「気遣い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 気遣いとは

2021-05-16

anond:20210516112047

いい話だなあ。

新興宗教というと何かと警戒されるけれど、

こういう気遣い、思いやりは伝統宗教だろうと新興宗教だろうと良いものは良いなあ。

2021-05-15

anond:20210506183847

相手が男だと思うならはっきり言うのが効果的です

というか言わないと何も伝わらないです

描くつもりがないこと、描きたくない理由等を簡潔に伝えましょう

まり優しさや気遣いを滲ませた文章を書く必要はありません

それを見ると相手は逆に勘違いしま

例えば「今回はエロ絵だったかダメだったけど

今までしっかり作家作品を見てきた僕はしっかり認知されている

古参ファンであることに感謝されている

これからアドバイスなどを送ってあげよう」

など自分に都合が良い解釈をしてメッセージを送り続けてきます

やり取りが長く続く前に、これ以上あなたDMを受けたくないと伝えブロックもしておきましょう

初期にハッキリと伝えたら、その人は少なくとも同じ方法ではコンタクトをしなくなります

それ以降もアプローチが続くのであれば、やり取りを保存して警察相談することが必要になります

2021-05-14

初霜「うぅっ…あぁ…提督気持ちいいです。」

 特にかに目撃されるという事も無く私達は無事提督の自室に着いた。

「汚い部屋だが勘弁してくれ。とりあえずベッドにでも腰掛けてて。」

 汚い部屋と形容したがそこまでの汚部屋という訳でもなくそれなりに整理はされている。提督は奥で軍服を脱いでいる。これからする事を考えると少し不安だが後はなるに任せるしかあるまい。

「…初霜。もうそちらは大丈夫かな?」

「準備」を終え私の隣に座った提督はそう尋ねてくる。

「…はい、準備万端ですよ。」

 その言葉を合図に提督は私を自室のベッドに押し倒した。鍵はかけてあるし、提督の自室なら執務室の様に急に誰かが入って来るという事も無いだろう。

 怖い

 だが、同時に提督と一つになりたいという願望が心に浮かぶ

 結局私はその願望に忠実になる事にした。


 提督の唇と私の唇が重なり合う。彼はフレンチキスで済ますつもりだったのだろうがそうはさせない。

 私は腕を回して提督の体を半ば強引に抱き寄せる。彼は一見優男な印象をうけるが腐っても軍人

ある。体はがっしりとしている。私の様な小娘一人抱きついたくらいでバランスを崩す事は無かったが、

彼は私の行動に驚いたのだろう。一瞬ひるんだ彼の口内に私はやや強引に舌をねじ込み蹂躙を開始する。

ここまで戦況は提督の有利だったがここらで多少反撃してもいいだろう。


 一瞬ひるんだ提督もすぐに我に帰り迎撃を開始する。

 舌を激しく絡ませながら提督は器用に私の服のボタンを外し、ブラをずらして小ぶりな乳房をあらわにする。そのまま提督は唇を離し左指で左の乳首を、舌先で右の乳首愛撫を始めた。

 先程まで海上で訓練していたし、あまり良い香りはしていないだろうな…と思うがそれは仕方が無い。それに火薬匂いなどは既に体に染み付いていて今更洗って落ちる物でもない。

 少なくとも重油火薬と潮の混ざり合った香り世間一般で言う少女香りと間逆の物である事は確かだろう。でも存外提督特に嫌な顔はしていないのでこれはこれで興奮してくれている

のかもしれない。


 そんなくだらない事を考えているうちにも提督愛撫は激しくなってくる。

「んっ、うん、あっ…」

 自分でするのとは全く違う感覚に私の嬌声は自然大きくなる。

 提督は攻め手を休めず残った右手の指を私の秘部に進出させる。ショーツの中に手を入れ触られてビクンと体が跳ねた。他人に触られるのは当然初めての事であるので反応も大きくなる。

初霜、弄るぞ。」

はい提督…初めてなので優しく…」

了解。」


 提督はそう言われた通りゆっくりと私の秘部を触る。割れ目に沿って指を転がし、弄り、確実に私に快楽を与えてくる。秘部からは早くも愛液が染み出し卑猥にクチュクチュと音を立てていた。

「うっ、ああっ、提督…」

「濡れてきてるな。中に挿れても大丈夫かな…?」

 そう言って提督中指を立てて秘部への挿入を始める。

「待って、心の準備が…」

 私も年頃の少女なので何度か自分でした事はあるが、怖くて膣内にまで指を挿れた事は無かった。


「…肩の力を抜いて、怖かったら目をつぶっておくと良い。」

「はっ、はい…っ、あぁっ、うぅん…」

 提督の指が私の膣内に侵入して来た。初めての異物感に戸惑うが、やがてそれは快楽と興奮へと変化していく。

「ああっ…はぁ…提督気持ち良いです。」

「それは良かった。痛かったらどうしようかと思ったよ。」


 しばらく提督愛撫を受けて快楽と興奮を高ぶらせていた私だが、そろそろ体が火照ってきてしまった。それに提督の単装砲も興奮して巨大化しており発砲許可を今か今かと待っている様にも見える。

「…提督そろそろお願いします。」

「ああ。その前に初霜も服脱ごうか。多分汚れるだろうし。」

 提督に言われて私も服を脱ぐ。


「あ、あの、あんまりジロジロ見られると恥ずかしいです。」

「ああ、すまん。初霜が綺麗でつい、な。」

 そう言って提督は目を逸らす。今更裸を見られて恥ずかしいも何も無いが服を脱いでる所をねっとり視姦されるのはあまり気分の良い物ではない。

 服を脱ぎ終え戦闘を再開する。戦況はこちらの不利だが、まぁこちらは「初陣」だし仕方が無い。

初霜…もう我慢出来そうに無い。中に入れるぞ。」

はい。」


 そう言って提督は私を押し倒した格好のままで秘部に巨大化した「単装砲」を押し当ててきた。お互いから分泌された粘液同士が絡み合ってヌチャヌチャと音を立てる。

これが私の中に入る事を考えるとなんとも複雑な気分になった。

 しばらく粘液同士を絡ませていた提督だったが意を決したのか、ついに肉棒を膣内に挿入してきた。そして提督は挿入させた勢いのまま私の処女膜を貫く。

「ぐっ…くぅっ…痛っ…」

「…すまん、もっと優しくするべきだった。」

「…大丈夫、こんなの戦場での負傷に比べたら…っうん…」

 私の秘部からは先程から赤い血が愛液と交じり合って垂れている。初めての時は気持ちよくなれないとは聞いて覚悟はしていたが、なかなかきつい物がある。

からといって提督に余計な気遣いをして欲しくは無い。


「あっ…くっ…提督…私は大丈夫から提督の好きに動いて。」

「だが…」

「いいから…すぐに慣れると思います…だから…」

「…初霜。」

 そう言うと提督は私を強く抱きしめてキスをしてくれた。

「無理をするなって言ったろう?」

「…提督心配しないでください。私はこうして提督と一緒になれて嬉しいんです。だからこれくらい大丈夫です。続けてください…お願いします…」

「…分かった。俺も出来るだけ痛くないようにする。」

「お願いします。」

 そう言って提督行為を再開した。肉体同士がぶつかる音が室内に響く。


 初めは痛いだけだったがやがて慣れてきたのかその痛みも多少和らいできた。その代わりに提督のモノが私の中を動くたびに膣内で痛みより快楽が占める比率が大きくなってくる。

「うぅっ…あぁ…提督気持ちいいです。」

「俺もだ…」

「良かった…提督も私で気持ちよくなってるんですね…っうん!」

「…正直言うと、もうこっちも余裕が無くなってきた。」

 ピストン運動を続けながら提督が呟く。正直こちらも限界が近づいている。

「私も…イキそう…提督今日安全日なんです。だから…中にっ!」

初霜っ…もう限界だ…」

はい提督、いつでも…どうぞ。」

「うっ…くうっ…」

 提督はそのまま私の中に精液を発射した。熱いドロリとした精液が私の子宮に注がれていくのが分かる。


「イクっ…イっちゃう…」

 殆ど同じタイミングで私も達してしまった。はぁはぁという二人の荒い呼吸が室内に響いた。

「…もし直撃したら責任は取らせてもらう。」

 抱き合いながら提督が呟く。

「…はい…その心構え、立派だと思います。」

「男としてそれくらいは…な。」 

 上官が部下を孕ませたとあれば色々と問題になるだろうがその時はその時と開き直る事にした。



初霜に渡したい物がある。」

 事後、しばらくベッドの中で私は提督と抱き合っていたが、提督はそう言ってベットを離れ机の中からつのさな箱を取り出し私に手渡してきた。

「なんですかこれ?」

「開けてくれれば分かる。」

 恐る恐る箱を開けると中には指輪が入っていた。埋め込んである宝石トパーズだろうか?

「ええっと、これは…いくら何でも気が早すぎませんか…?」

「…そう言われても仕方が無いだろうな。だがそれは結婚指輪じゃないんだ。」

「と、言いますと?」

 提督が語ってくれた話をまとめるとこういう事だった。

 何でも少し前に軍で、ある程度錬度が高い艦娘対象にした強化計画が発動されたらしい。艦娘能力にはある程度リミッターが掛けられているが

それを一定値解除してより艦娘を強化する事がその計画だ。だが安全の為に掛けられたリミッターを外したのでは艦娘にも負担が掛かるし、なにより本末転倒である

そこで艦娘に無理の無い範囲安全にリミッターを解除するのがこの指輪効果らしい。提督艦娘指輪を渡す様を結婚に例えて「ケッコンカッコカリ」などと呼ばれているそうだ。


「そういう事だからこの機会にと俺は君への告白に至ったわけだ。」

「何故今に告白なのかと思ったらそういう事があったんですか…」

「君への思いは本気だぞ。」

「それくらい提督を見てれば分かりますよ。馬鹿にしないで下さい、私はこう見えても提督より年上なんですよ。」

 私の生まれは1933年。今年で81歳である艦娘の歳の数え方がそれで良いのかどうかは知らないが。

「それはそうと是非とも指輪を受け取ってくれないか?」

「もちろんです、ありがとうございます。ところでこの宝石も元々ついていたものですか?」

 受け取った指輪を色々な角度から見ながら私は尋ねる。

「いや、それは俺の注文だ。金に関しては心配するな。それくらいの蓄えはあるし軍隊生活じゃ特に使う機会も無いしな。」


「でも加工しても指輪効果って大丈夫なんですか?」

「その指輪を作った技術部の連中に頼んでしてもらった物だから安心してくれ…艦娘誕生日って起工日と進水日と就役日のどれにあたるか分からなかったか初霜の進水日の11月の誕生石であるトパーズを選ばせてもらった。問題無かったかな?」

 私の進水日は11月4日である。正直人間で言う誕生日がその三つの日のどれにあたるかは私も分からない。

「…それに関しては問題ありません。それにしてもトパーズですか…」

 トパーズ石言葉は誠実、友情、そして「潔白」。汚された私の名誉の事を思うと偶然と言えばそれまでだろうが悪くない意味を持つ石だ。

トパーズは嫌いだったか?」

「…いえ、大好きです。」

「それは良かった。早速つけてみてくれないか?」


 言われた通り指輪左手の薬指につける。大きさはぴったりである。そして同時に力が湧いてくるような気がした。

「どうですか?」

「うん、似合ってる。初霜可愛いな。」

 面と向かってそんな事を言われると照れてしまう。

 私はお返しとばかりに提督口付けした。



(終わり)

2021-05-13

上の階にお住いのあなたへ

絨毯を敷け。

ガキをドタバタ遊ばせてえなら最低限のマナーは守れ。

椅子テーブルか分からないが家具を引きずるな。

てめえには頭上から地響きが響き渡るストレスがないかもしれないがそれはお前の更に上の階が気遣いさんだからだ。

お前も気を遣え。

いい大人だろうがその位は頭を使え。

もし原因が椅子テーブルなら靴下をはかせるかクッションシールを貼れ。

それすらしないで苦情に怯えるのはただの馬鹿からな。

今度苦情入れるからな。

直接ピンポン鳴らさないだけ感謝してほしい。

ていうかガタガタガタガタうるさい部屋って高確率で絨毯敷かないよね。

貧乏なのかな。

「今忙しいから後にして」っておまえらそんなに言うの?

俺の拙い社会人経験の中で自分でそんな発言したことないんだが、

なんか常識マナー?として

すみません。今ちょっとしかけてもいいですか?」みたいな前置きを挟むのが当たり前みたいな空気あるよね。

くそウザいからとりあえず簡潔にまとめた用件を伝えるところからスタートしてほしいんだよな。

 

もっとひどいのは、黙ってこっち見ながら横に立つだけで、こちから「なにか用?」って声かけないと話が始まらないやつ。

それが気遣いとか良マナーとか思ってるのかな?

anond:20210510005454

嫌な女に当たっても「こちらの見る目がなかったのかも」と思えるような人だから結婚できたんだろうな。自分棚上げで奢りガー気遣いガーの婚活女は見飽きた。

2021-05-12

適材適所で良くねえかもう

現場で重いもの持ったり動いたり危なくてしんどい仕事するのは男の俺らで

飯の手配とか経理とか気を遣う細かいことは女に任せるのが結局一番良くないか

不器用マッチョ女とか気遣いヒョロ男とかは例外扱いで異動させたら済む話だし

俺のおかげで、私のおかげでお前らは仕事ができてるんだぞ!ってマインドそもそもダメなんだよな

周り見ないで偉そうにする奴が全部悪いよ

2021-05-11

anond:20210511130710

いやまあ、違いはわかるんだよ?言葉ニュアンスとか気遣いの有無とかその辺にかなり違いはある

でもさあ、そんなちょっとしたお気持ちの部分の問題だったの?

増田お気持ちの部分が多すぎw

大坂なおみの言ってることって池江璃花子と大差なくね?

大坂五輪開催「話し合うべきだ」 国民不安配慮

https://www.afpbb.com/articles/-/3345846

「難しい問題議論必要がある」みたいな自分の態度をはっきりしないマスコミがよく使う逃げ論法なわけじゃん

議論に参加するなら五輪を開催すべきかすべきでないか賛否表明する必要あるけどそこはぼかしてるわけじゃん

結局「誰かが話し合って決めてくれ」「やるならでます」って態度なわけじゃん

本質的には池江璃花子の言ってることと大して変わらんよね

いやまあ、違いはわかるんだよ?言葉ニュアンスとか気遣いの有無とかその辺にかなり違いはある

でもさあ、そんなちょっとしたお気持ちの部分の問題だったの?

そんなお気持ち配慮してくれたかどうかのレベルのことで「人殺しの顔しろ」とか強い言葉を使ってたの?

そもそも発端は池江に対する「五輪を辞退しろ」っていう要求だったわけじゃない

大坂錦織にはそれを求めていかないの?「やるならでる」って態度を許しちゃうの?

国民の皆さんが不安に思ってるなら議論をしていく必要がある」みたいなふわっとしたお気持ち愛撫発言で満足しちゃうの?

なんつーかバランスめちゃくちゃじゃね?って思っちゃう

2021-05-09

「男ってホントバカ」と思った瞬間

MMORPG流行った頃だから随分前の話。

 

パーティチャットで散々「うちのカミさんがね…」って話してるエルフ女ヒーラー(♂)をデートに誘った男。

 確かに丁寧語で喋るし細やかな気遣いのできる女エルフだが、中身は当時30代の私の夫だ。

 「うちのカミさんがね…」はこれまで物凄い頻度で女性プレイヤーに間違われてきた夫なりの、中身は男だから勘違いしないでねっていう気遣いなんだよ。他のメンバーは素直に全員男と認識していたらしいのに何故目を瞑って妄想のままに突っ走る。

 

・常日頃からアニメ特撮の話ばかりしている重度のオタクである幼女(♂)に告白した男。恐らく20代から30代前半。

 どう考えてもその幼女リアルタイムで視聴していた40代以上の人間しか分からんニッチ特撮アニメに異常に詳しすぎるだろう……。視点や口ぶりが辛口批評過ぎて女性じゃないし、よしんば辛辣サバサバ女でもかなりの年齢になると気が付かないのか?

 その幼女(♂)は私のギルメンかつ大学時代からの知人なので、自分可愛い娘を冗談でも他の男にはやらんとは思う。

 

2021-05-06

anond:20210506142009

お母さんと同じくらいの家事できるか?

今は家電が充実してるし。って言うなら強者女性家電に金をかければ専業主夫なんていらないし、

それでも結婚したいって思われるには見た目や会話、気遣いに魅力が必要だけど、ホストレベルになれるか?

anond:20210506132058

ジャンプは集合型表紙だと必ずルフィが中心(今出てる合併号もそうだろ)だし

ワンピ掲載順も高いしコミックス売り上げも高いし1000話記念なんて紙面全体で持ち上げられまくり、他作家コメ気遣いまくってるのが見て取れたしで

ちゃんジャンプ読んでるならそういうの分からないわけないけどな

売上も出してるんだから、今は全然人気ない近藤真彦とは前提が違うわ

呪術しか興味ないとしても本誌買ってりゃ分かるだろうし

アニメ派でジャンプは読んでないとか?

2021-05-03

日本人じゃないインド料理屋は気をつけて

近くのインド料理まじで不味すぎた

不味いし金は沢山とるし、4000円くらい

絶対本番で10ルピー価値しかない

食べた料理は…

バターチキンカレーキーマカレーナンチーズナンサラダサービスで付いてきたライスタンドリーチキン

バターチキンカレーキーマカレー普通にスパイシーでいいのに変な気遣いか?変なハチミツみたいな甘さが全部台無しにしてて不味かった

ナンは油でベトベト、水分スッカスカなゴムみたいなパン

チーズナンチーズの味はなしで更にベチョベチョベトベト

サラダは細かく切られててシャキシャキだけど水分が取れてなくて全体的にベチョベチョベトベト

米は日本米でベチョベチョで水っぽいから焼いた

タンドリーチキンはただのフライドチキン

しかピーマン玉ねぎが入っててシナシナ料理下手な人が作ったものみたいだった

別の場所で食べた日本人の本格インド料理は味がちゃんとして美味かった

でも外国人が作るインド料理マジでただの素人外国人が作ったもので不味すぎた

一緒に食べた外国人外国寿司みたいにベチョベチョな米だって言いながらライスを食べて吐いた

電子レンジのチンするご飯の方がクオリティ高いって言ってた

マジでインド料理外国人のは気をつけろ

2021-05-01

anond:20210501193911

バイタリティ蘇生率に影響するのか

そんな細かやか気遣い昔っぽくないと言うか、完全に確率だと思ってた

2021-04-30

anond:20210430072816

人を攻撃するということをどこかで軽んじているから実行に移してしまうんだと思うけど、

怒る(結果人を攻撃する)って自分欲望しかいから「怒るのも仕方ない」って状況は世界には存在しないんよ。

大げさに言えば強盗殺人と同じ。

怒るのも仕方ないって言葉あくまで「怒るという取り返しのつかない失態を犯した相手フォローするため」に使われる言葉でそれはあくま相手気遣いで当然相手はそう思っていないし、あけすけに言えば長年積み上げてきた好感度を消費することで許されているということ。

もしくは同じ過ちを犯した者同士がお互いを正当化しようと傷をなめあっているか

まり免罪符存在しない。

怒ることは大罪

心のどこかで自分を許そうとするな。

 

とは言え人間怒ることもある、相手を見極めてどうしてもっていうときは怒るのも仕方ないと思うよ。

なんて免罪符がある限り永遠に怒り続けるだろう、怒るな。

まず我欲コントロールする術を身に着けろ。

その後にようやく相手に応じて感情を出し入れするって応用ができるようになる。

 

ただ別に友達なんていなくても死ぬわけではないし、そこを諦めれば楽に生きられると割り切るならそれはいいと思う。

全てを得ようとするなら相応の対価が必要で、それを踏み倒そうとするのは身勝手だと言う話だね。

2021-04-28

anond:20210427140936

いやマジでこういう男の人をどこで見たのか教えて欲しい

仮にこういう思考してる男がいるとしても60代以上の爺か限界集落の男くらいだろ

女性専用車両レディースデー文句言ってる男だってあくまで「女性優遇するな!」っていう文句しかなく「男を優先しろ!」なんて論調はほぼ見ないよ

痴漢冤罪にしたって無罪の男が不当に扱われてるのがムカつくだけで実際に痴漢してる男も冤罪発生させてる女もどちらも犯罪者から一律に法で裁けと言ってるだけ

フェミが思っている以上に男女平等思想って浸透してるし(それに文句があるかどうかは置いといて)、ぶっちゃけほとんどの男は女が相手場合は何かしらの気遣いはしてる

やっぱり女に力仕事や体力仕事はさせないようにしてるし、精神的にキツイ仕事もなるべくさせないようにしてる(これを女が気に食わないかもしれないが)

食事奢る割り勘論争だって奢ってる男や奢らないとだめって思ってる(もしくはそう教育された)男が多いから勃発してるわけで、女のほうが男に奢る割合が多かったらそもそも議論にすら挙がらない

からお前が言うように「女性人格人権なんてないんだ!」なんて過激思想で「女は男に一方的に選ばれろ!そうじゃない女はゴミだ!」なんて言ってるやつがいるなら教えて欲しいわ

少なくとも「女はクソ」って言ってるやつらは、好き勝手権利だけを主張して義務を果たさなバカとか男に対してはキモいだの言うくせに自分たちが言われたら「セクハラだ!」って騒ぎ立てるアホとか

自分から産業従事してる(援交とかパパ活含む)くせにまんこ二毛作してるクソ野郎に対して言ってるだけでしょ

日本は春という身体に優しい季節にワクチン接種をを始めてくれる気遣いある国!みたいなこと言ってる人いて笑っちゃった。なんでもがんばって擁護してくれる人はいるんだな

2021-04-26

結婚相手は体力重視

独身諸君アドバイスしておきたい

結婚相手を選ぶ基準は体力

それだけだ

顔が良い・スタイルが良い・気遣いが良い・おっぱいがでかいエロい面白い・頭がいい・稼ぎが良い・親が金持ち

この辺は全部2の次だ

体力がない人間と一緒になると人生をまるまる損することになる

特に子育ては体力以外は全く役に立たない

脳筋と笑った時期があったが反省してる

本当に体力しか意味がない

他のことは体力次第でどうにかなる

世の中の親の大半が曲がりなりにも子育てできていることを考えると

ごく一般的大人の体力があれば子育てはできるのだろう

ところが稀に体力が著しく劣る人がいる

そういう人は子育てできない

ネグレクトまで一直線だ

具体的に体力がない人の特徴は

「朝起きてこない」「昼には疲れて寝る」「夜遅くまでテレビばかり見てる」「走らない」「急がない」「汗を極端に嫌う」「部屋が汚い」「小太り」

この辺の特徴が揃ってくると要注意だ

デートでも割とわかるだろう

付き合ってるうちはある程度取り繕うかもしれない

ただ体力の無さはそうそう隠せるものじゃない

ちょっとハードなことをしてみてすぐに疲れるようなら結婚はやめておけ

付き合うのは良いが結婚ダメ

子供が産まれた瞬間に何もしなくなる

というか子育てもままならない

次第に部屋は汚れ 子供に叱ることが多くなり やがて精神を蝕む

そうならないように結局はお前が頑張ることになる

やがて疲労ストレスが溜まったお前は

離婚か死の2択を迫られる

「体力をつけろ」

というのは簡単だが

それを実行するかどうかは相手次第だ

期待してはいけない

体力がある人を選べ

選ぶ権利がないなら結婚するな

先輩からは以上だ

2021-04-23

無視し合っている女性社員の片方が産休に入ってこの1年無駄気遣いをしなくて平和だった。

先週から産休から片方が復帰した。

また指の中にトゲが入っているようなストレスが発生する日常が始まるのか…

2021-04-22

調子どう?」

昔は単なる挨拶気遣いかのように感じたこ言葉も、今やリスクの早期発見のために使われていたのだと気づいてしまった。

今はもちろんコロナかどうかを確認する意味合いが込められているが、昔だってメンヘルトラブルを抱えてないか確認する用語だったのだ。

まり、「調子どう?」と上司や同僚に聞かれた時点で、既に私は職場問題になりうる人間としてマークされていたのだ。

最近コロナ禍ゆえの「調子どう?」の多発から、その隠された意味合いに気づいてしまった。

から自分が平然と過ごした職場での過去も全て意味が変わり、恥ずかしいものとなってしまった。

調子どう?」と聞かれて、嬉々として現状を話す自分は周りから見たら、きっと失笑ものだったのだ。

私が何を話すかに意味があるわけじゃなく、私がトラブってないか確認するだけのセリフだったのに、私は一生懸命喋り倒した。

そう思うと職場で誰かと会話するのが怖くなり、当時から問題児はますます行き場がなくなるのだった。

かといって、コロナ禍では仮病で職場サボることも大事になるので難しい。まさに八方ふさがりだ。

リモートワークの記録

リモートワークをやっている。ストレスは大きく減った。

いわゆる庶務的な仕事も減って本業に集中できるようになり、評価も上がった。

記念すべきリモートワーク一年目の備忘録

メリット

・何より仕事に集中できるようになった。

割り込みが減った。

もちろん割り込みもあるけれど、それは私に依頼されるべき仕事であって、「誰でもいいけど誰かにちょっとやって欲しい仕事、頼みやすい人に頼む仕事」ではない。そういう雑仕事が減った。あと電話取らなくて済むようになった。

気遣いをしなくて良くなった

独り言に反応する、

誰か(偉そうな人)が入って来たら御用聞きで話しかける

愚痴りたそうなひとのぐちをきく

これらは別にやらなくてもいいんだけど、怖くてやってた。気遣い減って本当に嬉しい。心が少し健康に。

・ふわっとした雑用が振られなくなった

調べればわかる社内システムの利用法に答える(マニュアル読んで)、ちょっとしたこと上司にかわり他部署に聞くなど

仕事が分かりやすく振られるようになった

見えていれば気づいてやってあげてた仕事も、リモートワークだと見えないので引き取れない。結果上司意識して仕事を振る必要が出てきた。

しろ管理職から最初からやってほしかった‥

デメリット

·熱量

できる人の仕事スピードとか、熱量とかを間近で感じることがなくなり、やる気維持がちょっと大変に。

·人と接するのが億劫になった

一人が楽すぎて、ザツダンするのが面倒になった。家族雑談できれば十分。

・人からの反応を引きずってしま

文章のやり取りメインの人から意見や、よく知らない人とメール議論する時、気分を害したのか、怒っているのかを必要以上に気にしてしまう。

強くなりたい

2021-04-20

やっとマトモなシェアハウスに巡り会えた

色んなシェアハウス渡り歩いてきた。

今いるところで6件目。自分含め4人で暮らしている。

そろそろここに来て1年経とうとしているが、今までで一番いい。

 

周りは静かだし、

でも街には近いし、

庭は広いし、

金にうるさい人がいないし、

恋愛だのロマンスだのは起きないし、

ネチネチとした後を引くような言い合いは起きないし、

みんなキレイ好きなのにそれでマウントを取ろうとしてこないし、

お互いを気遣い合う気さくな良い人たちばかりだ。

 

今までのシェアハウスも良いところはあったけど、それがチャラになるほど人や環境がヒドかった。

特に人がヒドかった。

ああもうあのヒドい人たちのことは思い出したくない。

 

今までとの違いはなにかといえば、やはり家賃かなと思う。

値段だけ見ればシェアハウスにしては高い。

でもそれでこれだけいい環境といいルームメイトがいるならまあ全然OKかなと思う。

2021-04-19

anond:20210419133166

つーても、俺らにできる事なんも無いしな

一人ひとりの気遣い解決するような話じゃないもの根本的に

何やっても駄目だったっていう事実に基づいて言えることなんて「諦めても大丈夫だよ」以外に無くね

 

あるいは

いったん諦めて後ろに下がってみることで道が開けるなんてこともあるかも知れんし

ひょっとしたら

万が一

anond:20210419145053

頼りになってめちゃくちゃ気遣いも出来るとか最強やん

2021-04-18

anond:20210418171841

重いものつの気遣いもあるけど

それ以上に周りから女に持たせてお前何見てんだよ…的な

社会の目があるからだと思うので台車使うといいと思う

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん