「賢明」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 賢明とは

2018-02-18

趣味も特技も書きたくない

これは履歴書の話なんだが、例えば趣味に「登山」って書いて、晴れて入社したとするじゃん。

そしたらそれを覚えてた上司増田会社登山部に誘うかもしれないわけよ。

だけど増田登山自分一人でやりたくて、会社の奴らと仲良し山登りがしたいわけじゃないの。

でも迂闊に履歴書に書いてしまったせいでうまく断れず、結局登山部に入れられて嫌な思いをすることになる。

まあそういう話で文句垂れるわけよ、趣味なんか書くんじゃなかったってな。

登山中にあの同僚があんなことしてもう耐えられなかった、みたいな体験談架空でもいいぞ)を添えるとなお良い。

ただし就活ネタは時期を考えて出すのが賢明かもな。

例えば今出したところで、バイト採用程度にしか捉えられないか微妙だぜ。

俺の増田ネタ放出しま

最高記録1000ブクマover、1日1つはホッテントリ入りする増田常連こと俺が、メモ帳に溜めてたけど書くのがめんどくさくて放置してたネタを少しだけ放出するぜ!

書くことが無くて暇してる増田も、一度くらい人気エントリに入ってみたい増田も、よければ俺の代わりに書いてみてくれよな!

書き方がウマけりゃランキング入りも夢じゃない珠玉ネタ揃い!既出だったらスマン!


名字が県名の奴、めんどくさいからやめろ

例えばだが富山県出身石川さんなんて人が自己紹介したら「富山石川です」なんてことになるだろ?

他には埼玉千葉です、とか、鹿児島福島です、とかな。

職場岡山山口さんと山口岡山さんがいたらめんどくさいだろ?

そういうのを防ぐために、県名が名字の人は改名廃止しろ!みたいな感じで1本書くわけよ。

名字が県名の人って意外に多いから、過激文体にすればけっこう釣れるはず。


最強の医療ビジネスを考えた

これは俺は医者でも何でもないから詳しく書けないのが悔しいんだが、

ざっくり言えば「精神障害うつ病認定をすぐ出してくれる医者」になれば儲かるんじゃないかって話だ。

もちろんホントにやったらいろいろな法律に引っかかるだろうが、個人経営のクリニックでその医者が「うつ病だ」って認定すれば、それを絶対違う!ってひっくり返すのはけっこう難しいんじゃないかなって思ったわけよ。何しろ医者様がそう言ってるんだからな。

ネットにはうつ病の奴とそいつらをエサにする奴らがうようよしてるから飛びついてくれるぞ。

ついでに自分語り知識マウンティングが大好きな医学クラスタも釣れるおまけ付き。


最近水道水うまい

浄水器を買えば水道水が美味くなる。

そうすりゃ水道水飲んで喉の渇きが癒やせるからペットボトルの水・飲料や紙パックを買わなくなる。

から支出も減るし水道水はノンカロリーかつ無添加から健康にも良い、ってな具合にな。

水道水は殺菌やら何やらで完全に健康ものではないと思うが、そこを敢えて残しとくことで、とにかく何でも突っかかりたい奴らがすぐ釣れるので、むやみに詳しく書かないほうが伸びやすいな。


男子校にだけは行くな

俺は普通の共学高校出身からわかんないんだが、男子校に行ったらその後こういう弊害が〜ってのを書くわけ。

男子校デメリットを散々語ったのち、「俺は生まれ変わったら絶対男子校には行かない。息子ができても男子校にだけは行かせない。お前らも絶対自分の息子を男子校に入れようとするんじゃないぞ。」なんて締めればいいんじゃないかな。

本文は男女問題や性の話なんかに絡めて、軽めにまとめて穴を残しとくわけよ。

そこに自分トラバして突っかかって、いくつか自演で火を付けとけばあとは勝手に伸びていく。

おっとこれは増田単体のネタとはちょっとズレるかもな、まあ、ご愛嬌ってことで。


趣味も特技も書きたくない

これは履歴書の話なんだが、例えば趣味に「登山」って書いて、晴れて入社したとするじゃん。

そしたらそれを覚えてた上司増田会社登山部に誘うかもしれないわけよ。

だけど増田登山自分一人でやりたくて、会社の奴らと仲良し山登りがしたいわけじゃないの。

でも迂闊に履歴書に書いてしまったせいでうまく断れず、結局登山部に入れられて嫌な思いをすることになる。

まあそういう話で文句垂れるわけよ、趣味なんか書くんじゃなかったってな。

登山中にあの同僚があんなことしてもう耐えられなかった、みたいな体験談架空でもいいぞ)を添えるとなお良い。

ただし就活ネタは時期を考えて出すのが賢明かもな。

例えば今出したところで、バイト採用程度にしか捉えられないか微妙だぜ。



ってな感じでとりあえず軽く5個。

参考になったかな?

これからもよろしく!

2018-02-17

おまえの言ってることは正しいが

おまえは全く正しくない。くたばる以外の賢明さはない。

2018-02-16

羽生のSP1位にエールを送る韓国の人々

・ああ…日本人だけど上手だった。

共感133 非共感31


・本当に素晴らしいよ。

童話を見てる感じがした。

本当に銀盤の上の妖精、いや、王子だった。

国籍を離れて考えると。

共感13 非共感5


羽生選手の2連覇の話が出てくるたびに、キムヨナ選手が2連覇できなかったのを思い出して心が痛む。

こういう時フィギュア大国先進国日本がうらやましい。

東洋の国だけど、選手たちが本当の自分の実力で評価を受けることができる国だというのが…

共感42 非共感10

・なんか…キムヨナよりもはるかに上手だと思ってしまった…

共感12共感14

ユンソンビンが金メダルを取ったのに、この日本選手リアルタイム検索語1位なのが残念で皮肉である

韓国の人々は国の位相を高めてくれて堂々と1位に輝いた大韓民国選手よりも、その種目で上手だった日本選手のほうがより重要だと思っているようだ。

共感6 非共感6


・なぜ金メダルユンソンビンが検索1位じゃなくて、羽生が1位なのか…

共感4 非共感2

・男キムヨナ

共感20共感26

名誉日本人どもは羽生の手を握ってチョッパリ国に行け。

共感219 非共感16


・2連覇候補選手なので、審判がわざと加算点を与えてるんです。

ソチの時のキムヨナにはそんなことしてもらえなかったのに…

共感215 非共感16

マスコミ王子とか言ってるよ…

共感180 非共感18

・こいつの性格ゴミ

共感138 非共感20


・↑日本だけどアジア人として応援する。

ロシアの奴がジャンプを二つもミスしたのに86点を受けてた。コメンテーターも与えすぎだろうと呆れてた。

欧州の奴らよりもアジア選手応援する。


・男キムヨナと言う奴がいるが話にならない。

クイーンヨナをこんな馬鹿比較するな。

共感125 非共感28


名誉日本人が多すぎる。ふふふ

イジュンヒョンのスコアがあまりにも低すぎた。ジャンプ難易度も高いのに。涙

韓国君が代流れる状況を見たくない!

共感119 非共感3

羽生、本当にすごい。

共感112共感149

コメントチョッパリの手先どもが多い。

共感111 非共感6

・66年ぶりの男子フィギュア五輪2連覇+五輪2連覇を通じた、アジア歴代最高のフィギュア選手登板が目の前だ。

90%以上が密かにミスしろと思ってたのに。ふふふ

パンサンアの解説完璧な演技だった。完全にクリーンな演技をしてしまった」ふふふ

共感206 非共感48


名誉日本人が多いね

共感110共感4

名誉チョッパリたち。

共感92共感3

フィギュアがジャッブマネーに落ちてることなどとっくに知っていたが、今日もう一度感じました〜

共感77 非共感3

賢明になりましょう。

日本嫌韓本ベストセラーになる国なのに…

本当に無知に見える。

ブーイングしましょう!!!

共感45 非共感0

・ハビエルファイティング

共感39 非共感0

・顔も実力も最高だね。

共感34 非共感89

・やはり羽生。美しい。涙

共感6 非共感24


・まあ、正直上手かったけど…

共感0 非共感1

http://sports.news.naver.com/general/news/read.nhn?oid=076&aid=0003216311

http://sports.news.naver.com/general/news/read.nhn?oid=018&aid=0004036773

http://sports.news.naver.com/pc2018/news/read.nhn?oid=311&aid=0000823773

2018-02-14

ミネルバフクロウ

ヘーゲル「法の哲学」の序文に、「ミネルバフクロウは迫り来る黄昏に飛び立つ」という言葉がある。

 

フクロウ夜行性で、通常人活動する昼間は眼を閉じて眠っている。夜闇が近づく夕暮れになると、フクロウは眼を開けて羽ばたき始める。そして、夜の闇に飛び立っていく。

それは、知性とか知恵、英知、洞察力や思考力を意味するものだという。つまり最盛期を過ぎて衰えが目立つようなときになって、人はようやく知恵や洞察力を獲得するものだということらしい。

 

若い時には分からなくても、年を重ねることで分かるようになることもある。

未来は誰にも分からないけど、自分で創る未来ならある程度予想できる。

 

果たしてその男運命相手なのか?

誠実な人が大事なことで冗談を言ったり嘘をつくだろうか?

恋愛結婚パートナーへの対応が、その人にとって大事なことであれば嘘はつかないのでは?

ダメ男をつかんでしまった場合でも、教育によって更生させられる可能性はある。(手間だけどw)

 

「命短し恋せよ乙女」(ゴンドラの唄)

人生は有限。限られた時間無駄にしないように賢明選択をされてください。

 

anond:20180214172716

2018-02-12

anond:20180211212824

派遣社員契約社員の人は、時間稼ぎでしかない。

生活を維持できている間につぶしの利く資格を取ったり、副業起業できるスキルを身につけたほうが賢明だと思う。

正社員は、言うほど魅力的とは思えない。=安泰ではない。

anond:20180212114053

気持ちは分かるけど、

それは上司に言うべき内容だよ。

不要トラブルは避けるのが賢明

anond:20180211143402

https://anond.hatelabo.jp/touch/20180211143402

これって自分が書いたんじゃないかなぁって思う位、同じだ。

自分もこの連休中はずっとゼノブレイド2だけをやり続けている。起きてゲームを始めたら冷凍食品だけを食べながらずっとゲームをしている。

もう40歳からわかるが、この性格性質みたいなものは一生変わらない。

ただ、付き合い方のコツみたいなものがわかってきた。だから私は社会的には今一応成功したような状態になっている。億単位資産もできた。だからそういう点で経済的心配をしているのであれば試してみて欲しい。コツは2つある。

1つは集中してやる気が出ているときに一気にやること。私の場合は3ヶ月に1度位とてつもなくやる気が出て寝るのがもったいないと感じる位の状態になる時がある。その時にとにかく集中して仕事をやる。その他のことに気が散っている期間はもう諦めて仕事適当に進める。やる気がない期間は1日30秒だけ頑張ろうと思って本当に30秒だけ仕事をしてみる。これでダメなら諦めるしかないが、運がいいとそこから集中状態に入って仕事がはかどる。

2つ目はこれが大事だが、絶対仕事は1人では取り組まないと言うこと。俺たちのような人間意識の力が全くない。過去を振り返ってみてくれ1度だって強い意志が発揮された事は無いはずだ。これまで発揮されてないなら今後も発揮されないと考える方が賢明だ。それぐらいの賢明さは俺たちにはある。誰かと一緒に期限を決め、毎日定例のミーティングを持ちながら進めることだ。これにより1日1時間位は相手迷惑をかけまいと頑張ることができる

元増田も書いているように、我々のような人間絶対自分を信用してはいけない。常に環境を魔が刺さないような状態に保つことが肝心だ。

今もゼノブレイドをやりながら後悔の気持ちでいっぱいだが、こういう自分と付き合っていくしかない。一緒に工夫することを諦めずやっていこう

2018-02-09

anond:20180209201025

テレビなどの美味しそうなものを見て「美味しいもん食べたいわー」と言うと母がいつも切れた。

私にその気は無かったがあてつけに聞こえなくもない言葉だった。

その気はなくても自分はさほど言いたいわけでもなく相手不快ならやめたほうが賢明だよ。

2018-02-06

anond:20180206084600

理想論としてはそうなんだろうけど、残念ながら現実は醜いものですね。

相手制御したいという思い上がりでしかない

人間は愚かでありなかなか進化しない。その前提で考え、対処法を検討する方が賢明なのかもしれません。

(=人類が愚かなままでも、地球文明が全滅しないように、ノアの箱舟のような持続可能性を高める仕組みを用意する)

2018-02-05

とあるソシャゲを辞めた話

とあるソシャゲを辞めました。もしこの文が誰かの気に障ってしまったなら謝ります

私がそのゲームを始めた理由は、友達がやってたから、っていう非常に簡単もの

最初はそこまでゲームに対してやる気がなかったし、ぶっちゃけオタク友達と話を合わせるため以外の意味を感じていなかった。

けど私はそのゲームにドハマりした。

大好きな推しキャラができた。

私が今までゲームプレイし続けたのはほとんどその推しキャラのおかげと言っても過言じゃないです。とにかく大好きだった。

だけどぶっちゃけこれ、人にオススメできるようなゲームじゃないなと思った。

そのゲームはたびたび問題を起こした。ユーザーへの事前報告なしの突然の情報修正など、とにかく火種には事欠かなかった。一応謝罪修正が入った。本当は修正が入った部分だけじゃなく、他の部分でも問題があるところがあったんだけど、当時の私は一応はそれで納得した。

そこで辞めてしまうには推しキャラのことを好きになりすぎていた。

推しだけじゃなく、登場キャラクターみんな大好きだった。とにかくやり込んでいた。

要は、キャラ愛にすがって辞めどきを完全に見失いました。

イベントもいつもと同じ周回だけで、楽しいと思える要素がない。

ぽつぽつ増えだしたアンチの人たちが、間違ったことだけを言ってるわけじゃないのをわかっていた。

十数種類程度のセリフと、変化のあまりない立ち絵だけにすがってプレイし続けてきた私にとっては、アニメ化はこれ以上ないご褒美だった。でもそのアニメは、私が期待していたようなものじゃなかった。

ひどい内容だった。全然楽しめなかった。

私が推しキャラ課金したお金は、こんなふうにして消化されてるんだ、と絶望した。

そんな折、新しいイベント実装された。

そして今まで視界に入っていながら見ないふりをし続けた、ゲーム自体問題について改めて調べてみた。よくもこれで今までやってこれたなあ…と呆れてしまうような内容ばかり。

そんなゲームを今まで支えてきたのは私のようなバカユーザーだってことも思い知った。ずっとキャラにすがりついて、キャラ愛を言い訳にして問題のあるコンテンツ居座り続けた私が、誰かに何かを言うことはできない。

本当に賢明な人は、問題が明らかになった時点で見切りをつけてる。

なにか起こるたびに、疑問を抱くたびに問い合わせを送った。本当のことを運営から話してくれたら、と期待した。私みたいな人はまだ大勢いるんじゃないかと思う。問題に蓋をして、好きなキャラだけにすがってしまう人。改善が無いと知っていながら、諦めきれずに運営にお便りを送り続けてしまう人。

そういう人には、ただ早く楽になってほしい、と願うばかりです。

長くなってしまったけど、要約すると「ゲーム問題があると知りながらそこに目をつぶってきたけど、辞めます」っていう話でした。

でも、これで良かったのかなと思う。私がゲームを続ける一番の理由だった推しが私の理想キャラじゃなくなってくれたから、私は足を洗うことができた。

もうソシャゲ自体引退することにします。

やっぱり漫画アニメと、あとゲームテレビゲームとかボードゲームとか、そういうのに限ります

これからも元気にオタクやっていくうえで、清算すべき過去だと思ったから、このゲームへの思い出は捨てていくことにします。ありがとう推しくん。本当に大好きでした。今度は良い作品の中に生まれてきてね…。

2018-02-03

anond:20180203215336

心配から何もしないのが賢明」と誰もが考えているわけではないのだよ。

考えもなしに子どもを持っているように(お前には)見えている人たちは、みんな子どもたちのために明るい未来にしようと考えているんだよ。

そういうブレーキアクセルみたいな、両方の考え方の人がいるってことだ。

お前みたいなのが寿命を迎えてから、俺の子孫たちの時代がやってくる。

2018-02-02

あるゲームを辞めました

とある女性向けのブラウザゲームを辞めました。

なんとなく、辞めた経緯を残しておきたくなったので書いてますが、もしこの文が誰かの気に障ってしまったなら申し訳ないです。すみません

あと、一応ゲーム正式名称は伏せますが、別に隠したいわけじゃないのでわかる人にはガッツリわかってしまます。というかプレイヤーじゃなくてもわかると思う。いろんな意味で有名だし…。

私がそのゲームを始めた理由は、周りの友達がやってたから、っていう非常に簡単ものだった。

誘われてじゃあやってみようかな、と思ったころには既にサーバーの数が足りず、周りの事前登録からはずいぶん遅れてのスタート

私はオタクだけど、ゲームにはほとんど触れたことがないタイプオタクだ。

特に女性向けの、いわゆる乙女ゲーというものはどうにもむずがゆくなってしまって進められなくなるから、正直苦手な部類だった。

から最初はそこまでゲームに対してやる気がなかったし、ぶっちゃけオタク友達と話を合わせるため以外の意味を感じていなかった。

けど私はそのゲームにドハマりした。

登場キャラは見事にイケメンの男ばっかりで、確かに女性向けのゲームではあったけれど、みんなプレイヤーに対して過剰に接触してくることはなかった。普通乙女ゲームのようなタイプではなかったことに衝撃を受けた。

なにより、そのゲームの中で運命出会い果たしてしまった。大好きな推しキャラができた。

私が今までゲームプレイし続けたのはほとんどその推しキャラのおかげと言っても過言じゃないです。とにかく大好きだった。

推しが大好きすぎて、推しに所縁のある地に一人旅したこともあります。ここが推し地元推しの過ごした街…などと考えながら。

ところでそのゲーム、決して公式から供給が多い方ではなかった。

一応戦闘シミュレーションゲーム…なのかな?多分…。キャラたちが戦いに身を投じるに至るあらすじみたいなもの存在したけど、メインストリー的なものとかは一切なかった

あるのは特定キャラを組ませたときに発生する、特殊会話だけ。

よく覚えてないけど、サービス開始当初はこれからどんどん物語が展開していくよ、みたいなことがほのめかされていたと思う。

けどそれも多分ないんだろうな、っていうのをサービス開始から半年経ったぐらいで察しました。

前述の通り私はソシャゲには疎かったし、よく知らないけどまあ、ソシャゲってたぶん全部こんなもんだよね。と諦めた。

ストーリーの進展に対して期待がなかったわけはない。というか元々漫画とか小説とかを好む人間だし、それをこそ求めていた部分がある。正直ガッカリだった。

ぶっちゃけこれ、人にオススメできるようなゲームじゃないなと思った。

それに、ストーリーの進展がないことがオマケみたいなものに思えるぐらい、そのゲームはたびたび問題を起こした。

いわゆるトレパク問題や、ユーザーへの事前報告なしの突然のキャラ情報修正など、とにかく火種には事欠かなかった。

トレパク問題では一応謝罪修正が入った。本当は修正が入った部分だけじゃなく、他の部分でも問題があるところがあったんだけど、当時の私は一応はそれで納得した。

納得させたかったんだと思う。

そこで辞めてしまうには推しキャラのことを好きになりすぎていた。

推しだけじゃなく、登場キャラクターみんな大好きだった。一時はキャラコンプリートしたりして、とにかくやり込んでいた。

課金キャラゲットにわかやすく直結してるゲームじゃなかったけど、当然課金をするメリット存在したし、お金を払うことは愛だと思っていたから、少なくない額は入れてた。

要は、キャラ愛にすがって辞めどきを完全に見失ってしまっていました。

半年も経つころには、私を誘ってくれたプレイヤー仲間はゲーム自体に飽き始めていた。

当然だと思う。だって進展が無い。イベントもいつもと同じ周回だけで、楽しいと思える要素がない。

キャラ間で発生する特殊イベント動画サイトツイッター簡単ネタバレを見ることができる。

そうしてるうちに、ネタバレを見ることも減っていって、他のゲームアニメにハマっていく人が多かった。

私はそのゲームがとにかく好きだったからこそ、離れていくユーザーに対して何も言えなかった。

酷い部分、悪い部分を他の人より深く知っていたと思う。中には根も葉もない噂話程度のものもあっただろうけど、そうじゃないものも多かった。

ぽつぽつ増えだしたアンチの人たちが、間違ったことだけを言ってるわけじゃないのをわかっていた。

もともと人に勧められるゲームじゃないとは思っていたけど、私はそのゲームプレイし続けていることを、友達に話したりしなくなった。


あるときアニメ化発表があった。

離れていたユーザーが少しずつ戻ってきた。ストーリーが無いゲームをどうやってアニメ化するんだ?とか、ネタにされることも多かったけど、楽しみにしてる人がほとんどだったと思う。(あくまプレイヤーの中では)

私もその一人だった。すごくわくわくしてた。十数種類程度のセリフと、変化のあまりない立ち絵だけにすがってプレイし続けてきた私にとっては、アニメ化はこれ以上ないご褒美だった。

でもそのアニメは、私が期待していたようなものじゃなかった。

いっちゃあなんだけど、ツイッターとかピクシブ蔓延ってる二次創作適当に詰め込んだみたいな、ひどい内容だった。全然楽しめなかった。

ツイッターでは絶賛されてた(表向きそんなふうに見えた)から唖然とするしかなかった。

私が推しキャラ課金したお金は、こんなふうにして消化されたんだ、と絶望した。

そんな折、推しの新しいイベント実装された。

本当に個人的感想からあんまり詳しくは書かないけれど、二次創作の、アニメの中で改変された推しが、ゲームの中に侵食してきた、と思った。

アニメ化第2弾の発表があった。

まり期待しないで見たけど、やっぱり酷いものだった。

ゲームログインする回数が減っていった。





ログインの回数を減らすと同時に、今まで視界に入っていながら見ないふりをし続けた、ゲーム自体問題について改めて調べてみた。

問題の詳細については例によって詳しく書かないけど、よくもこれで今までやってこれたなあ…と呆れてしまうような内容ばかりだった。

そんなゲームを今まで支えてきたのは私みたいなバカユーザーだってことも思い知った。

今このゲームやその周辺がやっていることは、ただの延命治療だと思った。

私みたいなバカユーザーと書いてしまったけど、ゲーム問題自体を知らない人も、全て解決したと思ってる人たちも居ることでしょう。私はその人たちを一方的に責めることはしたくないし、する意味も無いと思う。平行線になってしまうと思うし…。

それに、ずっとキャラにすがりついて、キャラ愛を言い訳にして問題のあるコンテンツ居座り続けた私が、誰かに何かを言うことはできない。

本当に賢明な人は、問題が明らかになった時点で見切りをつけてる。

私は加害者の一人なのであって、被害者を名乗れる立場じゃない。

だけど少し言い訳を添えるとするなら、私はなにも運営への悪口を一人で書き連ねたり、アンチ活動に精を出しているわけじゃなかった。

なにが起こるたびに、疑問を抱くたびに問い合わせを送った。本当のことを運営から話してくれたら、と期待した。

でも、帰ってきた言葉が、定型文以外だったことは一度もなかった。

たぶん、私みたいな人はまだ大勢いるんじゃないかと思う。問題に蓋をして、好きなキャラだけにすがってしまう人。

改善が無いと知っていながら、諦めきれずに運営にお便りを送り続けてしまう人。

そういう人には、ただ早く楽になってほしい、と願うばかりです。




長くなってしまったけど、要約すると「ゲーム問題があると知りながらそこに目をつぶってきたけど、推し最初思ってたのと違うキャラなっちゃったから辞めます」っていう、クソみたいな話でした。

でも、これで良かったのかなと思う。私がゲームを続ける一番の理由だった推しが私の理想キャラじゃなくなってくれたから、私は足を洗うことができたんだと思います

ところでそのゲームブラウザゲーで、とあるプラットフォームを利用したものだったので、辞めるときはそれ自体から退会をしてしまい、同じプラットフォームプレイしてた他のゲームデータも当然消えてしまったわけですが…。

問題、起きましたね。同時プレイしてた他のゲームでも。

たぶん呪われてるんですね、ソシャゲというものは。もうソシャゲ自体引退することにします。

やっぱり漫画アニメと、あとゲームテレビゲームとかボードゲームとか、そういうのに限ります

これからも元気にオタクやっていくうえで、清算すべき過去だと思ったから、このゲームへの思い出は捨てていくことにします。

ありがとう推しくん。本当に大好きでした。今度は良い作品の中に生まれてきてね…。

ありがとうございました。

2018-02-01

anond:20180201231427

おれの親はそうせずに賢明だったが、教師からそんな感じで、のぼせてた時期がある。そういうことは30ちょいで気づくべきだった気が。。まあ60になって気づくよりはまだ助かったんでは。。

anond:20180201123350

ウチは中小ITなんだけど、社長から「こんどの社員旅行宴会では、各部署1ネタ用意してくるように!」との命令が下ったことがあってね。

 

社長広告代理店出身のウェイ系なんだけど、社員にはそんなタイプ人間はほぼいない。だってITだもの

 

案の定宴会は寒くてしょっぱい学芸会みたいになって、まったく盛り上がらず、いたたまれないムードに。

 

以来、ふたたび宴会芸の命令が出されることはなかった。賢明判断

2018-01-30

絵を描くのを諦めきれず出戻ってきた話

1990年生まれ現在27歳のグラフィックデザイナーです。

絵を描くのを一度諦め、何年間か描いていなかったものの、

最近になってまた戻ってきた話をします。

せっかく戻ってきたのであれば、今までのことを記録してみようと思い立ち記事を書いてみます

しかすると1990年生まれで2002年あたりから

ネット上で絵を描いていた人にはとても懐かしいかもしれません。

しかすると、知り合いだったかもしれません。

アイデンティティが「絵を描くこと」になった幼少期

物心いたこから既に絵を描いていて、幼稚園児のころには既に

「学年一絵が上手いキャラ」として周囲から認知されていました。

それは高校に上がる直前までの11年間、自らのアイデンティティとして確立し、

自分=絵を描く人間だという自己イメージ自身の中で確実なものとして定着していました。

幼稚園児のころから漫画が大好きで、地獄先生ぬ〜ベ〜やドラゴンボール

赤ずきんチャチャ折原みと先生漫画くりた陸先生漫画をこよなく愛し、

よく真似て絵を描いていた小学校低学年。

高学年になるとテニスの王子様にめちゃくちゃにハマり、

その頃に同人という言葉を知るなど、順調にオタクとして育ちました。

ちょうど6年生になったあたりのころから

インターネットが家庭に手軽なものとして普及してきて、

自分イラストサイトを作ったり、CGで絵を描き始めたのもこの頃です。

あの頃入り浸っていたのは、「ふみコミュニティ」というポータルサイトの絵板。

そこにはたくさんの同世代イラスト趣味とする子たちが集まっていて、

同い年の子たちもたくさんいました。(「マウス書き。ペンタブほしい〜!」はもはや合言葉みたいだった…)

ネット上の友達ができたのもふみコミュのおかげ。

ふみコミュの中にも絵がすごく上手い子、そうでもない子がいて、

本当に小学校6年生なの!?てくらい当時上手い人もたくさんいました。

上手い人が降臨するともう大人気でコメント欄は大賑わい。

私もそこに混じって絵を投稿したり、交流が楽しくてずっと描いてました。

そのころはまだ上手い人に対する、明確な劣等感は感じませんでした。

劣等感が現れ始める中学校時代

中学校に上がるとドラゴンボールに大ハマりして、

ドラゴンボールファンサイト管理人同士(年齢層高め)で意気投合し、

毎晩のように絵チャットに明け暮れていました。

ファンサイトの中でも特に人気だったサイトがあり、

そこに設置された絵チャットに、暇な人が入っていてそこにどんどんあとから人が集まっていく。

チャットは描いている過程が丸見えなので、下手だと思われたくなくて大人に混じって必死で絵を練習し、

その時に人生で一番画力が上がったように思います

二次創作ドラゴンボールにどっぷりでしたが、

一方で「9091P」という1990年生まれ絵描きを集めた同盟が立ち上がり、

同い年同士で交流したりお互いのサイトを見あったりと、創作活動も活発な時期でした。

その頃あたりから、ふつふつと、「世の中には自分より何倍も絵が上手い人がいる」と

劣等感が湧き上がるようになってきたと思います

しかったコミュニティもいつか衰退し、

中学校三年生あたりで、絵を描いて交流するような友達はいなくなりました。

いるのは、ネット上でも話したことのない、上手い絵描きさんだけ。

同い年なのに、どうしてこんなに差が出てしまったんだろう?

そんなことばかり考えるようになったと、今振り返ると思います

課題のための絵しか描かなくなった高校時代

絵を描かなくなる人生なんて想像もつかない私は、高校美術を専門とした学校へ進学。

デッサン油絵、水彩、彫刻プロダクト、デザインといろいろなことを学べ、最高の環境で学び始めました。

課題で描く絵は本当に得意で、いつも良い点を取れるし、先生から評価も高いのだけど、

その一方で「自分のために描く絵」というのを、この頃にはもう全くと言っていいほど描かなくなってしまいました。

それはおそらく…わざわざ点にもならない、要は目に見えた利益にならない絵を描くことに意味を見出せなくなり…

わざわざ描くのに、上手い人たちよりも下手な自分を目の当たりにするだけで、

なんのメリットも感じられなかったから。下手な自分を見るのが怖かったから。

課題はいい点をとらないのに、コンクールでは金賞を取り続ける人。

同人活動で売れ始めた人。

絵画部で大きくて素敵な絵をたくさん描き続ける人。

成績や点数には現れない、素晴らしい魅力を持った人がたくさん身の周りにいました。

でもなぜだろう、仲良くなれなかった。劣等感で一緒にいられなかった。

絵の話だけするのはつまらなかった。

恋愛もしていたしバンドもしていた、いわゆるリア充タイプに属していた自分からか?

そのために、どこかで「自分は彼らとは違う」と思っていやしなかったか

一線を画すことでどうにか自分を保っていたのではないかろうか。

自分は違う」。「自分は比べられる土俵そもそもいない」。

仲良くなりたかったんだろうか?それも甚だ疑問で、確かに話は合わなかった、

でも、絵を描いててなおかつ絵以外のことも話が合うひとなんて、この世に存在するのだろうか?

ネット上では自分リア充的な側面は一切見えないために、

気張ることなく絵や萌えに没頭できた側面もあったのかもしれない。

物作りを職業にするため、グラフィックデザインの道へ

相変わらず絵を描く親しい友達はできないまま、大学に進学する時期になり、

「せっかく高いお金を同じくらい払うなら、地方じゃなくて上京して東京美大デザインを学ぼう。」と思い、

頑張って受験し、一浪の末美大進学を果たします。

絵を描く情熱が割と無くなっていたにも関わらず、真面目な性分ではあることと

点数を取る絵は得意ということもあったといえども今思い返すと本当によく入れたな…と思います

自主制作はもはや高校時代にはほぼしなくなっていたため、

絵ではなくデザインを選んだ理由は、少なくとも物を作りながら生きていきたいと思ったからです。

デザインであれば、就職率もよく、絵を生業にするよりはお金になると判断してのことでした。

ただ進学しても業種を変えても問題は変わらなかった。

デザインだって自主制作がとても大事なのに、大学生になっても自主制作ができない病が治らない。

でも課題はいい点を取れる…………と思いきや、さすがに大学はそうはいかなかったのです。

付け焼き刃では、太刀打ちできないほど周りが上手すぎるし、

そもそも大学研究のために来る場所なので、自分で物が作れない人間評価すらされない。当たり前のことですが。

そして最終的には就活で完全につまづき、希望企業には就職できず、

かといって物作りも諦めきれずに、作家性のないグラフィックデザイナーとして現在働いています

もうコミュニケーション手段として、絵はいらないのかもしれない

書きたい絵なんてのはもともとなかった。

誰かと描きあって、見あって、評価しあってというコミュニケーションの一つとして私はずっと絵を描いていた。

誰も居なくなって、誰とも話せないのに、一人で描き続ける意味はもはやなく、

コミュニケーションはできないのに上手い人を指をくわえて見ているだけで、

劣等感けが募る毎日になってしまった。

私にとっての絵は、物作りは、もう役目を終えたのではないか

新しい、今までとは違う方法で、コミュニケーションを取る方法を探すのが賢明かもしれない。

なんのために絵を描くのだろう?なぜこんなにも絵を、作ることを、諦めることができないのだろう?

物作りから離れることは、自分人生否定すること、アイデンティティ崩壊することという思い込みが、

未だに私に絵を描かせる。物を作らせる。本当はもう、とっくの昔にうんざりしているのに。

やっぱり諦められなかったけど、30歳を目前にして、

これから人生において「物を作るか」「作らないか」に一旦決着をつけたいと思ったのです。

どちらに転んでも、もうこれ以上このことで悩まないように。

から、一旦最後区切りとして、ちゃんと絵を描いてみよう。その取り組みを、今年は頑張りたいと思っています

2018-01-27

anond:20180127103015

うつ病って、こうあらねばならない。周りにどう思われたい。そのような感情が強い人が起きやすい。仏教で慢という感情

こうあらねばならないと思うから無理をするし、周りにどう思われたいと思うから肩書を奪われた時に凹む。

でもさ、やっぱり社長会社運命を背負ってるのだし、誰が中心になって決めるか判断しないとならないのだから仕方ないよ。

会社が潰れて、一番苦しむのは社長から

肩書は、誰が責任を取るか?というのを決めるものから

慢の感情に囚われた際に示したい本はあるんだけど、今のあなたはその元CTOさんから職を奪っていった人なわけだからノータッチが一番賢明だろうね。

もう少し別の立場だったら、これ薦めたら?というのは言える本はあるんだけどね。

立場境遇によって救える救えない人間というのはある。あなたにできるのは、元CTOさんが復活してきた時に、適度な仕事を振れるか。

2018-01-24

友達としては好きだけど恋愛対象にはならない」

を察知する判断基準存在するだろうか?

私には、何度も二人で出掛けている女性(Aさんと表記する)がいる。

Aさんとは趣味共通しており、ここ半年くらいの間、2週間に1回の頻度で、遊んだ食事に行ったりしている。

毎回楽しい時間を過ごせている(と私は思っている)し、食事基本的に割り勘であるのにAさんからはお礼のメールが毎回届く。

恋愛関係話題になることもある。

しかし、告白はしていない。

恋愛関係話題になっても、どこか会話のメタ度が高く、私たち次元まで会話が下りてこない気がしている。

二人でいるときムード高まることもない。それどころか手を繋いだこともない。

先日は、二人でランチに行った。

待ち合わせ場所に行ってみると、Aさんと共にAさんの女友達(私とも面識がある)がおり、Aさんにとって「男との約束を友人に公言する」状況になった。

Aさんは彼女と別件があったそうだが。

兎に角、私は彼女挨拶し、彼女は帰った。

その後は楽しく二人でランチに行き、付近散歩して夕方解散した。

これは、表題のように私が箸にも棒にもかからないからなのか、半ば交際宣言なのか、頭を悩ませている。

私は別にAさんに嫌われていないと思う。

近い内にハッキリと交際を申し込もうと思うのだが、そのとき気にかかるのが、表題の状況に陥ってはいいかである

何分、私は交際経験がないので、自力経験則帰納することはできない。

そのため、他人体験談から表題基準を私なりに抽出したいと思う。

賢明なる増田諸氏の話を伺いたい。

2018-01-18

ぷよらーがTwitterを始める時に気をつけてほしい事

ぷよぷよプレイヤー通称ぷよらー】は今、ネットプレイヤーゲーセンプレイヤー進出するなどリアルを求めた活動を行うようになりました

それは、ぷよぷよ2ちゃんねるのような対戦相手が【匿名存在】という概念から外れるとともに、SNSの利用によってこのゲーム以外の交流・中には結婚される方もいる等【現実世界の知り合い・友人】への変化も見られるのです

貴方にとっては単なるネットプレイヤーの一としか思っていないぷよらーであっても、貴方の周囲のぷよらーにとっては【現実の知人ぷよらー】かもしれません

相手本名を知っている程の関係かもしれません

このように、ACグループSNSグループの垣根が曖昧になってきている事を前知識として説明しましたが、ここまで説明したにも関わらず、周囲に攻撃性を撒き散らす危険性格ぷよらーがTwitterには潜んでいます

矛先が向けられたり、炎上の飛び火を浴びないためにもつの例を紹介しま

焼け野原になる様子を眺めたいならフォロー推奨です

1.やる気を阻害する発言を繰り返すプレイヤー

Twitterは140文字制限があり、140文字間近まで文章を詰め込む事には賛否両論があるかと思います

しかし、ただひたすらに

「あのプレイダメだ」

「あの戦略は成長しない」

根拠を載せずに繰り返すぷよらーも中に存在しま

ビジネス心理学によれば、こういう体系の方々は、ドリームキラーに分類される方です

これらの方々は貴方の上達等気にはしていませんし、批判により自身が上位の立場であろうとするプレイヤーです

この手の人は、このゲームの強さを頭の良さと相関関係があると主張する癖があるので発見やすいです

批判オンリー、名指しで他者へのネガティヴ発言を繰り返すプレイヤーフォローしますとやる気の低下にも繋がりますし、楽しむためのゲームで余計な心労を抱えかねません

このような方には、貴方ツイートを読ませない方が賢明ですのでこっそりブロックお勧めしま

2.BAN対象攻撃的な発言をするプレイヤー

冒頭に説明しましたが、ネットぷよらーは匿名存在ではなく、他のプレイヤーを経由すれば何処の誰かまで判明しかねない現実相手なのです

それを踏まえた上で、真剣な場で「〇す」などと発言できてしまプレイヤーがいるのです

中には@を付けて送信する人までいます

アカウント削除される程のペナルティを受けても、まだ自身の凶暴性に気付いていない人がいます

このような暴力的性格制御できないプレイヤーは、ネット相互フォロワーACメンバー、他のAC団体リアルの知り合いにも容易にその牙を向けるでしょう

何故なら普通プレイヤーは、冗談でも真剣な話し合いの途中で【脅迫】など考えもしないからです


1はやる気に関わる話、2は説明不要かと思いますが命に関わる話です

1や2の発言冗談無しで繰り返す人には気をつけてください

もしもこういう方がACに参加しているなら、表面上だけの交流に留めTwitterでもフォローバックせず放置で良いです

この文章を読んで顔真っ赤にしている方がいたら、読んでる貴方にはその覚えがあるのでしょうね

批判し続けた相手や「○す」をリプライした相手ぷよらー達が、近い内地元の大会遠征してくる事になった時、何が起こるのか、どこまで一般人を巻き込むのか気になってたまりません

ネット炎上で済むのか、日常生活が追い込まれる程とことん炎上するかは貴方が向けた対象からの反撃次第

2018-01-17

[] #47-5「嫌煙の仲」

俺たちは市長に直談判しに向かった。

いきなり赴いて通して貰えるとは思わなかったが、意外にもすんなり事は進んだ。

今日はどういった用件で……」

「現状は理解しているでしょう。今すぐ禁煙法を撤廃した方が賢明かと」

「……答えを出す前に、1つだけ聞きたいことがあります

市長。つまら駆け引きはナシでいこうや。お互い時間無駄だ」

「この『禁煙法』は悪法だと思いますか。それをどうしても聞いておきたいのです。私が禁煙法を制定したキッカケになった、あなたたちに」

ナンセンスな問いだ。

市長は既に答えを用意しており、それは俺たちがどう答えても変わらない気がした。

だが禁煙法を制定した時も“キッカケ”があったから、今回もそれがないと市長は踏ん切りがつかない。

俺たちをアポなく通したってのは、それを求めてのことだろう。

そしてマスターたちは手向けとばかりに答えてあげた。

「結果から言えば、悪法ではありますな。全面禁止にして万事解決というのは、些か短絡的かと」

古今東西、こういった禁止法が円滑に進んだ試しはない。一度与えたものを、そう易々と奪えると思わないほうがいい」

俺も市長に答えた。

「つまり“人を憎んでタバコを憎まず”ってことなんだと思います

「マスダ、二重丸をあげよう」

「あれ、花丸じゃないんですか」

割と自信のある回答だったんだが。

タバコも、それを吸う人間どちらも批判対象にはなりうるよ。タバコが体に悪いことは事実だし、それを吸う人間裁量だけ憎むのはフェアじゃない」

「オレたちの主張は、体に悪かろうが人に迷惑をかける可能性があろうが、それが理由になるとは限らないってこと」

画像キャプチャーとかと一緒で、悪目立ちすれば取り締まり批判対象になりやすい。奨励はしていないものからね。だからといって、権利自体を取り上げたら弊害が発生することもあるんだ」

ああ、やっと分かった。

「つまり禁煙法は、タバコを吸う権利のもの侵害しているかダメってことですね」

センセイは小さく頷く。

花丸はくれないらしい。

そして俺たちの話を黙って聞いていた市長は、いよいよ口を開いた。

「ふむ、お話を聞けて良かった……」

既に用意していたであろう答えを淀みなく、高らかに宣言した。

禁煙法を撤廃します!」

タバコを吸わない俺にとっては素直に喜ぶべきことではないのだろうが、なんだか奇妙な感覚だ。

「ただし条件があります

条件?

「だろうな」

そしてタケモトさんたちは、何となく察しがついているようだった。


…………

それから数日後、あの殺伐とした状況が嘘のように、俺たちの町は良くも悪くもいつも通りに戻っていた。

市長のやつ、最後っ屁でタバコに対して重税という条件こそ出したものの、随分とあっさりと容認しましたよね」

いつもみたく尤もらしいことを言って、しぶるかと思っていた。

「たぶん市長は内心とても焦っていた。禁煙法を制定したものの、予想と違って社会好転するどころか悪化したんだから。だが今さら禁煙法を撤廃したら、自身政策が短絡的だったと認めることになり、面子にかかわる」

から解禁する代わりに、高い税率をかけるという妥協案を持ち出しってことか。

「その提案も、お上市長に指示をした結果だろうがな。おそらく政府は、禁煙法が最初から上手くいくと思っていなかった。最終的に撤廃するつもりだったんだ」

え、一体どういうことだ。

撤廃するつもりだったのなら、最初から禁煙法を制定する必要はなかったのでは?」

「実のところ、政府タバコを売りたいんだよ」

んん?

ますますからなくなってきた。

(#47-6へ続く)

2018-01-13

anond:20180113163358

追記を見ました。

被害妄想だ」という見方もあるだろうけど、世の中レイプ事件があるのも事実

油断しているよりは、慎重である方が賢明対応だと思います

 

護身術のススメ

万が一、勘違いして暴走してくる男がいた場合に備えて、護身術を学ばれることをお勧めします。

格闘技にもいろいろあるけど、「クラヴ・マガ」というイスラエル軍護身術お勧めです。

暴力的男性を怖いと感じている女性は、みんな護身術習得した方が、心理的安全が確保されて、日々安寧に過ごせると思います。)

 

クラヴ・マガ

2018-01-09

anond:20180109194634

国際政治人間支配するための茶番劇

フェイクニュースで踊らされて右往左往するより、さっさと3億円稼いで、悠々自適セミリタイア生活に入った方が賢明

日本アメリカから支援金を受け取っている北朝鮮が、危機感煽り日本アメリカ政治腐敗から国民の目を逸らせて、ガス抜きに協力しているだけ。

情報弱者以外はみんな知ってる)

2018-01-05

はてサは、トーポリシングをやめろ!

Twitter池内恵フェミが揉めていたけど、はてサ案の定フェミのほうに味方していた。

しかもその内容は、「池内恵の主張は正しいが、彼の言葉遣いや態度が良くない」というもの

これ、典型的トーポリシングだよね?

  

誤訳を指摘するとき、その誤訳やらかしフェミニストお気持ちを傷つけないように、優しくおだやかな言葉で伝えなきゃダメってこと?

あほかww 甘ったれるな。池内さんはお前らのパパじゃねーんだよ。

  

  

NYT記事レイプ」「執行猶予付き判決」を誤訳した女性に、誤訳を指摘する池内恵先生が、噛み付かれまくる - Togetter

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1186405

yasugoro_2012 端的に誤訳だけ指摘すりゃいいのに、相手プロファイリングが余計でしょ。↓にもいるけど女性アカウントババアとかおばさんとか平気で呼ぶ連中も滅びろ。

wachamaca 原文読んだが、誤訳だ。池内氏の訳が正しい。(なのに元ツイート撤回されてない)ただ入り方といい、議論の合間にも挑発的な属性攻撃してるし、これで相手に素直にごめんなさいしろっていうのは賢明じゃない。

kutabirehateko 赤の他人誤訳根拠人格に求めるって論理的でも理性的でもないよね。記事趣旨も読めていないのか無視しているのか異常な辛辣さでびっくり。

これらのコメントに星をつけている奴をメモしておこう。

  

なお、正義のためにやっているのだから誤訳を許せ、と言い出したyoko-hirom先生

yoko-hirom 保守自称していれば事実無根デマ中傷がやりたい放題,リベサヨフェミ誤訳も許されない構造が異常なのだが。弱者から性搾取もその構造の中にある。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん