「関数」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 関数とは

2018-04-25

任意の立ち上がり波形1ショット×n個を特徴別に分類したい

ざっと眺めた感じではコンデンサの充電曲線みたいなやつと矩形波の立ち上がりみたいなやつ

あとは指数関数みたいな立ち上がりのやつがそれぞれわちゃわちゃある感じ

見ての通り、自分はここらの分野については全くのド素人

10分だけネット眺めて考えた感じでは、フーリエ変換かまして級数の各項にかかっている数字を取り出して、

それでクラスタリングすればいいかなーとか

しかしこっちもとってもド素人なんだなあ

クラスタリング方法としてもk-meansくらいしか知らない

でもデータを眺めた感じでは各クラスタに入るデータ数は、必ずしも同じになるとは限らないんだよな

まあ最悪GWあるし、この仕事が向いてない、ってなっても戻る場所はあるので、

のんびり気軽に考えてみるか

2018-04-19

Excelは複雑な使い方を禁止すべきだな

マクロとか、シートやブックをまたいだ参照とか、lookup系の関数とか、条件付き書式とか。

作った本人は気分いいだろうけど速攻で壊れて手間が指数関数的に増幅する。

PHPにはエロ隠語がたくさん含まれている

PHP正規表現を使うときにpreg_match()という関数を使うが、

これは実はpregnant(妊娠)とmachismo(マッチョ)の隠喩言わずもがなマッチョ男性に組み敷かれて種付けプレスをされる女性を指す。

正規表現意味深)」から派生した関数であるのだから、この関数名が定義されたというのもむべなるかなといったところだ。

さて、今回はpreg_match()関数を紹介したわけだが、PHPには他にも性的シンボルを含む関数が沢山ある。

次に解説してほしい関数があったら、お便りを送ってきてほしい。

増田投稿、待ってるぜ!

anond:20180417223141

丸一日の尋問など生ぬるい。我が総統などは完成したプログラムにはテスト用のデータはもちろん不正データをたらふく食わせ、それでも正常に動くとウィルス入りデータなどを食わせて誤作動を起こさぬか確かめておられる。斯くも過酷尋問に耐えたプログラム総統自らの手により比類なきリファクタリングを施され、ひとつの処理が不要かつ不可解なまでに多くのローマ字関数に置き換えられるほか、「漢は不要ことなど一切口にせぬどころか必要なことさえ一切言わぬ」という男の美学実践されておるゆえコメントなどは一切残さぬ。それどころか他人の書いたコメントライセンス表記まで正規表現を駆使して削除される始末。

あと、記憶違いでなければ語り部一人称はワシであるぞ。

2018-04-17

anond:20180417215313

増田は「遅延評価」を知らないのかな?

コンピュータプログラム世界では、「この計算やっとけよ。結果はこの紙に書いとけよ」という命令を出してもその場では実行されないことがあるんだ。

あとで「答いくつになった?」って尋ねられたら、その時「あっもちろん計算しておきましたよ」とばかりにあわてて紙に書き始めたりする。

もし「答いくつになった?」と聞かれる機会なく終わるようなら、計算せずに白紙のままで済んじゃうので、CPUパワーを節約できるというわけだ。コンピュータも上手にサボってるみたいでおもしろいよね!

 

ところでみんなは学校テストを受けたり、職場仕事アサインされたりして、定期的にその能力評価されているよね。

ももし「能力」を参照する機会自体をなくしてしまえるとしたら?その場合評価関数の実行をまるごと省略できることになる。つまり結果はずっと不定のままになるんだ。

たとえ「能力を測って、結果をこの履歴書に書いとけよ」とはっきり命令したとしても変わらない。誰もその履歴書を見る人がいないとわかっているなら、CPU履歴書を書かずに済ませようとするし、能力も測らないんだ。

このように、遅延評価という考え方を導入すれば人生の労力の大部分を節約することができる。ちゃんと考えられてる。確度(probability)とか。

新入社員

パソコン操作方法

Wordを使った文章作成文字装飾、余白、ヘッダーフッター設定、画像貼り付け、画像回り込み)

Excelを使った表作成文字装飾、線、表示形式フィルタグラフ作成関数(合計、平均、最小、最大、Vlookupの関数))

は使えると思っています

使えない人は、呼吸することと同じように、今までどうやって生きてきたの?ってレベルからね。

2018-04-16

anond:20180416145517

関数なんて求めてないし、業務上Access使用しない

セル数字入力できる

簡単な表が作れる(シンプルな当番表みたいなもの

印刷ができる

この程度を求めるのが酷なことなのか

anond:20180416143820

流石にOnenoteAccess は触ったことない人が多いだろうから

で、「人並み」とは。

エクセルで言えば、世間一般関数すらアウトだと思うが。

2018-04-13

スパコン が あらわれた

第76期将棋名人戦第1局は羽生竜王が勝った。

感想戦では、天彦名人の敗因はよくわからない、という結論だったらしい。

ニートのおれは2ch棋譜速報で観戦していたんだけど、2chソフト評価値がべたべた貼られてはファンタ連呼の通常運転

でも昨日はガチ勢の人が一人いて、AWSクラスタ使った局面評価を貼ってて面白かった。

ラーなんて粒ぞろいのアホだから、彼もしくは彼の貼る評価は「スパコン」と呼ばれていた。もちろんスパコンではないので、ガチの人最初のうちはいちいち否定していた。

計算速度は桁違いで、個人PCでせいぜい数億ノード(=局面しか読めないところ、200億ノードとか読む。

ゆとりがApery使って羽生-600とか貼る局面を、羽生-1300とか評価する。凄い。

最新の評価関数で毎局面数億ノードも読めば、間違いなくトッププロより強い、強いはずだ、強いんじゃないかな?。

でも最近羽生は、その程度のソフトの読みをさくっと越える場面がままあるという困ったちゃんだったので、圧倒的ノード数の「スパコン」は畏怖と期待をもって迎えられた。

肝心の将棋は、スパコン羽生-1300と評価した局面から、天彦名人が並みのソフト検討陣ならさすがアマピコと称賛する指し手を続け、羽生が勝った。

スパコン目線では天彦名人は悪手連発だったのだろうが、それは人類には理解できない。

前述したように感想戦でも結論は出ない。間違いなく羽生自身もわかっていない。

ただ羽生は、恐ろしく難しい局面であることだけは理解できていて、あえてそこに誘導したのだと思う。

切った張ったの挙句に優劣不明局面に至ることで対局相手を消耗させる(何故か自分は消耗しない)、という、鬼畜羽生らしい勝ち方だった。

羽生衰えたと言われて久しいが、まだまだ羽生は、1分将棋にならない限りはスタミナ負けしない。

ちなみにあの「スパコン」は、もちろん電脳戦よりも圧倒的にハイスペックで、コンピューター将棋選手権よりも圧倒的に持ち時間があったので、つまり公開された限りで歴史上最強の将棋指しだった可能性があると思う。

その場に居合わせて本当に良かった。

もちろんやれば誰でもできるんだけどね。

2018-04-09

kawangoに釣られてみよう

http://kawango.hatenablog.com/entry/2018/04/08/193935

うーむ、あまり理系文系論理的感情的とは異なるような。

これはどちらかというと価値問題だ。最適化問題を解くことが得意な人にとって、

最適化する目的関数定義されれば、あとはその問題を解くだけでOKと考えがちだ。

しかし、現実的には目的関数定義自体がたいへん難しい問題であり、そこは論理的定義できない場合存在する。

例を挙げれば、命の価値だ。保険会社を取り上げるまでもなく、人間一人の命の価値は数量化可能だ。

しかし,その数量化された価値は大多数の人間にとってのある人の価値であり、あなたにとってのある人の価値ではない。

あなたの妻の命の価値保険会社が3億円と算出したとして、そしてそれが論理的エビデンスに完全に裏打ちされたものとしても,

あなたにとってあなたの妻の価値がそれ以上であることはありうるだろう。

不運にも交通事故にあった場合に支払われる価格がその価格であったとして(そしてそれを悲しみながらも論理的に受け入れたとして)、

では大富豪が3億やるから殺させてくれ、と言われた場合あなたがそれを受け入れるかというと、それは異なるだろう。

どちらも妻の死と3億円の交換であったとしても。

そのあたりの心理的な折り合いをつけるプロセスが、社会の中では民事裁判などといった形で存在している。

そこでは、原告被告ともに論理的議論を行う場であるが、「妻の価値はいくらだと考えるべきか」というその依って立つ前提条件が異なる。

まり目的関数定義に関する議論を行なっているのだ。

これは個人価値観に依存するものであり、論理的に答えを導くことはできないのではないか

2018-04-04

使用

昨日tenga誕生日プレゼントにもらったのだが、我慢する心より知的好奇心が勝ってしまったので早速主菜を探し、使用した。

入り口はだいぶ狭く進入できるか心配になったが、押し込むと少々広めの空間が広がり、(特に温めていなかったので)冷たさに包まれる。入り口の狭さが癖になり、しばらく入り口付近で発電していた。入り口はすぐに弾性力が低下してしまったので、低周波数最大振幅で発電を開始すると、熱量の発生により効率指数関数的に増大する。

内部には様々工夫された構造実装されているが、個人的には中心部を高速で通過するときフィードバックが癖になり、次第に発電の周波数が上がっていった。蓄えられたエネルギーを最深部で解放したのち、洗浄を開始したが、水漏れが検出された。あくま使い捨てからか、耐久性はほぼ期待できない。入り口の弾性力の低下も耐久不足が原因だろう。

10分間の洗浄後、もったいないのでもう一度発電し、残ったエネルギー解放しておいた。

2018-04-02

globalでスコープがでかい長い関数がえらい、みたいな感じで返ってきて死ね、という気持ちだった。。

2018-03-25

変数だの関数だのの考え方って割とプログラミング以外にも役立つし悪くない気がするけど

実際どうなんだろうか

自分プログラマーじゃないけど大学とか趣味プログラミング触って良かったと思ってる

2018-03-24

anond:20180324151438

頭いい人は、そうなんだろうと思うよー。

数学って言っても、統計確率関数幾何で言うと分野が気になるなー。

みなさんの命名規則を教えてください!

こんな感じで。

まず増田から

使用言語
VBAJavaScriptC#
定数
スネーク大文字
変数
キャメル
クラス関数
パスカル

自分はこういう利便性があるからこの記法を使ってるとか、この言語にはこんなガイドラインがあるというのがあれば教えてください!!

2018-03-23

"淫乱関数"

"淫乱関数"との一致はありません。


"淫乱イン関数"

"淫乱イン関数"との一致はありません。


"インランイン関数"

次の検索結果を表示しています: "インライン関数"

"インランイン関数" に一致する結果は見つかりませんでした

2018-03-22

N予備校プログラミング入門コースを修了した

https://anond.hatelabo.jp/20170911110731

昨年、はてブでバズりまくったエントリにまんまと乗せられた実務経験なしのプログラミング初心者

N予備校プログラミングコースプログラミング入門 Webアプリコース(有料のプログラミングコースで一番最初にやるコース)を修了したので知見をまとめておきます

とりあえず結論

そんな感じです。以下、理由

経験者の独学はほぼ無理。

客観的データをあげると、

入門コース実践編となる3章からは各講義最後課題が出されて、

N予備校GitHubリポジトリにプルリクエストを出すことで課題の提出に変えて、

学習を進めていくのですが、

3章最初課題の提出数は現在424件あるのですが、

https://github.com/progedu/intro-curriculum-3001

入門コースラストの4章最後課題の提出数は現在24件です。

https://github.com/progedu/intro-curriculum-4023

ちょうど動画ベースの講座がこないだ終わったところなので、

単純に計算すると脱落率約95%となっています

課題は解答をコピペして提出することも可能なので、

ちゃんと内容を理解できている人の割合さらに低いと思われます

なんで?

なぜそんなに脱落していくかというと、まあ難易度だったり色々あるとは思うのですが

基本的には説明不足ということだと考えています

~をするにはこういうプログラムを書けばいい!ということは教えてくれるのですが、

なぜ、こういうプログラムを書けば~ができるのかということについての説明が少ないです。

感覚としては、途中の式と解答だけが書いてある数学参考書を読み進めているような感じで、学習者には途中の式の意味自力で読み解く能力が求められます

その過程ドキュメントをあたったり、自ら調べて解決する能力必要です。

またアロー関数式だったり、三項演算子論理演算子を用いた代入などの省略記法を多用する割にソースコード中にほとんどコメントを書かないことも初学者には難しいかなと感じました。

体系的な学習にも不向きです。

あとオブジェクト指向説明をせずに、JavaScriptオブジェクトを扱っていたり、

データベース学習をする前に、MVCパターンを扱っていたり、ちぐはぐさを感じるところも多かったです。

ということで(他にもいろいろあるのですが)、未経験者が独学で進めていくのは厳しいんじゃないかな~というのが入門コースを終えての結論です。

たとえば保護者の方が専門のエンジニアで分からないことがすぐに聞けるような環境にあればよい教材になるかもしれません。

初心者が中級者へステップアップするきっかけになる可能性はある。

ただ中級者へのステップアップを目指している初心者きっかけをつかむには良い教材になりえるとも感じました。

私自身、GitHubLinux(Ubuntu)、Node.jsExpressフレームワークなど、自主的にはなかなか食指が動かなかった分野の知識を得ることができたと思います

難易度は高いですが、中級者向けのまとまった教材というのはネット上にもあまりないと思いますので、ある程度経験のあるプログラマ知識を深めるために利用するのはありだと思います

それでも体系的な知識が得られるかというと微妙ですが…。

ちゃん勉強しようとするとかなり時間必要

ただ社会人学習を進めるにはまとまった時間の確保というのがネックになるとは思います

N予備校の入門コースの想定学習時間は180時間だったと思いますが、私はこのコースを修了するのに400時間前後かかったと思います

(今年の1月初頭からほぼ毎日午後を勉強時間に充てて、ようやく昨日入門コースを修了しました)

コースを終わらせることだけを目標にするならもっと短くできるとは思いますが、ある程度知識をつけて今後にいかすことを目標にするとなると、想定学習時間内でコースを終わらせるのは難しい気がします。

これから学習してみようと思っている方へ

色々書きましたが、それでも月1,000円というのは破格の価格設定だと思いますので、気になっている方は挑戦してみてもよいのではないでしょうか。

おすすめ学習方法としては

などがおすすめです。 「「分かりそう」で~」のサイトには本当にお世話になりました。m(_ _)m

ただ特にプログラミング経験の浅い方に伝えたいのですが、N予備校の入門コース理解できなかった、挫折たからといって、プログラミングができないということはまったくないです。

私自身、SEプログラマとしての実務経験はありませんが、趣味でも仕事でもガンガンプログラム活用しています

それでもN予備校の入門コースの内容は相当難しかったです。

ぜひ挫けずにプログラミング学習を続けていただきたいなと思っています

あとネット上にはN予備校プログラミングコースレビュー散見されますが、無料コースしかやってないんじゃないかなーというものが多いのでお気をつけください。

基本的無料コースと有料コースは別物と考えたほうがよいと思います

参考になれば幸いです。

ところで、N予備校ニコニコ動画再現コース2017年度中公開予定になってるんですけど、本当に公開されるんですよね・・・?(※)

3/31 追記 ※ギリギリでしたがちゃんと公開されたようです。退会してから気づいたので内容はわかりません。

2018-03-21

anond:20180321134707

そりゃ基礎はな

普段使わん関数の使い方とか覚えてられんわ

2018-03-19

anond:20180319171116

私がUNIX哲学を知ったのは、Elixirの本の冒頭に紹介されていたからでした。

UNIX哲学関数型プログラミング親和性が高いと思いました。

 

構造プログラミング関数型プログラミング対応

 

関数型の基本は、小さな関数をつなぎ合わせて大きな処理を組み立てること。これは関数型でなくても真似できると思います

とか?私も試行錯誤中。それでも以前よりは設計で迷うことが少なくなりました。

 

設計に関するノウハウカタログみたいな本だと、↓この本がわりとまとまっていました。(1つ1つの項目の解説は少しなので、詳細は元ネタを当たることになります。元々はブログを本にしたようでしたが、今は閉鎖されてます。)

2018-03-18

()を見ると

自動的に直前を関数名に、中身を引数脳内変換

そしてそれはどんな関数なのだろうとしばし妄想してしまう。

プログラミング歴とプログラミング能力ほとんど関係無い件について

ほとんどの人はもう既に気付いていると思うけど、あえてこの表題言及している人はあまり多くないんじゃないかと思ったので書く。炎上したら💩なのでここに書く。

結論から言うと、プログラミングを何年やったかプログラミング能力はこのぐらいと言うことは絶対にできない!

これは何もIT業界だけでなく他の分野でもそうだ。たとえば野球とか絵画かにも言えることで、ただ年数を重ねればいいってわけではない。勘違いしてほしくないのは、他の業種ではただ年数を重ねればいいといっているわけではない。

コンビニだったら始めはレジ打ちから入るだろうが、だんだん品出し、他者とうまく調整できv、何が売れるか・何が利益率を叩き出すかを把握し、接客態度は絶えず磨き……というように、能動的にスキルを身につけるなければあっという間に「経験した年数」などというものは何の武器にもならないであろう。(「やっても給料変わんない」とかそういうのは抜きにしても)

IT業界でもこれが言えるのだ。

その証

個人的経験によるサンプルしか無いが、ぼくの経験上では年数が高ければ高いほどいいと思ったことは全くない。もちろん2ヶ月の新人と5年目の人での比較はなかなか難しいが、情熱ある新人プログラマ半年で5年目を追い越すなどということはありふれた話だ。あたか大人小学生中学生さらっと数学英語能力で負けるように負ける。

残念ながらしっかりした実証などはないので、周りの環境がそうではない場合は納得できないかもしれないが、以下は明らかであろう。

経験年数とは時間であり、重要なのは時間を代入すると成長度合を求められる関数(ここではFとする)の違いである。(F: time -> ability)

Fの方が大事理由も明らかだ。timeケチをつけようとする例外を除けば誰にとっても同じであり、おもしろくもなんともない。

Fの次元が違う場合は、能力次元文字通り違う。そのため、かなり重要だ。

プログラミング歴が増えることは恥だと思いたい

プログラミング歴2年だからこんなことを知っている」と周りから評価されるというのは、要は「プログラミング2年生」だということだ。これははっきり言って侮辱である。2年プログラミングをやったから知っているんじゃなくて、2年の間で勉強したことたまたま別の箇所で出現したということだ。決して2年やったからではない。2年の間に獲得したスキルがいっぱいあるからだ。2年は重要じゃない。どれだけやったかだ。2年という期間それ自体は全く重要ではない!

プログラミング歴2年なのにそんなことまでできるのか」というのが真の評価なのだ

これはまあまあ高い評価である。「プログラミングを始めてまだ半年なのにそんなことできるのか」という評価はより容易く得られる。年数を重ねれば重ねるほどこの評価に達するのは難しくなる。したがって「プログラミング10年なのにそんなことまでできるのか」という評価ほとんど得られない。ほとんどの場合、「10年やってるからできるんだな」とか、ひどい場合10年やってるのにこんなこともできない」という評価になる。

これもある種、年数というもの全然重要じゃないとみなされている証左であろう。みんな知らず知らずのうちに周囲の人々の経験年数と能力とでおのおの相関図を作り上げて、標準偏差をなんとなく作り出して、「45歳……クソコード……チーン!こいつは偏差値37!落第!死刑!」みたいなことをやってるんだろう。

プログラミングも慣れてくると、特に新しいことを勉強しなくてもなんとなくできるようになってきはじめる。これが危険シグナルだm

謙虚でありたい

自分プログラミング歴が長いのに、HTTPSの仕組みもTCPの仕組みも詳しく知らず、JavaScriptもまともに書けず、WebAssemblyは全く知らないし、RDBのことは知らないし、もちろんRDB以外のDBちんぷんかんぷんで、デスクトップアプリは作ったことがない、サーバサイドはRailsしか知らない。Railsがどう作られているかも知らない、gitの触りぐらいしか知らない、AWSGCP全然使いこなせない、公開鍵暗号方式もよく知らないし、アルゴリズム簡単ものしかからない。デザインパターン勉強してないし、関数型言語もわからないし、C言語全然読めない、アセンブリはやろうと思ったことすらない、正規表現も複雑なものはいまいちわからないし、機械学習はわからないし、そもそも数学不安で、AndroidアプリiOSアプリもまともなものリリースしたことがなく、エディタは人が作ってくれたプラグインをただインストールするだけで、英語ほとんどできず、セキュリティに関してはザルもいいとこ」

のように自分を見直すべきである。もちろんほとんどの人はそうしているとは思う。そもそも自分プログラミング歴が長いのに」という部分はもはや要らないだろう。

あとはただ穿つだけである能力は、どれだけ、何を、どうやったかとの方と強い相関を持つ。能力とは現在状態であるのだから、強い相関を持つのは最最もである

結論

少年老い易く学成り難しである

一刻も早く「プログラミング歴」でなんとなくの判定するのをやめて、プログラミング歴1秒の人に対しても、プログラミング1000年の人に対しても、そのFを見るようにし、自分はとっとと次元を越えて昇華したいものである

結局、「いっぱいやればいっぱい成長する」という自明結論自体は変わらないんだが(高)

2018-03-16

使用頻度の割にクッソ打ちにくい関数

htmlspecialchars

2018-03-15

フロントエンドはいいぞ

バックエンドのように地味で制限も多くいつまで経っても新しいものがあまり出てこない退屈なところとは違う


から次に新しいツールが出てくる

同じツールばかりで飽きることがない

案件で新しいのを使ってみて、次の案件ときにはもう次のツールが出てきているから使っていける

同じものばかり使って新しい体験がないまま同じようなことの繰り返しという退屈さがない

常に新しい体験ができる


さらにはツールが多すぎる分、ツールも選び放題だ

自分にあったものを使えばいい

JavaScript 自体ウェブだとこれ一択だったから、オブジェクト志向だったり関数型だったり比較的いろいろな使い方ができる

それぞれに合わせてライブラリがあるから好みの使い方をすればいい

型がほしいならtypescriptなどのaltjsもあって自分の好きなもので作れるわけだ

一部○○するならこれ、などと言い切ってる人がいるがそんなことはない

いいところもあれば悪いところもあるし、欠点があるからそれを補った別のツールが出てくるわけだ

目的に応じたもの自分が好きなものを使えばいい


ついていけないという人もいるが、新しいのが出続けるというのを理由に避ける必要はない

新しいのについていけない、めんどくさいという人は古いのを使い続ければいい

新しいものを使うかどうかも自由

未だに jQuery やそれと同じくらいの時代からあるライブラリのみのサイトだって普通にある

それが悪いということもない

新しいもの価値があるなら使う、ないなら使わない

そういう選択もありだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん