎ではあまり裕福では無いが、ごく普通の家だった。

私は一人っ子で、甘えん坊の私は幼い頃から専業主婦の母にべったりだった。

はいつもおやつ手作りしては、学校から帰った私に食べさせてくれたし、食事も品数が多く、テーブルいっぱいに乗っていた。

父はというと昭和思考典型的父親で、仕事から帰れば王様のように食卓に付き、用意されたビールを飲み、母は常に甲斐甲斐しく世話をしていた。

祖父母子供があまり好きではなかったのか、子供の頃何かしてもらったとか、良い思い出が無い。いつもテレビを見ては文句を言っている姿しか記憶がない。

我が家では外食嫌いの父と祖父母のせいで、母はいつも家族全員の食事を作っていた。

私が生まれて初めて焼肉店焼肉を食べたのは、19の時だ。それくらい外食したことがなかった。

から母はたまに私を連れ出して、クルマで40分の自分実家に連れて行った。母は免許を持っていなかったので、倍以上の時間をかけて、バスを乗り継いで。

母方の祖母は一人で定食屋を営んでいたので祖母アジの開き定食を食べるのを楽しみにしていた。

学校友達レストランに行った話余りにも羨ましそうに話していたのもあり、あまり外食できなかった私へ、少なからず罪悪感があったのかもしれない。

母は、近所の田舎特有のしきたりや、慣習にあまり良い顔をしていなかった。七五三には家に近所の人を沢山呼び、祝い酒を振舞うなどのアレだ。だから私の七五三は誰も呼ばず、家族だけで寿司を食べた。

古い考えや慣習に囚われていた田舎の中から見たら少し異質に見えたのかもしれない。

当然、祖父母はいい顔はしなかった。

そんな母の考え方は私も好きだったし、私も受け継いでいると思う。他所他所、家は家。というスタンスだ。

だけど、高校の進路相談の時、私は先生に進学はしないときっぱり告げた。

母は驚いていた。ずっと母がやんわりと敷いたレールを歩んできたと言う自覚は、少しずつだがあった。このまま母と同じような人生を歩むのではないかと言う恐怖があった。

母の事は好きだが、母のように家の為に全てを尽くし、行けもしない旅行雑誌を眺め、溜息をつく生活など耐えられない。そう思った。

今思えば、母が自分趣味らしい趣味をしていた所を見た事がない。おやつの時に作っていたお菓子作りは、趣味だったのだろうかもわからない。

高校在学中に公務員試験を片っ端から受験し、奇跡的にひとつだけ滑り込む事が出来た。家族は喜んでいたが、母は複雑そうな表情だった。我が家はさほど裕福では無かったので、家計を助ける為にも私は早くから働きたかったのだが、母は私を大学に行かせたかったようだった。

仕事は楽しかった。頑張れば認められるし、給料も出る。何より給料が入り、今まで出来なかった事が出来る事や物が買えるのが嬉しかった。

私は母を初めてのボーナス食事に誘った。

会話は、私の仕事、近所の事、テレビの事。

話していて、ハッと気づいた。

母の世界は、こんなに狭かったのか。と。

話題が、テレビ家族と近所しかないのだ。

私は幾度も母に働きに出るように勧めてみたが、父やボケ始めた祖母理由に首を縦に振る事はなかった。

帰りの車内で、母は不意に私を羨ましいと言った。

私は何も言えなかった。

母の事は大好きだし、感謝もしている。だが、私は母のようになれないし、なりたいとも思わない。

母の生き方否定するつもりもない。その権利もない。

家に居ても暇だとぼやく母に、私は実家にある私が集め続けたマンガや、小説を読んでみたらどうかと言ってみた。

私は結構オタクなので、昔から買い集めたゲームマンガ小説がたくさんある。

母は苦笑いをしながら読んでみる。と言った。感想を聞いた事は終ぞなかった。

あれから、十年近く経った。私は結婚し、子供にも恵まれたが、仕事は続けている。

もちろん、趣味ゲーム漫画アニメも買う。酒も飲む。お互いの趣味に口は出さない。

家事は夫と半分ずつ。子供が熱を出せば交代で休む。

母とは真逆人生を歩んでいるとは思う。もちろん、家族の事は大好きであるが、自分趣味人生も楽しみたい。

両親は、今や孫に会うのが趣味かのように毎週家に来る。

たまには、母と二人で旅行へ行きたい。いつも断られてしまうのだが、来年こそは、旅行プレゼントしたい。

母の事は大好きだけど、母のようになりたくなかった話。

母は専業主婦だった。

自営業の父と、父方の祖父母田舎ではあまり裕福では無いが、ごく普通の家だった。

私は一人っ子で、甘えん坊の私は幼い頃から専業主婦の母にべったりだった。

はいつもおやつ手作りしては、学校から帰った私に食べさせてくれたし、食事も品数が多く、テーブルいっぱいに乗っていた。

父はというと昭和思考典型的父親で、仕事から帰れば王様のように食卓に付き、用意されたビールを飲み、母は常に甲斐甲斐しく世話をしていた。

祖父母子供があまり好きではなかったのか、子供の頃何かしてもらったとか、良い思い出が無い。いつもテレビを見ては文句を言っている姿しか記憶がない。

我が家では外食嫌いの父と祖父母のせいで、母はいつも家族全員の食事を作っていた。

私が生まれて初めて焼肉店焼肉を食べたのは、19の時だ。それくらい外食したことがなかった。

から母はたまに私を連れ出して、クルマで40分の自分実家に連れて行った。母は免許を持っていなかったので、倍以上の時間をかけて、バスを乗り継いで。

母方の祖母は一人で定食屋を営んでいたので祖母アジの開き定食を食べるのを楽しみにしていた。

学校友達レストランに行った話余りにも羨ましそうに話していたのもあり、あまり外食できなかった私へ、少なからず罪悪感があったのかもしれない。

母は、近所の田舎特有のしきたりや、慣習にあまり良い顔をしていなかった。七五三には家に近所の人を沢山呼び、祝い酒を振舞うなどのアレだ。だから私の七五三は誰も呼ばず、家族だけで寿司を食べた。

古い考えや慣習に囚われていた田舎の中から見たら少し異質に見えたのかもしれない。

当然、祖父母はいい顔はしなかった。

そんな母の考え方は私も好きだったし、私も受け継いでいると思う。他所他所、家は家。というスタンスだ。

だけど、高校の進路相談の時、私は先生に進学はしないときっぱり告げた。

母は驚いていた。ずっと母がやんわりと敷いたレールを歩んできたと言う自覚は、少しずつだがあった。このまま母と同じような人生を歩むのではないかと言う恐怖があった。

母の事は好きだが、母のように家の為に全てを尽くし、行けもしない旅行雑誌を眺め、溜息をつく生活など耐えられない。そう思った。

今思えば、母が自分趣味らしい趣味をしていた所を見た事がない。おやつの時に作っていたお菓子作りは、趣味だったのだろうかもわからない。

高校在学中に公務員試験を片っ端から受験し、奇跡的にひとつだけ滑り込む事が出来た。家族は喜んでいたが、母は複雑そうな表情だった。我が家はさほど裕福では無かったので、家計を助ける為にも私は早くから働きたかったのだが、母は私を大学に行かせたかったようだった。

仕事は楽しかった。頑張れば認められるし、給料も出る。何より給料が入り、今まで出来なかった事が出来る事や物が買えるのが嬉しかった。

私は母を初めてのボーナス食事に誘った。

会話は、私の仕事、近所の事、テレビの事。

話していて、ハッと気づいた。

母の世界は、こんなに狭かったのか。と。

話題が、テレビ家族と近所しかないのだ。

私は幾度も母に働きに出るように勧めてみたが、父やボケ始めた祖母理由に首を縦に振る事はなかった。

帰りの車内で、母は不意に私を羨ましいと言った。

私は何も言えなかった。

母の事は大好きだし、感謝もしている。だが、私は母のようになれないし、なりたいとも思わない。

母の生き方否定するつもりもない。その権利もない。

家に居ても暇だとぼやく母に、私は実家にある私が集め続けたマンガや、小説を読んでみたらどうかと言ってみた。

私は結構オタクなので、昔から買い集めたゲームマンガ小説がたくさんある。

母は苦笑いをしながら読んでみる。と言った。感想を聞いた事は終ぞなかった。

あれから、十年近く経った。私は結婚し、子供にも恵まれたが、仕事は続けている。

もちろん、趣味ゲーム漫画アニメも買う。酒も飲む。お互いの趣味に口は出さない。

家事は夫と半分ずつ。子供が熱を出せば交代で休む。

母とは真逆人生を歩んでいるとは思う。もちろん、家族の事は大好きであるが、自分趣味人生も楽しみたい。

両親は、今や孫に会うのが趣味かのように毎週家に来る。

たまには、母と二人で旅行へ行きたい。いつも断られてしまうのだが、来年こそは、旅行プレゼントしたい。

2018-12-12

anond:20181212225203

これで全然いいよ

父親の帰りが遅い&単身赴任してる家庭のが子供の成績が良く、母親学歴が高いほど成績が良いって数字出てるし

日本でも女子教育に力を入れた方が総じて次世代男子ごと賢くなるって広まるべき

anond:20181212222406

ちょいずれるがアメリカホームスクーリング合法から学校行かずにオンラインで授業受けてる子は多数存在する。

けど、小学生子供だけでそれでちゃん勉強出来る子なんかそうそういないので(そもそもアメリカじゃ小学生を一人で家に放置したら違法だし)

親ががっつり面倒みられる家庭でないと無理だよ。

アメリカ小学生だろうと一定の成績取れなければ落第もあるからホームスクーリングという事にして全く勉強させないで放置は許されないし。

なので教養があり教育熱心な母親(たまに父親)が子供につきっきりで勉強教えられる(それが出来るだけの経済的余裕もある)家庭が多い。

中流層で高額な私立に通わせるほどの余裕はないor田舎在住でそういう私立が近くにないが

地元公立は荒れてるから通わせたくない、なんて親たちね。

そのせいでホームスクーリングの子の方が通学してる子より学力平均が高かったりする。

日本でも、それが(法律的、あと社会的に)許されるなら

学校に行かせず家や塾で勉強させたがる家庭は多そう。

中受するのに公立校の勉強なんか役立たずだし学校行く時間無駄、とか言ってる人沢山いるし。

まあ横並びの国民性からあと数十年は無理だろうが。

周南母親殺害の息子に無罪判決

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6306518

山口県周南市の住宅母親殺害したなどとして殺人などの罪に問われていた次男に対し、山口地裁は「心神喪失状態にあった」として無罪判決を言い渡しました。無罪判決を受けたのは周南市の無職男性(34)です。判決などによります男性は今年4月、自宅で当時60歳の母親包丁で刺して殺害した上、父親にも暴行を加えてけがをさせ殺人傷害の罪に問われていました。これまでの公判で弁護側は精神障害理由に「当時、心神喪失状態責任能力は問えない」と無罪を主張していました。一方で検察側は「責任能力はある」として懲役9年を求刑し、責任能力があるかどうかが争点となっていました。きょうの判決山口地裁井野憲司裁判長は「精神障害の影響で善悪判断する能力や行動を制御する能力が失われていた」とし、「当時、心神喪失状態にあった」として男性無罪を言い渡しました。山口地検は「コメントすることはない」としています。(tysテレビ山口)

おっかねぇな…

もしこのレベルの人が講演会シンポジウムに来たりしたら、自分だったら何もできず震えそう

anond:20181212104520

代理母からまれた子は父親便宜上不明でも子供日本国籍になるから…のちにゆっくりと日本の要所に「自分の子供」を送り込めるってアレなんかね。

最早政治的ヤバい問題な気もするが。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん