「賢明」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 賢明とは

2018-08-14

anond:20180814044112

増田モテないってより関わりたくないって思われるタイプだな

女は賢明だよ

非モテとかKKOとか以前の問題っていうか犯罪者予備軍とかそっち系

2018-08-11

いきなりステーキがいきなり閉店した

今年はじめに、車で30分弱のところに「いきなりステーキ」が開店したという話を聞いた。

新しいものほとんど入ってこないこんな田舎にどうして、と思ったが、

この話に心を踊らせて、休日に車を飛ばし開店してまもない店で食べたリブロースステーキの味を今も明瞭に覚えている。

私は東京学生時代を過ごし、地元に帰って仕事をしている社会人2年目の男だ。

大学3年のころ、借りていたアパートの近くにできた「いきなりステーキ」に週一度は通っていた。

比較時間のある文系大学生だったので、よくランチタイム匂いがついてもいいような半部屋着を着て、ワイルドステーキを喰らっていた。

金がピンチときでさえ、朝晩の食事我慢して通った。

が、色々あって田舎Uターン就職をすることになり、いきなりステーキから足が遠のいてしまった。

インドア趣味で、出張などない仕事をしていたので、働き始めて1年近く「いきなりステーキ」に行かない日々を過ごした。

そんななか喰ったステーキは、最高の味だった。

それから、毎週のように通いはじめた。

毎週同じ時間に同じメニューを頼む人として、店員に顔を覚えられ、私と同じような動機で店に毎週通う肉食女子友達になった。

家族を連れて行ったとき普段は寡黙な親父がハイテンションになったのもいい思い出だ。

いきなりステーキ」に行くことは、週に一度の楽しみだったのだ。

しかし、日常はいきなり破壊された。

西日本豪雨だ。

店舗があった場所が水没しやす場所だったため、大雨で氾濫した川の水に店舗は浸かってしまった。

一帯の店舗は同様に水に浸かり、一時的な閉店を余儀なくされた。

そして、1ヶ月と少し経った今でも、多くの店はいまだに閉店したままであり、

いきなりステーキ」も開店見合わせ状態だ。

地元住民の間では、今回水没した多くの店は今後再オープンしないのではないかと噂されている。

それは、仕方のないことなのかもしれない。

今後人口は増えないと言われているまちだし、この地域に大雨や地震という災害は確実に起こり大きな被害を受けると言われている。

企業からすればこの機に撤退することは、賢明判断なのかもしれない。

だが、そうなったら、とても悲しい。

タイトル釣りでごめん。

2018-08-09

医者増田を書いてわかったこ

東京医大の女子減点問題について、いち小児科医が思うこと

優秀な医者とそうでない医者の違い

を書いた増田です。すいません、この2つですが、書いたのは実は同じ増田です。


どのくらい反響があるかを前の増田の影響がない状態で見てみたかったので、2つめはあえて文体を変えて書いてみました。

ばれるかなと思ってドキドキしていたので、今のところ同一人物じゃないかという指摘がなくて良かったです。


今回、東京医大事件によって、医療界が抱えている大きな歪みが一般の人の前にも明るみに出たので、いい機会だと思って普段なんとなく考えていることを文章化してみました。

読み返してみると2つとも無駄に長いですね。

現代医者の性かもしれませんが、できるだけ状況を丁寧に説明して相手選択してもらうような考えが染みついてしまっているので、ぐずぐずまとまりのない文章になってしまいました。

まぁ、もともとまどろっこしい性格なのですが。

こんな長い文章なのに、多くの人に読んでブックマークしてもらってうれしかったです。

あんなにたくさんの増田がある中で拾われるなんて、増田ウォッチャーの方は本当にすごいですね。


たくさんいただいたブックマークコメントを読んで感じたのは、やはり医療現場の外にいる人に医療現場のことをわかってもらうのは難しいということです。

別にすべての人にわかって欲しくて書いた訳ではないですが、中にいる人間としては、そんなに単純な話ではないんですと思うコメントもたくさんありました。単純に私の伝える力がヘボいだけかもしれませんが。

その現場の中にいる人にしかからない空気感があるというのはどの分野でもある程度同じだとは思いますが、病院はどうしても病気の人と病気を治す人という特殊かつ閉じられた環境になってしまうので難しいです。

風通しを良くするために、他力本願で大変申し訳ないですが、こうすればいいという考えを持たれている、他の分野、特にはてなユーザーに多数いらっしゃるであろうITエンジニアの皆様におかれましては、ぜひ病院という環境に飛び込んで、自分の分野を活かした医療環境改善プラン提案していただきたいものです。

ニーズは非常に高いので、ビジネスチャンスはたくさん転がっていると思いますし、なにより実際に環境改善されれば現場人間に非常に喜ばれると思います

さらに、現場環境改善はそのまま患者さんに提供する医療の質の向上につながります

みんな大喜びです。

可能であれば医師から何か提案したいところなのですが、医師特にマネージメントに関わるような立場にある医師は、結局その技術で何ができるのかと言うことまでキャッチアップできていないことが多いので、そもそも活用法を思いつきません。「IT活用して何とかして」とか言われたらみんな困るでしょう。

医療者がAIも含めたITリテラシーを高めるのと合わせて、IT側もビジネスチャンスと考えて積極的医療に関わり、その高い技術力を活かしてもらいたいものです。


偉そうなこと言ってないでお前も何とかしろよと言われそうですが、卒後10年弱で中堅に入りかかった程度の小児科医としては、増田を書いて少しでも理解裾野を広げることと、自分の周りの環境を何とか良くする程度しかできることがないのがつらいところです。

早く偉くなって自分の影響力が及ぶ範囲を広げたい。


最後に、前2つの記事ではできるだけフラット立場で読んで欲しかったので、自分の考えをあまり書きませんでしたが、「結局増田解決法についてどう考えるの?」というコメントをいくつかいただいていましたので、自分の考えを書いておきます

前もって断っておきますが、例のごとく非常に長いです。すいません。


医学部入試について>

今回の事件に限らず医学部入試に黒い噂がつきものなのは大学医学部医学科に入学した人のほとんどが医者になるという現状が原因で、これが諸悪の根源です。

まり入試不正をなくすためには、ほぼ入学ゴールという現状を変えなければいけません。

すなわち、医学部入学者を増やして医師教育入り口である医学部入学の門戸を広げて、代わりに国家試験という出口で医師の数を調整する、という方法です。

大学医学部に入れたところで医師になれるかどうかはその後の自分次第なので、不正をしてまで入学するメリットは大幅に減ります

出口を国家試験にしてしまえば試験による不正基本的には起こらないはずです。(このご時世なので何があるかはわかりませんが)

現行のペーパーテストのみの国家試験をより実践的なものに変更する改革と合わせれば、現場に出る医師レベルもある程度保証できるはずです。

国家試験受験者の大多数が合格できる試験でなくなり、さらにより実践的なものになれば、各大学間で合格率に大きな差が出ることになると思いますし、大学間での競争活性化されて問題のある大学は淘汰されていく流れになるかもしれません。学生競争さらされてしっかり勉強するようになるでしょう。

さらに、医学教育の出口で医師の人数を調整することにより、入り口で調整している現在より速いスピード医師需要の増減に対応できるようになります


問題点としては、医師になる教育を受けたのに医師になれない人が多く発生することです。タイミングによっては、氷河期みたいな現象が起きてしまうかもしれません。

医学生にとっては、大学に入ってしまえばほぼ医者になれる現状に比べてかなり厳しい状況ですが、世の大学生や大学院生たちは、就職においてかなり熾烈な競争を行っているようですので、現状が甘やかされすぎです。

ただ、医師になれなかった学生の受け皿は必要です。医師に準ずる知識技術を持った非医療職というのはある程度の需要があるとは思いますが、どこまで一般企業などがそういった人材を、しか国家試験に落ちてしまった人材を欲してくれるかは疑問です。

医師みたいな資格を作って病院で働くというのも一つかもしれませんが、どういった制度設計にするかは十分な議論必要です。

とにかく、国家試験に落ちてしまってもすべて自己責任としてしまうのは今の日本ではちょっと受け入れ難いと思いますし、この辺りは検討余地が多数残っています

他の問題点としては、やはり大学負担が増えることでしょうか。

大学時代によく言われたことですが、医者を一人育てるのにはお金を含めた莫大なコストがかかっているそうです。

国公立大学言わずもがなで多大な税金が投入されていますし、私立大学でもある程度は学生授業料でまかなわれているものの、少なくない税金が投入されています

その税金を、医師教育として医者にならない(なれない)人のために払うべきなのかというのは議論が分かれるところだと思います

国公立大学でも学生負担を増やすのは一案だと思いますが、結局お金持ちしか医師になれなくなっては本末転倒ですし、アメリカのように借金してでも大学に入ったのはいものの、最終的に医者になれなかったのでは救いのかけらもありません。

つの時代お金の話は悩ましいものです。

また、お金だけでなく人的なコストも増大します。

現状では大学教員診療教育研究を一手に引き受けており、学会活動なども含めて多忙を極めています

ただでさえ手薄な教育なのに、これ以上にリソースを割けと言われると行き着く先は地獄です。

解決策は大学教員を増員して診療教育研究のうち得意な分野に専念させることですが、そんなことができるお金のある大学日本には存在しないでしょう。

やっぱり先立つものは金です。

国民の皆さんに納得していただいて増税するしかありません。


医師労働環境改善について>

最初増田に書いたように、医師労働環境改善女性だけの問題でなく、今後は男性医師にとっても重要問題となってきます

特別女性が働きやす環境を作る必要はなく、性別関係なく医師が働きやす環境を作れば、その結果として女性もあまり無理なく働ける環境になると私は考えています

そのためには、賢明なるはてなユーザー諸氏と同様に、医師の数を増やし、医師業務を他の職種移譲できるもの移譲し、病棟業務については複数主治医制にすることが基本的には必要だと思っています


この3つのうち根本的かつ最も強力な改善策は医師の増員だと思うのですが、いかんせん現在制度では増やそうと思ってもどうしても10年近いタイムラグが生じてしまます

軍隊みたいに予備役みたいな制度があればいいんですが、医師に関してそんなバッファーを用意できるほどこの世の中に余裕はありません。

増えた頃にはAI進歩によって劇的に医師業務スリム化されていて、既に多くの医師が用なしになっているという未来も想定しておかなければいけないことを考えると、現実的には、今から医師を増やすよりはAI進歩を待つ方が良いのではないか個人的には思います。非常に悩ましいところです。

また、医師を増員する場合は、増員した医師診療科と勤務先が偏ってしまうと増やす意味がないので、国家試験の成績など何らかの形でそれらを制限する仕組みが必須です。

しろ医師を増やさな場合でも、今後の医療においてこの仕組みは必須になってくる可能性が高いでしょう。

これから医師を目指す学生諸君にとってはこれも厳しい話ですが、医者が好きなように診療科と勤務地を選べる時代は終わったと諦めるしかありません。


医師の増員についての問題点は、やはり人件費です。

業務量の減少に合わせて個々の医師給与は減ることになると思いますが、総量規制で「人数を倍にしてやるから給料半分な」というのはさすがに厳しいですし、それなりの人件費の増加は免れないでしょう。

また、上にも書いたように医師を増やすことで大学の育成のコストも増加します。

やっぱり先立つものは金です。

私の給料が減ることについては生活に困らない程度までは我慢しますので、国民の皆さんにも納得していただいて、増税のうえ健康保険料の値上げと医療費の自己負担割合を上げさせてもらうしかありません。


医師業務を他の職種移譲することについては、現在も徐々に進んできていると思いますが、現在既に忙しく働いている医療者に業務移譲しても仕方ないので、やはり追加の人員を確保することが問題となります

医師を雇うよりは人件費は抑えられると思いますが、日本全体で考えれば結構人件費の増加になるでしょう。

また、処置にせよ事務仕事にせよ、医師負担を減らせる程度までの業務移譲するためには、相手にもそれ相応の医療知識技術必要です。

その教育や育成にも金銭的・人的コストがかかります。やはり先立つものは金ですね。

カネカネ言い過ぎて、賢明なるはてなユーザー諸氏に「医療現場問題は放っておこう」と思われないか心配になってきました。

とは言え、退院マリを書けるくらいの医療知識と高い事務能力を備えた人材がいれば、病院においては引く手数多だと思うので、そういった人材を育成して派遣する会社を作れば儲かりそうです。実はビジネスチャンスなのかもしれません。


複数主治医制についても基本的に賛成です。医師がある程度安心して病院を離れるためには必要制度だと思います

ただ、患者さん側の理解必須です。

主治医団のメンバーすべてが同様の能力を持っている訳ではないこと」、「チームのメンバーのうちA医師にはできることがB医師やC医師にはできないこともあること」、「緊急時を始めとして常に望む相手診療が受けられるわけではないこと」。

理性的はてなユーザーの皆様には理解しがたいことかもしれませんが、この当たり前とも思えることを納得して受け入れてもらうことすら難しいのが医療現場の現状です。

2つめの増田に書いたシチュエーションはほぼ実話で、同じようなことは重症度は違えど年に数回は起こります複数主治医制での別の主治医とではなく、当直医との間においてですが。

もちろん、実際の状況はあんなに単純ではないので、自分主治医側の場合もあれば当直医側のこともあります

私は小児科医なので、実際に起こっていると言うことは、あの場で急変しているのは子どもです。生後1ヶ月に満たない赤ちゃんのこともありますし、中学生のこともあります

いずれにせよ、急変した我が子を見て、このまま我が子が死んでしまうかもしれないと言う状況で「これも運だから仕方ない」と冷静でいられる人はいません。A医師を呼んで状況が改善する可能性があるのだったら「A先生を呼んで!」と言わない親は現実はいません。そんな親はみたことがありません。

別にそれが悪いと言っている訳ではありません。自分がその親の立場だったら言ってしまうと思います

ただ、その希望が常に叶えられるものではないことくらいは理解して受け入れてもらうのが、複数主治医制が根付くために必要な前提条件だと思っています

簡単そうに思えるかもしれませんが、現場においては本当に難しいことです。

患者さんやその家族が、多くのはてなユーザーの皆さんのように、正しさのためならC先生我慢するか、と思える方ばかりならいいのですが。

この前提条件が成り立たない状態複数主治医制を実施すると、前の増田に書いたようなことになって、優秀な医師病院を離れられない空気感ができあがりA医師疲弊するだけです。

また、複数主治医制を機能させるためには、どうしても1つの医療機関にそれなりの数の医師を集めなければいけません。

上にも書いたように、医師の増員にはどうしても時間がかかるので、さし当たっては医療機関の集約化を行うしかありません。

中規模の病院を中心に統廃合が行われた結果、中規模以上の医療機関へのアクセス悪化し、患者さん側にはご負担をおかけすることになると思います


医師労働環境改善のための患者さん側の理解という点では、医師時間外の仕事を増やさないように協力していただくことも重要です。

夜間・休日不要不急の受診を控える、平日の日中以外に病状説明求めない、この2点で小児科医の労働環境結構改善すると思います

子ども医療費の自己負担額は多くの自治体でただ同然なので、その受診人件費を含めてどれくらいのコストがかかっているか無頓着な方が少なからずおられます

金銭的・時間的にアクセスが容易だから夜間・休日でもとりあえず受診しておこうという姿勢は、上に書いたように医療費の高騰や医療機関の集約化を通してその容易なアクセス崩壊させ、結果的に自らの首を絞めます

もちろんどうしようか非常に迷った上で受診して、ひどく申し訳なさそうに診察室に入ってこられる保護者の方もたくさんいますし、小児科に関しては子どもことなので、もちろん心配であれば夜間でも日曜でも受診してもらったらいいのですけどね。


AIについて>

AIは将来的に医療の様々な分野において医師業務を助けてくれる存在になると思いますしかAIの素晴らしいところは、いったん開発してしまえば計算機電気さえ食べさせていれば文句を言わずに働いてくれるところです。もちろんメンテナンス必要ですが。

上に何度も書いたように、先立つものは金というこの世知辛い世の中において、人件費がネックにならないのは非常にありがたい存在です。

咽頭画像撮影して、その画像からインフルエンザかどうかを診断するAIを作っているベンチャー記事をどこかで読んだ気がしますが、そういった特定の疾患かどうかを診断するようなAIは実現が間近のようです。

一方で、多くの人がAI診療と言われて思い浮かべるような、患者情報インプットすることで自動的に診断や治療法などをアウトプットしてくれる夢のようなAIはまだまだ実現は遠そうです。

そういったAIを実現するための最大の課題は、我々医師が診察の現場において収集している情報のうち数値化や言語化が難しい情報を、どのように計算機 このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2018-08-05

モテたきゃ、半端に賢い奴になるな、クズになれ

から見たらクズみたいな男ほど、不思議と女に切れ目がなくて30手前で結婚したりする

一方で、そこそこの大学を出て、そこそこの企業で、そこそこの給料を貰ってるのに10年も彼女がいない奴もいる

これには、ちゃん理由がある。根拠のない自信の有無、これが大きい。

例えば、俺が知っている奴に、こんなどうしようもないクズがいる

幼い頃から欲しい物があれば万引きを繰り返していて、それを武勇伝として自慢話にしているし

タバコ代を使いたくないから、周囲に対して500円の寸借詐欺を繰り返し続けている事を、こんな風に自慢する

「初めのうちは3,4回程度借りたら、1回にまとめて1000円程度を返すんだ。そして段々と返す間隔を広げるんだよ。

そうしたら馬鹿な連中は、器のでかい自分を見せたいのか、幾ら貸してるか覚えてもないのか、相変わらず金をくれる。

そういう馬鹿が何人かいれば、たばこ代には困らないw子供から万引きを見逃す馬鹿と同じだw」

とまぁ、クズの極みだ

ゴミ分別なんてしないし、ゴミの日も守らないで適当に出すが、出せばいい方で出さずに家中ゴミ袋だらけにしてる時もある

夜中に大騒ぎする事も日常的だから周辺住民とのトラブルだって絶えない

真っ当な教育なんぞ受けてないから、仕事は出来ないし、信用もされてないか簡単仕事しか出来ない

金はパチンコに消えてなくなって貯金なんぞないどころか、資産運用なんて単語すら記憶にない

とまぁ、俺から見たら生きてるのが迷惑ゴミなんだが、しかコイツは女にはモテる

モテる為に見た目には気を使って、手間をかけているからってのは当然としてだが

クズってのは、異様なまでに自分に対する評価が高い。

他人を見た時に常に自分よりも劣る所だけを見るし、自分は正しいという確信に満ち満ちているし

どんな大きな夢も目標も、それが嘘だとバレる事に引け目なんてないから、自信満々に語れるから

一見すると横柄に見えるその態度も自信の表れに見えるし

クズから、抱きたい女がいれば、どんな強引な手も躊躇いなく選んでしまえる

一部の、そして大半の女ってのは、こういうのに弱い

モテない高学歴君は、自分に自信がなさすぎる

1流の大学を出て、それなりに知られた企業に勤めている奴は、自分よりも優秀だったり優れた能力を持った人間を見ている

から自分の程度を知っていて控えめだし、同時に自分に足りないもの自覚して学ぼうとする

謙虚で、そして賢明な姿ではあっても、控えめな自己評価は自信のなさに見えたりする

同時に女性に対しても、あくまで控えめに謙虚相手尊重した態度を取って「いい人」だと言われてしまう訳だ

クズは、一部のそして大半の女目線ではエリートとは変わらんという事になる

周囲の連中を圧する事が出来る能力を持った一部のエリートと同じような強い自己肯定感クズは持っている

そして同じように押出が強く、有り余った性欲で女を押し倒していく訳だ。だからモテる


周囲を圧倒する能力のある真の自信に溢れた人間になる事は難しいだろうが、クズ要素を身に付けて偽の自信に身を包むのは簡単

謎の自己肯定感に溢れているサイバーエージェント男子を目指そう

スタートアップベンチャーでウェーイって感じを出せばいいw 高い技術力、優れた専門知識なんて求めるな

サイバーエージェント男子にそんなものは要らない

マルチで人を騙しても自己嫌悪を欠片も持たない、マルチ商品販売パーティーを開いては

自信満々に自分がどんなに素晴らしいか自我礼賛しては、騙して高額商品を売りつける一方で女を抱くクズになれ

女はゴミクズに苦労しながらも付き従うのが好きで、苦労させられることもないが特別に凄くもない半端に賢い奴には惹かれる事はない

本当に高齢者運転モンスターしか言いようがない

昨今の高齢ドライバー運転動画を見るに、本当に高齢者の運転モンスターしか言いようがないほどで、テロリスト有害性は何も変わらないのでは?と思います

実際、高齢者が逆走して対向車の乗員もろとも死傷するケースが後を絶たないですし、コンビニなどの店舗突入したり歩道につっこんでテロのような大量死惨事を起こしても居る。

以前、新聞記事で読んだのですが、統計を見ると高齢者は他の世代より2倍以上死亡事故を起こす(高齢ドライバー自身が死亡するケース含めて)率が高いそうです。

高齢者は1秒でも早く免許返納すべきですし、行政高齢者の免許剥奪するべきですですね。

自動車乗車中の年間死者数は1200人以上!

交通刑務所懲役囚人のほぼ全員は自動車運転手!

車離れは重大事故離れ!なのですから

現代は、公共交通はもちろん、シニアカー電動アシスト自転車という選択肢もあるのですからね。

大事故を起こして後悔する前に、いい歳になった自分をわきまえて免許返納するが最善であり賢明

2018-07-30

anond:20180729014659

別に全文読まずに批判してもいいんじゃないかな。的外れで若干アホに見られるけど。

もちろん、はてなー賢明なみなさんは少なくともこの部分は読んでいるはずですよね。

 リベラルメディアは「生きづらさ」を社会制度のせいにして、その解消をうたいますが、そもそも世の中は生きづらく、理不尽ものです。それを自分の力で乗り越える力をつけさせることが教育目的のはず。「生きづらさ」を行政解決してあげることが悪いとは言いません。しかし、行政が動くということは税金を使うということです。

 例えば、子育て支援子供ができなカップルへの不妊治療税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分がありますしかし、LGBTカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。にもかかわらず、行政LGBTに関する条例や要項を発表するたびにもてはやすマスコミいるから、政治家が人気とり政策になると勘違いしてしまうのです。

ただ、はてなーの中には次のような才能をお持ちの方がいらっしゃるようです。

そんな豊かな才能をお持ちのはてなーのみなさんがコチラになります

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/yumi_suginami/status/1023061159501426688

2018-07-27

anond:20180727134608

本人が儲かってるならそうだよな。典型的な、一時的釣り上げてピークのところで売り抜ける手法

同じサービスに乗っかって真似したいところだが、売り抜けのタイミングを誤って破産する未来が見えるので、ふつうイケハヤ推してるサービスは全て避けるのが賢明だよな。

常に賢明人間でありたいと思うなら、決して結婚はしてはならない。

結婚というものは、 ウナギをつかもうと思って、蛇の入っている袋に手を入れるようなものだ。

結婚するくらいなら、まだ痛風にでもかかったほうがマシだ。

メレジコフスキー

http://www.meigensyu.com/tags/view/1109/page4.html

イイハナシダナー

何故ウナギ……。

😸倖多かれ

🐶他人事だと思ってるワン

🐰台風来たらやだなー買い出し行ってこよ

2018-07-25

anond:20180725220710

まあそれが賢明よな…

セミダブルは以前使ってたので、次はもう一段階広いのが良いなと

2018-07-24

自分が言う言わないは別にして

あのビールの注文ジョーク、気味がわるいな。

実際ネタなのはわかってるけど。

増田そもそも店員奴隷扱いしてるタイプではない。

からこそ痛くもない腹を探られているような居心地の悪さを感じる。

あと店にもよるでしょ。高級フレンチソムリエ相手に「おい、赤」っていうんは変だし辞めてくださいって思うのわかるけど生380円の居酒屋って雰囲気だいたい想像つくけどそこでおっちゃんが座敷からカウンターに向かって「おーい生一つ!」とか言ってんのそんなに店員不快?「はいよ生一丁!」とかって小気味よく返してくれるところしか想像つかない。

「おい生」っていうおっさんもいざ店員が席までビール持って来たら「はいどーも!」って礼いうしさ。たぶん。

あとブコメでもちらほらでてたけどペナルティ制にしたらそれさえ払えばじゃあ言ってもいいのかって話になると倫理的にこれまた気持ち悪いよ。

ブコメ肯定的なの多くてでびっくりした。

他人良識なんかあてにならねえってか。賢明だわ。

でもパリ風習は今の日本にあわないと思う。

2018-07-18

anond:20180718025645

ステキ感性共感する。

しか内面で繋がれる友人の次は、必ず魂で繋がれる奴が欲しくなる。

が、切って血の出る距離感に立てる友人と長続きするのは難しい。

自分はすでに3人ほど絶交してしまった。10代で一人、20代で一人、30の頭でもう一人。

疲れたので、恋人以外との関係は最小になった。さすがにもう魂の友人は現れないと思う。

元増田にそんな友人が現れたら、絶交を回避する賢明さを発揮してほしい。by寂しい人間

2018-07-17

anond:20180717104750

そうだよ

そこまで分かっているのなら、ネットから離れた方が賢明だね!

2018-07-14

anond:20180714194822

じゃあ月イチで体調不良になるメスは政治家に選ばないのが賢明だね、って話だよ?

閉経してる証明があれば別

anond:20180714140611

はあそうですか

俺は賢明なので実績のある、評判も良い所に依頼してるのでトラブルに遭ったことは無いなあ

自業自得しか

2018-07-07

声優の演技って様式化しはじめてるよね

長くアニメみてると

知らない名前声優でも

以前にどこかで聞いたような声とか抑揚であることがほとんどだし

「あ、あの有名な声優さんとそっくりだなー」とか思うこともしばしば

きっと

声優という職業確立されて

有名声優という人気と実力のある存在がすくなくとも声優業界認知されて

そこを目指していく若者たちは有名声優マネから訓練をスタートする

から基本的模倣的なもの

もちろん模倣からはじまっても結局は本人の個性というのはどこか残るものだし

キャリアのなかで変化もしていくものだろう

人気のあるもの模倣するのは手堅くクオリティを維持できるから

賢明選択だし

声優も年をとるから若手が過去声優さんの技量や芸風を継承していくのはいいことだと思う

もっと

声優の演技が、「いかにもアニメらしい声優の演技」という印象を抱かせている

のはまるでこの業界伝統芸能世界のように古びて様式化してしまっていて

新規性や幅の広がりを失っているのかもしれないけど

このようなスタンダードの土台があるからこそ

新しい試みが成功したときに驚きをもって迎えられることもあるのではないか

2018-07-04

ラノベソシャゲ40代って…

ソシャゲのメインユーザー40代

https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20180702011/

ラノベの読者も40代

無職ニート引きこもり生活保護最多も40代

何なのコレ?w

40代就職氷河期世代って家に引きこもって人の金でパチ通いのソシャゲ狂いでラノベ現実逃避ってヤバすぎない?

一方20代とか寄り付いちゃいないとか賢明過ぎでしょ。

最近の若者はー

じゃなくて

最近40代はー

に言い方変えたほうがいな。コイツクズだわ。

2018-07-01

anond:20180620213737

えことよ。

情報収集してるつもりで漏れることも稀によくあるから賢明だと思う。

ほどほどに幸せになるんやで。

2018-06-27

[] 人を見れば自己愛性人格障害者だと思え

日本人の心得 ~ 全ては安全に生きるために

人を見れば自己愛性人格障害者だと思え、間違いない。

 

性善説性悪説

薄々気づいてると思うけど、ほとんどの人間サイコパス

 

自分さえ良ければ他人はどうでもいい」

「世の中で、自分が1番かわいい他人は2番目以下」

 

そのムッツリスケベのオヤジも、普段は真面目なふりをしてるだろうけど、酒が入って本性が出たら、ほぼ犯罪者みたいなもの

でも、ほとんどの人がそうだよ。

抑圧型だと普段普通に見えるけどね。

俺の経験則では、まともな奴は1万人に1人ぐらいしかいない。

から普段から慎重に生きて、警戒心を持った方が、安全人生を送れると思います

失敗を活かして、賢明になってください。

2018-06-26

一生懸命議論とやらをしてたし賢明なるはてな民はてな民に対する対策はそろそろできたの?

2018-06-25

Hagexさん殺害事件を機に

と、書き出してみたが、何も変わらないだろう。残念な事件言葉もない。

でも、心の弱い人は弱い。

強くもならない。キレやすい人がキレるだけ。余裕も生まれない。そういうことは感じた。

ネットだろうが、リアルだろうが同じ。

社会を変えれば、システムを変えれば何かが変わるだろうというのは、淡い期待。

ネットリアルとの間にバリアがあると知らず知らずに安心していたら、

ふっと向こうから飛び出してこっちに向かってきた、という感覚はあるのかもしれないね

http://zaikabou.hatenablog.com/entry/20180625/1529890030

檻の中の動物からかっていたら、カギが空いていたみたいな。

人それぞれだろうけど、自分場合は、ふとしたきっかけでネットで絡まれて、リアル世界に迫られた経験10年前にした。

からかっているのは私じゃない、自分は煽っていない、2chの外野だって説明しても、聞いてもらえない。

構図は匿名プラットフォーム低脳先生と呼ばわりしてからかうことは似ているが、自分が関与していないことだけが異なる。

それ以来、勝手に盛り上がる外野コントロールできないし、気が散るのでブロガーという自分アイデンティティは捨てたね。

脇が甘い匂いの私は本名も突き止められて、職場が突き止められるのも時間問題かな、と思ってじっと耐えていたら、

その人物がある日、ふっとこの世から消えた。事故だった。あのときは、本当にいろいろ考えさせられた。

あともうひとつ、思うのは、

ネットで人をからかったりするのは、日本人同士だけであればたまにしかこういうことは起きないだろうけれど、

よその国ではネットでもリアルでもやらないほうが賢明

anond:20180625131840

マジレスすると、基地外無視した方が安全

どうしても基地外から逃げられない状況に陥ったら、

  1. 基地外に狙われている今の自分
  2. 基地外に狙われる(自分の次の)未来被害者たち

を守るために、徹底的に基地外を潰すしかない。

腹をくくろう。

そういう危機的状況に陥ること自体が既に問題なわけで、賢明なら、日頃から基地外を警戒して、近づかないだろうけどね。

[][]

マキアヴェッリと私

ある人物が、賢明で思慮に富む人物であることを実証する材料の一つは、たとえ言葉だけであっても他者強迫したり侮辱したりしないことであると言って良い。

http://otsubo.info/contents/machia/machi03.html



ある人物が、賢明で思慮に富む人物であることを実証する材料の一つは、

たとえ言葉だけであっても他者脅迫したり侮辱したりしないことであると言ってよい。

なぜならこの二つの行為とも、相手に害を与えるのに何の役にも立たないかである

脅迫は、相手の要心を目覚めさせるだけだし、 相手はそれまでは考えもしなかった強い執念をもって、

あなた破滅させようと決意するにちがいない。

古代ローマ人は、このことを熟知していた。彼らは、

本心からであろうと単なる冗談であろうと、

この二つの誤りを犯すことほど

相手の胸中に憎悪の念をかき立てることはないとわかっていたのである

タキトゥスも書いている。

「どぎつい冗談とは、それが真実からかけ離れている場合はなおさらのこと、

とげとげしい後味を残さないではすまないものである」と。

マキャヴェッリ マキャベリ



https://anond.hatelabo.jp/20180624222908

https://anond.hatelabo.jp/20180625054635

https://anond.hatelabo.jp/20180625202047

https://anond.hatelabo.jp/20180626141122

anond:20180625004943

関わり断つの賢明

そういうやつは何だかんだ今後もこっちに迷惑かけてくるだけ

葬式の時だけ行ってやれ

2018-06-21

anond:20180621231826

性善説性悪説

薄々気づいてると思うけど、ほとんどの人間サイコパス

自分さえ良ければ他人はどうでもいい」

「世の中で、自分が1番かわいい他人は2番目以下」

そのムッツリスケベのオヤジも、普段は真面目なふりをしてるだろうけど、酒が入って本性が出たら、ほぼ犯罪者みたいなもの

でも、ほとんどの人がそうだよ。

抑圧型だと普段普通に見えるけどね。

俺の経験則では、まともな奴は1万人に1人ぐらいしかいない。

から普段から慎重に生きて、警戒心を持った方が、安全人生を送れると思います

失敗を活かして、賢明になってください。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん