「コンタクト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コンタクトとは

2018-04-20

モテようと思って

コンタクトにして、サロン髪型とか色々ととのえてもらったら、職場お姉さんたちから、事あるごとにお菓子もらえるようになりました

メガネとったら、もともと童顔なので、さらに幼くなってしまったのが原因か

これは当初の目的とは違う気がするが、気分はいいのでもう少し甘えよう

2018-04-19

テレ朝セクハラされた人、週刊誌にたれ込む行動力はあるのに

自前か週刊誌弁護士用立て財務省弁護士コンタクト取るとかできないのなんでなんだろ?

2018-04-17

anond:20180417033556

自分の声を不特定多数の人に聴いて貰える方法なんて沢山あるだろ。

YouTube添い寝ボイス etc...を投稿業界の人や個人作品を造っている人Twitterなどでコンタクトを取る etc...)

仮に良い声であったとして投稿を続けてたら、業界の人から声を掛けて貰える場合も無いとは言い切れないし。

2018-04-16

anond:20180416135719

・とにかく走り回り縦に長いパスからの一発を狙う

長いパスではない

・とにかくコンタクトプレイしまくり力で解決する

コンタクトプレイの重視はハリルの最も言いたかったところ。

・というもので、ようするにハリルホジッチという人は

日本人選手バカ技術力がないがとにかく体力がすごくあり

体が強い」という人達であると考えていたことがわかる。

攻守の切り替えを早くする、と言うことだと思うよ。

体は強くない

ハリルホジッチ

ハリルホジッチが目指していたサッカーというのは

というもので、ようするにハリルホジッチという人は「日本人選手バカ技術力がないがとにかく体力がすごくあり体が強い」という人達であると考えていたことがわかる。

しかハリルホジッチ解任後の新方針https://www.footballchannel.jp/2018/04/12/post265082/ を見ると

縦への攻撃というのも間違いなく必要ですが、タイミングなど質を上げていく。1対1の場面でもパワー的なことも要求したいですけれども、なかなかフィジカル的なことで戦えないこともあるので、別の角度から戦っていく。日本的フットボールというのはあるし、技術力を最大限に生かしたい。技術を生かして戦って、化学反応を起こして戦っていける強さを生かして構築していく必要があると思うし、自分自身もそう思う

とある。つまり日本サッカー協会自身ハリルホジッチと全く正反対日本人像を抱いていることがわかる。「日本人選手は体力がなく体が弱いが頭がよく技術力がある」と。

これ、果たしてどちらが正しいのであろうか。やはりハリルホジッチが正しい可能性が高いと僕は思う。実際に起きていることはこうではないのか。

人はたいてい自分のなかの能力の低い部分について根拠のない自信を持ってしまう。苦手なことについて正しい情報を得ることは難しいから、それにより自分位置を正しく認識できないのだ。

ではハリルホジッチで勝てたのかといえばそんなわけはないと思う。「お前はバカだが強いからとにかくバカでいいから犬みたいに走り回れ」などという態度で接する人間に従うような日本人がいるわけがない、というか人間全体でもそんなもんだろう。彼は人をおだてながら動かすという技術を持っていなかったように見える。またハリルホジッチは一点大きな見落としをしている。日本人バカなのではなく、頭がよく頭ごなしに何か言われるのは嫌だがかといって自分責任で何かを考えるのも嫌、という性質をもっているということだ。このあたりのことを見てうまくおだてていかなければ人間というのは動かない。


私はサッカーに何の興味もなくここ最近ニュースだけを見てこれを書いてみました、サッカーに詳しい人の採点を願います

2018-04-15

花粉症つらい

もうスギヒノキ伐採してほしい

強い薬3種類飲み合わせても全然効果ないし、

マスクしてるけど鼻水無限に出るしくしゃみめっちゃ出るしコンタクトぼやけて全然見えへん

夜も鼻水のせいで全然寝れんくて毎日寝不足やし

あと鼻づまりのせいで酸欠なのか眠くなくてもめっちゃあくび出るねんけど

上司に「人が話してる時に眠そうにするな」って言われてつらい

あくび止める方法ってなんかないん?

ほんまにしんどい、会社やめたい

2018-04-14

日本らしいサッカー、と言う時には、自虐と悲哀を込めてほしい

サカオタ増田です。

普段サッカー関連のブクマではあまり見かけない一部idの、今回の解任劇について怒り嘆くタイプのサカオタを嘲って小馬鹿にするようなブコメ反論をしたくなった。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.footballista.jp/interview/44512

女子予選を手に汗握り見ながら、反論する。

増田はサカオタなので、Jリーグ欧州各国リーグACLCLCWCなどのクラブチーム選手権W杯EUROコパアメリカなどの国別対抗戦や、欧州親善試合やら予選なんかも隙あらば見るくらい、雑多にアホのように、現地で、または画面越しにサッカーを見ている。特にW杯EUROなんかの国別対抗戦は短期開催&時差で寝不足フラフラだが見る。

そんな増田が、W杯のような国別対抗戦を楽しいと感じるその最大の魅力は、「抗えない俺たちのサッカー性」への哀愁である

スーパースタースーパープレーや、ダークホースの快進撃や、うちの子(応援しているクラブチームから選出された代表選手)の活躍ハラハラキドキと待ちわびたり、という楽しみは当然である

が、1か月寝不足フラフラ仕事にも支障が出かねない鑑賞行動を取るのは、出場各国のそれぞれの「俺たちのサッカーからの逃れられなさに、しみじみと浸るのが本当に楽しいからだ。

サッカーにあまり興味がない方の中にはひょっとしたら驚く人もいるかもしれないが、今年のロシアワールドカップには、イタリアオランダは出場できない。どちらもサッカー強豪国である

イタリアW杯優勝歴4回でドイツと並んで優勝回数歴代2位、オランダは優勝こそしたことはないが決勝や準決勝常連の強豪国である、が、彼らは欧州予選で負けた。

世代交代に失敗したということもある、イタリアについては自国リーグ汚職やらなんやらでスッカスカのぼろぼろになったこともある。欧州予選がとてもしんどいという大前提もある。

イタリアオランダ、どちらの国も、激しく「俺たちのサッカー」な国である

イタリアサッカーは緻密な戦略に基づいた堅い堅い守備が特徴、オランダサッカーといえば華麗なパス回しとサイドアタッカーによる全方位性・攻めダルマサッカーである。これはもう、増田子供のころの何十年も昔からずっとそうであるイタリア代表も、攻撃的にならなきゃだめなんじゃなかろうかと変化しようとした時期もあったが、結局上手くいかW杯予選に敗退した。オランダ代表守備を見直そうとした感じは伝わってこなかったがw(その辺もオランダらしくて大変カワイイが)、偉大なるロッベンファンペルシの後の世代交代イマイチで予選に沈んだ。

増田が観察している限りでは、彼らは、変わりたくても変われない、捨てられない俺たちのサッカー性を抱きしめて当惑し悲しんでいるように見えた。

サッカー強豪国かつサッカー文化になってる国(日本における野球例えや相撲慣用句と同様、サッカー文化になっている国はサッカー例えが日常的に使用されたりする)では、むしろ「俺たちのサッカー」は、勝てない理由になるようなものでもあるのだ。

W杯本戦には出場できるが、イングランド(まるでラグビーのようなラン&放り込みサッカー。あれはあれで良いものだ)や、スペイン(世界中流行したティキ・タカもこの数年は斜陽)も、「俺たちのサッカー」を抱えて、長い不遇の時を過ごした経験がある。

この10年ぐらいでサッカー見だした人はスペイン強くて当然と思ってっかもしれねーが、それ以前のスペインはむしろ無敵艦隊wwwww」と笑われる、見てておもしれーけど勝てないと言われるサッカーをずっとやっていた。イングランドも、現代ではそのサッカーはもうアレでナニだと自国からすら思われているが、ずーっと牧歌的筋肉量がものを言うサッカーをやっている。スペインは変わる気なさそうだがイングランドは変わろうとしては失敗している。

ヨーロッパ勢だけではなく南米勢もだ。ブラジル母国開催のW杯やらかしたのは記憶に新しいと思う。ブラジルは強い個性クリエイティブなプレーを見せるのが俺たち!という「俺たち観」があるが、それでは勝てないねとなりリオ五輪ではなりふり構わず「俺たち観」を引っ込めて優勝を勝ち取った。南米のもう一つのアルゼンチンは、歴史背景もあってイタリアに似た性格悪い系の守備が堅いサッカーである。そういえばアルゼンチンコンスタントW杯南米大会で結果出してるからか、あまり「俺たち性」に対して疑義を抱いている様子がないように見えるし、「アルゼンチンサッカーは底意地が悪い」みたいな言われ方に誇りを持っている様子すら感じられたりするときがある。実際すごい良いですよアルゼンチンサッカーね。ほんと好き。

増田が好きなサッカータイプは置いておいて。

W杯で優勝したことある国の数は8カ国しかない。ブラジル(5)、イタリア(4)、ドイツ(西含め4)、アルゼンチン(2)、ウルグアイ(2)、イングランドフランススペイン(各1)である

ウルグアイの意外っぷりが際立つが、増田Jリーグで、フォルランが若干気の毒な状況下であっても見せてくれた素晴らしいプレーの数々を生で数度見ているので、ウルグアイやっぱすげーなと妙な納得感もある。

つい増田の好きなサッカー話に脱線してしまう、フォルランは置いておいて、たった8カ国しか優勝していないのがW杯であり、並んだ8カ国の顔ぶれの納得感がすごい。

どの国も「俺たちのサッカー」を愛し、その愛の深さ以上に俺たち性に由来する辛酸を舐めてた長い歴史もともに持っている。これが文化であって、このレベルに来てはじめて「俺たちのサッカーなのだろうと思う。

翻って、日本は。

「俺たちのサッカー」探そうぜ!とひとつなぎの財宝を探すようなキラキラしたオールマイティのお宝だと思っていないだろうか、みなさん。

ショートパス中心、バイタル小さめに保ちながら俊敏性と組織力相手をかき回す華麗なサッカーが、日本における「俺たちのサッカーなのだろうか。

本当に?

思い出してほしいのだが、日本W杯に初出場して以来、あまり多くはない勝った試合ほとんどすべてが、相手攻撃や崩しにしつこく食らいついて、ボールハラハラ爆弾のように皆で回しながらキープして、耐えて耐えてワンチャンでゴール、というパターンのほうが勝ち試合パターンとしては多いのではないか。俊敏性と組織力に加えて持久力でコンタクトの弱さを補う、ど根性サッカーだろう。

自分応援してるチームの試合って見ている時はアドレナリンが出てるし、勝とうもんならもういろんなこと忘れてしまうが、実は国際試合における日本代表の「勝ちパターン」は、ど根性サッカーである。個の選手キープ力がない分パス回しでなんとかしのいでるのを、「俺たちのパスサッカー」と勘違いして見ている人も、実は少なくないのではと思っているのだ、増田は。

観戦してると興奮だけはあるんだよど根性サッカーって、手に汗握るシーンも増えるし。その興奮を充実に置き換えて「パスサッカー=充実」みたいに勘違いしてやしないだろうか。何のためのパスなのか、というところまでちゃんと「パスサッカーなのだろうか。

増田は、今の日本サッカースペイン代表FCバルセロナのようなティキタカが出来ているとは全く思わない。しあと10年ぐらいでも出来ないんじゃないかと思っている。代表で見られるパス回しはどちらかと言うとハラハラ爆弾型であって能動的なパスしからの崩しなんてさせてもらえないことのほうがほとんどだし、Jリーグを見ていても「プレッシャーがかかった中で正確なプレーができる」という日本サッカーの大きな課題はあまり克服されていないよなぁ…としみじみ感じる。これは欧州でやってる日本選手でもなぜか代表戦になるとプレーの精度が落ちるので、こういうのが日本の「俺たちのサッカー」なら、増田にとっては納得感はすごくあるのだ。

コンタクトプレーじゃ勝てないからビクビクとパス回ししてワンチャン狙いだ!という、チマチマしたサッカーが「俺たちの日本サッカー!」と自虐的に誇るのであれば、増田も大いに賛同できる。

だが、多分だけど「俺たちのサッカーを!」と簡単に言う人たちの頭の中の俺たちのサッカーもっと格好いい、W杯獲った時のスペインみたいなの想像してるのではないだろうか。

あと今の日本式の「俺たちのサッカー」ではW杯を獲れる日は金輪際来ないと思う。もっと先に獲るべき国がある。攻めダルマオランダとか。永遠当て馬ベルギーとか。チリメキシコなんかも日本よりずっとW杯に近い。どころかそのうち中国あたりに抜かされても全然おかしくないと思う。

日本らしいサッカーを、オールジャパンで、という言葉は、JリーグからCL、国別対抗戦まで舐めるように消費するサカオタにとっては、虚しさと「他の強豪国ばかにすんでねーわ」という怒りである

繰り返すが、「俺たちのサッカー」は、それを手にしたら無敵になれるようなものではなく、むしろ「逃れられない俺たち性という弱点」の裏返しでしかない。

たくさんのサッカー強豪国が、「逃れられない俺たち性」の上に、対戦相手に最大のリスペクトを払いながら相手を打ち破れる「穴」を探してつけ込める戦術を叩きこんで、それでも勝てないかもしれないのが、ワールドカップという大会なのだ。強豪国オランダは一度も優勝したことがないんだぞ。EURO20年以上前に一回優勝したことがあるっきりだ。それでも増田はサカオタとして、オランダ代表の捨てられない俺たち性を目撃しては哀愁と感動を覚えるのだ。それがサッカーだと増田は思う。「俺たちのサッカー」がまるで希望カードのようにありがたがることが、かなりくだらないことだと思う

あーあと、元のフットボリスタの記事は「短期決戦のW杯のチームの作り方はクラブのチームの作り方とは違う」という話がさわりの一つだと思うのだが、そのあたりについて言及しているブコメがなかったのも、君らもうちょっとこう、小柳ルミ子のように年間2000試合とは言わんけどもう少しちゃんサッカー見てからわしらサカオタのこと馬鹿にしてほしいわと思いましたよ。

なぜ怒り嘆いているかということ自体、具体的なひとつひとつについては、下記のnoteがよくまとまっていると思ったので言及はしない。

https://note.mu/hatonosu/n/nac5433ccc430

ただ、この記事ブコメhttp://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.mu/hatonosu/n/nac5433ccc430 の中で一つ、文句を言っておきたいブコメがある。

id:Lhankor_Mhy サッカークラスタ、そこまでハリルホジッチを高評価してたかなあ?

ハリルホジッチ監督の手腕をどの程度評価するかは、その人のサッカーの好みの問題と何を目的にしているかによってかなり幅広に分布すると思うが、100点満点の高評価だという人はいないと思う。あくの強い監督であることは有名だったし、サカオタ界隈では就任からこれは揉めるぞーと冗談が交わされていた。ただこの時期にそんな理由で解任されるほど低評価だとは思えないということと、その理由子供じみてばかばかしくて、未来がないから怒っているということのほうが大きい。元のnote記事から読み取れるかと思うのだが…、単に上げ足を取りたいのだろうか。

付け加えると、ハリルホジッチ監督をことさら評価喧伝していたのは、主にスポーツ新聞や老舗系サッカー雑誌ネット記事中心、要するに「旧メディア」側だということは言っておきたいのと、彼ら旧メディアバッシングトルシエの時のほうがむしろ激烈だったなーとか、オシム代表監督だった時もオシム特有のけむに巻く言葉の尻を捕まえてイライラさせられる記事を垂れ流してたなーとも言っておく。もっといえば、JFAのちょうちん持ちのような記事が出来る理由は、PV乞食な側面もあるだろうが、W杯本戦や再来年東京五輪取材融通やメディアパスの確保量を考えた忖度はあると思う。

長々しい文章をつづっているうちに2時間が経過し、なでしこの予選も、忖度モードオーストラリアとともに本戦進出が決まりそうである。いやーめでたい。

男子代表は俺たちのサッカーを貫くのだろうから、その俺たち性から醸される悲哀を私も楽しむことにする。もちろん応援もするが。

2018-04-06

anond:20180406175444

それよっか今はハートマークラブリーコンタクトっしょ。

アレがあればどんな激しいアレやコレも合意があったことになる。

LGBT気持ち悪い人が気持ち悪い人の本音

https://withnews.jp/article/f0180406003qq000000000000000W03j10101qq000017134A

その人は、メールでこう書いた。

LGBT気持ち悪い人のことが気持ち悪い。」

LGBTに寛容でない人たちは、被害者意識が強く、大げさでヒステリックであるように思う。内心の自由を主張する割には、LGBTを啓吾してやるという選民思想感が鼻持ちならないと感じる。本音を書くとこういう結果です。差別主義者と、みなされるかもしれないけども。」

本誌は、Aさんと直接コンタクトを取ることに成功した。以下さんの主張である

「頭では理解していても、心がついていけない」

喫茶店で、Aさんははにかみながら語った。

「私は、LGBT不寛容な人のことを気持ち悪いと思ってしまます。もちろんそれは、正直な心情の面で、頭では理解しているのです。『LGBT不寛容な人のことを、否定してはいけないな』と。もしくは、『否定したら、怒られちゃうんだろうな〜』と。

LGBT不寛容な人って、わざわざそれを大っぴらに口にしたがるじゃないですか。『誰が何と言っても、私はアンチLGBTだ!』と。そういうのが悪いことだとは思わないんですけど、ただ、ちょっと心に引っかかる部分があって。」

「こんなことをいったらアンチLGBTの人たちに見つかって炎上ちゃうかもしれませんけど…なんだか、息苦しい時代になったと思いますね。」

Aさんは、寂しげな顔をしてコーヒを飲んだ。

「『LGBTを受け入れない自由』とか『ポリコレ棒が怖い』とか、やたらと主張するじゃないですか、あの手の人たちって。相手気持ちとか無視で、自分権利だけ主張して…なんだかなあ、と思うわけです。」

「図々しい、って言うと聞こえが悪いですね。『たくましい』って言おうと思います。まあ、あのたくましさは、ある種尊敬すべきところだとは思いますけど…。」

「でも、たくましさだけで世の中渡っていけないじゃないでしょ。実際、『LGBT不寛容な人って気持ち悪い』っていうのが私の本音ですから。どれだけいい人でも、LGBT不寛容な人ってだけで、気味が悪く感じる。そういうのって、彼ら自身にとっても損なのではないかな?って老婆心ながら思うのです。」

LGBTアンチを受け入れてやりたいとも思う。だけど……」

「LBGTに不寛容な人でも、人並みに権利を得て生きていける、そういう社会って素晴らしいと思いますけれど、個人的感情として、『うっ』と、堪えてしまものがあるといいますか…。」

きっかけは、そうですね。保毛尾田保毛男社会的にバッシングを受けたときに、あの人たち、ヒステリー起こしたじゃないですか。なんか、自分たちは無知だっただけで、加害するつもりはなかったんだー!って。あれが、正直ショックでしたね。なんていうか、電車で脚を踏まれたから、『踏んでますよ』と言っただけで、『犯罪者扱いするなー』って大騒ぎ始めたみたいな。

私のこういう考え方って、あの事件が大きく作用してる感じがしますね。」

「あの人たち、ちょっと指摘されたら、『ごめん、悪気はなかった!』って言えばいいところで、『間違ってない、なぜならお前たちの指摘の仕方が嫌だからー!』って怒り出す。正直たまらないですよ。それでそのうち、『ポリコレ棒で殴るなー』って大騒ぎ。」

「あーあ、やっぱりアンチLGBTって、気持ち悪い。なんか塩まきたくなっちゃます。そんな事言ったらいけない?でも、忖度してるだけじゃ、反省も生まれないと思うんですよねえ。」

------

そう話したAさんの顔は、心なしか最初よりすっきりとした表情だった。Aさんは最後に付け加えた。「なんだか、熱くなってしまってすみません。でも、こうやって正直に、気持ち悪いもの気持ち悪いと言う。そうすることで、世の中は良くなっていくんじゃないかと思うのです。…その影で、自分みたいな正直者は闇に葬られるかもしれませんけれど。世の中が変わっていくことを願ってます。」

2018-03-31

ツイッターやってるひと、きもい

ただいま〜

コンタクト外したい

誰に向かって言ってんだろ。ドン引き

2018-03-30

anond:20180330231034

JKのころ、クラスメイト整体にハマってる子いました。(親年代のものかと思ってたけど)

身体が凝ったりしてませんか?

いま、ストックがもったいなくて過矯正コンタクトつけてるんですが

やっぱり疲れます眼精疲労きついです。

眼精疲労とか、冷えとか、寝不足とか、栄養バランスとか。

どこも痛い処などないですか?

2018-03-29

anond:20180108230124

自分学生時代からずっと家と職場学校)以外の居場所がメインフィールド40代になった今も数年おきに新しいコミュニティの知り合いができてる者だけど、皆パソコン通信/インターネット経由だね。

趣味フォーラム書き込みしてたら一緒にイベント行こうみたいな話が大体出てくる。

MMORPGやってた頃はよく遊ぶ人たちとオフ会したりしてた。

経年で疎遠になるからよくコンタクトをとる知り合いの数自体はそんなに増えてないけどね。

最近Twitterで同じジャンル映画を見る人たちのオフ会に参加したり、漫画家サイン会待機列に並んだ前後の人とその場でその漫画家の話で盛り上がってそのままメールのやりとりするようになったりとか。

街コン・相席居酒屋は行ったことないし社会人サークル福祉コミュニティも入ったことないよ。

別にコミュニケーションの為に趣味やってる訳じゃないけど、趣味の為の情報収集してたら自然に他の人との交流も生まれる感じだな。

でもイベントとかで集まりやす都内在住だからってとこはあるかもしれない。

趣味ではないけど続けていること

・目の運動

メガネだと視野が狭くなるし嫌だ。今は花粉症用のメガネかけてるけど、一生かけると思うとイヤになる。コンタクトもイヤ。ソフトも金かかるし。

運動

体力維持のため。前はロードバイク乗ってたけど、ランニングのほうが短時間に体への負荷がかかるからランニングに変えた。

2018-03-22

今回のブギーポップの件でふと思ったんだけど、それこそ「聞いてない!」「知らない!」「話が通ってない!」ってツイッターみたいなSNS投稿する前に、そもそもその作品に長いこと関わってるのなら、自分アニメ側の関係各社に直接電話なり対話なりでコンタクトを取ったり、別の関係者に話をしたりした上で、本当になんも話がわからなかったから「知らん!」って騒いでんのかなぁ

ツイッター公式アカウントにTL上で文句リプライ飛ばしたって、スルーされてしま可能だって捨てきれないって思いつかなかったのかな。いや勿論それだけしかコンタクトを取ってないとも言い切れないけど。

今回の場合そもそもそれしかコンタクトを取らなくても、本来は向こうから何かしらアクションを起こすべきだという姿勢

いや多分本当はアクションを起こすべきなんだろうけど、でもツイッターリプライを送った程度で「主張はした!」って声を荒げても些細すぎてどうにもならないと思うんだよねえ。だって関係者でしょ?もっと直接的に物言えるパイプは、ツイッターでのリプライなんかより持ってるはずなのに…

とかなんとか思ってしま部外者なんだけど、そこのとこどうなんですか?

漫画家とかでもよく「知らんうちにこんなことになってる!聞いてない!」って担当編集部に確かめる前にまずツイートして炎上する人とかたまに見かける気がするし、みんなもっとSNS炎上させる前に自分の持ち得る人脈を活用しないのかなあ…?と思ってしま素人なのです

2018-03-19

2ヶ月の空白に耐えられなくなった話

初めて会った瞬間、雷が落ちたような衝撃を受けた。

なんてことは全く無くて。

いやでも、初対面の印象はそれなりに残っているから、それなりに衝撃は受けていたのかもしれない。

それでも、お互いなんとなく気になって、あれよあれよと近づいて、ひと月半ほど経った頃には付き合っていた。

そんな風に始まった彼と、最初に別れたのはその1年2ヶ月後で。その後また付き合って、別れて、付き合って?別れて?付き合ってるのか別れてるのかわからなくなって?

その間に私は東北に転勤になって東京に戻って来て、彼は外国で働き始めてそのまままだ外国にいて。

そんなこんなで、8年半ほど経ちまして。


そうしたら、この間2年振りに会った時に、結婚いねって言われて、そうだねって返事して、結婚しましょうそしましょうって満場一致契約成立?めでたしめでたし

では終わらず。


そのあと2ヶ月近く、コンタクト取れてないんですけど?

実は、それ自体は珍しいことではないけれど(それもどうかと思うんだけど)、さすがにどうなの?

例えばこのまま他の人と関係持ったら、婚約破棄裏切り行為??


結局そんなことできないでもだもだしちゃうのは目に見えてるんだけどさ。

だって好きなんだもん。

どこが好きか?なにが好きか?

そんなのもうわからんけど。

2018-03-18

anond:20180318201034

自撮り大好きでしょ?

撮りなおせるし、加工も出来て。良いじゃないですか。




今日、美形俳優?みたいな立ち位置の?俳優さんの記事読んだら、

凄いナチュラルハンサムなんだけど、黒目が赤ちゃんみたいな比率で大きくて、

たぶん、黒コンなんだろうなって。


アイドル女子も、すっぴんってのでお風呂での撮影されてたけどファンデもしてるようにみえたし。

やっぱり茶っぽいコンタクト入ってた。

可愛いし綺麗だけど、みんな盛ってるんだなぁ。


盛らない人が普通じゃなくなってきてて、しなきゃそんみたいな。

エクステとかも、アイドルだって前髪全部それでしょみたいなのも。


めんどくさいなぁ。

(綺麗な人たちが盛りまくってるのに、一般人がこのままではって風潮嫌いだ)

2018-03-16

好きな人がいた

3年くらいずっと片想いをしていた。馬鹿みたいに愚直にただひたすらその人だけを見ていた。声も仕草も優しさも誠実さも全てが眩しかった。叶うなら隣に立っていたかった。

あの頃、あの人のことを好きな私は自分のことが好きになれないままで、でもそんな自分を見てほしいなんてあまりにも我儘過ぎるから、だからちょっとでも自分コンプレックスをなくそうとした。歯並びが悪かったか矯正を始めて、メガネコンタクトに変えて、メイクも苦手だったけれど少しでも綺麗に見えるように頑張って、服装とか髪型とか見た目に気を配るようにした。今までそんなことに興味もなかったから私にとっては大きな進歩の一つで、そんなことをしている時間がいつのまにか楽しくなっていた。

そうしているうちに周りの人から最近綺麗になったね」って言われることが増えて、自分努力無駄じゃなかったんだなって嬉しくて、そして気付けば鏡で自分の顔を見るのが少しだけ怖くなくなっていた。自分ちょっとだけ自信が持てるようになった。

私はこれまで男の人と2人で出かけたことが一回もなかった。だから半年前、あの人から「一緒に飲みに行こう」って言われた時は嬉しかったし、初めて飲みに行った日のことを一生忘れないと思う。近況を話したりしただけだったのだけれど、とても幸せ尊い時間だった。それから月一ペースで2人で飲みに行くようになった。バレンタインチョコも渡した。あの人は嬉しそうに笑ってくれていた。

私はやっぱりあの人に好きだと伝えたかった。あの人と2人で飲みに行けて、たわいもないことを話して、そんなことができているだけでも十分幸せではあったのだけれど、ちゃんと好きだということをあの人に知ってほしかった。だからこの気持ちを出来るだけそのまま伝えようと決めて、手紙を書いた。

その日はいつもみたいにお互いの話をして、笑いあって、帰り際ちょっとしたプレゼントと一緒に手紙を渡した。その時触れたあの人の手は暖かくて、なぜか泣きそうになってしまった。好きだって最後まで言葉では言えないままだった。

次の日はどうしても落ち着かなくて、引かれたんじゃないかとか不安になりながら一日中そわそわしていた。そんな風に一日を過ごして、夜ようやく返事が来た。

「実はずっと片想いをしている人がいて、その人のことがどうしても好きです。こんな中途半端気持ちでは付き合えません。ごめんなさい。でも気持ちを伝えてくれて嬉しかったし、これからも大切な友人でいたいです。」と。

ああ振られたんだって頭では分かっていたけれど、まだ夢を見ているようでまるで現実味がなくて、頭が痛くて心は重くて喪失感が酷かった。何を失ったのかもよく分からないのに。ただただ涙を流していた。

どうして。私は最初から一人で何も失っていないはずなのに、ただあの人の恋人になれなかっただけなのに、どうしてこんなに辛くて悲しいのだろう。

それから何をしてもあの人のことばかり考えてしまいそうで、ただ好きな曲を聴いて好きなアニメを見て一人でカラオケに行って好きな歌を歌って、そして思い出したかのようにあの人から最後メッセージを眺めていた。今のうちに十分にあの人から言葉を受け止めておかないといけないような気がしていた。そんなことができるのは今しかないと思った。

そうして一週間近く経って、やっぱり私はあの人のことが好きだしすぐにどうこうできないけど、あの人が私を大切な友人だと言ってくれるのならばそれでもいいと思い始めていた。もう2度とあの人に好きだと言うことはないだろうしあの人の1番にはなれないけれど、それでもあの人にとっての大切な一人でいられるのならそうありたいと思った。だから

からもうこの想いは手放そうと思う。

大好きでした。あなたを好きになれて幸せでした。ありがとう

2018-03-09

anond:20180307234923

20年近く前の体験で、参考にならないとは思いますが、

「使えない」人間だと自覚がある、私の就職体験を書きます

エントリー数は忘れましたが、就活サイトを使った就職活動は全滅でした。

大学4年になって、新聞誌面内の求人広告(そういうのがあるのです)に、

興味のある分野の会社を見つけて、応募しました。

20年近く前とはいえ、就活サイトエントリーが当たり前の時代でしたが、

封筒履歴書と、簡単成果物を入れて送りました。

面接というより、3時間近くの面談を経て、採用されました。

でも、その会社ではぜんぜん上手くいかなかった。

まる2年働いて、人件費が成果に見合わないと、解雇されました。

その後、小売り業でアルバイトを続けるうち、

以前勤めた会社と同分野、別職種に、もう一度チャレンジしたいと思いました。

転職サイト職種名を入れて検索し、未経験OK求人に応募して、採用

ここでも選考は、新卒会社と同じく、面接というより面談でした。

その職種自分に合っていたようで、相変わらず使えない人間だったけれど、

頑張ればなんとかなりそう、という希望がもてました。

今は独立して、自分の食い扶持程度を稼いでいます

「そういう紆余曲折人生を送りたくないので悩んでいる」と思われた場合申し訳ありません。

ただ、就活でも就職先でも「使えない人間」で、コミュ障の私でも、

正攻法新卒面接ではなく、「面談」のような形でなら就業の糸口をつかむことができたこと、

なんとか自分でも働ける場所を見つけられたことを伝えたく、エントリーを書きました。

元増田さんの希望職種にもよりますが、就活サイトエージェント以外の求人に目を向けるのもよいかもしれません。

新聞求人広告なんてアナクロものおすすめしませんが、

転職サイトの未経験OK求人ネットで気になった企業コンタクトを取ってみるなど、

元増田さんの性格にあった、「別の方法」があるかもしれません。

元増田さんは、今、疲れ切っていて、自信もなくしていると思います

休めるなら、休むのもありかもしれません。

元増田さんにとって、自分に合った道が見つかりますように。

2018-03-08

論理的と言われてもいい、1st コンタクト相手が気にしていそうな欠点インターネット実名わかる形でポストする距離感の測れないタイプ人類が嫌いなんだ...

2018-03-07

日本全国の同志の諸君!

ついに一年間待ち望んでいたこの季節がやってきたな。

この時期は花粉による影響でいつもコンタクトレンズをしているあの子メガネになるのだ。

コンタクト女性基本的に家にいるときのみメガネをかけているケースが多いだろう。

よってメガネ姿こそ女性の素が見えることになるのだ。

からと言ってオシャレメガネみたいなのはダメだ。

もう何年も使っていてフレームちょっと歪んでしまっていて、レンズ指紋がついちゃってるんじゃないの?

っていうような使用感のあるものが至高である

見てはいけないあの子日常の姿を見てしまっているようなドキドキ感。

我々メガネ萌え同士はこの時期を待ち望んでいる。

連休前ぐらいまでは楽しめそうだ。

2018-03-05

高校時代の後輩と再会した話

偶然大学サークル高校時代の後輩と再会した。

高校時代、彼はいわゆるスクールカースト上位のキラキラ男子で、私はブスで厭世家スクールカースト規格外のやべーやつだった。(今と比べたら)ある程度の自信を持っていたから、あまり悩まず(今と比べたら、であって当時はだいぶ悩んでいるつもりだった)生きられたけど、今考えると本当にやばかった。高校卒業して4年近く経つけれど、未だに半分くらい記憶がなくて、たまにフラッシュバックしてとてつもない羞恥心に苛まれることがある。

今考えると、自分高校に馴染めないことを理解していて、どうにかして他人存在を認めてもらいたくて奇行に走っていたのだと思う。学校でペ〇ローションをぶちまけたり、男女問わずセクハラしたり、マジョリティに対する暴言を吐いたり。敢えて人が嫌がることをするつもりはなく、理性のリミッターをぶっ壊して脊髄反射でやりたいことだけやって生きていたのだと思う。練習が面倒になって高校部活は休部したまま卒業したし、授業も出たり出なかったりで適当にこなして、友達もあまり作らなかった。

高校卒業して、浪人して、大学生になって、留年もして、それなりに社会経験を積んだし、自分のことをそれなりに理解できるようになった。結局のところ他人に興味がなく、人付き合いが著しく苦手だったこと、それ故に自分は異質だと薄々感じていたこと、それを自覚することを恐れていたことがすべての原因だったのだと思う。気付いてしまえばなんだそんなことかと思えるのだが、自分はどの状態で安定なのかを探る8年間はとてもしんどかった。14歳の時に引きこもり不登校になって、15で諦め、16でリミッターをぶっ壊して18から軌道修正を始めて、もう22歳になってしまった。喪失感もなくはないが、20代前半で気付いてよかった、就活に入る前に気付けてよかったという安堵の気持ちの方が強い。普通の人はもうこの段階をこなしているのかと思うと本当に尊敬できる。

後輩がうちのサークルにいることは3ヶ月くらい前に知ったから私は心の準備ができていたけど、後輩はめちゃくちゃびっくりしたらしく、開口一番「え、まじで〇〇さんですか?え、同姓同名とかじゃなくて?」と言われた。二言目は「変わりましたね」だった。

そりゃそうだろう。眼鏡コンタクトにしたし、化粧だって覚えたし、ちゃん自分の体型に合う服を着るようになった。適度な露出必要なことを知った。それなりの処世術も、飲み会のノリもコールも身につけた。異性に舐められない接し方も知っている。自分精神状態すら把握できなかったあの頃とは違うに決まっている。

今まで培ったスキルを駆使してテンションを無理矢理上げて、嫌いな飲み会のノリで飲んで飲まされているところにそれだ。

駄目押しは「でも芯は変わってないですよね。」

泣くわ。

その日はあまり話せなかったので後日改めてご飯を食べたのだが、後輩自体はとても良い子で、ぶっ飛んでいた高校時代の私のことを理解できないなりに気に入っていたらしい。ほとんど話したことがなかったから知らなかった。また、自分真逆タイプ人間と話すことで自分を見つめ直せた。自信がない理由も分かったし、人に嫌われやす理由も分かった。

最近は割と自分に素直に生きられていると思う。必要以上に他人との関わりを持たないし、昔よりは好きな服を着られているし、鏡を見るのが憂鬱でないし、普通であろうとするために頑張らなくて済んでいる。自分を抑圧していないから変な反発もなく、少し変わった人だと思われている。それでいい。

人が好きではないけど、わざわざ嫌われることをしなくてもいいし、好かれる努力もしなくていい。進んで自己開示はしない。嫌いなことに気を遣ってストレスを溜めない。それでいいんじゃないかな。

斜視から3D映画が見れない

最近というほど最近でもないけど、3D映画とか3DSとか、とにかく3Dをウリにしたものが巷には溢れている。

タイトルの通り、自分は生まれつきの斜視なので3D全般認識できない。


斜視人口の3%というからそれほど珍しい病気じゃない。の割に、「黒目の位置おかしい人」くらいの認識しかないように思う。少なくとも自分は今までそういう風に言われた。

斜視は重大な病気じゃない。でも、日常絶妙なところで不便なのだ。ということを今日は書きたいと思う。


見た目が悪い


まんまだ。

斜視とか外斜視とか色々種類はあるけど自分は外斜視。昔はロンパリって言ってたらしい。

見たい対象に焦点を合わせようとすると、どちらかの黒目が外側に流れていく。そっちの目は使っていないことになる。

二回手術をした。小学生の時に全身麻酔をかけて一回、中学生の時に局部麻酔で一回。

目の中の筋肉を切って縫い、正しい位置に黒目を調整する手術だ。全身麻酔の時は覚えてないから良かった(でも尿カテーテルがショックで暴れた)けど、局部麻酔の時は意識があって、目が見えてるのに、目の中にハサミだのメスだの針だの入れられる。ブツってなんか切れてる感覚ぼんやりわかる。めちゃくちゃ怖い。人造人間にされてる気分だった。

そんな怖い手術をしても、見た目は完治しなかった。普段普通の目だけど、疲れてくると斜視が出る。あと手術との相関性はわからないけど、術後目が悪くなった。特に乱視がひどいので、コンタクトが合わなくてずっと眼鏡をかけてる。


立体視ができない

これ。

目が悪くなるのも見た目がキモいのもまあ別にいい。問題はこれだ。

前述の通り、斜視の人は片方の目でしかものを見ることができない。対して、立体的にものを見る時は、両目から得た映像を脳が組み合わせて、奥行きや距離感認識させるのだ。

小学生の頃、保健室に「立体的に見える絵本」がなかっただろうか。上の方に黒い点が二つ付いてるやつ。あれも同じ原理で、脳の錯覚3D空間認識させている、らしい。当然それができたことはない。

そしてこの立体視能力は、生後〜幼年時にのみ獲得できるそうだ。その機を逃すと、後から立体視できるようになるのは難しい。訓練することはできる。実際したけど、やっぱりダメだった。

あんなおそろしい手術をしても、この根本的なところは全く治らないのだ。


立体視できないと何が不便か。

まず、階段下りるのが怖い。

階段の段差が飛び出して見えない。飛び出して見えるとか奥行きがあるとかがまずどういうことかわからないけど、とにかくのっぺりとした一枚の絵みたいに見えている。全国の階段はふちにラインが引いてあるタイプに今すぐ切り替えてほしい。

球技ができない。

ボールサイズで「あ、このくらいの距離だな」とはわかるけど、正確な感覚がわからない。テニスとか野球とか、球が小さいと余計に無理だ。まあこれは自分運動できないからかもしれないけど。

3Dが見れない。

黒っぽい眼鏡をかけて見るやつは、ちゃん普通映像には見える。でも、飛び出すとか広がるって感覚そもそもいから、本当に普通映画と一緒なのだ

青と赤のセロハン?みたいなので見る簡易的なやつは、右目と左目でバラバラに見えるだけで一つに結びつかない。赤と青の世界が変わりばんこに点滅する感じだ。


3Dナントカ所詮娯楽なのでいいけど、下り階段は本気で困っている。

同じ悩みを持つ人がいたら是非斜視あるあるしたい。逆に、治ったよという人がいたら話を聞きたい。

もう一回手術するかって聞かれたけど絶対嫌だ。

2018-02-28

フィクションにおける南極歴史

古代

約2000万年

宇宙から飛来したUFO南極へと落下(影が行く)

10万年

宇宙から飛来したUFO南極へと落下(遊星からの物体X)

1万2千年以上前

堕天翅族がアトランディアの地(南極)に高度な文明を築いていた(創聖のアクエリオン)

紀元前2000年

プレデター南極に降り立つ。人類建築技術を与え神として崇められた。

神殿を建造させ、100年ごとに成人の儀式のために地球を訪れ、エイリアン宿主となる生贄を求めた。しかし、あるとき繁殖しすぎたエイリアンによって敗北し、全てをリセットするため自爆装置を用い南極文明消滅させた(エイリアンVSプレデター)

1838年

アーサー・ゴードン・ピム、友人オーガスタスの協力のもと帆船グランプス号に密航する。

船員たちが反乱を起こして船を乗っ取ったり暴風雨で船が漂流したりするが、辛くも南洋を目指す貿易ジェイン・ガイ号に救出される。

そのまま南極探検に向かい「テケリ・リ」と鳴く動物に遭遇する(ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語)

1868年

ネモ船長人類で初めて南極点を征する(海底二万マイル)

1889年

ノーチラス号は資材補給のため南極秘密基地へ向かう。基地南極の地下にある大空洞に、2万年前に古代アトランティス人が建造した巨大なドックだった(ふしぎの海のナディア)

1930年

ミスカトニック大学ダイアー教授率いる探検隊、南極大陸に向かう。

生物学者のレイク率いる分隊狂気山脈発見。「古のもの」の化石を数体発見するがショゴスの襲撃を受ける。

最終的にたった2名の隊員のみが帰還する。1人は錯乱状態となっていた(狂気山脈にて)

1937年

イギリス軍による「ポラリス作戦」により南極大陸で発見された、凍りつけの「プリズナー・オブ・アイス」と呼ばれる怪物。この怪物兵器利用を企むナチス・ドイツ軍による攻撃が始まった。

アメリカ軍より依頼を受け主人公アメリカ軍諜報部のライアン大尉は「ポラリス作戦」に参加し、潜水艦ヴィクトリア号に乗り込み南極へ向かい基地ナチス怪物と戦う(プリズナー・オブ・アイス邪神降臨~)

1938年

1945年

ナチスの残党が宇宙人との戦闘勝利し、遺跡から聖杯を手に入れ新たな帝国南極に築く(ADVANCED WORLD WAR 〜千年帝国の興亡〜、難局!ED)

1955年

昭和30年代、敗戦から復興を進める日本は、戦勝国を中心とした国際地球観測年による南極観測への参加を表明する。しかし、他の参加国から敗戦であることを理由罵倒される。そして、日本に割り当てられた観測場所は「inaccessible(接岸不可能)」とされていたプリンスハラル海岸であり、日本は全く期待されていなかった。その中で、倉持たちは日本世界と肩を並べる時が来たとして、南極観測のために尽力する(テレビドラマ南極大陸 」)

1958年

二次越冬隊を乗せた南極観測船・宗谷が例年にない悪天候と氷河に阻まれ立ち往生してしまう。

その4ヶ月後、往生したままの観測から飛行機基地に降り立ち、本日中に全員が昭和基地から撤退帰国するよう命令が下る。しかし犬達を連れていくことは許されず、潮田達は苦渋の決断で数日分の餌を与え、南極に犬たちを置き去りにして帰国する。

犬達は鎖から逃れ、1年後に生き残っていた兄弟犬タロとジロに再会する(南極物語(ノンフィクション))

1964年

無名雑誌ライターであるオリバー編集長に命じられ南極圏の科学取材を命じられる(南極ピンク作戦)

1966年

南極に生息する怪獣ペギラ南極観測隊の基地を襲撃したが、南極の苔から取れる物質ペギミンHが弱点であることがわかり、それを搭載した気象観測ロケット迎撃されると、黒煙を吹きながらどこかへ飛び去る(ウルトラQ)

1969年

イギリス細菌研究所で開発されたウイルススパイによって盗み出されたが、スパイの乗ったセスナアルプス山中吹雪のため墜落し、ウィルス流出してしまった。

ウイルスは全世界蔓延半年後には35億人の人類を含み地球上の脊椎動物ほとんど絶滅してしまう。

わずかに生き残ったのは南極大陸に滞在していた各国の観測隊員約1万人と、海中を航行していて感染を免れた原子力潜水艦ネーレイド号やT-232号の乗組員たちだけであった。過酷な極寒の世界ウイルス活動を妨げ、そこに暮らす人々を護っていたのである。隊員らは国家の壁を越えて「南極連邦委員会」を結成し絶望の中から再建の道を模索する(復活の日)

1979年

1982年

1984年

南極の奥地にある機械の城ネオラード拠点とする、メカ人間帝国「新帝国ギア」が人類への攻撃を開始する(超電子バイオマン)

1985年

1990年

ロシアは密かに育てていたテレパスたちを使って、南極の地下に生存している種族とのコンタクトを試みている (コリン・ウィルソン「古きものたちの墓」)

1991年

「私」が氷男と結婚南極旅行を持ちかける(村上春樹「氷男」)

1992年

南極舞台にしたクレイアニメピングー」が日本放送開始

1995年

1997年

西村淳、昭和基地からも遠く離れた陸の孤島南極ドームふじ基地料理人として派遣される(南極料理人(ノンフィクション原作でした))

1999年

太古に南極に落ちた、人間ミュータントに変える隕石のかけらをララ・クロフトが探す(トゥームレイダー3)

2000年

アメリカロシア研究員たちが「古のもの」の遺体発見する(ティム・カーラン「HIVE」)

2000年9月13日

セカンドインパクト南極大陸が消滅する(新世紀エヴァンゲリオン)

2002年頃?

2ちゃんねるオカルト板で「南極のニンゲン」と呼ばれる未確認生物都市伝説が生まれ

2003年

ダイノアースに古くから伝わる伝説「氷の底の爆竜を二度と目覚めさせてはならない。もし目覚めれば、白い恐怖とともにこの世は終末を迎えるだろう…」

南極の氷山からまれた極寒爆竜コンビを、アバレンジャー正義の爆竜たちが迎え撃つ(爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーキンキン中!)

2004年

2006年

コウテイペンギンマンブルが「エイリアン」に拐われて水族館に連れて行かれる(ハッピー フィート )

2007年

新人サファーのペンギン「コディ」がサーフィンワールドカップで優勝を目指す(サーフズ・アップ)

2009年

アメリカ南極観測所“アムンゼン・スコット基地”。キャリー・ステッコは、この極寒の地で働く唯一の連邦保安官。事件など起こりようもなく、せいぜいが雑用ばかりの退屈な日々を送っていた。ところが、冬を控え、あとは数日後に迫った最終便で帰国の途に着くだけと思っていた矢先、他殺体の発見という驚くべき事件に遭遇する。それは紛れもなく南極で起きた最初殺人事件だった(映画ホワイトアウト」)

2011年

2012年

オルタンス、南極フランス観測基地料理人となり1年間の任期を無事に終える(大統領料理人)

2015年

碇ゲンドウ冬月コウゾウ両名が南極に出向きロンギヌスの槍を回収。NERV本部地下のリリスに零号機によって刺された(新世紀エヴァンゲリオン)

2016年1月

18歳のジンカイザワは、南極海の氷山曳航を計画するシンディバード号にオーストラリアから密航する。乗船を許されたジン厨房で働く一方、クルー研究者たちのために船内新聞をつくることに(氷山の南)

2017年

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん