「プロテスタント」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プロテスタントとは

2019-04-04

anond:20190404113222

まあ、プロテスタント教義自体が潔癖ってことはないし、うちの親特有問題かとは思う。

門限が厳しいとか服装にうるさいとか、世間によくある潔癖でうるさい親がキリスト教教義理論武装した感じ。

anond:20190404112618

プロテスタントなのに潔癖なのか

俺も中学から大学までプロテスタントだったけどそんな圧迫感はなかったな

教えはどう考えても知的ではなかったから同じく棄教して今じゃ初期仏教徒だけど

癒やしの音楽で癒やされない現象

実家キリスト教信者で、カルトとかではない普通プロテスタントではあったけれども、けっこう潔癖というか厳しい親だったのと、あと、自分は人見知りだったので家庭集会とかで家に信者が集まるのが嫌だったりで、大学進学を機に家を出てからは、完全に絶縁というわけではないけど疎遠になってる。

この間、肩こりがひどくて整体にいったら、その整体院でかかっているBGMオルゴールアレンジされた賛美歌だったのよ。

信者なのかどうなのかは知らないけど、普通に癒やしっぽい意図でかけてたんだとは思う。

が、これがほんと落ち着かない。実家の嫌な思い出ばっかりが蘇ってくる。

結婚式とか葬式教会にいるときなら平気なんだけど、整体院とか関係ないところでぼんやりしてるときBGM的にかかるとむちゃくちゃイラだつ。

こういう癒やし目的でかけてる音楽で、人の記憶と関連づいて全然癒やしにならない、みたいな現象あるもんなんだなって思った。

とりあえずもうそ整体院にはいかない。

2019-03-31

中年独身男性休日の居場所

休日外出するのが好きなのだが、仲良さげなカップルを見かけると羨ましくなり、テンションが落ちる。

なので一人客が多い場所を教えてください!!!

飯屋は食べログで「一人で入りやすい」で検索すると、いろいろ見つけられるんだけど、

飯屋以外は行ってみないとわからないのがつらい

自分が行ってみたところ

漫画喫茶

時折行くが、潔癖症なので落ち着けない

パチンコ

昔はかなりはまっていたが、出玉規制で楽しめなくなり、最近行かなくなった

競艇競輪、オート

行ってみたがあまり楽しめず

・古めの男性専用サウナ

サウナは最高だが、休憩スペースが汚い

値段が高めできれいなところはカップルが多くてしんどい

キリスト教会(プロテスタント系)

心が弱ってたときに何回か行ったが、回復したら行かなくなった

2019-03-14

強い奴が「強い奴が正しい、間違っていない」と言いたいがために統計をいじる

科学技術予算AI重機を使ってトンネルを作ったらトンネル工事まで科学技術予算みたいな形で統計破壊が進む昨今。

科学宗教対立というのは理性と権威対立でもある。

昔は、王様が言うもの、あるいは教会が言うもの絶対的に正しいという考えだった。

そもそも絶対的に正しいものというものさし自体がない。それでも何らかの正しさを元に正しいことを選び判断しないとならない。

から権威を作り、その判断のもとに動くということで、王様教会の言うことが絶対的に正しいという前提のもとに社会を作っていった。

その中で、出版というものが生まれ、いや、教会より聖書のほうが正しいんじゃね?と教会否定が始まった。ルターによるプロテスタントの起こり。

ついで、明確、分析総合枚挙をなしたものを積み重ねて正しいものを作っていこうというのが始まった。デカルトによる科学の起こり。

初めは自然科学だけだったが、統計や、各種社会科学理論法理論の積み重ねで、社会学にも科学が入っていった。

社会科学の元となるのは統計

近年、新自由主義の小さい政府化が叫ばれ、その元、国が関与するのは良くないという理屈のもとに、国が関与している様々な分野の予算削減が叫ばれている。

医療福祉教育、そして大学基礎研究

だが、大学基礎研究はその次の科学技術、そして産業の礎でもある。

大学基礎研究と、GDPとの関連を示すデータ最近出ている。

だが、「権威が正しい、権威が今までやってきたほうが正しい」と言いたいがために、

統計嵩上げして「国は金を出している」と取り繕う。「国はやることをやっているがうまくいかないのは、現場が非効率で能無しだからだ!」と権威が正しいという形にしたいがために。

しかし、データ改ざんなぞ、科学に対する背徳しか無い。明確の根源が崩れる。「権威が正しい」には出来る。

強いのは文部科学省公務員、弱いのは大学研究者。強い奴は無謬で、弱い奴が誤っているから正さないとならない。改ざん故にそう主張できる。

まあ、政治的に戦うのが大学研究者の仕事じゃないしな。

日本は強いやつ、権威がある奴が正しいの中世に帰っているかのようだな。

2019-03-11

anond:20190310214530

やり取りをみてて、ひとつ思ったこと。

表現の自由を守りたいという意見は、それを原則論として語りつつも、背後にある危機感はなんだろう。

ようするに、「快不快」によって表現流通が左右される社会が是か否か、ということが動機のように思えた。

そうであれば、すごくよくわかる。いや、わかるというのは、同意しているわけじゃなくて、なるほどな、だから日本表現の自由ってふわっとしてるんだなということ。

振り返ってみる。

日本表現規制の有り様は、戦前エロ・グロ・ナンセンス発禁にあるように、当局国民の大多数が不快と思うであろう「不健全」で「公序良俗」に反する表現対象としてきた。

そう、「健全」これこそがキーワードなんだな。たぶんね。

まり、割り切った言い方をすれば「健全」と戦っているのが表現の自由戦士だというふうに思える。

でも、ひとたび、「表現の自由」の思想的な出発点をヨーロッパアメリカ歴史から振り返ってみると、戦士動機づけとしてはあまりにも心もとない。

表現の自由とひとことでいっても、思想的な背景は、それぞれ背負っている歴史が異なる。

ここで、それを動機づけという視点比較してみる。

例えば、アメリカ合衆国。日本憲法がお手本とした国だ。

この国の憲法憲法判例が示してきた表現の自由は、ヨーロッパのそれとはかなり異なる。

17世紀にアメリカ最初に渡ったピルグリムファーザーズの世代特に、当時のヨーロッパプロテスタントに対する不寛容被害者であった。

メイフラワー号の協約に象徴されるように、お互いに異なるFaith信条)を持つ者同士が、どちらが正しいとして糾弾することなく、社会を構築しようという、社会多様性の確保が原点だ。

1970年代には、ヘイトスピーチを巡ってさまざまな紛争連邦最高裁まであがり、不協和音こそ社会の強さとまで判決意見で述べているものがある。

当時の裁判官のたとえを援用すれば、空気浄化しようとするやつが社会の敵なのだ

人間は不完全なのだから、正しいものなど、最初から先験的に決められない。ということから、この国では、思想の自由市場などという言い方も生まれてくる。

一方、大陸でも、表現の自由は大切な価値とされている。

しかし、他方で伝統的な価値観や習慣もそれなりに強い。いやかなり強い。

そういう土地柄では、動機づけとして、多様性の確保というのは、正直、あまりピンとこない。

しろ、彼らの原点は、教会から弾圧された経験であり、その反動としての「神を冒涜する権利」だ。

伝統的にカトリック教徒でありながらアンチクライストを叫ぶ、そんな権利を求めている。

とくにフランスでは、公共空間設計するにあたり、真理の判断権を持つかのように振る舞う教会がとてもまずい存在だった。

権力をふるいたがる教会に口出しをさせないことが重要テーマだった。

それゆえ、その解決のため、一方では、表現の自由というコンセプトで権利宣言し、他方で、政教分離という原則確立して、公共空間設計のための理論武装をしていく。

からイスラムスカーフ公立学校から排除しようとしたりする動きが起きるし、

ひとたびムスリムの神を冒涜するような表現したことで、襲撃を受けたりすると、社会は「涜神の権利はいずこに」とがぜん盛り上がるわけだ。



アメリカにしても、フランスにしても、それぞれ動機づけは異なるものの、表現の自由を守ろうとする信念というか確信の力は、

極めて強い。テロがあったり、社会情勢の変化で揺れ動いたりするものの、いざ事が最高裁までいくと、

じゃあ、国づくりの原点に戻ろうじゃないかという話になって、17世紀の悲惨経験が思い出として蘇ってくる。

その動機づけの強さにこそ、新大陸にしても、旧大陸にしても、表現の自由を将来に渡って確保しようとするエネルギー再生産があり、いわば持続性がある。



翻って、日本

健全なるものとの戦い、かぁ。うーん。

不快のような勝手基準で決めつけられたくはないよね、誰しも。

でも動機づけとして、やっぱり弱いんだよね。

ここで、仮に、日本は、アメリカ式の表現の自由を真似っ子しているのだ、としようか。

でも、日本社会は、アメリカほどには、多様性を求めてないでしょ。むしろ移民なんか大嫌いでしょ。

多様な意見なんか、どの組織でも出てこないでしょ。会議でも右に習えでしょ。

普段から多様性を確保しようというマインドベースにあって成り立っている社会とは全く違う。

そんな社会では、エロい表現ときだけ急に表現の自由だのと盛り上がるのは、歯が浮くような思いがする。

公共空間におけるエッチものの取扱なんて、はっきりいって、社会合意していればどっちだっていい。

じゃあ今度は、大陸が17世紀に経験した熾烈なコンフェッショナリズム、この思想的な背景を

表現の自由として日本憲法が参照している、と仮に想像してみる。

この場合仮想敵は、いってみれば、国家神道ファシズムかな。

(*ところで大河ドラマの「いだてん」って、健康ファシズム視点でみると面白いらしいね。みてないけど)

「国によって右へならえを強制され続けた結果、自分たち戦争に動員されてひどい目にあった思い出」とでもいうべき動機づけは

定期的に思い出す機会があるかぎりは、ある程度は持続的たりうるのかもしれない。

でも、第二次世界大戦を思い起こしてみると、国民国家キャンペーンに煽られて動員させられる、というのは、

なにも敗戦国ドイツ日本に限った話じゃないし、アメリカ含め、あちこちの国でウイルスのようにファシズム蔓延しかけていたのが現実

またファシズムコントロールできた国もない。その意味で、真の意味ファシズムに抗し切った国はないように思う。

表現の自由っていったところで、自然の摂理かのように、神がバランスをとってくれるわけじゃないんだよね。

流されるときは、人は流されちゃう。常在菌みたいなもの

そうすると、いざ日本にとって対外的な脅威(例えばアジアの隣あたりの国らへん)が増せば、

表現の自由なんか、どうでもよくなっちゃう程度のものなんじゃないか

他国の脅威に比べればファシズムのほうがマシだろ!みたいな。

このあたりの感覚は、動機づけとしては重要なんだけど、日本場合ちゃん思想として、自分たち言葉自分たちを守る武器として昇華してないんだよね。

敗戦で混乱していた時期にすかさず、日本憲法戦勝国からもらった、というところで思考停止になった、という面はあるかもしれない。

もらったもので、とりあえず勉強して運用してみよう、という時期が最初はあってもいいかもしれない。

でも、戦後30年、40年、とりいそぎ運用していたものが定着していく、という過程

例えば「思想の自由市場」ってよくよく考えてみると、日本社会では、あまりピンと来なくね?みたいな気づきがあっても良かった。正直、「思想の自由市場」って日本社会じゃ、なんの役にも立たない理屈だと思うんだよね最近

また、フランス公立学校でのムスリムスカーフ論争。大方の日本人は、何あれ?状態。背景となる歴史が違うんだから

歴史を知らないと理解できるはずがない。

それを知らずに無理やり、政教分離って憲法に書いてあることを適用しようとしてきて、実は消化不良を起こしているんだけど、

日本人は雑食なもんでなんとかなっちゃうという。。。

そういうことがよくわかったという話。

2019-02-06

anond:20190206172110

お前プロテスタント

何の確証もないけど、そうやって教義自分に都合のいい部分だけつまみ食いしようとする姿勢がそれっぽい

2019-01-18

anond:20190118113306

なるほど

よう考えたらカトリックだのプロテスタントだのの比じゃないぐらいにいがみ合ってるんだもんな

そりゃ元祖からしたら裏切り者かもしれない

2018-12-22

anond:20181209184018

うちは民生委員にお世話になったことはないな。

近所や親戚からも見捨てられていた。

外部の人でいつも良くしてくれた人は、

近所のプロテスタント教会牧師さんだった。

見るからに爽やかで心が晴れ渡っていて、

私は拗ねて捻くれた心の持ち主の少年だったが、

この人のことは信頼していいなと子供心に感じていた。

2018-10-09

anond:20181009221053

北欧かいひきこもりを若年者ホームレスとして放り出すプロテスタントの国々よりカトリック家族的再分配を重んじる南欧のほうが日本に合っているだろう

2018-10-04

東京都練馬区光が丘のあたりは、戦中は成増飛行場だった。

そのあたりの陸軍予科士官学校化学教授をしていたSは、戦後に早世した。

Sの息子も戦後物理学者になり、孫が2人いる。しかし曽孫はいない。

Sの息子嫁はプロテスタント官僚氏族から来た女だ。

かにつけSの家を断絶させるべく孫の暮らし邪魔をしているらしい。

学者戦争に加担すると、あとでこういうことになるんだな。

それとも、日本への初空爆1942年ドリトル空襲を契機に建設されたという

成増飛行場秘密があるのかね?

2018-09-25

anond:20180925174336

そもそもリベラルというのがプロテスタントの一派みたいなもんで、LGBT自分の好きなマイノリティだけは都合よく教義を改変して助けようとしてるわけだけど

よその宗教まで付き合わされる義理ねえもんな

2018-09-23

anond:20180923083618

欧米によくある金持ちプロテスタントが空き時間に作った眠たい話にしか思えなかったが。

2018-09-20

官僚の娘で美人のN子(甲佐高等女卒)は戦後国営企業夜勤業務でけっこうな給料をとっていたので

の子10才になるまで住込みの家政婦を雇い、家事は一切しなかった

子には貰い物の服を着せたが、華やかな服を着て満足だった

夫が倒れれば、半日以上放置して身体障碍者にした

夫の死亡保険存在について、そ知らぬ振りをしながら

大部屋の病床の傍らで可愛らしい声で言ったもの

貴方がいないとお風呂場が綺麗にならないわ、瓶の蓋も開けられないわ」

彼女がごく普通プロテスタントならば、

彼らの言う「罪」とはプロテスタントに対するものなのだろうよ

2018-09-06

人間過半数反社会的集団所属しとるんやで

以下は世界史に詳しくもないオレがwikipediaなどで調べた情報を並べたものである

カルトとは

悪しき集団犯罪行為を犯すような反社会的集団を指して使用される。

---

# オウム真理教

最盛期

日本:15,000人

ロシア:35,000人

地下鉄サリン事件

死者…13人

言わずと知れた反社会的集団。誰もが認めるカルト

---

# イスラム教

約16億人。

## パリ同時多発テロ事件

ISILイスラム国ないしIS)の戦闘員と見られる複数のジハーディストのグループによる銃撃および爆発が同時多発的に発生。

死者…130人

## シリア騒乱

スンニ派シーア派対立も要因の一つとして複雑な事情を経た世界代理戦争状態

推定死者…46万5000人

もはや反社会的集団。よって事実上カルト

---

# キリスト教

約21億7千万人。

## ユグノー戦争 1562年 - 1598年

フランスカトリックプロテスタントが休戦を挟んで8次40年近くにわたり戦った内戦である

推定死者…3,000人

## オランダ独立戦争/八十年戦争 1568年 - 1648年

ネーデルラントプロテスタント勢力が、カトリックスペイン支配から脱するため起こした反乱。

推定死者…18万人

## 三十年戦争 1618年 - 1648年

ドイツスイスでの宗教改革による新教派(プロテスタント)とカトリックとの対立のなか展開された最後で最大の宗教戦争といわれる。

推定死者…400万人

もはや反社会的集団。よって事実上カルト

---

イスラム教 + キリスト教だけで = 37億7千万

世界人口…70億人

人間過半数反社会的集団なら、それはもはやそういう社会なので、「社会的」ということになるのだろうか。

最近コーラン聖書マンガで読んでいる。(分かりやすくて非常に助かる)

こんなこと言うと信者から殺されそうだが、科学技術が発達した現代人が読むと、預言者たちは適当なことを吹き込んでいる詐欺師しか見えない。

人間過半数が信じてるだなんてマジかよ。

2018-08-21

anond:20180821164158

うちはカトリックなんすよ

まあでもプロテスタント諸派でもイスラームでも、何でもいいと思うよ。あれだけ信徒が多いというのにはそれだけの理由があるってことだし。

2018-07-31

いやニコ動過去最高1位つってもよ

たかパンツだぜ?

「嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい」の最新話のことなんだけどさ。

見せてくれんのは、牧師がいる教会シスターとかこれもうカトリックプロテスタントかわかんねえな。

まあ教会風の店か何かってことにしとこう。クールジャパン()的発想な。

てかシスター十字架じゃなく謎のペンダント首に掛けてたし。

でも靴はボクシングとかで見かけるような、やたらゴツい編み上げブーツ、これ。中途半端お約束なんだよなあ。


ちなみにシスターに見せてくれるよう懇願する今回のシチュエーションも凄いけど、個人的には前回のアイドルがヤバかった。

ミニ丈の衣装の下に見せパン穿いてるの前提で「本当のパンツ見せてくれ」ってお願いするのが天才的に狂ってて、そして…この先は是非その目で本編を見てくれ。

って言いたいところだったが配信期間修了か。まあ買って見てください。

いやあ、この作品は当たる!って確信したね。

されどパンツだな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん