「賞賛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 賞賛とは

2020-06-02

箕輪厚介のセクハラ騒動と #箕輪編集室 退会noteに思うこと

荒木利彦

2020/05/27 11:53

これを受けてメンバーから箕輪編集室を退会する決意をしたというnoteが出されました。

お世話になっている集まり問題が起こっているわけですから居ても立ってもいられず、僕が今考えていることを書いていきます

Twitter上では何人かが言及しているものの、明確な意思表示が少ないなというのも書く理由の一つです。(きちんと意思表示してるよって人いたらごめんなさいね!)


箕輪編集室に入って2年が経ちました

5月箕輪編集室に入って2年になりました。主にライターチームで活動していて、ここ1年でさまざまなプロジェクトに参加しました。

箕輪さんのセクハラ騒動に思うこと

箕輪編集室での活動楽しいのですが、今話題になっている箕輪さんのセクハラ問題について触れずにはいられませんよね。

この騒動について注目を浴びているnoteがあります

箕輪さん主催オンラインサロン箕輪編集室の退会を決意されたみずほさん。

noteのスキは2500を超え、ご本人のツイートも1000リツイートを超えていて、オンラインサロン界隈に一石を投じた投稿です。

今年4月に「みの校(学生限定)」に入会され、今回の箕輪さんのセクハラ騒動顛末を見て退会を決意されました。

時の人となった箕輪さんに批判の声を上げるというのは相当に勇気がいることで賞賛に値します。

みずほさんのnoteを読んでいくつか思ったことがあるので書いていきます

大前提として、箕輪さんが行った行為セクシャルハラスメントです。セクハラあかん! これは共通認識でしょう。

みずほさんが指摘するように編集者とライターという間柄は性的同意のうち「対等性」が欠如していると言わざるを得ません。

人を性行為に誘うときは「対等性」「非強制性」「非継続性」に気を配りながら性的同意をとる必要があります。(分かりやすく知りたい方はこちらの動画をご覧ください。)

みずほさんが紹介されていた動画がわかりやすかったです。こういった分類があることを知らなかったので勉強になりました。)

みずほさんのnoteには(見た限り)賛成の意見が多かったです。僕もそう思いましたし。でも賛成の部分だけでなく、それどうなの?という部分も散見されたので思ったところを書いていきます

箕輪厚介」像の違い

箕輪編集室に入って2ヶ月のみずほさんから見た箕輪さん。

箕輪編集室に2年所属している僕から見た箕輪さん。

立場が違えばそれぞれ見え方が違ってきます

から見た箕輪さん像について。

箕輪さんが編集する本や関わっているプロジェクトを興味深く楽しんでいました。

ただ入会当初から箕輪さんのことをクセの強い人だなとは感じていたのが正直なところ。

箕輪さんのA子さんに対する言動・行動は「ほんまクズやなぁ〜」という感想です。

女性に対して多かれ少なかれそういう話はあるんだろうなと思ってました。

事が起こった2016年12月以前から知り合いだったから親しくはあったんだろうけど、既婚者が仕事を口実に女性の家に上がり込むなんて実にけしからん

それはあかん箕輪さん。幻冬舎に出入りする社外の方はもちろん箕輪編集メンバーからの信頼も落ちちゃいますよ。

箕輪さんは以前から編集者としていろんな著者に会ってきた。犯罪に近いことを行っていた者もいた。でも俺はそんなとんがった個性を持った人間が好きだ」と言っていました。

これを聞いて僕はそんな人もいるんだ程度にしか捉えていませんでしたが、今回の件を鑑みる箕輪さん自身もこの"とんがったやつ"に含まれているんですよね。

箕輪さんがプロデュースする箕輪狂介も「社会が産んだエラー」と歌っていますし。「ただの自己弁護やん」と言ってしまったらそれまでだけど。

箕輪さんはここ数年の間に編集長を務めるNewsPicks Bookが100万部を突破したり、テレビ番組コメンテーターとして出演したりと一気にメジャー感が出てきました。

しかし今回の一件でわかった通りメジャー感はただの一面であり箕輪さんの別の一面には聖人君子からはほど遠いクズい面があるのだということ。

みずほさんはメジャー箕輪に興味を持って入会した可能性が高いのかなと思います。2年間所属している僕からすると出るべくして出たスキャンダルです。

あとはそもそも論として2点。

箕輪さんとA子さんの話であって箕輪編集室は直接関係ない

原稿料の未払いは幻冬舎問題

おそらくこの辺を踏まえてみずほさんは書いてらっしゃって、めちゃくちゃ頭いいんだなと思いました。

もし頭に血が上った勢いのまま書いていたらこういうところで論理破綻して自爆ちゃうはず。

きちんと論理立てられてるのすごいです。

箕輪編集室に向けられた言葉

みずほさんはそれぞれの立場箕輪さん本人、箕輪編集室、箕輪さんが嫌いな人、フェミニスト)の人に向けて文章を書いていて各方面に気を配っているように見えますが、箕輪編集室に向けた言葉については配慮不足が否めません。

みずほさんの文章引用して見ていきますね。

まず一つ目。

箕輪編集室の中でも特に、みの校生は一番弱い立場にあります。どうか意欲ある学生を守っていただけませんでしょうか。

学生が一番弱い立場とおっしゃっていますが、そもそもオンラインサロンに入会するメンバーは同じ月額を支払っているし(みの校所属メンバーは違うけれど)、上下関係もなく基本的にみな対等です。

学生でもしっかりしている人もいれば社会人でも未熟な人もいます

箕輪編集室で活動していると極端な未熟さを感じる人はいないですけどね。

みんな成熟してて年下の方でも僕より成熟してるなと感じることが多々あります

オンラインサロンほど、中にいる人たちがフラット関係を築ける場はないと思っています

強者弱者関係を持ち込むのが一番むずかしい場とすら思いますね。オンラインサロン家族学校会社と比べると損得勘定希薄からでしょう。

これこそがサードプレイスと呼ばれる所以です。

次に二つ目

箕輪編集室の)イベント中に「女子フェミニストかいないよね?」という発言がよくあります

これってどこのイベントなのでしょう? みの校のイベントですかね?

フェミニストという言葉ネットのごく一部の界隈でしかいたことがないので一体どこのイベントなのかと純粋に興味がありました。

僕が参加するイベントでは一度も聞いたことがありません。

フェミニストという言葉のものが分断を呼んでしまうと思ってるのでなるべく使わない方がいいでしょう。

ジェンダー問題に携わっているとよく出てくる言葉なんですかね。

最後三つ目。

男性厳禁のイベント女性限定のチームがピンクピンクしているのをみると、ジェンダー感覚遅れているなと残念に思います。正直、もっと先進的なオンラインサロンかと期待していました。

これはおそらく女性限定チーム(リリープリマチーム)とゴリプリ(リリープリマに対抗してできた男性だけの集まり。チームでさえない)の派生イベントだと思います

箕輪編集室という最先端場所には、実はスーパーウーマン女性たちがとても多いのです。まだまだ社会全体から見たら圧倒的少数派です。しかし、だからこそ箕輪編集室の女性は、それだけで充分ブランドになり得ると感じました。」

自分環境コミュニティを選べなかったり、そもそも選び方を知らない女性も多い中、みの編を選んで入ってきている時点でとても感度が高い女性であるということは間違いありません。

からこそ、私はみの編の女性たちに強い可能性を感じるのです。」

こちらの日刊を読んでもらえばわかるとおり、「ピンクピンクしている」とおっしゃるリリープリマチームの発足は「女性が輝けるチームにしたい」という初代リーダー吉乃菜穂さんの熱い気持ちきっかけです。

(吉乃さんは自身オンラインサロン立ち上げまでされています

リリープリマチームこそみずほさんが求めるチームではないですか? 見た目や雰囲気だけでジェンダー感覚判断するのは節操ですよ。

一生懸命女性応援している吉乃さんや関係者に失礼だと思いませんか。

箕輪編集室との付き合い方

個人としては今回の騒動を受けても箕輪編集室をやめる気はありません。

ライターチームで活動している中でメンバーには仲良くしてもらっていますし、冒頭でも書いたようなやりがいある大型プロジェクトは今後も増えるでしょうしね。

最近ではエンジニアチームの公式サイトリニューアルプロジェクトにも参加しているのでまだまだ楽しんでいきます

みずほさんは箕輪さんのセクハラ騒動を受けて箕輪編集室内でのそういった行為改善するよう求めらっしゃっています

これについては僕も大賛成です。もちろんハラスメントにも種類がありますよね。セクシャルハラスメントだけを防げばいいというわけではないです。

メンバー間でのハラスメント現行犯でないと見つけにくいところはあります

しかコロナ禍によってオフラインでの会合はなかなか開けないでしょうからオンラインで気をつけていきます

僕もサロン内での活動において無意識ハラスメントをやってしまっていることがあるかもしれないと注意しつつ、もしそういった行為を行うメンバーを見つけた際には指摘していきます

最後

みずほさんの発信を見ると関係者に気を使った発言もありましたが、男性女性強者弱者という二元論にハマってしまっている気がします。フェミニストもそういう言葉でしょう。

二元論は分類する時には便利ですが、あらゆる物事はきれいに分けられるものではありません。二つのモノの間には判別できないほど広大なグレーゾーンがあるのです。

みずほさんは大学ジェンダー問題性犯罪問題について取り組んでらっしゃっていてすごく立派だと思います

まして性暴力を振るった人間が作ったコミュニティお金を払って所属するなんて論理的にも感情的にも我慢できないのは本当に良くわかります

ただ、みずほさんにはリリープリマチームの活動もっと知って欲しかったですし、ここ1週間で箕輪編集室のFacebookページに投稿された箕輪さんのメッセージを読んでもらいたかったです。

つい先ほど箕輪編集室の本体スレ箕輪さんからの釈明の投稿もありましたよ。もし読んでいればもう少し違った結果になっていたのではないかなと思います

これからのご活躍を期待しています

https://note.com/enjoy_goodjob/n/n2799bc646ad2

https://note.com/enjoy_goodjob

リバティバランスを射った男 の意味

※当然映画ネタバレだが、

法律家主人公が荒くれ者のリバティバランスを射ち取り、市民から賞賛され上院議員となるが、実際にリバティを射ったのは主人公の恋のライバルだったことを誰も知らない」という話である

映画は名作だ。

暴力蔓延西部において、法律を重んじ非暴力を貫く主人公ランスは、周囲からは「腰抜け」扱いされている。しか議員になる夢を捨ててまでもリバティに挑む。

そして、自分リバティを射った(殺した)と思っている間は、議員に推薦されても断るのだ。

片や、恋のライバルである牧場主トムは、銃の名手であり「暴力」側の人間だ。

だが彼は同時に「法による秩序」を望む人間でもあった。トムはランスを影ながら手助けしてリバティを射つ。

しかランスが「人殺し自分議員になれない」と悩んでいると知り、彼にだけ真相を伝え、お前のような人間政治をやるべきだと告げて背中を押す。トムは恋にも破れていた。

そしてランスは立派な政治家となる。トムはひっそりと死んでいく。

市民は、誰も真相を知らない。

そういうダンディズム溢れる作品だ。

が、それは「映画の中だけの話」である

現代日本において、ある政策プロセスについて質問され、「プロセスなんてどうでもいい」と発言した政治家がいた。

彼の属する政権与党はこれまでも様々な形で政治プロセス蔑ろにしてきた。公文書改竄統計捏造、そして直近の議事録の不作成

そしてその政治家は、プロセスについて釈明したブログ記事の中で、あろうことかリバティバランスを射った男のファンだと意味ありげに言及した。

この映画は、まだ法と秩序の浸透していない世界舞台しているからこそ通用する神話である

上記ストーリーと最低限の民主主義理解していれば、その記事名前を出すには最悪の作品だとわかるだろう。

高潔政治家を目指したランス正義を信じ自分けが泥を飲んだトム。

この二人とは対局の人間である

2020-05-31

anond:20200531182004

これにウソドンドコドーンみたいなこといってる人がいるけどリアルだよな

女性が全員男性ほど体力ありあまって野心的かつ家庭をかえりみない立候補行為賞賛されるのだったらKKOのひがみにももっとリアル味がますだろう

というか男女平等日本よりずっと実現している中国人の余った男子のものだよな

 

語学ができてもグーグルリアルタイム翻訳がある世の中だから

最終的には何をしたいか人類になにを貢献できるか、になる

ツールを手に入れたとして

荒らし行為や独り勝ち行為に使うか、ゆるいつながりのなかでの人助けにつかうかの差だ

そうなるとこういう「最初から悠々自適」な人も増えて

結局ベーシックインカム待ったなしとおもう

2020-05-30

anond:20200530193047

シンプルに頑張ってるところを見てもらいたいのでは

節約と将来の資産形成のための努力、偉いとおもうけどね

数字は盛ってるとおもうがサラリーマンとしての頑張りは賞賛したいな

星新一

Twitterのある下ネタツイがバズっておりリプ欄には現代星新一みたいじゃんと賞賛されていた。星新一が小物扱いされてるようで勝手に傷ついてしまった。

2020-05-29

美談すら捻じ曲げてシェアする町山智浩氏にうんざり

指摘が少なすぎるので自分の溜飲を下げる意味で置いておく。

デンゼル・ワシントン氏の素晴らしい行動を称賛するツイートに対する、町山智浩氏の引用RT

RT先や別の記事を読めばわかるが、

デンゼルの行為

ホームレス黒人男性を気にかけ警官保護を求め、適切な対応がされるまでその場で男性に付き添い、物資支援をした」

といったところ。

警官男性の間で口論があったという説もあるので、これも正確と言い切る気はないが…

ともあれ引用先ではこのニュースを「もしも彼がいなかったら男性は撃たれていただろう」と過激言葉賞賛しながら紹介している。

ツイート主がshotという言葉を使った理由はツリーで話している。

ミネアポリスでの事件を受けて、最悪の事態の起こりうる社会批判をしている、といったところ)

そしてそれを町山氏は引用RTで、「黒人男性を撃とうとする警官たちをデンゼルワシントンがとめた」とまるで日本語訳のように、嘘を添えて紹介してるわけだ。

これじゃ「撃とうとする警官」がいたことになる。もはや別の事件じゃないのか?

こんなもの英語が全く読めないのに格好つけて英文RTしたのでなければ、わざとやってる。

さらにひどいことに、俳優に役を重ねるネタとして

とくる。

死傷に発展する事件ヒートアップさせないために、冷静な第三者としてデンゼルは間に立ったのでは?

実際に人が亡くなって過敏になってるときからこその気遣いではないのか?

それを、勝手に「撃とうとした」ことにして悪役にした警官を、俳優が殺す、なんて状況を想起させるジョークにするとは…

まったく面白くないし、無礼千万…。

指摘のリプライはついていたし、おそらく英語は読めるはずなのに、訂正の気配もない。

要はわざとこうしたヒロイック事件に仕立て上げてるわけだ。

そして一事が万事この調子なのが町山氏だ。

政治ツイートはもうどうだっていから、俳優の素晴らしい行動を捻じ曲げるようなふざけた人間が、専門家ヅラして映画評論家と名乗ることのほうをやめてほしい。

まあ頓珍漢な批評を書いたり、

知りもしないゲイカルチャー小馬鹿にしたかったばかりに、恥ずかしい間違いをしているところをみると、

しかしたら本当に英文から事実を汲み取れなかっただけなのかもしれないが。

○ュー○ークって芸人ネット先見の明ありみたいな事書かれてるけど、普通に弄ってる動画上げていたことも書かれてないし、どうして賞賛されているのか。

○ュー○ークって芸人ネット先見の明ありみたいな事書かれてるけど、普通に弄ってる動画上げていたことも書かれてないし、どうして賞賛されているのか。

2020-05-26

歌い手アンチ界隈にいたころの話

テラハの件でいろいろ思い出したので。まあテラハは界隈とかでなく一般視聴者悪口を投げつけてたパターンからじぶんのケースとは少し違うけど、誹謗中傷する人の心理話題になっているのをみてそういうのの当事者に近い人間として書くことにした。


からインターネットにはヲチ文化というものがあって、その界隈を覗くのが好きだった。ヲチされる対象は大体インターネットで「やらかした」人たちで、その対象やらかしているのを見るのも、ウォッチャーたちが執念でそいつのホラを見抜いたり追い詰めたりするのを見るのも楽しかった。

ずっとアカウントとかは作らずににちゃんねる(ごちゃんねる)のスレッドを見たりTwitterワード検索して叩いているひとのツイートを見たりするだけだった(Twitter身バレ防止のために語尾を変にしたりキャラ付けして話してる人も多く、そういうのも楽しい)のだが、ひょんなことからアカウントを作ることになった。それは、ニコニコ動画で某歌い手合作企画することが発表されたかである

その歌い手ははじめは実力派歌手として持ち上げられていたが、そのうちニコニコご意見番になって偉そうと叩かれはじめ、ニコニコにとどめときゃいいもの健康法てきなものを紹介してそれが危険民間療法だと叩かれ、そのうち歌も下手になり、可哀そうなことに最後写真から住所を特定されて引退した人物である。そのほかにもいろいろ言われてたけど真偽不明のを書いて地雷踏みそうだからここには書かない。

合作がおこなわれたのは引退からしばらくたったあとである。こんな死体蹴りが行われた原因のひとつに彼の主戦場ニコニコ動画だったこともあるだろう。淫夢などをはじめとするニコニコの「例のアレジャンル文化は、基本的に本人がいないところで好き勝手誹謗中傷する文化である。通常ヲチ文化は本人がいなくなるとすたれるが、この人のアンチスレ引退しても勢いはそこまで落ちていなかった。

合作企画アンチスレ主導で進んでいた。動画の提出方法TwitterDMで、はじめはそのために専用アカウントを作ったという風に記憶している。

ここでひとつ書いておかなければならないのは、自分基本的歌い手本人をターゲットにしていなかった。正直今この文章を書いているのは「自分歌い手から絶対に訴えられることはない」からである。まあグレーゾーン発言はあったと思う(彼をネタにした発言はしてたので)が、訴えられるとしても500番目くらいだろうし、そもそも開示期限なんてとうの昔に過ぎている。

合作に送った動画で扱ったのはアンチスレに出てくる某荒らしネタにしたものだ。彼は歌い手狂信者として振る舞い、突然自殺たかと思えば「生き返った」と書き込んだりして、スレ内の

名物キャラ存在だった。自分はそういう「そのヲチスレにもひとりはいる変なやつ」が大好きで、そいつの生態をまとめた動画合作に送った。(余談だが界隈ではその名物キャラ歌い手、という説が有力だった、ただ自分はそうではなくただの変な奴だろうと思っていた。)そいつは別の人にはっきり殺害予告したりしていたので、正直どんだけ殴っても法的に殴り返されることはないだろうという考えも少しあった。今思えばある意味普通に誹謗中傷する奴より卑怯かもしれない。

ネット誹謗中傷するやつは実生活が寂しいやつだ、なんて論調があるが、それは正しいと思う。当時自分私生活はうまくいってなかったし、それに伴って本来趣味も楽しめないでいた。そんな中で誰かを見下せば、それだけで自分存在を少しだけ肯定できる。その上、ヲチ界隈に入ってしまえばターゲット悪口を呟くだけで界隈の仲間から同意賞賛が得られてしまう。悪口というのは何かをほめるよりずっと楽にコミュニケーションをとれる方法であり(実社会でも悪口コミュニケーションをとる人たちがいるように)一度それでつながってしまうとなかなかやめられなくなってしまう。

動画提出のために作ったTwitterアカウント合作投稿された後も運営していた。他のアンチ交流したり、ごちゃんねる見ながらヤジ入れたり(直接書き込むことはほぼなかった)、なぜかTwitterアカウントまで作ってきた前述の荒らしくんとやりあったり、はっきり言ってしまえば「充実した」日々であった。アンチ仲間とは歌い手界隈以外のことも話すくらいには仲良くなったし、掲示板はいろんな話題であふれていて飽きなかったし、荒らしくんはいい感じにアホだったので空いた時間ちょっかいだして楽しんでいた。そりゃあ今考えれば異常だが、当時は本来趣味時間を費やしているときと同じような没入感と快感があったのだ。

そんな生活を数か月ほど続けていたものの、次第に心が離れ始める。理由は2つあった。ひとつは、界隈の雰囲気がどんどんおかしくなっていったことだ。私が絡んでいた荒らしくんだけでなく、ほかの荒らしまで正体は歌い手だったのではないか、ということが言われ始めた。確実な証拠があるわけでもない状況でスレッドは「それで確定だ」という方向に進み、異を唱えたもの弾圧しはじめ、だんだんアンチスレは「キ○○○の巣窟」と化していった。そんなスレをみても面白いと思わなくなり、界隈の出来事にたいしてヤジを入れることもなくなっていった。

もう一つは、同じくらいの時期に同じ名義で例のアレ内の別のジャンル投稿を始めたことだった。底辺投稿者ではあったものの、例のアレというカテゴリーはたとえ底辺であっても再生数やコメントが多少はもらえる世界であるささやか自己顕示欲が満たされるにつれ、歌い手アンチ界隈で得られる楽しみは自分にとって必要ではなくなっていった。

やがてアンチスレに触れる人も少なくなったころ、大きな事件が起きた。歌い手が復活したのだ。狂人のみが残ったアンチスレで日々考察という名の妄想が繰り広げられる「大型荒らし歌い手」説の払拭意味も込めた復活だった。やがて歌い手は開示請求損害賠償もちらつかせるようになった。そのころ自分は完全にその歌い手への興味を失っていて、一応「○○復活!!!」的なことはつぶやいていたものの、念のため過去自分ツイートチェックした(自己判断ではアウトなツイートはなかった)後はまた興味をなくしてしまった。結局自分のところに開示請求は来なかったし、ほかのアカウントやごちゃんねるの書き込みにたいして措置がされたのかは把握していない。

彼の復活の数カ月後、自分Twitterアカウントを消した。例のアレジャンル自体に飽きつつあったことと、自分投稿が伸びる気配もなかったこと、私生活回復しはじめ同時に本来趣味が楽しくなってきたことが原因だった。

それから数年たった。はじめはほかの人のヲチスレを覗いたりしていたが、しばらくすると楽しくなくなってやめてしまった。またニコニコ動画自体見なくなり(数か月に一度思い出して自分動画コメントが増えていないかチェックはしていたが)、歌い手文化にも例のアレ文化にも全く触れなくなってしまった。正直、テラスハウスの件で誹謗中傷の是非が話題になるまで「自分アンチ界隈用のアカウントを持っていた」という事実すら忘れていた。

今の自分は「ネット誹謗中傷なんて問答無用で法的措置でいいだろ」と思っている。でもそれはたまたま目を覚ますことができ逃げ切れた人間裏切りにすぎないなとも思う。やらかししまった過去は消えないな、と思いつつ、対して反省もしないまま自分記憶からは再び消えていくのを感じる。多分次にこういうことが話題になるとき自分は完全な善側のにんげんとして加害者非難するだろう。そしてこれは自分だけの話でなく、今回出演者暴言を吐いていた人や、ほかのヲチ案件ターゲットをたたいていた人たちもそうだろう。結局ネットで逃げ切れさえすれば、次の日から普通の顔をして生きていけるのだ。

2020-05-25

民主党が日民主党と同様の悪いスパイラルに陥り始めている。

https://www.theguardian.com/commentisfree/2020/may/20/andrew-cuomo-new-york-coronavirus-catastrophe


There’s something disturbing about Cuomo being hailed as the hero of the pandemic when he should rightly be one of the villains. As Business Insider notes, he is now only able to attain praise for his actions because his earlier failures made those actions necessary. He’s lauded for addressing a problem that he himself partly caused. Of course, part of this is because Donald Trump has bungled the coronavirus response even more badly, so that Cuomo – by not being a complete buffoon – looks like a capable statesman by contrast. But this is the problem: for too long, Democrats have measured their politicians by “whether they are better than Republicans”. This sets the bar very low indeed, and means that Democrats end up settling for incompetent and amoral leaders who betray progressive values again and again.


彼は当然悪役の一人であるべきなのに、クオモがパンデミック英雄として歓迎されているという不穏な何かがある。Business Insiderが指摘するように、彼は今、彼の行動のための賞賛を得ることができるだけである、なぜなら彼の以前の失敗がそれらの行動を必要としたかである。彼自身部分的引き起こし問題対処したこと賞賛されている。もちろん、その一部は、ドナルド・トランプ氏がコロナウイルスへの対応さらにひどく失敗させてしまったためで、クオモ氏は-完全な大馬鹿者ではないことによって-対照的に、有能な政治家のように見えるのだ。しかし、これが問題なのだ。あまりにも長い間、民主党は「彼らが共和党よりも優れているかどうか」で政治家評価してきた。これは、バーを非常に低く設定しており、民主党は、進歩的価値観を何度も何度も裏切る無能不道徳指導者に落ち着くことになることを意味しています

※DeepLによる機械翻訳


これは米ガーディアン紙のNY知事クオモを批判する記事だ。

詳細はリンク先で読んでほしいが、最終段落はまるで日本野党を見ているようにしか見えない。

自分たちが何を目標としているかを示さずに、対立相手の悪い部分を指摘したり、比較して自分は良いと言っているだけの状態に陥ってしまい結局何がしたいのか見えなくなりつつあるということだ。

主導権を完全にトランプ及び共和党に握られている。

anond:20200525101525

その代わりSNSでは良い事をすれば大勢人間から賞賛される。

SNS大勢人間と繋がるのはそれが目的だろ。大勢人間交流して良い反応を得たいという。

悪い事をすれば大勢人間から批判されるのはその裏返しなわけで、

前者のメリットだけ享受しようってのは無理だよ。

2020-05-24

腐ェミってフェミのようでフェミじゃないんだよな

キャラ個性があって自立して活躍してその上で男キャラ恋愛する作品よりも

女は添え物で男女恋愛は成立しないかしても女が産む機械扱いの作品の方が

腐ェミから賞賛されるし

後者タイプ作品が腐ェミから叩かれて炎上するのを見た事がない

つくづく首相にはなりたくないもんだな

毎日新聞世論調査によると首相支持率が急落しているそうで、つくづく首相にはなりたくないもんだな、とそう思った。

他の政策賛否はともかくとして、目下の最大の問題である新型コロナウイルス防疫政策についてもっと成功しているのは日本だろう。

にもかかわらず、首相仕事というもの民衆賞賛という形では報いられてはいない。

なぜ、日本政策が最も成功していると言えるか?

それは二つの厳然たる客観的事実によって裏付けられる。

一つは死者数の少なさと、今一つは我々の市民自由への当局による制約が事実上一つもないということだ。

この二つを同時に達成した国は、他に一つもない。

なぜこの二つに注目するべきか?当たり前すぎるかも知れないが一応振り返っておく。

まず、死者数。

感染しようがしまいが、結局は命を救うのがもっと重要だろう。

苦しい病気にかかりたくはないが、死ぬよりはいいし、感染しても症状がでないまま終わるのなら免疫ができるわけでかからないよりもいいかも知れない。出歩かれても困るが。

ちなみに超過死亡という概念もあり、国際的比較にはこちらの方が有効だという議論もある。

この指数で見ても日本の状況は、諸外国比較して優れていると言える。

第一、「真の感染者数」など把握している国は一つもない。

市民自由への制約。

もちろん、経済重要だ。だが、経済のために自由人権無視して良いのか?そうではあるまい。

市民自由は我々の自由経済がよって立つ基盤だろう。

我々は今日自粛」によってさまざまに不便な生活をしている。

これは政府命令されたからではない。

我々の一人ひとりが自発的にさまざまな自由行使を控えているのだ。

自粛警察とか同調圧力かいうのは瑣末な問題で、諸外国にもあるものだし、そもそも当局による行為ではない以上、政府による直接的自由の制約とは言えない。

緊急事態宣言にともなってそれらが生じたとは言えるかもしれないが、それは間接的なものであるし、ならば間接的な制約と直接的な制約でどちらが政府による自由への干渉の程度が大きいか?問うまでもない。

もちろん「自粛警察」による他者権利侵害非難されるべきものだが、実際にそれは本物の警察によって取り締まられている。

日本政府がここまでに行った国民に対する矯正措置はなにか?

マスク転売禁止と、医療機関へ分配するためのマスク供給業者から強制買上げ。

これらも市民自由への干渉と言えば干渉なのだが、例えばフランスのように理由のない外出を禁じる(移動の自由への明白な制約)と言った強硬ものとは程遠い。

ましてや一個の都市からの移動の手段を完全に封じるとか、スマホアプリインストールさせて接触者を全部特定させるとか、「検査拒否罪」で強制的にPCR検査を受けさせるというものではない。

日本以外の国で防疫に成功している国は、どこも市民自由をかなり大胆に犠牲にしている。

生命市民自由経済、これらは三つとも重要だが、少なくとも生命市民自由を守るという点でもっと成功したのは日本だ。

経済への影響は、どこの国もまだどの程度のものになるかは分からない。

ならば現時点では、日本のCovid-19対策こそが自由世界の模範であろう。少なくとも現時点では。

強調しておくべき義務を感じるが、日本成功は「市民自由犠牲にしないCovid-19防疫は可能である」ことを示す重要証拠だ。

では、我々の対策を何が支えていたか

自粛」というのは社会的かつ自発的行為なので、その主体は我々一人ひとりの国民だ。

我々の政府選択は「社会における接触を8割減らす」という専門家会議方針バカと言われようがアホと言われようがほぼ「国民への呼びかけ」のみで実現することだった。

そしてそれは成功した。

政治は我々の社会が育んできた専門知を信頼し、愚直にそれを実行した。

その途上で、俗悪なメディアに煽られた民衆PCR検査実施拡大を求めたが、首相は拡大するとは言ったものののらりくらりと躱してきた。

こんなものを真面目にやっていたら(おそらくはできたろうが)本当に医療システム崩壊していたろう。

さて、私が首相だったらと考えてみる。

なにをしていただろうか?

PCR検査を増やすとは言わなかったとは思う。足りないから増やせという発想ではシステムの別の部分を壊すことがあることを職業上よく知っているからだ。ただ、記者低俗ワイドショーを口汚く罵って舌禍を起こしていたことだろう。

マスクは配ったと思う。暇でバカ痴呆老人がやることが無いから街からマスクがなくなっている。あいつらに我慢させるためにとりあえずばら撒いたるわ。だがやはり舌禍を起こしていたことだろう。

経済について私は何をしていただろうか?少なくとも手続きが面倒だとかなんだとかっていう連中には「お前ら、その金が必要ってことは仕事がないってことだろ。面倒でもやる時間くらいあるだろ。忙しくてやる暇ないなら商売繁盛結構なことだ」と煽ってやはり舌禍だ。

から不思議なんだけど

なんでステマする企業はフルパワーのステマしないの?

例えばはてブでお目当の記事ホットエントリー入りさせることを考えたら、1か月くらい前に100個くらいアカウント取得して適当ブクマしといて、バズらせたい記事無難ブコメをぎゅっと詰め込めば容易にステマ出来るじゃない。今のステマは無言ブコメとか賞賛ブコメおざなり10くらい並べるだけだからぜんぜん効果ないのよ。ブコメなんて定型文書いて星もらうゲームなんだからAIにでも学習させて色んなブコメをちりばめとけばブクマカなんて馬鹿なんだから騙されるのに。

2020-05-23

anond:20200521200340

悔しいなら増田の業種でも面白い事言えよ。

あと面白い事言ったら賞賛する土壌を作れよ。

2020-05-22

[] #85-9「幻の10話」

≪ 前

こうして何とかヴァリオリは「とりあえず見れる作品」として世に出た。

この国で初めてアニメ放送されてから、脈々と受け継がれてきたリミテッドアニメーションの粋を集め、低予算でありながら完成に漕ぎ着けたんだ。

スポンサーがいないため、外部から横槍が入ってこなかったのも不幸中の幸いだったといえる。


とはいえ当時の出来は、客観的に見て良くはなかった。

料理プロが作っても、レシピ自体に不備があったり、素材に支障があれば美味しくはならない。

それでも「腹がふくれればいい」、「腹に入れば一緒」だと言って飯を作る人だっているんだ。

から携わったスタッフたちは、誰も本作に期待してはいなかった。

どこかで見たような世界観ストーリーキャラクターデザイン

作画は崩れていないのに、見てるとなぜか不安になるビジュアル

それらを独特な演出でまとめあげた(誤魔化した)怪作だった。

完成させることに必死だったので、監督シューゴさんすら魅力を説明できない。

実際、放送された当初は物好きたちが持てはやすだけだった。

しかし、その後の展開は多くの人が知るところだろう。

ある時期から少しずつ“流れ”が変わっていったんだ。

ネタ半分の評価は、口コミ視聴者が増えていくにつれて正当かつ磐石なものへと変わっていく。

インフルエンサーもこぞって首を突っ込み賞賛逆張り意見で盛り上げた。

一部の評論家は「良作の条件は揃っていた」と後出しジャンケンをする。

有象無象自己欺瞞ボード片手に、こぞってビックウェーブに乗ろうとした。

それらの現象一言で表すなら“ブーム”という他ないだろう。

まり熱狂ぶりに、陰謀論を唱える人間まで出てくる程だ。

流行るべくして流行った”という必然か、“流行たか流行った”という偶然か。

何がどう作用したのか、何が決定的な出来事だったのかは未だ判然としない。

作った当事者たちも分からないのだから答えようがないだろう。

確かなのは、“ブームになった”という“事実”と“結果”のみだ。

次 ≫

2020-05-21

anond:20200521144628

1.Aというターゲット人間が選んだ選択肢について、その情報を取りたい

2.Aが見られる範囲内において、その選択肢に関するスレッドを立てる

3.スレ主は「~したことを後悔している」という否定口調で書く

4.スレ主へのレスを、同じ人間が書く

5.レス内容は「~のような選択肢は〇〇だからダメだ」と、否定を補足する形とする

6.複数レスを作り、スレッドが盛り上がっているような形にする(匿名からからない)

7.Aがいつでも見られるように「今日話題スレッド」のように常にみられる場所におく

8.Aがスレッドに対して「いや、この選択肢はこんな良い点があるんだ」と書きこむ

第一目標の達成~

9.その選択肢において、商品化できるように関連企業情報を投げる

10.利益が確定し、第二目標の達成

この一連の流れは有難いし、賞賛したいことと思っています

2020-05-15

暇なので子供道徳教科書を読んでいたが

サヨクな皆さんとかが懸念するような意味での気持ち悪さ(家族主義とか自己犠牲賞賛とか)ってのもあったんだが

それより何より内容が古い

イチロー子供皆が知ってるスーパースター扱いだったり

現代舞台なのに小学生名前がよし子だったり

小学生の孫がいるおばあちゃんの歳が50代だったり

流行ファッション情報源が「テレビ雑誌」だったり

れいから内容更新してないの?

なのに一番最後に「オンラインゲームする時は個人情報を載せないようにしよう」的な話が入ってて浮いている

2020-05-09

海の向こうのバンクシーが金を儲けて賞賛されるからって

近所のヤンキースプレー落書きまでもが無条件に肯定されるわけでは決してない

これで俺の言いたいことがわかってくれればうれしい

2020-05-08

anond:20200507171805

怖いのでいちいちコメント読んでないですが、目についたやつがなんかよくわからない感じだったので少し追記します。たくさんブクマついていろいろ言及もされてるようだけど、文章書くってほんとに難しいなと思いました。

私は女性をあてがえなんて思ってないし、そんなこと言ってません。そして女性に何かを要求しているのではなく、女性には感謝しています。だから現在女性だらけの職場で働いてるわけだし。実際みんな母親みたいに私に優しくしてくれるし、感謝しかないです。私の職場管理職にも女性がたくさんいて、女性職場環境としてはかなり進んでいる会社だと思いますトイレの数も女性用の方が多いです。

私は女性に対して怨恨とか憎悪感情を持ってはいないですよ。私は男性が怖いので男性競争社会から降りたんですよ。男性のことは怖いし嫌いで女性安心できるから好きです。

文章下手だから伝わらなかったのかもしれないけど、言いたかたことは、「ジェンダー関係の人は無責任なことを言うけど、現実問題として男性役割から降りるとジリ貧だよ。だから弱者男性のみんなは頑張って踏みとどまったほうがいいんじゃないの?」ということです(そしてそんなこと世の中の弱者男性はみんなわかっているからつらいのです。実質的に逃げ場がないから)。男性役割を降りる(逃げると言ってもいいけど)とどうしても貧困になるし、女性には相手にされない人生になるよと言っているだけです。私自身は別に女性恋愛したいとか結婚したいとかっていう願望はそこまで強くないですが、そういう願望を強く持っている弱者男性は多いようなので、男性役割を降りてしまってはその可能性すらなくなるから頑張った方がいいよと言っているわけです。

女性女性役割を降りることは賞賛されても、男性男性役割を降りると待っているのは破滅だけです。「男性男性役割から降りて自由になり、女性女性役割から降りて自由になる」と言えば聞こえはいいですが、男性女性で待ち受けている現実が違います。そしてそういう社会になっているのはまさに女性差別的な社会からだと思います女性差別的な社会からこそ男性男性役割から降りられません。女性差別的な社会のあり方を批判することは男性役割から降りたい男性にとっても利益になります。ただ、現実を見ていると、どうもそう簡単にはうまくいかない、そういう感覚があります女性役割を降りた女性とはなんなのか。そういう女性は圧倒的な強者男性性の獲得)になるしかないように見えます。これを女性男性化といってしまえば、結局女性女性から解放というのはすべての人類男性として生きることになるのでは? 極端で飛躍した考えですが、わかりやすく言ってしまえばこういう感覚があります。誰も男性役割からは降りられないわけです。降りた結果待ち受けているのは破滅だけなので。

強者弱者、勝者―敗者という尺度がすでに男性性を帯びていて、この社会には競争というもの絶対存在する以上どうしてもそういったものから自由になれません。そういう意味では、女性性というもの消滅しても男性性というもの永遠に維持されると思っています。これはどうしたって仕方がないことだと思います。完全に平等世界夢想することはできますが、そんなものは実現し得ません。

で、結局お前はどうしたいのか? と思うでしょう。

わかりません。

お金持ちになりたいのか?

別に……

女にモテたいのか?

別に……

ただ絶望しているだけです。絶望したっていいじゃないですか。絶望を書いてもいいじゃないですか。弱音を吐くことも許されないんですかね? 私は弱音を吐くことも許されないような男性社会から降りたかったんです。

2020-05-04

嫌いな奴の行動にケチをつけるためならどんな無理やりな理屈もひねり出すはてなー

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00000000-spnannex-ent

個人が身銭を切って困った人を救済すると政府が動かなくなるからダメ」なんだってww

普段欧米寄付文化賞賛して日本金持ちを腐してたのなんだったのww

出自粛が本気でつらい

元々診断済投薬なし軽めADHDで、気分を切り替えたりするのが本当に苦手なんだけど、職場とかカフェとかそういう所に行って気分を切り替えることで色々な作業が何とかできてた

出自粛で部屋から出られなくなってから本当に何も出来なくなってしまって、締切が来たタスクに追われながらも身体全然動かないからずっとベッドで酒飲みながら増田TwitterYouTube見てるんだけど

みんなリモートワークやリモート飲み会賞賛して、会社に行く奴はブルーカラー社会の敵で医療従事者と運送業以外のやつは生きてる価値ないみたいな論調で、外に出て散歩してる老人を叩いたりしてて怖くて散歩かにも行けないし

俺みたいな人間には生きてる価値が本当にないんだなというのがいつにも増して感じられて、ただでさえめちゃくちゃな精神が更に追い込まれていく 助けて欲しい

2020-05-02

海外の反応アメリカ人自分の国で退役軍人尊敬されている?」

イタリア名無しさん

ほとんどの人は軽蔑しているよ

フィンランド名無しさん

偵察部隊にいた人達だけは尊敬してる

スペイン名無しさん

軍隊に行くことは勉強ができなかった逃げ道だとみなされるね

  イタリア名無しさん

  イタリアでは高卒であることがが求められるよ

  アメリカ名無しさん

  米国でも同じだよ

  も兵役に就くことを選んだ人に対する尊敬や憧れを妨げるものではないよ

ドイツ名無しさん

別に尊敬されない

ポルトガル名無しさん

絶対尊敬されないね

スウェーデン名無しさん

女性移民兵役につくと、メディア政府賞賛する

  ロシア名無しさん

  スウェーデン軍隊に入っていい?

  まともな国の軍隊に入りたかったんだ

イスラエル名無しさん

ノーだね

たくさんの人が兵役に就くから

志願制の軍隊を持つ国だけが、何も考えず軍人を崇拝する

ほとんどの人は戦争がどんなものか知らない

(※イスラエル男子は3年間、女子は2年間の徴兵制度がある)

tps://coffeehonyaku.blogspot.com/2018/08/blog-post_73.html

2020-04-20

はてなってほんと少し賢い雇われ人ばっか勝負しない行動しない批判ばっかの文句

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20200419/k10012395251000.html

こういう韓国検査を素直に賞賛していればいいのに、すぐ、それに比べて日本はと言い出すやつがいる。

いや、marsとかで影響を受けた国と違って検査体制がしょぼかったんだよ。

から医療ベンチャーとか多くて日本とは違うバックグラウンドなんだよ。そんなに韓国になりたいなら

から指摘してたらいいじゃん。普段は森友がーとか、だれでもわかるところに気持ちよく文句垂れてて

こういうわかりにくい事に先出で切り込めてたのかよ?

予防検疫体制が足りないとか。

後出しじゃんけんで、文句バッカだな。


すぐドイツがーとかいうけどお前らドイツ税金しってる?19%だぞ。普段払ってるかねが戻ってきた

だけだぞ。

文句いうなら海外いったら?

死者が比較的でてないんだから、いいじゃん。文句バッカ言って気持ちよくなりたいんですって言ってから

文句言ったら?

お前らいっつも安全から後出しだな!!

笑い話くらいなら乗ってもいいかなという気分にもなるけど、こういうのを「賞賛」しだしたら終わりでしょ。

弁当屋さんも人間だし、我慢限界かw」くらいの感想は持つが、少なくとも「素敵」だの「素晴らしい」だの持ち上げる話ではない。

とりあえず「味が濃いから薄くしてくれ」は別にクレームというほどのクレームじゃないでしょ。(店員視点でめんどくさいのはわかる。)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん