「無垢」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無垢とは

2018-08-21

となりのトトロ』はどんな話か

トトロってどんな話なの?

https://anond.hatelabo.jp/20180820185203

となりのトトロ

トトロの下敷きになった話はビクトル・エリセ監督の『ミツバチのささやき』というスペイン映画で、ストーリーほとんどこれをなぞっているだけ(妖精が見える少女迷子になってしまい、みんなが探し回る話)。

「何が目的で話が進められてんのか分からん。」というのはある意味真っ当で、その原因はトトロにおいてはこの映画思想的な側面がすっぽ抜けているからだ。

これがどういうことかってことを書く。

ミツバチのささやき』は、スペイン内戦前後スペイン国民の欺瞞に満ちた状況を、一つの家族の中に落とし込むことによって戦後スペインのあり方を批判的に論じた作品だ。

たとえば、お父さんは弾圧を怖れて何も表現できないインテリになっているし、お母さんは過去を懐かしむだけの人間となり、お姉ちゃんスペインサツキ)は暴力的フランコ独裁政権に順応的な少女となっている。

この作品は当時の政治体制批判的な内容でありながら、当時行われていた検閲を潜り抜けるために、非常に難解なつくりになっている。

難解ではあるが、田舎牧歌的風景の中で2人の美少女サツキとメイのモデル)が走り回っている姿は観ていて居心地が良く、宮崎駿イマジネーションを大いに刺激したらしい。

宮崎駿の作った『となりのトトロ』のテーマは「子どものように偏見のない無垢視点物事を見ることが大事」という点にあり、これは『ミツバチのささやき』と共通する。

だが、国民欺瞞に満ちた状況を一家族に落とし込むというアイデアはここでは慎重に取り除かれている。

その結果、『となりのトトロ』は印象的なシーンは多いものの、テーマ性が弱まり、「何が目的で話が進められてんのか分からん。」ということになった。

紅の豚

紅の豚』は『風立ちぬ』と同様、宮崎駿自身を描いた作品だ。

このことはタイトルから明らかで、『紅の豚』の「紅」は、アカ、つまり共産主義者のことだ。「豚」は、宮崎駿がよく自画像を豚として描くことから分かる通り宮崎駿自身を指す。これをつなげると『紅の豚』とは「共産主義者宮崎駿自身」ということになる。(このことは宮崎駿の著書にも書かれている)

内容としても、飛行機好きの主人公がかっこ良く活躍するが、自分を慕う女性蔑ろにしてしまう(が、女性の方はそれを許容する)、というもので、宮崎駿生活をそのまま(?)なぞっている。

この構図は『風立ちぬ』でもほぼそのまま踏襲されている(結核の妻の隣でタバコを吸う!)ので比較して観ると面白いだろう。

2018-08-18

ウヨですら日本崩壊気づき始めてきた

自分の友人にウヨがいるんだけど、案の定なんの教養もなく、だから盲目的にウヨってるんだけど、そんな友人ですら日本崩壊を疑い始めてきた。

これって末期じゃね?進撃の巨人無垢巨人のような、無知能の真正の無条件自民信者しかウヨには存在しないのか?

2018-08-11

anond:20180811012109

(股間)むくむくメモリアル

怒られたら「無垢無垢です!」と言い張ろう

2018-08-04

私36歳なんだけど、

最近ものすごい勢いで腹筋とインナーマッスル的なものが衰えていってるのを感じて悲しい。

自分身体を横から見ると、昔と比べて明らかに胸部が薄くてそのぶんお腹が出てる。『進撃の巨人』の無垢巨人みたいなだらしない体型になりつつある。

体重自体は二十代前半の頃より10キロくらい軽いのに、ウエスト56cmのズボンがキツくて無理矢理履くと腰が痛くなる。

2018-08-03

ドキッ!裸だらけの王国の話

「裸の王様」という話がある。もちろん、誰もが知っている話だ。

悪い商人に騙くらかされて意気揚々と裸でいる王様を前にして、遠慮ないコミュニケーションができない周りの大人たちは、内心、

「また、あの王様、騙されちゃって・・・・」とか、

「いい加減、こんなアホな王様について行く気がしない」とか、

「恥ずかしいにもほどがある」とか思ったり、考えたり、呟いたりしながらも、結局誰も何も言わない。

怖くて言えないのか、自分が言うべきかどうかわからないので言わないのか、

言ったとしても、王様はロバの耳、聞く耳なんて持っていないと言う諦めから来るのか、結局のところ誰もなにも言わない。

そんな中で、無垢少年に「王様、裸じゃね?バカじゃん」と言われて、王様は初めて自分が裸であることに気づくとか、

そんなようなロクでもない大人たちの話だったと思うけど、

あれがもし、周りもみんな裸で、裸であることが当たり前の社会だったとして、「王様は裸である」と誰が忠言することができるのだろうか?

から服を着た旅人が来て、「王様、裸じゃないですか!おかしいですよ」とまず思うし、口に出したとしよう。

だがしかし、はだかの王国の人々は皆こう思うだろう。

「いや、君のその何か身につけてる方がおかしい」と。

なぜなら、みんな、裸だからである

周りが皆、裸だらけなので、世の中水からしたら、どれほどプリミティブな状態であるかつゆ知らず、

であることが生まれた時から当たり前であり、今も当たり前の世界なのだ。むしろこうまで言うかもしれない。

「郷に行っては郷に従え、君も裸になったらどうだ?いや、君が裸になるべきである!」と。

「いやいや、私は裸になるなんて嫌ですよ。それに、服を着ている方が、寒さを凌げるし、怪我だってしにくいし・・・

暑い時はどうするんだ?」

暑い時は、暑い時用に、薄着を着れば・・・・」

「はっはっはー、こいつ、ばかだなあ。服を着るから暑いんじゃないのか?やっぱり裸が一番」

みたいな変なロジックで、自分たちが裸であることの不利については、あえてみようともしないし、考えようともしないかもしれない。

なぜなら、彼らはずっとずっと、昔から裸だったからだ。

しかし、裸だと、草地に入ったりした時に、草とかで傷を負ったりして、とても効率的生き方と思えません」

「そんな時には、草を刈って行けばいいじゃないか

あなた方は草地に入るたびに、草を刈って歩くのですか?」

「そんなの当たり前じゃないか

裸の王国のような特殊環境においては、特殊ルール常識があって成り立っていて、

その常識ごと、周りから見れば「バカバカしい」お話しなのではあるけれども、

実際の社会において、

・周りから見たらかなり遅れている

効率的ではないけど、なんとかやっていけている

自分たちは満足している

みたいな社会があった時に、外部の人が見た時に「いや、それ遅れていますよ」と言う指摘は、

「いや、お前の方がおかしいんだよ、我々はこれで十分回っているし、満足している。何がおかしいの?君の方がおかしいだろ」みたいな

鎖国的な反論で持って封じられてしまうことが、多々あるのではないだろうか?

今まさに、自分部署がそんな感じ。

自分も異動してきて、ありえないくらい何もかもが時代遅れで、非効率で、みんなそのせいで生産的に働けず、深夜遅くまでダラダラと仕事していて「大変だ、大変だ」と言うけれども、

「そりゃ大変ですよ。だって、そんな仕事の仕方じゃ、今時。裸で荒野を歩くようなもんですよ」

と指摘しても、「いや、これまで我々はこれでやってきたんだ」とか、「お前には根性が足りない」とか、「慣れろ」とか言われる。裸の王様にそれを言われる。

半年前に中途入社した女の子ちゃんと「王様は裸だ」ってはっきり言っちゃうようなタイプの子なんだけれども(損な生き方なんだけどね・・・)、

彼女と一緒に「王様は裸だし、みんな全員裸でどうかしている。世の中、みんな服を着ています。服を着る方が効率的だし、楽ですよ」と言っても、

「今までこうしてきた」とか「何も困ってないんだけど」とか「我々は服ではないにしても、ちょっと工夫している。草を刈るとか」とか、「お前らも脱げ」とか言われて、

戦い続けているのですが、心萎えそうです。

自分たちは何か間違っているのでしょうか?

2018-08-02

『なぜ◯◯をしてはいけないのですか?』

『なぜ◯◯をしてはいけないのですか?』という問いかけが人を苛立たせる根本の原因は、

自分の行動の動機他人にあずけて自分責任から逃れようとする「依頼心の強さ」を感じるから

しかも、その醜悪な「依頼心の強さ」=未熟さ、幼稚さを『善人ぶりっこ無垢ぶりっこ』で

隠蔽しようとする姑息さ、キモさまで、多くの人間は、この「問い方」から無意識に嗅ぎ取ってしまう。

あぁ、こいつの正体は無垢な善人を気取りたいだけのクズなんだな、と。

この手のタイプ人間は、失敗した時の「保険言い訳」として、一方的に「正解」や「オススメ」を他人に求める。

質問を発するのが幼児10代前半までなら、それは「素朴な疑問」の範疇に納まる。

成人してるのに、この手の質問を「本気」でしているなら、純粋まっすぐ系のクズに決定。おめでとう。

2018-07-31

気づいたら、純粋だった僕は唾くれおじさんと化していた話

小学生の頃、母ちゃんに唾くれおじさんが出没しているから気をつけるのよ、と言われたことがあった。

当時、純粋無垢権化だった僕は、「なんで小学生の唾なんてフィルムに集めたがるんだろう」と不思議しょうがなかった。


あれから、四半世紀の時が流れた。


社会という荒波に飲まれていくうちに、凶暴なもう1人の自我が芽生えていることに僕は気づいてしまった。

そう僕は、いつから小学生の唾液を集めたくて仕方がなくなっていたのだ。


一日のうちで、ヒトの心を持つ「僕」の時間と、唾くれおじさんになって意識のなくなる「おじさん」の時間がある。

どうやら唾くれおじさんとしての時間の「おじさん」は、乱暴なことをしているらしい。


最近では、「僕」の時間よりも、「おじさん」である時間が増えている。

意識を持つ「僕」は、それを振り返るたびにとても苦しい。


でも、無意識で過ごす「おじさん」はその苦しさがない。

からいつか、この「僕」が消えてしまえば、「おじさん」はしあわせなんだ。


もう時間がない。


そのうち、おじさんは牢屋にぶち込まれるだろう。

きっとフィルムだって証拠品として押収されるに違いない。


誰か、おじさんが集めた数千のフィルムケースを受け継いではくれないだろうか。

後世に伝えないでは、死んでも死にきれないんだ。

2018-07-30

anond:20180729110048

天ぷらそばが旨い

お湯を注がずバリバリやっても蕎麦の風味がする

ときどき粉末スープを舐めて味を変える

いちばん嬉しいのが、スープに汚されない純粋無垢天ぷら

サクッとして、ジャンキーでほんとにうまいんだなあ



真夏蕎麦の風味を感じたくて、お湯を注いで熱々になるのがいやならおすすめ

2018-07-29

動物園に行ったら狂った動物が一頭はい

文字通り狂っている動物だ。

同じところをグルグルとずっと回っている。

周りの人間など意に介さない。

自分が見たことがある狂った動物は、カワウソウォンバットみたいなやつ・ラクダなど。

彼らは小さいスペースに一匹閉じ込められ、頭がイカれてしまったのだ。

日本だけじゃない。

どこの国も、特に都市圏動物園にはそういうかわいそうな動物を1匹は目にする。

あれを見ると心が砕かれる。

駄目だ駄目だ、ああいうのも含めてもっとしまないと。

動物園という無垢な悪意の塊を享楽として金まで出して楽しみに来てるのだから

2018-07-25

ケイスケホンダっていう言い方完全にバカにしてるよね。

テック系はオープンであるというのは日本においては偽で、内輪で楽しむためなら人をバカにしても良いという考えが蔓延している。

無垢純粋に内輪でキャッキャッしてる、そんな差別主義者でこれからもいてください。そしてそこから出てこないでください。

2018-07-23

ブコメ編集者漫画に書き込むアオリみたいなものだろ

はてブを嫌っている奴がいるようだ。

主役はあくまでも記事ブコメは脇役だ。デマを信じてしま受け手無垢さよりデマ記事デマツイの筆者を責めるべきだろ。

ブコメ一見集団形成しているかのようだが、そりゃあ錯覚ブクマカは結託なぞしていない。集団リンチのようにみえるのは見る側の問題だ。

ブクマカ達が脇役のくせにキャッキャ楽しそうに見えて疎外を感じるなら参加してみるといい。全然楽しくない、虚しいぞ。

2018-07-21

anond:20180721220307

よく都合が悪くなると「弱者無謬であれというのか!」って逆ギレする奴いるけど

利益誘導のために「弱者無垢で罪のない存在」って風潮を(勝手に)作ってきたのは弱者側だよな

anond:20180721215902

弱者は何も悪いことしないからじゃない?

厳密には、弱者無垢なのに酷い奴らが虐げてる、というロジックに乗せるためにこの前提が必要

anond:20180721122354

お前が女をしょっちゅういやらしい目で見てるのと一緒で、ゲイだってしょっちゅう男をいやらしい目で見てるぞ

なんで同性愛者になった途端無垢存在だと思い込むアホがいるのか逆に疑問

2018-07-14

anond:20180713205524

チャップマン「子共ほど素晴らしいもの世界中にない。みんなだってそう言ってる。子共は未来で、子ども若さで、可能性で純粋さで、純潔で、無垢愛情だ。子共を好きにならないなんて無理だ。社会が子共を好きになってほしがってる。今さら、好きになるななんて言うな」

2018-07-06

anond:20180706221416

物理的や認識において現実でいうと証拠というのは直接それと結びつく認識個人にあるだけのもの

何であっても「証拠」と説いたいであろう「直接因子の物理的結びつき」は見つからない

ビデオにとっていようがそれが全員に知られていようが文章でのこっていようが物理的な反応として存在していようが

「それをそのように認識してしまっている」という現象個人が苛まれ可能性はゼロではない

集団で全員がそれに陥る可能性もゼロではない

それを踏まえて「本人に私がしましたといわせる」ことが最重要でそれを代弁させるために

「本人はそれをすることができないので代理人しましたとみとめます」と判断をさせる

それを社会的にみとめどう扱うかとするのが裁判

まり裁判判決が下ると冤罪だろうと犯人だろうと「犯人」になる

証拠がこれだけあるんだから認めろといって認めるか

これだけありますからみなさん犯人だと思いませんか

判断させるための材料証拠なわけで

吹聴してみんなが納得するものであればそれが「証拠」でもあるし

証拠」をつきつけて観念するそれが証拠でもあるし

証拠をつきつけられても無罪を平然と答える真犯人もいる

冤罪であろうとなかろうと何度でも追及すれば追及の仕方で逆転が見込めることもあるだろうし

誰がどう見ても納得せざるをえない状況もある

完璧な状況での冤罪もないとはいいきれない

なので回数制限を設けることにもなっているし証拠証拠としてみとめるかどうかも

厳密に規定があり判断する者も「社会的にみて常識的である」という認可のある人間にさせる

精神的な疾患があるからといって裁判官ができないのは不平等ではないか、と言われるのであれば

その「証拠は?」と質問されている

絶対無二の確実な判断を下すべきそれ」を「証拠」と言えるだろうけれども

現時点で人間証拠と言えるのは「有罪判決にいたった要素」までが証拠しかない

実際に犯罪者として扱われている人間について証拠はなにかと問うてもそれは存在していて

検討され判断材料につかわれ結果「証拠」だった結果ものがあった故なので

今でている結果は冤罪であろうとなかろうとそれがだれかにしくまれものであろうとなかろうと

当人純真無垢犯罪意思がなかったとしても 行動をさせられていまもそんな事実認知できなかったとしても

その行動の責任があると証拠によって結果がでているので

証拠があり犯人だった」という結果しかない

もっと調べれば、真犯人がでてくれば、と無限陰謀論を展開すればいくらでも証拠はでてくるだろうし

それをどれほどの人間判断材料使用して無罪有罪かを再度判断したいと申し出るかはわからない

人が有罪である無罪であるか 永遠に問い続ける必要があるみたいな哲学的もの社会機能として

有用ではないためそんなことは行われないということは想像に容易いだろう


宗教なんかでもそうだが救われるのは非常に容易い また罪に溺れるのも非常にたやす

ジャッジ絶対的だということだけが厳密でさえあれば現実に罪かそうでないかは大した問題ではない

証拠というちりばめられた事象は傾向こそあれ関連するなにもかもが証拠となりえる

厳密にそれを起因として結果がでるという要素を確定させる定義もつこと自体重要なのだ

証拠があるから犯人だ という犯人犯罪者なのかということや証拠真実なのかということは

納得する人間が多ければそれはそうであるとなる

毎日祈りさえすれば救われる 信じさえすれば許される そういう定義が結果につながると定義されることで

証拠を得ることになる

それが実際他者に影響を及ぼすことができる存在というものまり証拠」たりえるかというと

当人には証拠だけれども他者にはそうなりえないこともある

これは人間限界で 絶対の真理というものにたどり着いた人がもしいるとしたら

罪とただしさと証拠についてそれぞれが自己なかにあるそのそれそのものを取り出して人に見せることができるだろう

たとえとして心臓だったりする表現などが文学的にあるけれども現実的にはそれは無理な話

2018-07-02

僕らは無意識に「死ね」と思いすぎている

「俺の目の前にいるのがアイツじゃなくてもっと俺にとって都合のいい誰かであればいいのに」

そう考えた事が何度あるだろうか?

その思考実質的に「ガチャを引き直したいのでお前は死んでくれ」と言っているのと実は大差ないのではなかろうか?

死ねとはごくごく単純明快かつ無垢でそれはまるで空気中の如く無色透明純水な拒絶である

ゆえにありとあらゆる拒絶は死ね意味を含んでしまう。

料理の味に文句をつける時その中には「この料理を作ったのが別の誰かであればいいのに」という他者存在に対する拒絶が混ざり、それは結果として死ねを含むことになる。

僕らの周りには透明な死ねがこれでもかと溢れている。

それが色を持ちだすのは心が闇に沈み始めた時だ。

微かな光が闇の中だけで色を持つように、無色透明と思われた死ねは心の闇の中においてだけその姿を現す。

心が闇に染まるほどに世界は今まで見えなかった死ねで溢れかえり、そのサイケデリック光景に恐怖して更に心は闇へと踏み込む

そうして最後には日々ぶつけられる無数の死ねに対する防衛本能として心が剥き身のナイフ武装しろと囁き出すのだ。


なんだこの文章、俺はラノベでも書こうとしてたのか。

落ち着け

2018-06-28

hagexさんに関する擁護について

hagexさんは、それが直接的な批判言及ではないにしろ特定の誰かについてまとめる、あるいは晒すという自分自身の行動についてのリスクというのは理解していたのではないでしょうか。

リスクについて理解した上で、あるいは自身が定めたラインは超えないよう考慮した上でいろいろな記事を書いていたのではないでしょうか。

彼がやってきたことはそういった理解の上で彼自身選択により行われてきたことではないでしょうか。

普段車を運転していて、数秒後に自分交通事故で死んでしまうかもしれないと常に意識している人はほとんどいないでしょう。しかし、どこかでそういう事故が起こっており自分もそうなるかもしれない、という認識は多くの人があるのではないでしょうか。まさか自分が、と思っていたとしても。車もスピードを出しすぎたり、脇見運転などをすればより事故リスク高まるでしょう。車を運転するということはそういうことだという理解は多くの人にあるのではないでしょうか。

インターネットで誰かに対して言及したとして、後々そのだれかが自分を刺しに来るリスクというのは交通事故のそれよりも低いでしょうし、本当にまれなことだと思います

しかし、hagexさんは自らの選択によって車を運転し、あるいはバイクにのって(あるいはブログなど書いたこともなく、それが多くの人の目に触れるということなど成し遂げたことの無い多くの人にとってそれは小型飛行機のように見えるかもしれません)、本当にたまたま事故に巻き込まれたということだと思います

それに対して、hagexさんは車が危ないなんてことは知らなかったし、バイク死亡事故がおきるなんてことも知らなかったし、ましてや車の運転なんて知ていなかったよ、と過保護擁護するやり方というのは彼にとっても不名誉ことなのではないでしょうか。

彼が飲酒運転をしていた、という主張をしている人は少ないと思います

彼は交通規則もきちんと理解していて、安全運転も心がけていた、時々スピードも出しすぎることもあるけどもちろんハメを外しすぎることはなかったよ。不運な事故にまきこまれたことは本当に残念だ。というのが彼に対する真摯な態度ではないかと思います

彼がやっていたことを、小型飛行機を見事に操縦するようなものだと認識する人もいるのではないでしょうか。そういう人達に対して、彼の操縦は完璧だが、機体のトラブルによって不運にも墜落してしまったと説明したところで、やっぱり飛行機というのは怖いな、という印象を抱くと思います

特定人物について直接的に言及しないまでもその行動をまとめて第三者に広く周知できる状態にする、ということがまとめられた人物感情に与える影響というのは無視できるものでは無いと思います

例えばそれが注意喚起のためであり第三者に大して有意義情報であったり、あるいは、正しくない行動をしていた者をさらすことで啓蒙する意思があったとしてもです。

そういうことはhagexさんは理解していたのではないでしょうか。

今回事件に巻き込まれたのは不運だったからでしょう。偶発的な要因により他の誰かが殺されていたのかもしれません。

しかし、対象として彼の名前が浮かんだという結果は事実です。

そこには車を運転していたら事故にあったという因果関係以上のものがあったことは明らかだと思います

ただ、hagexさんは自分の行いに対するリスクに関して完璧にはヘッジできなかったものの、一定の理解配慮に基づいて行動してきたのだ思いますリスクを0にすることはもはや不可能なため、自分自身選択によってブログ記事を書いたり、セミナーを開いたりしていたのであり、決して純真無垢、天真爛漫、無知聖人君子人間が全くの偶然により事件に巻き込まれたわけではないのです。

リテラシーもあり分別もある人間だが、多くの偶発的な要因によってターゲットにされ命を失ってしまったということが結果から言えることだと思います

2018-06-22

おばあちゃんが白無垢着せられてた

数年前のことだけど、祖母が亡くなったのでその出棺に立ち会った。

そんとき納棺前の着替え(?)みたいなのして、最後業者の人が頭のところに白い頭巾みたいなのをかぶせてお化粧してくれてた。

説明ではなんかあっちの人にお嫁入りするかられいにしてあげるのですみたいなこと言ってて(業者の人は女の人)、もし未婚のまま自分が死んだら同じように無理やり白無垢着せられてあの世に送り出されるのかなあと思ったらかなりぞーっとした。

ちなみにその何十年も前に祖父は死んでる。

もしもだけど、結婚生活が嫌だった人も死んだらまた別の変なののところに嫁がせられるのかと思ったら地獄送りだ、と思ってしまった。

そんだけ。

2018-06-17

男の乳首エロい

女のように必要があるわけでもないのについてる。

使用用途が無いが開発したら性感帯になる、エロにだけ役立つ物としてくっついてる。

しかも男はそこが性感帯でありエロである事に無自覚で平気でさらけ出す、女の乳首エロいと認識しているのに性のためだけにある自分達の乳首エロさには無防備無垢なのだ

エロい。

2018-06-14

anond:20180613150223

増田様の庭に集うブクマカたちが、今日天使のような無垢笑顔で、ネット特有コメントを書き込んでいく。

汚れしか知らない心身が触れるのは青い色のブクマボタン

イエロースターは連打しないように、カラースター適当に投げるのがここでのたしなみ。

2018-06-13

日本平和教育が間違ってると思う前提条件

敵国がいない。

殺すのは日本不埒な事を考えた権力者によって第二次大戦をなぞるように、外国侵略して国民徴兵されて死ぬ。国にマインドコントロールされた国民自死を求められる。日本は負け続けて空襲され国土ボロボロになる。

自分たちが間違ったことをしなければ、平和で暮らせると思っている。

自分たちが殺す側に立つと思っていない。

平和教育で見せられるのは事後の廃墟だ。もしくは逃げ惑う市民たちだ。だけど、実際の戦場はニ〇三高地のように平和を愛し、敵兵と心を交わす紳士も鬼になる。

ベトナムアフガンイラク心理的後遺症が残った兵士は多い。

平和教育は自分達を律するだけで、何らかの理由で発生する敵がいない。自分達は無垢被害者しかならないと思っている。他人や他の国も同じだと思っている。

多分、それじゃこれからダメだと思うのだ。ふとしたこと生命ギリギリに追い込んだり、敵意を持たれたりするのだ。ダイバーシティ的な考えがこれから必要なんじゃないだろうか。

2018-06-11

キモくて、というのは初見でわかるけど

金がないって外見から判定は難しいだろ

乞食みたいな風貌と金ないなってわかるけど

普通おっさん初見金もってるか持ってないかは分からないよ

無垢ロレックスでもしてたらお金持ちってわかるけど、逆にどの程度お金持ってないかはわかりようがない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん