「賞賛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 賞賛とは

2018-02-24

anond:20180224081154

何れの立場でも、正式な場で適切な活動をしてる人はいるわけで (一般的先進国だと肩身は狭いけどね、アメリカなんか歌わなかった学生に他の学生暴行した動画拡散して賞賛されてたりする)

それをせずに、式典の場を使って生徒の前で教師コミュ障抗議をする姿勢ダメだと思う。

よって、コミュ障ヤンキーと命名したい。

2018-02-17

表彰台の上

表彰台の上に立つのはどんな気分なんだろう。

自分のこと全然知らない人たちにも賞賛されるのはどんな気分なんだろう。

日本人応援するだけでナショナリスト扱いして、自分は違うってアピールする人

そういう人って純粋競技を観るべきとか言うんだけど、それじゃ、サッカー野球のチームを地元という

理由応援するのもおかしいってことにならないだろうか?

純粋競技を観るべきと言うなら、一番強いチームや人を賞賛すべきで、競技での優劣以外の要素で応援するのは

不純ってことになるの?

バーフバリ原理主義者が急に湧き出した理由って要は、

ハリウッドから消えかかってる

マッチョイズムおよび、

多様性無視した系統コンテンツしか受け付けない

連中の受け皿なんだろうな

日本深夜アニメ

白人中高生レイシストナードウケるようにさ

 

本国コンテンツリベラル

外国コンテンツコンサバっつう図式が出来上がってる

 

日本人のくっさいアニメアイコンがバーフバリ熱狂する理由言わずもがな

元来保守的で80、90年代ハリウッド(価値観の)信者から

彼らに最近映画で良かったもの

好きなハリウッド俳優女優を聞いてみてくれ

多分、最高でも2000年あたりで時代が止まってるから

 

その点で、コンサバ観客でも

コンテンツからあふれ出るリベラリズム

勝手咀嚼して、もしくは無視して

(評価する時に、女じゃなくとも楽しめる~みたいなあほくさ冠詞使うのが流行ってたな)

賞賛してた、マッドマックスワンダーウーマン稀有存在である

そういえば魔女理想的な息子として育てられてたんですが

anond:20180217001207

子供のころから溺愛されれて(口にキスされてた)、男子としては(うわー、なんかお母さん辞めて)とか思ってました。

でも、まぁ、母親なので愚痴も聞くし手伝いもするし割と理想的な息子であろうとしてました。兄の反抗期が(私観点では激しくて)それもあったからかも。

で、結婚してみると、嫁の素敵さが眩しすぎる。え、こんな女性存在してるの。優しいし愚痴言わないし料理うまいし(母は共働きだったので料理は下手だった)

でで、母親ダメな部分を否定しつつ、嫁さんを賞賛するようになったら、

なんだか母親は嫁さんに対して感謝するようになってました。不思議なんだけど息子に良くしてくれてありがとう、という立場らしい。立つ瀬がない、という感じもする。

なので鬼姑って事にはならなかったんですよね。

2018-02-16

韓国最大の匿名掲示板イルベ」の特徴

利用者の9割以上が男

女性叩きが盛ん(キムチ女寿司女)

地域叩きが盛ん(広州釜山など)

ガイジ叩きが盛ん(病身=ガイジ)

左翼団体への攻撃が盛ん

公権力の過剰行使が好き(民主化デモ戦車隊の機銃掃射で虐殺した全斗煥を「タンク兄貴」と賞賛

学歴話題が盛ん(ソウル圏内大学に入れなければ人生終了)

野球話題が盛ん(万年Bクラスハンファイーグルスを叩いて盛り上がる)

自国叩きが盛ん(センソン…朝鮮人すみませんヘル朝鮮

掲示板特有言葉がある(リアルエイはい次の~、など)

尊師ノムヒョン元大統領)のコラ画像が頻繁に貼られる

リアル社会ではゴミクズの掃き溜めとして疎まれている

不定期でオフ会セウォル号遺族の政府に対するハンストデモの横でピザパーティーオフ会

anond:20180216161954

そこは調べてる。

投稿すんな」「ウザい」「内容が浅い」ってのを言いたいわけじゃなく

浅いのは浅いので良いのに、そこへの賞賛が(自分にとっては)常軌を逸してるから

(え、そんなに・・・?)って思うだけで、皆がどんどん投稿したり、その内容については論じていないよ

anond:20180216161953

似たようなものによく熱狂できるのが変だなあ、と思ってるわけですよ。

お約束の構図なのにグッズ買い漁ったり、我を忘れるほど熱狂してる、そんな人に対して。

ふつう賞賛であれば全然違和感はないのだけれど、、、

anond:20180216160826

そもそもあのタグって

『『魔女が拾った男の子が成長して

 魔女よりでかくなって(ごつくてむさくてがっしりしてて)

 魔女を全力で愛して守る男になる話』の絵を描きます

タグをつけるのでよければ追随してみなさん描いてください』

みたいなことを原案者(一番初めの元ツイートの人)が言ってるから

あのタグに載ってる作品に関してはそういう幅広さだとか深さとかそんなに必要ないよ

そういう設定を好みにしてる人しか寄りついてないわけだし、そら賞賛コメントしかないし

そういう ”背景” は調べてないの?

2018-02-14

ネットで話題とか賞賛って見るたびに思うこと

そのネットって、日本で最も底辺が集まっているツイッターのことでしょ。最も頭が悪い集団に支持されてるって恥ずかしくない?

2018-02-12

自分が一番好き

私は自分が一番で、それ以外はあまり興味がない。

小さい頃から鏡が大好きで可愛くなるためだったら平気で一日中手入れをしていたものだ。

歪んだ性格中学生の時いじめに遭い形成された。それから私は可愛くなる為研究してきた。

もちろん自分結構可愛いと思っている。野球場の売り子のバイトをしていて、ブスで暗かった中学時代とは違い高校クラスではもてるグループだった。

今の彼氏はかっこよくない。

おまけに低学歴で遅漏、質素

本人曰くヒカキンそっくりだというが、なかやまきんに君髪型も顔もそっくりだ。

なんで付き合ったのか聞かれると、私はいつも好きじゃなくて必要から、と答える。

街を歩くとお互いの知り合いと会う。その時に起こる賞賛。私はこの為に生まれてきた。

観られるのが好きだな

自分の事を好きな彼が大好きで愛おしい。足の先まで舐め回してめちゃくちゃにしたい。このままずっと一緒にいて支配して欲しい。

B専と言われて可愛い子扱いされるこの快感はやめられない。

2月10日UFOにて卒業。記念にカキコ

JR労組がストを計画しているということだが気になることが1つ

過去国鉄時代労組がスト戦略を大失敗して国民の支持を失った

この失敗があまりにも過去になりすぎてしまっているので、

その反省を踏まえた戦略をちゃんと考えてくれてるかどうかが唯一気になる

ただ手放しの賞賛賛同ではなく、

過去にはこういう過ちがあったから、どうか同じ轍を踏まずに頑張って欲しい」

というスタンスが望まれ

逆に言えば、このスタンスが全く顧みられないようなら、

今回のストも大した支持はあつまらないのではと思う

anond:20180211024158

言い方の問題なのかな。

同じことを言っていても、「世界一過酷で難しい仕事」は賞賛され、これは批判の的となる。

「お母さんだから」と繰り返し言っているのが重いんだろうね。

2018-02-08

巻数の無駄に多い漫画が名作扱いされる風潮

世間では巻数が無駄に長い密度の薄いカルピス賞賛されがちだけどそれおかしくね?

せめて幽遊白書の19巻が限界だろ。

20巻以上続いてる作品って後半の方ページ捲る時ペラペラじゃなくてペラペラペラってなるだろ?

それが密度の鬱さを如実に物語ってるでしょ。

密度の薄い作品は名作じゃないよ。

hagexはあちゅうへの粘着賞賛される謎

ファンデあってないぞとか最高に気持ち悪いわけだが、まぁハゲ自身に関してはネットウォッチャーなんてキモいに決まってるからそれは別にいいんだけど、はてな好意的に取られてるのが謎。

童貞いじりひどいとか言ってたのに、おっぱいだの化粧だの言うようなのがよくぞ言ったみたいにもてはやされるの、結局はてなの人たちも自分の周辺のことになると完全にセクハラオヤジなんだなって感じでわりとびびる。

町ごと爆破したい人間はいます

匿名じゃないと書けないことなので一部改変している。辻褄が合わないかもしれないが許してほしい。

アラサーの女で、2年くらい前からある事業に取り組んでいる。地域振興にかかわることだ。

この事業を始めてからいろんなことに邁進してきた。地域の人から賞賛ももらった。頑張っているねと声をかけられた。嬉しかった。

そのために頑張っていたわけじゃなく、単にその事業ができることが嬉しかった。

ずっとやりたかたことだった。

やがて開始から1年経った辺りで、直属の上司にあたる人間から急に配置換えのようなものを連絡された。

仕事の内容は変わらないというが、今までよりやりづらくなることはわかった。

理由を聞けば言い訳のようなはっきりとしない部分が相次いだ。

そのあたりから、同僚にあたる人間がどんどん贔屓されるようになっていった。

明らかにおかしい。いろんな人に話した。

大半の人が「確かにおかしいけど、あなたが気にすることじゃないよ」と言った。

贔屓された相手はずっと私のことを敵対視していた。

知っていた。

そいつより目立っているがゆえに、気に食わないやつだと思われているのは知っていた。

でもそういうことは自分には関係ない、とにかく地域のためになることをやってきた。

少なくともそいつより。

でもそいつ上司ひとりに取り入っただけで簡単に私の評価マイナスに突き落とした。

上司とはさんざん言い合ったので関係悪化した。

今までとなにもかわらずやってきているのに、これはおかしい、

そう思って上司さら上司相談した。

すると私の配置換えを知らないという。内部で審議になった。

結果、そういうことは先に相談せよという話が上司に対してなされたらしい。

謝罪を受けた。再発を防止してくださいと言った。

そしてそのあと、上司上司から私の取組について不適切だと外部から指摘を受けたので、すぐやめてくれと言われた。

外部にあたる団体にすぐに裏を取った。そのような事実はなかった。話題にすらなっていないという。

「そのような事実はない、一体誰からの指摘ですか」と上司上司に言った。

この時点で誰だか分かっていたが、聞いた。

「誰からであろうと、そういう問い合わせがくるのが迷惑」と言われた。

割と簡単に味方って消えるんだなと思った。

なぜ。

町ごと爆破したい。

なぜ同じ目標に向かうべき人が私の足を引っ張るのか。

なぜ同じ所属にいながら、こうも意思疎通ができないのか。

なぜ自分だけ良ければ全体の成果などどうでもよいと思えるのか。

卑怯手段で、何度わたしの成果を踏みにじるつもりだ。

お互いの筆頭のライバルでいたかったのに。

評価も失い、ライバルも失い、よき上司を2人も失ってしまった。

私の何かがいけなかったというなら、どうしてそれを提示できないんですか。

みなさんこういうときにどうしていますか。

町ごと爆破したい人ができたときに。

こういうのは素直に賞賛したい

最近、こういうブコメをちらほら見かける。

世の中複雑になりすぎたんだなって思う。

2018-02-05

anond:20180205222517

名前言ってはいけないの子は、もうネット中毒みたいなもんだから手遅れだと思うんだよね

これは舌鋒鋭いことを言って持て囃された人が通りがちな道だと思うんだけど、

過激なことを言って自分発言賞賛されると、自然発言エスカレートして先鋭化していく

名前言ってはいけない子はずーっとそうやって生きてきてるから、もうちょっとやそっとじゃ承認欲求得られないんでしょ

そういうのは、いつか時代の空気に合わなくなった瞬間に一気にタコ殴りにあうんだけど

そう考えると、うまくコントロールして長期間それなりにやれてる有吉とかマツコってすごいよな

坂上は近いうちに事故りそうな感じするし、梅沢はもう半分事故ってるようなもんだし

2018-02-04

優しい漫画美人キャラ設定がつらい 三月ライオンとか

人の心に寄り添うような漫画大好き

だけど、そんな漫画の中に、

美人」とか「綺麗な顔」とか、そういった外見の設定が強調される描写があると、ふっと現実に引き戻されて辛くなる

三月ライオン、大好き

でも、あかりさんとかひなちゃんの美人姉妹設定をみると

「やっぱりキレイな人でないとダメなんだよね」って思ってしま

二人ともイジメ毒親で苦しんでるけど、

あかりさんは銀座クラブ看板娘で、「女優さんかな?」とか言われたりする描写もあるし

ひなちゃんも「すごいかわいいじゃないか!」って

二人とも綺麗可愛いと、外見をすごく褒め称えられてる

綺麗で高貴なお姫様たまたま不遇な環境に置かれている様子を見ているようで、

やっぱり普通の下々は世界蚊帳の外なんだなって感じて冷めてしま

キャラの見た目が美しいこと自体は気にならない。「綺麗な人だなぁ」くらいの演出違和感ない。誰だって綺麗なものが好きだろう

気になるのは、人物に寄り添って、心を大事に扱っているかのような漫画で、外見の美しさを言葉説明で強調すること

女優さんみたいとか、必要だった?別にその一言ストーリーに関わったわけでもなし

なんで、そこまで卓抜した見た目の美しさであることをあえて強調する必要があるんだろう

ーーー

もう誰も見ていないだろうけど追記

トラバブコメたくさんついてありがたいです

美人から得してる損してるとか、そういうことではなく。

なぜ、人々の心を大事に描くような漫画で、そのキャラ美人であることを、

わざわざ周りのキャラ説明させたり、演出で強調するのか、なんでそこまでするのか、という疑問です。

下町の、庶民的で、素敵な心映えの人々。ほっとするような家族桐山くんのホーム。それだけで素敵なのに、なぜそこに美人の「説明」を突っ込むの?絵として綺麗なあかりさんやひなちゃんがいるだけじゃダメなの?

川本家と対比される、うまくいかなかった家族、憎むでも好むでもない、微妙関係の姉。そんな繊細で複雑なドラマなかにもまた美人説明

すごく考えて人や気持ちを描いているのに、あえてそこで美人を強調するか…

外部から賞賛肯定して、作品雰囲気テーマ齟齬をきたしているようで

まぁ結局美人って最強だよね…みたいな、本来この作品世界否定しそうな現実の嫌なところが強調されて悲しい

>作者がそういうキャラが好き。少年漫画ヒーローが強いのと同じ。

悲惨さを薄めるため

この辺りのご意見の考え方はなかった。なるほど。たしかに。

2018-02-02

女性エロだけ不当に扱いが低い

https://thepage.jp/detail/20180201-00000001-wordleafs

グリッドガールという職がなくなる。きっと、早晩にレースクイーンラウンドガールコンパニオンもなくなるだろう。

これから美人、というより「エロい(=男性の性欲を掻き立てる)」ということを武器として売り出していくのは、非常に難しくなると思う。女性蔑視だし性の搾取から。もちろんそういう側面があるのは理解できる。だとしたら、そんな未来で「勉強はできないけどエロい女性は、どうやって成り上がればいいのか。

仕事学問で成果を出して自分価値を築くことは、すごく賞賛される。でも、学ぶ習慣があるかどうかって、ものすごく周囲の環境に左右される。勉強ができることが非常に重視される社会は、階層固定化する社会だと思う。

一方、「エロい」という特徴は、周囲の環境にそこまで左右されない。エロは理性を飛び越える。理性を飛び越えるからこそ、階層を飛び越え、成り上がりの機会が生まれる。学がなくても、社会性に乏しくても、家柄が悪くても、「エロい」の才能で地位を築ける。「エロい」ことを売りにするのが悪とされる社会では、そうやって階層を飛び越えることがもっともっと大変になる。これはいいことなのか?

もちろん、女性に対するセクハラパワハラ絶対ダメだ。男性女性拒否することをむしろ支援すべきだ。でも、個別ハラスメント行為善悪と「エロいことを売りにする職業は、社会的に良いのか」は別の話ではないかサッカーがとても上手い人が巨万の富を稼ぎ、歌がとてもうまい人が賞賛される。学歴社会階層人間性は問われない。同じようにエロス評価できないのか?エロい、という1つの才能で一発逆転、夢を掴んだっていいじゃないか。それこそが平等だと思う。

しろエロい才能の社会的地位を上げていかないと、そういう女性アングラな形で才能を活かす道しかなくなり、今よりもハラスメント行為の餌食になりそうな気がする。そうなってほしくない。

セクハラパワハラはノー。エロイエス。そういう世の中になればいい。

2018-02-01

自分より評価されている他人馬鹿にせずにはいられない物書きの話

 最初に前提として私の性格を言っておこう。

 まず、プライドが高い。文才も地の頭の良さも無いのに、どうしてか自分は頭が良いと思いがちである

 そして、他人との比較による評価判断の重きを置く。

 極め付けには、「プライドが高く才能も無いのに相対評価にいつもびくびくと怖気付いている私は馬鹿なのだ」と分かりきっているようなことを考えて、まるで自分のことを本当に理解しているからこそ卑下するのだという態度を取る。

 こんな人間の戯言でも良ければ見ていってほしい。

 私は二次創作小説を書いている。ペースは1〜2週間に8千〜1万字程度の短編を一本。生活を圧迫しない程度に小話を書いて満足している、趣味には飢えていない物書きごっこ大好き遅筆人間である

 小説を書くのは楽しい。また理解出来ないようなキャラクタの心情をどうにか知ることは出来ないか考察に走ってみることも楽しい。但しその考察目的が「キャラクタを知りたい」というものである以上、その楽しみが「考察をすること」に留まってはいけないと思うし、考察によって自分が得た「キャラクタの心情」が一次のキャラクタが持つそれと同一である盲目的に信じることもいけないと思う。

 話が逸れてしまったのですぐ上で述べたことを繰り返すと、私は文章を書くことに対して喜びを感じている。元々勉強でも現代文が一番得意で、本も同年代の平均的な読書量と比べれば読んでいる方だろう。文章に対して苦手という意識は無く、文を読むこともこねくり回すことも大好きな部類の人間だ。

 だから好きなキャラクタについて文章を書くことも楽しいし、それ自体目的であり手段であるのなら「○○について話書くのたのしいな!」で思考ストップしても別に構わない。それが当然の帰結であろう。

 けれど、そこで終われないのだ。

 書き終わった後作品コミュニティサイトにアップし、どれくらいの人から良い評価を得られるかが気になってしまう。数時間おきにページを開き、通知を確認してしまう。

 その上、他人が書いた作品に付けられた評価自分作品に与えられた評価とを見比べ、一概に言えるわけもないのに「自分の方が上手い文章であるのにどうしてこの人の方が褒められるのか」と苛立ってしまう。“一概に言えるわけもないのに”という表現からも、私のプライドの高さが伺えるとは思う。

 pixivを例に挙げると(実際私が今小説投稿しているサイトpixivではないが)、pixivには閲覧者があなた作品が好きですという感想マウスをワンクリックするだけで伝えることの出来る「すき!」という評価システムがある。

 勿論閲覧してもらうこと自体嬉しいのだが、好きだと言ってもらえることはもっと嬉しい。嬉しくてたまらない。しかしその嬉しいという純粋感情は、次第に「私はこれだけ評価されている」という目を背けたくなるような慢心へと姿を変える。

 そして評価されているのは私ではなく私が書いた小説であるということにも気が付かずに、「私はこれだけ評価されている」という偉ぶった思いが、いつのまにか「他人があれだけ評価されている」という妬ましい思いにすり替わっているのである

 実際pixivではランキングという一つの評価指標のようなものがあり、そのランキングがその時の利用者の間の流行に左右されて一つのジャンルで埋まることがあるとしても、競争心のようなものが煽られているような気はしなくはない(利用者が気軽に「評価の高い≒高確率でハズレではない」作品を閲覧出来るようにという意図によって作られたのだろうけれど)。

 しかし私の利用しているサイトではランキングシステムはなく(世間様の目に触れてはいけないようなジャンルを扱う人々が作品をアップするサイトであるからかもしれない)、皆恐らくのんびりと創作に勤しんでいるはずだ。競争心を煽るようなものはどこにも見つからない。

 にも拘らず、だ。私は人様に寄せられた好意と私の作品に寄せて下さった好意とを失礼なことに比較して、剰え自分の方が優秀であるだろうなんてことを考えている。好意を寄せる人々とその“人様”とを侮辱しているようなものではないか

 まあ多分、きっと、私の文章面白くないのだ。それに今熱中しているジャンルは、本編の放送が終了してしまっている。だから離れていってしまった人も多いのだ、というのは言い訳として言わせてほしい。実際閲覧数も落ち着いてきている。

 でも、本当に面白くないのだとは心の底では思ってなどいない。そんなの認められない。認めたくないのだ。だって、私にはプライドがある。私の文章面白くないわけないじゃないか、という捨てられない最後の砦がある。

 どうしてそんなクソみたいなプライドを持ち合わせてしまたかというと、それは中高時代経験が多分にある。

 私は中学受験をして、世間からお嬢様学校と呼ばれるような学校に入った。御三家第一志望とする受験生が第二・三志望で出願するような学校で(当時の話だ。今がどうかは知らない)、毎年数人が東大に行き、学年の半数以上が早慶上智、少なくとも皆GMARCHには行くくらいのレベルのそこそこ進学校である。めちゃくちゃバレバレだが。

 小学校では中学受験をする子が周りにおらず、親も褒めて伸ばすタイプだったのが逆に悪かったのか何なのかは知らないが、いつのまにか私の中には「自分は頭が良い」という意識が生まれていった。

 しか中学に入って、私はだんだん勉強に追いついていけなくなる。100点のテストで70点しか取れなくて悔しがっていたのが、いつしか苦手科目や5教科以外の試験なら平均点や満点の半分の点数を取れればまあ良いやというようになってくる。

 初めは真面目に通っていた鉄緑会も辞めてしまい、鉄壁はその厚さにギブアップしてターゲット1900に切り替えるなど楽な方を選択して勉強もまともにしなかった為、高3では地獄を見る羽目となった。

 それは元々の私の性格である怠惰さや勉強があまり好きではないという思いから来るものであり、また自分よりも学にも芸にも秀でている友人を見ていくうちに漸く得た「なんだ、自分って大したこと無いんじゃん」という諦念の感によることだったのかもしれない。

 けれど、私は「自分は出来る子だ」というプライドを捨て切れなかった。

 夏休み課題で提出する小説で賞を貰ったこと、授業で誰一人理解することの出来なかった『こころ』の友人Kの感情自分だけ読み解けたこと、センター志望校過去問絶対現代文だけは間違えなかったこと、そういう取るに足りない誰もがきっと忘れていくような些細な物事の欠片を、歩いてきた道を振り返ってしゃがみこんで目を凝らして拾い集めた。

 誰にも自慢出来ることがなく、性格が良いわけでもなく、美人でもなければ気が利くわけでもない。友人と呼びたくとも向こうがこちらを好いていなかったらどうしようと怖くなって友達もあまり作れなかったし、部活で一緒だった数人の友達と呼べる人たちが皆国立理系コースに進む中私だけ私立文系という道を選んだ(算数嫌いが祟って数学も駄目だった)し、夢もなく何かに向かって努力たかと言えば泣きながら日本史熟語を頭に詰め込んだ時くらいだ(暗記科目が苦手なくせに受験で使った)。

 要するに救いようのないくらい臆病な馬鹿だ。出来ないことが多すぎて、常に劣等感に苛まれている。しかし臆病であるからこそ本当に自分は駄目なんだと諦めたくなくて、「自分馬鹿じゃない」と思い続けている。

 結果として大学受験センター滑り止め他志望校で躓き続け、奇跡的に第一志望だけ合格したのだから始末に負えない。世間様に馬鹿にはされない学校に入ったことで、人生設計の全く捗らない行先に少しは安心出来る要素がプラスされたくらいのくせに、私の「自分は出来るんだプライド」は強化されてしまった。

 「どうしてどうせまともに勉強もしていないようなあなた文章が、W大文学部の私が書いた文章よりも評価されるの?」

「どうしてあなたがテキトーに書いた3千文字も無い文章が私の1万字よりも評価されるの?」

「どうしてまともに『てにをは』を使えないあなた文章が私の文章より評価されるの?」

 というような泣きたいくらいの進化が遂げられてしまった。いやもう泣いてる。見ず知らずの人を絶対自分よりも下流努力していない人間と決めつけて、自分付加価値で殴ろうとしている。文章は長ければ長いほど良いと思い込んでいる。三番目は許してほしいが、信じられない愚行だ。

 まず第一勉強が出来る(=成績が良い)ことと文章面白く書けることとは全くもって関係がない。ウィット文章を書けることと教養があることとは関係があるだろうが、そちらは関係がない。

 第二に学歴文章判断するのは間違っている。学歴が無くても面白い文章は書けるし、一般大衆にウケたり賞も獲れたりする。

 まったく評価基準が間違っているとしか言いようがない。視野が狭い人間なので他にも叩ける部分はあると思うのだが、溜息しか出ない。しかもわかっているのに直せない(と思い込んでいる?)のだからどうしようもない。どうしたら良いのだろう。どうすれば良いのかわからなくて、途方に暮れている。

 嫌な人間になってしまったものだと思う。でもこの世の中は競争社会で、相対評価が当たり前で、何かしら人と比べなければ気が済まない人々に囲まれ環境に置かれればそうなってしまうのも致し方ないのではないか、と自分を庇ってしまいたくもなる。

 誤解の無いように言っておくと、他人様の文章に感動しない人間ではない。寒い部屋で鼻水垂らして泣きながら読んだ大好きな小説もあるし、してやられたと最後最後でのどんでん返しにニヤついてしまうこともある。

 しかし「人に馬鹿にされたくない」という思いと「人に評価されたい」という思いが混ざると、こんな面倒なことになってしまう。でもどちらも当たり前の感情だとも思うから、返って対処の仕方が解らない。

 作品に関しては宣伝もっと上手く出来れば閲覧数が伸びるのではないか、という指摘もあるかもしれないが、表立って書いてますとは言えないジャンル創作なので、そこの辺りは難しいのではないかと思う(一応ツイッターにそのジャンル専用の鍵アカウントを作ってあるが、相互が40人程度の小規模なアカウントだ)。

 人に賞賛される喜びが捻じ曲がって醜い嫉妬に変わり果てるのは、今私や私の小説を好きだと言って下さっている方々の思いの否定にもなりかねず心苦しい。

 今回はそういう気持ちをどこかに吐き出したいと思いチラシの裏感覚文章を書いたのだけれど、割合すっきりしたのと同時に恐らくこれからもそのような自己矛盾と付き合っていかなくてはならないのだろうな、という実感が湧いてきている。

 何があっても筆は止まらないし、折るつもりもない。文章を書く喜び、キャラクタに向き合う喜び、そして人に賞賛されるという喜び。それらの何物にも代え難い快感を知ってしまったら、もう当分心大人になりきれるまでは、ずっと苦しみ続けなければならないのだ。

2018-01-30

ブス共ありがとう

まず、私は自分のことをまあまあ可愛いと思っている。

どの程度可愛いかと言うと、

道すがらすれ違う人に「今の子可愛い!」と騒がれたり

知り合いの衣装屋さんにモデルを頼まれたり、

商店街パレードの主役をやったり

お酒を飲みに行けば奢ってもらえるし

アイドルライブ舞台に行くと、定点ファンサしてもらえたり、といった具合である

まり普通よりちょっと可愛い」という程度なのだ

一般市民として生きる上では少し特別だけど、けして顔だけで生きていける程ではない。

これでもし芸能界なんか目指したりしたらうんこ食わされるレベルだと思う。

ただ、腹くくってたら小劇団女優か、

木っ端アイドルくらいにはなれてたかもな~と思ったりする。

でも私は根性がないので、人と比較されて現実を常に突き付けられる芸能界なんて向いてないのだ。

私はゆるく甘く生きていきたい。

チャンスがあれば読者モデルの端っこに載るくらいになってみたかったけど。

でも私は持って生まれものだけで、このカワイイという賞賛を受けているわけではない。

元がオタクなのでいじめられていたし、垢抜けない頃はブスだと馬鹿にされることだってあった。

それを必死で化粧を勉強し、毎日鏡の前に2時間座って研究

自分の好きなファッションだけを身につけることを我慢

自分に似合う服と自分好みの服のわずかなストライクゾーンを見つけ

パーソナルカラー診断を受けて似合う色合いを学んできた。

美容ファッションに関する情報は常にアンテナを張っていて、

でも無尽蔵にお金を掛けられるわけではないから、自分に合うものは常に考えて厳選して取り入れている。

お金があればお金解決できることを、ない袖は振れず努力と知恵で解決することがどれだけ労力を伴うことか!

その結果の「カワイイなのだ

元々がもっと美形なら必要ない努力も含まれていただろうと思う。

そうやってこの普通よりちょっとだけ上程度の可愛いを維持してるのだ。

から私はブスが好きだし嫌い。

いつも仏頂面で行動が乱暴なブス

毛がスカスカの小汚いモヘアニットを着てる声のデカいブス

自分のことを棚に上げて人の顔面バカにするブス

私が整形していると噂を流すブス

一々偉そうでなんでも命令してきたり、ズルをして自分だけ得するブス

あんたたちってどうしてそんなに私に興味があるの?

どうしてそんなに私を攻撃したいの?

ブスでも性格がいい女は、自然と可愛く見えるし

一度身内に入った人は基本大好きだよ。

でもお前らは別!ブス!

私ね、あんたたちのことが大嫌いなの。

でも同時に思うんだ。

この程度の美人の私がいつも甘い汁を吸えるのは、あんた達みたいなブスな上に性格も悪い

救いようのないブスが世の中にごろごろしてるからだって

から私はあんたたちが嫌いでも感謝してる。

所詮この世は相対評価

ブスがいるか美人がいるってことを教えてくれてありがとう

これらも私が得するために平常運転でよろしくね。

2018-01-28

anond:20180128154132

多少文句言われても面白いものを作るしかないよ

賞賛されたケースにも全く問題がないわけではなく、批判されたケースだけが悪いわけでもない

じゃあなんで扱いが違うかって、それでも見たい人がいるかいないかの違いしかない

面白くないから、棍棒で殴られた時に誰も庇おうと思わないんだ

テレビ番組もっと攻めるべきなのか大人しくなるべきなのか

ディレクターナス色になる番組賞賛されるのに、狩野英孝猛獣に襲われると批判される。

最近テレビ」は大体のネット民から叩くべきクソな相手として認識されているけど、

その中身は「下劣からクソ」という意見と「萎縮してるからクソ」という正反対意見が半々だよね。

これからテレビはどうするべきなんだろう?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん