「実家」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 実家とは

2018-10-19

金がなくて生活がつらい

大4女、実家暮らし就職はしなくて進学したいけど準備が間に合わない。

金がないからこんな時期でもバイトを入れなきゃならんが、夏休みから単発の説明会に出かけたり登録するのはいものの、家がちょっと郊外でどこに出るにも遠くて困る。よって夏休みから探し出して、ようやく11月上旬の採点バイトにありつけた。もちろんその間卒論なんて進みやしない。

あとしんどいのがカウンセリング。知り合い(社会人)の勧めだか経済的にしんどくて~なんて断れないのがつらい。バイトにありつけない状態で月7500円かかるのはそこそこきつくて、今年は行きたい美術展を泣く泣く何度も見送った。

こういうの親に言えたら楽なんだろうけど、親のせいでカウンセリング行ってる節もあるからおちおち言えない。かれこれ半年間だから7500×6だろ? 外出られないのにカウンセリング代のために働かなきゃいけないっていう矛盾。なによりこれがきつい……

今月は余裕出るかと思ったけど、月末に12000円の出費がどかっとあるせいで全然余裕がない。ポイントサイトやってるからかろうじて3000円くらい換金できてるけど、いわゆる「初月無料」で解約がしちめんどくさい地雷詐欺サイト踏んだせいで精神的にもってかれてる。

化粧でかわいい女の子偽造してパパ活でもしようかな。

心拍確認後の流産

流産確認されて、来週流産手術をする。

わかったらすぐ手術するものかと思ってたけど、血液検査の結果が出るのに1週間かかり、そのあとの手術になるらしい。

手術というのは、絶対するんですか、自然に出てくるのを待つとかはしないものなんですかと聞くと、胎嚢(赤ちゃんが入っている袋)がもっと小さければ待つこともあるけど、あなた場合は胎嚢も赤ちゃん結構大きくなってきているから、ほとんどのケースでは自然娩出は待たない、待っている間に感染が起こることもあるし、手術することをすすめますとのことだった。

書くことで落ち着きたいので、妊娠発覚から今日までの経過を書かせてください。

私の排卵障害で2年前から不妊治療をしていた。

夫も治療には意欲的で、精液検査もすんなり2回行なってなんの問題もなく、むしろ非常によい数値が出ていると毎回ほめられていた。

仕事等の都合で途中治療を休んでいた時期があり、排卵誘発でのタイミング療法を再開してしばらくしての妊娠だった。

自然妊娠はむずかしいのかなあと思い悩むことが増えはじめた頃で、妊娠検査薬が陽性になった時も、うれしさと同じくらい、浮かれてはいけない、ぬか喜びしてはいけない、という気持ちが強かった。

排卵誘発の注射偽陽性を出すことがあると聞いたことがあったからだ。

夫に検査薬を見せると、飛び上がって喜ぶようなことはなかったが、へえ、と言いながらいろんな角度で何枚も力強いピンクの線を写真に撮っていて、この人らしい大喜びのしかただと思った。

でも、擬陽性かもしれないから、ぬか喜びかもしれないから、と何度も言ってその日は2人とも喜びすぎないことに注力して寝た。

次の日いつもの不妊治療のクリニックに行った。

その日はエコーも尿検査も何もしなかったが、医師からは、排卵誘発の注射からは1週間以上経っているし、最近市販検査薬は精度が高いから、妊娠で間違いないでしょうと説明があった。

看護師さんから妊娠初期に気をつけることや通常の産婦人科にかかるのは大体8~10週頃になるとの説明があった。

次の週にエコーで胎嚢が確認できた。

ここで子宮妊娠否定され、妊娠がはっきりとわかったが、夫にはまた、心拍確認までの流産確率結構いから、まだ何があるかわからいから、と何度も言った。

私は、がっかりしないように、期待しないようにと身構えるのに躍起になっていて、今思えばそのせいで、結果最後まで夫婦で大喜びする機会を逃してしまったように思う。

その次の週にはエコーで卵黄嚢(胎盤が出来るまでの赤ちゃん栄養源)と胎芽(胎児の前段階)の確認ができた。

同じ日に心拍確認ができたが、大人と同じくらいの心拍数で、非常にゆっくりだと言われた。

心配兆候だが心臓が出来たばっかりだとゆっくりのこともあるので、来週また来てくださいと言われた。

生活で気をつけることや出来ることはありますかと聞いたら、出血しているわけでもないし、この時期のことは食べ物運動でなんとか出来ることは何もない、普通に過ごしてくださいと言われた。

はじめてのはっきりと不安な帰り道だった。

心拍確認できれば流産可能性は15%から5%に下がると聞いていたから、今日心拍が見られればやっと夫婦で喜べると思っていた。

この場合は喜んでいいのかわからなかった。

自分の両親には夫の承諾を得て妊娠を知らせていたが、心拍確認できれば、夫の実家兄弟や親しい友だちにも妊娠しらせようと思っていた。

結局電話はしないことにした。

夫に、心拍確認できたらたまごクラブを買う、と言っておいたので、はじめてのたまごクラブという雑誌を買った。

夫は、表立って浮き足立つことはなかったが、体重計を買ってくれたり、座椅子がいるんじゃない、あれがいるんじゃない、と言って淡々と色々とさがしてくれたりした。

たまごクラブをぱらぱらみていた。

いそいそとしている夫をうれしく思った。

夜は2人で少し散歩をしたりした。

つわりも出てきて、体を動かすことが怖く、夫が帰ってきても晩ごはんが出来ていないことが何度もあったが、いいよいいよと言ってくれた。

不安気持ちでの次の検査には、夫もついてきてくれた。

不妊治療のクリニックなので、内診室には夫は入れない。

エコーで、卵黄嚢が大きいですねと言われた。

検査後に自分検索してわかったのだが、栄養源の卵黄嚢が大きいということは赤ちゃん栄養が行っていないということらしい。

胎芽は1週間分ちゃんと大きくなっていたが、心拍数は先週と変わらなかった。

診察室に移り、夫とともに話を聞くと、よくない兆候ですとの説明があった。

医師が、元気ですよ、元気なんですけどね、と途中で言ったので、元気なんですか?と聞くと、元気というか、現時点で生きてはいます、と言いにくそうに言っていた。

医師言葉選びを悩んでいる様子だった。

この時期の胎芽がもし上手に育たなかった場合ほとんどは染色体等の問題でもともと育つことができない子がなんとかここまで育ったがやはり上手くいかなかった、ということであり、医師にも、我々にも、出来ることはないとのことだった。

今後どうなるかははっきり言えないとのことだった。

でも医師はかなり難しい顔をしていたので、あの、もちろんはっきりと言えないと思うんですが、確率的には、と聞くと、医師はやっとここで、正直かなり厳しいでしょう、と言った。

呆然としてしまったが、今日は夫がいてくれてよかったなと思った。

夫に、どう思う?と答えにくい質問をすると、夫は来週まで待ちましょう、とだけ言った。

本当に良くないんだけど、『卵黄嚢が大きい』『心拍数が少ない』などで検索ばっかりしていた。

かなしい、不安、というよりぼーっとしてしまう、ついつい見てしまう、という感じだった。

落ち込む準備をしているようだった。

つわりで船酔いのような状態の時が多かった。

検査の前日、不安だよ、行きたくないよと夫に強く当たってしまった。

最後検査の日、エコーでそう長く続けないうちに、やっぱり厳しいですね、と医師が言った。

心拍は見えなくなっていた。

この時期なら大きくなる一方のはずの胎芽は先週の半分に縮んでいた。

流産と診断された。

手術の説明の前に一度戻った待合室の端っこで、人から見えないように少しだけ泣いてしまった。

夫に電話してまた少しだけ泣いてしまった。

昼食をとりながら父母に電話するがつながらず、誰かに話を聞いて欲しくて、兄に連絡すると姪が熱を出してたまたま仕事を休んでいた。

今寝てるから電話できるぞと了承を得て、これまでのことを頭から話したら、いろんなことを思い出してぼろぼろに泣いてしまった。

兄は、俺は色々言えないし、かなしいことになったのは事実だけど、お前はずっと妊娠を目指してきたんだろ?かなしいことが事実なのと同じように、お前が妊娠したこと事実だし、次があるのも事実から、というようなことを言った。

姪が起きたようなので、ごめんもう切るぞと言って電話は終わった。

父母に電話した。

少し落ち着いてきたので泣かなかった。

実家は離れていて、母は、こんな時に近くにいてあげられなくてくやしい、というようなことを言った。

夕方、夫が仕事の合間に短い電話をくれた。ありがたかった。

流産稽留流産などのワード検索をしてしまう。

はじめはGoogleで、次はTwitterで、あらかためぼしいものは読んだなと思ったので次ははてな検索した。

体験記を読む間はあまり余計なことを考えなくて済んだし、内容に没頭できた。







ぬか喜びでもなんでも、後で死にたいほど大泣きすることになっても、もっとはしゃいで、もっと浮かれて、2人でばかみたいに大喜びしてあげたらよかった。

落ち込まないよう、がっかりしないよう、びくびく気をつけて、そんなことに気を取られている暇があったら、はじめから2、3ヶ月しか一緒にいられないと決まっていたとしても、もっともっと、おなかに来てくれてありがとうって、あなたが来てくれて幸せよって、伝えてあげられたらよかった。

元々お酒は宴席で飲む程度だが、妊娠してから夫の晩酌を見て、飲めないと飲みたくなるね~なんて言って笑っていた。

心拍数が遅いと言われてから、少しでも体を冷やさないように、好きなバニラアイスを食べないことにした。

妊娠がわかってから、友だちと前から楽しみにしていた遊園地約束を断った。

今、ビール日本酒も平気で飲めるのがかなしい。

アイスクリームが食べられることがかなしい。

遊園地にでもどこにでも行けるのがかなしい。

世界中どこにでも行けるのがかなしい。来年の何月頃にと想像していたことがかなしい。来週おなかからの子がいなくなるのがかなしい。

かなしい、かなしい、かなしい

手術の前なのでまだつわりがある。

気持ち悪い。この気持ち悪さが、来週の今頃にはきっとないのがかなしい。

でもこの子はまた来てくれると信じて、しばらくは体を鍛えたり、体を冷やさないように気をつけたり、食べ物に気をつけたりしながら、また不妊治療がんばりたいと思います

長くなってしまってごめんなさい。読んでくれてありがとう

因果応報ってほんとにあるよ、後なんかわからないけど不思議な偶然も

大学生ときのはなし。

友人と二人で夜道を歩いていた。我々は苦学生だった。家はお互いに田舎で裕福ではなかったので、何とか現状を抜け出そうと高校時代にやみくもに勉強した。おかげで、通える範囲内で一番よい大学合格できたものの、片道三時間通学だった。『往復六時間だぞ、一日の四分の一だ。四年通ったら一年電車の中にいることになる』このフレーズを当時自虐ネタとして、よく使っていた。ただ、悲壮感はなかった。我々はおどけたピエロになるのは好きだった。

夜道は暗かった。実家の近くは8時を過ぎると人通りが無くなり、国道なのに車が通ることも少なかった。製材場の近くに通りかかったとき、道端に何かが落ちているのが見えた。自動販売機の明かりのしたにあったので気がついた。財布だ。特に変哲もない黒い長財布だった。見た目からして薄かったので大して入ってないだろうと我々は思っていた。ところが開けると一万円札が七枚。金には困っていたが猫ババをしようという気はなかった。ただ、警察に届けて三ヶ月落とし主が見つからなければ、そのお金は我々のものになることは知識として知っていた。我々は夜道を引き返し、交番にいき、財布を渡した。

三ヶ月後、我々は七万円を手に入れた。一人三万五千円。当時の我々には大金だった。そこから事件が起こった。

五月の暖かい日、鴨川サークルメンバーと川の中でふざけていたとき身体を押され足を滑らせて転んでしまった。手を川の中でついたとき、尖った石がわたしの手のひらを突き刺した。傷口は大したことが無かったので、ほおっておくとその後、身体中に蕁麻疹が現れ、病院にいくと入院することになった。今まで入院なんてしたことがなかったので『なんだこれ』と思っていたが、かかった入院代金が三万五千円だった。

友達に『こないだの三万五千円、入院代に消えたわ』と連絡すると、友達から『俺も今入院している』と返事が返ってきた。後日確認すると、自転車に乗っていたとき電柱にぶつかったとかだった。そして、その友達入院金も三万五千円だったらしい。

実は我々は、財布を拾ったときに、一つしたことがある。財布にはお金の他にはほとんど何も入っていなかったのだが、数枚の名刺が入っていた。我々はその名刺をその場で捨てた。そのことが影響してるとは思えnwea

2018-10-18

毒親だと思っていた

これから書くことは、たとえ増田だって書く気はなかった。なぜなら、今毒親に苦しむ人を殴る文章からだ。

だけど、ビ・ハイアの件を知って考えが変わった。

毒親だと思っていた、この一言に尽きる話をこれから書きたい。

私の母は子供を殴る母だった。本人は躾だと言っていたが、例えば弟がした悪さなども姉である私が監督していなかったのが悪いという理由で殴られた。

から子供の頃の私は母が背後を通るだけで殴られるかもしれないと思って肩をすくめる生活をしていた。私の背丈が母に追いつく頃になると殴られなくなり、以前殴られたことを訴えると母の記憶からそれは消えていた。

私は殴らない父が大好きだったが、殴る母を止めなかった時点で同罪なのだと気付いた時、父もまた嫌いになった。

私は両親の悪口を口はばからない10代に育った。両親は私の口から周りの人へ伝えられる悪口に何度苦虫を噛み潰したことだろう。だが、私は両親が大嫌いだったのだ。悪口を言うことを何も悪いことだとは思っていなかった。

また、両親、特に母とは何度も怒鳴り合いの喧嘩をした。特に私の進学についての喧嘩は深刻だった。両親は女の私に勉強をして欲しくはなく、高校進学でも大学進学でもぶつかった。その度に私は両親を納得させるだけの材料を(嘘でも)用意した。高校進学の時は、大学には行かないから好きな高校に行かせてくれ、と。大学進学の時は、入学金だけ用意しえてもらえれば後の学費生活費は自分でなんとかする、と。

そして私は大学進学を機に家を出た。

自分も怒鳴らず、母の怒鳴り声を聞くこともない生活は初めてで、アルバイトと授業で忙しかったが、非常に穏やかな生活だった。最初の頃は。

スーザン・フォワードの「毒になる親」という本に出会ったのは多分この頃だったと思う。涙を流しながら読んだ。非常に得心のいくことばかり書かれていたと思うが、その内容は今となっては正直あまり思い出せない。

私の穏やかな大学生活はあまり長くは続かなかった。精神調子を崩し、授業に出るのが困難になった。生活がかかっているのでアルバイトだけはなんとか続けていたが、それすら休みがちになってしまった。

精神科にかかり、主治医はこの現状を両親に連絡するべきだと主張した。

私はそれを拒んだ。両親に、やっぱりお前には無理だったと言われるのが嫌だった。しかし、現状は困窮していき両親に病気のことを明かすことにした。

連絡は父にしたが、私は冷たい一言覚悟していた。だが、父はゆっくり直していけばよい、と予想外の返事をしてくれた。

そして私は投薬治療を受けながら、両親から金銭的援助も受けて6年かけて大学卒業した。

だが、大学をなんとか卒業できても就職はできなかった。私はその頃一人で生きて行く気力もすっかり失っており、卒業後は実家に戻り両親の元に身を寄せることにした。

あんなに嫌いで飛び出した家にまた戻ることがとても皮肉に感じられた。

そう、私はここまで両親に支えられててもまだ両親のことを受け入れることができていなかった。

しろ両親のせいで精神病になり自分の送りたかった人生から程遠い人生になってしまったと嘆いていた。

それから7年ほど、引きこもり、良くなったと思って働いては調子をまた崩して引きこもることを繰り返し、最終的に自殺未遂までして入院もした。

その長い間、両親とは時々ぶつかりつつも私は親に甘えて実家暮らした。何度仕事で失敗しても、帰る家があった。でも、親に対する感謝気持ち暮らしていたのではなく、この家にいるから私は治らないと思って暮らしていた。

そんなある日ネット何だか奇跡を起こしてくれて、私のここまでのどうしようもない身の上を承知の上で結婚してくれる相手を見つけることができた。そして私はまた家を出た。

それから一気にとは行かないが、パートナーの支えもあり上り調子回復し、今では幸せ生活を送っている。

そんな環境になって思うことは、私の両親は私が思い込んでいたほどの毒親ではなかったということだ。自分が辛かった時はあまり気づいていなかったが、肝心なところでちゃんと支えてくれていたのは両親だった。私が結婚して家を出ると言った時も心配こそしたもの最後には快く送り出してくれた。

正直な話、これをもって私の両親はちゃんとした親だったとまとめるつもりはない。子供を殴り、事あるごとに自尊心を削ってくる親であったことは事実だった。

しかし、私の人生の全てを邪魔するほどの親ではなかったこともまた事実だ。

少なくとも、私は私の両親をもう毒親だとは呼べない。

この感情を何と呼べばいいのかわからない。許しでもなく納得でもなく受容でもなく、でもその間にある何かだ。あえて名付けるなら、解毒かも知れない。

私の辛さは無かったことにはならない。でも、それを恨む心は消えた。

もちろん最初から何も辛いことがなかった方がずっといい。けれども、私は両親を毒親なのだと思うことによって余計な寄り道をしたような気がしてならない。

anond:20181018133715

都内賃貸

上京してきたので実家田舎の一軒家だけど維持できる気がしない。一人っ子自分が帰んないしな。地震でガタがきてるしリフォームとかどうするんだろな……という不安がある

親が死んだら残りのローン自分かぶるのかな、しんどいな……

賃貸賃貸不安があって、保証人保証会社にしても緊急連絡先(親)必須とかで、この先天涯孤独になったら借りられなくて路上生活なのかなとか

あと毎月の家賃がローンだったらそのうち家買えるけど賃貸は何も残らんなあと思ったり

家の設備が壊れた時は大家さんに相談すると大家さん持ちで修理してくれたりするのが賃貸の良いところ

一生ここに住みたいって思う素敵な立地と間取りで金があったら買ってもいいんだろうけどまだ見つかってないし金もないしそんな長生きもしないだろうから死んだあとどうすんだろ

anond:20181018030946

アカポスを狙ってる研究者は、安定するまで結婚してはいけない。結婚するなら実家金持ちか、子どもができたら方向転換できる人。

anond:20181018080119

キモオタ「俺は家族もいないし実家もどうでもいい、だからこそ女児キモオタエロ絵を見せつけて平気なんだよ」

anond:20181017174949

その質問キモオタにすべきじゃん?

底辺ジャップ」って名前でおまえの顔写真ほぼわかるように実家家族周辺に公表していい?だってこれも表現の自由だよね?

これと同じだよ?っていう

俺が新しい事を始めるといつもケチがつく

6mmの尿路結石になった。四か月経つも出ない。

親父が大腸がんステージ3になった。車で片道2時間病院に。入院時の補佐と立ち合いに行かなければいけない

実家に住み着いてた猫が子猫を残して失踪した。

俺が新しい事を始めるといつもケチがつくんだ。今後更に不幸は連鎖するだろうな

運が極めて悪い個体

anond:20181018015628

方向性は違うけど、空しさと儚さは分かる気がする。


俺は結婚してないけど、別に年収が1千万越えたから何?って感じではあるんだよね。

俺の場合出世はしてないけど、技術力と共に収入が上がって行って、次の転職で1千万は超えるだろうという状況。

実際、今も1X00万とかでスカウトの話が来てんだけど、動きたくないというか今の仕事愛着があるという感じ。

どうしても結婚したいって思ってた女を他の男に取られてしまって、本当に欲しかった幸せはもうねーんだなって思ってて、心にぽっかりと穴が開いてる。

一人で生きていくなら、今の収入で困ってなくて、実家資産持ってるし、金に執着がない。

ただ、どうしても結婚したいと思ってた、心の底から好きだった女にフラれて、他の男にとられた事だけが悔しい

そのかたき討ちの様に勉強してる。惚れぬいた女にとっては無価値なのに、無駄市場価値けが上がってく。

クソ虚しい。

年収1千万円の夢

子供の頃から描き続けていた夢が

己の才能の無さゆえに

叶ったか叶わなかったかで言えば間違いなく否 みたいな状況で

30を迎え

多くの苦悩と 苦渋にまみれながらも

10からその若さをすべて費やしてくれた彼女の為に

当時眼の前にぶら下がっていたちょっとしたチャンスを捨てて

いわゆる普通の サラリーマン的な仕事を始め

これまでの苦労に報いたいと思ったので

ギリギリ背伸びしながら

プロポーズをし 結婚式を挙げ 彼女実家のすぐ近くに家を買い 車を買い

子供を作り

今まで夢に費やしてきた時間をそのまま普通仕事に費やしたら

経験だったにも関わらず 非正規から異例のスピード出世正社員になり

ポコポコ年収が上がり 次で1千万円の大台に乗りそうなとこまでになり


でも 幸せじゃない


今や妻となった彼女も どうやら幸せそうには見えない

不幸にしているのは 夢の代償を求めて

仕事ばかりしている俺のせいのようだ

皆が幸せだよっていうお札を 必死こいてかき集めて

周りがそこそこ羨む程度には手元にあるのに

毎日笑えるくらい俯いて歩いてる

自分で選んだくせに 世の中を恨んで生きている

1千万円を稼いで 幸せなお札を足蹴にして

俺の夢はこんなものより価値があった と思わないと生きていけない

自分自分を不幸にしているのだけど

不幸でいないと 夢を追いかけていた自分が報われない


不毛

ビ・ハイ社長清水有高のYoutube

パワハラ自殺で8800万円の訴訟を受けていてニュースになっているビ・ハイ社長清水有高氏。

Youtubeで故人と絡んでる動画をいくつかピックアップした。

キーワードは「毒親」と「コーチング」...?

亡くなった大山さんが最後に出演した回

コーチング 毒親に育てられた人は嫌いなことでも我慢して耐える力を身につけて不幸な成功をしてしまう」

https://www.youtube.com/watch?v=PO_MqTamKWQ

毒親に育てられた大山さん」とコーチングについての話をする回(いくつか抜粋

コーチング ノットノーマル実践 毒親のいる実家に帰る意味は無い!」

https://www.youtube.com/watch?v=WDB1dDitzYo

気持ちが落ち込んだとき回復方法 コーチング実践者が語る!」

https://www.youtube.com/watch?v=UEDBkh-EZm0

毒親デトックス 大人になってからから精神的に自立するために」

https://www.youtube.com/watch?v=kEgfQpX9ykw

大山さんが亡くなった翌日の陽気な配信

コーチングフリートーク 他人比較しないとかエモーションコントロールとか色々

https://www.youtube.com/watch?v=JTsUo82nqiY

2018-10-17

最近あった不思議な話

最近高校の頃の同級生10人くらいでちっちゃな同窓会?的な集まりがあって、

今何やってるかだのあいつはどこに就職しただの皆が憧れてたあの子はもう二人子供産んでるだの、

近況報告と当時の思い出話で盛り上がってたんだが

俺はふと思い出して

「あの女の子いたじゃん、いつも孤立してて一言も喋んなくて滑り止めの大学部落ちてた冴えない感じの眼鏡の子。あの子も元気でやってんのかなぁ。」

って言ったんだが、

「え、誰だっけそれ」とか「いやそんな奴いないだろ」とかみんなが微妙な反応をしだした。

いや、確かにいたよなと思って反論したんだが、覚えてる人もそこそこいるらしく、どうやら俺の記憶は間違っていないらしいことがわかった。

みんなの話を聞いたところ、存在は覚えているけど名前を思い出せないのが4人。存在自体を忘れていたのは6人(そのうち途中で思い出したのが2人)

思いの外その話題は盛り上がってしまって、存在しない派と存在する派で議論をしながら当時のクラスメイトを振り返ることにした。

この集まり高校3年生のとき同じクラスだった男子の集まりで、その女の子もそのクラスメイトの1人。

当時のクラスは割と皆仲良い方だったと思う。

自分らが所属していた3-Bクラスは計35人。それは覚えてた人がいたので、出席番号順に名前を振り返ってみた。

野球部エースの江籐、女にモテ及川ぶりっ子女子から嫌われてた春日野さん。ざっくりしたプロフィールと共に五十音順名前を振り返っていく。

結果、ほとんどのクラスメイト名前は思い出すことができた。34人。

そう、その眼鏡の子ただ1人を除いて。

ただ断片的にはわかった。出席番号は13から17番目くらい。名字はさ行から始まる。

連絡先がわかる当時の同級生に追加で3人と連絡して聞いてみたのだが、やっぱり名前は誰も覚えていない。

卒アル確認すれば一発じゃんと思って実家の押し入れから引っ張り出してみたんだが、何故か彼女は載っていなかった。

どうやら卒アル撮影するような高校生活終盤、彼女はちょこちょこ休みがちになっていたか撮影に参加していなかった + 本人の希望卒アルにはあえて載らなかったようだ。

ここまでくると完全に詰みだ。

13人に聞いてみて誰も思い出せないって逆に凄くないか

彼女もしかして妖精さんだったのかなぁ。

全部揃っちゃってる

収入平均以下の実家独身男だけど、高価な順に書くと

家 車 パソコン エアコン プロジェクター テレビ スマホ タブレット ゲーム機 テレビ 録画機器 ネット環境 

と欲しいものは一通り手に入れて、さら毎日食えて風呂入れて下着替えられてたまに外食もできてこれ以上何に金使えってんだよ

ドローンでも買えってのか。消費の低迷って結局みんな揃っちゃってるからじゃなかろうか

もう家電には一定期間が来たらぶっ壊れるタイマーでも仕込んどいたほうがいいよ

anond:20181014203109

1人暮らしのワイもよくやる。

ただ、実家だと食器も揃っているので、小皿使う。

俺たちは犬の肉を喰らいながら、任天堂の新作をやったんだ。

大学の同期と久しぶりに集まった。

それぞれの専門領域は違えど、自然と惹かれ合い、心許せた選りすぐりのクズどもだ。はたから見れば完全にオタクで冴えない奴ら。ずいぶん冷ややかな目で見られもした。それでも俺たちは気にしない。己の関心事にのみ集中する。

王子にある時代錯誤な一区画

舗装のされてない路地を進むと、低い長屋が連なっており、ひときわボロい一軒屋がパーティー会場だ。

建て付けの悪い引き戸を強引に開ける。陽気なアロハシャツを着た男が、ヤニで変色した歯をむき出した満面の笑みで迎え入れてくれる。氏の大学の頃から薄くなり始めた頭髪は金色に染め上げられており、思いのほか似合っていた。

なんだかベタベタしてたり、砂っぽい床を踏みしめながら細長い部屋を奥へと進む。懐かしい顔ぶれだ。

台所で火のついたタバコを咥えながら包丁を振るう男。既に犬の肉が細かく切り分けられ、大量のにんにく生姜と共にカレー鍋に投入されていた。学生時代は小汚く、くたびれた格好をしていたが、今はピンとエッジの立った白いシャツを着ている。真っ当な職につけたのだろう。

もう一人、あまりにも汚れ散らかった会場を、ひたすら清掃する男。もともと太り気味ではあった体系が、さらに倍ぐらいに肥大しており着ぐるみのようだ。こいつだけ歳下なので、集まると必ずコキ使われるというか、もはや進んで面倒事をこなす泣かせる後輩だ。

そして俺だ。学生の頃から特に変化のない男。都内実家があるのが唯一の特徴。そのため、いまだに実家から会社に通う事がやめられない。

かくして、四人が揃った。積もる話をするでもなく、お互いの近況を確認するでもなく、カレーが出来上がり、配膳され、任天堂スイッチが用意された。

今日のために家主が買ってきた。新作。犬肉が、わりかしフツーに喰える味だった事で、俺たちの関心が一気にソレへと集中した。

マリオパーティ

64の頃に初めて出てきたコイツ。。。当時ガキ共が集まってやるタイトルと言えば、マリカースマブラゴールデンアイ個人的には全然やった記憶がないのだが、「フィニーッシュ!!」という、ミニゲーム終わりの女の声だけが、耳にこびりついている。おそらく名作の筈だ。

俺以外の3人はテキーラガンガン飲みながら、これから始まる新たなパーティに期待が高まっている。ピーチノコノコクリボー、チョロプーという、姫以外は人外という不穏なキャラクターが選定され、チュートリアルが始まる。

もう面倒になってきたので、サクッと書かせてもらおう。

感想としては楽しかった。キチンと面白いステージモードを選べば文句なし野郎4人で破茶滅茶に盛り上がれた。だが、要所要所に挟まれる、ちょっとしたギミック…それらがイケなかった。本作は「イケてる男女」がホームパーティーなどで、プレイする事を想定している…CM映像を見て、俺たちはある程度予想をしていたのだが、それにしても辛いモノがあった。

具体的に書きたいとこだが、もう駄目だ…これ以上なにも書けない…既に長すぎる…

興味がある増田がいれば是非やってみて欲しい…気心の知れた仲間と集まって、ダラダラとやってみて欲しい。

ボムキングのいるステージオススメだ。スターコインが飛び交うスリリングゲーム展開に、夢中になること必至。

最後に、犬肉の皮部分は分厚くてゴムチュープのようになっていて、喰えたもんじゃなかった。

はやくスイッチ版のディアブロ3出てくんねーかな…

そしたら、俺たちのパーティーをやり直せるのに…

2018-10-16

anond:20181016220130

なんで勤務先ごときの都合で実家を捨てなあかんねん頃すぞ

anond:20181016212912

自分で書いてて改めて低すぎるなあ、と笑ってしま

パートナーにだいぶ生活扶助してもらってるから何とかなってるけど、これ独り身だと実家がすごく太いとかじゃないとヤバそう(小並感

anond:20181016182652

本来収入が少ない方が結婚メリット(二人で共同生活の方が生活費安くつく)デカい(ただし子なしに限る)んだけど、お互い仕事押し付けられる不信感があるから結婚しないというパターンだよなぁ

もしくは実家住まいから結婚して別居になるからデメリットがでかいのかもしれないが

anond:20181016181159

共働きなら出産前日まで働いて、翌日から仕事に出られるとでも思ってるのか?

あと「妻実家」云々は根拠なし

そして妊産婦死亡率という都合の悪い数字スルーですかそうですか

anond:20181016181035

その間の生活費は?

共働きなら普通に折半では…共働きが前提の話だし

入院した時のフォローは?

里帰りで妻実家フォローするってパターンが大多数じゃない?

女の子みたいだった頃

今はもう立派なオッサンだか、16才の頃は女子と間違われることが多々あった。

多分髪型茶髪と細い体系のせいだった。

バイトしてたコンビニによく来る白髪おっさんちょっと駐車場に来てと言われたのでなんかあったんですか?!とついて行かと、ボソボソと話し始め、内容は家に来てオナニーを手伝ってほしいというものだった。そして気分が乗ればチンポをしゃぶってほしいと。

私は泣きながらぶっ殺すと叫んだ。

後は電車痴漢に合い、満員電車でチンポをこすりつけられた後ホテルに行こうと誘われたり、ナンパされて男だと伝えると最高だねと更に興奮して札束見せてきたおっさんや、一緒にカラオケ行った後泊まらせてくれたバイト先の大学生から寝ている間にキスされておそわれそうになったことと、女装すれば8万円あげるよぉぉおと叫んだサラリーマン

これが16才の間に起こった。

友達に話しても信じてくれなかったし、ホモ呼ばわりされてからかわれてとても悔しかったのを覚えている。

17才になってから髪型も変えて無理やりヒゲをはやしたり筋トレしたりしたら一切無くなった。

という思い出すのも嫌なんだけど、実家に帰った時16才の写真が出てきて記憶が蘇った。

にしても本当この頃女の子っぽかったな。

怖い位に。

それでも年を取ればおっさんになるんだから若さとは一瞬の煌めきである

anond:20181015233650

同じような年収、年齢だけど

実家にいる時には、そういうブランドで全身揃えてた。

ただし、デパートセールプロパー品を買い分けてたけどね。

そういう服を何年も着ててもモテなかったこともあり、私は服にお金かけるのがアホらしくなって今はファストファッションほとんど。

あとは、ZOZO定期便で買うくらい。

ちなみに、その当時の服は一切着ていない。

メルカリ出したら売価の10分の1くらいの金額にはなった。

個人的には200万まで一つのことにお金かけると、やり切った感じがある。

破産しない程度におすすめしたい。

ピックアンドスパンはGLADDとかGILTとか、そういうサイトで安く売ってるし、そこから始めてみても良いんじゃないかな。

親に内緒中退した

すごいくだらない

実家から遠いところで一人暮らしして大学行ってたけど、単位取れなさすぎて無理になってしまった

学費はもちろん家賃も全部払ってもらってる上に仕送りまでもらってるのに

親に無断で大学中退して、

親の契約じゃない格安スマホ用意して、

ずっと上京たかたか引っ越し準備進めてて、

引っ越し先の頭金も払ったし、

東京での仕事派遣だけど一応決まりそう?で、

11月くらいにそのまま何も言わずに消えてしまおうかなと思ってた

学費の引き落としが11月末だから、そのときにはバレるなーという)

(それまでは仕送りもらっちゃおうというクズっぷり)

別に毒とかじゃない普通の優しい親だし、

たぶん頑張って説得したら絶縁とまでは言い出さないんじゃないかなと思う

でも中退するとかしたとか、どうして?こうだから、って会話すると思うともう無理

親が知ってる番号の携帯は部屋に置いていこうと思ってるから、連絡取れなくなるけど

住民票移した先まで追いかけてきたらどうしようとか

逆に学費引き落とされない後も気づかれなかったら家賃もったいないなーとか

(親の契約勝手に引き払えないので放置して出ていこうと思ってた)

絶縁になったらもう死ぬまで、死んでも会えないってこと?親の葬式を私は知らないままで生きていくかもしれないってこと?

大げさ過ぎるのはわかってるけど

さっき何も知らないままの母から正月か冬くらいに遊びにいこうかな」って電話きて

何にも言えなくて

観光するようなところ調べておくねって言った

無理だー……

ばかすぎる

辞める前に休学とかにしといたらよかったな

ちゃん相談したらよかった

でもなんで急に?って言われても説明できない

急じゃないし、定期的に電話くれてたけど、単位ちゃんと取れてる?って聞かれてもうんとしかいえない

私のこと、小さい頃の優等生とかまじめな子どもの印象でずっといるんだろうな

出て行ったらいい加減ゴミクズ人間って諦めてくれるだろうか

遅れてきた反抗期みたいなものかと思ったらバカバカしすぎて我ながら呆れる

親不孝だってわかってるけど

この先ずっと付き合っていける根気がない

悪い親じゃなかったはずなのに

裏切ってしまう、もう裏切ってしまった

頭がいいとか真面目とかそういうのじゃなくて

正しい人間であってほしいって思ってるのわかってた

でも私はずるくて怠惰人間になってしまたから、あなたが求めるような正しい振る舞いはできなかったよ

いつから嫌なこと嫌って言えないで、積もってから黙って逃げるような人間になったんだろう

anond:20181015233650

ワイのパッパは年収600万で、ワイをクソ高い私立大に入れてくれたで。実家は太くない。感謝しかない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん