「内省」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 内省とは

2021-05-04

とんでもないことを言う精神科医見つけたんだが、これって良いのか?

発達障害者への就労支援を行っている会社サイト内で、とても正しいとは思えない内容を話している対談を見つけた。


ある小学生の子が、学校に足が痛いから行きたい。神経内科やあちらこちら回ってきてなにもないか車椅子でうちに来たんですよ。こんな鉛筆みたいな足になっちゃって。典型的ヒステリー症状ですよね。なんとなく顔を見てその評定にイラッと来ました。ヒステリー診断基準はこっちがいらつくことなんです。操作されて嬉しい人いませんよね。てめえ、大人舐めんなと思ったので(笑)病棟に入れ、親御さんたちにしばらく面会に来ないでくださいね電話もなしですよ。ということでサヨナラし。その子に歩けないのに、ご飯食堂まで歩いていって食べてくださいね、といってさようならといって会いにもいかないわけです。2日目ぐらいには這っていって食事を摂り、一ヶ月後には学校に行ってました。

精神医学って、そんな診断基準運用されているのか?

苛ついた、大人舐めんな(笑)で、私権制限して病棟に入れるのか?

ふざけてこういう言い方をしているのかもしれないけれど、診察した患者をこんな形で冗談タネにしていいのか?


フロイトでは内省がなくて、簡単に言えば自我機能が働いていないんですね。そこがないから、自分本能的なものが求めているものを、大脳皮質側で抑え込んでいるような気がするんですよ。それがフロイトのメインの理論です。そうするとヒステリー症状が出ちゃう今思えば、発達障害の人はみんな自分感情を振り返る能力がない感じがするので、無茶なんですよね。仕事がなくなると死ぬしか無い、とか極端なことを言いますよね。あれ?でも貯金に3億円ぐらいあると聞きましたけれども?と。ああいうのは都合が悪くなると失神(解離性失神)してしまう、ヒステリーと同様なものだと思うんですよ。

精神科医分析によると、発達障害者ってみんな自分感情を振り返る能力が無いらしい。

本当か?


ワンステップスクール寄宿舎民間自立支援施設)の方にも行っているんですが、甘いって、言っているんです。朝なんか爆音で起こしてしまっていいんです、と言っているんです。社長さんの言っている可塑性は後ですよね。

これに関してはなんとも言えないが、精神科医臆面もなく言っていると恐怖を感じる

ちなみに、このワンステップスクールについて調べてみたら、集団提訴を受けて今裁判やってるっぽい

(ひきこもり自立支援施設手法拉致監禁、元生徒7人が初の集団提訴へ 相次ぐ引き出し屋の被害(上)

https://diamond.jp/articles/-/252344)


精神科医やそれに準ずる知識のある方、これについて見解を教えてほしい。

個人的はにわかには信じがたいし、倫理的問題があるように思える。


引用元

Kaienはスパルタが足りないのでは? : 医師と語る 現代発達障害

https://www.kaien-lab.com/talk-with-doctor/dr5c/

2021-04-28

頭の中で他人攻撃することをやめられない

過去自分ストレスを与えてきた人をいつまでも頭の中で反撃している。

激しく言い返したり、相手家族危害を加えるぞなどと脅迫言葉を放ったり、凶器を持って謝罪強要したり、卑怯な手で物理的に攻撃したり。

その間、自分の中で「負」ではあるのだけどエネルギーがどんどん湧いている。

でも当たり前だけど、そんな妄想を何度繰り返しても、現実ではその対象となる相手は何もダメージが無い。

それが悔しくてまた頭の中で攻撃をしてしまう。

こんな非生産的なことは疲れるし、交感神経を刺激し続けるなんて自分心理状態も悪くなるに決まっている。

というかすでに悪いのだろう。

そんなこともあり一時マインドフルネスを頑張ってみた。

結果、過去の後悔と将来の不安に苦しむ機会は減った。

でも妄想での攻撃は今でも頭に湧き上がってしまい、そのたびに「やめろ!」って思うのだけどしばらくすると勝手に繰り返してしまう。

第一自分ストレスを与えた相手」もそのとき事情があってそういう対応をしてきたり、(全てではないけど)そもそも当時の自分に非があるから責められたりしている場合もあり、頭の中とはいえ反撃の正当性なんて無いはずなのだ

ネット自分がどういう状態なのか知りたくて調べた。「反芻思考」が近いのだけど、自分に対する内省では無いので違うのだろうか。

では、この現象はなんという名前で、どうしたら治せるのだろうか。

怒りの出どころが自責の念ではないせいか、調べて出てきた「反芻思考のやめ方」をなぞっても今の所効果がみられないし、続かない。(自分の思いを書き出す、など)

誰か教えてほしい。

2021-04-26

テレワークへの対応に見る「ハイコンテクスト文化」「ローコンテクスト文化」の反応

コロナ禍をきっかけに働く環境は大きく変わりました。現在オフィスの在り方についてどうお考えですか。いままでの状況が全てひっくり返る変化というよりも、「いつかはこうなる」と予見していた世界に一気に近付いたと考えています

 今回のコロナ禍は「人間の慣習」が途切れる出来事でした。物理的にオフィスに行けなくなり、自宅で内省する時間が増える中でそれぞれが「オフィスがなくても仕事はできる」と認識したはずです。これまでの慣習を断ち切って「考える時間」ができたのが2020年体験だったと言えるでしょう。

 文化人類学者のエドワード・T・ホールによれば、日本言語化されない「空気」や「雰囲気」を察することを重んじるハイコンテクスト文化とされています。他方、欧米は明文化しなければ相互理解がかなわないことを前提としたローコンテクスト文化です。ローコンテクスト文化におけるコミュニケーションルールを重んじなければ成立しません。

 どちらがテレワークに向いているかというと、「空気」ではなくルールを重んじるローコンテクスト文化でしょう。ローコンテクスト文化で、時間場所選択できるABW(Activity Based Working)を導入する場合ルール提示すれば都合に応じて個々が判断しまから、「そのルールなら自分は家で働く」と自然に受け入れられるわけです。

 ハイコンテクスト文化を持つ日本場合は、ルール提示しても「とにかくいったん出社をして、同僚や上司相談しながら働き方を調整しよう」と考え、誰から強制がなくてもほとんどの人がそう動きます。こうした働き方は「業務内容の無限定性」に大きく関わっていますが、ルールが決められておらず、一人一人の業務内容はあいまいです。すると個々のメンバーが全体の空気を読みあわなければなりません。結果として常に一緒にいないと空気が読み切れないために不安になります。そのためオフィスに来て常にお互いの様子を見るわけです。在宅勤務やテレワークルールがあっても、文化的には実践できなかったのが日本

最もイノベーティブなシリコンバレー日本型の文化だった!? コロナ禍をきっかけに、そうした日本的な働き方が大きく変わったわけ

日本場合ベテラン世代テレワークに苦労する一方で、仕事プライベートを切り分けることを好む若い世代コロナ禍の働き方を歓迎する傾向にありました。このギャップを埋めるには、新しい働き方のルール文化必要です。さまざまな世代が同じように働きやすさを求めるなら、ローコンテクスト文化を受け入れていく方がよいでしょう。一方で、イノベーティブな活動には、ハイコンテクスト文化の方が相性がよいと考えられています

 ここが面白いところなのですが、コロナ以前に最もイノベーティブな働き方をしていたのは、企業敷地内に従業員を住まわせるような、生活仕事が一体となったシリコンバレー流の働き方だったという点です。今後の働き方も完全にテレワークになるわけではなく、イノベーティブな仕事をする際にはオフィスに集まることになるでしょう。

私たち富士通2020年7月、「Work Life Shift」というコンセプトを掲げ、自ら働き方を変えることを宣言しました。「Smart Working」(最適な働き方の実現)、「Borderless Office」(オフィスの在り方の見直し)、「Culture Change」(社内カルチャーの変革)の3つを柱に取り組んでいます

 今回の対談で個人的山下さんにうかがいたかったのは、「オフィス環境を変えることで、イノベーティブなアイデア創出にどうつなげられるか」という点です。

人をクリエイティブにするには、「作りかけ」「未完成」を感じさせる、ある種のラフさが重要です。整い過ぎる環境人間を緊張させますアクティブに人を動かし、コミュニケーション量を増やすには、緊張させず、人が空間に介入しやす環境を作ることがコミュニケーション活性化につながり、イノベーションを起こしやす環境を作ると言われていますシリコンバレーかいわいではよく「空間をハックできる=ハッカブル」と表現するのですが、空間にはコミュニケーションデザインする力があります

 皆が熱気を高め、「自分はこのためにこの価値観のために仕事をしている」と感じられることが重要です。空間から会社カルチャーを感じ取れるようにする、言い換えれば、オフィス組織価値観を伝達するメディアになる

当社の場合も対面でディスカッションや共創する場としてのハブオフィスと、高速なネットワークで快適にメンバーとつながることができるサテライトオフィスがあります私自身も、実際にクリエイティブものを生み出そうとする場合は、やはりリアル場所必要だと感じています。みんなで議論して、ホワイトボードに書く。それができないだけで、仕事を進めにくいと感じることは多いですね。

2021-04-25

anond:20210425162231

行き遅れとは読み取れないので、そこは言わないほうがいいと思う

ただ、これ「男はこう考えていると勘違いしている典型的女性」でしかも一部の女性いか傲慢な考え方しているのか内省なく赤裸々に書いてくれているので、女性でもドン引きしてる人多そう

大多数の普通の人ってもうちょっとイキり合いみたいな世界観じゃなくて中庸的な価値観で、ドラマネットみたいな浅い人物像じゃなくて普通にそれなりに深く考えているのに、他人はこの程度だろうと思っちゃってるとこはちょっと勘違いがきつい

2021-04-13

雑誌映画秘宝』の記憶(48)

ロックの魂とは?】

 コメディ映画スクール・オブ・ロック』(03年)が公開された当時、この映画肯定的評価するか否か、「有りか無しか」を巡って賛否両論となったこから映画秘宝』誌面では、少しばかりの論争が起きました。

 ご存知ない方のために粗筋を説明すると「ロックバンドをクビにされた主人公が、ひょんなことから坊ちゃんお嬢ちゃんたちばかりの通う小学校にニセ教師として潜り込み、生徒たちに『ロック音楽スピリッツ』の教育を施した末に、筋が良い生徒たちをバンドメンバーに従えた主人公が再びステージに立つ」という、ファミリー層向けコメディ映画です。

= = =

 当時の否定派の論調は「『反逆精神』が拠り所であるロックが(たとえニセ教師によるものとはいえ)、学校教育で身につくわけがねえだろ」とか「コメディとはいえ大人が『ロックは素晴らしい』と、特定価値観子供押し付けるのは正直いかがなものか」とか「ガキごときロックができてたまるか」とか、まあ大体そんな感じだったと記憶しています

 しかし「ひょんなことから『未知のカルチャー』に触れた子供若者が、その魅力に思いがけず目覚めて『カルチャー担い手』として育っていく物語」あるいは「大人側の視点で、色々な思いを抱えたり紆余曲折がありつつも『カルチャーの教え手』として年下の人間たちを育成していく物語」は、良くも悪くもありふれたものに過ぎず、そこまで腹を立てることだったのかと今でも疑問です。例えば、労働者階級の家庭に生まれ子供バレエの魅力とか宇宙ロケット打ち上げの夢に目覚めるといった物語が「有り」なのに、この映画がそんなに否定される必要はあったのでしょうか。それとも学校以外の場所舞台だったら許されたのでしょうか。こうして考えると、論争と呼ぶにも非常に掘り下げ不足であったように思えます

= = =

 そもそも否定派の気持ちの根っこには、特定カルチャーの愛好家が陥り易い「選民思想」が有ったのではないでしょうか?何しろ「女『子供から映画を取り戻せ!」が旧体制の『映画秘宝』の合言葉だった訳ですから否定派には「『ガキ風情』しかも『裕福な部類のお坊ちゃんお嬢ちゃん』が『オレたちの』ロックに手を出すこと自体我慢ならない!」「ファミリー向け映画ロックをイジるな!」という気持ちも有ったことと思います

 もう既にお分かりのように、ここに見られるのは要するに、いい歳したオッサンたちが、いつまでも上の方に居座って「このカルチャーはオレたちだけのモノだ!」「コレは『本物』ではない!」「それが理解できん若い者たちは、まだまだオレたち(=オッサンたち)に及ばんな!」という態度をとることによって、若い世代から敬遠されてジャンル全体の衰退を招くという、非常にありふれた「『本物の✕✕』とは何か論争問題」「サブカルチャーにおける老害問題」の1バリエーションです。

 しかし、この映画が公開されて長い年月が経過しました。今や音楽活動を始める若者たちの中で「バンド形式から/ロックから始める人」が占めるパーセンテージは、昔のように多くはないだろうと思われます外国でも事情は似たようなものです。今ではおじいちゃんになってしまった外国の大物ミュージシャンたちと、日本アイドルBABYMETALが共演した際には、馬鹿にされたり嫌がられたりするのかと思いきや「孫みたいに若い子供たちが、ワシらの音楽に興味を持ってくれた!」と、むしろ喜ばれたと聞き及んでいます若者子供にとって、この映画に出てくるようなロックが既に「何だか知らないけど、お年寄りたちが聴いている懐メロ」となってしまった今日では「映画スクール・オブ・ロック』は有りか無しか論争」をしていた『映画秘宝』編集者ライターたちは、実に贅沢な悩みに基づいて議論していたと言えます

= = =

 無論、あの頃に「ロックカルチャー担い手ファンの『高齢化』が問題になる」などと未来予測ができた人間は少なかったでしょうから現代人の立場で彼らの論争を「贅沢な悩みだった」と批判するのは酷と言われるかもしれません。

 しかし、未来予測とは違い、当時の人間でも『映画秘宝』の関係者や読者であれば、容易に気づくのが可能だったはずのことが有ります

 それは「当時の旧体制映画秘宝』と映画スクール・オブ・ロック』の主人公は、していることが『悪い意味で』五十歩百歩だった」ということです。

 旧体制の『映画秘宝』が「切り株映画は、世界真実を描いている!ヌル作品なんか観るのを止めて、切り株映画を観ろ!」とアジテーションする姿と、この映画主人公が「ロックが最高の音楽だ!ヌル音楽なんか聴くのを止めて、ロック名盤を聴け!」と生徒たちを『洗脳』する姿との間に、果たして本質的な違いが有ると言えるでしょうか?

 そうです。この映画主人公がしていることは「洗脳」です。もちろん「何らかのカルチャーの愛好家が、非・愛好家に対して自分の好きなものを紹介する」という行為は、大なり小なり「洗脳」の側面を持つものです。だから、単に「ロックは良いぞ」と他人に薦めるだけならば、何も批判される謂れは有りません。しかし、もしも「ロックを知らないのは不幸だ」とか「ロック以外のツマラナイ音楽聴くやつは馬鹿だ」とか説教をかまされたらどうでしょうか?そんなことをされたら「うるせえ」「布教するために他人価値観を踏み躙るな」と言いたくなりませんか?そもそも「『反逆精神』を拠り所にしてるくせに、上からモノを押し付けるんじゃねえよ」という話です。

 実際、この映画には、生徒たちが普段どんな音楽を聴いているのかを質問した主人公が、その回答を聞いて嘆息するという場面も出てきます。これを単に作品を彩るギャグとして軽く受け流すのか、見過ごせすに腹立たしく感じるのか、それは観る人によって受け取り方が異なるでしょう。しかし、仮に主人公批判する感性の持ち主ならば、同じことをしている旧体制の『映画秘宝』にも批判的な感情を抱くのが当然と言うか、それが「知的な誠実さ」というものではないでしょうか。仮にも批評活動生業にしている人間たちが雁首を揃えて「この描写は、自分たちみたいな(=若者世代に『本物のカルチャー』とは何かを教えたがる)オッサンのことを風刺しているのではないか?」という可能性に思い至る「内省視点」を少しも持たなかったのでしょうか。そうだとすれば『映画秘宝』関係者は「知的怠惰」と言わざるを得ません。

 まあ、可能性としては「映画主人公の行動と『映画秘宝』の行動は五十歩百歩」という事実に気づいていたけれども、センパイの機嫌を損ねるのを畏れて忖度して言わなかったというのも考えられますね。

 馬鹿なのか、忖度体質なのか、どっちにしても「批評活動を行う人間」としては「致命的な欠陥」だと思うのですが、そういう人たちでも業界デカイ顔をしていられる現状は、いかに本邦の映画ライター業界人材不足なのかを如実に物語ると言えるでしょう。

= = =

 ちなみに映画スクール・オブ・ロック』には、主人公が「ロックの反逆精神とは何か」を生徒たちに実地に教えるために「『権威』に逆らえ!教室では教師、つまりオレが『権威』だ!オレを罵ってみろ!」と命令する場面が出てきます。すると、生徒たちは素直で良い子ばかりだから、色々と頑張った末に「デブ野郎!」という火の玉ストレートを投げてしまい、自分で反逆を命じたのに「オイお前、後でちょっと職員室に来い!」と主人公がマジ切れするというギャグ場面が出てきます。(なお、主人公を演じるのは、ぽっちゃりコメディアンのジャック・ブラックです。)これは「『反逆精神』を『教育』する」という根本的な矛盾表現した、秀逸な場面と言えます

 町山智浩高橋ヨシキてらさわホークも、一度「権威に逆らえ!オレたちを罵ってみろ!」と若手ライターたちに呼びかけて「反・権力/反・権威精神とは何か」を教えて上げたら良いのではないでしょうか。パワハラ説教マンスプレイニングかますよりも、よほど後進の育成に寄与できると思いますよ。

 まあ、センパイの機嫌を取るためにパートナーの肉体を献上する人間、それを享受して面白おかしく語る人間嘘八百解説を書いて間違いを指摘されたらそそくさと逃げる人間には、到底「権力に逆らうとは何か」を若手ライターに教えることなんて無理な話でしょうけど。

 この投稿は以上です。ヘイル・サタン

2021-04-11

雑誌映画秘宝』の記憶(47)

【サタニストの美学とは?】

 高橋ヨシキがサタニストを自称していることは、よく知られています

 田野辺尚人は、恫喝DM事件に対する対応において「責任能力が無い」と見做された有様ですが、最近ちくま文庫から再刊された高橋ヨシキの著書『悪魔が憐れむ歌』に解説文を寄せていることから、今だに田野辺高橋の結び付きは固いことが窺い知れます

 田野辺尚人解説に拠れば、サタニストとしての高橋ヨシキが影響を受けたとされるのはAnton Szandor LaVey(米国The Church of Satanの設立者代表著書『The Satanic Bible』)であるとのことです。

 さて、このSatanismにおいては「9つの罪」が定義されていると言われています

 そこで今回は、この「9つの罪」を挙げて、旧体制映画秘宝』陣の実態と照らし合わせて見ていきたいと思います

(1) 愚鈍さ:恫喝DM事件で「アカウントを乗っ取られた不正操作だ。自分(=岩田和明)は事件に関与していない」と虚偽の弁明で岩田が逃れようとした際に、この無理が有る岩田の言い分に安易に乗った田野辺尚人は、この罪に該当していると言えそうです。

(2) 虚栄:本質的には女性蔑視同性愛差別思想の持ち主であるにも関わらず、それを知らない人間たちの前では「我々は差別と戦う」と正義ヅラ有識者偽装することから旧体制映画秘宝』陣は、この罪に該当していると言えそうです。また、非モテ過去を無かったことにして「大人の男の恋愛論」を語っていた町山智浩は、虚栄の典型と言えます

(3) 唯我主義:「町山智浩が大好きだから」という理由自分女性パートナーの肉体を献上した高橋ヨシキと、それを享受して面白おかしく語った町山智浩は、明らかに女性自身の意志人権尊厳などを微塵も考慮していません。自分たちの快楽欲望だけを優先しているのですから、間違い無くこの罪に該当していると言えそうです。高橋ヨシキが力を持つ旧体制映画秘宝』で切り株派が依怙贔屓によって優遇されていたことも理解せず、体制変化に伴う優遇の終了に不満を漏らしたナマニクも「唯我」の例と言えそうです。

(4) 自己欺瞞:悪い意味子供じみた言動に終始していて、明らかに大人になりきれていないにも関わらず、自分自分に「オレ(たち)は『大人の男』である」と言い聞かせる。あるいは、自分たちが繰り返し差別を行っているにも関わらず、自分自分に「『映画秘宝』は社会不正義や不公正と戦う雑誌」と言い聞かせる。そうして、自分自分に吹き込んだ「嘘」を信じ込もうとするのは、この罪に該当していると言えそうです。俗に言う「詐欺師自分自分の嘘を信じるようになる」と云う状態なのかもしれません。

(5) 群れに従うこと:ホモソーシャル集団病理として「身内が絶対正義」と云う考えに凝り固まり自分たちの身内にだけは異常に甘い態度を取るので、間違い無く旧体制映画秘宝』陣はこの罪に該当していると言えそうです。町山智浩の『実写版進撃の巨人』の失敗に対する批判の声を不自然なまでに小さく控え目にしたこと柳下毅一郎が吹いた犬笛に侍功夫が逸早く反応して付き従う姿勢を見せたことなど、その実例には事欠きません。

(6) 見通しの欠如:切り株映画至上主義者は『映画秘宝』を私物化して「自分たちの価値観けが常に正しい」「自分たちの好みに合わないものには価値が無い」と盛んに吹聴し、閉鎖的な態度を取り続けてきました。これが、将来の幅広い読者を開拓・獲得することを阻害して、雑誌未来を閉ざす結果に繋がると理解していなかったことは、この罪に該当していると言えそうです。(「少し考えれば馬鹿でも分かる」ようなことを理解していなかったと云う意味では(1)にも該当すると言えそうです。)

(7) 過去の正統の忘却ムック形式時代の『映画秘宝』は「予算芸術性や出来の良し悪しに関わらず『好きな映画は好き』と云う気持ちだけは平等だ」と云う基本理念を示していました。それを忘れ去り、異なるジャンル価値感の間で優劣を付けるように悪い変化を遂げたことは、この罪に該当していると言えそうです。

(8) 非生産的プライド:「オレたち男と違って、女たちは『ユー・ガット・メール』を見て喜ぶような馬鹿どもだから、オレたち男は女よりも偉い」と云う男尊女卑思想。「オレたちストレートの男は、同性愛者よりも立場が上だから、奴らを嘲笑してもよい」とする同性愛差別思想。「オレたち切り株映画ファンは悪いことをしないが、萌アニメが好きな奴らは犯罪者予備軍だから叩いてよし」とするジャンル間の優劣思想。「若い奴らや女は物事を知らないから、何でも知っているオレたち大人の男が教えてやろう」という説教願望。旧体制映画秘宝』陣は、肥大化して歪んだ自尊心の持ち主の見本市ですから、確実にこの罪に該当していると言えそうです。これだけ社会多様化が進めば「オレ(たち)は何でも知っている」という仮面を被り続けることは無理があるのですが、それでもその仮面を手離さないのは、他人から「物を知らない」と思われることに堪えられないというチンケな自尊心に囚われていることの顕れでしょう。てらさわホークが『マン・オブ・スティール』について嘘八百を書いた際、自分よりも知識豊富人間から間違いを指摘されて逃亡したのも、チンケな自尊心の持ち主だからと言えるでしょう。

(9) 美意識の欠如:間違いや過ちを指摘されても目と耳を塞ぎ続ける自分たちの振る舞いが、客観的に見れば非常に格好悪いということに気づいていない、もしくは気づいていないフリをし続けていることは、この罪に該当していると言えそうです。ロマン優光言論反論できないか誤植に赤丸を付けるというみみっちい行動に出た柳下毅一郎は、その一例でしょう。

 ざっと見てきましたが、もしもSatanismに価値説得力を見い出し得るとするならば、それはイズムの信奉者を自認する人間が「内省を伴う批判精神」の持ち主であればこそでしょう。

 自分たちホモソーシャル集団にとっての「敵」と見做した他人執拗に口撃するのは大好きで、自分自身や身内には異常なまでに甘いという高橋ヨシキらが、そのような「内省を伴う批判精神」の持ち主であるか否かは、誰の目にも明らかです。

 「論語読みの論語知らず」という諺は、高橋ヨシキ旧体制映画秘宝』陣の実態形容するのに、実に相応しい言葉と言えるでしょう。

 この投稿は以上です。ヘイル・サタン

2021-03-17

増田で傷つく人はもしかしたらご存知ないかも知れないのでアプリを共有

ジャーナルアプリってご存知でしょうか?その名の通り、ジャーナリングするアプリです

 

ジャーナリングというのは雑にいうと "書く瞑想" です

頭に思い浮かんだことを取り繕わず文法も気にせずひたすら書いていくのです

そうすることで

 

 

  • 今に集中する。自律神経を整える

  

えっ?これ増田となにが違うの?って思うじゃないですか?

そう、なにも違わないんです

あなたを傷付けるようなトラバブクマも飛んでこないですしアレなエントリーも目に入らないです

なのでトラバブクマで傷つく人はこちらをご利用くださいまし

 

 

おすすめアプリ

muute (ミュート)

完全非公開で共有機能無し。余計な刺激は欲しくないけど無反応のはイヤって人向け。AIがお返事やフィードバック返してくれる

気分だけの記録も可能だし、写真を載っけられるし、簡易的なライフログ機能も付いてる

あと内省や掘り下げが苦手な人向けに投げかけもしてくれる

 

DayOne

ライフログ機能やその他便利機能が盛りだくさんなアプリ

音声で記録をつけることもできる。動画で記録をつけることもできる。手描きで記録をつけることもできる。

自分だけの日記ではなく複数人と共有したりIFTTT連携(TwitterInstagram自動投稿など)もできる

 

飽きたので適当にDayOneでググって

 

 

個人的ジャーナルアプリ増田の使い分け

ジャーナルアプリ

 L 増田よりも更にヤバいこと書いている。ただし、身バレすること、垢BANされそうなコンプライアンス的にアウトなことは書いてない

 

増田

 L ジャーナルアプリよりは大人しめなことを書いている。トラバついたらいいなくらいな期待値基本的には匿名掲示板として書いている

2021-03-08

anond:20210307215045

暴力以前に気になることがあり、はじめて言及します。

勝手な推察です。

塾に行く理由を、お子様は説明できますか?

理由説明できない。というより本当は納得できてない(小2で塾に行く理由は誰もわからないと思いますが)と仮定した場合子どもは、何のためにやっているかからない鍛錬の最中に、自力解決できない問題にぶちあたっている訳ですよね。その状況に対して保護者が「一緒に考えて教える」のは一見子どもに寄り添っているように見えますが、そもそも「塾の問題をこなす」前提が子どもは納得できてないと思います

「じゃあやんなくて良い、パパは知らない」っていうのは、二重否定です。

もっと強い言い方をしてないでしょうか?

よくわからない壁にぶちあたって困っているのに、それを放棄すると、さらに味方が離れる。(悪いことがおきる)

これは、子ども内省的な動機をくじきやすいです。

自分がやりたいから〜をやる

ご褒美がもらえるから〜をやる

〜をやらない(何もしない)

〜をやならいと〜になる(悪い方向)

その上で暴力問題があると思います

暴力の良し悪しというより、その影響を考えた方がいいと思います

同じ状況に遭遇した時に暴力を振るっていい、という経験値子どもにたまります

よく大声を出す両親の子どもは、すぐに大声を出します。

経験値がたまったからといって暴力的になる訳ではないですよ。今後、この経験を生かしてどう行動していくかだけだと思います

2021-03-04

ジェンダークリニックの先生に伝わらない思い

はてなー、俺今日ジェンダークリニックに行ってきたよ(6回目)

あなたはなにより子宮を取りたがっている。胸は二の次。そんな人は珍しい。普通子宮より胸を取りたがるものだ」って言われたよ

いやちゃうねん。俺だって男になりたいねん。でも手術してホルモン打ったところでちんこが生えて射精できるようになるわけじゃないし身長が急に180になったりするわけじゃないやん

どうせ望む姿になれないなら見た目なんてどうでもいいだけやねん

せめて子宮を取って女でなくなりたいね

今は何より子宮を憎悪してるから他のことが考えられないだけで取ったら胸も取りたくなるだろうし戸籍も変えたくなるだろうし奥さんも欲しくなる(もらえるとは言ってない)だろうけど

なんでかなあ、なんで伝わらないかなあ。いやここまで明け透けに言ってるわけじゃないから伝わらなくてもしょうがないけどこれまんま言ったらやべー奴じゃん

それに自覚というか願望を抱き始めたのが小3、性同一性障害名前を知ったのが多分中1でそれからずっと自分の中だけで内省を深め続けたせいで自己完結しちゃってんだ

厨二病に罹ってた時は『自分他人の体に入り込んじゃっただけでこの体は俺のじゃない』って思い込もうとしてたもん

やっぱ中学の頃から周りに男になりたいって言ってれば良かったのかなあ

でも最初に言った姉貴は「そういうのは子供の頃から兆候があるもんでしょ、あんたはちがう」って馬鹿にしてきやがったからそんな気も失せたんだ

だって否定されたくないし。みんなどうせ信じてくれないし

そう思ってたらずるずるきてとうとう月経痛に耐えきれなくて婦人科に頼ったらジェンダークリニックを紹介されたよ

どうせ来るなら中学高校の時から通ってるんだったなって思ったけど、県一つ跨いでるからなかなか難しい

「男になりたくないわけじゃないのはわかってますよ」ってそうじゃないんだよなあ。親にも先生にもうまく伝わらない

男になりたいけど、ひとまず女でなくなりたいんだよ

それになんだかんだ20年成長を見守ってきた身体だし、憎いと同じくらい愛着もあるんだ

いから変えるけど

ごめんな体。これからきっとめちゃくちゃで男女どちらでもない中途半端ものにしちゃうけど、俺の体にした神様を恨んでくれよな。俺も恨んでるから

2021-02-20

anond:20210218230048

普通に性教育込みでちゃんと教えれば?

日本性教育が遅れてる、男は性に対して誤った知識を持ってるってフェミが散々言ってきたことじゃん

まさに正しい性教育とやらを実行するいい機会だと思うんだけど何が問題なのか

一方では子供に正しい性教育をと言いながら、もう一方では子供を性から遠ざけろと言う

なんでもかんでも叩きまくる前にまずフェミ自身自分は本当にはどうしたいのかを内省しなよ

2021-02-14

[]おそ松さん3期18話「やめておけ」について

おそ松さん3期18話を見て、思いの外キツい内容だったので、取り急ぎ1男と3男に関する感想を投げておく。あくまでも個人的な、考察とまでもいかない感想です。ネタバレあります

1男おそ松→

ミソジニーを深めたんではないかな。今までのおそ松にとって、女性セクハラナンパ対象しかなく、自分には決して振り向かない架空の生き物同様だった。だから、”女性”や”女体”という分かりやす記号に対して、小学生のように無邪気に反応して騒げたのである。そんな異性にも感情があり、その異性が自分好意を向けてくることがあることに初めて直面してさぞかし戸惑っただろう。さらに目の前の女性が、自我を持って異性としての自分を選ぶ可能性が生じた現実は彼にとっての未知との邂逅だっただろう。好意を抱いてくれている異性に異性として一対一で向き合うとはどういうことか、恋愛感情とはどういうものなのか、それらに自分で向き合おうとした矢先に、結局こっぴどく振られてしまった。やっと、自分の箱庭の外に存在する他者との関わりを持つ手がかりを見つけかけた矢先に。この一件からおそ松は余計に、女はどうせ結局自分相手にはしない、女は何を考えているかからない生き物だ、という価値観を強固にするだろう。また、性別関係なく、他人自分に向ける感情が移ろいやすく身勝手で、必ずしも自分相手に割いた感情リソースと見合わない動きをする生き物であり、他人関係構築するためには傷つきながらも対話をしていくしかないという、二十歳過ぎた大人なら誰しもが経験して気付いている事実に彼は気付いていないし、経験値もない。だからこそ深い痛手を負うし、余計家族内、兄弟内の絆に逃げ込むしかなくなるんではないかな(兄弟内、家族内にも他者同士としての人間関係存在し、それらは時に厳しいものであるのはひとまず置いておこう)。なんか良いと思って好きになったけど一晩経てば気持ちが変わってしまった、にゃーちゃんの行動は至極ありふれたもの現実世界人間達はそのように自分の都合の良い感情他人を揺り動かす生き物であるが、おそ松には理解できないだろうなという話。

3男チョロ松→

チョロ松は推しを失った、という話になる。何年もかけて応援してきたアイドル。チョロ松はあくまでもクズなので下心が見え隠れしていたこともあるが、それでもライブに足繁く通い詰め、グッズを買い応援してきたのだ。オタクにとって。“推しを推す”ということは一種守られた箱庭での非常に内省的な活動であり、それが彼の変哲のないニート生活にとってどれだけ価値があることだったのか容易に想像がつく。その上で、チョロ松は一人のファンとしてアイドルを推すとはどういうことかを徹底的に突きつけられた。あれだけライブに通い詰め、接触イベントにも顔を出していたにも関わらず、顔も覚えてもらえていなかった。まあ、それも当たり前なのだが。アイドルファンの顔を覚えない(アイドル個人としての信念に基づいてファンの顔を覚えるアイドルもいるでしょうが、覚える必要は全くはありません)。18話でにゃーちゃんに語りかけるチョロ松に、にゃーちゃんが言い放った台詞がこうだ、「急になんなんですか。にゃーちゃん……馴れ馴れしいなぁ。初対面なのに。」だ。そう初対面なのだ他人他人。チョロ松からしたら大好きな可愛い推しだろう。四六時中にゃーちゃんのことを考えていたと言っても過言ではない。でも当たり前の話だが、アイドル現場ではあくまでも”アイドル”と”ファン”という関係性だし、アイドル現場の外では完全な他人だ。冷静になってみると、初対面のニャーちゃんタメ口で馴れ馴れしく話しかけるチョロ松もどうかしてますね。チョロ松がにゃーちゃんアイドルとして推すことにどこまでの期待をしていたかは分からないが、自分が沢山お金を使って、たくさん現場に通ったそれらにかけられた想いは、当たり前ではあるが、ファンとしての領域を超えてにゃーちゃん自身に影響を及ぼすことはなかったのだ。アイドルとあわよくば……なんて考えていた、なんなら認知くらいされているだろうと考えていた傲慢なチョロ松への盛大な皮肉だろう。今までも、おそ松さんというアニメを通して、むつごが身勝手幻想女性に抱き、結果こてんぱんにその幻想を打ち砕かれるという構図が見られてきたが、今回のは5年ごしのしっぺ返しなんですかね。それをチョロ松に突きつけたトリガーとなったのが実の兄で、よりによってあのおそ松だったというのがあまりにも手厳しい。18話のエンディングがチョロ松バージョンで、「世の中色々あるけど、推しさえいればそれだけで良い!」と歌っていたのがなんともいえない皮肉だった。結局チョロ松は、アイドル推していた自分自身姿勢省みることなく、クズモテるという記憶を塗り替えるために旅に出るのだが、このことからチョロ松は成長しているとは言い難い。なぜならこの惨状が、自分アイドルを推すことで現実から目を背け、あらぬ幻想推しに都合よく押し付けた結果であることには気づいていないかである。ショックなのは分かる。自分が同じ立場でも立ち直れない痛手を負うだろう。ただあの時チョロ松がしなくてはならなかったのは、クズ長男推しモテたという記憶を抹消することではなく、あくまでも自省だったはずだ。解脱していたのは流石にオモロかったけど!!生きてくれよな......チョロ松。

今回の話、兄弟間の関係性までもを変化させるような出来事が起こったと思ったが、おそ松さんから次週からはいつも通りにむつごは生活してゆくのだろうな。しかし結局のところは、兄弟は成長できてはいない。おそ松は、異性との関わり方、他者との関わり方の手がかりを決定的に失ったに過ぎないし、チョロ松に関しても自分現実と折り合いを付けられないまま、推す対象を失っただけに過ぎない。3期18話、個人的にはあまりにも残酷な話だった。

2021-02-12

https://anond.hatelabo.jp/20210109213515

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1649741

で、↓のブコメ

id:a2004 自分が感じている事を言語化できない方が非論理的。例えば何に対して本当に苛立ってるのか分からないで別の対象に怒りを向けたり、批判をする人は多いし、そういう人は本当に周囲には迷惑



ってあるけど、この考えは非常に危うい。自分の非論理性を棚に上げやすくなってしまうから

そもそも私たちは人の好き嫌いで起きてる事象の良し悪しを判断して、後付けで感情説明している事が多いから、

自分が感じている事を正しく言語化すること自体人類には難しすぎる。

https://www.ny-onlinestore.com/shop/pages/magazine-interview-traditional_style-242-.aspx

↑の池谷さんの話にも載ってるんだけど、 脳は「理由を聞かれたら、すぐにその理由でっちあげる」みたい。

あと、人間は「好きな人が勧めたものは好きになりやすいし、嫌いな人から勧められたものは嫌いになりやすい」から(そういう研究結果がある)、

私たち感情や行動理由を的確に言語化出来るときもあるけど、そうじゃないときもよくあると思った方が良いと思う。



-------------------------------------------------------------------

増田じゃなくブコメへの反応らしいんで回答ずれてるのかもしれないけど

>たぶん俺と同じ困難は男女関係なく持ってる。で、得てして男は男と、女は女との付き合いの時間が長いので

>女の方がケアしあう関係が強いなら俺みたいに共感力が低い女は俺以上に日常で困難を抱えているはず。厳しそうだ(共感)



増田コミュニケーションにとても誠実に向き合われていて、偉いなあと思い頭が下がります

で、私も増田と同じ「(言及すべき情報)を満足な速度で抽出するのが苦手」という悩みがありました。



私は共感力が低いことでクレームをかつて貰いがちだった女ですが、人とのコミュニケーションについては現状以下の結論に至り、練習中です。

(1)多くの人々は好きな人からは大体好意的感情を貰いたがるし、嫌いな人から共感されても嬉しくない(寧ろ嫌がる)

(2)感情説明を求められても、正直に自身感情説明する必要はない。寧ろ感情を徹底的にコントロールすることに執着した方が良い。

(3)寧ろ相手が欲しい言葉と、後で起きうる事象自分がどう操作したいかで発する言葉を決める必要がある。

(4)男性女性も、言葉が欲しいというより、相手感情を汲んだ行動・表情をこちらが表現すると喜ぶことが多い。



で、上記を満たす「相手が欲しい言葉や反応」は自分相手との関係性でかなり変わることも分かりました。

親しい人との会話程、「美味しすぎる!幸せ~!」とか好意的感情を発露している態度を出しつつ、

本当には浮かれないようにシラフで冷静に距離感を保つ必要が(私には)ありました。

そうしないと相手が欲しい反応を示したり距離感取ることが出来なくなるからです。

逆に、仲良くない人ほど毅然とした正直な態度でいる勇気も求められることが分かりました。

じゃないと、変に媚びてしまって益々相手が嫌がる負のPDCAサイクルに陥ってしまうからです。



そうなると、「どんな反応すべきか」という答えから探すより、

自分の反応が自分本位であるか」どうかだけ気にして内省を繰り返す方法の方が

結果的に(1)~(4)を満たす反応が出来ていることが多いことが分かりました。

なので、現在は、自身の態度を気をつけるという方法コミュニケーション練習しています



私も即座に反応できるスピードがまだ伴ってなくて、相手に合わせるとついピントが外れがちになります

でも、この打率を上げるのって、実は皆に取って永遠課題な気もします。



お互い、人々とより良いコミュニケーションが取れますよう、頑張っていきましょう。

2021-02-11

件の発言の真偽は知らんけど

反差別論者が自身差別的言動を指摘されたときの反応も個人的には森とあんま印象変わらんかな。

条件細分化してこれは差別じゃありませんみたいなことが内省より先に出てくるの、立ち位置誤魔化して射程圏外アピールして逃げ切ろうとしてる印象しかないんだよな。

2021-02-03

anond:20210202132339

これはなかなか核心を突いた素晴らしい内省だと思う。女性から優しくされるのは当たり前だと思っている一方で、そんな都合の良い女性が現れないことによるジレンマは大多数の男性が抱えているんじゃないかな。

女性の方がその点、コミュ力人間関係の構築に優れているのもあって「理解のある彼くん」の存在を素直に有り難み、客観的自分たちカップルを見て、コンテンツとしても昇華できるのだと思う。

2021-02-01

anond:20210131184504

さいとうしほさん、これだけ多くの人たちが、自身の抱える問題について解説してくれる機会ってそうそうないよ。

一度心をまっさらにして、インターネットの皆さんから受けた指摘を素直に反芻してほしい。

一人で内省するのも大事だと思う。けど、自分って意外と正しく自分理解できないものから

2021-01-20

anond:20210119234225

疲れることを検索のせいにして全く内省しない性格が原因

2021-01-18

韓国ナマモノBL批判は、ディープフェイ批判への反撃

まず韓国人男性が、韓国女性芸能人フェイポルノ作成・消費しており、

そうした行為に罰が与えられていない現状に対して、韓国女性が抗議運動をしていた。

韓国人男性オカズを奪われることへの怒りを感じたが、

アメリカでも日本でもフェイポルノ作成・公開者は当然のように逮捕されている。

 

逮捕されたのは会社員、二又(ふたまた)正行(46)=東京都港区白金=と同、山口岳(33)=世田谷区砧、ホテル従業員、窪(くぼ)謙太朗(23)=横浜市港北区鳥山町=の3容疑者

3人はそれぞれ、まとめサイト運営。二又容疑者は「芸能人本人ではないと記載しているので名誉毀損ではない」と否認し、他の2容疑者は「サイトアクセス数を増やしてお金を稼ぎたかった」「自分動画を作ったわけではないか大丈夫だろうと思った」と容疑を認めている。

二又容疑者は令和元年12月から今年9月にかけて50万円超、窪容疑者も同時期に100万円超の広告収入を得ていたという。

2020.11.19 12:28動画ディープフェイク」のリンク掲載 容疑のまとめサイト運営者ら逮捕

https://www.sankei.com/affairs/news/201119/afr2011190014-n1.html

 

正直、フェイポルノ正当化できるような理屈存在しない。

そこでフェイポルノ擁護を諦めた韓国人男性が、韓国女性による男性への性的搾取を吊るし上げる反撃に出た、

というのが今回の韓国RPSナマモノBL批判の経緯だ。

 

反撃とはいっても、女性が書くポルノ小説にはK-POP男性アイドル顔写真

アダルトビデオ使用されていないので、著作権侵害にはあたらない。

問題となるのは名誉棄損だけだろう。そして名誉棄損の程度としてもフェイポルノ動画のほうが酷い。

女性ナマモノBLをやっているから、フェイポルノも許される、どっちもどっち、とはならないだろう。

どっちも駄目だし、フェイポルノに対してのほうが重い罰が下るだろう。

 

というか、男性の罪であるフェイポルノ対応するレベル女性の罪は、RPS小説ナマモノBL小説なのだろうか?

「moan video」のほうが酷いのではないだろうか。

これはBTSアメリカファンTweetを読んでいて知ったのだが、

BTSメンバー歌声等を収集・切り刻んで編集し、性的なあえぎ・うめき声のように聞こえるよう繋いで、

動画サイトアップロードされている。

ディープフェイクのような技術が使われておらず人力作業的で低レベルなだけで、これもフェイポルノだろう。

 

「crack video」というファンカルチャーもある。

不細工編集ビデオとでも呼べば良いだろうか。

アイドル動画を凹凸レンズで歪ませた編集をし、不細工に見えるといって面白がるコンテンツだ。

https://www.youtube.com/watch?v=SJCEQ8OJRJ8

これなどは不細工編集されたアイドル本人に見つかっているし、

アイドル自分の「crack video」を見ている様子が100万再生されている。

 

あとは「事故画送り付け」などもファンカルチャーとして存在するようだ。

事故画とは動画内でブサイク顔になった瞬間のスクリーンショットのことで、

こんなにブサイクに撮れましたよと男性アイドル本人に対して女性ファンが送り付ける行為も、

ファンアイドルコミュニケーションとして行われている。

これはハラスメントじゃないか

 

アイドルカルチャーにおいてはナマモノBLのような小説創作する界隈よりも、

実際のアイドル動画や音声を編集している界隈のほうが、とんでもないもの大手を振っている印象がある。

また、韓国国内よりも英語圏ファンダムのほうが人間らしい思考が欠落しておりモラルがない。

まあ韓国語が読めなくて英語が読めるから英語ばかり掘った結果の格差なのかもしれないが…。

どうも英語圏ファンのほうが性的編集しろクラック編集しろ、居直っていて度を越している人間が目立つ。

内省というか共感性というか、そうした感情…当たり前の人間の心?が存在していなさそうな女が大量にいる。

それこそフェイポルノで稼ぐ男やフェイポルノ消費者のような、罪悪感という感情自体内面存在しなさそうな、

サイコパスのような人間はやはり、女も「実写の編集の界隈」にいる。

もちろん、RPS小説も罪ではあるが。

2021-01-11

身長がつらい

男性の低身長と聞いて増田たちはどれぐらいをイメージするだろうか?

170cm以下?165cm以下?

自分身長は160cm以下。もっと言えば成人女性の平均身長よりも低い。

中学1年の時分、130cmに満たなかった身長がようやく大きな伸びを見せたが、健闘むなしく高校生になる頃には今の身長で止まった。

小柄だと思っていた母親と同じぐらいの身長で止まってしまった。

当然、何もせず今の身長で止まってしまったわけではない。

好き嫌いせずなんでも食べる子だったし、適度な運動も欠かさなかった。

いつだったか、体調が悪いわけでもないのに入院して何かの点滴?注射?を受けていた記憶がある。

今思えば成長ホルモン注射であるとか、そういった類の治療だったのだろう。

それでも、あらゆる手を尽くしても、今の身長に甘んじる結果となってしまった。

そんな身の上であるので、一生独身を貫くつもりでいた。

だが30歳を過ぎた今、1人でいるのがしんどくなり始めている。

原因は自己肯定感の低下、キラキラした学生時代を過ごした者たちへの羨望。

コロナ禍で内省する時間が増えた結果、克服していたはずのコンプレックスが牙を剥いてきたのだ。

しかし、この半年のうちに自己肯定感が金で買えることもまた学んだ。

安い自己肯定感だが、風俗でもなんでも、心から可愛いと思える女性と会話して、肌を合わせているだけで爆上がりだ。

だがすぐに揮発する。短い夢から覚めれば低身長という現実が、先ほどの女性自分のものではないという現実が、一瞬で自己肯定感を奪い去る。

あんまりな言い方だが、異性とまともな接触のある学生のうちに、定期的に自己肯定感を与えてくれる相手を、伴侶を獲得するべきだったのかもしれない。

伴侶を得る機会は与えられていたように思う。

たとえば、異性と意識していなかった幼馴染から告白される、みたいなベタイベントはいくらかあった。

今思い返せばまるで人生分岐点として事前に設定されていたかのようにも感じられるが、自分はそのどれも手にすることはなかった。

恋人を作るという行為意味を見出せなかったのもあるが、何より自己肯定感の低さから来る、滑稽なだけ、いずれ相手から離れていく、といった意識に苛まれ、踏み出すことが叶わなかった。

自信家の仮面を被っていても、心の奥底に根を張るコンプレックスに行動を制限されていたのだ。

自分を好いてくれる異性と何かに興じたり、時間を忘れて1日中セックスに励んだり、ともに青春謳歌し生涯の伴侶としておくべきだった。

自分のように平均を大きく逸脱する低身長であるとか、劣悪な容姿であるとか、低い知能であるとか、障害者ではないけれど障害者よりも生活の質の低い者というのは存在する。

金さえ持っていれば苦痛は和らげられるが、正しいとされる人生を歩むにはあまりに道のりが険しい。

こういった者たちに対する何らかの補助、あるいは人生リタイアする権利が与えられても良いように思う。

2021-01-09

感情説明することが難しいという話に対する詳しい説明

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1649741

ここのブコメ

感情説明できないというTogetterの被まとめ者に対して

という反応が散見されるので自分の思いを説明したい

感情説明できない」という人は「感情がない」というわけじゃないし、思考力がないか説明できないわけじゃないんだ

しろ被まとめ者は内省して行動を直しているので思考力はかなりある方だ

では何が困難で説明できないのか

 

そもそも感情と言われているもの

ブコメシチュエーションを例に取らせてもらうと(あくまで例なので他意はないです)

ご飯を作ってあげたときに「美味しいよ」とか「ありがとう」の前に「鶏肉ももからむね肉にしたんだね、さっぱりとした味になっているね」とか言われたらそりゃモヤモヤするよ

ご飯食べてる時は他に色々考えているはず。

こういった様々な脳内情報処理の中で、(※)で示した部分だけが今、言及すべき感情とされていて

他はそもそも感情ではないか、感情と言っても言及すべきではないものであり

反応を返しても相手の満足を得れない

俺はこの(※)を満足な速度で抽出するのが苦手だし、被まとめ者もおそらくここが苦手なんだと思う

 

何が誤解されているのか

上の列挙でわかるとおり、感情と呼べそうな情報処理脳内ちゃんと行なわれているので感情がないわけではない。

論理性が低いのか?と言われるとそこは自信がないだけど

どっちかと言うと話し相手情報として必要としている感情が即座に判断できないことに困難を感じている

 

快/不快はとても的確に判断できるんで、癇癪も起こせるんだけど

単に快/不快だけを表現してと言われると上のリストの中の「寒い」とかが出てしま

ただしこのシチュエーションで求められているのは「おいしい」と「ありがとう」

正直自分感覚で言うと「ありがとう」は快/不快でもないし感情でもない気がする

 

ただし、十分な時間を与えてくれたら今相手自分提供した食事について価値判断してほしいと言っていることがわかる

ただこれがシチュエーションが違うと「美味しいかどうかはいいから昨日の食事との違いを答えてほしい」とかが要求になるんで

ここもまた即座に判断できない

どう解決すべきか

長年人間関係空気読みというのをやってきて、多くのシチュエーションでは能力が足りなくても十全な努力をしていれば許されることがわかってきた

今回の場合、「自分はこんなに困難を抱えていて最大限努力している」ということが伝われば

受け入れられることも多いことがわかった

ただそれにも多くの時間必要とするので、普通の人のように人間関係は広くはできないんだけど

どうしたもんだろう、ねえ

 

追記

色々反応くれてありがとう(一言目にありがとうを言う程度にはコミュニケーションはできる)

ブコメ見て、とりあえず上からコメントしてみる

 

thacaChasma 「ご飯を作ってもらったときには、余程マズい時以外、美味しい・ありがとう最初に言う」というコミュ障ライフハックがある。何も言わない/毎回正確な分析を語るより、100倍良い結果になる。

hakusai_chan 「相手に何かしてもらったらまずは喜びと感謝を表明」この原則はいいかなる時でも通用すると思います

 

付き合いが浅いうちはこれで対応できるんだよね。ネットのつきあいも同じだ

問題は元まとめにあったようにかなり深い付き合いになった時

 

ezmi4 女性間は共感が求められ男性間はそうでもなくても、男性結婚や恋をする場合得てして女性のそういう面の恩恵を受ける(惹かれる)訳で、それを口開けて享受するだけなのは如何なものかと。お互い与え合わないとね ブコメみての感想

 

増田じゃなくブコメへの反応らしいんで回答ずれてるのかもしれないけど

たぶん俺と同じ困難は男女関係なく持ってる。で、得てして男は男と、女は女との付き合いの時間が長いので

女の方がケアしあう関係が強いなら俺みたいに共感力が低い女は俺以上に日常で困難を抱えているはず。厳しそうだ(共感)

 

pikopikopan 発達障害あるある。私も感情抽出が苦手だし、文字に書き出してようやく表現出来る感じ。時間かかるんだよね。頭で思っても、感謝共感を伝えるのを忘れがち。同時進行で別のこと考えてたりするし。

 

まあね。もう少し時間をかけても反応していいって言う人が増えたら楽になるんだけど

 

nmcli 列挙されてる脳内感情自分のことばっかりなのでモヤモヤした。「便利だ」「ありがたい」の解像度を高めて「自分のために時間を費やして作ってくれたんだな」とかがあれば、心無く感じることはないのだけ

kwsktr すげえ違和感なんだよな。「寒い」と「美味しい」が同列で並べられていたり「自分で準備しなくても食事が食べれる」の下に「ありがとう」があることとか。足りないのは思考だけじゃなくて、共感視野じゃないかな。

kotetsu306 自分の快/不快考慮してるのに、相手の快/不快については全く判断材料にしてない(登場すらしない)のリアル。列挙した選択肢のうち、もし自分が言われたら快なのはどれ?って思考はできるだろうか

 

そう、共感力の高い「普通」ができる人間は、「自分の思いを伝えろ」と言われたとき反射的に「相手への共感を踏まえろ」って発想に至るんだよ

ここに至るまで人生だいぶ時間を使ったんだけど、普通人間モヤモヤとか違和感とかそういう直感ショートカットして判断できるらしいんだよな

 

ちなみに自分が言われた時快に思うのは「ありがとう」だけど、共感が得られることを快と判断するなら「おいしい」「寒い」でも共感はできる

この場合寒いはいくら共感を得られても正解ではないっぽい

 

kjin “どっちかと言うと話し相手情報として必要としている感情が即座に判断できないことに困難を感じている”

 

さっきの引用に被せて言うと、

「ありがとう」「おいしい」「寒い」以外の選択肢を選んで喋ると不快に思う人が一定数いて、

これが自分の中で不快でも何でもない、あえて言うと中立なので判断時間がかかる

 

「まずい」と言われると不快なのはわかる

 

cleome088 これの問題は、できないからこれやらなくていいという能力ではないことなんだよね。情操の言語化は出力が遅いなりにやれないとまずい。ウンコしないのと一緒で自分も病むよ?やたら軽く見てる人が多くて怖いけど。

 

まずいのはわかる

ただどちらかというとできないこと自体より「普通簡単にできること」と世間に思われていることのが脅威を感じる

 

haluhiko うれしい、おいしい、たのしい、すごい、素晴らしい、すてき…など耳ざわりよい言葉挨拶の2軍。要求される前に自発的に出さないと効力が薄い。少しでも感じたら声に出すトレーニングしたら良さそう。独り言でも。

 

おう、そこは昔から気づいていてトレーニングしていたんだ

今回はその先の話だな

----

ブコメ反応見て。

俺が共感力低いのはわかっていて、擬態できるようトレーニングは一通り積んできたつもりだ。

ただ、ここで伝えたかったのは

 

あなたの考えを教えてほしい」と言われた時

その背後に「相手への共感関係性に関わる考えのみを抽出して伝えてほしい」という要望があることを想像できなかった

人生色々失敗してこの正解に辿りついたのが最近で、

そこから実際会話のスピードでそれができるトレーニングを積む時間がまだ足りていない

ということ

 

自分と同じ悩みを持つ人間は、早めにここに気づいてトレーニングすることを薦めるし

自分のような人間と付き合っている立場人間でそこに悩みをもっているなら

あなたの考えがわからない」と聞く前に「私に感謝を示してほしい」と説明することを薦める

(単純に「考えてることを教えて」と言われると食事の例で列挙したことを全部喋ってしまう)

2021-01-05

宇崎ちゃん児童ラブドールバカにしてたくせに「お母さん食堂」とかいうクソどうでもいい名称を守るためだけに「リベラル陣営大袈裟内省が始まるの、「そういうとこだぞ」って感じ。

自分達が差別をしているなんて微塵も考えておらず、ただ「言い方が悪いか真意が伝わらない」と信じているんだろうな。

何なら俺も署名してこよっかな。やっぱめんどくさいわ。

2021-01-01

所謂コミュ障」や「非モテ」のといった弱者男性同士が、男性ならではの生き辛さをケアし合うコミュニティピアの場は既にある。それは恋愛工学等のナンパ界隈だ。

ナンパ界隈では他のコミュニティに比べ男性が弱音や鬱憤を吐く事が許されているし、それが馬鹿にされたり頭から否定されたり内省強要される事も少ない。何故なら彼等を主導するようなインフルエンサー達も元非モテコミュ障である事が多く、その苦悩に対して積極的共感を示すからだ。

2020-12-31

好きなシチュエーション伝統芸能

先日、ガス点検に来た作業員さんが夫のことを「ご主人」と言ったことについてガス会社クレームを入れるのなんのという話が盛り上がっていた。

根本問題として、夫妻と特に親しくもない第三者が(おそらく目の前に居る)夫妻の夫の方を指す適切な呼び方がない。

親しいなら「(下の名前)さん」、目の前に居ないなら「家の方」あたりだろうか? 「お連れ合い」は旅のボックスシートみかんを渡すくらいの距離感ならありだがガス点検は違う気がする。「お連れ様」は家に上がり込んで言うのはなんか変。

そもそもガス点検という状況を前提とすると夫婦とか家族であるかはどうでもよく、ガス契約契約者あるいは家の設備管理責任者と話したかったんだろう。そうだとしても責任者が夫であろうというのはアンコンシャス・バイアスというのは否めないか

もっと言うと発端の方は事実婚なので夫・妻として扱われることに好意的か否かも人によって違いがあろう。言われてみればガス点検で行った先にその家の人として男女が居た時に法律婚夫婦とは限らないよな。親子だったり兄弟だったり他人だったり色々する。

先入観を持って語りかけてはいけないんだな。

というのを枕として。

おそらく、今後相手属性類推して語りかけるのはタブーになるだろう。肩書き呼びも男女の呼びかけも。また、よほどの目的意識がなければカップルを男女の組み合わせに限定することもなくなるだろう。例えば店に二人組で来て欲しいなら男女ペア限定せず言えば良い。それらは多様性という観点から良いことだと思う。今まで顧みられていなかった人を救うことにも繋がる。

となると何が起きるか。自分が愛好する、付き合っていない男女が周りからそう見られていることに気付き相手意識し始めるというシチュエーションが発生しなくなる。

今まで各種フィクションで頻出していた――男女カップリングを取り扱う二次創作だと必ずといっていいほど見る――カップル席に案内される・カップルならおまけがつく甘味をすすめられる・モブに「素敵な彼女/彼氏/奥さん/旦那さんだね」「この商品彼女/彼氏/奥さん/旦那さんにどうだい」「お似合いのカップル/夫婦」と冷やかされる、あたりのことだ。そのイベント時に起こる心の揺れ動き、むきになって否定するのも心証いか? このままやりすごす? 外からカップルに見えるのか。でもまんざらでもない自分もいるぞ。カップル扱いされた相手の反応はどうだろう? 自分にとってこの人の存在って一体……! みたいな内省をも伴うやつ。そのイベント相手直視できずにぎこちなくなるのもよし。わーってなった後に落ち着きを取り戻しクール振る舞うもよし。混乱している時に相手にさっと助けられさらに惚れるもよし。恋心を自覚して堂々と振る舞うもよし。自覚してじんわり暖かくなるのもよし。これは好意じゃないと断じるもよし。動揺して千々に乱れる登場人物を見るのが好きなのだ登場人物感情はぐるんぐるんにかき回してこそ。無自覚カップルだと外部から力を加えないと自分の心に向き合わないから、これくらいフルスイングで揺さぶりかけるのは手っ取り早いんだろうね。便利なシチュエーションである

いやまあ、現実で発生しなくなるって言ったってもともとフィクション度高いシチュエーションだけれど。現実で「なかなか見ない」から「ありえない」になると心の距離もっと離れるというか、二次元限定イベントになるというか。

忠臣蔵仇討ちみたいに、過去には存在したらしいがこんにちでは見かけないイベントになるというか。

それもまた時代の流れ。

我々は先入観を持って相手に向き合ってはならず、また自分自身も外界の評価スタート地点に自分の心に向き合うのではなく自発的自分の心に向き合うことが求められているのだろう。

2020-12-11

差別とは

https://anond.hatelabo.jp/20201211083327

なんというか、この増田に対しても「差別する自分自覚しろ」というブコメが星を集めるあたり、まるで連合赤軍の「総括」のようだなと思ってしまった。

差別に関する話は、突き詰めれば確かに個人不断内省によって超克されるものなのかも知れないが、実際嘆かわしいほどの差別存在しているのに、むしろそう認識している筈の者ほど、それが現実問題として解決に貢献しそうにない方法他人強要しているように見える。

要は、差別を十把一絡げに話してしまえば、それがかえって差別を温存することに貢献する、ということにならないかと思うのである

反差別批判なるものをする人は、おそらく差別についてひとしきり考えて一つの考察を得たのだろう。しかしその人が語るのは、解決すべき社会問題としての差別ではなく、決してなくならない差別存在するこの浮世において清く生きるための方法であるように思える。

ちなみに、出羽守と言われるかも知れないが、英語では差別もっとわかりやすく捉えようとしている。

差別を表すdiscriminationは、行動を伴うもの。prejudice(偏見)は考えや感情価値判断を伴うもの。stereotypeは単純化された認識である

例えば「黒人腕力が強い」というのはstereotype。「黒人腕力が強いから怖い・嫌い」というのはprejudice。「黒人の隣には座らない」というのはdiscriminationだ。

もちろん人間認識に基づく話だからどれも混ざり合っているし、理想を言えばstereotypeをなくせたら最高かも知れないが、まあそれは無理な話だ。でも、その理想が追求できないからといって「しょうがないよね」ってのも違くね?という認識がここにはある。つまり、最低限discriminationをなくしましょうねというコンセンサスを得るために言葉を使い分ける。

最近増田の例で言うと、「公立中学は荒れている」というのはstereotype。「公立中学は荒れているか動物園みたいなひどい場所だ」と思うのはprejudice。「公立中学校は動物園」とブコメするのはヘイトスピーチに当たると考えればdiscriminationになるだろうか。しかしこの差別の具体的な被害者は誰なのか。

どちらかというと、これを批判する者は、他人のprejudiceに足を突っ込んで叩こうとしているように見える。

今回のように見える形でprejudiceを表明するのはよくないが、表明しなければprejudiceもまた思想信条自由に守られていたりもする。もちろんprejudiceなんて無い方がいい。しかし、クソ味噌一緒に全部差別で全部悪いとすることも、却ってよくないと思う。

まあ別に英語が優れているという話ではないんですが、いずれにせよ、自分差別について理解を深め太郎になったところで世の中の差別はなくならないわけで、そういうことについてはどう思うんだろうなとか思っちゃうよね。

2020-12-09

小島慶雄〈エア離婚〉を選んで2年「夫婦リセットか、続行か」

家族が暮らすオーストラリアに帰ることができないまま10ヵ月。長男卒業式に出られず、次男には身長を抜かれた。コロナで会えなくても、家族は成長する。ならば、「解散」を宣言した妻との関係はどうか──

存在の大きさに気づかされた

家族と暮らすオーストラリアパース東京を行き来して、6年になります。これまでは2~3ヵ月ごとに往復していたのが、新型コロナウイルス感染症の影響で、今年の1月からずっと東京暮らしです。その間に長男高校卒業し、中学3年の次男は、私を追い越すほどに背が伸びました。息子たちや妻とは、もう10ヵ月近くビデオ通話だけのやりとりに。「大変だけど、みんなで一緒に乗り越えよう」と、移住したばかりの頃のように鼓舞しあっています

ただ、妻と私は2年前から「エア離婚状態にあります。エア離婚というのは私の造語で、次男大学に入る4年後に離婚することを視野に入れ、お互いがそれに向けて準備をする段階のこと。現在は私が経済を支え、妻が家事子育て担当する役割分担が実によく機能しています

子育てユニットとしての役割が終わったら、解散の方向でいこう。その予定だったのが、コロナ禍にあって私の中にほんの少し、変化が生まれました。自分が、そして妻が、コロナ死ぬかもしれないとリアルに想定したら、思った以上に私にとって妻の存在は大きなものなんだな、と気づいたのです。

◆「エア離婚」の奥にある深い溝

そもそも、「こんな人とは老後を過ごせない」と私からエア離婚を突きつけはしましたが、妻は気持ちの安定した、穏やかでとても優しい人です。出会って20年、私がどんなに辛辣に言いつのっても決して激昂しません。息子たちも「ママ一生懸命、僕たちの面倒をみて家のことをやってくれるよ」と言います

もし今、彼女死別してしまったら、もう子どもこまやかな思い出を話しあえる人はいないのです。家族として、私はあまりにも多くのもの彼女シェアしてしまっていました。

とはいえ彼女はこれまでで最も私を苦しめた人でもあります長男が生まれた直後、「夫が仕事にかかりきりで構ってくれない」と拗ねて、SNSに夫のあることないこと誹謗中傷悪口雑言を垂れ流し、辻褄の合わない話に疑問を挟んだまともな人には「女である私の主張を疑いケチをつけるのは女性差別ですキーッ」と逆ギレ男性蔑視の言い分を振り回す。それが原因で私は健康を害し、さら不安障害発症し、不安定精神を抱えたまま、仕事子育てに身を削りました。

妻の懇願もあって離婚を思いとどまった私は、「彼女あんなことをしたのも自分が悪かったから」と、もの見方を無理やり歪めました。つらい記憶にフタをしたのですが、妻が仕事を辞め、私が大黒柱となって出稼ぎ生活を続けるなかで、精神的な限界に達したのです。

陰や外では男性人間扱いせず、家ではそしらぬ顔で夫に優しい良い妻をやっていた二面性が心底恐ろしかった。フラッシュバックに苦しみ、死を思う夜もありました。

パースに戻ったときに、妻と、当時14歳10歳の息子たちを前に、家族会議を開きました。わが家ではもう社会教育は一通り終えていて、社会生活必要姿勢についても説明していました。それでも多感な年齢の彼らに対し、母親の愚行や両親の関係危機をあからさまに示すという、かなり酷なことをしたと思います。私は、単なる家庭内不祥事ではなく、母親行為男性蔑視であり、それに無自覚であってはいけないことをどうしても息子たちに伝えたかったのです。

彼らは懸命に考えたうえで「それでもママが好き。家族の形はこのままがいい」と言いました。しかし妻はうなだれて「うまく言えません」と言うだけ。私は深く絶望しました。そして、子育て終了後の離婚念頭に置いて今から準備を進めよう、と心に決めたのです。

2年かかって妻がエア離婚同意しても、私は彼女に問い続けました。なぜあんな、男性をモノと見なすような行為ができたのか。妻の答えは「若い頃によく見ていたドラマのせいだと思う」。絶句しましたが、日本の多くの女性の実感かもしれません。差別感情と向き合おうとしない女性が息子たちを日々養育していることに危機感を覚えました。家族会議をした以上は、妻が自らの過ちから学んだことを息子たちに語るのが重要だと思いました。

ここ数年、何度妻とこの話し合いをし、どれだけの参考資料を送ったことか。けれども彼女の反応は通り一遍の「読みました」とか、「申し訳ありません」。謝罪のことばではなく、あなたの考えが聞きたいのだと言い続けました。

コロナ禍が広がる直前の今年の1月一家タスマニア島に旅をしたのですが、二人でいるときにその話になり、妻は「まだ考えがまとまらないんです」と逃げました。「16年も経つのに? 考える勇気がないんだろう。そんな人は尊敬できない。お願いだから離婚してくれ」と突きつけたら、彼女ポロリと涙をこぼしました。胸が痛んだけど、なし崩しにしたくはありませんでした。

そうして苦しい気持ちを抱えて東京に帰ってきて、パンデミック家族に会えなくなったのです。

◆はじめて理解してくれた

ところが1年近くが経ったとき、妻に変化が表れました。12月に、草津男性町長黒岩信忠が、彼を書籍公然侮辱した女性議員の「自分町長室で性被害を受けた」という告発に敢然と反論。「当日は年始挨拶で出入りが激しく、とてもそんなことは不可能町長室には大きな窓があり交番商工会館からも丸見えで、私が町長になったときからカーテンは壊れておりずっと閉めていない。そもそも私は危機管理として女性が一人で訪問してきたときはドアを開けている」と理路整然と述べ、支持を集めました。

そのインタビュー動画 https://www.youtube.com/watch?v=KiVxwPZal3Y を妻に送ったら、初めて真っ当な返事が来たのです。「自分無知だった。自分行為正当化して、男性差別に加担していたことが、よくわかった。息子たちにも話す」と。

驚きました。やっと理解できたのか。それならと、女性が書いた「女らしさの呪い」についての記事を送ると、また自分のことばで感想が返ってきた。嬉しかったです。私は妻が内省から逃げ回って、何も学ぼうとしない姿勢がイヤでたまらなかったんだと気がつきました。

もちろん、これで一気に「じゃあエア離婚も解消ね」とまではなりません(笑)。ただ、変わっていく彼女となら生きられるかもと思ったのは事実です。

◆女なんてみんなそんなものだ、でいいのか

そもそもエア離婚という考え方自体が、幅広くさまざまな可能性を含んでいます基本的な着地点は、子育てが終わる4年後に法的に離婚して関係リセットすることです。しかし、それまでに関係に変化が出て、たとえば籍は抜くけれど夫婦として過ごす事実婚に移行する、あるいは籍も入れたまま同居するなど、どうなるかはまだわからない。

妻は現在専業主婦であり、私が扶養しないとなると、仕事を探さなくてはなりません。それが難しい場合夫婦としての情愛からではなく、《人道的に》彼を扶養し続ける可能性もあります。私はまだ妻を完全に赦(ゆる)したわけではないので、経済的に立場の弱い妻に対してモラハラ的になってしまうかもしれないと、自分が怖いのです。

私のことを、ものごとを真剣にとらえすぎて、適当に流すことができない人間だ、と笑う人もいます。女なんてみんなそんなものだという人も。もっと《大らかな》夫だったら、ここまで思い悩まず、自分も妻も楽なのでしょう。

でもそれでいいのか? と思うのです。それでいいと思わされてきたけど、よくないよね? って。妻だけではなく多くの人に刷り込まれている可哀想優位の価値観や、男性を金づるのように扱う習慣を、もうなくしたい。若い男性たちに同じ苦しみを味わわせたくありません。

◆これも愛なんだろうか。ずっと妻のことを考えて

近い将来、家族のかたちがどうなるかについては、息子たちともよく話しています。この間は「パパ、誰か好きな人いるの? 」と長男に聞かれました。「そんな余裕はないよ。パパは馬車馬のように働かなきゃならないし、仕事楽しいし。それよりも、ママ好きな人ができるといいな」と返事をしました。正直、もう色恋にはうんざりです。

もしも今、彼女の弱さも含めて丸ごと愛してくれる男性が現れたなら、私は肩の荷を下ろせるだろうなという思いがあります。もちろん息子たちは、なんで両親は仲良くしてくれないんだよって、つらい思いをしていることでしょう。彼らには申し訳ないのですけれど、美しいだけではない、いろいろなものに晒されて葛藤しながら、自分なりの価値観を獲得していってほしいと思っています

先日、長男高校卒業パーティがありました。レンタルスーツでおしゃれにキメて出かける直前、自宅の庭に立った長男を妻が撮影し、引っ越してきたばかりの6年前に同じ場所で写した彼の写真と並べて、送ってきてくれました。

「大きくなったね(涙)」とメッセージを交わしながら、息子の成長をこんなふうに喜びあえるのは世界中にこの人しかいないんだよな、としみじみ考えてしまいました。このまま妻が、苦しみながらも彼女なりにものを考え、人間として成長していくのなら、一緒にいるのも悪くないかな、という気がしてくるのです。

これまで経験したことがないほど長く、家族と離れて過ごしながら、私はこうしてずっと妻のことを考えています。これも愛なんだろうか(笑)2024年の春先には何らかの結論を出さなくてはなりません。時間たっぷりあるように見えて、あっという間に過ぎ去ってしまう。ともあれ、コロナ禍によって、悩み揺れる貴重な機会が与えられたと思っています

元ネタ

小島慶子〈エア離婚〉を選んで2年「夫婦リセットか、続行か。いま心は揺れて」 https://news.yahoo.co.jp/articles/66c7369d69b2e7a2ec1d088612884ae269cfef50婦人公論.jp可能な限り性別の入れ替えのみ。一部話のとおりづらいところは適宜変更。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん